5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

アイヌ語スレッド

1 :名無し象は鼻がウナギだ!:2012/05/31(木) 23:11:49.70 0
外国語板に立てようとしたが、どうやらこっちに立てるものらしい

473 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/13(土) 21:48:15.05 0
>>471
ユーカラは世界三大口承叙事詩の一つじゃなかったっけか。

474 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/13(土) 22:44:43.24 0
誰が言ったんだよそれw

475 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/13(土) 22:58:46.96 0
カレワラ、ユーカラ、イーリアス(又はサガ)

だそうな。

476 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/13(土) 23:19:20.85 0
調べても出てこなかったぞ。
ラーマーヤナ、カレワラ、イーリアスで最大叙事詩というのはあったが。

477 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/19(金) 22:31:27.56 0
>>467
日本語-アイヌ語辞典として使えるものを出版したのは知里真志保さんと萱野茂さんくらいだろう

478 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/20(土) 20:12:21.85 0
国連でアイヌ民族代表として演説する時にアイヌ語で演説するのかな?

もし日本語で演説したら無意味を通り越してアイヌ民族の自覚全くなし、

尚且つアイヌ語を保存する意思も全くないのが露見しちゃうね。

479 :わふー ◆wahuu.39/s :2014/09/20(土) 22:40:46.67 0
ニプーカニペーカ!

480 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/21(日) 07:06:19.19 0
>>478
英語でええやん

481 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/21(日) 15:42:49.04 0
博物館板にスレ立てたので、良かったら来てください

アイヌ民族関連の博物館・資料館
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/museum/1411220819/

482 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/21(日) 19:28:44.66 0
半母音のイ(y)は個人的にjがいい

483 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/21(日) 19:44:00.03 0
アイヌ民族が住んでるのは日本だから、日本国民の理解が得られなければアイヌ文化保存も上手くいかないよ。
自ら努力しないで不平不満を言い続けるだけの人を日本人は応援したがらないからね。
アイヌ民族の代表が日本語も英語も話せるけどアイヌ語は話せません、アイヌ語では発信しません、
なんて事になったら『まずは自ら努力しろよ』と日本国民の多くは考えるよ。

484 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/23(火) 23:43:45.71 0
「アイヌ語地名」には、特有の法則がある。地形を表していることだ。
本当にこの特徴が適用できるのは、ほぼ北海道に限られる。
他の地域のアイヌ語とされている地名には、アイヌ語の法則が適用できない。
したがって、アイヌ語が四国や九州の地名として残っている、
などという研究は、錯誤した幻想の産物にすぎない。

「日本語の地名を無理やりアイヌ語で解釈する」意味不明の作業は、アテにならない。
日本語をアイヌ語的解釈で無理に読もうとする作業をしても、正しい答は得られず、
大量の誤解を量産してきた。

485 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/23(火) 23:56:09.43 0
日本語は「列島固有の言葉」=縄文語ではない。
だいいち、日本という国自体が、国内には存在しなかった、渡来系のものだ。
日本という国名は、日国から変じたもので、
日国は日本列島を「彼等」が「外から見た」ときの呼び方だった。
倭国や倭人もまた、「彼等」が「外から見た」呼び方にすぎない。
「我々」という言葉の語頭を漢字で音写して、倭国とされたのだ。
したがって、日本語は列島の外から来た、渡来系の言葉ということになる。

486 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/24(水) 00:02:53.37 0
渡来氏族が漢字を持って列島に入植した結果生まれた言葉が日本語の正体だ。
この認識を持つことなく、アイヌの言葉が地名として残っている、ウンヌン言うと話がオカシクなる。

古の日本の王都明日香(飛鳥)は、「列島固有の古い言葉」=縄文語ではない。
大陸(朝鮮半島ではない!)にいた東夷(倭人)文化圏の人々が用いた言葉、
原ヤマト言葉(高句麗語)の漢文表記を元にした地名になっている。
明日香という「漢文」表記を、高句麗語(原ヤマト言葉)では「日が明ける郷」と読む。
郷と香は漢字の音が同じなので、文字を入れ替えて「朝日の香る場所」という詩的表現を採っている。
同様に、飛鳥と書いているが、これも「飛ぶ鳥郷」を略した漢文表記だ。
高句麗語や吏読では、「日が明ける郷」も「飛ぶ鳥郷」も、まったく同じ読み(発音)になる。
つまり、古の日本の王都に名前を付けた支配階級は、漢文表記を用いる渡来系である。
もちろん、漢語を話していたわけではなく、言葉の表記に漢字を用いていたにすぎない。

日本には、現代の日本語とは異なる言語の話者によって、漢文を綴る発想で付けられた、
現代の日本語とは異なる「原ヤマト言葉」系の地名が数多く存在する。
それらを「アイヌ語として解釈する」のは、お門違いだろう。
「原ヤマト言葉」(高句麗語)は、今も有力社家に話者が50人ほど残っているが、
天津神(現人神)が話す高天原言葉などと呼ばれており、完全に宗教言語と化している。

487 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/24(水) 00:45:43.07 0
キチガイ

488 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/24(水) 00:51:10.46 0
その高句麗語が残ってる有力社家ってどこか教えて下さい

489 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/24(水) 12:26:41.84 0
早く教えて下さい。

490 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/24(水) 18:53:50.97 0
>>488-489
いきなりストレートに答えてしまうと、ぽっと出のトンデモ説に見えてしまいかねない。
この千数百年間ほとんど巷に流通することがなかった予備知識を仕入れてもらう必要がある。

この作業は、日本国と日本語の成立過程を解き明かし、アイヌ語と日本語がどのように影響しあって来たかを探る旅に出る準備作業として、かなり重要だと思う。

日本語の成立過程を研究するには、皇室と皇室神道のルーツを知る必要があり、
誤解を招かないように、今まで伏せられてきた歴史の裏側をことを書こうとすると、
10回ぐらいに分けて投稿する分量になってしまうだろう。

491 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/24(水) 19:00:59.17 0
日本語の元になった言葉(原ヤマト言葉、中核は高句麗語)が、
渡来氏族によって、漢字とともに持ち込まれたことは、すでにまったく意識されなくなっている。
日下や大和や飛鳥や出雲や和泉や敦賀といった地名や、日本という国名に、痕跡を留める程度だ。
現代の日本語へと、そのまま形を変えずに受け継がれているモノも数多い。
たとえば、原ヤマト言葉の数詞、ひとつ、ふたつ、みっつ、・・・とお、は、
現代の日本でそのまま通用する。すなわち、完全に同一系統の言葉と考えて良い。

古い言葉は、古い伝統を受け継ぐ家に、古い文化とともに残っていることが多々ある。
その代表的なものの一つが、千数百年を経ても変わらない姿を保ち続ける宗教文化だろう。
高天原にお住まいの天津神達がお使いになる言葉とされてきたのが、原ヤマト言葉に近い高天原(たかあまはら)言葉だ。
宣命書きされた祝詞などの形でも、その一端に触れることができる。
高天原言葉には固有名詞があるのだが、門外に広めるのは禁じられているため、ここではこの呼称を用いる。

この言葉は、現人神と崇められている巫女様達が、
生前の業績を称えて、神格化した形で神として祀られている祖先、古の人々の精神(祖霊)と心を一つにした状態で
神座にお座りになって神託を下すときに用いる、宗教言語の一種として伝承されている。
神格化された先祖の精神が神降ろしによって宿る巫女達が、古い言葉を話すことに不思議はない。
神社で行われる神憑りの神事を担当する古い社家に属する巫女達は、神代の古い言葉を今も普通に話している。
一般の参拝者には分からないため、神々の御言葉を取り次ぐ人々が、彼女達の傍に控えている。

492 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/24(水) 19:06:31.48 0
天照大神は、日本書紀が編纂された当時、
その内容に合致するように、伊勢神宮の内宮以下の、さまざまな神社が日本全国に建てられていくまでは、
宮中ですら祀られていた痕跡がない、比較的新しい、天武天皇時代に生まれた神だ。

しかし、日本書紀の編纂者達が、何もない状態からイキナリ創作した女神ではなく、
母胎となる精神文化や神話伝承が、以前から存在していた。
日本書紀は、唐と対等外交を展開する必要上、日本に古い歴史があることを知らしめる目的で、誇張を交えて書かれている。
そのため、神代の歴代天皇の在位期間が、長大に延長されるなど、意図的に不自然に仕立てられている。
神代の天皇は神ですから!「長寿が当たり前」というのが、編纂者達の逃げ口上と思っていい。(無茶承知の助)

天照皇大神の正体を暴くことは、皇室のルーツを暴くことに繋がり、唐との対等外交上不利になる情報が存在した。
ヤマトの大王家(皇室)に天祖(皇祖ではない)と伝承されている日の巫女の王の卑弥呼が、
魏の皇帝に対して臣下の礼を取ったとする記録が、漢民族の間に魏志倭人伝として残っている。
卑しい文字を当てて書き留められた倭の女王の存在は、唐と日本の対等外交上、大きな妨げになる。
そのため、天祖=卑弥呼という情報は禁忌とされ、天照皇大神のモデルになった女神も存在を伏せる必要が生じた。
そこで、神功皇后という女神を新たに創作して、天照皇大神の正体と匂わせる工夫すらなされている。

皇祖の一族は、畿内から半島を経て山東半島付近まで勢力を持っていた、倭人(東夷)文化圏の王族である。

493 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/24(水) 19:13:35.49 0
中国大陸を神話の時代に支配した五帝の一人に、黄帝がいる。
その力の象徴とされるアトリビュートの龍(麒麟)は、日本生まれという伝承が残る。
つまり、黄帝は倭人(東夷)の兵団を有していた。
夷は、大と弓の合成文字で、長安にいた漢民族から見て大陸の東海岸に住んでいる、大柄で弓に長けた人々を指した。
漢民族は、周辺地域の諸部族(蛮族)に対して、卑しい文字を当てたがる悪癖があるが、
東夷に対してだけは好ましい文字を当てて別格の扱いをしている。

東夷の一部の王族は、鬼界カルデラの大噴火にともなう降灰の影響で、日本列島が大飢饉に見舞われたとき、
大陸の東海岸に疎開した縄文人のグループの末裔だった。
この大疎開によって、近畿から半島を経由して遼東半島や山東半島付近にまで至る、倭人(東夷)文化圏が誕生した。
朝鮮半島は豊かな土地が少ないため飛び越える形で、入植は大陸の扶余などにも行われていた。

倭人文化圏の痕跡は、纏向遺跡の土坑祭祀と高句麗の東盟祭が、ほぼ同じ形態を取ることや、
高句麗も倭国と同一の妻問婚の慣習を持っていたこと、
高句麗語が変化した高天原言葉と現代日本語の三者の数詞がほぼ一致すること、
記紀神話の皇祖神(天照大神とスサノオ)に対応する伝承が大陸に残ること、
などから容易に把握できる。

したがって、倭人(東夷)文化圏に住む人々は、縄文語と大陸の東海岸の民族が用いていた言語を混成した、
原ヤマト言葉=東夷語=高句麗語を話していたと思われる。
漢文的な表記方法で、明日香と書いても飛鳥と書いても、アスカと訓読みする事例などから、
現代に残る日本語に対する原ヤマト言葉の立ち位置は明らかだろう。
この際、アイヌ語の地名が九州にまであった、といったトンデモ説は取り除くべきだと思う。

494 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/24(水) 19:26:41.37 0
証明できない事をダラダラと書いてスレを汚すなよ。
ここはアイヌ語のスレで妄想言語学のスレじゃないんだよ。

495 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/24(水) 21:38:07.60 0
>>490-493
それで結局、高句麗語の話者が50人いるという社家はどこなんでしょうか?
高句麗語って80あまりの単語が残るだけで、会話はおろか、文章作ることもできないと思うのですが、その点はどうなんでしょう?

496 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/24(水) 21:57:13.34 0
キチガイはあぼ〜ん

497 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/25(木) 12:48:50.57 0
黄帝は炎帝一族の蚩尤と戦い、娘の魃の能力によって勝利している。
記紀神話では、前述の国家戦略があるため、明らかにされていないが、
じつは、この黄帝の娘とされる日女神が天照大神の原型であり、山東半島の軍神蚩尤がスサノオのモデルである。
この二柱の神が本来の皇祖神・天照大神という裏設定で、記紀神話は紡がれている。

皇祖のお家とされてきた、丹生の社家に伝わる故老の話の裏を取るうえで、重要な鍵の一つが、
日本が古い時代は「姫氏国」と呼ばれていたことだ。
この呼称は、倭人も漢民族も、ともに認めていたもので、勝手な自称ではない。
日本が姫氏の国である以上、国姓は姫でなければならないが、皇室は姓を持たないことになっている。
ここに情報の隠蔽が存在する。じつは国姓の姫は、女王卑弥呼を輩出したお家で、女系継承されているのだ。

姫姓は、黄帝の母親が姫水のほとりで黄帝を身籠ったことに由来する、黄帝の別姓とされる。
東夷の周王朝を経て日本に入り、
九州の伊都国の葛城(山城)で日の巫女の王(斎王)を務めていた卑弥呼へも受け継がれていた。
以降、日の巫女の王の諱とともに、姫姓は巫女神道を伝承する社家で女系継承されている。

たとえば、継体天皇の親はヤマト王権中枢部の者ではない。
男系の皇統が絶えたため、姫姓を受け継ぐ当の御一族から担ぎ出されて、補完された天皇である。

このことは、蚩尤(スサノオ)の別称を調べていくと、自ずと明らかになる。
蚩尤は日本で幾つもの名を持っており、天日矛、兵主、牛頭天皇(天王ではない)、都怒我阿羅斯等、などなど。
天日の原ヤマト言葉の音写が息長なので、天日矛の末裔で息長を名乗る神功皇后や、継体天皇はこの一族に属する。

498 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/25(木) 12:50:28.56 0
天照大神(女神)のモデルになった元々の女神の名は、丹生都姫伝承に登場する大日女や稚日女である。
渡来神(天津神)の大日女を奉斎する人々は九州に入植し、稚日女の一派は紀州に入植している。

ここで注目すべきは、九州の伊都国に対して、紀州には伊都郡があり、
紀州の丹生都姫神社一帯は葛城(山城の意)とされていることである。
本来の葛城は、大陸式の神籠石山城を指し、記紀神話には高天原として登場する。
九州の伊都国には、緊急避難用の山城として、雷山神籠石遺跡が存在する。
卑弥呼の居城だった宗教城塞都市国家の邪馬台国の本来の読みは、邪馬壹国(ヤマイコク)=山囲国である。
※音訓入り乱れた漢字の用法は、原ヤマト言葉の表記の慣習であり、間違いではない。
紀州の高天原、伊都郡葛城の丹生都姫神社が残る隠れ里は、神籠石を用いた城壁を築かない形へと進化している。

丹生都姫という言葉の意味を解いて、この姫が国母神の天照皇大神だということを示してみよう。
都の文字は天津神などの津と同じで、現代語の「の」に相当する。
したがって、丹生都姫=丹生の姫という意味である。
丹は、神社などに使われている顔料の水銀朱(辰砂)を指す言葉で、
水銀の強力な殺菌抗ウイルス作用によって腐敗を食い止めることが可能なため、
神社などの建物を清浄に保つ目的で多用され、認識を誤って不老長寿の薬とされたこともあった。
辰砂を加熱して得られる水銀は、金を溶かすことが出来るため、滅金からメッキという日本語を生んでいる。
滅金はエジプト伝来の錬金術を指す言葉で、奈良の大仏は滅金技術で金メッキされた。

丹生の姫の丹は、日本の国歌に詠われた「千代に八千代に」あり続ける、腐敗を退ける力を有する、水銀朱を指している。

499 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/25(木) 12:54:15.63 0
水銀朱によって表される、日本国を代表するもう一つのシンボルが、日の丸である。
稚日女=明姫(アカルヒメ)の依り代(御神体)とされる赤い瑪瑙の珠が日の丸の原型である。
日の丸の由来は、天照大神のモデルになった女神と同じように、伏せられているが、
伊都の葛城=高天原に住む、丹生都姫伝承から読み解くことが出来る。
丹生とは、朝日の象徴とされる日の丸を産み出すという意味を持つ、原ヤマト言葉である。
つまり、太陽王であるヤマト王権の大王(天皇)を産み出した皇祖神を意味している。

丹生=皇祖母神という意味であり、
皇祖の天照大神・若魂は、神社に稚日女の名で祀られている、
卑弥呼の後継者として、倭国の女王を兼任した、日の巫女の王の台与を指している。

質問にあった、原ヤマト言葉=高天原(たかあまはら)言葉を話す人々だが、
「皇祖神の天照大神・若魂」=「稚日女」=「台与」の神託に関する神事を、
日本の国姓とされる姫姓や、日の巫女の王の諱とともに女系継承してきた、巫女神道の社家に属している。

多くの男系の社家は、堂々とその存在を記録に残してきたが、
巫女神道を伝承する皇祖母神のお家は、天照大神=神功皇后の正体や皇室のルーツを隠蔽する必要から、
表立って語られることがほとんどなかった。

天日矛の子孫として、天日の音写である息長を用いて、息長斎王家とされることがある。
もちろん、息長という言葉には、「千代に八千代に」在り続ける血統という意味が込められている。
男系の家としては、神仏混淆の国教の大日(ヲホヒ)信仰(奈良の大仏が象徴)に由来する多氏を名乗ったことから、
多氏斎王家と呼ばれることもあるが、本来は日本の国姓を用いて、姫氏と呼ぶべきである。

神功皇后のモデルになった巫女神道のお家、という説明が一番簡潔だろう。

500 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/25(木) 12:58:53.61 0
半島系の反日工作員のネット活動、歴史の歪曲工作が激しいので、
この場に明記しておくが、東夷は朝鮮民族ではない。
東夷(倭人)文化圏に朝鮮半島も含まれるが、
大陸の山東半島や扶余の地域を朝鮮民族が支配した歴史など存在しない。

地球規模の寒冷化に伴って大陸で深刻な飢饉とそれに伴う戦乱が起こり、
多くの東夷の有力王族が、祖先が生まれた豊葦原瑞穂の国=日国への里帰りを果たした。
近畿地方の豪族の3割が渡来系、平安京を建設したのは渡来氏族の最大派閥秦氏、と言われた時代もあった。
その頃の朝鮮半島の文化や遺伝子と、現代の朝鮮半島はまったくの別ものと見ていい。
その証拠の一つとして、日本語と高句麗語(原ヤマト言葉)の数詞は一致するが、
朝鮮語の数詞は一致しないことを、あげることが出来る。
朝鮮半島は、漢民族の支配や遊牧民の蹂躙を受けたため、倭人とは異なる遺伝子や文化を持つに至ったと見ていい。

高天原言葉を話す巫女神道の社家姫氏の人々(又従兄妹婚の婚姻制限を課してきた)や、
第二次世界大戦当時に決められた宮中席次400番台までの皇族関係者の遺伝子から、
皇室の祖先を探る研究が水面下で行われたようだが、
その結果、縄文系が主であり、漢民族やペルシャ系なども若干入っていることが判明したようだ。
つまり、姫氏の故老の伝えるところと、遺伝的物証はほぼ一致するらしい。

もちろん、半島系の反日工作員が流布している、皇室は朝鮮人の子孫とする主張は、旧皇室には当てはまらない。
百済に関する古い記録に、王族と民が異なる言葉を話しているという指摘が見られる。
吏読は王族に仕えた官僚が用いた言葉を引き継いでおり、高天原言葉と共通する要素を持っている。

501 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/25(木) 13:00:22.39 0
なを、勘違いが生じないように付記しておくが、
現在の丹生都姫神社の社家は、姫姓と日の巫女の王の諱を伝承する、明姫様のお家ではない。
高天原は、都から遠くなった紀州の伊都郡葛城から、六甲山(旧名武庫山)の標高5百メートル地帯に移転され、
ここに皇軍の守備隊が駐屯し、西宮(龍宮)と呼ばれていたことがあった。
時代が下ると、皇軍は山伏に姿を変えて警護の任に当たっていた。

兵庫や武庫という名は、軍隊の庫という意味であり、皇軍の駐屯地を指す言葉だった。
明治維新を迎えた頃、武庫山の名前のままでは、海外から日本が攻められたときに、
軍関係施設があると勘違いされて、高天原が急襲される可能性があると判断して、
武庫(ムコ)山の表記を六甲(ムコ)山へと変更し、読みもロッコウと改めて、その存在を隠蔽した経緯がある。

現在の六甲の高天原は、日本で最初に豪邸条例が作られた、芦屋市奥池住宅地に姿を変えている。
車では、南北とも有料道路でしかアクセスできず、必ず料金所を通過する必要があるほど、厳重に警備されている。
豪邸条例は、小さな家を建てることを禁じたもので、豪邸ばかりが立ち並ぶため、
どれが日の巫女の王の明姫様がお住まいの竜宮城(通称西宮)の地上部か、見分けがつかなくなっている。

姫氏(息長斎王家)の日の巫女の王の尊称の明姫についても言及しておこう。
神話には阿加流比売(アカルヒメ)という表記も見られるが、
この言葉はもともと、明神(アキツカミ)と対を成すものとされる。
昭和天皇が人間宣言をするまでは、天皇は明神と呼ばれていたが、
これは、天上に住む多くの神々が目に見えない存在なのに対して、
明らかに目の前に見える神、生き神=現人神という意味である。
つまり、明姫は、現人神として敬われる日の巫女の王を指す、天皇と並び立つ敬称で、固有名詞ではない。
明日香の女神とされる、現人神の姫(日女)神様、といった意味の尊称と考えていい。

アカルヒメは朝鮮半島から渡来した女神と、大々的に宣伝する集団が存在するが、
当代の明姫様御自身が、「大陸の高天原から日国への里帰り」と明言して、トンデモ情報を否定している。
大陸での高天原の一つは、高句麗国の最初の首都が置かれた桓仁の葛城、現五女山城址だそうだ。
http://inbound.exblog.jp/20195003/

502 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/25(木) 13:24:38.31 0
>>495
明日香という漢文表記を高句麗語で訓読みすると「日が明ける郷」だと上で解説したことで分かると思うが、
多くの日本の地名が、高句麗語で読める漢文表記になっている。高句麗語は日本に数多く残っている。

もちろん、祝詞の宣命書きの形で残っているものが、最も多いだろうが、
宗教臭くて普通の人にはとても読めない解説になるため、ここでは避ける。

たとえば、出雲は、高天原言葉では日面と書く。元の読みはイルモに近いが、転化してイズモとなる。
これと反対の意味を持つ言葉が和泉で、高天原言葉では日尾と書く。元の読みはイルミに近いが、転化してイズミとなる。
この二つの地名は、日面=日国の面=日本の表玄関、日尾=日国の尾=日本の最果ての地、となる。
(※日本海ルートも盛んに使われた時代があった)

たとえば、草薙の剣は、高天原言葉では奇蛇剣と書く。元の読みはクシナギのツルギだが、
読みにくいから転化して、クサナギのツルギとなる。八岐大蛇を象徴する神剣に相応しい名前だ。
草を薙いだから草薙の剣という間違った当て字を解説した記紀神話は、
古い時代の高天原語の原意を知らない、素人の発想で紡がれた紛い物にすぎない。
姫氏の日の巫女の王は、長さ2mを超える本物の奇蛇剣を用いて剣舞を行う、尋常ではない剛腕の持ち主だが、
その御神剣の形状は蛇行剣で、この形状の神事用とされる剣は、古墳からもかなりの数が出土している。

というわけで、いくらでも、高句麗語を漢文表記した日本語や、音写した日本語が現存する。

503 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/25(木) 13:33:48.48 0
数千年後にハリーポッターの本がロンドンの遺跡から発掘されて西暦2000年ごろのイギリス人は魔法使い崇拝があったとか学会で論じられそう

504 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/25(木) 13:57:45.93 0
「飛ぶ鳥」や「日が明ける郷」の高天原言葉での読み方(音)は、
高天原でしか使えない言葉とされていることや、
普通のコンピューターで使われている文字の体系では正確な音を表記する手段がないため、この場に書けない。
そこで、高句麗語のもう一つの子孫である、現代の朝鮮語を例に観察してみよう。

「飛ぶ鳥」は現代の朝鮮語で「ナル」+「セ」
「日が明ける」も、現代朝鮮語で、「ナル」+「セ」となる。

飛鳥と明日香の二つは、
渡来氏族が日本に高句麗語を持ち込んだ後に変化して生まれた、
原ヤマト言葉=高天原言葉の固有名詞を指す別表記なのだ。

万葉集の時代になると、この言葉の原意が見失われていることが見て取れる。
「飛鳥」が「明日香」の、ただの枕詞として用いられる事例が出てくる。

飛鳥明日香能里乎置而伊奈婆君之當者不所見香聞安良武

ここでは、明日香は都の名と認識されているだけで、
日本国を産み出した国母の日女神に対する敬愛の念などはもはや感じ取れない。

じつは、アイヌ語で読めると、言語学者に指摘された日本の地名の幾つもが、
高天原言葉の漢文表記か、その音写にすぎないことが分かっている。
国母神の天照皇大神・和魂・明姫様が名付けた地名は、天皇ですら勝手に変更できない時代があった。
それを、いとも簡単に曲解した学説を流布できる現代は、おっとりしすぎだろう。

505 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/25(木) 14:36:24.19 0
>>503
きちんと裏を取ってから茶化しているのか?

理解力・読解力を確かめるために、基礎知識のテストをしてみようか。

1.日本国が「東海姫氏の国」と書かれている史書の名を挙げよ。
2.日本国が「姫氏国」と呼ばれるのはなぜか、質問した生徒に対して、
始祖「天照大神」女帝「神功皇后」がともに女性だから、という主旨の回答をした教師がいた。
このことが記されている日本書紀の内容を解説した平安時代の問答集の名を挙げよ。

どちらも、日本語の成立過程について興味を持って勉強してきた人なら、即答できるレベルの質問だが、
冷やかすことしか能のない、ただの素人なら、容易に答えを見つけられないだろう。

日本語の歴史を知らない連中が、
言語学者の肩書きで、北海道から九州までアイヌ語の痕跡が発見できるから、
縄文語=アイヌ語で、縄文人=アイヌ人でした!
なんて唱えても、そんな情報はとてもじゃないが信用する気にはなれない。

アメリカインディアンの土地を白人が奪って合衆国にした、ことは史実でも、
縄文アイヌ人の土地を弥生人が奪って日本国にした、なんて反日系の工作活動は、許容できない。

506 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/25(木) 16:03:53.34 0
連投された長文を誰も読んでないから消えろ

507 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/25(木) 17:03:09.56 0
>>506
アイヌ研究の核心に触れる重要な情報、
それも、歴史学会やネット上にほとんど流通していなかった、
今まで伏せられてきた情報だと思うが?

既知の文献や伝承を辿れば裏付けが取れる情報を元に、
ミッシングリンクを埋めて繋いでいく示唆に富んだ内容になっていて、
非常に興味深い。

アイヌが日本列島のどの地域に分布していたか、
地名から割り出す作業が試みられてきたが、
それらの研究が根底から覆って見直しを迫られる可能性が高い。

長文と同じ内容が書ける研究者は、この人物をおいて他にいないだろう。
一連の書き込みに価値を見い出せないほうがどうかしている。

508 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/25(木) 17:29:06.67 0
自演奴

509 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/25(木) 18:49:43.75 0
この長文を要略するとよく分かるわ
日本は高句麗人による征服王朝だったってことだな
そして神道は高句麗の宗教の残滓、あるいは傍流なんだね

510 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/25(木) 18:51:02.56 0
だか歴史の主流に関わることのできなかった辺境の神社にその残滓を見出すことができると

511 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/25(木) 20:48:39.57 0
簡単にいうと北朝鮮人は日本人と近いってことだろ?

512 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/26(金) 01:34:52.34 0
誰からも相手にされません(泣)まで読んだ

513 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/26(金) 04:18:20.48 0
今北産業

514 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/26(金) 13:31:39.50 0
日本人は
朝鮮


515 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/26(金) 16:35:43.37 0
現代の朝鮮半島人と日本人とは遺伝的に繋がりがない事が証明されているのに頑張っている人がいますなあ。

516 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/26(金) 16:52:52.48 0
716 名前:名無しさん :2014/09/26(金) 14:42:24.19 ID:DYsybm7I>>712
赤松周作は中山高校の特林出www

【頭脳】
渡辺祐貴>>>三好貴文>長田聡=高田知彦=佐川清和>>>>>>>(∞)>>>神東美希>>>>>>>>>>>>山中寛幸>>>>>>日山圭>>加納忍=赤松周作(中山高校の特林出)

赤松周作は、勉強以外でも、同級生の折井くんに勝てることが何もない!!!

○折井さま[片エビ固め]赤松周作●
○折井さま[サソリ固め]赤松周作●
○折井さま[体固め]赤松周作●

517 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/26(金) 16:54:39.96 0
アイヌ文化自体が割と新しい時代(鎌倉〜室町)に成立したものだし
アイヌ語の諸方言も数千年前以上から各地で話されてきたと考えるには差異が小さすぎるんだよ。
縄文文化人・擦文文化人、あるいは「蝦夷」と総称された諸集団のうち一つが
そう古くない時代に他を併呑または淘汰して北海道・千島・樺太のアイヌの祖になったと考えることもできるんじゃないか。
そう仮定すると、和人やオホーツク文化人のような異民族との闘争を民族形成以前に経験しているわけだから、
統一的な民族意識を各地のアイヌが持っていても全く不思議ではない。

518 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/26(金) 22:51:29.23 0
染色体はD系統が圧倒的なのに、文化面ではシベリアに多いC系統と共通点多数、か…
やはり途中で(オホーツク文化期に)言語交代かなにかが起きた…のか?

519 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/26(金) 23:26:03.36 0
民族大移動で朝鮮半島にいた民族が大量に日本列島に来たっぽいな
だけど日本人と近い遺伝子を持つ現在の朝鮮半島人は少ない
北方民族が朝鮮半島に民族まるごと入ってきて先住民の多くは脱出、残りの多くは殺害されたかと
つまり朝鮮半島の先住民は大和民族、現在の朝鮮民族は侵略者

520 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/27(土) 16:57:26.02 0
なんで朝鮮人がアイヌを自称してるのですか?

521 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/27(土) 18:21:10.37 0
あ、犬!
と思ったからです

522 :名無し象は鼻がウナギだ!:2014/09/28(日) 22:50:41.49 O
神戸市の東、芦屋西宮の知的障害者施設で未成年利用者に性的な行為をして淫行条例で逮捕された三田谷学園元職員の堂垣直人(西宮市老松町)は、結局どういう罪になったの?
被害者家族のケアを芦屋市役所と兵庫県警はちゃんとやったのか?
差別や虐待は環境を選べない子供には関係ない。

http://www.youtube.com/watch?v=JxMzW3ZlV4g&sns=em

171 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★