5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【真珠湾奇襲】東条英機【知らなかった】2

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/08(火) 20:28:27.52 ID:Jn+9WcO+0
日本軍はアメリカ(ハワイ、西海岸)に
計画的に先制攻撃を仕掛け
これが不戦条約に違反した侵略戦争に当たるとされた。

国際法の解釈では、侵略戦争とは
主権国家に対し、計画的に先制攻撃を行う
行為だとされている。

国際法上、日本の侵略戦争は
アメリカに対する先制攻撃だけが該当し
他のアジア、植民地等での戦争は、これに該当しない。

東条は、侵略戦争の罪で処刑された。

しかし東条は、海軍のハワイ攻撃を知らなかったとされている。
だったら東条に罪は無いし、処刑される理由も無い。
戦争裁判で、この最も重要な部分が
未だに日本では有耶無耶で誤魔化されている。



2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/08(火) 21:01:27.67 ID:Jn+9WcO+0

大東亜戦争の初め、東条首相は真珠湾攻撃を知らなかった。
これは東条のみでなく、陸軍全体が知らなかった。
誰もが驚くような話である。
何故かと言えば、日本軍の共同体の構造がそのようになっていたからだ。

『硫黄島 栗林忠道大将の教訓』小室直樹


だがこの時すでに、真珠湾作戦部隊はヒトカップ湾をハワイに向けて 出航している。
政府はこのことを知らされていない。

国家存亡の戦争を行う国の最高指導者が知らぬまに、
そして 共同作戦をとる陸軍が知らぬ間に、このような重大作戦が決行 される事など、
最高指導者の下に統合幕僚組織のある 普通の国では考えられないことである。

『太平洋に消えた勝機』佐藤晃



3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/08(火) 21:25:49.45 ID:ThKwjNjF0
同じコピペしか貼れないバカスレなので、以降放置で。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/08(火) 21:27:10.70 ID:oIglE3JN0

近衛文麿は、「陸軍と海軍は仲良くしろ」とことあるごとに陸軍・海軍両大臣に伝えていたのに、
最後まで険悪だった。だが俺は陸軍に共感する。陸軍は国益を追求していた。

海軍は陸軍の足を引っ張っただけだ。米内光政は何故おめおめと生き残ったのだろうか?海軍の
体質は理解不能だ。阿南惟幾陸軍大臣は己の命で本土決戦を防いだのに、米内は何をしていたのだ?




5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/09(水) 02:47:33.78 ID:D0D8sXBaO
磯野波兵に国家の運命を託したのか…。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/28(月) 12:40:12.99 ID:8ncovZ2d0
真珠湾攻撃の前にアメリカが軍を義勇軍に化けさせて日本軍に攻撃しているし、ABCD包囲網によって日本の物流を完全封鎖、あらゆる外交にも応じなかった。

之も立派な暴力だよね。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/28(月) 12:59:12.66 ID:dwun8F4X0
コピペウザ。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/28(月) 14:33:04.08 ID:s2GdJJva0
>>6
大体にして連合国に対して敵対的な勢力と同盟する国に
石油資源を売る義務なんてないと思うのだけど

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/29(火) 22:13:07.24 ID:9SC7JudK0
アメリカに石油を売る義務が無かったとしても、日本には石油を買う権利がある。
日本とアメリカは交渉により石油の売買を行っていた。これはシナ事変とは無関係な
問題であり、かつ、日本の生命線でもある。一方的な禁輸措置は極めて乱暴である。

そして、アメリカは、石油を全面禁輸すれば、日本が対米戦争に踏み切ることは分
かっていた。だから、大東亜戦争を仕掛けたのは日本ではなくアメリカなのだ。

日本は最後まで対米非戦であった。あの東条英機ですら対米非戦のために奔走し、ハルノート
対策に必死になった。だが、時すでに遅く、日本はアメリカによって対米開戦に追い込まれた。




10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/29(火) 22:17:15.62 ID:9SC7JudK0

日本はアメリカと戦う意思のないことを繰り返し伝えていた。そして、日米交渉の中で、
「話し合いで」揉め事を解決しようと必死であった。だが、日米の主張は常に食い違い、
交渉は進まなかった。だが、一貫して日本は交渉を選び、非戦を貫いていた。

その証拠に、日米交渉進展のために、近衛文麿はルーズベルトとのトップ会談で膠着を打開する
方法を模索した。だが、アメリカはのらりくらりとかわし、トップ会談を行わなかった。

日本はあくまでアメリカとの戦争を避けようとしていたのだ。




11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/29(火) 22:20:24.41 ID:8WA2ANf80

              .:::::::;'       日本が勝つためには       ';:::::::.
             :::::::::i      最初の一撃でアメリカ人に        l::::::::.
          ::::::::::!       立ち上がれないほどの          i::::::::
            :::        ダメージを与えることでございます           :::
  '  ― ―‐ --  」                              L_:::::
                    それによってアメリカは、恐れおののき        ̄ ̄ ̄
            __,. -┐  いとも簡単に講和に応じるでありましょう
_ ,. -‐ '' ´   :::::::::',   そのための秘策は出来ております r::-  _
               :::::::::'、   早期開戦こそが、日本が勝つ         /::::::::   ´` '
                ::::::::':、    唯一の策でございます                       ,.:':::::::
                 ::::::::ヽ         / ̄\         /:::::::
                ::::::::丶        |      |        ,.::'::::::::::
                 ::::/  ,:、     \_/      _,..:'::::::::::
                  /   ,..':::::::>   _|__  ... く::::::::::
             /   ,.::::::::    /\ , , /\ `、 \
              /    ,.∩     / <●>  <●>\.`、  \∩
          /     , ' l ヽ∩ /   (__人__)    \ ∩ノ j
       /     ,    ヽ ノ |      |::::::|      | ヽ ノ \
       /      , '      | ヽ \     ` ⌒´    / / j    \
    /      , '      \  ̄            ̄  / `、   \
  ./       , '               山本五十六




12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/29(火) 23:37:16.63 ID:WSoUhvRaP
>>9
アメリカには売らない権利があるんだけどw
つか一方的も何も、37年に始まった紛争をいくらいってもずっと止めずに
39年にいたってようやく通商条約破棄に踏み切ったのを
一方的にとか乱暴とかいう問題じゃないだろ。
それまで日本はいったいなにをやってたのかって話になる。

>そして、アメリカは、石油を全面禁輸すれば、日本が対米戦争に踏み切ることは分
>かっていた。だから、大東亜戦争を仕掛けたのは日本ではなくアメリカなのだ。
やっぱりそれも経緯を無視した話。
ちなみに石油を禁輸すれば根を上げるだろう、
戦争に踏み切るなんて国家的自殺をはかる国はないというのが
対日最強硬派とされるスティムソンの見解。
妥協的な知日派こそが戦争を心配していたのでその見解は妥当ではないね。

>>だが、一貫して日本は交渉を選び、非戦を貫いていた。
日本の妥協案である甲乙案を読んでご覧。
そりゃ一方的に要求が通るなら交渉を選ぶさって程度のものだから。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/29(火) 23:38:07.56 ID:WSoUhvRaP
つか買う権利って何だろう?
友好国に敵対する国が買う権利を持っているので
売る義務があるんだろうかw

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/30(水) 20:38:26.22 ID:1PHAOChq0
どうあれ日本の腹黒さを認められない奴がいるな
日本は思った以上に腹黒いから

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/30(水) 21:23:38.98 ID:GgeR4nGM0
アメリカはそれ以上に腹黒かったということだ。日本は比較的正直にやっていた。特に
対米交渉ではかなり真摯な態度を見せていた。アメリカから見たら野村大使の態度は尊大
に見えたらしいが、日本は大国なのだからある程度メンツを重んじる必要もあろう。

卑屈になったら、外交は負けだ。今の日本と同じ。今の日本は戦前の日本と違って、外交官
が卑屈だから、難しい交渉をまとめられない。日本海呼称問題が良い例だ。



16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/30(水) 21:30:17.92 ID:GgeR4nGM0
>>12
シナ事変とアメリカとは何の利害関係も無い。シナが勝とうが日本が勝とうが
アメリカには何の影響もない。

だから、アメリカが介入して日本を一方的に圧迫したのは不当である。シナ事変は
あくまで二国間紛争であって、米英の利権を脅かすものではない。実際、日本は米英
を刺激しないことを最重要課題の一つに掲げていた。だから、シナにおける米英の
利権はそれ自体損害を受けていない。

この期に及んでまだ九か国条約を持ち出す輩もいるが、満州事変の段階で、ワシントン体制
は崩壊したのだ。破壊したのはシナ自身。シナを守る体制をシナが破壊したのだから、
九か国条約はすでに空文化して意味のないものになっている。

アメリカとしては日本を圧迫するための口実に使用したようだが、実態は九か国条約は空文
である。アメリカの日本圧迫は明らかに不当である。



17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/30(水) 21:36:36.33 ID:KjSvIfLNP
>>16
それを9カ国条約会議などを開こうともせず
いきなり武力に訴えたならそりゃ責められるよw
少なくともまずは言論において空文化を主張しそれを認めさせてから
武力行使やむなしということにしないと。

>満州事変の段階で、ワシントン体制
>は崩壊したのだ。破壊したのはシナ自身。
いつ支那が満州事変を起こしたというのかw

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/30(水) 21:38:25.94 ID:KjSvIfLNP
ちなみに空文化しているから口を出せないとか
現に破っている側にいわれても何の効力もないよw
NPT脱退した北に対して経済制裁するのは不当かね?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/30(水) 21:41:13.38 ID:GgeR4nGM0

アメリカが石油の全面禁輸に踏み切れば、日本が対米戦争に踏み切ることは、ルーズベルトは
分かっていた。ルーズベルトが本当にアジアの和平を望んでいるなら、石油禁輸などという乱暴
な手段を取らず、話し合いでの解決を求めたであろう。当然、近衛文麿とルーズベルトとの
首脳会談も開かれたはずで、それが突破口になってシナ事変が収束に向かったであろうことは
間違いない。

だが、アメリカは日米交渉の場で、到底日本が飲めないような要求を突き付け続け、日本が
譲歩の構えを見せても、アメリカは全く譲歩の構えを見せなかった。東條英機もそのような
アメリカの態度を宣誓供述書の中で強く非難した。

そういうアメリカの行動から見えてくるのは、シナ事変を長引かせ、日本と交渉するふりを
しながら戦争準備を進め、戦争準備が整った段階でタイミングよく石油全面禁輸に踏み切り、
日本を戦争に追い込む、という筋書きがあったのだ。

アメリカは最初からシナ事変を終わらせる気は無く、対ドイツ戦参戦のための切り札として
温存していたのである。結局、ヒトラーがアメリカの挑発に乗らなかったため、ルーズベルト
は対日カードの切り札を切った。日本を大東亜戦争に追い込んだのはアメリカなのである。

バカには分かるまい。アメリカに石油を売らない権利があるとかないとか、そんな低次元な問題じゃないんだよ。




20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/30(水) 21:44:07.61 ID:GgeR4nGM0
>>17
満州事変がなぜ起きたか、原因をよく勉強してから書き込みな。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/30(水) 21:54:28.87 ID:1PHAOChq0
>>15

今の日本と昔の日本をごちゃ混ぜして考えてないか?
今の日本は比較的善良だが当時の日本は腹黒い性質を持ち合わせていた。
日本人だから対日批判が苦しく思うのはわかるが
アメリカのほうが腹黒いと言うのはないと思うんだが

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/30(水) 21:56:19.72 ID:1PHAOChq0
>>19

>>対ドイツ戦参戦のための切り札として温存していたのである。
おいおい。どこにそんな証拠があるんだ?
アメリカは戦争など望まず対独伊戦をする気などないぞ

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/30(水) 22:12:40.63 ID:KjSvIfLNP
>>19
>ルーズベルトが本当にアジアの和平を望んでいるなら、石油禁輸などという乱暴
>な手段を取らず、話し合いでの解決を求めたであろう。
あの〜、支那事変は日中二国間の問題とかいって
9カ国条約に基づく会議をボイコットしていっさい交渉しなかったのが日本なんですがw
日米交渉がテーブルに載ったのは業を煮やしたアメリカが
通商条約破棄してからですよ。
そんでだね、そのテーブルで日本は太平洋の武力進出など状況を変化させるつもりはないと主張していたのに
南部仏印進駐という武力状況を変化させることやらかしてしまったわけですがw

>>20
日本側の言いがかりと陰謀によっておきた。
中村大尉事件と万宝山事件をみるかぎりそういうほかはない。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/30(水) 22:36:35.42 ID:GgeR4nGM0
>>23
九か国条約をシナ自身が空文化したのだから、九カ国会議など無意味。シナ事変もシナが日本を
執拗に挑発した九か国条約違反である。そんなことも分からないのか?

南部仏印進駐はあくまで仏印共同防衛。米英を挑発するものではない。



25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/30(水) 22:40:35.89 ID:GgeR4nGM0
>>23
リットンは中村大尉事件も万宝山事件も満州事変の原因として、たいした事件ではないと言っている。
お前は本当に無知だな。

お前みたいに分からず屋で無知な馬鹿との議論は本当に疲れるな。



26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/30(水) 22:42:56.13 ID:Z3a6qsf20
>>24
南部仏印進駐の目的は蘭印の牽制、再南下の布石など。いざ蘭印占領なら英米領の攻略も視野。
警戒されて当然だし、軍需物資の規制も普通。
ソースは戦史叢書や http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history2/1327339204/397 など。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/30(水) 22:49:38.08 ID:motKZhoTO
石原莞爾にバカにされて悔しくて石原とは真逆を突き進み、気づいたら取り返しのつかないところまで来ていた残念代表だな。まあ、根底のところにはそれなりの気概を認めるが。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/30(水) 22:52:32.51 ID:GgeR4nGM0
>>26
お前のソースはWIKIPEDIAか。しかも、そこには日本が蘭印にこだわったのは
大東亜戦争勃発後のことであり、石油目当てだったと書かれているではないか。

南部仏印進駐とは時系列が完全に逆。お前も馬鹿だ。議論する値打ちなし。



29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/30(水) 22:57:58.84 ID:Z3a6qsf20

議論する価値もないID:GgeR4nGM0の馬鹿発言。

ID:GgeR4nGM0「日本は蘭印に野心など無かった」
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history2/1327339204/450

もちろん史実の日本は、蘭印を大東亜共栄圏に入れたがってた。


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/30(水) 23:12:41.87 ID:KjSvIfLNP
>九か国条約をシナ自身が空文化したのだから、九カ国会議など無意味。シナ事変もシナが日本を
>執拗に挑発した九か国条約違反である。そんなことも分からないのか?
は?
条約違反に対しては

第七條 締約國ハ其ノ何レカノ一國カ本條約ノ規定ノ適用問題ヲ包含シ且右適用問題ノ討議ヲ爲スヲ望マシト認ムル事態發生シタルトキハ
何時ニテモ關係締約國間ニ充分ニシテ且隔意ナキ交渉ヲ爲スヘキコトヲ約定ス

とあるように抗議すらせずにいきなり問答無用で武力行使を是認しておりませんが?
中国がテーブルについて話し合いに応ずる姿勢を見せたのに
九カ国会議など無意味とかいったらそりゃ他の国から制裁受けて当然だろ。

>リットンは中村大尉事件も万宝山事件も満州事変の原因として、たいした事件ではないと言っている。
うん、日本の世論を煽る名目にしただけだね。
日本側公式発表による満州事変の原因は学良が満鉄を攻撃したことだから、
君のいうようなことを原因にしてないんだよw
それが自作自演である以上、君の主張に意味があるとは思えないな。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/30(水) 23:14:24.37 ID:KjSvIfLNP
ああ、ちなみに両事件が問題とされるのは
中国側の挑発()wとやらで実際に実力が行使された
と日本側で認識されたことが問題となっている。
それ以外はマジで口先だけなのでそれを理由に武力行使できないから、
自作自演で武力攻撃があったというほかなかったんだ。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/30(水) 23:17:47.51 ID:KjSvIfLNP
支那事変がなぜおきたかといえば、
まあ日本側の挑発が原因だな。
北支分離工作やらかしておいて
駐屯を認められていない地域に進出して
夜間演習までやるんだから日本側に非無しなんてとてもいえないぞw

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/31(木) 09:36:05.13 ID:zkTlsWO1P
>>14
日本っていうか、軍部だけどね。
満州に関しては、陸軍の一夕会。対米戦は海軍。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/31(木) 11:09:56.14 ID:365mGzFd0
実際農村は疲弊してたんでしょ?
女子供を売って生活してたくらい。
そんな時に切り取り次第の大陸が目の前に現れたら国を挙げてキチガイにもなるわな。
そこに目をつけて鮎川みたいな工業系の人種も加わってマスコミもそれを煽って日露戦争に何故か勝って勘違いした軍部も混ざって日本がイケイケになってたやないか。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/31(木) 21:54:00.48 ID:K/zDlAGw0
シナ事変の原因は、国民党の度重なる挑発である。現場では何度か停戦協定が締結されたが、
そのたびに国民党は協定を破って日本を挑発してきた。これがシナ事変の直接の原因である。

だが、忘れてもらって困るのは、蒋介石はシナ事変勃発後も共産党撲滅戦争を続けていたのだ。
蒋介石は日本にはほとんど興味が無かった。それを覆す大事件を起こしたのが張学良である。
「西安事件」これによって国共合作が行われ、蒋介石は反日に転向した。西安事件を抜きに
シナ事変を語ることは出来ないのだが、肝心の張学良が西安事件の真相を語るのを拒んだため、
未だに真相は霧の中である。

西安事件後、シナ事変は本格化し、後の大衝突「上海事変」に続いていく。日本にとっては、
非常に不本意な展開であった。近衛文麿が「政権の第一目標はシナ事変完遂である」と述べたのは
至極当然である。



36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/01(金) 00:35:48.55 ID:4r11YXBD0
全然全く終わってないけどね。彼の発言は鳩山が最低でも県外と言うのと相似形なんだよ。

あえて中国事情に精通していた石原莞爾が蒋介石と近衛文麿の会見をセッティングしたのに麻呂ちゃまはブッチしたらしいし。
日露戦争、満州事変みたいに全てが短期で終わると勘違いしていたアホの見本やね。
上海だけでは終わらず南京経由で重慶まで拡大していく。
中国大陸を四国くらいの大きさと思っていたかと思うくらいのキチがいさw
ゲリラ戦主体の国民政府がどう出るかくらい予想がつきそうなものなんだがな。

そもそも張学良を適当に抑えて関東軍が万里の長城を超えるのだけは全力で阻止すべきだったな。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/01(金) 00:51:57.09 ID:jBXl5igvO
おちんちん条約に批准しときながら、金玉はおちんちんじゃないと言うようなもんか…。
まあそりゃ確かにそうだけどさぁ…。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/01(金) 07:53:34.47 ID:pYHmulgKP
>>35
それ、植民地化への常套手段ですからw

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/01(金) 08:28:04.33 ID:pYHmulgKP
一応いっておくけど盧溝橋でどっちかが一方的に悪いとかそんなこと思ってないから。
はっきりいってどっちもどっち、
双方が戦争を望んでいたと思うね。

40 :野口(横濱) 碧(みどり)「釈迦」皇后妃の曾孫 衛鴉瓏:2012/06/01(金) 21:36:17.40 ID:lEPZj0mYO

正真正銘のクラッカー組織…世界中の有名な組織や企業の方々は詐欺師集団の朝鮮工作員一族『朝鮮総連』に脅迫で集められただけ。横須賀で監禁、拘束されている。
日本に居る元イアンフと親族の会『朝鮮総連』の親族の『華喃』はユダヤ系フィリピン人とも判明。

詐欺師集団 朝鮮工作員…世界のサッカーや競馬等の『八百長』犯の『朝鮮総連』…
被害甚大の脳障害は諛沱邪(ユダヤ)と窩難(カナン)の民『朝鮮総連』が製造した『白い悪魔の媚薬・人肉カプセル』や税関を通らない一族の上陸(入国)による
『害虫性脳障害・脳の破損(損傷・欠陥)性擬似発達障害』と『人タンパク質脳症』他。

世界中の著名(有名)な方々が、不法滞在の諛荼輻系フィリピン人の朝鮮工作員のサイバーテロリスト一族『朝鮮総連』に横須賀で監禁、拘束されている。

この3年間の一族の被害者数と人質をアジアに御確認下さい。クーデターでは無い…戦争中のプロパガンダだと理解出来ます。

arena8order/MisutDe/Mitelettrica@Twitter
天皇家 織田 繪璃奈(横濱・野島えり)Eleonora de' Medici. chocolat@湘南台 de' 闇将軍@藤沢市 еёжЭЮЯабЧЦХЛθ γδεζηθ еопое νξδεζηθ Eri Yokohama(Nojima)
Freemasonrey & Microsoft USA co.tp.
弖十=TEN10(teto)=優多野手頭=野慈蚕=帝跿(徒)=衛鴉朧

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/02(土) 14:38:50.25 ID:nWn9tWGA0
>>39
それはないね。日本側が明らかに悪い。
対米戦争の件では日本側が先に手を出したことを忘れて
米国側の挑発が悪いだなんていう奴がこのスレにいるのに
盧溝橋事件のこととなると先に手を出した云々となるからな
武力行使発生以前の挑発や満州事変が語られることはほぼない。

>>19なんて武力行使が日本側からおこなわれたのに
徹底して米国を非難しているからな
このスレにおいて盧溝橋事件と対米戦争の扱われ方なんて
二重基準のままだからな

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/03(日) 12:05:17.40 ID:e1hWT7vo0

Miwa.SS A級戦犯をひたすら罵倒する広島の朝鮮人
Los688(kamkamkam) 金儲けがすべての大嘘歴史作家:半藤一利の信者、その宣伝マン
Hman 性器マニアのオカマ?軍事には興味なし
岩見 三流雑誌のホラ吹き戦記作家?




43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/04(月) 22:05:51.52 ID:lOwIJ0ZM0
在日特権一覧
●地方税→ 固定資産税の減免
●特別区→ 民税・都民税の非課税
●特別区→ 軽自動車税の減免
●年  金→ 国民年金保険料の免除、心身障害者扶養年金掛金の減免
●都営住宅→ 共益費の免除住宅、入居保証金の減免または徴収猶予
●水  道→ 基本料金の免除
●下水道→ 基本料金の免除、 → 水洗便所設備助成金の交付
●放  送→ 放送受信料の免除
●交  通→ 都営交通無料乗車券の交付、JR通勤定期券の割引
●清  掃→ ごみ容器の無料貸与、 → 廃棄物処理手数料の免除
●衛  生→ 保健所使用料・手数料の滅免
●教  育→ 都立高等学校・高等専門学校の授業料の免除
●通  名→ なんと、公式書類にまで使える。(会社登記、免許証、健康保険証など)
     → 民族系の金融機関に偽名で口座設立→犯罪、脱税し放題。
     → 職業不定の在日タレントも無敵。
     → 凶悪犯罪者の1/3は在日なのに実名では報道されない。
●生活保護→ 家族の人数 × 4万円 + 家賃5万円 在日コリアンは、ほぼ無条件で貰えます。
     → 日本人は孤児だろうと病気だろうと、絶対に貰えない。
     → 予算枠の大半を、人口比率1%未満に過ぎない在日が独占。
     → ニートは問題になっても、この特例は問題視されない。
●住民票→ 外国人登録原票」は通常、一般人では閲覧できない。
       (日本人の場合、債権関係の係争で住民票を閲覧される)
●さらに…→ 生活保護予算の大半は在日だけの特権保護費




44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/06(水) 17:22:58.60 ID:uG8LauGuO
波平知らなかったのかwwwwwwwwwwwwwww

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/16(土) 00:50:19.70 ID:aX4t1nJ10
>>19
ルーズベルトが判っていたというソースを出せ ウスノロ馬鹿右翼
3K新聞ばっか読んでるからそうなるんだよ おまえは
ゴミクズ無職君

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/16(土) 22:48:19.13 ID:rnKAN/NJO
>>45
お前言い過ぎwww
小林よしのりばっか読んだら俺もそうなったさwwwwww
全部アメリカが悪いっちゃろ?wwwwwwwwwwwwwww
日本は騙され、自存自衛のためやむなく戦争を仕掛けたってwwwww
あれ?
アジアの解放は?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/16(土) 23:47:01.70 ID:VedaPzGO0

【山本五十六こそが日本を対米戦争に引きずり込んだA級戦犯】

■日中戦争 勃発、泥沼化 (海軍の予算拡大が目的)

海軍次官・山本五十六は、陸軍と対等の予算獲得のため大量の爆撃機配備をもくろみ
その宣伝のため脅威をあおり中国空爆を計画したと考えられる。
海軍の南京爆撃(渡洋爆撃)は、盧溝橋事件以前から周到に準備訓練していた、中国に対する計画的な侵略戦争。
当初は敵飛行場を標的にしたが、山本が開発した96陸攻は防弾装備が皆無で旧式の敵戦闘機に撃墜されまくり、直ぐに都市無差別爆撃に切り替える。
第二次上海事変を機に4ヶ月にもわたって南京への猛爆は敢行された。

山本五十六が中心となって強行した南京無差別爆撃こそが日本の暴走の始まりである。(日中戦争泥沼化)
そしてこれこそが共産党の狙い通り全中国人を反日で一致団結させ、世界を敵にまわす結果を招く。戦略的な効果は殆ど無く日本の被害は増大。
ルーズベルト大統領は海軍の南京無差別爆撃を世界に向けて非難。(隔離演説)
アメリカ大統領が歴史上初めて、日本を強烈に非難した。
(満州事変でさえもアメリカ大統領が日本を批判したことは一度も無かった。)

■対米開戦
陸海軍とも当初は対米戦争を避ける米英可分論が主流だった。
しかし山本五十六は米英不可分論によって対米戦争を主張し、対米脅威論を流布し海軍全体を強行に対米早期開戦に決意をさせた。
皆の反対を押し切って米国本国であるハワイ、西海岸を奇襲。
自国が攻撃されない限りは戦争に参戦しないというルーズベルトの公約は反故にされる。日本支持だった共和党までが対日、対独全面参戦を支持。
米国世論は反戦から参戦支持に豹変し、アメリカを総力戦に無理やり突入させた。

対米開戦確定後も、国の方針(対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案)では、対英戦を守戦とし、米国との和平を視野に入れていたが、
海軍のハワイ奇襲(東条首相ら政府は知らされていなかった)によってそれは絶望となった

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/16(土) 23:52:19.93 ID:VedaPzGO0
>>45
>ルーズベルトが判っていたというソースを出せ ウスノロ馬鹿右翼


「ルーズベルトは狂気の男」 フーバー元大統領が批判
2011.12.7 22:41 (1/2ページ)[歴史問題・昭和史]
 【ワシントン=佐々木類】
ハーバート・フーバー第31代米大統領(1874〜1964年)が、日本軍が1941年12月8日、米ハワイの真珠湾を攻撃した際の大統領だった
フランクリン・ルーズベルト(第32代、1882〜1945年)について、「対ドイツ参戦の口実として、
日本を対米戦争に追い込む陰謀を図った『狂気の男』」と批判していたことが分かった。

 米歴史家のジョージ・ナッシュ氏が、これまで非公開だったフーバーのメモなどを基に著した「FREEDOM BETRAYED(裏切られた自由)」で明らかにした。

 真珠湾攻撃に関しては、ルーズベルトが対独戦に参戦する口実を作るため、攻撃を事前に察知しながら放置。
ドイツと同盟国だった日本を対米戦に引きずり込もうとした−などとする“陰謀説”が日米の研究者の間で浮かんでは消えてきたが、
米大統領経験者が“陰謀説”に言及していたことが判明したのは初めて。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/111207/amr11120722410009-n1.htm

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/16(土) 23:54:13.83 ID:VedaPzGO0

第二次世界大戦で日本が犯した最大の間違いは、真珠湾攻撃である。
真珠湾攻撃がなければ、アメリカが第二次世界大戦に参加する前に、枢軸国は、イギリスとソ連に勝つことができただろう。

多くの人は、ハルノートは最後通牒であり、日米開戦は避けられなかったと考えている。
しかし、本当にハルノートは最後通牒だったのだろうか。
ハルノートにおけるアメリカの対日要求は、たしかに過酷ではあったが、これを拒否もしくは無視したからといって、
すぐにアメリカが日本に宣戦布告するということはなかった。

インド洋作戦の功罪
http://www3.ocn.ne.jp/~y.hirama/Yh_ronbun_dainiji_India_gaken.htm


西村真悟 論文紹介A
http://shingomatrix.jp/2010/01/post_690.html

8.大東亜戦争に勝つチャンスは無かったか
http://www5b.biglobe.ne.jp/~korea-su/korea-su/jkorea/pacificwar/chance.html

太平洋に消えた勝機
http://www.systemicsarchive.com/ja/c/pacific_war.html


50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/19(火) 22:14:41.02 ID:2nlCxy840
>>45>>48
馬鹿サヨクだか在チョンだか知らんが、罵倒しかできない無知な反日主義者が滅ぼされる瞬間を笑いながら見たw



51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/20(水) 11:56:05.12 ID:nt6JS13T0
>>1>>2
何で小室サンや佐藤サンや西村サンだけがそんなこと知ってるの?
東条さんは自分で東京裁判で12月1日に詳細は聞いたと証言してるよ。
wikipedia東条英機にはもっと前から、
少なくとも3回は攻撃の内容を知る機会を持っていたことが記載されている。
出所は小室サンか?
wikipedia小室直樹には彼の説を否定する記載がある。
真珠湾作戦というのは他の多方面同時作戦の一環であり
各作戦局面と合わせて陸海軍が参加している。
したがって作戦を練る際に陸海両軍の人間たちが協力しているのだ。
膨大なヒト、モノ、カネが動く。
さまざまな変化が出ているはずだ。それを把握できないなどとは・・・・。
首相が知らぬなどが本当だったら、その首相の能力が疑われるぞ。
東条さんは有能な方だからそんなことは無いと思うな。
責任を他に押し付ける卑劣な者がいるんだろう「死人に口無し」だからな。

>>49 まだそんなもの出してるのか。それらは全部、裏付けのないもんだ。ドイツ頼み。うすっぺらの願望。
得意になって、あの時ああすれば良かったなどと言う者が多い。こんなの学校秀才が言うことだ。
今、来年の世界や経済がどうなっているかなど誰も正確に言える人間がいるだろうか。
まして、当時の混沌とした世界情勢の中で明日の世界のあり様を認識でき、
そしてそれに対応した軍事戦略を描けた者がいただろうか。
原爆の出現とそれの使用を予測できた人間がいたろうか。





52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/20(水) 23:55:14.94 ID:RFRNejDQ0

●山本五十六が強行させた海軍の南京無差別爆撃によって
アメリカ大統領が、歴史上始めて日本を激しく非難した。


隔離演説(1937年10月5日)
--------------------------------------------------------------------------------
 日中戦争の勃発により、アメリカが国家の意思として初めて日本を批判した演説。
ルーズヴェルト大統領は世界に不法状態を生み出している国家を国際社会から隔離すべしと演説した。

隔離演説(一部)
宣戦の布告も警告も、また正当な理由もなく婦女子をふくむ一般市民が、空中からの爆弾によって仮借なく殺戮されている戦慄すべき状態が現出している。
このような好戦的傾向が漸次他国に蔓延するおそれがある。彼ら平和を愛好する国民の共同行動によって隔離されるべきである。
出典『戦史叢書籍・支那事変陸軍作戦T』




53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/24(日) 03:05:46.71 ID:hITsvYWLO
知らなかったって有り得なくね?
マレー半島やらフィリピンやら香港やらと同時進行したんじゃないの?

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/24(日) 14:57:21.09 ID:mvdASzm0O
バカ東条はもう一回死ねばいいよ

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/25(月) 10:22:10.68 ID:Um+y5xQJ0
こらー!!
人の悪口いうヤツは自分の姿を見よ。心の中に自己の姿を見よ。見れるかな?


がたがた言う前にこの本を読みなさい。
         ↓
「大東亜戦争の真実―東条英機宣誓供述書」 東条 由布子著   WAC

東条さんが必死になって当時のことを後世に伝えようとしたものだ!!!


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/25(月) 10:25:47.47 ID:Um+y5xQJ0

東条さんが必死になって当時のことを後世に伝えようとしたこの書を
お読みくださいませ。
     ↓
「大東亜戦争の真実―東条英機宣誓供述書」 東条 由布子著   WAC


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/26(火) 18:02:05.67 ID:Nx0uEkGrO
もう分かったからコピペ止めろよ。
うざいだけで読みたくはならないぞ…。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/01(日) 16:33:29.31 ID:Uz60W6ry0
国が決めた大東亜戦争の基本方針、開戦前に政府と陸海軍が取り決めた
「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」では、
まずアジアで英軍を屈服させることとなっている。

日独で英国を追い込み、ビルマ、インドの独立を誘発し、
その事によって政治的に米国の戦意を殺ぎ、
対米和平へと持ち込む事を目標としていた。
(太平洋の対米艦隊への攻撃は適時とし、補助的な扱いとなっている)

しかし海軍・山本五十六はこの国の基本方針を無視して独断でハワイを攻撃し
(東条首相は海軍がハワイを攻撃することを知らされていなかった)、
ミッドウエーやソロモン方面で大規模作戦を展開した。
山本五十六の暴走によって、大東亜戦争が対米・太平洋戦争になってしまう。
海軍は戦果を改竄して大勝利の嘘の報告ばかりを大宣伝したため、
世論も対米太平洋決戦に歓喜し、陸軍も太平洋での海軍の作戦に協力するよう
引きずり込まれた。

このためアジアでの作戦は、実施が大幅に遅れ、
戦力も大幅に削がれてしまった。
ビルマの航空兵力は、大部分がソロモン方面に移動させられ消耗することになった。
本来の大東亜戦争の目的であったインパール作戦も
海軍に足を引かれて失敗となる。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/02(月) 01:54:00.38 ID:rkYNk41f0
山本五十六の最大の誤りは、南雲を艦隊司令官に登用したことだな。南雲は元々水雷艇の
専門家であって、機動部隊の専門家ではない。適材適所なら、南雲ではなく山口多聞を
艦隊司令官に起用すべきだった。山口は機動部隊の専門家で、極めて優秀だった。

山口が艦隊司令官だったら、ミッドウエー海戦で惨敗することもあり得な
かった。それ以前に、真珠湾攻撃で補給基地を殲滅しただろうからミッドウエー海戦
自体起きなかった可能性が大だ。






60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/02(月) 18:11:39.01 ID:g9hwj3YmP
航空関係の仕事をしたのが開戦時で南雲が1年、山口が2年だから大差ないよw
もちろんミッドウェーで山口の能力は実証されたことは認めるが、
開戦時に”適材適所”を理由に階級を飛び越えてまでやるほどの差がみとめられない。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 01:04:15.98 ID:uej7fWya0
>>1>>2 ← 大間違いだよ

少なくとも11月はじめには「真珠湾作戦」は陸海軍協同で合意の上で立案されている。

1941年11月8日に「海軍作戦計画ノ大要」を海軍軍令部総長永野修身と
陸軍の参謀総長杉山元が侍従武官長宛てに発信している。
これには海軍軍令部次長伊藤整一と陸軍参謀本部次長塚田功ら総務部長、
主任部長、主任課長など作戦の中枢部の軍人が名を連ねている。
この上奏文は,陸海軍高官が認めた最終攻撃計画であり,
開戦予定日(12月8日)の1ヶ月前に真珠湾攻撃計画も含め,
大元帥昭和天皇に報告された。

「海軍作戦計画ノ大要」

「兵棋ニ依ル作戦計画御説明ニ関スル件」(1941年11月8日)
 謹ミテ海軍作戦計画ノ大要ニ付奏上致シマス
 第一段作戦ニ於ケル陸軍ト協同シテ行フ南方要域ノ攻略作戦ニ関シマシテハ只今参謀総長ヨリ奏上致シマシタ通で御座イマ
スノデ此処ニハ海軍単独ノ作戦ニ関シ申述ベルコトト致シマス
 開戦劈頭比島及馬来ニ対スル先制空襲ト成ルベク時ヲ同ジク致シマシテ第一航空艦隊司令長官ノ率ヰル航空母艦六隻ヲ基
幹トスル機動部隊ヲ以チマシテ布哇在泊中ノ敵主力艦隊ヲ空襲致シマス
 右機動部隊ハ千島ニテ補給ノ上開戦十数日前内地ヲ進発致シマシテ布哇北方ヨリ近接シ日出一、二時間前「オアフ」島ノ北
方約二百浬附近ニテ全搭載機約四〇〇機ヲ発進セシメ碇泊中ノ航空母艦、戦艦竝ニ所在航空機ヲ目標トシテ奇襲攻撃ヲ加フ
ル計画デ御座イマス・・・・・・・以下略。
出典:参謀本部作戦課『昭和十六年上奏関係文書綴』〔防衛庁防衛研究所図書館所蔵〕巻一所収

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 01:11:09.10 ID:uej7fWya0
「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」を持ち出す者が多いが、
「腹案」でしかないのだ。何の強制力もない腹案を決定したというだけ。
ドイツが勝利した時にこれを出そうというだけのものでしかない。
外務省の記録を見れば「〜促進要領」と一度は書いたが、後で線を引いて消して
手書きで「〜に間する腹案」と書き直してある。
すでに、9月、11月の御前会議での決定事項は
天皇陛下の裁可を受けて動き出しているのだ。→命令がもう発せられている。
この「腹案」と 真珠湾攻撃とは矛盾しないからこそ
陸軍も賛成し諸機関の認可そして天皇陛下の裁可を得て実施されたのだ。


また、「東条首相が真珠湾攻撃を知らされていなかった」
とする説が広く流布されているが全くのデタラメである。
東条さんは「昭和16年8月に海軍より 開戦劈頭に戦力差を埋めるための
真珠湾攻撃を研究中と内密に伝達され、 11月はじめには永野海軍軍令部総長と
杉山陸軍参謀総長が昭和天皇に陸海両軍の 作戦内容を上奏するため列立して読み上げた。
ハワイ奇襲実施についても このときに遅くとも正式な作戦として陸軍側に伝わっており、
東條自身、参謀本部作戦課に知らされている。
また、11月30日には天皇よりハワイ作戦の損害予想について下問されており、
「知らなかった」とするのは正確ではない。」wikipedia 東条英機。

東条さん自身、「ハワイ作戦は参謀総長より承知していた」と書いている。
「大東亜戦争の真実―東条英機宣誓供述書」 
東条首相が当時の国内外の情勢と日本が開戦するに至った理由を必死になって残したものです。
多くの人がこれを読んでおらずに歴史を語っているのが現在の日本だ。


「大東亜戦争の真実―東条英機宣誓供述書」 WAC出版


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 01:14:26.40 ID:uej7fWya0
「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」ちゅうのを持ち出す奴らがおる。
だけんど、こりゃー、よう読めばこれの終末とはアメリカが継戦意欲を喪失することを当てにしとるんやな。
そげんこつなかとよ。
やっこさん達が継戦意欲を喪失するなんぞ。

ほいで、「速やかに極東における米英蘭の根拠を覆滅して・・・・」
「迅速なる武力戦を遂行し東亜及南太平洋における米英蘭の根拠を覆滅し・・・・」と書いてあるな。

どうすりゃ、劣勢な日本が覆滅できるんかね?
そげんなこつでけんとよ。
子供でもわかるばい。

南方の比島や蘭印あたりを奇襲攻撃することになったんじゃなかと?
そいでも、やっこさんたち、米英蘭豪は対日参戦を決めとったとゆうではないか。
結局は「リメンバーなんとかかんとか」だったんだわな。

「漸減邀撃作戦」をゆうもんもおるな。
こんなもん、なんば抜かしとる!

まず、主導権が敵にあるやないか。 
どこに来るか、いつ来るか わからへん。
せやさかい、わてらの戦力が分散してしまうんや。

只でさえ、向こうの戦力の方が大きいのに、
分散してもうたら、もうあかんわ。
こげんな広い海にばかこまれとる日本の地形ば考えてみんさい。

ましてや、当時は石油を止められとった。
いつ来るかわからんのを待っとったら、石油がのーなってしまうわな。
向こうはじっくり待って攻めてこん。こっちの油がのーなるのを待てばいいんやからな。
こんな楽なことはないな。
せやからこりゃあきまへん。

また、こげんなこつばいいよる者ばおる。
ハル・ノートがまだ戦争決めておらんのじゃけん、待っとればよかと。
また、よういううわな。
どっからそげんなこと抜かしよるとか?

さっきも言うたども石油がないんだわ。
「あぶら」だで。「あぶら」。
時間がたてばたつほどこっちがだめんなってしまうんじゃわな。

東条さんの宣誓供述書ば読めばわかるじゃろうが。
日に日に日本をば奴らが包囲してゆく緊張感が伝わってくるんじゃなかと?

政府中枢の誰もが奴らがいつ戦争をしかけてくるか時間の問題じゃと思っとった。
そうなったら日本はほんとにもうどうもならんかった。
そればまちがいないけ。

そげんなこと考えれば山本どんの考えはまちがっとらん。

おいどんはそう思うとる。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 01:15:37.20 ID:uej7fWya0
「勝機」だとか「ああやれば勝てた」とかみんな勝手な夢物語じゃねえか。
いいかげんにせにゃあかんぜよ。

自分が当事者だとして、
その「勝機」だとか「ああやれば勝てた」などやれたんかね。

ああだこうだと言うやつらが一杯いるんじゃ。
誰にも批判されん戦術なんかありゃしねえぞ。

真珠湾だってやる前はみんなが批判したんよ。
やった後になったら、自分もそう考えてたんだと
みんなが自分を自慢したそうだがな。

そんな勝手な人間どもをまとめて動かしていけるんかね、あんたらは?

過去の歴史が「こうだった」と知ってるから、「ああだこうだ」と言えるんだが
自分達の置かれてる明日の世界がどうなるのか、
ましてや当時の混沌とした時代にあって、
誰がそんなことを言えるんかね?

日本が「ああやれ」ば、相手は決して「こうやった」はずではないぞ。
別の事をやってきたはず。

あんたらがやったら「勝機」をつかめたんかね。
「ああやれば勝てた」んかね。

自分ができもせんのに人を批判できるんかね?

山本どんはあんたらみてえな人間どもとも戦わんならんかったんじゃろうが。
たったひとりで全部責任を負って、泣きてえ時にもひとりで黙って、
戦艦の部屋ん中で耐えとったんじゃろうが。

本来は陸上の人員も設備も整った所で作戦ばじっくり立てたかったらしいんじゃな。
東郷さんごとく前線指揮やれとゆうて批判ばする奴らがようけおるけん、ずっと戦艦で海の上じゃ。
ずっとな。前線とゆうても良いほどのトラック島の湾内じゃ。
真珠湾以降、本土にも、陸にも戻れんかったそうじゃ。

アネリカの長官はずっと楽園ハワイの陸上施設でたっぷり人員設備ばもろうて
全作戦をば指揮しとったゆうではないか。


65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 01:37:09.50 ID:uej7fWya0

東条首相は予め知ってましたよ。

「東条英機宣誓供述書」より

11月4日の陸海軍合同軍事参事官会議で軍令部総長の説明について
あえて、「真珠湾攻撃の件については何等触るる処ありませんでした」と書いている。
軍令部総長は「第一段作戦」という言葉を使ってハワイ作戦を表現しているので、
東条さんも「第一段作戦」の意味は理解していたとみられる。

11月29日の重臣会議(重臣懇談会とも称す)において東条さんは天皇の陛下の前にて
自らの説明の時に「ハワイ攻撃の事は勿論其他攻撃に関する純統帥事項は告げず」と記入している。

また午前中、政府と重臣たちとの間の懇談で日米交渉のことについて問われた際、
「純作戦事項のことについては説明をさけたのであります」とも述べている。

意味は東条さんは知っていたが他の重臣たちに秘密が漏れないようにあえて公表しなかったという意味だ。


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 01:46:40.47 ID:uej7fWya0

 東条首相は予めハワイ作戦を知ってましたよ。

「東条英機宣誓供述書」より

「帝国は1941年12月1日より開戦準備に入り大本営陸海軍統帥部の
企画に基き敵の大包囲圏を「ハワイ」、「比島」、「香港」、及び「マレー」
の4箇所において突破するの作戦に移りました。
12月8日(日本時間)早暁其の攻撃を実施しました。
而してこの攻撃は何れも軍事目標に指向せられたのであります。
此の攻撃作戦は統帥部において極秘裡に進められたのであります。
私は陸軍大臣としてその概要を参謀総長より承知して居りました。」

また、他にも東条首相がハワイ作戦を予め知っていたことを述べている場面。
         ↓
@12月1日の御前会議の席上、東条さんは政府及び統帥部が原枢密院議長の質問に対して答えた際、
「この時の説明に際してハワイ攻撃其の他の統帥事項に関する具体的の事については少しも口外せず」と。

Aまた、この席上で「私と海軍大臣を除く他の閣僚は事前に之を承知しておりません」と。

B12月8日東郷外相よりルーズベルト親電上奏可否を問われ「私は直ちに上奏には異存なしと告げるとともにもはや海軍の機

動部隊の飛行機は母艦より飛行の開始を為しているであろうと答えたのでありました」と。

出典:東条英樹宣誓供述書

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 01:51:15.49 ID:uej7fWya0

東条首相はこう述べている、

「日本は侵略戦争をしたのではなく、自衛戦争をしたのだ。自分は開戦の責任者であり、日本という国家を弁護するのは自分以

外にない。それを表明する、その為に、私は生き恥をさらしてでもこの法廷に立たせてもらった。私に発言のチャンスをくれたこ

の東京裁判の法廷に心から感謝している。」と。

出典:「大東亜戦争の真実ー東条英樹宣誓供述書」ワック出版

多くの日本人がこの本を読まずに歴史を論じている。
そして、多くの誤った内容の本が作られている。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 01:54:44.57 ID:uej7fWya0

陸軍はハワイ作戦を知っていました。

「昭和16年10月9日ないし10月13日、山口県室積沖在泊中の旗艦「長門」において連合艦隊のハワイ空襲作戦を含む最終図
演が行われた。これには参謀本部作戦課の久門有文中佐および竹田宮恒徳王少佐が加わった。
昭和16年10月19日、永野軍令部総長はハワイ作戦実施に同意の決裁を下した。参謀本部首脳及び作戦当局はその計画を
知らされていたので、意見があれば表明し得る筋合いであるが、もとより、そのようなことはなかった。」

出典: 戦史叢書 大本営陸軍部大東亜戦争開戦経緯(5) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 01:59:16.38 ID:uej7fWya0

上に書いてあるとおり、

真珠湾攻撃はな、
@天皇陛下も予め承認
A政府代表の東条首相も予め知っていた。
B陸軍も知っていた。
C作戦は陸海軍合意の上
だったんじゃ。

みんな上に書いてあるぞなもし。

「真珠湾」が悪いと言いたいんじゃろうが、
ほんじゃ、どこを攻撃すりゃよかったんかいね?
他を攻撃しても「リメンバー!」になっておったよ。
米英蘭豪はすでに対日参戦を決めたとゆう情報を
日本政府はつかんどったんや。

ハル・ノート受諾しても相手がそれで勘弁してくれる思うたら大まちがいや。
石油や鉄其の他資源の輸出停止を解除するちゅう保障は何んもない。
こっちの油がどんどんのーなってくんだわ。なあんもせんでも。
時間たつだけでな。

なんだかんだと難クセ付けられて結局コテンパンにやっつけられたろうよ。

インディアンをそうやってやっつけて来たんやで。
調べてみいや。

それを当時の人は知っとったんやな。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 02:00:28.13 ID:uej7fWya0

おまんら 人の悪口ばっか言っとるんやないか。
ええかげんにせなあかんぜよ。

自分のうっぷん晴らしやっとるだけやないか。
自分がしっかりしとる人間は人の批判なんぞやっちょらんぞなもし。

見てみい、おまんの周りで人の悪口いうとる奴らがぎょうさんおるやろ。
そんたら奴らは幸せな人かね。
有能な人かね。
おまんはそげんな人になってみたいんかね。

当時のこつばどれほど知っとるんかいね。

おまんらが読んどる本はな、考えてみい。
何んか別のこつば隠そうとしとるんじゃ。

例えば、陸軍の出身者が自分らが悪いと言われてたもんで
海軍のもんに責任をかぶせたいとかな。

軍や政府の当事者が自分らの責任をば隠しとうて
他の誰か、山本どん なんぞを引きずり出してるだけやないか。
山本どんより偉いもんはいくらでもおるで。

山本どんは戦死しとるんで何ゆうても、うそゆうても誰もわからん。
ひどいもんじゃなかと?

未だに日本が戦争に入った理由は議論が尽きんのや。
国民自身が原因がよく分からなんもんだで、
「真珠湾」が悪い→山本どんが悪い、
というふうに頭ん中で理由つけをしたいというだけや。

こいつが悪いちゅうもんがおったら、
それで国民はもう考えんでええ。
こげんな楽なこつばなかとよ。
せやから山本どんに責任ば押し付けとる。

そこらの本屋に積んであるような興味本意の本は
得体の知れん本を丸写ししとるだけや。
それを丸写して、又、別の得体の知れん本が作られていっとる。
その繰り返しや。

おまんら元の正しい資料で検証してみたことあるんかね、
おいどんはやってみたぞなもし。

ほうしたらたまげたぞ。
デタラメこいとるもんばっかじゃ。

こいとるんは「へ」じゃなかとよ。
デタラメこいとるんじゃ。


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 02:24:27.38 ID:uej7fWya0

もう一度言わせてもらう。

多くの日本人がこの本を読まずに歴史を論じている。
そして、多くの誤った内容の本が作られている

東条首相はこう述べている、

「日本は侵略戦争をしたのではなく、自衛戦争をしたのだ。自分は開戦の責任者であり、日本という国家を弁護するのは自分以

外にない。それを表明する、その為に、私は生き恥をさらしてでもこの法廷に立たせてもらった。私に発言のチャンスをくれたこ

の東京裁判の法廷に心から感謝している。」と。

出典:「大東亜戦争の真実ー東条英樹宣誓供述書」ワック出版



72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 04:54:21.63 ID:b4xzmjVw0

第二次世界大戦で日本が犯した最大の間違いは、
海軍の独断による真珠湾攻撃である。
真珠湾攻撃がなければ、アメリカが第二次世界大戦に参加する前に、枢軸国は、イギリスとソ連に勝つことができただろう。

多くの人は、ハルノートは最後通牒であり、日米開戦は避けられなかったと考えている。
しかし、本当にハルノートは最後通牒だったのだろうか。
ハルノートにおけるアメリカの対日要求は、たしかに過酷ではあったが、これを拒否もしくは無視したからといって、
すぐにアメリカが日本に宣戦布告するということはなかった。

インド洋作戦の功罪
http://www3.ocn.ne.jp/~y.hirama/Yh_ronbun_dainiji_India_gaken.htm


西村真悟 論文紹介A
http://shingomatrix.jp/2010/01/post_690.html

8.大東亜戦争に勝つチャンスは無かったか
http://www5b.biglobe.ne.jp/~korea-su/korea-su/jkorea/pacificwar/chance.html

太平洋に消えた勝機
http://www.systemicsarchive.com/ja/c/pacific_war.html



73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 04:57:53.49 ID:b4xzmjVw0

【山本五十六こそが日本を対米戦争に引きずり込んだA級戦犯】

■日中戦争 勃発、泥沼化 (海軍の予算拡大が目的)

海軍次官・山本五十六は、陸軍と対等の予算獲得のため大量の爆撃機配備をもくろみ
その宣伝のため脅威をあおり中国空爆を計画したと考えられる。
海軍の南京爆撃(渡洋爆撃)は、盧溝橋事件以前から周到に準備訓練していた、中国に対する計画的な侵略戦争。
当初は敵飛行場を標的にしたが、山本が開発した96陸攻は防弾装備が皆無で旧式の敵戦闘機に撃墜されまくり、直ぐに都市無差別爆撃に切り替える。
第二次上海事変を機に4ヶ月にもわたって南京への猛爆は敢行された。

山本五十六が中心となって強行した南京無差別爆撃こそが日本の暴走の始まりである。(日中戦争泥沼化)
そしてこれこそが共産党の狙い通り全中国人を反日で一致団結させ、世界を敵にまわす結果を招く。戦略的な効果は殆ど無く日本の被害は増大。
ルーズベルト大統領は海軍の南京無差別爆撃を世界に向けて非難。(隔離演説)
アメリカ大統領が歴史上初めて、日本を強烈に非難した。
(満州事変でさえもアメリカ大統領が日本を批判したことは一度も無かった。)

■対米開戦
陸海軍とも当初は対米戦争を避ける米英可分論が主流だった。
しかし山本五十六は米英不可分論によって対米戦争を主張し、対米脅威論を流布し海軍全体を強行に対米早期開戦に決意をさせた。
皆の反対を押し切って米国本国であるハワイ、西海岸を奇襲。
自国が攻撃されない限りは戦争に参戦しないというルーズベルトの公約は反故にされる。日本支持だった共和党までが対日、対独全面参戦を支持。
米国世論は反戦から参戦支持に豹変し、アメリカを総力戦に無理やり突入させた。

対米開戦確定後も、国の方針(対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案)では、対英戦を守戦とし、米国との和平を視野に入れていたが、
海軍のハワイ奇襲(東条首相ら政府は知らされていなかった)によってそれは絶望となった

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 09:19:56.81 ID:uej7fWya0

>>1>>2>>72>>73  何いうとるんじゃ?

上に書いてあるとおり、

真珠湾攻撃はな、
@天皇陛下も予め承認
A政府代表の東条首相も予め知っていた。
B陸軍も知っていた。
C作戦は陸海軍合意の上
だったんじゃ。

みんな上に書いてあるぞなもし。



75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 09:23:36.14 ID:uej7fWya0

上に書いてあるとおり、

真珠湾攻撃はな、

@天皇陛下も予め承認
A政府代表の東条首相も予め知っていた。
B陸軍も知っていた。
C作戦は陸海軍合意の上

だったんじゃ。


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 11:01:03.10 ID:qM1PiK5z0
東条は真珠湾奇襲を知らない

キーナン検事「あなたは、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために、日本を出発した日を知っているでしょう」
東条英機「今知っているというお尋ねですか。その当時知っておったかというお尋ねですか」
キーナン検事「私が尋ねているのは、今知っているかということです」
東条英機「今、裁判所において私はその知識を得ました」
キーナン検事「いつ艦隊は出発しましたか」
東条英機「どこをですか」
キーナン検事「東京を」
東条英機「それは知りません。私がこの裁判所で得た知識は、ヒトカップ湾と言いましたかね。二十三日か、二十六日に出たというふうなことを知ったのです」
キーナン検事「あなたは現在、この連合艦隊の作戦命令は、十一月五日に発せられたということを知っておりますか」
東条英機「知りません。作戦準備命令がその頃出たということは、この法廷で承知しました。準備命令です。お間違えの無いように」
キーナン検事「そしてまたあなたは総理大臣として、この艦隊が十一月の二十三日にしろ、二十六日にしろ、日本を出発したということもまた知らなかったのですね」
東条英機「事実において知りません」
キーナン検事「そうして真珠湾に対する攻撃が現に起ってしまうのちにいたるまで、これを攻撃する意思を見出すことができなかったと推定するか ― 。」
東条英機「それは違った推定です。」
キーナン検事「それではあなたはいつ真珠湾を攻撃するということを、艦隊が真珠湾に向かって進行中であることを知りましたか」
東条英機「それは十二月一日の御前会議の決定にもとづいて、当然に私は攻撃を開始するということに向かって行動しつつある。こういうふうに想像しておりました。・・・・以下略」
ウェブ裁判長「それを知った日付を答えなさい!」
キーナン検事「法廷に申し上げます。この証人はばかばかしいほどの限度まで行き過ぎております。
私は単にいつ真珠湾攻撃の意思を知ったかというその日付を訊いただけであります。 証人に対して、この質問に答えるよう指示を与えていただきたいと思います」
ウェブ裁判長「証人、もし記憶しているならば、それを知った日付を述べなさい」
東條英機「それは一番最初にお答えしたと思うておりましたが、十二月一日の御前会議において知りました」
キーナン検事「私はあなたに対して長々しく退屈なことを訊くつもりはありませんが、ただこの点だけを明確にお尋ねします。
すなわち、あなたはこの御前会議において、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために進行中であったということを知りましたか。しかりとか、否とか答えてください」
東條英機「もう一遍言ってください」
ウェブ裁判長「この簡単な質問に答えなさい。あなたはいつ最初に真珠湾は攻撃されることになっているということを知りましたか。
それに対して一語、もしくは二語でごく簡単に答えることが出来るでしょう」
東條英機 「それは否と答えましょう。」
キーナン検事「それでは最初に知ったのはいつか。」
東條英機「イエスとかノーで答えるというのはツライです。御前会議においては真珠湾攻撃云々ということは出ていなかったのです。それを私は否と答えた。」
キーナン検事「それでは御前会議において作戦部隊が合衆国あるいはその領土を攻撃のため出動中であるといづことが明らかにされたか。」
東條英機「そういう作戦に関する具体的なことは御前会議、連絡会議において採り上げられませんでした。そういうことは統帥部から提案すべきものではないのです。」
ウェブ裁判長「いつ最初に真珠湾が攻撃されることになっていることを知ったか?」
東條英機「一日でしたか、二日でしたか、そこのところは日にちがはっきりしませんが、その辺のところです」
キーナン検事「いつの」
東條英機「昭和十六年十二月の」
キーナン検事「私はこの証人から非常に正確なことを聴きだすことが出来なかったことをお詫びいたします」

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 11:13:30.29 ID:qM1PiK5z0

フェラーズ准将

「自分は...連合軍の占領について天皇が最大の協力者であることを認めている。
...ところが困ったことに、連合国の或る国においては天皇でも戦犯者として処罰すべしとの主張非常に強く、...。
右に対する対策としては天皇がなんら罪のないことを日本側から立証してくれることが最も好都合である。
其の為には近々開催される裁判が最善の機会と思う。
殊に其の裁判に於いて東条に全責任を負担せしめる様にすることだ。...」


米内

「全く同感です。東条と嶋田に全責任をとらすことが陛下を無罪にする為の最善の方法と思います」

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 11:36:03.63 ID:2Hq1hug5P
>>76
しっかり御前会議で知ってるって言ってるね。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 13:22:11.06 ID:34a/wNim0
>>78
そんなこと言ってないが?
おまえ日本語がわからない朝鮮人?

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 13:30:12.32 ID:34a/wNim0
東条は12月1日の御前会議において、海軍が作戦行動を開始することは
承知したが、海軍が共同作戦(南方作戦)以外にどこを攻撃するかは知らない。
つっこまれて苦し紛れに杉山から1日か2日に聞いたと答えたが
嘘は明らか。


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 13:35:14.89 ID:34a/wNim0
そもそも海軍が真珠湾奇襲を陸軍に伝えるわけが無い。
もしそんなことしたら、間違いなく米国に情報が漏れる。
政府や陸軍側の良識ある反対者が
米国大使館にその意図をばらして
海軍の不法な真珠湾奇襲を阻止したであろう。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 13:40:06.60 ID:34a/wNim0
不戦条約に違反した海軍のハワイ奇襲は
海軍が独断で強行したものであり
陸軍、政府、東条は関わってないし
その責任を負う義務は無いはずだが
海軍は誰も責任を負わず、他の者が責任をなすり付けられて
処刑され、さらにはA級戦犯だと戦後もずっと貶められてきた。
A級戦犯は、国家の戦没者追悼の対象から除外すべき犯罪者だと
政府関係者の多くが、いまも貶め続けている。
そしてそれらは皆、海軍に責任は無いと大嘘を宣伝している。


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 16:51:51.96 ID:uej7fWya0

○東条さんは宣誓供述書で
「私はハワイ作戦のことを知っていたと」証言している。
何箇所も知っていたを証言している。

出典:「大東亜戦争の真実ー東条英樹宣誓供述書」
出典:「東条英樹宣誓供述書」国立国会図書館 近代デイタルライブラリー

○陸軍はハワイ作戦を知っていた。

「昭和16年10月9日ないし10月13日、山口県室積沖在泊中の旗艦「長門」において連合艦隊のハワイ空襲作戦を含む最終図
演が行われた。これには参謀本部作戦課の久門有文中佐および竹田宮恒徳王少佐が加わった。
昭和16年10月19日、永野軍令部総長はハワイ作戦実施に同意の決裁を下した。参謀本部首脳及び作戦当局はその計画を
知らされていたので、意見があれば表明し得る筋合いであるが、もとより、そのようなことはなかった。」

出典: 「戦史叢書 大本営陸軍部大東亜戦争開戦経緯(5)」 防衛庁防衛研修所戦史室編纂



84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 17:05:16.18 ID:uej7fWya0
なんでもよいが
おまんら 何んをしたいのかの?
いつまでもグズグズ、ブツブツ、「ヤマモトガワルイ バカ アホ」とお経のように
唱えてござっしゃる。おまんら坊さんかの?
そのお経を唱えて何かいいことあるんかね。
「ヤマモトガワルイ バカ アホ」「ヤマモトガワルイ バカ アホ」「ヤマモトガワルイ バカ アホ」「ヤマモトガワルイ バカ アホ」
何宗でござらっしゃるんどすかいの?
すんばらすいお経ですのー。
無念無想でこれを唱えればなんか功徳があるんかいの?
「ヤマモトガワルイ バカ アホ」「ヤマモトガワルイ バカ アホ」「ヤマモトガワルイ バカ アホ」「ヤマモトガワルイ バカ アホ」



85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 17:10:41.30 ID:uej7fWya0
何度も何度もお経を唱えてる。
ヤマモトワルイバカアホ ヤマモトワルイバカアホ ヤマモトワルイバカアホ
yamamotowaruibakaahoyamamotowaruibakaahouibakaaho yamamotowaruibakaaho


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 17:14:01.10 ID:2Hq1hug5P
>>80
だからそれはお前が嘘だと思っただけの話で
しっかりと答えていることは理解できたか?
さらにいえば、この答弁の中で杉山に聞いたという内容の会話はなされていないのだが
おまえ日本語がわからない朝鮮人? というのは自己紹介なのか?

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 17:33:31.97 ID:2Hq1hug5P
ほれ、そんなどこから拾ってきたのか分からん適当な省略だけじゃなくて
きちんと原文が国会図書館のデジタルライブラリーで公表されて居るんだから
きちんとよめよ
ttp://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1711533

お前の言ってることは東條の主張する責任感のある言葉すら否定しきってることに気づくだろうよ。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 17:34:04.39 ID:uej7fWya0

東条首相は予めハワイ作戦を知ってましたよ。

「東条英機宣誓供述書」より

「帝国は1941年12月1日より開戦準備に入り大本営陸海軍統帥部の
企画に基き敵の大包囲圏を「ハワイ」、「比島」、「香港」、及び「マレー」
の4箇所において突破するの作戦に移りました。
12月8日(日本時間)早暁其の攻撃を実施しました。
而してこの攻撃は何れも軍事目標に指向せられたのであります。
此の攻撃作戦は統帥部において極秘裡に進められたのであります。
私は陸軍大臣としてその概要を参謀総長より承知して居りました。」

また、他にも東条首相がハワイ作戦を予め知っていたことを述べている場面。
         ↓
@12月1日の御前会議の席上、東条さんは政府及び統帥部が原枢密院議長の質問に対して答えた際、
「この時の説明に際してハワイ攻撃其の他の統帥事項に関する具体的の事については少しも口外せず」と。

Aまた、この席上で「私と海軍大臣を除く他の閣僚は事前に之を承知しておりません」と。

B12月8日東郷外相よりルーズベルト親電上奏可否を問われ「私は直ちに上奏には異存なしと告げるとともにもはや海軍の機

動部隊の飛行機は母艦より飛行の開始を為しているであろうと答えたのでありました」と。

出典:東条英樹宣誓供述書


89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 17:36:19.66 ID:uej7fWya0

東条首相は予めハワイ作戦を知ってましたよ。

12月8日,東郷外相よりルーズベルト親電上奏可否を問われ「私は直ちに上奏には異存なしと告げるとともにもはや海軍の機

動部隊の飛行機は母艦より飛行の開始を為しているであろうと答えたのでありました」と。

出典:東条英樹宣誓供述書


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 17:46:59.57 ID:uej7fWya0
東条首相は予め知ってましたよ。

「東条英機宣誓供述書」より

11月4日の陸海軍合同軍事参事官会議で軍令部総長の説明について
あえて、「真珠湾攻撃の件については何等触るる処ありませんでした」と書いている。
軍令部総長は「第一段作戦」という言葉を使ってハワイ作戦を表現しているので、
東条さんも「第一段作戦」の意味は理解していたとみられる。

11月29日の重臣会議(重臣懇談会とも称す)において東条さんは天皇の陛下の前にて
自らの説明の時に「ハワイ攻撃の事は勿論其他攻撃に関する純統帥事項は告げず」と記入している。

また午前中、政府と重臣たちとの間の懇談で日米交渉のことについて問われた際、
「純作戦事項のことについては説明をさけたのであります」とも述べている。

この意味は、東条さんは「ハワイ作戦を知っていたが他の重臣たちに秘密が漏れないようにあえて公表しなかった」という意味だ。

出典:「大東亜戦争の真実ー東条英樹宣誓供述書」
出典:「東条英樹宣誓供述書」国立国会図書館 近代デイタルライブラリー


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 17:57:20.46 ID:2Hq1hug5P
>>82
何度も言われているように対米戦争そのものが条約違反であり、
これは対英戦争も同じ事だ。
なんでそのうちのひとつの作戦だけ取り上げる必要があるんだね?

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 18:25:21.87 ID:TDfH9Xaq0
>>91
真珠湾奇襲をやった主犯の海軍は誰も責任を負わず
関係ない他のものが処刑されたのは正義に反するだろ。


93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 18:47:45.73 ID:TDfH9Xaq0

=アホの山本五十六が、対米戦争を強行した=


<海軍第一委員会は、山本五十六に脅されていた>

週刊新潮8月30日掲載の「A級戦犯」遺族の告白(後編)p.58〜 
A級戦犯の佐藤賢了氏三男の巌氏の話による賢了氏の戦後述懐

「御前会議で、開戦になった場合に戦争続行が可能かどうか議論になった際、
海軍は艦船などの消耗量の数字を示し、戦えると答えたそうです。
しかし実際に開戦してみると、消耗量は海軍の予想以上に激しかった。

この日岡さん(敬純氏 A級戦犯 海軍省軍務局長)が持ってきた資料は、本来、御前会議に提出されるべきものでした。
それを見ると、とてもじゃないが戦争は無理だと判断せざるをえない。

そこで父(賢了氏)が事情を尋ねると、『山本五十六さんが数字を書き換えた資料を提出してしまった』と答えたそうです。

『どうして反対しなかったんだ!』と父は問い詰めたそうですが、
海軍の中では誰も山本さんに楯突くことはできません。という旨の答えしか返せなかった。
『山本は許せん』と父(賢了氏)は戦後も言っておりました」




94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 18:48:38.24 ID:TDfH9Xaq0

●山本五十六が強行させた海軍の南京無差別爆撃によって
アメリカ大統領が、歴史上始めて日本を激しく非難した。


隔離演説(1937年10月5日)
--------------------------------------------------------------------------------
 日中戦争の勃発により、アメリカが国家の意思として初めて日本を批判した演説。
ルーズヴェルト大統領は世界に不法状態を生み出している国家を国際社会から隔離すべしと演説した。

隔離演説(一部)
宣戦の布告も警告も、また正当な理由もなく婦女子をふくむ一般市民が、空中からの爆弾によって仮借なく殺戮されている戦慄すべき状態が現出している。
このような好戦的傾向が漸次他国に蔓延するおそれがある。彼ら平和を愛好する国民の共同行動によって隔離されるべきである。
出典『戦史叢書籍・支那事変陸軍作戦T』




95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 18:50:49.67 ID:TDfH9Xaq0

大東亜戦争の初め、東条首相は真珠湾攻撃を知らなかった。
これは東条のみでなく、陸軍全体が知らなかった。
誰もが驚くような話である。
何故かと言えば、日本軍の共同体の構造がそのようになっていたからだ。

『硫黄島 栗林忠道大将の教訓』小室直樹


だがこの時すでに、真珠湾作戦部隊はヒトカップ湾をハワイに向けて 出航している。
政府はこのことを知らされていない。

国家存亡の戦争を行う国の最高指導者が知らぬまに、
そして 共同作戦をとる陸軍が知らぬ間に、このような重大作戦が決行 される事など、
最高指導者の下に統合幕僚組織のある 普通の国では考えられないことである。

『太平洋に消えた勝機』佐藤晃



96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 18:51:58.96 ID:2Hq1hug5P
>>92
主犯?
開戦するかどうかは外交権の範疇であり
そこにずうずうしくも口を出していた陸軍と違って
政府一任としてその外交権の結果に従って統帥権をふるった海軍に何の責任が?

>>93
艦船の消耗量?
これがよくみられる輸送船のものだったら山本が数字を書き換えるなんてできないが?
連合艦隊なんかまったく関係ないもの、せいぜい参考に聞きに来るくらいか。
そんでそれをやったのは富永だってソース付きで指摘されて何も反論できないのに、
同じ事を繰り返すのは念仏唱えてるつもりなんですか?

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 18:52:53.82 ID:2Hq1hug5P
いやだから、全部反論されてなにひとついいかえせなかったことを
繰り返されてもその呪文はまちがってますとしかいいようがないがw

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 19:05:12.94 ID:2Hq1hug5P
つか
逆らえる者がいないのに三国同盟は結ばれるし、
暗殺の危険から逃れるためにまったく畑違いのGF長官にならざるをえない
絶対権力者w

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 19:07:00.98 ID:TDfH9Xaq0

【山本五十六こそが日本を対米戦争に引きずり込んだA級戦犯】

■日中戦争 勃発、泥沼化 (海軍の予算拡大が目的)

海軍次官・山本五十六は、陸軍と対等の予算獲得のため大量の爆撃機配備をもくろみ
その宣伝のため脅威をあおり中国空爆を計画したと考えられる。
海軍の南京爆撃(渡洋爆撃)は、盧溝橋事件以前から周到に準備訓練していた、中国に対する計画的な侵略戦争。
当初は敵飛行場を標的にしたが、山本が開発した96陸攻は防弾装備が皆無で旧式の敵戦闘機に撃墜されまくり、直ぐに都市無差別爆撃に切り替える。
第二次上海事変を機に4ヶ月にもわたって南京への猛爆は敢行された。

山本五十六が中心となって強行した南京無差別爆撃こそが日本の暴走の始まりである。(日中戦争泥沼化)
そしてこれこそが共産党の狙い通り全中国人を反日で一致団結させ、世界を敵にまわす結果を招く。戦略的な効果は殆ど無く日本の被害は増大。
ルーズベルト大統領は海軍の南京無差別爆撃を世界に向けて非難。(隔離演説)
アメリカ大統領が歴史上初めて、日本を強烈に非難した。
(満州事変でさえもアメリカ大統領が日本を批判したことは一度も無かった。)

■対米開戦
陸海軍とも当初は対米戦争を避ける米英可分論が主流だった。
しかし山本五十六は米英不可分論によって対米戦争を主張し、対米脅威論を流布し海軍全体を強行に対米早期開戦に決意をさせた。
皆の反対を押し切って米国本国であるハワイ、西海岸を奇襲。
自国が攻撃されない限りは戦争に参戦しないというルーズベルトの公約は反故にされる。日本支持だった共和党までが対日、対独全面参戦を支持。
米国世論は反戦から参戦支持に豹変し、アメリカを総力戦に無理やり突入させた。

対米開戦確定後も、国の方針(対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案)では、対英戦を守戦とし、米国との和平を視野に入れていたが、
海軍のハワイ奇襲(東条首相ら政府は知らされていなかった)によってそれは絶望となった


100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 19:09:10.74 ID:2Hq1hug5P
>>99
反論はないと理解してよろしいですね。
議論に耐えられないことを繰り返すことができないようでは論破終了ということで

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 19:12:35.03 ID:TDfH9Xaq0
>>96
>政府一任としてその外交権の結果に従って統帥権をふるった海軍に何の責任が?

ハワイを勝手に攻撃した責任は、統帥権の独立した海軍に全部ある。
政府は海軍の作戦に、関知して無いし、責任も負っていない。
この不法行為は海軍が全責任を負うべきだな。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 19:16:41.89 ID:TDfH9Xaq0
そもそも南京を無差別爆撃して
日中間を決定的に戦争状態にしたのは
米内と山本が主導した海軍だし
南進論、南部仏印も、北進論の陸軍に対抗するでけの目的で
海軍が出してきたもの。
そして、真珠湾奇襲などという明確な不法行為で
日本は対米戦争するハメになってしまった。

全てにおいて、山本五十六が主導した愚行の結果だろが。


103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 19:22:52.47 ID:TDfH9Xaq0
それから三国同盟の最大の目的は
米内、山本が暴走させる日中戦争を停止させることが
最大の目的であったというのが真実だと判明している。
三国同盟に反対したからという理由で山本は評価されてきたが
とんでもない間違い。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 19:25:27.06 ID:95jyq1j30
半藤一利らアホの作った山本五十六賛美映画では
南雲が徹底的にバカに描かれ、視聴者に南雲への憎しみを
植えつけることを目的にしていると思われる。
半藤一利が、いつもやる手法。

仮に司令官が南雲ではなく山口多聞であったとして、
真珠湾で燃料タンクを破壊し、ミッドウェーで敵空母を撃沈して
それでどうなるというのか?
もしそうなっていたら、山本五十六はハワイ攻略作戦を強行し、
それで大敗して補給が尽きて、その後の結果は同じ事。

山本五十六がハワイ奇襲などという致命的な愚行を強行した瞬間に
日本の運命は尽きている。


105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 19:47:39.23 ID:2Hq1hug5P
>>101
何を言ってるんだお前は?
アメリカと戦争をすると決定したのは政府東條であって
海軍は政府に一任としていたといってるんだ。
攻撃場所がどこであろうと不戦条約が戦争による問題解決を禁じている以上
そのことになんの責任があるんだといってるんだがわかってないだろ。
というかそもそも海軍も陸軍もきちんと内閣に大臣を送っているんでw

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 19:50:50.92 ID:2Hq1hug5P
つーか勝手に勝手にっていってるけど全部許可を取ってるんだがなw
そんならマレーを勝手に攻撃した陸軍はどうなんのって話だし。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 23:00:45.52 ID:95jyq1j30
>>106
陸軍のマレー作戦が不法だと言う奴がいるなら出してもらおう。
アメリカが参戦するかどうかが最大の問題だが、マレー作戦で
アメリカがアメリカ世論の支持を得て全面することは無い。

軍の統帥権が独立してるとはいえ、以前の良識ある軍は
政府に何の話も無く勝手な作戦を企てることはありえないが
山本五十六が主導した海軍は、政府、陸軍を無視して
勝手な攻撃をやった。
そもそも海軍の作戦は海軍が負うことになっており(統帥権の独立)
しかも独断でやったのだから、海軍がその責任を全て負うのは
当然の話すし。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 23:08:49.72 ID:95jyq1j30
政府の中で責任があったとするなら
それは東郷外相だけだろう。
こいつは海軍と癒着してた人間で、海軍と共に偽りの外交をやった
外務省は、海軍についで責任はある。
東条ら他の政府閣僚には、何の責任も無い。
海軍と外務省が結託し、日米政府をだます偽りの外交を
やっていたのだから。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 23:17:17.86 ID:NgcyaOy/0

摩可般若阿保駄羅経

何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保
何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保
何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保
何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保

いつまでお経ブツクサとなえとるんじゃ?

坊主になる練習やっとるんかいね。

なにをしたいネン?
ほんまに。ヒマ人やな。

ハッハッハッハッハ。

楽しい日本作ること考えようぜ。

ハッハッハッハッハ。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 23:20:02.37 ID:NgcyaOy/0

摩可般若阿保駄羅経

何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保
何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保
何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保
何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保
何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保
何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保
何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保
何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保



111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 23:25:59.27 ID:95jyq1j30
>>110
日本人がかつて日本が勝つ見込みの無い対米開戦へ
至った経緯を真面目に検証することがを
そんなに妨害したいのか?
そういう、おまえこそがカルトの典型だが?

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 23:31:56.03 ID:NgcyaOy/0

遠い過去の、当事者でもない我々にはどうしようもないことを
延々とイビリ続ける自己の心理を考えたことありますか?

それ、異常ですよ。
狂気といってもいいだろう。






113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 23:37:36.18 ID:NgcyaOy/0

真面目に検証することが「摩可般若阿保駄羅経」 か?


114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 23:40:56.08 ID:95jyq1j30
>>112
A級戦犯やその他に責任を押し付けて、こいつらが悪いと
そっちが散々
それらを叩きまくって罵倒してるじゃないか。
汚され続ける彼らとその遺族の名誉のため
それに対する正当な反撃をする権利がある


115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 23:59:47.90 ID:NgcyaOy/0

史実さえもまともに分かっていない者が
何が正しいことかわかるわけないではないか?

史実と称して、そこらの本に載ってるのは「誰々がああ言ってた」程度のことを
事実かどうかも検証しないで、それを小耳にはさんだ者が記事にしたというものが
ほとんどだ。

誰が誰に責任を押し付けたんだ?
昭和18年4月に戦死した人間が誰に責任を押し付けることができるんだね?

遺族の方がそれを望んでるのか?

勝手にあなたが自分の無能さから来る「自分の不満」の鬱憤晴らしにやってるだけでしょう。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 00:07:33.28 ID:PJwtXYrEP
>陸軍のマレー作戦が不法だと言う奴がいるなら出してもらおう。
英国に対する大東亜戦争遂行って立派に訴因に含まれて居るんですが
いったいどこの宇宙から来たんだ?

>軍の統帥権が独立してるとはいえ、
んでマレー作戦は政府に相談したの?
フィリピン上陸作戦は?
つかそもそも南方作戦は?
真珠湾も南方作戦支援のための作戦なんだけど?

>>111
横レスではあるがお前のやってることがまんまそれなんだがw

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 00:10:55.25 ID:PJwtXYrEP
>>114
それらの擁護が君がやってるように嘘と口から出任せと
単なる思いこみでしかできないと何年にもわたって実証している君こそ
彼らと遺族の名誉を汚し続けていることにそろそろ気づいてもらえないものかねえ。
妄想をやらかす暇があったら資料のひとつでも探せばいいのに
一番肝心のことを怠って無能な味方として背中を打ち続ける作業と
名誉を汚す作業はまったく同じ者だよw

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 00:15:30.59 ID:PJwtXYrEP
というかそもそもきちんと御前会議で報告してるしw
単なる思いこみで勝手にやったとかいってるだけなんだが
なんで資料を探そうとしないんだ。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 00:30:43.89 ID:f3BalfGS0
>>118
>というかそもそもきちんと御前会議で報告してるしw

何を報告したと??
適当にいい加減な事を中途半端に
書かないでくれ。
おまえの世論誘導にだまされるほど、国民は馬鹿ではないw

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 00:34:54.16 ID:f3BalfGS0
>>116
>英国に対する大東亜戦争遂行って立派に訴因に含まれて居るんですが

ポーランドの同盟国であることを根拠にドイツに宣戦布告した英国が、
ドイツの同盟国の日本が、英国に宣戦布告したことに対して
文句を言える筋合いは全く無い。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 00:40:36.77 ID:f3BalfGS0
日独で英国を窮地に追い込み、日本は米共和党と連携して
米国民の世論を考慮しつつ、米国の全面参戦を阻止しつつ
民主党ルーズベルトを追い込んで
米国民主党政権の妥協を引き出す。
どう考えてもそんなに難しくないし、日本に勝機は十分にあった。
海軍に山本五十六のバカさえいなければ。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 00:49:38.13 ID:f3BalfGS0
海軍がハワイを奇襲なんかしたから大東亜戦争は
侵略戦争だと烙印をおわれたわけだが、
日本がやった明らかな不法攻撃は
真珠湾奇襲と中国の都市無差別爆撃だけで
どちらも海軍が強行した行為だな。
これで海軍が戦争責任をだれも負わないとは、ふざけた裁判だ。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 01:46:06.54 ID:F5XuRnx80
114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/08(日) 23:40:56.08 ID:95jyq1j30
>>112
A級戦犯やその他に責任を押し付けて、こいつらが悪いと
そっちが散々
それらを叩きまくって罵倒してるじゃないか。
汚され続ける彼らとその遺族の名誉のため
それに対する正当な反撃をする権利がある
      ↑
「昭和18年4月に戦死した故人」が誰に責任を押し付けているというのか?






124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 01:48:42.58 ID:F5XuRnx80

真珠湾以外の選択肢としてどれほどの選択肢があったと思ってるんだ?
石油を止められており時間が経てばたつほど日本は無力化して行く。
図上演習では普通の攻撃手段では全敗北。
米英蘭豪は何度もの会合で対日参戦と協力を決めていた情報を日本は掴んでいた。
「対米英蘭蒋・・・腹案」を言うものがあるがこれは腹案でしかない。
何の強制力も持たぬ「仮りの案」でしかない。またこれとも矛盾しないからこそ
9月、11月の「帝国国策遂行要領」の決定が実施に至ったのだ。
「腹案」には「速やかに極東における米英蘭の根拠を覆滅して・・・・」
「迅速なる武力戦を遂行し東亜及南太平洋における米英蘭の根拠を覆滅し・・・・」と書いてある。
どうやったら、劣勢な日本がそれらを覆滅できるのか?
結局、奇襲だろう。
そしてどこに向かっても「リメンバー」というスローガンが作られたろう。
そして、
@天皇陛下も予め承認 A政府代表の東条首相も予め知っていた。
B陸軍も知っていた。 C作戦は陸海軍合意の上
で実施されている。
それが悪いのだろうか。






125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 02:01:59.66 ID:f3BalfGS0
>>124
アメリカ世論が支持するアメリカの全面参戦を阻止しながら
という事が最重要なわけで、民主党ルーズベルトが打つ手が無状況に抑えながら
日独でまず英国を叩いて追い込む。
それにそった作戦を海軍がやるべきで、そんな作戦は思い付きません
なんていうほど海軍にはアホしかいなかったのだから
山本五十六が独裁的に主導したこんな組織に
統帥権があったのが、失敗の全ての原因だろが。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 02:05:04.65 ID:F5XuRnx80
>>114A級戦犯やその他に責任を押し付けて、こいつらが悪いと
そっちが散々
それらを叩きまくって罵倒してるじゃないか。
汚され続ける彼らとその遺族の名誉のため
それに対する正当な反撃をする権利がある

A級戦犯やその他に責任を押し付けて
      ↑
「昭和18年4月に戦死した山本五十六」が誰に責任を押し付けたんですか?

A級戦犯やその他に責任を押し付けて、こいつらが悪いと そっちが散々
それらを叩きまくって罵倒してるじゃないか。

「昭和18年4月に戦死した山本五十六」がやっていることなんですか?

山本五十六がやってるんですか?

いったい誰が今そんなことをやっているんですか?

今の世に
誰もそんなことをやっていないですよ。
A級戦犯やその他の人たちを悪いなどと全く思っていないですよ。
占領軍がデタラメ裁判やったからです。
多くの日本人がそう思っているはず。
一部アメリカ主観に染まった人はそう考える人もいるのかも知れないが・・。



127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 02:07:37.42 ID:f3BalfGS0
他に打つ手無しなのでテロ攻撃しました。
こんな言訳は犯罪者か幼児の頭の人間の言う事で
ようするに当時の海軍はそのレベルだったということ。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 02:08:41.69 ID:F5XuRnx80

山本が悪いとして、それでどうしたいんですか?
なにをしたいんですか?

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 02:10:28.22 ID:F5XuRnx80
また、これのくりかえしですか?

摩可般若阿保駄羅経

何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保
何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保
何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保
何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保
何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保
何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保
何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保
何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保何度何度言山本悪馬鹿阿保


130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 02:11:55.43 ID:f3BalfGS0
>>128
日本がなぜ対米開戦に至ったか
日本人が過去のデタラメを鵜呑みにせず
ある程度事実を知るのは国民の義務だと思うが?
自国の近代史を国民が、何も知らないか、知ってても大嘘の話し。
こんなバカ国家は世界に無い。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 02:20:37.22 ID:f3BalfGS0
「昭和の名将と愚将」
このような罵倒本を書いて、こいつらが悪いと宣伝してるホラ吹き作家が
昭和史の真実はこうですと語り、その大嘘をマスコミが宣伝している。
こいつらの汚いやり口には、もはやこちらも容赦は出来ないな。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 02:22:47.01 ID:F5XuRnx80

真珠湾以外の選択肢としてどれほどの選択肢があったと思ってるんだ?
石油を止められており時間が経てばたつほど日本は無力化して行く。
図上演習では普通の攻撃手段では全敗北。
米英蘭豪は何度もの会合で対日参戦と協力を決めていた情報を日本は掴んでいた。
「対米英蘭蒋・・・腹案」を言うものがあるがこれは腹案でしかない。
何の強制力も持たぬ「仮りの案」でしかない。またこれとも矛盾しないからこそ
9月、11月の「帝国国策遂行要領」の決定が実施に至ったのだ。
「腹案」には「速やかに極東における米英蘭の根拠を覆滅して・・・・」
「迅速なる武力戦を遂行し東亜及南太平洋における米英蘭の根拠を覆滅し・・・・」と書いてある。
どうやったら、劣勢な日本がそれらを覆滅できるのか?
結局、奇襲だろう。
そしてどこに向かっても「リメンバー」というスローガンが作られたろう。
そして、
@天皇陛下も予め承認 A政府代表の東条首相も予め知っていた。
B陸軍も知っていた。 C作戦は陸海軍合意の上
で実施されている。

国策を決めたのは誰だ?
山本は全く関与していない。

・11月5日「大海令第一号」
大海令第一號
  昭和一六年一一月五日
                  奉勅 軍令部總長 永野修身
   山本聯合艦隊司令長官ニ命令
一、帝國ハ自存自衛ノ為、米國、英國、オヨビ蘭國ニ対シ開戰ノ已ムナキニ立至ル虞
  大ナルニ鑑ミ、十二月上旬ヲ期シ諸般ノ作戰準備ヲ完整スルニ決ス
二、聯合艦隊司令長官ハ所要ノ作戰準備ヲ実施スベシ
三、細項ニ関シテハ軍令部総長ヲシテ之ヲ指示セシム

・11月5日「大海指第一号」
 昭和一六年一一月五日
   軍令部總長 永野修身
   大海令第一号ニ基キ山本聯合艦隊司令長官ニ指示
一、聯合艦隊司令長官ハ十二月上旬米国、英国次デ蘭国ニ対シ開戦スルヲ目途トシ適時
所要ノ部隊ヲ作戦開始前ノ待機地点ニ進出セシムベシ
二、聯合艦隊司令長官ハ米国、英国及蘭国軍不慮ノ攻撃ニ対シ警戒ヲ厳ニスベシ
三、聯合艦隊司令長官ハ作戦上特ニ必要ナル偵察ニ限リ隠密ニ之ヲ実施スルコトヲ得
四、聯合艦隊司令長官ハ第四艦隊ヲシテソノ防備計画ニ基キ適時南洋群島方面ニ機雷敷
  設ヲ実施セシムベシ
五、作戦実施上準拠スベキ作戦方針竝ニ陸海軍中央協定別冊ノ通
六、聯合艦隊司令長官ハ陸海軍協同作戦ニ関シ関係陸軍指揮官ト協定ヲ行フベシ
七、作戦初頭ニ於ケル策源地ヲ概ネ左ノ通定ム
  横須賀 第四艦隊、第五艦隊及第六艦隊
  呉   第一艦隊、第二艦隊、第一航空艦隊及聯合艦隊
      直属部隊
  佐世保 第三艦隊、南遣艦隊及第十一航空艦隊

「大海指第一号別冊 対米英蘭戦争帝国海軍作戦方針目次」は省略。



133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 02:25:37.16 ID:f3BalfGS0

「昭和の名将と愚将」

みよこのふざけたレビューの駄文を

一方で「愚将編」は服部卓四郎・辻政信、牟田口廉也・瀬島龍三、石川信吾・岡敬純、特攻隊責任者として大西瀧次郎・冨永恭次・菅原通大というお馴染みを挙げる。
「責任ある立場の最も無責任極まりない」連中だ。
筆頭はやはり服部・辻だろう。
軍官僚・現場の指揮官両面とも全く失格の軍人だ。
ノモンハンでも南進政策でもこのコンビが組むと最悪の状況だ。
また大失敗してもまた中央に復帰させる陸軍能天気人事が、兵士・日本軍・国家を不幸にした。
その陰には常に東條英機がいる。
東條が服部を重用、服部は辻を重用する構図だ。
更に辻が目をかけたのが瀬島だ。東條に物言う人は追われ、東條の前では言いなりになる連中が軍部の主役になったから堪らない。
皇軍の最も悪いところを具現する人間が辻政信であり、武勲の魔物に取りつかれた亡者が牟田口廉也だ。
東條の威を借りての功名心の強さは尋常でない。
海軍でとんでもない「不規弾」(あらぬ方向に飛んでしまう弾)が石川信吾だ。
南部仏印進駐、対米戦争に突っ込んだ張本人だ。少しタイムスリップ出来れば彼らを直に見てみたい。


134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 03:19:47.18 ID:F5XuRnx80

oh i love miyoko!
she is beautifull!
my dear,my dream,my honey,my love,my heart.
oh i love you miyoko!


135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 03:29:31.27 ID:F5XuRnx80

他者の欠点や物事の問題点を発見しては否定や批判をしたがる人物がいる。
頭の良いといわれる人物に多いが、実際は自分に自信がないことの裏返しであることが多い。
他者を否定し批判し攻撃することで心理的に優位に立とうとしているのである。
往々にして、人は年齢を増すほどに他人に説教をしたがるようになるもの。
この「説教癖」は部下や教え子、家族など自分より立場の劣る者の自由を許さず、
相手が自分の思い通りに動くことを期待し、それと異なる場合には批判するのである。
これは完璧主義者に多く見られ、自己に自信がないことから他者が自分の理解を超えた行動をすることを不安に感じるのだ。
自信のない小心者ということである。
他者を批判するということは相手より何か自分の方が劣っているという、負い目があるからだ。
この負い目の感情を相手に投げつけようとするので攻撃姿勢となるのだ。
負い目とは相手への恐怖でもある。
つまり相手に対して恐怖を感じているときに批判を行うのだ。
これは自分の優位性を確認する為でもある。
大方、このように他者を非難して自己を高く見せようとする者は自分に自信の無い者や精神的に弱い者が多い。
自分が弱いから他者を貶めることによってしか自己の価値を認識できないのである。
自己を維持・奮起・誇示する為に批判や攻撃をして自己の精神バランスを維持しているのだ。
自己に自信を持つ者、精神的に満たされている者は他者を無用に批判はしないものだ。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 03:53:03.40 ID:F5XuRnx80
>>125
アメリカ世論が支持するアメリカの全面参戦を阻止しながら
という事が最重要なわけで、民主党ルーズベルトが打つ手が無状況に抑えながら
日独でまず英国を叩いて追い込む。
それにそった作戦を海軍がやるべきで、そんな作戦は思い付きません
なんていうほど海軍にはアホしかいなかったのだから
山本五十六が独裁的に主導したこんな組織に
統帥権があったのが、失敗の全ての原因だろが。
    ↑
おっしゃるとおり。そんなことは誰もが考えることだ。今の世界観でそれを言ってるだけだね。
しかし、それはできぬと判断したからこそ政府・軍の人たちはあのように行動したのだ。
あなたは当時の状況をどこまで知ってるのかね?
当時の人の声が聞こえるほどに知ろうとしたのだろうか?


137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 08:21:16.26 ID:PJwtXYrEP
>>120
そもそも不法だといっている奴を出せという話だったはずですが?
そして君には英国とポーランドの同盟と三国同盟の違いを説明してあげたはずですが?
三国同盟にはすでに起こっている英独の戦争は対象外だって話ですからw
そもそも戦争が始まる前に結ばれた集団自衛の同盟と
戦争が始まった後にその戦争は関係ないとした同盟を
ただ同盟という言葉が同じだけで同レベルに考えないと
正しいといえないあたりいかに不法かわかりますねw

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 20:25:48.48 ID:f3BalfGS0
>>137
>三国同盟にはすでに起こっている英独の戦争は対象外だって話ですからw

ソース

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 20:29:01.45 ID:PJwtXYrEP
>>138
三国同盟の条文にしっかり謳ってますが?
むしろソースを求められるほうが疑問なくらいも代物だぞ、これ。
そんなことも知らずに同盟だから不戦条約違反じゃないとかいってたのかw
あ、いつものことか。
無知によるただの妄想してただけっていう。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 20:35:01.70 ID:f3BalfGS0
>>139
バカかおまえ?
不戦条約は主権国家に対する先制攻撃を禁止したもので
植民地での武力衝突はまったく対象外。
山本五十六信者は、おまえのようなアホしかいないなw

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 20:37:31.97 ID:f3BalfGS0
>>139
三国同盟を根拠に、日本は対英宣戦布告できる。
なんの問題も無いし、何の国際法、条約にも違反していない。
そもそも英国がドイツに明確な根拠無く宣戦布告したのだから
英国から文句言われる筋合いは微塵も無い。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 20:39:43.49 ID:f3BalfGS0
日本がやった侵略戦争(不戦条約に違反した
主権国家に対する先制攻撃)は
山本五十六のバカが強行した真珠湾奇襲だけで
大東亜戦争は、このバカの不法行為以外、不法な無い。


143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 20:41:25.79 ID:f3BalfGS0
>>137
>三国同盟にはすでに起こっている英独の戦争は対象外だって話ですからw

条文にそのような文言があるというなら
示してみろボケが

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 20:56:36.29 ID:f3BalfGS0
アホの五十六信者は敵前逃亡しやがったw

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:02:03.38 ID:PJwtXYrEP
>>140
前にもいったけどそれは不戦条約何条に書いてあるんですかw
そして植民地っていうんだけど、植民地の定義を誰がしたんです?
直轄領英領マレーと同君連合の英領インド帝国はどうなるんです?
いつものごとく間抜けですねえ。

>>143
条文も読まないのにソース出せとか喚いていたんですかw
第三条 日本國、「ドイツ國」及「イタリヤ國」ハ、前記ノ方針ニ基ツク努力ニ附相互ニ協力スヘキ事ヲ約ス。
更ニ三締結國中何レカ一國カ、現ニ欧州戦争又ハ日支紛争ニ参入シ居ラサル一國ニ依リ攻撃セラレタル時ハ、三國ハアラユル政治的経済的及軍事的方法ニ依リ相互ニ援助スヘキ事ヲ約ス。

そういう口から出任せで誰か騙せました?

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:02:51.22 ID:f3BalfGS0
日独で英国を屈服させ、米国の戦意を削ぐ。
腹案どおりにやってりゃ良い話だろが。
当時の米国世論では、とても米国は全面参戦なんか
出来る状態に無かった。
米英可分論が正しかったわけだ。
山本五十六が流布した米英不可分論は、アホの妄想でしかない。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:07:44.10 ID:f3BalfGS0
>>145
バカかおまえ?
アメリカから攻撃受けたら、他の二国を援助する義務がある。
と書いてある。
義務が書いてあっても、だから対象外で
他は協力するななんて、どこにも書いてないボケ

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:09:11.57 ID:f3BalfGS0
そもそもマレー作戦が不戦条約違反だとか
言ってる奴はキチガイだろ?

だったら、英国がドイツに宣戦布告したのも
不戦条約違反って話しだろがw

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:12:32.68 ID:f3BalfGS0
海軍のバカによると
真珠湾奇襲もマレー作戦も
違いは無いという頭だったんだろ。
大違いだ。天と地の差がある。
こんなバカ海軍に統帥権があったのが全ての失敗の原因。
まさか山本五十六のような勝手な妄想作戦を強行する
バカな独裁者が出現するとは
想定してなかったんだろうな。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:14:08.91 ID:PJwtXYrEP
>>146
>腹案どおりにやってりゃ良い話だろが。
腹案どおりにやろうとした海軍案を全部否定したのが陸軍ですがなにか?

>>147
そうだな。”アメリカから”ならその通りだ。
んで問題は同盟の対象外であるとっくに欧州で戦争状態になってる”イギリス”に対する
宣戦布告だから同盟を根拠にした集団的自衛権の主張は不可能だっつうだけの話だ。
本当にバカなんですね。

>>148
上述のように同盟に基づく集団的自衛権という主張は可能ですな。
日本は当てはまりませんがw

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:18:47.21 ID:f3BalfGS0
>>150
三国同盟を根拠に集団的自衛権を主張することは可能。
英国が日本に文句を言う筋合いは無い。
ましてや、不戦条約違反だ、なんて話は出るわけが無い。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:21:22.71 ID:f3BalfGS0
>>150
>腹案どおりにやろうとした海軍案を全部否定したのが陸軍ですがなにか?

いきなり真珠湾を奇襲して、参戦の意志の無かった米国世論を豹変させて
それで海軍の作戦は腹案どおり、だ?
バカも休み休み言えアホw

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:22:02.38 ID:PJwtXYrEP
>>151
無理だねえ。
少なくとも
現ニ欧州戦争又ハ日支紛争ニ参入シ居ラサル一國ニ依リ攻撃セラレタル時でないとw
よって三国同盟を根拠にする時点でアウト。
素直に独伊への攻撃を理由に自衛権といった方がいいが、
残念ながら当時の日本はそんなこたまったくいってないw

>ましてや、不戦条約違反だ、なんて話は出るわけが無い。
ところでお前さんが植民地は例外だと思いこんでいる英国の留保は
英国の権益に重大な影響を及ぼす国に対する攻撃は自衛権の範囲内として
不戦条約の例外とするというものだから残念ながら当てはまらないな。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:23:51.13 ID:PJwtXYrEP
>>152
腹案通りですよ。
米海軍主力の撃破は腹案に明記されてますから。
そうしたくないなら米国世論を刺激しないようにって書かないとw
君の脳内腹案にはそういうことが書いてあるんですかw

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:27:09.42 ID:wB3H/tow0


摩可般若阿保駄羅経

南無広大無辺阿保即汝哉何度繰返言山本悪馬鹿阿保再何度無辺量回言山本悪馬鹿阿保不可識知之阿保是汝也
南無不可識知阿保是汝也何度繰返言山本悪馬鹿阿保再何度無尽量数言山本悪馬鹿阿保広大無辺之阿保即汝哉

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:27:58.85 ID:f3BalfGS0
>>154
まあおまえはアホ海軍と同じで
結果など関係なく、国益も関係ない。
真珠湾奇襲は、とにかくやりたい。
そしてこれは、文句言われる筋合いは無いと。
それがどんな結果を招くかも考えない。
それが当時の身勝手な山本五十六の、幼児のような頭だなw


157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:37:17.82 ID:PJwtXYrEP
>>156
結果の話をしてたんですか?
あなた、自分で腹案と違うといってたので
腹案に明記してあるし君の言うような結果を招くなとは腹案に一言もかいてないよと反論したんです。
反論されるとすぐに別の所に話を飛ばす身勝手な幼児が一人いるのはわかりました。

ところで真珠湾を攻撃したことは非難されてませんよ?
交渉打ち切りや宣戦布告もなしに攻撃したことは非難の対象となっていますが
戦争において軍港である真珠湾を攻撃されて文句いう筋合いはありませんから。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:38:15.54 ID:f3BalfGS0
>>154
>そうしたくないなら米国世論を刺激しないようにって書かないとw
君の脳内腹案にはそういうことが書いてあるんですかw

おまえの目は節穴で、頭は空だから
そういう意図が書かれているのが見えないのだろう。
山本五十六のアホにも、当然見えていない。
だからあんな愚行をしでかした。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:42:07.51 ID:f3BalfGS0
>>157
>戦争において軍港である真珠湾を攻撃されて文句いう筋合いはありませんから。


バカかおまえ?
100%完全な不戦条約違反が、非難されてないだと?
アメリカでは今でも、9.11テロと真珠湾奇襲のもが、特別な事件として
同列で扱われるんだが?
9.11テロと同列だぞ?

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:44:22.43 ID:f3BalfGS0
9.11テロが事前の通告があれば非難されないなんて事は無く
真珠湾奇襲も、事前の通告なんか関係ない不法なテロ行為。


161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:44:59.92 ID:PJwtXYrEP
>いきなり真珠湾を奇襲して、参戦の意志の無かった米国世論を豹変させて
ちなみに世論は欧州への参戦拒否だからな。
日本への経済制裁は同じくらいの割合で大賛成だったのもお忘れ無く。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:47:30.27 ID:PJwtXYrEP
>>159-160
その場合、非難されるのは奇襲で戦争に訴えたことで
軍事施設を攻撃したことではありませんな。
同じ事がフィリピンだろうがグアムだろうがいえることに気づかないのか?
こっちのいいたいことがそんなに難しいか?



163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:48:33.19 ID:PJwtXYrEP
>>158
書かれてもないことが見えるとしたら妄想ですね。
その腐った目を取り替えた方がいいですよ。
せめて節穴ならなにもみえないですから害も少ないでしょうw

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:48:46.43 ID:wB3H/tow0

>>114
昭和18年4月に戦死している故人が
A級戦犯の方々に責任を押し付けたというのか?
A級戦犯の方々を罵倒したというのか?


これまで、誰が戦犯を罵倒などしていたと言うのか?
誰も罵倒もしてないぞ。
誰が責任を押し付けたというのか?


まったくその故人がやっていることではないぞ。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:50:47.70 ID:PJwtXYrEP
ところで不戦条約と植民地のソースはまだなのかね?
あと三国同盟が対英戦争を含んでいないのを理解できたか?
反論できずに涙目で黙り込んでしばらくしたらまた同じ事を繰り返すのは
それを何とも思わないお前の人間性に問題があるのか?
それとも何かたいそうな理由でもあるのかね?
そんな人間が誰か騙せると思います?

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:53:30.47 ID:f3BalfGS0
>>163
>書かれてもないことが見えるとしたら妄想ですね。

これが見えないのか?
アメリカの戦意を喪失せしむると書いてあるのに
山本五十六はおもいきり、アメリカは戦意を増大させた。

三 日独伊は協力し対英措置と並行して米の戦意を喪失せしむるに勉む。
   (1) 帝国は左の諸方策を執る。
    (イ) 比島の取扱は差当り現政権を存続せしむることとし、戦争終末促進に資する如く考慮す。
    (ロ) 対米通商破壊戦を徹底す。
    (ハ) 中国及び南洋資源の対米流出を禁絶す。
    (ニ) 対米宣伝謀略を強化す。
       其の重点を米海軍主力の極東への誘致並米極東政策の反省と日米戦意義指摘に置き、米国輿論の厭戦誘発に導く。



167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:56:53.96 ID:f3BalfGS0
>>165
山本五十六を擁護するバカは、もはや左翼のアホと
商売目当てのバカ作家とエセ保守だけ。
ようするに、アホしかいない。
自分が少数派だと自覚しろボケがw



168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:57:17.41 ID:PJwtXYrEP
>>166
は? なんで山本=実戦部隊が対米宣伝謀略に関わらんといかんのです?
実戦部隊に与えられた腹案の内容は 凡有手段を尽して適時米海軍主力を誘致し之を撃破するに勉むだよ?
撃破の際、米世論を厭戦誘発に導くと書いておかねばダメだろといってるのに

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 21:57:59.75 ID:PJwtXYrEP
>>167
そういう演説はどうでもいいですから
根拠のない戯言を信じる人間を多数派にして日本を堕落させようと工作してるんですかねえ

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 22:04:57.67 ID:f3BalfGS0
>>168
米海軍主力を誘致し之を撃破
とは、敵が出てきたら攻撃しろって話しだろ。
米国本国に先制攻撃して不戦条約を犯して良い
なんて一言も書いてない。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 22:10:23.74 ID:f3BalfGS0
満州事変は陸軍の暴走だと言ってるやつらが
山本五十六に暴走は無いと言い張っている。
こんな理屈は通らないと小学生でも指摘するだろうが
五十六信者のバカ左翼は頭が悪すぎて、そういう考えは出来ないのだろう。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 22:12:51.60 ID:PJwtXYrEP
>米国本国に先制攻撃して不戦条約を犯して良い
>なんて一言も書いてない。
土足君ほどバカじゃないので本国じゃなくてフィリピンだろうがグアムだろうが同じだと理解してますから、当時の首脳部はw
そういうことをやりたいんだったら、きちんと米本土=ハワイへの攻撃はこれを禁ずると書かないと。
そもそも対米通商破壊戦を徹底す。 と書いてある時点で意味がわかりませんが。

つかそんな愚にもつかない妄想百万回唱えるより
たったひとつ当時の英国の声明なり該当する条約文なりをたった一回もってくるほうが
遙かに効果的だってわからないものかねえ。
それをやらずに演説だけやらかせば逆効果だって事もさ

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 22:14:03.89 ID:PJwtXYrEP
>>177
お前の頭の悪さの方がわからないわ。
真珠湾は当時の日本の正当な手続きを全て経て承認された作戦で
満州事変と来たら勝手に暴走したのを無理矢理追認させた代物だ。
比べるのが烏滸がましいくらいだわ。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 22:50:00.67 ID:f3BalfGS0
>>173
手続きが正しいかどうかとか、そんな問題じゃないんだが?
おまえのバカ頭では、真珠湾奇襲より満州事変の方が
愚かな悪い行為なんだろうが
そんな考えなのは、日本の一部のバカ左翼だけで
世界中の人間は、満州事変なんか比較にならないほど
真珠湾奇襲の方が、遥かに重大な愚行だと認識している。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 22:52:46.47 ID:PJwtXYrEP
>>174
また変なこと言い出した。
暴走か否かの話をしてたんじゃねえのかね?
自分でいってたことも忘れて愚行だのなんだの頭についてるのは飾りか

そもそも大陸でもめなければ真珠湾どころか対米戦争も無いわけですから、
どっちが愚行かなんて決まり切ってますがねw

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 22:53:27.08 ID:f3BalfGS0
だいたい満州での関東軍の行為は
将来の共産主義勢力の拡大を世界で最初に警告してたわけで
評価に値する。
米民主党ルーズベルトは、バカだからその危険性を予期出来ずに
アジア全域を共産主義者に支配されそうになったわけでな。
先見性があった関東軍は評価されてしかるべき。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 22:56:07.38 ID:f3BalfGS0
>>175
陸軍が必至で共産勢力から防衛してたのに
山本五十六のバカが南京無差別爆撃やったから
台無しになったんだが?
共産主義者の思う壺のことばかり山本五十六はやっている。
バカにも程があるw

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 22:57:42.49 ID:f3BalfGS0
>>175
詳しくはここに書いてあるから勉強しろw
【山本五十六こそが日本を対米戦争に引きずり込んだA級戦犯】

■日中戦争 勃発、泥沼化 (海軍の予算拡大が目的)

海軍次官・山本五十六は、陸軍と対等の予算獲得のため大量の爆撃機配備をもくろみ
その宣伝のため脅威をあおり中国空爆を計画したと考えられる。
海軍の南京爆撃(渡洋爆撃)は、盧溝橋事件以前から周到に準備訓練していた、中国に対する計画的な侵略戦争。
当初は敵飛行場を標的にしたが、山本が開発した96陸攻は防弾装備が皆無で旧式の敵戦闘機に撃墜されまくり、直ぐに都市無差別爆撃に切り替える。
第二次上海事変を機に4ヶ月にもわたって南京への猛爆は敢行された。

山本五十六が中心となって強行した南京無差別爆撃こそが日本の暴走の始まりである。(日中戦争泥沼化)
そしてこれこそが共産党の狙い通り全中国人を反日で一致団結させ、世界を敵にまわす結果を招く。戦略的な効果は殆ど無く日本の被害は増大。
ルーズベルト大統領は海軍の南京無差別爆撃を世界に向けて非難。(隔離演説)
アメリカ大統領が歴史上初めて、日本を強烈に非難した。
(満州事変でさえもアメリカ大統領が日本を批判したことは一度も無かった。)

■対米開戦
陸海軍とも当初は対米戦争を避ける米英可分論が主流だった。
しかし山本五十六は米英不可分論によって対米戦争を主張し、対米脅威論を流布し海軍全体を強行に対米早期開戦に決意をさせた。
皆の反対を押し切って米国本国であるハワイ、西海岸を奇襲。
自国が攻撃されない限りは戦争に参戦しないというルーズベルトの公約は反故にされる。日本支持だった共和党までが対日、対独全面参戦を支持。
米国世論は反戦から参戦支持に豹変し、アメリカを総力戦に無理やり突入させた。

対米開戦確定後も、国の方針(対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案)では、対英戦を守戦とし、米国との和平を視野に入れていたが、
海軍のハワイ奇襲(東条首相ら政府は知らされていなかった)によってそれは絶望となった

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 22:57:46.47 ID:PJwtXYrEP
関東軍が攻撃したのは共産勢力と戦った張学良政権でしたがなにか?
その無知から来る妄想を垂れ流すのはなんとかならんのかね?

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 22:58:54.09 ID:PJwtXYrEP
>>178
根拠のない妄想をどうやって勉強するんだ?

>>177
暴走の話と愚行の話では話の方向が違うと言うことさえ理解できなくなりましたか?

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 23:01:26.88 ID:f3BalfGS0
共産主義者が唯一やっかいな強敵と見たのは
関東軍だけだろうな。
ほかはみんなバカだから、やつらの思う壺。
とくに山本五十六は、共産主義者から勲章もらえるだろw

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 23:05:34.69 ID:PJwtXYrEP
そうだな、
中国共産党を崩壊寸前まで追い詰めてた蒋介石を立ち上がらざるを得なくした
北平占領をやらかした陸軍は勲章もらえるだろうなw
なにせ国共合作を南京爆撃前に始めてるくらいだからな。
嘘とデタラメで山本に責任を押しつけようとしても無駄なくらい明らかな史実だわ
いくら論破済みものをコピペした所で無意味だよなあ。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 23:09:17.24 ID:PJwtXYrEP
所でそんなやっかいな強敵=世界最強レベルの陸軍と満洲の荒野で
正々堂々と殴り合おうとした関東軍ってバカの集団なんですか?
史実でも話にならないレベルであっというまに満洲を追い出され
朝鮮半島の山岳地帯を利用した防御作戦しかとれなかったわけですが。
仮に太平洋戦争で部隊が引き抜かれて無くても
関東軍特別演習程度の戦力ではドイツの例を見ても大差がありません。
ふむ、考えれば考えるほど共産勢力を防ぐために満州国って
バカしかやらないやりかたですねw

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 23:09:51.10 ID:f3BalfGS0
陸軍の努力によって、共産主義の防波堤となる満州国が
10年たって安定し、共産党を敵視した蒋介石も認める方向にあった。

そんな折に、山本五十六のバカは南京無差別爆撃を強行しやがった。
それで蒋介石は、日本人よりは、共産党でも中国人の方がマシだと
考えが変わってしまったわけで、全ては米内・山本コンビの
海軍の暴走が、全てを台無しにしたんだろが。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 23:19:45.37 ID:f3BalfGS0
>>183
アメリカの武力を持ってしても、アジアでの共産主義の拡大を防げなかったんだが?
それを関東軍は、上手くやってた方だろ。
真珠湾奇襲で一発で、吹き飛んだがな。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 23:28:23.08 ID:f3BalfGS0
>>183
>所でそんなやっかいな強敵=世界最強レベルの陸軍と満洲の荒野で
正々堂々と殴り合おうとした関東軍ってバカの集団なんですか?

アメリカに全面戦争しかけた海軍ほど
バカではない。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/09(月) 23:31:01.39 ID:f3BalfGS0
南進論を擁護するバカは
北進でソ連と戦ったら大敗するからと言うが
それじゃ、南進でアメリカと戦う方が良いのかと問うと
沈黙する。
海軍を擁護するバカは、頭に脳が無いのでは?

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/10(火) 00:26:32.79 ID:PFIlr1/70

他者の欠点や物事の問題点を発見しては否定や批判をしたがる人物がいる。
頭の良いといわれる人物に多いが、実際は自分に自信がないことの裏返しであることが多い。
他者を否定し批判し攻撃することで心理的に優位に立とうとしているのである。
往々にして、人は年齢を増すほどに他人に説教をしたがるようになるもの。
この「説教癖」は部下や教え子、家族など自分より立場の劣る者の自由を許さず、
相手が自分の思い通りに動くことを期待し、それと異なる場合には批判するのである。
これは完璧主義者に多く見られ、自己に自信がないことから他者が自分の理解を超えた行動をすることを不安に感じるのだ。
自信のない小心者ということである。
他者を批判するということは相手より何か自分の方が劣っているという、負い目があるからだ。
この負い目の感情を相手に投げつけようとするので攻撃姿勢となるのだ。
負い目とは相手への恐怖でもある。
つまり相手に対して恐怖を感じているときに批判を行うのだ。
これは自分の優位性を確認する為でもある。
大方、このように他者を非難して自己を高く見せようとする者は自分に自信の無い者や精神的に弱い者が多い。
自分が弱いから他者を貶めることによってしか自己の価値を認識できないのである。
自己を維持・奮起・誇示する為に批判や攻撃をして自己の精神バランスを維持しているのだ。
自己に自信を持つ者、精神的に満たされている者は他者を無用に批判はしないものだ。


189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/10(火) 00:37:41.79 ID:MPReMQsLP
>>184
君の勘違いですね。
極東ソ連軍は満州国建国まで非常に少ない戦力でしたので。
つまり満州国こそが共産主義の脅威を増大させた原因と言っていいんですよw
なにせ安定も何も陸軍の増勢はソ連の増勢にまったく追及できませんでしたから、
安定はほぼ崩れています。
まあ、世界最大の陸軍国と島国が陸軍の軍拡競争やって勝てるわきゃないんですがね。

>>186-187
陸軍の東條がやれってけしかけたことですがなにか?

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/10(火) 01:02:49.65 ID:C+hqPlBf0
>>189
おまえは共産党員だろ?
その支離滅裂な批判のための批判は、古典左翼臭が漂っている。
いまどき東条批判なんて極左と在日くらいだから。
まあ無能が集まってせいぜい、ビラまきでもやっててくれw
だれからも相手にされないだろうが。
こんな奴らに擁護される山本五十六は、もう救いようが無い。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/10(火) 08:59:43.13 ID:MPReMQsLP
>>190
えーとなにひとつ反論にすらなってませんけど、
そういうことを言わないと擁護できないって証明してなにがしたいんですか?

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/13(金) 11:24:17.75 ID:LhTMgebh0
>>178
>陸海軍とも当初は対米戦争を避ける米英可分論が主流だった。

対米戦争を避けるのは、米英不可分論。
英と戦争になれば、米とも戦争になる。
それが、対米戦争を避けたい派の主張。

米英可分論は、急進派が利権・手柄を手に入れたくて、
対米戦争を避けたい派に反論するために作り上げた都合のいい解釈

海軍は急進派みたいなの以外は米英不可分論が主流でしたよ。
資源に目がくらんで南進を主張しだしてから都合よく米英可分論を持ち出してきた。
ドイツ進撃で、バスに乗り遅れるなと目先の利権に飛びつく。
利権争い、出世争いに目がくらんで、都合のいい解釈もちだしてきただけ。

米は、南部仏印侵攻したら石油を止めると事前に警告もしている。
対米交渉をしていた野村なども十分に危険性を認識して忠告している。
それでも南進をしたのは、急進派が求めて、上は急進派を抑えることが出来ず、言葉は悪いがビビッたからかと。

しかし、独重視で対米交渉を決裂させた松岡は、南部仏印進駐を批判して更迭される。
なんだか皮肉

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/13(金) 21:44:27.81 ID:/P5yAmIq0
>>192
そんな作り話は聞き飽きた。
これをどう説明する?

■■■ 海軍第一委員会は、山本五十六に脅されていた。

週刊新潮8月30日掲載の「A級戦犯」遺族の告白(後編)p.58〜 
A級戦犯の佐藤賢了氏三男の巌氏の話による賢了氏の戦後述懐

「御前会議で、開戦になった場合に戦争続行が可能かどうか議論になった際、
海軍は艦船などの消耗量の数字を示し、戦えると答えたそうです。
しかし実際に開戦してみると、消耗量は海軍の予想以上に激しかった。

この日岡さん(敬純氏 A級戦犯 海軍省軍務局長)が持ってきた資料は、本来、御前会議に提出されるべきものでした。
それを見ると、とてもじゃないが戦争は無理だと判断せざるをえない。

そこで父(賢了氏)が事情を尋ねると、『山本五十六さんが数字を書き換えた資料を提出してしまった』と答えたそうです。

『どうして反対しなかったんだ!』と父は問い詰めたそうですが、
海軍の中では誰も山本さんに楯突くことはできません。という旨の答えしか返せなかった。
『山本は許せん』と父(賢了氏)は戦後も言っておりました」

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/13(金) 22:53:42.06 ID:oO94Qxyu0
>>193
それ、岡の指示で富岡定俊がやったことと判明していますが。


195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 00:05:49.31 ID:HQA5aL6M0
>>194
また半藤一利の捏造話しだな

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 00:14:08.40 ID:K2g20qod0
>>193
また、出たか?

いいかげんにしなさい。


そんな非客観的な主張を誰が信ずることができるのか?
戦犯同士が恨みがましいことを口にしているだけでしょう。

仮に事実であったとして、何故、国策を決定する、
その場でこのデータは正しくないと言わなかったのか!
戦犯にされた自分は悪くないんだという言い訳でしょう。

東条さんを見習え!
誰にも罪をかぶせてなどいないぞ。
めめしい言い訳などしていないぞ。
(「東条英機宣誓供述書」参照)

これ完全に作り話ですな。
戦犯本人たちか遺族か新潮記者か誰が作ったかわからないが・・・。


@開戦前に正確な艦船の消耗量を予測できたわけがない。
(米軍との戦争形態は戦前の日本側予測の
「艦船を主、航空を従」と全く逆のものになった。)

A伝聞過程が何段階もある。

「岡敬純が持ってきた資料を山本五十六が書き換えて提出した」?

→佐藤賢了(A級戦犯)が岡敬純(A級戦犯)から聞いた
→戦後に佐藤賢了が佐藤賢了の三男に言っていた。
→佐藤賢了の三男が週刊新潮の記者に伝えた。
→週刊新潮の記者がそれを自己の解釈で記事にした。

と伝聞過程が何段階もありますね。

伝言ゲームというのをやったことありますか?
ある物事を何人かで次々に伝言していくと
しまいには、全く違うトンデモない話しになってしまうものだ。

戦史叢書に>>194のそのへんのくだりは記入ある。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 00:27:00.75 ID:HQA5aL6M0
>>196
佐藤賢了、岡敬純ら中堅幹部でしかない彼らをA級戦犯だと強調し
レッテル貼りしてる時点で、おまえの言う事には
まったく信憑性が無い。


198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 00:29:30.29 ID:HQA5aL6M0
むしろ史実は逆で
佐藤賢了、岡敬純らが、山本五十六の暴走を
止められなかったのが真相だな。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 00:33:14.46 ID:ahKchHJs0
【山本五十六こそが日本を破滅に導いたA級戦犯】

■日中戦争 勃発、泥沼化 (海軍の予算拡大が目的)

海軍次官・山本五十六は、陸軍と対等の予算獲得のため大量の爆撃機配備をもくろみ
その宣伝のため脅威をあおり中国空爆を計画した。

海軍の南京爆撃は盧溝橋事件以前から準備していた、中国に対する計画的な侵略戦争。
当初は敵飛行場を標的にしたが、山本が開発した96陸攻は防弾装備が皆無で旧式の敵戦闘機に撃墜されまくり、直ぐに都市無差別爆撃に切り替える。
第二次上海事変を機に4ヶ月にもわたって南京への猛爆は敢行された。

山本五十六が中心となって強行した南京無差別爆撃こそが日本の暴走の始まりである。(日中戦争泥沼化)
そしてこれこそが全中国人を反日で団結させ、世界を敵にまわす結果を招く。戦略的な効果は殆ど無く日本の被害は増大。

ルーズベルト大統領は海軍の南京無差別爆撃を世界に向けて非難。(隔離演説)
アメリカ大統領が歴史上初めて、日本を強烈に非難した。
(満州事変でさえもアメリカ大統領が日本を批判したことは一度も無かった。)

■対米開戦

米英不可分論によって対米戦争を主張し、対米脅威論を流布し海軍全体を強行に対米開戦に決意をさせた。
皆の反対を押し切って米国本国であるハワイ、西海岸を奇襲。
戦争に参戦しないというルーズベルトの公約は反故にされ、日本支持だった共和党までが対日、対独全面参戦を支持。
米国世論は反戦から参戦支持に豹変し、アメリカを総力戦に無理やり突入させた。

国の方針(対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案)では、米国との和平を視野に入れていたが、
海軍のハワイ奇襲(東条首相ら政府は知らされていなかった)によってそれは絶望となった。

■その他疑惑
海軍の外務省に対する無通告による真珠湾奇襲の要求は、山本五十六が圧力をかけたのではないかという疑惑がある。
野村大使と海軍の不正な関係も疑いがある。偽りの外交による騙し討ちは、山本五十六が主導した可能性が濃厚。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 00:35:06.31 ID:ahKchHJs0

●山本五十六が強行させた海軍の南京無差別爆撃によって
アメリカ大統領が、歴史上始めて日本を激しく非難した。


隔離演説(1937年10月5日)
--------------------------------------------------------------------------------
 日中戦争の勃発により、アメリカが国家の意思として初めて日本を批判した演説。
ルーズヴェルト大統領は世界に不法状態を生み出している国家を国際社会から隔離すべしと演説した。

隔離演説(一部)
宣戦の布告も警告も、また正当な理由もなく婦女子をふくむ一般市民が、空中からの爆弾によって仮借なく殺戮されている戦慄すべき状態が現出している。
このような好戦的傾向が漸次他国に蔓延するおそれがある。彼ら平和を愛好する国民の共同行動によって隔離されるべきである。
出典『戦史叢書籍・支那事変陸軍作戦T』




201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 00:42:18.05 ID:ahKchHJs0
アメリカ大統領が歴史上初めて日本を激しく非難した
海軍が強行した無差別空爆だが、
こんな近代史の重大な出来事が、日本の歴史教科書に書かれていない。
こんなおかしい事は無い。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 02:42:02.10 ID:K2g20qod0
>>197
>>193
>>196

おそらく、
この方たち戦犯つけるや陸軍などの係累のみなさんなんだろうが
こんなみっとも無い言いがかりをつけるということは
佐藤賢了氏や岡敬純氏の名誉を傷つけているのがわからないのか!!


この人たちが「真実の資料」(?)を重大な国策決定の場で提出できなかったことが
誰かに脅されていたというなら、その脅した者も様々な力で脅されていたのだろう。
それが当時の日本だったのだ、国民から天皇に至るまで。




203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 02:44:58.82 ID:K2g20qod0
>>199
>>200
推測ばっかりだね。

根拠、出典を出すこと。




204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 02:51:44.56 ID:K2g20qod0
>>197
信憑性が無い?
なんのこっちゃい?
開戦前に日本が予想していたものとは
大きく異なった戦争形態になったのは
誰がみても真実じゃないのかな?

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 03:30:35.92 ID:S3RIYRDKO
石原完爾がもう少し大人だったら、頑なにこやつが意固地にならなかったかもしれないな。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 04:54:17.72 ID:K2g20qod0

推測や捏造はしないで、

根拠と出典を必ず示すこと。





207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 05:13:42.89 ID:K2g20qod0

昭和18年に戦死している者を罵倒して何したいの?

シナや朝鮮で昔そんなことやってたな。
死者を墓から引きずりだして刑を執行したり、
死んでいる者に凌遅刑を行ってた。

そんな連中と同じだな。お前らは。


208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 06:50:03.59 ID:J7ZzoTYP0
>>197
どちらも軍務局長という陸軍省、海軍省の実務トップですが。
中堅というのは課長級のことですよ。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 08:57:53.62 ID:CbRXPTw90
>>199
>米英不可分論によって対米戦争を主張し、対米脅威論を流布し海軍全体を強行に対米開戦に決意をさせた。

これがどうしても許せないんだが・・・

陸軍も海軍も対米戦争はしたくない。
米英可分論で、南進を煽り
米英不可分論で、南進を諌めた

結局は対米戦争にはならない。っと、米英可分論で押し切り南進を決めた。
結果、南進すると米が石油の輸出を禁止して戦争の構えを見せてきた。
米英可分論の大誤算。
これが流れだと思います。

米英不可分論によって対米戦争を主張というのは、開戦までの経緯が丸ごとひっくり返りますので、到底納得できません。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 09:38:07.97 ID:J7ZzoTYP0
そもそも開戦までの聯合艦隊の組織内ヒエラルキーは横須賀鎮守府以下だったわけなんだが。
聯合艦隊のヒエラルキーが上がったのは真珠湾攻撃の成功以降のことで、それまではただの泥臭い
現場監督扱いだよ。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 11:13:57.84 ID:ahKchHJs0
>>209
現実にみなが対米開戦を無茶だと考えていたのに、それに反し対米開戦となったのだから、
だれかが主導しなくてはそうはならない。

第一委員会の中堅が強行したとか、そんな無責任なふざけた言い訳で
下に責任を押し付ける理屈は通用しない。
軍令部総長、海軍大臣、連合艦隊司令長官
この3人の海軍トップに責任があるわけだが、どう見ても
永野、嶋田は山本五十六の言いなりで、この二人が主導したとは
まったく考えられないし、証拠も無い。
そうすると、主導したのは山本五十六以外にはいない。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 11:22:09.25 ID:JR7YJK/xP
>>211
連合艦隊長官は大演習の時艦隊を指揮するだけの権限を持った役職で
現場のひとりにすぎませんがなにか?
そもそもいいなりなのにこの作戦をやらせなければ辞職するとかいわねばならんのかw
だいたいそういう妄想は結構なので、
永野なり嶋田なりとそういう会談をもったといったソースを探し出してから
主張してくれないかね?
君がソースを探しているようにはまったく見えないのだが、
それをやろうともせずに主張だけはするってのは
妄想ばらまいているのと同義語だって知ってる?
いったい誰が騙せるんだそれ?
それで騙せる程度の小学校低学年レベルのバカ集めて何がしたいんだ?

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 11:24:26.82 ID:JR7YJK/xP
>>211
>だれかが主導しなくてはそうはならない。
それは陸軍だね。
日米交渉の妥協条件である撤兵を拒んで交渉自体をぶちこわしているんだから
政府一任といってるだけの海軍が主導できるはずもねえw

というかなんで連合艦隊が商船被害についての数字を操作できるんだ?
商船護衛にはノータッチの部署だぞ?
作戦損耗ならまだわかるんだが。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 11:37:54.89 ID:CbRXPTw90
>>211
トップの保身(利権・地位)
急進派の出世・利権争い、権益争い
その結果の戦争

急進派による、内乱・クーデターを恐れて戦争ありき。
目の前の内乱を恐れ、急進派の顔色を伺って、その結果は多くの戦死者と民間の犠牲者。
そして、トップ自らも地位を失う・戦犯として裁かれる。

泥沼の中国との戦争(事変)。
払った犠牲に対する責任を負いたくないが為に先延ばし・ごまかし。
この辺をずっと引きずっていった結果かと。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 11:39:06.93 ID:LOMBMn2L0

>>1
根拠と出典をだすこと!!

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 11:42:50.53 ID:LOMBMn2L0

>>199
>>200
早く根拠と出典を出せ!!

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 11:47:45.65 ID:LOMBMn2L0
>>197
>>193
>>196

おそらく、
この投稿者は戦犯や陸軍などの係累の一人なんだろうが
こんなみっとも無い言いがかりをつけるということは
佐藤賢了氏や岡敬純氏の名誉を傷つけているのがわからないのか!!




218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 12:22:08.21 ID:ahKchHJs0
>>217
半藤一利とその仲間が、面白半分に罵倒し
名誉と人権が侵害されてきた全ての戦没者とその遺族に代わって
真の戦犯の責任追及をする。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 12:41:07.49 ID:LOMBMn2L0
>>218

「全ての戦没者とその遺族に代わって
 真の戦犯の責任追及をする。」
      ↑
お宅がやることじゃございませぬわいな。

責任を追及して、それをどうするというのだ?

自分の鬱憤晴らしやってるだけだろうが。

汝のみっともない行いは「全ての戦没者とその遺族」の
名誉を汚すだけの愚行なるぞ。






220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 12:44:49.24 ID:LOMBMn2L0
>>218
貴女のいうところの
「名誉と人権が侵害されてきた」との
根拠をしめすこと。



221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 12:50:13.41 ID:LOMBMn2L0
>>218
早く出せ!

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 12:58:06.18 ID:LOMBMn2L0
>>218
「名誉と人権が侵害されてきた」との
根拠を早く示すこと。
朕は希望いたします。


223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 13:00:39.28 ID:ahKchHJs0
>>220
『ノモンハンの夏』
『昭和の名将と愚将』
こういう罵倒本には、罵倒で対抗するしかないな。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 13:19:44.21 ID:ahKchHJs0
>>222
例えば靖国神社のA級戦犯分祀問題。
A級戦犯は国民が追悼する対象に相応しくないから別の施設作れと
政府の関係者も発言しており
A級戦犯は犯罪者扱いされ、それは遺族に対する人権侵害にあたり
憲法に違反している。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 13:56:04.09 ID:LOMBMn2L0
>>218
>>223
>>224
それと
昭和18年4月に戦死している人間と
どういう関係があるんかいの。



226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 14:06:08.76 ID:LOMBMn2L0
>>218
>>223
>>224
やはり戦犯遺族の係累の方ですね。
おっしゃることは理解できます。
しかし、「A級戦犯は犯罪者扱いされ」というのは
違うんじゃないですか。
一部、アメリカの歴史観で洗脳された連中で
そんなことを言うものがいる程度。
大部分の人はA級戦犯の方々を犯罪者扱いなどとはしていませんよ。
アメリカの戦争犯罪の犠牲者だと見ているのじゃないでしょうか?




227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 14:20:23.46 ID:ahKchHJs0
>>226
一部、アメリカの歴史観で洗脳された連中で
そんなことを言うものがいる程度。

民主党政権は、犯罪者たるA級戦犯を祀っている靖国神社は
国家の慰霊の場として相応しくないから、
それに代わる追悼施設を建設すると政権公約をしている。
自民党にもこういう意見を言う者が多数いる。
そしてマスコミは終戦記念日に合わせて騒ぎ立て、そういった宣伝をやってきた。
そのため首相や天皇が靖国参拝出来ない現状がある。
これが一部の連中と言えるのか?

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 14:21:09.87 ID:LOMBMn2L0
>>218
>>223
>>224
「靖国神社のA級戦犯分祀問題」
これをおっしゃるが、大方の国民は貴方と同じ思いのはず。
しかしながら、それを実行すると周辺諸国が黙っていない。
その原因は国内にこれらの国の歴史観を共有する勢力が多いからではないですか。
これを正す努力をしていかなければ絶対に良い方向にはいきません。
昭和18年に戦死している者を批判しても何にもよくなりません。



229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 14:22:41.27 ID:ahKchHJs0
>>226
>大部分の人はA級戦犯の方々を犯罪者扱いなどとはしていませんよ。

だったら首相や天皇が戦没者慰霊のために
靖国参拝できるはずだが?


230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 14:27:38.65 ID:ahKchHJs0
首相や天皇が戦没者慰霊の靖国参拝すべきだと言う意見に対し
常に反対者に妨害され、その理由は
靖国神社には犯罪者が祀られているから、靖国参拝すると
犯罪者を美化する事になってしまうと
つねにそういう主張をマスコミが宣伝している。
A級戦犯は現に犯罪者扱いされている。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 14:29:44.19 ID:LOMBMn2L0
>>229
首相や天皇も戦没者慰霊のために靖国参拝したいのだが
周辺諸国の反対で実現できない。
国民もそれはわかっているが今はそれは難しい。
やがて、いつか、それを実現できる時が来る。
その日を待ちましょう。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 14:33:42.03 ID:ahKchHJs0
>>231
無理だな。
こういった永遠に続くつまらん状態がいつまでも続くのは
日本が本気で検証と責任追及をしなかった事があったからで
もはや有耶無耶にはできない。
打破するには山本五十六の責任追及をやらねばならん。


233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 14:48:22.26 ID:LOMBMn2L0
>>232
笑っちゃう論理でございますのー。

結局、とどのつまりが、自己の鬱憤ばらしじゃないか。
戦犯遺族の名誉を毀損することだ。
そんな卑しくめめしいやり方は。


234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 14:54:16.14 ID:ahKchHJs0
>>233
笑うのは良いが現実に多数がスケープゴートにされ、それらが
罵倒されることによって、国民のうさ晴らしが
半世紀以上やられてきている。
軽く流せる問題ではないと心せよ。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 14:56:18.36 ID:LOMBMn2L0
>>232
日本が行うべき「検証と責任追及」とは何に対して言ってるのか?


236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 14:58:47.04 ID:ahKchHJs0
>>235
負けが明白な対米戦争に至ったのは、そしてそれを修正しなかったのは
だれが最も悪いのか、単純な話しだが?

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 15:22:15.88 ID:LOMBMn2L0
>>236
対米戦というのは「帝国国策遂行要領」等が出る遥か前から
「対米英蘭戦争」という言い方で、常に米国を第一の相手として
認識していた。「腹案」のこと言いたいらしいが、結局、
これは国策とはならなかった。
12月1日の御前会議でも「腹案」は取り上げられることはなかった。

対米戦周辺のことは東条さんの供述書をよく読んでみたら?

以上 終わり




238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 15:42:13.20 ID:CbRXPTw90
>>236
結局はトップに一番の責任がある。
だれが最も悪いのか。となれば、東條になるのは、至極まっとうかと。
※まあ、こういう論調になれば、明治憲法下では一番の責任は天皇になってしまうけど。

そして、責任はみんなにある。

んで、あとはやったこと・やらなかったことの結果については、
それぞれの人に対する評価としてすればいい。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 16:57:10.24 ID:JR7YJK/xP
>>232
お前さんがやってるのは検証じゃなくてたんなる思いこみ。
反証ソースが出ると沈黙してしばらくたったら同じ事繰り返す検証は
お前の脳内にしか存在しない。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 18:25:13.21 ID:oItDLBqm0

【山本五十六こそが日本を対米戦争に引きずり込んだA級戦犯】

■日中戦争 勃発、泥沼化 (海軍の予算拡大が目的)

海軍次官・山本五十六は、陸軍と対等の予算獲得のため大量の爆撃機配備をもくろみ
その宣伝のため脅威をあおり中国空爆を計画したと考えられる。
海軍の南京爆撃(渡洋爆撃)は、盧溝橋事件以前から周到に準備訓練していた、中国に対する計画的な侵略戦争。
当初は敵飛行場を標的にしたが、山本が開発した96陸攻は防弾装備が皆無で旧式の敵戦闘機に撃墜されまくり、直ぐに都市無差別爆撃に切り替える。
第二次上海事変を機に4ヶ月にもわたって南京への猛爆は敢行された。

山本五十六が中心となって強行した南京無差別爆撃こそが日本の暴走の始まりである。(日中戦争泥沼化)
そしてこれこそが共産党の狙い通り全中国人を反日で一致団結させ、世界を敵にまわす結果を招く。戦略的な効果は殆ど無く日本の被害は増大。
ルーズベルト大統領は海軍の南京無差別爆撃を世界に向けて非難。(隔離演説)
アメリカ大統領が歴史上初めて、日本を強烈に非難した。
(満州事変でさえもアメリカ大統領が日本を批判したことは一度も無かった。)

■対米開戦
陸海軍とも当初は対米戦争を避ける米英可分論が主流だった。
しかし山本五十六は米英不可分論によって対米戦争を主張し、対米脅威論を流布し海軍全体を強行に対米早期開戦に決意をさせた。
皆の反対を押し切って米国本国であるハワイ、西海岸を奇襲。
自国が攻撃されない限りは戦争に参戦しないというルーズベルトの公約は反故にされる。日本支持だった共和党までが対日、対独全面参戦を支持。
米国世論は反戦から参戦支持に豹変し、アメリカを総力戦に無理やり突入させた。

対米開戦確定後も、国の方針(対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案)では、対英戦を守戦とし、米国との和平を視野に入れていたが、
海軍のハワイ奇襲(東条首相ら政府は知らされていなかった)によってそれは絶望となった

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 18:28:02.08 ID:oItDLBqm0

国が決めた大東亜戦争の基本方針、開戦前に政府と陸海軍が取り決めた
「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」では、
まずアジアで英軍を屈服させることとなっている。

日独で英国を追い込み、ビルマ、インドの独立を誘発し、
その事によって政治的に米国の戦意を殺ぎ、
対米和平へと持ち込む事を目標としていた。
(太平洋の対米艦隊への攻撃は適時とし、補助的な扱いとなっている)

しかし海軍・山本五十六はこの国の基本方針を無視して独断でハワイを攻撃し
(東条首相は海軍がハワイを攻撃することを知らされていなかった)、
ミッドウエーやソロモン方面で大規模作戦を展開した。
山本五十六の暴走によって、大東亜戦争が対米・太平洋戦争になってしまう。
海軍は戦果を改竄して大勝利の嘘の報告ばかりを大宣伝したため、
世論も対米太平洋決戦に歓喜し、陸軍も太平洋での海軍の作戦に協力するよう
引きずり込まれた。

このためアジアでの作戦は、実施が大幅に遅れ、
戦力も大幅に削がれてしまった。
ビルマの航空兵力は、大部分がソロモン方面に移動させられ消耗することになった。
本来の大東亜戦争の目的であったインパール作戦も
海軍に足を引かれて失敗となる。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 18:30:14.87 ID:oItDLBqm0

だれよりも戦争に反対した名将山本五十六!
______  ___________
         V

      ヽヽ〃 /
       ヽ〃   真珠湾奇襲プシュ!    
      ( _)
       | |  シコシコ・・・ シコシコ・・・
       | | /⌒⌒⌒ヽ/~ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ     
     /⌒ヽ⌒ヽ___   |  ∴ヽ  3  )
     /  ゝ      |
    /  _  ゝ___)(9     (` ´) )j
   /  丿ヽ___,.───|彡ヽ ―◎-◎-| ハァハァ…
  /   )           (彡       |
 / _/           \____/


       ↑

 自称昭和史に詳しいw バカ作家の半藤一利大先生 www


243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 18:31:05.94 ID:oItDLBqm0

●山本五十六が強行させた海軍の南京無差別爆撃によって
アメリカ大統領が、歴史上始めて日本を激しく非難した。


隔離演説(1937年10月5日)
--------------------------------------------------------------------------------
 日中戦争の勃発により、アメリカが国家の意思として初めて日本を批判した演説。
ルーズヴェルト大統領は世界に不法状態を生み出している国家を国際社会から隔離すべしと演説した。

隔離演説(一部)
宣戦の布告も警告も、また正当な理由もなく婦女子をふくむ一般市民が、空中からの爆弾によって仮借なく殺戮されている戦慄すべき状態が現出している。
このような好戦的傾向が漸次他国に蔓延するおそれがある。彼ら平和を愛好する国民の共同行動によって隔離されるべきである。
出典『戦史叢書籍・支那事変陸軍作戦T』


244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 18:32:46.54 ID:oItDLBqm0

第二次世界大戦で日本が犯した最大の間違いは、山本五十六が強行した真珠湾攻撃である。
真珠湾攻撃がなければ、アメリカが第二次世界大戦に参加する前に、枢軸国は、イギリスとソ連に勝つことができただろう。

多くの人は、ハルノートは最後通牒であり、日米開戦は避けられなかったと考えている。
しかし、本当にハルノートは最後通牒だったのだろうか。
ハルノートにおけるアメリカの対日要求は、たしかに過酷ではあったが、これを拒否もしくは無視したからといって、
すぐにアメリカが日本に宣戦布告するということはなかった。

インド洋作戦の功罪
http://www3.ocn.ne.jp/~y.hirama/Yh_ronbun_dainiji_India_gaken.htm


西村真悟 論文紹介A
http://shingomatrix.jp/2010/01/post_690.html

8.大東亜戦争に勝つチャンスは無かったか
http://www5b.biglobe.ne.jp/~korea-su/korea-su/jkorea/pacificwar/chance.html

太平洋に消えた勝機
http://www.systemicsarchive.com/ja/c/pacific_war.html


245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 18:36:38.32 ID:4AK2QnTz0
海軍が独断で強行した不法なハワイ攻撃の罪を
それとは何の関わりも無く、事前に知らなかった7人が
海軍の罪を押し付けられて処刑された。
海軍幹部は誰も、自分たちの罪の責任を負わなかった

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 18:37:50.54 ID:4AK2QnTz0

■似非保守・詐話師トリオ(半藤、保阪、秦)=通称3H


日中戦争を勃発、泥沼化させ、対米戦争で大損害を出した張本人の

戦犯・山本五十六の根本的な罪を黙殺し

ひたすら東京裁判史観を肯定して、特定軍人罵倒によって

感情論で陸軍悪玉論を扇動・宣伝するしか能が無い

金儲け目当てで大嘘の近代史を語る似非保守・詐話師トリオ(半藤、保阪、秦)=通称3H

が関わったトンデモ本に、史実など微塵も無いw




247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 18:39:22.86 ID:4AK2QnTz0
半藤一利らアホの作った山本五十六賛美映画では
南雲が徹底的にバカに描かれ、視聴者に南雲への憎しみを
植えつけることを目的にしていると思われる。
半藤一利が、いつもやる手法。

仮に司令官が南雲ではなく山口多聞であったとして、
真珠湾で燃料タンクを破壊し、ミッドウェーで敵空母を撃沈して
それでどうなるというのか?
もしそうなっていたら、山本五十六はハワイ攻略作戦を強行し、
それで大敗して補給が尽きて、その後の結果は同じ事。

山本五十六がハワイ奇襲などという致命的な愚行を強行した瞬間に
日本の運命は尽きている。


248 :結論:2012/07/14(土) 18:44:57.51 ID:4AK2QnTz0
        
    『うつし絵に 口づけしつつ 幾たびか 千代子と呼びて けふも暮しつ』
            
                 ::::::::ヽ         / ̄\         /:::::::
                ::::::::丶      日本オワタ      ,.::'::::::::::
                 ::::/  ,:、     \_/      _,..:'::::::::::
                  /   ,..':::::::>   _|__  ... く::::::::::
             /   ,.::::::::    /\ , , /\ `、 \
              /    ,.∩     / <●>  <●>\.`、  \∩
          /     , ' l ヽ∩ /   (__人__)    \ ∩ノ j
       /     ,    ヽ ノ |      |::::::|      | ヽ ノ \
       /      , '      | ヽ \     ` ⌒´    / / j    \
    /      , '      \  ̄            ̄  / `、   \
  ./       , '               山○五○六


                        ↑
              不法な真珠湾奇襲なんかしでかした、このバカが全て悪い。



249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 18:45:46.28 ID:JR7YJK/xP
>>240-247
だからそれは検証どころか口から出任せばかりの根拠のない憶測であり
事実とは無関係な単なる演説だってのw
一番の基本となるちゃんと資料を探すことを怠っておいて検証とかいっても意味ないだろ。

250 :結論:2012/07/14(土) 18:51:24.06 ID:4AK2QnTz0
>>249
何がどう根拠無い妄想なんだ?
南京無差別爆撃も真珠湾奇襲も、山本五十六が主導したのは疑いようが無いし、
こいつのこういった行為が日本を暴走させて破滅させことは
疑いようの無い事実だから。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 18:51:25.44 ID:J7ZzoTYP0
>>249
そりゃ、きちんと資料を調べたら、嘘がバレるから出せないだろ。
例えば腹案ではビルマやインドへは侵攻しないとなってるのに陸軍がいの一番に侵攻してるし、
米豪分断としっかり腹案にしっかり記載されてるんだから。


252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 18:53:25.34 ID:J7ZzoTYP0
>>250
>南京無差別爆撃も真珠湾奇襲も、山本五十六が主導したのは疑いようが無いし、
>こいつのこういった行為が日本を暴走させて破滅させことは
>疑いようの無い事実だから。

だから、疑いようのない根拠となる資料、文献を出してくれと言ってるんだが。
事実だ事実だと喚いても裏付ける資料をださないとただの妄想演説でしか無いと何度もこのスレで指摘されてるだろ。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 18:55:57.39 ID:4AK2QnTz0
>>251
>例えば腹案ではビルマやインドへは侵攻しないとなってるのに陸軍がいの一番に侵攻してるし、

インド、ビルマ独立支援と、極東の英軍撃滅、援蒋ルート遮断は
大東亜戦争の目的の柱なんだが?
ビルマ、インドの作戦こそが本来の作戦で
山本五十六はそれを無視、妨害して対米全面戦争をしでかしやがった。



254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 19:02:50.04 ID:JR7YJK/xP
>>253
>大東亜戦争の目的の柱なんだが?
頼むから腹案くらいきちんと嫁
(ロ) 「ビルマ」の独立を促進し其の成果を利導して印度の独立を刺激す。
はい、ビルマ侵攻なんかこれっぽっちもないですね。
単に英軍が引いていったから調子に乗って侵攻しただけです。

>山本五十六はそれを無視、妨害して対米全面戦争をしでかしやがった。
いいえ、米主力艦隊の覆滅は南方作戦の支作戦として完全に腹案通りです。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 19:05:24.81 ID:J7ZzoTYP0
>>253
>インド、ビルマ独立支援と、極東の英軍撃滅、援蒋ルート遮断は

インドやビルマへの侵攻と書かれていませんが。独立支援すら書かれてなく独立を促進すると、完全におまかせですけど。



256 :結論:2012/07/14(土) 19:25:41.78 ID:4AK2QnTz0
>>255
そんな理屈なら、腹案にハワイ攻撃なんか書いてないが?
英軍を屈服させてアメリカの戦意を消滅させるのが
最大のポイントであったのに、ハワイなんか攻撃したら
アメリカは総力戦で挑んできて絶望的な状況になると
わかって当然のはずだが、山本五十六はそんなことすら考えない
アホだったんだろ?

257 :結論:2012/07/14(土) 19:28:26.88 ID:4AK2QnTz0
>>254
>はい、ビルマ侵攻なんかこれっぽっちもないですね。


あんたバカ?
ビルマを押さえなくては援蒋ルートが遮断できないんだが?
援蒋ルート遮断が目的では無いと?

258 :結論:2012/07/14(土) 19:32:48.61 ID:4AK2QnTz0
細かい事は別にしても、ハワイを明らかに不法に奇襲攻撃なんかやれば
取り返しがつかなくなる。
そしてこの愚行は山本五十六と海軍が強行したことで
この不法攻撃の責任は政府と陸軍には全く無い。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 19:33:10.00 ID:J7ZzoTYP0
>>256
腹案に書かれてるのは屈服をまず図るのは蒋介石政権であって、英国については独伊任せとしかかれていませんが。


260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 19:33:45.07 ID:J7ZzoTYP0
>>257
腹案には援蒋ルートの遮断は書かれていませんね。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 19:53:01.27 ID:JR7YJK/xP
>>256
南方作戦と主力艦隊の撃滅はしっかり書かれてますがなにか?
その伝でいうと本土近海とも小笠原ともマーシャルとも書かれていないのだがw

>>257
>ビルマを押さえなくては援蒋ルートが遮断できないんだが?
四 中国に対しては、対米英蘭戦争特に其の作戦の成果を活用して援蒋の禁絶(後略)
とありますから、ビルマは独立促進程度に抑える以上、
直接は遮断しないのが腹案の内容ですよ。

つーかさ、腹案は腹案に過ぎないわけで
恐ろしいことに戦争の正式案が定められることなく
この腹案をたたき台とか参考程度に陸海軍の作戦計画が立てられて
それを承認することで戦争開始。
その作戦案にビルマもハワイも含まれているってことを理解してるわけ?
ハワイは腹案にないとかごねているところをみるとまあ答えは聞くまでもないが


262 :結論:2012/07/14(土) 19:57:53.69 ID:4AK2QnTz0
>>261
山本五十六のバカが、ハワイを攻撃なんかしたから
日本は絶望的な状況に陥った。
そしてこれは、山本五十六が強行したことで
政府と陸軍は、まったく関知していない。

まずこの当たり前の話を認めよ、五十六信者のアホは。


263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 20:02:17.11 ID:J7ZzoTYP0
>>262
90 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/07/08(日) 17:46:59.57 ID:uej7fWya0 [19/19]
東条首相は予め知ってましたよ。

「東条英機宣誓供述書」より

11月4日の陸海軍合同軍事参事官会議で軍令部総長の説明について
あえて、「真珠湾攻撃の件については何等触るる処ありませんでした」と書いている。
軍令部総長は「第一段作戦」という言葉を使ってハワイ作戦を表現しているので、
東条さんも「第一段作戦」の意味は理解していたとみられる。

11月29日の重臣会議(重臣懇談会とも称す)において東条さんは天皇の陛下の前にて
自らの説明の時に「ハワイ攻撃の事は勿論其他攻撃に関する純統帥事項は告げず」と記入している。

また午前中、政府と重臣たちとの間の懇談で日米交渉のことについて問われた際、
「純作戦事項のことについては説明をさけたのであります」とも述べている。

この意味は、東条さんは「ハワイ作戦を知っていたが他の重臣たちに秘密が漏れないようにあえて公表しなかった」という意味だ。

出典:「大東亜戦争の真実ー東条英樹宣誓供述書」
出典:「東条英樹宣誓供述書」国立国会図書館 近代デイタルライブラリー

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 20:07:09.64 ID:JR7YJK/xP
>>262
根拠のないお前の妄想をどうやって認めたらいいのか教えてくれんかねw

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 20:22:17.57 ID:JR7YJK/xP
陸軍大臣として陸海軍大本営会議に出席しているのに
目の前で話し合われている真珠湾攻撃について知らなかったとか
検証する意味あるのかねえ

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 21:53:17.98 ID:7Vnt8W0l0
>>258
>>262
陸軍も知っていたことは、既に上に書いてある。
出典も。

>>240
根拠と出典を出しなさい。



267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 23:04:29.07 ID:HXY0gD060

大東亜戦争の初め、東条首相は真珠湾攻撃を知らなかった。
これは東条のみでなく、陸軍全体が知らなかった。
誰もが驚くような話である。
何故かと言えば、日本軍の共同体の構造がそのようになっていたからだ。

『硫黄島 栗林忠道大将の教訓』小室直樹


だがこの時すでに、真珠湾作戦部隊はヒトカップ湾をハワイに向けて 出航している。
政府はこのことを知らされていない。

国家存亡の戦争を行う国の最高指導者が知らぬまに、
そして 共同作戦をとる陸軍が知らぬ間に、このような重大作戦が決行 される事など、
最高指導者の下に統合幕僚組織のある 普通の国では考えられないことである。

『太平洋に消えた勝機』佐藤晃


268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 23:08:47.96 ID:7Vnt8W0l0

>>256
軍事的に劣勢な日本、石油が止められている日本。
何もしなくとも時間の経過と共に無力化していく日本。
米英蘭豪は既に対日軍事協力を決めている。

この状況でどうやったら
「英軍を屈服させてアメリカの戦意を消滅させる」ことができるのかね。

教えてくれませぬか?






269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 23:12:08.52 ID:7Vnt8W0l0
>>267
また出たかーーー!

それデタラメだよ。
上にいろんな人が証明しているぞ。

いいかげんにせい!


270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 23:15:38.59 ID:HXY0gD060
>>268
第二次世界大戦で日本が犯した最大の間違いは、山本五十六が強行した真珠湾攻撃である。
真珠湾攻撃がなければ、アメリカが第二次世界大戦に参加する前に、枢軸国は、イギリスとソ連に勝つことができただろう。

多くの人は、ハルノートは最後通牒であり、日米開戦は避けられなかったと考えている。
しかし、本当にハルノートは最後通牒だったのだろうか。
ハルノートにおけるアメリカの対日要求は、たしかに過酷ではあったが、これを拒否もしくは無視したからといって、
すぐにアメリカが日本に宣戦布告するということはなかった。

インド洋作戦の功罪
http://www3.ocn.ne.jp/~y.hirama/Yh_ronbun_dainiji_India_gaken.htm


西村真悟 論文紹介A
http://shingomatrix.jp/2010/01/post_690.html

8.大東亜戦争に勝つチャンスは無かったか
http://www5b.biglobe.ne.jp/~korea-su/korea-su/jkorea/pacificwar/chance.html

太平洋に消えた勝機
http://www.systemicsarchive.com/ja/c/pacific_war.html

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 23:27:58.39 ID:HXY0gD060
「東條英機宣誓供述書」は東京裁判の最初に提出された
とされている。

ところが実際の裁判で海軍の真珠湾奇襲を知っていたか、いつ知ったについて、
キーナン検事からの質問にシドロモドロな答弁をし、マトモに答えられていない。
「東條英機宣誓供述書」に書かれた内容とは全然違う。
よって
「東條英機宣誓供述書」は、キーナン検事への証言の後に
捏造されたものであるのは明白。
捏造されたインチキ裁判のインチキ自白調書でしかない。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 23:36:48.88 ID:7Vnt8W0l0
>>270

自分の頭で考えられないのだろう?
それらの本はとんでもない誤りを書いている。
まず、東条さんと陸軍がハワイ作戦を知らないなどと書いてあるよ。

軍事的に劣勢な日本、石油が止められている日本。
何もしなくとも時間の経過と共に無力化していく日本。
米英蘭豪は既に対日軍事協力を決めている。

この状況でどうやったら
「英軍を屈服させてアメリカの戦意を消滅させる」ことができるのかね。

教えてくれませぬか?

ハル・ノート受諾云々は別の問題。




273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 23:41:27.65 ID:7Vnt8W0l0
>>271
裁判のかけひきでやってることだよ。
通訳・翻訳の問題もある。

昭和23年版の原書を撮影したものだから捏造なんかじゃないよ。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 23:43:37.81 ID:HXY0gD060

「東條英機宣誓供述書」
11月4日の陸海軍合同軍事参事官会議で軍令部総長の説明について
あえて、「真珠湾攻撃の件については何等触るる処ありませんでした」と書いている。

しかし実際の証言では、真珠湾奇襲を知った日を
12月1日か2日か、その辺のところと、シドロモドロな答弁をしている。


275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 23:49:46.45 ID:HXY0gD060
>>273
実際の証言と、まるで内容の違った「東條英機宣誓供述書」を
裁判で証言の前に提出された本人の調書だ
なんていった、そんなバカな話しは無いということになる。
全然内容が違うのだから。


276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/14(土) 23:57:20.80 ID:HXY0gD060
あるいは「東條英機宣誓供述書」は政府筋から牢獄の東条に
茶番裁判の台本として、あらかじめ渡されていたかもしれない。
この通りの内容で証言してくれと。
しかし、あまりにも内容が膨大で、真珠湾の肝心な部分までを
東条は記憶できなかったのかもしれない。
いずれにしても茶番裁判の茶番台本で
東条は海軍の真珠湾奇襲を事前に知らなかったのは
間違いないことである。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 00:11:55.70 ID:kQoQnaJAP
>>276
だから妄想は結構ですからはやくソースを出してくれませんかね。
君が出したソースは
そういう風に考えている人がいる、根拠は皆無という証明しかしてくれませんよ。
それを信じ込むのは宗教だってだけの話です。
そういうことがやりたければ歴史板ではなく
オカルト宗教板でやることですね。

>ところが実際の裁判で海軍の真珠湾奇襲を知っていたか、いつ知ったについて、
>キーナン検事からの質問にシドロモドロな答弁をし、マトモに答えられていない。
>「東條英機宣誓供述書」に書かれた内容とは全然違う。
だって質問内容が真珠湾奇襲”のための艦隊がいつ出発したのか”知っているかという質問だもの。
真珠湾奇襲そのものは日時まで出してハッキリ知っているといってるじゃない。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 00:30:26.38 ID:NX/Wv3Hs0
>>274
裁判のかけひきだよ。
下手にペラペラ喋ったら不利になるからね。
東条さんが詳細な規模は知らなかっただろうことは事実だと思う。
しかし、その概要や期日、時間については間違いなく知っていた。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 00:37:50.14 ID:NX/Wv3Hs0

ハワイ作戦は
陸軍が知っているのだから当時、陸軍大臣をも兼務していた
東条さんも当然、知っていたはずだ。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 00:57:38.04 ID:NX/Wv3Hs0
>>270

軍事的に劣勢な日本、石油が止められている日本。
何もしなくとも石油が消耗し、時間の経過と共に無力化していく日本。
油がないから翌年3月頃にはまともな軍事行動もできなくなる。
米英蘭豪は既に対日軍事協力を決めている。

この状況でどうやったら
「英軍を屈服させてアメリカの戦意を消滅させる」ことができるのかね。

また「腹案」には
「速やかに極東における米英蘭の根拠を覆滅」
「迅速なる武力戦を遂行し東亜及南太平洋における米英蘭の根拠を覆滅」
と書いてある。
劣勢な日本がどうやったらそれができるのか。

教えてくれませぬか?



281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 00:58:52.57 ID:if0OVknM0
>>267
その文献が正しいと証明しろやww

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 01:03:50.34 ID:NX/Wv3Hs0
東条英機首相と陸軍はハワイ攻撃を知っていたことを示す根拠出典@

○昭和16年8月に海軍より開戦劈頭に戦力差を埋めるための真珠湾攻撃を研究中と内密に伝達されている。
「海軍が開戦劈頭真珠湾奇襲を研究中であることを、陸軍側が知ったのは昭和十六年八月であった。開戦当時における海軍の

劣勢を補うためには最良の方法であること及び絶対に秘密を保持されたいと伝えられた。 陸軍側は海軍の苦心のあるところを

十分諒解し、何等意見を述べなかった。そして陸軍側でこの作戦を知っていたのはものは、参謀総長及び次長以下作戦関係主

要幕僚の極めて少数と、陸軍省首脳のみであった。」                                             

                          
出典: 明治百年史叢書杉山メモ 下巻 資料解説 P6

○海軍は昭和16年「8月22日参謀本部作戦課に対し次のような要旨の検討案を連絡した。略 軍令部が何ゆえ反対していたハ

ワイ作戦について陸軍側に通告したか、おそらく陸軍側がマレー作戦に対し過度に空母や飛行機の協力を胸算するのを封ずる

為であったろう。
出典: 戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) P416 防衛庁防衛研修所戦史室編纂

○11月3日には永野海軍軍令部総長と杉山陸軍参謀総長が昭和天皇に陸海両軍の作戦内容を上奏するため列立して読み上

げた。ハワイ空襲作戦も詳細な説明を行っている。ご下問奏答あり。
出典: 戦史叢書(76)大本営陸軍部 大東亜戦争開戦経緯<5> P336 防衛庁防衛研修所戦史室編纂
○ハワイ奇襲実施についてもこのときに遅くとも正式な作戦として陸軍側に伝わっており、東條自身、参謀本部作戦課に知らさ

れている。

出典: 『海軍大学教育』「第三章 真珠湾作戦と海大」実松譲 光人社
出典: 『明治百年史叢書 杉山メモ -大本営・政府連絡会議等筆記- 上下巻』参謀本部編 原書房

○11月8日から3日間、陸軍大学校において連合艦隊司令長官と南方軍総司令官、南方部隊指揮官である第2艦隊司令長官

と南方軍総司令官との間で作戦協定が行われ10日に調印された。開戦ハワイ奇襲の計画があることやその重要性をひそか

に説明し、ハワイ作戦優先の了解を得た。「東京協定」と称せられた。

出典: 戦史叢書 「海軍航空概史」 P162  防衛庁防衛研修所戦史室編纂
出典: 戦史叢書 「ハワイ作戦」 P229  防衛庁防衛研修所戦史室編纂

○11月30日 東条首相拝謁時 『(前略)海軍ノ一部ニ作戦ニ就キ不安ヲ懐キ居ル者アルヤニ拝謁セラルル御話アリシトノコト(布

哇作戦ノ予想ニテ犠牲ノ多カルヘキ御話ナリシカト思ハル)ニテ、首相ガ拝謁ノ時首相ニ御下問アリシ (首相)少シモ聞及無之

旨奉答』

出典: 昭和天皇発言記録集成 下巻(芙蓉書房出版)p.96

○「昭和16年10月9日ないし10月13日、山口県室積沖在泊中の旗艦「長門」において連合艦隊のハワイ空襲作戦を含む最

終図演が行われた。これには参謀本部作戦課の久門有文中佐および竹田宮恒徳王少佐が加わった。」
「昭和16年10月19日、永野軍令部総長はハワイ作戦実施に同意の決裁を下した。参謀本部首脳及び作戦当局はその計画

を 知らされていたので、意見があれば表明し得る筋合いであるが、もとより、そのようなことはなかった。」

出典: 戦史叢書 大本営陸軍部大東亜戦争開戦経緯(5) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂
出典: 戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 01:04:38.19 ID:NX/Wv3Hs0
東条英機首相と陸軍はハワイ攻撃を知っていたことを示す根拠出典A

○・「帝国は1941年12月1日より開戦準備に入り大本営陸海軍統帥部の
企画に基き敵の大包囲圏を「ハワイ」、「比島」、「香港」、及び「マレー」
の4箇所において突破するの作戦に移りました。
12月8日(日本時間)早暁其の攻撃を実施しました。
而してこの攻撃は何れも軍事目標に指向せられたのであります。
此の攻撃作戦は統帥部において極秘裡に進められたのであります。
私は陸軍大臣としてその概要を参謀総長より承知して居りました。」
・11月29日の重臣会議(重臣懇談会とも称す)において東条さんは天皇の陛下の前にて
自らの説明の時に「ハワイ攻撃の事は勿論其他攻撃に関する純統帥事項は告げず」と記入している。
また午前中、政府と重臣たちとの間の懇談で日米交渉のことについて問われた際、
「純作戦事項のことについては説明をさけたのであります」とも述べている。
・12月1日の御前会議の席上、東条さんは政府及び統帥部が原枢密院議長の質問に対して答えた際、
「この時の説明に際してハワイ攻撃其の他の統帥事項に関する具体的の事については少しも口外せず」と述べている。
・12月8日東郷外相よりルーズベルト親電上奏可否を問われた際に、
「私は直ちに上奏には異存なしと告げるとともにもはや海軍の機動部隊の飛行機は
母艦より飛行の開始を為しているであろうと答えたのでありました」と述べている。

出典:「大東亜戦争の真実―東条英機宣誓供述書」 WAC出版
出典:「東条英機宣誓供述書」 国立国会図書館近代デジタルライブラリー

○少なくとも11月はじめには「真珠湾作戦」は陸海軍協同で合意の上で立案されている。
1941年11月8日に「海軍作戦計画ノ大要」を海軍軍令部総長永野修身と
陸軍の参謀総長杉山元が侍従武官長宛てに発信している。
これには海軍軍令部次長伊藤整一と陸軍参謀本部次長塚田功ら総務部長、
主任部長、主任課長など作戦の中枢部の軍人が名を連ねている。
この上奏文は,陸海軍高官が認めた最終攻撃計画であり,
開戦予定日(12月8日)の1ヶ月前に真珠湾攻撃計画も含め,
大元帥昭和天皇に報告された。

出典:参謀本部作戦課『昭和十六年上奏関係文書綴』〔防衛庁防衛研究所図書館所蔵〕巻一所収


284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 01:14:52.14 ID:Pp+QX0vd0
>>283
>・11月29日の重臣会議(重臣懇談会とも称す)において東条さんは天皇の陛下の前にて
自らの説明の時に「ハワイ攻撃の事は勿論其他攻撃に関する純統帥事項は告げず」と記入している。


おかしいじゃないか。
東条は裁判で真珠湾奇襲を知った日を、12月1日か2日だと証言している。
「誓供述書」とぜんぜん一致していない。


285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 01:17:01.00 ID:Pp+QX0vd0
東条が知っていたとする根拠は
「東条英機宣誓供述書」しかない。
そしてこれは信憑性がまるきり無い。

他はいちおう、参謀本部が知っていたとする根拠だが
陸軍省の東条が知っていた根拠とはならない。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 01:22:36.48 ID:Pp+QX0vd0
まあ参謀本部は知っていたとする戦史叢書も
どうせ戦後の捏造だろうな。
海軍が空母6隻でハワイ奇襲なんて話しなら、陸軍側から
それに関してなんらかの意見があって当然だが
そのような痕跡は皆無。
そんな話しはありえんだろ。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 01:27:13.89 ID:NX/Wv3Hs0
>>284

敵国の裁判にかけられた者が裁判上のかけひきを
行ったり、通訳・翻訳の問題もあってのことだろう。
陸軍大臣として当然、概要を承知していたろう。


288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 01:31:13.96 ID:NX/Wv3Hs0
>>284
>>285

ここらで
東条さんが知らなかったとする根拠を示してもらおうじゃないか。


289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 01:36:03.55 ID:Pp+QX0vd0
>>288
キーナン検事とのやり取り。
あれを見ればだれでも
東条は知らなかったと判断する。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 01:40:57.98 ID:Pp+QX0vd0
キーナン検事「それではあなたはいつ真珠湾を攻撃するということを、艦隊が真珠湾に向かって進行中であることを知りましたか」
東条英機「それは十二月一日の御前会議の決定にもとづいて、当然に私は攻撃を開始するということに向かって行動しつつある。こういうふうに想像しておりました。・・・・以下略」
ウェブ裁判長「それを知った日付を答えなさい!」
キーナン検事「法廷に申し上げます。この証人はばかばかしいほどの限度まで行き過ぎております。
私は単にいつ真珠湾攻撃の意思を知ったかというその日付を訊いただけであります。 証人に対して、この質問に答えるよう指示を与えていただきたいと思います」
ウェブ裁判長「証人、もし記憶しているならば、それを知った日付を述べなさい」
東條英機「それは一番最初にお答えしたと思うておりましたが、十二月一日の御前会議において知りました」
キーナン検事「私はあなたに対して長々しく退屈なことを訊くつもりはありませんが、ただこの点だけを明確にお尋ねします。
すなわち、あなたはこの御前会議において、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために進行中であったということを知りましたか。しかりとか、否とか答えてください」
東條英機「もう一遍言ってください」
ウェブ裁判長「この簡単な質問に答えなさい。あなたはいつ最初に真珠湾は攻撃されることになっているということを知りましたか。
それに対して一語、もしくは二語でごく簡単に答えることが出来るでしょう」
東條英機 「それは否と答えましょう。」
キーナン検事「それでは最初に知ったのはいつか。」
東條英機「イエスとかノーで答えるというのはツライです。御前会議においては真珠湾攻撃云々ということは出ていなかったのです。それを私は否と答えた。」
キーナン検事「それでは御前会議において作戦部隊が合衆国あるいはその領土を攻撃のため出動中であるといづことが明らかにされたか。」
東條英機「そういう作戦に関する具体的なことは御前会議、連絡会議において採り上げられませんでした。そういうことは統帥部から提案すべきものではないのです。」
ウェブ裁判長「いつ最初に真珠湾が攻撃されることになっていることを知ったか?」
東條英機「一日でしたか、二日でしたか、そこのところは日にちがはっきりしませんが、その辺のところです」
キーナン検事「いつの」
東條英機「昭和十六年十二月の」
キーナン検事「私はこの証人から非常に正確なことを聴きだすことが出来なかったことをお詫びいたします」



291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 01:49:31.47 ID:NX/Wv3Hs0
キーナン検事「私はこの証人から非常に正確なことを聴きだすことが出来なかったことをお詫びいたします」

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 01:54:53.02 ID:Pp+QX0vd0
キーナン検事は再三、いつ真珠湾奇襲を知ったのかを聞いているのに
東条は答弁をはぐらかし、トンチンカンな解答をして
12月1日の御前会議で知ったと証言するが
後で訂正し、12月1日か2日ごろ杉山参謀から聞いたと
あやふやな解答をして終了し、以後裁判は、この問題を追求せず
関係ない日中戦争を追求する裁判に豹変してしまった。
こんなバカな茶番裁判はない。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 02:05:21.72 ID:Pp+QX0vd0
おかしいのは、陸軍側に真珠湾奇襲が伝わっていたなら
そんな影響の大きい重大作戦に関して、陸軍側から賛成なり反対なり当然意見が出て
当然のはずで、しかしそういった記録が全く無いし
戦後の回想録でも、真珠湾奇襲の意図を知って驚いたとか、何とか
何らかのリアクションがあるはずだが、全く何も無い。
戦後の回想録でも、それに関するものが全く無い。
こんな不自然な話は無いな。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 04:01:42.03 ID:Pp+QX0vd0
総合的に見てこれが一番真実に近いと思われる。
12月1日に杉山参謀総長も東条首相は、御前会議や連絡会議など公式な場ではなく
直前に非公式に伝えられて知り、驚いたという話し。
一応、事前だが、参謀本部や首相が了承してたなんて話しではない。
陸軍側は直前に伝えられて寝耳に水といった感じだな。



○若狭和朋 『日本人が知ってはならない歴史』
「東條英機の暗夜の慟哭
ハルノートに接した日本は、昭和十六年十二月一日、開戦日を決定する御前会議を設けた。
開会の直前に、東條首相は杉山元参謀総長から耳打ちされた。  
『どうも海軍はハワイをやるらしい』
『なに、ハワイ。話が違うではないか』と東條英機首相は激怒している。
開戦前夜、東條英機首相は暗夜の公邸で慟哭している。
翌朝、日本帝国首相は真珠湾攻撃の成功をラジオのニュースで知るのである。
(早朝の電話報告で攻撃成功を知った、という説もある)。」


295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 06:52:53.72 ID:NX/Wv3Hs0

みなさまにお願いがあります。
下記の作家たちはこの誤った主張の根拠をどこから得たのだろうか?
ご存知の方あればお教えください。

○小室直樹 『硫黄島 栗林忠道大将の教訓』
「大東亜戦争の初め、東条首相は真珠湾攻撃を知らなかった。
これは東条のみでなく、陸軍全体が知らなかった。
誰もが驚くような話である。
何故かと言えば、日本軍の共同体の構造がそのようになっていたからだ。」  
 
○佐藤晃 『太平洋に消えた勝機』
「だがこの時すでに、真珠湾作戦部隊はヒトカップ湾をハワイに向けて 出航している。
政府はこのことを知らされていない。 略
国家存亡の戦争を行う国の最高指導者が知らぬまに、
そして 共同作戦をとる陸軍が知らぬ間に、このような重大作戦が決行される事など、
最高指導者の下に統合幕僚組織のある普通の国では考えられないことである。」

○西村眞吾 『眞悟の時事通信 No.693 統帥と戦略、戦術、戦闘』
「十一月十五日に、大本営政府連絡会議で「腹案」を決定したばかりの
東条首相と参謀本部は、連合艦隊の出撃後の何日かに、その事実を知らされた。
矢は既に放たれているではないか!と、腰を抜かしたはずだ。」
「つまり連合艦隊司令長官は、この時既にハワイ真珠湾攻撃を決意していたのだ。
このことは海軍軍令部総長も知らない。
もちろん、首相である近衛も十月に首相になった東条も知らない。」

○若狭和朋 『日本人が知ってはならない歴史』
「東條英機の暗夜の慟哭
ハルノートに接した日本は、昭和十六年十二月一日、開戦日を決定する御前会議を設けた。
開会の直前に、東條首相は杉山元参謀総長から耳打ちされた。  
『どうも海軍はハワイをやるらしい』
『なに、ハワイ。話が違うではないか』と東條英機首相は激怒している。
開戦前夜、東條英機首相は暗夜の公邸で慟哭している。
翌朝、日本帝国首相は真珠湾攻撃の成功をラジオのニュースで知るのである。
(早朝の電話報告で攻撃成功を知った、という説もある)。」




296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 06:58:02.11 ID:NX/Wv3Hs0

東条英機首相と陸軍はハワイ攻撃を知っていたことを示す根拠出典@

○昭和16年8月に海軍より開戦劈頭に戦力差を埋めるための
真珠湾攻撃を研究中と内密に伝達されている。
「海軍が開戦劈頭真珠湾奇襲を研究中であることを、
陸軍側が知ったのは昭和十六年八月であった。
開戦当時における海軍の劣勢を補うためには最良の方法であること及び
絶対に秘密を保持されたいと伝えられた。 陸軍側は海軍の苦心のあるところを十分諒解し、
何等意見を述べなかった。そして陸軍側でこの作戦を知っていたものは、
参謀総長及び次長以下作戦関係主要幕僚の極めて少数と、陸軍省首脳のみであった。」                       

出典: 明治百年史叢書杉山メモ 下巻 資料解説 P6

○海軍は昭和16年8月22日、参謀本部作戦課に対し次のような要旨の検討案を連絡した。
略 軍令部が何ゆえ反対していたハワイ作戦について陸軍側に通告したか、おそらく陸軍側が
マレー作戦に対し過度に空母や飛行機の協力を胸算するのを封ずる為であったろう。

出典: 戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) P416 防衛庁防衛研修所戦史室編纂

東条英機首相と陸軍はハワイ攻撃を知っていたことを示す根拠出典A

○11月3日には永野海軍軍令部総長と杉山陸軍参謀総長が昭和天皇に陸海両軍の
作戦内容を上奏するため列立して読み上げた。ハワイ空襲作戦も詳細な説明を行っている。
ご下問奏答あり。

出典: 戦史叢書(76)大本営陸軍部 大東亜戦争開戦経緯<5> P336 防衛庁防衛研修所戦史室編纂

○「ハワイ奇襲実施についてもこのときに遅くとも正式な作戦として陸軍側に伝わっており、
東條自身、参謀本部作戦課に知らされている。」

出典: 『海軍大学教育』「第三章 真珠湾作戦と海大」実松譲 光人社
出典: 『明治百年史叢書 杉山メモ -大本営・政府連絡会議等筆記- 上下巻』参謀本部編 原書房

○11月8日から3日間、陸軍大学校において連合艦隊司令長官と南方軍総司令官、
南方部隊指揮官である第2艦隊司令長官と南方軍総司令官との間で作戦協定が行われ
10日に調印された。開戦劈頭にハワイ奇襲の計画があることやその重要性をひそかに説明し、
ハワイ作戦優先の了解を得た。東京協定と称せられた。

出典: 戦史叢書 「海軍航空概史」 P162  防衛庁防衛研修所戦史室編纂
出典: 戦史叢書 「ハワイ作戦」 P229  防衛庁防衛研修所戦史室編纂

東条英機首相と陸軍はハワイ攻撃を知っていたことを示す根拠出典B

○11月30日 東条首相拝謁時 『(前略)海軍ノ一部ニ作戦ニ就キ不安ヲ懐キ居ル者アルヤニ
拝謁セラルル御話アリシトノコト(布哇作戦ノ予想ニテ犠牲ノ多カルヘキ御話ナリシカト思ハル)
ニテ、首相ガ拝謁ノ時首相ニ御下問アリシ (首相)少シモ聞及無之旨奉答』

出典: 昭和天皇発言記録集成 下巻(芙蓉書房出版)p.96

○「昭和16年10月9日ないし10月13日、山口県室積沖在泊中の旗艦「長門」において
連合艦隊のハワイ空襲作戦を含む最終図演が行われた。
これには参謀本部作戦課の久門有文中佐および竹田宮恒徳王少佐が加わった。」
「昭和16年10月19日、永野軍令部総長はハワイ作戦実施に同意の決裁を下した。
参謀本部首脳及び作戦当局はその計画を知らされていたので、
意見があれば表明し得る筋合いであるが、もとより、そのようなことはなかった。」

出典: 戦史叢書 大本営陸軍部大東亜戦争開戦経緯(5) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂
出典: 戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂


297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 06:58:45.97 ID:NX/Wv3Hs0

東条英機首相と陸軍はハワイ攻撃を知っていたことを示す根拠出典C

○・「帝国は1941年12月1日より開戦準備に入り大本営陸海軍統帥部の
企画に基き敵の大包囲圏を「ハワイ」、「比島」、「香港」、及び「マレー」
の4箇所において突破するの作戦に移りました。
12月8日(日本時間)早暁其の攻撃を実施しました。
而してこの攻撃は何れも軍事目標に指向せられたのであります。
此の攻撃作戦は統帥部において極秘裡に進められたのであります。
私は陸軍大臣としてその概要を参謀総長より承知して居りました。」
・11月29日の重臣会議(重臣懇談会とも称す)において東条さんは天皇の陛下の前にて
自らの説明の時に「ハワイ攻撃の事は勿論其他攻撃に関する純統帥事項は告げず」と記入している。
また午前中、政府と重臣たちとの間の懇談で日米交渉のことについて問われた際、
「純作戦事項のことについては説明をさけたのであります」とも述べている。
・12月1日の御前会議の席上、東条さんは政府及び統帥部が
原枢密院議長の質問に対して答えた際、
「この時の説明に際してハワイ攻撃其の他の統帥事項に関する具体的の事については
少しも口外せず」と述べている。
・12月8日東郷外相よりルーズベルト親電上奏可否を問われた際に、
「私は直ちに上奏には異存なしと告げるとともにもはや海軍の機動部隊の飛行機は
母艦より飛行の開始を為しているであろうと答えたのでありました」と述べている。

出典:「大東亜戦争の真実―東条英機宣誓供述書」 WAC出版
出典:「東条英機宣誓供述書」 国立国会図書館近代デジタルライブラリー

東条英機首相と陸軍はハワイ攻撃を知っていたことを示す根拠出典D

○少なくとも11月はじめには「真珠湾作戦」は陸海軍協同で合意の上で立案されている。
1941年11月8日に「海軍作戦計画ノ大要」を海軍軍令部総長永野修身と
陸軍の参謀総長杉山元が侍従武官長宛てに発信している。
これには海軍軍令部次長伊藤整一と陸軍参謀本部次長塚田功ら総務部長、
主任部長、主任課長など作戦の中枢部の軍人が名を連ねている。
この上奏文は,陸海軍高官が認めた最終攻撃計画であり,
開戦予定日(12月8日)の1ヶ月前に真珠湾攻撃計画も含め,
大元帥昭和天皇に報告された。

「海軍作戦計画ノ大要」
「兵棋ニ依ル作戦計画御説明ニ関スル件」(1941年11月8日)
謹ミテ海軍作戦計画ノ大要ニ付奏上致シマス
第一段作戦ニ於ケル陸軍ト協同シテ行フ南方要域ノ攻略作戦ニ関シマシテハ只今参謀総長ヨリ奏上
致シマシタ通で御座イマ スノデ此処ニハ海軍単独ノ作戦ニ関シ申述ベルコトト致シマス
開戦劈頭比島及馬来ニ対スル先制空襲ト成ルベク時ヲ同ジク致シマシテ第一航空艦隊司令長官ノ率ヰル
航空母艦六隻ヲ基幹トスル機動部隊ヲ以チマシテ布哇在泊中ノ敵主力艦隊ヲ空襲致シマス
右機動部隊ハ千島ニテ補給ノ上開戦十数日前内地ヲ進発致シマシテ布哇北方ヨリ近接シ
日出一、二時間前「オアフ」島ノ北 方約二百浬附近ニテ全搭載機約四〇〇機ヲ発進セシメ
碇泊中ノ航空母艦、戦艦竝ニ所在航空機ヲ目標トシテ奇襲攻撃ヲ加フ ル計画デ御座イマス・・・・・・・以下略。

出典:参謀本部作戦課『昭和十六年上奏関係文書綴』〔防衛庁防衛研究所図書館所蔵〕巻一所収
出典:大本営陸軍部上奏関係資料 / 現代史料出版 東出版


298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 06:59:08.76 ID:ZEx+GC2N0
>>294
>ハルノートに接した日本は、昭和十六年十二月一日、開戦日を決定する御前会議を設けた。
>開会の直前に、東條首相は杉山元参謀総長から耳打ちされた。  
>『どうも海軍はハワイをやるらしい』

11月5日に海軍軍令部総長がな天皇へ真珠湾攻撃を行うことを奏上してるのをソの横で立って同じく陸軍の作戦を
奏上してるのにそれを1月後までだまってたんなてお馬鹿すぎる寝言だねソの人の言ってること。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 07:25:38.33 ID:NX/Wv3Hs0

日本が戦争に入った原因については未だに議論は尽きない。
国民自身がよくわからないものだから、
戦争が始まった真珠湾が悪い→山本が悪い、
というふうに理由付けをしたいということだろう。
こいつが悪いという者がいたら、もう後は考えなくとも良い。
山本に責任を押し付けて思考停止している。

「山本五十六批判について@ 前線で指揮しない」

1つの海戦で勝敗が決した、ネルソンや東郷らの時代とは戦争の性質は全く異なる。
アメリカの太平洋艦隊司令長官ニミッツは「楽園ハワイの陸上司令部」から戦争の全期間、
膨大な人員設備をもって、ここから全作戦の指揮をしていたのを知る日本人は少ない。
明治時代の連合艦隊司令長官は原則として純粋な戦闘部隊のみを指揮下に置いていたが
その後、補給部隊や基地航空隊、鎮守府なども指揮下に持つようになり、
「海上作戦全般の総指揮官」という役目を担っていった。
12月8日の1日だけを見ても真珠湾だけを攻撃したのではなく、
フィリピン、マレー、香港、シンガポール、タイ、グアム島、ウェーク島・・・等々が同時に戦場となった。
山本がどこか1箇所に行っていたら現場は指揮命令系統が混乱するだろうし、
誰が全体の指揮を取るというのか?
広大な戦場、多くの国家との戦闘、果てしなく続く軍事技術の革新。
その作戦を組み立てるには多くの人員設備を要する筈だ。
当時も「東郷さんのように前線指揮を取れ」という批判をする者は多くいた。
やむなく、戦艦に指揮所を設けて戦場に近接した海域で指揮を取るしかなかった。
しかし、戦艦に備えられる程度の人員設備などたかが知れている。
結局、これが敗因の一つであることを誰も理解していない。
それどころか、臆病者と罵る始末である。


300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 07:26:41.90 ID:NX/Wv3Hs0

「山本五十六批判についてA 真珠湾攻撃が悪い」
真珠湾攻撃以外の選択肢がいくつもあったと思っている者が多い。
石油が止められており、何もせずとも時間が経つだけで日本は無力化して行く。
図上演習では普通の攻撃手段では全て敗北。
米英蘭豪は何度もの会合で対日参戦と協力を決めた情報を日本は掴んでいた。
「対米英蘭蒋・・・腹案」を言うものがあるがこれは腹案でしかない。
何の強制力も持たぬ「仮りの案」でしかない。またこれとも矛盾しないからこそ
9月、11月の「帝国国策遂行要領」の決定が実施に至ったのだ。
「腹案」には「速やかに極東における米英蘭の根拠を覆滅」
「迅速なる武力戦を遂行し東亜及南太平洋における米英蘭の根拠を覆滅」とあるが、
どうやったら、劣勢な日本がそれらを覆滅できるのだろうか。
結局、奇襲しかないのだ。
そしてどこに向かっても「リメンバー」というスローガンが作られたろう。
米側条件を受諾しても、更なる強硬な要求が突きつけられたはずだ。
それは過去のインディアン討伐などのアメリカ史を見れば分かる。
アメリカは中立をうたいながら中国大陸で蒋政権へ膨大な軍事援助を行い、
日本軍への攻撃にも加勢し、日本本土への爆撃まで計画していたことを知る人は少ない。

「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」は11月15日に出たが、
これによってそれまでの国策が変更された訳ではない。
既に11月5日の御前会議で帝國国策遂行要領が決定され、
11月30日までに、日米交渉が妥結しなければ開戦することが決定されていた。
海軍の作戦は開戦劈頭にハワイを空襲しアメリカ太平洋艦隊を無力化することにあったから、
おそくとも12月上旬には開戦と同時に攻撃できる位置まで進出している必要があった。
・11月5日に大本営の命令「大海令第一号」「大海指第一号」が発せられていた。

大海令第一號
昭和一六年一一月五日
奉勅 軍令部總長 永野修身
山本聯合艦隊司令長官ニ命令
一、帝國ハ自存自衛ノ為、米國、英國、オヨビ蘭國ニ対シ
開戰ノ已ムナキニ立至ル虞大ナルニ鑑ミ、十二月上旬ヲ期シ
諸般ノ作戰準備ヲ完整スルニ決ス
以下略

「大海指第一号」
昭和一六年一一月五日
軍令部總長 永野修身
大海令第一号ニ基キ山本聯合艦隊司令長官ニ指示
一、聯合艦隊司令長官ハ十二月上旬米国、英国次デ蘭国ニ対シ
開戦スルヲ目途トシ適時所要ノ部隊ヲ作戦開始前ノ待機地点ニ進出セシムベシ
以下略

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 07:47:02.68 ID:kQoQnaJAP
>>293
もっとおかしいのはそれをしってないとされる海軍以外の指導層が
真珠湾を攻撃してなんも驚いてないことだなw
知っていたなら反対するとかいうことなら
なんで攻撃したと激怒してるところだろw

ところできちんと供述書は読んだのか?
毎度の事ながらまともに資料も確認しないでやらかす検証とやらはいかがなものかと思うのだがねえ。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 07:57:18.77 ID:kQoQnaJAP
>>292
あ、悪い、まったく読んでないんだな。
なんで資料も読まずにソースとかいって出しちゃうんだろ。
原本とはいわないまでも出版物にあたるのはほとんど検証以前の問題で
そこから複数資料にあたることが始めて検証にあたるということさえ知らないんだなあ。
ネットで拾ってきたものを都合がいいから信じ込むってのは検証とはいわないことを知ってるのか?

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 12:01:57.36 ID:Pp+QX0vd0
このように東条と陸軍も真珠湾奇襲を事前に知っていたと言い張るバカは
カルトでしかない。
東京裁判史観と陸軍悪玉論を、聖書のごとく妄信し
それに反する見解は、キチガイのごとく否定するしか能が無い。
キリスト教徒が聖書に書いてあることを事実だと言い張っているのと
全く同じでカルトそのもの。

宗教で聖書を妄信するのは、実害は無いので問題は無かろう。
しかし近代史において、それと同じように東京裁判史観を
妄信しているアホは、実害がある。
正確な近代史を後世に伝えるのは、国民の使命である。
捏造され東京裁判史観の嘘の内容を伝えて
後世の日本人をだまして良いわけがない。


304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 12:19:05.75 ID:NX/Wv3Hs0
>>303
「正確な近代史を後世に伝えるのは、国民の使命である。」
おっしゃるとおり。

これが正確な近代史だ→>>296>>297


305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 12:20:57.33 ID:Pp+QX0vd0

■五十六信者による、真珠湾奇襲は必要だったという意見に対して

当時のアメリカ政府、民主党ルーズベルトは不参戦の公約を繰り返し述べており
民主党支持者は反戦左翼的な民衆で、これらが参戦を安易に支持するわけがない。

一方、共和党はというと、こちらはソ連を不支持で満州国を支持するという
親日、親独を主張し民主党政権を批判していた。

こういった当時のアメリカの状況では、ルーズベルトが参戦したくても
絶対に出来ない状況だった。
ならば米軍に対しては、米艦隊が極東に出てきたら、その時それを叩いて
大損害を与えればよいわけで、それによってルーズベルトは大失態を共和党から叩かれ
ルーズベルト政権は窮地に陥り、共和党に政権を奪われるか
日本と協議するしか道は無かったであろう。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 12:46:36.76 ID:NX/Wv3Hs0
>>305
「米艦隊が極東に出てきたら、その時それを叩いて大損害を与えればよい」

    ↑
まったく、よく言うわな。
石油がないんじゃわいな。
どこに来るのか、いつ来るのかわからん。
米国はこっちを攻めると見せてはサット引き、
あちらへ行くと見せてはこっちへ行く。
それに対応するだけで、戦う前に石油がなくなってしまう。
日本は広大な海に囲まれている。
どこから来るかわからんから分散配置にならざるを得ない。
劣勢な日本が分散したらもう終わり。

どうすりゃええんじゃね?

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 12:51:33.56 ID:Pp+QX0vd0
五十六信者は真珠湾奇襲を否定され反論不能となると、

政府が開戦を決定したのだから、連合艦隊はそれに従うしかない。
そうなったのは満州で暴走した陸軍の責任。

こういった見苦しい言い訳を展開する。

山本五十六がどうしても開戦反対なら、職を辞する覚悟で
対米作戦を拒否すればいいだけの話しで、それは十分可能だったはず。
しかし実際の山本五十六は、職を辞する覚悟で
真珠湾奇襲をやらせろと軍令部を恫喝している。
山本五十六にとっては真珠湾奇襲が全てで、その先の展望は何も無い。
こういう人物が独裁的に、海軍を動かしていたわけだ。
恐ろしい話しだな

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 12:55:35.29 ID:Pp+QX0vd0
>>306
ハワイから極東まで、アメリカは膨大な距離があるんだが?
たしか戦力は、距離の二乗に反比例して低下するのだから
日本有利な極東で待ってりゃ良い話だろ。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 13:08:43.14 ID:Pp+QX0vd0
アメリカがレイテ攻略に投入した艦隊兵力は空母35隻。
それくらい大兵力を投入しなければ、逆に反撃、撃退されてしまうわけで、
アメリカ艦隊が極東に近づく事は大変なリスクがあり、
膨大な兵力は必要で、そんな予算を米国民が安易に認めるわけが無いし、
もし大損害を出せば民主党ルーズベルト政権は致命傷となる。
海軍はそういう作戦計画を立てるべきだろ。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 13:15:21.17 ID:Pp+QX0vd0
石油が無いから真珠湾奇襲したのだという短絡的ないい訳がとおるなら、
金が無いから銀行強盗しましたという理屈もとおる。
当時の海軍は、その程度の人物が動かしていたって話しだな。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 13:25:46.74 ID:Pp+QX0vd0
というか、石油が無くなるから真珠湾奇襲した
という話しは、事実ではない。
事実は、海軍は真珠湾奇襲をはやくやりたいから
石油を止められることを承知で南部仏印進駐を強行した。
これが正しい。
海軍は初めから真珠湾奇襲ありきで、それは年内だと
それ以外の考えは何も無かったと思われる。
東条が首相になった時期には。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 14:32:04.06 ID:kQoQnaJAP
>このように東条と陸軍も真珠湾奇襲を事前に知っていたと言い張るバカは
>カルトでしかない。
それは資料一つまともに読むこともせずに
知っていると書いてあればそれは嘘だと根拠もなく言い張る宗教やってるバカのことですか?

>>311
南部仏印進駐したのは”陸軍”ですけど?
海軍なんか艀一艘派遣してませんから。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 14:35:36.53 ID:kQoQnaJAP
ところで正確な近代史()ってのは
今お前さんがやってるように資料一つださないまま
ひたすら嘘を百回繰り返すことでできあがるものなの?
そんなことがしたければ北朝鮮にでもいってくれば?

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 18:29:43.95 ID:ZEx+GC2N0
>>308
それを見越したのが、斬減作戦なんだが、事前の図上演習じゃ何度やっても
海軍の全艦艇が小笠原沖で壊滅という結果しか出なくて青軍側指揮官が、赤軍側指揮官に
手加減しろと泣きを入れる自体になってるんだが。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 19:52:36.44 ID:Pp+QX0vd0
>>314
海軍のバカがどうやてもアメリカに勝つ作戦が立てられないなら
アメリカを攻撃しなければ良い。
他に作戦が思い浮かばないからといって、不法なハワイ攻撃なんかやれば
日本の大敗は確定したも同然なのに、海軍のバカが考えることは
理解不能だな。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 19:56:36.64 ID:Pp+QX0vd0
>>312
>南部仏印進駐したのは”陸軍”ですけど?

バカかおまえ?
海軍万歳のアホの半藤でさえ
南部仏印進駐は海軍によるものだと認めているが?

半藤「南部仏印進駐(昭和16年7月)、あれなんか海軍ですからね。あの遂行は。
   戦後は陸軍がやったことになってますけど、あれは海軍ですよ。
   第一委員会ですよ。で、それでアメリカが油を止めてきた」


317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 20:05:45.42 ID:Pp+QX0vd0
ハワイを先制攻撃するしか、日本が生き残る道は無い。
というカルトの教祖のような山本五十六の妄信を
海軍全体が信じ込み、陸軍も一部そのカルトにだまされた責任はあるが
日本を大敗させた主犯は山本五十六であることは疑いようが無い。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 20:29:07.73 ID:kQoQnaJAP
>>316
第一委員会の仕業だといっておりますがw
それで半藤のソースはなにかな?
誰々がこういっているってなんのソースにもならないって
いい加減気づいてくれない?

>>315
撤兵なんかできないからアメリカを攻撃しろという陸軍にいえよw

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 20:35:20.50 ID:Pp+QX0vd0
>>312
多数の保守側の研究者が、東条と陸軍は真珠湾奇襲を知らなかったと
一致した見解を最新の書籍でも示している。

一方逆に、東条は知っていたと言い張る見解を示したバカの
書籍とかあるのか?

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 20:37:54.88 ID:Pp+QX0vd0
>>318
>撤兵なんかできないからアメリカを攻撃しろという陸軍にいえよw


陸軍は関係ない。
アメリカと戦争するしない、全て海軍が判断すべき事で
対米戦争に関しては、海軍が全責任を負わなくてはならない。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 20:44:21.15 ID:kQoQnaJAP
>>319
それはお前さんが出した二つの書物のことをいってるのか?
一つ目はソースがまったくでてこないし、
二つ目は明らかに艦隊が出発した日のことを知らないといってるものだったが?

>一方逆に、東条は知っていたと言い張る見解を示したバカの
>書籍とかあるのか?
当時の資料を何度も出して貰っているのに確認すらしてないのか!?

>>320
>アメリカと戦争するしない、全て海軍が判断すべき事で
なんで外交権を持たない海軍が戦争するしないを決定するんだ?

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 20:45:11.10 ID:Pp+QX0vd0
どんどん正統な保守が出てくるな。
もう海軍万歳のエセ保守に出る幕はないw

○若狭和朋 『日本人が知ってはならない歴史』

「東條英機の暗夜の慟哭
ハルノートに接した日本は、昭和十六年十二月一日、開戦日を決定する御前会議を設けた。
開会の直前に、東條首相は杉山元参謀総長から耳打ちされた。  
『どうも海軍はハワイをやるらしい』
『なに、ハワイ。話が違うではないか』と東條英機首相は激怒している。
開戦前夜、東條英機首相は暗夜の公邸で慟哭している。
翌朝、日本帝国首相は真珠湾攻撃の成功をラジオのニュースで知るのである。
(早朝の電話報告で攻撃成功を知った、という説もある)。」


323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 20:48:07.65 ID:kQoQnaJAP
>>322
正当な保守ってのは資料ひとつまともにだせずに
思い込みをばらまく生き物のことをいうのかw
だいたいそれがただしいとすると杉山は半年も前にきちんと通達されて知ってたことを
さも最近知ったかのごとく東条に言ってるじゃないか。
どんだけ腐った組織なんだよ、陸軍はw

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 20:50:37.96 ID:kQoQnaJAP
いやまあ土足さんがあげてくる
正当な保守()wとやらに歴史を専門で学んだ
歴史学の手法で歴史を研究する人がほとんどいないことで
だいたいわかるんですけどねw

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 20:51:01.29 ID:Pp+QX0vd0
>>321
>なんで外交権を持たない海軍が戦争するしないを決定するんだ?

外交がどうあろうが、海軍が拒否すれば対米戦争は始まらない。
だいたい、朝鮮人の東郷外相と野村は、汚い海軍の中間じゃないか。
対米戦争するしないは、山本五十六がどうとでも出来た。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 20:52:37.95 ID:Pp+QX0vd0
>>324
それで東条は知っていたと言う専門家が
いるのかい?
出してくれw

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 20:59:06.27 ID:Pp+QX0vd0
もう半藤や司馬などバカ作家の捏造した話しを
これが歴史だ、というアホの時代は終わった。

これらアホに代わって、多方面から正常な歴史研究家が
どんどん出てくるなw

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 20:59:53.12 ID:kQoQnaJAP
>>325
>外交がどうあろうが、海軍が拒否すれば対米戦争は始まらない。
だから政府一任としているのですが?
そもそも外交権が内閣にある以上、
これは正しい態度ですしそれこそ拒否なんかできませんけど?
あなた統帥権独立とかいってるけど、外交権も同じ天皇大権ことだって気づいてます?

>だいたい、
そういうのは海軍の中間だったソース、
山本と東郷が話し合っていた資料でも見つけてからいってくださいね
東郷はノモンハン以来の仲である東条が陸軍の慣例を破ってまで登用した人なんですけどねえ。

>>326
このスレで何度も原資料が出されているのを無視しておいて何をおっしゃるのかw

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 21:04:33.14 ID:Pp+QX0vd0
>>328
東条は知っていたと言う専門家が
一人もいないんだが?

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 21:07:06.93 ID:kQoQnaJAP
>>329
なあもしかして原資料が出ているという意味がわからなかったのか?
専門家がひとりもいないとか言う前に
原資料で本人がいってるから資料にあたっている専門家は
その資料を出すだけでそんな当たり前のことを言わないんだよ。
歴史学を語るのに資料にあたるという当たり前のことさえできない
正当な保守()wだけが寝言を言ってるだけって状態だろ。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 21:13:42.52 ID:Pp+QX0vd0
>>330
東条が知ってたとするものは、供述書しかないんだが?
供述書を鵜呑みにするとうなアホは、おまえのようなバカで
そんな奴は研究家でもなんでもない。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 21:18:12.49 ID:kQoQnaJAP
>>331
んで、供述書を覆すような資料はいい加減出してもらえないものですかねえ。
あなた、自分がエンドレスで研究家でもなんでもない歴史の素人がそういっている、
根拠はまったくないけどねというのを鵜呑みにしてる馬鹿だってそろそろ気づいたら?
本人がそういっておりそれを覆す資料がまったくない以上、
否定できないっていうのが研究家として普通の態度でしょ。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 21:18:44.22 ID:Pp+QX0vd0
おそらく多くの研究家は、東条は知らなかったと思いながらも、
そのことは言ってはならないという不文律があるのだろう。
しかし最近出てきた無名の研究家は、そんなもんお構いなし。
研究家とは、そうでなくてはならない。
バカ作家が歴史を語る時代は終わったw

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 21:19:28.28 ID:kQoQnaJAP
そもそも陸軍の作戦計画の根幹に米艦隊の動向がかかわっており、
真珠湾そのものは参謀総長や大本営で伝えられているのだから
杉山なりが教えもしないというなら海軍の責任じゃねえよw

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 21:20:10.21 ID:kQoQnaJAP
>>333
資料一つ出てこない妄想を歴史として語る時代はいつになってもきませんよw

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 21:22:26.81 ID:Pp+QX0vd0
>>334
>杉山なりが教えもしないというなら海軍の責任じゃねえよw

不法にハワイを攻撃した犯罪行為の責任は
すべて海軍にあり、主犯は山本五十六である。

杉山参謀総長が、仮に知っていたとしても
陸軍には何の責任も無い。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 21:27:29.02 ID:kQoQnaJAP
>>336
ないよ?
フィリピン攻撃したところで国際法違反なのは代わりがないんだから。
つまり外交権の問題であって、作戦上の問題ではない。

つかなんで教えなかったのが問題なのに
ちゃんとしたルートで通達されておきながら
陸軍内での齟齬で知らなかったことまで海軍の責任にされるんだ?

ま、何が何でも海軍悪玉にしたいことがよくわかる不合理なレスですね。
そういうことをやらないと東条を擁護できないというあたり
君は実に有能な東条批判をやっているといえましょうw

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 21:31:31.52 ID:Pp+QX0vd0
>>337
おまえのせいで山本五十六の評価がどんどん落ちていると
自覚してくれw

東条が知らなかったことや山本五十六批判は、
今までは暗黙の諒解の下、禁句だったんだろうが
もはやパンドラの箱は開かれた。

そういう結果を招いた
おまえに感謝するw

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 21:38:48.11 ID:Pp+QX0vd0
>>337
おまえのようなふざけた態度のアホが
東条を罵倒し、山本五十六を擁護してきた。
誠実な態度でそれをやっていたなら良かったものを
そんな態度では保守派の我慢の限界は完全に超えている。
おまえらがまいた種で自業自得だな。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 21:39:05.85 ID:ZEx+GC2N0
>>336
参謀本部から、佐官参謀を2名、真珠湾攻撃の演習に参加させてルのに知らなかったと言いはるなら
陸軍の内部がおかしいだけの話だろ。

68 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/07/08(日) 01:54:44.57 ID:uej7fWya0 [8/19]

陸軍はハワイ作戦を知っていました。

「昭和16年10月9日ないし10月13日、山口県室積沖在泊中の旗艦「長門」において連合艦隊のハワイ空襲作戦を含む最終図
演が行われた。これには参謀本部作戦課の久門有文中佐および竹田宮恒徳王少佐が加わった。
昭和16年10月19日、永野軍令部総長はハワイ作戦実施に同意の決裁を下した。参謀本部首脳及び作戦当局はその計画を
知らされていたので、意見があれば表明し得る筋合いであるが、もとより、そのようなことはなかった。」

出典: 戦史叢書 大本営陸軍部大東亜戦争開戦経緯(5) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 21:39:52.45 ID:ZEx+GC2N0
>>338
山本五十六批判なんて戦時中から存在してるよ。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 21:40:51.28 ID:ZEx+GC2N0
>>339
その保守って、一次資料の検証すらせずに、タダ喚くだけの基地外としか思えないけど。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 21:49:39.90 ID:kQoQnaJAP
>>339
外交権は天皇大権のひとつで米国と戦争すると”天皇が”決断したら
海軍が作戦を実行するのを拒否して天皇大権を犯すようなことができないって
当たり前の子といってるだけですけど、
これが保守を怒らせるんだw

つか根拠もなく妄想でしかかばえないとエンドレスでやり続けたら
普通にその人の評価は最底辺まで下がると思いますが
いったいどういう態度なんでかねそれ。
いやまじでさっさと知らなかった資料を探してそれを元に主張すればいいだけなのに
ひたすら資料もだせない正当な保守()wがいっぱいいます、
でも誰一人資料は出してくれませんが歴史の事実()wですとかやらかす態度はどうなん?

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 21:52:45.00 ID:dRbC4JLh0
このスレで、東條は真珠湾奇襲を知らなかったと喚いている基地外は、約1名だろ?

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 22:12:42.82 ID:Pp+QX0vd0
>>344
正常な人間は、こう言っている。

○若狭和朋 『日本人が知ってはならない歴史』
「東條英機の暗夜の慟哭
ハルノートに接した日本は、昭和十六年十二月一日、開戦日を決定する御前会議を設けた。
開会の直前に、東條首相は杉山元参謀総長から耳打ちされた。  
『どうも海軍はハワイをやるらしい』
『なに、ハワイ。話が違うではないか』と東條英機首相は激怒している。
開戦前夜、東條英機首相は暗夜の公邸で慟哭している。
翌朝、日本帝国首相は真珠湾攻撃の成功をラジオのニュースで知るのである。
(早朝の電話報告で攻撃成功を知った、という説もある)。」

○小室直樹 『硫黄島 栗林忠道大将の教訓』
「大東亜戦争の初め、東条首相は真珠湾攻撃を知らなかった。
これは東条のみでなく、陸軍全体が知らなかった。
誰もが驚くような話である。
何故かと言えば、日本軍の共同体の構造がそのようになっていたからだ。」  
 
○佐藤晃 『太平洋に消えた勝機』
「だがこの時すでに、真珠湾作戦部隊はヒトカップ湾をハワイに向けて 出航している。
政府はこのことを知らされていない。 略
国家存亡の戦争を行う国の最高指導者が知らぬまに、
そして 共同作戦をとる陸軍が知らぬ間に、このような重大作戦が決行される事など、
最高指導者の下に統合幕僚組織のある普通の国では考えられないことである。」

○西村眞吾 『眞悟の時事通信 No.693 統帥と戦略、戦術、戦闘』
「十一月十五日に、大本営政府連絡会議で「腹案」を決定したばかりの
東条首相と参謀本部は、連合艦隊の出撃後の何日かに、その事実を知らされた。
矢は既に放たれているではないか!と、腰を抜かしたはずだ。」
「つまり連合艦隊司令長官は、この時既にハワイ真珠湾攻撃を決意していたのだ。
このことは海軍軍令部総長も知らない。
もちろん、首相である近衛も十月に首相になった東条も知らない。」


346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 22:16:28.28 ID:Pp+QX0vd0
>>341
>山本五十六批判なんて戦時中から存在してるよ。


それはミッドウエーを失敗した山本はバカだという批判だが
不法な真珠湾奇襲を強行したことへの批判、
そして、南京無差別爆撃の責任
今後はこういった重大な戦犯としての批判が主になる

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 22:17:49.93 ID:Pp+QX0vd0
>>343
>外交権は天皇大権のひとつで米国と戦争すると”天皇が”決断したら

バカなのかおまえは?
海軍が決断しなければ、天皇が先に決断する事は無い。


348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 22:21:19.44 ID:ZEx+GC2N0
>>345
根拠となる一次資料の提示がまるでなく、ただその人がそう言ってるだけだが、
そんなものなんの説得力もありませんが。それこそ小説での話でしか無いものですけど。


349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 22:21:55.64 ID:Pp+QX0vd0
東条は知らなかった。アホの山本五十六の暴走だと
これだけ多数の人間が堂々と言ったのだから
もはや過去の常識は崩壊し、新しい結論が出るのは時間の問題だな。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 22:23:54.83 ID:Pp+QX0vd0
>>348
少なくとも、おまえの言う事よりは百倍説得力があるw

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 22:24:00.30 ID:dRbC4JLh0
>>349
>これだけ多数の人間が堂々と言ったのだから
狂った右翼連中だけじゃん。まともな歴史研究者はゼロ。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 22:27:08.27 ID:Pp+QX0vd0
>>351
今後は山本五十六を擁護するバカは
エセ保守、左翼、在日
いずれかのバカだと認定されるわw

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 22:28:20.61 ID:kQoQnaJAP
>>347
>海軍が決断しなければ、天皇が先に決断する事は無い
なんですぐにばれる根拠のない嘘をつくんです?
天皇が決断するも何も、外交権を輔弼する外務大臣=内閣に一任している以上
海軍は開戦の決断をしてませんよw

>これだけ多数の人間が堂々と言ったのだから
そんなんでよければ
つまり根拠ひとつなく多くの人がいってるだけでいいなら
ノストラダムスの予言で今頃世界は滅びているはずですがw

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 22:35:17.84 ID:Pp+QX0vd0
>>353
>ノストラダムスの予言で今頃世界は滅びているはずですがw

わけわからん話は老人ホームでやってくれ

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 22:36:37.49 ID:fOfoUdwg0
ん?何でこのスレがこんなに伸びてるんだ?
二、三人で激論繰り広げてるのか?

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 22:41:57.59 ID:Pp+QX0vd0
山本五十六のアホは、もし真珠湾奇襲が失敗すれば
日本は滅びると説いていたらしい。
完全なカルトじゃないか。
こんなバカ教祖に海軍全部が妄信したとは。


357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 22:45:48.15 ID:kQoQnaJAP
>>354
ははは、お前のいってることが老人ホームでやるべき
わけわからん話ですがね。
まあ精神病院のほうがお似合いですが。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 22:53:04.81 ID:Pp+QX0vd0
>>357
おまえみたいなバカが五十六をいくら擁護しても
五十六の世間の評価が再び上がることは、まず無い。
おまえみたいな古典左翼の言う事なんか、
いまどき家畜からも相手にされんだろ?w


359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 22:53:58.04 ID:ZEx+GC2N0
>>356
>山本五十六のアホは、もし真珠湾奇襲が失敗すれば
>日本は滅びると説いていたらしい。

そのらしいという発言主のソースは?

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 22:56:12.26 ID:Pp+QX0vd0
>>359
http://www.youtube.com/watch?v=XlKFiE4b4iE

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 22:59:16.90 ID:dRbC4JLh0
不出来で定評のある、お前の嫌いな半藤一利原作の映画のセリフがソースかよw

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 22:59:50.27 ID:ZEx+GC2N0
>>360
何だ映画の話か。話にならんね。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 23:02:45.33 ID:Pp+QX0vd0
>>362
これは映画のセリフだが
実際に五十六はそれ以上の対米脅威論を流布し
だから真珠湾奇襲が必要だと、トンチンカンなことを言っている。
自分で調べてくれw



364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 23:02:46.92 ID:kQoQnaJAP
>>358
へえ、それで根拠一つ出せない連中がいっぱいいるのでと
そいつらのさえずりを鵜呑みにして東條を擁護できると思って居るんですかw
それはますます評価が下がっていく原因ですなあ。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 23:04:12.27 ID:ZEx+GC2N0
>>363
つまりあんたは出せないわけだな。w

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 23:05:57.33 ID:Pp+QX0vd0
>>364
あいにくだが東条の評価はどうみても上がっているし
山本五十六の評価は、どう見てもどんどん下がっている。
無能なおまえらの主張や物言いが、それを後押ししてるんだろ。



367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 23:14:53.09 ID:dRbC4JLh0
ID:Pp+QX0vd0は東條由布子さんですか?

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/15(日) 23:20:06.44 ID:kQoQnaJAP
>>366
うんうん、どんどん資料一つ出せない妄想ばかりが増えていくんだよなw
それで評価が上がったと喜ぶバカを味方につけてなにをしたいのやら・

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 01:26:29.00 ID:JxOyDXSa0
東条首相と陸軍が真珠湾作戦を知っていた根拠出典

○「海軍は 略 8月下旬にはハワイ空襲をも陸軍に通告するに至り」

出典: 戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂 P383

○9月11〜20日に海軍大学校において行われた海大図演に
参謀本部からも作戦関係部員が臨席した。
9月16日にはハワイ空襲作戦に関する特別図演が行われた。

出典: 戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂 P481 

○参謀本部第一作戦部の「田中第一部長は9月22日の海軍研究会に臨み、
その状況を概要次のように記している。略 
6. ハワイ空襲をX日とすれば、マレーの航空第一撃はX日ないしX−1日とする。
但し上陸はX−1日夜に謀略を併用して行う。」

出典:戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂 P481

○海軍軍令部が10月20日ハワイ攻撃を決定したのを受け、
陸軍側は南方作戦計画の時刻規制等を検討した。
「参謀本部は10月23日、次ぎのような研究案を得た。 略 
ハワイ空襲は日本時間のX日零時、すなわちハワイの黎明であるが
シンガポールにおいてはX−1日22時の真夜中前である。 略 
かくて大本営陸軍部としてはハワイ空襲トマレー作戦の時刻の規制に関しては
陸海軍中央協定所定でなんら差し支えないものと考えた。」

出典:戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂 P541〜543

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 01:31:14.29 ID:JxOyDXSa0

陸軍は真珠湾攻撃を予め知っていました。

これまでに判明した状況は陸軍がハワイ作戦の計画を知ったのは8月22日である。
以降、9月〜10月中には参謀本部作戦課の部員が海軍側へ出向き図演や研究会に出席し
計画への理解を深め、10月23日ごろまでには陸軍側作戦立案への反映を行っている。
10月末までには作戦は完成して11月3日、杉山、永野両総長が上奏しハワイ作戦も説明を行った。
この時に参謀総長は必ずそれを目にし耳で聞いたのである。
陸軍の参謀総長は当然それまでに部下からも連絡は受けていたろう。
そして陸軍大臣を兼務していた東条首相は参謀総長から確実に11月3日か4日には知らされたはずだ。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 04:45:19.35 ID:JxOyDXSa0

東条さんも陸軍もハワイ攻撃を予め知っていました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1083666220

「開戦にあたり、日本海軍真珠湾を攻撃する企図を以って研究中であることを、陸軍側が知ったのは昭和十六年八月であった。
これは軍令部作戦課から参謀本部作戦課に極秘裡に通報せられたもので、開戦当時における海軍の劣勢を補うためには最良
の方法なること及び絶対に秘密を保持せられたき旨が伝えられた。陸軍統帥部は海軍側の苦心の存するところを十分諒解し、
何等の意見を述べなかった。陸軍側でこの作戦を知っていた者は、参謀総長及び次長以下作戦関係の主要幕僚の極めて少数
と、陸軍省首脳のみであった。」(『大東亜戦争全史』P.183)

これからすれば、海軍からの、秘密の非公式連絡を受けて、参謀本部作戦課と、陸軍省の首脳は、昭和16年8月中には知った
、ということが、分ります。となれば、16年8月ごろの陸軍大臣(陸軍省首脳)は、東條英機でしたから、非公式に、ではあっても
、彼が知ったのは、この段階ということになります。

「大 東 亜 戦 争 全 史 」
(元参謀本部作戦課長)服部 卓四郎 著


372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 09:13:34.00 ID:5zY7LdyWP
>>371
内容についてはどうこういうつもりはないが
>これからすれば
以降は君の意見ではないかな?
とすると書名はその前に入れないと引用がおかしいことになる。
そういう意図はないと思うけど改ざんになってしまうのでご注意を。

ちなみに秘密の非公式連絡ではなく普通の連絡で極秘にしてくれというものだと思うけどね。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 11:07:17.81 ID:AmS15z420

■若狭和朋 『日本人が知ってはならない歴史』
「東條英機の暗夜の慟哭
ハルノートに接した日本は、昭和十六年十二月一日、開戦日を決定する御前会議を設けた。
開会の直前に、東條首相は杉山元参謀総長から耳打ちされた。  
『どうも海軍はハワイをやるらしい』
『なに、ハワイ。話が違うではないか』と東條英機首相は激怒している。
開戦前夜、東條英機首相は暗夜の公邸で慟哭している。
翌朝、日本帝国首相は真珠湾攻撃の成功をラジオのニュースで知るのである。
(早朝の電話報告で攻撃成功を知った、という説もある)。」

■小室直樹 『硫黄島 栗林忠道大将の教訓』
「大東亜戦争の初め、東条首相は真珠湾攻撃を知らなかった。
これは東条のみでなく、陸軍全体が知らなかった。 誰もが驚くような話である。
何故かと言えば、日本軍の共同体の構造がそのようになっていたからだ。」  
 
■佐藤晃 『太平洋に消えた勝機』
「だがこの時すでに、真珠湾作戦部隊はヒトカップ湾をハワイに向けて 出航している。
政府はこのことを知らされていない。 略
国家存亡の戦争を行う国の最高指導者が知らぬまに、
そして 共同作戦をとる陸軍が知らぬ間に、このような重大作戦が決行される事など、
最高指導者の下に統合幕僚組織のある普通の国では考えられないことである。」

■西村眞吾 『眞悟の時事通信 No.693 統帥と戦略、戦術、戦闘』
「つまり連合艦隊司令長官は、この時既にハワイ真珠湾攻撃を決意していたのだ。
このことは海軍軍令部総長も知らない。
もちろん、首相である近衛も十月に首相になった東条も知らない。」  略
腹案は、よくできている。そして、現実には、第一段階(南方作戦)は一挙に達成され、第二段階(西亜作戦)の途中まで達成された。
しかし、この「戦争終末促進に関する腹案」の基本方針に反することを、最初から実施し、しかも順調に進んでいた第二段階を自ら放棄して、
結局、腹案全体の戦略と戦術、我が国家の基本戦略を崩壊せしめた人物がいた。
我が国から統合幕僚本部を喪失させた山本権兵衛に続く、海軍のもう一人の山本。山本五十六連合艦隊司令長官である。


374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 11:09:38.20 ID:5zY7LdyWP
これどう考えても逆効果だよなあw
知っていると”本人が”言ってる資料が出てるのに
知らないといっている奴は複数居るが資料を出した奴は一人もいないって実証なんだから。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 11:12:26.41 ID:5zY7LdyWP
ttp://w2.p2.2ch.net/p2/?PS=bqqhvlhk0cahc83bh12ijqttf2
ほれ、この本の128-129Pにしっかり書いてあるわ。
データだと71番な。

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 11:16:28.44 ID:AmS15z420
8月に参謀本部の人間がハワイ攻撃のプランを海軍から説明されたといっても
それはまだ具体的な作戦ではなく漠然としたプランで、実際に緒戦で強行された真珠湾奇襲そのもの
の作戦ではないだろ。重要な部分を海軍が陸軍にもらすわけが無い。


377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 11:18:42.84 ID:5zY7LdyWP
>>376
お前はなんでソースとして出されたものさえ読みもせずに
そういう寝言をいうんだ?
それとも読んだ上でやっぱり寝言をいってるのか?

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 11:22:07.20 ID:AmS15z420
>>374
仮に12月1日に知らされたとしても、既に矢は射られた後。
連絡会議で聞いてないし、腹案の内容とも全然違う。
これだと、知らなかったとするのが当然。


379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 11:25:52.76 ID:5zY7LdyWP
>>378
お前はなんでソースとして出されたものさえ読みもせずに
そういう寝言をいうんだ?
それとも読んだ上でやっぱり寝言をいってるのか?

指摘された直後も同じ事繰り返してなにがしたいんだほんとに・・・
3歳児がだだこねているのとどこが違うんだよ。
ソースの確認すらやりたがらないって本当に歴史の事実なんかまるで興味がないんだな。
正当なる保守の正しい歴史()wってこういう代物だって証明して楽しい?

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 11:26:27.40 ID:AmS15z420
さすがに公的な戦史で、首相は作戦行動が開始された後に知らされました。
などと事実は書けないだろw
だからウヤムヤな書き方がされている。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 11:28:42.83 ID:AmS15z420
■西村眞吾 『眞悟の時事通信 No.693 統帥と戦略、戦術、戦闘』

しかし、この「戦争終末促進に関する腹案」の基本方針に反することを、最初から実施し、しかも順調に進んでいた第二段階を自ら放棄して、
結局、腹案全体の戦略と戦術、我が国家の基本戦略を崩壊せしめた人物がいた。
我が国から統合幕僚本部を喪失させた山本権兵衛に続く、海軍のもう一人の山本。山本五十六連合艦隊司令長官である。

まったくもって、そのとおり。よく言った。
これでこそ真の保守派。




382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 11:35:20.28 ID:5zY7LdyWP
>>380-381
うんうん、つまり君や西村の根拠のない妄想だってことだね。
なにせ公的な戦史どころかなにひとつ現実の資料がでてこないんだから。

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 11:40:12.40 ID:5zY7LdyWP
>つまり連合艦隊司令長官は、この時既にハワイ真珠湾攻撃を決意していたのだ。
> このことは海軍軍令部総長も知らない。
寝言だなあ。9月には軍令部で真珠湾攻撃の兵棋演習が行われており、
軍令部総長の許可も貰っているのに。


384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 11:43:31.28 ID:AmS15z420
山本五十六は軍令部に相談も無く独断で真珠湾奇襲の準備をし
8月に、もう準備万端でいまさらやらないことは出来ませんと
いきなり軍令部総長を恫喝したんだろ。
こんな独裁者を左翼が賛美するとはw

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 11:46:52.08 ID:5zY7LdyWP
>>384
訓練開始したのは9月からですけど何か?
ねえ、そういう口から出任せで他人を非難して
君の評価が下がる以外の効果がなにかあると思ってるの?
西村のHPが事実と異なるでたらめないいがかりが書いてある代物だと理解できたら
彼の結論に対する評価がどうなるか理解できない?

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 11:50:35.93 ID:AmS15z420
一応、交渉が成立したら、奇襲部隊は引き返す予定だった
などとありえない言い訳がされてきた。

しかし野村大使なんか、海軍軍人でちょっと前まで嶋田海相の上官の
第三艦隊司令長官だった人物じゃないか。こいつが連合艦隊と裏で通じていないわけがない。


387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 11:53:23.55 ID:5zY7LdyWP
>>386
そういうことを主張する時にはソースを持ってきましょうね。
何度も指摘してきましたが山本の責任を問うためには
根拠のない憶測でしかできないというなら
君のやってることは山本の評価は下がりようがありません。
むしろ高まるだろうねw
言いがかり以外なにも文句のつけようがないことを実証するんだから。

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 11:53:42.57 ID:Yoqh0VsL0
>>386
だから、つながってるわけがないことを証明する書簡なり、周囲の人物による証言などの
根拠資料を出さないとただの寝言扱いの妄言だよ。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 11:54:11.22 ID:AmS15z420
>>385
西村の主張はまさに正論で、これに異を唱える人間がいるとしたら
朝鮮人か出来損ない日本人だけだろ。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 11:57:39.87 ID:AmS15z420
野村大使が海軍軍人でちょっと前まで嶋田海相の上官の
第三艦隊司令長官だった人物である。
という事実は、殆ど知られていない、というか伏せられてきた。
これを最初に知ったとき、驚いたわw

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 12:01:05.98 ID:5zY7LdyWP
>>388
つながって”ない”ことをどうやって証明するんだ。
どうしてもっていうなら米大使館と海軍とのやりとりなりをだせないお前さんについてだけは証明できるがなw
そもそも野村を外交の世界に引きずり込んだのは陸軍の阿部総理なんだがw

>>389
事実認識すらまともにできないものを鵜呑みにするのが
ちゃんとした日本人とおっしゃる貴方は
どれだけ日本人をバカにしたら気が済むんですか?

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 12:02:20.20 ID:Yoqh0VsL0
>>391
ごめ、繋がってることのタイプミスだ。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 12:03:09.71 ID:Yoqh0VsL0
>>389
だから、正論だと証明する一次資料を出せよ。
出せない以上ただの妄言だぞ。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 12:04:45.62 ID:5zY7LdyWP
>という事実は、殆ど知られていない、というか伏せられてきた。
お前が無知なだけだな。
野村が海外経験が豊富な武官であり
外務省が松岡の粛正人事で中堅以上が壊滅状態だったから
外から大使をもってこなければならない状態だったのは
別に伏せられているような話じゃない。

つかほとんど本も読めないお前の無知を棚に上げて
知られてないとか伏せられているとか烏滸がましいにも程があるわ

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 12:06:04.40 ID:5zY7LdyWP
>>392
こちらこそ失礼、
繋がっていると根拠もなしに言ってる奴がなにをいってるんだと腹立ったので
言葉遣いがひどいことになってることを謝罪する。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 12:42:55.25 ID:AmS15z420
アメリカに対する最後通牒は事前に通告すると政府で決定したが
裏で海軍は東郷外相に遅らせるよう圧力をかけていた事実が
東京裁判で明らかになっている。
しかし東郷は拒否したそうだ。
ところが現実に、通告は遅延した。

これはどう考えても、海軍側が野村大使へ直接、それを依頼した疑いがある。
野村大使は嶋田海相の元上官である
(第一次上海事変で海軍が派遣した第三艦隊
司令長官=野村 参謀長=嶋田)


397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 12:47:23.70 ID:AmS15z420
通告を遅延させるよう
山本五十六が嶋田海相に依頼し、嶋田は野村大使に依頼した。
こう推測するが、今のところ証拠は無い。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 12:47:28.71 ID:5k4/GsNn0
海軍は国益の為ではなく、省益の為に対米戦争した事は事実。
ソースは無い。
しかし、NHKの「日本海軍 400時間の証言」の生き証人の証言から明らかな事実。

従って、真珠湾攻撃が国策として意味があるものかどうかは、東條は知る由も無い。

海軍は省益拡大の為、陸軍に極秘に対米戦争を計画していた。理由は陸軍に予算で差をつけられ、山本以下、海軍上層部は焦っていた。

第一級のソースは無い。NHKの「日本海軍 400時間の証言」で生き証人が総括している。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 12:52:25.42 ID:Yoqh0VsL0
>>397
>通告を遅延させるよう
>山本五十六が嶋田海相に依頼し、嶋田は野村大使に依頼した。

山本五十六が、通告が遅れないように何度も念押ししてたのは有名な話だが。
真珠湾攻撃成功の報が長門にと届いた時も最後通牒は間に合っただろうな?と
参謀に問いかけてる記録が残ってるけど。



400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 12:55:22.74 ID:AmS15z420
嶋田と永野が通告を遅らせるよう、東郷に裏で働きかけていた事実は
裁判で明らかになっている。(嶋田は認めてないが)

しかし永野と嶋田が自分たちの意思で、そのような働きかけをしたとは
考えられない。
誰かから強く要求されたため、仕方無しに働きかけをやったと考えるのが妥当。


401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 12:57:19.80 ID:Yoqh0VsL0
>>400
>しかし永野と嶋田が自分たちの意思で、そのような働きかけをしたとは
>考えられない。

だから、それを証明する資料を出せよ。山本五十六が軍令部とかまわって、最後通牒を遅らせるなと説得して回ったのは有名な話だぜ。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 12:57:27.59 ID:AmS15z420
>>399
>山本五十六が、通告が遅れないように何度も念押ししてたのは有名な話だが。

それは小説の話しだろ

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 13:01:31.11 ID:tQ4FkSg90
慰安婦決議 在米日本人が廃止請願の署名運動
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1339514850/553n-561

黙っていると、日本人が韓国人を連行して性奴隷にした=真実
になってしまい、嘘を基に祖父祖母、両親、自分、子供、孫と、
延々と謝罪と賠償をつづけることになります。
必要なのはメールアドレスだけです。署名をお願いします。


404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 13:02:54.46 ID:AmS15z420
裁判で東郷は嶋田に、あんたから通告を遅らせるように頼まれたと証言したが、
嶋田は、「イカが墨を吐いて逃げるのか!?」と、わけわからん反論wをしている。


405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 13:16:49.33 ID:5zY7LdyWP
>>402
お前がいってるの小説と同じ根拠の無い話なんですがw
考えられないとか単なる思いこみですし。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 13:25:34.11 ID:6s6kDF2/0
>>384
根拠を出しなさい。

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 13:34:02.10 ID:AmS15z420
>>405
山本五十六が事前通告を主張していた、という話しは、
小説や映画の都市伝説だと認めるわけだな?

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 13:41:59.11 ID:Yoqh0VsL0
>>407
山本五十六が事前通告無しで攻撃したrと主張してるあんたの言ってることが、小説か妄想と言ってるんだが。

いいかげん、山本五十六がそう主張した資料か出してくださいよ。だせないなら、捏造確定ね。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 13:42:54.90 ID:6s6kDF2/0

みなさまにお願いがあります!
下記の作家たちはこの誤ったデタラメの主張の根拠をどこから得たのだろうか?
ご存知の方あればお教えください。

○小室直樹 『硫黄島 栗林忠道大将の教訓』
「大東亜戦争の初め、東条首相は真珠湾攻撃を知らなかった。
これは東条のみでなく、陸軍全体が知らなかった。
誰もが驚くような話である。
何故かと言えば、日本軍の共同体の構造がそのようになっていたからだ。」  
 
○佐藤晃 『太平洋に消えた勝機』
「だがこの時すでに、真珠湾作戦部隊はヒトカップ湾をハワイに向けて 出航している。
政府はこのことを知らされていない。 略
国家存亡の戦争を行う国の最高指導者が知らぬまに、
そして 共同作戦をとる陸軍が知らぬ間に、このような重大作戦が決行される事など、
最高指導者の下に統合幕僚組織のある普通の国では考えられないことである。」

○西村眞吾 『眞悟の時事通信 No.693 統帥と戦略、戦術、戦闘』
「十一月十五日に、大本営政府連絡会議で「腹案」を決定したばかりの
東条首相と参謀本部は、連合艦隊の出撃後の何日かに、その事実を知らされた。
矢は既に放たれているではないか!と、腰を抜かしたはずだ。」
「つまり連合艦隊司令長官は、この時既にハワイ真珠湾攻撃を決意していたのだ。
このことは海軍軍令部総長も知らない。
もちろん、首相である近衛も十月に首相になった東条も知らない。」

○若狭和朋 『日本人が知ってはならない歴史』
「東條英機の暗夜の慟哭
ハルノートに接した日本は、昭和十六年十二月一日、開戦日を決定する御前会議を設けた。
開会の直前に、東條首相は杉山元参謀総長から耳打ちされた。  
『どうも海軍はハワイをやるらしい』
『なに、ハワイ。話が違うではないか』と東條英機首相は激怒している。
開戦前夜、東條英機首相は暗夜の公邸で慟哭している。
翌朝、日本帝国首相は真珠湾攻撃の成功をラジオのニュースで知るのである。
(早朝の電話報告で攻撃成功を知った、という説もある)。」


410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 13:46:42.22 ID:AmS15z420
>>408
こっちは推測だと言ってるじゃないか。
一方、そっちの山本五十六が事前通告にこだわったという話は
映画ではみんな、そのようになってるが、
都市伝説ではないのか?

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 13:54:00.37 ID:AmS15z420
海軍側が無通告攻撃をやろうとしていたのは事実で
ようは、だれがそれを主導したかだが
軍令部や海軍省が、自分から進んでそんな主張をするわけない。
どう考えても連合艦隊発。
こう推察するのが普通だろ。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 13:59:23.30 ID:AmS15z420
海軍省や軍令部の強硬派が
事前通告など必要ない!と喚くが
神聖なる山本五十六が登場し、それをいさめる。
これが過去の戦争映画の常識で、みんなそれを鵜呑みにしてきたが
映画の話じゃないかw

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 14:05:11.80 ID:Yoqh0VsL0
>>412
だからそれを否定する資料を出してくださいよ。
あんたが出してるのは根拠のないいいがかりでしかありませんが。



414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 14:07:35.55 ID:Yoqh0VsL0
>>411
根拠資料を出さないとただの妄想ですね。
それに外務大臣の東郷へ野村から最終通告を行わないとまずいと具申の電文が届いてますし
山本五十六も最終通告を行うべしと軍令部説得に走ったのは東郷が証言してますが。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 14:09:12.14 ID:AmS15z420
>>414
>山本五十六も最終通告を行うべしと軍令部説得に走ったのは東郷が証言してますが。

ソースはあるのか?

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 14:19:05.57 ID:Yoqh0VsL0
>>415
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E9%83%B7%E8%8C%82%E5%BE%B3#.E7.9C.9F.E7.8F.A0.E6.B9.BE.E6.94.BB.E6.92.83.E3.81.B8

このため東郷は、永野修身軍令部総長、伊藤整一軍令部次長ら、交渉を戦闘開始まで打ち切らない方針だった海軍側との交渉を開始。
山本五十六連合艦隊司令長官も上京し、「無通告攻撃には絶対に反対」と表明したことなどから海軍側も事前通告に同意し、ワシントン時間7日午後1時(日本時間8日午前3時)に通告、
ワシントン時間7日午後1時20分攻撃、とする事が決定した。

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 14:22:24.15 ID:AmS15z420
>>416
出典が無いだろがボケw

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 16:36:50.48 ID:5zY7LdyWP
>>417
それは406の自己紹介か?
つかこんな有名な話のソースを求められると思ってなかったんでびっくりして居るんだが
ただ単に不勉強なだけなのか?
ttp://www.nids.go.jp/publication/senshi/pdf/200103/12.pdf
このうちの1である嶋田との間の書簡と
6の五峯録によって各所に要請を出していたことが分かるよ。
小説とかいってるが、実在の人物について書かれたものがすべて作り物とは限らないわけでしてねw
つか、こんなの人間・山本五十六 元帥の生涯という基礎本読めば一発でわかることじゃない。

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 16:37:53.90 ID:5zY7LdyWP
おっと失礼、これは宣戦布告が間に合うようにと要請したソースね。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 18:18:10.26 ID:oaWd10sl0
東條閣下は帝國の罪を一身に背負い、
帝國と心中した忠臣且つ不世出の英雄である。

着色、美化されし山本五十六とは、其の立場も功績も雲泥の差がある。

無論、閣下の背負いし罪は、全て謂れ無き罪に他ならない。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 18:49:27.79 ID:cMvQoW3h0
>>420
大日本帝國の罪など何もない。
東京裁判は、勝者による復讐裁判。
お前は保守を装った、東京裁判史観に染まりきった左翼。

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 19:19:03.85 ID:oaWd10sl0
>>421
何を勘違いして居るのか?
全て謂れ無き罪と明記して居るのが目に入らぬのか?
帝國に罪などは存在しない。
東條閣下に罪あるとすれば、其れは國内に対する敗戦の責任と、
政権を維持できず、本土決戦に持ち込めなかった責任であろう。

我は日本人を今日の様に愚民化せしめた米國が憎い。
其れよりも増して、戦勝連合國の戦後支配とGHQの洗脳から未だ醒めぬ、
盲目化した今日の日本人が腹立たしい。
祖国の勝利と、後に続く者の居る事を固く信じて、敵艦群に突入せる英霊の御霊を軽んずるが如き精神は許せん
現代人が如何に都合良く解釈しようとも、英霊方が真に守らんとした日本は現状の日本に非ず。
今こそ我々は、先人の無念と汚名を晴らすべく米國を討たなければならない。
其の為には、全臣民が報國の精神で以て、己を虚しゅうして悠久の大儀に生かねばならん。

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 19:49:09.92 ID:AmS15z420
>>418
どこにもそんなこと書いてないが?
(宣戦布告を遅延させないように要請してるとか)
どこにそのように書いてあるのと言うのか、その部分の引用を
だれが見てもわかるように、ちゃんと示してくれ。

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 20:52:28.22 ID:cMvQoW3h0
>>422
本土決戦に持ち込んだら、日本は米國とソ聯に分割統治されたのは明白。
日本を分割統治から救つたのは、昭和天皇陛下による御聖断。
GHQに無理強いされた新仮名遣いをしている点で、お前もGHQに洗脳された左翼。
悔しかつたら、正しい仮名遣いをしたまへ。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 20:56:27.22 ID:AmS15z420
ひとつ整理するが、事前とはいつかだが、
開戦は一般に12月8日だか、これは攻撃日で、実際の確定と作戦開始は
12月1日の御前会議だったのだから、もし仮に東条が12月1日に初めて知ったのなら
事前に知らなかったと言って差し支えあるまい。

東郷外相による、アメリカは全く妥協しない、満州からも引けと言っている、と
政府をだます大嘘の報告によって、開戦が確定した。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 21:05:06.70 ID:AmS15z420
最後通牒ではないハルノートを改竄して、最後通牒ですと
東郷は嘘を報告したわけだが、なんでそんな事をするのかといえば、理由は
何が何でも真珠湾奇襲を12月上旬にやらねばならないと妄信した連合艦隊と海軍が
外務省と結託し、政府と天皇をだまして、開戦が確定された。
これ以外に納得できる筋書きは無い。


427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 21:17:14.17 ID:Yoqh0VsL0
>>426
>外務省と結託し、政府と天皇をだまして、開戦が確定された。
>これ以外に納得できる筋書きは無い。

だから、それを裏付ける資料、もしくは関係者の証言を出せよ。


428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 21:18:15.61 ID:5zY7LdyWP
>>423
そのHP上に書いてあるんじゃなくて
そこがコピーした書簡と五峯録がソースだといっているんだが。
なんでもかんでもウェブ化されてないと理解できない池沼か?

>>425-426
陸海軍の武官によってハルノートの概要はそれぞれ報告されてますけど?
東條の耳に入った初報は陸軍の在米武官によるものであると
供述書で明言してますしね。
というか、拘束されないという表紙の文章を抜いただけで
最後通牒だと思うほうがおかしいんですけどねえ。

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 21:20:31.77 ID:5zY7LdyWP
>これ以外に納得できる筋書きは無い。
日本側が甲乙案を最後通牒のつもりで出していただけですね。
ハルノートが全面受諾でない以上、
試案であろうが最後通牒であろうが戦争すると御前会議で決定していますから。
要するにただの無知というだけの話。

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 21:26:47.30 ID:5zY7LdyWP
>>425
頼むからこっちが出したソースくらいまともに見ろよ・・・
そんなに事実と向き合うのが嫌なら歴史なんか語らずに
オカルトでも語ってればいいのに。
東條の供述書の中で11月21日艦隊が敵の攻撃を受けた場合の処置の通達に言及があり
東條が米国の方から攻撃することがありうるとその時の考えを述べている。
つまりこれだけでも11月5日の作戦上奏からすくなくとも2週間の間に
伝えられていることが確定している。


431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 21:38:28.17 ID:AmS15z420
>>430
ハワイ奇襲を事前に知ってたかどうかに関して
供述書の内容は、東条の実際の裁判での証言と
まるきり内容が違う。

仮に知っていたとしても、証言の12月1日か2日で
おまえのように11月に知っていたなんて
主張するバカはいないだろ。


432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 21:41:11.95 ID:AmS15z420
>>430
早く五十六が通達が遅延しないように要請したという
証拠をわかるように出せ。

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 21:45:54.43 ID:AmS15z420
海軍の寄生虫の朝鮮人の外務大臣の東郷と
何が何でも12月上旬に真珠湾を奇襲しなくては
日本は滅びると妄信したバカ連合艦隊が結託し
こいつらが政府と天皇をだまして
日本を無理やり対米全面戦争に引きずり込んだ。
これが史実だな。

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 21:50:13.31 ID:5zY7LdyWP
>>431
裁判での証言は質問の前後があるものの
いつ艦隊が出発したかを聞かれているので
内容が違うのは当たり前だが?

>おまえのように11月に知っていたなんて
>主張するバカはいないだろ。
東條がバカだということですなw

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 21:51:23.50 ID:5zY7LdyWP
>>432
頭がおかしいのか?
ある場所も書名及び書簡の名前まで出したじゃないか。
後はお前が確認するだけだ。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 22:08:05.71 ID:AmS15z420
>>435
おまえが引用文を出せば済む話しだが?
なぜ拒否する?

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 22:10:31.34 ID:AmS15z420
>>434
>いつ艦隊が出発したかを聞かれているので

デタラメぬかすな。
いつ、海軍がハワイを攻撃することを知ったのかを
再三問われ
12月1日か2日だと証言している。

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 22:11:19.78 ID:Yoqh0VsL0
>>436
出しても戦後の捏造だとか言って読まないんだろ。
何回同じ事やってごまかしてんだよ。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 22:12:23.48 ID:Yoqh0VsL0
>>437
どっちにしろ真珠湾攻撃が行われることを開戦前に知ってたことになるじゃないかw


440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 22:12:24.95 ID:6s6kDF2/0
>>1

いろいろ言ってるがその典拠を示しなさい。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 22:14:18.71 ID:AmS15z420
開戦確定・作戦開始が12月1日で
一応、東条が知ったのは、当日か翌日と仮定したならば
それは、事前に知らなかったという表現で正しいであろう。

○若狭和朋 『日本人が知ってはならない歴史』
「東條英機の暗夜の慟哭
ハルノートに接した日本は、昭和十六年十二月一日、開戦日を決定する御前会議を設けた。
開会の直前に、東條首相は杉山元参謀総長から耳打ちされた。  
『どうも海軍はハワイをやるらしい』
『なに、ハワイ。話が違うではないか』と東條英機首相は激怒している。
開戦前夜、東條英機首相は暗夜の公邸で慟哭している。
翌朝、日本帝国首相は真珠湾攻撃の成功をラジオのニュースで知るのである。
(早朝の電話報告で攻撃成功を知った、という説もある)。」

○小室直樹 『硫黄島 栗林忠道大将の教訓』
「大東亜戦争の初め、東条首相は真珠湾攻撃を知らなかった。
これは東条のみでなく、陸軍全体が知らなかった。
誰もが驚くような話である。
何故かと言えば、日本軍の共同体の構造がそのようになっていたからだ。」  
 
○佐藤晃 『太平洋に消えた勝機』
「だがこの時すでに、真珠湾作戦部隊はヒトカップ湾をハワイに向けて 出航している。
政府はこのことを知らされていない。 略
国家存亡の戦争を行う国の最高指導者が知らぬまに、
そして 共同作戦をとる陸軍が知らぬ間に、このような重大作戦が決行される事など、
最高指導者の下に統合幕僚組織のある普通の国では考えられないことである。」

○西村眞吾 『眞悟の時事通信 No.693 統帥と戦略、戦術、戦闘』
「十一月十五日に、大本営政府連絡会議で「腹案」を決定したばかりの
東条首相と参謀本部は、連合艦隊の出撃後の何日かに、その事実を知らされた。
矢は既に放たれているではないか!と、腰を抜かしたはずだ。」
「つまり連合艦隊司令長官は、この時既にハワイ真珠湾攻撃を決意していたのだ。
このことは海軍軍令部総長も知らない。
もちろん、首相である近衛も十月に首相になった東条も知らない。」

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 22:20:58.46 ID:AmS15z420
山本五十六が通告が遅延しないよう
再三要請していたという話しは
捏造だったで確定なw

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 22:31:51.99 ID:Yoqh0VsL0
>>441
11月五日の段階で天皇に上奏裁可されてるんだからそんな言い訳聞かないよ。

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 22:39:28.06 ID:oaWd10sl0
>>424
は?
本土決戦に持ち込み、敵に多大な出血を強い、
保障占領を回避すれば、今日の様な信義も正義も無い國には成って居らん。
抗戦力及ばず敵わずば、一億総玉砕を以て日本の魂を守護するまでである。
米國と聯に分割統治などという恥辱は有り得ない。
何故なら、皇軍に降伏の二字は有り得ないからである。

貴様は右翼のフリをした左翼であるな、真の右翼に親米など有り得ない。
國を売り、生き恥を晒す思考は、凡そ武人の思考に非ず。
米國もソ聯も許すべからざる敵である。

敗れるなら潔く全臣民が玉砕すべきだったのである
負け犬根性を引きずった貴様もまた奴隷民の思考に過ぎない。

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 22:39:53.98 ID:AmS15z420
>>443
海軍が独断で勝手に企画したハワイ奇襲は
形式上、天皇の裁可は得たが
政府と陸軍は、海軍の単独独断のその作戦に、
全く関知していないし、責任も負っていない。

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 22:59:50.85 ID:Ebs3rryA0
>>424は本土決戦を批判する臆病者の根性なしなんだなw
コイツはポツダム宣言受諾を喜んでるアメリカの回し者か
アメリカに屈っするぐらいなら玉砕したほうがいいだろ

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 23:01:51.42 ID:5zY7LdyWP
>>436
お前、掲示板に書かれたものが事実だとどうやって確かめるつもりなの?
むしろソースを求めているのに引用文を書けば済む話とかいってるのが信じられないんだが、
自分の目で確かめてくれっていうのがそんなに困ることなのかい?

というか逆に聞きたいんだが
その程度の確認もせずに嘘だ嘘だと言い続けてきたのか?

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 23:05:11.87 ID:5zY7LdyWP
>>445
はい、そういう嘘は止めましょうね〜
真珠湾含めた海軍の作戦は大本営で協議された結果を軍令部で検討し
さらに大本営に差し戻して結論を得たものです。
当たり前なんですが真珠湾が南方の支作戦である以上、
というより太平洋戦争が陸軍との共同作戦である以上
陸軍との協議が必要となってくるので全く関知しないなどということはあり得ないんですよ
んで、陸軍大臣は誰でしたっけ?
真珠湾の結果次第で輸送船の手配など軍政の関与する部分が巨大なものになるのに
目の前で行われている会議の結果すら見ないふりしましたとでもいうつもりかねw

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 23:12:57.64 ID:AmS15z420
>>448
だまれ朝鮮人。
日本の陸海軍は、まったくの別組織で
南方作戦など陸海共同作戦を除き、個別の単独作戦で両者で協議などない。
真珠湾奇襲は海軍単独の作戦で、政府と陸軍は
全く関知していないし、責任も負っていない。

こんなことは正常な日本人の常識だが
おまえみたいなアホや朝鮮人は、日本の常識を知らないらしいw

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 23:16:06.54 ID:AmS15z420
真珠湾奇襲は、山本五十六のアホが強行した
不法な作戦で、全責任はこのバカと海軍にある。

政府と陸軍に、この愚行の責任は、全く無い。


451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 23:16:48.03 ID:5zY7LdyWP
>>449
だから真珠湾は個別の単独作戦じゃないんですけどw
あと大本営というものが実在したこともご存じないらしいですね。
こんなことは正常な日本人の常識だが
おまえみたいなアホや朝鮮人は、日本の常識を知らないらしいw

大本営条例
第三条 参謀総長及海軍軍令部長ハ各其ノ幕僚ノ長トシテ帷幄ノ機務ニ奉仕シ作戦ヲ参画シ終局ノ目的ニ稽ヘ陸海両軍ノ策応協同ヲ図ルヲ任トス

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 23:19:59.20 ID:Yoqh0VsL0
>>450
282 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/07/15(日) 01:03:50.34 ID:NX/Wv3Hs0 [4/15]
東条英機首相と陸軍はハワイ攻撃を知っていたことを示す根拠出典@

○昭和16年8月に海軍より開戦劈頭に戦力差を埋めるための真珠湾攻撃を研究中と内密に伝達されている。
「海軍が開戦劈頭真珠湾奇襲を研究中であることを、陸軍側が知ったのは昭和十六年八月であった。開戦当時における海軍の

劣勢を補うためには最良の方法であること及び絶対に秘密を保持されたいと伝えられた。 陸軍側は海軍の苦心のあるところを

十分諒解し、何等意見を述べなかった。そして陸軍側でこの作戦を知っていたのはものは、参謀総長及び次長以下作戦関係主

要幕僚の極めて少数と、陸軍省首脳のみであった。」                                             

                          
出典: 明治百年史叢書杉山メモ 下巻 資料解説 P6

○海軍は昭和16年「8月22日参謀本部作戦課に対し次のような要旨の検討案を連絡した。略 軍令部が何ゆえ反対していたハ

ワイ作戦について陸軍側に通告したか、おそらく陸軍側がマレー作戦に対し過度に空母や飛行機の協力を胸算するのを封ずる

為であったろう。
出典: 戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) P416 防衛庁防衛研修所戦史室編纂

○11月3日には永野海軍軍令部総長と杉山陸軍参謀総長が昭和天皇に陸海両軍の作戦内容を上奏するため列立して読み上

げた。ハワイ空襲作戦も詳細な説明を行っている。ご下問奏答あり。
出典: 戦史叢書(76)大本営陸軍部 大東亜戦争開戦経緯<5> P336 防衛庁防衛研修所戦史室編纂
○ハワイ奇襲実施についてもこのときに遅くとも正式な作戦として陸軍側に伝わっており、東條自身、参謀本部作戦課に知らさ

れている。

出典: 『海軍大学教育』「第三章 真珠湾作戦と海大」実松譲 光人社
出典: 『明治百年史叢書 杉山メモ -大本営・政府連絡会議等筆記- 上下巻』参謀本部編 原書房

○11月8日から3日間、陸軍大学校において連合艦隊司令長官と南方軍総司令官、南方部隊指揮官である第2艦隊司令長官

と南方軍総司令官との間で作戦協定が行われ10日に調印された。開戦ハワイ奇襲の計画があることやその重要性をひそか

に説明し、ハワイ作戦優先の了解を得た。「東京協定」と称せられた。

出典: 戦史叢書 「海軍航空概史」 P162  防衛庁防衛研修所戦史室編纂
出典: 戦史叢書 「ハワイ作戦」 P229  防衛庁防衛研修所戦史室編纂

○11月30日 東条首相拝謁時 『(前略)海軍ノ一部ニ作戦ニ就キ不安ヲ懐キ居ル者アルヤニ拝謁セラルル御話アリシトノコト(布

哇作戦ノ予想ニテ犠牲ノ多カルヘキ御話ナリシカト思ハル)ニテ、首相ガ拝謁ノ時首相ニ御下問アリシ (首相)少シモ聞及無之

旨奉答』

出典: 昭和天皇発言記録集成 下巻(芙蓉書房出版)p.96

○「昭和16年10月9日ないし10月13日、山口県室積沖在泊中の旗艦「長門」において連合艦隊のハワイ空襲作戦を含む最

終図演が行われた。これには参謀本部作戦課の久門有文中佐および竹田宮恒徳王少佐が加わった。」
「昭和16年10月19日、永野軍令部総長はハワイ作戦実施に同意の決裁を下した。参謀本部首脳及び作戦当局はその計画

を 知らされていたので、意見があれば表明し得る筋合いであるが、もとより、そのようなことはなかった。」

出典: 戦史叢書 大本営陸軍部大東亜戦争開戦経緯(5) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂
出典: 戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 23:20:33.95 ID:5zY7LdyWP
ああ、つまり陸軍は別組織だといって
陸海両軍の策応協同を放棄したバカ組織だといって非難して居るんですねw
組織の根本から腐っていたアホな組織が
撤退できないから戦争しろと日本を戦争に引きずり込んでおいて
対米戦争は海軍の責任と全部なすりつける醜い有様をここまではっきりとさせるとは
土足君、ただものじゃありませんねw

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 23:21:10.44 ID:AmS15z420
>>451
まあ、おまえがいくら詭弁を駆使しようが
おまえみたいなバカにだまされる国民は
ごく少数だろ?w
せいぜい、少数のバカ相手に説いてくれw
もはやバカが嘘をいくら宣伝しても
そんなものに国民はなびかない。

おまえみたいなふざけたバカが五十六を擁護するから
五十六は史上最悪のバカという評価になっちまったなwww


455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 23:30:34.38 ID:AmS15z420
■西村眞吾 『眞悟の時事通信 No.693 統帥と戦略、戦術、戦闘』
「つまり連合艦隊司令長官は、この時既にハワイ真珠湾攻撃を決意していたのだ。
このことは海軍軍令部総長も知らない。
もちろん、首相である近衛も十月に首相になった東条も知らない。」  略
腹案は、よくできている。そして、現実には、第一段階(南方作戦)は一挙に達成され、第二段階(西亜作戦)の途中まで達成された。
しかし、この「戦争終末促進に関する腹案」の基本方針に反することを、最初から実施し、しかも順調に進んでいた第二段階を自ら放棄して、
結局、腹案全体の戦略と戦術、我が国家の基本戦略を崩壊せしめた人物がいた。
我が国から統合幕僚本部を喪失させた山本権兵衛に続く、海軍のもう一人の山本。山本五十六連合艦隊司令長官である。


著名な人物から、ついにこういった正論が堂々と言われるようになった。
もうこの流れは止められまい。


456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/16(月) 23:43:53.70 ID:AmS15z420
考えてみれば真の統合幕僚組織を創設すべきだという
当たり前の提案に対し
省益と私利私欲自己満足しか頭に無い海軍の米内・山本馬鹿コンビが
常に抵抗勢力となり、それだけが目的で奮闘し
こいつらはそれなりの実績は出して海軍を勢いつかせることに成功したが
それが結果的に、自滅と破綻を招いた。
そんな感じだな。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 00:03:50.93 ID:gj8H7fYeP
>>454
んで、誰一人資料に基づいて話さない正当な保守()wのかたる真実の歴史に騙される人は増えたかい?
そもそも詭弁も何も君がきちんと資料を出してそれを元に話せば通用しない話であって
まともに資料を確認しようとしない者だから
その詭弁にすら反論できなくなったバカがいくら嘘を喚こうと相手にされないってだけだね。

つかお前の脳内の国民は歴史を語るのに資料が必要ない、
根拠のない思いこみでも自分の好みに合うなら受け入れるバカの集団なのか?

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 00:09:45.70 ID:gj8H7fYeP
>我が国から統合幕僚本部を喪失させた山本権兵衛
正論?
どこの国に海軍が陸軍の下部組織である統合幕僚本部があるんだ?
統合幕僚本部ってのは各軍の上部に存在する組織で
その下の陸海空は対等だぞ?
こんないいがかりが正論にみえるんだからそりゃ東條はしらなかったとか寝言をいうわけだ。

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 00:32:08.23 ID:OyL/ZtC+0
>>458
その貧困な考えが、日本のバカ海軍だろ。
そんなバカ海軍だから、ハワイを奇襲などという
愚行を犯して日本を窮地に追い込む結果を招く。

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 00:35:49.21 ID:OyL/ZtC+0
>>458
統合参謀本部が無くて、どうやって総力戦が出来るんだ?
政府も知らないところで海軍は勝手にハワイを攻撃して、
そんなんで統制できるわけがない。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 03:45:52.12 ID:yIpYOASm0

これまでに判明したところでは陸軍がハワイ作戦の計画を知ったのは8月22日である。
以降、9月〜10月中には参謀本部作戦課の部員が海軍側部員と相互の図上演習や研究会で
計画への理解を深め、9月17日第一案が海軍側に提示され、9月19日これへの海軍側対案が出された。
以後、両者の作戦部員間で調整が行われ、陸軍の南方作戦計画立案へ反映された。、
10月末までには作戦は完成した。
11月3日には永野海軍軍令部総長と杉山陸軍参謀総長が
昭和天皇に陸海両軍の作戦内容を上奏するため列立して読み上げた。
ハワイ空襲作戦も詳細な説明を行っている。ご下問奏答あり。
この時に杉山参謀総長は必ずそれを目にし耳で聞いたはずである。
参謀総長は当然それまでに部下からも連絡は受けていたろう。
そして陸軍大臣を兼務していた東条首相は参謀総長から
11月3日か4日には確実にその詳細を知らされたはずであるし、
首相就任前の陸相時代に既に概要を知っていたのは当然だ。

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 04:40:26.81 ID:yIpYOASm0
>>422
汝は「東条英機宣誓供述書」を読んだことあるのか?
何が開戦の理由だと書いてあるのか。
東条さんは誰のせいにもしていないぞ。

どうしたら日本がよくなるのかを考えてくれ。
あいつが悪い、俺らは悪くない てなこといいたいだけじゃないか。
女子供の根性じゃないか。
汝の武士道精神とはそんなつまらぬものか?

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 08:12:03.91 ID:gj8H7fYeP
>>460
その貧困な考えが、日本のバカ陸軍だろ。
そんなバカ陸軍だから、謀略で満洲を奪取などという
愚行を犯して日本を窮地に追い込む結果を招く。

統合幕僚本部の有無なんか関係ありませんよw
問題は統帥権の独立というシステムなんですから、
それがあっても今度は幕僚本部が政府に無断で作戦するだけ。
本当に下らないいいがかりをつけるもんですね。

そもそも問題はハワイを攻撃した事じゃなくてアメリカと戦争を始めたことですがw
フィリピンを攻撃しただけならアメリカと戦争にならないとか思ってるんですか

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 15:15:27.31 ID:yIpYOASm0
>>1

繰り返す。
「典拠を示しなさい。」

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 16:18:45.31 ID:LjZhu+cp0
真珠湾奇襲作戦は軍令部、連合艦隊司令部、
第一航空艦隊司令部及び第二、第五航空戦隊司令部の要員以外は殆ど事前に知らされていない。
攻撃部隊に至っても、飛行隊長以外はその目的地すら知らないまま発艦していった。
これは作戦に参加した当時の二飛曹から直接聞いたものだが
「幾度も演習を行ったが、その攻撃目標は何も知らされず、飛行隊長の指揮の下、
何処へ向かうかも分からないままに母艦を後にした」
と、当時を回想している。
無論、海軍の機密事項故、陸軍が本作戦を事前に知る由もない。

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 17:57:51.53 ID:gj8H7fYeP
なぜ、無論なんだろうw
前線の一兵士が知らないことだからって意味がわからんわ

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 19:33:25.47 ID:fO3fUhHK0
>>465
ニイタカヤマノボレの受信後、命令書開封命令がでて、士官は全員集合をかけられ、命令伝達されてますが。
それに、開戦2日前の最後の敵情報告で真珠湾に空母がいないことをしらされ、がっかりしたという搭乗員の手記ものこってますけど。


468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 20:27:30.69 ID:OyL/ZtC+0
事前に知っていたかどうか
とうい言い回しでは紛らわしい。

・11月5日:海軍 真珠湾奇襲作戦命令発令
・11月23日:連合艦隊出撃開始
・12月1日:御前会議で開戦正式決定
・12月2日:真珠湾奇襲命令 ニイタカヤマノボレ
・12月8日:真珠湾奇襲攻撃実施

いつの時点で知れば、事前に知っていたと言えるかどうかが問題だが
東条の場合12月1日か2日に、非公式に参謀総長から耳打ちされた
という話しが事実だと仮定した場合、
これは事前に知らされていなかったという言い方が確実に妥当だな。

社会常識的に考えて
少なくともまあ11月の上旬に、公式な場で伝えられていなければ、
事前に知らされていたとはいえない。


469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 20:43:23.65 ID:sLIljqSJ0
>>468
11月三日に事前の奏上、五日に正式な天皇への奏上裁可やってんだから、公式的にはそこで知ってただろ。
実際には海軍との作戦の詳細日程調整でそれ以前に知ってただろうけど。

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 20:43:59.79 ID:sLIljqSJ0
>>468
これまでに判明したところでは陸軍がハワイ作戦の計画を知ったのは8月22日である。
以降、9月〜10月中には参謀本部作戦課の部員が海軍側部員と相互の図上演習や研究会で
計画への理解を深め、9月17日第一案が海軍側に提示され、9月19日これへの海軍側対案が出された。
以後、両者の作戦部員間で調整が行われ、陸軍の南方作戦計画立案へ反映された。
10月末までには作戦は完成し、11月3日には永野海軍軍令部総長と杉山陸軍参謀総長が
昭和天皇に陸海両軍の作戦内容を上奏するため列立して読み上げた。
ハワイ空襲作戦も詳細な説明を行っている。ご下問奏答あり。
この時に杉山参謀総長は必ずそれを目にし耳で聞いたはずである。
参謀総長は当然それまでに部下からも連絡は受けていたろう。
そして陸軍大臣を兼務していた東条首相は参謀総長から
11月3日か4日には確実にその詳細を知らされたはずであるし、
首相就任前の陸相時代に既に概要を知っていたのは当然だ。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 20:46:40.59 ID:OyL/ZtC+0
12月1日か2日に聞いたという話し。
これも多分嘘だろう。
海軍の身内同然だった外務大臣の東郷でさえ
知らされて無かったのだから、当時、東条を敵視していた海軍が
東条に教えるわけが無い。

記憶力のいい東条が、ハワイ攻撃と言う衝撃的な内容の
話しを、聞いた日にちも、誰から聞いたかも
ハッキリ覚えて無い、なんて話はありえない。
杉山から聞いたなら、杉山から聞いたと普通に答えるはずだが
杉山から聞いた、と、記憶します、
などと不可解な表現で、こういう場合、間違いなく偽証してる。

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 20:51:35.35 ID:OyL/ZtC+0
>>469
奏上は形式的な儀式で
具体的な作戦の中身の内容なんか
その場で話されるわけ無いだろが。

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 21:02:37.36 ID:OyL/ZtC+0
東条の供述書は、東条が裁判で証言する前に提出された
事になっている。
その記述では、自分は特別に事前に知っていたと言い
真珠湾奇襲に関する所見など、とくとくと書いている。
しかし、実際の裁判の証言では
いつ命令が出て、機動部隊がいつ出撃したか、どこを出撃したかも
何も知らず
裁判が始まって、この裁判でそれらのことを初めて知りました
という有様。
供述書と実際の証言はまるきり内容が違っており、同一人物の
供述書だとは到底考えられない。


474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 21:02:47.08 ID:sLIljqSJ0
>>471
それは真珠湾攻撃の艦隊が出港したという事象の情報ですね。
作戦自体はとっくに知ってますけど。

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 21:06:31.11 ID:OyL/ZtC+0
キーナン検事「あなたは、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために、日本を出発した日を知っているでしょう」
東條英機「今知っているというお尋ねですか。その当時知っておったかというお尋ねですか」
キーナン検事「私が尋ねているのは、今知っているかということです」
東條英機「今、裁判所において私はその知識を得ました」
キーナン検事「いつ艦隊は出発しましたか」
東條英機「どこをですか」
キーナン検事「東京を」
東條英機「それは知りません。私がこの裁判所で得た知識は、ヒトカップ湾と言いましたかね。二十三日か、二十六日に出たというふうなことを知ったのです」
キーナン検事「あなたは現在、この連合艦隊の作戦命令は、十一月五日に発せられたということを知っておりますか」
東條英機「知りません。作戦準備命令がその頃出たということは、この法廷で承知しました。準備命令です。お間違えの無いように」
キーナン検事「そしてまたあなたは総理大臣として、この艦隊が十一月の二十三日にしろ、二十六日にしろ、日本を出発したということもまた知らなかったのですね」
東條英機「事実において知りません」
キーナン検事「それではあなたはいつ真珠湾を攻撃するということを、艦隊が真珠湾に向かって進行中であることを知りましたか」
東條英機「それは十二月一日の御前会議の決定にもとづいて、当然に私は攻撃を開始するということに向かって行動しつつある。こういうふうに想像しておりました。・・・・以下略」
ウェブ裁判長「それを知った日付を答えなさい!」
キーナン検事「法廷に申し上げます。この証人はばかばかしいほどの限度まで行き過ぎております。
私は単にいつ真珠湾攻撃の意思を知ったかというその日付を訊いただけであります。
証人に対して、この質問に答えるよう指示を与えていただきたいと思います」
ウェブ裁判長「証人、もし記憶しているならば、それを知った日付を述べなさい」
東條英機「それは一番最初にお答えしたと思うておりましたが、十二月一日の御前会議において知りました」
キーナン検事「私はあなたに対して長々しく退屈なことを訊くつもりはありませんが、ただこの点だけを明確にお尋ねします。
すなわち、あなたはこの御前会議において、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために進行中であったということを知りましたか。しかりとか、否とか答えてください」
東條英機「もう一遍言ってください」
ウェブ裁判長「この簡単な質問に答えなさい。あなたはいつ最初に真珠湾は攻撃されることになっているということを知りましたか。
それに対して一語、もしくは二語でごく簡単に答えることが出来るでしょう」
東條英機 「それは否と答えましょう。」
キーナン検事「それでは最初に知ったのはいつか。」
東條英機「イエスとかノーで答えるというのはツライです。御前会議においては真珠湾攻撃云々ということは出ていなかったのです。それを私は否と答えた。」
キーナン検事「それでは御前会議において作戦部隊が合衆国あるいはその領土を攻撃のため出動中であるといづことが明らかにされたか。」
東條英機「そういう作戦に関する具体的なことは御前会議、連絡会議において採り上げられませんでした。そういうことは統帥部から提案すべきものではないのです。」
ウェブ裁判長「いつ最初に真珠湾が攻撃されることになっていることを知ったか?」
東條英機「一日でしたか、二日でしたか、そこのところは日にちがはっきりしませんが、その辺のところです」
キーナン検事「いつの」
東條英機「昭和十六年十二月の」
キーナン検事「私はこの証人から非常に正確なことを聴きだすことが出来なかったことをお詫びいたします」

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 21:14:28.86 ID:gj8H7fYeP
>>473
部隊がいつどこを出発したかといったことを知らなくても
攻撃日時と攻撃場所を知っていれば
政府としてはなんら問題がありませんが?
そして実行部隊の動静と作戦の有無の両者をしっていたかどうかに矛盾するものはありませんよ。

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 21:16:35.75 ID:gj8H7fYeP
>>472
>奏上は形式的な儀式で
見てきたようなウソをつくんですねえw
作戦内容を読み上げるなどして陛下からの下問があるんですが、
正しい歴史とはそこまで口から出任せを駆使しないとねつ造できないものなんですかw

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 21:19:02.89 ID:OyL/ZtC+0
>>476
東条は海軍がハワイを攻撃することを知ったのは
12月1日か2日だと証言している。
これは認めるのか認めないのか?

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 21:24:10.82 ID:4c86LY4k0
>>467
二飛曹は士官じゃないだろ

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 21:25:58.87 ID:OyL/ZtC+0
>>477
前に言ってるが、ハワイ作戦の具体的な内容は
「兵棋に依る作戦計画御説明に関する件」に書かれており
これは11月5日の奏上では出されておらず
11月8日に侍従長に渡されている。
奏上で作戦の詳細が話される、などということは無い。

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 21:28:26.69 ID:gj8H7fYeP
>>478
質問が前後しているから艦隊が出ていたことと勘違いしている
可能性は極めて高いぞ?

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 21:29:19.27 ID:gj8H7fYeP
>>480
真珠湾を攻撃すると海軍作戦計画にしっかりかかれておりますけどなにか?

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 21:31:22.71 ID:sLIljqSJ0
>>479
士官集合が解散されたあとで艦内放送で乗組員全員に伝達されてますけど。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 21:36:04.09 ID:OyL/ZtC+0
>>481
東条が12月1日か2日知ったのは
海軍が攻撃を開始したということ、だけの可能性が強い。
そうすると、ハワイを攻撃する事は
ずっと知らなかったという事だ。
この可能性が一番強い。

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 21:42:09.44 ID:OyL/ZtC+0
キーナン検事があれだけ、聞いているのはハワイを攻撃することを
知ったのは、いつだ?と言うことだと
何度も言っており、東条も当然、そんなこと百も承知で
シドロモドロな答弁をやっている。
本当に知っていたなら、答えるはずだろ。
誤魔化す理由は無い。いつだれだれから聞いたと
自分から答えなくてはおかしい。
あの答弁では
どう見ても知らなかったとしか結論は無い。

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 21:48:14.65 ID:sLIljqSJ0
>>485
聞いてるのは出港してるのはいつだであって、作戦は当然知ってるという認識としかよみとれないけけど。

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 21:48:32.69 ID:gj8H7fYeP
>>485
日本語読めるのかお前?
彼が聞いているのは
キーナン検事「あなたは、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために、日本を出発した日を知っているでしょう」
だぞ?

しかも
キーナン検事「それではあなたはいつ真珠湾を攻撃するということを、艦隊が真珠湾に向かって進行中であることを知りましたか」
東條英機「それは十二月一日の御前会議の決定にもとづいて、当然に私は攻撃を開始するということに向かって行動しつつある。こういうふうに想像しておりました。・・・・以下略」
ウェブ裁判長「それを知った日付を答えなさい!」
キーナン検事「法廷に申し上げます。この証人はばかばかしいほどの限度まで行き過ぎております。
私は単にいつ真珠湾攻撃の意思を知ったかというその日付を訊いただけであります。
証人に対して、この質問に答えるよう指示を与えていただきたいと思います」

とあるように、真珠湾攻撃艦隊が進行中であるかということを聞いたといった直後に
まったく同じ意味で真珠湾攻撃の意志を知ったかといってるので、
この場合、を攻撃することを知ったの=南雲艦隊が進行中であるかということと捉えていいと思うがね。

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 21:48:58.72 ID:sLIljqSJ0
>>484
>東条が12月1日か2日知ったのは
>海軍が攻撃を開始したということ、だけの可能性が強い。

あんたの妄想の可能性が非常に高いですね。

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 21:51:32.47 ID:gj8H7fYeP
つーかここで重要なのは真珠湾を攻撃する計画を事前に知っていたかどうかじゃなくて、
その作戦を実行しているのにそしらぬ顔で交渉を続けていたのかということ。
ぶっちゃけ攻撃計画の有無でいえばどの国も敵対国に対する攻撃計画を持っているので
知っていようが知っていまいがそんなこた交渉においてはどうでもいい。
問題は実行している最中かどうかってことなんだよ。

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 21:53:52.15 ID:OyL/ZtC+0
>>487
おまえこそ正式な日本人か?
だれがどう読んでも、キーナンが問題にしているのは
海軍がハワイを攻撃するという事を、東条が知ったのはいつなのか?
ということで、出発した日時など問題にしていない。
東条もとうぜん、そんなことは百も承知だが
知らなかったので答えられないが、知りませんでしたとは言えないので
答弁に苦慮して誤魔化している。
正常な日本人ならば
誰がどう見ても、このように見る。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 21:56:57.72 ID:gj8H7fYeP
>>490
攻撃することをいつ知ったかなんてのはそれこそどうでもいい話ですが?
つ489

>だれがどう読んでも、キーナンが問題にしているのは
攻撃が実行段階に入っていることだね。
攻撃計画をいつしったかなんてことはそれこそ問題にしてない。
だってこの答弁日米交渉からの流れで出てきているものなんだもの。

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 21:57:39.77 ID:sLIljqSJ0
>>490
どうよんでもキーナンが聞いてるのは出発した場所、日時を聞いてるが。


493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 21:58:52.75 ID:OyL/ZtC+0
>>492
キーナン検事
「法廷に申し上げます。
この証人はばかばかしいほどの限度まで行き過ぎております。
私は単にいつ真珠湾攻撃の意思を知ったかというその日付を訊いただけであります。
証人に対して、この質問に答えるよう指示を与えていただきたいと思います」


494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 21:59:34.10 ID:gj8H7fYeP
あとさあ、ご自分の主張の論拠がなにひとつなく、
正常な日本人であるか否かってあたりなにか思うことはないのかいw

>知らなかったので答えられないが、知りませんでしたとは言えないので
知らないと一言もいってないことをご理解いただいて幸いです。
つまり、これを読んだ限りでは東條は知っていたと判断する以外ないということも分かりますね。
さっさと知らなかったというソースを持ってきてくださいね。
そういってる人が何人かいるが一人として資料に基づいていえるものは居ないという
逆のソースはもう結構ですから

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 22:00:52.62 ID:gj8H7fYeP
>>493
トリミング乙
キーナン検事「それではあなたはいつ真珠湾を攻撃するということを、艦隊が真珠湾に向かって進行中であることを知りましたか」
東條英機「それは十二月一日の御前会議の決定にもとづいて、当然に私は攻撃を開始するということに向かって行動しつつある。こういうふうに想像しておりました。・・・・以下略」
ウェブ裁判長「それを知った日付を答えなさい!」
キーナン検事「法廷に申し上げます。この証人はばかばかしいほどの限度まで行き過ぎております。
私は単にいつ真珠湾攻撃の意思を知ったかというその日付を訊いただけであります。
証人に対して、この質問に答えるよう指示を与えていただきたいと思います」

この真珠湾攻撃の意志とは計画ではなく、すでに作戦が実行されていることを指すと思いますが
本当に日本人なんですかあなた?

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 22:03:27.61 ID:sLIljqSJ0
>>493
作戦内容でなく、作戦を開始した日、つまり艦隊の出港日を知ってるかと聞いてるんだろ。
作戦内容については当然知ってるという認識だよ。

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 22:08:47.67 ID:OyL/ZtC+0
12月1日に、機動部隊が目標に向かって行動開始した
なんて話しは、東条でなくてもみんな知ってることで
そんなことはどうでもいい話。
そもそもこれは、準備行動だと言うことで、攻撃命令はまだ出ていない
と主張しており、東条のこのこの答弁は問題ない。
問題は、どこを攻撃するかで、それがハワイだと
東条は知っていたのかどうか、それが最大の問題だが
東条は知らなかったとキーナンは判断し
こりゃまずい事になったと、相当困っただろうな。
それで裁判の方針が180度転換して、中国への侵略戦争を
問題にするようになった。
茶番裁判だから何でもありだなw

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 22:13:02.38 ID:sLIljqSJ0
>>497
>12月1日に、機動部隊が目標に向かって行動開始した
>なんて話しは、東条でなくてもみんな知ってることで

12月1日の御前会議の時点、政府閣僚じゃ首相の東条英機のほかは、海軍大臣の嶋田しか知らない話なんだが。

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 22:20:30.59 ID:OyL/ZtC+0
>>496
そういう理論破綻した内容を、ぬけぬけと言ってるから
海軍賛美、陸軍悪玉論側は、どんどん支持を失う結果を招く。
2ちゃんだからと、甘くみてなめない方がいいと思うぞw

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 22:29:29.27 ID:OyL/ZtC+0
おれは昔東条が真珠湾奇襲を知らないなどと
夢にも思っていなかったが、
しかしキーナン検事とのやりとりを始めてみて
どれだけ衝撃を受けた事か。
なんじゃこれは?という感じだな。
おそらく多くの日本人が、同じ事を思うであろう。

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 22:29:40.38 ID:sLIljqSJ0
>>499
つ鏡

あんたのほうがよっぽど破綻してるが。
あんたまともな一次資料は出さないし、だされた資料の懸賞を拒否するし、
演説したいだけなら、他でやれ。

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 22:33:20.82 ID:gj8H7fYeP
>>500
普通に出発していたのをしったのはいつかを聞いているのであって
真珠湾攻撃の計画をしったのはいつかなんて聞いてないぞ?
日米交渉中のだまし討ちという点について
計画を立てるだけならなんの問題にもならないことだからな。

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 22:35:31.98 ID:gj8H7fYeP
>>497
んで487で解説したことは理解できたのかね?
理解も出来なくて反論すらできないという状態で
同じ事を繰り返して騙せる日本人がいると思うなら祖国に帰った方がいい。
お前にも家族がいるのだろ

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 22:42:39.81 ID:OyL/ZtC+0

キーナン検事「それではあなたはいつ真珠湾を攻撃するということを、艦隊が真珠湾に向かって進行中であることを知りましたか」

東條英機「それは十二月一日の御前会議の決定にもとづいて、当然に私は攻撃を開始するということに向かって行動しつつある。こういうふうに想像しておりました。・・・・以下略」

ウェブ裁判長「それを知った日付を答えなさい!」

キーナン検事「法廷に申し上げます。この証人はばかばかしいほどの限度まで行き過ぎております。
私は単にいつ真珠湾攻撃の意思を知ったかというその日付を訊いただけであります。
証人に対して、この質問に答えるよう指示を与えていただきたいと思います」

ウェブ裁判長「証人、もし記憶しているならば、それを知った日付を述べなさい」

東條英機「それは一番最初にお答えしたと思うておりましたが、十二月一日の御前会議において知りました」

キーナン検事「私はあなたに対して長々しく退屈なことを訊くつもりはありませんが、ただこの点だけを明確にお尋ねします。
すなわち、あなたはこの御前会議において、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために進行中であったということを知りましたか。しかりとか、否とか答えてください」

東條英機「もう一遍言ってください」

ウェブ裁判長「この簡単な質問に答えなさい。あなたはいつ最初に真珠湾は攻撃されることになっているということを知りましたか。
それに対して一語、もしくは二語でごく簡単に答えることが出来るでしょう」

東條英機 「それは否と答えましょう。」

キーナン検事「それでは最初に知ったのはいつか。」

東條英機「イエスとかノーで答えるというのはツライです。御前会議においては真珠湾攻撃云々ということは出ていなかったのです。それを私は否と答えた。」

キーナン検事「それでは御前会議において作戦部隊が合衆国あるいはその領土を攻撃のため出動中であるといづことが明らかにされたか。」

東條英機「そういう作戦に関する具体的なことは御前会議、連絡会議において採り上げられませんでした。そういうことは統帥部から提案すべきものではないのです。」

ウェブ裁判長「いつ最初に真珠湾が攻撃されることになっていることを知ったか?」

東條英機「一日でしたか、二日でしたか、そこのところは日にちがはっきりしませんが、その辺のところです」

キーナン検事「いつの」

東條英機「昭和十六年十二月の」


505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 22:44:17.79 ID:OyL/ZtC+0
>>503
解説など不要だろ。
これを見れば、キーナンが何を聞いていて
東条は、なぜ苦慮しているのか
日本人ならば、すべてわかる。

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 22:50:03.94 ID:OyL/ZtC+0
問「あなたは現在連合艦隊の作戦命令は十一月五日に発せられたことを知っているか。」
 答「知りません。作戦準備命令はその頃出たことをこの法廷で知りました。」
 問「これが発せられた十一月五日当時においては知らなかったというのですか。」
 答「知りません。」
上記の前に、これがある

 問「そうしてあなたは総理大臣としてこの艦隊が十一月二十三日にしろ二十六日にしろ日本を出発したことも知らなかったわけですね。」
 答「事実において知りません。」
 問「そうして真珠湾に対する攻撃が現に起ってしまうのちにいたるまで、これを攻撃する意思を見出すことができなかったと推定するか ― 。」
 答「それは違った推定です。」


507 :改めて貼る:2012/07/17(火) 22:54:54.25 ID:OyL/ZtC+0
キーナン検事「あなたは、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために、日本を出発した日を知っているでしょう」
東條英機「今知っているというお尋ねですか。その当時知っておったかというお尋ねですか」
キーナン検事「私が尋ねているのは、今知っているかということです」
東條英機「今、裁判所において私はその知識を得ました」
キーナン検事「いつ艦隊は出発しましたか」
東條英機「どこをですか」
キーナン検事「東京を」
東條英機「それは知りません。私がこの裁判所で得た知識は、ヒトカップ湾と言いましたかね。二十三日か、二十六日に出たというふうなことを知ったのです」
キーナン検事「あなたは現在、この連合艦隊の作戦命令は、十一月五日に発せられたということを知っておりますか」
東條英機「知りません。作戦準備命令がその頃出たということは、この法廷で承知しました。準備命令です。お間違えの無いように」
キーナン検事「そしてまたあなたは総理大臣として、この艦隊が十一月の二十三日にしろ、二十六日にしろ、日本を出発したということもまた知らなかったのですね」
東條英機「事実において知りません」
キーナン検事「それではあなたはいつ真珠湾を攻撃するということを、艦隊が真珠湾に向かって進行中であることを知りましたか」
東條英機「それは十二月一日の御前会議の決定にもとづいて、当然に私は攻撃を開始するということに向かって行動しつつある。こういうふうに想像しておりました。・・・・以下略」
ウェブ裁判長「それを知った日付を答えなさい!」
キーナン検事「法廷に申し上げます。この証人はばかばかしいほどの限度まで行き過ぎております。
私は単にいつ真珠湾攻撃の意思を知ったかというその日付を訊いただけであります。
証人に対して、この質問に答えるよう指示を与えていただきたいと思います」
ウェブ裁判長「証人、もし記憶しているならば、それを知った日付を述べなさい」
東條英機「それは一番最初にお答えしたと思うておりましたが、十二月一日の御前会議において知りました」
キーナン検事「私はあなたに対して長々しく退屈なことを訊くつもりはありませんが、ただこの点だけを明確にお尋ねします。
すなわち、あなたはこの御前会議において、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために進行中であったということを知りましたか。しかりとか、否とか答えてください」
東條英機「もう一遍言ってください」
ウェブ裁判長「この簡単な質問に答えなさい。あなたはいつ最初に真珠湾は攻撃されることになっているということを知りましたか。
それに対して一語、もしくは二語でごく簡単に答えることが出来るでしょう」
東條英機 「それは否と答えましょう。」
キーナン検事「それでは最初に知ったのはいつか。」
東條英機「イエスとかノーで答えるというのはツライです。御前会議においては真珠湾攻撃云々ということは出ていなかったのです。それを私は否と答えた。」
キーナン検事「それでは御前会議において作戦部隊が合衆国あるいはその領土を攻撃のため出動中であるといづことが明らかにされたか。」
東條英機「そういう作戦に関する具体的なことは御前会議、連絡会議において採り上げられませんでした。そういうことは統帥部から提案すべきものではないのです。」
ウェブ裁判長「いつ最初に真珠湾が攻撃されることになっていることを知ったか?」
東條英機「一日でしたか、二日でしたか、そこのところは日にちがはっきりしませんが、その辺のところです」
キーナン検事「いつの」
東條英機「昭和十六年十二月の」
キーナン検事「私はこの証人から非常に正確なことを聴きだすことが出来なかったことをお詫びいたします」



508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 22:57:42.65 ID:yIpYOASm0

法的にも人道にも反する東京裁判などに協力する必要はなし!
敵国に一切の自由を奪われた東条さんができる最大の抵抗は
キーナン検事に
「私はこの証人から非常に正確なことを聴きだすことが出来なかったことをお詫びいたします」
と言わしめることだ。
本当に東条さんはよく頑張った!

509 :改めて貼る 完全版:2012/07/17(火) 22:59:53.61 ID:OyL/ZtC+0
キーナン検事「あなたは、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために、日本を出発した日を知っているでしょう」
東條英機「今知っているというお尋ねですか。その当時知っておったかというお尋ねですか」
キーナン検事「私が尋ねているのは、今知っているかということです」
東條英機「今、裁判所において私はその知識を得ました」
キーナン検事「いつ艦隊は出発しましたか」
東條英機「どこをですか」
キーナン検事「東京を」
東條英機「それは知りません。私がこの裁判所で得た知識は、ヒトカップ湾と言いましたかね。二十三日か、二十六日に出たというふうなことを知ったのです」
キーナン検事「あなたは現在、この連合艦隊の作戦命令は、十一月五日に発せられたということを知っておりますか」
東條英機「知りません。作戦準備命令がその頃出たということは、この法廷で承知しました。準備命令です。お間違えの無いように」
キーナン検事「そしてまたあなたは総理大臣として、この艦隊が十一月の二十三日にしろ、二十六日にしろ、日本を出発したということもまた知らなかったのですね」
東條英機「事実において知りません」
キーナン検事「そうして真珠湾に対する攻撃が現に起ってしまうのちにいたるまで、これを攻撃する意思を見出すことができなかったと推定するか ― 。」
東條英機「それは違った推定です。」
キーナン検事「それではあなたはいつ真珠湾を攻撃するということを、艦隊が真珠湾に向かって進行中であることを知りましたか」
東條英機「それは十二月一日の御前会議の決定にもとづいて、当然に私は攻撃を開始するということに向かって行動しつつある。こういうふうに想像しておりました。・・・・以下略」
ウェブ裁判長「それを知った日付を答えなさい!」
キーナン検事「法廷に申し上げます。この証人はばかばかしいほどの限度まで行き過ぎております。
私は単にいつ真珠湾攻撃の意思を知ったかというその日付を訊いただけであります。
証人に対して、この質問に答えるよう指示を与えていただきたいと思います」
ウェブ裁判長「証人、もし記憶しているならば、それを知った日付を述べなさい」
東條英機「それは一番最初にお答えしたと思うておりましたが、十二月一日の御前会議において知りました」
キーナン検事「私はあなたに対して長々しく退屈なことを訊くつもりはありませんが、ただこの点だけを明確にお尋ねします。
すなわち、あなたはこの御前会議において、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために進行中であったということを知りましたか。しかりとか、否とか答えてください」
東條英機「もう一遍言ってください」
ウェブ裁判長「この簡単な質問に答えなさい。あなたはいつ最初に真珠湾は攻撃されることになっているということを知りましたか。
それに対して一語、もしくは二語でごく簡単に答えることが出来るでしょう」
東條英機 「それは否と答えましょう。」
キーナン検事「それでは最初に知ったのはいつか。」
東條英機「イエスとかノーで答えるというのはツライです。御前会議においては真珠湾攻撃云々ということは出ていなかったのです。それを私は否と答えた。」
キーナン検事「それでは御前会議において作戦部隊が合衆国あるいはその領土を攻撃のため出動中であるといづことが明らかにされたか。」
東條英機「そういう作戦に関する具体的なことは御前会議、連絡会議において採り上げられませんでした。そういうことは統帥部から提案すべきものではないのです。」
ウェブ裁判長「いつ最初に真珠湾が攻撃されることになっていることを知ったか?」
東條英機「一日でしたか、二日でしたか、そこのところは日にちがはっきりしませんが、その辺のところです」
キーナン検事「いつの」
東條英機「昭和十六年十二月の」
キーナン検事「私はこの証人から非常に正確なことを聴きだすことが出来なかったことをお詫びいたします」

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 23:06:25.51 ID:gj8H7fYeP
>>506
> 問「そうして真珠湾に対する攻撃が現に起ってしまうのちにいたるまで、これを攻撃する意思を見出すことができなかったと推定するか ― 。」
> 答「それは違った推定です。」
つまり攻撃が起こるまで知らなかったというのが違う
=攻撃前に知っていたという結論でよろしいですかね。

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 23:08:31.81 ID:gj8H7fYeP
>>505
反論も出来ずただ日本人であることだけが論拠なら
君は論破されたわけだから寝言を言うのもほどほどにな。

512 :今度こそ 完全版 リアルに再現:2012/07/17(火) 23:12:07.37 ID:OyL/ZtC+0
キーナン検事「あなたは、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために、日本を出発した日を知っているでしょう」
東條英機「今知っているというお尋ねですか。その当時知っておったかというお尋ねですか」
キーナン検事「私が尋ねているのは、今知っているかということです」
東條英機「今、裁判所において私はその知識を得ました」
キーナン検事「いつ艦隊は出発しましたか」
東條英機「どこをですか」
キーナン検事「東京を」
東條英機「それは知りません。私がこの裁判所で得た知識は、ヒトカップ湾と言いましたかね。二十三日か、二十六日に出たというふうなことを知ったのです」
キーナン検事「あなたは現在、この連合艦隊の作戦命令は、十一月五日に発せられたということを知っておりますか」
東條英機「知りません。作戦準備命令がその頃出たということは、この法廷で承知しました。準備命令です。お間違えの無いように」
キーナン検事「そしてまたあなたは総理大臣として、この艦隊が十一月の二十三日にしろ、二十六日にしろ、日本を出発したということもまた知らなかったのですね」
東條英機「事実において知りません」
キーナン検事「そうして真珠湾に対する攻撃が現に起ってしまうのちにいたるまで、これを攻撃する意思を見出すことができなかったと推定するか ― 。」
東條英機「それは違った推定です。」
キーナン検事「それではあなたはいつ真珠湾を攻撃するということを、艦隊が真珠湾に向かって進行中であることを知りましたか」
東條英機「それは十二月一日の御前会議の決定にもとづいて、当然に私は攻撃を開始するということに向かって行動しつつある。こういうふうに想像しておりました。
しかもその間において日米交渉が万一にでも打開できれば技術上許す範囲において何時でも作戦行動を停止・・・・以下略」
話しを遮ってウェブ裁判長「それを知った日付を答えなさい!」
キーナン検事「法廷に申し上げます。この証人はばかばかしいほどの限度まで行き過ぎております。
私は単にいつ真珠湾攻撃の意思を知ったかというその日付を訊いただけであります。 証人に対して、この質問に答えるよう指示を与えていただきたいと思います」
ウェブ裁判長「証人、もし記憶しているならば、それを知った日付を述べなさい」
東條英機「それは一番最初にお答えしたと思うておりましたが、十二月一日の御前会議において知りました」
キーナン検事「私はあなたに対して長々しく退屈なことを訊くつもりはありませんが、ただこの点だけを明確にお尋ねします。
すなわち、あなたはこの御前会議において、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために進行中であったということを知りましたか。しかりとか、否とか答えてください」
東條英機「もう一遍言ってください」
ウェブ裁判長「この簡単な質問に答えなさい。あなたはいつ最初に真珠湾は攻撃されることになっているということを知りましたか。
それに対して一語、もしくは二語でごく簡単に答えることが出来るでしょう」
東條英機 「それは否と答えましょう。」
キーナン検事「それでは最初に知ったのはいつか。」
東條英機「イエスとかノーで答えるというのはツライです。御前会議においては真珠湾攻撃云々ということは出ていなかったのです。それを私は否と答えた。」
キーナン検事「それでは御前会議において作戦部隊が合衆国あるいはその領土を攻撃のため出動中であるといづことが明らかにされたか。」
東條英機「そういう作戦に関する具体的なことは御前会議、連絡会議において採り上げられませんでした。そういうことは統帥部から提案すべきものではないのです。」
ウェブ裁判長「いつ最初に真珠湾が攻撃されることになっていることを知ったか?」
東條英機「一日でしたか、二日でしたか、そこのところは日にちがはっきりしませんが、その辺のところです」
キーナン検事「いつの」
東條英機「昭和十六年十二月の」
キーナン検事「私はこの証人から非常に正確なことを聴きだすことが出来なかったことをお詫びいたします」

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 23:17:28.87 ID:CubkfxOm0
山本五十六は意図して最後通牒の前に攻撃を開始した卑怯者。
山本は出撃前の南雲を長門に呼び出し、密かに密命を発している。
それは必ず宣戦布告の前に攻撃を開始せよというものであった。

山本は日本を辱めた最悪の提督なのである。

514 :今度こそ 完全版 リアルに再現:2012/07/17(火) 23:18:10.57 ID:OyL/ZtC+0
>>502
>普通に出発していたのをしったのはいつかを聞いているのであって
真珠湾攻撃の計画をしったのはいつかなんて聞いてないぞ?

日本語が理解できない
おまえが日本人でない事は確定したw

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 23:27:48.57 ID:sLIljqSJ0
>>513
そもそも宣戦布告は12月8日の正午に東京で駐日大使に渡されたんで、密命どころか
どうどうと公開されてる話だぞ。
山本五十六が南雲に厳命押したのは、日米交渉がまとまったら、攻撃隊が葉っ看護でも呼び戻せというもんだし。

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 23:28:07.11 ID:gj8H7fYeP
>>514
反論できないなら黙ってたら?
それとも罵ると主張が通る国からきたの?

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 23:29:24.38 ID:gj8H7fYeP
>>513
土足さん見てるかね、
これがデタラメな言いがかりをつけないと貶められない人がやってることだ。
山本の評価がこれで下がると思うかい?

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 23:29:25.38 ID:OyL/ZtC+0
もしネットが存在しなければ、キーナン検事とのこのやり取りを
一生見る事は無かっただろうし
東条が真珠湾奇襲を知らなかったなどと夢にも思わないし
それを否定した書籍があることも知らず
永遠にだまされていたであろう。

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 23:32:23.25 ID:gj8H7fYeP
>>518
いやこんなの1948年に出版された本に載ってることだしw
何年か前にも同じ書物が出てるな。
なんで元ネタをきちんと確認しないんだ?
ネット上のソースはきちんとした出所でないかぎり
改ざんの可能性を常に否定できないのだが、
二言目にはねつ造というわりになんでそう簡単に信じ込めるんだ?

だいたいこのやりとり普通に艦隊が出発した日時
つまり作戦を実行に移した日を聞いているだけだが、
どこを読むと真珠湾攻撃を知らなかったということになるのだね?

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 23:32:27.68 ID:OyL/ZtC+0
>>517
どうみてもおまえの自演だが?

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 23:32:56.69 ID:CubkfxOm0
山本の密命とは、日米交渉が妥結しようとも
構わず真珠湾を攻撃せよというものである。
南雲はこれを聞き、青ざめた顔をしていたという。

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 23:32:58.62 ID:yIpYOASm0

法的にも人道にも反する東京裁判などに協力する必要はなし!

敵国に一切の自由を奪われた東条さんができる最大の抵抗は
キーナン検事に
「私はこの証人から非常に正確なことを聴きだすことが出来なかったことをお詫びいたします」
と言わしめたことだ。

本当に東条さんはよく頑張った!


523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 23:34:27.83 ID:gj8H7fYeP
>>520
自演でもいいけど君のやってるようなこういういいがかりで
評価が落とせると思えるの?

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 23:37:14.81 ID:yIpYOASm0

法的にも人道にも反する東京裁判などに協力する必要はなし!

敵国に一切の自由を奪われた東条さんができる最大の抵抗は

キーナン検事に

「私はこの証人から非常に正確なことを聴きだすことが出来なかったことをお詫びいたします」

と言わしめたことだ。

本当に東条さんはよく頑張った!



525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 23:45:51.48 ID:OyL/ZtC+0
>>523
それはさんざん、半藤などおまえらの側が、過去に東条や牟田口や
近衛や南雲、松岡、辻、富永、岡、石川、服部、etc...
こういった人間に汚い罵倒を浴びせまくっていた事実があり
だからその反撃、報復を受けるのは当然だな。
だれが悪いか評価は世間が下すことだが、正論を言ってる側が必ず勝つし
負けるわけが無いので、余計な事をこっちは考える必用は一切無い。
こっちは五十六の評価を落とすことは目的ではない。手段ではあるが。



526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 23:56:12.94 ID:OyL/ZtC+0
映画や小説で陸軍悪玉宣伝をやってきた側は、
軽い気持ちでやってるんだろうが
それがどれほど、根の深い反感と恨みを買う結果を広く招いているか
まったく自覚が無いと見受けられる。
自覚が無いのだから、無理やり自覚を思い知らせるほかないなw

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 23:57:11.60 ID:CubkfxOm0
山本五十六ほどの愚将は世界史にも例を見ない。
山本の評価など地に落ちている事は、賢明な人間ならば誰もが承知の筈である。

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 23:58:36.55 ID:gj8H7fYeP
>>525
その半藤ですらきちんと取材をしてそれをソースにして書いておりますが
お前と来たら資料をみることもせず、
そういうことをいっている人がいる程度のことをソースでございと出す有様でどうやって?

>正論を言ってる側が必ず勝つし
歴史を語るのに根拠一つ出てこない正論()が勝つのはいつの日ですかねえw
人類が滅亡した後にでも勝つのかね?

>余計な事をこっちは考える必用は一切無い。
資料探しすら放棄している時点で余計なことしかしてないですけど?
何人もの正当な保守()wとやらが知らないといいながら
ひとりとして資料を出さないから他人を騙せないわけで。
あの根拠のない文章を書くひまがあったらに資料のひとつでもみつけてくればいいのに

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 23:58:44.05 ID:yIpYOASm0

「海軍が真珠湾を攻撃する企図を以って研究中であることを、
陸軍側が知ったのは昭和十六年八月であった。
これは軍令部作戦課から参謀本部作戦課に極秘裡に通報せられたもので、
開戦当時における海軍の劣勢を補うためには最良の方法なること及び
絶対に秘密を保持せられたき旨が伝えられた。
陸軍統帥部は海軍側の苦心の存するところを十分諒解し、何等の意見を述べなかった。
陸軍側でこの作戦を知っていた者は、参謀総長及び次長以下作戦関係の
主要幕僚の極めて少数と、陸軍省首脳のみであった。」
出典:『大東亜戦争全史』 服部 卓四郎(元参謀本部作戦課長) 著 P.183


530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/17(火) 23:59:29.06 ID:sLIljqSJ0
>>525
その服部さんが、東条英機は真珠湾攻撃を事前に知ってたと言ってるが。


371 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/07/16(月) 04:45:19.35 ID:JxOyDXSa0 [3/3]

東条さんも陸軍もハワイ攻撃を予め知っていました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1083666220

「開戦にあたり、日本海軍真珠湾を攻撃する企図を以って研究中であることを、陸軍側が知ったのは昭和十六年八月であった。
これは軍令部作戦課から参謀本部作戦課に極秘裡に通報せられたもので、開戦当時における海軍の劣勢を補うためには最良
の方法なること及び絶対に秘密を保持せられたき旨が伝えられた。陸軍統帥部は海軍側の苦心の存するところを十分諒解し、
何等の意見を述べなかった。陸軍側でこの作戦を知っていた者は、参謀総長及び次長以下作戦関係の主要幕僚の極めて少数
と、陸軍省首脳のみであった。」(『大東亜戦争全史』P.183)

これからすれば、海軍からの、秘密の非公式連絡を受けて、参謀本部作戦課と、陸軍省の首脳は、昭和16年8月中には知った
、ということが、分ります。となれば、16年8月ごろの陸軍大臣(陸軍省首脳)は、東條英機でしたから、非公式に、ではあっても
、彼が知ったのは、この段階ということになります。

「大 東 亜 戦 争 全 史 」
(元参謀本部作戦課長)服部 卓四郎 著

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/18(水) 00:00:44.85 ID:LxpO6RYQP
>>527
土足さ〜ん、他人の自演だといってるわりに論法が全く同じなんですがw

>>526
それで知らないといってるのを知っていると読んだり、
根拠のない言いがかりをつけてくるんですか?
無能な味方はさっさと消えて欲しいと陸軍の人も思うでしょうなあw

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/18(水) 00:01:35.74 ID:j+JWXuu00
>>529
陸軍省首脳とは東条さんのこと。

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/18(水) 00:06:34.08 ID:OyL/ZtC+0
>>528
どっちの主張が広く世間から支持されるか
それが全てなんだが?
おまえのようにゴミの資料を山のように積んでも
そんなものは、何の役にも立たないから。
社会主義国家ならおまえが勝てるだろうが、民主国家では100%おれが勝つw

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/18(水) 00:09:20.14 ID:DFaQcDds0
>>533
根拠資料を一切出さない奴はそもそも信頼されませんよ。

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/18(水) 00:21:14.67 ID:LxpO6RYQP
>>533
おまえさん、ゴミ資料どころか単なる思いこみを演説してるだけなのに
根拠のない思いこみがどれだけ世間に支持されると思ってるんだ?

>社会主義国家ならおまえが勝てるだろうが、民主国家では100%おれが勝つw
お前さんの妄言に誰か支持してくれたかね?
というかマジで聞きたいんだが資料をなんで探そうとしないの?
資料なしで世間は支持してくれると思ってるから探さないの?
ちょっと探したら妄想と異なる不都合な資料ばっかりでてきてどうにもならなくなったから
妄想を喚くだけにしたの?

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/18(水) 00:33:33.38 ID:O0jlTpWh0
>>535
腹案を無視した山本五十六の暴走を諸悪の根源とする見解は
保守派の一致した見解になりつつある。
数年前にはこんな意見は一切無かったと思うがな。



しかし、連合艦隊司令長官山本五十六中将は、「対英米蘭蒋戦争終結促進に関する腹案」と相容れない「敵陣深く斬り込む作戦」である航空機による真珠湾攻撃を主張した。
山本長官は、〈国力から見て圧倒的な劣勢にある日本が守勢をとっていても、時期・方面などを自主的に決めて優勢な戦力で攻撃するアメリカに対して勝ち目はない。
早い時期に敵の主要基地を叩くことでアメリカの戦意を喪失させる方法しか勝機を見出しえない〉と考えていた。
海軍にあってカリスマ的存在である山本長官の主張に、誰も反対することはできなかった。

http://www.jiyuu-shikan.sakura.ne.jp/rekishi/rekishi239.html

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/18(水) 00:39:34.70 ID:O0jlTpWh0
おどろくほど似た内容のことが書かれているが
これを最初に指摘したのは佐藤晃である。
大田 嘉弘氏がそれに注目し、おれはそれを広めるために
訴えてきたが、成果がでている。

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/18(水) 00:45:31.19 ID:JI8zn+6h0
>>534
根拠資料も何も、私が服部大佐や黒島少将から直接伺った事実なのだ。
君は当時を何も知らず、書物などを基に話ているだけだろう。


539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/18(水) 00:50:58.10 ID:DFaQcDds0
>>538
するとあんたは80近い計算だな。

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/18(水) 00:57:07.91 ID:O0jlTpWh0
著名な保守言論人はまだ、山本五十六への露骨な批判や
東条は真珠湾奇襲を知らなかったとか
そういうことを言うのは躊躇するだろうが
だから風穴を開ける必要があるわけだが、既に風穴は半分は開いた。

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/18(水) 05:10:36.16 ID:j+JWXuu00
>>540
そんなことどうでもよい!

好きなようにジャンジャンやれ!
好きなようにドンドンやれ!

ほれやれ!
えいやれ!

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/18(水) 15:09:30.42 ID:c57qf7Lu0
>>539
80でも90でも別に不思議じゃないだろ
当時を知る人はまだ沢山存命なんだから

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 15:47:49.83 ID:6G5CVyB50
>>536

とんでもない間違いがある。
○「対英米蘭蒋戦争終結促進に関する腹案と相容れない・・」とあるが

矛盾しないからこそ陸軍が同意して陸軍の南方作戦に
反映されて実施に至っているのだ。

上に出典つきで出ている。

○「海軍にあってカリスマ的存在である山本長官の主張に、
誰も反対することはできなかった」という。

こりゃ、誰が見ても責任逃れだね。
めめしい女子供の言い訳じゃないか。
どこかの会社の社長が事業に失敗して、
「私は悪くない、部下のあいつがやったことですから」
などと言うに等しい。
戦死者に全部責任を押し付けてる。
あきれるワイ。
日本に「ブシドー」というものがあったとは聞いているが
それはどこに行ったんじゃ?

○「山本五十六中将」とある。

山本五十六大将だ。





544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 19:30:02.11 ID:FUHVbTdt0
>>543
真珠湾奇襲は腹案を完全に逸脱している。
アメリカとまともにやって勝てるわけ無いから、先にイギリスを追い込んで
それによってアメリカとの協議へ持ち込むことが柱なのに
真珠湾奇襲なんかやったらアメリカは総力戦を決意し
収拾がつかなくなるじゃないか。

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 19:34:55.32 ID:FUHVbTdt0
>>543
>こりゃ、誰が見ても責任逃れだね。

逆だろが。
山本五十六の責任を、第一委員会とかに
責任を押し付けようとしてる奴がおかしいわけで。
山本五十六は海軍のトップ3の一人で
ほぼ何でも思い通りに出来る最高位の地位にあった。

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:02:25.43 ID:jV0GZiSvP
>>544
だったら最初から大陸から撤兵してアメリカと妥協するんだね。
真珠湾が無ければイギリスを追い詰めるどころか南方作戦そのものが成立しない。

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:04:29.72 ID:jV0GZiSvP
>>545
GF長官を最高位の地位とかいう奴がおかしいわけで。
海軍三顕職というのは目立つ地位って話でしかない。
海軍内の地位としては横須賀鎮守府長官より下の地位。

嘘とデタラメばっかり言うね、君。

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:11:16.68 ID:FUHVbTdt0
>>546
真珠湾奇襲はアメリカ国民に欧州戦、対日戦に全面参戦
することを支持させてしまっており、百害あって一利なしの作戦だが?
アメリカと本気で戦わない腹案の考えを根本から吹っ飛ばしたじゃないか。

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:15:10.95 ID:FUHVbTdt0
>>547
嘘とデタラメばっかり言ってるのは山本五十六を
賛美してる馬鹿なやつらだろ

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:18:30.62 ID:jV0GZiSvP
>>548
全面参戦もなにも戦争をしかけられて
負ける程度にしか戦わないバカがどこにいるんだ?
欧州戦はドイツから宣戦布告うけたからだが、
もう一年以上もその逆のソースはだせないのにまだ妄想ばらまいてるのか?

>>548
へえ、それではなぜ君が出してくる正当な保守とやらは
誰一人としてソース付きで歴史を語れないんだい?

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:23:47.72 ID:FUHVbTdt0
>>550
アメリカ世論は当時、参戦を全く支持してなかったし
共和党は日本を支持しており、アメリカは総力で戦争できる
状態にはなかった。
海軍が真珠湾奇襲なんかさえやらなければ、展開は全く違ってたし
どう転んでも、あのような惨敗は無かったわな。
山本五十六の愚行が日本を壊滅させたわ。

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:26:20.04 ID:PzRmEEDX0
五十六信者はカルトだから
カルトがまともな議論なんかするわけないwww

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:27:19.38 ID:jV0GZiSvP
>>551
その場合、戦力において優越する米艦隊が堂々と太平洋を押し渡ってくるだけですがなにか?
それこそトラックでもパラオでもウルシーでも好きな所を中継ポイントにしてね。
南方作戦に海軍戦力の何割も割いている状態でこれをやられたら
まともに太刀打ちできないから(そもそも全力でも勝敗が危うい)
開戦劈頭主力を潰す必要があるってなんど言われれば理解できるんです?

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:28:13.74 ID:jV0GZiSvP
>>552
それは何の根拠もない適当なデタラメ喚いてソース出されたら沈黙し、
忘れた頃にまた同じ事言い始める君のことですか?
君、いつ議論なんかしたんです?

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:32:32.65 ID:XhaQQiP20
>>553
当時の山本五十六も、同じように説いてたんだろ。
だからまずアメリカに先制攻撃を仕掛ける必要があると。
その意見に納得した人間は相当頭が悪い。

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:34:49.66 ID:XhaQQiP20

★アメリカ(世論と議会)は日本と戦争する気はまたくなかった。
満州国建国を、建国当時アメリカは支持していた(共和党政権)

アメリカは議会で野党になったとはいえ、過半数に迫る共和党が
反ソ、親日で日本を支持していた。

それを山本五十六がハワイを奇襲攻撃したことによって、
全米世論を反日にしてしまった。


1932年、フーバー大統領と共和党は満州国を承認する法案を議会に提出する準備を進めていた。
与党共和党は、ソ連を国家と承認せず、逆に満州国を国家として承認するする方針だった。
しかし大統領選でルーズベルト(左派・民主党 親ソ)に敗れたため反故にされた。
そして民主党ルーズベルトは共和党の反対を押し切りソ連を国家と承認した。

以下引用

 日米開戦に先立つ前の時期、共和党は日本よりもソ連を警戒しシナの共産化を怖れており、
日米開戦には否定的な主張をしていた。
当時、共和党のフーバー元大統領は「ソ連を助けて参戦することは、共産主義を世界に捲き広げることになる」と主張し、
真珠湾攻撃に至るまでは共和党議員のほぼ全員が対日戦争に強く反対しており、
「対日圧力を中止せよ」と民主党のルーズベルト大統領を批判していたのだ。
大統領時代にフーバーは、満州事変に対して「日本に経済制裁を加えよ」という民主党や
ヘンリー・L・スチムソン国務長官(共和党員ながら容共・親中反日であったために、
後のルーズベルト政権でも陸軍長官に起用)の主張を一蹴している。
また1932年10月の閣議においてフーバーは、ソ連によるシナ赤化工作を警戒して
「アメリカは日本と久しく深い友好関係にあったし、日本の立場をも友好的に見なければならない」という覚書を提出し、
満州事変は日本の正当な治安維持措置であり日本は共産主義の防波堤だと力説している。

http://jpn.yamato.omiki.com/documents/two_america/4-2.html


557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:35:29.49 ID:jV0GZiSvP
>>555
だから、開戦時に整備している戦力だけでも
真珠湾抜きでやったら南方作戦そのものが成り立たないって何度言われれば理解できるんです?
海軍の戦力整備想定に南方作戦なんてこれっぽっちも入ってないんですよ。

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:37:01.79 ID:jV0GZiSvP
>>556
議論が成り立ちませんねえ。
それとっくに法律成立してないじゃないという反論がなされて、
君からは何の反論もなく沈黙したのに
また同じ事を繰り返すんですか?
君にとっての議論っていうのは耳をふさいでひたすら
論破済みのことを呪文のように唱えることを言うんですか?

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:39:04.88 ID:XhaQQiP20
>>557
海軍が日本に大敗を招く事が明白な、真珠湾奇襲なんていう
ばかげた作戦しか思い浮かばないというのならば
海軍は何も作戦なんかしないでくれ。
その方がよほどマシ。


560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:40:43.37 ID:jV0GZiSvP
>>559
だったらさっさと大陸から撤兵してくれw
そもそも戦争がおこらないから。

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:43:10.63 ID:XhaQQiP20
山本五十六は、アメリカの脅威と日本の危機を騒ぎ立てて
だからハワイを先制攻撃しなくてはならないと訴えた。

今ここにいるやつも、同じ事を言っている。
こいつにだまされるようでは、戦前のバカな海軍と
同じバカってことだろがw

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:46:01.63 ID:hDBrWeWU0
>>559
成功しても相討ちに終わっても確実に南方制圧に必要な3〜6ヶ月の時間が稼げる
お得な作戦だから、軍令部も承認したんだが。


563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:47:04.31 ID:jV0GZiSvP
>>561
バカってのはこんだけいわれてもまだ口から出任せを喚く君のことか?
大陸からの撤兵しないと経済制裁続けるよといってるアメリカに対して
撤兵なんかしたら陸軍がやる気無くなる、
交渉なんかしてないでさっさと開戦しろと閣議で主張したのが陸軍だが?


564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:47:09.49 ID:XhaQQiP20
>>560
山本五十六が南京無差別爆撃なんかをやらなければ
日中戦争はおこっていない。
勿論、太平洋戦争も。



565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:50:23.79 ID:XhaQQiP20
>>562
軍令部にもアホしかいなかったんだろ。
真珠湾奇襲が、どんだけアメリカの政治を動かす結果を招くかとか
重大なことを考えるまともな人間が海軍にはいなかったんだろ。

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:51:53.37 ID:hDBrWeWU0
>>565
だったら陸軍がさっさと満州以外の中国から撤兵すればいいだけの話。

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:52:02.04 ID:jV0GZiSvP
>>564
陸軍が大陸で侵略しなければそもそも南京爆撃起こってませんけど何か?
起こってないとか言う前に、米国との戦争は陸軍が求めたものだっていう主張なんですけど、
なんで政府一任としかいっていない海軍の責任、
それどころか一作戦を立てただけの現場指揮官の責任に?

>山本五十六が南京無差別爆撃なんかをやらなければ
つかいい加減ソースのひとつも出してくれませんかねえ。
まともに資料すらよんでない君がそう思った、
根拠はかけらもないってのがいったいどこの世界で受け入れられるんです?

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:55:24.17 ID:XhaQQiP20
>>567
対米戦争は全部、海軍がまいた種が原因で
それへ至ったんだろ。
こんな無責任な組織は無いわな。
いざとなると、いつも陸軍を頼ろうとする無能のクセに
言う事だけはでかいが、責任感は常にゼロw



569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 20:59:12.43 ID:XhaQQiP20
陸軍がどうだとか、関係ないだろが。
真珠湾奇襲がどれだけ国益を損ねるか
考えればわかりそうなもん。

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 21:04:55.58 ID:XhaQQiP20
第二次上海事変にしても、当時の状況なら
列強を交えて簡単に収束できたはずだが
海軍は、そうはさせじというタイミングで空爆を強行している。
これはだれが主導したか過去検証されてこなかったが
山本五十六以外にいないだろが。

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 21:06:39.91 ID:hDBrWeWU0
>>570
だからそれを証明する資料の提示をどうぞ。


572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 21:07:49.48 ID:hDBrWeWU0
>>569
最終図演に参加しといて、意見を述べられる立場にありなtがらスルーしてるのは
陸軍参謀本部も一緒だが。

68 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/07/08(日) 01:54:44.57 ID:uej7fWya0 [8/19]

陸軍はハワイ作戦を知っていました。

「昭和16年10月9日ないし10月13日、山口県室積沖在泊中の旗艦「長門」において連合艦隊のハワイ空襲作戦を含む最終図
演が行われた。これには参謀本部作戦課の久門有文中佐および竹田宮恒徳王少佐が加わった。
昭和16年10月19日、永野軍令部総長はハワイ作戦実施に同意の決裁を下した。参謀本部首脳及び作戦当局はその計画を
知らされていたので、意見があれば表明し得る筋合いであるが、もとより、そのようなことはなかった。」

出典: 戦史叢書 大本営陸軍部大東亜戦争開戦経緯(5) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂


573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 21:27:15.30 ID:jV0GZiSvP
>当時の状況なら
>列強を交えて簡単に収束できたはずだが
トラウトマン工作を潰したのはあまりにも過酷な加重条件付け加えた
海軍以外が犯人だぞ?
つか、空爆で潰したっていうのになにか資料があるんでしょうね?
そういうこと根拠なしでいってる人がいるってのはもう結構ですよ。
そんな人はもう目の前にいるんですから。

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 22:15:35.61 ID:T1/7nKGi0
>>564
「山本五十六が南京無差別爆撃・・・」

この根拠をはよー頼んます。

出してくれっちゃ。

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 22:37:13.54 ID:T1/7nKGi0
「対英米蘭蒋戦争終結促進に関する腹案」は何故「腹案」という名称なのだ?
腹案という「国策」などあるはずも無い。
11月15日にこれは出た。
12月1日の御前会議にこれが取り上げられることはなかった。

陸軍参謀本部が対米英戦争を決意したのは8月22日である。



576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 22:39:52.10 ID:jV0GZiSvP
そりゃあんた、日本がまともな方針もなく
戦争に突入しただけの話でw

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/19(木) 22:43:15.48 ID:T1/7nKGi0
>>564
>>570
この根拠をはよー頼んます。

出してくれっちゃ。


578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/20(金) 00:25:15.54 ID:a0BQ8jlC0
山本を批判する者の多くがバカ、アホという言葉を使う。
深層心理学でいうと、
山本を罵る深層のそのメカニズムは
精神分析でいう「投影」といわれる心理であろう。
自分自身の心を守る為に自分の欠点や悪い部分から
目をそらして他者を攻撃するという自我防衛の一種である。
この方法は防衛メカニズムとして極めて有効なものである。
いかなる人物でも心の奥に自己の負の部分があることを知っている。
常に心の深奥でそれを気にし、無ければ良いと願う。
できれば自分以外の他者がそうであればと思いもするが
それはかなわぬことである為、不満として燻っている。
そこへ自己と同じ負の部分や弱みを持つと思われる人物が現れれば、
プライドの高い人物は相手の欠点を罵り、相手の行為を非難するのである。
その罵り非難することは自己が常に気に病んでいることでもある。
自己の嫌な部分を相手に投げつけそれを非難することで自分への
非難のエネルギーを処理し発散させるのだ。
また、「投影」にはもう1つの面がある。自分が叶えたいが
実現できない欲求や願望を他者が実現していることに対して、
それを悪として非難し自分の不満を抑えるというメカニズムである。
自己が実現できぬ焦りと羨望から、自分への憤りを相手に憎悪として
投げつけているのである。自分の抱えている欠陥に耐え切れず、
同じ欠陥を相手に見つけ、それを非難することによって
自分の欠陥への不満を抑えるという投射である。
しばしば著者が非難するのは「山本が無能な人間」ということであるが、
それについて多くの評論が逆の見方をしているものも多い。
山本が大胆な戦略と革新的戦術をもって強いリーダーシップのもとに
真珠湾攻撃を行ったことに対しては既に多くの評論が存在していた。
批判者にとってはこれら多くの評論の中から自己の主張に沿った材料を
取捨選択し換骨奪胎し新たに自己の主張を表現できる格好の材料だったのだろう。
しかし、その深層心理は上記の自己中心的な心理、
特に後者の「投影」によるのである。
批判者が羨望を持ちはしたが自己に無く実現もできなかったものとは
山本の持った多くの人間的な要素と成果に他ならない。

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/20(金) 00:51:53.43 ID:a0BQ8jlC0
他者の欠点や物事の問題点を発見しては否定や批判をしたがる人物がいる。
頭の良いといわれる人物に多いが、実際は自分に自信がないことの裏返しであることが多い。
他者を否定し批判し攻撃することで心理的に優位に立とうとしているのである。
往々にして、人は年齢を増すほどに他人に説教をしたがるようになるもの。
この「説教癖」は部下や教え子、家族など自分より立場の劣る者の自由を許さず、
相手が自分の思い通りに動くことを期待し、それと異なる場合には批判するのである。
これは完璧主義者に多く見られ、自己に自信がないことから他者が
自分の理解を超えた行動をすることを不安に感じるのだ。
自信のない小心者ということである。
他者を批判するということは相手より何か自分の方が劣っているという、負い目があるからだ。
この負い目の感情を相手に投げつけようとするので攻撃姿勢となるのだ。
負い目とは相手への恐怖でもある。
つまり相手に対して恐怖を感じているときに批判を行うのだ。
これは自分の優位性を確認する為でもある。
大方、このように他者を非難して自己を高く見せようとする者は
自分に自信の無い者や精神的に弱い者が多い。
自分が弱いから他者を貶めることによってしか自己の価値を認識できないのである。
自己を維持・奮起・誇示する為に批判や攻撃をして自己の精神バランスを維持しているのだ。
自己に自信を持つ者、精神的に満たされている者は他者を無用に批判はしないものだ。
批判者はよほど山本に圧倒的な恐怖感を覚えているのではないか。
批判者は、嘘を言ってまで人を貶めている自己の姿に気づかないのだろうか。
ことわざの「弱い犬ほどよく吠える」とまで言いたくはないのだが・・・・。
人の批判をする前に、日本を良くすることは他に一杯あるだろう。
批判者自身が自己をもっと高めることが日本を良くすることではないのか。

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/20(金) 03:30:27.25 ID:w4eK2xnW0

【山本五十六こそが日本を対米戦争に引きずり込んだA級戦犯】

■日中戦争 勃発、泥沼化 (海軍の予算拡大が目的)

海軍次官・山本五十六は、陸軍と対等の予算獲得のため大量の爆撃機配備をもくろみ
その宣伝のため脅威をあおり中国空爆を計画したと考えられる。
海軍の南京爆撃(渡洋爆撃)は、盧溝橋事件以前から周到に準備訓練していた、中国に対する計画的な侵略戦争。
当初は敵飛行場を標的にしたが、山本が開発した96陸攻は防弾装備が皆無で旧式の敵戦闘機に撃墜されまくり、直ぐに都市無差別爆撃に切り替える。
第二次上海事変を機に4ヶ月にもわたって南京への猛爆は敢行された。

山本五十六が中心となって強行した南京無差別爆撃こそが日本の暴走の始まりである。(日中戦争泥沼化)
そしてこれこそが共産党の狙い通り全中国人を反日で一致団結させ、世界を敵にまわす結果を招く。戦略的な効果は殆ど無く日本の被害は増大。
ルーズベルト大統領は海軍の南京無差別爆撃を世界に向けて非難。(隔離演説)
アメリカ大統領が歴史上初めて、日本を強烈に非難した。
(満州事変でさえもアメリカ大統領が日本を批判したことは一度も無かった。)

■対米開戦
陸海軍とも当初は対米戦争を避ける米英可分論が主流だった。
しかし山本五十六は米英不可分論によって対米戦争を主張し、対米脅威論を流布し海軍全体を強行に対米早期開戦に決意をさせた。
皆の反対を押し切って米国本国であるハワイ、西海岸を奇襲。
自国が攻撃されない限りは戦争に参戦しないというルーズベルトの公約は反故にされる。日本支持だった共和党までが対日、対独全面参戦を支持。
米国世論は反戦から参戦支持に豹変し、アメリカを総力戦に無理やり突入させた。

対米開戦確定後も、国の方針(対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案)では、対英戦を守戦とし、米国との和平を視野に入れていたが、
海軍のハワイ奇襲(東条首相ら政府は知らされていなかった)によってそれは絶望となった



581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/20(金) 03:54:25.20 ID:w4eK2xnW0

世界からの日本非難

中国における日本軍機の都市爆撃は世界に報道されて、世界の憤激を引き起こしていた。
アメリカでは8月13日に始まった上海戦において、日本軍機が数千人の難民の群れに爆弾を投下した光景や、
焼き出され、さらに砲弾や銃撃の犠牲にされた膨大な民間人の惨状が報道写真やニュース映画、
さらには雑誌、パンフレット類をとうしてアメリカ国民に知られるようになり、
非戦闘員を巻き込んだ日本軍の蛮行に対する非難の声があがりはじめた。
南京空襲とおなじように、日本軍機による都市爆撃は上海、広州、杭州、漢口、南昌などの諸都市におよび、
10月中旬までに華中、華南の大中小都市60ヶ所以上が爆撃の被害を受けた。
これらの非武装都市の爆撃は、当時日本も署名していた「陸戦の法規慣例に関する条約」に違反する行為であった。
10月に入ると南京空襲はさらに激しさを増していった。



582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/20(金) 04:08:31.76 ID:a0BQ8jlC0
>>580
>>581
みなさまは戦犯か陸軍の係累の方たちだ。
一生懸命になって自分の親戚の名誉を挽回しようとしている。
その姿には本当に感心します!
えらいです!
おっしゃることには感心致します!
ご努力にはまったく頭が下がる思いです。
これまでの人生で苦労されたことでしょう。
私達はみなさまのことをもっともっと知らなければならない。
ほんとうにこれまでご苦労さまでした。
教えていただき本当によかったです。
ありがとうございました!!
ほんとうによかったです!!
ありがとうございました!!
うれしい!!

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/20(金) 13:29:37.36 ID:9WMmlWYQ0
史実を捻じ曲げる俺流史観はバカ・アホ
それだけの話し

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/20(金) 13:58:46.42 ID:GSUM0sEy0
>>582
そもそも戦犯などという表現を用いている時点で、正しい日本人の思考では無いな。
君は連合国側の人間かね?
日本人にとって彼等には、国内に対しての敗戦の責任はあっも
その他の罪は全く存在しない。

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/20(金) 14:53:32.98 ID:uZkxqkyt0
開戦当時は其の場に居合わせて居らん故に存じ上げ無いが、
自分が陸軍省軍務課に奉職して居た当時、
東條閣下は真珠湾作戦については「寝耳に水であった」と
仰って居た事を記憶して居る。

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/20(金) 16:33:30.75 ID:a0BQ8jlC0
>>585
陸軍省軍務課に奉職されていたんですか。
すごいですね!!
貴重な歴史の証言をドンドンここに残してください!!



587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/20(金) 16:40:16.14 ID:a0BQ8jlC0
>>585
首相であった東条さんと会話ができるというのは
よほどの上級課員でしたね。
会話は いつ頃、どこでだったでしょうか?
大変貴重な証言ですよ。


588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/20(金) 17:20:55.99 ID:a0BQ8jlC0
>>585
100歳を越えられておられる筈ですので
ご健康にはご留意されんこと切に望みます!!

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/20(金) 19:54:01.27 ID:a0BQ8jlC0

「東条英機宣誓供述書」より

○11月4日の陸海軍合同軍事参事官会議で軍令部総長の説明について
東条さんは「真珠湾攻撃の件については何等触るる処ありませんでした」と書いている。
東条さんがここで何故に、わざわざ、そのように記述したのか。
軍令部総長は「第一段作戦」という言葉を使ってハワイ作戦を表現し、秘匿している。
当然、東条さん自身も作戦を知っていたが、あえて秘匿したということだ。

○11月29日の重臣会議(重臣懇談会とも称す)において東条さんは天皇の陛下の前にて
自らの説明の時に「ハワイ攻撃の事は勿論其他攻撃に関する純統帥事項は告げず」と記入している。
また、同日午前中、政府と重臣たちとの間の懇談で日米交渉のことについて問われた際、
「純作戦事項のことについては説明をさけたのであります」とも述べている。
意味は東条さんは知っていたが他の重臣たちに秘密が漏れないように、公表しなかったという意味だ。

○12月1日の御前会議の席上、東条さんは政府及び統帥部が原枢密院議長の質問に対して答えた際、
「この時の説明に際してハワイ攻撃其の他の統帥事項に関する具体的の事については少しも口外せず」と。
また、この席上で「私と海軍大臣を除く他の閣僚は事前に之を承知しておりません」と。

○12月8日東郷外相よりルーズベルト親電上奏可否を問われ、
「私は直ちに上奏には異存なしと告げるとともにもはや海軍の機
動部隊の飛行機は母艦より飛行の開始を為しているであろうと答えたのでありました」と。

○「帝国は1941年12月1日より開戦準備に入り大本営陸海軍統帥部の
企画に基き敵の大包囲圏を「ハワイ」、「比島」、「香港」、及び「マレー」
の4箇所において突破するの作戦に移りました。
12月8日(日本時間)早暁其の攻撃を実施しました。
而してこの攻撃は何れも軍事目標に指向せられたのであります。
此の攻撃作戦は統帥部において極秘裡に進められたのであります。
私は陸軍大臣としてその概要を参謀総長より承知して居りました。」


590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 14:22:59.84 ID:NkieI4MF0

これまでに判明したところでは陸軍がハワイ作戦の計画を知ったのは8月22日である。
この日は参謀本部が対米英戦争を決意した日でもある。
以降、9月〜10月中には参謀本部作戦課の部員と海軍側部員とが相互の図上演習や研究会で
計画への理解を深め、9月17日第一案が海軍側に提示され、9月19日これへの海軍側対案が出された。
以後、両者の作戦部員間で調整が行われ、陸軍の南方作戦計画立案へ反映された。
10月末までには作戦は完成し、11月3日には杉山陸軍参謀総長と永野海軍軍令部総長が
昭和天皇に陸海両軍の作戦内容を上奏するため列立して読み上げた。
ハワイ空襲作戦も詳細な説明を行っている。ご下問奏答あり。
この時に杉山参謀総長は必ずそれを目にし耳で聞いたはずである。
参謀総長は当然それまでに部下からも連絡は受けていたろう。
そして陸軍大臣を兼務していた東条首相は参謀総長から
11月3日か4日には確実にその詳細を知らされたはずであるし、
首相就任前の陸相時代に既に概要を知っていたのは当然だ。
「東条英機宣誓供述書」に真珠湾攻撃に関する記述が最初に出てくるのは11月4日である。
この日の陸海軍合同軍事参事官会議での軍令部総長の説明についての描写に
「真珠湾攻撃の件については何等触るる処ありませんでした」と書いている。
東条さんがここで何故に、わざわざ、そのように記述したのか。
軍令部総長が「第一段作戦という言葉を使ってハワイ作戦を表現し、他者から秘匿していた」
ということを言っているのである。 東条さん自身も作戦を知っていたからそう言えるのだ。
これは前日に上奏した参謀総長よりハワイ作戦詳細の報告を受けたということを示唆している。

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 14:27:36.79 ID:NkieI4MF0

「対英米蘭蒋戦争終結促進に関する腹案」とは

「独伊との調整を経たものでもなく、腹案の域を脱しないものであった。」
戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂 


592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 14:29:51.78 ID:NkieI4MF0

○陸軍参謀本部が「対米英戦争」を決意したのは8月22日だ。
○「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」は11月15日に出た。

既に参謀本部は対米英戦を「腹案」が出る前から決意していた。
別に、山本が参謀本部にまで影響力を持ってたわけじゃあるまい。

「腹案」という国策が存在するはずもない。
「腹案」はドイツの勝利を当てにしたもので、そのような時期を見て
それまでの国策に反映しようという意味で「腹案」という。
その程度のもの。



「独伊との調整を経たものでもなく、腹案の域を脱しないものであった。」
戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂 


12月1日の御前会議にこれが取り上げられることはなかった。



593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 20:16:03.23 ID:ljZXgfa00
>>592
>○陸軍参謀本部が「対米英戦争」を決意したのは8月22日だ。

何を根拠に?
陸軍は英ソとは戦争を検討したが
アメリカとの戦争は海軍の担当だから
陸軍が対米戦争なんか検討した事はまったくない。



594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 20:20:11.28 ID:D1YXQfMaP
>>593
>アメリカとの戦争は海軍の担当だから
>陸軍が対米戦争なんか検討した事はまったくない。
それこそ何を根拠に?
英米との戦争をも辞さずとした御前会議の決定に
やたらと口出ししておいて検討もしてない、と。
どんだけ腐った集団だったといいたいんだ?

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 20:35:35.90 ID:ljZXgfa00
>>894
陸軍の仮想敵国にアメリカは入っていないので
陸軍は対米戦争の兵力も予算も要求した事は無いし
対米戦争など、まったく陸軍は関知できない話しだな。

アメリカと戦争するしないは100%海軍が判断すべきことだろ?
陸軍は対米戦争には関わりは無い。


596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 20:38:57.00 ID:ljZXgfa00
海軍が対米戦争を決意したから開戦となったわけで
海軍が断われば、開戦にはならないんだから
勝つ見込みが無いのなら、海軍は断われば済む話しだろが。

政府と陸軍は、対米戦争のことは全くわからないし、情報も無い。
全ては海軍が判断すべきことだろが。


597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:02:48.03 ID:t5caH84O0
>>596
海軍側は政府一任していますが。

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:05:32.13 ID:ljZXgfa00
>>597
対米戦争をするかしないは、海軍が海軍の責任で判断すべき事で
政府が判断するようなことではない。
政府に統帥権は無い。

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:05:42.94 ID:D1YXQfMaP
>>595
その伝でいくと大陸での戦争は陸軍の担当だから
海軍にはまったく責任がないということになるが?

>アメリカと戦争するしないは100%海軍が判断すべきことだろ?
それは外交権をもつ政府が100%判断すべき事ですがw

>海軍が断われば、開戦にはならないんだから
陸軍が断っても開戦にはならないよ。
海軍だけで戦争なんかできないんだから。

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:06:39.55 ID:D1YXQfMaP
>>598
統帥権って戦争するしないは関係ない権限だけど?
戦争の際どういう作戦をとるかという権限なんだから。

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:09:53.56 ID:duz3X22e0
>>598
宣戦布告を行う権限は天皇大権にふくまれててそれを補弼してたのが、
内閣なんだが。総理大臣は誰でしたかね。

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:12:34.91 ID:ljZXgfa00
>>600
だったら海軍と外務省が勝手に判断した事だろ。
対米戦争と対米外交は。
海軍と外務省が全責任を負うべきだな。
当時の政体では、首相他、陸軍も
対米戦争の責任を負っていない。


603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:14:05.20 ID:D1YXQfMaP
>>602
>海軍と外務省が勝手に判断した事だろ
御前会議で正式に決定したことですけど?
外務省が勝手に判断するようなら外務大臣を罷免して再組閣すればいいだけの話。

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:14:54.39 ID:ljZXgfa00
海軍は無能人間の集まりのくせに
権限だけは巨大だが、しかしその責任の意識が全く無い。
バカ官僚の究極の典型だな。当時の海軍は。

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:16:04.60 ID:D1YXQfMaP
>>604
それは責任意識のまったくないのに
戦争やれやれいってた陸軍と東條をディスってるのかw

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:17:03.28 ID:ljZXgfa00
>>603
当時の政体では、首相と外務大臣は同格。
対米外交は、外務省が全責任を負う義務があった。
当時のシステムで東条には対米外交で口出しできる余地は無い。

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:18:30.31 ID:D1YXQfMaP
ところで604は反論できなくなって議論を放棄して
ただ単に事実に基づかないいいがかりをつけている状態だと理解して居るんですよね?
君って、本当に議論に向かない人だねえ。
ま、まともに資料をみれないんじゃ当たり前だけど

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:18:45.61 ID:ljZXgfa00
>>605
対米戦争、対米外交は、首相や陸軍が口を出す権限は無い。
全ては海軍と外務大臣が判断した事。

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:21:29.20 ID:ljZXgfa00
>>607
バカのおまえは、当時政体が全く違うにもかかわらず、今と同じように
首相に大きな権限があったと錯覚してるんだろ?
こういうバカな主張は左翼の典型だが
おまえは中学生にも劣る、たんなるボケ左翼だろがw

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:21:41.57 ID:D1YXQfMaP
>>606
同格であっても組閣の権限は総理にありますからw
閣内不一致で総辞職、再組閣して外務大臣を入れ替えることは可能ですよ。
近衛内閣で直前に行われていたじゃないですか。
特に勝手にやらかしたというなら明らかな閣内不一致ですから
むしろ東條は可及的速やかに内閣を解散しなければなりません。
最低限の義務すら放棄しておきながら
責任はとらないのでは責任意識なんてものは皆無ですね。

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:22:57.01 ID:D1YXQfMaP
>>609
それは君が無知なだけ。
閣内不一致を放置して勝手にやらせたというなら
責任は勝手にやった側よりもそれを放置していた側のほうが重い。

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:23:57.31 ID:ljZXgfa00
>>607
ボケ左翼の典型のおまえが
他人に議論が向かないとか、全く言う資格が無い。
陸軍悪玉論を念仏のように唱えてるカルトで
いい加減、聞き飽きたわw バカ左翼の念仏はw

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:25:43.14 ID:D1YXQfMaP
>>612
ところで612は反論できなくなって議論を放棄して
ただ単に事実に基づかないいいがかりをつけている状態だと理解して居るんですよね?
君って、本当に議論に向かない人だねえ。
ま、まともに資料をみれないんじゃ当たり前だけど

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:26:58.72 ID:ljZXgfa00
>>611
当時のシステムでは
外務大臣が対米協議は見込みが無いと結論し
海軍が対米戦争を了承すれば
その場合、首相はそれを認めるほか無い。
異論を唱える根拠も情報も、当時の首相には無い。
当時のシステムでは、そうなっている。

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:28:08.88 ID:D1YXQfMaP
>>614
内閣総辞職すればあ?
そもそも海軍は政府一任と言ってるんですがw

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:30:53.96 ID:ljZXgfa00
>>615
左翼がなにをほざこうが
日本を暴走させたのは陸軍ではなく
アホの海軍と、無責任なマスコミ。
左翼の言う事に、いまどき納得するバカは、在日くらいだろw

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:32:32.46 ID:D1YXQfMaP
>>616
だから議論をしましょうよw
なんでまともに議論できないのにこんなところに来てるんです?

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:33:45.10 ID:ljZXgfa00
>>617
いまどき東条を批判するのは
在日くらいしかいないだろw

左翼でも最近は東条を批判しないが
在日は例外のようだw

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:34:30.30 ID:D1YXQfMaP
>>618
だから議論をしましょうよw
なんでまともに議論できないのにこんなところに来てるんです?

反論されたら次はいきなり罵倒ってほんとに何がしたいんです?
そういうやり方で誰か騙せました?

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:35:46.31 ID:7YMQsJcl0

【山本五十六こそが日本を対米戦争に引きずり込んだA級戦犯】

■日中戦争 勃発、泥沼化 (海軍の予算拡大が目的)

海軍次官・山本五十六は、陸軍と対等の予算獲得のため大量の爆撃機配備をもくろみ
その宣伝のため脅威をあおり中国空爆を計画したと考えられる。
海軍の南京爆撃(渡洋爆撃)は、盧溝橋事件以前から周到に準備訓練していた、中国に対する計画的な侵略戦争。
当初は敵飛行場を標的にしたが、山本が開発した96陸攻は防弾装備が皆無で旧式の敵戦闘機に撃墜されまくり、直ぐに都市無差別爆撃に切り替える。
第二次上海事変を機に4ヶ月にもわたって南京への猛爆は敢行された。

山本五十六が中心となって強行した南京無差別爆撃こそが日本の暴走の始まりである。(日中戦争泥沼化)
そしてこれこそが共産党の狙い通り全中国人を反日で一致団結させ、世界を敵にまわす結果を招く。戦略的な効果は殆ど無く日本の被害は増大。
ルーズベルト大統領は海軍の南京無差別爆撃を世界に向けて非難。(隔離演説)
アメリカ大統領が歴史上初めて、日本を強烈に非難した。
(満州事変でさえもアメリカ大統領が日本を批判したことは一度も無かった。)

■対米開戦
陸海軍とも当初は対米戦争を避ける米英可分論が主流だった。
しかし山本五十六は米英不可分論によって対米戦争を主張し、対米脅威論を流布し海軍全体を強行に対米早期開戦に決意をさせた。
皆の反対を押し切って米国本国であるハワイ、西海岸を奇襲。
自国が攻撃されない限りは戦争に参戦しないというルーズベルトの公約は反故にされる。日本支持だった共和党までが対日、対独全面参戦を支持。
米国世論は反戦から参戦支持に豹変し、アメリカを総力戦に無理やり突入させた。

対米開戦確定後も、国の方針(対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案)では、対英戦を守戦とし、米国との和平を視野に入れていたが、
海軍のハワイ奇襲(東条首相ら政府は知らされていなかった)によってそれは絶望となった




621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:36:33.53 ID:7YMQsJcl0

山本五十六が世界を救う!
______  ___________
         V

      ヽヽ〃 /
       ヽ〃   真珠湾奇襲プシュ!    
      ( _)
       | |  シコシコ・・・ シコシコ・・・
       | | /⌒⌒⌒ヽ/~ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ     
     /⌒ヽ⌒ヽ___   |  ∴ヽ  3  )
     /  ゝ      |
    /  _  ゝ___)(9     (` ´) )j
   /  丿ヽ___,.───|彡ヽ ―◎-◎-| ハァハァ…
  /   )           (彡       |
 / _/           \____/


       ↑

 昭和史に詳しいw バカ作家の半藤一利大先生 www




622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:36:46.20 ID:D1YXQfMaP
今度は呪文を唱え始めましたか・・・
反論されてなにひとつ答えられず発狂したコピペを繰り返して
誰を騙そうっていうんでしょうねえ。

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:37:35.05 ID:7YMQsJcl0

国が決めた大東亜戦争の基本方針、開戦前に政府と陸海軍が取り決めた
「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」では、
まずアジアで英軍を屈服させることとなっている。

日独で英国を追い込み、ビルマ、インドの独立を誘発し、
その事によって政治的に米国の戦意を殺ぎ、
対米和平へと持ち込む事を目標としていた。
(太平洋の対米艦隊への攻撃は適時とし、補助的な扱いとなっている)

しかし海軍・山本五十六はこの国の基本方針を無視して独断でハワイを攻撃し
(東条首相は海軍がハワイを攻撃することを知らされていなかった)、
ミッドウエーやソロモン方面で大規模作戦を展開した。
山本五十六の暴走によって、大東亜戦争が対米・太平洋戦争になってしまう。
海軍は戦果を改竄して大勝利の嘘の報告ばかりを大宣伝したため、
世論も対米太平洋決戦に歓喜し、陸軍も太平洋での海軍の作戦に協力するよう
引きずり込まれた。

このためアジアでの作戦は、実施が大幅に遅れ、
戦力も大幅に削がれてしまった。
ビルマの航空兵力は、大部分がソロモン方面に移動させられ消耗することになった。
本来の大東亜戦争の目的であったインパール作戦も
海軍に足を引かれて失敗となる。




624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:38:26.35 ID:7YMQsJcl0

腹案を無視した山本五十六の暴走がすべての諸悪の根源とする見解は
保守派の一致した見解となった。


しかし、連合艦隊司令長官山本五十六中将は、「対英米蘭蒋戦争終結促進に関する腹案」と相容れない
「敵陣深く斬り込む作戦」である航空機による真珠湾攻撃を主張した。
山本長官は、〈国力から見て圧倒的な劣勢にある日本が守勢をとっていても、
時期・方面などを自主的に決めて優勢な戦力で攻撃するアメリカに対して勝ち目はない。
早い時期に敵の主要基地を叩くことでアメリカの戦意を喪失させる方法しか勝機を見出しえない〉と考えていた。
海軍にあってカリスマ的存在である山本長官の主張に、誰も反対することはできなかった。

http://www.jiyuu-shikan.sakura.ne.jp/rekishi/rekishi239.html




625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:39:07.57 ID:D1YXQfMaP
>>623
ねえ、ちょっと前に真珠湾を含めた作戦計画は
腹案より前に承認されているから
腹案を無視も何もないって言われてるのに
そういう呪文を繰り返して誰を騙そうって言うの?
正当なる保守()wとやらは嘘つき集団だって証明したいの?

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:39:59.59 ID:yTZXJOif0

■西村眞吾 『眞悟の時事通信 No.693 統帥と戦略、戦術、戦闘』

「つまり連合艦隊司令長官は、この時既にハワイ真珠湾攻撃を決意していたのだ。
このことは海軍軍令部総長も知らない。
もちろん、首相である近衛も十月に首相になった東条も知らない。」

腹案は、よくできている。そして、現実には、第一段階(南方作戦)は一挙に達成され、第二段階(西亜作戦)の途中まで達成された。
しかし、この「戦争終末促進に関する腹案」の基本方針に反することを、
最初から実施し、しかも順調に進んでいた第二段階を自ら放棄して、
結局、腹案全体の戦略と戦術、我が国家の基本戦略を崩壊せしめた人物がいた。
我が国から統合幕僚本部を喪失させた山本権兵衛に続く、海軍のもう一人の山本。
山本五十六連合艦隊司令長官である。




627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:42:19.08 ID:duz3X22e0
>>626
西亜作戦を放棄したのは陸軍ですけど。
海軍はその第一歩となるセイロン作戦を提案したのに東条英機が腹案にないビルマ攻略作戦やってるから
兵力がないと却下したんだが。

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:44:59.35 ID:yTZXJOif0

大東亜戦争の初め、東条首相は真珠湾攻撃を知らなかった。
これは東条のみでなく、陸軍全体が知らなかった。
誰もが驚くような話である。
何故かと言えば、日本軍の共同体の構造がそのようになっていたからだ。

『硫黄島 栗林忠道大将の教訓』小室直樹


だがこの時すでに、真珠湾作戦部隊はヒトカップ湾をハワイに向けて 出航している。
政府はこのことを知らされていない。

国家存亡の戦争を行う国の最高指導者が知らぬまに、
そして 共同作戦をとる陸軍が知らぬ間に、このような重大作戦が決行 される事など、
最高指導者の下に統合幕僚組織のある 普通の国では考えられないことである。

『太平洋に消えた勝機』佐藤晃



629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:46:31.59 ID:yTZXJOif0
>>627
山本五十六こそが日本を対米戦争に引きずり込んだA級戦犯だが?

日中戦争 勃発、泥沼化 (海軍の予算拡大が目的)
海軍次官・山本五十六は、陸軍と対等の予算獲得のため大量の爆撃機配備をもくろみ
その宣伝のため脅威をあおり中国空爆を計画したと考えられる。
海軍の南京爆撃(渡洋爆撃)は、盧溝橋事件以前から周到に準備訓練していた、中国に対する計画的な侵略戦争。
当初は敵飛行場を標的にしたが、山本が開発した96陸攻は防弾装備が皆無で旧式の敵戦闘機に撃墜されまくり、直ぐに都市無差別爆撃に切り替える。
第二次上海事変を機に4ヶ月にもわたって南京への猛爆は敢行された。

山本五十六が中心となって強行した南京無差別爆撃こそが日本の暴走の始まりである。(日中戦争泥沼化)
そしてこれこそが共産党の狙い通り全中国人を反日で一致団結させ、世界を敵にまわす結果を招く。戦略的な効果は殆ど無く日本の被害は増大。
ルーズベルト大統領は海軍の南京無差別爆撃を世界に向けて非難。(隔離演説)
アメリカ大統領が歴史上初めて、日本を強烈に非難した。
(満州事変でさえもアメリカ大統領が日本を批判したことは一度も無かった。)

対米開戦
陸海軍とも当初は対米戦争を避ける米英可分論が主流だった。
しかし山本五十六は米英不可分論によって対米戦争を主張し、対米脅威論を流布し海軍全体を強行に対米早期開戦に決意をさせた。
皆の反対を押し切って米国本国であるハワイ、西海岸を奇襲。
自国が攻撃されない限りは戦争に参戦しないというルーズベルトの公約は反故にされる。日本支持だった共和党までが対日、対独全面参戦を支持。
米国世論は反戦から参戦支持に豹変し、アメリカを総力戦に無理やり突入させた。

対米開戦確定後も、国の方針(対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案)では、対英戦を守戦とし、米国との和平を視野に入れていたが、
海軍のハワイ奇襲(東条首相ら政府は知らされていなかった)によってそれは絶望となった




630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:48:53.89 ID:yTZXJOif0

              .:::::::;'       日本が勝つためには       ';:::::::.
             :::::::::i      最初の一撃でアメリカ人に        l::::::::.
          ::::::::::!       立ち上がれないほどの          i::::::::
            :::        ダメージを与えることでございます           :::
  '  ― ―‐ --  」                              L_:::::
                    それによってアメリカは、恐れおののき        ̄ ̄ ̄
            __,. -┐  いとも簡単に講和に応じるでありましょう
_ ,. -‐ '' ´   :::::::::',   そのための秘策は出来ております r::-  _
               :::::::::'、   早期開戦こそが、日本が勝つ         /::::::::   ´` '
                ::::::::':、    唯一の策でございます                       ,.:':::::::
                 ::::::::ヽ         / ̄\         /:::::::
                ::::::::丶        |      |        ,.::'::::::::::
                 ::::/  ,:、     \_/      _,..:'::::::::::
                  /   ,..':::::::>   _|__  ... く::::::::::
             /   ,.::::::::    /\ , , /\ `、 \
              /    ,.∩     / <●>  <●>\.`、  \∩
          /     , ' l ヽ∩ /   (__人__)    \ ∩ノ j
       /     ,    ヽ ノ |      |::::::|      | ヽ ノ \
       /      , '      | ヽ \     ` ⌒´    / / j    \
    /      , '      \  ̄            ̄  / `、   \
  ./       , '               山本五十六




631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:50:19.73 ID:yTZXJOif0



      アメリカが、本気で反撃を開始した!!!!!!
        
    『うつし絵に 口づけしつつ 幾たびか 千代子と呼びて けふも暮しつ』
            
                 ::::::::ヽ         / ̄\         /:::::::
                ::::::::丶      日本オワタ      ,.::'::::::::::
                 ::::/  ,:、     \_/      _,..:'::::::::::
                  /   ,..':::::::>   _|__  ... く::::::::::
             /   ,.::::::::    /\ , , /\ `、 \
              /    ,.∩     / <●>  <●>\.`、  \∩
          /     , ' l ヽ∩ /   (__人__)    \ ∩ノ j
       /     ,    ヽ ノ |      |::::::|      | ヽ ノ \
       /      , '      | ヽ \     ` ⌒´    / / j    \
    /      , '      \  ̄            ̄  / `、   \
  ./       , '               山○五○六


                        ↑
                 なにも考えずハワイを攻撃したバカw



632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:53:28.21 ID:D1YXQfMaP
議論にならんとかいいつつ
反論されると罵倒に入り
しまいにはぶつぶつと呪文をとなえるしかない土足君は
なにか精神に障害でもあるのかい?

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:54:28.21 ID:duz3X22e0
>>629
それを証明する一次ソースは?

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 21:58:30.43 ID:yTZXJOif0

誰よりも平和を望み、幾多の妨害を排除し、見事にハワイ奇襲をやり遂げた

山本五十六元帥閣下の その卓越した先見性!
______  ___________
         V

      ヽヽ〃 /
       ヽ〃   真珠湾奇襲プシュ!    
      ( _)
       | |  シコシコ・・・ シコシコ・・・
       | | /⌒⌒⌒ヽ/~ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ     
     /⌒ヽ⌒ヽ___   |  ∴ヽ  3  )
     /  ゝ      |
    /  _  ゝ___)(9     (` ´) )j
   /  丿ヽ___,.───|彡ヽ ―◎-◎-| ハァハァ…
  /   )           (彡       |
 / _/           \____/


       ↑

半藤一利大先生の射精wを浴びたい方は
映画館へおこしくださいませwww


635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 22:24:30.58 ID:yTZXJOif0

 【山本五十六こそが日本を破滅に導いたA級戦犯】

■日中戦争 勃発、泥沼化 (海軍の予算拡大が目的)

海軍次官・山本五十六は、陸軍と対等の予算獲得のため大量の爆撃機配備をもくろみ
その宣伝のため脅威をあおり中国空爆を計画した。

海軍の南京爆撃は盧溝橋事件以前から準備していた、中国に対する計画的な侵略戦争。
当初は敵飛行場を標的にしたが、山本が開発した96陸攻は防弾装備が皆無で旧式の敵戦闘機に撃墜されまくり、直ぐに都市無差別爆撃に切り替える。
第二次上海事変を機に4ヶ月にもわたって南京への猛爆は敢行された。

山本五十六が中心となって強行した南京無差別爆撃こそが日本の暴走の始まりである。(日中戦争泥沼化)
そしてこれこそが全中国人を反日で団結させ、世界を敵にまわす結果を招く。戦略的な効果は殆ど無く日本の被害は増大。

ルーズベルト大統領は海軍の南京無差別爆撃を世界に向けて非難。(隔離演説)
アメリカ大統領が歴史上初めて、日本を強烈に非難した。
(満州事変でさえもアメリカ大統領が日本を批判したことは一度も無かった。)

■対米開戦

米英不可分論によって対米戦争を主張し、対米脅威論を流布し海軍全体を強行に対米開戦に決意をさせた。
皆の反対を押し切って米国本国であるハワイ、西海岸を奇襲。
戦争に参戦しないというルーズベルトの公約は反故にされ、日本支持だった共和党までが対日、対独全面参戦を支持。
米国世論は反戦から参戦支持に豹変し、アメリカを総力戦に無理やり突入させた。

国の方針(対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案)では、米国との和平を視野に入れていたが、
海軍のハワイ奇襲(東条首相ら政府は知らされていなかった)によってそれは絶望となった。

■その他疑惑
海軍の外務省に対する無通告による真珠湾奇襲の要求は、山本五十六が圧力をかけたのではないかという疑惑がある。
野村大使と海軍の不正な関係も疑いがある。偽りの外交による騙し討ちは、山本五十六が主導した可能性が濃厚。

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 22:56:03.33 ID:NkieI4MF0
>>593
@ ttp://nccur.lib.nccu.edu.tw/bitstream/140.119/33311/8/55601008.pdf
「第 3 章 御前会議での開戦決定をめぐる陸海軍の綱引き」
の10ページ辺に田中作戦部長決意状況記述あり。
A戦史叢書 大本営陸軍部(2)防衛庁防衛研修所戦史室編纂 

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 23:15:08.43 ID:NkieI4MF0
>>620,>>621,>>623,>>624,>>626,>>628,
>>629>>630,>>631,>>634,>>635
また出たな。
チンピラbastards


638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 23:23:22.74 ID:6Mfi1E9f0
>>636
陸軍の決意は大東亜戦争で極東の英軍と戦う作戦で
陸軍はアメリカと戦争する気は、初めから毛頭無い。

そこにも書いてあるが、海軍はただただ対米脅威論を煽って
兵力増強の予算を要求し、ひたすら予算拡大を狙っているだけで
対米開戦が可なのか不可なのか、永遠に態度をあいまいにし
予算だけは、どんどん要求する。
いい加減にしろと、田中作戦部長は怒ったわけだろ。
陸軍は現実に兵力が足りず、それは海軍が予算拡大していることが原因だから
田中が怒るのも無理は無い。



639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 23:35:12.83 ID:6Mfi1E9f0
海軍は自分で暴走し、自分で決断して自分で破綻したくせに、
それは陸軍から叩かれたから追い詰められて、そうなってしまったとか、
そんなもん犯罪者か小学生の言い訳だな。
当時の海軍には社会常識の責任感がある人物は
一人もいなかったわけだw

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 23:49:54.74 ID:6Mfi1E9f0
そもそも海軍は陸軍の北進論に対抗するためだけ、予算を保つ目的だけで
南進論を主張している。
それがどんな結果を招くか考えずに。
そして陸軍が妥協して海軍の南進論にも協力する
ということになって、本当に南進論も国策となったため
どんどん土壺にはまっており、海軍は誰かがブレーキをかけてくれる
だろうと、甘えていたのかどうか知らんが、
まあ海軍にとっては、海軍組織の防衛こそが最大の目的で
対米戦争で日本が壊滅するかどうか、
そんなことは大した問題では無いんだろ。


641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 23:57:45.31 ID:D1YXQfMaP
>>638
フィリピンでの作戦は開戦の何年も前からきちんと検討されてますけど?

>陸軍はアメリカと戦争する気は、初めから毛頭無い。
君の言うとおりだとすると嘘ですね。
陸軍はアメリカとの戦争でなにひとつやる気がなく、
ただ大陸での戦争を続けたいがために海軍に全てを押しつけたってことでしょ。
君がいってるとおりだと。

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/21(土) 23:57:53.51 ID:NkieI4MF0
>>638
>>639
必死になって陸側正当化を主張するのはわかる。
しかし、みなさんに共通するのは自分たちだけが
正しく、相手だけが悪いという思考だ。
なぜ、相手がそこに至ったのか。





643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:03:02.82 ID:xQCEKGFf0
世界最大級の戦艦を、必用だからと2隻も発注する予算を
ぶん取っておきながら、だったら当然
それが役に立つのか、無駄なのかを、問われる時が必ず来る。
そうなったらそうなったで、また適当な事言って誤魔化せば良いと
海軍はいい加減に考えていたんだろうが、世の中はそんなに甘くない。
究極の能天気無責任バカ官僚組織の典型が旧海軍と言えよう。


644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:05:06.62 ID:xQCEKGFf0
>>642
半藤やその支持者がやってきた、汚い手の罵倒中傷への
報復と思ってくれ。

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:05:24.74 ID:JFTH7R+rP
>いい加減にしろと、田中作戦部長は怒ったわけだろ。
日本語読めるのかおまえ?
対ソ戦をやるための資源が必要だから
期限を先延ばしに先延ばしにしようとする海軍に
とっとと開戦の決意をしろといっているが。


646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:07:42.41 ID:JFTH7R+rP
>>643
あはは、陸軍は大陸でその戦艦を16隻は造れる予算をぶんどっているのに
大陸問題は泥沼化して役にたつ様子を全く見せないことに対する皮肉ですかw
大和なんて陸軍の2個師団くらいの費用しかかからないんだぜ。
いったい陸軍がどんだけ師団を増設したとおもってるんだ。

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:11:14.91 ID:xQCEKGFf0
>>646
>大陸問題は泥沼化して役にたつ様子を全く見せないことに対する皮肉ですかw

ソ連・共産勢力が極東へ雪崩れ込むことを防ぐ防共の防波堤として
満州の陸軍は劣った兵力で奮闘している。
そしてその考えは正しかったと、戦後に証明されている。


648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:14:41.50 ID:xQCEKGFf0
>>646
少なくとも陸軍は大陸の安定のため奮闘していたが
海軍が南京無差別爆撃を強行したため
実体が大幅に悪化した。
海軍の作戦は予算拡大だけが目的で、国策なんて微塵もないからな。


649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:16:45.06 ID:6g+xkCOH0
>>647
増えた兵力はほとんど満州でなく華北や中国南部へ投入されてるんだが。


650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:17:58.74 ID:xQCEKGFf0
>>649
だから海軍が南京無差別爆撃なんかやるから
中国全土が反日になっちまったんだろ。
海軍の責任だな。

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:20:51.03 ID:JFTH7R+rP
>>648
大幅に悪化したのは陸軍がどんどん占領地を拡大していったせいですよw
最後の関頭演説がそれを証明しています。
あんたの爆撃説はなにひとつ根拠がありませんね。

>少なくとも陸軍は大陸の安定のため奮闘していたが
何の役にも立たない奮闘で金を使いまくってただけですな。
陸軍が中将ポストをいったい何十個増やせたと思ってるんだ?
大和2隻だけでは大佐のポストと将官ポストが少し程度だ。

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:24:39.32 ID:xQCEKGFf0
>>651
>あんたの爆撃説はなにひとつ根拠がありませんね。

ルーズベルトの隔離演説も
国共合作が一気に進展したのも
明らかに、海軍の南京無差別爆撃が原因だな。

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:27:10.90 ID:JFTH7R+rP
>>650
そろそろそのソースを出してもらえないものですかねえ。

ttp://higeta.blog2.fc2.com/blog-entry-46.html
条約局第三課『第百回理事会ニ於ケル日支問題討議ノ経緯』昭和13年2月 アジア歴史資料センター:B04013944900 2画像目

(註)顧維鈞ノ演説ノ要旨左ノ如シ。
「昨年十月ノ連盟総会決議以後モ日本ノ侵略ハ続行強化サレ北ハ済南、中央ハ上海、南京、杭州等何レモ占領サレ已ムナク首都ハ重慶ヘ移サルルニ至リ
又日本海軍ハ南支ノ小島嶼ヲ占領シ空軍ハ無防備都市ノ空爆ヲ続行シツツアリ。
嘗テ厳格ナル訓練ヲ誇リタリシ日本兵士ノ其ノ占領地帯ニ於ケル暴虐野蛮ナル行動ハ言語ニ絶シ
其ノ幾多ノ事例ハ中立国ノ目撃者ヨリ報告サレ外国新聞ニ報道セラレタル通ナリ。

うんまあ爆撃のこともいってないことはないな程度のレベルだなw
というか海軍の爆撃に限定した話でも何でもないし
ぶっちゃけ爆撃無くても趣旨に変化がない。
いったい、陸軍の占領はたいしたことがないが
海軍の爆撃だけが反日を煽ったってどういう妄想によるものなんだ?
いい加減資料を出してもらわないと議論のしようがないのだが?
なにせなにひとつ根拠のない妄想と結論が出てしまうのでw

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:30:29.47 ID:JFTH7R+rP
>>652
ルーズベルトの隔離演説はゲルニカ爆撃を念頭においたものだっていうソースを出してあげましたが?
そもそも爆撃は北を陸軍、南を海軍と機材の関係から分けただけであって
陸軍が都市爆撃をしなかったというわけではないのですが、
あの演説のどこにそんな要素が?

>国共合作が一気に進展したのも
間違いなく陸軍の北平占領からですね。
なにせそれに対応して中国軍主力の40万が動いてますから。

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:31:12.58 ID:xQCEKGFf0
>>651
>何の役にも立たない奮闘で金を使いまくってただけですな。

陸軍はそもそも、満州防衛だけで手一杯で
他の地域への戦線拡大は、一貫して反対している。

それを海軍次官の山本五十六がマスコミと政府を巧みに誘導し
戦線拡大を巧妙にやったな。
山本五十六のそういった能力はずば抜けている。


656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:31:30.38 ID:JFTH7R+rP
というかお前、
華北は占領されても気にもならないが
都市爆撃だけは共産党と組んでも阻止すべきだとかいう妄想はどこから来たんだ?
蒋介石ってそんなに民衆思いだったかw

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:32:52.19 ID:JFTH7R+rP
>陸軍はそもそも、満州防衛だけで手一杯で
>他の地域への戦線拡大は、一貫して反対している。
下らない嘘は止めろよ。
錦州爆撃から華北分離政策まで一貫して戦線を広げているのが陸軍だ。

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:34:38.12 ID:xQCEKGFf0
>>654
>ルーズベルトの隔離演説はゲルニカ爆撃を念頭においたものだっていうソースを出してあげましたが?

そんな解釈をしてるのは、日本の一部のアホだけだな。
そもそも現在進行形の爆撃を批判してるのに
ゲルニカなんか何の関係も無い。


659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:35:21.74 ID:JFTH7R+rP
>>658
えーと、もしかして隔離演説そのものをみたことがないといってるのか?

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:36:43.83 ID:xQCEKGFf0
>>656

●山本五十六が強行させた海軍の南京無差別爆撃によって
アメリカ大統領が、歴史上始めて日本を激しく非難した。


隔離演説(1937年10月5日)
--------------------------------------------------------------------------------
 日中戦争の勃発により、アメリカが国家の意思として初めて日本を批判した演説。
ルーズヴェルト大統領は世界に不法状態を生み出している国家を国際社会から隔離すべしと演説した。

隔離演説(一部)
宣戦の布告も警告も、また正当な理由もなく婦女子をふくむ一般市民が、空中からの爆弾によって仮借なく殺戮されている戦慄すべき状態が現出している。
このような好戦的傾向が漸次他国に蔓延するおそれがある。彼ら平和を愛好する国民の共同行動によって隔離されるべきである。
出典『戦史叢書籍・支那事変陸軍作戦T』


661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:38:36.08 ID:JFTH7R+rP
現在の恐怖と国際的無秩序の時代は、他国の内政に対する不当なる干渉、あるいは国際条
約違反による外国領土の侵略を以って開始されたが、今日では当に文明の礎が甚だしく脅かさ
れるに至っている。そして宣戦布告も警告もまた如何なる正当化もなく、女子供を含む市民が
空中からの爆弾により容赦なく殺戮されている。

この部分だな。
ところが南京爆撃はきちんと警告をやってるんだ。
宣戦布告無しだけは該当するがね。
日本の一部のアホとかいえばごまかせると思ったのか。

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:39:58.99 ID:JFTH7R+rP
>>660
それのどこが
>華北は占領されても気にもならないが
>都市爆撃だけは共産党と組んでも阻止すべきだとかいう妄想はどこから来たんだ?
>蒋介石ってそんなに民衆思いだったかw
への反論になってるんだ?
蒋介石はいつからルーズベルトになったんだよw
ルーズベルトが国共合作した世界からきたのか。
議論したければ相手の論点くらい把握してから出直せ。

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:43:22.88 ID:xQCEKGFf0
>>661

9月21日付上海発信のニューヨーク・タイムズ特電は次のように報じている。

「日本が大都市としての、そして政府所在地としての南京を破壊し尽くし、
この中国の十年に及ぶ首都の壮麗な新しい建造物を全て灰燼に帰させるつもりであることは、
長谷川中将の『敵に決定的な打撃を与え、それによって戦闘の終結を早めたいと願っている』
という宣言によってはっきり示された」


664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:45:08.99 ID:KvzD8dd80
>>638
このような見方もある。

ttp://d.hatena.ne.jp/keiba-kyoumei/20120703/1341274207
石油全面禁輸を招いた南部仏印進駐

41年(昭和16)6月22日の独ソ戦勃発は日本の国策を一気に南部仏印進駐に傾きます。
海軍中枢から外された石川信吾大佐は前年11月軍務局第二課長に復帰し南部仏印進
駐を強硬に主張。これが米国との戦争となるなら受けて立つと気負って見せます。
天皇は南部仏印進駐は各国に及ぼす影響が大きいと思って反対であったから、杉山参
謀総長に質すと「なんら影響するところはない、作戦上必要だから進駐します」--と
41年7月14日仏印の軍事協力の一環として加藤外松駐仏大使がダルラン副首相に南部
仏印進駐を要求、21日これが承認されます。同日ウェルズ米国務次官は野村吉三郎大
使に、進駐が行われれば従来の会談は無用になると警告。23日の野村の豊田外相宛の
電報は「当方面の対日空気急変の原因は南進にあり」と伝えます。
米国は南部仏印進駐前の日本政府に7月25日米国内にある日本資産の凍結を発令。26
日英国27日蘭印がこれに倣い28日には蘭印が日本への石油供給を停止します。それで
も日本軍は7月28日から31日にかけてカップサンジャック・フォークハイ・バリア・
サイゴン等南部仏印に上陸。8月1日米政府は日本への石油の全面禁輸を発表。
南部仏印進駐は軍事的には無血占領ということで成功したが、政治的には昭和陸軍の
見通しの甘さを浮彫りにしただけで既に失敗していたのである。
参謀本部作戦部長田中新一は、何ら根拠もなしに対米戦を強硬に主張。陸軍省軍務局
長武藤章は、太平洋のことは海軍に口火を切らさなければならないと冷静な態度を示
し、海軍の石川信吾大佐は、石油を止められれば戦争だ!と口走ったという。
海軍を日米開戦に扇動した石川は36年欧州、特にナチス・ドイツを視察、米国経由で帰
国しているが、米国の何処を視察してきたのだろうか?石川は見れども見えない典型的な愚将だったのである。


665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:46:06.80 ID:xQCEKGFf0
>>662
世界中で南京爆撃への非難が当時報道されたのに
華北が批判された報道とか、あんのか?

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:47:58.62 ID:JFTH7R+rP
ところで爆撃だけを非難なんかしてないな。
”現在の恐怖と国際的無秩序の時代は、他国の内政に対する不当なる干渉、あるいは国際条
約違反による外国領土の侵略を以って開始されたが”
と原因を明らかに陸軍の行為としてるじゃないかね。
それが侵攻して市民への爆撃まで行われるようになったといってるわけだが
逆に言うと陸軍が原因つくらなきゃ爆撃もそもそも行われてないよな
つまりより責任が重いのは陸軍ってこった。
まさにルーズベルトがいうとおりにさ。

おっと失礼。661はこう続くんだ。
所謂『平和』時に船舶が何等理由もなく無警
告で潜水艦によって撃沈されている。ある国々は、未だかつて彼らに何も害を及ぼさなかった
国の内乱に関与し、互いに一方に味方して内乱を助長している。ある国々は、彼ら自身の自由
を要求しながらも、他国に自由を与えることを拒んでいる

まあ誰が読んでもスペイン内乱の話だわなw
>ある国々は、彼ら自身の自由
>を要求しながらも、他国に自由を与えることを拒んでいる
が日本のことを指すといえばそれもありだが。

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:51:08.41 ID:JFTH7R+rP
>>663
んで警告なしでなかったことは理解できたのか?
つまりこの演説の中の爆撃に南京爆撃は該当しないんだよ。
お前のはなんの反論にもなってないだろ。

>>665
それが国共合作となんの関係が?
蒋介石がそんなに民衆思いだったかと聞いたのに華北への非難?

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:51:41.10 ID:xQCEKGFf0
>>662
>華北は占領されても気にもならないが
>都市爆撃だけは共産党と組んでも阻止すべきだとかいう妄想はどこから来たんだ?

蒋介石に限らず、中国国民も米国も
海軍がやった南京無差別爆撃を非難しており
他の事は特に非難していない。


669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:52:10.35 ID:6g+xkCOH0
>>663
山本五十六が実行を命じたとも書いてないですね。
いつになったら、山本五十六が実行を命じたソースが出るの?

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:55:46.00 ID:xQCEKGFf0
>>669
山本以外に前例の無い渡洋爆撃を主導できる人物は
当時の海軍にはいない。

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:57:49.26 ID:6g+xkCOH0
>>668
ttp://www.geocities.jp/nankin1937jp/page020.html
(1)南京爆撃は、日中両国の(国家レベルの)大規模な武力衝突の後に発生したものであり、両国とも紛争状態にあることを認識していたので、いわゆる奇襲攻撃ではない。
宣戦布告は開戦手続きの一つにすぎないので、両国が実質的に紛争(事実上の戦争)状態にあれば、武力行使に先立つ宣戦布告・通告はかならずしも必要ではない。
国家レベルの武力衝突が始まった第二次上海事変においては、中国側が先に武力を行使したと思われるので、むしろ宣戦布告を行なう責任は中国側にあるとも考えられます。
(この点は宣戦布告のページで説明しました)
(2)南京爆撃は、軍事目標主義に沿って行なわれ、無差別に市街地を狙ったものではない。空爆というのはその性質上、一般市民に多大な被害をもたらすものであるが、
これは現在でも止むを得ないと考えられている(空爆自体は禁止されていない)。例えば当時既に中国側も爆撃により市民を殺傷しており、後に連合国が行なった数万人単位の
市民大量殺戮爆撃など比較しても、南京爆撃が特別残虐であるとは言えない。
(3)南京爆撃が大規模になり、誤爆が予測されという理由で、日本軍は軍事上の不利を承知で、爆撃予告を行なっている。

 このように、隔離演説をもって日本軍の南京爆撃を非難するのは基本的に無理があると考えてよいでしょう。

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:58:27.01 ID:6g+xkCOH0
>>670
だからさっさと山本五十六がやらせたソースの提示をどうぞ。

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:58:34.62 ID:JFTH7R+rP
>>668
それはお前が無知なだけ
さっき出した資料にすら目を通すことを拒んで
いったい何を語りたいんだ?

条約局第三課『第百回理事会ニ於ケル日支問題討議ノ経緯』昭和13年2月 アジア歴史資料センター:B04013944900 2画像目

(註)顧維鈞ノ演説ノ要旨左ノ如シ。
「昨年十月ノ連盟総会決議以後モ日本ノ侵略ハ続行強化サレ北ハ済南、中央ハ上海、南京、杭州等何レモ占領サレ已ムナク首都ハ重慶ヘ移サルルニ至リ
又日本海軍ハ南支ノ小島嶼ヲ占領シ空軍ハ無防備都市ノ空爆ヲ続行シツツアリ。
嘗テ厳格ナル訓練ヲ誇リタリシ日本兵士ノ其ノ占領地帯ニ於ケル暴虐野蛮ナル行動ハ言語ニ絶シ
其ノ幾多ノ事例ハ中立国ノ目撃者ヨリ報告サレ外国新聞ニ報道セラレタル通ナリ。

つか普通に侵略に対する非難決議も国際連盟で決議されているというのに
見たくないものを見ないで語る歴史ってデタラメ以外なにかあるのかw
そんなんで他人を騙そうとする人間性の劣悪さを自覚しろよ。

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:59:08.34 ID:xQCEKGFf0
だいたい中国は南京大虐殺なんか、当時全く抗議してないが
海軍の南京爆撃は猛烈に抗議している。

しかし戦後日本と中国共産党は、後者を黙殺し
前者を捏造して大々的に宣伝してきた。

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 00:59:57.48 ID:6g+xkCOH0
>>670
山本五十六は軍政系の人間で軍令系の経歴がないので、作戦立案は不可能だが。

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:00:49.93 ID:xQCEKGFf0
>>673

●山本五十六が強行させた海軍の南京無差別爆撃によって
アメリカ大統領が、歴史上始めて日本を激しく非難した。


隔離演説(1937年10月5日)
--------------------------------------------------------------------------------
 日中戦争の勃発により、アメリカが国家の意思として初めて日本を批判した演説。
ルーズヴェルト大統領は世界に不法状態を生み出している国家を国際社会から隔離すべしと演説した。

隔離演説(一部)
宣戦の布告も警告も、また正当な理由もなく婦女子をふくむ一般市民が、空中からの爆弾によって仮借なく殺戮されている戦慄すべき状態が現出している。
このような好戦的傾向が漸次他国に蔓延するおそれがある。彼ら平和を愛好する国民の共同行動によって隔離されるべきである。
出典『戦史叢書籍・支那事変陸軍作戦T』




677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:03:14.68 ID:xQCEKGFf0
>>675
当時の海軍は海軍省が何もかも主導している。
軍令部は参謀本部に対抗して無理やり作った組織で
当時全く機能していない。


678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:03:59.89 ID:JFTH7R+rP
>だいたい中国は南京大虐殺なんか、当時全く抗議してないが
>海軍の南京爆撃は猛烈に抗議している。
だから出した資料くらい目を通せよw

嘗テ厳格ナル訓練ヲ誇リタリシ日本兵士ノ其ノ占領地帯ニ於ケル暴虐野蛮ナル行動ハ言語ニ絶シ
其ノ幾多ノ事例ハ中立国ノ目撃者ヨリ報告サレ外国新聞ニ報道セラレタル通ナリ。

猛烈に抗議してるな。
南京大虐殺どころか陸軍がやらかしてる全ての戦争犯罪に対して。
対して空軍ハ無防備都市ノ空爆ヲ続行シツツアリ。 程度のことしかいってないわけだが、
そもそも南京は無防備都市ではないのでこれにはあたらないとさえいえるのだがねw

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:06:12.38 ID:6g+xkCOH0
>>677
>当時の海軍は海軍省が何もかも主導している。
>軍令部は参謀本部に対抗して無理やり作った組織で
>当時全く機能していない。

あの・・・伏見宮が、海軍省の権限をほとんど軍令部に奪ったあとなんだが。
そのけんで井上成美が抵抗して南雲に殺すぞと脅されて左遷喰らってるんだけど。


680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:09:10.21 ID:6g+xkCOH0
>>677
wikiより

海軍軍令部長・軍令部総長時代は、軍令部が権限強化に動き出した時で、博恭王自身も(陸軍と違い、伝統的に海軍省優位であった海軍にあって)
軍令部権限強化のための軍令部令及び省部互渉規定改正案について「私の在任中でなければできまい。ぜひともやれ」と高橋三吉、嶋田繁太郎といった
軍令部次長に指示するなど、艦隊派寄りの政策を推進し、日独伊三国同盟・太平洋戦争(大東亜戦争)と時代が移る中で海軍最高実力者として大きな発言力を持っていた。
太平洋戦争中においても、大臣総長クラスの人事には博恭王の諒解を得ることが不文律であった。

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:09:58.14 ID:JFTH7R+rP
>>677
ソースをどうぞw
逆のソースならすぐに出せるぞw

ttp://navgunschl.sblo.jp/article/35122379.html
このHPが比較的よくまとまってるな。

 「海軍軍令部条例第3条」
      海軍軍令部長は国防及用兵に関することを参画し親裁の後之を
      海軍大臣に移す

            ↓ ↓ ↓

 「軍令部令第3条」
      総長は国防用兵の計画を掌り用兵の事を伝達す

 これによって、軍令部総長は平戦時を問わず用兵に関することは総て自ら海軍の部隊に伝達・命令することができるようになりました。

なんでそう適当なデタラメをいうのやら。
本当に歴史には興味がないんですねえ。

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:12:49.31 ID:xQCEKGFf0
>>678
海軍が泥沼化させた後の話だろが。
海軍の無差別空爆が、そういう結果を招いている。

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:16:04.92 ID:Z+bvSyb30

★バー・モウ博士  ビルマ(ミャンマー)初代首相

「歴史的に見るならば、日本ほどアジアを白人支配から離脱させることに貢献した
国はない。真実のビルマの独立宣言は1948年の1月4日ではなく、1943年
8月1日に行われたのであって、真のビルマ解放者はアトリー率いる労働党政府では
なく、東条大将と大日本帝国政府であった」

(バー・モウ博士著『ビルマの夜明け』より)


684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:17:00.85 ID:xQCEKGFf0
>>681
軍令部が多少権限を得たと言っても
航空作戦は別。
航空作戦、特に渡洋爆撃なんかは航空本部を持つ海軍省
でしか出来ないわ。

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:20:21.97 ID:6g+xkCOH0
>>684
用兵に関する権限全てと書いてるのが読めませんか?
海軍省がやってるのは航空行政であって航空作戦ではありませんよ。

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:21:17.68 ID:JFTH7R+rP
>>682
言い訳にしても見苦しすぎるw
爆撃だけが問題ならそもそもこんなこという必要すらないわ

>>684
なんで航空行政をおこなう航空本部だけが
航空作戦を行えるんですかw
ソースをどうぞといったのに妄想を出されても困りますよ。

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:22:25.42 ID:xQCEKGFf0
>>685
バカかおまえ?
当時まだ手探り状態の航空作戦を
軍令部が作戦立案なんか出来るわけ無いだろボケが。

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:24:32.86 ID:6g+xkCOH0
>>687
作戦の立案部門を持たない航空本部には無理だと言ってるんですが。
航空本部って用兵側の要望を取り入れて、航空機の開発、要員の訓練を行うところで、
作戦の立案は職掌の範囲外です。

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:26:14.13 ID:JFTH7R+rP
>>687
バカはお前だw
なんで当時手探り状態の航空行政をやってる海軍省が
軍令部をさしおいて作戦立案なんか出来るんだ。
そういう状態であったのならソースをどうぞといってるのに妄想を出してなにがしたいんだ?
というか作戦研究は軍令部の仕事で
手探り状態だったのなら経験者が海軍省にいるから作戦をやれたとかいう話も無くなるわけで
海軍省なんかにできるわけないだろw

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:26:48.19 ID:6g+xkCOH0
>>687
もともと海軍の外局、艦政本部からの分離独立した組織なので、
作戦への関与は行えませんよ。

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:28:33.59 ID:xQCEKGFf0
>>688
だまれ在日。
形式上は海軍省が命令を出しているわけではないが
実質的には何もかも海軍省がやっていた。
と言ってるんだが?

形式論では指揮は全て天皇が出しており
他のものは権限はなかったので責任は無い
ってっことになる。


692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:29:49.06 ID:JFTH7R+rP
一例をあげると軍令部は昭和8年に南雲に命じて
軍令部航空戦教範を起草させたりの作戦研究を行っているのだが
なんでそんなことをやったこともない海軍省に出来て
軍令部が作戦立案なんか出来るわけ無いだろということになるんだろう
バカの考えることはよくわからんなあ。

君の言うような異常事態が起こっていたというならソースをどうぞ。
本当に何回繰り返させるんですかねえ。
根拠のないデタラメを繰り返したら歴史となにか関係のあることでもわかるんですか?

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:31:40.94 ID:JFTH7R+rP
>>691
言うのはもうそういう無駄な言葉は結構ですから
さっさとソースを出してくれませんか?
デタラメをさらにデタラメで塗り重ねても史実とは関係ありませんよ。
はっきりいって事実に基づかないことならさっさと黙ってくれませんか。

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:33:45.27 ID:xQCEKGFf0
>>692
まあ、おまえみたいな左翼の詭弁に
だまされるバカはいない。
詭弁をいくら積み上げようが、世間からどんどん主張の支持を
失うだけ。
おまえは世間をなめている。

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:35:34.62 ID:xQCEKGFf0
>>693
おまえがさっさと朝鮮へ帰れボケw
キチガイにソース出せと言われて
出すバカはいない。

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:37:40.01 ID:xQCEKGFf0
しかし朝鮮人の態度はふざけている。
日本人をなめている。
このスレを観て、日本人はそう思うだろうな。

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:37:59.97 ID:6g+xkCOH0
>>695
ソース出せないでたらめだと告白してるも同じですよそれ。
ソース出されて、罵倒で逃げるって議論もクソもない最低の手口ですが。

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:38:51.24 ID:6g+xkCOH0
>>696
同じコピペの連投と罵倒しかしてないあなたに呆れるだけだと思いますが。

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:39:21.60 ID:xQCEKGFf0
>>697
だまれ朝鮮人w
とっとと半島へお帰りくださいませwww

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:40:49.16 ID:6g+xkCOH0
>>699
あんたのやってることが朝鮮人ですが。
嘘も100回言えば本当になるを地でやってますが。

説得力のあるソースをいい加減出してくださいよ。

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:43:10.85 ID:xQCEKGFf0
>>700
朝鮮人に出すソースなど
日本には無いw

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:48:20.01 ID:xQCEKGFf0
在日が東条を罵倒し、山本五十六を擁護する主張を
必死にやっているが、在日のアホがそれをやると
逆効果にしかならない。
在日はアホだから、世論の共感を得るような主張を
する能力が無いんだろうなw

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 01:49:29.18 ID:xQCEKGFf0
在日が東条を罵倒し、山本五十六を擁護する主張を
必死にやっているが、在日のアホがそれをやると
逆効果にしかならない。
在日はアホだから、世論の共感を得るような主張を
する能力が無いんだろうなw

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 02:23:41.22 ID:xQCEKGFf0
日本が対米戦争へつながる暴走を始めた起点は
明らかに第二次上海事変で、それは山本五十六が主導したことが明白な
海軍の都市無差別爆撃によって勃発している。

しかしこの事実を多くの日本人が知らない現実がある。
何で日本が勝算ゼロの対米戦争へ至ったか
そんなことは、どうでも良いことなんだろうか?
自国の近代史にこれほど無知な国は、世界に無い。
小説家が捏造した歴史を、鵜呑みにしているバカな国は
世界中で日本しかない。
こんなんでいいんだろうか?

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 03:34:38.87 ID:KvzD8dd80

山本は海軍と称される多くの組織や軍の中の1軍司令官であるに過ぎない。
ここでの山本批判者は海軍の行動の全てを彼の責任とする。
これがそもそもトンデモない間違いであることに気が付かないのか。
そうではない。わかっていてやっている。
山本に「ねたみ」を感じているだけだろ。
女子供のような根性の者ばかりだっちゅうことだな。







706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 03:42:01.14 ID:KvzD8dd80
>>704
典拠示してくださいませ。


707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 04:54:47.04 ID:bQvhrB3+0
>>704
>日本が対米戦争へつながる暴走を始めた起点は
起点は満州事変でしょ。陸軍の起こした。

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 08:59:26.27 ID:JFTH7R+rP
>バカかおまえ?
>当時まだ手探り状態の航空作戦を
>軍令部が作戦立案なんか出来るわけ無いだろボケが。
バカかおまえ?
わずか5年前の第一次上海事変で短い期間とはいえ
100機以上の航空機を繰り出し洋上航空戦まで経験した
日本の軍令部が作戦立案が出来ないわけ無いだろボケが。

だいたい手探りとかいってるんだが航空機の採用から20年以上経ってるのに
軍令部は航空機を使った作戦立案能力をなぜか軍政が仕事の海軍省に丸投げって、
それを根拠もなしに信じるバカがいったいどこに居るんだ?

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 11:26:27.29 ID:16rnld+90

★南京無差別爆撃

1937年9月22日及び23日から始められた南京および広州に対する爆撃は、
抗議の嵐を呼び起こし、それは国際連盟の極東諮問委員会の決議において最高潮に達した。
イギリス外務次官のCranborne卿は彼自身の声明の中で義憤を表明した

こうした空襲の報せが文明社会の全体から届く事に対する底知れぬ恐怖の感情は言葉では表せない。
実際に戦争状態となっている地域から遥かに遠く離れた場所に対してこうした空襲が頻繁に行われている。
軍事上の目標がある場所が、完全に二次的な目標として扱われているように見える。
第一の目標は市民の無差別殺戮を行う事により恐怖心を与える事のように見える


710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 11:28:47.05 ID:16rnld+90
南京無差別爆撃の責任は、米内と山本五十六にある。
どちらが主導したかといえば、そりゃ山本五十六に決まっている。

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 11:34:44.48 ID:JFTH7R+rP
>>709
誰も爆撃が非難されてないなんていってないからなあw
さっさと北平占領はなんとも思われなかったけど
爆撃だけが中国国民を駆り立てたソースを頼むよ。
もう何ヶ月も中国人が爆撃をどう思ったという資料がいっさい出てこないのに、
いったい君は何を元にそんなことをいってるんだい?
軍令部と海軍省についても単なる思いこみであることは実証されているし、
君の妄想と歴史とは別物だと言うことをいい加減理解して貰いたいものだ。

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 12:14:43.29 ID:16rnld+90
>>711
中国政府が反日戦を決定的に決意したのは
共産党軍を国軍(8路軍)に編入した時で、
それは第二次上海事変(南京無差別爆撃)勃発が
それを決定付けたんだろ。
それ以前、盧溝橋事件なども無関係ではないが
決定打になるほどの大事件ではない。

それは世界の報道から見て、南京無差別爆撃だけが突出しており
他は殆ど報道されておらず大した事件との扱いではないので
南京無差別爆撃が中国でも世界でも
決定的な出来事だったのは明らか。

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 12:24:14.23 ID:6g+xkCOH0
>>712
世界的には、南京虐殺事件のほうがはるかに上だけどな。
英文wikiにすら、南京無差別爆撃事件の単独ページ無いし。


714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 12:25:25.41 ID:16rnld+90
軍政に責任が無いというなら東条や武藤にも責任は無いが
東条と武藤は戦犯として処刑されているのだから
中国との戦争を実質的に主導した海軍の
米内と山本五十六にはそれ以上の罪があって当然だな。

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 12:27:48.48 ID:16rnld+90
>>713
>世界的には、南京虐殺事件のほうがはるかに上だけどな。

日本と中国共産党だけだろ。
南京無差別爆撃という重大な出来事を隠蔽し、他を宣伝しているのは。
世界の認識とは違う。

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 12:33:06.91 ID:16rnld+90
731・南京虐殺の訴訟は中国共産党員による活動だが、
無差別爆撃の訴訟は、普通の中国市民の訴えであろう。
しかし日本では後者は黙殺され、共産党の工作ばかりが
伝えられている。

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 12:53:46.19 ID:JFTH7R+rP
>>712
だからお前は何度ソースを出してくれと言われれば気が済むんだ?

>それは世界の報道から見て、南京無差別爆撃だけが突出しており
単なるお前の無知。
みたいものだけ見れば砂漠だって水の豊かな土地だなw

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 12:59:36.99 ID:JFTH7R+rP
んで、盧溝橋が決定的なソースな。

ttp://binder.gozaru.jp/syou.htm
 抗日全軍将兵同志諸士!
 今次の蘆溝橋事件に際し、日本軍は卑劣極まる欺瞞的
手段によつて我が天津及び北平を占拠し、我が同胞民衆
を殺害したが、我が国にとつてこれ以上の大なる恥辱は
ない。これを思ふ毎に、余は実に痛心限りなきものがある
のである。
  満洲事変以来、吾等は忍耐に忍耐を重ね退譲に次ぐに
退譲を以てしたが、日本は益々凶暴圧迫を恣にしてその
止まるところを知らない。かくて吾等は忍ぶに忍び得ず
退くに退き得ない事態に陥り、全国一致決起して日本と
死活の勝負を決するの已むなきに至つた。しかも吾等軍
人は平素より全国同胞の膏血による給養を受けてゐる。
吾等はこの秋に当り、如何に勇奮力闘して保民保国の重
責を果すべきであるか?
 余は全国を統帥し、国家の存亡、将兵の生死に対して
全責任を負ふべき地位に在るが故に、自己の心力を竭し
て最後の勝利を獲得しなければならないのである。
 余は常に「戦へば必ず勝たねばならない」と言つて来
た。我が全将兵は一心一徳、命令に服従すれば即ち足
る。その結果は必ず日本軍を撃破し、我が国辱を雪ぐこ
とが出来るのである。
 今直ちに日本に対する決死の抗戦を開始せんとするに
当り、最も重要なる五つの事項を示して玄に全将兵の注
意を喚起せんとする次第である。


719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 16:18:16.19 ID:CFZAjZi70
何が何でも日本と米中を戦わせたいと考える
共産主義者を大喜びさせる決定的愚行を、
山本五十六は二度まで強行しやがった。

・南京無差別爆撃
・真珠湾奇襲

こいつが日本の戦犯でなくして
ほかに戦犯がいるんだろうか?


720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 21:20:22.52 ID:0bYi22LK0
山本は海軍と称される多くの組織や軍の中の1軍司令官であるに過ぎない。
ここでの山本批判者は海軍の行動の全てを彼の責任とする。
これがそもそもトンデモない間違いであることに気が付かないのか?
そうではない。わかっていてやっている。
山本に「ねたみ」を感じているだけだろ。

女子供のような根性の者ばかりだっちゅうことだ。

いつから、こんな女の腐ったような奴らばっかりになったんだ。


721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 21:27:57.53 ID:CFZAjZi70
山本五十六が恨まれているのではなく
五十六信者の過去の言動が恨みを買ってるんだろ。
だから山本五十六が叩かれても仕方が無いw

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 21:28:25.07 ID:0bYi22LK0
山本を批判する者はその主張の根拠を示すことができない。

出してくるもんはそこらの週間紙のウワサ記事か
興味本位で売ろうとするデタラメ本ばっかりではないか。



723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 21:29:47.08 ID:lFBVUDhx0
>>722
山本五十六を美化したデタラメのクソ映画よりは
事実を指摘している。

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 21:31:21.30 ID:0bYi22LK0
>>721
教えてちょうだいな。
例えば、どんな言動ですか?

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 21:36:39.09 ID:0bYi22LK0
いつから日本人はめめしく卑怯な人間どもになったんだ!
昭和18年4月に戦死している人物を罵倒して何になるか!
東京裁判で陸軍関係者に罪を被せる策謀をしたわけではない、
映画の主人公にしてくれなどと要求したわけでもない。
作戦は天皇陛下の承認を得、首相、陸海軍合意の上で実施されている。
山本は海軍と称される多くの組織や軍の中の1軍司令官であるに過ぎない。
ここでの山本批判者は海軍の行動の全てを彼の責任とする。
これがそもそもトンデモない間違いであることに気が付かないのか。
昭和18年4月に戦死している人物が、
東京裁判で陸軍関係者に罪を被せる策謀をしたり、
映画の主人公にしてくれなどと要求したわけでもない。
作戦は天皇陛下の承認を得、首相や陸軍も承知済み、
陸海軍合意の上で実施されている。
いつから日本人はめめしく卑怯な人間どもになったんだ!


726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 21:57:43.80 ID:JFTH7R+rP
>>720-725
なにひとつ根拠も出せずに演説がしたいっていうならこの板から出てってくれませんか?
オカルト宗教板あたりがお似合いの板違いの行為をいつまで続ければ気が済むんです?

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 22:10:38.50 ID:lFBVUDhx0
>>724
ノモンハンの夏とかで辻と服部を罵倒しまくってるじゃないか。
山本五十六が強行した愚かな太平洋戦争まで
辻、服部こいつらがしでかしたと嘘ばかり言い張って
誹謗中傷して山本五十六を善人に仕立てようとしている。

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 22:21:38.44 ID:t7JHZwhG0
東条は真珠湾奇襲に関わってないから戦犯ではない。
海軍が独断で勝手に強行した作戦だからな。

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 22:33:08.58 ID:6g+xkCOH0
>>727
そもそもノモンハンの戦いを書いた本で、辻と服部を絶賛してる本が存在するのか?

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 22:38:01.15 ID:JFTH7R+rP
>>727
ほとんど資料にふれないお前さんがどうやって嘘だとわかったのw
無知からくる単なる思いこみで誹謗中傷して楽しい?

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 22:42:45.59 ID:zcIUib3c0
>>730
嘘で世論を扇動するアホ作家の半藤一利の小説に
事実など書いてるわけが無いw

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 22:48:35.70 ID:JFTH7R+rP
>>731
つまり嘘ばかり言い張って誹謗中傷しているわけですな。
ま、海軍省が航空作戦立てたとか根拠資料一つだせずに言ってる時点で
ただの妄想で他人を貶そうとしているだけのクズというのが実証されてるわけですがw

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 22:53:56.17 ID:zcIUib3c0
>>732
渡洋爆撃を山本五十六が主導したのではないというなら
だったら他にだれが主導したと言うんだ?
アホの五十六信者は答えてくれw

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 23:02:17.10 ID:JFTH7R+rP
>>733
軍令部。それ以外の答えがあるのか?

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 23:06:54.91 ID:zcIUib3c0
>>734
根拠は?
直前に創設された第一連合航空隊とか
軍令部が主導したのか?

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 23:17:12.47 ID:JFTH7R+rP
>>735
創設という編制に関しては軍政の範囲、
それにどのような作戦を与えるかというのは軍令の範囲。
むしろ、軍令部が勝手に部隊を創設したら怖いわw

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/22(日) 23:38:25.91 ID:97U7rFV90
アホがなにをほざこうが
南京無差別爆撃は、当時海軍次官で海軍全体を牛耳っていた
山本五十六が強行したという事実は
動かしようが無いw

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 00:05:08.01 ID:I+NZiysH0
>>737
だから、山本五十六が強行したソースをどうぞ提示してください。

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 00:06:02.02 ID:O1AgruBxP
>>737
反証ひとつ出すことが出来ず罵倒が始まったということは
論破終了でよろしいですね。
ご理解いただいてなによりです。
ついでに根拠のない思いこみ=嘘で誰も騙せないことを理解していただきたいものですね。

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 00:09:12.48 ID:O1AgruBxP
というか伏見宮軍令部が海軍省の権限を大幅に奪っていったこの時期に
山本が海軍全体を牛耳っていたとか頭が悪すぎるわw
なんで牛耳ってる山本が暗殺を恐れてGF長官にならざるを得なかったんだよw
そんだけの権力持っていたら三国同盟も結ばれずに
好機南進とかありえず対米関係もうまくいってただろうな。

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 00:18:30.99 ID:g/eKqzHr0
>>740
伏見宮は嶋田海相に早期開戦を指示するなど
完全に山本五十六の妄想に犯されている。
海軍は三国同盟を支持する交換条件として、南部仏印進駐を
陸軍に要求し、それを実現したと言われている。
要するに海軍と山本五十六に、国益の視点などまるきり無い。


742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 00:24:16.96 ID:g/eKqzHr0
山本五十六は海相に米内を抜擢するという事を実現させ
あとは好き勝手にやりたい放題。
ここまで出来たのは、よほど伏見宮が山本を信用していたからだろうが
とにかく山本五十六の独裁体制はこうして確立した。

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 00:29:52.86 ID:I+NZiysH0
>>741
それを証明するソースをどうぞ。
山本五十六が、嶋田大将の東條追従ぶりに呆れてた記録が残ってますけど。

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 02:59:26.56 ID:g/eKqzHr0

しかし、この「戦争終末促進に関する腹案」の基本方針に反することを、最初から実施し、
しかも順調に進んでいた第二段階を自ら放棄して、結局、腹案全体の戦略と戦術、我が国家の基本戦略を崩壊せしめた人物がいた。
我が国から統合幕僚本部を喪失させた山本権兵衛に続く、海軍のもう一人の山本。山本五十六連合艦隊司令長官である。
山本五十六は、矢を弓から放ったのである。しかも安全な瀬戸内海の戦艦長門のなかからである。
軍令部総長でもあるまいし、実戦部隊の司令長官なら、ハワイまで行けと言っておく。
元に戻って、空母機動部隊の出撃のこと、東条以下政府そして参謀本部、誰も知らない。
一体これが、近代国家が総力戦を始める際の出来事か。
これでは、山本が勝手に連合艦隊を動かして対米戦争を始めたようなものではないか。
十一月十五日に、大本営政府連絡会議で「腹案」を決定したばかりの東条首相と参謀本部は、連合艦隊の出撃後の何日かに、
その事実を知らされた。矢は既に放たれているではないか!と、腰を抜かしたはずだ。

なお、軍令部総長は、政府と陸軍以前にそのことは知らされていたと思われる。
難色を示す軍令部総長に、山本は、駄目なら俺は司令長官を辞める、とごねた。
この点も、日露開戦の迫る時期に、持論実現を迫った明治の山本と昭和の山本は似ている。
以上の通り、統帥が分裂している国家的欠落の結果、既に決定された基本的国家戦略に反する形で戦端が開かれた。

「西村真悟の時事通信」

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 06:59:10.69 ID:I+NZiysH0
>>744
拘束力も何もないから当たり前>腹案

何回同じコピペ貼るの?

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 13:10:10.07 ID:5fSftSJE0
>>743
記録などは改ざんがあるから当てにならんだろう。
記録ではなく君の記憶にある事を述べたまえ、
よもや当時の事を知らないで記録などだけを鵜呑みに語っているのではあるまいな。

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 18:20:09.60 ID:px0pDGQu0
>>744
また出してるか。
これまで何度も記したが西村眞吾ら多くの作家がトンデモない間違いをしている。
好意的に解釈すれば、「東条」と「東郷」を混同しているからと思われる。
外相東郷は攻撃相手と時期は知っていたがハワイとは知らなかったようだ。

「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」は11月15日に出たが、
これによってそれまでの国策が変更された訳ではない。
ドイツの勝利を前提とした単なる「様子見」の願望事項を決めたというだけ。
「独伊との調整を経たものでもなく、腹案の域を脱しないものであった。」 と描かれている。
(出典:戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂)
この本の693ページ中の1ページにもならない記述には
この腹案が他へ与えた影響や繋がりは全く記述されてない。


748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 18:29:47.06 ID:X+0mp6aw0
>>746
資料否定で思い込み勝負ってはなから妄想演説宣言かよW


749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 18:43:34.55 ID:A0rw69/90
従軍経験の無い者が、帝國陸海軍を語るとは烏滸がましい限りだ。

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 18:54:56.21 ID:px0pDGQu0
>>593
>>596
陸軍が対米戦を考えたことはない?

南部佛印進駐の投じた波紋は対米情勢の悪化を招いた。
在米日本資産凍結、石油輸出の全面禁止、在英日本資産凍結、日英通商航海条約等の廃棄、
在蘭資産の凍結と日蘭民間石油協定の停止を招いた。
それまでにも米国は屑鉄と鋼鉄の対日輸出を禁止、日米通商航海条約廃棄、蘭印ほか
ブラジルやアフガニスタンなどとの石油などの資源買い付け交渉に介入妨害し断念させた。
日本は石油の約8割をアメリカから輸入していたため、このうちのアメリカの石油輸出全面禁止が
深刻となり、日本の国防上死活の重大問題となった。国策の根本を動かすものとして統帥部の
頭上に重くのしかかってきた。
早期に開戦しないとこのままではジリ貧になると陸軍を中心に強硬論が台頭し始める事となった。

『大本営陸軍部戦争指導班 機密戦争日誌』の8月2日に次ぎのように記されている。
「対米戦争は百年戦争ナリ 帝国ハ遂ニ之ヲ回避スルノ方法ナキヤ 同盟電ニ依レハ石油ヲ禁輸スルトイフ 
事実ナリトセハ遂ニ百年戦争避ケ難キ宿命ナリ 軍務課対英米戦争ヲ決意スヘキ御前会議ヲ提議シ来ル 
陸軍省軍務課ノ対英米決意ハ強硬ナルモノアリ」。
対ソ武力行使論などは影が薄くなってきて、8月5日頃には「対米戦争か平和か」の関頭に立っていた。
8月12日、岡本第2部長は次の要旨の意見を田中第1部長に開陳した。
「略、6、日本の対米戦は世界戦争への一環として、独逸の活躍時に選択されなければならぬ。
略、7、対米忍耐にも限度があるといわねばならぬ。略」。
8月19日、即時戦争決意を建前とする修正案「帝国国策遂行要領」が陸軍省側に提示され、
陸軍省は海軍案(決意せずに戦争の準備)を取り入れた案を参謀本部に回答した。
「8月22日参謀本部は陸軍省案を多分に加味し、且つ対米英戦争決意を冒頭に明記した案について、
4時間にわたる部長会議の結果これを採択した。」

このようにして参謀本部は本年中の北方解決を断念し南方へ向かう方針に変わった。

11月19日大本営陸軍部は南方軍総司令官と南海支隊長とに対し命令書を交付した。
「南方軍総司令官ニ与フル命令」
1、帝国ハ米国、英国及蘭国ニ対シ開戦決意スルニ決ス
2、南方軍総司令官ハ12月X日進攻作戦ヲ開始スベシ
略。

「南海支隊長ニ与フル命令」
1、帝国ハ米国、英国及蘭国ニ対シ開戦決意スルニ決ス
2、南方軍ハ12月X日進攻作戦ヲ開始シ速に・・・・ヲ攻略ス
略、

出典:出典:戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂)
出典:wikipediaABCD包囲網


751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 19:04:41.68 ID:px0pDGQu0

「8月22日参謀本部は
陸軍省案を多分に加味し、且つ対米英戦争決意を冒頭に明記した案について、
4時間にわたる部長会議の結果これを採択した。」



752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 19:27:54.83 ID:px0pDGQu0

「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」
は11月15日に出たが、 これによってそれまでの国策が変更された訳ではない。

ドイツの勝利を前提とした単なる「様子見」の願望事項を決めたというだけ。

「独伊との調整を経たものでもなく、腹案の域を脱しないものであった。」 と描かれている。
(出典:戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂)

この本の693ページ中の1ページにもならない記述には
この腹案が他へ与えた影響や繋がりは全く記述されてない。


753 :紅小路さゆり:2012/07/23(月) 19:55:38.22 ID:px0pDGQu0

「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」

「独伊との調整を経たものでもなく、腹案の域を脱しないものであった。」
(出典:戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂)



754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 20:10:34.24 ID:g/eKqzHr0

『「太平洋戦争」は無謀な戦争だったのか』 
ジェームズ・B・ウッド【著】

茂木弘道【訳者まえがき】

大東亜戦争は絶対的に勝てるはずの無い無謀な戦争であった、と思い込んでいる人が多い。
確かに、昭和十九年後半以降の圧倒的な負け戦を見せつけられ、そして日米生産力、軍事技術力、戦力の差というものを見せられると、
そう思い込むのも無理のないことではある。

しかしながら、例えば日米戦力の差といったものも、開戦時で見ると日本の方がかなり優位にあったのが事実である。
また、「戦力は根拠地から戦場への距離の二乗に反比例する」というよく知られた戦いの原則からすると、
たとえアメリカが日本の十倍の戦力を持っていたと仮定しても、戦場の選び方によっては、
たとえば決戦場をアメリカから四、日本から一の距離にあるところに選ぶとするとどうなるか。
アメリカは十の戦力が四の二乗=十六分の一、すなわち○・六二五となり、日本の一分の一=一の六割となって、
日本は圧倒的に優位な戦力と化すのである。

そもそも大東亜戦争に対する日本の基本戦略は、東南アジアの資源地帯から米英蘭勢力を駆逐した後は、
対米、すなわち太平洋は防御、攻勢の主方向は、インド洋と中国であった。
開戦直前の昭和十六年十一月十五日の大本営政府連絡会議で採択された「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」には
このことが明記されている。
この基本戦略通りに戦ったならば、日本が負けることにはなりえなかったと思われる。


755 :紅小路さゆり:2012/07/23(月) 20:29:33.48 ID:px0pDGQu0

「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」

「独伊との調整を経たものでもなく、腹案の域を脱しないものであった。」
(出典:戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂)

勝手な妄想と願望の腹案だった。
ttp://www.nids.go.jp/event/forum/pdf/2002/forum_j2002_7.pdf
ttp://ameblo.jp/nakagawahidenao/archive6-201102.html
ttp://covenants.jugem.jp/?day=20100711



756 :紅小路さゆり:2012/07/23(月) 20:33:13.81 ID:px0pDGQu0

アメリカの石油輸出全面禁止が 深刻となり、日本の国防上死活の重大問題となった。
国策の根本を動かすものとして統帥部の 頭上に重くのしかかってきた。
早期に開戦しないとこのままではジリ貧になるとして
「陸軍を中心に強硬論が台頭し始める」事となった。

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 20:35:14.13 ID:g/eKqzHr0

大東亜戦争の初め、東条首相は真珠湾攻撃を知らなかった。
これは東条のみでなく、陸軍全体が知らなかった。
誰もが驚くような話である。
何故かと言えば、日本軍の共同体の構造がそのようになっていたからだ。

『硫黄島 栗林忠道大将の教訓』小室直樹


だがこの時すでに、真珠湾作戦部隊はヒトカップ湾をハワイに向けて 出航している。
政府はこのことを知らされていない。

国家存亡の戦争を行う国の最高指導者が知らぬまに、そして 共同作戦をとる陸軍が知らぬ間に、
このような重大作戦が決行 される事など、最高指導者の下に統合幕僚組織のある
普通の国では考えられないことである。

『太平洋に消えた勝機』佐藤晃


「東條英機の暗夜の慟哭
ハルノートに接した日本は、昭和十六年十二月一日、開戦日を決定する御前会議を設けた。
開会の直前に、東條首相は杉山元参謀総長から耳打ちされた。  
『どうも海軍はハワイをやるらしい』
『なに、ハワイ。話が違うではないか』と東條英機首相は激怒している。
開戦前夜、東條英機首相は暗夜の公邸で慟哭している。
翌朝、日本帝国首相は真珠湾攻撃の成功をラジオのニュースで知るのである。
(早朝の電話報告で攻撃成功を知った、という説もある)。」

『日本人が知ってはならない歴史』若狭和朋

758 :紅小路さゆり:2012/07/23(月) 20:38:39.82 ID:px0pDGQu0

陸軍がハワイ作戦の計画を知ったのは8月22日である。
この日は参謀本部が対米英戦争を決意した日でもある。
以降、9月〜10月中には参謀本部作戦課の部員と海軍側部員とが相互の図上演習や研究会で
計画への理解を深め、9月17日第一案が海軍側に提示され、9月19日これへの海軍側対案が出された。
以後、両者の作戦部員間で調整が行われ、陸軍の南方作戦計画立案へ反映された。
10月末までには作戦は完成し、11月3日には杉山陸軍参謀総長と永野海軍軍令部総長が
昭和天皇に陸海両軍の作戦内容を上奏するため列立して読み上げた。
ハワイ空襲作戦も詳細な説明を行っている。ご下問奏答あり。
この時に杉山参謀総長は必ずそれを目にし耳で聞いたはずである。
参謀総長は当然それまでに部下からも連絡は受けていたろう。
そして陸軍大臣を兼務していた東条首相は参謀総長から
11月3日か4日には確実にその詳細を知らされたはずであるし、
首相就任前の陸相時代に既に概要を知っていたのは当然だ。
「東条英機宣誓供述書」に真珠湾攻撃に関する記述が最初に出てくるのは11月4日である。
この日の陸海軍合同軍事参事官会議での軍令部総長の説明についての描写に
「真珠湾攻撃の件については何等触るる処ありませんでした」と書いている。
東条さんがここで何故に、わざわざ、そのように記述したのか。
軍令部総長が「第一段作戦という言葉を使ってハワイ作戦を表現し、他者から秘匿していた」
ということを言っているのである。 東条さん自身も作戦を知っていたからそう言えるのだ。
これは前日に上奏した参謀総長よりハワイ作戦詳細の報告を受けたということを示唆している。

759 :紅小路さゆり:2012/07/23(月) 20:39:42.10 ID:px0pDGQu0

「東条英機宣誓供述書」より        

○11月4日の陸海軍合同軍事参事官会議で軍令部総長の説明の描写で
「真珠湾攻撃の件については何等触るる処ありませんでした」と書いている。
東条さんがここで何故に、わざわざ、そのように記述したのか。
軍令部総長が「第一段作戦という言い方でハワイ作戦を表現し、他者から秘匿していた」
ということを言っているのである。 東条さん自身も作戦を知っていたからそう言えるのだ。

○11月29日の重臣会議において東条さんは天皇陛下の前での自らの説明の際、
「ハワイ攻撃の事は勿論其他攻撃に関する純統帥事項は告げず」と記入している。
また、同日午前中、政府と重臣たちとの間の懇談で日米交渉のことについて問われた際、
「純作戦事項のことについては説明をさけたのであります」とも述べている。
意味は東条さんは知っていたが他の重臣たちに秘密が漏れないように、公表しなかったという意味だ。

○12月1日の御前会議の席上、東条さんは政府及び統帥部が原枢密院議長の質問に対して答えた際、
「この時の説明に際してハワイ攻撃其の他の統帥事項に関する具体的の事については少しも口外せず」と。
また、この席上で「私と海軍大臣を除く他の閣僚は事前に之を承知しておりません」と。

○12月8日未明、東郷外相よりルーズベルトからの親電を天皇陛下へ上奏可否を問われ、
「私は直ちに上奏には異存なしと告げるとともにもはや海軍の機 動部隊の飛行機は母艦より
飛行の開始を為しているであろうと答えたのでありました」と。

○「帝国は1941年12月1日より開戦準備に入り大本営陸海軍統帥部の
企画に基き敵の大包囲圏を「ハワイ」、「比島」、「香港」、及び「マレー」
の4箇所において突破するの作戦に移りました。
12月8日(日本時間)早暁其の攻撃を実施しました。
而してこの攻撃は何れも軍事目標に指向せられたのであります。
此の攻撃作戦は統帥部において極秘裡に進められたのであります。
私は陸軍大臣としてその概要を参謀総長より承知して居りました。」

760 :紅小路さゆり:2012/07/23(月) 20:42:18.39 ID:px0pDGQu0
東条英機首相と陸軍はハワイ攻撃を知っていたことを示す典拠@

○昭和16年8月に海軍より開戦劈頭に戦力差を埋めるための
真珠湾攻撃を研究中と内密に伝達されている。
「海軍が開戦劈頭真珠湾奇襲を研究中であることを、
陸軍側が知ったのは昭和十六年八月であった。
開戦当時における海軍の劣勢を補うためには最良の方法であること及び
絶対に秘密を保持されたいと伝えられた。 陸軍側は海軍の苦心のあるところを十分諒解し、
何等意見を述べなかった。そして陸軍側でこの作戦を知っていたものは、
参謀総長及び次長以下作戦関係主要幕僚の極めて少数と、陸軍省首脳のみであった。」
                      
出典: 明治百年史叢書杉山メモ 下巻 資料解説 P6

○昭和16年8月22日参謀本部は対米英戦争を決意した。
「軍令部作戦当局はハワイ空襲作戦と共に対米英蘭作戦構想の骨格を概成し、
8月22日、参謀本部作戦部に対し次のような要旨の検討案を連絡した。略、
軍令部が何ゆえ反対していたハワイ作戦について陸軍側に通告したか、おそらく陸軍側が
マレー作戦に対し過度に空母や飛行機の協力を胸算するのを封ずる為であったろう。」

出典: 戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂 P416 

○「海軍は 略 8月下旬にはハワイ空襲をも陸軍に通告するに至り」

出典: 戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂 P383

○「開戦にあたり、日本海軍真珠湾を攻撃する企図を以って研究中であることを、
陸軍側が知ったのは昭和十六年八月であった。これは軍令部作戦課から
参謀本部作戦課に極秘裡に通報せられたもので、
開戦当時における海軍の劣勢を補うためには最良の方法なること及び絶対に
秘密を保持せられたき旨が伝えられた。
陸軍統帥部は海軍側の苦心の存するところを十分諒解し、何等の意見を述べなかった。
陸軍側でこの作戦を知っていた者は、参謀総長及び次長以下作戦関係の
主要幕僚の極めて少数と、陸軍省首脳のみであった。」

出典: 「大東亜戦争全史」 著 服部 卓四郎(元参謀本部作戦課長) P.183

○9月11〜20日に海軍大学校において行われた海大図演に
参謀本部からも作戦関係部員が臨席した。
9月16日にはハワイ空襲作戦に関する特別図演が行われた。

出典: 戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂 P481 

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 20:44:47.51 ID:g/eKqzHr0
>>759
その「東条英機宣誓供述書」は知った日に関しては、内容がデタラメであることが裁判で証明されている。

キーナン検事「あなたは、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために、日本を出発した日を知っているでしょう」
東條英機「今知っているというお尋ねですか。その当時知っておったかというお尋ねですか」
キーナン検事「私が尋ねているのは、今知っているかということです」
東條英機「今、裁判所において私はその知識を得ました」
キーナン検事「いつ艦隊は出発しましたか」
東條英機「どこをですか」
キーナン検事「東京を」
東條英機「それは知りません。私がこの裁判所で得た知識は、ヒトカップ湾と言いましたかね。二十三日か、二十六日に出たというふうなことを知ったのです」
キーナン検事「あなたは現在、この連合艦隊の作戦命令は、十一月五日に発せられたということを知っておりますか」
東條英機「知りません。作戦準備命令がその頃出たということは、この法廷で承知しました。準備命令です。お間違えの無いように」
キーナン検事「そしてまたあなたは総理大臣として、この艦隊が十一月の二十三日にしろ、二十六日にしろ、日本を出発したということもまた知らなかったのですね」
東條英機「事実において知りません」
キーナン検事「そうして真珠湾に対する攻撃が現に起ってしまうのちにいたるまで、これを攻撃する意思を見出すことができなかったと推定するか ― 。」
東條英機「それは違った推定です。」
キーナン検事「それではあなたはいつ真珠湾を攻撃するということを、艦隊が真珠湾に向かって進行中であることを知りましたか」
東條英機「それは十二月一日の御前会議の決定にもとづいて、当然に私は攻撃を開始するということに向かって行動しつつある。こういうふうに想像しておりました。
しかもその間において日米交渉が万一にでも打開できれば技術上許す範囲において何時でも作戦行動を停止・・・・以下略」
話しを遮ってウェブ裁判長「それを知った日付を答えなさい!」
キーナン検事「法廷に申し上げます。この証人はばかばかしいほどの限度まで行き過ぎております。
私は単にいつ真珠湾攻撃の意思を知ったかというその日付を訊いただけであります。 証人に対して、この質問に答えるよう指示を与えていただきたいと思います」
ウェブ裁判長「証人、もし記憶しているならば、それを知った日付を述べなさい」
東條英機「それは一番最初にお答えしたと思うておりましたが、十二月一日の御前会議において知りました」
キーナン検事「私はあなたに対して長々しく退屈なことを訊くつもりはありませんが、ただこの点だけを明確にお尋ねします。
すなわち、あなたはこの御前会議において、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために進行中であったということを知りましたか。しかりとか、否とか答えてください」
東條英機「もう一遍言ってください」
ウェブ裁判長「この簡単な質問に答えなさい。あなたはいつ最初に真珠湾は攻撃されることになっているということを知りましたか。
それに対して一語、もしくは二語でごく簡単に答えることが出来るでしょう」
東條英機 「それは否と答えましょう。」
キーナン検事「それでは最初に知ったのはいつか。」
東條英機「イエスとかノーで答えるというのはツライです。御前会議においては真珠湾攻撃云々ということは出ていなかったのです。それを私は否と答えた。」
キーナン検事「それでは御前会議において作戦部隊が合衆国あるいはその領土を攻撃のため出動中であるといづことが明らかにされたか。」
東條英機「そういう作戦に関する具体的なことは御前会議、連絡会議において採り上げられませんでした。そういうことは統帥部から提案すべきものではないのです。」
ウェブ裁判長「いつ最初に真珠湾が攻撃されることになっていることを知ったか?」
東條英機「一日でしたか、二日でしたか、そこのところは日にちがはっきりしませんが、その辺のところです」
キーナン検事「いつの」
東條英機「昭和十六年十二月の」
キーナン検事「私はこの証人から非常に正確なことを聴きだすことが出来なかったことをお詫びいたします」

762 :紅小路さゆり:2012/07/23(月) 20:44:55.69 ID:px0pDGQu0
東条英機首相と陸軍はハワイ攻撃を知っていたことを示す典拠A

○参謀本部第一作戦部の「田中第一部長は9月22日の海軍研究会に臨み、
その状況を概要次のように記している。
略 6. ハワイ空襲をX日とすれば、マレーの航空第一撃はX日ないしX−1日とする。
但し上陸はX−1日夜に謀略を併用して行う。」

出典:戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂 P481

○「昭和16年10月9日ないし10月13日、山口県室積沖在泊中の旗艦「長門」において
連合艦隊のハワイ空襲作戦を含む最終図演が行われた。
これには参謀本部作戦課の久門有文中佐および竹田宮恒徳王少佐が加わった。」
「昭和16年10月19日、永野軍令部総長はハワイ作戦実施に同意の決裁を下した。
参謀本部首脳及び作戦当局はその計画を知らされていたので、
意見があれば表明し得る筋合いであるが、もとより、そのようなことはなかった。」

出典: 戦史叢書 大本営陸軍部大東亜戦争開戦経緯(5) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂
出典: 戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂 P406

○海軍軍令部が10月20日ハワイ攻撃を決定したのを受け、
陸軍側は南方作戦計画の時刻規制等を検討した。
「参謀本部は10月23日、次ぎのような研究案を得た。 略 
ハワイ空襲は日本時間のX日零時、すなわちハワイの黎明であるが
シンガポールにおいてはX−1日22時の真夜中前である。 略 
かくて大本営陸軍部としてはハワイ空襲とマレー作戦の時刻の規制に関しては
陸海軍中央協定所定でなんら差し支えないものと考えた。」

出典:戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂 P541〜543

○11月3日には永野海軍軍令部総長と杉山陸軍参謀総長が昭和天皇に陸海両軍の
作戦内容を上奏するため列立して読み上げた。ハワイ空襲作戦も詳細な説明を行っている。
ご下問奏答あり。

出典: 戦史叢書(76) 大本営陸軍部 大東亜戦争開戦経緯<5>  防衛庁防衛研修所戦史室編纂 P336

○「ハワイ奇襲実施についてもこのときに遅くとも正式な作戦として陸軍側に伝わっており、
東條首相自身、参謀本部作戦課に知らされている。」

出典: 『海軍大学教育』「第三章 真珠湾作戦と海大」実松譲 光人社
出典: 『明治百年史叢書 杉山メモ -大本営・政府連絡会議等筆記- 上下巻』参謀本部編 原書房

763 :紅小路さゆり:2012/07/23(月) 20:47:01.28 ID:px0pDGQu0
東条英機首相と陸軍はハワイ攻撃を知っていたことを示す典拠B

○11月3日に杉山元参謀総長と永野軍令部総長は列立して作戦計画について昭和天皇に報告した。
真珠湾攻撃の決行日についてのご下問奏答の一部。永野は開戦予定日を日本時間で答えている。  
御上:海軍ノ日次ハ何日カ
永野:8日ト予定シテ居リマス
御上:8日ハ月曜日デハナイカ
永野:休ミノ翌日ノ疲レタ日ガ良イト思イマス

出典:『明治百年史叢書 杉山メモ -大本営・政府連絡会議等筆記- 上下巻』参謀本部編 原書房

○11月4日、陸海軍合同軍事参事官会議での軍令部総長の説明についての描写で
「真珠湾攻撃の件については何等触るる処ありませんでした」と書いている。
東条さんがここで何故に、わざわざ、そのように記述したのか。
軍令部総長が「第一段作戦という言葉を使ってハワイ作戦を表現し、他者から秘匿していた」
ということを言っているのである。 東条さん自身も作戦を知っていたからそう言えるのだ。

出典:「大東亜戦争の真実―東条英機宣誓供述書」 WAC出版
出典:「東条英機宣誓供述書」 国立国会図書館近代デジタルライブラリー


○11月8日から3日間、陸軍大学校において連合艦隊司令長官と南方軍総司令官、
南方部隊指揮官である第2艦隊司令長官と南方軍総司令官との間で作戦協定が行われ
10日に調印された。開戦劈頭に機動部隊によるハワイ奇襲の計画があることや
その重要性をひそかに説明しハワイ作戦優先の了解を得た。東京協定と称せられた。

出典: 戦史叢書 「海軍航空概史」  防衛庁防衛研修所戦史室編纂 P162 
出典: 戦史叢書 「ハワイ作戦」  防衛庁防衛研修所戦史室編纂 P229 

○11月29日の重臣会議(重臣懇談会とも称す)において東条さんは天皇の陛下の前にて
自らの説明の時に「ハワイ攻撃の事は勿論其他攻撃に関する純統帥事項は告げず」と記入している。
また午前中、政府と重臣たちとの間の懇談で日米交渉のことについて問われた際、
「純作戦事項のことについては説明をさけたのであります」とも述べている。

出典:「大東亜戦争の真実―東条英機宣誓供述書」 WAC出版
出典:「東条英機宣誓供述書」 国立国会図書館近代デジタルライブラリー

○11月30日 東条首相拝謁時 『(前略)海軍ノ一部ニ作戦ニ就キ不安ヲ懐キ居ル者アルヤニ
拝謁セラルル御話アリシトノコト(布哇作戦ノ予想ニテ犠牲ノ多カルヘキ御話ナリシカト思ハル)
ニテ、首相ガ拝謁ノ時首相ニ御下問アリシ (首相)少シモ聞及無之旨奉答』

出典: 昭和天皇発言記録集成 下巻(芙蓉書房出版) P.96

764 :紅小路さゆり:2012/07/23(月) 20:48:05.34 ID:px0pDGQu0
東条英機首相と陸軍はハワイ攻撃を知っていたことを示す典拠C

○・12月1日の御前会議の席上、東条さんは政府及び統帥部が
原枢密院議長の質問に対して答えた際、
「この時の説明に際してハワイ攻撃其の他の統帥事項に関する具体的の事については
少しも口外せず」と述べている。

・「帝国は1941年12月1日より開戦準備に入り大本営陸海軍統帥部の
企画に基き敵の大包囲圏を「ハワイ」、「比島」、「香港」、及び「マレー」
の4箇所において突破するの作戦に移りました。
12月8日(日本時間)早暁其の攻撃を実施しました。
而してこの攻撃は何れも軍事目標に指向せられたのであります。
此の攻撃作戦は統帥部において極秘裡に進められたのであります。
私は陸軍大臣としてその概要を参謀総長より承知して居りました。」と述べている。

・12月8日未明、東郷外相より、ルーズベルトからの親電を天皇に上奏してよいかと問われた際に、
「私は直ちに上奏には異存なしと告げるとともにもはや海軍の機動部隊の飛行機は
母艦より飛行の開始を為しているであろうと答えたのでありました」と述べている。

出典:「大東亜戦争の真実―東条英機宣誓供述書」 WAC出版
出典:「東条英機宣誓供述書」 国立国会図書館近代デジタルライブラリー

○少なくとも11月はじめには「真珠湾作戦」は陸海軍協同で合意の上で立案されている。
1941年11月8日に「海軍作戦計画ノ大要」を海軍軍令部総長永野修身と
陸軍の参謀総長杉山元が侍従武官長宛てに発信している。
これには海軍軍令部次長伊藤整一と陸軍参謀本部次長塚田功ら総務部長、
主任部長、主任課長など作戦の中枢部の軍人が名を連ねている。
この上奏文は,陸海軍高官が認めた最終攻撃計画であり,
開戦予定日(12月8日)の1ヶ月前に真珠湾攻撃計画も含め,
大元帥昭和天皇に報告された。

「海軍作戦計画ノ大要」
「兵棋ニ依ル作戦計画御説明ニ関スル件」(1941年11月8日)
謹ミテ海軍作戦計画ノ大要ニ付奏上致シマス
第一段作戦ニ於ケル陸軍ト協同シテ行フ南方要域ノ攻略作戦ニ関シマシテハ只今参謀総長ヨリ奏上
致シマシタ通で御座イマ スノデ此処ニハ海軍単独ノ作戦ニ関シ申述ベルコトト致シマス
開戦劈頭比島及馬来ニ対スル先制空襲ト成ルベク時ヲ同ジク致シマシテ第一航空艦隊司令長官ノ率ヰル
航空母艦六隻ヲ基幹トスル機動部隊ヲ以チマシテ布哇在泊中ノ敵主力艦隊ヲ空襲致シマス
右機動部隊ハ千島ニテ補給ノ上開戦十数日前内地ヲ進発致シマシテ布哇北方ヨリ近接シ
日出一、二時間前「オアフ」島ノ北 方約二百浬附近ニテ全搭載機約四〇〇機ヲ発進セシメ
碇泊中ノ航空母艦、戦艦竝ニ所在航空機ヲ目標トシテ奇襲攻撃ヲ加フ ル計画デ御座イマス・・・・・・・以下略。

出典:参謀本部作戦課『昭和十六年上奏関係文書綴』〔防衛庁防衛研究所図書館所蔵〕巻一所収
出典:大本営陸軍部上奏関係資料 / 現代史料出版 東出版


765 :紅小路さゆり:2012/07/23(月) 20:50:44.92 ID:px0pDGQu0

結論としてキーナンは言ってるぞ。

キーナン検事「私はこの証人から非常に正確なことを聴きだすことが出来なかったことをお詫びいたします」

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 20:52:25.99 ID:px0pDGQu0

「東条英機宣誓供述書」より        

○11月4日の陸海軍合同軍事参事官会議で軍令部総長の説明の描写で
「真珠湾攻撃の件については何等触るる処ありませんでした」と書いている。
東条さんがここで何故に、わざわざ、そのように記述したのか。
軍令部総長が「第一段作戦という言い方でハワイ作戦を表現し、他者から秘匿していた」
ということを言っているのである。 東条さん自身も作戦を知っていたからそう言えるのだ。

○11月29日の重臣会議において東条さんは天皇陛下の前での自らの説明の際、
「ハワイ攻撃の事は勿論其他攻撃に関する純統帥事項は告げず」と記入している。
また、同日午前中、政府と重臣たちとの間の懇談で日米交渉のことについて問われた際、
「純作戦事項のことについては説明をさけたのであります」とも述べている。
意味は東条さんは知っていたが他の重臣たちに秘密が漏れないように、公表しなかったという意味だ。

○12月1日の御前会議の席上、東条さんは政府及び統帥部が原枢密院議長の質問に対して答えた際、
「この時の説明に際してハワイ攻撃其の他の統帥事項に関する具体的の事については少しも口外せず」と。
また、この席上で「私と海軍大臣を除く他の閣僚は事前に之を承知しておりません」と。

○12月8日未明、東郷外相よりルーズベルトからの親電を天皇陛下へ上奏可否を問われ、
「私は直ちに上奏には異存なしと告げるとともにもはや海軍の機 動部隊の飛行機は母艦より
飛行の開始を為しているであろうと答えたのでありました」と。

○「帝国は1941年12月1日より開戦準備に入り大本営陸海軍統帥部の
企画に基き敵の大包囲圏を「ハワイ」、「比島」、「香港」、及び「マレー」
の4箇所において突破するの作戦に移りました。
12月8日(日本時間)早暁其の攻撃を実施しました。
而してこの攻撃は何れも軍事目標に指向せられたのであります。
此の攻撃作戦は統帥部において極秘裡に進められたのであります。
私は陸軍大臣としてその概要を参謀総長より承知して居りました。」

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 20:54:03.31 ID:g/eKqzHr0
>>764
だから言ってるだろ。
「東条英機宣誓供述書」の内容は、現実の裁判の本人の答弁と
まるきり内容が違っており
したがって、「東条英機宣誓供述書」は捏造された自白調書で
信憑性はまるきりない。

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 21:03:25.46 ID:g/eKqzHr0
東条の証言から推察すと、東条が真珠湾奇襲を知ったのは
少なくとも12月1日の御前会議の後で
12月2日以降〜12月8日当日の間であろう。
なぜなら御前会議の前に聞いたなら、
12月1日だと、明確に答えるはずだから。


769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 21:13:43.96 ID:O1AgruBxP
>>767
なんで従ってなんだ?
答弁の方が信憑性がない可能性も同じだけあるはずだが?

そもそもここでキーナンが聞いているのは真珠湾攻撃のための艦隊が出発したことを知った日であって、
真珠湾攻撃が決定された日ではないのだがw

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 21:24:12.17 ID:g/eKqzHr0
>>769
馬鹿以外の正常な日本人ならば
キーナン検事が聞いているのは、東条が真珠湾が奇襲されることは知った日で
艦隊が出発した日を知った日などを聞いていない。

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 21:26:01.41 ID:g/eKqzHr0
>>769
そもそも、おまえのようなふざけた態度の人間は
学問板で意見を述べる資格は無い。

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 21:30:12.08 ID:I+NZiysH0
>>771
論破されたコピペばかり貼ってるあんたのほうが議論に参加する資格が無いけど。

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 21:44:06.39 ID:g/eKqzHr0
アメリカに宣戦布告を通告する責任は一応、首相である東条が
負うのは仕方が無いが、軍が作戦を開始するにしても
国際法上、一応妥当で大儀のある攻撃と、明らかな不法攻撃があるわけで
海軍がやったハワイ奇襲は、明らかに不法で
こんな攻撃を海軍が政府に通告も無く、勝手にやって良いわけがない。
連合艦隊と海軍は国家をなめている。

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 21:44:24.63 ID:px0pDGQu0

法的にも人道的も不法なこんな裁判に協力する義務も必要もない。

裁判で自分に不利になることを進んで喋る愚か者はいない。



775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 21:48:10.19 ID:px0pDGQu0

キーナンは結局、
「大事なことを聞き出すことが出来なかった」と述べているじゃないか。

東条さんにできた最大の抵抗だ。
本当に東条さんはよく頑張ったものだ。


776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 22:18:49.29 ID:O1AgruBxP
>>770
そもそも、おまえのようなふざけた態度の人間は
学問板で意見を述べる資格は無い。

キーナン検事「あなたは、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために、日本を出発した日を知っているでしょう」
を読んで
キーナン検事が聞いているのは、東条が真珠湾が奇襲されることは知った日で
艦隊が出発した日を知った日などを聞いていない。という正常な日本人なんかいませんけど?

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 22:22:30.00 ID:O1AgruBxP
だいたい
そういっている人がいる、
でもなぜそういってるのか根拠は誰一人としてだせないって主張を
根拠を探そうともしない土足君が学問板でなにがしたいの?
互いに根拠をぶつけあって始めて議論になるのに、
日本語すら読めないことを実証してまでさ。
妄想なら学問板以外でやったらどうかね。

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 22:29:11.47 ID:Tf+ASKgO0
>>767
「東条英機宣誓供述書」は捏造された自白調書で信憑性はまるきりない、というならば、
東京裁判そのものが成り立たないことになる。東京裁判を否定するのは大いに結構だ。

元々、裁判の管轄権すら不明確、事後法で裁く罪刑法定主義違反、敗戦国のみ裁き戦勝国
を裁かない醜い復讐劇。東京裁判は舞台演劇よりひどい茶番に過ぎないからな。

宣誓供述書がどういうものか知らないとは愚かなことだ。捏造は不可能。東京裁判に関わる
多くの証人たちが宣誓供述書を書いているという事実を知らないようだな。東條だけではない
のだよ。宣誓供述書を書いたのは。馬鹿は本当に無知だな。




779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 22:42:36.64 ID:g/eKqzHr0
>>778
宣誓供述書がどういうものか知らないとは馬鹿の無知はおまえだろ。
供述書は事実もあれば嘘もあるし自己弁護もありうる。
それを検証するのが裁判だが、東京裁判では
全く何も裏を取る検証をやっていない。
だから茶番裁判。

供述書は裏を取らなければ、証拠としての価値は全く無いし
信憑性も無いという事は現代の裁判では常識だろ。

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 22:51:48.85 ID:g/eKqzHr0
>>778
そもそもおまえ、前半の5行は良いが
最後の3行が意味不明。
なにを言いたいんだ?

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 22:54:47.79 ID:I+NZiysH0
>>779
宣誓供述書の宣誓って神に対して行うもので、神に対して私が告白したという
嘘はありませんという本人の告白扱いのものなんだが。
欧米では神聖なものとみなされるもので、裏も必要な限り取ってるけど。

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 22:58:41.46 ID:O1AgruBxP
>>779
えっと、宣誓供述書は可能な限り裏取りしてるものだけど?
その裏取りが正しいのかの検証を裁判において行うわけで、
検証をやらなきゃそもそも裁判における尋問のやりとりが発生しない。

ホントに不思議なんだがなにが理由でそんなにすぐにばれる嘘をつくの?
無知なのは別に罪じゃないけど、調べもしないことで他人を騙してなにか楽しいの?

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 23:00:12.37 ID:Tf+ASKgO0
>>779
宣誓供述書とは、「嘘は書かない」という誓いの下に書かれた供述書であり、裁判で
嘘が見抜かれれば極めて不利なる。だから嘘を書くというのは一般的にありえない。
本人の思い込みで、気づかずに嘘を書くことはあり得るが、簡単にばれる嘘を書けば
検察の餌食になるだけのこと。東條はそれほどバカではない。

東條はメモ魔だったという。供述書は聞き書きだが、東條は書き残したメモをたどり
ながら正確に当時の状況と戦争に至る過程、終戦への過程を明らかにした。
まさに一級史料と言えるものである。

東京裁判の過程を見た感じでは、キーナンは終始東條を攻めあぐねていた。外国プレス
の記者たちも、東條が優勢だったと証言したくらいだ。宣誓供述書が完璧で突っ込み
どころが無かったからである。分かるか?GHQは東條を恐れ、宣誓供述書を発禁に
したくらいだ。その正確さ・緻密さをGHQは恐れたのだ。



784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 23:00:42.42 ID:O1AgruBxP
ようするにあれかい?
狼少年を楽しんでいるの?
今日も口から出任せに騙された馬鹿がいるって。
その割には根拠一つだせないから誰も騙せてないようにみえるけど?

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 23:05:38.04 ID:px0pDGQu0

11月3日に杉山元参謀総長と永野軍令部総長は列立して
作戦計画について昭和天皇に報告した。
下記は真珠湾攻撃の決行日についてのご下問奏答の一部。
永野は開戦予定日を日本時間で答えている。  
御上:海軍ノ日次ハ何日カ
永野:8日ト予定シテ居リマス
御上:8日ハ月曜日デハナイカ
永野:休ミノ翌日ノ疲レタ日ガ良イト思イマス

出典:『明治百年史叢書 杉山メモ -大本営・政府連絡会議等筆記- 上下巻』参謀本部編 原書房

誰が何と言おうが参謀総長は横でその状況を自分の目で見、耳で聞いていた。

陸軍大臣を兼務していた東条首相は参謀総長から
11月3日か4日には確実にその詳細を知らされたはずであるし、
首相就任前の陸相時代に既に概要を知っていたのは当然だ。

11月4日の陸海軍合同軍事参事官会議での軍令部総長の説明についての描写に
「真珠湾攻撃の件については何等触るる処ありませんでした」と書いている。
東条さんがここで何故に、わざわざ、そのように記述したのか。
これは前日に上奏した参謀総長よりハワイ作戦詳細の報告を受けたということと符合している。

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 23:12:06.33 ID:g/eKqzHr0
>>782
>えっと、宣誓供述書は可能な限り裏取りしてるものだけど?

では東条の供述書で、具体的に裁判で裏取りの検証したものは
何があるんだ?

最も重要で真っ先に検証しなくてはならない事は
ハワイに不法な先制攻撃(先制攻撃)を仕掛ける共同謀議に、東条が関わったことを
検察が具体的に立証しなくてはならないわけだで、
その肝心要な立件の検証作業を東京裁判は、全く何もやっていない。
東条だけではない。
侵略戦争の共同謀議を企てた、と言いながら
それでは、それが具体的に、いつどこでどのように行われたというのか、
まったく立件をしていない。
こんなものは裁判でもなんでもない。

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 23:23:29.79 ID:g/eKqzHr0
板垣なんか、おまえは中国を侵略する共同謀議に関わった。
といきなり断定され、反論もクソもない。
それはいつどこでの行為のことなのか
一切何の説明も無し。
反論も一切聞かず、いきなり死刑確定。
中世の魔女裁判でも、ここまで一方的ではない。


788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 23:31:04.93 ID:g/eKqzHr0
どうせこんな不法な裁判ならばまだ、国民裁判で裁いた方が
よっぽど良かった。
国民投票の多数決で、上位10人が死刑とか。
このほうがはるかに公平でマシで納得が行く。

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 23:34:14.28 ID:g/eKqzHr0
話しが脱線したが、東条は海軍が独断でやらかした
不法なハワイ攻撃に関与してないし、直前まで知らなかったので
東条が処刑される理由は無い。
海軍幹部が処刑されなくては筋が通らない。

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/23(月) 23:49:29.39 ID:O1AgruBxP
>>786
??
やってるけど?
侵略戦争の共同謀議って対米戦争への決意のことだから
真珠湾の有無なんかまったく関係ないことで
仮にフィリピンやグアムへの攻撃だけでも成り立つことですし。
この場合、なぜ艦隊が出た日にちだけが問題にされたかといえば
交渉中に実際の攻撃しかけていたことを承知していたのかということが問題になるわけで
侵略への共同謀議とは無関係だぞ?
交渉打ち切って正々堂々と宣戦布告した後だろうと成り立つわけだからな。

いったいなにが理由でこのやりとりで侵略への共同謀議が検証されているはず、
でもされてないなんて思いこんじゃったんだ?
つかお前、前にだした資料まともに読んでないのか・・・
お前はまず資料を確かめるという必要不可欠な当然な作業をやってから何かを主張しろ。

>>787
嘘とデタラメ繰り返さないと擁護できないのが東條や板垣といった陸軍だと
証明し続ける作業は楽しいですか?
彼らも君のような無能な味方はいらないと思いますよ。

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/24(火) 00:24:12.63 ID:3ABp3l6H0
>>790
東京裁判が侵略戦争の共同謀議を立件したと言うなら
それを示してもらおう。
いつどこで共同謀議があったと立件されたんだ?

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/24(火) 00:28:00.85 ID:3ABp3l6H0
東京裁判では、侵略戦争の共同謀議があったと断定されたが
いつどこであったのか何の説明も無いし、全く何の立件も無い。
こんなものは裁判ではない。

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/24(火) 01:15:38.54 ID:gT0NfqwA0
>>761
「東条英機宣誓供述書」は知った日に関しては、
内容がデタラメであることが裁判で証明されている。?
     ↑
  そりゃちがうな。

東条さんの証言は
・12月1日の御前会議では真珠湾攻撃のことは出ていない。
・知った日ははっきりしない。
・12月1日とも2日とも言っていない。

結局、検事キーナンに
「大事なことを聞き出すことはできなかった」と述べさせている。

東条さんはウソなど言わずに、
自己に不利な証言はしなかったということだ。
大したものだと思う。

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/24(火) 09:14:14.81 ID:OYjUCA8vP
>>791-792
だからお前がそれをいうには東京裁判判決文を読んでからいわないといけないのに
なぜ読みもせずに歴史上の出来事について適当なデタラメをいうんだ?
それが事実として正しいかは置いておくとして
ひとつだけあげると1936年の5相会議における国策の基準。

いつどこであったのか何の説明も”土足は読んだことが”無いし、
全く何の立件も”土足は見ようともし”無い。で平気な顔して嘘をつく
って程度のことを何度繰り返せば気が済むのやら。


795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/24(火) 18:48:34.18 ID:mymsUk8g0
常識ある日本人はこう言っている。

■若狭和朋 『日本人が知ってはならない歴史』
「東條英機の暗夜の慟哭
ハルノートに接した日本は、昭和十六年十二月一日、開戦日を決定する御前会議を設けた。
開会の直前に、東條首相は杉山元参謀総長から耳打ちされた。  
『どうも海軍はハワイをやるらしい』
『なに、ハワイ。話が違うではないか』と東條英機首相は激怒している。
開戦前夜、東條英機首相は暗夜の公邸で慟哭している。
翌朝、日本帝国首相は真珠湾攻撃の成功をラジオのニュースで知るのである。
(早朝の電話報告で攻撃成功を知った、という説もある)。」

■小室直樹 『硫黄島 栗林忠道大将の教訓』
「大東亜戦争の初め、東条首相は真珠湾攻撃を知らなかった。
これは東条のみでなく、陸軍全体が知らなかった。 誰もが驚くような話である。
何故かと言えば、日本軍の共同体の構造がそのようになっていたからだ。」  
 
■佐藤晃 『太平洋に消えた勝機』
「だがこの時すでに、真珠湾作戦部隊はヒトカップ湾をハワイに向けて 出航している。
政府はこのことを知らされていない。 略
国家存亡の戦争を行う国の最高指導者が知らぬまに、
そして 共同作戦をとる陸軍が知らぬ間に、このような重大作戦が決行される事など、
最高指導者の下に統合幕僚組織のある普通の国では考えられないことである。」

■西村眞吾 『眞悟の時事通信 No.693 統帥と戦略、戦術、戦闘』
「つまり連合艦隊司令長官は、この時既にハワイ真珠湾攻撃を決意していたのだ。
このことは海軍軍令部総長も知らない。
もちろん、首相である近衛も十月に首相になった東条も知らない。」  略
腹案は、よくできている。そして、現実には、第一段階(南方作戦)は一挙に達成され、第二段階(西亜作戦)の途中まで達成された。
しかし、この「戦争終末促進に関する腹案」の基本方針に反することを、最初から実施し、しかも順調に進んでいた第二段階を自ら放棄して、
結局、腹案全体の戦略と戦術、我が国家の基本戦略を崩壊せしめた人物がいた。
我が国から統合幕僚本部を喪失させた山本権兵衛に続く、海軍のもう一人の山本。山本五十六連合艦隊司令長官である。

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/24(火) 20:08:56.18 ID:OYjUCA8vP
歴史を語るのに誰一人として根拠資料を出さない常識のある日本人かw
半島あたりから来た日本人か?

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/24(火) 21:30:52.27 ID:Hq5u5q2B0
>>761
ダメだよ。この人たちのデタラメはもう証明されてるんだからね。

この「大間抜け」で「なまけ者」の作家さんの恥を晒しておる。
デタラメ本の丸写しやってまた別のデタラメ本を作っていらっしゃる。

もう勘弁してやりなさい。

若狭和朋、西村眞吾、小室直樹、佐藤晃の恥じ晒すのを勘弁してやりなさい。


798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/24(火) 21:44:08.60 ID:9hia1wL80
★東条が真珠湾奇襲を早い時期から知っていたと記した「東条英機宣誓供述書」は
内容がデタラメであることが、裁判の自身の答弁によって証明されている。

キーナン検事「あなたは、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために、日本を出発した日を知っているでしょう」
東條英機「今知っているというお尋ねですか。その当時知っておったかというお尋ねですか」
キーナン検事「私が尋ねているのは、今知っているかということです」
東條英機「今、裁判所において私はその知識を得ました」
キーナン検事「いつ艦隊は出発しましたか」
東條英機「どこをですか」
キーナン検事「東京を」
東條英機「それは知りません。私がこの裁判所で得た知識は、ヒトカップ湾と言いましたかね。二十三日か、二十六日に出たというふうなことを知ったのです」
キーナン検事「あなたは現在、この連合艦隊の作戦命令は、十一月五日に発せられたということを知っておりますか」
東條英機「知りません。作戦準備命令がその頃出たということは、この法廷で承知しました。準備命令です。お間違えの無いように」
キーナン検事「そしてまたあなたは総理大臣として、この艦隊が十一月の二十三日にしろ、二十六日にしろ、日本を出発したということもまた知らなかったのですね」
東條英機「事実において知りません」
キーナン検事「そうして真珠湾に対する攻撃が現に起ってしまうのちにいたるまで、これを攻撃する意思を見出すことができなかったと推定するか ― 。」
東條英機「それは違った推定です。」
キーナン検事「それではあなたはいつ真珠湾を攻撃するということを、艦隊が真珠湾に向かって進行中であることを知りましたか」
東條英機「それは十二月一日の御前会議の決定にもとづいて、当然に私は攻撃を開始するということに向かって行動しつつある。こういうふうに想像しておりました。
しかもその間において日米交渉が万一にでも打開できれば技術上許す範囲において何時でも作戦行動を停止・・・・以下略」
話しを遮ってウェブ裁判長「それを知った日付を答えなさい!」
キーナン検事「法廷に申し上げます。この証人はばかばかしいほどの限度まで行き過ぎております。
私は単にいつ真珠湾攻撃の意思を知ったかというその日付を訊いただけであります。 証人に対して、この質問に答えるよう指示を与えていただきたいと思います」
ウェブ裁判長「証人、もし記憶しているならば、それを知った日付を述べなさい」
東條英機「それは一番最初にお答えしたと思うておりましたが、十二月一日の御前会議において知りました」
キーナン検事「私はあなたに対して長々しく退屈なことを訊くつもりはありませんが、ただこの点だけを明確にお尋ねします。
すなわち、あなたはこの御前会議において、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために進行中であったということを知りましたか。しかりとか、否とか答えてください」
東條英機「もう一遍言ってください」
ウェブ裁判長「この簡単な質問に答えなさい。あなたはいつ最初に真珠湾は攻撃されることになっているということを知りましたか。
それに対して一語、もしくは二語でごく簡単に答えることが出来るでしょう」
東條英機 「それは否と答えましょう。」
キーナン検事「それでは最初に知ったのはいつか。」
東條英機「イエスとかノーで答えるというのはツライです。御前会議においては真珠湾攻撃云々ということは出ていなかったのです。それを私は否と答えた。」
キーナン検事「それでは御前会議において作戦部隊が合衆国あるいはその領土を攻撃のため出動中であるといづことが明らかにされたか。」
東條英機「そういう作戦に関する具体的なことは御前会議、連絡会議において採り上げられませんでした。そういうことは統帥部から提案すべきものではないのです。」
ウェブ裁判長「いつ最初に真珠湾が攻撃されることになっていることを知ったか?」
東條英機「一日でしたか、二日でしたか、そこのところは日にちがはっきりしませんが、その辺のところです」
キーナン検事「いつの」
東條英機「昭和十六年十二月の」
キーナン検事「私はこの証人から非常に正確なことを聴きだすことが出来なかったことをお詫びいたします」

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/24(火) 21:57:51.89 ID:9hia1wL80
当時の大日本帝国憲法下での政治システムや陸軍を敵視した
当時の海軍の実情をある程度を知っている少なくとも大卒以上の
正常な日本人ならば、東条が海軍の極秘作戦を知る由もない事くらいは
知っているはずで、東条は直前まで知らなかったと判断するであろう。

しかしなんの知識も無い高卒以下の無知は、首相だから当然知っていただろうと思い
戦後の権力側とバカ左翼、マスゴミによって捏造され宣伝されてきた
戦後の東京裁判史観(陸軍悪玉論)を鵜呑みに信じるかもしれない。

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/24(火) 22:14:14.31 ID:Hq5u5q2B0
>>799

東条さんは証言で
・12月1日の御前会議では真珠湾攻撃のことは出ていない。
・知った日ははっきりしない。
・12月1日とも2日とも言っていない。
と言ってるだけだ。

つまり、「はっきりしない」ということを証言したのだ。

結局、検事キーナンに
「大事なことを聞き出すことはできなかった」と述べさせている。

東条さんはウソなどは言わずに、
自己に不利な証言はしなかったということだ。
ほんとうに立派な態度だと思う。

我々は「戦後の東京裁判史観=(陸軍悪玉論)」としているわけではない。
そもそも、それがとんでもない誤解だ。
陸軍だけが悪いなどとは全く思っていない。

アメリカによる「日本だけが悪い」とする考えを正したいと思うだけです。



801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/24(火) 22:32:04.78 ID:muE8LH0G0
>>798
そのやり取りで「宣誓供述書」の内容がデタラメだと決めつけるのは間違い。

単に、真珠湾攻撃の日取りを知った日について東條の記憶があやふやだったと
いうことだ。それだけのこと。「宣誓供述書」にも「東条が真珠湾攻撃の日取り
を知った日」は記載されておらず、東條は嘘を言っていないことがよく分かる。

要するに、「宣誓供述書」は信ぴょう性が極めて高い一級史料なのだ。




802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/24(火) 22:33:10.48 ID:Hq5u5q2B0
>>799
陸軍を弁護するということは正しいと思う。
しかし、他者を批判するのは間違っている。
批判する相手はどこなのか?
批判する相手を間違えてる、これこそが東京裁判の結果だろう。

803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/24(火) 22:47:06.22 ID:OYjUCA8vP
そもそもそれ真珠湾攻撃を知ったかどうかって聞いているか?

キーナン検事「あなたは、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために、日本を出発した日を知っているでしょう」

とあるように出発した日時だよなw

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/24(火) 23:36:41.76 ID:9hia1wL80
日本を大敗させる結果を招いた戦犯は海軍・山本五十六だととする保守派の代表的な見解。

その基本戦略に反する戦いを始めたのは、海軍の山本五十六連合艦隊司令長官であった。
「真珠湾攻撃は海軍軍令部が猛反対したにもかかわらず、最後には、山本提督が作戦前夜に
連合艦隊司令長官辞任の意向をちらつかせることによって自説を押し通した」(第1章より)。
さらに山本提督と彼の参謀は、再び山本提督が連合艦隊司令長官を辞任する旨を表明することにより、
初期の戦争計画に反するミッドウェーでの戦いを、海軍軍令部の猛反対を押し切って実行した。(第1章) 

山本提督一派によるパフォーマンスのようにしか見えない戦い方だが、最初の真珠湾攻撃で意見の対立が生じたとき、
山本提督を更迭するだけの力(それだけの人物)と覚悟が海軍上層部になかったということなのか。
結果、日米戦争での日本の戦いは相手(米国)のリングで戦うことになり、惨憺たる負け戦になったことは史実が示す通りである。
東京裁判で連合国が主張したような「戦争責任」は日本側にではなくむしろ米英中ソ側にあることは明らかだが、
日本の戦争指導者には日本国民に対する「敗戦責任」がある。
徴兵により悲惨な戦場に送られた多くの一般国民は、戦争の仕方を誤った指導層の犠牲者であったとしか言いようがない。

http://hassin.org/01/tag/the-pacific-war


805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/24(火) 23:43:13.54 ID:Hq5u5q2B0
私は「東条英機宣誓供述書」を度々、引用しているが
これによって、「東条さんが悪い」などと言いたいわけじゃない。
その逆で、非常につらい状況の中でよくぞ、これだけのものを後世に
残してくれた、我々はこれを良く読んで当時の日本が置かれた環境を
知らなければならないと思うのです。





806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/25(水) 00:21:32.65 ID:jjvnPhTt0
>>804
この論文は「対米英欄蒋戦争終末促進に関する腹案」が国策であったことを
前提として書かれている。この腹案が出たのは11月15日である。
国策はそれまでに9月、11月の「帝国国策遂行要領」で既に定まっており、
12月1日の御前会議にも取り上げられることもなかった。
「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」は
「独伊との調整を経たものでもなく、腹案の域を脱しないものであった。」とされており、
戦史叢書693ページ中の1ページにもならない記述には全く他との繋がりの記述は見られない。
(出典:戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂)
その程度のもの。

国策は既に発せられていた。
11月5日「大海令第一号」
大海令第一號
  昭和一六年一一月五日
  奉勅 軍令部總長 永野修身
  山本聯合艦隊司令長官ニ命令
一、帝國ハ自存自衛ノ為、米國、英國、オヨビ蘭國ニ対シ開戰ノ已ムナキニ立至ル虞
  大ナルニ鑑ミ、十二月上旬ヲ期シ諸般ノ作戰準備ヲ完整スルニ決ス

11月19日大本営陸軍部は
南方軍総司令官と南海支隊長とに対し命令書を交付した。
「南方軍総司令官ニ与フル命令」
1、帝国ハ米国、英国及蘭国ニ対シ開戦決意スルニ決ス
2、南方軍総司令官ハ12月X日進攻作戦ヲ開始スベシ
略。

「南海支隊長ニ与フル命令」
1、帝国ハ米国、英国及蘭国ニ対シ開戦決意スルニ決ス
2、南方軍ハ12月X日進攻作戦ヲ開始シ速に・・・・ヲ攻略ス
略、


807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/25(水) 00:25:11.08 ID:jjvnPhTt0
他人が解釈した資料しか出せない者ばかりだな。
自分で調べなさい。

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/25(水) 00:32:57.61 ID:aaZuukon0
>>805

>>797で若狭和朋、西村眞吾、小室直樹、佐藤晃
を、恥さらしナマケモノ作家と罵倒したおまえは
明らかに左翼。
左翼の癖に東条を擁護しないでくれ。

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/25(水) 00:37:04.70 ID:jjvnPhTt0

事実でないことを書いて収入を得ている奴は恥さらし以外の何だというのか。

若狭和朋、西村眞吾、小室直樹、佐藤晃は何を根拠に
その主張をしているのか。
出典を出しなさい。

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/25(水) 00:55:55.95 ID:3+HW2c1C0
小室直樹ってサイパンに20個師団あれば米軍に勝てたなんて馬鹿ネタ書いてた人だよね。

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/25(水) 01:20:52.85 ID:aaZuukon0
>>809
>事実でないことを書いて収入を得ている奴は恥さらし以外の何だというのか

ハワイに不法攻撃なんかして、米国民を本気で怒らせ日本を大敗させた
山本五十六のほうが、はるかに恥さらしだと思うが?

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/25(水) 01:39:51.53 ID:jjvnPhTt0
>>811
対米戦は誰が決めたのか?
山本ではないぞ!
たかだか海軍組織の中の1軍司令官にすぎない彼を批判するのは筋違い。
天皇陛下の裁可を得て、東条首相も承知、8月22日以降陸海軍の調整を経て
実施に至ったのだ。米国大使館での通告遅れは誰の責任か。



813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/25(水) 01:43:40.84 ID:jjvnPhTt0
>>808
若狭和朋、西村眞吾、小室直樹、佐藤晃は何を根拠に
その主張をしているのか。
明日その出典を調べてこい。


814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/25(水) 09:58:41.83 ID:rC2AaXLt0
>>800
>アメリカによる「日本だけが悪い」とする考えを正したいと思うだけです。

それはお任せするけど
日本が悪いっていう部分はしっかりと認識しておかないとね。
その上で、当時の国際社会の問題点を追及するのであれば、特に異論はないよ。

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/25(水) 10:30:40.99 ID:DvGR1fBdP
戦争なんてたがいに自分が正しい相手が悪いってのを
言葉では理解させられなくて実力で押しつけ合うものでしかないのに
アメリカによる「日本だけが悪い」とする考えを正したいとかいっても意味はないと思うがねえ。
特に東京裁判みたいな政治ショーに善悪なんかあるはずもなく
敵味方の感情のはけ口程度の代物ですし。
つかそもそも人間の組織に絶対善絶対悪なんか存在しないの一言でお終い、そんなこと。

ああ、もちろんそこで取られた資料は一級の価値を持ちますし、
(なにせ勝った側が通常は隠される国家意志形成のシーンのベールをひっぱがしてくれるのである)
単純に全部デタラメと否定する態度が歴史学として正しいと思いません。

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/25(水) 22:28:08.35 ID:jjvnPhTt0
昔、ある会社が存亡の危機にあった時に社員の一人が案を出した。
採用され、社長も承認し多くの担当部門と協力して実施された。
はじめは皆は真剣になって仕事を行ったので思いもかけぬ成果が出た。
社長はじめ全社員はその社員を拍手と歓声で褒め称えた。
しかし良い結果の連続するうちに会社中の全社員はこれにおごり、
楽なものだと仕事を甘く見るようになり手抜き仕事が日常化していった。
やがてある日突然大損失が起きてしまった。
その社員は挽回しようと仕事に駆け回るうちに倒れて亡くなっていた。
全社員あわてて損失を挽回しようとしたが既に遅く、更に損害は増した。
結局、大損害で会社は倒産した。
もとの重役や社員たちは責任がその社員にありとして非難したそうだ。
今も非難してるそうだ。
社長がどうしたかは知らないな。

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/25(水) 22:29:36.16 ID:8KDP8IiX0
東條英機の「宣誓供述書」が第一級の歴史史料であることは間違いない。
読めば分かる。

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/26(木) 08:25:06.95 ID:YKbk+3r80
>>817
おっしゃるとおりですね。
私もそう思います。

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/26(木) 19:41:43.47 ID:/TrrXqCO0
以下はあるブログからの引用である。なるほどと思うものがあったので紹介する。
批評は元ネタを読んでから。

ttp://meityo.blog44.fc2.com/blog-entry-44.html
あの戦争について書かれた本はすさまじく多いが、
そのほとんどが主観的・感情的なものばかりで、
戦争の歴史的真実を伝えているとは思われ難いものばかりである。
歴史書というにはほど遠いものばかりといってもよい。
歴史書とは歴史的真実に対して善だとか悪だとかを決めるものではないはずである。
なぜその歴史的真実が起こったのかを解明するのが歴史書の役割の1つではないのか。
あの戦争は侵略戦争で悪の戦争であったという類型的な本ばかりで、
なぜあの戦争が起こったかをそれこそ科学的・論理的にわかりやすく書かれた本は
ほとんどといっていいくらいなかった。あの戦争に関しての夥しい不毛な本のために
私たちは知らず知らずにあの戦争の真実から遠ざけられていったのではなかろうか。
 <あの戦争は日本は悪かった>だけでは何も解決されないであろう。 略
 私は『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』を読んで、
あの戦争は負けるとわかっていてもやらざるを得なかった戦争だという思いを強くした。


820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/26(木) 22:15:16.28 ID:5QLsLya10
>>819
「負けるとわかっていても」というくだりには賛同できないね。

海軍がしっかりしていれば、引き分けに持ち込めた。ドイツの
宣戦布告でソ連は身動きが取れなかったし、対米戦が長引けば、
米国内世論が厭戦に傾き、ソ連仲介で停戦、というシナリオは
十分あり得た。

山本が南雲を重用したのがそもそもの間違い。情報戦を甘く見て
暗号体系を解読されたのに最後まで変えなかったのも間抜け。
何もかも海軍が悪い。

そして、阿南が自決したのに米内が生き残ったのも気に入らない。
日本海軍は腐っていたんじゃないか?




821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/26(木) 22:36:51.88 ID:nNRyl6IjP
>>820
引き分けに持ち込めるような体制だったらそもそも戦争が始まってない罠。
なにせどういう条件で引き分けにするのかという協議が一切行われてないんだぜ・・・
これはどういう状況ならどういう条件を出すのかという
何段階もあってしかるべき引き分けから勝ちへの検討やってないから
戦争のグランドデザインそのものがかけていることを指す。
通常これにそって作戦が立てられるはずなのだがまあ推して知るべし。

>海軍がしっかりしていれば、
無理ですよw
なにせ戦争が始まってからセイロンも豪州北部も兵隊出せないとか言われて
FSやるかミッドウェーやるかの二択になってる時点で。
というか・・・史実以上に長引かせるのはそもそも無理。
そこまで輸送船がもちません。

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/27(金) 09:06:27.46 ID:1ARo7kJt0
海軍がどうの陸軍がどうの、
アイツが悪いコイツが悪いだの、
どうでも良い。
そんなこと言うとるおまはんらの方がもっと悪い。
批判目的の書き込みはやめよう。




823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/27(金) 09:11:14.16 ID:1ARo7kJt0
>>1
出典も根拠もだせないような批判目的の書き込みはやめよう。
そんなの「おんなこども」のやること。


824 :自由主義史観研究会:2012/07/29(日) 09:29:18.25 ID:nGULjvmW0
>>1
出典も根拠も早く頼みます。


早く出してください!!

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/29(日) 09:43:56.68 ID:nGULjvmW0
>>1
出典も根拠も早く頼みます。


アイツが悪いコイツが悪いだの、
どうでも良い。
そんなこと言うとるおまはんらの方がもっと悪い。
批判目的の書き込みはやめよう。



826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/29(日) 22:51:53.29 ID:nGULjvmW0
>>1
>>2
出典も根拠も早く出してください。

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/29(日) 22:54:19.61 ID:cKE1QFhX0
東條英機は12/8の真珠湾攻撃を知っていた。
これは宣誓供述書にはっきりと書いてある。
終了。


828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/29(日) 23:15:42.11 ID:d0uNrrq+0
★東条が真珠湾奇襲を早い時期から知っていたと記した「東条英機宣誓供述書」は
内容がデタラメであることが、裁判の自身の答弁によって証明されている。
知ったとしても攻撃兆膳の12月1日以降で、非公式にである。
よって事前に知らなかったとするのが妥当である。

キーナン検事「あなたは、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために、日本を出発した日を知っているでしょう」
東條英機「今知っているというお尋ねですか。その当時知っておったかというお尋ねですか」
キーナン検事「私が尋ねているのは、今知っているかということです」
東條英機「今、裁判所において私はその知識を得ました」
キーナン検事「いつ艦隊は出発しましたか」
東條英機「どこをですか」
キーナン検事「東京を」
東條英機「それは知りません。私がこの裁判所で得た知識は、ヒトカップ湾と言いましたかね。二十三日か、二十六日に出たというふうなことを知ったのです」
キーナン検事「あなたは現在、この連合艦隊の作戦命令は、十一月五日に発せられたということを知っておりますか」
東條英機「知りません。作戦準備命令がその頃出たということは、この法廷で承知しました。準備命令です。お間違えの無いように」
キーナン検事「そしてまたあなたは総理大臣として、この艦隊が十一月の二十三日にしろ、二十六日にしろ、日本を出発したということもまた知らなかったのですね」
東條英機「事実において知りません」
キーナン検事「そうして真珠湾に対する攻撃が現に起ってしまうのちにいたるまで、これを攻撃する意思を見出すことができなかったと推定するか ― 。」
東條英機「それは違った推定です。」
キーナン検事「それではあなたはいつ真珠湾を攻撃するということを、艦隊が真珠湾に向かって進行中であることを知りましたか」
東條英機「それは十二月一日の御前会議の決定にもとづいて、当然に私は攻撃を開始するということに向かって行動しつつある。こういうふうに想像しておりました。
しかもその間において日米交渉が万一にでも打開できれば技術上許す範囲において何時でも作戦行動を停止・・・・以下略」
話しを遮ってウェブ裁判長「それを知った日付を答えなさい!」
キーナン検事「法廷に申し上げます。この証人はばかばかしいほどの限度まで行き過ぎております。
私は単にいつ真珠湾攻撃の意思を知ったかというその日付を訊いただけであります。 証人に対して、この質問に答えるよう指示を与えていただきたいと思います」
ウェブ裁判長「証人、もし記憶しているならば、それを知った日付を述べなさい」
東條英機「それは一番最初にお答えしたと思うておりましたが、十二月一日の御前会議において知りました」
キーナン検事「私はあなたに対して長々しく退屈なことを訊くつもりはありませんが、ただこの点だけを明確にお尋ねします。
すなわち、あなたはこの御前会議において、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために進行中であったということを知りましたか。しかりとか、否とか答えてください」
東條英機「もう一遍言ってください」
ウェブ裁判長「この簡単な質問に答えなさい。あなたはいつ最初に真珠湾は攻撃されることになっているということを知りましたか。
それに対して一語、もしくは二語でごく簡単に答えることが出来るでしょう」
東條英機 「それは否と答えましょう。」
キーナン検事「それでは最初に知ったのはいつか。」
東條英機「イエスとかノーで答えるというのはツライです。御前会議においては真珠湾攻撃云々ということは出ていなかったのです。それを私は否と答えた。」
キーナン検事「それでは御前会議において作戦部隊が合衆国あるいはその領土を攻撃のため出動中であるといづことが明らかにされたか。」
東條英機「そういう作戦に関する具体的なことは御前会議、連絡会議において採り上げられませんでした。そういうことは統帥部から提案すべきものではないのです。」
ウェブ裁判長「いつ最初に真珠湾が攻撃されることになっていることを知ったか?」
東條英機「一日でしたか、二日でしたか、そこのところは日にちがはっきりしませんが、その辺のところです」
キーナン検事「いつの」
東條英機「昭和十六年十二月の」
キーナン検事「私はこの証人から非常に正確なことを聴きだすことが出来なかったことをお詫びいたします」


829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/29(日) 23:22:38.19 ID:nGULjvmW0

真珠湾攻撃は
1ヶ月以上も前から、

天皇陛下の裁可を得て、

政府代表の東条首相承知、

陸軍も承知、

陸軍と海軍の合意の上で

行われたのだ。

このスレにも既に記してある。

それを読め。

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/29(日) 23:27:03.29 ID:nGULjvmW0
>>828
そのことも既に記してある。

読め。

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/29(日) 23:29:04.74 ID:d0uNrrq+0
>>830
いつどこで誰から、東条は真珠湾奇襲を知らされたと?
簡潔明瞭に答えてみろ。

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/29(日) 23:38:13.92 ID:nGULjvmW0
>>831
東条さんが明確に言っているのは
11月29日の重臣会議において東条さんは天皇の陛下の前にて 自らの説明の時に
「ハワイ攻撃の事は勿論其他攻撃に関する純統帥事項は告げず」と記入している。
また午前中、政府と重臣たちとの間の懇談で日米交渉のことについて問われた際、
「純作戦事項のことについては説明をさけたのであります」とも述べている。

「告げず」、「説明をさけた」は
明らかに、自らが秘匿の意思でそうしたことを示している。


833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/29(日) 23:41:11.68 ID:nGULjvmW0
>>831
11月4日、陸海軍合同軍事参事官会議での軍令部総長の説明についての描写で
「真珠湾攻撃の件については何等触るる処ありませんでした」と書いている。
東条さんがここで何故に、わざわざ、そのように記述したのか。
軍令部総長が「第一段作戦という言葉を使ってハワイ作戦を表現し、他者から秘匿していた」
ということを言っているのである。 東条さん自身も作戦を知っていたからそう言えるのだ。

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/29(日) 23:47:33.62 ID:d0uNrrq+0
>>832
たしかに東条が証言に先立ち、自ら提出したとされる宣誓供述書には
そのように記されている。

ところが実際の証言では、上記のように全然違う証言をしている。
よって、その宣誓供述書は別人が捏造したデタラメであるのは
疑いようが無い。

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/29(日) 23:52:54.62 ID:nGULjvmW0
>>831
11月3日に杉山元参謀総長と永野軍令部総長は列立して作戦計画について昭和天皇に報告した。
真珠湾攻撃の決行日についてのご下問奏答の一部。永野は開戦予定日を日本時間で答えている。  
御上:海軍ノ日次ハ何日カ
永野:8日ト予定シテ居リマス
御上:8日ハ月曜日デハナイカ
永野:休ミノ翌日ノ疲レタ日ガ良イト思イマス

横にいる杉山参謀総長はこれを自分の目で見、耳で聞いている。
それを陸省兼務の上司である東条さんに報告しないということはない。
「私は陸軍大臣としてその概要を参謀総長より承知していました」と述べている。
この言葉が全てを語っている。


836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/29(日) 23:59:49.75 ID:nGULjvmW0
>>834
その証言についても既に記している。

結局「はっきりしない」と証言しただけだ。

不法な裁判に協力する必要も義務もない。

キーナンが言ってるじゃないか。
「大事なことを聞き出すことができなかった」と。



837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 00:00:30.73 ID:7tOB0Fmz0
>>835
東条が杉山の上司だとか
おまえアホか?

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 00:07:08.58 ID:VptrhcQB0
>>835
おっしゃるとおり上司でないな。
しかし、
「私は陸軍大臣としてその概要を参謀総長より承知していました」と述べている。
この言葉が全てを語っている。


839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 00:11:22.71 ID:7tOB0Fmz0
>>838
それが事実だとしても、12月1日か2日だろが。
そんな時期に非公式に聞いたのでは、
社会通念上、事前に知らされてないと解釈するのが社会の常識。


840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 00:12:24.13 ID:VptrhcQB0
>>834
東条さんは
開戦の決意をしたのが「12月1日の御前会議で」と公式には表明している。
従ってハワイ作戦をそれ以前から知っていたとは言えないだろう。

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 00:16:28.67 ID:VptrhcQB0
>>839
その通年を作っているのは誰なんだ。


842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 00:18:23.90 ID:fgrs8udYP
>>839
だろがとかいわれてもなあw
あの問答でわかるのは真珠湾攻撃のための艦隊が出発した日を聞かれているだけで
真珠湾攻撃を事前に教えられていたかはわからないと思うがねえ。
キーナンがどこで聞いているんだい?

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 00:18:29.70 ID:VptrhcQB0
>>839
その通念や社会常識を作っているのはどなた様?

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 00:23:10.71 ID:VptrhcQB0
参謀本部の作戦部門が知っていて参謀総長も知っている。
陸軍大臣が何で知らないのだ?
もし本当なら陸軍側の問題じゃないか?
どうなんだ?

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 00:23:53.43 ID:fgrs8udYP
つーか東條のいうことがデタラメとか言う前に
キーナンの言動をよく見ろよw
通訳の問題かも知れないがこっちも割とデタラメだぞ。

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 00:28:25.02 ID:7tOB0Fmz0
>>844
>参謀本部の作戦部門が知っていて参謀総長も知っている。

そんな証拠は無い。
参謀総長が個人的に極秘に知らされていた可能性もあるが
個人的に知らされたもので、
陸軍として正式に承知した事にはならない。

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 00:30:18.94 ID:VptrhcQB0
東条さんは
開戦の決意をしたのが「12月1日の御前会議で」と公式には表明している。
従って「ハワイ作戦をそれ以前から知っていた」などと
裁判の場では絶対に言えない。
天皇陛下の問題にもからんでくるからだ。


848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 00:33:54.57 ID:VptrhcQB0
@東条英機首相と陸軍はハワイ攻撃を知っていたことを示す典拠

○昭和16年8月に海軍より開戦劈頭に戦力差を埋めるための
真珠湾攻撃を研究中と内密に伝達されている。
「海軍が開戦劈頭真珠湾奇襲を研究中であることを、
陸軍側が知ったのは昭和十六年八月であった。
開戦当時における海軍の劣勢を補うためには最良の方法であること及び
絶対に秘密を保持されたいと伝えられた。 陸軍側は海軍の苦心のあるところを十分諒解し、
何等意見を述べなかった。そして陸軍側でこの作戦を知っていたものは、
参謀総長及び次長以下作戦関係主要幕僚の極めて少数と、陸軍省首脳のみであった。」
                      
出典: 明治百年史叢書杉山メモ 下巻 資料解説 P6

○昭和16年8月22日参謀本部は対米英戦争を決意した。
「軍令部作戦当局はハワイ空襲作戦と共に対米英蘭作戦構想の骨格を概成し、
8月22日、参謀本部作戦部に対し次のような要旨の検討案を連絡した。略、
軍令部が何ゆえ反対していたハワイ作戦について陸軍側に通告したか、おそらく陸軍側が
マレー作戦に対し過度に空母や飛行機の協力を胸算するのを封ずる為であったろう。」

出典: 戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂 P416 

○「海軍は 略 8月下旬にはハワイ空襲をも陸軍に通告するに至り」

出典: 戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂 P383

○「開戦にあたり、日本海軍真珠湾を攻撃する企図を以って研究中であることを、
陸軍側が知ったのは昭和十六年八月であった。これは軍令部作戦課から
参謀本部作戦課に極秘裡に通報せられたもので、
開戦当時における海軍の劣勢を補うためには最良の方法なること及び絶対に
秘密を保持せられたき旨が伝えられた。
陸軍統帥部は海軍側の苦心の存するところを十分諒解し、何等の意見を述べなかった。
陸軍側でこの作戦を知っていた者は、参謀総長及び次長以下作戦関係の
主要幕僚の極めて少数と、陸軍省首脳のみであった。」

出典: 「大東亜戦争全史」 著 服部 卓四郎(元参謀本部作戦課長) P.183

○9月11〜20日に海軍大学校において行われた海大図演に
参謀本部からも作戦関係部員が臨席した。
9月16日にはハワイ空襲作戦に関する特別図演が行われた。

出典: 戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂 P481 


849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 00:34:07.23 ID:fgrs8udYP
>>846
やだなあ、半島の方ですか?
日本語はしっかり使いましょうよ

そんな証拠は土足にはわーわーきこえ無ーい

ってw
直前に出されたソースまで見えなくなるとは目が腐ってるんですね。

>参謀総長が個人的に極秘に知らされていた可能性もあるが
そんな証拠は無い。

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 00:34:31.48 ID:VptrhcQB0
A東条英機首相と陸軍はハワイ攻撃を知っていたことを示す典拠

○参謀本部第一作戦部の「田中第一部長は9月22日の海軍研究会に臨み、
その状況を概要次のように記している。
略 6. ハワイ空襲をX日とすれば、マレーの航空第一撃はX日ないしX−1日とする。
但し上陸はX−1日夜に謀略を併用して行う。」

出典:戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂 P481

○「昭和16年10月9日ないし10月13日、山口県室積沖在泊中の旗艦「長門」において
連合艦隊のハワイ空襲作戦を含む最終図演が行われた。
これには参謀本部作戦課の久門有文中佐および竹田宮恒徳王少佐が加わった。」
「昭和16年10月19日、永野軍令部総長はハワイ作戦実施に同意の決裁を下した。
参謀本部首脳及び作戦当局はその計画を知らされていたので、
意見があれば表明し得る筋合いであるが、もとより、そのようなことはなかった。」

出典: 戦史叢書 大本営陸軍部大東亜戦争開戦経緯(5) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂
出典: 戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂 P406

○海軍軍令部が10月20日ハワイ攻撃を決定したのを受け、
陸軍側は南方作戦計画の時刻規制等を検討した。
「参謀本部は10月23日、次ぎのような研究案を得た。 略 
ハワイ空襲は日本時間のX日零時、すなわちハワイの黎明であるが
シンガポールにおいてはX−1日22時の真夜中前である。 略 
かくて大本営陸軍部としてはハワイ空襲とマレー作戦の時刻の規制に関しては
陸海軍中央協定所定でなんら差し支えないものと考えた。」

出典:戦史叢書 「大本営陸軍部」(2) 防衛庁防衛研修所戦史室編纂 P541〜543


851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 00:35:48.11 ID:fgrs8udYP
つかさ、ソースも出さずに
俺様が知らないと妄想したとエンドレスで喚き続けて
相手のソースを否定できる
あるいはそれを信じ込むバカがいるとおもってるんか?
世の中土足ほどのバカはそれほどいないぞw

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 00:36:09.25 ID:7tOB0Fmz0
★東条が真珠湾奇襲を早い時期から知っていたと記した「東条英機宣誓供述書」は
内容がデタラメであることが、裁判の自身の答弁によって証明されている。
知ったとしても攻撃直前の12月1日以降で、非公式にである。
よって社会通念上、事前に知らなかった、承知してない。とするのが社会の常識である。

キーナン検事「あなたは、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために、日本を出発した日を知っているでしょう」
東條英機「今知っているというお尋ねですか。その当時知っておったかというお尋ねですか」
キーナン検事「私が尋ねているのは、今知っているかということです」
東條英機「今、裁判所において私はその知識を得ました」
キーナン検事「いつ艦隊は出発しましたか」
東條英機「どこをですか」
キーナン検事「東京を」
東條英機「それは知りません。私がこの裁判所で得た知識は、ヒトカップ湾と言いましたかね。二十三日か、二十六日に出たというふうなことを知ったのです」
キーナン検事「あなたは現在、この連合艦隊の作戦命令は、十一月五日に発せられたということを知っておりますか」
東條英機「知りません。作戦準備命令がその頃出たということは、この法廷で承知しました。準備命令です。お間違えの無いように」
キーナン検事「そしてまたあなたは総理大臣として、この艦隊が十一月の二十三日にしろ、二十六日にしろ、日本を出発したということもまた知らなかったのですね」
東條英機「事実において知りません」
キーナン検事「そうして真珠湾に対する攻撃が現に起ってしまうのちにいたるまで、これを攻撃する意思を見出すことができなかったと推定するか ― 。」
東條英機「それは違った推定です。」
キーナン検事「それではあなたはいつ真珠湾を攻撃するということを、艦隊が真珠湾に向かって進行中であることを知りましたか」
東條英機「それは十二月一日の御前会議の決定にもとづいて、当然に私は攻撃を開始するということに向かって行動しつつある。こういうふうに想像しておりました。
しかもその間において日米交渉が万一にでも打開できれば技術上許す範囲において何時でも作戦行動を停止・・・・以下略」
話しを遮ってウェブ裁判長「それを知った日付を答えなさい!」
キーナン検事「法廷に申し上げます。この証人はばかばかしいほどの限度まで行き過ぎております。
私は単にいつ真珠湾攻撃の意思を知ったかというその日付を訊いただけであります。 証人に対して、この質問に答えるよう指示を与えていただきたいと思います」
ウェブ裁判長「証人、もし記憶しているならば、それを知った日付を述べなさい」
東條英機「それは一番最初にお答えしたと思うておりましたが、十二月一日の御前会議において知りました」
キーナン検事「私はあなたに対して長々しく退屈なことを訊くつもりはありませんが、ただこの点だけを明確にお尋ねします。
すなわち、あなたはこの御前会議において、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために進行中であったということを知りましたか。しかりとか、否とか答えてください」
東條英機「もう一遍言ってください」
ウェブ裁判長「この簡単な質問に答えなさい。あなたはいつ最初に真珠湾は攻撃されることになっているということを知りましたか。
それに対して一語、もしくは二語でごく簡単に答えることが出来るでしょう」
東條英機 「それは否と答えましょう。」
キーナン検事「それでは最初に知ったのはいつか。」
東條英機「イエスとかノーで答えるというのはツライです。御前会議においては真珠湾攻撃云々ということは出ていなかったのです。それを私は否と答えた。」
キーナン検事「それでは御前会議において作戦部隊が合衆国あるいはその領土を攻撃のため出動中であるといづことが明らかにされたか。」
東條英機「そういう作戦に関する具体的なことは御前会議、連絡会議において採り上げられませんでした。そういうことは統帥部から提案すべきものではないのです。」
ウェブ裁判長「いつ最初に真珠湾が攻撃されることになっていることを知ったか?」
東條英機「一日でしたか、二日でしたか、そこのところは日にちがはっきりしませんが、その辺のところです」
キーナン検事「いつの」
東條英機「昭和十六年十二月の」
キーナン検事「私はこの証人から非常に正確なことを聴きだすことが出来なかったことをお詫びいたします」

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 00:41:09.50 ID:fgrs8udYP
>>852
キーナン検事「あなたは、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために、日本を出発した日を知っているでしょう」

で結論が出てるな。
妄想だとソースを否定されて呪文を繰り返すしかなくなった時点で結論は決まってると思うが
なにか反論でもできるのかね?

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 00:44:39.67 ID:7tOB0Fmz0
>>853
キーナン検事がしつこく聞いてるのは
ハワイが攻撃されることを、いつ知ったのか?
ということだが?

そんなことはこの問答を観れば明らかだが
それを、そうではないと言い張っても
おまえがバカを晒すだけ。

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 00:47:27.02 ID:iKrRd3iF0
少なくとも、東條の宣誓供述書をデタラメと全否定する材料はどこにもない。内容は東條の勘違い
が無ければ全部正しいと言えるだろう。実際、キーナンは宣誓供述書の中に矛盾点を見出すことが
出来なかった。

その宣誓供述書の中に書かれているのは、>>838にあるとおり。
「私は陸軍大臣としてその概要を参謀総長より承知していました」

ということであり、東條ははっきり「真珠湾攻撃は12/8に行われる」ことを事前に聞かされていた。
ただ、いつ聞かされたのか分からない。キーナンが突っ込んで聞いてもはっきりしない。12/1か12/2
だった、とうろ覚えの記憶で答え、キーナンは重要なことを聞き出せなかったと残念がった。

実際、宣誓供述書のどこにもそんなことは書いていない。








856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 00:50:34.86 ID:iKrRd3iF0
>>854
馬鹿はお前じゃないのか?同じコピペを何度も出しやがって。しかも、宣誓供述書の
内容は全然デタラメじゃない。頭おかしいんじゃないの?

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 01:01:23.94 ID:7tOB0Fmz0
>>856
12月に知ったと裁判では証言してるのに
供述書では、11月には知っていた内容になっている。
おかしいじゃないか。

宣誓供述書で、海軍の真珠湾奇襲を承知していたかどうかの部分に関しては
完全にデタラメだな。

858 :結論:2012/07/30(月) 01:07:40.58 ID:7tOB0Fmz0
言いたいことはこうだ。
日本を壊滅させた馬鹿は、愚かな作戦を独断で強行した海軍・山本五十六である。
東条や陸軍ではない。

■若狭和朋 『日本人が知ってはならない歴史』
開会の直前に、東條首相は杉山元参謀総長から耳打ちされた。『どうも海軍はハワイをやるらしい』
『なに、ハワイ。話が違うではないか』と東條英機首相は激怒している。
開戦前夜、東條英機首相は暗夜の公邸で慟哭している。翌朝、日本帝国首相は真珠湾攻撃の成功をラジオのニュースで知るのである。
(早朝の電話報告で攻撃成功を知った、という説もある)。」

■小室直樹 『硫黄島 栗林忠道大将の教訓』
「大東亜戦争の初め、東条首相は真珠湾攻撃を知らなかった。
これは東条のみでなく、陸軍全体が知らなかった。 誰もが驚くような話である。
何故かと言えば、日本軍の共同体の構造がそのようになっていたからだ。」  
 
■佐藤晃 『太平洋に消えた勝機』
「だがこの時すでに、真珠湾作戦部隊はヒトカップ湾をハワイに向けて 出航している。
政府はこのことを知らされていない。 略
国家存亡の戦争を行う国の最高指導者が知らぬまに、
そして 共同作戦をとる陸軍が知らぬ間に、このような重大作戦が決行される事など、
最高指導者の下に統合幕僚組織のある普通の国では考えられないことである。」

■西村眞吾 『眞悟の時事通信 No.693』
「つまり連合艦隊司令長官は、この時既にハワイ真珠湾攻撃を決意していたのだ。
このことは海軍軍令部総長も知らない。
もちろん、首相である近衛も十月に首相になった東条も知らない。」  略
腹案は、よくできている。そして、現実には、第一段階(南方作戦)は一挙に達成され、第二段階(西亜作戦)の途中まで達成された。
しかし、この「戦争終末促進に関する腹案」の基本方針に反することを、最初から実施し、しかも順調に進んでいた第二段階を自ら放棄して、
結局、腹案全体の戦略と戦術、我が国家の基本戦略を崩壊せしめた人物がいた。
我が国から統合幕僚本部を喪失させた山本権兵衛に続く、海軍のもう一人の山本。山本五十六連合艦隊司令長官である。

■茂木弘道『史実を世界に発信する会』
その基本戦略に反する戦いを始めたのは、海軍の山本五十六連合艦隊司令長官であった。

山本提督一派によるパフォーマンスのようにしか見えない戦い方だが、最初の真珠湾攻撃で意見の対立が生じたとき、
山本提督を更迭するだけの力(それだけの人物)と覚悟が海軍上層部になかったということなのか。
結果、日米戦争での日本の戦いは相手(米国)のリングで戦うことになり、惨憺たる負け戦になったことは史実が示す通りである。

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 01:15:05.97 ID:iKrRd3iF0
>>856
11月に知ったとはどこにも書いていない。頭がおかしくなって幻でも見たのか?

東條は真珠湾攻撃を知っていたが、いつ知ったのかは分からない。そういうことだ。
要するに、宣誓供述書の内容が気に入らないから「デタラメだ」と言い張りたいだけなんだろ?
馬鹿な奴。

山本五十六にすべての罪をなすりつけるのは不可能。真珠湾攻撃は統帥部が決めた合意事項であって、山本
が仕切っていたと思ったら大間違い。





860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 01:21:46.00 ID:iKrRd3iF0
>>859
アンカーミス訂正>>856>>857


861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 04:40:07.88 ID:VptrhcQB0
B東条英機首相と陸軍はハワイ攻撃を知っていたことを示す典拠

○11月3日には永野海軍軍令部総長と杉山陸軍参謀総長が昭和天皇に陸海両軍の
作戦内容を上奏するため列立して読み上げた。ハワイ空襲作戦も詳細な説明を行っている。
ご下問奏答あり。

出典: 戦史叢書(76) 大本営陸軍部 大東亜戦争開戦経緯<5>  防衛庁防衛研修所戦史室編纂 P336

○「ハワイ奇襲実施についてもこのときに遅くとも正式な作戦として陸軍側に伝わっており、
東條首相自身、参謀本部作戦課に知らされている。」

出典: 『海軍大学教育』「第三章 真珠湾作戦と海大」実松譲 光人社
出典: 『明治百年史叢書 杉山メモ -大本営・政府連絡会議等筆記- 上下巻』参謀本部編 原書房

○11月3日に杉山元参謀総長と永野軍令部総長は列立して作戦計画について昭和天皇に報告した。
真珠湾攻撃の決行日についてのご下問奏答の一部。永野は開戦予定日を日本時間で答えている。  
御上:海軍ノ日次ハ何日カ
永野:8日ト予定シテ居リマス
御上:8日ハ月曜日デハナイカ
永野:休ミノ翌日ノ疲レタ日ガ良イト思イマス

出典:『明治百年史叢書 杉山メモ -大本営・政府連絡会議等筆記- 上下巻』参謀本部編 原書房

○11月4日、陸海軍合同軍事参事官会議での軍令部総長の説明についての描写で
「真珠湾攻撃の件については何等触るる処ありませんでした」と書いている。
東条さんがここで何故に、わざわざ、そのように記述したのか。
軍令部総長が「第一段作戦という言葉を使ってハワイ作戦を表現し、他者から秘匿していた」
ということを言っているのである。 東条さん自身も作戦を知っていたからそう言えるのだ。

出典:「大東亜戦争の真実―東条英機宣誓供述書」 WAC出版
出典:「東条英機宣誓供述書」 国立国会図書館近代デジタルライブラリー


862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 04:42:56.81 ID:VptrhcQB0
C東条英機首相と陸軍はハワイ攻撃を知っていたことを示す典拠

○11月8日から3日間、陸軍大学校において連合艦隊司令長官と南方軍総司令官、
南方部隊指揮官である第2艦隊司令長官と南方軍総司令官との間で作戦協定が行われ
10日に調印された。開戦劈頭に機動部隊によるハワイ奇襲の計画があることや
その重要性をひそかに説明しハワイ作戦優先の了解を得た。東京協定と称せられた。

出典: 戦史叢書 「海軍航空概史」  防衛庁防衛研修所戦史室編纂 P162 
出典: 戦史叢書 「ハワイ作戦」  防衛庁防衛研修所戦史室編纂 P229 

○11月29日の重臣会議において東条さんは天皇の陛下の前にて 自らの説明の時に
「ハワイ攻撃の事は勿論其他攻撃に関する純統帥事項は告げず」と記入している。
また午前中、政府と重臣たちとの間の懇談で日米交渉のことについて問われた際、
「純作戦事項のことについては説明をさけたのであります」とも述べている。

出典:「大東亜戦争の真実―東条英機宣誓供述書」 WAC出版
出典:「東条英機宣誓供述書」 国立国会図書館近代デジタルライブラリー

○11月30日 東条首相拝謁時 『(前略)海軍ノ一部ニ作戦ニ就キ不安ヲ懐キ居ル者アルヤニ
拝謁セラルル御話アリシトノコト(布哇作戦ノ予想ニテ犠牲ノ多カルヘキ御話ナリシカト思ハル)
ニテ、首相ガ拝謁ノ時首相ニ御下問アリシ (首相)少シモ聞及無之旨奉答』

出典: 昭和天皇発言記録集成 下巻(芙蓉書房出版) P.96

○・12月1日の御前会議の席上、東条さんは政府及び統帥部が
原枢密院議長の質問に対して答えた際、
「この時の説明に際してハワイ攻撃其の他の統帥事項に関する具体的の事については
少しも口外せず」と述べている。

・「帝国は1941年12月1日より開戦準備に入り大本営陸海軍統帥部の
企画に基き敵の大包囲圏を「ハワイ」、「比島」、「香港」、及び「マレー」
の4箇所において突破するの作戦に移りました。
12月8日(日本時間)早暁其の攻撃を実施しました。
而してこの攻撃は何れも軍事目標に指向せられたのであります。
此の攻撃作戦は統帥部において極秘裡に進められたのであります。
私は陸軍大臣としてその概要を参謀総長より承知して居りました。」と述べている。


863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 04:43:58.05 ID:VptrhcQB0
D東条英機首相と陸軍はハワイ攻撃を知っていたことを示す典拠

・12月8日未明、東郷外相より、ルーズベルトからの親電を天皇に上奏してよいかと問われた際に、
「私は直ちに上奏には異存なしと告げるとともにもはや海軍の機動部隊の飛行機は
母艦より飛行の開始を為しているであろうと答えたのでありました」と述べている。

出典:「大東亜戦争の真実―東条英機宣誓供述書」 WAC出版
出典:「東条英機宣誓供述書」 国立国会図書館近代デジタルライブラリー

○少なくとも11月はじめには「真珠湾作戦」は陸海軍協同で合意の上で立案されている。
1941年11月8日に「海軍作戦計画ノ大要」を海軍軍令部総長永野修身と
陸軍の参謀総長杉山元が侍従武官長宛てに発信している。
これには海軍軍令部次長伊藤整一と陸軍参謀本部次長塚田功ら総務部長、
主任部長、主任課長など作戦の中枢部の軍人が名を連ねている。
この上奏文は,陸海軍高官が認めた最終攻撃計画であり,
開戦予定日(12月8日)の1ヶ月前に真珠湾攻撃計画も含め,
大元帥昭和天皇に報告された。

「海軍作戦計画ノ大要」
「兵棋ニ依ル作戦計画御説明ニ関スル件」(1941年11月8日)
謹ミテ海軍作戦計画ノ大要ニ付奏上致シマス
第一段作戦ニ於ケル陸軍ト協同シテ行フ南方要域ノ攻略作戦ニ関シマシテハ只今参謀総長ヨリ奏上
致シマシタ通で御座イマ スノデ此処ニハ海軍単独ノ作戦ニ関シ申述ベルコトト致シマス
開戦劈頭比島及馬来ニ対スル先制空襲ト成ルベク時ヲ同ジク致シマシテ第一航空艦隊司令長官ノ率ヰル
航空母艦六隻ヲ基幹トスル機動部隊ヲ以チマシテ布哇在泊中ノ敵主力艦隊ヲ空襲致シマス
右機動部隊ハ千島ニテ補給ノ上開戦十数日前内地ヲ進発致シマシテ布哇北方ヨリ近接シ
日出一、二時間前「オアフ」島ノ北 方約二百浬附近ニテ全搭載機約四〇〇機ヲ発進セシメ
碇泊中ノ航空母艦、戦艦竝ニ所在航空機ヲ目標トシテ奇襲攻撃ヲ加フ ル計画デ御座イマス・・・・・・・以下略。

出典:参謀本部作戦課『昭和十六年上奏関係文書綴』〔防衛庁防衛研究所図書館所蔵〕巻一所収
出典:大本営陸軍部上奏関係資料 / 現代史料出版 東出版

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 08:17:48.59 ID:fgrs8udYP
>>854
>キーナン検事がしつこく聞いてるのは
>ハワイが攻撃されることを、いつ知ったのか?
>ということだが?

キーナン検事「あなたは、日本の艦隊が真珠湾を攻撃するために、日本を出発した日を知っているでしょう」

お前が日本語を読めないことのほうが明らかだがw

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 08:20:01.48 ID:VptrhcQB0
東条さんは
開戦の決意をしたのが「12月1日の御前会議で」と公式には表明している。
従って「ハワイ作戦をそれ以前から知っていた」などと
裁判の場では絶対に言えない。
全ての証言が 疑われることになるからだ。
そうなれば、
天皇陛下の責任問題が浮上してくるのだ。


866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 08:26:02.89 ID:VptrhcQB0
>>858
この作家の皆さんがどこからその主張の根拠を持ってきたのか示しなさい。

■若狭和朋 『日本人が知ってはならない歴史』
■佐藤晃 『太平洋に消えた勝機』
■西村眞吾 『眞悟の時事通信 No.693』
■小室直樹 『硫黄島 栗林忠道大将の教訓』
■茂木弘道『史実を世界に発信する会』

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 08:31:20.37 ID:VptrhcQB0

参謀本部の作戦部門が知っている。
参謀総長も知っている。

陸軍大臣兼務の東条さんが何故知らないのだ?

もし本当なら陸軍側の問題じゃないか?

どうなんですか?


868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 08:35:00.84 ID:VptrhcQB0
これまでに判明したところでは陸軍がハワイ作戦の計画を知ったのは8月22日である。
この日は参謀本部が対米英戦争を決意した日でもある。
以降、9月〜10月中には参謀本部作戦課の部員と海軍側部員とが相互の図上演習や研究会で
計画への理解を深め、9月17日第一案が海軍側に提示され、9月19日これへの海軍側対案が出された。
以後、両者の作戦部員間で調整が行われ、陸軍の南方作戦計画立案へ反映された。
10月末までには作戦は完成し、11月3日には杉山陸軍参謀総長と永野海軍軍令部総長が
昭和天皇に陸海両軍の作戦内容を上奏するため列立して読み上げた。
ハワイ空襲作戦も詳細な説明を行っている。ご下問奏答あり。
この時に杉山参謀総長は必ずそれを目にし耳で聞いたはずである。
参謀総長は当然それまでに部下からも連絡は受けていたろう。
そして陸軍大臣を兼務していた東条首相は参謀総長から
11月3日か4日には確実にその詳細を知らされたはずであるし、
首相就任前の陸相時代に既に概要を知っていたのは当然だ。
「東条英機宣誓供述書」に真珠湾攻撃に関する記述が最初に出てくるのは11月4日である。
この日の陸海軍合同軍事参事官会議での軍令部総長の説明についての描写に
「真珠湾攻撃の件については何等触るる処ありませんでした」と書いている。
東条さんがここで何故に、わざわざ、そのように記述したのか。
軍令部総長が「第一段作戦という言葉を使ってハワイ作戦を表現し、他者から秘匿していた」
ということを言っているのである。 東条さん自身も作戦を知っていたからそう言えるのだ。
これは前日に上奏した参謀総長よりハワイ作戦詳細の報告を受けたということと符合している。

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 12:12:21.47 ID:U8pnNAZh0
ニイタカヤマノボレ1208

ハワイ空襲作戦の計画は、そりゃあ事前に知っていただろう。
問題はそれがいつ行われるかを事前に知っていたかどうかだ。
つまり、1208をいつ知ったかどうかだ。
東條が知ったのは恐らく、トラトラトラの報告と同時と思われる。

1208は海軍が極秘に決めた事であり、12月1日の御前会議では報告されていない。

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 12:19:37.66 ID:VptrhcQB0
仮に東条さんが知らなかったとする。
参謀総長や作戦担当者たちは上述のごとく、
8月22日以降にハワイ作戦を知っていた。
あとは陸軍内部の問題ではないか。

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 12:47:38.96 ID:vdALT+7E0
オレンジ計画作戦を事前に知っていても、実際、本当にやるのかは分からないし、いつ行われるかを知るのは尚難しい。
それと同じ。

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 14:16:21.90 ID:CdEBQ0GJ0
>>869
マレー侵攻作戦と、同時に行うと取り決めてるんだから陸軍も承知済だが。
何の為に作戦課から佐官参謀を2人も、最終図演に参加させ、協議させてると。


873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/07/30(月) 17:37:41.38 ID:aFOH5jDN0
山本のハワイ作戦は、この戦争の唯一の戦争計画であった「腹案」の中でも、重要な
一支作戦として位置づけられた。この戦いでは、まず戦争遂行上不足する資源地帯を確
保して、そこで長期自給自足の態勢に入ることがグランド・デザインであった。その最
初の段階で、ハワイ作戦はまさに南方資源地帯確保に対する最大の懸念であったアメリ
カ艦隊の脅威を取り除く意味を有していたからである13。そして、このハワイ奇襲の大
成功もあって、日本軍は開戦数ヶ月の間にこの資源地帯を確保することに成功した。」 

出典:「太平洋戦争開戦時の日本の戦略」  
防衛省防衛研究所戦史部第2戦史研究室長 相澤 淳 著
ttp://www.nids.go.jp/event/forum/pdf/2009/04.pdf

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>6266>>263e>>190}>>148f>>538b>>193h>>727/>>22r★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)