5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

任那日本府とは何なのか?

1 :日本@名無史さん:2013/03/10(日) 05:02:17.42
古代朝鮮半島南端は倭国の属領であったのでしょうか?

2 :日本@名無史さん:2013/03/10(日) 06:15:42.09
倭人が沢山住んでいた地域

3 :日本@名無史さん:2013/03/10(日) 07:21:32.17
倭人が侵略したのだろう

4 :サガミハラハラ:2013/03/10(日) 08:24:33.88
当時の倭の九州はいくつかのマに分けられていました。北部九州西部がヤマ、
東九州はカマ、肥後がクマ、薩摩がサツマ、日向がトウマ、豊後がアマ、
糸島がシマ、対馬がツシマであり、半島の南部がミマとなります。
任那はそのミマに那(くに)がついてミマナとなり、任那と表記されました。

ヤマ=邪馬 クマ=球磨 サツマ=薩摩 トウマ=投馬 アマ=海部
イトシマ=斯馬 ツシマ=対馬 

5 :日本@名無史さん:2013/03/10(日) 11:48:36.94
>>1
関連スレ
【伽耶】任那日本府【倭国】
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1332073255/
【高句麗・百済】夫余系総合スレ【渤海・日本?】
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1327411004/
日本の古代史 Part7
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1354929366/
天皇家は高句麗の末裔
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1331290818/
日本文化は高句麗文明のコピペ
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1334374063/
白村江の戦い2
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1315182064/

6 :日本@名無史さん:2013/03/10(日) 15:20:37.39
任那は倭人が住んでた倭国領
韓族の住んでた倭国領の加羅や
従属国の百済、被支配諸部族の居た新羅地域とは違うよ

7 :日本@名無史さん:2013/03/11(月) 00:45:42.94
普通に考えれば在加羅倭国駐在事務所。

8 :日本@名無史さん:2013/03/11(月) 17:02:16.59
最近は日本人で韓国・朝鮮人の学者の説に迎合する者が多いのが残念

9 :日本@名無史さん:2013/03/12(火) 09:05:44.81
>>8
激同…

10 :日本@名無史さん:2013/03/13(水) 19:46:34.18
みまなのやまとのみこともち

11 :日本@名無史さん:2013/03/13(水) 20:02:53.62
日本書紀によれば欽明天皇のときの任那日本府は新羅化していた・・・

12 :12:2013/03/13(水) 20:12:02.61
>>4

サガミ先生、こんばんわ。
ちょっとお聞きしたいのですが、サガミ先生は原稿を
普通の出版社に持ち込まなかったのですか?
教えてください。

13 :サガミハラハラ:2013/03/14(木) 23:45:42.54
一度持ち込もうとしてあちこちまわったけど、名がうれてないと無理のようなので共同出版という名の
自費出版にしました。いちいち交渉するのも面倒なので、自費にしたほうが手っ取り早いと考えたのです。

14 :12:2013/03/15(金) 08:19:14.34
>>13

そうでしたか……
ご苦労様でした。

ご返答ありがとうございます。
o(_ _)o ペコリ

15 :日本@名無史さん:2013/03/15(金) 21:31:28.65
日本領というか、伽耶という倭人国家があって、日本ではそれを任那と呼んだという線も…

16 :日本@名無史さん:2013/03/16(土) 18:53:41.16
交易のための借地。借家。

17 :日本@名無史さん:2013/03/16(土) 22:36:39.39
当時半島南東部にあった小国家群は半島に居残りしていた弥生人=倭人の豪族国家であり同時代に日本の中国地方や九州に分布していた豪族と親戚であった

南下して来た百済の貴族は高句麗系だが米作に向いた穀倉地帯を効率的に経営する為に米作に長けた弥生人を殺さずに耕作させた

半島南東部の小国家群は日本列島に渡ってしまった豪族国家に比すると先端技術を目の当たりにし取り入れる機会を多く有していたがそれは高句麗百済に圧力を受け領土勢力圏を削られながら得たものであった

18 :日本@名無史さん:2013/03/16(土) 22:37:30.77
半島南東部小国家群の衰亡期の末頃には弥生人豪族国家群の主要地は日本列島山陰の出雲に移っており出雲とそのグループは半島南東部小国家群に援兵を送って対高句麗百済抗戦を後援していた

出雲は半島南東部を侵略していたのでは無く独立の維持を後援していたのであるが世知辛く財物や生口(含技術者)も受け取っていたので資料の読み方によっては征服・支配していたかの様に考える者が居るのである

19 :日本@名無史さん:2013/03/16(土) 22:40:32.24
そこで百済は一計を案じてかつて七支刀を配して緩やかな影響下に置いていた弥生人豪族国家の一つであり大和に外様として参加していた邪馬台国の後裔の豪族に改めて圧力をかけて自陣営に抱き込み大和でクーデターを為さ使める事にした

この北九州の豪族は当時大和で絶大な権力を振るっていた出雲系の豪族を快く思わない天皇の弟で摂政職にあったある皇族に近づいた

この豪族は自らの地位を利用して偽装させて瀬戸内海を縦断してきた百済水軍を河内に揚陸させると同時に見事クーデターを成功させ大和に親百済政権を樹立する事に成功した

20 :日本@名無史さん:2013/03/16(土) 22:41:39.47
親百済政権の大和は半島南東部小国家群への援兵を取り止めたので百済は直ぐに半島南東部を攻略可能であったが無理をせず小国家群に高句麗への抗戦を続けさせて自らが高句麗からの圧力を一身に受けない様にした

この策は始め上手く機能し妙策であったのは間違い無いがやがて計算外にも高句麗が彼等に帰順した新羅に対して自治を認め自治下での他の小国家との合併を認めた為に小国家群のかなりの部分が新羅に纏まってしまい高句麗の尖兵になってしまった

21 :日本@名無史さん:2013/03/16(土) 22:43:36.76
こうなると今度は百済がかつての小国家群と似た立場に置かれてしまい長期に渡る劣勢を補う為に大和からの援兵を要請する様になった

この間に百済と大和の上下関係も次第に逆転してしまい大和は自分達のペースで援兵を行いたいとして揚陸拠点として任那を百済から分冊して貰い(丸々割譲とは異なる)自分達の経営下に置いたのであるがこれの官府が任那日本府であり百済滅亡と共に消滅した

22 :日本@名無史さん:2013/03/16(土) 23:33:56.99
投稿漏れ>>18>>19の間に挿入


百済は高句麗の圧力に堪えかねた小国家群がしばしば自国内の穀倉地帯を襲うので小国家群を早く潰してしまいたかったが南東部地域からは前述の理由により面積に照らして養えない筈の数の兵が湧いて来るのでなかなかこれを果たせなかった

百済は当時出雲首府後に既に建っていた連邦国家大和を直接征服して半島南東部小国家群への兵力供給を断とうと考えたが彼等自身も高句麗から圧力を受けていたので大和征服の為だけに瀬戸内海を縦断できる程の兵站は確保できなかった

23 :日本@名無史さん:2013/03/16(土) 23:37:35.45
>>17-18 >>22 >>19-21 の順で読んでね。

24 :日本@名無史さん:2013/03/20(水) 18:15:17.26
弥生時代終末期の北部九州、筑紫・博多。

 漢委奴国王(スサノオ)が建国し、帥升(大国主)と続いた倭(和)の奴国【銅鐸祭祀】も、跡継ぎを巡る「大乱」により卑弥呼(アマテラス)
の邪馬台国【銅鏡祭祀】に国を譲る【銅鐸一斉処分:九州=銅鏡に鋳直し/九州以外=埋納】。
 これを不服とした卑弥弓呼の狗奴国と全面戦争になり、「和」国が分裂、卑弥呼は急死(男弟/魏の将軍張政/狗奴国による暗殺説)。

-分裂した「和」国
奴国(長崎/佐賀)邪馬台国(福岡/大分)筑紫/宇佐┃→安芸→吉備→「大和」朝廷
狗奴国(熊本)─┼─投馬国(宮崎)日向┃↑ ≧神武東征ルート≧
...................隅国(鹿児島)┘

 卑弥呼の跡を継いだ♀女王「台与」は投馬国長官♂を婿として迎え、旧奴国&隅国(隼人)とも同盟を結び、肥後狗奴国(後の熊襲)を
一網打尽にし、倭「和」国を再統一した。
 「和」国再統一の偉業をなした男系先祖の出自を後世に伝えるため、神武は日向(投馬国)から出航し、中原における五胡十六国の
内戦の影響から距離を置くべく、都を筑紫・博多から先遣隊長ニギハヤヒが拓いた奈良・三輪山麓(纏向)へ東遷し、その女系先祖・
卑弥呼(アマテラス)&台与以来の【銅鏡祭祀】「大和」朝廷を創始する。

※古事記・日本書紀が、日向長官の先祖であるイザナギ・イザナミを漢委奴国王(スサノオ)の両親、台与の伯母・卑弥呼(アマテラス)を
その姉としたのは、「大和」朝廷・天皇家(♂日向長官と♀筑紫女王「台与」夫妻の子孫=神武の末裔)による系図操作。
 銅鐸祭祀をしていた漢委奴国王(スサノオ)と帥升(大国主)は、倭(和)建国の偉大な功績を消され出雲に祀られる。

25 :日本@名無史さん:2013/03/20(水) 18:17:07.13
-「大和」朝廷における、♂日向(投馬国)系大王と♀筑紫(邪馬台国)系大王の(双方の男系男子途絶による)政権交代

4世紀〔前期古墳〕三輪(銅鏡)王朝(1神武〜14仲哀)=♂日向(投馬国)系大王【四道将軍派遣→国造任命→ヤマトタケル九州平定】
5世紀〔中期古墳〕河内(鉄剣騎馬)王朝(15応神〜25武烈)=♀筑紫(邪馬台国)系大王【神功の三韓征伐→倭の五王(讃珍済興武)】
   →(高句麗の南侵に脅かされた)金官伽耶(任那)・百済・新羅への軍事支援により「鉄の大量供給ルート」を確保し、王権強大化
6世紀〔後期古墳〕近江王朝(※26継体〜38天智〜50桓武〜現在)=♂日向(投馬国)系大王【仏教伝来→白村江の戦い→律令国家】


-26継体・27安閑・28宣化=日向系大王〔樟葉宮→筒城宮→弟国宮→磐余玉穂宮〕
  …継体大王の「大和」入りが筑紫系皇族の抵抗で大幅遅延→「筑紫国造・磐井の乱」を誘発
-29欽明〜♀35皇極(37斉明)=筑紫系大王〔飛鳥・板葺宮〕
  …筑紫系大臣、蘇我氏(娘達を続々大后に→外戚として大王を操縦)による日向系皇族大弾圧→「乙巳の変」(大化の改新)へ
-38天智・39弘文=日向系大王〔近江大津宮〕
  …「白村江の戦い」完敗→百済・任那滅亡で半島権益(鉄の大量供給ルート)を喪失。国力低下→「壬申の乱」へ
-40天武〜♀46孝謙(48称徳)=筑紫系「天皇」〔飛鳥・浄御原宮→藤原京→平城京/恭仁京/難波宮〕
  …両系和解の古事記・日本書紀・風土記編纂(日向系大王の活躍=筑紫系大王の活躍)→「長屋王の変」「道鏡事件」へ
-49光仁・50桓武〜南北朝〜現在=日向系天皇〔長岡京/平安京〕
  …筑紫系天皇の奈良〔平城京〕から、本拠地・近江(琵琶湖)近くの〔長岡京/平安京〕に遷都

26 :日本@名無史さん:2013/03/21(木) 22:48:18.87
妄想

27 :日本@名無史さん:2013/03/26(火) 21:27:33.50
先生、基礎中の基礎の質問ですが
磐井の乱のあと任那は新羅領になったんですか?
百済領になったんですか?

28 :日本@名無史さん:2013/03/30(土) 19:54:15.01
任那は日本領ニダ!謝罪と返還を要求するダニ

29 :日本@名無史さん:2013/04/01(月) 00:01:57.66
三国志の魏書の弁辰伝によると鉄が出て韓、ワイ、倭、皆之を取りに来る
そうでして、どうも倭の占有地に見えないのだが如何であろう
3世紀半ば(邪馬台国と同時代、公孫氏の滅亡後)のことのようです

30 :日本@名無史さん:2013/04/01(月) 00:29:55.56
その頃は任那日本府ないからね
もうちょっと先を勉強してみたら?

きっかけは、少なくとも辛卯年(391)の倭軍介入以降【広開土王碑】
個人的には、砂鉄が倭人の輸出品の一つだったのでは?と推察している
倭人は砂鉄は豊富にあるが製鉄はできずに、弁辰へ持ち込んでいたのではないか?
魏志韓伝を読めば予想がつくだろうが、辰韓弁辰は前漢の真番郡と関係がある
三世紀まで一種の工業地帯として機能していたのかも知れん
そうした交易は任那日本府の土台といえる…

31 :日本@名無史さん:2013/04/01(月) 00:33:56.00
>>30
ごく技術的な話になっちゃうけど。
日本列島から海を越えて砂鉄を持ち込み、出来た鉄をまた持ち帰るって効率悪すぎない?
特別な事情が無ければ製鉄設備を日本列島に作ろうとなりそうなものだが。

32 :日本@名無史さん:2013/04/01(月) 01:08:13.36
というか日本の製鉄は2世紀には始まってるしな
>>29
当時はまだ狗邪韓国だけが倭人の国で
4世紀以降の様に百済、新羅を属国とし、任那加羅を支配したのは
魏晉の影響力と中華秩序が半島から消えて無くなった後

33 :日本@名無史さん:2013/04/01(月) 10:19:47.15
>>32
製鉄遺跡があったのは認めるが、全国に普及させるほどの量を生産していたかな?
二世紀なら青銅器が全盛なので、製鉄については出遅れていたかも知れない
弁辰の商人にうまく利用されて、倭人は砂鉄を供給していたのかも
ほかに、丹(水銀)・砂金・翡翠が輸出品だったと考えている

34 :日本@名無史さん:2013/04/01(月) 14:55:38.09
> 製鉄遺跡があったのは認めるが、全国に普及させるほどの量を生産していたかな?

その当時の人口がどの程度だったか知ってるか?
それすら知らんアホは帰れ!!!!

35 :日本@名無史さん:2013/04/01(月) 15:02:13.77
弥生時代の後期だろ
古墳の隆盛から推察すると200〜300万くらいか

36 :日本@名無史さん:2013/04/01(月) 15:04:08.01
>>34
おまえはどのくらいだと考えてんの?
方墳時代から鉄製農具や剣が副葬品として流行してる
総数量はそうとうなもんだが…

37 :日本@名無史さん:2013/04/01(月) 20:28:42.05
>>33
その当時国外から持ち込まれた鉄器のほぼ全部が
当時の漢朝領土北東部で生産された物という分析結果だそうだ

38 :日本@名無史さん:2013/04/01(月) 22:50:17.78
>>37
ソースくれよ
遼東郡?遼西郡?楽浪郡?玄菟郡?臨屯郡?
前漢?後漢?どっちだい?

39 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/02(火) 01:29:42.32
>>1-32
加耶北方木槨墓人を軟弱な列島の倭に還元してもつまらんよ。
751 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/03/25(月) 00:20:14.80 0
>>1-745
http://www.geocities.jp/taru638/page028.html
「韓国慶星大学校文化大学助教授の甲敬K氏の話
金海良洞里墳墓群の発掘調査成果が契機になって知りえた事実だが、北方系遊牧民族の
習俗と文物、すなわち人と馬の殉葬、武器を折り曲げて墳墓に埋葬する習俗、蒙古鉢形冑や
挂甲といった騎馬用甲冑、馬冑、北方式銅カマ、青銅製虎形帯鉤などの文物、を持った
北方系木槨墓が三世紀末に金海地方に突然出現し、首長墓をはじめとするそれ以前の墳墓を
意図的に破壊するといった現象が、金海の全墳墓群のおいて確認できるのである。
このように金海は三世紀末の突発的で衝撃的な一大事件の為、呪術的で中国的な雰囲気の
社会から、高度な武装的・騎馬民族的な社会に突然転換する。私はこうした変化を辿る
金海地域の状況にたいして、概念的ながら、北方墓制・文物が登場する前を狗邪韓国、
以後を金官伽耶と言う風に把握している。そして金海地域における最新の考古学的知見を重視し、
今まで堅持してきた騎馬民族征服説に対する批判的な態度から一歩後退し、核心においては
肯定することが出来る部分もあると考える。
もし金官伽耶=騎馬民族説に全面的に否定的な立場をとるとすると、
三世紀末、金海地方に北方墓制が突然出現し、先行墓制を意図的に破壊したという現象に対して
合理的に納得できる説明をする事が前提とならなければならない。 一方、三世紀末、
金海に突然出現した騎馬民族の支配集団は5世紀前葉に突然金海から消え去っている。
この点も謎である。」
 これらの騎馬民族的集団は金海地区に限った話ではなく、三国時代の新羅地区に
広く見られる物であり、蒙古鉢形冑は高句麗古墳の壁画にも描かれているし、そして
蒙古鉢形冑は日本でも複数発掘されている。
 ほいで、井上秀雄氏は、朝鮮南部の倭は金海地方とされるんも妥当なこと。
http://www.d7.dion.ne.jp/~sekai/uniue.gif

40 :日本@名無史さん:2013/04/02(火) 02:13:19.71
      ミ ⌒ 彡 ∩
      ( ,_`ゝ′)/ 続きはwebで!
     m9   ノ
     ノ _ _ ヽ
     (_ノ ^ ゙J
   ___________
  [ホッポーモーカクボジン  ] [検索]
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

41 :日本@名無史さん:2013/04/02(火) 02:17:33.98
居場所を失くしたモウホが日本史板に三畳と効いて

42 :日本@名無史さん:2013/04/02(火) 03:23:37.58
>>38
前後漢を通じて
上谷〜遼東に掛けて

43 :日本@名無史さん:2013/04/02(火) 10:10:48.20
>>40
それクソ牛のレスしか出ないやんけ

44 :日本@名無史さん:2013/04/02(火) 22:26:20.46
北方木槨墓人で検索しても青牛のレスしか出ねえぞどういうことだ

45 :日本@名無史さん:2013/04/02(火) 23:31:07.98
北方木槨墓人
約 788 件の検索結果
一番上に来たのがこれw
>新羅の支配層は、北方牧畜民系統の積石木槨墓人に 決まっとろう。
>チベット系テイ族は華北全土を支配し、その系統が
>新羅に移民した可能性はあるが、雲南から漢を支配した例も無ぁし、

46 :日本@名無史さん:2013/04/03(水) 02:13:55.82
ああ…初めてその検索結果見たとき爆笑したんだわ

47 :日本@名無史さん:2013/04/03(水) 03:10:15.61
木槨や積石木槨で検索したほうが色々な情報を見れますな

48 :日本@名無史さん:2013/04/03(水) 08:50:58.71
ここもクソ牛に祟られて荒廃するのか…南無

49 :日本@名無史さん:2013/04/03(水) 18:09:59.29
キムチ臭のきついホモがいると聞いて

50 :日本@名無史さん:2013/04/03(水) 18:19:16.21
天皇家は高句麗の末裔
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1331290818/l50

51 :日本@名無史さん:2013/04/04(木) 00:00:00.42
倭が派手に軍を動かしだしたのは概ね高句麗で広開土王の代からのようで
478年の渡平海北九十五國とか言ってた頃は高句麗の最大領域、んで6世紀
になると高句麗も倭も後退しているようだ
高句麗の膨張時には押される百済・新羅に対して倭も支援だか付け込みだか
で勢力を拡大したが百済・新羅が強化されてくると高句麗と同時に倭の
勢力も後退する流れだったのかな

52 :日本@名無史さん:2013/04/04(木) 07:25:59.45
まあ秀吉軍のようなもんじゃないの?
倭(日本)は劣等チョンと違って優秀なので
ちょっと本気でやれば半島全域程度までは進出できるって事だ
その逆は対馬でフルボッコだけどな(笑)

53 :日本@名無史さん:2013/04/04(木) 09:52:37.70
任那日本府の場合、一世紀以来弁辰・辰韓と交易があって、
三世紀の状況を描いた魏志倭人伝では、倭国の記述は狗邪韓国(釜山辺りか)から始まる
長い間倭人の勢力がこの地に根差した上での誕生だ
秀吉のパターンとは異なるだろう
河内王朝(と、あえて言っておく)の大王家の領地としての日本府が、391年の倭軍侵攻を契機とするという点は同意
日本書紀ではそれ以前の侵攻を描いているが、ちょいと怪しげな話が多くて現実味に欠ける

54 :日本@名無史さん:2013/04/04(木) 22:08:31.35
新大久保で土下座したモホのあると聞いて

55 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/04(木) 23:27:23.26
>>51-52及び53
広開土王碑の倭は当時朝鮮南部〜日本列島で一番軍事力があった
加耶の北方木槨墓人じゃに。漢に生口(奴隷)献上の軟弱な列島の
倭が急に軍事国になるわけあるまあに(笑)。
優劣じゃのレイシズムを学問に持ち込む疑似科学遊びしてもつまらんわ。
北方渡来系が朝鮮南部から日本を支配したんは人類学的事実じゃ。
22 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2012/03/17(土) 23:30:22.55 ID:bCr4rsOz
 縄文系は本土日本人だけじゃのうて朝鮮南部でも先住民じゃし。
伽耶は北方木槨墓人が支配した地域じゃが先住の現地の韓人、倭人の
古モンゴロイドもおったよ。
http://ds.gimhae.go.kr/sub/02_01_02.jsp
ここに礼安里の人骨から復元された伽耶の武人が出とるが、
上が12号墳の高顔、狭顔(高上顔)の北方新モンゴロイド。
下の方が41号墳のエラの張った広顔、団子鼻、広鼻(広低上顔)の 南方古モンゴロイド。
それは、日本の北方渡来系新モンゴロイドと古モンゴロイドにも当て はまる。
http://bbs.jinruisi.net/blog/%E7%B8%84%E6%96%87%E5%BC%A5%E7%94%9F%E4%BA%BA%E9%AA%A8.jpg
右の弥生人(北方渡来系)は、上の「高上顔」の人骨とそっくりで、
左の縄文人は、「広低上顔」の人骨とそっくりでエラの張った団子鼻と 思われる人骨。
ここのブログの兵士の4階級ですが、盾を持ったり位が高い歩兵クラスが 上2つは歩兵は
北方系、兜や防具を付けて無かったりする下級の歩兵は 下2つは、南方系ですね。
上の方が南ツングース、ワイ貊系で面長な狭顔。 下の方は現地の韓人、倭人系で縄文系広顔、広鼻。
http://blog.livedoor.jp/hangyoreh/archives/888107.html
 権力者の墓に殉葬された10代の女性
「同じ年頃の現代韓国女性とは多少違う。あごの骨が現在より短かったために、
顔は左右が広く上下は短い。」と、被支配奴隷階層は縄文系南方系の低顔。
まあ、人類学的にも加耶北方木槨墓人が倭を支配したんが妥当じゃに。

56 :日本@名無史さん:2013/04/05(金) 02:12:57.05
はいホッポーモッカクボジン頂きましたありがとうございました

57 :日本@名無史さん:2013/04/05(金) 03:06:53.84
北方木槨墓人の第一人者、白犬青魚大将のお話が聞けるのはここだけ!

58 :日本@名無史さん:2013/04/05(金) 03:51:18.75
コマ劇裏で喝アゲされたホモがいると聞いて(爆w

59 :日本@名無史さん:2013/04/05(金) 09:27:28.07
>権力者の墓に殉葬された10代の女性

なるほど、支配された倭人の娘があの世での召使いとして殉葬されたのですね。
可哀想に。

60 :日本@名無史さん:2013/04/05(金) 14:45:38.58
万年属国の半島ホモが強がると聞いて

61 :日本@名無史さん:2013/04/06(土) 13:24:43.63
>>55
モンゴルに女を献上し満州人に土下座し
日本に統治され中国に隷属し「皇」を名乗った
こともないホモがいると聞いて(爆笑

62 :日本@名無史さん:2013/04/06(土) 14:01:49.78
シナ、蒙古、満州、日本、支配され続ける
キムチしかない糞食い半島ホモが能書き
垂れると聴いてw

もうね、行儀教えてやろうかと…

63 :日本@名無史さん:2013/04/06(土) 19:00:46.13
やめとけ
広島まで殴りに行ったところで、チンポを巻いて逃げまくられるだけだ。旅費の無駄になる。
こっちのホームに呼び出してもこねーしな
クソ牛は真正のクズ人間だよ

64 :日本@名無史さん:2013/04/06(土) 19:17:53.27
↑半島ホモのチンポが巻くほどあるわけないだろ

65 :日本@名無史さん:2013/04/06(土) 19:33:15.92
>>55
南朝宋に対して六国諸軍事と称して百済については駄目出し
された倭はどの倭?
その説の場合加耶の覇権はどう失われていったのか?

66 :日本@名無史さん:2013/04/07(日) 00:19:40.25
> 広開土王碑の倭は当時朝鮮南部〜日本列島で一番軍事力があった
> 加耶の北方木槨墓人じゃに。

広開土王碑に描かれた倭との戦いはのは391〜406年の期間
任那日本府の倭軍のことって意味ならわかるが、それでいいのか?

漢に生口(奴隷)献上の軟弱な列島の
> 倭が急に軍事国になるわけあるまあに(笑)。

これは漢代の倭国の話な


> ここに礼安里の人骨から復元された伽耶の武人が出とるが、

おまえはこの話しかしないが、何か理由があるのか?帰納法ってわかるか?
物事の証明は多角的に行え

67 :日本@名無史さん:2013/04/07(日) 03:10:22.55
ローマ帝国のゲルマン人とかイスラム帝国のトルコ系マムルークとか
奴隷や傭兵が征服する例はいくらでもあるぞ
大和から見た東国もそうだ東国の蝦夷を戦士として朝鮮に送るわけでしょ
未開だからこそ強いわけよ
やがては応神天皇を祖と仰ぐ源氏が東国に政権をつくる

68 :日本@名無史さん:2013/04/07(日) 05:12:29.66
残念ながら三韓の特に新羅は倭と比べて未開だったので
その可能性はありませんw

69 :日本@名無史さん:2013/04/07(日) 10:29:55.97
新羅は倭系遺物が異常に多いんだよ
地理的にみても、大きく発展する要素の全くない小さな盆地の国
倭国との関わりなしにはその成長を説明できない

70 :日本@名無史さん:2013/04/07(日) 10:31:01.38
宍戸というホモがいると聞いて

71 :日本@名無史さん:2013/04/07(日) 13:56:22.96
新羅は金官加羅(いわゆる北方木槨墓人の国)の初期において同じ形式の木槨墓を
築き、その後徐々に独自性のある木槨墓を築くようになる。
これから推定されることは、金官加羅の初期に北方木槨墓人が新羅も併せて征服したが、
その後、新羅が独立性を帯びるようになった、ということだ。

言わば金官加羅は新羅の宗主国であった。
金官加羅が最終的に滅亡した(新羅に降伏した)とき、新羅が金官加羅の王族を
暖かく迎えてこれを貴族に列したことは興味深い。

72 :日本@名無史さん:2013/04/07(日) 15:05:27.47
宍戸

73 :日本@名無史さん:2013/04/07(日) 15:10:47.74
ま、現実はと言えば・・・
任那加羅(いわゆる倭人の支配する国)の中期において
前方後円墳を築くようになる。これから推定されることは
任那加羅の初期に倭人が新羅も併せて征服したが、
その後、新羅が独立性を帯びるようになった、ということだ。

言わば任那加羅は新羅の宗主国であった。
任那加羅が新羅軍によって最終的に滅ぼされとき
新羅が任那加羅の首長を迎えてこれを貴族に列したことは興味深い。

74 :日本@名無史さん:2013/04/07(日) 15:44:23.39
>>73
ま、現実はと言えば・・・
残念ながら任那加羅には前方後円墳は無い。前方後円墳と言われた松鶴洞1号古墳は
重なり合った3基の円墳だということが確定している。

前方後円墳があるのは全羅南道のみ。全羅南道には11基かそこらの前方後円墳がある。

75 :日本@名無史さん:2013/04/07(日) 17:00:01.17
>>74
てことは旧慕韓と百済の領域か

76 :日本@名無史さん:2013/04/07(日) 18:56:52.34
>>74
現実には
慶尚南道の方から集中して前方後円墳が発見されてる

77 :日本@名無史さん:2013/04/07(日) 19:24:46.65
新羅はもともと弁辰斯盧国だから、当然といや当然かもね

78 :日本@名無史さん:2013/04/07(日) 19:52:13.25
http://teda.iza.ne.jp/blog/entry/388832/
http://ocw.kyoto-u.ac.jp/institute-for-research-in-humanities-jp/introduction-to-korean-studies/html/05.html
全羅南道の前方後円墳はこんなかんじで分布しているとのこと
時期的には4世紀後半以降、百済が高句麗に首都を落とされて南遷後
南部に勢力を広げた時期らしい
>>76の慶尚南道に集中というのは初耳なのでどのような資料か知りたい

79 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/08(月) 01:05:03.44
>>63
妄想広島半日滞在期の続きは無いんか?(笑)。
>>65
百済より低い地位しか与えられんかったよ。加耶・倭の北方支配層は。
>>66
>>39-55の加耶・倭を北方木槨墓人が支配した時期じゃし、
広開土王碑の倭は、どう見ても北方木槨墓人よ。
漢代の軟弱な生口(奴隷)献上の倭が軍事勢力になれるわけが
無ぁじゃないか。しかも農耕民は騎馬民族に征服支配されるが、
世界的普遍で、農耕民が自力で強国となった例は無ぁし、
人類学的にも、東アジアを含めユーラシアは、北方民族に征服
され、人類学的にも正しいんじゃに、>>73が如き、ガラパゴスのネット右翼らは、共産主義史観の影響で自民族発展段階説で、南方から北方へ進出じゃの人類学から逆行した珍説から、世界的北方民族南下期に、日本列島から
朝鮮へじゃの荒唐無稽な珍説を披露する低脳ぶりこそ、証明以前の
問題じゃろうに(笑)。
>>73-77
しかも、新羅の支配層は北方積石木槨墓人で現地り韓人や倭人は、
被支配民・奴隷民よ。
>>75
領域云う、近代国家の概念を当てはめる自体、歴史無知すと、
告白しょうようなもんじゃないか(笑)。
>>76-78
前方後円墳自体、元来高句麗系じゃに(笑)。ほいから、全羅南道は、
百済云うたぁ、倭地域じゃわい。

80 :日本@名無史さん:2013/04/08(月) 01:18:12.66
その説明だと、
加耶にいた北方木槨墓人(笑)とやらが『宋書』にでてくる倭の五王だと思ってるわけ?

81 :日本@名無史さん:2013/04/08(月) 02:46:07.82
結局どこもかしこも北方(満州・東南シベリア?)からの移住者に支配されてる
というなら何処がどこだか見分けつかなさそう

82 :日本@名無史さん:2013/04/08(月) 12:51:38.24
> 広開土王碑の倭は、どう見ても北方木槨墓人よ。

広開土王碑の倭は、どう考えても日本列島の王権よ

> 漢代の軟弱な生口(奴隷)献上の倭が軍事勢力になれるわけが
> 無ぁじゃないか。

広開土王碑の倭国は初戦が391年(辛卯年)な
福岡の倭国とは違うわアホが

もう来んなよ

83 :日本@名無史さん:2013/04/09(火) 08:42:25.28
広開土王戦争でイメージがわかないのは、騎兵を持たない倭軍がどうやって高句麗の
重装騎兵に対抗したか、ということだ。

広開土王碑の倭軍とは、倭軍でもない、任那加羅軍でもない、倭・任那加羅連合軍だった
のではないか。

重装騎兵を持つが兵数に欠ける任那加羅軍と、兵力は多いが騎兵を持たない倭軍とが、
相補った連合軍だったのではないか。

新羅城で敗れた倭軍が当たり前のように任那加羅をめざして退却するのも、連合軍だった
と考えれば分かる。

84 :日本@名無史さん:2013/04/09(火) 09:31:07.76
>広開土王戦争でイメージがわかないのは、騎兵を持たない倭軍がどうやって高句麗の
>重装騎兵に対抗したか、ということだ。

わかるのは、倭が敗走したってことで対抗できたかどうかわかんない

>新羅城で敗れた倭軍が当たり前のように任那加羅をめざして退却するのも、連合軍だった
>と考えれば分かる。

それこそ任那日本府があったからじゃないの?

85 :日本@名無史さん:2013/04/09(火) 09:58:34.97
使持節都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事安東大将軍倭王武

86 :日本@名無史さん:2013/04/09(火) 10:09:47.41
また、発掘から見ればその当時、この地域における重要な軍事力であった金官加羅が、
戦闘経過にいっさい出て来ないことも、倭との連合軍であったと考えれば納得できる。
倭・任那加羅連合軍を「倭兵」などと呼んだのだ。

それとは独立に加羅諸国も参戦していた。「安羅」など。

87 :日本@名無史さん:2013/04/09(火) 16:02:16.18
高句麗と戦った倭の軍勢が連合軍であったかどうかは分からないが、
高句麗にとって重要なことは、精強を誇る倭の軍勢を打ち破ったことだろう。

88 :日本@名無史さん:2013/04/09(火) 16:38:40.19
広開土王碑によれば、百済(百残)新羅を支配下に置いて北上したため高句麗王が成敗したとある
カラや任那は書いてないとこみると、もともと倭国側だったってことか

89 :日本@名無史さん:2013/04/09(火) 16:40:55.33
>>86
もともと辰韓・弁辰は小さな都市国家の連合体だから、その線はありだね
ペルシア戦争のギリシア軍みたいなもので、利益に叶わなければ個別に倭国と組んだのかもね

90 :日本@名無史さん:2013/04/09(火) 18:51:47.67
4世紀中頃なら、その可能性も絶無とは言えないね
5世紀に入ると任那加羅地域全体が倭国の支配に服し
調納していた事が解っているが

91 :日本@名無史さん:2013/04/09(火) 23:43:25.01
百済にせよ任那諸国にせよ、当てにしたのは倭国の人口の多さだったのかも
古代の戦争は所詮マンパワーだからね
ちょいと時代は前後するが、漢代の倭国王は国王で、半島の韓レンシ邑君は“邑君”だ
倭国は金印、邑君は銀印
この格差は、クニの実力云々より単純に人口の規模が原因なのでは?
後の古墳の数と規模を見ても、人口が遥かに多かったのは日本列島だろう

92 :日本@名無史さん:2013/04/09(火) 23:50:27.97
宋書の「渡平海北九十五國」の内に入るんかな

93 :日本@名無史さん:2013/04/10(水) 00:02:29.70
蘇馬ィはそのまんま廉斯の邑君でしかなく、他の韓と違って朝貢してきたので
それなりに遇されたっつー線も考えられるか
逆に言えば奴国はそれなりに王の体裁がとれる程度の勢力を束ねることに
成功してたと

邪馬台国時代では三韓と倭は総戸数は似たような値にはなっていたな

94 :日本@名無史さん:2013/04/10(水) 00:15:19.68
http://gsm.nricp.go.kr/_third/files/ksm/largeimg/bj_800_1.jpg

これのも銀印だけど 口二十八萬人つうたら五萬戸相当とかで弁辰と同規模だわな

95 :日本@名無史さん:2013/04/10(水) 00:22:42.01
      ↑
夫租薉君銀印 ←貞柏洞,夫租薉君墓出土品

おまけ
晉率善穢佰長銅印
http://gsm.nricp.go.kr/_third/files/ksm/largeimg/226_1_2_1_3.jpg

96 :日本@名無史さん:2013/04/10(水) 00:25:19.65
漢人的な「邑」と「国」の違いって何?

97 :日本@名無史さん:2013/04/10(水) 00:43:38.37
薉薉薉薉薉薉薉薉薉薉薉薉薉薉薉薉薉薉薉薉薉

98 :日本@名無史さん:2013/04/10(水) 00:51:12.20
穢 濊 wa wai wi wei we wo → huì huò

猥曲→委曲 假借為“委” 【濊,猥,委は同音か?】
猥 犬吠聲

猥 wai wui woi → wěi
吠 fèi

99 :日本@名無史さん:2013/04/10(水) 00:52:13.33
>>94
おー初めて見た
乙です

100 :日本@名無史さん:2013/04/10(水) 00:58:36.91
>>93
うん
何はさておき韓という国あるいは地域名の初見だ
これが人口増加で馬韓・辰韓・弁辰に分かれると見ていいのか…
韓ていったいどういう領域を指したんだろうか?旧真番郡と関係あるのかね

101 :日本@名無史さん:2013/04/10(水) 00:58:40.61
http://goo.gl/maps/NV5jR

赤印のところにリンクうめておきましたよ

102 :日本@名無史さん:2013/04/10(水) 01:04:00.15
>>94
弁辰や辰韓については三国志はごちゃ混ぜに列記していて、まさしくそれが実態だったのでは?
つまり、“弁辰連合”の都市があり、先には“辰韓連合”の都市がある…と
都市(国)個々の人口は少ないのじゃないか?
辰王は対外代表なので楽浪郡に近い馬韓にいるだけで実権はない(〜自ら立って王とは成れないの部分)

103 :日本@名無史さん:2013/04/10(水) 01:38:20.95
ローマ帝国全盛期はゲルマン人が完全武装のローマ軍にはたちうちできない
しかしバラバラ来て略奪を行えば対処できない
装備は貧弱だか体格がよく勇猛果敢でローマの傭兵となり採用される

日本も源平の頃は騎馬戦だが、南北朝のころから足軽歩兵が主流となり
騎馬武者を取り囲む

ちゃんとした戦闘でなく夜陰に紛れて村を焼いたり城に忍び込んだりして領地を増やせるだろう
高句麗の正規兵とは正面からぶつからないのだ

104 :日本@名無史さん:2013/04/10(水) 01:45:52.31
中世の倭寇みたいだな

105 :日本@名無史さん:2013/04/10(水) 07:47:43.50
秀吉がなんと半島の上の方まであっというまに攻め込んだのも
資料がなければ信じられないだろうな。
結局明軍が来て負けるわけだが、明はそのため滅びる。
結局人口が圧倒的に少なかったんじゃないかな。

106 :日本@名無史さん:2013/04/10(水) 08:28:01.06
日本を訪問した挑戦時の記録にはたいてい
日本は広い暖かい豊か人口が多いというのが多いね
広いというのが意外に感じる。他には女性が綺麗というのが
あったな。綺麗じゃなくて紅海の気を吸って色気があるとか
なんとかだったかな。

107 :日本@名無史さん:2013/04/10(水) 08:29:23.46
挑戦時じゃなくて朝鮮人か

108 :日本@名無史さん:2013/04/10(水) 08:38:25.39
半島は日本以上に平地は少ないよ
それから、通信使が言ってる広さは都市の規模のことだろう
朝鮮は皆さんご存知の併合前の写真から察するに、王城の周辺にしか街はなかった
まあ、都市の広がり=人口の多さだけども

109 :日本@名無史さん:2013/04/10(水) 08:41:50.41
>>98
越もwoと読んだらしい
越智などでその名残がある

110 :日本@名無史さん:2013/04/10(水) 19:21:35.80
>>109
倭が(wa,war,wai)、越が(wat)で似てる?
濊は(xwad,hwadh,hwats)でそれほど近くないが
>>102
ふつうに解釈すれば、三韓は種族名又は地域名で
個々の〜国が各々の城堡に拠った部族だよな。
大枠としても辰韓は馬韓に属していたようだが

111 :日本@名無史さん:2013/04/10(水) 21:04:26.32
>>110
地域名…うむ、だろうね
しかし、なんで韓なの?という疑問は拭いきれない
どこまでも中国由来の文明なのか半島って

112 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/11(木) 00:37:50.57
>>80
 加耶〜北九州を当時征服した北方渡来系勢力。
>>82
加耶と弥生期から同一文化の福岡も当時は加耶北方木郭墓人の
支配下に過ぎんよ。
>>83-84及び>>88-89及び>>90-91及び>>92-105及び>>106-108
 加耶の北方木槨墓人は、>>55重装騎兵じゃに、あんたらの朱子学カルト
ネット右翼の荒唐無稽な妄想前提自体破綻しとるよ。
>>85
加耶勢力の自称じゃが、百済より官位が低かった。じゃが本質的に、
軟弱な南朝と交流したら滅びるのう。

113 :日本@名無史さん:2013/04/11(木) 01:01:47.71
>使持節都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事安東大将軍倭王武

>加耶勢力の自称じゃが、百済より官位が低かった。じゃが本質的に、
軟弱な南朝と交流したら滅びるのう。

加耶って加羅のことじゃねえの?

114 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/11(木) 01:13:33.94
>>91
 史書の、地理距離、方角、人口まで、遠地ほど出鱈目の常用句を真っ当にマインド・コントロールされ真に受けてもつまらんわ。
しかも、列島は、弥生期以上に世界的北方民族南下征服の古墳時代の世界史的現象の時代じゃけんのう。埴原和郎氏も、人類学的にも弥生期より古墳期の渡来系の影響が強いとされる。
 http://pdf.lookchem.com/pdf/22/d482d1c7-898d-4669-b310-3002e0d21133.pdf
古墳時代
「古墳時代の特徴の一つは, 弥生時代に比較して渡来系集団が急増したことである。」
と、弥生期の一部の地域と違い、古墳期の大量移住は、世界史の事例から普遍じゃ。
縄文教の安田善憲氏すら、古墳期の北方渡来系の影響は否定されとられんよ。
http://blogs.yahoo.co.jp/binbonet/40661248.html
 「古墳寒冷期の民族移動」 紀元2世紀と5世紀は寒冷期だった。・「ゲルマン民族の大移動」ローマ帝国の崩壊へ
・西アジアではササン朝ペルシアが北西インドから中央アジアに達する。・東アジアでは、鮮卑をはじめとする北方民族の流入、「黄巾の乱」、漢王朝の崩壊。倭国大乱。
・五胡十六国時代:民族大移動の時代。日本では大陸騎馬民族の影響による古墳時代、朝鮮では遊牧民国家高句麗の南下、」
世界的現象で日本だけ北方進出じゃのガラパゴス共産主義史観のネット右翼の妄想は通用せんよ。
http://akatonbo-jo.cocolog-nifty.com/jo/2004/07/post.html
「・麦作・牧畜文明は崇神天皇から大和で始まる。ここで、崇神天皇5年に結核病(牛から)が大陸からもたらされ、
半数の国民が死ぬ。その後、天然痘。インフルエンザ、ジフテリア等の北方民族の疫病が古墳時代に始まる。」
と、疫病で人口減少は、ローマ・漢と同様、日本の弥生期も、黄巾の乱の時代倭国大乱と重なり人口減少は避けられんし、
古墳期からの北方渡来系のもたらす疫病(安田氏は、ウシ型結核菌を要因としとられる)けど、新大陸の先住民減少のよう、
渡来系が増えるほど先住民は人口減少し、民族の主流からマイノリティに転落する世界史の普遍よ。
日本も北方渡来系が主流となったんが現代日本人云う当たり前の既成事実を忘れて、列島から拡張じゃの、自民族発展段階説の
左翼妄想論を展開しても意味があるまあに(笑)。

115 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/11(木) 01:37:06.08
>>113
>>39の倭の地域は半島南部から九州北部じゃし、加耶(加羅)は、
弁韓と倭の地域が多かったろう(近代国家と違い領地の概念は無うて、
村落の労働人員の確保が北方系支配層の目的じゃし、朝鮮南部の沿岸民の倭も、
村落によって百済、新羅、加耶・倭の支配された所属も帰属状況
によって違いがあったと考えられよう。)。
中世の倭寇すらも日本人集団じゃのう、済州島残留モンゴル人や、
朝鮮で賎視された、、禾尺、柳水尺らを含むように、エスニック混合よのう。
古墳期なら北方支配層が朝鮮南部〜日本まで大量移民数から民族まで決定して
主人公の民族のマジョリテイ多数派になったことじゃに。

116 :日本@名無史さん:2013/04/11(木) 02:09:11.79
>>115
まーた後漢書の話してんのか
魏志倭人伝に奴国は二つある。博多(?)の奴国と句奴国の一個前のそれだ
この奴国は“女王の境界の尽きるところ”とある
これを後漢書の作者が博多の奴国と間違えただけ
後漢書は五世紀で三国志より後だと何度いえば分かるんだハゲ
失せろよ

117 :日本@名無史さん:2013/04/11(木) 02:11:25.69
どうあっても日本をおとしめたいらしいが、そういう人間は歴史学に不要だ
消えろホモ野郎

118 :日本@名無史さん:2013/04/11(木) 06:09:28.89
マジレスしてみる。

半島南端の、一種の出島と言うか、
倭人居留地、商業地区みたいなもののではないかと思ってる。


狗邪韓国つう「倭人国」があったとしても
その成れの果てつう可能性も。

倭人つうか弥生人が江南地方から日本に来る途中、
半島南部に一度吹き溜まったはず。
その名残が日本府だろう。

むろん日本府なんて漢字はあとからつけたもので、
当時はもっとショボい呼び方だったろう。

119 :日本@名無史さん:2013/04/11(木) 08:13:32.58
もちろん実際は倭府だろう
府は中国では将軍府のことで、遠征先で朝廷の裁可を仰ぐ煩を省くために行政権を与えるものだ
“幕府”は日本語かも知れんが意味はそこから来ている
倭府は半島に置いた橋頭堡で、半ば独立愚連隊だったのかも知れない
天皇の意に背いて勝手な行動をとり、百済にチクられて処罰されたとかいう話が日本書紀にある

120 :日本@名無史さん:2013/04/11(木) 11:34:33.00
発掘成果ではクヤ韓国は九州との関係が深かった。
北方系に征服されて以後の金官加羅はヤマトとの関係が深かった。

だから好太王戦争での倭・任那加羅連合軍は、具体的にはヤマト・任那加羅連合軍
と見られる。

121 :日本@名無史さん:2013/04/11(木) 14:10:27.81
土器の発掘結果も似た様式の土器は九州北部の方が出る地層年代古く
稲の分析結果や水田の発見状況も九州北部の方が半島南部より早いんだよな。
狗邪韓国の頃から九州北部から入植した倭人が居住していて
倭国が三韓諸国に先んじて統合されると
徐々に任那、加羅を統治下に収め、更に進んで百済や新羅諸国を服属させた。

122 :日本@名無史さん:2013/04/11(木) 22:22:51.32
対等の立場での連合軍の例は意外にある。

例えばカルカ川の戦いでのキプチャク遊牧民とロシア騎士団の連合軍(相手はモンゴル)。

コルテスのメキシコ征服におけるスペイン人とトラスカラ族の連合軍(相手はアステカ)

手近な例では白村江戦における唐と新羅の連合軍。

123 :日本@名無史さん:2013/04/11(木) 22:28:09.76
おっと、白村江戦の相手は日本・百済連合軍だったね。
こちらはすでに対等とは言えないが。

124 :日本@名無史さん:2013/04/11(木) 22:30:17.92
唐軍の一部でしかなかった新羅軍は従属的立場ですら無い

スペイン武装商人もコサック傭兵も国軍ではなく小規模
仕方無く金で傭兵を雇っただけ

125 :日本@名無史さん:2013/04/11(木) 23:28:37.35
対馬の海賊にボテくり廻された
糞食いがあると聞いて

126 :日本@名無史さん:2013/04/11(木) 23:41:32.17
>>124
うむ
というか、近代以前の兵士って傭兵なんだよな

127 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/12(金) 00:04:22.25
>>116-117
後漢書の「奴国は倭国の最南界なり」倭国の一番南であると。
しかも金印の出た方が奴国じゃし、志賀島か北九州あたりまで云う
ことじゃに、往生際が悪いのう(笑)。
あんたの日本をユートピア工作する左翼思想こそ、結果的に現実逃避で
日本を貶めよることんなるんで。
>>118-119及び>>120
 加耶任那は、>>39-55のように軍事大国じゃに、事実を無視して
現実逃避のユートピアに逃げる左翼君じゃのう。
しかも倭の本家も三上次男氏の云われる北東アジアの水辺民の総称が
倭じゃに、南端の一部が倭の列島が中心云う妄想じゃつまらんわ。
>>121
その早い云う根拠も捏造体質の日本側からの大本営発表に過ぎんけど。
旧石器捏造は、反騎馬民族説の共産主義者の歴博館長じゃった佐原真氏も
煽った戦犯者じゃが、歴博の体質は変わらんし、弥生期の年代繰上げで
起源を古うしたい工作じゃけぇつまらんよ。年代は他国の遺跡と比較して、
各土器の流行期基準に合わせりゃええのに、起源を古うしたい欲を
学問に持ち込むけぇパーなんよ。
>>124
 その唐を後に半島から追い出したんも新羅じゃに。

128 :日本@名無史さん:2013/04/12(金) 00:37:38.29
古墳に埋葬されたわずかな武具だけで軍事大国と言っちゃえるのがスゴイ!

129 :日本@名無史さん:2013/04/12(金) 00:48:29.83
>>127
日本@名無史さん [sage] 2013/04/11(木) 02:09:11.79
>>115
まーた後漢書の話してんのか
魏志倭人伝に奴国は二つある。博多(?)の奴国と句奴国の一個前のそれだ
この奴国は“女王の境界の尽きるところ”とある
これを後漢書の作者が博多の奴国と間違えただけ
後漢書は五世紀で三国志より後だと何度いえば分かるんだハゲ
失せろよ

130 :日本@名無史さん:2013/04/12(金) 00:53:00.07
> しかも倭の本家も三上次男氏の云われる北東アジアの水辺民の総称が
> 倭じゃに、

ごく僅かな一部の解釈にすがるなよ
惨め過ぎるぜ

131 :日本@名無史さん:2013/04/12(金) 01:41:02.08
ホッポーモッカンボジンはどうした蛇煮蛇煮先生

132 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/12(金) 01:42:53.61
>>1128
 武具は実用品じゃけぇのう。
>>129-130
志賀島の金印からも明らかなことを言い訳してもつまらんわ。
魏志倭人伝ですら、農耕民よりも水辺漁労民と描いとる構成すら
理解できんたぁ愚かなのう。

133 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/12(金) 01:49:30.69
>>121
 ついでに、歴博の捏造体質も挙げちゃろうよ。
http://www.komakino.jp/sasaki-doyoukouko/sasaki-ronbun.htm
藤村が副所長を務める東北旧石器文化研究所による疑惑の前期旧石器の 「発掘」に自らも深くかかわり、 それらの公認と権威付け化に最も 大きな力をふるうことになった文化庁主任文化財調査官岡村道雄である。  「日本の歴史」読者の皆様へ
―藤村新一氏の「事件」について」と 題された岡村の釈明文である。体裁は一見自己批判風を装っているが、 その内実は徹頭徹尾自己保身の ための責任逃れに終始している。むしろ、今回の捏造事件をまるで他人事のように総括し、考古学研究者は等しく
「総懴悔」すべしと宣言して いるような岡村の言葉に、たとえば薬害 エイズ事件における厚生省官僚の何とも人を食った恥知らずな釈明を 聞いているような錯覚に襲われる
のは、はたして私だけであろうか。 千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館では、捏造事件発覚後、館内に 展示していた前期旧石器関係の資料をあわてて回収した事実はよく知られている。一体、佐原らは、そうした自らの負の遺産をどのように 反省し、
総括した上で、捏造問題の究明に 取り組もうというのか。 この点を明らかにすることは、歴史学にかかわる者としての最低限のモラルであろう。
http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daihachijuunidai
「六〇万年前の高森原人は、私たちに共通する美意識をもっていました。美しさに感動する心の歴史は古いのです。」(註20) このようにおかしいと 思われる点は日本の独自性であり、日本列島の 原人は現代人と同じくらいに文化が高くまた同じ
美意識があった、欧米 では原人を低く評価するが 日本は違うとなってしまった。」
http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daihachijuusandai
 日本のガラパゴス隠蔽、捏造、でっちあげの伝統的日本の 旧軍部らお役人体質よ。日本に近い体質韓国も当然のう。
「二〇世最終末期に日本と韓国で類似の歴史資料捏造事件が相次いだ ということである。両国ともに極めて不名誉で恥ずかしい話だ。」
http://inoues.net/study/uso_rekihaku.html
「歴博・崩壊する炭素14年代論 またもや捏造するか 国立歴史 民俗博物館」 箸墓を卑弥呼に合わせたい為に姑息なのう。
まあ、歴博左翼の捏造煽りが、今やこの板のネット右翼たぁ(笑)。

134 :日本@名無史さん:2013/04/12(金) 04:35:01.22
>>132
二つの奴国の説明の内容が分かってないんだな
漢字が苦手なようだから漢文はムリか
そういうヤツはここから手を引けよホモ野郎

135 :日本@名無史さん:2013/04/12(金) 04:35:46.26
>>133
ついでにもクソもねーんだよモウホ
失せろよ
迷惑なんだよ

136 :日本@名無史さん:2013/04/12(金) 08:08:58.36
>>127

> 後漢書の「奴国は倭国の最南界なり」倭国の一番南であると。


: 日本@名無史さん [sage] 2013/04/11(木) 02:09:11.79
>>115
まーた後漢書の話してんのか
魏志倭人伝に奴国は二つある。博多(?)の奴国と句奴国の一個前のそれだ
この奴国は“女王の境界の尽きるところ”とある
これを後漢書の作者が博多の奴国と間違えただけ
後漢書は五世紀で三国志より後だと何度いえば分かるんだハゲ

モウホは全く意味が分かってないんだな…真正のバカだろおまえわ

137 :日本@名無史さん:2013/04/12(金) 11:01:46.27
>>124
>スペイン武装商人もコサック傭兵も国軍ではなく小規模
>仕方無く金で傭兵を雇っただけ

なんの話をしているのか。
コルテスの軍勢は数百人のスペイン人冒険者の一団だった。
彼らはスペイン王公認の探検隊ですらなかった。

コルテス軍は東海岸に上陸して西へ向かう途中、トラスカラ族と一度は戦い、
その後交渉して、アステカ打倒という共通の目的のもとに協力したのだ。

トラスカラ族はスペイン人の騎兵、鉄砲、智略を利用した。スペイン人は
トラスカラ族の数万人の歩兵を利用した。スペイン人と雖も協力者の大兵力
なしにはアステカ王国の征服は不可能だった。

倭が任那加羅の重装騎兵の打撃力を利用し、任那加羅が倭の歩兵の兵力を利用した
とすれば、状況は非常に似ている。

138 :日本@名無史さん:2013/04/12(金) 11:25:10.88
> 倭が任那加羅の重装騎兵の打撃力を利用し、任那加羅が倭の歩兵の兵力を利用した
> とすれば、状況は非常に似ている。

重装騎兵なんてあったの?なんか遺物出た?

139 :日本@名無史さん:2013/04/12(金) 12:17:45.84
任那とか加羅の連中が史書を残さなかったばっかりに、
一部の人間から妄想のズリネタにされてる感じがする。

140 :日本@名無史さん:2013/04/12(金) 12:38:22.84
任那や加羅は、なんで中原国家と直接国交を結ばなかったんだろう?

141 :日本@名無史さん:2013/04/12(金) 13:11:50.11
勝手に外交したら倭国上層部に懲戒されるのは確実だから
まともな神経の持ち主ならやらないな
>>137
コルテスらはスペインから持ち込んだ物資や銀で雇った。
倭国は任那加羅を支配し、六国諸軍事の持つ兵権を以て
任那加羅地域の諸国に動員を命じた、状況は全く異なる、何も類似点が無い。

142 :日本@名無史さん:2013/04/12(金) 18:56:43.62
>>139
だよね
なんでもない、世界的にはよくある小国連合か商業連盟だったかも知れんのに…
それが倭国の本国だの、応神天皇の故郷だの飛躍もいいとこだ

143 :日本@名無史さん:2013/04/12(金) 21:33:01.54
>>141
>コルテスらはスペインから持ち込んだ物資や銀で雇った。

その話は面白いのでソースを教えてくれ。
ちなみにこちらのソースは「コルテス征略誌」(モーリス・コリス著、講談社学術文庫)。
コルテスのウィキもある。トラスカラ族と「同盟した」と書いているな。

>>138
>重装騎兵なんてあったの?なんか遺物出た?

「大成洞」でぐぐれば資料は多い。

144 :日本@名無史さん:2013/04/12(金) 23:18:56.06
>>137
>倭が任那加羅の重装騎兵の打撃力を利用し、任那加羅が倭の歩兵の兵力を利用した

その話は失笑極まりない妄想としか映らないのでソースを教えてくれ。
ちなみにこちらのソースは「日本書紀」「任那興亡史」(末松保和著、吉川弘文館)。
継体天皇六年(壬辰五一二)十二月》冬十二月。百済遣使貢調。別表請任那国、上口多口利、下口多口利、娑陀、牟婁、四県。口多口利国守穂積臣押山奏曰。
継体天皇二三年四月是月。新羅改遣其上臣伊叱夫礼智干岐、率衆三千来、請聴勅。毛野臣遥見兵仗囲続。衆数千人。
  自熊川入任那己叱己利城。伊叱夫礼智干岐次于多多羅原。不敢帰。
敏達天皇四年六月。新羅遣使進調多。益常例。并進多多羅。須奈羅。和陀。発鬼、四邑之調。
これは歴史事実とすべき記事に見えるのであるから、任那各国に国守が居かれたと類推を及ぼし得ると思う。

推古天皇八年。是歳。命境部臣為大将軍。以穂積臣為副将軍□□則将万余衆。為任那撃新羅。於是。直指新羅。於是直指新羅、以泛海往之。
 乃到于新羅、攻五城而抜。於是。新羅王惶之。挙白旗、到于将軍之麾下。而立。
 割多多羅。素奈羅。弗知鬼。委陀。南加羅。阿羅々六城、以請服。時将軍共議曰。
 新羅知罪服之。強撃不可。則奏上。爰天皇更遣難波吉師神於新羅。復遣難波吉士木蓮子於任那。並検校事状。爰新羅・任那王、二国遣使貢調。
推古天皇十九年秋八月。新羅遣沙喙部奈末北叱智。任那遣習部大舍親智周智。共朝貢。
推古天皇三一年秋七月。新羅遣大使奈末智洗爾。任那遣達率奈末智。並来朝。仍貢仏像一具。
 及金塔并舍利。且大灌頂幡一具。小幡十二条。即仏像居於葛野秦寺。以余舍利。金塔。灌頂幡等、皆納于四天王寺。
舒明天皇十年。是歳。百済。新羅。任那、並朝貢。
大化二年九月。遣小徳高向博士黒麻呂於新羅、而使貢質。遂罷任那之調。
と記録されており。任那は朝鮮総督府の様なものでは無いが、統治し調を課していた事は疑いが無い。

つまり、倭国が任那加羅諸国を実際に統治していたのであって、同盟国でも百済新羅の様な属国でもない。

145 :日本@名無史さん:2013/04/12(金) 23:44:00.35
>>143
大成洞博物館のサイトは見た
馬の兜はあるようだが指揮官用じゃないか?
戦術的に役立つような見事な騎兵隊があったかどうか…
まあ、ためにはなったね。ありがとう

146 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/13(土) 00:01:32.84
>>134-136
 付け足し奴国を、奴国じゃ思うとるあんたの妄想が可笑しいんよ。
付け足しの方は、○奴国で○が抜けとった程度の編集間違いミスじゃ
ろうに。
>>137
 近代以前の傭兵は、ほとんど奴隷じゃに。
しかも倭国が任那加耶を支配した史実は何ひとつ無ぁ妄想云うても
つまらんわ。>>114のように、世界的に北方民族南下の時期に日本だけ
例外云う左翼的自己民族発展段階説に還元するユートピア・ガラパゴスは
通用せんよ。
>>138
 重装騎兵は>>39の蒙古鉢形冑、挂甲といった騎馬用甲冑、馬冑の加耶
だけじゃのうて当時の北アジア、内陸アジア自体、重装騎兵の時代じゃ。
モンゴル帝国のように軽装騎兵全盛時代じゃ無かったんで。
>>139
倭の五王や南朝朝貢も北方民族が支配した加耶・任那・倭(朝鮮南部
金海地域〜北九州)じゃけぇ史料はあるじゃないか。
逆に倭の五王、南朝朝貢で安東大将軍なんか、畿内政権にゃ
無縁で、記紀にも出とらんけんのう。大切な外交史料にも関わらず(笑)。
>>142
>>114のよう人類学的にも世界史の普遍現象からも日本列島は、古墳期の
北方渡来系が支配し国家形成出来たし、現代日本人も古墳期以降の
北方渡来系の子孫が主流なんは、形質や容貌見ても明らかじゃに。
日本は北方民族南下征服国家形成と中世から歴史で日本にゃ古代が
存在せんけえのう(民族形成しとらん云う意味で)。
古代が無い国云うたら極東の日本や朝鮮、北ヨーロッパ諸国らの
新興野蛮人国で古代から歴史のある漢やローマの文明地域と
違う処じゃ。

147 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 00:05:34.94
>>144
推古天皇八年といえば西暦600年。金官伽耶(狭義の任那)が532年、大伽耶含む全任那が562年に
新羅に併合されてから随分経つな。当時の新羅は真興王の急膨張から一転、真平王の守勢。
高句麗、百済に反撃食らう中で日本と揉めるわけにはいかんかったろうな

148 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 00:07:57.85
このコテは色々長文書いてるけど、史料にあたらず、文明論でお茶を濁してるあたり、司馬遼太郎の影響を受けてる感じがする

149 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/13(土) 00:11:23.46
>>144
記紀の書かれた時代は少なくとも奈良期以降で、現代人が
史書テキスト無しに(百済本記からのパクリ程度はあったろう)、
江戸初期を妄想するんに等しいわけじゃ。
まぁ日本書紀じゃの高句麗まで属国とホラ、ラッパ吹きまくりよる
願望妄想記述云う基本的構造を無視して、額面通り真に受ける処
カルト信者そのものじゃのう(笑)。

150 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 00:13:45.38
>>147
金官伽耶が狭義の任那っていうのもよくわかんないだよな
日本書紀で言う所の

一本云 廿一年任那滅焉 ?言任那 別言加羅國 安羅國 斯二岐國 多羅國 卒麻國 古嗟國 子他國 散半下國 乞?國 稔禮國 合十國

のどれに当たるわけ?

151 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 00:15:19.64
藁人形論法

概説
相手の意見を誤解してみせたり、正しく引用することなく歪める、
または誇大に解釈すれば、その意見に反論することは容易になる。
この場合、第三者からみれば一見すると反論が妥当であるように思われるため、
人々を説得する際に有効なテクニックとして用いられることがある。
これは論法としては論点のすり替えにあたる誤謬であり、無意識でおこなっていれば
論証上の誤り(非形式的誤謬)となるが、意図的におこなっていればそれは詭弁である。
しばしば、感情に訴える論法やチェリー・ピッキングのような他の誤りとともに用いられる。
相手の発言を元の文脈を無視して引用し、本来の意味とは異なる印象を与えるよう提示することをクオート・マイニングと呼ぶが、
クオート・マイニングに基づいて批判すればこれもストローマンの一種である。

マスメディアにおいても、対抗意見を充分に取材せず、独自に解釈した反論を
両論併記などの形で用いることは故意でないにしろストローマンに繋がるものである。
しかし実際には、こうした手法はしばしば報道に取り入れられている。


・相手の意見の歪めた説明を相手が提示したものとして引用する。
これに対する自らの反論を示し、論破されたものと扱う。
・相手の意見に同調する不完全な擁護意見を持ち出し、充分な主張・再反論がされたようにみせかける。
・批判されて当然である(本来無関係でも一見関係のありそうな)問題や考え方を創造し、さも相手側の意見はこれを象徴するものとして強く非難する。

簡単な例
A氏「私は子どもが道路で遊ぶのは危険だと思う。」
B氏「そうは思わない。なぜなら子どもが外で遊ぶのは良いことだからだ。A氏は子どもを一日中家に閉じ込めておけというが、果たしてそれは正しい子育てなのだろうか。」

152 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 00:17:54.72
なるほど
俺の違和感の理由がわかった

153 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 00:19:04.41
>>147
継体朝の頃からずっと任那加羅諸国は倭に年賦を収めてる
推古天皇の記事だけ抜き出しちゃ駄目だよ

154 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 00:31:27.12
>>140,>>141
そいえば南斉書によりゃ加羅王が使いを出して来たので「輔國將軍、本國王」
と可授したそうな。479年のことでこの時期は独自に動いてもいたようだ
同年、倭王武は「都督倭?新羅?任那?加羅?秦韓?慕韓六國諸軍事、安東大將軍、倭王武號爲鎮東大將軍」となったそうな
http://zh.wikisource.org/wiki/%E5%8D%97%E9%BD%8A%E6%9B%B8/%E5%8D%B758

>>150
一本云 廿一年任那滅焉は562年の大伽耶などが併合されたの記事で
金官伽耶は30年前に併合されてるからその一覧には無く、この場合の
任那は任那諸国≒伽耶諸国の広義の任那でしょうね

155 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 00:51:53.55
倭王珍は使持節都督倭百済新羅任那秦韓慕韓六国諸軍事を望んだが
宋は倭王済を、百済を削って、加羅を加えた、倭新羅任那加羅秦韓慕韓六国諸軍事に叙した

156 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 00:52:45.69
>>153
継体天皇となると在位507-531年、金官伽耶が新羅に併合されたのが532年
だからかなり危機的か。近江毛野臣の失敗は痛かったろうな

推古八年の記事も新羅を下し旧任那諸国をとったが、しかし撤退後
新羅がまた任那とったという流れだったな
どうも任那関連の軍事行動は最初派手に動くが結局撤退、みたいな展開
が多いような。"何故任那は失われたか"の説明だからだろうか

157 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 00:57:40.35
>>146
> >>134-136
>  付け足し奴国を、奴国じゃ思うとるあんたの妄想が可笑しいんよ。
> 付け足しの方は、○奴国で○が抜けとった程度の編集間違いミスじゃ

その○がなんなのかキチンと証明しなきゃならないのが学問だ
おまえみたいなザッパ脳にはムリかもな

158 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 01:00:48.60
>>150
任那の代表国って意味じゃね?
辰韓や弁辰が連合国家だった名残なんだろう
実際はバラバラ。そこを新羅に各個撃破されたのでは?

159 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 01:52:35.11
>>156
大切なのは百済が併合し新羅が占領した後も
倭国に対して任那諸国の年貢を収めている事実だよ。
併合した後も、わざわざ倭国の権利を認めねばならなかった

160 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/13(土) 02:16:21.14
>>148
司馬功利主義史観にゃ批判者じゃが、司馬氏の全体的把握は
共感出来る部分もあるわいのう。文明論たぁ世界史的普遍現象から
類型分類から日本を捉えにゃ、歴史学の幹なんか構築出来るわけが
あるまあに。神話記述を史実とするんはカルトじゃが、
神話類型として近隣諸国と比較し、同一類型か異質な特質かを考察するんは
学問云うことよ。
>>154
>>39の下の図のように金海地域の加耶が倭じゃわい。
>>156
 継体自体、北陸近江の加耶、新羅渡来勢力じゃないか。
しかもその頃の加耶自体は、北方支配層も日本へ移り、
百済や新羅の勢力の取り合いよ。
じゃがトンデモ記紀を史実と妄想するんは歴史学から逸脱しとる
妄想じゃに。
>>157
学問に証明なんかタイム・マシーンが無けにゃ無理じゃに、
幼稚なことを云うのう。全体的考察で可能性の確立が高いかくらいしか
結論が出んのが学問なんで。歴史学的にも人類学的にも、考古学的にも
北方民族の南下支配が妥当で全体論から否定すべき材料なんかあるまあ。
○奴国の方が、奴国を重複させる矛盾から考えたら小さい村落の方がミス記述
の可能性が強いわいのう。

161 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 02:24:27.35
くそこてさんは大成洞古墳群が古墳群であることを知らんのかえ

162 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 02:34:47.93
>継体自体、北陸近江の加耶、新羅渡来勢力じゃないか。

加耶、新羅の区別もつかんのに決めつけてるのか
とりあえずこのコテは、「北方民族の南下」であれば何でもよくって、たいした歴史観はなさそうだな

163 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 02:56:07.34
>>162
ご明察
こいつは通称“ホモ牛”
持論は日本ツングース王朝説。こいつに祟られたスレは砂漠化する
相手せんことだよ

164 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 09:31:48.06
学問に証明なんか無理って、最初から投げているのは
所詮これが人文科学の限界と笑えという所?

165 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 09:34:10.01
>>144
広開土王の高句麗軍と「倭」が戦ったのは5世紀初頭。
「倭」と「任那加羅」との関係はそれ以前に生じていたはず。

そこへ6世紀の話を持ってくるわけ?

166 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 09:42:18.88
キムチ臭いモウホがいると聞いて

167 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 09:53:29.53
まず、広開土王碑が敵を「倭」と表記した以上、敵軍を倭と認識していた
あるいは倭と決めつけたい理由があったと見るべきだろう。
どこかのテレビ番組のように、伽耶が倭人を奴隷戦士として用いたというなら
敵は「伽耶」であるべきで、伽耶が従えた国の中に倭があるのが普通だろう。
となると

ケース1:敵は、ガチで日本列島から渡ってきた倭人だった
ケース2:伽耶=任那で、倭の出先だった
ケース3:伽耶は倭人国家だった
ケース4:本当は倭人と戦ったわけじゃないけど、倭をやっつけたと誇称した
      (この場合、倭に勝つのが即英雄と言うほど倭人が恐れられていたことになる)

あたりを考えた方が良くない?

168 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 10:07:30.96
而倭以辛卯年來渡海 破百殘

なんだから、倭は海の向こうにある存在だと考えられていたんじゃないかな

169 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 10:50:33.88
>>167
ケース3の変形として:任那伽耶は北方系に支配された倭人国家だった。

つまりクヤ韓国が倭人国家=倭で、それが北方系に支配されてもやっぱり倭と
みなされた。

エジプトがギリシャ人王朝になってもやっぱりエジプトと見なされたのと同じ。

170 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 11:01:17.81
>>169
その北方系って何?
扶余?

171 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 11:35:37.46
>>168
ご明察
海を渡って百済新羅を奴客として北上し高句麗とぶつかったわけだ
この時代他に倭を冠した王権はない
常識的に考えればそれは日本列島の王権だ

172 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 11:41:43.81
>>169
エジプトは長ーい歴史の中で地域名として定着した
ちょいと情況が異なる
君の論理でいうならば倭ではなく韓のはず
ちなみにエジプトってのは自称じゃない。語源はギリシア語のエイギプストス(広大な土地)

173 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 11:45:17.12
海を渡って南下してきたのが「こま句麗」

百殘新羅舊是屬民由來朝貢,而倭以辛卯年(391)來。
渡海(或解作"毎"字)破百殘,□□ 新羅以為臣民。

174 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 11:50:32.62
「百殘新羅舊是屬民」自体のがすでに大嘘。

敵が自分のシマの一部を奪取して「為臣民」という表現はふつうにへん。

175 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 12:24:40.10
>>173
その区切り方は韓国の学会の見解でしょw
色々と文脈に無理ある。

倭が何のためにどこから来て何をしたのかわからないし、
高句麗がやってきた倭をどうしたのかわからないし、
高句麗が百済を破って臣民にしたとすると、翌年に説明なく百済を攻撃するのは意味不明。

素直に
而倭以辛卯年(391)來渡海(或解作"毎"字)破百殘□□新羅以為臣民。
として、翌年百済を攻撃した理由を説明してる所だと思った方が自然。

176 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 12:32:07.72
敵が自分のシマの一部を奪取して「為臣民」という表現はふつうにへん。

177 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 12:36:59.87
371年の近肖古が近仇首とともに平壌城を攻略して「梟斬高サ首」の弱い句麗が

391年にはがっつし凶暴な句麗に化けてしまって半島東部の方から南下しているわけだが。

178 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 13:06:53.75
>>175
んなこといってんのか
韓国学者ってマヂで漢文読めないんだな…

辛卯年の後、盟に違い百済が叛した云々は日本書紀の記述と整合してる
倭国の圧力で百済人が王を殺して赦しを乞うた、と
これが高句麗側からは百済が盟に違えたというわけ
全部辻褄合ってるね

179 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 13:07:26.18
>>172
では別の例を。
エンゲル人の土地であるイングランドをノルマン系フランス人が征服しても
やっぱりイングランド。

180 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 13:08:50.73
>>177
百済が勝ったのはそれ一度きりだな
王太子のビギナーズラックだったわけだ
高句麗が本腰を入れて反撃したらひとたまりもなかった

181 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 13:21:16.99
>>179
結局君の言う北方系って何?
それがわからんと例には進めんだろう

182 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 13:45:12.65
ミ ⌒ 彡

183 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 13:47:41.38
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/koukurigaisi/kokuri-king18-kokugen.htm
なかのひとすりかわっておるのに賛同

184 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 15:17:38.34
>>181
クヤ韓国を征服して金官加羅を建てた集団、という意味。
扶余系である可能性が高いが鮮卑系の可能性もある。

ただしイングランドの例は、原住民の民族名で呼ばれる一つの地域を
他の民族が征服しても、依然としてその地域が原住民の民族名で呼ばれる、
という例だから、征服者が誰であろうと同じ。

185 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 15:20:07.47
顕彰碑というブツは
現実負けていたとしても勝ったことにして書くものだし
帯方界に攻め込んできたけど撃退したというのは
敵が帯方界に攻め込めるポジションに巣食っていたということ

顕彰碑というものは
支配の正統性を述べるものだから
たとえ無駄に攻め込んでシマを奪取したとしても
昔からの関係者であるからして現状のがふつうなのだとして書くもの

186 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 15:37:46.90
>>184
「首露」の建国した「金官駕洛」と

「正見母主」の本家「加耶」との関係とか知らんの?

「首露」さん死んだの199年だとかも知らんの?

「狗邪國」は「首露」さんの子の「居登」さんの所だろ

187 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 15:49:43.77
>>186
私は北方型木廓墓が始まって以降が金官加羅、それ以前がクヤ韓国という、
発掘に基づく分け方に従っている。

188 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 15:54:34.92
>>165
崇神天皇六五年秋七月。任那国遣蘇那曷叱知令朝貢也。任那者。去筑紫国二千余里。北阻海以在鶏林之西南。
には、貢納が始まり
雄略天皇七年是歳。吉備上道臣田狭侍於殿側。(中略)便欲自求稚媛為女御。拝田狭、為任那国司。
には、任那国司を置いている。
>>184
百済、新羅は倭国に臣従し朝貢していた、よってその可能性は0。
諸記録にも操船に長けた倭人が度々海を越えて半島へ進軍した事跡が記録されている
任那や加羅が倭人の支配する国であった事は疑う余地が無い。

189 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 15:57:16.44
http://www.bell.jp/pancho/travel/korea-6/images/0328-004.jpg
義城塔里出土の金銅冠

国立大邱博物館にあるやつだけど出所はこのあたり

慶尚北道 義城郡 金城面 大里里/塔里里/鶴尾里

景徳王陵というのがあるけど1世紀かもしれんよ

いわゆる 「召文 以穢王之後」というやつだよ

http://www.bell.jp/pancho/travel/korea-6/mar28.htm#sec-4

「新羅第35代の王である景徳王(在位742 - 765)の陵がこのような僻地にあるのは妙である。」

ってぼやいているのがかわゆい。。。

190 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 16:02:30.14
>>189
満洲南部から南下した穢貊族が雑居していた東穢の長君だろうね。辰韓地域までは南下していない

191 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 16:29:09.07
召文という 穢王之後のところは脱脱という女大酋長のがスタートに関連しておるから南方系の要素が大だし

貊のが支配層で征服の結果出来上がったのが三國志で出てくる「濊王之印」を持っている「夫餘」だし

貊のが支配層で征服の結果出来上がったのが三國志で出てくる「高句麗」

貊の支配層が何処から移動して「夫餘」「高句麗」を形成したのかと問われると

「漢武帝元封二年(BC108) 伐朝鮮 殺滿孫右渠 分其地爲四郡 以沃沮城爲玄菟郡」ので

「徙(玄菟)郡句麗西北 今所謂玄菟故府是也」ので「北朝鮮 咸鏡南道 咸興市」近辺のが出発点

「濊」の巣は長期間に亘って「北朝鮮 江原道 安辺郡」

「濊貊」は南から北に向かって移動して現地人を征服して「夫餘」「高句麗」を形成したとすべき。

192 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 16:45:47.96
>>187
北方型木廓墓で検索しても、あんたのレスしかでてこんのだが
白馬青牛と同じで、オリジナル用語?

193 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 16:59:49.06
三國志の濊のは不耐濊王という王号を許されて

(辰韓)「國出鐵 韓濊倭皆從取之」で郡への鐵のサプライサービスをしたり

「作矛長三丈或數人共持之」高度な青銅器鋳造能力

半島南部は不耐濊王の商業圏で海運も得意技のひとつであろう。

その北にある「東沃沮」の得意技は「送其美女以爲婢妾」で

たぶん船に乗って出かけて拉致業務

194 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 17:26:44.74
大成洞古墳群のはスタートが3世紀で終いが6世紀に至るまでの墳墓の総称だからして

好太王以降の北方系土人が齎した馬具とかが混ざり込んでいてもふつう

木棺墓は吉武高木ではBC1世紀から甕棺と平行して存在してる

室見川流域には甕棺墓 木棺墓 石棺墓が共存した時期があったぽい

平原の女王墓のは本家「加耶」の池山洞古墳群のに近いぽい

http://www.hanabitour.com/_goods_img/2009-12/13112_3_1259902450real.jpg

195 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 17:41:19.52
ジャニジャニくんはボロカスに叩かれてコテ付けるの止めちゃったんだねw

196 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 20:57:02.10
>>191

> 「漢武帝元封二年(BC108) 伐朝鮮 殺滿孫右渠 分其地爲四郡 以沃沮城爲玄菟郡」ので
> 「徙(玄菟)郡句麗西北 今所謂玄菟故府是也」ので「北朝鮮 咸鏡南道 咸興市」近辺のが出発点

たしか高句麗県つーのもあったが…
結局、種族名→地名→国名という変遷では?
中国の都城を原住民が利用して建国する。この時代よくあったことだ
しかもその原住民とやらは、前漢の内郡から連れてこられた中国人が華僑化した者かも知れん
まさに衞満の朝鮮王国がそうだった

197 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 21:12:03.73
>>194
紀元前一世紀に支石墓も流行して、その後消えている
前漢武帝の積極的な対外政策の影響で、周辺の民族が玉突き的に押し出されたんだろう
やはりこの時代は中国の動向を無視して考えられない
だいたい武帝の四郡設置で半島は中国になったのだから、その影響は絶大だ
倭人も例外ではなかったろう

まあ、オレは墓の型式なんてのは文化的流行の問題で、必ずしも民族の集団移動を想定する必要はないと考えてるが…

198 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 21:30:06.62
>>192
>北方型木廓墓で検索しても、あんたのレスしかでてこんのだが

ごめん。
発掘を主導した申敬[シ育攵]教授が用いた用語と言う意味では「北方系木槨墓」だった。
これは三韓時代の「楽浪系木槨墓」と区別して言った用語だ。

199 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 21:40:30.82
神話を本気にしてもなぁ

200 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 21:45:31.60
>>198
http://www.geocities.jp/taru638/page070.html

201 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 22:06:38.46
>>191
チョンの妄想は聞き飽きた。
「夫餘在長城之北,去玄菟千里,南與高句麗,東與?婁,西與鮮卑接,
北有弱水,方可二千里。?八萬,其民土著,有宮室、倉庫、牢獄。多山陵、廣澤,於東夷之域最平敞。」

夫余は夫余王家から分かれた高句麗より更に北に位置していた
明らかに夫余族は満州から南下して半島へ移住した

202 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 22:31:51.40
http://gsm.nricp.go.kr/_third/user/search/KBD011.jsp?ksmno=2611&siltakno=3
夫租薉君の末裔が「夫餘」をセットアップしたとゆう理解の方がふつうにすなおなだけだろ。

203 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 22:47:04.86
>>194
木棺と木槨は違う。
扶余の墓制は三国史巍書扶余国伝に「其死、夏月皆用冰。殺人徇葬、多者百數。厚葬、有槨無棺」
とある通り、木槨はあるが棺は用いない。また、徇葬がある。

これらの特徴は大成洞の「北方系木槨墓」にも見られる。

204 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 23:13:26.84
一九七三年から七五年にかけて、湖北省江陵牒の鳳風山一帯で、
前漠時代前期、文帝・景帝時代の竪穴木榔墓が多数調査された。

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/155444/1/jor061_3_405.pdf

漢の頃には木榔墓って珍しくも無いのかな?


「4世紀中葉を上限とし5世紀前葉までに海路を通じての騎馬軍団の到来」というのは

鮮卑系がすり替わって、さらに不耐濊王の子孫のところを配下に置いた高句麗勢力の到来のことだから

騎馬用甲冑と馬具が増えるのはふつうのこと


「4世紀末を上限とし5世紀前葉までに海路を通じての騎馬軍団の到来」ののほうがもっと正確

205 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/13(土) 23:16:04.29
>>164
自然科学、理科系重視の旧日本帝国軍の上層部が机上の空論作戦指導て、どれほど愚かな集団で
あったかの方が歴史が「証明」しとるわいのう(笑)。
 ほいから「証明」についてじゃが、歴史上の人物さえ証明は不可能
じゃが、前提条件として歴史上人物が存在したと定義すりゃあ、
Aより早い年に生まれたBの親で無いと云う形式の証明が出来るだけのこと。
地理学者の鈴木秀夫氏の引用じゃが、『日本の学界の、証明ということに対する信頼ないし幻想は、
目にみえている範囲のことをきちっと組み立てていく森林的思考方法(東洋多神教的)で、
砂漠の学者(西洋も含め一神教)は、私はこうみえると主張するだけで、「証明」」は本質的に
必要ではなく、ただ、他への伝達の手段として「証明」を利用する。』
法廷での「証明」もその類じゃわいのう。じゃけぇ本質的に学問における
「証明」は不可能云う前提が無ぁ時点で、あんたらネット右翼鎖国史観ガラパゴス派は、
前提認識の幹自体が、マインド・コントロールされた画一的見解になるんよ。

206 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/13(土) 23:23:20.81
>>165
広開土王の高句麗軍と「倭」が戦ったのは、>>39の北方木槨墓人が、
加耶や倭を支配した時期じゃに。「
北方系木槨墓が三世紀末に金海地方に突然出現し、首長墓をはじめとするそれ以前の墳墓を
意図的に破壊するといった現象が、金海の全墳墓群のおいて確認できるのである。
このように金海は三世紀末の突発的で衝撃的な一大事件の為、呪術的で中国的な雰囲気の
社会から、高度な武装的・騎馬民族的な社会に突然転換する。私はこうした変化を辿る
金海地域の状況にたいして、概念的ながら、北方墓制・文物が登場する前を狗邪韓国、
以後を金官伽耶と言う風に把握している。」あたりを読みかえしたらえかろうに。

207 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 23:31:45.09
>>202
穢貊族で最も早く登場するのが夫余
その夫余は、穢貊族の中で最も北に位置し
夫余の起源伝承中にも北方から南下してきた物語がある。

208 :日本@名無史さん:2013/04/13(土) 23:43:01.98
「北方系木槨墓が三世紀末に金海地方に突然出現」のところが100年ずれてるだけじゃに

ご参考に

金官駕洛の王家
(199) 延優3年3月 駕洛主首露殂 居登立
(259) 春正月駕洛居登殂 麻品立 與其母慕貞来献土物
(291) 五月加洛麻品殂 子今勿立 是為コ王
(346) 駕洛國今勿殂是為コ王 子伊品嗣之 以母阿志為太后
(407) 四月十日金官伊品卒 子坐知立 爾寧女福壽妻

ちなみに 本家加耶の王家
(200) 逸聖  9年5月 金官居登以其妹毗可 妻加耶阿修
(219) 阿達羅7年7月 加耶阿修殂 其妻毗可自立 以庶子宇理爲繼夫

209 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/13(土) 23:44:49.91
>>167
まず、>>39の下の方の図を認識せにゃあいけんど。
>>168
同じ半島内でも海を渡って遠征するんが海洋風土の朝鮮じゃに、
海を渡ったら日本と短絡的脳内お花畑のガラパゴス思考で妄想してもつまらんわいや。
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/bakan-kanbun1-gisi.htm
將其左右宮人走入海、居韓地、自號韓王(その左右の王族を率いて海に逃れ、韓地に居を構え、韓王を自称した。)
楽浪の辰韓征伐脅しでも、從芩中乘大船入辰韓、逆取戸來。降伴輩尚得千人、其五百人已死。鑡時曉謂辰韓
「汝還五百人。若不者、樂浪當遣萬兵乘船來撃汝。」辰韓曰「五百人已死、我當出贖直耳。」
(芩中から大船に乗って辰韓に入り、戸来を迎え受けた。とともに降った仲間の千人を奪還したが、すでに残り五百人は
死んでいた。鑡は辰韓に諭して言った。「汝ら五百人を還せ。もし返還しなければ、楽浪郡は万余の兵を船に乗せて、
汝を攻撃しに来るだろう」と、船による侵攻は半島じゃ当たり前のことじゃに(笑)。

210 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/13(土) 23:58:07.96
>>209は、脳内お花畑の>>171にもじゃのう(笑)。
>>186
 伝説や後付け史書(云うより神話的史書)妄想肯定は架空の人物の神武や神功を
信じるカルトで歴史学から逸脱しとるわ。お隣の半島の国でも檀君5千年妄想と
同レベルじゃわい。
神武じゃの首露じゃの日本でも韓国でも妄想が激しいもんじゃ。
世界的にゃ4世紀前〜後で北方系が支配征服したんは、朝鮮南部も日本も
変わらんわ。百済や新羅にしても三国史記トンデモ文書じゃ馬韓や辰韓の
時代にしよる大嘘なんは、考古学的にも中国史書でも明らかなことじゃに。

211 :日本@名無史さん:2013/04/14(日) 00:19:09.20
不勉強なようだから

(137)五月金官・加耶與月奈等七國作亂 命吉門爲征虜大將軍 討平之
(144)七月居陀君斯牟遣使稱臣曰 臣父節公臨崩命臣 朝我祖國今遣河波等上貢
       請以骨女妻 臣以爲南藩 上嘉其節 命以半阿妻之賜爵阿飡 賜其母胡母大紫衣
(145)九月加耶女與(居陀)半阿 爭位加耶襲居陀
(146)   加耶 其世主正見遣其次子A朱日 謝罪願世世爲藩 上命A朱日留都召吉門歸
(149)七月命還A朱日于加耶 其妻氏正子同歸
(150)正月加耶世主遣其三子B裔入朝
(155)八月比只與多伐草八作亂 命虹盧加樹討平之
       比只太子@宝日戰沒 次子A朱日自召文還主和 其弟B裔(首露)奔于金官

記紀よりもずっと良質な史書じゃに

212 :日本@名無史さん:2013/04/14(日) 00:28:13.42
記紀も三国史記も否定して、じゃにじゃに先生は何に依拠してるわけ?w

213 :日本@名無史さん:2013/04/14(日) 00:41:11.18
>>211
これは三国史記?

214 :日本@名無史さん:2013/04/14(日) 00:43:54.06
>>210
トンデモは貴様自身だ
失せろ。スレが穢れる。

215 :日本@名無史さん:2013/04/14(日) 00:46:43.27
>>212
ホモ牛は漢文を勉強する気がないってのは、自分でいつも言ってる
古代史マニアにはよくいるタイプ

216 :日本@名無史さん:2013/04/14(日) 00:57:28.44
>>213
三国史記のはもう記憶が薄れているからもっとお花畑

こいつのはなかみがリアルで乱交ぎみのが多くて恥ずかしいから

一部韓國では目を背けたいという傾向もあるかのようです

宮内庁書陵部に秘蔵されているとの証言がある史料ですわ

217 :日本@名無史さん:2013/04/14(日) 01:34:48.64
>>213
金官国や加耶を使ってるから、三国史記か
現代に作文された物かのどちらかでしょ

218 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/14(日) 01:49:53.78
>>212
自国書は出鱈目自由じゃけぇ、中国史書で断定的じゃが状況を
考古学的考察と合わせ解釈する方がましじゃわいや。
>>216
 記紀も改竄された可能性を否定出来る材料は無ぁけぇどっこいどっこいよ。
韓国が目をそむけたい?誰の説なら?宮内庁書陵部に秘蔵されているとの証言
云うて誰の証言か挙げにゃあ。新羅・高麗期にゃ近親結婚もバレとん
じゃに、性風俗で隠す必要も無ぁじゃないか。日本じゃ近代柳田國男氏が
乱交、夜這い性風俗を隠蔽したけどのう(笑)。

219 :日本@名無史さん:2013/04/14(日) 02:05:40.82
悔しいから関係ない話で自慰する爺さん

220 :日本@名無史さん:2013/04/14(日) 09:32:17.48
>>206
>広開土王の高句麗軍と「倭」が戦ったのは、>>39の北方木槨墓人が、
加耶や倭を支配した時期じゃに。

広開土王の高句麗軍と「倭」が直接戦ったのは広開土王碑によれば400~404年。

>北方系木槨墓が三世紀末に金海地方に突然出現し、

これは申教授の編年によればその通り。
したがって北方系木槨墓の出現から広開土王戦争までは約100年の開きがある。
(広開土王戦争の後に金官加羅は衰微したからこの約100年間が金官加羅の盛時だった)

北方系木槨墓出現の時期と広開土王戦争の時期をいっしょくたにすると混乱する。

221 :日本@名無史さん:2013/04/14(日) 09:51:03.19
204
>前漠時代前期、文帝・景帝時代の竪穴木榔墓が多数調査された。

木榔墓じゃなくて木槨墓ね。槨は木造の囲い。榔はビンロウジュしか意味しない。
http://www.geocities.jp/taru638/page070.html のは誤字。


>漢の頃には木榔墓って珍しくも無いのかな?

その通り、珍しくもない。だから申教授も「楽浪系木槨墓」という用語を用いる。
北方系木槨墓が楽浪系と異なるのは、
・木槨を板ではなく横積みの丸太で築く。
・木槨の平面形が横に広い(次と関連)。
・殉死を伴う。

上にも書いたようにこれらは扶余の墓制の特徴である。
同じような墓が東北地方の楡樹遺跡から発掘されている。

222 :日本@名無史さん:2013/04/14(日) 14:56:10.37
丸太を用いるのは建築技術の未熟さから、殉葬を行うのは文化的未発達の故
後の時代程、墳墓は小さく簡素に、しかし造りは精緻になり、野蛮な殉葬の風習が修まる。

それから、夫余の東南に位置する高句麗の墓は木槨墓ではないし
東方の沿海部に位置する粛慎も木槨墓ではない
西南に位置する漢では前漢時代に木槨墓が流行した
夫余の墓制が伝わった可能性は無いだろう

223 :日本@名無史さん:2013/04/14(日) 16:31:47.34
>>218
> >>212
> 自国書は出鱈目自由じゃけぇ、中国史書で断定的じゃが状況を
> 考古学的考察と合わせ解釈する方がましじゃわいや。

岡田英弘のアプローチそのまんまだが、おまえ岡田を嫌ってたろ
ようは自分の見解に添わなければダメってことだろ?
そんな奴に要はない。消えろ。

224 :日本@名無史さん:2013/04/14(日) 16:34:08.75
>>222
お見事

225 :日本@名無史さん:2013/04/14(日) 16:36:47.54
>>222
>丸太を用いるのは建築技術の未熟さから、殉葬を行うのは文化的未発達の故

墓制によって文化程度を評価する話はしていない。

>それから、夫余の東南に位置する高句麗の墓は木槨墓ではないし

扶余のいろいろな分かれが墓制を変化させたからと言ってオリジナルの墓制を
否定することにはならない。

ついでだが、楽浪系木槨墓の写真があった。思ったより立派なものだね。
木槨というより木室だ。
http://avantdoublier.blogspot.jp/2009/07/blog-post.html

大成洞の北方系木槨墓のイメージはこれ。「有槨無棺」がよくわかる。
http://www.pusannavi.com/miru/1144/

226 :日本@名無史さん:2013/04/14(日) 17:49:31.77
金官駕洛のほうと血縁関係がこゆい本家加耶の池山洞の方とリンクして考えられていないのが痛い

池山洞の方は石の素材をチョイスして似たようなことやってるだけじゃろ

だいたいにおいて埋葬時に木を使いたがりがちなのは華の方のひとでねえの?

加耶山の女酋長の正見母主と天神夷毗訶と惱窒朱日と首露裔が

2世紀のひとだってところがしかりおさえられていないからこおゆうまぬけな論理展開にはなるのだろう

てか、えなみぢいさんの2番煎じとかっていまさらってやつ

えなみぢいさんのは短里のこと知らんで妄想で肥大化させた夫餘ベースので論外

濊貊が塞外民を征服した結果夫餘が成立したというところが理解できていない

だいたいにおいてこの教授のおっさんは金官王家が大和に移動して云々にしたいのがねらいなんだろね

殉葬とか北方系の得意技で専売とゆうわけでもなし

馬おらんでも、お名前だけ馬のところの女大酋長のが「狥葬者奴婢百餘人」とか有名だろ

227 :日本@名無史さん:2013/04/14(日) 18:21:52.83
独立した国の無かった穢貊族が、初めて建国したのが夫余でさう
より南のに在った箕氏朝鮮の方が国として古いが、支配層は異民族。

遼西文明の担い手だった可能性も、しかし太古過ぎて闇の中

228 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/15(月) 00:16:56.77
>>220
>北方系木槨墓出現の時期と広開土王戦争の時期をいっしょくたにすると混乱する。
広開土王時代までは、北方木槨墓勢力が強かった云うことじゃに。
まあ、高句麗の進攻勢力が強く、加耶支配層も列島で再興する以外無かったほど
追い詰められたろう。高句麗は加耶、半島の倭だけじゃのうて新羅にも
駐屯し、駐屯した連中は、現地民になるゆえ、新羅の勢力増強は、
高句麗系移住者の影響もあって、4世紀からの積石木槨墓支配層だけが要因
じゃ無ぁと思うよ。

229 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 00:26:20.69
>>160
半島関連にある倭は半島南端〜北九州の政権で継体天皇が畿内政権と
半島南端を喪失した北九州の倭を併合したので継体以降の伝承で畿内政権
の話と倭の話がごっちゃになった、みたいな考えなのか?

>>228
5世紀の倭の五王は列島に居たという考えですかな?

230 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/15(月) 00:39:13.28
>>221-225
列島への影響としては、
http://www.toyo-keizai.co.jp/news/culture/2000/post_3598.php
ホケノ山古墳は伽耶系木槨墓
「 現在、日本の歴史学会・考古学会を震撼させている一つの出来事がある。今年3月発掘された纒向(まきむく)遺跡のホケノ山古墳(奈良県桜井市)である。
それは3世紀半ばの最初期の前方後円墳であり、最古の大型前方後円墳とされる箸墓古墳よりさらに一段階古いこと、そして埋葬施設の内部構造が、それまでに
前例のない「石囲い木槨墓」であることからである。
 巨大空間と丸太材組立(ログハウス式)のホケノ山の構造(長さ7b×幅2・7b×高さ1・1b)は初例で、非楽浪系の北方型墓制である。」
まあ、この在日の方は年代が出鱈目じゃけど、加耶勢力の日本への影響云う点はその通り。

231 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 00:44:43.14
> 広開土王時代までは、北方木槨墓勢力が強かった云うことじゃに。

その墓勢力とやらは史料でいうとどーゆー王権なわけだ?
森浩一がいう通り、考古学だけでは鎌倉幕府の実在を証明できない
史料がなければ歴史の再現はムリだ

常識的に考えれば、三世紀から前方後円墳を関西に築いていた王権が半島に介入したとしか思えない
おまえの歴史観は出鱈目もいいとこだ
消えろよホモ野郎

232 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 00:46:01.09
>>230
おまえは年代と歴史観の両方が出鱈目だがな♪

233 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 00:52:41.40
>>230
ホケノ古墳は石積廓木棺墓だ
だいたい墓の型式で民族まで判明するんなら古代史もずっと楽になる
が、実際にはそうはいかん
学問がどういうものか分かっていないおまえに古代史はムリだよ

234 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/15(月) 01:13:26.10
>>223
 わしゃ、あんたと違いトンデモ論岡田信者さんじゃ無ぁよ。
岡田英弘氏は、考古学も民族学も無視して、中国文献のみで妄想する
中華事大じゃけぇのう。国家として中国は嫌いじゃが、文明としては
中華に隷属したい、慕夏主義、中朝論の朱子学ストーリーにしよるけぇ
つまらんよ。
>>229
畿内政権は、支配層が加耶・倭の支配層の北方民族ら扶余系かじゃろうけど、
加耶と同一文化圏の北九州と違い、歴史は共有しとらんよ。
じゃけぇ、記紀にも倭の五王の記述が無い。
>>230
 考古学も文献同様、歴史考察のパーツの一つに過ぎんよ。
前方後円墳は北朝鮮に起源があるとしても、列島で流行した様式云う
性格に過ぎんのに統一王朝妄想まで拡大妄想してもつまらんわ。
西日本の豪族は「君」姓で、天皇家との関係は協調しとらんし、
畿内政権から「直」姓貰うて、後に平家や藤原氏に仕えた関東武士が、
平家や藤原氏の子孫を名乗るが如く、天皇家の子孫と家系偽装捏造の、
東国の豪族のように、主従関係じゃ無ぁ、かつては同格の連合体が
西日本じゃに。
 記紀の時代には、突出した畿内政権が過去から統一じゃの絵空事よ。

235 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 01:22:18.28
>>234
>畿内政権は、支配層が加耶・倭の支配層の北方民族ら扶余系かじゃろうけど、

土曜は加耶、新羅渡来勢力とか言ってたのに、よく分からん奴だな
結局、その論拠は何なん?

236 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/15(月) 01:32:50.67
>>230
しかも、世界的北方民族南下の四世紀以前に、現地民で、辺境で自立国家じゃの
作った例は無ぁよ。>>114のよう、形質人類学的にも北方渡来系の増殖は「証明」
されとることじゃに、妄想ガラパゴスの左翼思想の自民族発展段階説に還元しても
つまらんわ。しかも畿内政権が巨大墓造りよる時代に外征するほどの軍事費は
どう算出出来るんなら?(笑)。列島は平和ゆえ、北方支配層が巨大墓造る余裕が
あっただけじゃに。
>>233
 墓だけじゃ、高句麗が楽浪支配して支配層が積石塚から土塚に変わったよう、
現地の物を取り入れるけぇ、副葬品も含め文献、民族学、人類学と
総合的視野から語るべきじゃに、あんたぁ幹からじゃのうて枝葉からじゃ
けぇ、つまらんのんよ。

237 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 01:42:16.90
日本書紀は高麗はおろか呉國まで朝貢してきたと書くような本だからなー
知ってても(つーか邪馬台国の記述もあるから知ってるだろうけど)
称号を求めて任命されたとか書くのは無理だろうな

238 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 01:48:03.36
ジャニジャニくんは文献読めないから話するだけ無駄

239 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 02:09:20.34
>>236>>234

よく分からんけどおまえの見解が出鱈目なのは分かった
もう来ないでくれんか
日本人が面長になったのは食文化のせい
清潔にしてる分、脱色も進んでるしな
北方系だの関係ねえよ
失せろモウホ

240 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 02:12:04.35
> 岡田英弘氏は、考古学も民族学も無視して、中国文献のみで妄想する
> 中華事大じゃけぇのう。国家として中国は嫌いじゃが、文明としては
> 中華に隷属したい、慕夏主義、中朝論の朱子学ストーリーにしよる

未だに著作読んでねーんだな
この印象論でそれがよく分かる
また次々論破されて恥かくまえに消えろよホモ野郎

241 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 02:16:49.42
> 前方後円墳は北朝鮮に起源があるとしても、

大嘘を自信たっぷりに言うなよ
高句麗の墓が半島を南下してゆく過程を綿密に立証できなきゃ無意味
だいたい高句麗の“前方後円墳”とやらが、完成時どんな形状だったか不明
残念

242 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 02:31:24.44
>>239
鈴木尚は庶民の頭骨が明治以降に面長になったことから、
食生活の影響による変化を主張してたけど、実際の所どうなんだろう
若い人の顎がどんどん細くなってるのは、たしかに感じるが

243 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 02:46:10.88
橘丸で米兵のチンポをしゃぶったモウホがいると聞いて

244 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 02:53:11.30
広島出身の岸田外相は面長でつね

245 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 03:51:28.86
>>242
厚生省か文部省か忘れたけど、調査した平均取ったら
縄文人と弥生人どころの変化じゃ無かったって報告を何処かで見たよ
幅も長さも歯並びも大きく変わったと

246 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 04:01:29.31
武士政権は縄文型社会なんだけどね

>1989年に、ミシガン大のローリング・ブレイス教授らは「Reflections on the Face of Japan」という論文をAmerican Journal of Physical Anthropologyに発表した。
>この論文で、ブレイスらは、鎌倉の材木座・極楽寺付近から出土した1333年の鎌倉攻めの犠牲者人骨の歯のサイズと頭蓋骨計測データを用いて、
>鎌倉武士はアイヌと近縁であるという説を唱えた。
http://deepblue.lib.umich.edu/bitstream/2027.42/37647/1/1330780110_ftp.pdf

ようは大陸からやってきたチャンコロ共が西日本を中心に中国丸パクリの文化を根付かせいた
そこで縄文系の武士がクーデターを起こし都を関東に移した、というのが日本の歴史

247 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 05:43:24.36
弥生人の原郷が大陸江南地方ってのが定説化している。
弥生人が西日本に渡来するにあたって、
山東半島や朝鮮半島は確実に通過している。
朝鮮廻りの集団が、一度半島南端に吹きだまったとしても
不思議はない。

その「ふきだまり」が狗邪韓国であり、
のちの「日本府」と呼ばれた倭人居留地ではなかったのかな。

248 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 06:46:02.42
魏志倭人伝に狗邪韓国の戸数とか官とか副なんかの情報がのってなかったのは何でかね?

249 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 08:59:32.21
>>247
狗邪韓国についてはその通りだと思う。
だがそのなかで金官加羅がヤマト政権にとって特別だったのはなぜだろう。
欽明が「任那を建てよ」「任那は棟梁ぞ」というときの任那は、その他の任那
を除いた金官加羅のみを指していると思う。

250 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 10:21:19.41
任那が滅んだ欽明天皇の時代なら、むしろ広義の任那を指してると思う。

251 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 10:46:13.18
>>249
悪意のある書き方だなw >「任那は棟梁ぞ」
「且夫任那者、爲爾國之棟梁。」
任那は汝の国(百済)の棟梁だと欽明天皇は言ってるんだろう

252 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 11:22:32.76
>>242
鈴木尚の徳川将軍家の論文は面白かったね
結局、美人の概念が面長の浮世絵美人のようなものに変わり、そういう形質の人間とばかり勾配するようになった
それに加えて食い物も加工品が増えて顎が退化した…
たしかに幕末の将軍の写真なんかみると奇形に近いね

253 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 15:17:15.81
657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/19(土) 12:19:34.11 ID:YPthriND
>>654>>655
顔がハッキリわかる繁華街の動画ですわ。
北京    王府井
http://www.youtube.com/watch?v=YLwWSGetjqg

上海    南京東路
http://www.youtube.com/watch?v=LuWxwrV3w8M

台北    西門
http://www.youtube.com/watch?v=SAJl_7qGSc8

香港    銅鑼湾
http://www.youtube.com/watch?v=s8BNn0YpcK4

ソウル   明洞
http://www.youtube.com/watch?v=EymvxvqOO-c

釜山    南浦洞
http://www.youtube.com/watch?v=Ju6eBUlpQDw

東京    渋谷
http://www.youtube.com/watch?v=lKkrOe316X0

大阪    ミナミ
http://www.youtube.com/watch?v=Py9rg1IIhL4

254 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 15:18:19.48
164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/12(月) 17:57:50.42 ID:NCtZhx6s
>>155>>156
その点では北朝鮮のほうが高句麗に近いのかな?
観光客が撮影した北朝鮮で朝通勤時間の街の風景、徒歩通勤はほとんど
http://www.youtube.com/watch?v=1TqJSeFtQ2c
朝鮮人民軍兵士・朝鮮人民軍の映像
http://www.youtube.com/watch?v=yGx5wpczKw8
朝鮮人民軍兵士・朝鮮人民軍の映像(2)
http://www.youtube.com/watch?v=Ul9PHBLP1Gg
平壌駅
http://www.youtube.com/watch?v=2ROAYii63XU

255 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 15:35:52.67
人類学板でやればあ

256 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 19:34:00.98
>>247
江南人は直接九州や瀬戸内海沿岸へ漂着した、それも極少数が。
狗邪韓国は倭人が入植して出来た国であり
稲作や弥生式土器も倭人の進出と伴に半島へ伝わった

257 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 20:50:40.81
>>253
最近はみんな化粧したり髪型いじったり
いい服着たり栄養状態よかったりでわかりにくい。
日本なら鼻垂らしてゴシゴシこすってた昭和30年代の写真とか
中国なら人民服時代韓国なら光州事件の時トラックに乗って
気勢を上げてた時のほうがわかり易いような。

258 :日本@名無史さん:2013/04/15(月) 22:24:07.58
和歌山の新宮のほうに任那って苗字の人いるね

259 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/16(火) 00:17:19.71
>>242-252
長谷部連続説の弟子たる鈴木尚氏たぁのう(笑)。まず長谷部、鈴木デンパの流れについては、
http://www63.tok2.com/home2/ahonokouji/sub1-20-3.html
(2)長谷部言人
七三一部隊の指揮官石井四郎中将の恩師である清野謙次と並んで戦中戦後の人類学会の定説を形成し、禰津正志、早川二郎などマルクス主義歴史学者の絶賛と圧倒的支持を集めていたのが長谷部言人である。
1930年代前半までは日本民族混合起源説を維持していた長谷部や清野は皇民化政策が本格化した1938年頃からその論調を変え混合を全面的に否定するに至る。人類が発祥してすぐに「日本人」は「日本」の
地を占拠し以後連綿と現在まで続いていると主張する。
(5)長谷部の後継説
長谷部の跡を継いで、鈴木尚が「小進化説」を唱える。それによれば、「日本人の頭蓋形態が大きく変化した時期は、日本人の生活が大転換をとげた弥生時代と近代初頭に一致する。明治の文明開化に外国人との
混血がほとんどなかったにもかかわらず、大きな変化が起きたのは、食生活を中心とする生活様式の変化によると考えざるを得ない。混血という遺伝的要因が働かなくても骨の形態は大きく変わるから、弥生時代に
形態変化が生じた要因として、大陸からの渡来を持ち出す必要はなく、それは狩猟採集生活から農耕社会への変換で十分説明できる。」のだという。
http://www63.tok2.com/home2/ahonokouji/sub1-26-6.html
「いわゆる皇国史観は、『日本書紀』の記事を全て事実として歴史を理解したのである。ついでながら、マルクス主義史観も、やはり 『日本書紀』記載の事件そのものについて何ら疑問を抱かず、ただ マルクス主義に
基づいた「解釈」を行ったにすぎなかった。」 しかし、ナチスの「科学的」人種理論となんと瓜二つの議論で あることか。驚くべきは、諸外国ならこのような「人種理論」を 垂れ流した学者は、大戦終了後には
学者生命を失ってしまうのに、これらの大先生方が戦後も引き続き学会の泰斗として君臨し続けた ことである。」

260 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/16(火) 00:34:43.81
>>242-252
ナチや左翼マルクス史観の受け売りネット右翼なら、独自で優秀な妄想概念
「日本人」を創作するけぇ面白いんじゃろうのう(笑)。
まあ、埴原和郎氏も「鈴木(尚)先生もつい最近、自分の説は関東では
正しいけれども、日本全国では多少事情の違うところもあるだろうという
発言をしておられます」と、鈴木氏を弁護されたれど、
関東は日本でも縄文残存が強い地域で、西日本ほど急激な人種変化は
無ぁにしても、古墳期の北方渡来系、平安期の武士団の東国移住、
近世にゃ上方商人の移住で徐々に縄文形質よりも北方渡来形質が増えた
現実に目を閉じ、時代的変化に還元するトンデモ論に工作したけぇ
罪深いのう(笑)。

261 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/16(火) 00:59:17.82
>>244
比治山の岸田さんは、面長な北方渡来形質じゃけど、亀井氏は広顔でエラの
張った縄文形質の強い容貌じゃし、広島県でも様々なタイプがあるよ。
>>246
 米国のアイヌ白人妄想のレイシズム挙げてもつまらんよ。
材木座人は、長頭の部分はアイヌ人に似ても、鼻が低く、反っ歯が強い
けぇのう。一部分だけ取り上げて全体に還元してもつまらんわ。
>>247-256
 江南渡来定説云うて、誰の説で誰が定説宣言でもしたんか?(笑)。
江南から直接日本列島の集団渡来は東シナ海の荒れた海じゃほぼ不可能。
地乗り航法の時代に直接目的地が見えん処に移住はせんし、
本土日本語に江南語の影響も無あ。沖縄語なら江南訛りじゃけど
のう。
しかも倭人じゃの時代が進むほど中国から距離が離れる法則も無視して、
左翼的自民族発展論に無理やり当てはめトンデモ妄想してもつまらんよ。
>>253
 現実に動画みたら、日本人、韓国人、北部中国が北方系で
南部中国や台湾が南方系なんは、明らかじゃけんのう。

262 :日本@名無史さん:2013/04/16(火) 01:14:27.90
ミ ⌒ 彡 ウィーヒック

263 :日本@名無史さん:2013/04/16(火) 01:15:06.48
>>247-251
昔、復元船で釜山から対馬を目指したら山陰北陸方向へ流されそうに
なったそうで対馬へ向かうには洛東江河口西の金海のほうが良さげだったとか
?盧國(釜山方面?)が倭接界であり倭へ向かうには狗邪韓国(金海)である
理由なのかなとか思った
倭接界が陸の国境なのか一衣帯水の海峡なのか知らんけど金海が全く
倭そのものだったら倭接界が弁辰の複数の国にまたがりそうと思った

264 :日本@名無史さん:2013/04/16(火) 01:25:42.24
広顔低鼻のモウホがコマ劇裏で
喝アゲされたと聞いて

265 :日本@名無史さん:2013/04/16(火) 15:51:02.21
ジゴん巣を指しくり回すモウホがいると聞いて

266 :日本@名無史さん:2013/04/16(火) 19:01:10.09
赫居世居西干前57-4
南解次次雄4-24
儒理尼師今24-57
脱解尼師今57-80
婆娑尼師今80-112
祇摩尼師今112-134
逸聖尼師今134-154
阿達羅尼師今154-184
伐休尼師今184-196
奈解尼師今196-230
助賁尼師今230-247
沾解尼師今247-261
味鄒尼師今262-284
儒礼尼師今284-298
基臨尼師今298-310
訖解尼師今310-356
奈勿尼師今356-402
実聖尼師今402-417

この年代は合ってるんでしょうか。ウィキペディアです。

267 :日本@名無史さん:2013/04/16(火) 19:52:08.44
句麗から帰国した建前の実聖のところだけがかろうじて合っているだけだね

268 :日本@名無史さん:2013/04/16(火) 20:00:10.99
まだ出来上がっていなかったところの新羅のルーツ探ししてあげて

関係者の酋長さんたちのコレクションしてみたらいろいろたくさん出てきた。

複数のファミリーの酋長さんたちのこと

気にしないで連続して単系列で並べてあげたら

スタートのところがえろ古いことになっちゃった

みたいなかんじ。

269 :日本@名無史さん:2013/04/16(火) 20:23:45.34
婆娑尼師今   80-112 のところで

婆娑尼師今紀(126-158) だから むちゃくちゃずれてるみたいのでもないけど

倭人の出の 脱解尼師今57-80 のは倍暦で書いてある疑いが大で

それ以前の 異常な出生したとしか書き得ない初代とかのもたぶん倍暦で書いてある疑いが大

赫居世のは太陽の化身騙っているお名前。

270 :日本@名無史さん:2013/04/16(火) 21:12:33.86
(257)崇~六十五年秋七月 任那國遣蘇那曷叱知令朝貢也
任那者 去筑紫國二千余里(150km) 北阻海以在鶏林之西南

「北阻海」というと「蘇那曷叱知」の「任那國」は島にあったとゆうことにはなる。

ここのは「巨済島」とかだわな

巨済島(コジェ,クジェ,geoje)
狗邪韓國(こや,koja)

彌馬那,任那,壬那(みまな)

天兒屋命者 【中臣連等之祖】 (こや,koja)

271 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/16(火) 23:46:09.36
>>263
 実際は、近代国家のような国境や境界は無ぁけど。中国西部や東南アジア等、
少数民族が入り乱れて住んどるけぇ、倭人の部落から弁韓の部落を過ぎると
また、倭人の部落があるという状況か、そもそも倭と韓は同族で
沿岸部、川沿いに住む漁撈水辺の村落が倭で、農耕主体が韓族云う
区分じゃとも考えられる。中国史書は、倭を農耕民よりの漁撈民として
描くストーリーを造っとるけぇのう。
>>266-269
 神武天皇や壇君同様、伝説神話世界で史実のわけあるまあ(笑)。
伝説神話を事実と妄想するんは、経典原理主義の宗教カルトの
概念であって歴史学じゃ無いわ(笑)。
じゃが>>259のように、学者でも政治思想、狂信的カルトの影響で、
トンデモ云う方々がおるけぇのう(笑)。
だいたい馬韓や辰韓の時代に百済や新羅が建国じゃの
朝鮮史書のトンデモじゃし、我が日本の記紀も同様なんは
云うまでも無ぁわ。北方民族南下征服以前にゃ、朝鮮南部や日本列島は
村落があっても国家なんか無ぁけんのう。

272 :日本@名無史さん:2013/04/17(水) 02:11:03.84
【中韓/歴史】中国・集安の高句麗石碑、広開土王の時代に建立か[04/14]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1366065652/l50
【国内】名古屋市博物館が所蔵する古いレンガ、高句麗・広開土王の墓の資材と確認[04/16]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1366070939/l50
【中韓/歴史】集安高句麗碑〜日本人の広開土大王陵碑文の捏造を経験した韓国には中国が高句麗碑を歪曲するかもという疑念[04/16]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1366124971/l50

273 :日本@名無史さん:2013/04/17(水) 09:20:53.86
>>270
從郡至倭循海岸水行歴韓國乍南乍東到其北岸狗邪韓國七千餘里始度一海千餘里至對馬國

倭の北岸にある狗邪韓國から「はじめて」海を渡って対馬国に至る。

274 :日本@名無史さん:2013/04/17(水) 20:45:26.99
宋書倭国伝・・・・・・・・・朝鮮半島は倭が支配している

広開土王碑・・・・・・・・・倭国が海を渡り百済と新羅を臣下にした。

三国史記「新羅本記」・・・・慶州を倭兵が包囲した。
              新羅は何回も王子を人質に差し出している。百済の武寧王は人質の子として日本で生まれた。

日本書紀・・・・・・・・・「391年に神宮皇后が百済と新羅を征服した。」

宋書・・・・・・・・・・・・倭国が朝鮮半島南部を領地にした。

随書・・・・・・・・・・・・倭国は産物も豊かで鉄の鏃で武装した軍隊を持つ。百済と新羅は倭国を大国として敬った。

275 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/17(水) 23:26:45.73
>>274
 ガラパゴス解釈してもつまらんわ。>>209のように、朝鮮半島内でも
海を渡るんはね当たり前じゃし、そもそも倭は日本たぁ北東アジアの
水辺民じゃし、広開土王碑や宋書の倭も、加耶・倭を支配した北方
木槨墓であってね軟弱な列島の奴隷民の倭じゃ無ぁわ(笑)。

276 :日本@名無史さん:2013/04/18(木) 01:36:29.52
倭の五王、当時の中国の周辺民族で漢字一文字名はちょと変わてるね
魂の名前(ソウルネーム)で後に黒歴史、だったりしてな

277 :日本@名無史さん:2013/04/18(木) 02:08:38.88
倭寇にぼこられたホモがいると聞いて

278 :日本@名無史さん:2013/04/18(木) 04:51:11.56
>>275
なんの証明もしないで適当に妄想を書き連ねるだけ。
幸せな人生だな。

279 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/19(金) 00:21:30.10
>>278
 歴史に証明じゃの不可能なんは>>205でも云うとるよ。
じゃが>>275は極めて可能性が強いし、逆に北方渡来系が半島南部や
日本列島を支配しとらん可能性はほとんどあるまあが。
あんたぁ残念じゃのう(笑)。

280 :日本@名無史さん:2013/04/19(金) 00:43:23.17
コマ劇裏で喝アゲされたホモがいると聞いて

281 :日本@名無史さん:2013/04/19(金) 02:27:01.07
ジャニジャニは壊れた録音機よろしく同じ事をコピペし続けるだけだから
相手する意味が無いんだよな。死ぬまで叩き続けられるのが世の為

282 :日本@名無史さん:2013/04/19(金) 02:51:25.34
都合が悪くなった前方後円墳を掘削機械で
破壊し屈辱のチョーセン史を隠蔽するモウホがいると聞いて

283 :日本@名無史さん:2013/04/19(金) 07:04:17.15
>>279
可能性の「強さ」(普通は高さ)の証明もしないで
妄想を書き連ねるだけ。
幸せな人生だな。

284 :日本@名無史さん:2013/04/19(金) 22:59:40.46
>>282
松鶴洞1号墳を掘ったのはたしかに学術調査で、前方後円墳ではなく三つの円墳だという
結論は信用しえいいと思うよ。
ただ、その後の「復元」で古代の姿とは思えない変な盛り土を作ったのは疑問だが。

全羅南道の11基の前方後円墳で破壊や変な「復元」をされたのは無いと思うが、あったの?

285 :日本@名無史さん:2013/04/20(土) 01:02:05.84
前方後円墳
日韓合同調査団
韓国

で検索してみ

286 :日本@名無史さん:2013/04/20(土) 09:37:39.79
>>285
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1194398911

これのことか?
これは松鶴洞1号墳でなく全羅南道の前方後円墳のことらしいが、
別に前方後円墳であることを否定していないし、円墳に変形するような「復元」をした
わけでもない。

ただ「倭人の墓である新しい前方後円墳」であるという発掘成果を、どのように
発表するかに対して韓国の学界が干渉した、というだけでないの?

287 :日本史@名無史さん:2013/04/20(土) 13:53:25.26
国家、国境のない太古から
半島南部と西日本北九州は同一文化、同一雑種混血地帯。
金海・任那地域には、「天孫降臨」神話もある。

288 :日本@名無史さん:2013/04/20(土) 16:05:42.43
干渉ではなく、捏造した上で日本にも捏造の容認を強要した。
学問的には大問題、現代国家としてやっていい行動ではない

289 :日本@名無史さん:2013/04/20(土) 19:12:18.17
長い鼓の土饅頭のは5世紀終盤からのうそ百済の作品ので

うそ百済のなかのひとの実態はいわゆるわけわかめの倭人さん

馬韓域の土人さんたちが列島域の土人さんたちと共同謀議で

漢江域にあった本物の百済の名称を頂戴したという構図。

290 :日本@名無史さん:2013/04/20(土) 19:43:19.80
もう少しちゃんとした日本語文を書いてくれないと読解出来んw

291 :日本@名無史さん:2013/04/20(土) 22:14:38.38
>>288
捏造とは論文、報告書などの捏造か、それとも古墳の捏造(いんちき復元)か、
どっちの意味?

292 :日本@名無史さん:2013/04/20(土) 22:20:24.60
とりあえずはこの程度のものにはめえとおしておかないとな。
http://www.kiu.ac.jp/organization/library/memoir/img/pdf/kokusai5-1_2-001paku.pdf

293 :日本@名無史さん:2013/04/20(土) 22:36:25.99
>>291
日韓合同調査の報告書やその後の論文の内容には
捏造が盛り盛り。捏造こそが彼国の歴史学の正道というから手に負えない

294 :日本@名無史さん:2013/04/20(土) 23:37:07.75
最初に南朝鮮で前方後円墳が発見されたとき
朝鮮人は大喜びしたらしい
我々が日本を制圧した証拠だと
ところが南朝鮮のものは日本のものより遥かに新しく
造りも粗末であった
この状況では普通に考えて日本人の支配者の
墳墓と考えるのが自然。
慌てた朝鮮人は日本側の調査団に発表の延期を
頼んだ後に自分たちの「韓国の豪族に仕えた
日本人家来の墓」と発表。
掘削機で墳墓を破砕しうめもどしてしまったw

295 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 07:00:01.94
>>294
ソースは?
ないだろう?

296 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 07:57:08.52
加耶北方木槨墓人ってなに?

297 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 08:57:41.26
>>294
>掘削機で墳墓を破砕しうめもどしてしまったw

ここだけが違う。そんな事実はない。
全羅南道の11基の前方後円墳は今でもそのままだよ。

だからこそ韓国人たちがいろいろな珍説を発表するのだ。

298 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 09:02:18.26
>>293
>日韓合同調査の報告書やその後の論文の内容には捏造が盛り盛り。

要するに前方後円墳の破壊やいんちき復元は無いということだな

299 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 16:34:48.62
報告書や論文の内容に、捏造がある、それも多数あるのが大問題。

300 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 16:59:40.85
>>299
古墳の捏造じゃないことがわかったからもういいよ。

301 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 17:30:48.32
>>300
報告書や論文に、捏造された内容が、多数ある事を
認めてたのは、大きな進歩であり、喜ばしい。

302 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 18:27:03.14
>>296
木槨墓
http://japan.gimhae.go.kr/08/02_03_02_03.jsp
長方形にちかい墓壙を掘って木槨を設置し,そのなかに棺と副葬品を安置する墓制です. 土壙木棺墓から發展し,その存續時期は2C中・後半代から5Cまでで,その全盛期は4C代まででした.

303 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 18:29:37.69
日本国は倭国の別種なのか
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1366513942/l50

304 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 18:34:35.26
http://4.bp.blogspot.com/_71OM9lkGuVg/SXlgWjGiFQI/AAAAAAAAQ4o/i5lCxuqQoyA/s1600/V8-67.jpg
駕洛のの発展系で新羅のやつですけど

http://avantdoublier.blogspot.jp/2009/01/blog-post_27.html

駕洛のが「2C中・後半代から」だとすると

(155)の「其弟 裔(首露)奔 于金官(駕洛)」のにぴったりです。

305 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 18:51:52.47
加耶地域の古墳から出土した鐵製遺物の中, 最も大きい比重を占めるのは武器です.
武器は攻撃用手段で使用した戰爭の道具として,
加耶古墳では大刀,鐵劍,鐵矛等の近距離武器と, 弓と矢などの遠距離武器が出土されます.
大刀は兩方に刃がある劍とは異なり,片方のみに刃があるのです.
大刀が韓半島の南部地方に導入されたのは2世紀後半代です.
洛東江下流域の金海良洞里遺蹟等の から見れば, 木槨墓の採用と一獅ノ現れますが,  
時長さ40cm以下の鐵製短劍とは異なり, 長さ80cm以上の大刀が中國から導入されます.
http://japan.gimhae.go.kr/img/08/c08_02_01_05_img01.gif
http://japan.gimhae.go.kr/08/02_01_05.jsp

魏から貰ったフルサイズの環頭大刀の五尺刀のだと120cmほどだけど 80cmクラスののね

306 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 19:09:54.82
http://japan.gimhae.go.kr/08/02_01_06.jsp
(もともと木あるいは皮革などで製作されていたであろう)甲胄が鐵製に轉換され,
全く新しい系譜の鐵製甲胄が洛東江下流域-金海·釜山-と蔚山·慶州地域を中心に,
四世紀前半からにわかにしかも多量に出土される

http://japan.gimhae.go.kr/08/02_01_07.jsp
加耶に騎馬用馬具が本格的に普及されることは四世紀代の事です.
これは釜山の東萊福泉洞69號墳·38號墳などの四世紀前半代の古墳を始め,
金海大成洞古墳群の四世紀の古墳で,
騎馬用の銜·鐙子·杏葉などが多く發見されている点でよく現われています.

現在,鐵製馬具のなかでもっとも古いものが四世紀前半代のものとしても,
騎馬用馬具の登場が必ずこの時期であるという意味ではありません.
むしろ,いろいろな情況からみて,
三世紀末に洛東江下流域 金海·釜山 に北方文化が大量に流入された際,
それらと共に入ってきたことは明らかでした.

307 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 19:23:34.01
>>304
前漢で流行した墓制だね、秦韓の物でさう
任那地域の金官国とは関係無い。

308 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 19:32:30.78
>>305
環首刀も前漢後期から隆盛となり
後漢の頃になるとほぼ剣から置き換えられたので
>>304共々楽浪郡から伝わった物ではないか。

309 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 19:32:44.54
>>296
白馬青牛というコテハンが生み出したオリジナル用語

310 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 19:33:45.31
木槨墓という墓制それ自体は変わらないで継続しているくせに

埋葬品のなかみが300年頃を境にしてごそっと変わるところの説明を

北方由来の馬と蜜なる土人の影響下にそうなったであろうと説明したいわけです。

木槨墓のもとのの土壙木棺墓が

「その存續時期はおよそ紀元前1C初から紀元後2C前半代までで,

衛滿朝鮮人らの移住がこの墓制の登場背景です.」

とまともな理解をしている割には、

「國出鐵 韓濊倭皆從取之 諸市買皆用鐵 如中國用錢 又以供給二郡」のの

濊が運送業務の手伝いをしていた帯方郡(漢山近辺で後に百済に化ける)との

濃厚なお付き合いとかぜんぜん考えたくも無いって読めます。

まあ、百済のは夫与の末裔だし、あれだけどさ。

311 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 19:40:43.53
>>306
鉄製の馬具は魏晋時代以降普及した物であるから
魏晋の楽浪帯方郡から伝わった可能性も無くは無いが
時期を考えると鮮卑系諸王朝が半島を侵略した時分に伝わったのかもしれない。

312 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 19:58:24.55
正州依慮國所都
爲鮮卑慕溶廆所敗 憂迫欲自裁忽念 我魂尚未泯 則何往不成乎
密囑于子扶羅 踰白狼山夜渡海口
從者數千 遂渡定倭人爲王

自以爲應三神符命 使羣臣獻賀儀
或云 依慮王爲鮮卑所敗 逃入海而不還
子弟走保北沃沮
明年子依羅立
自後 慕溶廆又復侵掠國人
依羅率數千 越海 遂定倭人爲王

たぶんさ、ここいらへんのを利用して妄想しているんだね

313 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 20:13:06.89
和人は任那経由で入手する僅かな文物、情報をもとに発展させて、
独自の文化を築いた。
その後もそう。海外の断片的情報を見事に独自発展させる。

しかし半島は当時の文明の中華と接しつつ、
決して独自文化を築きえず、常に劣化コピーであり続けた。

今もだ。
この民度の違いは
どう言う理由なんだろう。

314 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 20:38:31.08
駕洛からソウルにいたる鉄の道の中継基地だな
http://map.konest.com/darea/121?ln=1

http://pds.exblog.jp/pds/1/201104/26/61/c0222861_2057406.jpg
http://lunabura.exblog.jp/16245067/

紀の~功四七年(367)のにも 鉄鋌四十枚

315 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 21:10:05.80
燕朝鮮(河北遼寧)から倭国へ到る鉄の道な

316 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 21:40:05.36
単なる借地、借家。

317 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 22:29:39.09
>>292
http://uproda.2ch-library.com/657895rG6/lib657895.gif

318 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 22:45:00.76
木槨人にドルメン人やオンドル人もいるわけか

319 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 23:33:16.90
男子無大小皆黥面【文身】
其男子時時有【文身】

男子皆【露紒】 以木緜招頭
其人性彊勇魁頭【露紒】

【有棺無槨】 封土作冢
其葬【有棺無槨】

320 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 23:39:52.10
今辰韓人皆褊頭男女近倭 亦文身

弁辰 與辰韓 雜居亦有城郭
衣服居處與辰韓同
其人形皆大 衣服巨エ 長髮亦作廣幅細布法俗特嚴峻

321 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 23:43:36.67
祭鬼~ 羣聚歌舞飮酒
信鬼~ 國邑各立一人主祭天~ 名之天君
又諸國各有別邑 名之爲蘇塗 立大木 縣鈴鼓 事鬼~

事鬼道 能惑衆

322 :日本@名無史さん:2013/04/21(日) 23:54:06.88
【甕棺】とかが好物の【文身】の土人さんが広く占有していたところに

華人系の東夷人が割り込んで来た結果のようなイメージ。

馬韓の方は華人系の東夷人の割り込みは多少とも希薄だな。

323 :日本@名無史さん:2013/04/22(月) 00:57:05.46
都合の悪い記録も全て受け止めよう

辰王常用馬韓人作之,世世相繼。辰王不得自立爲王。
其?盧國與倭接界。

俗喜歌舞飲酒。有瑟,其形似築,彈之亦有音曲。
始死停喪十餘日,當時不食肉,喪主哭泣,他人就歌舞飲酒。

其風俗不淫,男子皆露[糸介];,以木綿招頭。
其人性強勇,魁頭露[糸介],如Q兵,衣布袍,足履革[足喬]トン。

倭人が既に進出していたのは確か。

324 :日本@名無史さん:2013/04/22(月) 00:59:56.74
>>322
甕棺って漢人系ではないの?

325 :日本@名無史さん:2013/04/22(月) 01:13:36.45
おおはばに簡略化していっちゃえば

親水性が高くって

金属いぢりが得意で

丹でお化粧とかが大好で

糯米とかが好物な

蛇亀の越系とかだろ

いちおう分類学上から云えば華人系ではないのね。

326 :日本@名無史さん:2013/04/22(月) 01:23:02.82
何の分類学よ、呉人や越人は中原の華人とは別箇でさう。

甕棺は、漢代の一般庶民の墓にはよく使われてたようだ

327 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/22(月) 01:28:52.03
>>294
 前方後円墳も、前方後方墳も、北アジア、高句麗プランが原型じゃに(笑)。の
>>322
 秦韓や弁韓の長髪習俗より馬韓の方が帯方郡に近いだけあって中華に近いよ。
近現代の韓国でも馬韓・倭地域の忠清道・全羅道の方が妻が男の客人の前に顔出さんじゃの
中国の風習に近いようじゃ。秦韓・弁韓・倭の慶尚道の方は妻が男の客にも
顔を出すようじゃ。日本や蒙古の方に近いよのう。

328 :日本@名無史さん:2013/04/22(月) 09:49:30.63
>>301
>報告書や論文に、捏造された内容が、多数ある事を
>認めてたのは、大きな進歩であり、喜ばしい。

そんなのは韓国・朝鮮人であれば当たり前のことだ。
認めるも認めないもない。

329 :日本@名無史さん:2013/04/22(月) 09:55:19.59
日本も、堺あたりでずいぶん宅地開発の名で古墳を壊したよね。

330 :日本@名無史さん:2013/04/22(月) 20:59:38.58
大阪人のリアリズム

331 :日本@名無史さん:2013/04/23(火) 01:00:23.41
コマ劇裏で喝アゲされたホモがいると聞いて

332 :日本@名無史さん:2013/04/23(火) 03:42:00.17
仁徳陵の陪塚でさえアボン

333 :日本@名無史さん:2013/04/23(火) 09:36:55.00
全羅南道の前方後円墳は、「百済王の家臣である倭人の墓」とか「土着の豪族が
倭人を装った」とか発表してしまったから、もう壊せない。

だからこっちは永久に朝鮮人の捏造論文を楽しむことができる。

334 :日本@名無史さん:2013/04/23(火) 21:32:58.52
スペインの様に箕氏朝鮮も漢4郡も任那国守も高句麗も女真族も大日帝も
ある時期に支配技術、行政、文化的な影響を認め
それらの支配を脱して独立していったと教えれば良いのに
有った事を無かったと言い張るから馬鹿にされる、それを覚るのはいつの日か

335 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/24(水) 02:01:56.41
>>334
 じゃが、架空の日本の任那支配じゃの、無かった事を有ったと妄想する
日本の左翼史観受け売りネット右翼の方のマインド・コントロールから
覚めるんはいつの日か?(笑)。

336 :日本@名無史さん:2013/04/24(水) 14:50:42.96
白馬金豚

337 :日本@名無史さん:2013/04/24(水) 15:03:52.86
糞ホモが早よ氏ね

338 :日本@名無史さん:2013/04/25(木) 01:30:26.61
熱海で喝アゲされたホモがいると聴いて

339 :日本@名無史さん:2013/04/25(木) 21:17:50.88
日本府と言う仰々しい名前が誤解を生む。
実体は倭人居留地だったと思う。

魏志東夷伝の記述を信じるなら、
三世紀から四世紀、
半島国家群よりも倭国のほうがはるかに進んでいた。
どうも半島国家は中華の文物の通過地点であり、
それを独自に発展させられなかったみたいだ。
倭国は倭人居留地たる日本府を通じて、
盛んにとりいれて独自発展させてたな。

340 :日本@名無史さん:2013/04/25(木) 21:30:25.55
単なる借地、借家。昔、借地、借家に住むことは都市では当たり前だった。
税金が安かった。

341 :日本@名無史さん:2013/04/25(木) 21:33:04.26
加耶地域では異色的に昌原の三東洞遺蹟は甕棺墓が主な墓制をなしており,甕棺の規模も大形です.
http://japan.gimhae.go.kr/08/02_03_02_05.jsp

倭人系のコロニーが途絶えることなく長期的に継続してあった

http://maps.google.co.jp/maps?q=35.215332,128.687668

いはゆる 馬山 骨浦 とゆうところ

先方のひとたちには 接塗國@弁辰 に比定のおかたもおられるらしい。

342 :日本@名無史さん:2013/04/25(木) 21:47:59.48
香港も最初は何にもないとこを交易のため借りた借地、同じ。

343 :日本@名無史さん:2013/04/26(金) 06:25:02.32
香港の近隣は元々中国の物産が西洋(主に印度)へ向けて積み出される港で
大いに栄えていた商業都市だよ

>>339
だね。倭国の国家事業として始めたわけじゃなく
元々半島南部にあった倭人の国や入植地が
倭国が加羅を併合し百済と新羅を従属させる過程で
丁度いい仲介の役目を果たした。

344 :日本@名無史さん:2013/04/26(金) 07:01:25.26
当時日本の地区は新大陸アメリカのような立場だったんでしょうか?
広い土地の上に倭の海洋民が入植発展して大国になっていた?

345 :日本@名無史さん:2013/04/27(土) 00:13:05.53
植民地というのは最初は商館でそのうち領域支配になる
ロシアは大連を租借して満州を支配していった

346 :日本@名無史さん:2013/04/27(土) 00:18:18.40
半島南部にあったのは植民地ではなく倭人の国

347 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/27(土) 01:39:13.00
>>339
 妄想トンデモ繰り返してもつまらんよ。北方民族が朝鮮南部〜
日本列島を征服移民したんが、世界的北方民族南下の古墳時代の
現実じゃ。あんたの左翼的発展段階説による自民族拡張論連呼は現実認識
欠如じゃわい。
>>344
 元来の倭は北東アジアの水辺民であっても、少なくともノルマン、ヴァイキング的
海洋民じゃ無ぁよ。地中海的ポリス民みたぁなもんで農商民的なもんで、
征服して国家形成する能力なんか無ぁわ。
 朝鮮南部、日本列島への本格的な征服は、南ツングースの水軍や騎馬連中。
>>346
 半島南部の沿岸部は倭じゃのう。

348 :日本@名無史さん:2013/04/27(土) 04:07:32.70
昭和の熱海で稲の中暴に喝アゲされた
エラの張ったホモがいると聞いてw

349 :日本@名無史さん:2013/04/27(土) 05:20:06.95
倭人と言うか弥生人の渡来ルートとして、
山東半島か朝鮮半島かは必ず経由するだろう。
起源前後、半島南端に倭人が吹き溜まり、
それがのちの「日本府=大規模居留地」になったとしても
不思議ではない。六世紀頃まで権益は残っていたけど、
半島の混乱で、居留地を経営する必要性が低下、
かつ現地朝鮮族との混在、倭人の日本への帰還などで、
自然に消滅していったと思ってる。
日本では初期飛鳥時代。もう半島経由ではなく
大陸と直接取引が出来るまでに、
航海術も進んでいたろうし。

350 :日本@名無史さん:2013/04/27(土) 09:02:27.46
>>347
朝鮮南部の状況は、三国志の時代には狗耶韓国(倭人国家)だったのが
好太王の時代には、北方何とか人の支配地に入れ替わったという御主張でOK?
(日本列島征服の有無は一時保留)
とすると、北方民族というのがどこからどうやって来たかが気になりますな。
陸路で来たなら朝鮮半島縦断してるので、狗耶韓国どころか高句麗も新羅も征服してそうなものだ。

351 :日本@名無史さん:2013/04/27(土) 09:37:31.80
>>350
横からだが:
扶余はワイ王だったから鮮卑に追われた扶余は満洲東部→朝鮮半島東海岸と
逃げればほぼ自分の領域を通って半島南部に到達できる。

352 :日本@名無史さん:2013/04/27(土) 10:07:18.73
>>347
君の言説には根拠がない
「可能性は否定できない」って根拠がないんだから否定できるよ

>歴史に証明じゃの不可能なんは>>205でも云うとるよ。
>じゃが>>275は極めて可能性が強いし、逆に北方渡来系が半島南部や
>日本列島を支配しとらん可能性はほとんどあるまあが。
>あんたぁ残念じゃのう(笑)。

こんなこと言ってるようじゃダメダメだよ

353 :日本@名無史さん:2013/04/27(土) 12:47:42.04
【話題】 田原総一朗氏 「北朝鮮は床に倒れ込んでギャーギャーわめいている子供。援助を増やすしかないのではないか」
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1367023370/

【関連動画】
掘れ掘れ詐欺
http://www.youtube.com/watch?v=PAUtTH8lCsg

354 :日本@名無史さん:2013/04/27(土) 13:31:06.49
そうすると半島人が日本を支配していたのではなく
半島から捕虜あるいは労働者諸々の大量の人間を受け入れた
という推理も自由にできるわけだ。

355 :日本@名無史さん:2013/04/27(土) 14:58:46.81
>>351
横からだが、夫余の東隣に居た粛慎は異民族
夫余の南に居た高句麗は同族だが反乱を起こして独立した仇敵
新羅も異民族で、しかも倭国より遥かに未開、貧弱。チョンの妄想は聞き飽きたよ

356 :日本@名無史さん:2013/04/27(土) 15:59:19.52
>>349
弥生人は縄文人の直系子孫で、縄文土器と弥生土器の間にも
断絶的な変化は見られない。反対に、九州北部に居た縄文人の子孫である弥生人は
半島南部の弁韓辰韓地域へ、当地に国が無い時代に入植或いは併合したが
任那地域からは前2,1世紀を境として、それ以前の土器とは
様式の異なる大量の弥生土器が発見されている。

357 :日本@名無史さん:2013/04/27(土) 16:30:55.80
>>355
慕容に追われた扶余がヨクソへ逃げた3世紀末には高句麗はまだ強大ではない。
ヨクソはウラジオストックのあたりだから半島東海岸はすぐ。
新羅は君の言う通りまだ未開だから満洲で鍛えられた扶余の敵ではない。

その後扶余はヨクソから旧地に戻って傀儡政権を建てるが、全部が戻ったとは
限らない。

358 :日本@名無史さん:2013/04/27(土) 18:36:42.32
>>357
夫余が慕容部に降った時点では、既に倭国は統合され
任那進出も確認されているから可能性は無いな。

夫余が建てたのは百済、これは史書の記述にも残っている

359 :日本@名無史さん:2013/04/27(土) 19:01:17.31
>>357
慕容に追われた扶余のは「百濟亦據有遼西 晉平二郡」の扶余だろ

「晉世(265-316) 句驪既略有遼東 百濟亦據有遼西 晉平二郡地矣 自置百濟郡」とゆうのもあるけど

285年に慕容にやられたあとに

助けてもらってリカバリーでセットしたところのは「遼寧省開原市」だとゆうひともおったりするよ

360 :日本@名無史さん:2013/04/27(土) 20:00:35.98
>>358
可能性というのはなんの可能性?

361 :日本@名無史さん:2013/04/27(土) 20:20:23.95
古代ギリシャとかフェニキア人が各地に都市を作るが本国の政治からは離れ
「帝国」であったわけではない

戦国時代にも東南アジアに日本人町があったが、江戸幕府からは見捨てられ帰国不能となった

今の中国をみなさい
中国人が商売や出稼ぎのためにアフリカや中東に行く
そのうち中国がアフリカに援助して宗主国の如く振る舞う
そんな感じではないか

362 :日本@名無史さん:2013/04/27(土) 20:35:03.89
>>360
ホッポーモッカンボヂンの可能性だよ

363 :日本@名無史さん:2013/04/27(土) 20:58:53.87
>>362
そうじゃないだろう?
北方木槨墓人が夫余である可能性だろう?

364 :日本@名無史さん:2013/04/27(土) 21:44:10.26
どちらも可能性が0%という点では一致しているなw

365 :日本@名無史さん:2013/04/27(土) 21:57:05.93
300年頃の馬具の激変のは夫余が先祖の百済のせいだろ

北方木槨墓人とかおばかじゃに

木槨墓は木棺墓の延長ので華人の末の楽浪人が持ち込んだもの

その後、木槨墓はホケノ山に突如現れたりするわけだ

366 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/04/28(日) 00:47:27.52
>>365
 楽浪木槨墓とログハウス式北方木槨墓を混同すなや。
ホケノ山のんもログハウス式北方木槨墓じゃ。

367 :日本@名無史さん:2013/04/28(日) 00:57:32.95
熱海アイゴーW

368 :日本@名無史さん:2013/04/28(日) 02:48:58.37
ホッポーモッカックボジン

369 :日本@名無史さん:2013/04/28(日) 03:43:40.74
モッカクボジンが南へ、そして海を超えた目的は黄金。

370 :日本@名無史さん:2013/04/28(日) 08:22:33.49
>>365
>300年頃の馬具の激変のは夫余が先祖の百済のせいだろ

300年頃、百済はもう木槨墓を築いていないが

>>364
>どちらも可能性が0%という点では一致しているなw

「北方系木槨墓」を築いた「人」の可能性がゼロ?
墓は人が作ったのでなく自然にできたのか?

371 :日本@名無史さん:2013/04/28(日) 14:28:44.55
ああ0だよ、ホッポーモッカクボジンではなく
楽浪郡の漢人の様式が伝わった

372 :日本@名無史さん:2013/04/28(日) 15:04:29.34
>>371
なるほど、丸太で囲った、横幅の広い、殉死を伴う墓が楽浪郡の漢人の様式なわけね。

373 :日本@名無史さん:2013/04/28(日) 15:48:32.88
http://1.bp.blogspot.com/_71OM9lkGuVg/SkyLBlo4eCI/AAAAAAAATRI/omgY-Pbec-4/s400/R9-2224.jpg

漢人ではなくて華人の末の楽浪土人な

華人のなかのひとは周辺から流れ込んだ蛮族にやられてつねにリフレッシュしていくのだよ

弾き出されたましなのが移住したところの土人と混血して楽浪土人とかになるんだよね。

374 :日本@名無史さん:2013/04/28(日) 15:52:23.35
>>373
楽浪は高句麗によって313年に滅亡された。
大同江南岸の平壌付近の土城の周囲に約2000余基の木槨墳と磚築墳などが散在している。
木槨墳は、地下に土壙を掘りその中に木棺を安置するための長方形槨を設けた形式のもので、
封土はピラミッドの上部を切りとったような截頭四角錐をなしている。
この古墳は、最初長方形の単葬墓としてつくられはじめたが、
間もなく1つの封土内に2つの土壙を並べて掘り夫婦の2棺を埋める合葬墓に変わり、
ついには1つの木槨内に夫婦の2棺をいっしょに安置する最も普遍的な様式に変化した。
木槨墳の築造年代はだいたい紀元前1世紀から紀元後1世紀ごろとみなされている。

と『韓国国立中央博物館図録』に書いてあるらしいよ。

375 :日本@名無史さん:2013/04/28(日) 16:06:15.22
製材する技術が無かった
横幅は漢や周辺国の貴人の木槨墓と比べむしろ狭い
殉死は古代の未開社会にはよく見られるが文明が発展すると廃れる

楽浪郡の漢人様式の墓が伝わった物だよ

376 :日本@名無史さん:2013/04/28(日) 16:07:11.44
http://gsm.nricp.go.kr/_third/user/search/KBD011.jsp?ksmno=2611&siltakno=3

これが出た 貞栢洞1号墓 夫租薉君墓も木槨墓みたいだってさ

平壌特別市楽浪区域貞栢洞において,1958年に発見された原三国時代(古朝鮮)の土坑墓。
おそらく方台形の墳丘をもっていたと推測される。
底の1枚の板を載せうる範囲に,角材が一重に敷かれていたといわれるので,
もとは木槨内に木棺が埋葬されていたものと思われる。
出土遺物は数十点に達するが,
壺と植木鉢形土器のセット,
細形銅剣,細形銅矛,銅鏃などの青銅製武器,
車衡金具,蓋弓帽などの青銅製車具,轡(くつわ)などの鉄製馬具,
刀,剣,戟(げき)などの鉄製武具,
甲冑小札(ござね)などの鉄製武具,
斧,鉇(やりがんな)などの鉄製工具,
小銅鐸など多種多様である。

377 :日本@名無史さん:2013/04/28(日) 16:10:13.99
ちなみに丸太で囲った横幅の広い木槨墓は、漢代の南越や雲南
戦国時代の秦や斉や呉や越の地からも発見されている

378 :日本@名無史さん:2013/04/28(日) 16:11:33.53
>>377に加えて燕でも木槨墓は見られる

379 :日本@名無史さん:2013/04/28(日) 17:40:06.63
コマ劇裏で喝アゲされたホモがいると聞いて

380 :日本@名無史さん:2013/04/29(月) 07:19:22.33
モッカクボジンとは?

381 :日本@名無史さん:2013/04/29(月) 08:32:14.47
>>376
楽浪区って言うぐらいだから、典型的な楽浪式なんだろうね。
角材を用いているし、棺がある。
大成洞の北方系木槨墓には棺がない。底の地面になにか敷いた上に死者を置く。
巍書扶余国伝に「有槨無棺」と書かれる通りだ。

382 :日本@名無史さん:2013/04/29(月) 16:07:02.65
其死、夏月皆用冰。殺人徇葬、多者百數。厚葬、有槨無棺。<巍書扶余国伝

その死ぬや、夏の月には皆氷を用いる(防腐か)。人を殺して殉葬すること、
多きは百を数える。厚葬にして槨を有し、棺は無し。

383 :日本@名無史さん:2013/04/29(月) 16:07:23.68
>>381
前漢時代の益州や句町国や南越国など南部辺境の墓からも
木槨無棺の墓は発見されているから、必ずしも遊牧民や夫余特有ではない。

384 :日本@名無史さん:2013/04/29(月) 20:30:20.14
>>383
そんな遠いところからやってくるはずはないから取りあえず除外でOK

385 :日本@名無史さん:2013/04/29(月) 20:41:02.99
>>384
木槨墓自体は周の時代から王侯貴族にも庶民にも用いられていて
それが西南地区や南蛮では土着の葬制と合わさって木槨無棺墓となったから
同じ事が東夷に起きたとしても何ら不思議が無いって事

386 :日本@名無史さん:2013/04/29(月) 21:01:58.27
>>385
詳しいね。ソース希望。

387 :日本@名無史さん:2013/04/29(月) 21:39:18.65
>>386
何のソースが欲しいのか具体的にお願いしないと解らないよ

388 :日本@名無史さん:2013/04/29(月) 23:09:39.03
http://kamnavi.web.fc2.com/log/shiragi_ou.png

389 :日本@名無史さん:2013/04/30(火) 16:24:30.94
>古代朝鮮半島南端は倭国の属領であったのでしょうか?

古代朝鮮半島南端の属領が倭国だったんですよ

390 :日本@名無史さん:2013/04/30(火) 16:39:58.26
>古代朝鮮半島南端の属領が倭国だったんですよ

古代朝鮮半島南端とその属領が倭国の属領だったんですよ

391 :日教組は日本の癌細胞:2013/04/30(火) 17:43:21.13
日教組の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/m/pages/141.html?guid=on
在日工作員
http://www.google.com/gwt/x?gl=JP&hl=ja-JP&u=http://hayabusa2.blog.fc2.com/blog-entry-290.html&client=ms-kddi-gws-jp&source=sg&q=%E5%9C%A8%E6%97%A5%E8%AD%B0%E5%93%A1%E9%80%A3%E7%9B%9F
通名工作員
http://m.youtube.com/watch?v=23vihbJKXUk&desktop_uri=%2Fwatch%3Fv%3D23vihbJKXUk
・日本を守るL真実のメディアYouTubeで【チャンネル桜】【頑張ろう!日本全国行動委員会】【日心会】自民党【ともみ組】

392 :日本@名無史さん:2013/04/30(火) 22:48:15.95
おまいらってほんと国が好きなんだな

もれは華人の造作により発生した「國」なんかよりも

大陸から半島・列島またいで

倭人になるもとのおひとのお引越しのありようとか

ここそこのところでの倭人が湧いていた状況とか

列島に流れ込んできた状況が知りたいのみ

ごたまぜで湧いていたくせに属領とか無意味だしさ

393 :日本@名無史さん:2013/04/30(火) 23:04:56.34
あいつら半島南部で前方後円墳が出ても破壊するからな

394 :日本@名無史さん:2013/05/01(水) 07:08:56.96
地政学では半島は海洋勢力と大陸勢力とのぶつかり合いの場所
になるそうだ。確かに朝鮮半島もごたぶんにもれず日清、日露
秀吉の半島攻撃による明とのぶつかり合いもそうだ。当然白村江
の時代も同じだったろう。

395 :日本@名無史さん:2013/05/01(水) 07:39:04.96
大倭と高句麗の時代を外してはいけない
日本から半島南部へ進出した大倭と満洲から南下してきた高句麗が
属国の百済と新羅を挟み対峙したのが、半島での大勢力衝突の嚆矢

396 :日本@名無史さん:2013/05/01(水) 08:29:56.01
>>393
日本も幾多の古墳を破壊したんだけどね
今残ってるはほんの数個のみ

397 :日本@名無史さん:2013/05/01(水) 10:46:29.06
>>393
前にも書いたが、破壊してない。
発掘して「復元」したのは慶尚南道の松鶴洞一号墳で、これは破壊に近いが
発掘の結果としては前方後円墳ではないことが確定した。

全羅南道の11基の前方後円墳は破壊されてない。破壊されてないからこそ、
前方後円墳であることを前提にしてトンデモ学説がいくつも書かれている。

398 :日本@名無史さん:2013/05/01(水) 14:44:05.95
半島は先進国だったので、倭それを学ぶために留学生や官僚や技術者を半島に送ったという

399 :日本@名無史さん:2013/05/01(水) 19:35:25.54
官僚の居ない土人国へ官僚を送る矛盾に気付か無いのが南韓賊

400 :日本@名無史さん:2013/05/01(水) 20:02:56.55
任那=丹生那
金属取りにいってたんだろうね、いつまで金属取れてたのかは知らんが

401 :日本@名無史さん:2013/05/01(水) 20:18:35.47
>>398
>半島は先進国だったので、倭それを学ぶために

そういう解釈もできるが別の解釈もできる
倭という人口の多い野蛮で(強い)大国が中国の先進文明がやってきている半島を
羨ましがり半島に進出して強引に半島南部を支配下に置いた。

402 :日本@名無史さん:2013/05/01(水) 21:10:12.45
>>399
>官僚の居ない土人国へ官僚を送る矛盾

そういう解釈もできるが別の解釈もできる
国家統合を先んじて果たし、行政、農業、産業、技術の各分野で
文明が進んでいた倭国が半島南部を領有し
その統治の為に倭人官僚を置いて支配した。

403 :日本@名無史さん:2013/05/02(木) 13:16:15.64
>>394
朝鮮戦争もある。アメリカという海洋勢力と大陸の中国とのぶつかり合い。
今も両勢力によって南北に分断されている。日本はもはや半島との
人口差も経済力の差も大きくないので半島に侵略する海洋勢力にはなれない。
>>402
>文明が進んでいた
何でもいつでも半島が遅れいたと考えるのは無理筋

404 :日本@名無史さん:2013/05/02(木) 14:16:47.89
>>403
>何でもいつでも半島が遅れいたと考えるのは無理筋

その通りだね。騎馬戦術については列島は半島から学ぶ立場だっただろうさ。

405 :日本@名無史さん:2013/05/02(木) 19:07:16.15
それは無いな、半島は馬の飼育に適さない。

古代の半島が全ての面で日本列島に遅れていたとは思わないし
1つ2つくらい何かしら独自の物で学ぶものはあったかもしれないが
それが何かは解らないw

406 :日本@名無史さん:2013/05/02(木) 19:29:33.60
北方木棺墓人が九州北部に流れ着いて

甕棺墓人と仲良く暮らし始めたのがBC100頃でしょうか

金海では土壙木棺墓がその頃スタートしたともいうが。

407 :日本@名無史さん:2013/05/02(木) 20:28:33.86
中原と倭の交易が始まったのはその頃だね
それ以前に、倭人は半島南部への入植を進めていたが。

408 :日本@名無史さん:2013/05/02(木) 20:30:53.04
>>405
>半島は馬の飼育に適さない。

それはまた何故? 日本でさえ馬は飼育されているのに?

409 :日本@名無史さん:2013/05/02(木) 21:25:01.95
半島が文化が優れていたって証拠はないわな
土地の生産性は半島諸国より日本の方が上だろう

410 :日本@名無史さん:2013/05/02(木) 21:27:44.21
http://contents.nahf.or.kr/goguryeo/anak3/an_html_jp/images/zoom/1_4_1.jpg

帶方縣の西側の方にある4世紀のお墓の壁の馬は小人馬みたいにみえたりするけどね。

411 :日本@名無史さん:2013/05/02(木) 21:30:57.28
ご主人のお馬だけでかくて立派に画いてあったりしているんだね。

412 :日本@名無史さん:2013/05/02(木) 21:35:31.39
http://contents.nahf.or.kr/goguryeo/anak3/an_html_jp/images/zoom/1_2_1.jpg

ご主人のおひとは慕容皝にたて突いてやられて遼東から亡命してきた佟壽さんたらゆうらしいね

413 :日本@名無史さん:2013/05/02(木) 22:07:35.70
>>408
日本よりも急峻で馬の飼育に不適な土地だからなあ、半島

414 :日本@名無史さん:2013/05/02(木) 23:23:49.66
アジアの馬は、もともと小型で傾斜地の適応性はとてもいいよ。
木曽駒などは急峻な地形の産だよ。

牛は、どの系統の品種でも傾斜地の適応性が高い。
松阪牛や神戸牛の原産地は但馬などの急峻な地形の産。

牧畜民自体は、地形を選ばない。

415 :日本@名無史さん:2013/05/03(金) 00:03:01.05
いや、全然違うよ。
木曽馬はある程度の丘陵地に生息しているだけで
急峻な地形の山林地区に棲むわけじゃない
蒙古馬もモンゴル東部や満洲西部の丘陵部は歴史的に遊牧地だけど
山岳地帯になると遊牧民の同種族でも半牧や非牧畜で生活したりした

416 :日本@名無史さん:2013/05/03(金) 00:11:38.11
半島は大陸からの文物が流入して日本より華やかで
繁栄していたかもしれない。しかし世界のどこでも武力や経済力
や人口の少ない国や都市は繁栄しても砂上の楼閣。
大抵大国に蹂躙されて終わり。

417 :白馬青牛:2013/05/03(金) 01:01:18.53
朝鮮人は美形が多い云うて、ナチスも認めとやますけんのう。

418 :日本@名無史さん:2013/05/03(金) 08:31:29.76
>>417
ナチスが美形と認めたのは金髪碧眼のアリアン人種のみだよボケ!!!!

419 :日本@名無史さん:2013/05/03(金) 19:41:37.71
>>1
属領というか任那というのは昔の琉球王国みたいな立場だったんじゃないかな。

420 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/05/04(土) 01:32:23.33
>>417-418
 自作自演してもつまらんよ(笑)。
>>419
任那云うたぁ、加耶、倭の金海地域は、当時の日本列島たぁ較べ様も
ないほどの軍事勢力じゃったんよ。人類学的にも正しいことじゃに、
妄想左翼牧歌的自民族発展説繰り返してもつまらんわ。

421 :廣島もみじ民 ◆cjIySZ2iYw :2013/05/04(土) 02:44:20.83
自作自演してもつまらんよ

422 :日本@名無史さん:2013/05/04(土) 03:25:45.18
樂浪木棺墓人が樂浪木槨墓人に進化する

樂浪木槨墓人が挹婁系の民を征服して夫餘ができあがる

夫餘に移住した樂浪木棺墓人は支配層で人口構成でいったらまあ1割未満

夫餘の大酋長は漢の収税の下請けぱしりで

直で支配し切れていないところの広範囲の挹婁系の民から

毛皮税みたいなのの収税の代行していたんだんだ

夫餘の大酋長のところの戦闘員は挹婁系の民でなくて支配層の濊貊系

こいつらが騎馬民族だなんてはやとちりしているまぬけな学者さんたちはがっつし反省したのが良いよ。

423 :日本@名無史さん:2013/05/04(土) 04:38:08.55
支離滅裂とは当に此の事ww

424 :日本@名無史さん:2013/05/04(土) 08:43:45.81
日本列島=ブリテン
任那=アンジュー公領
半島=フランス

だいたいこんな感じの力関係だったんじゃね?
昔の大王にジョン失地王並の無能がいたんだろうな。

425 :日本@名無史さん:2013/05/04(土) 09:03:36.28
フランスw

426 :日本@名無史さん:2013/05/04(土) 10:45:55.72
その絵には強大なローマ帝国が無いと全然合わないな
しかも、フランス国王的な王権は朝鮮半島にまだ発生してないし

427 :日本@名無史さん:2013/05/04(土) 12:35:53.43
中国=ローマ
満州=スカンジナビア
朝鮮=ドイツ
日本=イギリス
西日本=ブリテン島東部↓
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/ee/Britain_peoples_circa_600.svg
東アジアの古モンゴロイド=ケルト

428 :日本@名無史さん:2013/05/04(土) 18:03:15.82
中国がローマ、日本がフランク、満洲がゴート、半島はケルトだよ

429 :日本@名無史さん:2013/05/04(土) 21:06:11.20
任那 カルタゴ本国
日本列島 植民地のイベリア半島でハンニバル在住
中華 ローマ
半島 ローマの属州

こんな感じかと。

430 :日本@名無史さん:2013/05/05(日) 01:11:14.68
日本は絶対王制やマニュファクチュアに手をかける社会段階まで到達したが、大陸勢力がクソ過ぎたから東アジアはヨーロッパになれなかった

431 :日本@名無史さん:2013/05/05(日) 14:11:51.24
北欧のバイキング=満州〜北朝鮮の夫余
ノルマンジーに侵入したバイキング(ノルマン人)=くや韓国に侵入した夫余(金官)
ブリテンを征服したノルマン公ウィリアム=神后または応神
海峡をまたぐウィリアムの領土=倭と任那
その後ウィリアムのノルマンジーを侵食したフランス=新羅

432 :日本@名無史さん:2013/05/05(日) 14:17:06.66
>>410
>帶方縣の西側の方にある4世紀のお墓の壁の馬は小人馬みたいにみえたりするけどね。

壁画にもあるように、重装騎兵の馬は全身を覆う鉄の小札鎧を着せられて、その上に
同じ格好をした騎兵を乗せる。木曽馬やポニーではとても勤まらない。
おそらくそのために改良した頑丈な馬を使っただろうね。

433 :日本@名無史さん:2013/05/05(日) 14:24:15.07
>>431
訂正:
誤:ウィリアムのノルマンジー
正:ブリテン王領のノルマンジー

434 :日本@名無史さん:2013/05/05(日) 20:24:07.15
http://www.kiu.ac.jp/organization/library/memoir/img/pdf/kokusai5-1_2-001paku.pdf
を読むと百済が倭人を雇ったみたいに書いてるけど、この辺って日本にとってかなり
重要な海域だよね。倭にとって重要な海域を倭人が掌握してたわけだ。
倭国に太子を人質に取られたうえに倭国に有利な人配置するって、
どう考えても倭の方が立場が上に見えるのだが。

435 :日本@名無史さん:2013/05/05(日) 20:44:47.70
漢江下流域で消滅した本家百済と

475年以降の南方のうそ百済は実質なかみ別物だわな

王の姓も一時的に牟姓を騙っているわけだし

人質に取られていたというのはすり変わるのには良い言い訳

漢江下流域の本家百済のも

倭の王女続けて2名嫁にしてからにかなり混血しておったらしいけどな

436 :日本@名無史さん:2013/05/05(日) 21:03:36.51
上哆唎・下哆唎・娑陀・牟婁の四縣を割譲したとたんに

地域限定で集中的に長鼓墳ぞろぞろ出現とかのは 割譲のが自演ということにはなるがな

持ち主の哆唎國守「穗積臣押山」さんは〈百済本記云 委意斯移麻岐弥〉って

岩戸山古墳の委のいしいさんご本人でねえの

437 :日本@名無史さん:2013/05/05(日) 21:07:36.49
隷属部族の軍権と外交権を宗主国が握り
その管理職を本国から派遣する制度が遊牧国家によくあるでしょ
あれを半島の筆で表現すると雇っていた事になる

朝鮮総督もダルガチも歴史捏造によって雇われていたと大韓変換するのがチョン

438 :日本@名無史さん:2013/05/05(日) 22:16:58.52
>>432
まーたポニーか。懲りないねえ。

439 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/05/06(月) 00:42:42.13
>>422
 丸太式北方木槨は、楽浪木槨じゃ無ぁよ。満州の現地民は、漁撈文化要素が
強い「濊」で、貊の方は、西の遼西地域の半農半牧半漁撈民文化じゃ。
扶余は、豆莫婁がモンゴル語系ゆえ、モンゴル系の可能性が強い。
モンゴル的な扶余と積石塚方墳プランの貊系高句麗は多少違うよ。
>>427
 極東に当てはめたら、そうじゃろうね。古モンゴロイドは朝鮮〜日本へ
おったし。
>>432
 重装騎兵なら木曽馬でも成りえるよ。
>>434
 全羅道自体が倭の文化で九州との関連が強い。弥生期の韓系支石墓が
九州西部にあるように。まあ、日本云う国家なんか無ぁよ(笑)。

440 :日本@名無史さん:2013/05/06(月) 01:04:22.93
木槨にカエレ

441 :日本@名無史さん:2013/05/06(月) 20:29:05.85
>>434-437
つまり割譲したけど実権は握っていたけど結局後に実権も失ったので
後の史書では実権失った責任を割譲した連中におっかぶせたってこと?

442 :日本@名無史さん:2013/05/06(月) 20:48:24.87
割譲すれば実権が削られるのは目に見えてるしなあ
一応、徴税権は確保されてたようだけど

443 :日本@名無史さん:2013/05/06(月) 22:30:54.48
三国志にあるように朝鮮半島南部は製鉄が盛んで各国に鉄を供給してきた
日本列島も朝鮮半島も徐々に王権が強化されてくると
日本にとって鉄の供給が重要になり(おめーに売る鉄は無いと言われると困る)
軍事的プレゼンスで任那を保護する

そのうち日本でも鉄の国産化が進むと、だんだん任那なんてどうでも良くなる
(わざわざ兵隊出して任那の保護をする意味ないんじゃねーの?鉄は国内で出来るし)
と言う図式じゃないのかなあ

444 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/05/09(木) 23:37:09.25
>>443
 加耶の鉄は、北方木槨人が支配所有しとったけぇ、南朝鮮〜列島で
4世紀頃は一番強かったんよ。日本から兵隊送った根拠なんか何一つ無ぁよ。

445 :日本@名無史さん:2013/05/09(木) 23:48:00.23
4世紀に北方木槨人が加耶の鉄の流通とかに強度の関与があったとすると

部厚いタイプの鉄塊プレートの所在が北方木槨人が何ものかをばらしてくれたりするけどね

弾琴台土城でぐぐると良いよ

446 :日本@名無史さん:2013/05/10(金) 03:55:45.30
北方木槨人なる集団を主張するのはジャニジャニ先生だけw

447 :日本@名無史さん:2013/05/10(金) 08:54:27.69
>>443
6世紀に入る頃には朝鮮半島では木材が枯渇して製鉄が思うようにできなくなっていたらしいな。

448 :日本@名無史さん:2013/05/13(月) 06:40:00.35
倭の主力は半島南部って韓国人の言い訳と同じですやん白馬さん

449 :日本@名無史さん:2013/05/13(月) 21:24:53.58
朝鮮高校卒の白馬は北朝鮮籍の朝鮮人

450 :日本@名無史さん:2013/05/13(月) 22:34:15.12
北朝鮮人なのに先祖をボッコボコにした契丹族の象徴を名乗るなんて奇怪な輩だw

451 :日本@名無史さん:2013/05/17(金) 22:37:30.25
  新羅等の残りカスが半島に居座る資格はない

  朝鮮半島は日本が継ぐべき

任那日本府や百済の後は日本が継ぐべきなのに、
それを滅ぼした奴らの残りカスが朝鮮半島に居座り、日本にゆすりたかりを続けるるのは間違ってる

対馬や竹島の報復は当然されるからね
朝鮮人さん、やりっ放しで済むと思うなよ?
朝鮮人を半島から追い出そう、日本領土にしよう

連呼リアンや反日マスゴミにキムチ色の涙を流させるべき

452 :日本@名無史さん:2013/05/21(火) 12:05:47.14
>>1
>任那日本府とはなんなのか


愛・・・・かな

453 :日本@名無史さん:2013/05/22(水) 18:09:31.61
最近の日本の研究者はひどすぎるな。
半島南部の都市国家程度しかないショボイ国家が日本に臣従していたというのは、
日本書紀じゃなくて中国の史書にも出てくるってのに、
それを認めたくないから、倭が文化を得るために傭兵に行っていたとか意味不明な事言ってやがる。
あいつら頭おかしいんじゃないのか?

どこの世界たかだか文化を学ぶ為に、海を渡って軍を送る必要があるんだと。
そして朝鮮人はそういう狂った歴史を教わっているから、
(日本にあれやこれを教えてやった大国だったとかw)
あんな歪んだ民族になったんじゃねーの?
現地研究のためか未だに全共闘世代の狂った思想に染まっているのかしらんが、
どうにかならんのかあいつら。

454 :日本@名無史さん:2013/05/22(水) 18:19:50.37
特別在住外国人に生活保護の権利与えちゃうし
通り名の文系仙人を大勢任官しちゃう、お役人様達ですからw

455 :日本@名無史さん:2013/05/22(水) 21:24:42.83
英国史と比べれば一番よくわかる。
北方のバイキングが半島に土着して生じたノルマン人が、島国の英国を征服して、
島国と半島にわたる王国を建てた。本拠は島国の英国に移ったが、半島の領土も保持した。

フランスによって半島の領土が危なくなると島国から大陸に逆侵入してフランスと戦った。
しかし遂に半島の領土を失い、島国にこもった。

細かい違いはあれ、おおすじは同じだ。バイキングが満州の夫余、ノルマン人が金官加羅にあたる。

456 :日本@名無史さん:2013/05/22(水) 21:57:39.72
はいはい、透明あぼ〜ん出来る様にちゃんとコテ付けましょうねジャニジャニくん

457 :日本@名無史さん:2013/05/23(木) 00:00:14.11
>>453
文化すなわち実利じゃね? 実利の裏付け無しに軍を動かしても後が続かないわな

458 :日本@名無史さん:2013/05/23(木) 01:31:26.45
当時のレベルでいえば朝鮮諸国が日本より先進国だったのは覆せない事実だろ。
韓国が嫌いだからって歴史に感情を持ち出すのはダメだよ、韓国の学会と同じことして恥ずかしくないの?

459 :日本@名無史さん:2013/05/23(木) 02:08:32.06
>>458
文化レベルが明らかに西南日本を超えるのは、後期の百済だけだな。
だが、この時期の百済は、政治的軍事的には、もはや大和のかなり従属度の高い属国にすぎない。

軍事的には、九州&西南日本の、やや東南アジア的な大和と、満州から北部朝鮮に南下した北アジア的な高句麗が、
やや高句麗優勢だが、ほぼ互角の戦いを展開している。
朝鮮南部は、地政学的間隙にはまって苦しむ、この2大勢力の草刈り場というのが、正しい位置づけ。
南北の挟み撃ちに遭った彼らは、たとえ分裂しても十分巨大な勢力を誇る、西の中華帝国に助けを求めた。
黄海に面する百済は、中華文明を率先して取り入れ、それを大和に渡すことで大和の庇護を得ようとした。
それすらおぼつかない新羅は、生存権確保のため、直接に中華の政治的庇護を求めることになる。
これが朝鮮の事大主義の原点だ。

460 :日本@名無史さん:2013/05/23(木) 03:39:37.54
>>458
当時のレベルでいっても韓諸国が日本より後進国だったのは覆せない事実だよ
特に新羅は凡ゆる面で劣っている、百済も織物、建築、冶金など
進んでいた分野もあるが政治組織、農業、造船といった面では遅れている。
日本が嫌いだからって歴史に感情を持ち出すのはダメだよ、韓国の学会と同じことして恥ずかしくないの?

最も大事なのは朝鮮と韓が異民族別国家であるという事

461 :日本@名無史さん:2013/05/23(木) 03:49:33.10
劣るほどに勝利し優れるほどに敗北するとすれば中々に興味深い

462 :日本@名無史さん:2013/05/23(木) 20:56:04.03
>>458
え?超えてたことあったっけ?
製鉄技術などもダメダメだったじゃないか。

463 :日本@名無史さん:2013/05/24(金) 00:05:54.92
>>459
超えてるのか?百済の文化を残すものなんて大して残ってないのに

464 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/05/25(土) 00:43:00.42
>>458
 妄想『記紀』ですら、文物が朝鮮から伝わった記述だらけじゃに(笑)。
>>459
『記紀』文献じゃ百済からを強調し事大しとるけど、高句麗〜新羅〜出雲、
日本海の墓制や北朝の新羅経由もあったけんのう。畿内王権中心の記述じゃ
けぇ百済事大するんじゃろう。
 当時の倭は加耶支配の北方木槨人であって、韓人、倭人は奴隷階級じゃし、
倭を列島だけに限定して妄想するトンデモ云うてもつまらんよ。
>>460
 中国歴史区分の唐代でも新羅船の方が日本船より優秀じゃったのに、
あんたのトンデモ根拠たぁ何なら?(笑)。

465 :日本@名無史さん:2013/05/25(土) 01:15:05.90
日本書紀の百済ほか諸外国に関する記述はようするに
「属国が便利なものを献上してきた」
というもの
天皇の徳をしたったのは国内の倭人のみならず、外人もそうだったと言いたいわけだ
渡来人の記述はほぼその通り
おまえは日本をけなしたいだけだろ。学問やる資格ないよ

失せろ

466 :日本@名無史さん:2013/05/25(土) 01:22:30.10
>当時の倭は加耶支配の北方木槨人であって、韓人、倭人は奴隷階級じゃし、
>倭を列島だけに限定して妄想するトンデモ云うてもつまらんよ。

トンデモは貴様だろ、毎度毎度wわけがわからん
おまえは名無しのレスに突っ込んでるだけで論理が非常に断片的だ。論にもなってない
通史を書けよな通史を。言ってる年代も常にバラバラじゃねか
「ツングース征服王朝説」を書いてみろ。きちんと順序だててな

できれば他所でな。自分でスレ建てろホモ野郎

467 :日本@名無史さん:2013/05/25(土) 03:16:44.99
徳で慕わせるというより武力で従わせる事を強調してるようにも見えるな記紀は

468 :日本@名無史さん:2013/05/25(土) 03:43:21.52
中華王朝の史書に百済国や新羅は倭国を大国として仰ぎ見ると書かれているから
敬意を抱かれていたのは確かだね

469 :日本@名無史さん:2013/05/25(土) 04:05:31.81
隋書の新羅・百済が倭に求めてた多くの珍物ってなんだったんだろうな
書記の新羅は金・銀・彩色たくさんあるというがそれなりに上がりは
あったのかな

470 :日本@名無史さん:2013/05/25(土) 05:18:01.96
>>467
軍事力も徳のうちだろう。中国史書では皇帝の征服を威光によるものとしている

>>469
日本の砂金ではないかと睨んでいる。
楽浪郡は他の地域に比べて金細工の遺物が多い。北朝鮮で金山が見つかったのは最近の話だ
シラギの金細工も同様。真番郡以来の漢人工人がいて、砂金の加工を請け負っていたのでは?
ちなみにシラギの倭系遺物の多さは異常。明らかに倭人の勢力圏だったろう

471 :日本@名無史さん:2013/05/25(土) 15:55:12.84
砂金を精製せずに運ぶのは難儀だから無いだろう
ふつうに米や木材や鉄製品だと思うが

472 :日本@名無史さん:2013/05/25(土) 16:36:50.25
>>470
勝てば権威、負ければ失権。列島においては負けても権威を保つことに成功
したが半島ではそうはいかなかったってことか?

糸魚川のヒスイみたく古代に採掘されて近代まで忘れられてた鉱山なんかも
あるからなあ。ヒスイといえば史書に無く、史書の限界を示してもいるわな

>>471
珍物だからなあ。あんまり普通というのもな

473 :日本@名無史さん:2013/05/25(土) 17:00:23.78
金は採取が簡単で融点低くて柔らくて加工しやすい故に古くから重宝された
技術って結局細工師の技術でしょ

474 :日本@名無史さん:2013/05/25(土) 17:18:46.73
中世中国では翡翠の価値が低かったからな
その代わりに倭国では真珠と青玉が算出すると史書にある

475 :日本@名無史さん:2013/05/25(土) 21:04:06.48
>>464
そもそも半島そのものが倭の植民地ですから。

476 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/05/26(日) 01:03:07.03
>>468
 隋書に難波や飛鳥の記述が無ぁけぇ畿内王朝じゃのうて九州王朝のことじゃし、
大国たぁ土地が広い云う意味でしか無ぁよ。
>>470
 古新羅は、非中国文化でローマ・西アジア・北方騎馬民族系をダイレクトに
受けた文化じゃに。
>>472
糸魚川のヒスイは、出雲系(高句麗・新羅系)が、北陸遠征から出雲に拉致した
先住民の高志(越)に作らせよって、新羅の勾玉にもあらわれるけぇ、
出雲が新羅に売ったんじゃろうのう。
>>475
そもそも、半島も列島も北方渡来系の植民地ですから。形質人類学的にも、
考古学的にも民族学的にも明らかなこと。

477 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/05/26(日) 01:33:18.31
>>470
http://park11.wakwak.com/~siori/sinwa.html
実際の出土遺物から見れば、扶余が支配者であった百済、高句麗よりも、文化的には
南方的要素の方が強いと見られる新羅の方が、ストレートに北方騎馬民族の黄金文化を
受け入れているのです。これはいいかえれば、百済、高句麗の方が漢化の度合いが大きい、
つまりは高度に発達した中華文明を受け入れる時期が早かった、ということではないでしょうか。
三国時代の朝鮮半島でローマン・グラスが出土するのは新羅のみ、であることに着目し、新羅古墳の出土物から、
4世紀から6世紀の新羅は「ローマ文化王国」であった、という斬新な説を唱えています。
 実際、ローマン・グラスに限らず、新羅古墳のきらびやかな出土物は異色で、中華文明の影響が強かった
百済、高句麗とは、趣を異にしているのです。
http://plaza.rakuten.co.jp/basiisi/diary/201001070000/
資治通鑑の秦記から、
(西晋武帝への遣使(286年)から91年の空白をおいた377年の前秦への遣使の際のお話)
・新羅国王楼寒(17代奈勿麻立千(麻立千=尼西千=王を意味する語))が、
使節の衛頭を遣わして美女を献じた。
・(その国の)人は多く美しい髪をもっており、髪の長さは丈余(3m以上)もある。
・卿が海東(新羅)のことをいっているのは、古と同じではない。なぜですか?
答え。それはちょうど中国の時代が変革し、名号が改易されているのと同じです。
(中国では支配民族の交代などで国の内容が変わっている。新羅も中国文化を受け容れていた
ときと変わっている=非中国文化の受容。それだけか?支配民族の変化は?)

478 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/05/26(日) 01:47:47.15
>>470
まあ、>>477の下の方じゃが、前秦も胡族遊牧民出で、北部中国を支配したんと
同様新羅の支配層も北方胡族ゆえ、新羅の使節はあなた方と一緒でよそ者胡族
です云うとるようなもんじゃけえのう(笑)。あま、日本も同じように北方胡族の
よそ者が支配したわ。 ほいから、こっちも。
http://avantdoublier.blogspot.jp/2009/02/blog-post_24.html
「ソグド時代の壁画には、古代朝鮮人とみられる2人の人物が描かれていた。鳥羽冠をかぶり、
環頭大刀を佩き(はき)、拱手している姿は、高句麗人か新羅人を彷彿させる。
高句麗は突厥と交渉を もっていたので、中国を経由しない「ステップ・ロード」ルートにより、
西域との直接接触を強く示唆するもので、 三国時代の文物にみられる西域的要素はこうした経緯に
よるものと考えられるという。
668年に高句麗は唐と新羅によって滅ぼされ、統一新羅時代になるのだが、この壁画製作時期の7世紀後半は、
三国時代の高句麗から行った人たちなのか、新羅から行ったのか、
それとも統一新羅時代のどちらかの人たちなのか」

479 :日本@名無史さん:2013/05/26(日) 02:18:33.66
レス番とレス数表示が一致しなくて何事かと思ったら
高麗を滅ぼしたモンゴル人の傍系の祖先の始祖伝説が3連投したのかw

480 :日本@名無史さん:2013/05/26(日) 18:56:35.03
>>476
日本と半島ではぜんぜん違うんだが?
半島はモンゴルにより因子がとても強いが、日本はそうではない。
血液型などをみても半島はモンゴルなどで多く見られるBの因子が強く、
Oの因子は少ない。

481 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/05/27(月) 01:34:41.24
>>480
 あんたのトンデモ論なら、血液型A型の日本人は、B型の日本人よりも
A型のドイツ人に近い、日本人もドイツ人もAの因子が最大で
日本人はドイツ系ですとでも云いたいんか?(笑)。

482 :480じゃないよ:2013/05/27(月) 05:27:00.59
>>48
あんたのトンデモ論なら、
AB型とO型との間に親子関係がありえないからといって
AB型とAB型との間に親子関係があるのですとでも云いたいんか?(笑)。

483 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/05/27(月) 23:38:58.45
>>482
 血液型も遺伝子プールも歴史時代に変わる地域的特長に過ぎん本質を
そらす為じゃけぇつまらんよ。O型との子は、AB型のA型の親かB型の親の
因子のどっちかを継続するだけのことじゃに。

484 :日本@名無史さん:2013/05/27(月) 23:41:14.46
任那は大和の植民地的領地
新羅と百済は大和の属国

485 :日本@名無史さん:2013/05/27(月) 23:51:05.87
西晋武帝への遣使(286年)って成立もしていない新羅が遣使したってか?

486 :日本@名無史さん:2013/05/27(月) 23:58:23.16
>>484
植民地じゃなく普通の領地
紀元前3世紀頃から弥生土器が増え出し
漢の頃には任那地域は弥生土器が多数派

487 :日本@名無史さん:2013/05/28(火) 00:06:52.57
477の終いのところがくそ読み

秦人の符良さん等七人が漂至したやつを

ご親切にも苻堅さんのところまで送り届けた衛頭さんが

苻堅さんに 新羅って何? 

聞いたこと無いなあ 

鷄林がなんで新羅騙ってやって来たんだ?

王家とか中の人すり替わっていないのか?

488 :日本@名無史さん:2013/05/28(火) 00:29:05.61
477はレス番飛んでるだろ

489 :日本@名無史さん:2013/05/28(火) 00:32:28.23
成立が新しい順で
--------------------------------------------------------------------------
『三國史記』 (生年不詳-356即位-402没)
(381) (奈勿)二十六年
           春夏旱年荒民飢 遣衛頭入苻秦貢方物 
苻堅問衛頭曰 卿言海東之事與古不同 何耶
       答曰 亦猶中國 時代變革 名號改易 今焉得同
--------------------------------------------------------------------------
『太平御覧』 《秦書》 曰
(382)符堅建元十八年
         新羅國王樓寒遣使衛頭獻美女 國在百濟東 其人多美發 發長丈餘
     又曰 符堅時 新羅國王樓寒遣使衛頭朝貢
     堅曰 「卿言海東之事 與古不同 何也?」
     答曰 「亦猶中國 時代變革 名號改易」
--------------------------------------------------------------------------

490 :日本@名無史さん:2013/05/28(火) 00:33:43.92
--------------------------------------------------------------------------
『奈勿大聖~帝紀』 (奈勿[351生-377即位-402没])
(381)五年七月
         衛頭等自奏回獻金人玉馬等宝器 初帝命衛頭七人送符良等七人于秦
秦主苻堅問 "鷄林何爲新羅"
     答曰 "有鷄之瑞 故曰鷄林有蘿之新故曰新羅"
   苻堅曰 "聞爾國君 變何如"
     答曰 "我國擇賢相傳自古然也 非變也 故鷄林新羅字雖不同 而語實相同"
     堅曰 "何以相同"
     答曰 "月主所居之城故也"
     堅曰 "汝國女主好少夫 數易數夫 無可配之雄也 朕欲娶之何如"
     答曰 "我國尚~ 而捀賢非好少夫也"
     堅善其對 優禮而送之 獻宝于~后及帝 后命刻苻堅象
--------------------------------------------------------------------------
『月嬭~經』曰
(379)三年七月 秦人符良等七人漂至
(384)八年四月 命衛頭等七人 送苻良等七人于秦
   秦主問 鷄林何爲新羅
     答曰 時代變革 名號改良 今何與古 同乎
   秦主曰 國君變乎
     答曰 我國捀賢而立自古相傳也 豈有變乎 但取新羅之好而已
   秦主問 鷄林新羅之義 答以~官之所名 故不解其深旨 而天~所降之地爲鷄林而亦爲新羅
--------------------------------------------------------------------------

491 :日本@名無史さん:2013/05/28(火) 15:23:32.20
北朝の史書に新羅は記載が無い。
南朝の宋書や南斉書にも無く初見は梁書
而も文字が無く中国語も話せる者が居らず百済人を介した。
ローマ人は使者がアレクサンドロス大王と面会し称賛されたとしてるが
これも遥か後代の帝政期になって初めて言われ始めた、そゆこと

492 :日本@名無史さん:2013/05/28(火) 19:03:01.41
梁書の新羅は姓が金でないから偽物かもしれんね

493 :日本@名無史さん:2013/05/28(火) 20:21:37.78
元々は金姓ですら無かったんだよ
架空のお伽話が太平御覧に載ったという事

494 :日本@名無史さん:2013/05/28(火) 20:50:39.93
新羅 : (521)普通二年 王姓募名秦 始使使随百濟奉獻方物 (年代からすると智證)
百濟 : (521)普通二年 王餘隆始復遺使奉表 稱「累破句驪 今始與通好」 而百濟更爲強國

521年に募秦たらゆう王さまが百濟の王さまとつるんで遣使 

餘隆は40年以上も在倭だったおひとで百濟王に就任した斯麻ちゃん

募秦たらゆうのは正規表記だとたぶん「慕秦」だろ

     慕韓←倭王が騙っているシマ
     慕貞←金官のことさんのかあちゃん
加耶君慕訶←本家加耶のほうの王さま

495 :日本@名無史さん:2013/05/28(火) 20:54:05.17
楽浪人の末裔とか秦の動乱で避難民のとかだったら姓があってもあたりまえだとはおもふが

496 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/05/29(水) 00:00:03.84
>>484
 日本書紀のホラ話吹かすんなら、高句麗やその隣と思われる呉国まで
朝貢してきたけぇ属国と妄想すりゃあええのにえらい謙虚じゃのう(笑)。
しかも大和の畿内王権なんか記紀以前の勢力なんか確認出来んし、
西日本の地域こどに勢力があったことも無視して、大和妄想してもつまらんよ。
任那、加耶、倭の支配層は北方木槨人。倭は被支配民奴隷階級。
>>486
領地じゃの近代の概念を上代に当てはめる処、歴史無知の政治思想の思い込みで
語りよる低脳さんよのう(笑)。弥生期の加耶と北九州は同一文化圏で
世界的北方民族南下征服の時代だある古墳期に北方民族が加耶も北九州も
征服しただけのこと。
>>491-495
>>477の『秦書』も北朝じゃに、可笑しなことを云う。
ほいじゃが重要な指摘もしとるのう。百済が通訳せにゃ新羅は先住民の
秦韓が秦人の亡命者自称でも中国語を話せるもんがおらんかったことになる。
 まあ、秦語は漢語と違いおそらくチベット系訛りじゃったとしても
中国語が解らんとなると、支配層も支配された先住民も中国人とは、縁遠い
存在云うことじゃ。しかも新羅は、中国文明化されず、西方文化、騎馬民族
文化を残存させとったけぇ、高句麗や百済のような中華文明的堕落から免れた
ゆえ、半島部を統一し、後に大唐帝国を撃退し東アジア一の海洋国家として
繁栄したんじゃろう。文明は野蛮によって倒されるんが世界史じゃけんのう。

497 :日本@名無史さん:2013/05/29(水) 01:23:48.69
>>496
また古田武彦のトンデモか
前方後円墳造ってた王権がずーっと中国に知られずに隠れてたってか?
小学校からやり直せ、ホモ

498 :日本@名無史さん:2013/05/29(水) 01:26:51.10
>>493
百済人のコンパチンカンキムとかナリツオーリューヨーダとか、
日本書紀の記事は貴重かもな
新羅人の名も同様か

499 :日本@名無史さん:2013/05/29(水) 16:14:01.36
>>496
>当時の倭は加耶支配の北方木槨人であって、韓人、倭人は奴隷階級じゃし、

>>466に答えてやれよ青牛w
青牛って様々ウソ・デマ、間違いをしてきたのに、何で堂々と「トンデモ」「ホラ」と言い切るんだ?サイコパスか?

お前反省してるのか?

500 :日本@名無史さん:2013/05/29(水) 18:14:11.14
契丹人にレスする奴もモンゴル人

501 :日本@名無史さん:2013/05/29(水) 22:34:59.54
>>463
むしろ、百済があんなものを献上した、こんな技術をよこした、と事細かに書いてあるのは、
日本側の記録で、記紀や各地寺社の縁起・伝承なんだよね。
そして、それと符合するような、壮大な文化活動を行った跡は、近畿を中心に西日本にはたくさんある。
半島側には、全羅・忠清・京畿南部にも、言うほど大した遺跡や遺物は残っていない。

このパラドックスは、日本人を不思議がらせ、
さらに悪い事に、韓国人の強い妄想を掻き立ててきたが、
実は話は単純なこと、かつ韓国人の妄想とはぜんぜん違う。大変にシンプルな論理なのだ。
459を前提に、「百済の立場にたって」考えてみれば、すぐに分かる。
百済としては、大和の軍事的・政治的庇護を得たい。そのためには、ギブアンドテイクの「与えるネタ」が必要。
じゃあ、百済の地政学的ポジションで、百済が「一番高く売れるネタ」は何か?
つまり、自分の売り込みポイントはどこか?を考えれば、「黄海対岸の対中華前面に位置すること」に尽きる。
彼らは全力で、中華帝国から文化要素を貰い受け、そのまま大和に献上したんだ。
後に、この地域は、朝鮮にしては比較的広い平野を生かして、朝鮮の中での穀倉地帯になるが、
西南日本のほうが、明らかに気候が安定して生産性が高いので、この点では、対大和では比較優位に立てない。

502 :日本@名無史さん:2013/05/30(木) 11:55:41.90
記紀を目の敵にする青牛と井上秀雄w

503 :日本@名無史さん:2013/05/30(木) 15:28:37.69
>>79
広開土王碑や記紀を否定したくてしたくてたまらない時点でアッチ思想w

じゃにじゃに口調をやめないのはアレだな???
牛の論に説得力がないから、威圧的な口調でビビらせて精一杯強がりたいという所かなw
DQNや893が理不尽な事を言い聞かせる為に威圧的な口調になるのと同じかなw

504 :日本@名無史さん:2013/05/30(木) 18:09:39.39
青牛の学問()は半月城と同じで、書かれている事をスルーしナナメ下の読解をやっちゃうキムチ流w

505 :日本@名無史さん:2013/05/30(木) 18:50:19.64
学問?教学だろ

506 :日本@名無史さん:2013/05/31(金) 01:16:40.95
>>146
重装騎兵なんて高価で揃えられない上に機動力のある方が強いっていう現実

507 :日本@名無史さん:2013/05/31(金) 01:42:55.62
ホッポーモッカク爺が自演を始めましたww

508 :日本@名無史さん:2013/05/31(金) 10:56:23.67
>>481
O型は中国南部の江南地域とフィリピンなどに多い。
A型はハワイとか太平洋上のポリネシア人に多い。
B型は北方の狩猟民族に多い、中国も中原より北の華北などはB型が多い、またモンゴルとかアイヌとかね。

半島南部にまで進出していた倭が、色々あって北方の遊牧民族連中に蹴散らされた結果。
倭は半島の勢力を失った。結果、
半島と日本では人種的に大きく違う、全羅道とかは倭系が多いそうだが、
その分半島ではとても差別されているな。

太平洋のポリネシア系の国家や、東南アジア系はわりと親日的だが、
半島や大陸は反日である。

509 :日本@名無史さん:2013/05/31(金) 12:45:35.94
ちゃんとコテ付けろよ北チョン族

510 :日本@名無史さん:2013/05/31(金) 14:55:04.35
>>39
>北方系木槨墓が三世紀末に金海地方に突然出現し

突如出現したのはキムチ文化大の妄想の方じゃないの?
北方木槨人、北方木槨人って

511 :日本@名無史さん:2013/05/31(金) 18:31:23.73
韓国の地域対立
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E5%AF%BE%E7%AB%8B

全羅道差別と選挙

なかでも特に有名なのは後三国時代にまでさかのぼるといわれる全羅道と慶尚道の対立である。
しかし、対立が現在のように露骨に表れるようになったのは、5・16軍事クーデターで朴正熙が政権を掌握して以降である。
軍政から民政へ移行するために行なわれた1963年10月の大統領選挙では、全羅道において朴正熙(民主共和党)は尹潽善(民政党)を大きく上回る票を得たが、
朴大統領の出身地域である慶尚道地域をインフラ整備や経済開発・官公庁人事で優遇し、反対に全羅道地域が冷遇されたことで、
慶尚道地域に対する反発が生まれ、政権側も選挙で全羅道に対する対抗意識を煽ったことで、地域対立に拍車がかかることになった。
そして、1980年の光州事件が全斗煥政権によって「暴動」と認識されたことによって、地域対立は決定的なものになった。

512 :日本@名無史さん:2013/05/31(金) 18:32:51.25
民主化が実現した結果、16年ぶりの国民による直接選挙で実施された1987年の大統領選挙では、盧泰愚(民主正義党)、金泳三(統一民主党)、
金大中(平和民主党)、金鍾泌(新民主共和党)の有力四候補(1盧3金)がそれぞれの出身地域における地域感情を利用した選挙戦を展開した結果、
出身地域において得票が大きく偏る現象が生じた。
そして、翌年4月の第13代総選挙でも地域感情がそのまま選挙戦に持ち込まれ、1盧3金の4人が率いる政党がそれぞれの出身地域において議席を独占する結果となった。
これ以降の大統領選挙や国会議員選挙、地方選挙において有権者が政治的思想や立場に関係なく自分と同じ地域を出身地とする政治家、地盤とする政党に投票し、
他の政党に対する拒否という形で、地域対立が生じるようになった。

全羅道と慶尚道の対立により、選挙においては忠清道がキャスティング・ボートを握ることが多い。
しかし、現在では韓国の人口のおよそ半分が、「首都圏」といわれるソウル・仁川・京畿道に住むという極端な一極集中のおかげで、地域対立の影響は下がりつつある。

この対立は三金時代の名残といわれるものもあり、これも深刻なところがある。

2002年の大統領選挙においては、慶尚道(嶺南)と全羅道(湖南)の地域対立が重要な克服命題とされた(立候補者であった盧武鉉はその一方の嶺南出身)。
また盧は地域対立の解消を名目に敢えて地盤でない地域から立候補したこともあるが、2002年大統領選挙を除いていずれの選挙でも破れている。

513 :日本@名無史さん:2013/05/31(金) 18:33:56.51
西北差別

李朝時代には「西北」と呼ばれた北部地域(北朝鮮領咸鏡北道)に対する差別も盛んだった。
かつてこの地域は女真族の領域であり、これら女真族は時の朝鮮半島の王朝により官職を授けられ高麗、李朝に朝貢を行っていたが、
その一方で国境付近での小規模な衝突も度々起こっていた。
そのため、高麗末期から李朝初期にかけて女真族を制圧していき、第4代国王世宗の代に建州女真の大酋である李満住を敗死させ李朝による支配を確立させた。
ただし、李氏朝鮮の李氏は実際には女真族の出自である。

元による高麗侵攻時、16世紀の日本による朝鮮半島出兵の際にこれら女真族は寝返り元、日本の軍門に下ったために 朝鮮民族による女真族蔑視が強くなり差別も激しくなった。
現在では女真族としての文化は満州族等に引き継がれている。
平安道を中心とする西北出身者は、李朝時代長く官吏登用などで差別を受け続けてきた。
こうした差別からくくる漢城への反発が、平安道におけるキリスト教の受容など、独自路線のもととなっていたとみられる。
現代では西北差別は南北分断のおかげであまり目立たなくなっている。

514 :日本@名無史さん:2013/05/31(金) 18:34:57.70
済州島差別

韓国では古くから済州島差別が根強く、特に結婚についての済州島差別は激しいといわれる。
済州道は朝鮮半島本土とは異なる独自の文化があり(耽羅国)、純粋な韓国文化を重んじる人にとっては差別の対象となることもある。
かつて流刑地でもあったことも済州島差別の一つの要因となっている。
在日韓国人の中では、済州出身者の比率が故国よりも高い(済州島四・三事件の影響による)が、その社会にも済州島差別が受け継がれているといわれている。

515 :日本@名無史さん:2013/05/31(金) 18:54:19.33
倭=北方木槨人とかどれだけ無理があるんや

記録に一切ないのを現代人が勝手に作り上げて任那日本府を否定か

516 :日本@名無史さん:2013/05/31(金) 19:07:31.76
日本にいるA型って朝鮮半島から来たらしいなw
http://majikichi.com/archives/7850799.html

517 :日本@名無史さん:2013/05/31(金) 20:01:27.58
血液型A型は南韓が起源だからな

518 :日本@名無史さん:2013/05/31(金) 20:27:47.22
>>495
逃げてきた百済人が王となった。って雑史もあるしねい

519 :日本@名無史さん:2013/05/31(金) 20:43:19.81
扶余の末ので遼西に居ったのが引越して百済王というのは正史にぞろぞろだしな

520 :日本@名無史さん:2013/06/01(土) 06:37:54.45
>>516
順番が違う、倭人が半島南部にまで進出しただけ。

521 :日本@名無史さん:2013/06/01(土) 06:43:35.37
ちなみに韓国ではA型はそんなに多くなく、B型が多い、そしてO型が少ない、
日本人に比較的近いのはチベットかね?チベットもA型が多い。
ポリネシア系はA型とO型が多い、ただ場所によってだいぶ変わる。
ハワイとかはA型が多く。南方はO型が多い。

早い話が朝鮮とは違うってことだ。

522 :日本@名無史さん:2013/06/01(土) 07:03:27.61
同じA型でも白人とアジア人とではタイプが違うのか
http://www.tech.tsukuba.ac.jp/2007/report/08_Nakamura_Report_2007.pdf

523 :日本@名無史さん:2013/06/01(土) 09:15:19.75
>>521
そりゃあモンゴル時代にことごとくレイプされた子孫だから

524 :日本@名無史さん:2013/06/01(土) 12:41:20.83
白馬青牛って騎馬民族征服王朝説信者なの?

525 :日本@名無史さん:2013/06/01(土) 13:20:18.59
白馬青牛を朴って名乗るくらいだからなあw

526 :日本@名無史さん:2013/06/01(土) 15:15:02.33
駄馬糞牛タイフーンにコテハンを改めるべきだなwww

527 :日本@名無史さん:2013/06/02(日) 03:54:02.76
嘘が弁解できずに名無しになって逃亡し、なおかつ朝鮮マンセーする某先生

528 :日本@名無史さん:2013/06/02(日) 22:41:29.51
姓氏禄の皇別と神別の関係は不思議だ。
皇別のなかにわけのわからない伽耶系が入っていたりする。
皇別が外来の新支配者、神別が土着の旧支配者ということか?

529 :日本@名無史さん:2013/06/03(月) 01:12:05.97
見た事も無いのに嘘出鱈目垂れ流さないように
加羅、百済、高麗、属国新羅の亡命帰化人は
諸蕃や未定雑姓の括り

530 :日本@名無史さん:2013/06/03(月) 08:46:40.13
>>529
>見た事も無いのに嘘出鱈目垂れ流さないように

新撰姓氏録はネットでいくらでも見れる。
例えば「難波吉士(忌寸)」氏は伽耶系が定説だが皇別に入っている。

>亡命帰化人は諸蕃や未定雑姓の括り

後から来た外来は諸番、先に入った外来は皇別と考えることができる。

531 :日本@名無史さん:2013/06/03(月) 13:11:10.27
帰化人は諸蕃未定雑姓
皇別の氏族に重用され姻戚を結ぶと皇別に入る場合もある

帰化人は諸蕃未定雑姓、皇別の姻戚が皇別

532 :日本@名無史さん:2013/06/03(月) 16:10:44.17
駄馬糞牛タイフーンって


朦朧が極まったらチャイナタウンを見て日本はシナに征服されてるとか言いそうだな

533 :日本@名無史さん:2013/06/03(月) 16:13:49.62
>>531
>皇別の氏族に重用され姻戚を結ぶと皇別に入る場合もある

で、「難波吉士(忌寸)」氏はそれに当たるのか?

というか、姻戚を結ぶと男子血統がつながらなくても皇別に入るのか?
「場合もある」というのだからその例をどうぞ。

534 :日本@名無史さん:2013/06/03(月) 19:28:22.26
>>533
任那出身者や、百済、加羅、高麗、新羅の帰化人は
殆ど全てが諸蕃未定雑姓、皇別に区分けされてる例が極少数の例外しか無い
難波忌寸は拾われた捨て子という始祖伝承からして、本来は皇別に属さない氏族

始祖伝承には養い子として皇別の氏族に入ったとある

はい、論破。

535 :日本@名無史さん:2013/06/03(月) 20:38:32.98
>>534
>皇別に区分けされてる例が極少数の例外しか無い

その「極少数の例外」によって「皇室の男子血統がないと皇別にはなれない」という原則が崩れる。
ということは、皇別は言われているような血縁集団ではないということだ。

>難波忌寸は拾われた捨て子という始祖伝承からして、本来は皇別に属さない氏族

本来は皇別に属さない氏族がなんで皇別に入れられたのか。
それを説明しない限りダメだね。

>始祖伝承には養い子として皇別の氏族に入ったとある

君はその話を、史実として信じるのか? 大彦命が東北遠征で拾ったというのだから、蝦夷の子か
なにかになってしまうではないか。
それに血のつながらない「養子」でも皇別になれるという新たな問題が生じる。

ところで姻戚による皇別氏族の例はまだ?

536 :日本@名無史さん:2013/06/03(月) 21:07:13.18
>>535
墨坂は大和にある、そんな事も知らないんじゃ話にならないね
お勉強やり直し、妄想を膨らませるのはその後

笠朝臣、井代臣、御立史、幾らでも居るよね
そんな事も知らないんじゃ話にならないね
妄想を膨らませる前にお勉強しないと

537 :日本@名無史さん:2013/06/03(月) 21:19:45.63
帰化人は一定階層以上には出世できなかったし、やっぱ差別あったんだろうな。
まあ半島に進出した倭の子孫とはいえ朝鮮人と混ざったしな。

538 :日本@名無史さん:2013/06/03(月) 21:50:18.39
>>536
>笠朝臣、井代臣、御立史、幾らでも居るよね

何が言いたいのかな?
この人たちが「姻戚による皇別氏族」の例だと言いたいわけ?
はて、新撰姓氏録にはそんなことは書いてないが。

539 :日本@名無史さん:2013/06/03(月) 23:26:53.83
>>538
はい、じゃあ
笠朝臣、井代臣、御立史、各氏族の伝承を書いてみましょう
そして任那出身者、加羅人、百済人、高麗人、新羅族が諸蕃雑姓だという史実も受け容れましょう

540 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/04(火) 01:03:54.93
>>528-533
 渡来系の田辺史氏も、天皇家の子孫に家系偽装したけんのう(笑)。
形質人類学的に北方渡来系の畿内人じゃけぇ、先住民なんかほとんど
おらんよ。後の源氏や平氏なんかもほとんど家系偽装じゃわい。
>>537
東漢氏、西史氏、秦氏らは、騎馬護衛兵じゃに、先住民系の蝦夷や隼人は
奴隷兵や宮門で吼える役割じゃけぇ、渡来家系を名乗っても貴族社会の一員よ。
東漢氏も蘇我家の娘で天皇の妃とも不義密通(今で云う不倫)をしたと記紀に
あるけぇ、実際も畿内王権の天皇家の血も父系なんか解らんよ。
上流階級は不倫社会じゃし、血筋より権威の象徴として担ぐ側の意向じゃし(笑)。
>>539
建前上の伝承じゃの史実じゃ云うたらトンデモで、伝承はあくまで神話類型としての
考察上の概念じゃに、こかぁなこたぁ歴史学、民族学の初歩じゃに、
宗教あるいはカルトの経典主義を、学問の世界に押し付けてもつまらんよ(笑)。

541 :日本@名無史さん:2013/06/04(火) 02:55:28.25
姓氏録なんか平安時代の貴族の政争の賜物でしかない
だいたい根拠になってるのが日本書紀じゃねえか
皇別とかいってるのは大抵欠史八代の天皇にへだたってる。どうにでもなったってことだ
オレの先祖の日置朝臣も大嘘らしいが、別にショックは受けねえな

>>540
「過ちは二度と繰り返さない」広島人は米兵のチンポでも咥えてろや

542 :日本@名無史さん:2013/06/04(火) 04:14:19.05
実は朝鮮人らしいよ

543 :日本@名無史さん:2013/06/04(火) 04:41:06.39
>>1
そう。伽羅は日本の流刑地だった。
スサノヲが流刑されたのが、伽羅のソシモリ(後に新羅領となる)。
そして、島根県の根の国など、豐蘆原が日本列島の西側。
そして、高天原が日本列島の東側だった。
日本国とは、世界で一番太陽に近い場所にある。

544 :日本@名無史さん:2013/06/04(火) 11:46:33.20
>>539
>そして任那出身者、加羅人、百済人、高麗人、新羅族が諸蕃雑姓だという史実も受け容れましょう

そんなのは「諸蕃」という分類名なのだから当たり前のことだ。
問題は「皇別」にも渡来系がいることだ。

天皇家の征服事業に協力した渡来系が皇別、支配が確立した後にやってきた渡来系が諸蕃。
こう考えればなんでもない。

545 :日本@名無史さん:2013/06/04(火) 12:30:52.20
>>544
願望は解ったが妄想を事実と思い込むのは良くないね

全体の1%にも満たない皇別の帰化人は
類まれな幸運により皇別に分類された氏族の恩寵を賜った
ただそれだけ

大王氏族の征服事業とは具体的になんなのか
朝廷、貴族体制が確立するまでの間に無数の戦争を経験してるがどれなのか
しかもたった1%にも届かない極少数とはどういう事か

546 :日本@名無史さん:2013/06/04(火) 12:35:45.47
>>544
誤解をまねきそうなので追加。
天皇家の征服事業に協力した集団が皇別で、そのなかには渡来系を含む。
功績があれば民族・出自を問わない、ということだ。

547 :日本@名無史さん:2013/06/04(火) 15:14:54.93
>>545
「1%にも満たない」の根拠をどうぞ。

548 :日本@名無史さん:2013/06/04(火) 15:53:43.05
>>547
姓氏録記載の皇別氏族は300超、1%を越えると言い張るなら
半島人帰化民を始祖に持つ皇別氏族を4つ挙げましょう
↓はい、どうぞ

549 :日本@名無史さん:2013/06/05(水) 01:53:30.41
騎馬民族征服王朝説=新大久保を見て書いたラノベ

550 :日本@名無史さん:2013/06/05(水) 02:05:48.98
中華への軍監督任命要請ってなんで拒否されたの

551 :日本@名無史さん:2013/06/05(水) 02:07:18.44
日本から朝鮮半島までを支配していた超国家である倭はなんで中国の冊封体制に従ってたの

552 :日本@名無史さん:2013/06/05(水) 08:06:12.47
鉄の補給地

553 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/06(木) 00:46:27.19
>>551
 朝鮮半島〜日本まで征服したんは、形質人類学的にも南ツングース北方渡来系。
>>552
「鉄は国家なり」云う表現もあるけど、その鉄の産地たる加耶を支配したんは、
北方木槨墓人じゃけぇのう。

554 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 01:05:12.71
>>553
あのよ、そのホッポーモッカクボジンてなんて国を建国したの?
なんて歴史書に残ってんの?
シラギの倭系遺物の多さ知ってんの?おっさんw
ウリナラファンタジーは見苦しいよw

555 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 04:51:36.89
>>554
そんで新羅、百済を支配していた倭はなんで中華に見向きもされなかったの?

556 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 04:59:10.26
加那諸国ならともかく新羅百済を侍らず超国家だった、とか夢持ちすぎですね 笑

557 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 06:25:46.44
超国家とが誰が言ってるんだよw
その頃の百済や新羅は精々九州ぐらいの大きさしかないだろ

558 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 06:48:29.03
>>557
嫌味で言ってんだよ
ネトウヨの言い方ってそんな感じじゃん

559 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 10:40:48.52
>>548
>半島人帰化民を始祖に持つ皇別氏族を4つ挙げましょう ↓はい、どうぞ

難波吉士系が「難波忌寸」「吉志」「難波」の三つ。

難波吉士系と同様に大彦命の後と称する「坂合部首」「坂合部」は新撰姓氏禄逸文に
郭姓の漢人の子孫と出ている。

はい、これで五つね。

560 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 11:39:18.54
>>556>>558
新羅百済如きを侍らした程度で超大国にはならないだろ

連呼リアンは流石、半島神聖視するキムチ頭だけはあるな

561 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 12:13:04.85
>筒形銅器ですら、朝鮮半島からじゃに。

最近の発掘結果から半島南部のそれは日本からもたらされた可能性がでてきた。
日本→半島→形が定着。
牛曰く支配者側であったホッポーカクポジンが何一つ支配していた証拠を残さないとか
論じゃなくて妄想って奴だろ
しかも今時そんなコテコテの広島弁を喋る奴なんて殆ど居ないわ

562 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 13:42:57.75
>>561
>最近の発掘結果から半島南部のそれは日本からもたらされた可能性がでてきた。

ソース希望

563 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 14:06:55.26
これか

984:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 08:29:49.69 ID:r+qdG/np
>>972
2013年<桜井・大福遺跡>筒状銅器 県内で初出土
http://web.archive.org/web/20130425213621/http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nara/news/20130422-OYT8T01409.htm
>田中晋作・山口大教授(考古学)は「筒形銅器は韓国で多数見つかり、
>朝鮮半島起源と考えていたが、筒状銅器が大和王権中枢部で見つかったことで、
>筒形銅器も日本列島で作られた可能性が高まった」と話している。

564 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 18:36:49.11
>>560
だな。
大倭国が百済と新羅地方を切り従えていたのは
大中国の史書や職貢図にも書き留められている

565 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 18:38:07.12
>>562
チョンは妄想と願望ばかり
日本人は根拠に基づく実証、雲泥の差だな

566 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 18:48:59.83
テレビで任那日本府特集やらないかなーw

567 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 20:54:17.84
>>560
だから君達がまるで超大国のように誤解してるのを皮肉って超大国って表してるって言ってるじゃない。
てか主題そこじゃないじゃん無視しないでよ

568 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 20:55:13.74
>>564
ソース名も書こうよ

569 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 20:58:17.14
俺もネトウヨって言ってるぶんこんな事言う資格ないかもだけど連呼リアンだとかチョンだとか煽りや侮辱って純粋な議論を邪魔するものでしかないんだからやめた方がいいと思うよ。
相手の主張の間違ってるって思う部分を指摘するだけで十分なんだから。
日本人と韓国人は違うってとこを見せてよ。
俺は東洋史が好きなだけなにわかアメリカ人で議論レベルではないけど

570 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 21:34:22.92
>>568
ちょんと日本語読もうよ在チョン

大倭国が百済と新羅地方を切り従えていたのは
>大中国の史書や職貢図にも書き留められている

571 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 21:35:47.83
>>570
だから史書の名前やどこに記述があるかなんだけど分かりますか?

572 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 21:39:02.43
>>571
職貢図、読めるよな職貢図、職貢図だぞ、解ったな?
職貢図だからな職貢図

573 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 21:49:21.70
たぶん隋書倭国伝の百済、新羅らみな倭国さを以って大国にして云々かんぬんって記述のことを言っていると思いますが、百済僧のストローからしか(高僧も加わりますが)
政治、建築技術を取得できず、隋からほぼ存在を知られていなかった程度の国がそんな存在だとはほとほど思えませんね、私。

574 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 21:52:24.29
>>572
あなたは史書や、って言ったんですよ?日本語できますか?

575 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 22:00:27.90
諸蕃職貢図

斯羅國,本東夷辰韓之小國也。魏時曰新羅,宋時曰斯羅,其實一也。
或屬韓或屬倭,國王不能自通使聘。
無文字,刻木為範,言語待百濟而後通焉

576 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 22:01:29.11
>>573-574
ほらちゃんと読めよ在チョン

577 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 22:03:16.89
>>576
だからそれは分かったんですよ。他にもあるんでしょ?
それについては後から話すので、在チョンとか言わないで他のも教えてください

578 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 22:05:16.42
>>577
何が他にもあるんでしょ?なのか、具体的に書こうか
>>575の史料には>>564の通り新羅が倭国領であったと記録されている

579 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 22:07:16.24
>>573
百済新羅が「その程度の国」より大幅にショボかったんだからだろw
「ネトウヨは倭国が絶対的な超大国だと主張している!」って話ならそりゃ只の藁人形論法さね

580 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 22:13:33.23
>>575斯羅國は東夷辰韓の小国なり
魏の時代は新羅と云われ、宋の時代は斯羅と云われ、
その実際は韓に属し、あるいは倭国王に属し、
自ら使者を派遣する(使聘)ことができない立場であった。
普通二年(梁武帝治世521年)その王は百済に贈り物を
ささげる時に秦姓を名乗り始めました。
その国は城を健年と呼び、習俗は高麗(高句麗)に似て、
文字はなく木を刻んでいた。言葉は百済を通して通じていた。

ということですが。
私は新羅の国家体制が整うまでに影響力があったのは確かだと思っています。
しかし倭国領だとは書かれていません

581 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 22:14:05.44
>>550
倭国王は使持節都督倭新羅任那加羅秦韓慕韓六国諸軍事に任命されてるが

582 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 22:18:09.71
>>580
宗属関係を影響力と意味を捻じ曲げる為に言い換えるのは良くない

私も新羅の国家体制が整った後、倭国が加羅の支配権を失い
古くからの領土であった任那から追放された事は否定しない

583 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 22:18:26.70
>>581讚死、弟珍立、遣使貢獻。
 自稱使持節、都督倭百濟新羅任那秦韓慕韓六國諸軍事、安東大將軍、倭國王。
表求除正、詔除安東將軍、倭國王。珍又求除正倭隋等十三人平西、征虜、冠軍、輔國將軍號、詔並聽。

 讃が死に、弟の珍が立つと、遣使を以て貢献した。
 使持節、都督倭・百済・新羅・任那・秦韓・慕韓六国諸軍事、安東大将軍、倭国王を自称する。
上表して正式な除爵を求め、詔を以て安東将軍、倭国王に叙爵した。
珍はまた倭隋ら十三人に平西、征虜、冠軍、輔国将軍号の正式な除爵を求め、詔を以てすべて聞き届けた。

584 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 22:23:55.05
>>583
二十八年,加使持節、都督倭新羅任那加羅秦韓慕韓六國諸軍事,安東將軍如故。

585 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 22:30:24.24
>>582
宗属関係と言いますが当時の倭は王権の力も安定せず、
各首長層が独自の外交ルートや政策交易をしていたようなものですが、
他国との宗属関係で完全なる上位にたてる文化レベルだとは思っていません。
加那諸国のような国家群とは話が変わってきますからね。
しかし私も当初は上位だったと思っていますよ

586 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 22:39:03.99
まぁ当時の軍事国家かした倭との百済や加那の同盟を宗属関係と言えばそうですが

587 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 22:47:21.31
>>585
願望は解った、現実は>>575や好太王碑の通り

新羅はまとまった国も無く文化は未開で完全な従属関係
百済が倭国と同等の文化水準だったとしても
宗属関係になるのは文化の優劣ではなく国力や軍事力の強弱

倭国は百済や新羅に対して軍事権を保持していたので宗属関係
任那は考古物や史書の記述から解る通り元来倭国領
加羅はその中間、羈縻支配程度だろうね

588 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 22:53:38.58
職貢図の倭国使って・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%B7%E8%B2%A2%E5%9B%B3

589 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 22:55:20.93
なんか飛べなかった。こっちがいいかな。
http://pub.ne.jp/luckfield/?entry_id=2659850

590 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 23:04:10.06
>>587
とすると8世紀の日本が「宝国」だの「金銀彩色多在其国」だの
神の力によって征した国だのと書いたのは過去に現在を投影した結果で
つまり急速に差を詰められており、また日本は圧倒的に優位であった
過去の記憶をすっかり失っていたということになるだろうか

591 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 23:06:15.84
古代エジプトやギリシャ、暑い国の服飾は何所も薄手じゃね
南海諸国の服装も似てる。九州ならそんなもん

592 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 23:08:22.57
>>590
7世紀って新羅が半島の中南部を統一した後だろ?
一端の国じゃん。数世紀経てば元の言語すら忘れるのが人間

593 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 23:34:22.91
>>585
556 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 04:59:10.26
加那諸国ならともかく新羅百済を侍らず超国家だった、とか夢持ちすぎですね 笑

これはおまえだよな?カナという言葉を使ってるが
日本語がおかしいところも共通してる
日本書紀は倭国側の記述としても、広開土王碑にしろ隋書にしろ倭国の半島南部への影響力を記してる

支配層が不安定なのはどこもおなじことだ
それを根拠に影響力を否定することはできない
それからおまえはもう少し勉強しろw論敵に資料の名称なんか聞いててどうすんだw

594 :日本@名無史さん:2013/06/06(木) 23:38:52.21
>>587

>二十八年,加使持節、都督倭新羅任那加羅秦韓慕韓六國諸軍事,安東將軍如故

だからな。当然だわな
ちなみにこのあと倭国は南朝を見限って朝貢をやめる

595 :日本@名無史さん:2013/06/07(金) 00:09:56.76
>>587
百済に対する軍事権の証明は倭王がそう主張したから、てことでしょうか
諸軍事関連の主張からすると百済・新羅・任那・加羅は観念的には平等の
扱いなのだろうか

596 :日本@名無史さん:2013/06/07(金) 00:24:44.77
>>567>>569
お前のような奴によるジサクジエンか、単なるネタだろw
連呼リアンの時点で信用性皆無だからな

連呼リアン=韓国民団と同レベルのクズ、生ゴミ

お前な、韓国民団と同レベルのゴミだから自覚しろよ

597 :日本@名無史さん:2013/06/07(金) 00:32:23.48
>>594
オマエ全然漢文読めずに真逆の意味に解釈してるか
もしくは現実を受け容れられずワザと誤読してるか
どっちなんだろうな、どっちにしても惨めだがw
>>595
意味不明だな
倭王が倭新羅任那加羅秦韓慕韓の6国の軍事を統括する
つまりこの6国は倭王の支配下にあると南朝が認めたという事

598 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/07(金) 00:38:36.17
>>563
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1366978781/
972 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/03(月) 23:47:32.24 ID:QrivwxC4
http://toyoreki.way-nifty.com/blog/2012/04/45-ed8f.html
「筒形銅器の用途が、時期、地域によって変化する日本列島に対して
朝鮮半島ではその用途が終始一貫していることになります。」
 「筒形銅器の本来の姿が朝鮮半島に求められることを示しています。」
 日本の捏造体質のトンデモ起源論ゆえ、東アジア全体の出土状況から年代
を想定する文化相対主義すら欠けとるんがあんたの挙げた学者ら日本の
学界のレベルじゃけぇ、程度が低いよのう(笑)。
トンデモ妄想勝利宣言する反日中華カルトわぉ〜君は、>>460-462及び>>463
でも、神道を神聖化するカルト君じゃわい(笑)。
神道なんか教義哲学なんか無ぁし、地域の習慣で違うんじゃに、朱子学化した
神道こそ日本じゃの妄想で、日本を中華思想に染めたいだけじゃろうに(笑)。
ほんまわぉ〜君が如き、儒教原理主義朱子学教徒は、>>348-349及び>>
380-426のキリスト教原理主義者と似とるのう。
田中氏のトンデモなんは、「奈良盆地東南部エリアで出土した」ゆえ、
「筒形銅器も日本列島で作られた可能性が高まった」と、具体性も無ぁ
連呼の遠吼えじゃなぁか(笑)。
>>481の「筒形銅器の用途が、時期、地域によって変化する日本列島に対して
朝鮮半島ではその用途が終始一貫していることになります。」
 「筒形銅器の本来の姿が朝鮮半島に求められることを示しています。」が
如く用途の説明考察も無ぁ程度じゃけぇ田中氏は幼稚なのう(笑)。
この程度が捏造体質のお役人学者の水準じゃけぇ程度が低いよ。
しかも前提が「大和朝廷」じゃの記紀の時代の概念で話にならんわ。
 ほいから東日本人ですら、北方渡来系主流で縄文系は少数派じゃ。
先住民の縄文系自体少数派なんは世界においても先住民が少数派に転落する
先住民の蝦夷も隼人も支配層から見たら異民族じゃに。
歴史的現実に目を閉じるカルト原理主義者じゃし、世界的北方民族南下
征服異動期は古墳時代じゃけぇ、中華カルトわぉ〜君のトンデモ妄想は
通用せんよ(笑)。

599 :日本@名無史さん:2013/06/07(金) 00:46:14.29
>>598
具体的な征服王朝説が書けないホッポーカクポジンカルト出たーw

>筒形銅器の用途が、時期、地域によって変化する日本列島に対して
>朝鮮半島ではその用途が終始一貫していることになります

日本で作られたから様々な用途がある=進歩しない半島

600 :日本@名無史さん:2013/06/07(金) 00:59:37.89
>>598
>筒形銅器ですら、朝鮮半島からじゃに。

↑これのソースが>>972たあ笑わせてくれるけぇw
牛の妄想じゃにw

959 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2013/06/03(月) 08:13:58.12 ID:tkrS1wvJ
>筒形銅器ですら、朝鮮半島からじゃに。

ソースよろ

601 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/07(金) 01:12:06.76
>>578
 そもそも近代国家概念を古代に投影するトンデモ自体、あんたが歴史学じゃのうて
政治思想カルト概念連呼しよることがバレとろうに(笑)。しかも三国史記の
新羅の倭王じゃの、実際は辰韓時代で新羅なんか存在せんわ。
新羅は北方積石木槨墓人が支配した4世紀頃から始まるわけじゃに(笑)。
>>581-583及び>>584-593及び>>594-595及び>>597
 加耶、倭を支配した北方木槨墓人のことじゃに(笑)。じゃが南朝からは、
「第三品上の鎮東大将軍」を百済がもらうた時期、倭の加耶支配層は、
百済よりも下位の「第三品下の安東大将軍」の官品しかもらえんかったよ。
高句麗は「第二品の車騎大将軍」じゃけぇ、
高句麗>>百済>倭・加耶になるわいや(笑)。
>>586-587
 軍事国家化じゃの異民族が支配する以外ありえんことじゃに。
弥生期の列島の倭なんか、生口(奴隷)を漢に献上しとった軟弱な村落じゃに。
北方民族が百済、新羅、加耶・倭を支配して軍事的性格になっただけじゃ。
>>588
南朝の職貢図は、魏志時代の弁辰の長髪の習俗で新羅の現実じゃ無ぁし、
倭も同様じゃわいや。埴輪の北方民族たる胡服、筒袖の時代じゃに。
>>590
 8世紀も日本より新羅の方が上じゃに。船舶航海技術でものう。

602 :日本@名無史さん:2013/06/07(金) 01:22:01.24
ホッポーカクポジンの事じゃに(キリッ

証拠なし

私が証拠よ!の慰安婦さんと同レベルの妄想である

603 :日本@名無史さん:2013/06/07(金) 01:31:47.96
広島民でも今時そんなコテコテな言葉は使わん

2005 百済武寧王陵から出土した王と王妃の木棺も、日本列島だけに自生する金松判明
http://www.yonhapnews.co.kr/news/20050615/030000000020050615092849K8.html
2011【属国】「新羅は倭の属国」との記述が韓国の古代史研究の第1級資料から見つかる
http://same.ula.cc/test/r.so/kamome.2ch.net/news4plus/1314271878/
2012【韓国】5世紀の墓発掘、日本スタイルが見えて…学界の意見入り乱れ[11/27]
http://same.ula.cc/test/r.so/awabi.2ch.net/news4plus/1353955426/
2012 金海大成洞古墳群88号墳は4世紀第3四半期築造とみられ、巴形銅器2点、銅鏃など倭系の遺物が出土した。
http://blog.goo.ne.jp/thetaoh/e/1ec5e4fc0ea8cace0762e3ed37660a1c
2012 金海市・良洞里遺跡 4世紀の円筒形鉄器(儀器)が出土
http://blog.goo.ne.jp/thetaoh/e/25ca46f432169b78ac5ef20e96b4391a
2013 釜山広域市加徳島新港予定地から、新石器前期代の人骨14体と黒曜石の矢尻が出土
http://blog.goo.ne.jp/thetaoh/e/42300e21798b9b3c59df0af3c9e8d822
2013 康津・永波里古墳 韓国で14番目の前方後円墳が見つかる
http://blog.goo.ne.jp/thetaoh/c/3c03c96f1d79bd51a77313bf67b81ba1

2〜3世紀の筒状銅器 - 県内初、大福遺跡で
http://web.archive.org/web/20130425213621/http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nara/news/20130422-OYT8T01409.htm

604 :日本@名無史さん:2013/06/07(金) 02:01:01.40
http://livedoor.blogimg.jp/netouyonews/imgs/9/8/9839c274-s.jpg

クソ牛、見て見ぬふりはやめろよw

605 :日本@名無史さん:2013/06/07(金) 06:31:52.95
バカ牛が居るから人が集まりスレが伸びていると思うと

過疎化対策への役には一応立ってるな

606 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/08(土) 00:01:50.94
>>602
 まあ、日本ガラパゴスの「証拠が無い」じゃの世界にゃ通用せんし、当然学問の
世界でも通用せんよ。日本は世界中に恥を晒すのう。
http://ime.nu/fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/abe07.htm
http://ime.nu/fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/abe10.htm
ほんま、「靖国カルト」は、公文書を経典と勘違いするカルト解釈しか出来んらしい。
「事実を裏付ける証拠は無い」と断言した安倍晋三は、この言葉で十分に説明を
果たしたと思っただろうが、政治家としての彼の経験と頭脳程度では、役人に
教えられた発想しか出来ないために、事実や証拠を物質的なものに限定して、公文書だけが
証拠だと考えたに違いないと思う。公文書を 抹殺すれば証拠が無いので、責任の追及から
逃れられるというのが、役人の 特徴的な発想だからである。 昔から落城のときに証拠になる
文書を燃やし、領主に責任追及が及ばなく するという仕事が、家老に与えられた最大の責務だった。
また、現在でもライブドアー事件の時の手入れ直前において、シュレッダーで書類を徹夜で
破壊したことは、活字になって衆知の事実として知られている。
書類を保存して資料として残すよりは、証拠を隠滅して責任追及を逃れることが、
役人や政治家にとって優先事項であり、職員が総出になって書類を燃やす伝統が日本にはある 」
「政治家は日本でも韓国でも不道徳な者が多いし、汚職が絶えないことは
よく知られているが、この粗雑な意見広告に名前を出しているのは、
靖国カルトに属す国会議員と彼らに追従して恥じない、政府ご用達の
文化人たちの代表なのだ。」
「世界の側から見て日本政府がおかしいのは、慰安婦問題を公文書のレベル
だけで捉えて、官庁の資料が存在しないことを根拠に、犯罪行為が無かった
と誰弁を使う手口や、責任逃れをする姿勢が卑劣だからだ。
公文書以外の私文書も法的にみて証拠になるし、新聞や雑誌の記事というハードでなくても、
体験者の記憶や物語としての伝聞を含め、エクリチュールと呼ばれる表現自体が、ある出来事や
事件についての証言として、証拠力を持つ情報として認められている。」

607 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/08(土) 00:22:43.04
>>602
世界中の人たちが日本軍による慰安婦強制連行は、日本の国家犯罪じゃと
解ってとるのに、日本ガラパゴスの隠蔽してもつまらんし、加害者である
日本国家の証拠が無ぁじゃの盗人詐欺師の犯人が証拠が無ぁ云うとる幼稚な
言い訳が世界に通用するわけあるまあに(笑)。
日本軍の元兵士からの証言もあるけぇバレるんよ。
まあ、ネット右翼は最前線で血みどろで闘われた将兵の証言たぁ、
最前線から逃げて戦後国粋主義を煽った臆病者の代弁ばっかししよるけぇ、
そもそも愛国心なんか無うて権力者奴隷じゃろうに(笑)。
>>603
最近の若いもんは広島弁すらしゃべれんよ。日本のガラパゴス年代じゃの、
戦時中の大本営発表が如く、日本軍が散々負けよっても、敵軍を壊滅じゃの
撃沈じゃの大嘘と一緒じゃに(笑)。ほんまネット右翼らは、儒教原理主義
朱子学教徒で攘夷決行によって日本を滅ぼしたい反日連中よのう(笑)。
倭系が列島じゃの日本ガラパゴス妄言に過ぎんのに(笑)。

608 :日本@名無史さん:2013/06/08(土) 01:04:57.33
>>606
反論出来ずに自分語りwww
反日キムチ思想丸出しのクセに愛国者面するなよ

ネット右翼って何w韓国民団と同レベルだぞお前
生きていて恥ずかしくないの?民団と同レベルだなんてw

学問でも世界でも2ちゃんでさえも通用してないのはホッポーカクポジンなんたら説の方だろwww

609 :日本@名無史さん:2013/06/08(土) 01:14:46.68
607 名前:白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/08(土) 00:22:43.04
>世界中の人たちが日本軍による慰安婦強制連行は、日本の国家犯罪じゃと
>解ってとるのに、日本ガラパゴスの隠蔽してもつまらんし

解ってとるんですか
そういうのが工作の結果だっていってんだよハゲ。白々しいわw
古代史の話しないなら帰れよジジイ

610 :日本@名無史さん:2013/06/08(土) 01:25:08.36
南韓北鮮以外の国で慰安所チョン売春婦の強制連行を事実認定した国は無いしねえ

611 :日本@名無史さん:2013/06/08(土) 14:09:08.01
>>607
朝鮮戦争時の従軍慰安婦は国家犯罪でもなんでもないの?
アホ丸出しだろコイツ
さっさと死ねよボケ!!!!!

612 :日本@名無史さん:2013/06/08(土) 14:43:31.50
>>607
国家犯罪と解ってるワロタw
息を吐くように嘘をつくw
ホッポーカクポジンといい反日カルト牛はレベルが低いな

牛はチョン丸出しだなw完全に朝鮮人と同レベル

613 :日本@名無史さん:2013/06/08(土) 14:49:56.74
WWより裕福な現代でも、売春させろデモをするくらい朝鮮人は売春に積極的だからなw慰安婦の自主性が容易に推測出来る

2013年3月8日衆議院予算委員会 質疑
http://www.youtube.com/watch?v=Gucs-6lHtkc
48分辺りの発言「朝鮮半島の議員、役人、警察は8割が朝鮮人」

韓国 売春婦達の売春させろデモ
http://www.youtube.com/watch?v=YNofMxrQ--I

【海外】国外で売春をする韓国人女性10万人以上、日本同様に米国でも社会問題に…悪質「日本人とやれる」を売りに韓国人女性登場
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1351329064/

614 :日本@名無史さん:2013/06/08(土) 19:15:04.81
加那に慰安婦関係ないんですがそれは…

615 :日本@名無史さん:2013/06/08(土) 21:27:20.57
>>559
帰化民を始祖に持つ皇別氏族を4つ挙げよ、という>>559のご要望に対して、一つおまけで
「難波忌寸」「吉志」「難波」「坂合部首」「坂合部」の5つを挙げたら>>559は黙り込んで
しまったが、ついでにもうひとつ見つけた。

新撰姓氏録・皇別で「三宅人」氏は「大彦命男波多武日子命之後也」となっている。これを:
「難波」氏の「難波忌寸同祖、大彦命孫波多武彦命之後也」と較べるならば、両氏が全く
同祖であることがわかる。
難波氏を渡来系とするならば三宅人氏もまた渡来系と見なければならない。

「三宅人」氏にはもうひとつ伝説があって、「播磨国風土記」には「三宅人」氏が
神前郡川辺里に山城の「きむれ」城を築いた百済人の子孫であると記されている。
神前郡川辺里に三宅人氏があったことは藤原京出土の木簡で証明されている。

いずれにしても「三宅人」氏が渡来系であることはまず動かないところだろう。
こう見て来ると、逆におおもとの大彦命そのものが渡来系がかって来るのである。

事実、稲荷山古墳の鉄剣に書かれている上祖の「意富比垝」は「大彦命」と同一人と
見なされているが、その子孫である被葬者の乎獲居臣は難波吉士系の壬生吉士氏
だとする説が有力である。

616 :日本@名無史さん:2013/06/08(土) 23:22:30.67
>逆におおもとの大彦命そのものが渡来系がかって来るのである
大彦自身が渡来系ってこと?
単に家系の仮冒ってことなんじゃないの?
摂家の家人を祖にもつ武士が摂家の子孫を仮冒した例とかあるし、
そんなとこなんじゃないの?

617 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/09(日) 00:19:39.76
>>608
ほいじゃ、あんたぁネット右翼の煽動先でもあるTI教会と同レベルなんか?
>>609-610及び>>612
 国連から勧告されとるのに、日本の国家犯罪を隠蔽してもつまらんよ。
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-1415.html
 慰安婦問題、国連委が勧告 「日本の政治家が事実否定」
勧告は、慰安婦問題について「国会議員を含む政治家や地方政府高官によって、
事実を否定する発言が続いている」と批判。日本政府がただちにとるべき対応として
「当局者や公的人物による事実の否定や、それによって被害者を再び傷つける行為に
反論すること」をあげた。
勧告対象は、代用監獄問題など多項目にわたった。慰安婦問題では、元慰安婦に
対する公的な補償や救済措置がなく、関係者の訴追が行われていないことに懸念も表明。
さらに、日本政府に対し、全ての歴史の教科書に慰安婦問題を含めるよう求めた。
 国連委、慰安婦中傷の阻止勧告 日本政府に要求
パリ共同】国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会(ジュネーブ)は31日、
対日審査に関する勧告を発表し、従軍慰安婦は必要だったとの日本維新の会共同代表、
橋下徹大阪市長の発言を念頭に「政府や公人による事実の否定、元慰安婦を傷つけ
ようとする試みに反論するよう」日本政府に求めた。
拷問禁止委員会は慰安婦問題に関して国に対し、道義的責任ではなく法的責任を
認めるよう、そして慰安婦制度の当時の関係者(例えば中曽根元総理も含まれるかも・・)
を処罰するよう勧告しました。
 日本が国連の勧告を無視することは恒例ですから、今回もそうするのでしょう。ほんとに
国際社会から孤立したくて仕方がないのですね。

618 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/09(日) 00:39:02.80
>>609-610及び>>612
>>617の続き。日本の司法すらガラパゴスで中世の宗教カルト国家であり、
本質的に反近代なんが現状じゃけんのう。
 日本の刑事司法は『中世』か
各委員から、取調べに弁護人の立会がないのはなぜか、と質問され、日本政府が、
取調べの妨げになるからなどと答えたり、取調べ時間が制限されていないという
指摘にも、誠意をもった回答をせず…というように、日本政府が不誠実な官僚答弁に
終始していたから、委員たちはいらだっていた。
Domah委員の「弁護人に取調べの立会がない。そのような制度だと真実でないことを真実にして、
公的記録に残るのではないか。弁護人の立会が(取調べに)干渉するというのは説得力がない…
司法制度の透明性の問題。ここで誤った自白等が行われるのではないか。…有罪判決と無罪判決の
比率が10対1(㊟100対1の間違い)になっている。自白に頼りすぎではないか。これは中世の名残である。
こういった制度から離れていくべきである。日本の刑事手続を国際水準に合わせる必要がある。」と、
ズバリとメスを入れたコメントになったのだと思う。
 最後に日本政府を代表して、日本語で挨拶した上田人権人道大使だった。
「先ほど、『中世だ』という発言があったが、日本は世界一の人権先進国だ」と開き直った。
びっくりしたが、大使はあわてて、「人権先進国の一つだ」と言い直した。
これに対する会場の、声を押し殺して苦笑する雰囲気を見て感じたのか、なんと、大使は、
「笑うな。シャラップ!」と叫んだ。会場全体がびっくりして、シーンとなった。
日本の傲慢さを目の当たりにした印象だ。アフリカの委員にまで言われたくない、という
思いがあったのだろうか。戦前、このジュネーブの国際連盟で日本が脱退した時も、
こんなだったのではないかと、思わず連想してしまった。

 まあ、これが宗主国様の米国ならひたすら諂う処をアフリカの委員ゆえ「黙れ!」
たぁ傲慢よのう(笑)。兎も角日本の上層部は強い者に媚諂い、相手が格下と
思い込むと傲慢にふるまい威張りまくる単細胞じゃけぇ解りやすいよ(笑)。
その体質に共感しとるんがあんたらネット右翼の中世カルトのガラパゴスで
あり、日本の学界のお役人体質も似たようなもんじゃ。

619 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/09(日) 00:53:18.19
>>609-610及び>>612
大阪の代表も米国宗主国様には、どうかお許しくださいのアピールばっかしで
卑屈な朝貢奴隷根性はお隣の半島以上じゃけぇ、風が悪い(恥ずかしい)わいのう。
まあ、ネット右翼が世界中の干渉が気に入らんのなら、戦前と同様「さらば国連よ」
で、米中韓相手に、ガラパゴス攘夷決行したいんかね?
じゃが日本の上層部は徳川慶喜さんキャラゆえ、部下を見殺しにする体質なんか
終戦時の旧上層軍人のように明らかじゃけぇのう(笑)。まあ、朱子学攘夷決行で
気分がスッキリすることでネット右翼らは満足するんかも知れんのう(笑)。

620 :日本@名無史さん:2013/06/09(日) 00:55:37.99
>>615
無知蒙昧が頑張っても半島人帰化民を始祖に持つ皇別氏族は今の所
「難波忌寸」「吉志」「難波」の3つしか見つけられて無いようだね
勝手に定義を変えたり、妄言でしかない無根拠の解釈を垂れ流しては駄目だよ

元々の皇別氏族に眷属として組み込まれた他氏族は幾つもあり
一方、両氏が全く同祖であった場合「何々同祖」と書かれている
三宅人を根拠も無く勝手に半島系渡来人認定しては駄目だよ

皇別氏族は三百超、半島人帰化民系は3つで1%にも満たない
はい、残念賞。

621 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/09(日) 01:00:21.86
>>611
 五十歩百歩にも牛の段々(程度の違い)があるけんのう(笑)。
他のどこの国でも日本ほど露骨に大量の慰安婦を最前線に引っ張って
「戦死」させた国は無ぁよ。

622 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/09(日) 01:03:59.02
>>620
 その皇別すら、ほとんど北方渡来系じゃけぇ残念じゃのう(笑)。
渡来、帰化なら形質人類学的に7割以上じゃけぇ、本土日本人の主流多数派よ
のう。

623 :日本@名無史さん:2013/06/09(日) 07:55:56.36
畿内人の先祖が中国江南地方から「渡来」するにあたって、
朝鮮半島南端は当然、経由地だったろう。
ダンケルク大撤退よろしく整然と渡海したわけないから、
倭人が伽耶地域に「吹きだまって」、居留地区作っても不思議はない。

それがのちのちまで残って和人町化したのを
「日本府」とか仰々しく呼んだだけちゃうかなあ。

624 :日本@名無史さん:2013/06/09(日) 13:13:23.84
>>620
最初は難波忌寸氏が渡来系であることを否定していたが、今はそれはあきらめて、
せめて難波忌寸系3氏だけで食い止めようと必死になっているようだな。

三宅人氏については、播磨風土記がこれを渡来系と見なしていることをどうする?

また坂合部首氏については反論していないが、納得したのかな?
ついでだから、ソースを示しておこう。坂上系図に引用された「姓氏録逸文・阿智王条」に
次のようにある。

「姓氏録第二十三巻に曰はく、阿智王、誉田天皇(応神)の御世に、本国の乱を避けて、
母、並に妻子、母の弟、千興徳、七姓の漢人等を率て帰化り。七姓とは第一を段といふ。
是高向村主、高向史、高向調使、評首、民使主首等の祖なり。次を李姓といふ。是、刑部史
の祖なり。次をp郭姓といふ。是、坂合部首、佐太首等の祖なり。(以下4姓略)

「是、坂合部首、佐太首等の祖なり」だよ。

625 :日本@名無史さん:2013/06/09(日) 16:14:24.27
>>617
国連de真実w

いつから国連は真実のみを語る集団になったんだ
シナキムチ扇動国連()が文句言ってきたら事実w
事実の意味知らんのかゴミ牛
それでよく学問語れるなお前
だから歴史観崩壊、捏造史観丸出しなんだよ

朝鮮系統一協会と同レベルってアホかw
朝鮮キチガイを崇めてさえないわ

韓国民団と同レベル=連呼リアン=ゴミ牛

キムチと結婚しよう、韓流韓流ともとはやしている連呼リアン=統一協会と同レベルwww

【在日】民団新聞記者ら「在特会ら嫌韓ネトウヨは社会的弱者、日本の保守右派・革新左派は批判し孤立させよ」★10[03/27]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1364479880/
【社会】 「ネット右翼、それもネトウヨと蔑むにふさわしい醜悪な集団がネットから街頭に進出し悪乗りしてる」…民団新聞記者座談会★5
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1364472246/
【韓国】統一教会創始者ムン・ソンミョン(文鮮明)氏が危篤[08/15]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1345032851/
【慰安婦問題】慰安婦謝罪「日本女性1200人」の正体 統一協会メンバー説も出る[08/15]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1345050961/

626 :日本@名無史さん:2013/06/09(日) 16:20:51.64
これが見えないゴミ牛wwww
ホッポーカクポジン妄想より>>613の方が遥かに真実味があるなw
何せ「  売春させろデモ  」をするくらいだし

2013年3月8日衆議院予算委員会 質疑
http://www.youtube.com/watch?v=Gucs-6lHtkc
48分辺りの発言「朝鮮半島の議員、役人、警察は8割が朝鮮人」

韓国 売春婦達の売春させろデモ
http://www.youtube.com/watch?v=YNofMxrQ--I

【海外】国外で売春をする韓国人女性10万人以上、日本同様に米国でも社会問題に…悪質「日本人とやれる」を売りに韓国人女性登場
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1351329064/

売春婦自体は悪質性はないが
反日キムチ売春婦は日本に来ないで欲しいわ

627 :日本@名無史さん:2013/06/09(日) 16:48:12.93
>>623
中国江南から齎された稲作は日本の方が半島より早く
半島の稲作開始は任那地方が最も早いが
その開始時期は弥生土器が半島式土器に置き換わる時代と同期している
つまり、縄文人の子孫である弥生人の進出によって
半島南部に倭人居住地域が作られ稲作が伝わった

>>624
はいじゃあ、何処で難波忌寸氏が「半島系帰化氏族」であることを否定したか
具体的にアンカーを付け文章を書き出してみようか

播磨国風土記にそんな記述は存在しない。
功績があった百済人の孫である三家人夜代が居るとあるだけで
屯倉は全国に置かれたし三家人も全国に数多いた

>>548に反論出来無いからといって勝手に定義(半島系帰化民)を
都合よく帰化氏族全般へと改竄しちゃ駄目だよ
坂合部首の始祖は何処から来ましたか?さあ、答えてみよう

628 :日本@名無史さん:2013/06/09(日) 17:01:48.90
>>624
そもそも、そちらの持ち出した新撰姓氏録にある三宅人は摂津
播磨国風土記の百済人子孫の三家人は播磨

629 :日本@名無史さん:2013/06/09(日) 20:00:28.43
>>617
ネット右翼の扇動先が統一教会w
また息を吐くように嘘をつくなバカ牛は

キムチ合同結婚やら矛盾丸出しの事やってんのに同レベルってw
統一教会と同レベルなのは「保守日本人なりすまし工作」の連中や朝鮮人派の奴らだ
バカ牛って言い訳できないレベルでキムチ脳、キムチ側の思想だよなw

630 :日本@名無史さん:2013/06/09(日) 20:16:41.47
>>627
>はいじゃあ、何処で難波忌寸氏が「半島系帰化氏族」であることを否定したか

この問題についての君のいちばん最初の書き込みはこれだ。
>>529
>見た事も無いのに嘘出鱈目垂れ流さないように
>加羅、百済、高麗、属国新羅の亡命帰化人は諸蕃や未定雑姓の括り

これは皇別には「亡命帰化人」はいない、という意味ではないか。
君はこの時点では難波忌寸氏を含めて皇別の帰化氏族の存在を否定しているのだ。
出自国を挙げた中に「漢」が落ちているからと言って、全体の意味は変わらない。

>都合よく帰化氏族全般へと改竄しちゃ駄目だよ

「半島系」などと言うのは君が途中から勝手につけ加えたものだ。
私は最初から「外来(=渡来系)」と言っている。
だいたい、皇別のなかにいるはずのない渡来系氏族がいる、というのが話の発端なのだから
渡来系から漢など非半島系を除外するのは全く意味がない。

>坂合部首の始祖は何処から来ましたか?さあ、答えてみよう

なるほど、皇別の坂合部首氏が漢系渡来人であることは認めたわけか。
難波忌寸系とあわせて五つだな。三つだけではないこいとがわかったろう。

三宅人氏については君の言う事も一理ある。これはさしあたり保留するよ。

631 :日本@名無史さん:2013/06/09(日) 21:00:21.03
弥生人の西日本渡来ルートは、山東半島から東へ渡海、
朝鮮半島南端から南へ渡海の二つが主たるものだろう。

朝鮮経由の弥生人が、半島南端に残っていても、不思議ではないなあ。

巨大な出島みたいなものではない/日本府

632 :日本@名無史さん:2013/06/09(日) 21:07:30.48
http://blog-imgs-50.fc2.com/a/i/o/aioi/goetu01.jpg
http://blog-imgs-50.fc2.com/a/i/o/aioi/goetu02.jpg
http://blog-imgs-37-origin.fc2.com/g/a/i/gaikoanzenhosyo/20091225194905fdf.jpg
http://img5.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/0a/2d/kawakatu_1205/folder/1128562/img_1128562_53583711_0?1302003657

633 :日本@名無史さん:2013/06/09(日) 21:38:40.82
>>630
そう、その通り「加羅、百済、高麗、新羅」としか書かず
漢を入れていない、オマエと違い想いつきを垂れ流して無いからね
この現実は重い。

次に、事の発端となったオマエの妄言を確認してみよう>>528
明らかに半島人を想定して妄想を膨らませ、それを受けたのが>>529>>534>>539

で、その半島系帰化氏族は皇別の1%にも満たず
3氏族しか見つからないのでオマエは勝手に定義を変えて
最初の願望>>528と何の関係も無い漢人による水増しを謀った

はい、論破。

634 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/10(月) 01:35:32.85
>>623
 畿内に江南からの渡来系じゃのおらんよ。しかも江南から直接渡来は
上代じゃ不可能じゃし、江南語の訛りの影響は沖縄しかなぁけんのう。
北方渡来系と縄文系と同様古モンゴロイドの影響が強い江南じゃ人種が違う。
>>625
国連は韓国にも勧告しとるんじゃに、ご都合主義で国連の人権部門を
貶してもつまらんわ(笑)。しかも拉致に関わった憲兵は無視の日本答弁
じゃ、世界中から笑われるわ。
>>629
韓国系の原理主義統一教会も日本の靖国カルト団体「日本会議」に所属しとるじゃないか。
あんたらの原理主義が生長の家か霊友会か知らんが、「日本会議」で
上層部は仲良しじゃし、「日本会議」の顧問じゃった瀬島龍三氏については、
どう思うとるん。ソ連に日本将兵を売り、ソ連のスパイじゃったこたぁ、
どなるんか?毎度「息を吐くように嘘をつく」んは、ネット右翼の習性じゃ
ないか(笑)。
>>633
漢からの渡来なんかほとんどおらんよ。呉は高句麗。漢は、鮮卑、百済、
加耶。秦も、新羅、加耶じゃし。

635 :日本@名無史さん:2013/06/10(月) 06:04:19.89
日本に限らず、古代の生産水準から考えたら
故国を捨てて新天地を目指すってのは
それこそ命がけだったろう。

山東半島または朝鮮半島を経由して
西日本に渡来した倭人って、
半島や大陸で相当迫害されてなかったかなあ。
だいたい「倭人」つうのも侮辱語だし。

また山東半島も当時の朝鮮も、それだけ住みにくい環境
だったのかも知れない。
朝廷成立後もかなりの渡来人、帰化人が故国と家族を捨てて
日本に定住している。
日本がそれほど魅力的だったのだろうか。

636 :日本@名無史さん:2013/06/10(月) 08:20:21.20
元いた場所を追い出されたんだろうな
紛争や勢力争いで敗れたり

637 :日本@名無史さん:2013/06/10(月) 08:23:56.77
負けた相手を根絶やしにするって発想は、元々中国のものだからな。
向こうで負けて、逃げまわって日本にたどり着いたのもいるだろうな。

638 :日本@名無史さん:2013/06/10(月) 09:27:40.80
>>633 :日本@名無史さん:2013/06/09(日) 21:38:40.82
>「加羅、百済、高麗、新羅」としか書かず漢を入れていない

かわいそうに、漢にしがみつくしかないんだろうな。
私も>>630ではお前につられてつい「漢など非半島系」と書いてしまったが、
考えて見れば「漢」というのは楽浪郡の流れなどの半島在住漢人か、さもなければ
漢人を自称する半島人が大部分だ。

かんじんの阿智氏にしてからが、後に東漢氏となって「漢」を「あや」と読ませたのは
「安耶」すなわち安羅から来たからだという説が一般的。それならば家来のp郭姓(坂
合部首氏の祖)だってそうだろう。

かくして坂合部首もお前の言う「半島系」となり、「半島系」だけで5つになる。
残念だったね。

当初の0(お前の主張)が3になり、5になったということは、あといくつになるか
わからないということだ。要するに「皇別」というのはそういう性質のものなのだ。

639 :日本@名無史さん:2013/06/10(月) 13:31:53.09
>>638
さもなければ〜以下の根拠が何も無い、また願望を事実かの如く嘘をつく、問題外。

阿智氏は諸蕃、それならば〜以下の根拠が何も無い、また願望を事実かの如く嘘をつく、論外。

坂合部首は漢人の出で、阿智使主は百済人、半島系皇別は未だ3つしか挙げられない、それが現実

640 :日本@名無史さん:2013/06/10(月) 14:22:29.41
>>634
ホッポーカクポジン説 ←息を吐くように嘘をつくバカ牛@

年代歴史観めちゃくちゃなバカ牛 ←息を吐くように嘘をついてるバカ牛A

慰安婦ガー ←息を吐くように嘘をつくバカ牛B

バカ牛うそだらけだなw

国連ガーじゃないからw証拠だせよバカ牛w
いつから国連は全知真実の機関になったんだバカ牛

証拠があるなら裁判やって勝てよ何で勝てないんだよバカ牛www

お前みんなから笑われてる事に気付けよ

敗走したらモーモー泣いて証拠も出せず妄想垂れ流し
しかもその妄想が真実かのように強弁するだけに質が悪いw

641 :日本@名無史さん:2013/06/10(月) 14:29:51.73
>>634
利敵工作も解らない、或は知っていながらスルーするバカ牛w

オマエのようなキムチ脳バカ牛が保守叩きに利用する為にあるんだろ統一はw

統一協会7000人問題が証明、朝鮮キムチ人がトップな時点で同レベルにさえならんわアホがwwww

統一が利敵工作カルトじゃないなら、7000人問題やキムチ人教祖を崇めさせんわバカ牛がw

矛盾丸出しの利敵カルトw


それを利用するキムチ民族思想丸出しのバカ牛タイフーンw

642 :日本@名無史さん:2013/06/10(月) 18:29:30.57
やはり朝鮮半島の後継者は日本が相応しいな


在日朝鮮人や半島の朝鮮人を追い出し、朝鮮半島を後継者の日本に明け渡させる工作をするべきだわ

643 :日本@名無史さん:2013/06/10(月) 20:24:07.93
>>639
>坂合部首は漢人の出で、阿智使主は百済人、半島系皇別は未だ3つしか挙げられない

新撰姓氏録における皇別氏族のなかに渡来系氏族はいるか?
という問題において、いわゆる「漢人」についてはこれを「渡来系」から除外するべき
理由を述べよ。

(ひょっとして天皇家が漢人なのかな?)

644 :日本@名無史さん:2013/06/10(月) 20:46:56.84
>>639
阿智王(使主)とその周辺については次のページがもっとも詳しい。
http://www17.ocn.ne.jp/~kanada/1234-7-19.html

要するに阿智王は楽浪郡から百済に流れてきて住み着いた漢人らしい。
そこで問題。上記の通りであれば阿智王は漢人か? それとも百済人か?

645 :日本@名無史さん:2013/06/10(月) 22:29:09.06
>>643
定義をすり替えちゃ駄目だよ。
>>529>>534>>539では「加羅、百済、高麗、新羅」としか書かず
漢を入れていない。

次に、事の発端となったオマエの妄言を確認してみると>>528
明らかに半島人を想定して妄想を膨らませているにも拘らず
その半島系帰化氏族は皇別の1%にも満たない
3氏族しか見つからず、後付けで漢人による水増しを謀った

>>644
阿智系は諸蕃、はい残念。
しかも、楽浪郡から百済に移住したのではなく、帯方郡に居た漢人で
帯方郡の漢人は城を築いて郷に籠り、東晋末まで存在が確認出来ている
その後も応神天皇当時の高句麗百済の境に居たとある通り、丁度旧の帯方郡に当たる
上記の通りであるから、七姓漢人共々阿智王も漢人

646 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/11(火) 01:30:12.00
>>635
 稲作なら山東経由も妥当じゃが、「倭は燕に属する」ゆえ、遼寧朝鮮の
三上次男氏の云われる「倭は北東アジアの水辺民の総称」が妥当じゃ。
>>638-644及び>>645
漢はアヤに意味があり、秦はハタに意味があり、呉は高句麗の句麗(クリ、クレ)
のことじゃし、阿智の神牛が行く方向を決めるんも内陸アジアの牧畜民に典型の
説話じゃし、東漢氏の新沢千塚古墳の鮮卑要素の強さや、東漢氏や秦氏の
ツングース的ハラ(腹)氏族制からも漢人じゃ無ぁわ(笑)。
>>641
靖国カルト団体の「日本会議」や顧問じゃった瀬島参謀殿の言動は無視か?
統一教会と、生長の家や霊友会のどこが思想的に違うんか具体的に書かにゃ(笑)。

647 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/11(火) 01:34:17.92
>>641
 わしゃ、保守の方じゃが日本妄想ユートピアのあんたらネット右翼は
左翼じゃに(笑)。
http://ktmhp.com/hp/maruo12/7/12
アンドリュー・べースビッチ氏「ほんとうの保守は、歴史に対する悲劇的な感覚を持つ。
歴史の進歩を簡単に信じない。人間は誤りやすい存在で、その誤りをどう防ぐかということを考える。
また、政府は人間の自由を侵す敵だと考える。」
http://agarusagar.way-nifty.com/we_see/2010/06/20100619-4668.html
「保守思想とは18世紀ヨーロッパにおける啓蒙主義に対するアンチテーゼ(否定的な判断や命題)
として生まれたものであり、近代主義者が依拠する理性的合理主義への批判こそが、核心部分を
構成しているのである。
 保守思想の根本は、「理性万能主義への懐疑」である。近代主義者が、人間の理性を過信し
合理的に理想社会を構築することが可能だと考えがちなのに対し、保守は人間の能力に限界を
謙虚に受け止め、その不完全性を直視する。つまり、懐疑主義的な人間観を保守は共有する。
 人間はどうしても「悪」を捨てきることはできない。どの時代の誰もがエゴイズムを抱え込み、
時に軽率を免れない。驕りや嫉妬、妬みなどから完全に自由になることなどできず、人間は
さまざまな問題を抱え続けて生きていく存在だ。
その不完全な人間が構成する社会的は、必然的に不完全な存在であり続け、永遠に理想形態に
たどりつくことはない。これが保守の人間観だ。」

648 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/11(火) 01:41:10.05
>>641
>>647の続き。
http://sei7810.iza.ne.jp/blog/entry/1729302/
『【左派】
要約:「人間の理性によって理想社会を作ることが可能であるという立場」
・国家重視派:共産主義、国家社会主義、設計主義、マルクス主義、社会民主主義、ファシズム・・・
・国家要らない派:アナーキズム(無政府主義)、マルチチュード
【右派】
要約:「人間は不完全。人間の理性によって理想社会を作ることなど不可能であるという立場」
・日本右翼:一君万民、大和心の共有によって理想社会を作る。形而上的な存在に任せてユートピアを
作るという思想。
・保守:歴史の中で蓄積されてきた社会的経験知・良識・伝統のような「人知を超えたもの」を重視。
同時に、「大切なものを守るために時代に応じて変わっていかなければならない」と、
「復古・反動を避け、漸進的改革を志向する」
・自由主義:個人の自由に対する国家の介入を嫌う
で・・・自称保守や真正保守は「保守ではない」と何故言うかと言いますと、
「中央集権体制(全体主義・国家社会主義)という・・・一部の理性集合体である
政府による統制と設計によって国家はあるべきだ」と主張しているからです。
 保守は、人間の「知的不完全性」「道徳的不完全性」を認めています。エリートの
設計主義により理想社会を作るというスタンスを認めていません。だから中央集権を
是認するスタンスは、保守主義者にはありえないのです。
だから私は自民党を保守政党とは認めないし、他の多くの理由も重なるから支持も
しない。」』

 そもそも、日本の擬似保守なんか儒教原理主義朱子学の「復古主義」で保守じゃ
無ぁわ。カルト宗教右翼云う点でネット右翼は左翼じゃ無ぁと主張するんじゃ
ろうが、ネット右翼のレイシズム国家社会主義は社会進化論左翼になるけぇのう(笑)。

649 :日本@名無史さん:2013/06/11(火) 07:32:20.89
感情的にレッテルをはってその枠の中でしか
物を考えないような姿勢はだめだ、老化現象だろう。
ただ事実だけを集めてそこからもっとも合理的な仮説をたてる。
ただそれだけでいい。

650 :日本@名無史さん:2013/06/11(火) 08:47:15.55
>>645
>定義をすり替えちゃ駄目だよ。

渡来系の定義は「半島系」なのか?
勝手に問題をすり替えているのはお前だ。私ははじめから「外来(=渡来系)」としか
言っていない。外来とは文字通り、日本土着ではないということだ。
私が提起した問題だから私の定義にしたがえばよいのだ。

伽耶系3+漢人系2=5  これが現在までにわかった「皇別渡来系氏族」の総数だ。

>>645
楽浪郡であれ帯方郡であれ、半島内にあるのは同じだ。両郡の滅亡後にそこに
住んでいる漢人はもはや半島人だ。
それを除外するなら高句麗も百済も除外しなければならない。
高句麗も百済も満洲から来たのだからね。

651 :日本@名無史さん:2013/06/11(火) 12:39:23.65
>>650
おいおい、自分の妄言を思い出してみろ>>529、加羅系とはっきり書いている
自分の妄想と合わせる為に半島南部に絞ったのは誰の目にも明々白々
しかも、新支配者などと無謀な妄言を吐いてしまった
支配階級の1%にも満たない外来支配者など存在し得無いのは幼稚園児でも解る

半島は地域名で漢人は民族名、帰化していない在日鮮人韓人も最早日本人だ
と言い張っても、国籍が旧のままなら北朝鮮人と南韓人である事に変わりは無い
阿智さんは謂わば在半島漢人。しかも、帯方郡は不通となっても5世紀初頭まである程度残存

高句麗人が何から除外されるのか書いてくれないとさっぱり意味が解らないが
任那、百済、高麗、新羅は別国でしょ、それに高句麗が属す穢貊族は韓族とは異民族

そもそも楽浪郡も帯方郡が漢の領土、熊津都督府も鶏林都督府が唐の領土
征東行省が元の領土、朝鮮総督府が大日本帝国の領土でも、朝鮮半島は朝鮮半島
それぞれ半島在住の漢人、半島在住のモンゴル人、半島在住の日本人となるだけ

652 :日本@名無史さん:2013/06/11(火) 15:30:04.24
>>647
おい、基地外
おまえが保守とか、冗談もいいかげんにしろよ。

653 :日本@名無史さん:2013/06/11(火) 15:39:41.02
>>651
>自分の妄言を思い出してみろ>>529、加羅系とはっきり書いている

それはお前の1%説を守るための言いがかりに過ぎない。私の文章をよく読んで見ろ↓

>>528
>皇別のなかにわけのわからない伽耶系が入っていたりする。

>>530
>例えば「難波吉士(忌寸)」氏は伽耶系が定説だが皇別に入っている。

「いたりする」であり、「例えば」である。
「伽耶系」は一例であって、話は皇別のなかにあるまじき「渡来系」一般を問題にしてい
ことは明らかではないか。

>阿智さんは謂わば在半島漢人。

だから渡来系から除外せよと言うのか? どうも言っていることがわからないが、
お前は「漢人」ならば皇別氏族に列せられても当然、と言いたいのか?

>支配階級の1%にも満たない外来支配者など存在し得無いのは幼稚園児でも解る

氏族数で1%以下の難波忌寸系が外来支配者だなどと誰も言ってない。
小さくても難波忌寸系や坂合部系のような現象が起こるのは「皇別」という集団の
性格の問題だと言っているのだ。
そのことは後から出すつもりだったがお前の変な言いがかりで止まっているということ。

654 :日本@名無史さん:2013/06/11(火) 20:11:04.74
はいはい、もう言い訳はいいから。自らの妄言>>528を回顧する事

話は至極簡単で、漢人は本籍地から遠く離れ過ぎていて
大集団な移住や入植は考えられない、況して征服など輪を掛けて不可能事

女真族の征服王朝である李朝では上から下まで合わせて数十万の女真族が
北魏に至っては胡漢半々となる程流入したが
渡来系はたったの1%未満ぽっちでしかなく、比率が大問題

655 :日本@名無史さん:2013/06/12(水) 00:19:51.24
>>647及び>>648クソ牛w

オマエが保守ってw

謎のネット右翼()とやらと戦うキムチ民団と同レベルな時点で売国奴www

「記されてさえないホッポーカクポジンカルトに心酔するキムチ派売国奴」の間違いだろwww

ホッポーカクポジン妄想といい無理があるw

摂理や日本女性7000人洗脳の統一カルトを生み出し、阪神教育事件等、
昔から日本に悪さをする生ゴミ朝鮮人を擁護し追い出そうとせず、排除しようとしない時点でオマエは日本人差別主義者のクソ虫だわw


慰安婦ガー()で日本に不利を押し付ける排日クズwww


反日アパルトヘイト思想のカスw


クソ牛は反省してキムチ民族排除へと変節しろよ

キムチ民族派になるな

656 :日本@名無史さん:2013/06/12(水) 00:40:25.69
この時代の話って語れる事少ないな

657 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/12(水) 01:16:07.30
>>650
妄言吐いてもつまらんよ(笑)。自称漢系の家系偽装を本気で信仰?しとるんか。
カルト宗教学を歴史に持ち込むたぁ幼稚なのう(笑)。
>>651-654
形質人類学的にも渡来系9割が近畿地方じゃし、ほとんどが北方渡来系じゃ。
>>655
 ネット右翼によるヘイトスピーチじゃの民主主義の価値観じゃのうて、
ナチ国家社会主義の価値観じゃけぇネット右翼の方が左翼思想継続者なんは、
明らかなこと。だいち民主主義無くして「保守」は成立せんわ。
しかも政府の奴隷となりよって自国の歴史の誤りを認めんもんこそ、
保守じゃ無ぁし、日本を儒教原理主義朱子学の攘夷決行で破滅させたい
反日行為そのものじゃないか(笑)。

658 :日本@名無史さん:2013/06/12(水) 01:48:48.40
まぁ、ぶっちゃけ新撰姓氏録はあてにはならんだろ。平安時代の政争の産物だ
皇統が天武系から天智系に移ったことと、平安京への遷都(秦氏の領地だ)でゴタゴタがあったのだろう
上級氏族も壬申の乱以降交替してるし、渡来系とやらが紛れ込んでるのは欠史8代の天皇がらみだ
姓氏録の根拠も日本書紀だしな。あまり信ぴょう性はないと思う。


>>657
バカは引っ込んでろやw

659 :日本@名無史さん:2013/06/12(水) 06:15:02.19
>>657
>自国の歴史の誤りを認めんもんこそ、保守じゃ無ぁし

鏡に向かって言ってんのか?
正に牛の事だろ慰安婦云々とか

オマエは「国防」が抜け落ちているから反日なんだよクズ

自国の歴史の誤りを認めず、阪神教育事件等のテロや世界的な反日ロビー活動、様々なスパイ問題があるキムチ民族を排しない奴こそ反日だろ


国防論の真逆、侵略者に加担してるオマエこそが反日だ

言い逃れ出来ないだろ?人間のクズ

660 :日本@名無史さん:2013/06/12(水) 06:48:23.84
やはり朝鮮半島の後継者は圧倒的なまでに日本が相応しいな

在日朝鮮人や半島の朝鮮人を追い出し、朝鮮半島を後継者の日本に明け渡させる工作をするべきだわ

これに異論はないだろ

661 :日本@名無史さん:2013/06/12(水) 15:34:12.42
>>657
基地害牛は引っ込め。このバカタレが。

662 :日本@名無史さん:2013/06/12(水) 21:19:11.11
>>654
>話は至極簡単で、漢人は本籍地から遠く離れ過ぎていて
>大集団な移住や入植は考えられない、況して征服など輪を掛けて不可能事

なんのことかと思ったが、どうもこれが、「皇別内の渡来系氏族」という問題から漢人を除外する理由の
つもりらしい。大まじめで理屈をつけているところが笑える。

お前が漢人を除外する理由を教えてやろう。
それはお前が言い出した「1%未満」を死守するためだ。
難波忌寸系3氏に、漢人の坂合部首系2氏を加えると5氏になり、お前の言う「1%未満」を越えてしまう。
それで私に対して藁人形細工してまで漢人の除外に固執しているのだ。

しかしもういい。ともかくお前は難波忌寸系3氏と、坂合部首系2氏の両方について、皇別内の渡来系
氏族として、その存在を認めた。
それで十分だ。もともと議論することはなかったのだ。

それとも今度は「漢人は渡来系ではない」という主張を始めるのかね?

663 :日本@名無史さん:2013/06/12(水) 21:33:15.43
はいはい
もう言い訳は聞き飽きたから、自らの妄言>>528を顧みて深く反省する事

664 :日本@名無史さん:2013/06/12(水) 22:41:39.92
日本にいるA型って朝鮮半島から来たらしいなw
http://majikichi.com/archives/7850799.html

2632. 電波でキチガイな名無しさん
2013年06月11日 20:21
>>1のレスw

ttp://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1362859337/529
ttp://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1362859337/531
ttp://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1362859337/534
ttp://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1362859337/536
ttp://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1362859337/539
ttp://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1362859337/545
ttp://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1362859337/548
ttp://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1362859337/620
ttp://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1362859337/627
ttp://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1362859337/628
ttp://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1362859337/633
ttp://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1362859337/639
ttp://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1362859337/645
ttp://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1362859337/651
ttp://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1362859337/654

665 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/13(木) 00:00:35.42
>>659
 国防たぁ日本国民を守るにゃあ、外国からの侵攻と共に自国の権力者の
横暴からも守ることが必要じゃに。
まあ、日本の上層部は今でも国防なんか出来んよ。
378 :白馬青牛 ◆RYwvsC45ZhAa :2013/01/29(火) 01:59:06.28
>>373
 おいおい、自衛官は聖職じゃのうて公務員ど。しかも上層部に
お国を守る意識なんか無ぁお役人の方が多いんじゃないか。
http://unkar.org/r/history/1126713027
ここの500あたりもわしが書いとるのう。
521 : 白馬青牛 : 2007/09/09(日) 02:16:44 小野田氏の上官であった
谷口義美少佐と同じ、元第27D(支那駐屯軍) 道○氏の引用の続き
「私はかねて金鵄勲章名誉回復運動に加入していた ため、陸上自衛隊
中部総監部を訪問してこれらの復元の協力を求めた ことがある。
この時、私は現在の自衛隊員、特に中堅幹部の佐官級に対し
国が一朝有事に際して生命を賭けて奮闘するか、と忌憚のない積極的な
意志を聴くとしばらく沈黙の末、彼らは戦争が始まると、自衛官を辞める、
という返事であった。現在の自衛官は一介のサラリーマンである。
衣食住付きに高級月給。年に数回の賞与、国家公務員として恩給が
支給される。私たちの場合は親が餓死しようが赤紙一枚で無報酬で駆り立て
られた。だから一介のサラリーマン的観念で戦争が始まると自衛官を
辞めるという。そして無駄死にした戦死者や特別戦功のあった者ほど
惨めな待遇を受けていることも彼らはよく知っている。これも他の職業より
有利なことを駆け引きのうえでの入隊であろう。しからば莫大な軍事予算に
よる増税も無意味なことで、納税を強いられる国民は不幸である。
神武天皇たる神話の空想をもとに明治二三年ニ月一一日に創設され、
昭和二ニ年五月三日の政令第四号によって栄誉は消滅された。神武天皇と
ともに金鵄勲章も「幻の勲章」として歿した。これが軍事大国となった
わが国の自衛官たちに今後いかに影響するか。「護国」の二字だけは
忘れないで欲しい。」

666 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/13(木) 00:27:58.78
>>659
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1354077520/
 ここにも日本の上層部の無能ぶりは書いとるよ。
408 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/05/30(木) 00:22:35.92 0>>407の続き。
広島県人の元陸軍大尉越智春海氏の文でも抜粋しとこう。
『日本軍は常に、敵情判断が甘かった。なるべく自己に有利に、
なるべく都合のよいように、諸情報を整理して、敵の動きを、
きわめて楽観的、願望的に想定しては、対応策を講じていた。
そんなナンセンスな敵などいないから、常に破たんした。
これは全戦場に共通、いや、開戦決定から終戦処理まで、
すべてこのパターンだった。読者は、当時の軍人や政治家を笑っては
いけない。今日でもこのパターンで政治は動かされており、国民の
日常生活は進行しているのだから・・・。 』
 日本上層部の「楽観的、願望的」は、「幸せ回路」「脳内お花畑」の、
軍上層部を弁護したがるネット右翼とどっこいどっこいじゃけんのう(笑)。
まあ、「現在進行形」で日本は昭和初期の軍人や政治家同様、現在も
無能な上層部の国じゃけぇ、戦争は弱い国じゃわい。他国のバックが無いと
勝てまあ。いっそ同盟国から指揮官招くかせにゃあ。
 明治期のように戊辰戦争、西南戦争で前線指揮官としての経験がある人たちが
日清〜日露まではおったけど、その後は秀才軍人官僚のお役人じゃけぇ、
武将じゃ無ぁよ。現代も官僚組織の時代ゆえ、日本が戦争に強うなる要素は
ほとんど無ぁね。
実戦じゃ無ぁが演習じゃ韓国軍は、日本の自衛隊より強い。
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2010/03/07/0400000000AJP20100307001000882.HTML
「30分余り行われた戦闘で、自衛隊員は11人が体にレーザービームを
浴び、1人だけが「生存」した。実際の戦闘であれば全滅に近い。
一方のKCTC兵士らは、全員が無事だった。」
まあ、戦争体験者が自衛隊より韓国軍が強いんは、行進するん観た
だけで解る云われたけど、現代の実力は、そがんもんじゃろう。

667 :日本@名無史さん:2013/06/13(木) 00:40:54.43
任那は大和国の海外植民地だった。
百済と新羅は大和国の属国だった。

668 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/13(木) 01:02:08.22
>>659
まあ、韓国軍に勝つにゃ、秀吉の朝鮮出兵の逆バージョンならあり得る
けどのう。まあ、日本の上層部はオンゴールの連続じゃし、自国の兵士を
南方戦線で大量餓死させた無能さは世界史に恥として残るよ。
日本の上層部は、多数派が徳川慶喜さんキャラじゃけぇ、終戦時は、
部下を見捨てて逃げるわ、捕虜になると傲慢から一転し、媚び諂う奴隷根性を
発揮させるわで話しにならんわいのう。
 そがあな体質の日本を冷徹に判断出来んもんが、希望的観測、願望的に
妄想し、ナショナリズムを煽り、再び日本を滅ぼそうと企む行為に、
愛国心があるんか?
日本の朱子学思想の攘夷決行は、戦闘以後なんか考えとるまあに。
国際的孤立化を選び、国際的外圧に我慢して最後は爆発(自爆)の滅びの道
しかストーリーがあるまあ。そがん幼稚なストーリーシナリオなんか
通用せんわいのう。
>>660
マイノリティの生活権を奪いどう世界中に言い訳出来るんか?
しかも民主主義の価値観から逸脱しとるわい。
>>653
 渡来系が1%じゃ荒唐無稽な妄言云う自体、カルトじゃに(笑)。
>>664
 血液型や遺伝子は歴史時代にプールが変わってくるけぇ、単品じゃ根拠に
ならんよ。

669 :日本@名無史さん:2013/06/13(木) 01:05:28.14
ひでぇな・・人生経験が透けて見えるわw

クソ牛。消えろ。もう貴様に言うことはない

670 :日本@名無史さん:2013/06/13(木) 01:43:43.25
白馬先生、教えて下さい
度々「オンゴール」なる白馬用語を使われていますが意味を教えて下さい

671 :日本@名無史さん:2013/06/13(木) 01:59:34.45
つ 目本語

672 :日本@名無史さん:2013/06/13(木) 02:08:31.80
>>665-666及び>>668バカ牛w

これへの反論に何らなってないのだけど?↓

「自国の歴史の誤りを認めず、阪神教育事件等のテロや世界的な反日ロビー活動、様々なスパイ問題があるキムチ民族を排しない奴こそ反日だろ」
「国防論の真逆、侵略者に加担してるオマエこそが反日だ」

673 :日本@名無史さん:2013/06/13(木) 02:10:03.85
>>665-666及び>>668バカ牛w

これを見て排特亜を悪質レイシスト扱いするなら、確実に国防論を語る資格無しの売国奴・排日主義者だからなオマエwww

【朝鮮人・アカ・売国サヨクによる重大事件】


警察に「帰れコール」「朝鮮人ナメんな」と差別をする大量の朝鮮人
http://www.youtube.com/watch?v=sSCUHGOupM0

朝鮮人を追い出して何が問題なんだっていう


1895〜14年  朝鮮義兵(笑)闘争テロ  (清の元属国=敵だった朝鮮人による恩知らずテロ)

1909年  安重根事件  (朝鮮人による暗殺テロ)


1948年  阪神教育事件  (売国似非サヨクと朝鮮人による7000人暴動テロ、大阪府庁占領)

1948年  浜松事件  (静岡県で起きた在日朝鮮人vs893・警察の大規模銃撃戦、紛争、朝鮮人と893による迷惑過ぎる戦争)
1949年  平事件  (福島県で起きた売国似非サヨクと朝鮮人による平市警察署占領)

1952年  血のメーデー事件  (東京で起きた朝鮮人・売国似非サヨクによる6000人暴動テロ)
1952年  大須事件  (愛知県で起きた朝鮮人・売国似非サヨクの暴動テロ)
1952年  吹田・枚方事件  (大阪で起きた朝鮮人・売国似非サヨクによる暴動テロ)
1959年  新潟日赤センター爆破未遂事件  (新潟県で起きた朝鮮工作員達による暗殺・爆破未遂事件)

1974年  連続企業爆破事件  (東京・兵庫・千葉で起きた売国似非サヨクによる無差別連続爆破テロ。
三菱重工、三井物産、帝人中央研究所爆破事件、他)

2013年  生野区連続通り魔事件  (朝鮮人による日本人差別テロ)←new!

674 :日本@名無史さん:2013/06/13(木) 02:13:40.47
>>665-666及び>>668バカ牛w

日本の上層部、与野党が国防を担えるなんて微塵も思ってないしw

戦車火砲諸々削減、スパイ対策もせず、

更に特亜留学等の優遇・移民侵略に加担する与野党は程度の差はあれ総売国だろw

675 :日本@名無史さん:2013/06/13(木) 02:28:49.20
>>665-666及び>>668クズ牛

「 日本人女性蔑視 」とは、クズ牛やマスゴミ、有田ヨシフのような朝鮮人擁護派の事だからな↓w

在日朝鮮人男性のレイプ確率は【日本人男性の数倍〜10倍危険】な年もあるwww

日本人男性は6000万人で強姦は〜1400件=5〜6万人中1件
在日上下朝鮮人は60万人で朝鮮男性は半数くらいで、そこにカルト摂理や金平和等の100〜人超レイプ等を当て嵌めると
男性30〜40万人中100件だった場合3000〜4000人中1件wwww年20件としても2万人に1件wカルト統一も忘れずにw
【社会】 "日本人女性100人レイプ"の韓国カルト宗教「摂理」、入管難民法違反で新たに関係先捜索
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1169171561/
日本人を大勢レイプしたゴミ虫朝鮮人
http://www.youtube.com/watch?v=xqj53aNqQeM
統一教会の女性信者6500人が韓国で行方不明
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1324356942/
【結論】
在日朝鮮人レイパーに巻き込まれる確率は圧倒的に高い=在日上下朝鮮人やその擁護派は日本人女性の尊厳を踏みにじっている

676 :日本@名無史さん:2013/06/13(木) 02:30:45.71
>>665-666及び>>668クズ牛

もう一度貼るわ
排特亜に変節しないなら牛は↓の朝鮮人と変わらん

警察に「帰れコール」「朝鮮人ナメんな」と差別をする大量の朝鮮人
http://www.youtube.com/watch?v=sSCUHGOupM0


朝鮮人を追い出して何が問題なんだっていう

677 :日本@名無史さん:2013/06/13(木) 02:40:35.79
秀吉の朝鮮出兵の逆バージョン?
あり得ませんな
日本海を渡る前に海の藻屑ですな

678 :日本@名無史さん:2013/06/13(木) 04:26:29.21
モンゴル族の末裔を自称する痴呆コテは
素で北鮮人だからww
意味ある事は何も書けないから、NGに打ち込んどけば宜しい

679 :日本@名無史さん:2013/06/13(木) 07:27:56.08
非論理的な人は話があちこち飛ぶよね。
ついでに専門でもないのに他の分野の話を専門家のように話す。

680 :日本@名無史さん:2013/06/13(木) 10:51:23.78
>>670
ヒント:「ウ」

681 :日本@名無史さん:2013/06/13(木) 21:41:30.57
>>678
つまりウシってこんな感じなのかな?


警察に「帰れコール」「朝鮮人ナメんな」と差別をする大量の朝鮮人
http://www.youtube.com/watch?v=sSCUHGOupM0

682 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/14(金) 01:05:43.74
>>667
大和国なんか記紀以前に遡けんよ。畿内に王朝があったじゃろう
云うだけ以外に海外に進出じゃのあり得んし、国内でも西日本は
地域連合で記紀の時代頃に突出した勢力となった程度。日本の各地は
北方渡来系が支配した中で、一番北方渡来系だらけじゃったんが畿内じゃった。
>>670
オウンゴール(Own goal)のことじゃ。
>>672
阪神教育事件で在日勢力に協力した共産党なんか、ネット右翼同様、
ナショナリズムが強いけんのう(笑)。領土問題でも自民党以上に強硬派で
自国領土主張したがる。あんたらカルト宗教右翼の似た者同士を批判して
どうすんない(笑)。スパイやロビー活動なんか日本でもしとるし、ロビー
有無に関わらず日本の国家犯罪の慰安婦強制連行は事実じゃし、
犯罪人の悪あがきしても世界中に通用せんよ。

683 :日本@名無史さん:2013/06/14(金) 01:05:44.70
クソ牛が来ると高確率でスレチになるな
ほんと死神だよ

684 :日本@名無史さん:2013/06/14(金) 01:16:26.06
682 名前:白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/14(金) 01:05:43.74
>>667
大和国なんか記紀以前に遡けんよ。畿内に王朝があったじゃろう
云うだけ以外に海外に進出じゃのあり得んし、国内でも西日本は

意味がわからない
ピラミッドと並ぶ大古墳を造った王権が国内最大最強で、
それが半島に介入した王権だったと考えるのが普通だが

あと、そんなに日本人であることに贖罪意識持つなら、世界中謝罪行脚してこいよハゲ

685 :日本@名無史さん:2013/06/14(金) 01:23:38.00 ID:V6z064Yz!
>大和国なんか記紀以前に【遡けんよ】

フリガナ振らんと読めんよインキン

686 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/14(金) 01:28:20.71
>>673
 侵略統治した側からは、テロじゃが、過酷で横暴な統治に反発する側からは
レジスタンスじゃけぇのう。まあ、人命を殺害する以上テロじゃし、
要人を殺害しても組織統治が一変して、緩やかになるわけ無ぁのに、
殺害者を英雄視するお隣の半島も酷いガラパゴスじゃわい。
じゃが下記の方は政治テロと関連せんことまで書いて民族憎悪を煽るんは
レイシズムで民主主義の価値観から逸脱しとるわい。
>>674-675
スパイ防止法じゃの、有田芳生氏批判じゃの韓国系のTI教会の主張を
「正体を隠して」喧伝しよるんか?
http://www.asyura2.com/10/senkyo89/msg/427.html
11. 2010年6月29日 03:39:46: gET78BjCYY
>>10
図星をさされて、焦って言い訳しても既に遅いよ。有田芳生氏を攻撃した時点で、
既にカルト工作員認定されても文句は言えない。>木卯正一
なにが「やまと新聞」だ。元々日本人ではないからこそ、声高に「日本」だの
「やまと」だのを唱える過剰適応をしないといけないのだ、という本音が透けて見える
(丁度、朝鮮半島出身者の血が濃ければ濃いほど「日の丸」「君が代」を他人に押し付け
たがるように>木卯くんはさんざんこの阿修羅で、似非右翼について祖言う言う言及して
いたから反論できないよな(嘲)。
13. 2010年6月29日 05:27:22: tJR4N5X2uU
在特会・主権の会ウォッチャーなら、日心会のサイトを閲覧するとよい。アレとかコレの
人物や団体名が出てくるよ。政治系掲示板やブログなど、ネットで時々大規模に流行る病の
ようなデマゴーグは、この界隈が主な発信源とされ、いわゆるネット右翼と言われる根拠の
あいまいな流言飛語を発案する側に回っている。

687 :日本@名無史さん:2013/06/14(金) 01:31:49.26 ID:V6z064Yz!
ホモ牛ぷんすか阿修羅丸

688 :日本@名無史さん:2013/06/14(金) 01:42:36.05
>>685 >>687 は、外国からの書き込みだ。

689 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/14(金) 01:45:24.90
>>679
非論理?しかも論理的たぁ抽象的観念論で具体性、現実感覚無視の
机上の空論も含むけど、それがあんたの云う論理か?
>>684
 墓が巨大化するほど、強いじゃの幼稚な妄言を平気で吐く神経が
分らんのう(笑)。 墓が巨大な日本は中国より上なんか?エジプトは
ローマたぁ強かったんか?
>>685
 「遡れんよ」じゃ。

690 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/14(金) 01:59:43.64
>>674-675>>686の引用の続き。
17. 2010年6月29日 08:56:12: 4DhHOtlRq6
木卯君がどんなに民潭と批判するコメを決め付け誤魔化しても、
必死に否定すればするほどお里がばれる。
君は統一教会を批判しているから全然関係ないと否定したいのだろうが、
であればこそますます君の嘘が明らかになるということだ。
在特が統一原理や勝共の傍流あるいはかつてそこに深く関与していた
者たちによって運営されているのは事実であり、拉致を認めない認めた云々で
有田芳生氏を韓国の工作員レッテル貼りし有田批判を逆批判する我々を統一教会工作員と
決め付けるに至っては、苦し紛れのこじつけ三段論法と呆れるほかない。
木卯君の投稿した日の前日、6月27日のこの記事のフォロワーが28日夜半に
グーグルで検索すると3万件に近いヒット数に膨れ上がっていたが、いずれも臭いたつ
ようないかにもそれっぽいサイトが多かった。
まあ木卯君は自分は本当に統一教会とは関係ないんだと思うならとにかく
親分たち(在特関連の)に統一教会から未だに指示が来ているのか聞いて
みたらよい。馬鹿馬鹿しいと一笑にふしたらそれは要注意だよ木卯君。

691 :日本@名無史さん:2013/06/14(金) 02:00:38.23 ID:V6z064Yz!
>>688
すまんのう。疑うのはもっともやが、外国からじゃあないんや。
ツールをつこうとるだけじゃ。

692 :日本@名無史さん:2013/06/14(金) 02:25:41.93 ID:V6z064Yz!
>ピラミッドと並ぶ大古墳を造った王権が国内最大最強で、
>それが半島に介入した王権だったと
                  ↓
>墓が巨大な日本は中国より上なんか?エジプトは
>ローマたぁ強かったんか?

呉ボンはドタマ沸いとるから、こういう応答をするんやろな
「国内最強」ゆう話が、勝手に「国どうしの強さ」に変換されて「最強トーナメント」の
はじまりや。厨房やのう、こんハゲは。外に出て人間と会話の練習せいやボン呉
あちこちで紛争起こして、ヒトの目ぇ引いて恍惚としとるんやろ?キモイ爺じゃの

693 :日本@名無史さん:2013/06/14(金) 04:06:05.37
>>686>>690
その長文は、>>674で出した、数々の反日事件を起こしたキムチ民族の危険性についての反論になってないぞゴミ牛w

>TI教会の主張を「正体を隠して」喧伝しよるんか?

排朝鮮=統一協会排除になるのに何妄言吐いているんだ?
>>641で懲りてないのか?クズ牛が

侵略統治ってw清等の属国敵国であったクズ朝鮮人が被害者面とか笑わせるなよクズwww

この時期も内輪揉めのクズ朝鮮人丸出しだったクセに被害者面とはなあ

それに




何よりスレチ過ぎるな・・・・・・

ネタがないなら来るなよクソ牛

694 :日本@名無史さん:2013/06/14(金) 04:59:40.20
ネトウヨのフリした書き込みは、全部糞牛の同族チョンの犯行だったか
スレがスレだけに然も有りなんww

695 :日本@名無史さん:2013/06/14(金) 05:24:29.50
これ牛がネトウヨの主張とあわないから叩かれてんの?
なんか議論もなにもできるスレじゃなさそうだね

696 :日本@名無史さん:2013/06/14(金) 10:58:35.28
>>695
ホッポーカクポジンカルトも崩壊し、スレチ全開でファビョっているのが牛な

議論したいならしろよ、連呼リアンのゴミが

697 :日本@名無史さん:2013/06/14(金) 11:42:28.61
>>696
なにお前ここ仕切ってるボス猿なの?
いきなり失礼な奴だな

698 :日本@名無史さん:2013/06/14(金) 11:46:05.08
普通議論ってのは中傷と罵詈雑言もないから成り立つんであって、集団で1人を在日だの連呼リアンだの煽って罵って、じゃ議論でもなんでもないだろ。
お前は自分の主張と反対の意見は全部中傷で潰してきたみたいだけど、なんのために議論してるんだか。
ところで大学はでたのかな?

699 :日本@名無史さん:2013/06/14(金) 12:14:48.14
>>695
在半島ID:V6z064Yzと自称モンゴル人は北鮮人
もしくは親族の所へ帰省中の同一人物ということ
中身の無い長文でスレ潰しする姿勢はウリ二つ

700 :日本@名無史さん:2013/06/14(金) 13:32:18.66 ID:JWSltjXy!
そういやここ任那すれだったな。チョンチョンうるさいチョンが常駐してんだね

その小賢しい書き込みからみて、>>654とかでレスの応酬してたのは
江南青牛だな。相変わらず気持ち悪いsageちん野郎だ。チョンとか関係ない
だろ糞チョン

その小汚いケツに串さしてみ、江南ホモ野郎。おまえの末尾にも尻尾生えるからさ

701 :日本@名無史さん:2013/06/14(金) 13:40:57.06 ID:JWSltjXy!
江南青牛はチョーセン人に異様に拘ってレッテル貼るから、「チョン」でCtrl+F
すると引っかかってくる。若いだろうにホモ牛レベルで脳味噌が硬化してる

【伽耶】任那日本府【倭国】
http://unkar.org/r/whis/1332073255

702 :日本@名無史さん:2013/06/14(金) 14:16:22.20
寄生虫のおっと‥誤変換、帰省中の在チョンが見苦しい釈明を始めたぞww

703 :日本@名無史さん:2013/06/14(金) 16:15:12.24
>>700
それ↓の元スレの>>1でコメ欄で暴れてる奴と同一人物
http://majikichi.com/archives/7850799.html

口癖は「はい、論破。」

704 :日本@名無史さん:2013/06/14(金) 16:19:47.74
白馬青牛

国籍  済州島 → 日本
年齢  70歳前後 
出身歴 満州孤児詐称 大人の行列の後を付いて一人帰国したと主張
生育歴 広島・元安川朝鮮部落にて「養親」と同居  
    養親 偽装離婚 生活保護詐取 市営住宅に転居
学歴  広島朝鮮中級学校卒
職歴  パチスロ店員 サラ金 頭突き隊員 
    北朝鮮向け産廃(駅前自転車)夜間調達リーダー
賞与  北朝鮮国家ブランド委員会 ネット工作精勤賞
病歴  パラノイア 朝鮮民族に征服された日本原人の妄想に耽溺
通称  白目青目(白内障 緑内障)
称号  在日七賢人(自称)

705 :日本@名無史さん:2013/06/14(金) 16:39:21.82
>>697-698
いきなりウヨがどうとファビョる糞虫が何を言っているんだ

その文句はお前自身と牛に言えよ
煽り合いがしたいだけなら来るな

706 :日本@名無史さん:2013/06/15(土) 01:10:52.87
江南青牛って何?と思ったそこのあなた
クソ牛が北方渡来一筋で稲作の起源まで北朝鮮由来を唱えるのに対して、
江南起源を主張しまくり反対者を無慈悲にチョン認定するその性質から「江南派の青牛」、
すなわち江南青牛と名付けられた
呉越人の日本渡来中継地として半島南部を挙げたオレもまた無慈悲にチョン認定を食らった
名づけたのはオレだ。定着してくれて嬉しい
オレはクソ牛にいわせればかなりなネトウヨで、それは大いに結構だが、江南青牛のようなやつも面倒だな
人をチョン呼ばわりするもんじゃないぜ

707 :日本@名無史さん:2013/06/15(土) 01:23:46.74
>>706「あいあむ ざぱにーず」

708 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/15(土) 01:52:41.63
>>693-699及び>>704
 あんたの出自を引用で、ばらしたけぇ、都合が悪いらしいのう(笑)。
まあ、あんたらカルト君らじゃけぇ。
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/536.html
『平田文昭氏は、自民党の歴史を振り返って、「その支持基盤はカルト・業界団体・無党派の三つだった」
という。、「カルト」と何か。このカルトとは、アメリカの新聞が保守派の政治家である安部晋三らを
批判したときに使った、「カルト・オブ・ヤスクニ」のカルトと同じ意味である。狂信的集団というべき
意味である。ただ、それだけではあまりにも主観的過ぎるし、説明不足なので、平田文昭氏は、客観的な
基準として、フランス語でカルトに相当するセクトについての定義を挙げている。
フランス下院が一九九五年に出した報告書の中で示されているもので、セクトとまともな宗教を区別するための
基準として、この中の6番目が重要で、すなわち「正体を隠して社会や政治組織に入り込む」となっている。
日本の保守派に紛れ込んでいるのはそうしたカルトである、というのが二人の主張である。
生長の家と霊友会は組織的に2ちゃんでもネトウヨ活動をしてきたし。
これらは統一教会とズブズブだけど、直接やってきたのは生長の家と霊友会の青年部みたいな連中だよ。
石原都知事の悪口を言うと、数人が「チョーセンジン」と硬軟分けて絡んでくるが、あれは霊友会(笑)  

709 :日本@名無史さん:2013/06/15(土) 01:53:45.00
>>708
任那日本府で語ることないなら出てけよハゲ
早々にな

710 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/15(土) 02:05:35.75
>>693-699及び>>704
あんたら>>708の「正体を隠して社会や政治組織に入り込む」カルトらは、
本当に日本人なんか?出自の怪しいもんに限って、排外レイシズム運動に
専念することで本当の日本人よりも日本国家に貢献しとると勘違いし、
他の愛国心(実際は、レイシズムに欠けた日本人を教化するおせっかいな
使命感たる)宗教カルトにマインドコントロールされとんじゃないか。
 >>708の続き。
西尾氏は、有名な保守系団体である、「日本会議」の系列の組織に
関わったことのある若者の話をしながら、次のように述べている。
 西尾 私が若い人から聞いた話なんですが、ある若い方が 日本青年協議会
という団体の青年部に入って修行しようとしたときに、西洋の思想家の
名前などを挙げると、思いが足りないと言ってしかられ、それからいろいろな
日本の思想家のことを言っても思いが足りない、あの人たちはだめだと言って、
硬直したドグマをたたき込まれるんですね。葦津珍彦(うずひこ)先生、
三島由紀夫先生、小田村寅次郎先生、谷口雅春先生のご意志を受け継ぎ、
天皇国、日本の再建を目指しますということを宣明させられて、そして次なる
ことを若い人に強いられると。
 いつ何時も天皇陛下が今、何を考え、何を思っていらっしゃるかを考えて、
日々、生き抜いていけと説き、それこそが天皇陛下の大御心に従った正しい
生き方であると、若い人に説いている。平和時にこんなことを強いるのは
おかしいと思った。『保守の怒り』(262ページ)

711 :日本@名無史さん:2013/06/15(土) 19:19:29.49
そして白馬先生は、今日も正体を隠して社会や組織に入り込むカルト集団のブログを完コピして他人をカルトだと批判するのですね
他人を口汚く罵るなら自分の完コピした連中のプロフィールを書いて下さいね

712 :日本@名無史さん:2013/06/15(土) 22:52:38.90
白馬青牛 ◆8mr41B7alChB
こいつはスレチの話題をえんえんとしてスレををあらしてるが
こういう非常識な人間はどうしようもないな。

713 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/17(月) 01:22:26.01
>>711
>>706の「正体を隠して社会や政治組織に入り込む」の「政治組織に」を省いて
「社会や組織に」に捏造する処なんか工作員さん臭いのう。余程「政治組織」が
都合が悪いんか?(笑)。

714 :日本@名無史さん:2013/06/17(月) 02:08:52.27
別に都合悪くねえょ
おめえみたいにコピペしなかったから抜けただけでえ
著作権主張している所からも断りなしでコピペ貼って恥ずかしくねえのか
良識のある日本人ならまずしないやな
良識のある日本人ならな

715 :日本@名無史さん:2013/06/17(月) 03:02:20.39
>>714
よう在チョン

716 :日本@名無史さん:2013/06/17(月) 08:02:48.06
【悲報】今日韓国のサーバー死んでるから低脳うんこりあんがいないと2chで話題に
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1363882047/
2chにチョンの書き込みが多いのは
半島朝鮮人に生まれたのに
日本語必死で覚えて2chで工作やってる時給300円のチョンが異常に多いから

717 :日本@名無史さん:2013/06/17(月) 16:49:04.41
>>715
自己紹介はいらねぇよ

718 :日本@名無史さん:2013/06/17(月) 18:24:12.34
>>668
>マイノリティの生活権を奪いどう世界中に言い訳出来るんか?
>しかも民主主義の価値観から逸脱しとるわい。


世界がなんだ???嫌われ者の南北キムチ国が滅亡してくれた方が世界は嬉しいだろうwww

正当性は日本にあるのだから、キムチ派による攻撃の歴史を  大々的且つ定期的に  流布し続ければ日本に反論出来んよな

日本の民主主義を侵害している朝鮮民主主義共を崩して何が逸脱なのか

自分は単なる民主主義思想ではなく国防第一相互主義なので

719 :日本@名無史さん:2013/06/17(月) 18:41:09.11
>>718
NGネームされてるからって自演すんな糞牛

720 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/18(火) 02:15:10.54
>>718
 北朝鮮は、実際に全体主義の非民主国家じゃし、残念じゃが、世界中から
日本も、>>617-618の非民主主義的組織機能制度や、中央や地方のカルト政治屋さんらの
トンデモで嫌われとるよ。

721 :日本@名無史さん:2013/06/19(水) 04:09:16.81
>>720

おまえほど嫌われてねーってw

722 :日本@名無史さん:2013/06/19(水) 04:25:28.06
>>719
スレチ牛を煽ってすまん
>>720
お前と違ってこの論は一部の朝鮮脳以外には嫌われた試しがない
スレチだしネタもないしもう消えような
牛も飽きたろ

723 :日本@名無史さん:2013/06/20(木) 03:43:42.92
牛はけんもーの連呼リアンよりマシと判明したわ
牛は朝鮮人の罪の歴史をある程度認めるが、けんもーはスルー

724 :日本@名無史さん:2013/06/20(木) 23:39:07.00
やれやれ・・・ここも砂漠化したか
クソ牛の狙い通りだな。なんとかならんか

725 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/21(金) 00:54:25.05
>>723
 わしゃ、朝鮮人を美化したこと無ぁし、戦争中や終戦時の朝鮮人の酷さも
隠蔽したこと無ぁのに、カルトネット右翼君らにゃ評判が悪いのう(笑)。
かつての仲間、利権を分かち合った仲でもある日本兵を平気で国府軍に
売る酷いことをしたのも朝鮮人なら、シベリア抑留で苦労した日本兵を
弁護しソ連の横暴から日本兵を救うたんも朝鮮人じゃし、相対的に語るんなら
兎も角、朝鮮民族への憎悪一色の洗脳されたネット右翼(在日朝鮮人も
おるんじゃろうけど)じゃ、話にならんけぇのう。

726 :日本@名無史さん:2013/06/21(金) 01:05:44.52
ハゲ牛さんが、朝鮮人女子高生の写真をたくさん見せつけられて
言葉を失ったのには笑いました

それでも必死にイザベラ女史の言葉を経文のように唱え続けた
姿には言葉を失いました

救われましたか、ホモ牛さん?その強い盲信を懐にして、若い頃、朝鮮人女性
とお付き合いしていた美しい青春を壊さずに墓場までもって逝けそうですか?

あなたは自己矛盾をたくさん抱え、それを他人に見せて関心を引き出すこと
に汲々とする愚かな人間だ。あっちではこう言いこっちではこう言う。背理を
重ねる愚者の言葉には重みが無いんですよ

727 :日本@名無史さん:2013/06/21(金) 03:08:20.24
それ以前に、5%粥入りのお粥より中身が薄いしなw
いつも、無意味な言い回しを省いて清書すれば2行にもならない事を
長文にしてるだけっていう

728 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/21(金) 23:40:50.91
>>726
 ネット右翼御用達カルトの集めた写真じゃけぇつまらんわ。
イザベラ・バード女史の書かれた朝鮮人が美形が多いことに言葉を
失うたんは、ネット右翼らの方じゃが。
 朝鮮女性と付き合うてどこが悪いんか?自己矛盾どころかマインド・
コントロールされとるネット右翼の方が憐れよのう(笑)。

729 :日本@名無史さん:2013/06/22(土) 00:24:24.17
クソ牛さん、ホッポーモッカクボジン、どうしたんでしょうね
ええ、あの夏「世界史の普遍的法則じゃし」といっていたあのホッポーモッカクボジンですよ
あの時ぼくはずいぶん爆笑した
だけど、いきなりトンズラするものだから・・

730 :日本@名無史さん:2013/06/22(土) 12:31:06.00
>>729
お前煽りが的外れってか噛み合ってなさすぎて見ててヤバイぞ
他のやつに任せろよ

731 :日本@名無史さん:2013/06/22(土) 16:24:16.48
コテ外して出てくるとかホッポーモッカクボジンは黒歴史なんだろうなww

732 :日本@名無史さん:2013/06/22(土) 20:01:45.54
>>728
「朝鮮女性と付き合うことが悪い」って、いったいどういうことですかインキン?ハゲ牛さんって
在日の子供を石で殴ったり、カケッコする同級生に浣腸して、それを見て笑うようなレイシスト
のゴミ屑を自認してるわけですが

女性に対してもそういう感覚をお持ちだったんですねぇ。呉の爺が、ナニと付き合っても
一向にカマいませんけど、

ホモ牛さんは「朝鮮女性と付き合うことが悪い」という、認識で生きてきたわけですね。
ほいじゃあ「悪い」と感じながら、お付き合いしてたのはなぜなんですか?
倒錯した変態ホモにしか分からない、精神的な満足感でもあったんですか

733 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/23(日) 00:16:53.95
>>729-731
 こっちにも引用書いとろうに。
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1366978781/
ホケノは加耶系北方木槨墓と同様の丸太木材で、
http://kamnavi.jp/log/yumv0712.htm
「木槨墓には楽浪=漢のタイプもありますがこれは板材を使いのに対して、
北方遊牧民族は丸太材を使います。
カザフスタンの東部、バルハシ湖に注ぐイリ川の流域にある、イッシク古墳です。
丸太木の槨の周囲に石を積んでいます。これは騎馬民族スキタイの枝族のサカ人の
古墳群といわれています。あるいは匈奴の墓かもしれません。
韓国では新羅に木槨積石墓があります。天王塚が有名です。
日本では大和のホケノ山古墳が石囲い木槨墓といわれますが、その前身は
阿波の萩原古墳だとされています。阿波や讃岐や西播磨は積石塚古墳群が多いですね。
これは、5世紀ごろには終焉している。信濃の積石塚も有名ですが6-7世紀のものが
多いのでしょう。王冠も研究対象として面白そうですが如何でしょうか。
たとえば、信州の桜ヶ丘古墳や福井の二本松古墳から出た金銅の王冠は、高霊=大伽耶の
ものと似ているらしい。信州には須須木氏、田沼氏などの高句麗系の人が多いそうです。」

734 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/23(日) 00:54:59.68
>>732
 朝鮮女性と付き合うことに格好悪いも無ぁわ。国籍が違うだけのことじゃし。
在日の子供を石で殴ったことが気に入らんらしいのう(笑)。口で云うて通じんもんは、
何人であろうと畜生ゆえ強烈な打撃加えんと解らんのじゃけぇ、わしにも防御し
叩かにゃいけまあに。当人は後で在日の年上まで呼びよせたけんのう。仲良うせえで
済んだが、わしとキャラの違うもんは、年長らも混じって散々殴られては、
泥水に顔を突っこまれ、謝罪させられるハメにさせられた経験で嫌韓になった
もんさえおるよ(笑)。まあ年長のバックに頼る在日に目立つ体質も陰湿じゃ
わいのう。
 あんた結局在日の少数民族ナショナリズムの立場で日本人が朝鮮人に
暴力振るうんを感情的嫌悪感持っとる云うことじゃろう。
在日の連中は、自分と同じ同胞民族の年上を誰々が強いとか宣伝したがるけんのう。
あんたが、在日弁護したがる心理もそがぁなもんじゃろうけど、嫌韓から一変して、
民族主義を振り回しよんは、あんたじゃに(笑)。

735 :日本@名無史さん:2013/06/23(日) 01:06:40.17
>>734

朝鮮女性と付き合うてどこが悪いんか?

736 :日本@名無史さん:2013/06/23(日) 01:11:04.80
>在日の子供を石で殴ったことが気に入らんらしいのう(笑)。

他人の犯罪行為に対して、「気に入る」も「気に入らない」もないですね。
「あーこういうおかしな考え方してるんだなこのハゲは」って思うだけで

自分の印象を悪くするような書き込みをするリスクより、他人の関心を引く
ことの方が優先されるたぁ、アタマの禿げたホモ爺だと思うだけですよ。

737 :日本@名無史さん:2013/06/23(日) 01:24:03.53
ホモ牛さん、あなた目立ちたがりのコテハンであるなら、自分が
どのように他人から見られているのか、もっと注意を払う
べきなんじゃないんですかねぇ

他人を貶して、相対的に自分を高めようとする姑息な手段は
もうずっと以前から見透かされてるわけですよハゲ
パクリ長文もそう。でも、いくら指摘されても止められないわけだ

あなたがどれだけ他人を貶そうが、どれだけ剽窃した文章を貼ろう
が、あなた自身に中味が無い以上、これまで通り、名無しの情けに
与りながら底辺を這いつくばる寄生虫として生きるしかないんですよゴミ

738 :日本@名無史さん:2013/06/23(日) 19:50:57.14
ホモ牛さん・・・

【韓国】「日本人男性の好みは韓国女性。女性アイドルで人気なのもほぼ韓国系」詐欺事件解説、ネチズンも「日本は我々に嫉妬」と満悦[06/23]
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-9286.html
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1371970672/

739 :日本@名無史さん:2013/06/24(月) 21:51:01.72
>>725
>朝鮮民族への増悪

>>673で正当性は確保されてる

朝鮮擁護 = 排日主義・反国防な

排特亜を主張したいなら、オマエが新潟日赤センター爆破未遂事件や摂理統一、↓等の責任を取れ

「朝鮮人が帰れば、被害者日本人は減る」からな

【社会】 "日本人女性100人レイプ"の韓国カルト宗教「摂理」、入管難民法違反で新たに関係先捜索
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1169171561/
日本人を大勢レイプしたゴミ虫朝鮮人
http://www.youtube.com/watch?v=xqj53aNqQeM
統一教会の女性信者6500人が韓国で行方不明
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1324356942/

【韓国】「歴史認識正さなければ米中韓連合は深まる」「日本に友好的なアジア各国がつけあがらせている」対日圧力を強化★4[06/20]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1371740717/
【米国】20万人の慰安婦のうち4分の3が蛮行で死亡した…日本に歴史的責任を要求する決議を採択-ニュージャージー州★4
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1371981111/

740 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/25(火) 00:11:24.88
>>738
 昔から、芸能界や任侠らカタギじゃ無い世界は在日韓国系が多かったが、
今は、芸能においては本場者が流行りだしたけんのう(笑)。
>>739
 韓国も日本や米国南部のように宗教原理主義の勢力圏じゃけぇ、
未だ中世の世界におるんよ。
北欧や西欧ならカルト・セクトに厳しい民主主義が機能しとるけどのう。
 日本も靖国カルトが慰安婦の強制連行や軍の関与が無ぁとか世界に
通用せんトンデモ云いよる程度じゃけぇ、カルト許容が強い米国以上に
遅れた中世の世界におるんよ。

741 :日本@名無史さん:2013/06/25(火) 01:11:33.19
>昔から、芸能界や任侠らカタギじゃ無い世界は在日韓国系が多かったが、
>今は、芸能においては本場者が流行りだしたけんのう(笑)。

インキンってネット巡回しているわりには、世情に疎いのね。あんたが支持してた
ミンスが下野してから、そういう連中がサーッといなくなっていったことに
気付かないわけでも無いだろうし、そういう現実を見たくない気持ちは分かるよ

でも、そろそろ現実を受け容れないとね

742 :日本@名無史さん:2013/06/25(火) 01:16:09.57
民主主義の意味もまるで理解してないんだよなぁ、このツルッパゲは

743 :日本@名無史さん:2013/06/25(火) 06:43:32.86
>>740
>世界に通用せん

そもそも、慰安婦問題を崩しに崩している2ちゃんの論は世界に発信されてない
慰安婦問題では世界とやらは2ちゃんの足元にも及ばない
上下朝鮮人のロビー活動等は簡単に崩壊する綱渡り駄論でしかない

日本政府マスゴミが売国外患糞レベルで上下朝鮮人に配慮しているから上下朝鮮人は生きれているだけ
上下朝鮮と同じロビー活動を日本が本気でやれば下朝鮮=悪の図式化は容易だろ

【カンボジア】“韓国人は王子様”などの文句に騙されカンボジア女性売買も 韓国人男性との結婚が一時禁止[09/26]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1348669315/
> カンボジアでは、2010年3月20日、韓国人男性との結婚が「実際には人身売買である」と見なされ、一時禁止された。
> 日本のマスメディアでは報道されなかったが、これは3月18日に韓国で起きた「カンボジア人妻殺害事件」が関係している。韓国江原道春川の
>マンションで、当時45歳だった夫が、カンボジア人の妻に睡眠剤を飲ませた後、放火して殺害した事件だ。
【社会】 "日本人女性100人レイプ"の韓国カルト宗教「摂理」、入管難民法違反で新たに関係先捜索
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1169171561/
日本人を大勢レイプしたゴミ虫朝鮮人
http://www.youtube.com/watch?v=xqj53aNqQeM
統一教会の女性信者6500人が韓国で行方不明
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1324356942/
アメリカで朝鮮排除ロビー活動するなら、バージニア工科大学銃乱射事件やロス暴動等を大々的に流布すれば良し

744 :日本@名無史さん:2013/06/25(火) 13:31:06.98
軍の関与はいいとして、強制連行ってあったの?

745 :日本@名無史さん:2013/06/25(火) 13:40:53.28
朝鮮人が人身売買した事はあったけど
朝鮮人ですら連行はしてないよ
女衒は儲かる商売、売春婦も高給取りだから連行する必要無いしね

746 :日本@名無史さん:2013/06/25(火) 13:51:11.19
国家総動員法が適用になると、徴用ってのはあったよね。

747 :日本@名無史さん:2013/06/25(火) 14:30:02.73
>日本も靖国カルトが慰安婦の強制連行や軍の関与が無ぁとか世界に
>通用せんトンデモ云いよる程度じゃけぇ、

で、仮に上の妄想が真実だったとしてだよ

親類縁者に軍隊関係者の多かった白馬青牛先生は、これまでどのく
らいの頻度で半島に謝罪行脚に出て、「私が証拠」と強弁するやつらに
どれだけの個人的な謝罪をし、どれだけの賠償金を支払ってきたの?

そういうこと書かないとさぁ・・・

日本にいて、その穢い口で、自分の気にくわない連中に口角泡飛ばしてる
だけの左曲がりのハゲと同じなんだよなぁ。白馬青牛先生は行動するホモなん
だよね?

748 :日本@名無史さん:2013/06/25(火) 19:20:18.13
>>746
連行と全く異なるよな徴用は

749 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/26(水) 02:08:38.81
>>741
わしゃ、少なくともカルト極右の松下政経塾系の民主党員を支持したこたぁ
無ぁよ。世間から隔離されて学ぶもんなんかあるまあ(笑)。
じゃが、日本の企業は、会社系神社とか社員教育マインド・コントロール
なんか、まさに>>617-618の中世のカルト宗教体質で未だに反近代じゃけんのう。
>>747
 親類にゃ広島師団や近衛師団の将校もおったが、少なくともわしの親類は
部下を見捨てて逃げる旧軍上層部の趨勢から外れとったし、将校を志願せず
下士官や兵卒となった親類も悪兵で上官を殴ったりしても、仲間や部下に愛情を
持って、上に従順な奴隷根性は持っとらんかったんが誇りじゃわい。
 わしゃ、戦前の愚かな軍の行為は謝罪しても、個人的に金じゃの支払う
義務も無ぁわ。左曲がりなんは、>>647-648国家社会主義かぶれりあんたら
ネット右翼で、共産主義同様権力の奴隷じゃけんのう(笑)。

750 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/26(水) 02:14:31.80
>>744-745
騙されて強制的に売春婦にさせられたんよ。
http://ianhu.g.hatena.ne.jp/kmiura/20070713/1184268701
土金富之助『シンガポールへの道 ―ある近衛兵の記録(上、下巻)』 (1977)
「私達は、朝鮮で従軍看護婦、女子挺身隊、女子勤労奉仕隊という名目で狩り
出されたのです。真逆慰安婦になんかさせられるとは誰も思っていなかった。
外地へ輸送されてから、はじめて慰安婦であることを聞かされた」 彼女達が、
はじめてこういう商売をするのだと知った時、どんなに驚き、嘆いたことだろうと
考えると気の毒でならない。 Y子は真剣な面持ちで、訴えるように話を続けた
「今更、悔やんだって、嘆いたって仕方のないことだけど、当時は毎日泣きながら
過ごしたの。日本軍が憎らしかった」
http://www.kanpusaiban.net/kanpu_news/no-48/hirao.htm
朝鮮人の女性たちは、大概二十〜三十人の規模で船に積み込まれていたとSさんは、記憶している。
軍隊という巨大な機構は、兵隊の嗜好品を積み込む意識のまま、生身の女たちを船倉に押し込んだ。
傍目から見ても女性たちの様子が可哀相だから、Sさんは女衒とみられる見張りの男性に
思い切って、 「泣きよるやないか。どうしたんか。あんたたちは、どうしてこんなことを
するのか。」 と問い質してみた。その男は、いきり立つでもなく思いの外、落ち着いた
口調で答えたそうだ。
「おいたちも好んでじゃない…やりとおない。しかし、軍の命令で、何日までに女を
何人連れてきて船に乗せろと言われる。もし、その命令をきかんやったら、おいたちが
憲兵にやられる。おいたちも命がけだ。」
 聞き取りの途中、私は思わず、もし業者の男が憲兵の命令に背けば、監獄に入れられる
ことになるのかと問いかけた。Sさんは、クックックッと呆れたような笑い声を洩らし、
かすれた声で言下に言ってのけた。
「憲兵なんて、そんな生易しいもんじゃない。すごい権力を持っていたんだから。
警察でも震え上がるくらいのもんだった。今のひとたちには、わからんやろう。」
 戦争体験世代なら慰安婦の強制連行は事実なんを知っとってじゃ。

751 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/26(水) 02:21:24.15
>>746-748
徴用たぁ便利のええ言葉で、強制連行まで、さしくれる(誤魔化せる)(笑)。
 権力側の綺麗事よのう。例えば中国人を拉致し
強制連行した記録でも「公式の文書」には「華人労務者 内地移入ニ 関スル件」で、
「移入スル華人労務者ノ募集又ハ斡旋ハ」とか 「契約期間ハ二年トシ」と閣議決定文
じゃあ、外国人労働者受け入れと、さくくれる(誤魔化せる)抽象的なもんじゃが、
次官会議決定となると、「移入スル華人労働者ノ供出又ハ其ノ斡旋ハ」と、
「募集」から「供出」になり、まだ曖昧じゃが強制されたことを臭わせよるけんのう。
次官会議から下の機関、内務省が厚生省、軍需省 との連名で地方に通達する段階に
なると「移入華人労務者取締要領」と、だいぶ具体的なり、「取締」じゃけぇ
「二年契約の募集」が実態として大嘘であることがバレるんじゃ。
 つまり、歴史の公文書なんか、閣議の処が後世の歴史に残る可能性が強いけぇ、
出鱈目なもんよ。歴史学たぁ、公文書教条建前論を真実の実態を暴くことにあるんじゃ。

752 :日本@名無史さん:2013/06/26(水) 09:19:47.80
>わしゃ、戦前の愚かな軍の行為は謝罪しても、個人的に金じゃの支払う
>義務も無ぁわ。

自分がやらないこと、出来もしないことを繰り返し他人様に求めるって
どういうことなの・・・

仮にあんたの妄想が真実だったとしてだよ
-----------------------------------------------------------------
これまでどのくらいの頻度で半島に謝罪行脚に出て、「私が証拠」と強
弁するやつらに どれだけの個人的な謝罪をし、どれだけの賠償金を支払
ってきたの?
-----------------------------------------------------------------
こういうことちゃんと書かないとさぁ・・・

日本にいて、その穢い口で、自分の気にくわない連中に口角泡飛ばしてる
だけの左曲がりのハゲと同じなんだよなぁ。どうも話を聞いてると白馬青牛
が↑のようなおかしな人間だというのは紛れもない事実なんでしょう?

『違うわい!』というなら、はっきりご自身の経験から物言ってくださいよ。

そうじゃないと、『戦争体験世代なら慰安婦の強制連行は事実なんを知っとって
じゃ。』こういうのも含めて全部伝聞だからね。このレベルの話で強弁できる
神経がワケワカなんであってね

あなたみたいなもんは、ただ年が爺なだけで、伝え聞いた話で、あるいはメディアの
紀事やなんかで妄想して、自分の考えに合わない人間を排撃する街宣右翼や反日左
翼、ネット右翼なんかとまったく変わらないんで

いい加減、鏡みなよ

753 :日本@名無史さん:2013/06/26(水) 23:12:34.47
墓っぽいのがちょっとある!ホッポーカクポジン征服王朝説は真実!


まさにキチガイ

754 :日本@名無史さん:2013/06/26(水) 23:15:49.64
牛の頭では
臭う(妄想)=確定

となります

WWより裕福な現代でも、売春させろデモをするくらい朝鮮人等は売春に積極的w慰安婦の自主性がホッポーカクポジン征服王朝説より遥かに容易に推測出来る

2013年3月8日衆議院予算委員会 質疑
http://www.youtube.com/watch?v=Gucs-6lHtkc
48分辺りの発言「朝鮮半島の議員、役人、警察は8割が朝鮮人」

韓国 売春婦達の売春させろデモ
http://www.youtube.com/watch?v=YNofMxrQ--I

【海外】国外で売春をする韓国人女性10万人以上、日本同様に米国でも社会問題に…悪質「日本人とやれる」を売りに韓国人女性登場
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1351329064/

755 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/27(木) 00:52:21.18
>>752
 わしゃ、そがん酷いことやっとらんし、わしの親戚筋もやっとらんよ。
日本人の責任上の謝罪ならええが、個人や家族は関係無ぁわ。
>>750のも場所は広島の宇品じゃが言葉の訛りで解るよう「からゆきさん」
「娘子軍」誘拐拉致の産地の九州人じゃし、広島人の戦前世代の方々なら
多くの方が知っておられるよ。こっちにもヒントを書いてやったが。
女衒なら、村岡伊平治ら日本人が有名じゃろうに。しかも同胞の日本娘を
拉致したり騙したりして「からゆきさん」「娘子軍」にしたけんのう。
日本は軍自体が憲兵を使うて、世界各地の女を慰安婦したよ。
「女の乗せない輸送船」に軍事物資として女たちが積み込まれとったん
じゃに。日本軍の関与は明らかじゃし、世界中が認めとることじゃ。
日本の嘘は吐き体質で、最近また世界中に恥を晒したけんのう。

756 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/27(木) 00:59:57.79
>>952
伝聞は、隠蔽権力の政治要素から自由じゃし、真実を語っておられるが、
あんたぁ最前線で戦われた将兵の証言たぁ、部下を見捨てて逃げて隠蔽
する上層部や実行犯の憲兵の連中の弁護してもつまらんよ。
>>946の続き。わしが過去書いたものから。
http://www.logsoku.com/r/chiri/1071589634/
608 : 205[] 投稿日:05/01/31 23:46:09 ID:tNrVei1Y [1/1回]
終戦前後の話で、『宜昌憲兵隊長のS准尉は、私物をまとめて、
八月十二日漢口に出張用務と自作して、部下憲兵にひと言も明かさず単身
宜昌を脱出した。部隊側では、情報収集の早い憲兵隊のことで、命が
惜しくて逃亡したのだろうとあきれたり、笑ったりした。憲兵歴の長い
S准尉は、中国人たちを何十、何百人殺傷したか知れず、数々の恨みを
買っていた日本憲兵は、終戦後、軍事裁判に付され多数が処刑され、
下級下士官、兵でも十年以上の重労働の刑に処せられた。現地で終戦を
迎えたら銃殺刑にされることは明らかであった。』
『終戦時S准尉は、日僑収容所に潜り込んでいたが、宜昌時代の兵士に
見つかり「おい、珍しいところで遇うたのう、宜昌のS准尉じゃろうが。」
と鉄拳制裁を受け、その後もS准尉は、賭博のことで因縁をつけられては、
殴られた。S准尉は「どうぞ勘弁してください。身分がばれたら日本へ
帰れなくなります。内証にして下さい。」で済んだ。というのは、
誰も部下を置き去りにして逃げてきたという事情を知らなかった。もし、
わかっていれば、国府軍に突き出されるか、殴り殺されて揚子江に浮く
運命であったろう。』憲兵隊は日中双方から評判が悪い。

757 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/27(木) 01:07:00.30
>>952
>>956の続き。
 朝鮮人慰安婦については、>768-769-770で、元231連隊歩兵小隊長 後、
陸上自衛隊第13師団 三佐 M下氏の文の引用したよ。
 「9月6日に金光少佐が爆死。翌7日には残存兵力約80名
となり隊長代理の真鍋大尉は傷病兵に自決を命じた。青酸カリによるもの
だった。この時である。『あなた方は、お逃げなさい。日本に義理だて
することはないわ。命を大切にしてお国に帰りなさい。私達は兵隊さんの
後をここで追うから』日本人慰安婦が、朝鮮人慰安婦に白布をかかげて
投降をすすめた。そして青酸カリをあおったのである。突入した中国兵が
数えたとき、その遺体は七体だったという。この情景は、中国軍に投降した
朝鮮人慰安婦が伝えたものである。
「慰安婦もこと朝鮮人については事情が違う。彼女達はいわば日本人に
だまされて強制的に連行されたものが大半である。16〜20歳前後の
若い挺身隊の美名のもとかき集めて送った。だから日本女からすれば、
彼女らを悲惨な谷底へ突き落としたのは同胞の日本人との気持ちがある。
朝鮮女からすれば、仇敵ともいえる日本人に騙され、しかも日本の男に
肉体を提供しているわけだ。つまり日本人に対し怨み骨ずいに徹していたであろう。日本人慰安婦が
叫んだ『日本人に義理だてすることはない』の一言こそは、歴史的に
重さがある。」 あんたぁ、日本人慰安婦も馬鹿にしよるんか?
>>754
 肝心な日本憲兵の犯罪を隠蔽してもつまらんわ。しかも米国は慰安婦冒涜発言の
橋下氏もサンフランシスコ議会全会一致で非難採決されたんじゃに(笑)。

758 :日本@名無史さん:2013/06/27(木) 01:07:22.56
クソ牛
そんなに朝鮮人に誤りたけりゃ全財産投げ出せ
そして、任那日本府について知識がないならここへは来るな
わかったかハゲ

759 :日本@名無史さん:2013/06/27(木) 01:33:25.31
レス番飛びまくってるって事は
また自称蒙古人の北鮮人が中身の無い長文連投してるのかw

760 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/28(金) 00:24:11.03
>>758
 戦争中や終戦時部下を見捨てて逃げた連中が慰安婦軍関与や強制連行を
証拠が無いと幼稚な妄言云うとるんを受け売りする、あんたらネット右翼の
程度の低さを披露してもつまらんよ。部下を見捨てて逃げるくらいネット右翼
でも出来るけんのう(笑)。
全財産なんか投げ出して、アベノミックスに乗って財産を放出して儲からんで
損したと愚痴云うとるんか?
任那日本府なんかトンデモ日本書紀の記述でしか無ぁのに、信仰する方が
可笑しかろうに。
>>759
カルトネット右翼の困った時は、相手を朝鮮人認定たぁ幼稚なのう。
逆にあんたの出自に>>686のよう、『元々日本人ではないからこそ、声高に
「日本」だの 「やまと」だのを唱える過剰適応をしないといけないのだ、
という本音が透けて見える (丁度、朝鮮半島出身者の血が濃ければ
濃いほど「日の丸」「君が代」を他人に押し付けたがるように』
都合が悪いことを隠しとるんか?

761 :日本@名無史さん:2013/06/28(金) 08:01:24.93
>日本人にだまされて強制的に連行されたものが大半である。

自己矛盾。
「だます」と「強制」は相反する。

762 :日本@名無史さん:2013/06/28(金) 23:34:32.72
クソ牛、任那日本府についての知識がないならここから失せろ
邪魔だホモ野郎

763 :日本@名無史さん:2013/06/29(土) 06:58:55.04
>>760
>アベノミックスに乗って

「アベノミックス」ワロタw
お好み焼きの豚玉ミックスと間違えてるだろ、おまえw

764 :日本@名無史さん:2013/06/29(土) 07:16:42.21
>>760
>任那日本府なんかトンデモ日本書紀の記述でしか無ぁのに、信仰する方が
>可笑しかろうに。

崇神の時代に任那国の蘇那曷叱知(そなかしち)が朝貢してきたとあるが、
それと呼応するように日本で大古墳が作られ始める。
大古墳を造営するには鉄具が不可欠。
そして半島南部に日本の布留式土器が増える。
任那が日本領であった証拠だろう。

765 :日本@名無史さん:2013/06/29(土) 08:35:25.29
>>764
別にわれわれ、日本書紀をまんま信じてるわけではないのにな
中国側の史書と考古学的確証があればなるほど信ぴょう性高し、という話だ
中国側の史料は、日本書紀と三国史記とは異なり、この場合第三者。客観性がある

日本書紀に出てくる任那人等の人物名は中国・朝鮮の史料にはない
きわめて貴重だよね

766 :日本@名無史さん:2013/06/29(土) 15:42:03.52
出土品からは、金官と大和が極めて深い関係にあったことはわかるが、
支配被支配関係はわからない。
この時代は日本書紀では神后・応神の時代にあたり、もっとも謎が多い。

767 :日本@名無史さん:2013/06/29(土) 16:04:34.20
>>766
>支配被支配関係はわからない。

人口はもちろん、国力で大和が圧倒してると思うが。
新羅の4代目王が倭人であることはご丁寧にも三国史記に書いてくれてるが、
ならば金官など何をか言わんやだ。

768 :日本@名無史さん:2013/06/29(土) 18:19:23.41
エジプト王国はアジアを附庸国にしていた
中央との間にあったパレスチナはといえば勿論エジプト領

ペルシャ帝国はギリシャ諸国を附庸国にしていた
中央との間にあったトラキアはといえば勿論ペルシャ領

オスマン帝国はクリミア汗国を附庸国にしていた
中央との間にあったハンガリアはといえば勿論オスマン領

漢・魏帝国は韓族を服属させ間接支配していた
中央との間にあった玄兎、楽浪、帯方郡はといえば勿論漢・魏領

唐帝国は新羅国を附庸国にしていた
中央との間にあった安東都護府はといえば勿論唐領

769 :日本@名無史さん:2013/06/29(土) 20:41:29.31
>>767
それ言い出したら、ニニギやら神武やらも
渡来系じゃないの?
先住民を滅ぼしてるが。

770 :日本@名無史さん:2013/06/29(土) 20:53:34.66
縄文人と見て間違いないのは諏訪のモレヤ氏くらいか?
安東・秋田もかな。

771 :日本@名無史さん:2013/06/29(土) 21:05:37.63
>>769
ににぎと神武天皇は倭諸国の統一に邁進した縄文系古墳時代人。
倭国は倭人や馬韓族の王が居た新羅とは貴種性が違うよ

772 :日本@名無史さん:2013/06/29(土) 21:17:43.68
>>769
渡来系というのは何を持って渡来系としてるのか不明だが、
神武が南九州に縁があるのは間違いなさそうなんで、
いわゆる長身のっぺり顔の弥生人ではないと思う。
神武の相棒の久米は顔に刺青してた男だし。

773 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/29(土) 23:47:03.90
>>761
 騙して、同意無しに戦場の前線に慰安婦として送るんじゃけぇ矛盾なんぞ
しとらんわ(笑)。ほいから面白いスレから引用しとこう。
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/mass/1363322694/
185 :文責・名無しさん:2013/06/25(火) 12:34:05.31 ID:GKvkr5Xu0
「侵掠」読売新聞従軍記者小俣行男
ここにも”聖戦”のかげに女がいた。”聖戦”といい”皇軍慰問”といって女
を連れだすのだが、その慰問の実態がこれだったのだ。私は、その後も、こう
いう慰安婦たちから話をきく機会があったが、朝鮮人女性の場合など、強制連
行同様であった。何も知らない少女たちが、戦場に連れてこられて、性に飢え
た兵士たちを相手に、一日、何十人もの”労働”が課せられるのだ。何人も相
手をしていると、しまいには”死んだ”ようになってしまう。
 それでも、殺伐な戦場から帰った兵士たちは、慰安所に殺倒した。このころ
のように日本軍が勝ち戦さをつづけている場合はまだよかったが、敗戦をつづ
けるようになると、足手まといの彼女らは、戦場に置き去りにされた。太平洋
戦争下で、これら慰安婦たちの哀話は多い。
 読売にもまともな人はいるのだ

774 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/29(土) 23:49:42.32
>>761>>773の続き。
『戦場と記者 - 日華事変、太平洋戦争従軍記』小俣行男
(朝到着した貨物船で、朝鮮の女が四、五十名上陸したと聞き、彼女らの宿舎
にのりこんだとき)私の相手になったのは23、4歳の女だった。日本語は上手
かった。公学校で先生をしていたと言った。「学校の先生がどうしてこんな
ところにやってきたのか」と聞くと、彼女は本当に口惜しそうにこういった。
「私たちはだまされたのです。東京の軍需工場へ行くという話しで募集があり
ました。私は東京に行ってみたかったので、応募しました。仁川沖に泊まって
いた船に乗り込んだところ、東京に行かず南へ南へとやってきて、着いたとこ
ろはシンガポールでした。そこで半分くらいがおろされて、私たちはビルマに
連れて来られたのです。歩いて帰るわけに行かず逃げることもできません。
私たちはあきらめています。ただ、可哀そうなのは何も知らない娘達です。
16、7の娘が8人にいます。この商売は嫌だと泣いています。助ける方法はあ
りませんか」
 考えた末に憲兵隊に逃げこんで訴えるという方法を教えたが、憲兵がはた
して助けるかどうか自信はなかった。結局、8人の少女は憲兵隊に救いを求
めた。憲兵隊は始末に困ったが、将校クラブに勤めるようになったという。
しかし、将校クラブがけっして安全なところでないことは戦地の常識である。
「その後この少女たちはどうなったろうか」

ネトウヨの大好きな台湾も全会一致で非難決議可決w
ネトウヨってこういうのをちゃんと読んだことが無いんだよな

韓国にもいろんな団体や学者、運動家がもちろんいるけど、議会っていう
公的な機関の慰安婦認識がどういうものかっていう基本的部分をネトウヨ
は知らない

775 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/30(日) 00:07:31.84
>>761
>>773-774のように、ネット右翼らは無知じゃが、日本の御用文化人も
大嘘煽りよるけんのう。じゃが政治屋や御用文化人で本気で慰安婦の
軍関与や強制連行に証拠が無い思う人間がおったら、先の大戦の
指導者並みの低脳云うことになるし、大本営発表の負け戦さを勝利と
捏造する体質も無視する妄想思い込みになるわいのう。
大本営発表も日本書紀〜現代まで日本の史料は、大嘘じゃが、
>>762-765の史実と勘違いする低脳までおるけぇ、先の大戦のよう日本は戦争でも
現実認識出来ず負ける国なんよ。

776 :日本@名無史さん:2013/06/30(日) 00:19:25.92
>現実認識出来ず負ける国なんよ。

負けた後、日本は異常に発展したね。
悔しいかい?w

777 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/06/30(日) 00:26:06.72
>>775
すんませんのう。>>765氏へじゃのうて>>764へじゃった。
>>763
 アベノミクスでもアホノミクスでも本質は変わらんわ。
>>764
 加耶と朝鮮南部の倭が多い金海地域の支配層は、先住民の墓を破壊した
北方木槨墓人じゃに。土師器、陶質土器も加耶から日本へじゃし、
本末転倒のご都合主義じゃのう。
>>767
新羅の支配層は4世紀以降の積石木槨墓人じゃし、秦韓の時代に新羅
なんか無ぁのに、トンデモ三国史記を信仰しとるたぁ可笑しいのう。
 しかも、倭人は北東アジアの水辺民の総称で勝手列島民と妄想しても
つまらんし、三国史記でも倭は貢物と奴隷を満載して新羅の地じゃけぇ
支配層じゃ無ぁわ(笑)。
>>768
大唐帝国は半島から撃退したんが新羅(旧高句麗、百済人も蜂起した)じゃに、
史実を捏造してもつまらんよ。
>>771-772
 神武じゃの史実に無い架空の神話人物はオカルト板ネタじゃわい。

778 :日本@名無史さん:2013/06/30(日) 00:34:12.32 ID:sBW5dzlK!
>>775
自分自身の言葉で語れない卑怯者は、無理して書き込まなくていいよ^^

779 :日本@名無史さん:2013/06/30(日) 00:36:58.81
>>777
>土師器、陶質土器も加耶から日本へじゃし、
>本末転倒のご都合主義じゃのう。

土師器(庄内・布留)は畿内の弥生土器の発展系なのだが。
もう少し勉強しろ。

>三国史記でも倭は貢物と奴隷を満載して新羅の地じゃけぇ
>支配層じゃ無ぁわ(笑)

三国史記にわざわざ倭人王・脱解の事を書いてくれてるのだから尊重しましょう。(笑)

780 :日本@名無史さん:2013/06/30(日) 00:43:16.38 ID:sBW5dzlK!
白馬青牛「・・・」

白馬青牛「イザベラ女史が〜」

白馬青牛「ネトウヨブログがー」

【最新画像】 韓国のとある女子校の卒業式が凄まじいんだがwwwwwwwwwww
http://asianews2ch.livedoor.biz/archives/24193430.html

781 :日本@名無史さん:2013/06/30(日) 04:36:01.89
任那日本府の話したら

782 :日本@名無史さん:2013/06/30(日) 11:53:44.34
「トンデモ三国史記を信仰しとるたぁ可笑しいのう。」
と言いながら
「三国史記でも倭は貢物と奴隷を満載して新羅の地じゃけぇ
支配層じゃ無ぁわ(笑)。」

わずか一行で自己矛盾 (笑)

783 :日本@名無史さん:2013/06/30(日) 13:24:12.75
>>772
南九州や縄文要素って倭王家にあるの?

784 :日本@名無史さん:2013/06/30(日) 13:32:16.03
明治時代にあった、韓国統監府みたいなものだったんじゃないの?
半島南部に日本の言いなりになってくれる部族があったから、そこに指示を与える出先機関みたいなもの。

785 :日本@名無史さん:2013/06/30(日) 16:38:13.95
>>783
弥生武具や弥生土器や弥生住居は縄文要素満載

786 :日本@名無史さん:2013/06/30(日) 16:50:56.55
>>783
縄文要素って言えば三種の神器にもなってる勾玉だろうね。

あと鹿児島県志布志に京ノ峯遺跡という弥生時代の遺跡があるが、
円形周溝墓に陸橋がついたもので、
瀬戸内にも同系のものがあり、前方後円墳のルーツともいえる。

また神武の橿原宮は現在の橿原神宮でなく、
鳥越憲三朗さんが言われたように、
御所市柏原が有力とされてきてるが、
この柏原の近くに薩摩や吉備と言う地名があり、
その薩摩にある薩摩遺跡が発掘されてるが、
弥生時代から古墳時代まで人が住んでることが確認されてる。

787 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
>>779
 筒型銅器にしても、日本起源じゃの大本営捏造体質の日本の歴博や
考古学会の教条的常用句を代弁してもつまらんよ。
旧石器捏造を煽った歴博の年代測定大本営発表信じよる低脳じゃ
あるまあに(笑)。
>>780
実際韓国へ旅行したことすら無ぁ、カルトネット右翼がネット右翼御用達
ブログの受け売りたぁ幼稚過ぎじゃと思わんや?
>>781
 史実に無ぁ任那日本府を捏造してもつまらんよ。
>>782
矛盾しとらんよ。三国史記のトンデモですら、倭は優位に無い奴隷被支配民
云うことじゃに。北東アジアの水辺民たる倭を傀儡王位云う地位につけても、
倭は蔑視された奴隷供給に利用しとるだけじゃないか(笑)。
>>783
記紀の南九州の大隅とか日向隼人の扱いは異民族奴隷で、宮門で犬の真似
して遠吠えで、天皇家近習騎馬護衛兵は、西史氏や秦氏のような渡来系で
異民族隼蝦夷は足軽中間の卒族で渡来系は上層武人と扱いが違い過ぎるよ。
新規渡来系も同種族意識と、日本の先住民蔑視よのう。
>>785-786
弥生期の土器に縄文的要素は乏しかろうに。
勾玉の産地は越後の高志じゃが、北方渡来系の出雲に奪われ拉致された
職人が出雲で玉造して新羅に転売しただけよ。
薩摩の弥生期は低顔、広顔の縄文系で高顔、狭顔の北方渡来日本列島支配層
たぁ違うわいのう。

788 :日本@名無史さん:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
>>787
>筒型銅器にしても、日本起源じゃの大本営捏造体質の日本の歴博や
>考古学会の教条的常用句を代弁してもつまらんよ。
>旧石器捏造を煽った歴博の年代測定大本営発表信じよる低脳じゃ
>あるまあに(笑)。

何を言ってるのだ。
布留式土器が日本の物であることは韓国側も認めてるわけだが。
何故、韓国南部で見つかるかについては、
一部の韓国人学者は、伽耶の建設に狩り出された倭人の物などと、
例によって下らないナショナリズム丸出しのふざけた解釈をしたりもしてる。

どっちにしても布留式土器が伽耶発祥などと、
誰も言ってない間違った事を言い続けるのは、おまえの勝手だが、
それは、おまえが恥をかき続けるということだから、
そのつもりで言い続けるように。

789 :日本@名無史さん:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:uXts0Im5!
牛の毛だか馬の毛だかで作ったヅラ被って、岡山の美少年漁りをしようとするようなホモだから

恥とかそういう概念がないんだろうね。もうとっくの昔に、脳味噌も性格も行動も言動も、ゴミみた
いな人間だってバレてんのにさ。自尊心を保つためかどうか知らないが、他人の書き物剽窃して
それを貼ってドヤ顔して、ウソを糊塗して、まわりの失笑を勝ってることすら気が付いていないん
だよなぁ。

ハゲ、おまえの評価は最底辺ということでだいたい定まってるからさ、這い上がりたいんなら
行動で示せよ。最底辺ってのは自分でものを考えられず、プライドだけ高い見栄っ張りのコソ
泥奴隷のことな。ホモ牛さんよ、あんた自律的な書き込みを出来ないってとこだけで
すでに名無しと同格じゃないからな。

790 :日本@名無史さん:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:uXts0Im5!
そのまま布留式の話で突っ込んでいくと、窮したハゲが天理教の話をはじめるかもなぁ

791 :日本@名無史さん:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
>>787
>史実に無ぁ

ホッポーカクポジンカルトも忘れた牛

792 :日本@名無史さん:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
ま〜た日本スタイル丸出しの新しい古墳が

【韓国】古代日本が韓半島を支配? ‘任那日本府説’がでたらめであることを示す百済の古墳発見[06/27]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1372373225/
>6世紀始めに建てられたと推定される、国内最大規模の石室を備えた鍵穴形の前方後円墳形古墳が発掘されました。

793 :日本@名無史さん:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
>>476
>土地が広い

新羅百済皆似倭為大国多珍物並敬仰之恒通使往来。

>並敬仰 ←

794 :日本@名無史さん:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
>>793
隋書のみその記述ってことは日本が直接勢力を及ぼそうとしている間は仲が
拗れているが、勢力後退して珍物のやりとりに終始している間は仲が
良好ってことかもしれんな

795 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
>>788-790
 そもそも、布留式土器が韓国のどこで見つかったんか?
加耶陶質土器文化が日本へ伝わったことを無視し、布留式云うローカル
名でさしくるな(誤魔化すな)や。布留式土器も渡来系の影響に過ぎんわ。
>>792
前方後円墳の原型は高句麗じゃが、百済云うたぁ全羅道朝鮮の倭地域じゃけぇ、
弥生期の韓系支石墓人が九州西部の支石墓人となった頃からの縁に過ぎんよ。
>>793-794
 隋書の記述の珍物が多いことの物質上を無視してもつまらんよ。
ほいから、隋書に難波も飛鳥の記述が無ぁけぇ、九州王権の話を日本じゃ云うたら
電波になるわいのう(笑)。
九州の筑紫の勢力は新羅とは仲がええよ。それゆえ畿内王権の側の記紀にゃ、
磐井の乱記述のように悪者逆賊扱いされとるんよ(笑)。後も筑紫にゃ
東国奴隷の防人を置いて、筑紫勢力と新羅の両方を牽制したけんのう。
九州西部の方は、百済が支配した朝鮮の倭地域と交流が深いが、
半島部を新羅が統一すると、機内王権よりも新羅寄りの立場取ることが
あったわい。肥前諸郡司の新羅通牒事件なんか典型よのう。

796 :日本@名無史さん:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
>>795
>そもそも、布留式土器が韓国のどこで見つかったんか?

馬山や慶州だ。

>加耶陶質土器文化が日本へ伝わったことを無視し、

全然無視してないが。須恵器は半島だが何か?

>布留式云うローカル
>名でさしくるな(誤魔化すな)や。布留式土器も渡来系の影響に過ぎんわ。

おまえは全く基本的なことが分かってないだろ。
庄内や布留という土師器は、畿内の弥生土器の発展系。
したがって畿内発祥であることを疑う考古学者は誰一人いない。
もはや常識。
庄内が九州発祥だと言ってる安本は思いっきり頓珍漢。
まぁ彼は古代史家であって考古学者ではないけどね。
そして土師器は伽耶発祥と言ってるおまえはスーパー頓珍漢。

恥かくのが嫌という感性が少しでもあるなら降参しろ。

797 :日本@名無史さん:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
>前方後円墳の原型は高句麗じゃが

ないないw
20年前、北朝鮮にある前方後円型積石塚を朝日新聞が報道し、
近い内に詳細な報告があると言ってたが、
あれから20年以上経過したが、まったく報告がない。
まぁ人民を動因して捏造したのだろうね。

まぁ所詮、朝鮮人だ。

798 :日本@名無史さん:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
>>795
>大国たぁ土地が広い云う意味でしか無ぁよ。

敬仰 ←どう見ても土地が広いという意味じゃない

799 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
>>796
 布留は古墳期の土師器で弥生土器じゃ無ぁわ。それを朝鮮南部も布留じゃと
大嘘云うてもつまらんわ。まあ、弥生土器自体も朝鮮東満州から渡来したもんじゃし。
赤軟質土器系統はのう。
安本美典氏が如くネット右翼に近い国粋派でも、ネット右翼が畿内王権(大和朝廷)
拡張論の左翼歴博に迎合する理由も嫌韓感情からのようじゃのう(笑)。
>>797
高句麗は元来方墳プランに、円墳を加えた形態が前方後円墳じゃし、
朝日新聞の意図じゃのうても、左翼から評判の悪い旧国軍考古学派の
右翼視された江上波夫氏も、森浩一氏も肯定されとるよ。
>>798
 敬仰の前提が珍物じゃけぇ、つまらんよ。

800 :日本@名無史さん:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:17uZE/A5!
>>799
>庄内や布留という土師器は、畿内の弥生土器の発展系。>>796
                ↓
>布留は古墳期の土師器で弥生土器じゃ無ぁわ。>>799

めんどくせぇ(笑)ホモ牛さん、あなた他人と話をする以前の問題がありすぎて
お話にならないんですよ。割とマジで、あなたアタマの方のビョーキですよね?
まず、日本語で書かれた文章の読み方からお勉強しましょうね^^

801 :日本@名無史さん:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
牛は分裂症だと思う

802 :日本@名無史さん:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
>>799
原型のソースを出せ

803 :日本@名無史さん:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
>>799
>布留は古墳期の土師器で弥生土器じゃ無ぁわ。

当たり前だ、土師器というのは古墳時代の土器で、弥生土器と分ける為に付けられた名称なんだから。
ただし土器自体は畿内系弥生土器の発展系であり、
車に例えたら、例えば本田フィットのモデルチェンジをT期、U期、V期、W期と分類したとして、
V期を庄内、W期を布留とし、総じてV期以降を土師器と呼ぶようなもの。
しかしながら本田フィットであることには違いないだろ?
そういうこと。

>朝鮮南部も布留じゃと
>大嘘云うてもつまらんわ。

韓国南部に日本の土師器が見つかってるのは客観的事実。
君が喚いて変わるものではない。
NHKプロジェクトJAPAN 「日本と朝鮮半島2000年」でも、
韓国の海辺の町からごろごろ見つかってた映像が流れてたが。

>江上波夫氏も、森浩一氏も肯定されとるよ

江上、森、上田という3馬鹿大将が北朝鮮に招待され、
熱烈歓迎され、酒の席で気分が高揚した後にそれらしき古墳を見せられ、
「前方後円墳だ!」と叫んだって話ね。
最初からそう認めてもらうために北朝鮮に招待されたのだよ。

最近では鳩山が中国に招待されて尖閣でアホ発言してるのと同じ。

しかし彼ら江上、森、上田がいくら勢いで叫んでも全然関係ない。
詳細な発掘報告書もないのに認められるはずもない。
だいたい江上の騎馬民族説なんて見事に否定されててもはや過去の人。

804 :日本@名無史さん:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
所詮、東北工程に対抗するためのプロパガンダにすぎんよ

805 :日本@名無史さん:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
>>799
何がつまらんのかサッパリ
広い土地とか無理有り過ぎだろ
牛風に全文訳してみろ

806 :日本@名無史さん:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
>>805
自称契丹人が漢文読めないの知ってるくせにw

807 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
>>803
土師器は、無文土器じゃし、須恵器より劣る技法に過ぎんよ。品質の悪い
安物じゃ。朝鮮半島にも安物の土師器が出土しても、安物利用の本質は
変わらんわ。
 鳩山氏は中共で別段可笑しな話はしとらんよ。日本のマスメディアがあたかも、
売国奴扱いで採り上げる自体、国家権力の迎合機関で中共とレベルが変わらん
だけのこと。
 江上氏や、森氏、上田氏らは、日本の中じゃ数少ない真っ当な学者の方じゃし、
江上氏の騎馬民族征服王朝説を誰が否定したんか固有名詞を挙げず、
否定された連呼のお経を唱え、他者工作活動たぁ幼稚なのう。
まあ、ネット右翼が騎馬民族説批判の学者の引用云うたら、毎度共産主義親派の
学者じゃないか(笑)。

808 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
>>802
http://www.d4.dion.ne.jp/~arai-n/pic1196.htm
積石塚前方後円墳は集安の鴨緑江の上下流域と日本に存在します。
左: 集安市から約100km下流の鴨緑江の北朝鮮側に位置する雲坪里古墳群の、
前方後円墳とされる積石塚(4地区8号墳)です。手前側が前方部で後ろが後円部と
されています。12×8m、主槨と副槨を検出、築造年代は不明、近くの
蓮舞里古墳群がBC1−2なので、同時代と思われます。
左: 集安市から約100km上流の鴨緑江の北朝鮮側に位置する、松岩里古墳群の
前方後円墳とされる積石塚(1地区88号墳)の見取り図です。築造年代は不明
(BCか)。

809 :日本@名無史さん:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
>>807
>土師器は、無文土器じゃし、須恵器より劣る技法に過ぎんよ。品質の悪い
>安物じゃ。朝鮮半島にも安物の土師器が出土しても、安物利用の本質は
>変わらんわ。

論点ずらしてトンズラかよ。
無文土器なんて話は、自動車は全部ドイツだ!みたいな
時代をムチャクチャにした議論であって、
3世紀以降の土師器が畿内土器であり、
それが半島から出土する事実には反論できないのだな。
ならば君の負け。

>江上氏や、森氏、上田氏らは、日本の中じゃ数少ない真っ当な学者の方じゃし、
>江上氏の騎馬民族征服王朝説を誰が否定したんか固有名詞を挙げず

江上の茶坊主だった奥野を除いて、
支持者が全くいないのだから考古学者ほぼ全員が否定ということだな。
韓国の申教授はとうとう老害が入ったのか、
最近、我慢できず騎馬民族説を唱えはじめたみたいだが、
武末純一さんにこっぴどく論破されて撃沈。
半島の武装スタイルが日本に入ってないばかりか、
日本の甲冑が伽耶はもちろん百済方面にまで出土する事実は、
日本書紀や好太王碑文に見られるように、
日本が伽耶はもちろん百済まで臣民にしてた証拠だ。
つまり騎馬民族説と全く逆で倭人による半島南部征服説が正解だ。

810 :日本@名無史さん:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
>>808
残念。
日本の前方後円墳は弥生時代の徳島や鹿児島の志布志にみられるような、
円形周溝墓に陸橋がついたものからゆっくり発展してきて、
このような赤穂の有年原田中墳墓に見られるように、
http://www.masahiko-fukushima.com/ramune2/ramune2/4_hyougoken_files/IMG_8809.jpg
円形に方形の祭壇が付いた物になり、
やがて纏向石塚あたりに継承されていくので、
高句麗なんて全然関係ないの。
だって高句麗の積石塚はルーツなら円形周溝墓に逆戻りすることはないからな。

「江上氏の騎馬民族征服王朝説を誰が否定したんか固有名詞を挙げず」
と聞いてきたのだから、
逆に誰が前方後円墳高句麗起源説を唱えてるのか固有名詞を挙げて言ってくれ。
森さんは韓国の円墳まで前方後円墳と間違えた、
自分のおっちょこちょいぶりを反省したのか、見事にトーンダウンした。

811 :日本@名無史さん:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
×だって高句麗の積石塚はルーツなら
○だって高句麗の積石塚がルーツなら

812 :日本@名無史さん:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
狗邪韓国関係の動画がコッソリうpされていてワロタ

http://www.youtube.com/watch?v=z3S2uxY8XtI

813 :日本@名無史さん:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
半島で勾玉が出る地域。
http://yamatai.cside.com/katudou/image/241-5.gif

このあたりがおおよそ日本領。

814 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>809-810
 土師器を畿内土器に分類する自体、歴博の畿内中心史観よのう。
須恵器と違い、低温度で焼いてつくる土師器のどこがええんか?
須恵器が列島から出土する時点で、高度な技術は渡来系が文化を伝えるけえ、
あんたの負けじゃに(笑)。
 短甲も朝鮮からじゃに、鎖国史観丸出しで大本営発表が如く、敵艦隊撃沈
と景気ええ標語とどうよう論破じゃの、史実は日本軍がぼろ負けしたんと同様
の妄言云うてもつまらんわ(笑)。倭人を列島人工作もトンデモじゃし。
円形(方形)周溝墓も四隅突出墳も、北方渡来系の積石文化が基盤じゃけぇのう。
あんた、韓国西南部の前方後円墳を否定するんなら、列島系も否定すりゃあ
ええのに。

815 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>809-810
前方後円墳高句麗起源説なら、無能な日本捏造考体質古学村に属されん在野の
人たちも考察されとるよ。
http://www.geocities.jp/taru638/page008.html
箸墓が倭人伝に記された倭国の墓ではなく、卑弥呼の墓でもなく、とうぜん畿内が邪馬台国の所在地ではない証拠で
ある。倭人伝には「土を盛りて冢となす」とあり、「石を積て封となす」と書かれた高句麗の墓によく似ている。
積石塚は、紀元前から高句麗の支配地域に有り、高句麗の墓制であると考えられている。
その高句麗式墓制が日本列島に5世紀になって急に全国に作られるようになった。
箸墓も五世紀に築造されたと考えるのが正しいだろう。
まあ、元来はクルガン遊牧民族の墓制じゃ。
 ほいから日本の体質。
「古代朝鮮の考古と歴史」  編:李成市・早乙女雅博, 雄山閣
朝鮮の学者が数人表題について研究結果を発表しそれについて日本の研究者が質問をする、というシンポジュームの
記録である。 司会は大塚初重教授。
その中でやはり朝鮮の学者から高句麗の積石塚と四隅突出墓についても言及があり、写真もあった。
その写真の高句麗積石塚はまぎれもない前方後円墳だった。
ところでこの本をめくって見て驚いたのが日本の研究者から積石塚の事に対して何の質問も出ていない事だ。
 もはやそれは事実として認めているのか?それとも自分達の史観にとって都合が悪いからあえて無視したのか?
ひょっとすると出席者の間では前方後円墳が高句麗起源である事はもはや常識なのか?それとも敢えて無視している
のか。 邪馬台国畿内説も前方後円墳畿内発祥説も研究者が真実に目をそむけて
いる事から成り立っているような気がする。

816 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>809-810
ほいから、こっちにゃ、あんたら左翼歴博大和中心史観の批判も出とるよ。
http://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/55522331.html
前方後円墳の源流は、日本の広瀬和雄を初めとする大和至上主義者たちの
「前方後円墳国家」にあるような、大和中心的な、一律的な、古墳形式の
大和の許可制とか、それに伴う神獣鏡の分配などといった、あたかも
弥生時代末期から大和が全国を席巻していたかのような大和至上主義に始まる
了見の狭い見方ではなく、前方後円墳の発生も、国家の発生も、東アジア及び
西アジアの動向の影響を受けながら、全地球的な、世界史的な人間行動学にみあう、
動きのなかのひとつの移動とみて、九州には九州独自の古墳の始まり、出雲にも出雲の
始まり、丹後や北陸にはまた独自の始まりがあり、大和もその北陸、丹後、若狭の
高句麗型積石古墳の影響を受けた日本海文化の終着点の一つに過ぎないことを
認識せねばならないのである。
道化者邪馬台国。朝貢外交とはこういうものである。弱いものは道化を演じる。
それは太宰治が書いた『人間失格』を彷彿とさせる。
ほいから、「日本海沿岸の出雲や越を中心に、弥生時代から古墳時代にかけて見られる四隅突出
(しぐうとっしゅつ)墳も、朝鮮半島をはじめとして、東アジア古墳文化の流れの中で
とらえねばならない。このことは四隅突出墳が発見された当初から言われいたことでもあった。
四隅突出墳の源流は高句麗の積石塚にある。」
小林道憲 『古代日本海文明交流圏 ユーラシアの文明変動の中で』 世界思想社 2006
と、、世界史的考察があんたや歴博左翼の段階説、自民族拡張説と
鎖国ガラパゴスなんじゃわい。

817 :日本@名無史さん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>土師器を畿内土器に分類する自体、歴博の畿内中心史観よのう。

土師器の定義をしてみてくれ。
気品的なことが分かってないようなのでそれからの話だ。

>短甲も朝鮮からじゃに、

日本には木製短甲が10数点出土してるが、半島には木製短甲の出土がない。
こういう状況でどうして朝鮮から日本へとなるのだ。

>円形(方形)周溝墓も四隅突出墳も、北方渡来系の積石文化が基盤じゃけぇのう。

全然番う。
http://img5.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/0a/2d/kawakatu_1205/folder/1583928/img_1583928_53526837_3?1299991662

すべて弥生時代の周溝墓が起源。

>>815
>>816
弥生時代の周溝墓を無視してる時点で在野の戯言は意味がない。

818 :日本@名無史さん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
× 気品的なこと

○ 基本的なこと

819 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>813
>>787に、
勾玉の産地は越後の高志じゃが、北方渡来系の出雲に奪われ拉致された
職人が出雲で玉造して新羅に転売しただけよ。
と、書いとろうに。まさかあんた、翡翠の勾玉産地の高志が出雲や朝鮮
南部まで支配じゃのトンデモ珍説唱えよるんか(笑)。
北陸の高句麗出雲系四隅突出墳や高句麗系蝦夷穴古墳と北方渡来系支配
浸透したんが明らかじゃに(笑)。

820 :日本@名無史さん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
× 全然番う

○ 全然違う

目が悪くてすまん。

821 :日本@名無史さん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>819
>勾玉の産地は越後の高志じゃが、北方渡来系の出雲に奪われ拉致された
>職人が出雲で玉造して新羅に転売しただけよ。
>と、書いとろうに。

「拉致された職人」なんておまえの妄想だろ。
日本では縄文時代から翡翠の勾玉がある。
半島南部は3,4世紀以降。
こいつ本当にバカだ、話にならないな。

822 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>817
土師器は古墳期の土器で全国的にもあるわけじゃし、畿内中心史観
自体が可笑しいんよ。
 貧しい木製短甲に還元しても、つまらんよ。短甲自体が日本起源じゃ
無ぁのに、可笑しな工作したがるのう。弥生時代の周溝墓が起源と
図だけのお経唱えても 意味があるまあに。

823 :日本@名無史さん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>822
>土師器は古墳期の土器で全国的にもあるわけじゃし、畿内中心史観
自体が可笑しいんよ。

古墳時代に土師器が全国的広がるのはその通り。
それより土師器(庄内・布留)の定義をしてくれ。
おまえには「出来ない」ということでいいのだな?
出来る人間には畿内土器であることは明白なんだ。

>貧しい木製短甲に還元しても、つまらんよ。短甲自体が日本起源じゃ
>無ぁのに、可笑しな工作したがるのう

貧しい貧しくないなんて関係ないの。
鉄製短甲以前の木製短甲の話だから。
木製短甲がない半島にいきなり鉄製短甲が現れたのなら外来である事を意味するね。

ぶざまなお経唱えてるのは君だよ。

824 :日本@名無史さん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
牛が追い詰められ思考停止した時の口癖


・つまらんよ

・カルト

825 :日本@名無史さん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>815-816

この辺り>>234>>241とループしてるな
しかも北朝鮮のは状況不透明過ぎてゴッドハンドレベルじゃん

826 :日本@名無史さん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
【韓国】古代日本が韓半島を支配? ‘任那日本府説’がでたらめであることを示す百済の古墳発見[06/27]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1372373225/395

827 :日本@名無史さん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>814
>史実は日本軍がぼろ負けしたんと同様

米最強442連隊戦闘団等を見るに装備国力が同等ならこっちが勝ってたな

シナも朝鮮人もホッポーカクボジンとやらもボロ負け衰退したっしょw
ホッポーカクボジン最強伝説カルトを鵜呑みにするとしても過去中の過去
遥か昔のザコの人、過去の人化しちゃったという事に

828 :日本@名無史さん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
既に滅んだ無関係の国で一喜一憂する無意味さ

2011【属国】「新羅は倭の属国」との記述が韓国の古代史研究の第1級資料から見つかる
http://same.ula.cc/test/r.so/kamome.2ch.net/news4plus/1314271878/
「梁職貢図」から新羅・高句麗題起が発見
2011-08-23 13:00
http://imgnews.naver.com/image/001/2011/08/23/AKR20110823082800005_01_i.jpg
新しくあらわれた梁職貢図新羅題記
青黛文集から捜し出して..ユン・ヨング博士公開
「新羅は倭の属国」論議予告
(ソウル=聯合ニュース)キム・テシク記者=韓国古代史研究の第1級資料の中の一つと見なされる
梁職貢図から永遠に消えたと見なされた新羅と高句麗に対する簡略な説明の題記が最近発見された。
特に今回発見された新羅に対する題記には新羅が倭の属国という一節があっていわゆる任那日本府説と
かみ合わさって論議がおきる展望だ。
韓国古代社専攻の仁川(インチョン)都市開発公社ユン・ヨング博士は去る20日西江(ソガン)大茶山館で
行われた新羅史学会(フェチャン、キム・チャンギョム)第107回学術発表会を通じて中国で最近発見報告
された梁職貢図題起を分析、紹介した。
ユン博士は今回公開された梁職貢図題記を南京博物館旧蔵本の梁職貢図版本と比較した結果、「新羅と
高句麗を含んだ7ヶ国の題起は完全に新しく出現した資料で、合わせて百済と倭国をはじめとして既に
知らされた9ヶ国の題起も内容で差が小さくない」と話した。(中略)
ユン博士はこの内容中でも新羅が倭国に属したりもしたという言及が新しく現れた大きな課題であり、
これをどのように受け入れるかによって歴史学界で論議が広がることがありうると付け加えた。
(以下略)

829 :日本@名無史さん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
新羅が倭国に属したりもしたという言及が
新しく現れた大きな課題
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この心性がウリナラファンタジー全開な馬鹿チョンの馬鹿チョンたる所以だなw

830 :日本@名無史さん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>828
去年のニュースだね
まだ関連本とか出てないようだけど、どの辺に属国記事があるの?
オレは勿論任那日本府肯定派だけども

831 :日本@名無史さん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
リンク先が見えない

http://imgnews.naver.com/image/001/2011/08/23/AKR20110823082800005_01_i.jpg
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=001&aid=0005224764

832 :日本@名無史さん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
或は韓に、或は倭国王に許可を得ねば使節を(中国に)送れなかった云々…
の辺りかね

833 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>823
畿内の年代(しかも時代設定は、お役人学者の思い込みのまま。)設定に過ぎんよ。
土器は交流圏分布に過ぎんけぇのう。
木製短甲が遅れてのうて何なら。鉄製短甲は半島経由以外の経由地以外あるまあに。
>>827
中国軍と装備が一緒なら日本は早々に叩きだされとったよ。装備の違いは、
戦闘期間が長期化するかの差に過ぎんに、上層部が無能な日本は、どこと戦争
しても負けるわいのう。まぁ、日系部隊は、日本最強の広島移民が一番多いけぇ、
強いわ。日系部隊は、無能な日本上層部よりましな、韓国系アメリカ人が指揮した
面でも良かったかも知れんのう。
>>828-829
梁職貢図は、百済や新羅でさえも馬韓、弁辰時代の習俗で当時の習俗じゃ
無ぁよ。
>>830
任那日本府を肯定する自体カルトじゃのう(笑)。

834 :日本@名無史さん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>833
>畿内の年代(しかも時代設定は、お役人学者の思い込みのまま。)設定に過ぎんよ。

年代は年輪年代あたりから導かれたものだが、今はその話はしてない。
土師器の定義を論点にしてるのだから、土器の形状、形態の話なのだ。
これでもって土師器が畿内土器か九州土器か半島土器かが分かる。

論点をそらすな、卑怯者。

土師器の定義ができるのか?という俺の質問に何度も逃げてるね。

おまえって困ったらかならず○○カルト、○○史観、○○主義で逃げてるけど、
客観的事実に対して史観や主義は関係ない。
おまえマジで半島人そっくりだ。
そして客観性を感情が上回るという意味で、非常に女性的人間だ。

マジでオカマか?

835 :日本@名無史さん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>833
朝鮮人のお陰じゃなくて日本人兵のお陰だな

最強?
最強の舩坂弘・・・栃木県
戦国では片手千人斬りの土屋昌恒等色々居るわな

836 :日本@名無史さん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>鉄製短甲は半島経由以外の経由地以外あるまあに。

鉄製短甲は日本では椿井大塚山の3世紀後半、
半島では新羅の4世紀前半が最古だが、
まぁ誤差もあるだろうから、一応同時期だとしても、
問題になるのはそれ以前の木製短甲の系譜だな。
半島に木製短甲の系譜がなく、日本には10数点の出土がある以上、
どうして半島経由という発想が出てくるのだ?

オカマさんよ、答えてくれ。

837 :日本@名無史さん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
> 土器は交流圏分布に過ぎんけぇのう。
(笑)。

おまえスエキが日本で見つかると任那人の日本征服の動かぬ証じゃ!ゆうてたやんけw

838 :日本@名無史さん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>832
或いは馬韓に従属し、或いは倭国に従属し。な

839 :日本@名無史さん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>装備の違いは、
> 戦闘期間が長期化するかの差に過ぎんに、

毎度意味がわからん

上層部が無能な日本は、どこと戦争
> しても負けるわいのう。

清には圧勝したな

まぁ、日系部隊は、日本最強の広島移民が一番多いけぇ、
> 強いわ。

ソース出せよ

日系部隊は、無能な日本上層部よりましな、韓国系アメリカ人が指揮した
> 面でも良かったかも知れんのう。

(笑)
悔し紛れに大嘘書くなよ♪

840 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
>>834
その年輪から年代を測定するんは、測定者の個人の主観じゃに、
客観的事実じゃの大嘘平気で吐ける神経が可笑しいわ。
測定者特に歴博大本営発表によればと、解説すらせんで、教条建前連呼
してもつまらんわ。土器の基準は外国の土器と同形状じゃと、同時代性を
あらわすと解釈するんが自然じゃに、自国の起源を出来るだけ古うしたい
トンデモ左翼段階説前提で説明しようとするけぇ、可笑しいんよ。
余程自らのトンデモを認めとるせえか、他者人格罵倒でさしくろう
(誤魔化そう)としても無駄じゃわいや。
>>835
舩坂弘氏ですら、目立つほど関東兵団全般兵士が弱かった云いたいんか?
ガ島でも、名古屋38Dの貝沼軍曹は撤退脱出した時、途中の敵米軍の歩哨や
兵士ら16人を短剣で刺し殺したように、どこの部隊でも敵と遭遇したなら出来る
将兵が多いことすら、弱兵の関東兵団じゃ珍しいんか?
日露戦争じゃ北関東兵士も 東京第一師団じゃったし、日露戦争の戦闘行動ものう…。
http://www.geocities.jp/takesanwind/book/siba/sakanoue72.html#top
 ■乃木軍の大潰乱と大敗走は公表を禁じられてきた
「乃木軍の大潰乱と大敗走がおこなわれたのはこの第一師団において
である。これほどの大潰乱は日露戦争以来、日本陸軍においてはじめて
発生したもので、その後ながく世間では公表を禁じられてきた。」
乃木軍参謀津野田是重が実際に見た情景をかれの文章によって写すと、
 「敗兵のほとんど全部は銃を捨て、剣もなく、ある者は背嚢も帽子も
もっていない。甚だしいのになると脚絆も靴もなく、まったくはだしの
者もあった。……予は狂奔し、大声疾呼して退却部隊に停止を命じたが、
一人としてこれに応ずるものはない。
この潰乱敗走は、一個師団という大きな兵力単位托準這われたという点、
未曾有のことであった。日本陸軍にあっては西南戦争の大阪鎮台が
弱兵で、その後の兵制による大阪の第四師団がもっとも弱いとされ、
東京の第一師団がこれに次ぐとされたが、日露戦争にあっては第四師団に
問題はなく、第一師団がそれをやってしまった。」

841 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
>>839
http://blog.livedoor.jp/hikino_yamaguchi_cop/archives/263773.html
「広島県からハワイ島へ移住した人がとても多く、ハワイの日本人の殆どが
広島弁を話すとか、その移住者たちが日本語で「津波」の話をしいていたのが
そのまま英語でもtunamiという単語で通じるという事を知りました。
ヨーロッパ戦線に参加したのはハワイ島へ移住していた人が殆どだそうです。
図書館で読んだ本ではハワイ移住者は広島県民が多かったとありました。同じ血筋で
アメリカ移住側はヨーロッパ戦線で成果を挙げ米国から勲章を受けていて日本側は
原爆を投下されるなんて酷いです。
http://www7.ocn.ne.jp/~nichibei/hawaii.html
「姉 妹 提 携
広島とハワイの交流の歴史は1868年(明治元年)4月に、153人が初めて移住の
ために渡航したことに始まります。その後1885年に政府間協定による官約移民で
移住が本格的になり、その後の10年間に2万9千人が日本からハワイに渡りましたが、
そのうち40%近い1万1千人が広島県出身者でした。このため「ハワイでは広島弁が標準語」
といわれるほど県出身者が幅をきかせていました。しかし、そのハワイでも3世、4世の時代に
なり、広島でも父祖の苦難の歴史を知らない世代が増えました。」

842 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
>>839
日華事変で日本軍の装備が中国軍よりも装備が上回ったこと。
日清戦争でも補給糧量に苦しんだよ。まあ、日清戦争に勝利を呼び込んだんは
広島師団の功績で、次に名古屋師団の豊橋連隊じゃ。
日系部隊の広島移民系の多さは、>>841に書いたが、日系部隊の野戦肉料理を
「ヘカ」云うたんも、広島弁のすき焼きをあらわす「ヘカ(鋤・スキ)」よ。
江戸期建前上タブーじゃった牛肉食いもヘカで焼いて食うたら、えかったけんのう。
実際日本の上層部の無能ぶりは、他板にも書いとろう。それに比べたら、
まだ韓国人の指揮官の方が余程ましじゃに(笑)。朝鮮人は、中国じゃ、
かつての仲間の日本人を国府軍に密告して売ったり酷かったが、ソ連じゃ同じ
アジア人同胞意識で捕虜抑留強制連行された日本人を助ける方じゃったけんのう。
アメリカでもマイノリティのアジア人同士の情があったろうけぇ、
その面でもえかったんよ。

843 :日本@名無史さん:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
「任那日本府の正体」
ここで任那、一名加羅(迦羅・伽耶・加耶・駕洛)の本質について説明しておこう。
任那は弁辰十二国の後身で、すでに三世紀には十二の城郭都市が連合して
弁辰王を戴いていたが、5世紀の末になってもやはり共通の加羅王というものがあったわけである。
438年に倭王珍が自称した肩書きでも、倭・百済と同等に任那を挙げてあって、
重要な一国だったことは間違いなかろう・・
しかし、やはり統一王国ではなくて、洛東江渓谷の諸国の同盟組織であった。
544年に百済の聖王が倭王に送った手紙の文面から見ると、
任那の諸国は毎年、春に代表が集まって共に神を祀り、同盟関係の事項を討議する、
典型的なアムフィクチュオニアだったことがわかる。

844 :日本@名無史さん:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
俗に任那日本府といってあたかも任那の諸国が倭国の属領であり、
それを統治する倭国の総督府があったかのように誤解されている。
しかし、544年の聖王の手紙では、任那と日本府は判然と別物である。
「日本府」という字面は、この手紙が「百済本記」から「日本書紀」に転載れるとき
書き直したもので、原文では「倭府」だったのだろうが、「府」とは将軍府のことである。
つまり、軍団の司令部のことであり、司令官に直属する部隊のことでもあり、
またその兵士たちが生活する屯田組織のことでもある・・

391年に倭国が初めて半島に介入して以来、百済と倭国を結ぶ交通路は、
洛東江渓谷を通る古い街道だった。
倭軍の兵站基地がこの沿線に発達したのは当然で、任那同盟の諸国に分け行って、
倭人の屯田兵部落が成長した。
これが任那の「官家(ミヤケ)」とか「日本の県邑」とか呼ばれるものである。
日本書紀の継体天皇紀には、509年の条に「百済本紀」を引用して、
「久羅麻致支弥(クラマチキミ)」がやってきて、任那の日本の県邑に住み着いた百済人を、
三代や四代の子孫に至るまで探し出して、百済に移管して戸籍に登録したと言っている。
亡命者の子孫が三代や四代を経るにはその県邑自体が少なくとも百年の歴史を持たねばならない。
391年(辛卯年・広開土王碑の倭軍介入の記述)はこれより約120年前だから、
倭国が半島に倭人の入植地を設置したのはその時であろう。
これがいわゆる「任那日本府」の正体である・・・
                    岡田英弘「倭国」p142
クソ牛、古代史の知識ねーなら来んなよw

845 :日本@名無史さん:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
クソ牛以外に解説は不要だろうが…

クラマチキミとは車持君クルマモチノキミのこと
ちなみに群馬の名はこの車クルマに由来するとか
君は地方の独立君主のことだが、倭国王の使いもこなしていたようだ
稲荷山鉄剣のヲワケを連想させる

日本の県邑とその屯田兵については応神・仁徳記の葛城襲津彦の記述通り、
半ば独立愚連隊だったのかもしれない

任那、新羅には勾玉など倭系遺物が多い
このように文献的、考古学的に証明がされている

846 :日本@名無史さん:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
岡田英弘を持ち出してる時点で糞牛、在チョンと同レベル

847 :日本@名無史さん:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
>>846
皇学館か天理の人間か?
あまりぶっ飛び過ぎても指示は得られんよw

848 :日本@名無史さん:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
>>840
>その年輪から年代を測定するんは、測定者の個人の主観じゃに、
>客観的事実じゃの大嘘平気で吐ける神経が可笑しいわ。
>測定者特に歴博大本営発表によればと、解説すらせんで、教条建前連呼
>してもつまらんわ。土器の基準は外国の土器と同形状じゃと、同時代性を
>あらわすと解釈するんが自然じゃに、自国の起源を出来るだけ古うしたい
>トンデモ左翼段階説前提で説明しようとするけぇ、可笑しいんよ。
>余程自らのトンデモを認めとるせえか、他者人格罵倒でさしくろう
>(誤魔化そう)としても無駄じゃわいや。

おまえに土師器の定義が出来ないという事でいいな?

849 :日本@名無史さん:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
クソ牛は死んだ

次スレではみんな大好き江南青牛先生がウルトラ日本古代史を易しく解説するよ!
お楽しみに♪

850 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
>>843
金海地域そのものが倭じゃに、倭を列島のみと勘違いするトンデモ。
>>844
トンデモの代表岡田英弘氏信者がまたしゃしゃり出たんか(笑)。
中国を政治的に嫌いながら、中国文明隷属者の「慕夏主義」で「中朝論」。
中華が北方民族に支配されたゆえ、本当に中華が残ったのは日本としたい
朱子学トンデモ説じゃけぇのう(笑)。しかも岡田氏の奥さんは最近
カルト系のちゃんねる桜に出て、マイント・コントロールされた人間の面持ちで
政治活動しよるど(笑)。カルト夫妻そのものよのう(笑)。
>>848
土師器は、古墳期の野焼きで低温で焼かれる土器じゃわい。

851 :日本@名無史さん:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
>>850
>土師器は、古墳期の野焼きで低温で焼かれる土器じゃわい。

そういう定義ではなく、弥生土器とどう違うのかという定義なんだけどね。
実際は100%のうち10%ぐらいが違うだけなんだ。
残りの90%がどこの地域の弥生土器と同じかで、
土師器がどの地域の系譜の土器であったかが分かる。

答えは畿内なんだけどね。

852 :日本@名無史さん:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
はい、慕夏主義がー嫁さんがーいただきました
ありがとうございました

ホッポーモッカクボジンの南下時期と日本列島内での勢力拡張の過程の方、詳細にな
できればよそでなw

853 :日本@名無史さん:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
>>849
遠慮せずに今直ぐ妄想を披露して叩き潰されても以んだぞ在南チョン

854 :日本@名無史さん:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
けっこー古代史関連に張りついてんだよな江南青牛
前にも稲作渡来でボコボコにされてたな

855 :日本@名無史さん:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
オマエに、そうであって欲しいという願望があって
>>854という虚偽を書き込んだのはよく解るよ。
オマエの母国の連中も同じ様な罪業を度々繰り返してるからね

↓が、在日南韓族の>>854クンが凹られ、長文コピペ連投して埋め立てたスレだ
【伽耶】任那日本府【倭国】
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1332073255/

856 :日本@名無史さん:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
>>855
おまえが江南青牛だろ
しつこいんだよバカ。てめーにゃ反対者が全部朝鮮人に見えるのか
病院行けよ。クソ牛と変わらねえ♪

857 :日本@名無史さん:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
>>855
どこが凹られてんだハゲ
クソ牛にやられた覚えはねーよwwww

おまえみたいに水田稲作も金属冶金も日本発祥なんて無理
バカチョンを笑えねーよ

858 :日本@名無史さん:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
日本は百済の属国だった 3
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1317533620/l50

859 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN
>>851
 実用的で、低温安上がりの土器じゃけぇ、弥生土器と土師器も
そがぁな面じゃ変わらんよ。先進の須恵器は渡来系そのものよ。
畿内のは、畿内で生産しただけの意味でしか無ぁわ。

860 :日本@名無史さん:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN
>実用的で、低温安上がりの土器じゃけぇ、弥生土器と土師器も
>そがぁな面じゃ変わらんよ。

それはそうなのだが、纏向遺跡でも、
例えば東海、山陰、讃岐、吉備など地域別に別けられてるだろ。

俺が聞いてるのは、
土師器はどこの土器とどういう関係なのかという定義なのだ。

861 :日本@名無史さん:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN
これ以上無知をさらすなよ広島インキン牛

誰も寄りつかねえだろうが
疫病神かてめーわ

862 :日本@名無史さん:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN
>>859
須恵器が広まったから渡来人が日本を征服したってか?
よほどのド阿呆だねあんた
須恵器は5世紀からとされてるが、それだとホッポーモッカクボジンの南下時期と合わねえみてーだが?

863 :日本@名無史さん:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN
>>861
寄り付かない以前にNG登録されてるから見えてないだろうw

864 :日本@名無史さん:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN
4世紀、布留式土器が半島南部に現れる。
三国史記では新羅4代目王が倭人であり、
好太王碑文では倭が半島南部を臣下にしてたという記述と合致。

5世紀、日本に須恵器が現れる。
半島南部からの渡来人が日本で王権をうち建てたという記述がどこにもない。

ところが白馬青牛は前者を否定し、後者を肯定する。

この男の人生は日本そのものへのルサンチマンで満ちてるのだろう。
哀れだ。
そしてぶざまだ。

865 :日本@名無史さん:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
そういや牛って過去様々なミスを晒してきたけど


未だにドヤ顔しているのは何なのだろうか

866 :日本@名無史さん:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
目本語からクシャン教、神功皇后紀の読み違いからホッポーモッカクボジンまで

まったく説明もらってねえなwwww

867 :日本@名無史さん:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
>>865
老人は反省出来ないんだよw

868 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
>>860-864
地域特色と、交流圏に過ぎん土師器が、民族移動に関わることじゃ無ぁわ。
三国史記のトンデモと好太王碑の倭が加耶を支配した北方民族のことを、
列島倭人に捏造してもつまらんわ。
現実に、日本人の容貌、形質は古墳期に北方渡来系化し、
世界的北方民族南下征服期に符合する。
世界史において、歴史的南方から北上の例は、アラブ遊牧民の場合以外
ほとんど例が無ぁし、また、支配する側は遊牧民集団で支配される方は
農耕都市文明人と云う普遍的歴史の現実。先住民側が多数を占める例も
世界史に無ぁのに、日本ガラパゴス鎖国主義妄想たぁ幼稚なのう(笑)。

869 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
>>866
 大乗仏教は事実上クシャン教じゃし、インド仏教じゃ無ぁわ。
神功は架空の人物。

870 :日本@名無史さん:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
>>868
>地域特色と、交流圏に過ぎん土師器が、民族移動に関わることじゃ無ぁわ。

おまえは須恵器がその証拠だと言ってたらしいが撤回か?
土師器がどこがルーツであるかによって邪馬台国時代の王都の存在が判明する。
答えは畿内だ。
半島南部にまで勢力を拡げた。

>世界史において、歴史的南方から北上の例は、アラブ遊牧民の場合以外
>ほとんど例が無ぁし

氷河期というのがあったのだから南方経由。
アジア人の源郷は東南アジアのスンダランドだ。
こんな事は当たり前。
http://www.kerchner.com/images/dna/ydna_migrationmap_%28FTDNA2006%29.jpg

871 :日本@名無史さん:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
>>870
捏造民族の糞牛に真っ当な知識を授けても
精神が史実を拒絶するから無駄

872 :日本@名無史さん:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
>>868
おまえ任那の土器が日本で見つかると民族移動と現地民征服まで飛躍するやんけ

873 :日本@名無史さん:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
>>869
おまえクシャーナ朝の場所わかってんの?

シャカの死後教団ができた時点でシャカの教えからはズレてる。キリスト教も同様。
日本に伝わった仏教の原形を作ったのは龍樹
勉強し直せチンカス

874 :日本@名無史さん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
牛のレス、ホッポーカクボジンカルト説が日に日に雑になっていく

牛は自説に飽きてきたの?

875 :日本@名無史さん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
もともと雑なんだよ
ある時は弥生前期に来襲したといい、ある時は後期だといい、
(これが前方後円墳の原型のできた時期だとか)
ある時は前方後円墳の埋葬品に馬具が増える5世紀だという

最も理解しがたい部分は、クソ牛はホッポーモッカクボ人こそ前方後円墳型墳墓を持ち込んだ集団といいながら、
肝心の任那地域にプロトタイプの前方後円墳は見つかってないことだ
だいたいクソ牛がいう【前方後円墳高句麗起源説】を支持する学者は全部キワモノ
貼り付けてくるリンクもたった1つしかなく、かつ古い
クソ牛のいう『高句麗前方後円墳』は規模も小さく、鍵穴・ホタテ貝状にかろうじて見えるという程度
数ある形式の高句麗墳墓のうち、なぜ鍵穴型が選択され、かつ巨大化したのか、
クソ牛は丁寧に説明する義務がある
頼むぜクソ牛w
出来ればよそでな♪

876 :日本@名無史さん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
伽耶の北方木槨墓の連中は蒙古式冑に桂甲という武装だが、
日本に見られない。
唯一、熊本の小さな古墳の被葬者に見られるという事だが、
それさえ詳細は分からない。
河内王朝で軍事担当だったと言われる丹比氏の墓・黒姫山古墳から出土したのは、
日本固有の衝角付冑や眉庇付冑。
甲冑は日本生れの帯金式短甲。

伽耶の北方木槨墓の連中は来てないし、
もし来てたとしても、主要な地位にはなれなかった。

「騎馬軍だから強い」という錯覚は後世のチンギスハーンのイメージによる。
我々現代人特有の物である。

877 :日本@名無史さん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
桂甲単甲って単なる輸入品かと思ってたが、倭国特有なんだな
驚きだ
まあ、倭風大刀があるくらいだもんな

878 :日本@名無史さん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
日本製の帯金式短甲や衝角付冑や眉庇付冑は半島にまで波及する。
一部は百済にまで波及する。
任那日本府の証拠であることははもちろん、
百済が日本の臣下であった証拠だろう。

879 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>870
先史時代の生物学者のスルメの机上の空論と、歴史時代の
世界史の現実である北方民族の南下を混同してもつまらんわ。
現代日本人にスンダー歯型すら少なぁのに。
>>871
捏造民族云うたら、歴史的実例から我が日本が一番当てはまることを
他民族に転化するけぇ、宗主国米国様からも日本は信用されず韓国以下の
序列が現実なんじゃに、「幸せ回路」か「脳内お花畑」のネット右翼だけ
の概念を一般化工作する自体、捏造じゃわいのう(笑)。
>>872
加耶のは、軍事国家たる遺跡と人類学的な根拠からも当然じゃし、
出雲が征服した越(高志)の勾玉を出雲が転売して新羅に売ったんを、
越(高志)が出雲を征服し、新羅を征服したことにゃならんわのう(笑)。
>>873
クシャン朝は、インド地域も含むが中央アジアでヘレニズム文化との
融合じゃし、中国ら東方に、中央アジアの宗教として流入したんじゃに。
>>876-877及び>>878
 短甲すら朝鮮半島にあるのに、日本起源妄想してもつまらんよ。
現実に支配する層は牧畜や狩猟系騎馬民族で農耕民や列島倭人が如く
港市民に国家形成する能力は無ぁし、国家形成できた集団じゃのおらんよ。

880 :日本@名無史さん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>879
妄想de真実の牛さんおはよー
牛さんは過去様々なミスをしてきたけど、その点についてはどうお考えで?

>我が日本が一番当てはまる

ソースは?
今でもシナ朝鮮間でイオド巡って捏造領土争いしてるし、端午の節句の捏造もあったね
歌舞伎やら忍者やらまあ捏造問題ニュースなら毎年提供してくれてますわ
それとさっさとカクボ征服王朝説を事細かに書けよ
書けないのならやはりカルトか?
カルト的妄想って事でOK?

881 :日本@名無史さん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>840
>弱兵

単身で数百人殺して、更に長生きしてから言えよw

最強とやらは他にも大勢居るって事ですよ
接近戦なら片手千人斬りさん最強

882 :日本@名無史さん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>879
おまえの言ってることは全部ムリ

883 :日本@名無史さん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>879
> 加耶のは、軍事国家たる遺跡と人類学的な根拠からも当然じゃし、
> 出雲が征服した越(高志)の勾玉を出雲が転売して新羅に売ったんを、
> 越(高志)が出雲を征服し、新羅を征服したことにゃならんわのう(笑)。


一応sourceくれるか?クソ牛

884 :日本@名無史さん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
鉄製甲冑の問題はむずかしい。倭国、伽耶どちらが起源とも言える。
確実に言えるのは倭国と伽耶が一体であったということだけ。

885 :日本@名無史さん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
ちゅーかもともと中国(地域)のもんだろ
鮮卑の土偶が着てるのとだいたい似てる
でも周辺国以外ではあんま実物は出土しないようだが

886 :日本@名無史さん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>879
>短甲すら朝鮮半島にあるのに、日本起源妄想してもつまらんよ

日本には例えば、1、2、3、4、5、6、7、8と全種類揃ってるのだが、
半島には2、3、5、6、8しかないのだから、
帯金短甲は日本製だという事になるね。

台湾には日本車が多いが、全種類揃ってないのと同じ。
したがって帯金短甲は日本製となる。

あきらめろ。

887 :日本@名無史さん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>879
>先史時代の生物学者のスルメの机上の空論と、歴史時代の
>世界史の現実である北方民族の南下を混同してもつまらんわ。

おまえは氷河期があったことさえ否定するのか?
氷河期の間は温暖な南にいて、温暖化と共に北上するのは当たり前だろ。
何が「つまらん」なんだよハゲ。

888 :日本@名無史さん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
歴史家の中には、日本と朝鮮に同じ文物があったら
それは「必ず朝鮮から日本に伝わった物だ」と決めねばならない
規則でもあるのですか?

889 :日本@名無史さん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>888
半島の歴史屋はそうでしょうな

890 :日本@名無史さん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
日本在住でも井上とか名前忘れた死に掛けの爺とか居るからな

891 :日本@名無史さん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
考古学分野にもっと人材をくれ

892 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>870
国家形成に必須な道路舗装整備すら無ぁ弥生期に国家じゃの頭が狂うとるのう。
しかも畿内政権が弥生期から成立じゃのの妄想は、捏造推進の歴博の発想の
代弁者よのう(笑)。
>>880
日本の上層部の嘘吐き体質は、中韓より酷いよ。
http://plaza.rakuten.co.jp/1tamaichi/diary/201305240006/
「藤原 都合が悪い情報は隠蔽してしまい、時には抹殺す るのが日本の権力者で、
日本の歴史は嘘と欺瞞の集 積であり、国民は騙され続けてきた。古墳の
仁徳天皇陵も実に怪しいし、大化の改新は藤原不比等の創作で、デッチアゲを
タブーで取り囲んだものが、歴史とし て学生に刷り込まれている。
866 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN >>861
 プエルトリコ以下でしょう。日本ほど卑屈で大嘘吐きな上層部を持つ国は、
世界でも珍しいですし、話しても相手側に侮蔑されるだけですよ。
大河ドラマの佐藤B作氏が演じた田中土佐血族の田中清玄氏も、
http://www.marino.ne.jp/~rendaico/miyamotoron/miyamotoron_4-3.htm
【官僚批判】「だいたい日本の官僚は平気で嘘をつく。都合が悪くなれば
『言わなかった』なんて言い出すんだ。こつちの信用に関わるからね。外務も
通産も大蔵もみな一緒だ」。
「政治家や役人は平気で嘘をつくし、怯堕だ。アメリカは日本がうそつきだといって、
ジャパン・パッシングをやり、ひどいことをすると思ったけど、実際日本は痛いところを
突かれている。日本の役人ぐらいその場逃れの、いい加減なことを言う者はいないからね。
米国はもちろん、中国、アジア、欧州でも皆そういいますよ。」
http://kaze7yoi.blog107.fc2.com/blog-entry-67.html
「慰安婦も。政府決定ですからね。軍指令であり、政府決定だ。それを知らん顔して押し通す
積もりだったんですよ。・・・官僚がともに隠し合い傷をなめ合ってごまかしている。
このごまかしをはっきりしない間は、アジアは日本を疑うし、俺も疑う。・・・・・
この日本人の悪さ加減が問題なんだ。これが日本の指導階級、中流階級の連中の考えだ。
驚くほど欠点だらけの民族だねぇ。」

893 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>886
種類の多さは起源の根拠にゃならんわ。
http://gunsight.jp/c/sankou-02.htm
前期中葉以降(4世紀後半)に現れる竪矧板革綴短甲と方形板革綴短甲は韓半島南部の縦長板釘結板甲の影響
を受けて、日本内で作られたものと考え、古墳時代の中期中葉(5世紀後半)に現れる鋲留技法の板甲、
 札甲[掛甲]、眉庇付冑などは韓半島の工人が日本列島に渡り、新しい体制によって生産し始めたものだ
と説いた153。ただ、上述の小札革綴冑はごく少数の最高位層の威勢品であったにすぎず、竪矧板および
方形板革綴短甲は加耶の板甲をそのまま具現できず、全体の構造や製作技法に相当の差異があった。
 すなわち、日本列島の4世紀の甲冑文化は未熟なものだった。???
加耶地域出土甲胄
※以前:有機物製の甲
※4世紀:蒙古鉢形胄(細長板革綴胄或いは伏鉢形胄ともいう。)と縱長板短甲
○縱長板短甲・挂甲・三角板革綴短甲・方形板革綴短甲(釜山の東莢福泉洞64號墳出土の1例のみ:4世紀後半)
○挂甲:所有者の身分が上位のものに限定
○蒙古鉢形胄&挂甲:北方遊牧民族の特有な騎乗用甲胄
○縱長板短甲は主に歩戦用の甲、騎戦用にも用いられた。(掛甲の製作上の難しさ)
※5世紀:蒙古鉢形胄と挂甲
○挂甲が急速に普及
○5世紀中期には縱長板短甲の製作は完全中斷
○日本系甲胄の使用(三角板短甲・長板短甲・衝角附胄)

894 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>887
 氷河時代たぁ歴史時代の民族移動が世界史として、現代人の人種、民族の
起源も決定したけぇ、あんたの妄想は通用せんよ(笑)。

895 :日本@名無史さん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>892
おまえ行き詰まるとそれだな
無意味だから

896 :日本@名無史さん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>893
>前期中葉以降(4世紀後半)に現れる竪矧板革綴短甲と方形板革綴短甲は
>韓半島南部の縦長板釘結板甲の影響 を受けて、日本内で作られたものと考え、

情報が古い。
竪矧板革綴短甲は3世紀後半の椿井大塚山が最古。
半島は4世紀前半。したがって日本の方が古いし、日本にはそれ以前の木製短甲の系譜があるが、
半島にはない。木製短甲の系譜がないということは突発的にもたらされたということになる。

帯金式短甲については、http://www.ops.dti.ne.jp/~shr/wrk/2003b.html#3_3
3) 馬具編年と帯金式短甲の対比
「帯金鋲留式短甲は鐙II期初頭(新羅IIA期古段階・高霊IB期)に登場し,
大半は右前胴開閉式で少鋲化が始まっていて鋲頭が大きく,
玉田28号墳や校洞 3号墳では幅広の帯金も用いている。
これらは日本の短甲製作に鋲留技術が取り入れられた後,
しばらくして出揃う特徴である。
韓国での土器・馬具の型式変化と対比すれば,
鋲留技術の導入直後は帯金式甲冑の型式変化が急速であったことがわかる。
この間の型式は日本でのみ出土している。
李承一も,日韓の三角板革綴・鋲留短甲の変遷を整理し,
鋲留技術導入直後の三角板鋲留短甲が韓国で出土していないことを指摘した〔2000:178〕。
これは,帯金式甲冑が日本製であることの傍証となる。」

●帯金式甲冑が日本製であることの傍証となる。

897 :日本@名無史さん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>894
>氷河時代たぁ歴史時代の民族移動が世界史として、現代人の人種、民族の
>起源も決定したけぇ

そうだね。
アジア人の祖先は暖かい赤道近辺から移動してきたんだね。

>あんたの妄想は通用せんよ(笑)。

南から北上した例はアラブ遊牧民の場合以外ないなどと言ってたのがおまえの妄想。

898 :日本@名無史さん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>896
クソ牛の情報は常に古いんだよ

899 :日本@名無史さん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
 http://blog.goo.ne.jp/thetaoh/e/e7beccd88fe0b8cc0f328d3b5d00c112

「金海・大成洞古墳博物館は7日、大成洞古墳群に対する第7次学術発掘調査を行った結果、
4世紀前半に作った王陵級大型木槨墓2基(88号墳と91号墳)を確認したと発表した。
 2つの古墳は木槨長さが8mを超える超大型級木槨墓。
88号墳からは銅矛、銅鏃、鉄鏃、巴形銅器(4脚)などが出土。
91号墳からは、銅鍑、銅盆、銅碗、馬具(金銅辻金具(注1)、金銅馬鈴など)など、
北方の鮮卑族との交流を示す遺物と筒形銅器が出土。
 金官伽耶で既に4世紀前半に金銅製馬具を使っていたことは、これまでの通説を変える発見となる。
[参考:聨合ニュース]」

これは興味深い。
この時期(4世紀前半)になぜ倭系の副葬品があるのか。
崇神の時代に任那国が蘇那曷叱知(そなかしち)を遣わして朝貢したという書紀の記述と合うではないか。
そしてこの時期以降、半島南部の鉄の支配権は大和朝廷に移る。
そして全国に大古墳が建造され始める。

900 :日本@名無史さん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
八卦の起源は日本だろ
「ハッケ」と読めるのは日本だけ
神道の儀式である相撲の掛け声(奉納相撲)
三種の神器や八岐大蛇も八繋がり
勾玉は両儀

古墳から考えて伽耶・百済は倭国、新羅も攻め入ろうとして逆に支配されたらしいが。
古墳自体は弥生時代から散見される

日本の歴史自体が滅茶苦茶なのが何とも・・・
つい数十年前には2000年前は原縄文時代で1800年前が弥生時代(稲作開始)とか言ってやがったし

そもそも土器作る前に木製の器作るだろうと
木簡、竹簡を考慮せず紙だけ探したり、削りかすが薪や着火用に使われるとは思わんのかね?
考古学じゃ無くただの妄想続けてましたってだけだろ

901 :日本@名無史さん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
日本の場合は漢字が入ってきた時期が遅めだったんで、
紙と木簡が同時使用されている。

輸送タグや一時使用が木簡、竹簡で、
記録保存用が紙。

902 :日本@名無史さん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
漢字は卑弥呼の時代には既に入ってた

903 :日本@名無史さん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
長宜子孫とか十二支のとかのがごろごろ

904 :日本@名無史さん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
「陶氏作竟真大巧上有仙人不知老渇飲王泉飢食棗寿如金石之國保大吉」

こんなのもあるしね

905 :日本@名無史さん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
ファクトリーで鏡を鋳造するに際して銘文をいれるのかいれないかの選択もなされているしね

906 :日本@名無史さん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
最低でも、漢文で国書を書ける人材(他国人でも可)を抱えていないと
朝貢はできないような…

907 :日本@名無史さん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>899
筒型銅器は倭系と決めつけていいのかな?

908 :日本@名無史さん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
日本列島で青銅器を生産するのは、ある意味鉄器より難しい(銅と錫の資源的な意味で)
倭系の証拠とされる銅器があったとして、それは日本で生産された物なのだろうか。

909 :日本@名無史さん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>907

出土数は半島の方が多いみたいだが、筒型銅器は日本製でいいよ。
何故なら筒型銅器の前は筒状銅器だ。
これが最近奈良から出たのだが、
それ以外では静岡、愛知、岐阜、滋賀あたりからでてる。
この地域名聞いて何か連想しないか?
後期銅鐸の出土地だ。
つまり、銅鐸→筒状銅器→筒型銅器だ。

910 :日本@名無史さん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>909
慧眼だね
銅鐸は結果として滅んだが(奈良時代に出土した記事があるが誰もそれが何物かわからなかったという)、
そういう形で受け継がれたのか

911 :日本@名無史さん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
http://enjoy-history.boso.net/upload/0007/0007-033-01-01.jpg
あと須恵器の高杯に見られるこの縦に長い穴は、
筒型銅器と共通してると思われるのだが、
これは竹細工を模したものだろう。
円筒埴輪にも竹細工を模したのか▲の透かし穴があったりする。

912 :日本@名無史さん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>911
これが巨大化して円筒埴輪だよな
三角窓はワラビ紋の透かしが基じゃなかったか

913 :日本@名無史さん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
日本より海外の方が忍者道場が多い現実
需要の差か

914 :日本@名無史さん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
誤爆

915 :日本@名無史さん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
あれだけ狭い地域から日本より多い筒型銅器が出るのだから、伽耶は倭国の一地方であった
と言っても過言ではないな

916 :日本@名無史さん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>915
>>888の様なことを書いた手前、一応逆パターンにも気配りすることをお許し下さい。

「伽耶は倭国の一地方」であって、逆では無いということは検証されているのでしょうか?

917 :日本@名無史さん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>916
「 伽耶は倭国の一地方」と言ったのは、筒型銅器が倭国由来だから、 伽耶から出る筒型銅器は倭国が
伽耶を支配した証拠、という意味ではない。

筒型銅器の発生が 伽耶と日本のどちらであったにせよ、ある時期においてこれが両方から出るという
ことは 伽耶と倭国とが同じ文化を共有したことを意味する。
しかも広太王碑から見て両者は共同作戦を行う関係にあった。すなわち政治的にも一体であった。
このような関係を「 伽耶は倭国の一地方」と表現したのだ。

918 :日本@名無史さん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>916
筒型銅器は倭国由来であり、加羅から出る筒型銅器は
倭国が加羅を支配していた証拠となる。

筒型銅器の発生は発達状況からして日本であり
ある時期においてこれが両方から出ているのは
加羅が倭国の文化に属していた事を意味する。
しかも広太王碑から見て加羅は倭国に所属、指揮下で軍事活動を行う関係にあった。
すなわち政治的にも一体であった。

919 :日本@名無史さん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>918
パチパチパチ!
正解。

920 :日本@名無史さん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
だいたい巴形銅器は日本発祥なのに、
筒型銅器は半島発祥だというのは変だと思ってたんだ。
伽耶の地下式木槨墓の連中がどこから来たのかは分からないが、
大和朝廷の臣下となったのだろう。
書紀の蘇那曷叱知(そなかしち)の記述に合う。

921 :日本@名無史さん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
筒型銅器  日本→伽耶
巴形銅器  日本→伽耶
帯金短甲  日本→伽耶

伽耶の地下式木槨墓は日本にない。
蒙古鉢型冑+桂甲の武装は日本にない(1例あるかどうか)。
遊牧民の祭器・銅鍑は対馬の祭祀跡で見つかってるが、
墓に副葬されてた例は日本にない。

一方的に日本→伽耶じゃねぇかw

922 :日本@名無史さん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
ばかだなあ日本なんて無いのにさ

923 :日本@名無史さん:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
便宜上、日本と書いただけだ、細かい事言うな。

924 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>896
日本の方が古いじゃの、発言した学者の意図や思想を表すものであって、
椿井大塚山を3世紀にする自体ものう。土器や遺物はその時代的特長じゃに、
国際的交流基準の横じゃのうて、編年捏造体質の日本の左翼マルクス史観の
発展段階説は縦に自国の時代的発展に還元する鎖国ガラパゴス史観じゃけぇ、あんたも
その影響化で、左翼の日本ローカル縦型発展段階説にマインド・コントロール
されとるだけじゃわい(笑)。

925 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>896
まあ、日本の考古学も含め学者の体質は、
発掘物を隠すんは、日本でも戦前から行われた体質なんは、江上波夫氏も
鼎談『世界史の新視点 学問・略奪・探検』(六興出版、昭和56年)で、
云うとられるね。
「日本の学者は、あなたがおっしゃるように非常に狭いね。驚くほど狭い。
これは歴史家に向きませんよ。考古学者にもいるんですよ。
出ても隠しちゃうんだ。出ないことにしちゃうっていうのがいるんだから。
わたしはその先生と喧嘩して嫌われちゃったけど。
特に人文科学が弱くなっちゃうんてすね。人文科学というのは、サンプル
だけじゃダメなんだ。点で繋げるのが学者の仕事だと思うんです。
全部ちゃんと軌道ができるほど材料が揃うなんてことはあり得ません。
歴史は、点と線がうまく繋がっていて、将来その証拠が出てくるような
ものだったら、立派なものだと思うんです。」 と。

926 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>918-920
http://toyoreki.way-nifty.com/blog/2012/04/45-ed8f.html
「筒型銅器が朝鮮半島からもたらされたと考える理由について、
@分布の推移、A副葬状況、B用途の分析、から導き出しました。」
こっちの方が重要じゃのう。
「筒型銅器が出現する時期に、古墳被葬者が軍事的色彩を色濃く
もつようになったこと」「畿内とその周辺地域でみられる鉄製短甲を
含む組成として整った武器の出現は、朝鮮半島東南部地域の影響によって
生じた可能性が考えられます。」

927 :日本@名無史さん:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>924
>編年捏造体質の日本の左翼マルクス史観の

史観なんて全然関係ない。
桜井の大福遺跡から見つかった木製短甲は体に沿って湾曲してる高度な物で、
後の鉄製短甲に繋がるが、半島にはそんなものはない。

>>925
>まあ、日本の考古学も含め学者の体質は、
>発掘物を隠すんは、日本でも戦前から行われた体質なんは、江上波夫氏も

何を隠したのか具体的に言え。

>>926
>@分布の推移、A副葬状況、B用途の分析、から導き出しました。」
>こっちの方が重要じゃのう。

4世紀以降の筒型銅器自体は全然重要じゃない。
それ以前の筒状銅器の考察がない時点で何の意味もない。
筒状銅器が2〜3世紀の奈良の大福遺跡で見つかり、
静岡、岐阜、愛知、滋賀など後期銅鐸の産地からも見つかってることは、
後期銅鐸からの流れだ。
半島に2〜3世紀の筒状銅器があるのなら紹介してくれ。


おっさんよ、もう出てくるな。

928 :日本@名無史さん:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>918
>ある時期においてこれが両方から出ているのは加羅が倭国の文化に属していた事を意味する。
>しかも広太王碑から見て加羅は倭国に所属、指揮下で軍事活動を行う関係にあった。
>すなわち政治的にも一体であった。

まったくその通り。
そしてそのことは、筒型銅器が伽耶、日本どちらの発生であるかに拘わらず成り立つ。

またそれが成り立つならば、伽耶は倭国の一地方と言っても過言ではない。
私はそのことを言っているのだ。

929 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>927-928
2〜3世紀の筒状銅器が日本にあると捏造する側の意図指図で動いてもつまらんよ。
 そもそも半島や列島の倭や加耶を支配した北方民族の支配地域に過ぎんのに、
あんたらは、任那日本府トンデモ妄想を捏造してまで作りたいらしいのう(笑)。

930 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
伽耶は倭国の一地方だったと言っても過言ではない。

このことからなにが言えるかというと:

金官加羅と西日本の豪族たちが合同した勢力が東征して、畿内を乗っ取ったとしても、
それは倭国内部の「内乱」である。
古代史に数ある内乱のうちの一つに過ぎない。

騎馬民族だ征服だと大騒ぎする必要は少しもない。

931 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
日本初の銅器があると言うことは、2〜3世紀の日本で青銅が生産できた?
……鉄器の方がまだ資源的には簡単な気がしますな。

932 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>929
>2〜3世紀の筒状銅器が日本にあると捏造する側の意図指図で動いてもつまらんよ

http://www.nara-np.co.jp/20130423092725.html

客観的事実さえ見れなくなってしまったのか。

>そもそも半島や列島の倭や加耶を支配した北方民族の支配地域に過ぎんのに

トンデモ妄想を捏造してまで作りたいらしいのう(笑)。

933 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>931
>日本初の銅器があると言うことは、2〜3世紀の日本で青銅が生産できた?

いや銅鐸の後だし日本初ではないのだがw
銅鐸も東奈良遺跡などでは鋳型が発見されてるし。
あんたも白馬青牛並の人間か?w

934 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>930
>金官加羅と西日本の豪族たちが合同した勢力が東征して、畿内を乗っ取ったとしても、

九州勢の東征は3世紀前半には完了してる。
金官加羅なんぞ関係ない。

935 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>934
神功・応神の東征がある。

936 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>935
あれは東征と呼ぶべきなのか。

937 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>936
西から東へ行ったんだから東征だろう。

938 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>937
神武は新天地の征服
応神は本拠地の回復
東征の語は応神に使うべきではない

939 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>938
>応神は本拠地の回復

それは日本書紀にそのように書いてあるというだけ。
神功、応神はウィキでさえ正体不明の扱いだ。
そして両人とも伽耶臭が強い。

神功はその血統。応神は立太子の参拝に伽耶系と言われる神社へ行ったこと。

940 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>930
狗邪韓国や任那は倭人が先住韓族を駆逐して打ち立てた入植地を先駆けとする
倭人の国であり、加羅は倭人に従属していた韓族の諸部族連合
常に日本列島が半島南部を支配、従属させているのであって
逆方向への動きは歴史上一度も無い。
>>939
いいや、全く無い
神功皇后も応神天皇も顕然とした倭名であり
加羅系という願望は何の根拠も無い妄想の域を一歩も出ない

941 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>939
Wikipediaを指してウィキと言ってるなら根拠にするのも頼りない
書紀を否定するなら相応の論拠を示せばいい
神功の血統やら応神の参詣場所というは何の書物に記されているんだ?
記述の取捨選択は結構だがその基準を示してくれないと議論にもならない

942 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>940
モンゴルを焚き付けたことはあったねw

943 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>939
>そして両人とも伽耶臭が強い。

伽耶臭って何だよw

それより神功皇后と住江大神の蜜事が気になるなw

944 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
記紀編纂者は4世紀中〜後半の神功皇后を、
卑弥呼の時代に合わせたため時代に齟齬が生じた。

したがって応神は仲哀の子ではないのではないかとか、
いろいろ言われるようになったのだが、
仲哀の子で間違いないだろう。
仲哀が死んでからは誰と性生活を営んでたかは知らない。

945 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
遠征先で大臣とやっちゃってたっぽい感は有るけどw
加羅地方新羅地方の原住民じゃ無いわな

946 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
住江大神とやってたとして、
その住江大神を屈服した新羅王の門に祀ったとある(古事)。
住江大神の3神の一人がナカツツノオ。
新羅の2代目王が南解次次雄。

南解次次雄ってナカツツノオではないのか?

この南解次次雄が娘婿に倭人の脱解を迎え、
脱解は新羅の4代目王に即位する。

慶州に畿内系布留式土器が出現する時期とも合う。
これは面白い。

947 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
×古事
○古事記

948 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
加羅だけではなく新羅統合の始まりも代々の倭人王の指導に因った物
新羅を正統とする立場上、三国史記は大幅な曲筆をしているだろうね

949 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>941
>神功の血統やら応神の参詣場所というは何の書物に記されているんだ?

そんなことも知らないのか?
神功皇后の母が新羅の王子・天日槍の子孫であることは古事記にある。
天日槍は伝説的だが、加羅の王子・ツヌガアラシトと同一人と見なされている。

応神が立太子に際して伽耶系とされる気比神社に参拝したことは日本書紀・古事記
の両方にある。ツヌガアラシトは気比神社に祀られている。

950 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>天日槍の子孫

アマとつくのは倭人でしよ。

>伽耶系とされる気比神社

伽耶系ってw

951 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>932
まず、筒形銅器と筒状銅器は違うし、筒状銅器を起源としたい意図は、
>>133の捏造体質の歴博系人脈の田中晋作氏の個人的意図に過ぎんよ。
しかも大福遺跡の年代すら大本営発表の2〜3世紀を羅列しよる処、あんたも
歴博左翼史観を垂れ流す宣伝マンに過ぎんじゃないか(笑)。
>>934-935
 歴博が記紀に無理やり年代を合わせたい意図を羅列か。2〜3世紀に国家形成
した国なんか無ぁよ。国家形成は4〜5世紀の世界的北方民族南下征服によって
なされたことじゃに。馬韓や秦韓の時期に百済、新羅(4世紀以降の成立)なんかを、
時代を古うする三国史記の捏造じゃに、神話記紀を史実を勘違いじゃの、
歴史学じゃのうてオカルトの世界じゃ。

952 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
指摘したことがまるで分かってないんだな

>>939で正体不明とぬかしておきながら
>>949の記事はみんな記紀からではないか

系譜や神社関連の記事は肯定する
近畿が本拠地だったことは否定する

古事記は信じられるが日本書紀は疑わしいとか
書紀のここは良いけどここはダメとか
ある史料の記事を取捨選択するのは構いませんけど
その弁別なり分析なりを教えてくれないと話にならないの

>神功皇后の母が〜
桓武天皇は朝鮮人か

>応神は立太子の〜
新羅三郎義光は朝鮮人か

単純に伽耶マンセーな色眼鏡で偏ってるだけだね

953 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>951
>歴史学じゃのうてオカルトの世界じゃ。

今月のおまえが言うな大賞に決定w

954 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>筒形銅器と筒状銅器は違うし、筒状銅器を起源としたい意図は、

筒状銅器は筒形銅器の前段階だ。

>大福遺跡の年代すら大本営発表の2〜3世紀を羅列しよる処

地層や土器から判別できるのだろう。
反論があるなら、何世紀なのかはっきり言え。
てめぇが汗流して掘ったこともないくせに偉そうにほざくな、下郎。

955 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
筒型銅器の祖形 : 弥生時代の筒状銅製品を考える
http://ci.nii.ac.jp/naid/40019164928/

広島弁で反論の論文でも書いてみろw

956 :日本@名無史さん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>949
つぬがあらしと
完全な大和名じゃん、加羅や新羅が倭人によって統治されていた裏付けにしかならない

957 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>956
http://onnagumi.jp/annakonna02/dai108kai.html
http://www.eonet.ne.jp/~etizenkikou/matuokakofun.htm
継体王朝の勢力もこれらの伽耶系 。北陸は伽耶系の角のある金銅冠帽が
二本松古墳から出とるが、まさに、伽耶の王子たるツヌガアラシト
(角鹿有人)、ウシキアリシチカンキ(牛角人)よ。

958 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>956
しかも任那加耶地域の奴隷生贄も縄文形質の低顔じゃに(笑)。
http://blog.livedoor.jp/hangyoreh/archives/888107.html
http://livedoor.blogimg.jp/hangyoreh/imgs/6/9/69974158.jpg
「1500余年前、権力者の墓に埋められ悲運の生涯を終えた伽倻国の10代少女。
彼女は低い背丈,細い腰,長い首にあどけなく悲しげな目をしていた。
殉葬(支配者の墓に 配下の人々を殺し共に埋めた風習)されたまま発見された10代女性の人骨の
生きているかのような人体復元模型が25日国立故宮博物館で公開された。
伽倻少女像の丸い顔とスタイルは、同じ年頃の現代韓国女性とは多少違う。
あごの骨が現在より短かったために、顔は左右が広く上下は短い。」
典型的縄文倭人形質が生贄の犠牲となった奴隷じゃに、現実を無視して
朱子学ガラパゴス縄文中朝論を妄想してもつまらんよ(笑)。

959 :日本@名無史さん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>957
金銅冠帽など東アジア全般にある普通の文化。
今で言うなら日本でベンツに乗っててもドイツ人でないのと同じ。

>>958
一方、生贄を持ち出すのなら、
おまえが伽耶系という継体王朝をはじめ、
何で日本に生贄がないのか答えろ。

たった2レスで矛盾してるじゃないか。
こんな妄想アホウも珍しい(笑)

960 :日本@名無史さん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>958
>16才と推定されるこの伽倻少女像は背丈153cm,胴回り21.5インチで8頭身に近い美人像だ

あれ?当時の16歳の女性で153cmもあるなら長身じゃん。
しかもスラッとした8頭身。
おまえが言う縄文系って低身長でずんぐりむっくりなんだろ?

8頭身って部分をごまかしてるんだね卑怯者。
女の腐ったようなやつだなw

961 :日本@名無史さん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>952
>系譜や神社関連の記事は肯定する
>近畿が本拠地だったことは否定する

では君は「系譜や神社関連の記事」を否定し、
神功皇后の新羅征伐説話を肯定するのか?

>>956
>つぬがあらしと
>完全な大和名じゃん、加羅や新羅が倭人によって統治されていた裏付けにしかならない

日本書紀の垂仁天皇条には大加羅王子・つぬがあらしとの三つの名前が書いてある。
都怒我阿羅斯等(つぬがあらしと)
蘇那曷叱智(そなかしち)
干斯岐阿利叱智干岐(うしきありしちかんき)

これでも「倭人」の「大和名」か?

962 :日本@名無史さん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>961
疑問に疑問で返すのはまともに議論できない奴の典型だな

他人に聞く前にまずは自分の取捨選択を説明しろ

なぜ神功・応神の近畿制圧は本拠地の回復ではないのか

母親が伽耶系だとして何だというのだ
桓武帝は朝鮮人か

成人の時に参拝した神社が伽耶系だとして何だというのだ
源義光は朝鮮人か

963 :日本@名無史さん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>961
百歩譲って、崇神時代に朝貢に来た蘇那曷叱智(そなかしち)が、
加羅国に帰らず、敦賀に留まったとして、
そして神功皇后の母方の祖先になったとして、だから何なんだ。
何を言いたいのか意味が分からない。
それでもって皇統が加羅系に変わったとでも言いたいのか?
男系が変わってないのに意味がないだろ。

964 :日本@名無史さん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>962
>なぜ神功・応神の近畿制圧は本拠地の回復ではないのか

少なくとも応神は本拠地の回復ではない。なぜなら九州で生まれた応神はまだ近畿へ
行ったことがないからだ。
また、軍勢ぜんたいとして言えば、西日本の豪族たちにとっては本拠地の回復ではない。
神功は近畿で大王妃になったかもしれないが、それも仲哀が実在したとしての話だ。

これで質問に答えた。そっちも答えよ。
君は「系譜や神社関連の記事」を否定し、神功皇后の新羅征伐説話を肯定するのか?

965 :日本@名無史さん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>964

俺は>962氏ではないが、
九州で生まれた応神が母に連れられ畿内に行った事が東征なのか?w

>それも仲哀が実在したとしての話だ

仲哀陵は「『日本書紀』に「河内国長野陵」、
『古事記』には「御陵は河内の恵賀(えが)の長江にあり」とする。
同陵は大阪府藤井寺市の岡ミサンザイ古墳(前方後円墳)に比定される。」
ということだが、岡ミサンザイは埴輪の編年などから5世紀半ばとされ全然時代が違う。
また「長江」つまり川のそばではない。
河内王朝開始期の大王陵で川のそばにある古墳と言えば、
津堂城山古墳しかない。
これが真の仲哀陵だろう。

また古事記に11代垂仁、12代景行の没年干支は書かれてないのに、
前後の10代崇神、13代成務、14代仲哀の没年干支は書かれてる。
これは強く記憶できていたから書いたということなので、仲哀は実在したということだろう。
(かといって垂仁や景行が実在しなかったということではない。
単に記憶できなかったということだろう)

966 :日本@名無史さん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>964
ほう

父も母も近畿の人で偶々九州で生まれた者が近畿へ戻ることは帰国ではないのか
生地主義をとるのか血統主義をとるのか統一してもらいたいんだが
応神は生地をとるのに神功は母の血統をとるのでは御都合主義すぎるだろう

主語を軍勢の統率者ではなく構成員とするのかね
だったら応神も神功も関係ないじゃん
南北朝の頃でいえば北畠顕家の奥州からの南下は南征で足利尊氏の九州からの西上はやはり東征となるのか

暑さのせいではないと思うがもう少し丁寧に論理を組み立ててごらん

あと端的に例示したものについて無視するのは何故だ?
桓武と義光のことは時代が違いすぎて知識が無くて論じられぬか

967 :日本@名無史さん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>961
神功皇后が三韓(半島南部)を征伐、征服したのは
他国史書、金石文、考古物から判断して否定仕様の無い史実
未だに拒絶しているのは歴史捏造主義のアノ国籍だけ

都怒我阿羅斯等(つぬがあらしと)、「倭人」の「大和名」だよね
しかも韓族がつぬがあらしとなどと云う和風名を持つ蓋然性は皆無

968 :日本@名無史さん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>965
津堂城山古墳のそばを流れているあの川は、江戸時代に付け替えられたんだが…

969 :日本@名無史さん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>968
江戸時代に大和川を付け替えたとはどういう意味だ。
だいたい津堂の津で川の傍だと分かるだろ。

970 :日本@名無史さん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>966
>南北朝の頃でいえば北畠顕家の奥州からの南下は南征で足利尊氏の九州からの西上はやはり東征となるのか

それでいいじゃないか。なにがいけないのか?

>父も母も近畿の人で偶々九州で生まれた者が近畿へ戻ることは帰国ではないのか

前にも言ったが、なんであれ西から東に大移動して戦えば東征だ。
違うと言うのならまず君の考える「東征」を定義せよ。

>主語を軍勢の統率者ではなく構成員とするのかね
>だったら応神も神功も関係ないじゃん

私ははじめから応神・神功を実在と前提して話しているわけではない。
「応神・神功」の名前で語られる、この時期に起こった内戦」の話をしているのだ。
応神・神功の伽耶つながりのことを言ったのは、それがこの内戦の性格に関係する
と考えるからだ。

ところで君は私の質問>>964に答えないが、答えないわけを教えてやろう。
それはじぶんでも取捨選択していることが明らかになるからだ。 違うか?

971 :日本@名無史さん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>970
訂正:
「応神・神功」の名前で語られる、この時期に起こった内戦」

→「応神・神功の名前で語られる、この時期に起こった内戦」

972 :日本@名無史さん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
応神・神功の名前で語られる、この時期に起こった内戦って忍熊王?
何か問題でもあるのか?

973 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>>969
>江戸時代に大和川を付け替えたとはどういう意味だ。
まじに知らんのか?
目の前の箱に聞いて見たらどうだw

974 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>>970
神武東征という使い慣わされた言葉がある所に
わざわざ応神についても東征という語を使うことは
余計な主張をするのでなければ普通の感覚なら避ける

「征」の字の「うつ」という意味の他に「ゆく」の意味を考えれば応神に東征は合わない
まあ史書の読み方が恣意的な人に漢字の使い方を期待した方が間違いだった

>君は「系譜や神社関連の記事」を否定し、神功皇后の新羅征伐説話を肯定するのか?
神功の母の系統が何であろうと
応神がどこの神社に参拝しようと
伽耶系云々といったような曲解には至らない
回答するほどのことでないのが分からないのは情けない限り

顕家と尊氏には言及したのに桓武と義光は徹底して無視するのは何故だろうね

他の人のレスも見てごらん
自分の考えが独りよがりの妄説だということを認識できないのなら残念だ

975 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>>974
補足

「故郷に征く」「本国を征つ」という表現に疑問を感じずしっくり来ると言うのであればこれ以上議論することはない
残念な言語感覚を憐れむだけだ

母の祖先が百済人だから桓武帝は百済系なのか
新羅から勧請した神を元服時に拝礼した源義光は新羅系なのか

神功・応神に見る思考回路のおかしさを他の端的な例で問うているのだ
難しいことはないだろう

976 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>>973
残念ながら柏原の手前なので大和川の改修とは関係ないのだが。

977 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
大和川の柏原〜堺は江戸時代に新しく開削されたものなんだが…
まともにググることすらできないのか?

978 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
ええい、やかましい。
津堂の津だから川のそばでいいのだ。
やいやい言うな、ハゲ。

979 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>>978
そもそも問題となるのは「津堂」じゃなくて「長江」の方だろハゲ

980 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
だから津堂は長江でいいだろうがボケ。

981 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>>980
津堂の地名はどこまで遡れるんだ
大和川開削以前にどんな川が流れていたのかも示せないボケが

982 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
石川は流れてるだろがハゲ。。
あのあたりで4世紀後半の大王墓は津堂城山しかないのじゃ。
ごたごた細かい事言うなボケ。

983 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>>982
石川は柏原で大和川と合流して北流していたんだよハゲ
そんな雑な比定じゃ誰も納得せんぞボケ
最初につまらん細かいこと言い出したのはおまえだマヌケ

984 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
あのあたりは恵我之荘の近くだろ。
河内の恵賀(えが)の長江なら津堂城山しかないだろ。
大塚山古墳は6世紀後半なんで除外。
津堂城山とは違うというなら何古墳か言えボケ。
最初につまらん細かいこと言い出したのはおまえだろが。

985 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
批判するのに対案が必要だとは知らなかったわ
古墳が全て伝世しているという保証も無いのに消去法で決め付けられるんなら簡単でいいね
さすが唐突にハゲだのボケだの罵詈雑言を繰り出すだけのことはある

石川からでも2km離れている場所を川のそばで長江と称したと言い切るなら
これ以上言うことはないから好きにしてちょ

986 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
しかもだ。
津堂城山古墳の西を流れる東除川は、Wikiによると、
「落堀川と合流してしばらく大和川左岸と平行する部分は、
江戸時代の大和川付け替えの際に北へそのまま合流させていた東除川を、
大和川との落差が十分ではなかったことによる増水時の対策として、
1984年に西へ水路を掘って水害を防ぐことができる地点まで導いたものである」
ということだ。
つまり昔はそのまま北に流れてたという事だ。
したがって恵賀(えが)の長江なら津堂城山しかない。

ムフフフ…

俺の勝ちだ。

987 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>>986
なんだよ後付の補強かよ石川とか言ったのはどの舌だよ
東除川だと1.5kmくらい離れてる
もっと川のそばっぽい古墳はいくらでもあると思うがそれらを差し置いて川のそばと称したのかね

古事記を信頼しているようだけど書紀と延喜式が誤ってるとするなら根拠はなんだね
長野が正しくて長江が誤りだという可能性もあるんだが

988 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>>987
1.5kmじゃないな1.2kmくらいだ
ところで東除川との距離は大和川の改修と関係なくないか

989 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>なんだよ後付の補強かよ

そうだ。

>石川とか言ったのはどの舌だよ

石川だと思っていたが、東除川を発見したのだ。
つまり両川に囲まれてるので長江の「江」であり津堂の「津」だ。

これにて一件落着!

990 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>>989
東除川からの距離で判断するなら大塚山の方が近いんだけど
遠い方を長江と称したのは何故だったのかね

川に挟まれてる土地の意味なら「挟」とか「内」とかだと思うがね

991 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>東除川からの距離で判断するなら大塚山の方が近いんだけど

その通り。
恵我にあり川のそばに近いなら大塚山だろうが、
上記の様に6世紀であり全然時代が違う。
津堂という地名はいつからかは分からないが、
川に面してた「津」が語源であることは間違いないだろう。

したがって津堂城山で決定だ。

まぁ不満はあるだろうが、決定だ。
あきらめろ。

992 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
そもそも河内って鎌倉の頃までは江戸時代以前の関東と同じく
河川の錯綜する水郷地帯だから大和川の改修以前に
何度も河川改修しまくってるよ

993 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>>991
古事記が撰述された頃に「長江」と呼ばれていたということは
近在の古墳に比べて「長江」と呼ぶに相応しい場所だったということだが
大塚山やミサンザイと比べて「長江」と呼びわけるに相応しい場所とは思えないが

>古事記を信頼しているようだけど書紀と延喜式が誤ってるとするなら根拠はなんだね
これはあえて無視するんだな

>>992
それは主に八尾あたりから下流の話では?
藤井寺・松原・平野あたりの古い川筋は概ね南から北へと流れてそれほど大きく流路が変わっているとは思えないが

994 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>大塚山やミサンザイと比べて「長江」と呼びわけるに相応しい場所とは思えないが

だから恵我、長江という条件では当てはまるかもしれないが、
両古墳とも時代が全然違うっちゅうのに。
津堂城山の津堂の「津」は明らかに江があったからだろう。
全部の条件備わってるのは津堂城山古墳だろうに。

995 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>>994
川のそばという名前に着目して選定を始めて
途中から編年に切り替える手法に何の疑問も感じないならついていけない

津堂城山より川のそばにある古墳を古事記が長江と呼ばなかった理由はなんだ

古事記の長江のみを信じて書紀や式の長野を無視する根拠はなんだ

996 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
次スレ

【伽耶】任那日本府【倭国】その2
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1364649626/l50

997 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>川のそばという名前に着目して選定を始めて
>途中から編年に切り替える手法に何の疑問も感じないならついていけない

最初から地域性と編年と両方が揃ってると言ってるが。

>津堂城山より川のそばにある古墳を古事記が長江と呼ばなかった理由はなんだ

川は流れてても津が出来るような江がなかったからだろう。
したがって長江とは呼ばれなかったのだろう。

>古事記の長江のみを信じて書紀や式の長野を無視する根拠はなんだ

長野ってどこだ。
分かりもしないではないか。
4世紀後半の大王墓が川に挟まれ江があったであろうから「津」堂となってる。
証拠として充分ではないか。

998 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>>997
長江の実在を証明できず場所も特定できないなら長野がどこだか分からないのと大差ない

津堂城山が江や津の傍にあったという証拠が無ければ思いつきの推論にすぎないのが分からないか

古墳の編年など知る由も無い古事記の時代に近在の古墳と区別してわざわざ長江と呼んだからには
当時そう呼ばれるべき理由があったことを何かしらの方法で説明するべきなのに
現代の編年知識を援用して自分好みの結論を導いているだけではないか

東除川と石川に挟まれた土地に古墳が幾つあると思っているのか
多くの川が流れ治水工事が繰り返されたこの地域にあって津堂が必ず長江に遡る保証がどこにあるのか
書紀や式の長野を採るなら却って川の傍ではおかしいことになる
古墳が湮滅している可能性もあるのだから消去法による選定は蓋然性でしかない

999 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
次スレ
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1374481239/

1000 :日本@名無史さん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>>998
>長江の実在を証明できず場所も特定できないなら
>古墳の編年など知る由も無い古事記の時代に近在の古墳と区別してわざわざ長江と呼んだからには
>当時そう呼ばれるべき理由があったことを何かしらの方法で説明するべきなのに

疲れるやつだな。
同じ事を何度も繰り返し言ってるのが分からないか?
2つの川に挟まれてる「津」堂という地名にあるのだから、
長「江」があったのではないかと言ってるのだ。
しかも恵我だ。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

420 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)