5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【存置】死刑存廃論11【廃止】

397 :法の下の名無し:2013/03/07(木) 11:56:42.56 ID:3tw30Xk0
>>395
>「消極的特別予防論」も犯罪者の矯正を目的としている。
>>消極的特別予防論というのは、犯罪者を刑罰の持つ苦痛などの痛みで威嚇したり、隔離したりすることで再犯を防止するという考え方です。
隔離というのは矯正なのかね?w

>一方、死刑は犯罪者の排除を目的としており、目的刑論との関連性は無い。
だから、消極的特別予防論は「犯罪者を社会から隔離(排除)することで再犯を防ぐ」ということなどを含む概念だけど?

>制約の根拠ではあるが、調整の対象にならない。
わけがわからんな。
「制約」と「調整」が君の中では異なるものなのか?
また、「公共の福祉」が存在しないとすれば、何を根拠に犯罪者の人権を制約するんだ?

>死刑が不当ではない事を論じてみせろ。
生命権は公共の福祉に基づいて制約され得る。
そして殺人犯は他者の生命権を侵害しており、故に公共の福祉に基づいてその生命権を制約するのは正当である。

>犯罪者の人権を奪う事が何故犯罪者の人権保障と言えるのか論じてみせろ。
「人権保障」とは、「犯罪者の人権だけを守る」という意味ではない。
犯罪者・被害者・その他の一般人など日本人全体の人権を守るためのシステムなんだよ。
故に、犯罪者以外の誰かの人権を守るために、犯罪者の人権を奪うということがあり得る。それが公共の福祉だ。

>お前の云う「刑罰に拠って守られる人権」とは「守れなかった被害者本人の人権」以外であるから
違うよ?被害者の人権を守るためにも犯人を死刑にするんだよ。

>存命者の人権に内在する「公共の福祉」に拠っては、急迫性が無い限り他者の生命までは奪えない。
その主張が正当であるということを論じてみせよ。

>刑罰に拠って守られる人権が犯罪者の生命に優るのは何故か論じてみせろ。
犯罪者の生命権<被害者の生命権+将来起こるかもしれない殺人事件の被害者の人権(一般予防+特別予防)

>裁判所の判例でしか説明出来ないのであれば「論破されました」と宣言しろ。
は?w裁判所の判例が論拠にならないと言うのかね?w

404 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)