5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

地名の日本史

1 :日本@名無史さん:2013/01/06(日) 22:46:08.40
地名に関してウンチクを語ろう

445 :日本@名無史さん:2014/07/27(日) 22:17:33.53
湘南は小波でしょうか?

446 :日本@名無史さん:2014/08/01(金) 22:12:39.42
越中富山市という地名は、市内古鍛冶町の古刹普泉寺?富山寺?が語源とか。
ttp://www.city.toyama.toyama.jp/etc/maibun/toyamajyo/hanseijiin/fusenji/1.htm

447 :日本@名無史さん:2014/08/01(金) 22:28:01.15
小浜市のある若狭国遠敷(おにゅう)郡は、「小丹生」からきているらしいが、
遠オ+敷ニフって、何なのだろ?

448 :日本@名無史さん:2014/08/02(土) 02:06:57.98
>>447
フは生える/採れるとかいう系統じゃなかったっけ?

関係ないけど、八ヶ岳北部にニュウという小ピークがある。語源は知らない。

449 :日本@名無史さん:2014/08/03(日) 07:35:31.18
>> 44 7
とうふ、豆腐、飛ぶ、飛び、とみ、積み、罪、問ふ、言ふ、――――
色々考えられるけど

450 :日本@名無史さん:2014/08/04(月) 12:26:20.28
遠=おん
敷=ふ
おんふ→おにふ→おにゅう?

451 :日本@名無史さん:2014/08/04(月) 14:38:14.42
>>447
もともとは小丹生だったけど、和銅年間に郡名を好字2字とすることに決定し
その際に好字として選ばれたのが、遠敷の文字らしい
当て字だから多少の強引感はある

敷は押し開くの意味があるから好字?
遠は特に好字という感じはしないが
遠江があるくらいだから悪い意味もないのだろう

452 :日本@名無史さん:2014/08/07(木) 03:33:24.21
>>449
「丹」と脈絡が着かないような?

453 :日本@名無史さん:2014/08/08(金) 21:20:52.57
>>452
敢えて言えば、紫が結ぶ丹・黒の脈絡かな?

454 :日本@名無史さん:2014/08/09(土) 07:02:54.90
>>448
>フは生える/採れるとか・・・・・・・・・・・・・・・・
莇生(アザブ),芝生(シバフ)の「フ」ですね。
すると丹生(ニュウ<--ニウ<--ニフ)地名は、丹の採れる土地の語義ですね?

455 :日本@名無史さん:2014/08/10(日) 00:37:43.31
台風情報
阿波・伊勢は大波、小浜・子安は小波です。

456 :日本@名無史さん:2014/08/16(土) 04:19:32.99
何か知らんけど、丹が妙にもてはやされたとかいうじゃない。

>>453
「紫」と「黒」は何すか?

457 :日本@名無史さん:2014/08/16(土) 15:33:35.41
紫は丹と黒との中間色と言われていました。
黒→紫→赤→白。夜明け時の東の空の色の変化で表わされます。
「紫は灰すものぞ海柘榴市の八十の衢に会える児や誰」この詩の言葉は全て「紫」
のようだ。
紫、黒の違いは時間帯の違いと思うけど。

458 :日本@名無史さん:2014/08/17(日) 20:50:28.89
え? なりかけ、とかいう意味あい?

459 :日本@名無史さん:2014/08/18(月) 10:27:18.91
例えがまずかった。「逆も真なり」
昼間を基準に見れば、丹から黒が生まれ、黒から丹が生まれる。
と、なりよる。
黒く言われない晩は来るまい。

460 :日本@名無史さん:2014/08/18(月) 16:44:30.44
>>454
>すると丹生(ニュウ<--ニウ<--ニフ・・・・・・・・・・・・
古代日本語には拗音がなかったから、ニフと読んでいたわけか。
今日の訓読みがキョウ <-- ケフと転じたように。
荻生オギュウ <-- オギフ、麻生アソウ <-- アサフも同様だね?

461 :日本@名無史さん:2014/08/18(月) 20:24:57.19
都藝泥布夜麻志呂って二フの月なの?

462 :日本@名無史さん:2014/08/19(火) 02:39:01.25
ウニュ〜

463 :日本@名無史さん:2014/08/24(日) 23:34:00.35
伊勢や出雲や神社って渡来系の韓語の地名が多いよね

464 :日本@名無史さん:2014/08/24(日) 23:43:06.00
漢城って地名が象徴的だけど
韓国って中国由来の地名って残っているのかな

そういや朝鮮は『三国史記』を作るときにも国内の書籍は全て焚書したよね

465 :日本@名無史さん:2014/08/26(火) 11:03:18.28
広島で土砂崩れが起きた場所、昔は蛇落地悪谷というとんでもない名前だった ★2 [905884933]
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1409017426/l50

466 :日本@名無史さん:2014/08/26(火) 13:04:23.01
広島で土砂崩れが起きた場所、昔は蛇落地悪谷というとんでもない名前だった ★3 [462593891]
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1409025685/l50

467 :日本@名無史さん:2014/08/26(火) 22:57:24.87
八木蛇落地=ヤマタノオロチという考察はなるほどと思った

468 :日本@名無史さん:2014/08/28(木) 21:14:39.56
>>460
京都府舞鶴市女布(ニョウ)も、古くは彌布と書いたようだから、
ニョウ<--ニュウ<--ニウ<--ニフと音便変化したのかな?
因みに女布の地も、丹の産地のようだ。
女布周辺は朱の文化の一大中心地
http://www.geocities.jp/k_saito_site/kasagun4.htm#nyoushn4

469 :日本@名無史さん:2014/08/28(木) 21:21:11.75
>>465>>466
広島市蛇落地悪谷は、「じゃらくじあしだに」と読むんだね。
【広島土砂災害】「蛇落地悪谷」(じゃらくじあしだに)と呼ばれていた広島・土石流被災地―蛇が降るような大雨たびたび★5
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1409126531/

470 :日本@名無史さん:2014/08/29(金) 19:46:05.48
>>23

正しく。
地元に丹生附(にっけ)という地名が
ありますが、
過去に水銀や鉱物が取れた模様です。

471 :日本@名無史さん:2014/08/30(土) 06:28:21.83
蛇落地!目から鱗が落ちた。
一休さんは警告していた。夜麻志呂は都藝泥布だ。蛇落地だ。はしははしでも
意味が違う事を。水を少なくするために働らいていたんだ。
弘法大師も山背の多過ぎる水を四国に移動したんだ。

472 :日本@名無史さん:2014/08/30(土) 07:07:11.11
「蛇落地悪谷」は、
単純に、
谷が狭いから、木がおおいかぶさってて、その木から蛇が落ちてくる
って意味なのでは?

あるいは、「じゃらくじあし」がアイヌ語、朝鮮語とか。

473 :日本@名無史さん:2014/08/30(土) 11:57:34.84
東京目黒には「蛇崩」とかいて、「じゃくずれ」という地名がある。

崩れた崖から大蛇が出たという説もあるけど、俺は庶民が土手が壊れるから「砂崩」(さくずれ)と言っていたのを
勝手に漢字を当てたのだと思う。

俺のトコにも、「じゃくずれ」というトコがあって「砂崩」と書き、この場所は崩壊地が多く放棄された場所となっている。

474 :日本@名無史さん:2014/08/30(土) 12:07:11.99
>>470
地元とは、 鹿児島県霧島市の丹生附ですね。
読みは、「にっけ」でなく「につけ」ではないのですか?
「丹生」地名 http://blogs.yahoo.co.jp/kmr_tds/44278367.html

475 :日本@名無史さん:2014/08/31(日) 11:25:32.33
蛇落地の蛇は蛇が降るような雨じゃなくて、
土石流や鉄砲水の筋を蛇に見立てたのでしょう。
山の水が吹き出る直前は地面が木々ごとうねうねと動くので、
昔はその中に大蛇がいると表現していたようです。

476 :日本@名無史さん:2014/08/31(日) 11:37:02.92
>> 472,475
分かりやすいです。

477 :日本@名無史さん:2014/09/01(月) 01:24:34.21
南アルプス辺に「新蛇抜山」という地名があるな。

478 :日本@名無史さん:2014/09/01(月) 01:30:09.92
>>475
その推理が丸当たりと見える地名もある。
http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse4/?lat=35.52702&lon=138.199954&z=16&did=std&crs=1&tab=6
新蛇抜沢というのが、水流があるふつうの沢ではない、谷がそのまま線状に崖崩れしたもの。

近辺では、そういう崖崩れが「何々薙(ナギ)」とも呼ばれてますね。

479 :日本@名無史さん:2014/09/02(火) 08:47:47.76
そういう「不吉な名前」っていうのは、いつの間にか封印されちゃうってのもありますなあ
特に人の住まう地域では

480 :日本@名無史さん:2014/09/06(土) 16:20:49.15
フジ「八木は八木蛇落地悪谷という地名だった!」→古い文献にも記録がないことが判明
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1409817460/
【八木蛇落地悪谷】はフジテレビ情報番組「とくダネ!」のデマだった?
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1409822537/

481 :日本@名無史さん:2014/09/17(水) 19:06:34.22
>>331
遅レスだが相模国の波多野荘の荘官が佐伯転じての波多野氏になってるのを
見たことがある。佐伯と波多野は親族関係なんじゃないか?

482 :日本@名無史さん:2014/09/17(水) 19:09:40.59
>>475
日本神話にあるヤマタノオロチの退治についても治水との関係を指摘する人も
いるねw

483 :日本@名無史さん:2014/09/17(水) 22:09:05.23
佐伯氏とは何者なんだろうか
縄文人の狩猟民族だったのか

484 :日本@名無史さん:2014/09/21(日) 15:47:02.54
山形県西村山郡大江町大字左沢(アテラザワ)、愛知県新城市下吉田
小阿寺(アテラ)、静岡県浜松市天竜区阿寺(アテラ)は、いずれも「アチラ
コチラ」の古称「アテラ=左側、コテラ=右側」から。阿寺の近くに小寺が
あることも多い。

485 :日本@名無史さん:2014/09/21(日) 23:21:49.95
四国八十八ヶ所、こちら右→ 初院 女国 霊山寺

486 :日本@名無史さん:2014/09/23(火) 21:01:27.18
>>481
>佐伯と波多野は親族関係なんじゃ・・・・・・・・
相模波多野氏は近隣諸氏と違って藤原秀郷の子孫を称しているが、
その初代が佐伯経範。経範が、古くからの土着開拓者波多野氏に
入り婿したのではないか。
藤原氏を仮冒したのは、近隣諸氏の唱える桓武平氏子孫に対抗心を
抱いた経範の子孫だろうね。

487 :日本@名無史さん:2014/09/25(木) 23:45:01.28
>>486
縄文系の佐伯氏が新羅系の秦氏に入り婿したということ?

488 :日本@名無史さん:2014/09/27(土) 22:32:26.65
>>478
崖崩れ・土砂崩れ地名といえば、○クラ○、○クリ○、○ハキ○、
○ホキ○、○ホケ○、○サル○など。
鎌倉、赤倉、栗駒、萩野、大歩危、猿など。

489 :日本@名無史さん:2014/09/28(日) 07:10:10.50
>>487
秦は既に佐伯に入り婿で同化してるから問題ないんじゃないか?

490 :日本@名無史さん:2014/09/28(日) 23:36:47.19
>>488
崖の類いで「ハケ」とかいうね、こっちの近所で武蔵野の「ハケ」とか。
多摩川の河岸段丘(の一つ?)かな。

491 :日本@名無史さん:2014/09/29(月) 01:50:13.99
>>487
いつの話?

492 :日本@名無史さん:2014/09/29(月) 09:54:56.78
> >4 8 4
非常に素晴らしい。
小阿寺は小寺、こてら
ひょっとして、小阿寺は左右寺
左右寺は麻て(氏の下に―)良、まてら
まてらは小寺

493 :日本@名無史さん:2014/10/02(木) 03:48:56.46
9/27の噴火以来連日トップニュース御嶽山頂近くの心肺停止者発見
尾根道「八丁ダルミ」の語源は、何なのだろ?
映像で見る限り、1km弱(一丁=109m)も、続かない尾根道だ。
【御嶽山噴火】48人全員の死亡確認 戦後最悪 ★2
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1412159517/

494 :日本@名無史さん:2014/10/02(木) 04:20:49.51
>>493
富士山のばあいのラストのきつい区間「胸突き八丁」の反対で、ラストのきつくない区間くらいの意味じゃない。

タルミ自体は、奥秩父の大弛峠とか三条ダルミ(当て字は何だったかな?)とか、峠というか鞍部の意味が普通。
横から見ると片方上がりではあっても弛んだカーブに見える部分、という意味もあるかな?

121 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★