5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死刑存置論者が語るスレ

1 :法の下の名無し:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:TRIx1CfX
死刑制度について語りましょう。

2 :法の下の名無し:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:O0MPMDB9
重複

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1358051355/l50

スレを使い切ってから

3 :法の下の名無し:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:O0MPMDB9
ああ、こっちは存置派か。
失礼。
ただ、日本人の大半は存置派なんで、改めて区別する必要はないと思います。

4 :法の下の名無し:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:dxs021Kd
<電気椅子処刑の失敗例>
第二次世界大戦が終わった翌年、殺人罪で逮捕されたウィリー・フランシスは
当時まだ15歳だったが、死刑の判決を受け、2年後の17歳の時にルイジアナ州
アンゴラ刑務所で刑が執行されることになった。
看守に付き添われて処刑室にやってきたウィリーは電気椅子に座り、固定されると
すぐに電流が流された。激しいショックに痙攣するウィリーの身体から火花が飛び、
頭からは白い煙が立ち上った。咽喉までたれた目隠しの下から断末魔の叫び声が起こる。
だが、彼は死ななかった。刑務所長の判断で通電は止められ、ウィリーは病院に運ばれたが、
全身に大火傷を負っていた。

「口の中がまるで冷たいピーナッツバターみたいな味がして青、ピンク、それに緑色の点々
が見えたんだ。頭と左足がめちゃめちゃに熱くて、オレは電気椅子の上で飛び上がったよ。
オレは神様に死なせてくれって頼んだよ。それほど苦しかったのさ。
身体じゅうをすごい熱が突き抜けていくんだ。足の指が曲がっていうのが自分でも分った。
生きたままフライにされているだなと思ったよ」
病院で治療を終え、独房に戻ったウィリーは鉄格子越しに同じ死刑を待つ仲間にそう語った
という。
ウィリーの弁護士は「一度電気椅子にかけられた人間を再び同じ椅子に座らせるのは残酷で
憲法違反だ」と主張し、全米でそれをめぐって「是か非か」の論争が繰り広げられた。
判断を委ねられた最高裁でも票は割れたが、多数決で「再度試みよ」との結論が出され、
ウィリーは二度目の電気椅子で痙攣を繰り返しながら、絶命した。

5 :法の下の名無し:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:zSQLGJ6H
死刑は残虐な刑だ。絶対にあってはならない。

6 :法の下の名無し:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN ID:Tq3fAzB6
抑止力で死刑が正当化されるのは、死刑の抑止力で救われる命が
死刑で奪われる命よりも多いことが証明された場合だけだ。
そんなこと証明できるはずがないだろ。

7 :法の下の名無し:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN ID:tipATJTr
>>6
まぁ死刑の抑止力で命が救われる事は、目に見えないからね。
事件が起きないんだから。
ただまぁ、死刑の抑止力に関してはアイザック・エーリッヒで検索してみな。
抑止力があると説明したところで、どーせナンダカンダと言って来るだけだろうから。
ついでに言えば、闇サイト事件みたいに「実際に止めた」以上、抑止力は0ではないよね。
実績抹消してまで、無い無いいうのは、無茶だな。

8 :法の下の名無し:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN ID:Tq3fAzB6
>>7
俺は死刑の抑止力を否定しない。死刑廃止で救われる命よりも
多くの命が死刑の抑止力で救われていることが証明されない限り
死刑は正当化されないと言ってるの。

9 :法の下の名無し:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN ID:tipATJTr
>>8
>死刑廃止で救われる命

その命って、殺人犯罪者限定だよね?

10 :法の下の名無し:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN ID:tipATJTr
廃「殺人犯罪者だって、人権がある。命に差は無い」
存「先に奪われているのは、被害者の命だよね?」
廃「死んだ人間より、生きている犯罪者の命を尊重すべきだ」
存「あれ?命に差は無いんじゃなかったっけ?」
廃「うるさい!!しね!ソンチは氏ね!」

もう飽きたよ、この展開。

11 :法の下の名無し:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN ID:Tq3fAzB6
被害者の命はもう存在しないのだから尊重したくても
尊重しようがないじゃないか。

12 :法の下の名無し:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN ID:Tq3fAzB6
被害者の命を救うことができなかったわたしたちは犯人の命を
救うことでせめてもの埋め合わせにするべきだ。

13 :法の下の名無し:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN ID:IInrMm0D
>>12

これが典型的な「犯罪者崇拝型」の廃止論者。
殺人犯罪を犯せる者こそ至高と考え、その他の命とは区別する。

埋め合わせをするのなら、奪った命の代償として、奪った当人が自分の命を差し出すのが筋だろ。
お前が言ってるのは、奪った分の「持ち合わせ」があるのに、返さずに済ませるどころか、後の生活まで
保障してやるような話だ。
気持ちが悪くなるような、犯罪者崇拝だな。
最初に言っておくと、宅間も秋葉の加藤も麻原も、お前ら犯罪崇拝者が崇めるような「神」じゃないからな?

14 :法の下の名無し:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:pevPaMgH
どんだけかまって欲しいねん

15 :法の下の名無し:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:m8pFIQfT
被害者の命と犯人の命の比較衡量などあり得ない。後者はもう存在し
ないんだから。ゼロなんだから。無限大の価値がある生者の命を存置派
の狂った脳内にしか存在しない「被害者の命」なる虚構のために犠牲に
していいはずがない。死刑絶対反対!!

16 :法の下の名無し:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:ete8wAsm
確認なんだけど。
他の廃止論者がもし居るなら>>15←こいつと同意見?
それとも、コイツだけが特殊なの?

17 :15:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:m8pFIQfT
書き間違ったから訂正します。
一行目「後者」→「前者」
こうしなければ意味が通りませんね。ドウモm(__)m

18 :15:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:m8pFIQfT
死者の幸せは坊主に任せて、法は生きている者の
幸せに奉仕せよ。

19 :法の下の名無し:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:ete8wAsm
再度確認。

他の廃止論者も、>>15=>>17と同様に、被害者の命は既に奪われているから無価値だって考え方なの?

ハッキリさせておけよ、その辺。

お前等の主張に関わることなんだから。

20 :法の下の名無し:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:NxZMYNS4
俺は犯罪者の味方だから死刑反対だよ

21 :法の下の名無し:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:m8pFIQfT
存在しない物に価値を認めるのは法ではなくて宗教だ

22 :法の下の名無し:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:UuPXo7eK
福岡拘置所の松永太さんに、支援の差し入れをお願い致します。
松永太さんは福岡県北九州市でたった7人しか殺していないのに死刑確定後、
弁護人やご家族以外とは、面会も手紙のやりとりも一切許されない状態が続いています。
しかし、現金や小切手は、弁護人や親族以外でも太さんに届けることは可能です。
わずか三畳程度の監視カメラ付き独房に閉じこめられ、いつも無反省で反抗的な状態
で過ごしている太さんにとって、ささやかな差し入れでも、外部の人の応援は
大きな励みになります。よろしくお願い致します。

【松永太さんの住所】
〒814-0006 福岡県福岡市早良区百道2丁目16−10

23 :法の下の名無し:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:UrYdeilt
国民の命を守る責務を負わされている政府が国民の命を奪うのは
そのような責務を負っていない一私人が他者の命を奪うよりも
ずっと罪深く悪辣な行為だ。死刑廃止せよ!!

24 :法の下の名無し:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:pW0DI6p/
>>23
なるほど。つまり遺族が敵討ちで犯人を殺す分には問題ないというわけだw

25 :法の下の名無し:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:UrYdeilt
憲法で保障された容疑者被告の人権を最も乱暴な形で蹂躙する敵討ちは
絶対に許されない。敵討ちだの決闘だの無礼討ちだのを否定したところに
近代の刑法と刑事司法がある。もっと勉強してね。

26 :法の下の名無し:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:pW0DI6p/
>>25
え?被害者の人権を最も乱暴な形で蹂躙するのはいいの?w

27 :法の下の名無し:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:bJdsJ7Kx
>>23
つまり、「一般的な国民」と「犯罪者」もしくは「囚人」を区別するべきってことだな。
確かに、その区別は必要だと思うよ。
確かに「人権」で、犯罪者に対して甘い処置が多いと思うし。
その方が死刑を廃止するより、現実的な法案だと思う。

28 :法の下の名無し:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:UrYdeilt
>>26
憲法で人権を保障されてるのは被疑者被告囚人なんだ。被害者でも
遺族でもないんだ。残念だったね。

29 :法の下の名無し:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:XEsjHc1e
現憲法下で死刑は容認されてるんですが
憲法解釈で犯罪者の命を救いたいなら、現憲法を改正しなきゃダメね

30 :法の下の名無し:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:pW0DI6p/
>>28
へえ?
犯罪者だけに人権を認めて、善良な一般市民には人権を認めないと。
ならば君ら廃止派は「悪の味方」という表現がぴったりだねえ。
悪の味方たる君たちの言う通りにしたら、この世が悪人の楽園になっちゃうよ。それは何が何でも防がないとね。

31 :法の下の名無し:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:LaKDnoeA
>>30
何が「善良な一般市民」だ。社会的弱者を差別し迫害して犯罪に
追いやってるのが「善良なる一般市民」を自称するあんたらマジ
ョリティじゃないか。人権はマイノリティのためにある。マジョ
リティに人権はない。

32 :法の下の名無し:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:yZ7uf+Fm
>>31
おやおや。反論どころか悪の味方であることを自白してしまっているねえ。

他の廃止派がいるならこいつにきちんと反論しなきゃダメだよ?
同類と思われたく無いならね。

33 :法の下の名無し:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:tThQyylj
>>31
>マジョリティに人権はない。

お前、今自分が致命的な事書いたの気が付いてないだろwww

>>3.2
廃止派って大体同じだから、反論しようがないんじゃないの?
結局は、殺人犯罪者予備軍だからさ。

まぁ、死刑存廃のスレの意義って、こういう真性のキチガイの存在を浮き彫りにすることだし。
この手のシリアルキラーが廃止論者の中に多数存在し、コイツラが自分の将来的な命の
保身の為にハイシハイシ言ってるだけってのが目に見えてくれば、死刑廃止のリスクは
分かるよね。

34 :法の下の名無し:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:LaKDnoeA
死刑を廃止しなければ明日はわが身

35 :法の下の名無し:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:yZ7uf+Fm
>>34
ふむ、君は明日人を殺す予定でもあるのかね?

36 :法の下の名無し:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:LaKDnoeA
>>35
あんたは人を殺したくなったことがないのか?!

37 :法の下の名無し:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:yZ7uf+Fm
>>36
無いなあ。

38 :法の下の名無し:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:tThQyylj
>>34=>>31=>>28

こういうのがさ。
存置派の成り済まし工作とかじゃなく、廃止派の本心ってのが洒落にならないんだよね。

39 :法の下の名無し:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:NHxNSugf
>>38
少し手法を変えたら?

40 :法の下の名無し:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:yZ7uf+Fm
>>39
君は廃止論者かな?
だったらとっととID:LaKDnoeAに反論したら?
でなきゃ君も同類と看做されちゃうよ?

41 :法の下の名無し:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN ID:dOaikTvO
>>37
偽善者め

42 :法の下の名無し:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN ID:a02/U19i
>>41
まともな人間はさ、仮に「人を殺したい」と思ったとしても、
「人が殺せるように死刑を廃止しよう」とは考えないものだよw

43 :法の下の名無し:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN ID:dOaikTvO
>>42
他人の手で「人を殺したい」から死刑を存置したいんだね。

44 :法の下の名無し:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN ID:g74EoOMb
馬鹿工作員のワンパターンな流れw

45 :法の下の名無し:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN ID:a02/U19i
>>43
つーかさ。そんなに「人を殺さない」ってのは難しいの?
大部分の人間は当たり前に実行しているのだが。

46 :法の下の名無し:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN ID:dOaikTvO
>>45
世の中には殺人欲求をどうしても抑えることができない弱い人間が
存在するんだよ。そして、法は強者ではなくて弱者を救わなければな
らない。

47 :法の下の名無し:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN ID:a02/U19i
>>46
それは「弱い」んじゃなくて「邪悪」って言うんだよw
法の役目はそういう邪悪な人間を裁くことだ。

48 :法の下の名無し:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN ID:Qd/xWYgo
>>47
法で裁くのは行為。

49 :法の下の名無し:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN ID:6B34grKw
>>46

廃止派の誰か、こいつに反論した方がいいんじゃねぇの?
いくら、お前らの本心を代弁してるからっていったって、都合が悪いんじゃない?

50 :法の下の名無し:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN ID:g/p8NZjC
加藤智大さんは全然邪悪じゃない。無力な犠牲者のひとり。
邪悪なのは小泉純一郎と竹中平蔵。死刑が必要ならこの二人を
秋葉原殺人事件の犯人として処刑せよ。

51 :法の下の名無し:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN ID:g/p8NZjC
日本企業がアジアを経済侵略してアジア人民を搾取しまくらなければ
企業連続爆破事件は起きなかったんだよ。ほんとうに邪悪なのは誰か!

52 :法の下の名無し:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN ID:4SilGQeg
>>50
小泉や竹中を殺した、というのならばまだしも、
無関係な人を殺した時点で邪悪としか呼べんよ。

53 :法の下の名無し:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN ID:6c8KzbmL
>50
↑こういう奴を否定出来ないのが、廃止派の欠点だよな。
いつもみたいに本音を隠して否定すりゃいいのに、加藤が踏絵になってて反論出来ないwww
まぁカルトなんてのは、そんなもんだけどさ。

54 :法の下の名無し:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN ID:0al/n5qj
工作が低レベルすぎて馬鹿しか引っかかってない

55 :法の下の名無し:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:gYBjU/zh
死刑廃止で確実に救われる命がある。死刑で救われる命があるかどうかは
未確定。

56 :法の下の名無し:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:gYBjU/zh
死刑は権力犯罪。絶対に許されない。

57 :法の下の名無し:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:kToxCbHp
>>55
また書き捨てバックレか。
まったく嘘100回で本当になると信じてる「あいつら」と同じだな。

死刑廃止で救われる命の代わりに、失われた命が報われない。
また、救う必要の無い命を救った代わりに、新たに無駄に失われる命が生まれるリスクが高まる。

お前、>>50だろ。

58 :法の下の名無し:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:gYBjU/zh
現在の日本に134名の死刑囚がいる。kの人たちは死刑が廃止
されないなら確実に死ぬ運命にある。死刑が廃止されれば確実に
救われる。死刑に抑止力があるとしても死刑廃止されれば確実に
殺人犯に殺される人はいるか?リスクが高まるかもしれないと
いう話だろ。確実に救える命を救わないでリスクを議論してる者は
人命尊重者ではない。

59 :法の下の名無し:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:gYBjU/zh
死刑廃止で高まるリスクはみんなで分かち合うべきだ。

60 :法の下の名無し:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:gYBjU/zh
殺されるのを避けるために人を殺すことは状況によっては
許容されるが、殺される"リスク"を下げるために人を殺すことなど
許されるはずがない。存置派に問いたいのは「死刑囚は今あなたの
命を現実に脅かしているか」ということだ。

61 :法の下の名無し:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:Z/4r55XB
廃止派には「罪を償う」とか「責任を取る」という概念が無いのはよくわかったよ。
そんなんだから国民の支持を得られないんだよw

ああ、自称「まともな」廃止派の皆さん?
自分がまともだと思うのならば、ID: gYBjU/zh みたいな基地外にはきちんと反論しておかなきゃダメだよ?
でないと廃止派全体が基地外と同類だと思われるからね?

62 :法の下の名無し:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:6elSwCG+
死刑には賛成なのだが>>57のような上から目線で弱者切捨てるような人間は嫌いだ。

63 :法の下の名無し:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:6elSwCG+
>>52
住所割り出せないネットだと難しい面がある。
もし割り出せていたら加藤はどんな行動に出たのだろう?
殺人は良くないが少なくとも無関係ではない人間を襲うのなら社会的に脅威にはなり得ない。
そういう行動をしてなければ「良い」だけの話しだから。

64 :法の下の名無し:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:6elSwCG+
>>31
マジョリティにも権利はあるだろう?
まあでも上の人間だから謙虚に生きてほしいと思う(願う)けどね。
仮に上が傲慢で自分が悪意を向けてないのに
悪意を向けてくる人間なら自分は行動しなければいけないのかもしれない。

65 :法の下の名無し:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:6elSwCG+
>>48
47ではないがだから何?行為だとして測ってることには変わりはない。
しかも死刑となれば行為うんぬんより感情が左右される。

66 :法の下の名無し:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:6elSwCG+
まあ死刑は已むを得ないのではないですかね?
確かに犯人は不幸ではある。生まれる場所は選べない。
自分がイスラムに生まれていたらジハードとかしてたのかな?
でも時代のうねりに抗う事は出来ない。責任は誰もない。
あるのは「どう行動していたか?」だけ。
裁判は行為だけではなく環境面にも配慮する。
情状酌量はその筆頭でしょう。
今も昔も裁判官・裁判員の個人の尺度で測る。
システムがそれしかない。その認識でやっていけば良いと思う。
廃止なんて無理矢理に引き剥がしたに過ぎない。
それで何かが変わるわけでもない。

67 :法の下の名無し:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:6elSwCG+
モンスターはモンスターとして処罰するべきである。
其の一方でモンスターを生まないようにするにはどうすれば良いのか?も考えるべきである。

68 :法の下の名無し:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:6elSwCG+
運が良かっただけ。アフリカの貧しい地域に生まれていたら今頃は死んでいたよ。
でも今の自分は日本に住んでいる。自分は自分でありアフリカの貧しい人たちではない。
それは誰の責任でもなく本当に運が良かっただけ。最高ではないが最低ではない。
日本という枠で考えれば家族ではなく自分だけに括れば最低な分類に入るが・・・(笑)
それを認識するか否かが重要であると思う。

69 :法の下の名無し:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:6elSwCG+
人の命を奪ったら死刑は已むを得ない。
それが正当防衛とか酷い環境に置かれた反動なら刑は軽くなる。
行為というより感情論であると思う。
感情論だけれども優劣なく一律に対処するのはよくない。
それこそ不平等というものだろう。
というか平等なんて存在しない。
なるべく平等になるように心がけることしかできない。
その平等というのは個人によって変わる。通念も変わる。
その都度に制度を変えれば良い。
世界的にはしらないが日本には「死刑反対」なる空気がない。
今のところは何も問題はない。問題があるとすれば「冤罪被害者」か?

70 :法の下の名無し:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:5tqFMIN+
死刑囚はすでに誰の命にとっても脅威ではない。
命を奪うことを正当化する理由は全くない。
シャバにいる人間のほうが脅威だよ。

71 :法の下の名無し:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:5tqFMIN+
殺人を犯す可能性があるのはすでに自由を奪われた被疑者被告既決囚では
なくて、娑婆で自由に暮らしてる「善良な市民」じゃないかw

72 :法の下の名無し:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:Al7aDryO
>>71
まぁそうなんだが。
独善的な理由で殺人を犯す人間がシャバに出れば、殺人を犯す危険性も高いし、
自身が殺人を犯す可能性が高いから死刑を廃止すべきと訴える奴等がシャバに残っているのも
リスクが高いな。

73 :法の下の名無し:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:dcwl06TV
>>64
「少数派であるというだけで何も悪いことしていないのに抑圧を受ける」というのならばそりゃ差別的だけどさ
「少数派であるというだけで特権を得る」「多数派であるというだけで何も悪いことしていないのに抑圧を受ける(謙虚さを強制される)」というのもまた差別的だと思うぞ?
ましてや、この文脈で言えば殺人鬼(少数派)VSそれ以外の善良な一般市民(多数派)という構図だろう?
非があるのは「少数派」の側で、悪意を向けてくるのも「少数派」の側じゃないの?

74 :法の下の名無し:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:dcwl06TV
>>71
「殺人」という過去の罪は無かったことになっているのかな?w

75 :法の下の名無し:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:0UxHm2X7
人命の損失は何ものをもっても償えないのだから「殺人の罪を償わせる」
という思想は放棄されなければならない。法は不可能を要求してはいけ
ない。死刑も金銭賠償も命の償いにはならない。犯人が遺族の奴隷に
なっても命は償えない。犯人を責めるのも苦しめるのもやめようよ。

76 :法の下の名無し:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:0UxHm2X7
死刑反対!!

77 :法の下の名無し:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:0UxHm2X7
殺人事件だ最も苦しむのは犯人だよ。なぜわかってあげようと
しないのか。われわれは他人の苦しみに無関心な人間であっては
ならない。

78 :法の下の名無し:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:0UxHm2X7
殺人事件被害者は全然苦しくないよ。だって、
生きて苦しんでる間は殺人被害者じゃないもん。
苦しくなくなった時に殺人被害者になるんだよ。

79 :法の下の名無し:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:6JJKNI3N
今日も2ch勤務ご苦労
その調子で頑張ってくれたまえニートの諸君

80 :法の下の名無し:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:PwN5q6wn
今日はID:0UxHm2X7ね。
で、毎度の事だけど、コイツに他の廃止論者は反論が無いの?
無いなら、お前等もコイツと同じと見るけど、それで間違いないんだな?
毎度放置してるけど。
それとも、そもそも廃止論者って、コイツしか存在しないのか?

81 :法の下の名無し:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:Jz1DBYGl
>>76
「償えないほど重い罪である」というのならばなおのこと、
殺人鬼に容赦しちゃいけないなw

>>77
犯人が苦しんでいたとして自業自得だろうw
同情する義理は無いよw

>>78
なら死刑も苦しくないな。
生きて苦しんでいる間は死刑を執行されていないし、
死刑が執行された後はもう苦しくないものw

82 :法の下の名無し:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:rDrS3XM+
死刑囚は執行までに十分すぎくらい苦しんだ。さらに命まで奪う
必要はない。数年〜数十年も苦しむ殺人被害者なんかいないだろ?
世間の注目を集めた殺人事件では被害者は世間のみんなから同情され、
縁もゆかりもない者が事件現場に花を手向けて祈ったりまでしてくれる。
一方、犯人はみんなから罵倒され、早く死刑になれとまで言われ、家族の
墓に入ることすら拒まれる者もいる。同じ人間の死なのにこの差別は何だ!
憤りを感じずにはいられない。死刑でだけは死にたくない。こんな惨めな
死は絶対にいやだ。死刑廃止せよ!!

83 :法の下の名無し:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:rDrS3XM+
殺人被害者は他人が祈らなくても遺族がちゃんと供養してるよ。
家族から絶縁されて葬式すら出してもらえない刑死者のために
祈る気になぜならない?!

84 :法の下の名無し:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:v7C6lJGI
>>82
>死刑囚は執行までに十分すぎくらい苦しんだ。

それは「死刑囚」だからだよね。

>死刑でだけは死にたくない。こんな惨めな死は絶対にいやだ。死刑廃止せよ!!

ほらまた。
自分が人殺しをする可能性が高い事を認め、それを理由に死刑廃止しろって事だろ。
他の廃止論者が必死で否定してる「お前らの本音」を、またバラしてるし。

>>83
>殺人被害者は他人が祈らなくても遺族がちゃんと供養してるよ。
そらそうだが、だから加害者が祈らなくていいってことはない。
そもそも、廃止論者が言うには「死刑にしたら更生も反省も出来ないから」ってはずだが。
生きている間に反省しない奴が、死刑にならないと反省するのか?

で、昨日のID:0UxHm2X7は、今日はID:rDrS3XM+ね。
他の廃止論者は、コイツに反論は?
同じ意見か?
やっぱり、自分が人殺しをしたときのための保険に、死刑廃止しろっていう事か?

85 :法の下の名無し:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:rDrS3XM+
死刑がいいものなら存置論者が死刑囚の身替りになってやればいいじゃないか。
自分は死刑になりたくないが他人を死刑にしたいってのはエゴそのものだろ。

86 :法の下の名無し:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:v27tPOup
まあ最初からだけど、廃止派ってのはほんとうに言っていることが支離滅裂だなあw

87 :靖国参拝、皇族、国旗国歌、神社神道を異常に嫌うカルト教団:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:vbIszZVk
★マインドコントロールの手法★

・沢山の人が偏った意見を一貫して支持する
 偏った意見でも、集団の中でその意見が信じられていれば、自分の考え方は間違っているのか、等と思わせる手法

・不利な質問をさせなくしたり、不利な質問には答えない、スルーする
 誰にも質問や反論をさせないことにより、誰もが皆、疑いなど無いんだと信じ込ませる手法


↑マスコミや、カルトのネット工作員がやっていること

TVなどが、偏った思想や考え方に染まっているフリや常識が通じないフリをする人間をよく出演させるのは、
カルトよりキチガイに見える人たちを作ることで批判の矛先をカルトから逸らすことが目的。

リアルでもネットでも、偽装左翼は自分たちの主張に理がないことをわかっているのでまともに議論をしようとしないのが特徴。

88 :法の下の名無し:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:w34rky8A
死刑執行のニュースを聞いて被処刑者の苦しみに思いが及ばない者は
死刑を論ずるなかれ。

89 :法の下の名無し:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:w34rky8A
「尊い命がまた理不尽にも奪われた。こんなことは二度とあっては
ならない」と思うのがまともな感覚だ。「ざまあみろ。せいせいした」
と思う者は心が病んでる。人の命を何と思ってるんだ。

90 :法の下の名無し:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:DtWMyD8b
>>89
そもそも死刑囚は、その「尊い命」を殺した件について。

91 :法の下の名無し:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:w34rky8A
>>90
もちろん殺人事件もあってはならない。殺人事件のニュースを聞けば
「「尊い命がまた理不尽にも奪われた。こんなことは二度とあっては
ならない」と思うのがまともな感覚。命が奪われたことに心を痛める者は
犯人の命が奪われることをけっして望まない。

92 :法の下の名無し:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:DtWMyD8b
>>91
あってはならんという割に、
その「あってはならん」はずの殺人をやらかした犯人に対してはずいぶんと甘いことだw
普通は「あってはならん」ことをやらかしたならば、犯人は厳しく罰しなければならない、と考えるはずなんだがねえw

93 :法の下の名無し:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:Y9hJ3egh
>>86
>まあ最初からだけど、廃止派ってのはほんとうに言っていることが支離滅裂だなあw

「廃止」という目的の為の言い訳の羅列だから、嘘を重ね続けるしかない。
必然、支離滅裂にもなる。
付け加えて>>85のように、鼻から正気じゃない奴も少なく無いからね。

94 :法の下の名無し:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:Y9hJ3egh
>>92
>その「あってはならん」はずの殺人をやらかした犯人に対してはずいぶんと甘いことだw

自分がやりそうな事だから、甘くなるんじゃないかな。

>>82
>死刑でだけは死にたくない。こんな惨めな死は絶対にいやだ。死刑廃止せよ!!

自分が人殺しをする可能性が高い事を認めた上で、死刑にならない為の廃止論だから。
そりゃ甘くもなるだろう。

95 :法の下の名無し:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:w34rky8A
殺人犯がその報いで苦しむのは当然だ。俺はそのことを否定していない。
ただ、もう十分すぎるくらい苦しんだ死刑囚からさらに命まで奪う必要は
ないだろと言ってるんだ。逮捕されてから数年〜数十年も苦しみ続けるん
だぞ。そんなに長い期間を苦しむ殺人被害者がいるか?!

96 :法の下の名無し:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:DtWMyD8b
>>95
何で苦しむのだね?
「犯罪者として拘束されているのが苦痛だ」とでもいうのかな?w
だとすりゃそりゃ「甘え」だよw

97 :法の下の名無し:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:Q5SXP1EQ
なかっち 動画
http://www.youtube.com/watch?v=z2qK2lhk9O0s



みんなで選ぶニコ生重大事件 2012
http://vote1.fc2.com/browse/16615334/2/
2012年 ニコ生MVP
http://blog.with2.net/vote/?m=va&id=103374&bm=
2012年ニコ生事件簿ベスト10
http://niconama.doorblog.jp/archives/21097592.html


生放送の配信者がFME切り忘れプライベートを晒す羽目に 放送後に取った行動とは?
http://getnews.jp/archives/227112
FME切り忘れた生主が放送終了後、驚愕の行動
http://niconama.doorblog.jp/archives/9369466.html
台湾誌
http://www.ettoday.net/news/20120625/64810.htm

98 :法の下の名無し:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:bUy9DJIG
>>95
死刑囚が苦しんでいるのは死刑囚だからであって、死刑制度がなくなれば、苦しむ理由が無くなるだろ。
何いってんだ、お前。

99 :法の下の名無し:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:bUy9DJIG
>>95
ああそうか。
>逮捕されてから数年〜数十年も苦しみ続けるんだぞ。

「法律」通り、六ヶ月以内に処刑しろってことだな。
それなら分かるよ。

100 :法の下の名無し:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:TJckl+ze
「モリのアサガオ」漫画家、強制わいせつで起訴

死刑制度がテーマの漫画「モリのアサガオ」などの作品で知られる漫画家の郷田マモラ
(本名・上之郷守)被告(50)が、女性にわいせつな行為をしたなどとして逮捕、
起訴されていたことが14日、わかった。
捜査関係者によると、郷田被告は今年4月21日頃、東京都国分寺市内の郷田被告の
事務所で、女性にボールを投げつけ、女性を脅してわいせつな行為をし、5月12日
にも同じ女性にボールを投げつけ、突き飛ばして2週間のけがを負わせたとして、
小金井署が逮捕。東京地検立川支部が6月25日と7月12日、暴行と強制わいせつ、
傷害の罪で東京地裁立川支部に起訴した。
郷田被告は、監察医が主人公の「きらきらひかる」や、裁判員裁判がテーマの
「サマヨイザクラ」を描くなど社会派の漫画家として知られ、「モリのアサガオ」
では文化庁メディア芸術祭大賞を受賞している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130814-00001575-yom-soci

101 :法の下の名無し:2013/10/16(水) 17:46:46.68 ID:oXflq/yE
日本が死刑を廃止しない理由なんて一つしかねぇよ

日本の真の支配者である中国共産党が廃止してないからだよ
日本国民に選択権などありません

102 :法の下の名無し:2013/10/20(日) 13:47:11.23 ID:/an5OPAV
死刑反対!!

103 :法の下の名無し:2013/10/22(火) 18:33:04.12 ID:EittY+YD
廃止派って、殺人犯罪予備軍ってよく分かるスレですねw
でも、廃止派弁護士が身内が殺されて厳罰派に変わりました!もともと、1人殺したら死刑で状況で減刑する引き算方法にすべきですよね!

104 :法の下の名無し:2013/10/22(火) 20:24:40.92 ID:Jamj4zw1
>>95
>逮捕されてから数年〜数十年も苦しみ続けるんだぞ。
>そんなに長い期間を苦しむ殺人被害者がいるか?!

人の感情を微塵も理解しない廃止派らしさが如実に現れてるな
PTSDやトラウマは最悪一生続くというのに

105 :法の下の名無し:2013/10/22(火) 22:43:12.70 ID:khGWnaDV
日本が死刑を廃止しない理由なんて一つしかねぇよ

日本の真の支配者である中国共産党が廃止してないからだよ
日本国民に選択権などありません

106 :法の下の名無し:2013/10/23(水) 10:57:44.50 ID:+sTTTrCM
>>104
まぁ>>95←は、「法に乗っ取って判決後六ヶ月以内に処刑すれば問題ない」で終わりなんだけどなww

>>105
「嘘も百回言えば本当になる」が通じるのは、あのキチガイ半島だけだよ。

107 :法の下の名無し:2013/10/23(水) 15:44:05.45 ID:UfUKM6wd
日本が死刑を廃止しない理由なんて一つしかねぇよ

日本の真の支配者である中国共産党が廃止してないからだよ
日本国民に選択権などありません

108 :法の下の名無し:2013/10/23(水) 23:34:40.16 ID:q/cGbkiN
>>107
そんなに中国を崇拝してるの?

109 :法の下の名無し:2013/10/26(土) 08:30:09.36 ID:VXBrHi0h
日本が死刑を廃止しない理由なんて一つしかねぇよ

日本の真の支配者である中国共産党が廃止してないからだよ
日本国民に選択権などありません

110 :法の下の名無し:2013/10/29(火) 12:59:36.73 ID:k+I68mLX
死刑存置派だけが死刑になればいいんだ。

111 :法の下の名無し:2013/10/29(火) 21:35:33.54 ID:udDYT1EP
>>110
君がそう思うのは勝手にすれば良い。
でも君が死刑相当の犯罪を犯したら君が廃止派であっても死刑が適用されるけどね。

112 :法の下の名無し:2013/10/30(水) 01:57:37.45 ID:P9o+RJ5f
>>110
つまり、110自身も死刑存置派になると。

113 :法の下の名無し:2013/10/30(水) 16:08:22.29 ID:EJubQ1bg
>>110
いや、そうなれば死刑存置派が激減して死刑が廃止される。

114 :法の下の名無し:2013/10/30(水) 16:45:51.19 ID:e6Trj8i+
廃止派の大半が檻の中なんてことになったりして

115 :法の下の名無し:2013/10/30(水) 17:25:20.41 ID:XqFg3gjT
>>113
廃止ではなく、死刑が行われないだけだろう。
殺人事件を犯した者は、洩れなく死刑廃止派を名乗るわけだし、ついでに
元から廃止派の連中は一斉に快楽殺人に繰り出すから、監獄の中は飽和状態になるだろうな。

116 :法の下の名無し:2013/10/30(水) 19:36:43.96 ID:wV0Fay5J
>>110
つまり私利私欲で欲望のままに行動する殺人鬼は死なせたくない。
でも、自分の意見に反対する者は 殺してしまえっていうのが廃止派の主張なんだな。
こういう意見に他の廃止派から批判が出ないのは彼らの総意でOKなのかね。

117 :法の下の名無し:2013/10/30(水) 20:41:13.96 ID:GGrL5oeN
>>115
そういえば闇サイト殺人の神田も死刑廃止派だったな。

118 :法の下の名無し:2013/10/31(木) 18:30:57.16 ID:d0SXXs67
>>110
罪状は?

119 :法の下の名無し:2013/11/02(土) 20:45:29.45 ID:zaan1W1p
死刑廃止しても誰も困らない。死刑執行しても
誰も救われない。

120 :法の下の名無し:2013/11/02(土) 22:51:31.55 ID:jnHxuChD
>>119
死刑廃止しなくても犯罪者とその予備軍以外は困らない。
死刑執行しないとしても救われるのは殺人鬼だけ。

さて、我々のような犯罪とは無関係な者、被害者側になりうる者にとって死刑廃止のメリットはあるのか?
>>110のように殺意剥き出しの廃止派にはメリットかもしれんがね。

121 :法の下の名無し:2013/11/03(日) 09:51:14.87 ID:Qd4hP2Gf
国民の生命を守るのは国の責任。
殺人事件が起きるのはその義務を怠った国の責任。
責められるべき国が直接の実行者にすべての責任を
かぶせて殺してオシマイにしようとするのは許せない。

122 :法の下の名無し:2013/11/04(月) 07:13:32.08 ID:+SBuOPWP
死刑囚は究極の弱者。
救われなければならない。

123 :法の下の名無し:2013/11/04(月) 09:25:12.82 ID:4qdG5DV0
この世に理不尽が存在する以上
死刑という考え方自体は無くならない

124 :法の下の名無し:2013/11/06(水) 17:31:29.22 ID:9kHyYmF2
考え方がなくならなくても、国が人を殺す制度はなくすべきだよ。

125 :法の下の名無し:2013/11/06(水) 23:25:50.72 ID:ppXEeg8W
死刑が終身刑に代わったとして実質的に困るのが
囚人達の世話ですがさして経済力のない国で死刑制度を
採っていない国ではどのように対応しているのですか?

126 :法の下の名無し:2013/11/07(木) 00:48:13.74 ID:73N2Hk+a
>>124
じゃあ軍隊にも警察にも武器を持たせてはいけないってことになるな。


>>123
この世に 人の死 が存在する以上、死刑と云う考え方は無くならない。

127 :法の下の名無し:2013/11/07(木) 02:01:29.17 ID:TfefPPjZ
国が人を殺すとかいう表現の時点でアカな思想が見え見えなんだよなあ

128 :法の下の名無し:2013/11/08(金) 10:10:16.79 ID:iscdr/7+
軍隊も警察も一義的に「人を殺すこと」を目的にしてるわけではない。
一義的に人を殺す制度は死刑制度以外に存在しない。

129 :法の下の名無し:2013/11/08(金) 12:51:38.54 ID:Ug8M6S75
軍隊も警察も刑罰も一義的に「人を殺すこと」を目的にしてるわけではない。
一義的に人を殺す制度はミサイル発射や拳銃発砲や死刑制度以外にも存在している。

130 :法の下の名無し:2013/11/08(金) 13:03:27.25 ID:6wzEarBH
>>128
世の中に刑罰が死刑だけしか存在しないとでも思っているのかね?
刑罰という視点で考えたら死刑も警察や軍隊の最終手段と同じだよ。

131 :法の下の名無し:2013/11/08(金) 16:01:49.49 ID:bXn4R7/F
廃止論者が不思議なのは、戦争で軍人が人を殺すのは仕方ないと思っているのに、
犯罪者が死刑になるのだけは許せないとこだね。

普通に考えりゃ戦争こそ無くなるべきだと思うんだけど。
殺人犯罪者の命だけを特別扱いしたがるんだよな。

132 :法の下の名無し:2013/11/09(土) 11:32:09.70 ID:zgUNyZb3
>>130
手段と目的をはき違えちゃいかんな。

133 :法の下の名無し:2013/11/09(土) 13:13:17.58 ID:zYV+AxA5
そうだな
死刑も「人を殺すこと」を目的にしてるわけではないし、そこを履き違えちゃいかんな

134 :法の下の名無し:2013/11/10(日) 14:30:53.57 ID:lAwcj0cX
死刑は「人を殺すこと」を目的にしてるけど。

135 :法の下の名無し:2013/11/10(日) 15:46:52.00 ID:pBqfkw4Y
>>131
もちろん戦争も死刑も禁止されるべきだ。戦争を放棄した日本が
さらに死刑を廃止すれば世界一の人命尊重国家として尊敬される。

136 :法の下の名無し:2013/11/10(日) 18:41:45.70 ID:I5jCLsEx
>>135
日本の戦争放棄を廃止国を含む他国が取り入れたかね?
むしろ廃止国は殺人鬼に寛容なだけで、国家の利権次第で罪も無い他国の人間を殺す覚悟と準備を怠っていないだろ。
廃止しても廃止国には当たり前だと思われ、自分たちの権威に屈した主権国家だと喧伝されるだけだよ。
『尊敬されるかも?』なんて根拠の無い話は止めて具体的な死刑廃止のメリットでも出してくれよ。

137 :法の下の名無し:2013/11/10(日) 18:49:31.04 ID:/1iNXPNQ
 オウム真理教事件です。麻原彰晃はサイマトロンの治療を施して精神的健康を取り戻させてください。
麻原彰晃は狂信的に国民を殺傷した凶悪犯です。麻原彰晃からしたら、国民から一方的に刑罰を科さ
れただけで全く反省ができてないんだと思うんです。刑罰は健康な人が反省を行い罪を償うことですよ
ね。死刑になる前に、サイマトロンで精神的に健康な人にしてから、罪を償って欲しいんです。
もうすぐ、死刑になると思いますけど、サイマトロンで精神的健康にしてあげる請求をしてください。
法務の方、お願いします。

138 :法の下の名無し:2013/11/10(日) 19:36:19.28 ID:c5kaYe9w
>>134
死刑における「人(犯罪者)を殺すこと」は、目的ではなく、手段だよ。

139 :法の下の名無し:2013/11/11(月) 10:25:56.97 ID:ZiF8B1BG
目的でもあり手段でもあるのが死刑だよ。

140 :法の下の名無し:2013/11/11(月) 18:10:54.13 ID:mHJTdSCr
>>139
ああなるほど。
日本語が不自由な人か。

義務教育は日本で受けましたか?

漢字が多いと読めない?
若しくは、漢字だけじゃないと読めない?

141 :法の下の名無し:2013/11/12(火) 08:08:38.96 ID:M5M3i/78
いや、日本語は自由自在に駆使できるよ。

142 :法の下の名無し:2013/11/12(火) 14:58:46.17 ID:DMDdhG+F
>>135
で?他国が日本に攻めて来たらどうするの?
おとなしく殺されろというのかね?

まあある意味廃止論の本質を突いているとも言えるかな?
ようするに善人の善性につけ込んで、「悪に対して無防備であれ」と言っているのが死刑廃止論なわけで。

143 :法の下の名無し:2013/11/12(火) 17:01:39.65 ID:jodOitSK
自衛隊に反対してる日本共産党でも北朝鮮、中国等があるから
すぐに自衛隊を無くすのは無理って言ってるからなあw
(段階的に減らして・・・だそうですw)
死刑廃止国でも自衛、正当防衛は別個として扱うのは当然で
そこまで拒否する理屈を言っても・・・ほとんどの国民の同意、納得は
得られないだろうね・・・
※ただ・・・死刑=殺人?だから死刑廃止とかいうアホな理屈を
通そうとすれば
正当防衛も何もかも否定するしかないw

144 :法の下の名無し:2013/11/12(火) 18:23:16.65 ID:jodOitSK
・よく死刑の抑止力の問題が廃止派から言われるけど・・・

まず、抑止力の問題を論ずるのは死刑制度を議論
する場合大切なことだが・・・仮に・・・あくまでも仮に
・・・廃止派の言うように抑止力が無いから・・・だから
死刑は廃止ってことになるのか?

死刑制度は抑止力以外に、応報刑、国民感情、
被害者遺族感情等・・・
さまざまな理由の上に成立する・・・もちろん刑罰の
目的には抑止力もあるわけで・・・
殺人は最大刑、死刑という形で償わないといけません・・・
だから殺人は辞めてください。ということだ・・・
これは加害者になる悲劇も防ぐためのものでも
あるわけだ・・・

ここで、ここまで警告しても、死刑相当の事件が仮に
減らないとする。・・・あくまでも仮にだ・・・
だから死刑制度は廃止って結論になるのか?
これって、完全に加害者側の問題だよね?
死刑制度を支持する国民が悪いわけで無いよね?
なんか、廃止派の言い分って、違うと思いたいが
悪いのは死刑を支持する連中って聞こえて仕方
ない・・・それで国民は死刑廃止を支持するんだろうか?

145 :法の下の名無し:2013/11/12(火) 18:50:51.47 ID:uC610cGn
>>144
死刑の必要性は抑止力の話だけではないからね。
「遺族感情を考えると…」とか「社会に与えた影響は大きい」とか、裁判官が判決理由を付け加える
内容が、そのまま死刑の必要性でもある。
まぁ、ただね。
抑止力効果はあるから。
実際に止めたことがある以上、廃止派がナイナイと駄々を捏ねても事実は変らないので。

146 :法の下の名無し:2013/11/12(火) 19:43:35.87 ID:XecwEKuQ
>>145
本来は抑止力が発生したら事件にならないか、事件の程度が軽くなるから表に出ないだけなのにな。
それこそ一件でも実在したらそれ以上の存在も確定なわけで。
まあ、なんだかんだいっても廃止派は内心では抑止力を認めてるだろ。
死刑だけに特別の嫌悪感を抱く人間がいると自分たちが証明してるんだからな。

147 :法の下の名無し:2013/11/12(火) 19:44:56.08 ID:UjPJD5oD
試験的に死刑廃止特区を作ってみればどうかな。

148 :法の下の名無し:2013/11/12(火) 22:06:04.32 ID:XecwEKuQ
>>147
何のために?
誰にメリットがある?
どこでやる?

149 :法の下の名無し:2013/11/13(水) 08:56:41.31 ID:n1dkHaKW
アメリカは州(日本では県)によって法律が違って
死刑制度がある州、無い州がある。つまり死刑制度が嫌なら
死刑制度が無い州に行けばいい・・・逆に言えば
どんなに酷い犯罪に自分や自分の家族が巻き込まれても
死刑制度の無い州は犯人の命が補償される・・・
ということ・・・自分でリスクをしょうことも自由の国ですw

150 :法の下の名無し:2013/11/13(水) 14:00:56.00 ID:FuW6JLcB
>>147
廃止論者だけの特区ならいいよ。
殺しても死刑にならず、終身刑となります。
終身刑となりますが、その維持費は特区内の税金から産出されます。
税収が下がり、維持出来なくても国や他の区からの援助はありません。

シリアルキラーの天国で10年後に何人生き残ってるかなww

151 :法の下の名無し:2013/11/13(水) 15:24:27.11 ID:UMlN5tA9
まぁまぁ落ち着けよ
特区を作れるほど日本に廃止論者がいるわけないだろ

152 :法の下の名無し:2013/11/13(水) 20:29:22.10 ID:aUnbY0mK
麻原は罪の償いができないでいる。
何故なら、正気の人が罪を償うから。
麻原は死刑が確定して狂気を発症してる。
娘の前でペニスを見せるとか、壁にウンコを付けるとか。
神通力で20キロ離れた場所の会話を正確にキャッチできたから知ってるとか、
刑務官の麻原の処置を変身して見てたから知ってるとか言うじゃないですか。
死を前に恐怖して統合失調症を発症してるのは明らか。

サイマトロンで統合失調症を治して、正気に戻ってからよく説明を受けた後でないと罪を償えない。
オウムヘッドギアで侵襲性の医療器具には異議がありませんから。

153 :法の下の名無し:2013/11/13(水) 22:06:37.17 ID:cCmL5Dis
>>152
これが統合失調症か。
治療はしてるのかな?

154 :法の下の名無し:2013/11/13(水) 23:33:30.70 ID:aUnbY0mK
>>153
麻原は20キロ離れた場所の会話を正確にキャッチしたとか、
ハエに変化身した麻原は刑務室での会議に参加していたので身繕いを整えて待っていたとか
拘置所で刑務官を驚かせていたそうです。

どおして、もっと、早く相談してくれなかったんですか。
死を目前にして幻覚や幻聴が聞こえてる。
統合失調症を発症しています。
AlephのHPにも書いてある。

http://www.aleph.to/enlightenment/snp-03.html

法律は狂人を殺す道具じゃない。
死刑執行の直前まで麻原の統合失調症の治療を行い、安らかな死を与えてください。

155 :法の下の名無し:2013/11/14(木) 08:24:56.13 ID:aztz30RX
>>154

おまえ、もしかしてオウム信者か?
ええw

156 :法の下の名無し:2013/11/14(木) 09:49:26.82 ID:a2uBOLRt
>>155
そうじゃないよ。
バカ、当たり前のことをしてあげるまでだよ。
オウムヘッドギアの侵襲性に抵抗ないからさ。
サイマトロンをかけよう。

157 :法の下の名無し:2013/11/14(木) 11:53:03.26 ID:KMvKn2Z0
でかい壁の近くに、20人ずつ並べて、後頭部をライフルで撃って刑を執行すれば。
1週間で100人以上の刑が執行できると思う。大変なのは死体の処理と掃除だけだよ。
大体、70歳以上の死刑囚に薬与えたり、手術とかしなくてもよくねぇ。
何も与えないでそのまま病死させればいいと思う。

158 :法の下の名無し:2013/11/14(木) 13:42:27.76 ID:tzECjOxa
>>154
>死刑執行の直前まで麻原の統合失調症の治療を行い、安らかな死を与えてください。

大丈夫。
麻原は狂っちゃいない。
狂人のフリをしているだけだ。
洗脳から外れた娘のアーチャリーだっけか?が、麻原と面会している時に「父親は狂ったフリをしているだけです」
と看破してる。

159 :法の下の名無し:2013/11/14(木) 17:50:39.90 ID:H5/8xHoZ
>>157
廃止派前乗り班の方ですか?

160 :法の下の名無し:2013/11/15(金) 21:29:06.34 ID:0OrFHPpl
>>154
やっぱりお前は統合失調症だ。
治療に専念しろよ。

161 :法の下の名無し:2013/11/15(金) 21:34:17.55 ID:X+rplskT
>>158

人を死に追いやる宗教を狂信していたのは?
他人が死を宣告して、逃れられないなら、普通、狂うものじゃないですか?
娘が言ったから、どうなるものでもない。
サイマトロンを使って心の平穏を与えてあげてから、死刑にしてあげてください。
オウムヘッドギアという侵襲性の器具を使ってたから、大丈夫だから。

162 :法の下の名無し:2013/11/15(金) 23:39:19.17 ID:rXA49VrA
>狂人のフリをしているだけだ。
その時点で(色々な意味で)異常なんだけどなw
まあ人間なんて生を維持するためなら何でもやるかw
金にしても何でもそうだが人間ってつくづく欠陥品だと思わされる

163 :法の下の名無し:2013/11/15(金) 23:57:55.09 ID:X+rplskT
どうせ死ぬから、治療をしなくていいのか?
人間はいずれ死ぬ。早くて明日、事故で死ぬとか、上手く行けば60年後ぐらい。
麻原彰晃は死刑が確定したけど、裁判が長引いて、結局、18年経ってもまだ、死なない。
その間、他人に左右される死の影に怯えて、重度の欝病状態です。
他人が必ず殺すとか、娘が言ったから平気だとか。
これじゃあ、人間らしくない!
麻原彰晃を治療せずに放っておいたら、オウム真理教が人間なんてどうせ死ぬから
サリンを撒いて殺したのは悪い魂をポアしてあげたと同レベルじゃないですか。
それじゃあ、死刑にする意味がなくなる。

人間は生きてる限り、治療をしてあげるものでしょ。
正気の人でも悪いことをしたら裁かれる。善い人そうに見えても、スピード違反で捕まることもある。
麻原彰晃は心安らかに死んだ。娘も残したし、人より少し寿命が短かっただけだ。

さあ、今こそ、サイマトロンをかけなさい。

164 :法の下の名無し:2013/11/20(水) 11:09:41.41 ID:mvSgtGUu
>>163
>裁判が長引いて

そろそろ処刑かってタイミングで、逃亡してた信者が出てきたからな。
もう信者じゃありませんとか嘘こいてるけど、まぁ総て計算ずく。

165 :法の下の名無し:2013/11/25(月) 10:55:22.54 ID:F0s1BahV
殺人犯の気持ちは人を殺したものでなければわからない。
死刑囚の気持ちは死刑囚にしかわからない。部外者が
勝手なこと言うな。

166 :法の下の名無し:2013/11/26(火) 19:26:28.68 ID:B6TSt9CY
死刑廃止しても誰も困らない。

167 :法の下の名無し:2013/11/26(火) 20:17:18.65 ID:339fnO6h
死刑廃止して喜ぶのは殺人鬼だけ

168 :法の下の名無し:2013/11/26(火) 20:42:29.10 ID:LUT2QpLj
薬物に手を出す者には趣味を持たない者が多いっていうね。
最悪の場合に殺人が起こる。

169 :法の下の名無し:2013/11/27(水) 05:56:27.03 ID:3DDJQrf3
秋葉原通り魔殺人事件の犯人は小泉と竹中で、加藤智大さんは被害者の
一人に過ぎない。死刑制度の不合理性と残虐性を象徴する事件だ。

170 :法の下の名無し:2013/11/27(水) 15:32:34.28 ID:g0yq5uHu
>>169
で。
どこの小泉と竹中?
お前の脳の中の人?

171 :法の下の名無し:2013/11/28(木) 07:36:25.98 ID:QPWiiG8y
>>170
小泉純一郎と竹中平蔵だよ。こいつらが製造派遣を
解禁したから加藤智大さんはあの事件に追いやられた。
加藤さんには何の罪も責任もない。自動車会社の正社員を
希望した加藤さんが派遣としてしか採用されない制度を
作ったのが小泉と竹中。おれは死刑には反対だが、この二人の
暗殺には賛成するね。

172 :法の下の名無し:2013/11/28(木) 09:12:20.57 ID:D2LKi/HD
>>171
リストラされて逆ギレし、無差別殺人に走る事を「被害者だから」で済ませるとか、流石殺人犯罪者崇拝者。
死刑は反対だけど暗殺は賛成とか、本物のいう事は気違い過ぎててドン引きだよ。

で、なんで死刑は反対なの?
命を奪う行為は残忍なのに、無差別殺人や暗殺はok?

>自動車会社の正社員を希望した加藤さんが派遣としてしか採用されない制度

希望すりゃ何でも願いがかなうってか。
加藤が派遣でしか雇われなかったのは、そこまでしか能力が無かったからだろ。
逆恨みも甚だしい上に、そのあと「社会ガー会社ガー親ガー 俺はわるくないー」。
反吐が出るよ。

173 :法の下の名無し:2013/11/28(木) 14:31:11.35 ID:0K9QUPtK
>加藤が派遣でしか雇われなかったのは、
>そこまでしか能力が無かったからだろ。

進学校に通っていたのだから能力低いわけないだろう

>俺はわるくない

加藤は俺は悪くないなんて言ってなかったとおもうが?
ただ責任は社会にもあるだろ?という話だ
どの道お前が責任を加藤に押し付けようが
死んだ7人の命は戻ってこないからな
今後も似たような過ちを172がする限り
172とは違う赤の他人が犠牲になるんだろうな

加藤もどうせなら172のような人間に仕返せば良かったのに
こういう輩は匿名をいいことに隠れ蓑にしてるから卑怯だね

174 :法の下の名無し:2013/11/28(木) 14:34:50.34 ID:0K9QUPtK
>>171
俺はしないが他人が間違いなく因果関係のある
人間に仕返すのは賛成だな

>加藤さんには何の罪も責任もない

加藤が殺した人間にも罪はなかった
だからこそ加藤は自分を生み出した両親や社会
(システムを構築する上層)に仕返すべきだったと思うよ

175 :法の下の名無し:2013/11/28(木) 15:53:58.67 ID:xVfMMCZG
.

176 :法の下の名無し:2013/11/28(木) 17:34:31.68 ID:CNaj0G+F
>>173
で7人の命を奪った責任の一端であるあなたはどんな責任の取り方をするの?

177 :法の下の名無し:2013/11/28(木) 17:56:39.79 ID:UxN/yT7X
>>173
さすが、
赤の他人の犠牲を望むなんて。

凶悪犯罪愛好者は考え方が違うな。

178 :法の下の名無し:2013/11/28(木) 21:46:49.40 ID:FcmgIIic
リストラされた会社の上司を殺すならまだしも、関係ない人を殺してんだから死刑が妥当

179 :法の下の名無し:2013/11/29(金) 18:59:47.41 ID:noj+H46i
死刑は殺人だから反対。人命より尊いものはない。

180 :法の下の名無し:2013/11/30(土) 07:59:46.01 ID:SMLFU3cr
被告の同意を欠いた死刑判決は無効

181 :法の下の名無し:2013/11/30(土) 08:37:36.17 ID:niPVN0+0
>>179
その「それ以上尊い物が無い」ものを、奪ってるわけだから、同等の物をもって謝罪するのは当然なんじゃないの。

>>180
納得できなきゃ、最高裁までは上告できるよ。
そこでも駄々捏ねてたら、死刑以外の裁判の必要性すらないよね。

182 :法の下の名無し:2013/11/30(土) 10:38:57.86 ID:SMLFU3cr
死刑廃止しても誰も苦しまない。

183 :法の下の名無し:2013/11/30(土) 17:30:25.46 ID:SMLFU3cr
死刑にされたいヤツが死刑に賛成しろ。俺はイヤだ。

184 :法の下の名無し:2013/12/01(日) 07:28:29.65 ID:KltNpEEA
死んじゃった者はしかたないんだから遺族も犯人も
前向きに生きるべきだ。

185 :法の下の名無し:2013/12/02(月) 01:23:18.26 ID:WUqLJPSz
>>183
>死刑にされたいヤツが死刑に賛成しろ。俺はイヤだ。

また自分が殺人犯罪者予備軍であることを認めるようなボロを出した馬鹿が出たぞ。
他の廃止論者も、こいつと同じなのか?

186 :法の下の名無し:2013/12/02(月) 08:20:32.82 ID:tknQ9Q5V
死刑肯定はは北朝鮮に行けばいい。銅線一本盗んで死刑、
政府批判して死刑、子供も妊婦も死刑、公開処刑、
死刑なら何でもありの死刑天国だよ。さぞ満足だろう。

187 :法の下の名無し:2013/12/02(月) 10:42:55.89 ID:grZAb95A
中原澄男(65)太州会内部抗争連続殺人事件
「私は死刑判決もらってますが死刑制度には賛成です。小さな頃から
そう言われて育って来ましたしそれだけの悪いことすれば責任は取るのが被害者
に対しても家族に対しても本当と思います。私は当所で事情があって執行願いを
提出したこともありますが不許可になり、今に至ってます。ヤクザしてきてこれも
運命かと考えていますが家族や事件を知ってる者が再審を弁護士に話していますので
当所で13年生活しています。自分のした事については絶対責任取るべきです」

188 :法の下の名無し:2013/12/02(月) 11:07:11.90 ID:grZAb95A
<電気椅子の失敗例>
第二次世界大戦が終わった翌年、殺人罪で逮捕されたウィリー・フランシスは
当時まだ15歳だったが、死刑の判決を受け、2年後の17歳の時にルイジアナ州
アンゴラ刑務所で刑が執行されることになった。
看守に付き添われて処刑室にやってきたウィリーは電気椅子に座り、固定されると
すぐに電流が流された。激しいショックに痙攣するウィリーの身体から火花が飛び、
頭からは白い煙が立ち上った。咽喉までたれた目隠しの下から断末魔の叫び声が起こる。
だが、彼は死ななかった。刑務所長の判断で通電は止められ、ウィリーは病院に運ばれたが、
全身に大火傷を負っていた。

「口の中がまるで冷たいピーナッツバターみたいな味がして青、ピンク、それに緑色の点々
が見えたんだ。頭と左足がめちゃめちゃに熱くて、オレは電気椅子の上で飛び上がったよ。
オレは神様に死なせてくれって頼んだよ。それほど苦しかったのさ。
身体じゅうをすごい熱が突き抜けていくんだ。足の指が曲がっていうのが自分でも分った。
生きたままフライにされているだなと思ったよ」
病院で治療を終え、独房に戻ったウィリーは鉄格子越しに同じ死刑を待つ仲間にそう語った
という。
ウィリーの弁護士は「一度電気椅子にかけられた人間を再び同じ椅子に座らせるのは残酷で
憲法違反だ」と主張し、全米でそれをめぐって「是か非か」の論争が繰り広げられた。
判断を委ねられた最高裁でも票は割れたが、多数決で「再度試みよ」との結論が出され、
ウィリーは二度目の電気椅子で痙攣を繰り返しながら、絶命した。

189 :法の下の名無し:2013/12/02(月) 11:58:29.48 ID:bBp14m3b
廃止論者は、>>186←この馬鹿を止めた方がいいんじゃね?
自分達は違う、こいつだけ特殊なキチガイだと言って置かないと、廃止論者は全員
こいつと同意見だと思われるが?

190 :法の下の名無し:2013/12/03(火) 06:49:33.97 ID:VJOWiCBl
死刑を何度くりかえしても殺人は無くならないんだから
死刑やめちまえ。

191 :法の下の名無し:2013/12/03(火) 09:23:01.88 ID:D+Hu6jHt
>>190
それは「法律があっても犯罪は無くならないんだから、法律なんか廃止しろ」と言ってるのと同じだな。

で、他の廃止論者も、こいつと同意見なのか?
また、だんまり?

192 :法の下の名無し:2013/12/03(火) 21:19:53.00 ID:rjPeyG3b
▼刑務所の経済学
//www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-80161-2
300円の万引きの後始末にかかる税金は130万円!
↑拘置所1ヶ月+刑務所5ヶ月の場合(判決は懲役6ヶ月)

受刑者のコスト 248万円〜400万円/年
死刑囚のコスト 500万円〜600万円/年
//moneyzine.jp/article/detail/187841
//ameblo.jp/wadahideki/entry-10118460241.html

受刑者1人あたり年間300万円以上という多額な税金が使われている
//www.jinken.ne.jp/other/yamamoto/

193 :法の下の名無し:2013/12/04(水) 08:26:46.44 ID:fXYujWX1
殺人被害者の苦痛は過去のもの。犯人の苦痛は現在のもの。
今苦しんでる人に同情しない奴は人間じゃない。

194 :法の下の名無し:2013/12/04(水) 13:04:31.07 ID:QFS4pyqy
>>193
はぁ。成る程。
で、他の廃止論者は、こいつと同じ意見?
また、ダンマリ?

195 :法の下の名無し:2013/12/04(水) 17:42:57.19 ID:QFS4pyqy
ん?どうした?
>>193の意見に同意なら同意。違うと思うなら違うって書けばいいじゃん。

196 :法の下の名無し:2013/12/05(木) 08:16:58.44 ID:s73mj5mu
死刑執行は死刑囚の生存権を侵害する。不執行は誰のいかなる権利をも
侵害しない。死刑執行請求権などは存在しないんだからね。

197 :法の下の名無し:2013/12/05(木) 09:50:28.49 ID:QQciP5pm
死刑囚は刑務所ではなく拘置所で死刑執行まで過ごす。死刑それ自体が刑罰であるため、労働が課せられることはない。
よって死刑執行まで基本的に何していても自由である。しかし自宅に帰ることだけはできない。住むところは拘置所となる。
死刑囚となれば、まったく働きもせず、刑執行まで一日中やりたいことをやっている身分が国から保証される。
以下に述べることが平均的な死刑囚の一日の生活である。
生活実態はニートと同じである。自分の部屋は完全個室であり、ビデオデッキやテレビの持ち込みOK。
お菓子や弁当など、お金があれば自分で購入することもOK。なんと、ゲーム機の購入もOK。
エロ本やエロビデオの購入もOK。プラモデルや漫画や週刊誌の購入もOK。
中にはプレステ3を購入し、拘置所でバイオハザード5をやっている死刑囚も事実存在する。
そのくらい死刑囚は自由なのである。
そして死刑囚は、税金により完全個室と三色昼寝つきが保証されており、
お菓子を食べながらビデオを見たり、エロ本を見たり、プラモデルを組み立てたりして何年も過ごす。
実際には、懲役刑よりも極めて楽なのが死刑囚の生活である。

198 :法の下の名無し:2013/12/05(木) 11:15:02.54 ID:wJu/TJhR
>>196
>死刑執行は死刑囚の生存権を侵害する。

権利は破棄出来る。
法を犯した時点で、自身で権利を破棄した事になる。
罰則とは、そういうものだろ。

>>197
ある程度の持込は可能だけど、せいぜい雑誌くらいだろ。
TVみたいなコードがあるのや、尖って鋭利になるものは、まずありえない。
自殺に使えるからな。

199 :法の下の名無し:2013/12/05(木) 14:58:01.92 ID:s73mj5mu
自分が殺人犯に殺されると仮定しよう。犯人がその後で死刑に
なると考えても何の慰みにもならない。死んでしまえばお終いだ。
しかし、自分が殺人犯になった場合を考えたら死刑制度がないほうが
いいことは誰にでも賛同できるはずだ。

200 :法の下の名無し:2013/12/05(木) 18:32:55.76 ID:QQciP5pm
新実死刑囚と“獄中結婚”の妻「夫から指示受けた」
オウム真理教から名前を変えた「アレフ」への入信を迫ったとして4日に逮捕された女が、
勧誘の際、「夫の新実死刑囚から指示を受けた」と説明していたことが分かりました。
オウム真理教元幹部・新実智光死刑囚の妻で、アレフの関係者・新実由紀容疑者(36)は
今年6月ごろ、「夫は大量殺人に関わっていた」と知人男性を脅し、アレフへの入信を迫った
疑いが持たれています。由紀容疑者は「私は信者ではなく、元信者だ。納得できない」などと
容疑を否認しているということです。捜査関係者によりますと、由紀容疑者は去年8月、
新実死刑囚と獄中結婚していて、知人男性を勧誘する際、「夫からあなたを修行させるよう指示
を受けた」と説明していたということです。警察は、由紀容疑者が新実死刑囚と面会を重ね、
何らかの指示を受けていた可能性があるとみて慎重に捜査を進める方針です。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20131205-00000025-ann-soci
  ↑
妻のこの事件で裁判になれば自分の死刑執行が延びるのを狙った「執行延ばしの奇策」か?

201 :法の下の名無し:2013/12/06(金) 12:03:13.20 ID:i0ai0v7h
<永山則夫精神鑑定結果> (窃盗で逮捕時、宇都宮少年鑑別所考査)
・知能は準普通級(IQ89)
・やや主観的傾向が強く、独断的にことの解決を計ろうとする
・計画性はあまりなく、粘りがなく、飽きっぽい
・他人に対する共感性が薄く、社交性に振る舞わない

<被害者>
(ガードマン)中村公紀27歳、(警備員)勝美留次郎69歳、
(タクシー運転手)斎藤哲彦31歳、(タクシー運転手)伊藤正昭22歳

<永山則夫語録>
「僕の思想はマルクスを超えた。学術的な面で人類に役立つ世界に二人と
  いない科学者の僕を、決して当局が殺すことはできない」

「(死刑判決に対し)戦争になりますよ。爆弾闘争で死刑廃止を!」

最期の言葉(1997年8月1日・48歳没)
「うおーーーーっ!!オレを殺すと革命が起きるぞ!」

202 :法の下の名無し:2013/12/07(土) 09:38:17.99 ID:LFjiqyN7
死刑は他の刑と違って慎重に審理してるから未来永劫にわたって冤罪が生じる可能性は0.000000000001%もないから妥当な法制度だよ

203 :法の下の名無し:2013/12/07(土) 13:12:09.89 ID:UrlbfXYe
>>202
まぁ流石にそれは言いすぎ。
昔に比べればDNA検査の制度も上がってるけどね。
ようするに、死刑に相当するか否かの判断基準の問題。
状況証拠しかなく、本人も否定している死刑か無罪かという微妙な判断の場合は、
死刑未満として扱った方がいいかもしれない。
つまりは、処刑まで慎重に行うと。
死刑か無期かという、少なくとも有罪である裁判での死刑判決では、規定どおり、
判決後六ヶ月以内で処刑でいいだろう。

204 :法の下の名無し:2013/12/09(月) 07:21:51.44 ID:HGROAGd1
自分が殺された後で犯人が死刑になっても何にもならない。
それよりも、自分が殺人犯になっても死刑にされないほうが
ずっと大事だろ。死んでしまえば元も子もない。

205 :法の下の名無し:2013/12/09(月) 09:03:01.43 ID:DaM3jhgU
>>204
お前は、自分が死刑にされるような犯罪を犯さずにいる自信が無いのかもしれないが、
一般的には、自分が死刑にされるような犯罪を犯さない自信があるので、関係が無い。
寧ろ、お前のような、死刑にされるような犯罪を犯さずにいる自信が無い奴が、
死刑が廃止になって、精神的ストッパーが無くなった時の方を恐れている。

解ったか、殺人犯罪者予備軍。
死刑の必要性は、お前みたいな奴の為でもあるんだよ。

206 :法の下の名無し:2013/12/09(月) 14:37:32.66 ID:0Ivr7mKZ
処刑されたらおしまいだよ。死刑廃止されても生き返らないし
特赦も受けられない。絶対的終身刑なら法改正で自由の身に
なる希望が持てるからいい。

207 :法の下の名無し:2013/12/09(月) 17:35:57.12 ID:DaM3jhgU
また頭のおかしいのが湧いてるぞ。
廃止派は、早めに>>206を処理しておけよ。
お前等の本音が駄々洩れだ。

208 :法の下の名無し:2013/12/10(火) 10:51:17.81 ID:irm0wNCO
▼過去の12月在庫一掃駆け込み執行事例
2007.12.7(金) 池本登、府川博樹、藤間静波
2006.12.25(月) 秋山芳光、藤波芳夫、福岡道雄、日高廣明
2001.12.27(木) 長谷川(竹内)敏彦、朝倉幸治郎
1999.12.17(金) 小野照男、佐川和男
1996.12.20(金) 今井義人、平田光成、野口悟
1995.12.21(木) 木村修治、平田直人、篠原徳次郎
1994.12.1(木) 安島幸雄、佐々木和三
1971.12.23(木) 小原保
1970.12.11(金) 西口彰
1969.12.09(火) 正田昭

▼月別/曜日別執行件数/人数(1993〜2013.9.12)
    件数  人数         件数  人数   
01月   1   4     月曜   1    4
02月   2   6     火曜   4    10
03月   2   6     水曜   2    4
04月   3   9     木曜   15    42
05月   1   3     金曜   14    38
06月   1   3
07月   3   8
08月   3   9
09月   8   15
10月   1   2
11月   3   10
12月   6   17

209 :法の下の名無し:2013/12/10(火) 12:18:17.88 ID:drA33tlq
死刑執行のプロセス
・踏み台に立ってから3秒後に勢いよく落ちる
・一度S字状に突っ伏す
・縄の捩れにより左右にコマのように回転
・地下で待機する刑務官が身体を抱いて回転を防ぐ
・医師が脈を取りやすいようにする
・落下してから激しい痙攣が1分〜1分半続く
・後ろ手錠の両手は背後に水平に近くなるまで伸ばす
・両膝を縛られた足は爪先立ちで歩く様に左右別々に小刻みに動かす
・全身が弛緩する
・死亡確認まで平均15分

210 :法の下の名無し:2013/12/10(火) 19:43:58.29 ID:K2rfehoX
>>209
死刑って、ほんとに残虐だな。読んだだけでも
身の毛がよだつよ。こんなものを肯定するヤツは
鬼畜だね。早く死刑がない社会を実現したい。

211 :法の下の名無し:2013/12/10(火) 23:33:04.64 ID:cJB7g1AF
死刑囚の方が残虐

212 :法の下の名無し:2013/12/11(水) 07:09:44.70 ID:V2+aPfBW
>>211
死刑囚の残虐行為は過去のこと。
これから残虐な目に合わされる死刑囚がかわいそう。

213 :法の下の名無し:2013/12/11(水) 13:08:48.91 ID:Rofd6CQK
>>212
なら早めに処刑してやり、残酷な目から解放してやるべきだな。
処刑すれば過去の事だし。

214 :法の下の名無し:2013/12/12(木) 08:53:20.21 ID:yP0Diq4e
死刑になりたくなければ殺人を犯さなければいいというのは
正論だけど、その論だけではすでに殺人をやっちゃった人を
救えない。やはり死刑廃止しかない。

215 :法の下の名無し:2013/12/12(木) 09:24:00.27 ID:Zq43TQmb
>>214
お前の認識は、他の廃止論者と同様に「殺人をやっちゃった人」程度の認識なんだな。

>救えない。

典型的な、殺人犯罪崇拝者の考え方。
「罪を償う」事より、ただただ殺人を犯した者を生かしておきたいだけ。
何故なら、お前のようなキチガイにとって「殺人を犯した人」は、神聖な存在だからな。

216 :法の下の名無し:2013/12/12(木) 11:02:10.81 ID:yP0Diq4e
>>215
あんた言葉が汚いよ。何で「お前」呼ばわりされなきゃならんのだ。
存置派は議論のマナーを学習しなさい。殺人犯でも法廷ではそんな
言葉は使わない。

217 :法の下の名無し:2013/12/12(木) 20:52:24.32 ID:mAr/IEzN
藤島光雄(甲府地裁・東京高裁の判決文より)
・被害者男性B(26)を海老状に緊縛して浴槽水槽に沈め、
もがき苦しむ被害者の身体に馬乗りになり、共犯元妻に向かって
「すごい力だなあ、やっぱり男だな」
「じゃあ、Bちゃんバイバイ」
「そろそろ終わりだ。足の裏が白くなってきたでしょう」

・公判中の元妻への手紙
「おばあちゃんの死んだ事も、今は忘れなはれ、しゃあないやないの、
 終わったものを、どうしようもないやない…殺人はほんまに、癖になりそうです」
「初めから死刑にならない事、無期刑にならない事も知ってました。ママも過去の事、
 判決の事、刑務所の事などは考えないほうが良いですよ。決まっている事なのですから
 過去を考えても戻ってこないし…」

藤島光雄 今日死刑執行

218 :法の下の名無し:2013/12/12(木) 21:51:44.06 ID:mAr/IEzN
▼藤島光雄(昭62.7.6 甲府地裁の死刑判決文より)
いずれも被害者を緊縛して生きたまま水を張った浴槽内に押し込み押さえつけて
殺害しているものであり、被害者に与える恐怖苦痛等において兇器を使用する等の
犯行に優るとも劣らぬものであり、しかも、あたかも虫けらをつぶすが如くに殺害に
及んでいるものであり、冷酷非情な犯行といわなければならない。
@の犯行においては、73歳の抵抗するすべのない老女Aの手足を縛り上げ、風呂場に
運び、仰向けのまま浴槽内の水中に沈め、その身体を折り曲げるようにしてその両足首
を押さえ続けて殺害したものであり、Aの犯行においては、被害者Bの手足を前かがみに
海老状になるように縛り上げ、風呂場に運び、仰向けのまま浴槽内の水中に沈め、自らも
浴槽内に入りその身体に馬乗りになって押さえ、被害者Bが苦しさのあまり最後の力を
振り絞ってもがくのを「すごい力だなあ、やっぱり男だなあ」などと言いながら被告人Y(元妻)
と共に押さえ続けて殺害したものであり、特にAの犯行前においてはBに対し、所携のナイフ
を手に持ち同人を脅かしながら、風呂に入れ、被告人Y(元妻)にBの背中や陰部を洗わせたり、
ナイフで同人のあごを傷付けたり、同人の入っている浴槽内に熱湯を注ぐなどし、続いて同人と
被告人Yに情交を命ずるなどして、無抵抗のBの心をもてあそんだ末に、同人を緊縛し、同人を
水中に沈める際「じゃあ、Bちゃんバイバイ」などと言い、同人を押さえ続けてる際、被告人Yに
対し「そろそろ終わりだ、足の裏が白くなって来たでしょ。小さなケイレンが来たでしょ」
などとBの断末魔の苦悶の状況について説明するなどしながら殺害しているものであり、被告人
(藤島)には殺人という重大事件を犯すという罪悪感に極めて乏しく、Bの心を弄び、あたかも
ゲームを楽しむが如き行動に終始しているものである。

219 :法の下の名無し:2013/12/13(金) 05:23:17.74 ID:dyt12k36
殺人の罪悪感がない犯人は恐ろしいが、正義を実行するつもりで
死刑という殺人を命じる法務大臣はもっと恐ろしい。谷垣は
もう八人も殺したんだ。宅間守さんは八人で死刑になったが、
谷垣は幾人殺したら死刑になるのか。

220 :法の下の名無し:2013/12/13(金) 08:31:14.03 ID:CMbqSkdG
>>219
訴えてみたら?

黙認するんならそれでもいいけど。

221 :法の下の名無し:2013/12/13(金) 10:54:09.47 ID:dyt12k36
>>220
人民の手で処刑してやる

222 :法の下の名無し:2013/12/13(金) 13:04:41.42 ID:sIzFKC5S
あちゃー、やっちまったな。

223 :法の下の名無し:2013/12/13(金) 14:13:27.75 ID:jRVHy6VV
>>221

殺人予告乙
弁明は、警察署でどーぞ。

224 :法の下の名無し:2013/12/13(金) 18:57:19.95 ID:dyt12k36
>>223
殺人予告よりも殺人実行のほうが悪質だろ。
殺人法務大臣を非難しろや。

225 :法の下の名無し:2013/12/13(金) 19:22:27.15 ID:pAfjjsMv
>>224
じゃあ正当防衛による殺害も緊急避難による殺害も戦争も堕胎も悪質だよね。

本当に廃止論者ってバカ。

226 :法の下の名無し:2013/12/14(土) 08:58:15.52 ID:4LNoZnz/
>>225
死刑執行によって除かなければならない急迫の明白な危険が
存在しない。バカは存置派。

227 :法の下の名無し:2013/12/14(土) 09:00:42.57 ID:4LNoZnz/
死刑囚の悲惨な生い立ちを聞いて涙が流れたよ。同じ境遇で
育ったら俺だって殺人犯になってた確率が高いだろうなと
思った。犯人も被害者なんだ。救わなければならない。

228 :法の下の名無し:2013/12/14(土) 12:32:23.05 ID:bOJ2cLjp
▼中原澄男(65)太州会内部抗争連続殺人事件
「私は死刑判決もらってますが死刑制度には賛成です。
小さな頃からそう言われて育って来ましたしそれだけの悪いこと
すれば責任は取るのが被害者に対しても家族に対しても本当と思います。
私は当所で事情があって執行願いを提出したこともありますが不許可になり、
今に至ってます。ヤクザしてきてこれも運命かと考えていますが
家族や事件を知ってる者が再審を弁護士に話していますので当所で13年生活
しています。自分のした事については絶対責任取るべきです」

229 :法の下の名無し:2013/12/14(土) 12:37:01.41 ID:bOJ2cLjp
▼北村真美(53)(大牟田一家全員死刑事件)
「心から謝罪したいと思ってます。亡くなった4人の方々へはやはり私が死んで
   謝罪するしかないと思ってます」

230 :法の下の名無し:2013/12/14(土) 12:56:51.33 ID:4LNoZnz/
>>228-229
ここまで反省してる人を殺すのは残酷だね。
赦してあげたい。

231 :法の下の名無し:2013/12/14(土) 16:31:54.71 ID:tCgbDMf1
>>226
私利私欲によって人間を殺すことを容認する価値観を生むことが窮迫の危険だと認識できないお前は、単なる殺人鬼擁護者。

232 :法の下の名無し:2013/12/14(土) 18:10:58.64 ID:59mLDdc9
>>226
>>227
>>230
でも黙認そちゃうんだよね死刑をw

233 :法の下の名無し:2013/12/14(土) 19:13:36.00 ID:4LNoZnz/
死刑になりたくない。死刑反対!!

234 :法の下の名無し:2013/12/14(土) 22:09:13.79 ID:tCgbDMf1
>>233
死刑になりたくないなら殺人しなければいいと思うよ。。。。。。。

身勝手に他人を殺しておいて自分だけは死にたくないってムシが良すぎるよ。。。。。。。。。

それとも、死刑にはなりたくないけど殺人鬼に殺されるんだったらOKなの?

235 :法の下の名無し:2013/12/15(日) 06:27:17.72 ID:52rOjm8p
>>234
殺人事件も死刑もどっちもいやだよ。違いは殺人事件は廃止できないが
死刑は廃止できること。殺人がなくならなくても死刑がなくなれば
命を奪われる機会が減少するじゃないか。つまり生命の安全が増すんだよ。
こんな明白な理がわからない存置派はチショーなの?

236 :法の下の名無し:2013/12/15(日) 09:49:52.19 ID:52rOjm8p
殺人犯へのヘイトスピーチ糾弾!!

237 :法の下の名無し:2013/12/15(日) 13:21:50.28 ID:NFbIGiaM
>>235
善良な一般市民は殺人なんかしないから、
死刑制度があっても無くても生命の安全は変わらんよ?w

238 :法の下の名無し:2013/12/15(日) 13:28:41.36 ID:NFbIGiaM
いや、間違いだったな。
死刑があれば殺人が抑止されるから、
一般市民の安全は増す。

つまりは、一般市民の命を優先するか、凶悪犯罪者の命を優先するかの問題だ。

239 :法の下の名無し:2013/12/15(日) 17:38:11.35 ID:dJqdE7f4
>>235
そうか。殺人事件も死刑も嫌なら君が死刑になることは無いよ。

>>238
勘違いしちゃあいけないなぁ。人類皆平等。凶悪犯罪者も一般市民である事には変わりないんだよ?
他人に対して自分を殺すなと要求する為には、自分がまず他人の命を尊重しないと。ね?

240 :法の下の名無し:2013/12/15(日) 18:33:07.97 ID:NFbIGiaM
>>239
いわゆる「寛容のパラドックス」の類かな。

無論のこと、原則として他者の命は尊重するさ。
でも殺人犯の命までは尊重できないよ。
それでは「一般市民は殺人犯の命を尊重するが、殺人犯は一般市民の命を尊重しない」ということになって不公平だろう?

241 :法の下の名無し:2013/12/15(日) 18:37:54.15 ID:Hj/37sAP
仮に、刑法第2章、刑法第26章第199条その他の死刑及び殺人に係る、又は関わる法規ないし法規範及び法が、日本国に存在しないこと、
及び、具体的な特定の者によって、わたしの子供、兄弟又は親のいずれかの命が絶たれたことを、それぞれ前提として、
何があっても、私は前記具体的な特定の者の命を絶ちます。

わたしが上記結論を採用する感覚は、通常の感覚と比較して異常ですか。

どのような感覚を、皆さんは、以上のことについて、持っていますか。

お教えいただけると、私は幸いです。

242 :法の下の名無し:2013/12/15(日) 18:54:17.17 ID:IJdHQLtU
あれだ、ただ殺すのは生産的ではないから
人権剥奪ってことで死ぬまで実験動物として扱えば良いと思う
やはり脳の研究とかには人間を使うのが一番だろうから。

研究は大学・企業主導で公募制にして
死亡リスクを勘案して3年以内くらいで
死亡するように実験スケジュールを組む

死刑囚だけだと供給が足りないだろうから
単身の生活保護受給者や自殺志願者が
志願できる制度(人身売買抑止のため無報酬)
も併せてつくれば医療、脳科学は飛躍的に発展するのでは

243 :法の下の名無し:2013/12/15(日) 19:05:04.60 ID:52rOjm8p
「殺人をやらなければ死刑にはならない」と言っても
それがわかってて殺人をやっちゃう弱い人もいるわけだから、
やはりそのような弱者を排除せず包接する社会のほうが
弱者には生きやすい。法は弱者のためにある。弱肉強食で
いいなら法は要らない。

244 :法の下の名無し:2013/12/15(日) 19:22:56.54 ID:NFbIGiaM
>>243
殺人犯が生き易い社会など地獄だろw

245 :法の下の名無し:2013/12/15(日) 20:09:36.29 ID:52rOjm8p
>>244
弱者が生きやすい社会では犯罪など起きない。

246 :法の下の名無し:2013/12/15(日) 21:19:22.53 ID:NFbIGiaM
>>245
「人を安心して殺せる社会」で、どうして犯罪が無くなるんだよw
わけわからんw

247 :法の下の名無し:2013/12/16(月) 07:21:48.13 ID:xzCO0j9K
犯罪の原因は搾取、貧困、差別、虐待等の社会的不正だ。
社会を変えることで犯罪をなくせる。罪を犯す人たちは
今の社会で最も酷く抑圧されている人たちだから正しく
指導されれば社会変革の主体になりえる。権力に
むざむざと殺させてはならない。

248 :法の下の名無し:2013/12/16(月) 10:15:28.05 ID:WGD3KMdG
時代遅れのマルクス思想ですかw
もし仮に、物質的に公平で豊かな
社会が出来上がったとしてね?
人間の心の問題まで
解決されるんでしょうか?

北朝鮮みたいなことにしか
ならないだろうねw

249 :法の下の名無し:2013/12/16(月) 14:56:35.23 ID:jh28PHIZ
政治弾圧とかならとにかく、一般犯罪者なんだから別に国家権力の暴走とかいうわけでなく国民も認めていることなんだけどなあw>死刑制度

250 :法の下の名無し:2013/12/16(月) 16:00:30.12 ID:xzCO0j9K
>>248
「マルクス思想」?!
笑わせるな。俺は先進国としてあたりまえのことを言ってるんだ。
日本が遅れてるだけだよ。日本の刑事法制はまだ中世だからな。
日本人として恥ずかしいよ。

251 :法の下の名無し:2013/12/16(月) 16:05:19.77 ID:xzCO0j9K
日本は死刑と代用監獄を即座に廃止しなければならない。
すべての外国人差別を撤廃し、差別主義者には厳罰を
加えなければならない。植民地支配と侵略戦争への被害者への
賠償を誠実に実行し、正しい歴史を教科書に記載しなければならない。
以上を実行してやっと北朝鮮の人権に口出しする資格が得られるのだ。
それまでは北朝鮮にも劣る人権侵害国家として全世界の非難と侮蔑の
対象でしかない。

252 :法の下の名無し:2013/12/16(月) 17:17:12.33 ID:jh28PHIZ
真っ赤で日本人差別主義者なのは良くわかったw

253 :法の下の名無し:2013/12/16(月) 20:32:12.83 ID:xzCO0j9K
日本人がいる所すべてに慰安婦象を建ててやる。
日本人が外国の都市を顔を挙げて歩けないようにしてやる。

254 :法の下の名無し:2013/12/16(月) 21:49:54.36 ID:jh28PHIZ
もはや死刑反対派ですらないw

255 :法の下の名無し:2013/12/16(月) 23:22:50.09 ID:j0TX//KL
>>240
いやいや、たとえ 『人殺しの願望がある人』 であっても、殺人を犯す前であれば一般市民と同等だろう?

だからキッチリ死刑制度を機能させておけばそいつにとっては抑止力になると共に、そいつ自身の身を守ることにもなるんだ。
そいつが死刑を恐れて殺人をしなければ、善良な一般市民も殺されずに済むし、
善良では無い一般市民であるそいつも死刑になって殺されずに済むという訳さ。

もちろん罪を犯したらきっちり執行。

256 :法の下の名無し:2013/12/17(火) 02:31:09.70 ID:7ePr9hM3
>>235
>殺人がなくならなくても死刑がなくなれば
>命を奪われる機会が減少するじゃないか。つまり生命の安全が増すんだよ。

うんまぁ、普通は死刑で自分の命が失われることは心配しないから。
お前のような「自分が死刑になるような事をしでかす可能性がある奴」とは、違うからね。

>>255
>だからキッチリ死刑制度を機能させておけばそいつにとっては抑止力になると共に、そいつ自身の身を守ることにもなるんだ。

皮肉なことに、死刑に怯える廃止論者の存在が、死刑の抑止力が正しく働いていることを証明してるんだよな。
当人達が否定すればするほどに。
結局のところ、廃止論は>>235を見てわかるように、「まだ人殺しをしていないシリアルキラー達の命乞い」だ。

257 :法の下の名無し:2013/12/17(火) 02:33:43.67 ID:7ePr9hM3
>>252
>真っ赤で日本人差別主義者なのは良くわかったw

まぁほら

>>253
>日本人がいる所すべてに慰安婦象を建ててやる。
>日本人が外国の都市を顔を挙げて歩けないようにしてやる。

あの国の人だから。www
ファビよると、本音がボロボロ。

258 :法の下の名無し:2013/12/17(火) 09:31:52.72 ID:6YhMxH5J
死刑に殺人抑止の効果があるとしても死刑自体が人の命を
奪うことだから人命保護になってない。死刑の抑止効果で
救われる命の数は死刑で失われる命の数よりも多いことを
証明しない限り無意味。さしひきどっちが多いかなんか
誰にもわからない。

259 :法の下の名無し:2013/12/17(火) 09:37:12.82 ID:6YhMxH5J
死刑廃止で殺人事件が少し増えるとしても、
死刑廃止で救われる命で埋め合わせが付くから
それでいいじゃないか。

260 :法の下の名無し:2013/12/17(火) 13:36:00.94 ID:L+iiti2H
>>258
>さしひきどっちが多いかなんか誰にもわからない。

殺人で奪われた数だけは明確にわかっている。
死刑が廃止されたら、一方的なマイナスになるだけだね。
死刑囚が処刑されなければ、「命が助かった」としても、死刑が廃止されれば
そもそも命が無くなる事が無いわけだし。

>>259
上と含めて言うなら。
処刑後の死刑囚の臓器提供で、もっと多くの人が救われるな。
死刑囚の臓器提供で二人以上助かれば、寧ろプラスになる。
良かったじゃないか。

261 :法の下の名無し:2013/12/17(火) 13:52:54.05 ID:G6sKJCP8
執行された死刑囚の遺体は24時間拘置所に留めておく様定められてるので
中国のように臓器移植に使うことはできない。尤も中国も制度を改めて
死刑囚の臓器移植はやらないよう法改正している。単純馬鹿だけしか考えないのが
短絡的な死刑囚の臓器提供案だなw

262 :法の下の名無し:2013/12/17(火) 14:00:31.66 ID:G6sKJCP8
・G8 国で死刑を執行したのは、日本と米国のみ
・国連加盟国193 カ国のうち174 カ国で死刑執行なし
・米国は、南北アメリカで唯一の死刑執行国
・ベラルーシは、ヨーロッパと中央アジア唯一の死刑執行国
・アフリカ連合54 カ国中、死刑執行は5 カ国のみ。37 カ国は、法律上または事実上、死刑を廃止
・アラブ連盟21 加盟国のうち7 カ国が死刑を執行
・ASEAN では10 加盟国のいずれでも、死刑執行なし
・英連邦54 カ国で死刑執行は、5 カ国のみ

263 :法の下の名無し:2013/12/17(火) 15:16:52.63 ID:6KquIH08
>>259
別に殺人犯の命を救いたいとは思っていないので。

264 :法の下の名無し:2013/12/17(火) 16:46:14.25 ID:qjaEdfs8
>>257
日本で活動している廃止派の大半はトンスル大好き君たちで構成されているよ。


>>253
たぶん朝鮮系の人間が世界中で恥を晒すことになると思うから止めたほうが良いよ。

265 :法の下の名無し:2013/12/17(火) 19:09:48.12 ID:6YhMxH5J
死刑要らない。絶対反対!!
死刑にされてたまるか!

266 :法の下の名無し:2013/12/18(水) 01:05:55.88 ID:MUZXU0Tm
>>265
>死刑にされてたまるか!

死刑にされるようなこと、しなきゃいいだけだろ。

ああ、もうやっちゃった後?

267 :法の下の名無し:2013/12/18(水) 07:13:36.82 ID:S/3H/mHt
>>265
故郷の半島に帰れば良いじゃない。死刑制度は存置されているけど一応執行は停止してるようだから君にとっては安心じゃない?

268 :法の下の名無し:2013/12/18(水) 09:33:54.51 ID:G8wC6Guh
>>267
今や韓国は一等国、日本は四等国。韓国に見習ってせめて
三等国になれwその前にちゃんと賠償払えや。敗戦国民なんだから。

269 :法の下の名無し:2013/12/18(水) 16:47:38.37 ID:ocDxyWe+
>>268
↑な?
廃止論者の正体が見えてきたろ?www

270 :法の下の名無し:2013/12/18(水) 19:03:17.43 ID:S/3H/mHt
廃止論者は、

@平和ボケした世間知らず(極々一部の主婦層や若年層)
A反対利権の汁を吸う連中
B在日朝鮮人(凶悪犯罪者予備軍含む)
C凶悪犯罪者もしくは予備軍もしくは関係者
D自己満足のインテリサヨク

で構成されている

271 :法の下の名無し:2013/12/19(木) 05:40:20.35 ID:+ujHUhoM
死刑存置はネトウヨ、レイシスト、歴史修正主義者

272 :法の下の名無し:2013/12/19(木) 06:50:01.60 ID:+ujHUhoM
自衛隊という殺人集団を支持する奴らが殺人犯を
口を極めて罵るのは偽善そのもの

273 :日本最大の自作自演掲示板“2ちゃんねる”:2013/12/19(木) 07:20:47.87 ID:mujx5SCj
.

法律は道徳をマニュアル化する”
細かく法整備すればするほど社会は歪に成って行く...

日本はアメリカの10年後ろを追ってると言われるが
アメリカの現状見ても(ま、見てない奴のが多いけど)この程度じゃあ
日本の民度や知的レベルもお察し

罰則、と言うのは畜生に対して与えるもの
法律が多くなったという事はそれだけ人間が劣化して畜生化してるという事だ

こんな簡単な事が理解出来て無い時点でこの板のレベルも推し量れる
駄目だと言う事だ

.

274 :法の下の名無し:2013/12/19(木) 08:40:39.42 ID:44fcaDt5
>>272
世界中の死刑廃止国を敵にしたいの?

275 :法の下の名無し:2013/12/19(木) 10:25:51.83 ID:+ujHUhoM
原発事故も過労死も殺人だ。死刑存置派はなぜ責任者の死刑を
要求しない?

276 :法の下の名無し:2013/12/19(木) 11:36:04.23 ID:6v5VUWek
>>275
例えば原発事故に限らず他の仕事でも「過労死」の問題は発生する。
が、意図して殺したわけではない以上、経営側に不備が合ったとしても、それは過失致死になるだろう。
死刑の対象は無いね。
人の死を娯楽と思っている廃止論者とは、根本的な処で考え方が違うんだよ。
死刑は必要だが、片っ端から殺せ殺せと言ってるわけじゃない。
寧ろ、死刑が廃止に出来ないなら、片っ端から処刑しろというのは廃止論者だ。
見世物じゃないんだよ。

277 :法の下の名無し:2013/12/19(木) 19:12:32.31 ID:+ujHUhoM
死刑になるような罪を犯すのは社会的弱者が多い。
これだけで死刑廃止の理由になる。社会の被害者を
社会の名で殺す死刑は絶対に許されない。

278 :法の下の名無し:2013/12/19(木) 22:49:39.20 ID:zLzt1uAu
>>277
そういうのは、酌量減軽(刑法71条)で対応できますよー
減軽されると死刑にはならなかったりする(刑法68条1号)。

279 :法の下の名無し:2013/12/20(金) 00:54:48.71 ID:MA2X5sH3
>>271
>>272
> 歴史修正主義者

これは正に朝鮮人のことだね。

> 自衛隊という殺人集団を支持する奴ら

自衛隊どころか韓国は軍隊があるし強制的な徴兵制もあるよね。
これで死刑制度に反対とか笑わせるよね。

280 :法の下の名無し:2013/12/20(金) 07:45:21.88 ID:w0zXAkXQ
オスプレイが墜落して民間人が死亡したら
未必の故意による殺人だよね。死刑肯定派は
責任者の死刑を要求するの?

281 :法の下の名無し:2013/12/20(金) 08:42:47.91 ID:CQu28/h4
(交通等の)事故死まで死刑にしろとかw
完全に常軌を逸しているとしか言い様が無い
理屈をこねる”死刑廃止支持?”の人が
いるようですが・・・客観的に一般国民から
見て・・・まっとうな理屈かどうか?
本当に、わかりませんか?
わからないなら説明しますが?理解できるかどうか?
例えば、知能に生涯を持っている?精神的に
危ない状態?とかだと無理もあるのでねw
もし本気じゃなく一時的に感情的になって
言ってるのなら何も言わないので、そういうアホな
理屈は蒸し返さないでねw
死刑廃止を支持する人らの大半はまともな人だと
思いたいのでねw

282 :法の下の名無し:2013/12/20(金) 08:44:20.27 ID:CQu28/h4
すまんw
生涯×→障害〇

訂正w

283 :法の下の名無し:2013/12/20(金) 08:47:49.78 ID:CQu28/h4
自衛隊に反対してる日本共産党でも
すぐに自衛隊を無くすことは出来ない・・・
(少しづつ減らす方向性が理想だそうです。)

何故だと思いますか?
自分で考えないと結論だけ言ってもねw

284 :法の下の名無し:2013/12/20(金) 08:55:56.97 ID:CQu28/h4
↓これって、ある意味差別だよね・・・
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
277 :法の下の名無し:2013/12/19(木) 19:12:32.31 ID:+ujHUhoM
死刑になるような罪を犯すのは社会的弱者が多い。
これだけで死刑廃止の理由になる。社会の被害者を
社会の名で殺す死刑は絶対に許されない。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

彼の言う”社会的弱者”は殺人を犯しても仕方ない奴ってことなのか?
じゃー”社会的弱者”で、真面目に生きてる人らってどうなるの?
まっとうに生きるか・・・犯罪を犯すか・・・
どちらを選択するかは自分次第って思うけどね・・・
その人の境遇だけで決めるのは、おかしいって思うけどね?
どう思う?

285 :法の下の名無し:2013/12/20(金) 09:21:48.24 ID:w0zXAkXQ
娘を殺された父親が泣きながらインタビューを受けているのを見ると、
「ああ、被害者は親に愛されてて幸せだったんだな」とわかる。
殺人犯には愛されるどころか虐待されて育った者も多い。どちらが
幸せでどちらが不幸なのか。被害者だけ一方的に同情する理由はない。

286 :法の下の名無し:2013/12/20(金) 09:24:04.81 ID:w0zXAkXQ
同じ境遇だったら俺だってきっと殺しをやってたにちがいない。
俺は完璧な人間じゃないからね。

287 :法の下の名無し:2013/12/20(金) 10:05:04.22 ID:CQu28/h4
なるほど、だから死刑を廃止したいんだw
皆さん、良くわかったでしょw
何故、死刑制度を廃止したいかw
自分のうっぷんを晴らしたいだけなんだw
単純なことw
まあ、これじゃ誰も死刑廃止に前向きになれないよねw
まあ頑張れw

288 :法の下の名無し:2013/12/20(金) 10:08:58.58 ID:IaFDk9M2
>>285
犯人が不幸だろうが人を殺してよい理由にはならんよ。
あるいはなったとして、ならば娘を殺されて不幸になった父親には犯人を殺す正当性が生まれるなw

289 :法の下の名無し:2013/12/20(金) 10:21:40.70 ID:AsABxaeE
>>285
勿論、加害者側に同情する余地があったりする場合もある。
そう言ったことを考慮して、死刑か否かは決まる。
総ての殺人犯罪者が同情に値するわけではない以上、廃止する理由にはならない。
身勝手な欲望で強姦殺人をし、泣く赤ん坊を五月蝿いからと叩き殺した上に、
未成年だから死刑にならないッスwwショバに出たら小説家になるんだー
とかほざいていたヤツに、同情の余地は微塵もないだろ。

290 :法の下の名無し:2013/12/20(金) 10:23:23.57 ID:AsABxaeE
>>286
ああ、なるほど。

だから死刑を廃止したいわけだ。

で、他の廃止論者は、こいつと同じで、自分がいつ人殺しをするか解らないから廃止にしたいのか?

答えろよ。

291 :法の下の名無し:2013/12/20(金) 10:45:07.55 ID:CQu28/h4
結局、自分達がそういう人間だから・・・
みんなもそうだ・・・って思ってるんだろうね・・・
世間の人々はどう見るだろう・・・?
育った環境が不幸でも真面目に生きている
人は多いと思うけどね・・・
実際、僕の知り合いで6歳の時、継父に
ボコボコにシバかれて病院送りにされ、その後
施設で育った人がいるけど、彼は、そのときの
後遺症で右耳が聞こえないらしい・・・
彼は、”自分は絶対に子供に手を上げない
・・・それは自分が痛い思いをしたからね”
って言っている。
自分が痛みを知っているからこそ子供には
絶対にやらないという人生を選択した彼と
自分が痛い思いをしたから、そのうっぷん
晴らしに自分の子供も殴る連中と
同じに扱って良いのだろうか?
でも同じに見ろって言うんでしょ?
おかしいよね?

292 :法の下の名無し:2013/12/20(金) 17:36:22.09 ID:wZNE1EM0
なんで、みんな酌量減軽を無視するんじゃー
殺人罪でも、酌量減軽によって執行猶予もつけられるんじゃー

293 :法の下の名無し:2013/12/20(金) 17:53:57.44 ID:w0zXAkXQ
>>292
死刑廃止でなければすべての殺人犯を救うことはできない。

294 :法の下の名無し:2013/12/20(金) 18:07:38.77 ID:wZNE1EM0
>>293
>>285の例で、愛されて育った娘のほうが殺人を犯した場合はどうなるんじゃー

295 :法の下の名無し:2013/12/20(金) 18:34:06.89 ID:w0zXAkXQ
死刑囚には家族からも絶縁されて一族の墓にも入れてもらえない人も
いるんだよ。アカの他人にまで同情されて事件現場や墓に花束を捧げて
もらえる殺人被害者よりも死刑囚のほうがずっと惨めだよ。死刑囚にだけは
なりたくない。死刑廃止せよ!!

296 :法の下の名無し:2013/12/20(金) 18:52:09.08 ID:wZNE1EM0
>>295
大丈夫だよん。>>285の娘さんは美人で親からも愛されてるから、
死刑囚になってもお墓に入れてもらえるし、花も備えてくれるよ。
ご安心なされよ。

297 :法の下の名無し:2013/12/21(土) 05:42:29.88 ID:U5RrL+DJ
死刑反対派が殺人の味方であるかのようなデマはやめてもらいたい。
殺人に反対だから死刑にも反対してるんだ。死刑にならない殺人事件
なら犯人を非難し、被害者を悼むよ。

298 :法の下の名無し:2013/12/21(土) 06:13:20.06 ID:pdXBHRqV
死刑になりそうな殺人事件なら被害者を非難し、犯人を擁護するよ。
まで読んだ

299 :法の下の名無し:2013/12/21(土) 06:55:53.58 ID:U5RrL+DJ
死んじゃった被害者は救えないが、生きてる犯人は救える。

300 :法の下の名無し:2013/12/21(土) 08:15:32.15 ID:us0RHLUR
>>299
なら被害者遺族が犯人仇討ちした場合には遺族を擁護してくれるんですね!

301 :法の下の名無し:2013/12/21(土) 09:04:08.52 ID:uBN7Sczt
>>299
じゃあ死刑に賛成してる人も擁護して下さい

302 : ◆jrKh.GVFXs :2013/12/21(土) 09:16:31.06 ID:kwYKNs+N
>>295
>死刑囚にだけは なりたくない。

真っ当に生きてりゃまず死刑囚にはなりませんがな。

303 :法の下の名無し:2013/12/21(土) 09:36:58.75 ID:kBwxWpe4
道徳論で済むなら刑法はいらないよ。

304 :法の下の名無し:2013/12/21(土) 11:06:49.66 ID:U5RrL+DJ
>>300
そのケースでは死刑にはならないだろうから擁護の対象外。

>>301
死刑になりそうなら幾らでも擁護してあげるよ。

>>302
その理屈がわかってながらやっちゃう者はやっちゃうんだよ。死刑廃止で
なければ救えないよ。

305 :法の下の名無し:2013/12/21(土) 12:00:29.04 ID:EiSprnjM
まあさあ・・・アホな議論を持ち出さない方が良いと思うけどw
仇討w・・・そんなアホなこと言ったK党のK元党首は
ちょっとおかしいって思った方が良いよw
死刑制度廃止の法改正以前に仇討を認める法を作れ?
でしょ?もういい加減・・・それw一般国民から
どう思われると思う?正論って、本当に信じてるのなら
一度、精神病院で診断を受けることをお勧めする。
自分では、まともと思ってるんでしょ?
・・・しかし・・・w

306 :法の下の名無し:2013/12/21(土) 15:32:55.02 ID:M0KBtKdg
>>297
それは、わかっとるよ。
要するに、殺人が許されないものならば、国家による殺人である死刑を
認めるのは矛盾であるという類の話でやんしょ。

>>299
「救う」とか言ったりするところからすると、刑罰は犯罪者のためにも存在する
っていうことろを強く押していく感じになっちゃったりしそうな気がしたりしなかったり。
そういう思想って、最近で言うとどこら辺の人から出てくるものになるんかな〜

307 :法の下の名無し:2013/12/22(日) 01:28:23.41 ID:yMW7ssjK
>297
>死刑反対派が殺人の味方であるかのようなデマはやめてもらいたい。

半分はデマだな。
殺人の味方である「殺人崇拝者」は、廃止論者の全員じゃない。
残りの廃止論者は「殺人犯罪者予備軍」で、自身が人殺しをしたときの為に死刑を廃止したい連中だ。
>>286をみろ。


罪人は罪を償って救われる。
命を奪った罪を真摯に反省するのであれば、自身の命をもって償うべきだろうし、
それが出来ないのであれば、そもそも反省などしていない殺人鬼だ。
生きているべきではないね。
温情による減刑によって死刑が回避されるのは、あくまで「減刑」であり、基本的には
人の命を奪えば死刑なんだよ。

308 :法の下の名無し:2013/12/22(日) 08:45:02.12 ID:sUpTtk//
やはり死刑はいやだなあ。殺しても死刑にさえならなければ
やり直せる。死刑になったら何もかもオシマイだ。死刑は
残虐で非人道的な刑だ。

309 :法の下の名無し:2013/12/22(日) 08:52:39.31 ID:n7PSRMyp
>>297
殺人の味方をしてるだけの奴もいれば、殺人者本人の場合もあるよ。

殺人の味方をしてるだけだというようなデマはやめてもいらいたいな。味方じゃなくて当人の場合もあるんだから。


>>304
エゴは良くないな。

別にお前に擁護して貰う必要はないし、こちらもお前が何を言おうが知った事ではない。

が、お前が誰かを殺したら、殺し返される可能性があることだけは考えて判断し行動して頂きたい。それだけの事。

310 :法の下の名無し:2013/12/22(日) 12:52:16.89 ID:RFBPZJbA
>>308
無期刑のことも思い出してあげてくださいね。
あれでも、一応一生刑罰を受けてるんですよ〜
仮釈放は、「仮に」釈放されてるだけなの。

311 :法の下の名無し:2013/12/22(日) 18:37:50.93 ID:sUpTtk//
生きていれば希望が持てる。絶対的終身刑でも法律改正で
自由の身になれる。死んだらオシマイだ。死刑反対!!

312 :法の下の名無し:2013/12/22(日) 23:31:42.97 ID:RFBPZJbA
>>311
その希望は悲しいな〜。
現在の死刑囚でも、法改正でなんとかなりそうじゃん。
そもそも、死んだらオシマイだっていう死生観っていうのは、どっからやってくるんだろうねー。
その辺りクリスチャンとかはどう考えてるんだろう?ムスリムは?
生きてる限り一発逆転はあるんだろうか?

313 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 05:32:04.52 ID:yH1+W7T0
死んだ者は審判の日に蘇って永遠の命を得るとされてるから
獄中で改宗してその後執行まで信心に勤めてればもしかしたら復活できる。かもね。
イスラム教は知らん

仮釈放後に人生一発逆転なんて宗教関係無くあり得ないと思うけどね

314 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 08:23:37.13 ID:8ppLtqQD
なんかこうw
犯罪者予備軍の連中が必死で、死刑を逃れたくて
あがいているように思えるw
自分で自分が制御できない?だから自分が
犯罪犯しても死刑囚にならないように
したいって思えてならないw
死刑制度維持なら仇討ち認めろとか虐待被害者は犯罪犯しても
当たり前だから死刑を辞めろとか
完全に常軌を逸しているって思わないかい?

315 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 08:37:28.06 ID:Bv5n734J
死刑廃止せよ!殺人犯も人間だ。生きる権利がある。

316 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 13:00:24.59 ID:kU3ol6bi
確定死刑囚一覧 その1(130名) 2013年12月23日現在
-------------------------------------------------------------------
尾田信夫(マルヨ無線) 奥西勝(名張毒ブドウ酒) 大濱松三(ピアノ騒音) 袴田巌(味噌一家4人殺放火)
大道寺将司・片岡(益永=脳梗塞)利明(連続企業爆破)  浜田武重(福岡連続保険金)
渡辺清(娼婦連続4殺) 石田富蔵(埼玉2女殺) 関口(藤井)政安(殺し屋) 金川一(主婦殺)
佐々木哲也(市原両親) 坂口弘(連合赤軍あさま山荘) 猪熊武夫(山中湖) 大森勝久(道庁爆破)
山野静二郎(不動産連殺) 秋好(大城)英明(内妻一家4殺) 広田(神宮)雅晴(警察庁115号) 
松本美佐雄(3殺) 宮崎(藤波)知子(富山長野2誘殺) 村松誠一郎(宮代事件) 柴嵜正一(中村橋2警官殺) 
高田和三郎(友人3殺) 松井(中村)喜代司(安中親子3殺) 松本健次(2強殺) 関光彦(市川一家4殺)
陳代偉・何力(多摩パチンコ) 横田謙二(川口バラバラ) 黄奕善(警察庁121号) 岡崎茂男(警察庁118号) 
河村(岡本)啓三・末森博也(コスモリサーチ) 倉吉政隆(福岡連殺) 沢本(森本)信之(フィリピン女2殺)
間中博巳(同級生連殺) 佐伯(宮前)一明(オウム) 西川(金田)正勝(警察庁119号) 鎌田安利(警察庁122号)
高根沢智明(群馬パチンコ) 松沢信一 堀江守男(老夫婦) 上田宜範(愛犬家殺人)久堀(田中)毅彦(右翼殺)
山口益生(古美術商) 豊田(向井)義己(静岡愛知2女性殺害) 松本智津夫(オウム尊師) 高橋和利(鶴見事件)
中山進(豊中2殺) 江東恒(堺夫婦殺) 石川恵子(宮崎2殺) 長勝久(栃木妻友人殺) 高橋義博(医師ら生埋め)
小林光弘(武富士焼殺) 松本昭弘・松本和弘・下浦栄一(マニラ連続保険殺人)  西山省三(福山女強殺)
造田博(池袋通り魔)中原澄男(組長射殺) 薛松(春日部夫婦殺) 浜川邦彦(亀岡妻子殺)
横山真人・端本悟(オウム地下鉄サリン) 後藤良次(宇都宮監禁) 小田島鉄男(マブチモーター・警察庁124号)
庄子幸一(大和市主婦連殺) 外尾計夫(佐賀長崎保険金) 林泰男(オウム地下鉄サリン) 長谷川静央(実弟殺)
加賀聖商(伊勢原母娘) 八木茂(本庄保険金殺人)  幾島賢治(高岡市組長夫婦射殺) 神田司(名古屋闇サイト)
林真須美(和歌山毒カレー) 関根元・風間博子(愛犬家殺人) 小野川光紀(群馬パチンコ連続強殺)
高橋秀(貸金業者殺害) 小日向将人(前橋市銃乱射) 早川紀代秀・豊田亨・広瀬健一・井上嘉浩(オウム) 
窪田勇次(北見市資産家夫妻) 菅峰夫(架空建設計画連続殺人)、新実智光(オウム) 大橋健治(大阪岐阜強殺)
吉田純子(久留米看護師保険金) 高尾康司(館山放火4殺人)、藤崎宗司(茨城2女性強殺) 尾崎正芳・原正志(大分替え玉保険金)
土谷正実(オウム) 鈴木泰徳(福岡3女性強殺) 小林正人・河渕(芳我)匡由・小森(大倉)淳(3府県連続リンチ4殺) 
片岡清(広島岡山2殺) 小林竜司(東大阪大生リンチ殺人)  大倉修(コープしずおか2殺) 渕上幸春(宮崎口封じ連殺)  
大山清隆(広島連続保険金殺人) 池田容之(横浜電動ノコバラバラ) 津田寿美年(川崎アパート大屋ら3人刺殺) 
北村実雄・北村真美・井上(北村)孝紘・北村孝(大牟田相撲一家4人連続殺害)  魏巍(福岡一家4人殺害) 
中川智正・遠藤誠一(オウム) 守田克実(マブチモーター他) 兼岩幸男(名古屋2女性バラバラ) 松永太(北九州監禁殺人) 
若林一行(岩手県洋野町母娘強殺) 大月(福田)孝行(光市母子殺害) 岩森稔(本庄夫婦殺害) 川崎政則(坂出祖母孫3人殺) 
田尻賢一(熊本2女性強殺) 謝依俤(製麺所夫婦強殺) 高見沢勤(元組長群馬3人射殺)  阿佐吉広(都留市連殺) 
野崎浩(フィリピン女性2人殺) 渡辺純一・清水大志・伊藤玲雄(架空請求仲間割れ)住田紘一(岡山女性強殺)
山田健一郎(前橋スナック乱射) 高柳和也(兵庫2女性バラバラ) 沖倉和雄(あきる野市資産家姉弟強殺)

317 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 13:31:49.20 ID:ppYWZEvY
別に煽りとかじゃなく真剣に聞いてほしいんだが
存置派の人は人間への最高の罰が死だと思ってるの?
死んだらすべて終わりであっさり死なせるのは惜しいとか思わないの?
それとも目には目をっていう考えなのか

318 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 13:44:08.75 ID:Bv5n734J
肉親を殺された者が犯人を憎むのは理解できるが
被害者にも遺族にも犯人にも一面識もない者が
なぜ一方的に被害者、遺族に同情し、犯人を
非難するのか理解できない。もっと冷静に、
客観的に、公正に、中立的に議論できないものか。
われわれは誰でも成り行き次第で被害者にも遺族にも
犯人にもなってしまう存在だ。

319 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 13:52:47.20 ID:8ppLtqQD
>>317
死刑制度を指示する人々には、いろんな意見もあるだろう・・・
それを前提として、個人的意見だが・・・
現実に罰として可能なものの中では最高だと思う。
あっさり死刑で・・・と思うこともあるが・・・では、それ以上と
言われても、現実に刑務所で一生重労働を課すことって出来るの?
どっかの国の収容所みたいに・・・飢えと寒さでバタバタ死んでいくような
ところで・・・なら死ぬほうが楽って思えるけど・・・w
結局、終身刑は残忍・・・とか言って仮釈放してる国多いよね?
結局、それって現実に不可能なことじゃん?結局、そう言って
死刑を支持する人らを困らせる、何かアゲ足のとれそうなことを
言ったら、攻撃・・・w
人権とか?いうものを無視できるなら、死刑より
残忍なことって、いっぱいあるけど、それって出来ないわけでしょ?
なのに、そういうクダラナイ質問をワンパターンにぶつけるって
おかしいよね?
それに、もし死刑以上に人権にも配慮してできる刑罰があれば是非
あんたに発表して欲しいし今はインターネットもあるから法務省とかに
提案することも出来る・・・口先で奇麗事ばかりでは誰も支持しないw
って思わない?

320 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 14:02:58.90 ID:8ppLtqQD
↓ほんま・・・wこいつらって根っから腐ってるよねw
↓人の痛み(被害者、被害者遺族)を自分のごとく思う人って
↓多くいるってこと・・・
↓それは、素晴らしき美徳でしょ?理解できないって言うなら仕方ないw
↓そういう可愛そうな人もいるのでしょうwそれから悪いけど俺は犯罪者
↓側には絶対行かない・・・ほとんどの人が、そうだから治安は保たれているw
↓自分が、そういうヤバイ存在だからと言って他のものまで一緒にするなw
↓おまえの主張を皆にコピーして見せたら俺と同じこと言うだろう間違いなくw

318 名前:法の下の名無し :2013/12/23(月) 13:44:08.75 ID:Bv5n734J
肉親を殺された者が犯人を憎むのは理解できるが
被害者にも遺族にも犯人にも一面識もない者が
なぜ一方的に被害者、遺族に同情し、犯人を
非難するのか理解できない。もっと冷静に、
客観的に、公正に、中立的に議論できないものか。
われわれは誰でも成り行き次第で被害者にも遺族にも
犯人にもなってしまう存在だ。

321 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 14:10:24.71 ID:8ppLtqQD
ほんと・・・w
死刑廃止派(たぶん2chだけでしょうw)
の主張って、くだらないよねw
そう思いません?

322 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 14:35:17.85 ID:ppYWZEvY
>>319
いや綺麗事を言ってるつもりはないんだけど
理想としては重労働科して餓えと寒さでバタバタと死んでほしいね
死刑はそれに比べるとコストがかからないという点で良いのかな
あとあなたは死刑が執行される意味ってなんだと思ってる?

323 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 15:06:59.64 ID:dj5c1J5x
>>318
さぁなー、そもそも応報とか復讐とか同情っていうのが別物だとして、
それぞれをどこまで厳格に明確に分離することができるんだろうね〜

例えば、誰かが傘を盗んだとして、これに対する罰を考える際に、もし自分
が傘を盗まれた場合にどのように感じてどのような不都合が生じるのかって
いうことを全く完全に切り離したところで罰を論じることって出来るんだろうか。

324 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 15:09:54.07 ID:8ppLtqQD
法にのっとって刑が執行w
それだけw意味なんてどうでも良いよw
ほとんどの国民は、そう思ってるでw

325 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 15:26:39.84 ID:ppYWZEvY
結構軽いね
死刑制度って他の刑罰と一線を画すものなんだが

326 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 15:32:24.69 ID:8ppLtqQD
執行のこと言い始めたら、
やってられねえよw129人も未執行で残ってて
たぶん全員執行する前に病死、老衰するやつが
大半だろうからなwまあ、そういうことだw

327 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 15:58:11.44 ID:VoPStjVu
仮に、日本国において、死刑及び殺人に係る法令ないし法規又は法が存在しない場合には、わたしの愛する恋人、子供、兄弟及び親のいずれかの命を絶った、特定の具体的な者の命を、必ず私は絶ちます。
わたしのこの感覚は、世間一般と比較して異常ですか。

328 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 17:10:47.68 ID:dj5c1J5x
別にそこまでの状況にならなくても、殺してやりたいほど人を憎むって
ことはわりとあるんじゃないかなー。
現実にそういう状況に陥って、自分自身や周囲の人や社会からの制止を
余裕で振りきって行動に移すとなると異常だろうなー。

329 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 18:18:46.92 ID:6jrXRWkV
>>328さん、返答していただき、ありがとうございました。
「日本国において、死刑及び殺人に係る法令ないし法規又は法が存在しない場合」の前提において、
その返答でしょうか。

330 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 19:04:52.45 ID:zxg/5UzV
>>314
予備軍が騒いでいるのだったらまだ、凶行を抑止出来ている証だから良いんだけど、
既に凶行に及んだクズが火消ししようとしてる場合もあるだろうから許せないナァ。
そんなモノを許してしまったら、今まで抑止していた奴らのタガが外れてしまうからなぁ。

331 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 19:27:55.62 ID:Bv5n734J
人は選択不可な境遇によって犯罪に追いやられるんだ。
今日の加害者は昨日の被害者。今日の被害者は明日の加害者。
加害者の個人責任を追求しても何の解決にも成らない。
被害者が加害者になる連鎖を断ち切らなければならない。

332 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 19:32:04.68 ID:/s9Spr3J
>>331
どういう境遇に置かれようが、そこで犯罪を犯すかどうかは本人の自由意思であり自己責任。
でなくば、環境に流されるだけのロボットだ。人権などあるまいよ。

333 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 19:47:37.25 ID:6jrXRWkV
>>332
 サンデル教授の究極の選択では、あなたは、なにを選択しますか。
列車かなにかの例でした、究極の選択で。

334 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 19:50:51.68 ID:/s9Spr3J
>>333
「何もしない」面倒だからだ。

335 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 20:31:56.21 ID:uX8i5jS4
>>329
>「日本国において、死刑及び殺人に係る法令ないし法規又は法が存在しない場合」の前提において
というのは、法が殺人に対して何も語っていないという状況を想定されているのですか?
だとすると、社会自体が異常なので、異常な社会ではそれに合わせて異常な行動を取る
こともあるという意味では、正常とも言えるような気もしないような感じでしょうか。

社会(それを形成する人々)が異常なのではなく、法が殺人に対して何も語っていない
ような状態を誰も許容していないという状況を想定してみると、殺人に対
して私刑が科せられることになるようにも思えます。仮にこの私刑を法と呼ばない
として、自身もその私刑に参加することになるだろうというのでしたら、
それもそんなに異常なことではないと思いますよー。

336 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 20:39:43.63 ID:uX8i5jS4
>>331
適法行為への選択可能性がないと、現行法だと犯罪自体が成立しませんぜ。

337 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 21:45:53.42 ID:KwYOqewn
>>334
そのままなにもしなければ、あなたも、あなたの愛する妻と子供も死ぬとしても、面倒だから、なにもしない選択をしますか。

>>335
丁寧にありがとうございました!

338 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 22:02:00.06 ID:/s9Spr3J
>>337
裁判で死刑判決を受けるような凶悪犯は「殺さなければ死ぬ」状況に置かれていたとでもいうのかね?w

339 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 22:57:28.15 ID:KwYOqewn
>>338 列車の設例です。違う例ではないですか。

340 :法の下の名無し:2013/12/23(月) 23:20:38.09 ID:/s9Spr3J
>>339
列車の話が死刑制度と何か関係あるの?w

341 :法の下の名無し:2013/12/24(火) 00:10:57.87 ID:G2NXJcgG
>>314
>犯罪者予備軍の連中が必死で、死刑を逃れたくて
>あがいているように思えるw

思えるもなにも、本当にそうだからな。
自分が今後殺人事件を起こす可能性に自信が持てない奴が、保身で廃止しようとしているだけ。
こういう輩がハイシーハイシー言う程に、死刑には抑止力があるんだと確信する。

後は、殺人犯罪崇拝者。
人殺しを「自分達に出来ない事が出来る凄い人。ソコニシビレルアコガレル」
とはやし立て、祭り上げ、拝み奉る。

342 :法の下の名無し:2013/12/24(火) 00:29:00.05 ID:dbJ4wZvN
>>341
そーかー?ちゃうって言ってる人もいるぞい。
同情とか応報とか復讐とかは、明確に厳密に分離できるのかのー。

自分や自分と親しい者が被害者になった場合にどのように感じ、どのような
不都合が生じるのかっていう感覚を完全に分離して罰を論じることができるのか
っていうのと同じように、もし自分が罰を受ける場合にその苦しみは
どんなもんなんかなっていう感覚を完全に分離して罰を論じることもできるのかな〜。

343 :法の下の名無し:2013/12/24(火) 00:37:22.32 ID:oUEgoZ/X
>>340 少なくともわたしの返答のように対応する返答を、的確かつ丁寧に返答が望ましいです。
また、「かね」「w」などの語句又は用語をわたしは使用しません。
さらに、誤解又は錯誤があったようなので、以上とします。

344 :法の下の名無し:2013/12/24(火) 04:25:39.60 ID:6GdU1B4h
今現在そうだから未来永劫そうだ とはならない もしそうなら
封建時代が今も続いている 遠い未来には今と違う体制も在り得る

345 :法の下の名無し:2013/12/24(火) 07:18:00.09 ID:INHEHQkX
もちろん殺人は悪いことだが、それをやってのける腕と度胸は
貴重だ。他で使える。死刑にしてしまうのは惜しい。

346 :法の下の名無し:2013/12/24(火) 08:25:44.15 ID:QXMPyVmy
死刑廃止も制度存続も理屈や議論だけで出来ないこと
問題は、国民が、どちらを支持するか?だから
死刑廃止に同意してほしかったら具体的に活動するしかない。
結論は、はっきりしていると思うよw

347 :法の下の名無し:2013/12/24(火) 09:01:55.90 ID:QXMPyVmy
>>331
"人は選択不可な境遇によって犯罪に追いやられるんだ。"
具体例を示せ。

348 :法の下の名無し:2013/12/24(火) 10:09:20.30 ID:UoBA3Bgn
加納(旧姓武藤)恵喜(けいき)
【二月二十一日 ある死刑囚の記録】
「ら」に埋もれた最期
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/feb21/list/CK2013121702000274.html
ウソつき きんごろー
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/feb21/list/CK2013121802000204.html
一人目。旅館の女将 
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/feb21/list/CK2013121902000222.html
うそ、罪 うそ、罪…
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/feb21/list/CK2013122002000219.html
狙われた幸せの“中庭”
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/feb21/list/CK2013122102000223.html
二人目。スナックママ
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/feb21/list/CK2013122202000195.html
女房の無念のみ込んだ
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/feb21/list/CK2013122302000214.html

349 :法の下の名無し:2013/12/24(火) 11:51:49.27 ID:INHEHQkX
死刑があってもなくてもほとんどの人間は殺人なんかやらないよ。
死刑にならないなら破っちゃおうと考えるの異常者は極少数。
死刑を廃止すれば大勢が殺人に走るかのような存置派の主張は
あまりにも人間を信じなさすぎる。死刑廃止しても殺人は統計に
反映されるほどには増えない。

350 :法の下の名無し:2013/12/24(火) 12:24:51.58 ID:QXMPyVmy
だから何?
”死刑にならないなら破っちゃおうと考えるの異常者は極少数。”
その少数の連中が怖いんだよねw
まあ、以前から何度も言われてきてるけど抑止力の問題だけで
死刑制度を支持するわけでないのでw
いいかげんワンパターンすぎw

351 :法の下の名無し:2013/12/24(火) 15:43:56.95 ID:INHEHQkX
>>350
君は死刑がなければ殺人をやろうと考えてるか?
考えてないだろう。みんなそうなんだよ。死刑を
廃止したらお隣さんが殺しにくるかもしれないと
怯えるのは被害妄想だな。心配しないでいい。
みんないい人だよ。殺人をやるほどの悪人は極少数だ。

352 :法の下の名無し:2013/12/24(火) 16:09:23.29 ID:QXMPyVmy
だからさあw
その極少数が怖いって言ってるだろw
それから、もう一度言うけど
抑止力だけで国民は死刑制度を支持してないってw
同じこと繰り返してもアホだと思われるだけだから
やめとけよw
みんな笑ってるぜw

353 :法の下の名無し:2013/12/24(火) 16:10:42.03 ID:dbJ4wZvN
>>343
いなくなっちゃったかな。あなた外国の方ですよね。
あなたの話題は、ここでも十分、話をする価値はあるんですが。
どちらかと言えば、このスレよりも法哲学スレの方がより専門的な回答が
返ってきますよ。もっといえば、哲学板の方が良いかもしれません。
もし、学者ではなく、普通の日本人の正義に関する感覚を知りたいのであれば、
私で良ければお答えしても構いませんよ。

354 :法の下の名無し:2013/12/24(火) 17:11:07.31 ID:Q/TvLhQi
>>342
>もし自分が罰を受ける場合にその苦しみは
>どんなもんなんかなっていう感覚を完全に分離して罰を論じることもできるのかな〜。

はぁ。
確認したいんだけど、君は「自分が罰を受ける事を想定し、それが嫌だから廃止したい」のか?
ここで言う「罰」が何なのか、何をしたらその罰を受けるのか、解った上での発言だよね?
その上で廃止したいというのなら、自分がその罰を受けるような罪を犯す事を想定した発言って事だけど。

で、他の廃止論者も、同意見?
また、ダンマリ?

>>351
>345 名前: 法の下の名無し 投稿日: 2013/12/24(火) 07:18:00.09 ID:INHEHQkX
>もちろん殺人は悪いことだが、それをやってのける腕と度胸は
>貴重だ。他で使える。死刑にしてしまうのは惜しい。

お前は、その「いい人」には、入ってないだろ。
殺人犯罪者の「人殺しができる度胸」は、命を奪った罪を無効に出来るような物か?
答えろよ、殺人犯罪崇拝者。

355 :法の下の名無し:2013/12/24(火) 17:50:43.16 ID:dbJ4wZvN
>>354
「自分が罰を受ける事を想定し、それが嫌だから廃止したい」のか?
そら、突き詰めていったら廃止派はみんなそうやろ。
逆に言うたら、存置は「「自分が罰を受ける事を想定し、死刑になっても良い」
って思うとかんとおかしいで。
俺は存置やから、死刑になってもええんやで。

356 :法の下の名無し:2013/12/24(火) 18:17:05.72 ID:QXMPyVmy
罪を犯したら国民が同意した刑罰を受ける・・・
それが人の道・・・
死刑相当のことをすれば当然死刑になる。
これは、自分自身にも、あてはめてるのが常識だし
それ以前に俺は絶対、死刑になるような犯罪は
天地神明にかけて行なわない自身がある。
でも自信の無い人は・・・w

357 :法の下の名無し:2013/12/25(水) 03:15:53.64 ID:bC0LHM5l
未来永劫死刑が正等と決め付けるのも無理ではないか?

358 :法の下の名無し:2013/12/25(水) 06:42:55.77 ID:oTwvcvcI
>>356
「国民が同意した刑罰」とは国会が議決する法律で定める刑の意味で
しかないわな。国会は世論調査の多数意見に従う義務はない。死刑廃止に
反対する理由にはならない。

359 :法の下の名無し:2013/12/25(水) 07:59:02.19 ID:y7pkAzdD
>>358
で、議会は死刑廃止に動いているの?

360 :法の下の名無し:2013/12/25(水) 08:24:01.07 ID:i6jfCURd
もちろん世論に従う義務は無いが世論は無視できないw
何故、前政権が死刑の執行を再開したか・・・
あたりまえのことだろ、何が言いたいw
そういうの多いよねwここの死刑廃止信者w
穴ぼこだらけの袋みたいw
言ってる意味わかるか?

361 :法の下の名無し:2013/12/25(水) 09:42:34.20 ID:1w9Kfjwu
民信無くば立たず たみしんなくらたたず 論語

362 :法の下の名無し:2013/12/25(水) 10:08:28.17 ID:U/FI5Aj+
>>355
>俺は存置やから、死刑になってもええんやで。

んじゃ355にとっては問題ないじゃん。
困るのは、「自分が殺人をする可能性が高い事を理解し、それを理由に廃止を訴える潜在的シリアルキラー」
だけだよね。
ソイツらの思惑通りに死刑を廃止すればどうなるか、解るだろ。

>>357
まぁそうだね。
殺人犯罪の罪が命を通してまで償う重大な犯罪じゃないと、国民の大多数の認識が変ったら言えばいいんじゃね?
それを理由に廃止を訴えるなら、今は殺人犯罪は重大な事件だと国民の意識があるから廃止を訴えるのは無駄だな。

>>358
その議員を決めているのが選挙だからね。
死刑廃止派で、自身が法務大臣になったら死刑を拒否したバーサンが居たけど、その末路は知ってるよな?ww
選挙コケてから、慌てて死刑執行したけど後の祭り。
廃止論者の程度を示す珍事だったと思うよww

363 :法の下の名無し:2013/12/25(水) 20:01:53.77 ID:uQfdhF6d
>>362
廃止派はみんなシリアルキラーなんやー、言うといたらええわ
っていう雰囲気を作るのってキモイで。
廃止派の人も気ぃ悪うするわ。
別にどっちかが、悪い奴らや言うわけでもないやろ。

364 :法の下の名無し:2013/12/26(木) 06:30:34.35 ID:tqvJUtbw
死刑は殺人だ。絶対に許されない。

365 :法の下の名無し:2013/12/26(木) 09:00:07.50 ID:rv+fhV39
だよね・・・死刑支持派も死刑廃止派も、双方
それなりの意見があるだろうからね・・・
でも死刑支持する立場の人を野蛮とか決め付けて
抽象したのは、いかがなもんか?って思うよ。

366 :法の下の名無し:2013/12/26(木) 10:30:16.96 ID:rv+fhV39
抽象×
中傷〇

367 :法の下の名無し:2013/12/26(木) 12:29:11.57 ID:UgOeVxOh
>>363
>廃止派はみんなシリアルキラーなんやー、言うといたらええわ

「みんな」ではないかな。
シリアルキラー=潜在的殺人願望過多の、殺人犯罪予備軍型廃止論者の他に、
殺人犯罪者崇拝型廃止論者と、職業的廃止論者がいるから。
まぁ最後の「職業的」は、本心はどうでもいいと思ってるから、こんなトコには居ないだろうな。

368 :法の下の名無し:2013/12/26(木) 12:58:14.14 ID:tqvJUtbw
特殊な人間が殺人を犯すと思ってはいけない。ドストエフスキーを
読んでごらん。殺人者は君の心の闇に潜むもう一人の君自身なんだよ。
君が殺人犯の死刑を声高に要求するのも、自覚したくない殺人願望を
偽善的に満たそうとしてるんだよ。

369 :法の下の名無し:2013/12/26(木) 15:04:33.90 ID:rv+fhV39
だから何なんだw

370 :法の下の名無し:2013/12/26(木) 17:05:46.36 ID:TnrV1pYB
>>365
せや、あんたはようわかっとる。
実際、煽り合いっていうんは、2ちゃんねるのおもしろいところやろう。
でも、それだけやと、すべての話が全く同じ構造になるだけで、
話題はなんでもええことになる。それでは、おもんないやろ。
煽り合いにも、それぞれの話題ごとに違ったところがある。
この話も他の煽り合いとは違ったおもろい部分があるんや。
せやけど、そっからなんも進んでいかん。おもんないし、もったいない。

371 :法の下の名無し:2013/12/27(金) 08:18:03.65 ID:TT+bVHA6
殺人絶対反対の死刑廃止派は殺人を犯さない。殺人を犯す危険があるのは
殺人肯定の存置派。

372 :法の下の名無し:2013/12/27(金) 08:22:15.68 ID:yWw0WEwK
それで良いよw
殺されそうになっても、(戦争、犯罪)
自分の身を守らず殺されるままで
良し・・・とするだろwまあ頑張れw

373 :法の下の名無し:2013/12/27(金) 14:53:46.78 ID:TT+bVHA6
>>372
よくわかってるね。殺すよりは殺されるほうが良心的だ。殺人犯が来ても
外国軍が来ても抵抗してはいけない。抵抗したら相手が死ぬかも知れない。
抵抗せずに殺されたら倫理的勝者になれる。

374 :法の下の名無し:2013/12/27(金) 15:25:10.74 ID:iX3tSDaE
>>373
かくて、死刑廃止派は善性の名の下に悪行を肯定するというわけのわからない存在に成り果てましたとさ。

375 :法の下の名無し:2013/12/27(金) 16:00:38.75 ID:TT+bVHA6
加害者にはなりたくない!!

376 :法の下の名無し:2013/12/28(土) 00:25:41.61 ID:vLfyvSvD
>>375

その割には、自分が殺人を犯す可能性を否定できずに、それを理由に廃止を訴えるよね。

377 :法の下の名無し:2013/12/28(土) 01:08:25.37 ID:JWwqki/L
>>375
緊急避難とかは、何も自分の命を守る場合にのみ生じる問題では無いよ。
ちょっと前に外国の方が出してきたサンデル教授の究極の選択では、
あなたは、どちらを選ぶ?
列車が止まらなくなった状況で、分岐ポイントが訪れた。一方は1人の命が
犠牲になり、他方は5人の命が犠牲になる。あなたしかその選択はできない。
あなたならどちらを選ぶ?

378 :法の下の名無し:2013/12/28(土) 01:16:06.92 ID:amLG413J
死刑廃止派の中にこそ重犯罪予備軍が存在し死刑存置者は彼らから身を守るために死刑制度を支持する。

379 :法の下の名無し:2013/12/28(土) 01:29:19.64 ID:amLG413J
死刑制度合憲判決において裁判官は言った。

「国家の文化が高度に発達して正義と秩序を基調とする平和的社会が実現し、
 公共の福祉のために死刑の威嚇による犯罪の防止を必要と感じない時代に
 達したならば、死刑もまた残虐な刑罰として国民感情により否定されるに
 ちがいない。」

これは凶悪事件が頻繁に発生し国民が死刑制度を支持する現在の社会で死
刑を廃止するのではなく、凶悪事件がなくなることで死刑の威嚇効果も必
要なくなり実質的に死刑制度が意味をなさなくなったときにこそ死刑を廃
止すべきであることを意味する。

380 :法の下の名無し:2013/12/28(土) 09:57:28.58 ID:vTjVlf9c
死刑存置派は死刑囚の死に責任がある。なぜなら死刑廃止に反対し、
犯人の死を要求してきたからね。一方、死刑廃止派には殺人事件の
責任はない。死刑廃止派はすべての殺人に反対だからね。殺人は
死刑廃止派の希望に反して実行され、死刑は死刑存置派の主張と希望に
沿って実行される

381 :法の下の名無し:2013/12/28(土) 09:58:18.44 ID:vTjVlf9c
死刑存置派は間接的殺人者だ。

382 :法の下の名無し:2013/12/28(土) 10:07:55.73 ID:kj2n2rgL
>>377
緊急避難は私人がやむを得ず行った行為の違法性棄却のための概念であって刑罰の正当性を立証するものではないよww
つまり死刑存廃論には関係無いよね

383 :法の下の名無し:2013/12/28(土) 10:10:36.16 ID:cqXJmnKk
また同じこと蒸し返してw
”すべての殺人に反対だからね”
だから、そんで良いじゃんw
おまえらだけ、そう言って偉そうにしておけよw
ただ、お前らも自衛隊や警察が侵略国や犯罪者から
生命を守ってくれるんだぜ場合によっては、そために
相手国の兵士や犯罪者の生命を奪うこともある・・・
それもダメなんでしょ?そうじゃないと筋が通らない
し我々も納得できないしねw
だから、それが嫌なら日本から出て行って、あんたらの
筋が通る国に亡命するしかないでしょw
まあ、そんな国は無いだろうがw
もういいかげん、くだらない主張するなよw
客観的に見て、アホとしか思われてないしw

384 :法の下の名無し:2013/12/28(土) 10:39:46.62 ID:amLG413J
まあ死刑は駄目だが監禁、強制労働ならよい
それが廃止派
廃止派は監禁王子だ、と言われても仕方あるまい

385 :法の下の名無し:2013/12/28(土) 11:09:07.04 ID:cqXJmnKk
死刑囚5年ぶり減少130人…8人執行3人病死

 未執行の確定死刑囚が26日時点で、昨年の同時期より3人少ない
130人となり、年末時点の死刑囚の数としては5年ぶりに減少に転じる
見通しとなった。
 今年は新たに8人の死刑が確定したが、同じ人数だけ執行されたこと
に加え3人が病死したことが影響した。
 法務省によると、死刑が今年確定したのは、前橋市のスナックで
2003年、暴力団による抗争の末に市民ら4人を射殺して殺人罪などに
問われた元暴力団幹部、山田健一郎死刑囚(47)ら8人。
 一方、執行も8人で、昨年より1人多い。自民党への政権交代に伴い、
昨年12月に就任した谷垣法相は、「国民の理解と支持を得られている」
と死刑制度を容認しており、この1年間で計4回の執行を指揮した。

386 :法の下の名無し:2013/12/28(土) 11:11:26.37 ID:cqXJmnKk
「国民の理解と支持を得られている」

これが全て。

387 :法の下の名無し:2013/12/28(土) 11:43:36.60 ID:xIkCXq9B
>>363さん、出番ですよー

388 :法の下の名無し:2013/12/28(土) NY:AN:NY.AN ID:PjGvDVKA
<2013年>病死 死刑囚リスト
2013/06/23  病死  綿引誠   享年74  東京   日立市女子中学生誘拐殺人
2013/08/15  病死  迫康裕   享年73  東京   警察庁指定118号事件
2013/11/15  病死  宇治川(田村)正 享年62 東京  伊勢崎2女子中学生殺人事件

<2013年>谷垣法相の実績
2013.12.12(木) 藤島光雄(2連続殺人事件)、加賀山領治(中国人留学生強殺事件/DDハウス事件)
2013.9.12(木) 熊谷徳久(横浜中華街店主銃殺)
2013.4.26(金) 宮城吉英(市原市ファミレス2人射殺)、浜崎勝次(市原市ファミレス2人射殺)
2013.2.21(木) 小林薫(奈良女児殺害)、金川真大(土浦連続殺傷)、加納(武藤)恵喜(名古屋市スナック経営者強殺)

389 :法の下の名無し:2013/12/28(土) 14:45:43.26 ID:wQmHBxnE
>>380
犯した罪に対して罰を受けるのは、本人の責任の上でだろ。
お前、幾ら言い訳する逃げ道が無くなったからって、言ってる事が滅茶苦茶だ。
まぁお前ら痴態をご披露する度に、「廃止派」という「人種」が露呈されてくるんで、
こっちは問題ないけどさ。

390 :法の下の名無し:2013/12/28(土) 15:59:47.32 ID:U6H3wMOQ
★★★★ 死刑囚 ご長寿ランキング  2014.1月現在 ★★★★
〜長生きしたけりゃ死刑囚に♪〜 (三食、昼寝、エコ生活)
-------------------------------------------
93歳 石田富蔵(埼玉2女性殺し)
88   奥西勝(名張毒ぶどう酒)
87   浜田武重(福岡3連続保険金殺人)
86   大濱松三(ピアノ騒音殺人)
81   高田和三郎(友人3人殺し)
80   高橋和利(鶴見事件)
78   袴田巌(静岡味噌殺人放火)
75   山野静二郎(不動産会社連続殺人)
74   小田島鉄男(マブチモーター事件)
73   鎌田安利(大阪連続5女性バラバラ)

391 :法の下の名無し:2013/12/28(土) 17:07:11.95 ID:JWwqki/L
>>377
緊急避難を少なからず知ってるんやったら、他人の命を守るために
別の命を犠牲にするという行為(不作為を含む)に出なきゃいけない
場合があるのは、わかってるやろ。
せやから、絶対>>375のいう加害者にならないかん場合があんねんな。

392 :法の下の名無し:2013/12/28(土) 17:50:51.15 ID:JWwqki/L
俺自身は存置を支持するけど、廃止しよういう
考え方がめちゃくちゃ嫌いやいうわけでもないんや。
せやから、アンフェアーな感じがして言うてないことがあるんや。
簡単に言うとそれはオウム真理教事件のことや。
こいつは、色んな意味で日本の死刑存廃論にでかい影響を与えてると思う。
麻原を刑務所から出すいう選択肢を残すのはさすがにヤバイやろう。

よう考えてみ。人間て言うのは悲しいもんや。
もしオウム真理教なんか全然小物やいうほどのヤバイ奴らが出てきてみ。
そういう奴らのトップをうまいこと捕まえることができたとしても、
そいつを収監しとくだけで、テロを誘発する危険があるんや。
もちろん、殺してしまうことによって聖人化する危険も考えないかん。
せやけど、収監によるテロの危険>>>>>聖人化する危険となった場合には、
もう、さくっと殺してまう方がええんちゃうかいうことになってまうやろ。
やから、少なくともある種の内乱や外患誘致の罪に関しては死刑という選択肢は
残しといた方が無難なんや。
まぁ、廃止派の人らもそれはわかって議論してるんやと思う。
そういう意味では、廃止を叫ぶ人も死刑を全部廃止しようと言ってるわけでもないはずや。

393 :法の下の名無し:2013/12/28(土) 18:43:10.67 ID:amLG413J
全部廃止しようと言ってるに決まってるじゃん
外患誘致だろうが国家転覆だろうが死刑適用反対
それが廃止派
当たり前

394 :法の下の名無し:2013/12/28(土) 22:18:59.28 ID:vLfyvSvD
「強姦殺人や、幼児快楽殺人程度の人殺しで死刑にするなんて酷すぎる!
 殺人犯罪者は、もっと保護されるべきだ!
 大体、自分が人殺しをしたときに死刑にされたらイヤだろ!
 人殺しを死刑にしようとする、死刑存置派こそ死刑にされるべきだ!」

これが廃止論者。
隔離病棟に拘束した方が社会のためだと思うよ。

395 :法の下の名無し:2013/12/28(土) 23:17:12.20 ID:JWwqki/L
>>393>>394
まじめに言うとるんやったら、自分らもそうとうキモイで。
まぁ、釣りやとおもとくわ。

396 :法の下の名無し:2013/12/29(日) 09:11:45.57 ID:Xynxhn4w
釣りじゃないんだけどな
廃止論者に聞いてみてくれよ
どんな場合でも死刑絶対反対って言うからさ

397 :法の下の名無し:2013/12/29(日) 09:57:17.63 ID:kJTjAiuC
>>395
勉強してから来てくださいね。
廃止派は何があっても死刑に反対するんです。一般常識とか全く通用しないのが廃止派なんです。

というか、特定の罪に死刑を適用するのならば死刑廃止じゃ無いでしょ?自分で言ってる事、分かってますか?

398 :法の下の名無し:2013/12/29(日) 11:03:03.97 ID:Xynxhn4w
日本で9.11のような何千人も殺すようなテロがあっても
首謀者の命は保障する
それが廃止派
常識

399 :法の下の名無し:2013/12/29(日) 16:16:58.53 ID:oRIvEFGr
>>395
似非関西弁を使ってる奴は、今まで見たことないから、まぁにわかなんだろうけど。
まじめにもなにも、本当にこう言ってるんだからしかたがない。
ふざけているように見えるなら、そりゃ廃止派がふざけた事を言ってるんだろう。

400 :法の下の名無し:2013/12/29(日) 16:47:08.73 ID:zWfqDd/d
無差別大量殺人でも外患誘致でも快楽殺人でも死刑はいけない。
犯人の命を奪うな。

401 :法の下の名無し:2013/12/29(日) 16:49:51.67 ID:Xynxhn4w
というのが廃止派なのです、ハイ

402 :法の下の名無し:2013/12/29(日) 16:59:50.30 ID:oRIvEFGr
>>400
定期的に書き捨てバックれのパターンだろうけど、まぁ毎度の事なんで、それを論破するパターンも決まってる。
お前のパターンだと、最後には「被害者の命なんか殺人犯罪者様の命に比べればゴミ同然」という、おぞましい
殺人犯罪崇拝者の姿が露呈してくる。
そこまで追い詰めても構わないが、どうせID変われば、また初めから書き捨てで逃げることを繰り返すんだろ。

403 :法の下の名無し:2013/12/29(日) 17:03:04.65 ID:Xynxhn4w
頭の中お花畑君と殺人予備群の集合体
それが廃止派

404 :法の下の名無し:2013/12/30(月) 01:32:32.12 ID:daxGhc9L
>>398
というか、そういうテロリストを崇めるのが廃止派

405 :法の下の名無し:2013/12/30(月) 08:14:56.39 ID:a1hyM/xy
国家による監禁はOK
それが廃止派

406 :法の下の名無し:2013/12/30(月) 08:53:45.33 ID:AI8SfOUX
「テロリスト」は第三世界人民解放の闘士への第三世界を抑圧し搾取する
先進資本主義の側からのレッテル貼り。9・11で死んだのはたかが3000人
ほどじゃないか。欧米日帝国主義の搾取によって途上国のどれだけの児童が
餓死してると思ってるんだ。

407 :法の下の名無し:2013/12/30(月) 09:06:08.75 ID:a1hyM/xy
という君は途上国のためにどんな活動をしてるんだい?

408 :法の下の名無し:2013/12/30(月) 09:55:08.34 ID:AI8SfOUX
>>407
サミット反対、グローバリズム反対、日米安保反対、靖国反対、
シリア・スーダンへの軍事介入反対、イラン・北朝鮮制裁反対
等々やってるよ。

409 :法の下の名無し:2013/12/30(月) 09:59:23.44 ID:a1hyM/xy
具体的にいつどこでどんな活動したんだい?

410 :法の下の名無し:2013/12/30(月) 09:59:43.82 ID:j35VUwqn
>>408
それで途上国が豊かになると本気思っている?w
そも搾取とか気軽に言ってるけど、先進国が途上国から食料巻き上げているわけでもあるまいにw

411 :法の下の名無し:2013/12/30(月) 10:26:19.07 ID:a1hyM/xy
「9・11で死んだのはたかが3000人ほどじゃないか。」
これが廃止派の本性なんだよね
命ってのはもっと大切なものだと思うな俺は

412 :法の下の名無し:2013/12/30(月) 11:33:14.12 ID:AI8SfOUX
自由貿易を押し付けて途上国の市場を支配下に置き、直接投資で
低賃金労働を搾取。欧米の言いなりにならない政権は「人権」「
民主主義」など独善的な欧米的価値観を口実にして制裁し、軍隊まで
送って潰す。アフガニスタンやイラクやリビアの反帝国主義反植民
地主義政権はこうして潰された。今スーダン、シリアの反帝政権が
潰されようとしている。

413 :法の下の名無し:2013/12/30(月) 11:37:34.69 ID:a1hyM/xy
「人権」「民主主義」など独善的な欧米的価値観

これが廃止派の本性なんだよね
人権はすごく大切なものだと思うな俺は

414 :法の下の名無し:2013/12/30(月) 11:47:00.59 ID:j35VUwqn
つーか、「低賃金労働を搾取」と思うなら働かなきゃいいんじゃね?w

415 :法の下の名無し:2013/12/30(月) 14:03:33.07 ID:T+IDPByN
>>399
いつもの奴じゃね?

廃止派が何を言っても完全スルーするけど存置派の言葉には異常に反応しちゃう自称存置。

416 :法の下の名無し:2013/12/30(月) 14:12:34.87 ID:pAMxQJ2m
この話題になると変な人達が食いついてくるのはわかった。
どこまで釣りで、どこまでマジなんかようわからんが、ここでいうテロ
というのは、個人ないし集団が有する思想を問題にしないし、
現実に存在するテロリストを想定しているわけでもない。
あえて例をあげるなら、ショッカーとかゴルゴムを想定してもらうと
わかりやすい。

417 :法の下の名無し:2013/12/30(月) 16:42:29.98 ID:a1hyM/xy
谷垣法務大臣にはこれからも死刑執行を粛々と進めてほしいね

418 :法の下の名無し:2013/12/30(月) 23:51:29.50 ID:zPjHUMBz
集えスレ住人どもっ! 「年越し拘置所オフ」開催決定!!
■場所:東京拘置所 死刑囚棟
■時間:12月31日 午前9時〜
■会費:10000円(食事&奥西特製ぶどう酒つき)
※昼食:真須美カレー、佳苗ビーフシチュー、関昇うな重より一品、袴田製こがね味噌汁つき
※刑場で臨死体験あり(希望者のみ有料、清めの塩サービス)
※講演:魏巍「安倍総理の靖国参拝と日中関係」、吉田純子「家庭でできる看護」
     柴嵜正一「自衛隊体験記」、尾田信夫「失敗しない家電選び」
※演技:松永太&緒方純子「通電ショー」、大濱松三「ピアノ演奏」
     北村一家「土俵入り」、木嶋佳苗「下着ショー」、

419 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 00:22:59.96 ID:wfdTeGid
タクシー運転手・渡辺健一(当時38歳)
■大阪の寝屋川新婚夫婦殺害事件
タクシーで帰宅の際,旦那が家の鍵をタクシーに忘れてしまった。
運転手(渡辺健一)には前科あり。よからぬ思念が湧き、その旦那の家を確認。
高校生、中学生の息子が居る五人家族で住むマンション。
確認だけしたが鍵を拝借して、何事もなく時は流れる。
「住んでいるマンションが治安が悪い」と愛人ホステスに泣きつかれた渡辺。
大金が必要になった。思い出すのは鍵を拾ったあのマンション。
運転手は嵐の夜、その忘れ物の鍵を使い強盗を試みる。
高校生の息子、中学生の息子、お父さんと力の強そうな男三人に対抗するため、
オノを携え・・・皆殺しにする為に・・・ 鍵を開け中に入る。
住居者は新婚夫婦・・・前の家族は転勤になり、分譲のマンションだった為
安く知り合いの新婚夫婦に貸し出していたのです。
結果夫婦は斧で斬られまくってお亡くなりになりました。
奥さんのほうが金のありかを聞き出される為に指を一本一本切り落とされたり
手首を切り落とされたり腹いせにイタズラされてたり・・・惨い目に・・・

犯人の供述「チェーンが掛かっていたら諦めたのに・・・」

420 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 06:38:42.61 ID:gIK5zVs9
死刑は殺人だ。絶対に許されない。

421 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 07:45:22.14 ID:IyzBMQMN
禁固は監禁だ、絶対に許されない

422 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 07:52:57.38 ID:gIK5zVs9
>>421
社会復帰に役立つ禁錮や懲役ならいい。いたずらに犯人を
苦しめるだけの刑は科すべきではない。刑罰の目的は
みせしめでも懲らしめでもない。もちろん報復でもない。
不幸にして罪を犯すに到った人の更正と厚生に寄与する
社会政策でなければならない。犯罪は社会の責任だから。

423 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 07:53:03.45 ID:fDnahFQQ
罰金は強盗だ。絶対に許されない。

戦争は殺人だ。絶対に許されない。

堕胎も殺人だ。絶対に許されない。

正当防衛も殺人だ。絶対に許されない。

警官による現場射殺も殺人だ。絶対に許されない。

緊急避難なんて私利欲による殺人だ。絶対に許されない。

424 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 07:53:35.42 ID:fDnahFQQ
>>422
じゃあ罰金は絶対にダメってことだな。

425 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 08:32:03.50 ID:IyzBMQMN
>>422
・懲役の「懲」は「懲らしめる」の文字
・公共の福祉という基本的原則に反する場合には、生命に対する国民の権利と
 いえども剥奪されることを当然予想している(治安維持のために社会復帰さ
 せない)
・犯罪が社会の責任なら犯罪が発生しないように適切な刑罰を犯罪者に課す。
(死刑を含む)

426 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 09:02:00.97 ID:Gv1T0qMF
死刑は、殺人ではなく、人の命を絶つことだと思います。
殺人は、人の命を絶つことに含まれると思います。
人の命を絶つことに含まれる事物の範囲は、殺人に含まれる事物の範囲と、部分的に一致又は抵触するものの、全面的に一致又は抵触しないと思います。

427 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 09:12:40.91 ID:2XvoYjZH
昨夜、永山死刑囚の話をNHKでやってました。
中心となったのは精神鑑定の監察医を務めた人物のインタビューと
鑑定書の内容、永山本人の聞き取りテープですが、
気になったのは裁判官が否定した鑑定書の内容です。
生育環境が与えた影響力は大きく、近年では当然とされる海馬の萎縮など
脳の問題も指摘されながら、裁判所は鑑定内容を一顧だにせず、
死刑ありきで判断を下しました。これが公正な裁判と言えるでしょうか。

428 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 09:20:12.59 ID:IyzBMQMN
>>427
裁判の内容と死刑存廃問題は関係ない

429 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 10:31:48.41 ID:gIK5zVs9
家族を殺されたものが犯人を憎むのはわかるが被害者にも遺族にも
犯人にも縁もゆかりもない人間が犯人を一方的に憎み非難し、
被害者や遺族に一方的に同情する気持ちが理解できない。
正義漢ぶりたいだけの偽善者か。マスコミの偏向報道に踊らされる阿呆か。

430 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 10:37:38.32 ID:IyzBMQMN
それも死刑制度とは関係ないよ
まあ君自身が人を偽善者だのアホだの言って非難しているようじゃ話にならん

431 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 11:01:57.66 ID:Gv1T0qMF
数えられるだけの観点から見てみて、両者は、真実、無関係なのでしょうか。

432 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 11:06:41.83 ID:IyzBMQMN
無関係だね
仮に最高刑が終身刑であっても何ら変わらないしね

433 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 12:00:22.44 ID:Gv1T0qMF
意外でした。わたしの理解は足りないことを私は理解しました
わたしは 以外のことを思います

死刑は、殺人ではなく、人の命を絶つことだと思います。
殺人は、人の命を絶つことに含まれると思います。
人の命を絶つことに含まれる事物の範囲は、殺人に含まれる事物の範囲と、部分的に一致又は抵触するものの、全面的に一致又は抵触しないと思います。

434 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 12:06:10.00 ID:Gv1T0qMF
429
人の感情、情動、行動などには、傾向があります。
行動心理がくなど、それらのサイエンスを考慮した法律判断、裁判、司法判断をすべきです、現代の法律判断、司法判断、裁判は。

435 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 13:53:38.03 ID:IyzBMQMN
人民の人民による人民のための政治
これがすべてだよ
一部の人間が物事を決めるのではなく国民全員で決めるのが民主主義
専門家や知識人は自らの思想に理があると思うなら国民をその方向へ啓蒙すればよい
思想の自由、表現の自由、言論の自由は憲法で保障されている
そして国民がその思想に納得して初めて制度を変えることができる

436 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 19:07:11.58 ID:3GFB/UeQ
違法状態の商業施設トリアス久山を売却か
http://www.data-max.co.jp/2013/12/09/100_66_dm1504_1.html
ハゲタカ外資ファンドに食い尽くされる商業施設トリアス久山
経費削減で来場者の安全さえ確保されていない
商業施設トリアス久山 外資ファンドラサールへの疑惑
http://www.data-max.co.jp/2013/10/07/post_16455_dm1504_2.html

437 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 19:09:51.84 ID:gIK5zVs9
人権問題は多数に委ねられてはいけない。人権の専門家と
人権侵害の被害者とで構成される人権擁護機関が国会、内閣、
裁判所から独立に最終決定権を持つべきだ。もちろん韓国や
中国の政府代表は被害者代表として議決権を付与される。

438 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 19:26:40.28 ID:IyzBMQMN
>>437
>>人権侵害の被害者とで構成される人権擁護機関が国会、内閣、
裁判所から独立に最終決定権を持つべきだ

で、そういう制度を採用している国はいったいどこなんだい?

439 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 19:52:52.07 ID:IyzBMQMN
>>437
つうか韓国や 中国の政府代表が被害者代表として議決権を付与されるって一体何言ってるの?
お前日本の主権についてどう考えてるわけ?
そんなんでよく人のことをアホとか言えるね君

440 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 20:00:16.70 ID:zKNvT8/4
>>429
君はどちらかに縁もゆかりもある立場として殺人鬼擁護してるのかね?

441 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 20:22:08.86 ID:gIK5zVs9
>>439
人権擁護は主権を超える普遍的原理

442 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 20:23:34.88 ID:IyzBMQMN
はいはい
どうしようもないね君は

443 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 20:34:57.73 ID:zKNvT8/4
>>399
いや、前にも短期間はいたよ。
こんなことやってる本人でさえ忘れてるかもしれんがね。
廃止派って独特なキャラが短期間に一日中書き込みするくらい粘着するのにあっさりと消えて別の人に交代するんだよね。
で、後を継いだ人もキャラが違うようで行動は同じ。

廃止派の人手不足は深刻なようだ。

444 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 21:52:19.10 ID:AMqA6Y5b
>>429
>家族を殺されたものが犯人を憎むのはわかるが

分からないなら精神障害者だが、分かるのに犯人擁護は人格障害者だろ。
殺人犯罪者に反吐が出るような憧れを持って、崇拝し崇め奉る。

445 :法の下の名無し:2013/12/31(火) 21:56:47.36 ID:AMqA6Y5b
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1379333311/l50

998 名前: 法の下の名無し 投稿日: 2013/12/31(火) 14:27:48.50 ID:IyzBMQMN
死刑存置
つまり現状維持
解決済だね
あとは次スレを誰が立てるかという問題のみ
999 名前: 法の下の名無し 投稿日: 2013/12/31(火) 14:36:52.70 ID:CYeWWc6k
立てなくていいだろ 重複だし
そもそもスレタイからしてVIPかなんかでやるべきこと
1000 名前: 法の下の名無し 投稿日: 2013/12/31(火) 14:37:31.48 ID:CYeWWc6k
>>998
思考停止の馬鹿が
さっさと死ねやクズ

-----------------------

まぁ、こう言う事だよ。
人命がどうのこうのは、関係がない。
殺人犯罪者は特別な存在だから、死刑にしたくない。
死刑を訴える奴を殺したい。
これが廃止論者の正体だ。

最後の最後で吐き捨てて逃げる気だったんだろうけど、致命的な言葉を残して言ったな。
まぁ致命的な言葉なんて、今に始まったことじないけど。

446 :法の下の名無し:2014/01/01(水) 00:03:07.98 ID:SWgJsaSZ
すぐ感情的になるのが廃止派
さっさと死ねとか廃止派がいう言葉かね

447 :法の下の名無し:2014/01/01(水) 01:03:29.00 ID:AIgzZHh0
「殺せ」「殺されろ」はいけないけど「死ね」はいいんじゃないの?
病死、事故死、自殺等々で死ねばいいって言ってるだけだろ。殺人扇動
じゃない。

448 :法の下の名無し:2014/01/01(水) 01:08:31.90 ID:SWgJsaSZ
何にせよ、人の命についてなんとも思ってないのは確か

449 :法の下の名無し:2014/01/01(水) 10:37:21.81 ID:AIgzZHh0
人の命が尊いから死刑に反対しているわけだよ。
人命を何とも思ってないのは存置派。マジ、死んでほしい。

450 :法の下の名無し:2014/01/01(水) 10:42:15.76 ID:hedQo+pK
>>449
それ人前で言ってみれば?
「俺は死刑廃止派だけど人命を何とも思ってない奴はマジ死んでほしい」ってさ
お前何いってんの?って笑われるからさ

451 :法の下の名無し:2014/01/01(水) 10:57:35.19 ID:XR/R4HEC
>>449
なるほど!
死刑になるほど他人の命を軽んじた殺人鬼の命だけが尊いんだね。

>>445
捨て台詞で逃げ切れると勝利を確信したからこその本音なんだろうね。
人間の本性はその人が優位になった時こそ現れるって聞いたけど本当だな。

452 :法の下の名無し:2014/01/01(水) 11:35:52.87 ID:hedQo+pK
結局さ
「殺人鬼生きろ」
「存置派死ね」
これが廃止派の本音
マジすげえよ

453 :法の下の名無し:2014/01/01(水) 13:18:28.71 ID:qsNtA0xd
>>447
じゃあ「殺人犯は死ね」これでいいのか?w

454 :法の下の名無し:2014/01/01(水) 13:36:43.51 ID:d8jUcw89
>>445
満スレで言い返せなくてくやしいのうwwwww
涙目で別スレにコピペするのが精一杯かねwwwwwww

455 :法の下の名無し:2014/01/01(水) 13:37:52.61 ID:d8jUcw89
誰か助けてと言わんばかりにコピペで反応を待つのが存置派の本性とやらなんだろうなwwww

456 :法の下の名無し:2014/01/01(水) 13:39:22.47 ID:hedQo+pK
はいはい

457 :法の下の名無し:2014/01/01(水) 16:22:40.49 ID:AIgzZHh0
>>453
「殺人犯は死ね」は「殺せ」の意味じゃないか。許されない。
「存置派死ね」と言っても「殺せ」とか「殺してやる」とか
言ってないじゃないか。

458 :法の下の名無し:2014/01/01(水) 17:03:11.68 ID:XR/R4HEC
>>454-455
そうやって正体を晒したら吐き捨てて逃げ切ったのも無駄じゃないか?
本性って言葉をおうむ返ししたってことは図星で悔しかったかw

459 :法の下の名無し:2014/01/01(水) 17:34:44.86 ID:hedQo+pK
>>457
結局人の命などどうでもいいのが廃止派

460 :法の下の名無し:2014/01/01(水) 23:10:17.47 ID:XR/R4HEC
>>457
>「殺人犯は死ね」は「殺せ」の意味じゃないか。許されない。
>「存置派死ね」と言っても「殺せ」とか「殺してやる」とか
言ってないじゃないか。

都合のいい言葉遊びだね。
でも他人、しかも罪もない人間の死を望む時点で廃止派が他人の命を尊重してると言えなくなるわけでw
私利私欲の殺人を繰り返した者に対する罰として刑罰の死を望む存置と、自分はおろか他人にも危害を加えていない者の死を望む廃止派って対比じゃ比べるまでもないね。

461 :法の下の名無し:2014/01/02(木) 05:26:28.76 ID:tHErkVO8
>>457
俺は言っても良いけどお前らが言ったらダメ。

ということね。うん。年が明けても廃止派は一切進歩せず。嘆かわしい事です。

462 :法の下の名無し:2014/01/02(木) 07:50:51.89 ID:IH4rqk3n
健康な人に「死ね」と言うのと病人に「死ね」と言うのとでは
意味合いが全然違うじゃないか。死刑になるかもしれない殺人容疑者に
「死ね」と言うのは死刑を後押ししてることになるんだよ。絶対に
許されない。

463 :法の下の名無し:2014/01/02(木) 08:34:25.32 ID:VFi8ppkT
>>457
自論内部での一貫性すらないとか終わってるねw

464 :法の下の名無し:2014/01/02(木) 09:01:35.72 ID:IH4rqk3n
死刑は殺人だから許されないって言ってるんだよ!
一貫してるじゃないか!!

465 :法の下の名無し:2014/01/02(木) 09:21:35.89 ID:Hvir468e
>>464
アホだね君は
存置派の俺は廃止派に対して「死ね」などとただの一度も言ったことはないがね

466 :法の下の名無し:2014/01/02(木) 09:50:30.18 ID:IH4rqk3n
>>465
廃止派に言ってもいいじゃないか。誰も死なないから。
殺人犯に「死ね」と言ってはいけないんだ。
命の危険にさらされてる人に「死ね」と言うことの
残酷さがわからない存置派はまさに鬼畜だ。

467 :法の下の名無し:2014/01/02(木) 10:11:03.05 ID:Hvir468e
>>466
死ねと言ってもいいってさ、あのね、君廃止派でしょ
本当にバカなの?
自分が間違ったこと言ったと思ったら素直に謝ればいいのに

468 : ◆jrKh.GVFXs :2014/01/02(木) 10:47:23.33 ID:kUExooCK
>>466
人は必ず死ぬんですよ。
でね。
「死ぬ『可能性がある』人間に死ねと言うのはダメ」なら
全ての「人」言っちゃいけないんですよ。

469 :法の下の名無し:2014/01/02(木) 10:59:33.13 ID:IH4rqk3n
「人は必ず死ぬ」、それは死刑という殺人の正当化理由にならん。
救える命は救わなければならない。

470 :法の下の名無し:2014/01/02(木) 11:43:25.02 ID:Hvir468e
>>469
罪も犯してないない人間に死ねと言う人間に何を言われてもね
泥棒が「人の物を盗むんじゃないよ」って言ってるのと同じ

471 :法の下の名無し:2014/01/02(木) 11:47:29.11 ID:YEKl7MZX
>>462
>救える命は救わなければならない。


2chで殺人鬼擁護して救えるのか?
具体的に救うために何か活動してるのか?

472 :法の下の名無し:2014/01/02(木) 13:15:38.35 ID:kUExooCK
>>469
論点がズレてますよ。
「殺人犯に死ねっていうのはダメだが、
存置に言うのは構わない」
というのがダブスタ若しくは整合性が無い事を指摘したまでです。

>救える命は救わなければならない。

一人の殺人鬼の命を救うより
複数の無辜の市民の命を救う方が良いですね、私は。

473 :法の下の名無し:2014/01/02(木) 14:01:30.50 ID:EagJnWVf
以前は「死刑存置は、死刑になればいい」と、実に分かり易く廃止派の中での「命の優先順位」を晒してくれたけどねwww

474 :法の下の名無し:2014/01/02(木) 14:38:51.46 ID:Hvir468e
廃止派はすぐ感情的になって訳わからんこと口走るから気を付けた方がいい

475 :法の下の名無し:2014/01/02(木) 16:34:04.53 ID:IH4rqk3n
死刑という名の殺人からあわれな犠牲者を救いたい。

476 :法の下の名無し:2014/01/02(木) 16:45:15.90 ID:Hvir468e
>>475
じゃあ口だけじゃなく行動しなよ、ね

477 : ◆jrKh.GVFXs :2014/01/02(木) 17:29:47.25 ID:kUExooCK
>>475
あわれな犠牲者は被害者ですが。

478 :法の下の名無し:2014/01/02(木) 19:01:57.24 ID:IH4rqk3n
>>477
死んじゃった者は救いようがない。

479 :法の下の名無し:2014/01/02(木) 19:09:35.68 ID:Hvir468e
>>478
結局口先だけで行動しないよね君は

480 : ◆jrKh.GVFXs :2014/01/02(木) 19:57:19.10 ID:kUExooCK
>>478
一人の殺人鬼の命を救うより
複数の無辜の市民の命を救う方が良いですね、私は。

481 :法の下の名無し:2014/01/02(木) 21:44:16.37 ID:YEKl7MZX
>>478
>死んじゃった者は救いようがない。

だからこそ私利私欲で殺した者に対する刑罰も救いがたい物で無ければ殺人鬼の殺り得になるわけだよ。

482 :法の下の名無し:2014/01/03(金) 00:44:47.71 ID:u4K8YVvu
>>480
付け加えていうのなら、将来に渡り殺人犯罪に巻き込まれる可能性のある命だな。
未成年は死刑にならないという間違った認識が無ければ、光市母子殺人事件は起きなかったかもしれない。

483 :法の下の名無し:2014/01/03(金) 00:56:42.28 ID:Z1fEBF1p
存置派は自らが殺人を犯したら命でもって償う覚悟がある
廃止派はそんな人達に死ねと言う
空いた口がふさがらない

484 :法の下の名無し:2014/01/03(金) 15:27:02.16 ID:8NvOcUzO
死刑に賛成することは殺人に加担することだ。

485 :法の下の名無し:2014/01/03(金) 15:33:45.83 ID:WXWlDGn5
>>484
では禁固に賛成することは監禁に加担することになり
懲役に賛成することは強制労働に加担することになるな
つまり君は刑罰そのものを否定しているわけ

486 :法の下の名無し:2014/01/03(金) 18:25:10.72 ID:8NvOcUzO
>>485
苦しめるだけの刑罰なら反対だ。刑は不幸にして罪を犯した人を幸せに
するためのものでなければならない。

487 :法の下の名無し:2014/01/03(金) 18:56:47.86 ID:WXWlDGn5
また廃止派がアホなこと言い出したよ
刑罰が犯罪者を幸せにするためのものなんて初めて聞いたわ
レベルが低すぎて何も言えねえよ

488 :法の下の名無し:2014/01/04(土) 04:34:53.78 ID:uaU6521c
なら犯罪は「やったもん勝ち」になるなあw
そうなったらもはや国家としての最低限の機能さえ果たしてないよw

489 :法の下の名無し:2014/01/04(土) 07:21:39.31 ID:lLco50nt
犯罪者は不公正な社会の犠牲者。救われる権利がある。

490 :法の下の名無し:2014/01/04(土) 07:57:21.65 ID:pXnMqOjg
他の廃止派はだんまりかね?
存置批判や廃止派が不利になると次々と単発が涌いて来るクセに。




486 :法の下の名無し:2014/01/03(金) 18:25:10.72 ID:8NvOcUzO
>>485
苦しめるだけの刑罰なら反対だ。刑は不幸にして罪を犯した人を幸せにするためのものでなければならない。


489 :法の下の名無し:2014/01/04(土) 07:21:39.31 ID:lLco50nt
犯罪者は不公正な社会の犠牲者。救われる権利がある。

491 :法の下の名無し:2014/01/04(土) 10:09:54.70 ID:f+28DLSJ
>>486
まずは加害者が不幸にした被害者を救う事
そしてそういう被害者を出さないようにするのが大事であって、
刑罰は「加害者の更生」よりも後者の為に重点が置かれるものでそ。

>>489
我が国はそういう思想は一般的ではございません。
犯罪者は「悪人」であり、悪人は懲らしめて然るべき、
という考え方が普遍的です。

492 :法の下の名無し:2014/01/04(土) 11:14:27.17 ID:lLco50nt
非人道的に扱われた人間は他人を非人道的に扱う。
犯罪者を人道的に扱ってやりさえすれば本来の
人間性を取り戻して犯罪をやらない人間にある。
刑罰という名で苦しみを与えればますます社会と
政府への恨みをつのらせて犯罪を繰り返す。

493 :法の下の名無し:2014/01/04(土) 11:22:02.17 ID:9/hYYnaM
>>492
じゃあ再犯をなくすという意味でも死刑は有効だな

494 :法の下の名無し:2014/01/04(土) 11:39:23.99 ID:uaU6521c
>>492
故、他人に対して非人道的な扱いをした犯罪者は、社会から冷たく扱われるというだけですよ。

495 :法の下の名無し:2014/01/04(土) 14:17:13.28 ID:MB4nG8Ft
▼▲▼▲ 過去10年の死刑執行傾向 ▼▲▼▲
嶋崎末男  04.09.14執行 犯行後16年03月 確定後05年05月 野沢太三  熊本保険金殺人事件
吉岡 守  04.09.14執行 犯行後03年03月 確定後00年11月 野沢太三 大阪池田小襲撃事件(旧姓宅間)
北川 晋  05.09.16執行 犯行後16年07月 確定後05年07月 南野知惠子 千葉高知女性2人殺害
秋山芳光  06.12.25執行 犯行後31年04月 確定後19年05月 長勢甚遠 秋山兄弟事件
藤波芳夫  06.12.25執行 犯行後25年08月 確定後13年03月 長勢甚遠 覚醒剤前妻一家殺傷事件
福岡道雄  06.12.25執行 犯行後25年10月 確定後07年06月 長勢甚遠 偽造トリプル殺人事件
日高広明  06.12.25執行 犯行後10年03月 確定後06年10月 長勢甚遠 広島タクシー運転手4女性殺人事件
小田義勝  07.04.27執行 犯行後16年04月 確定後07年00月 長勢甚遠 福岡保険金偽装殺害事件
田中政弘  07.04.27執行 犯行後16年01月 確定後06年07月 長勢甚遠 東京神奈川香川徳島4都県殺人事件
名田幸作  07.04.27執行 犯行後24年03月 確定後14年06月 長勢甚遠 赤穂同僚妻子殺人事件
竹澤一二三07.08.23執行 犯行後14年00月 確定後06年08月 長勢甚遠 今市連続殺人事件
瀬川光三  07.08.23執行 犯行後16年03月 確定後06年06月 長勢甚遠  富山社長夫婦殺人事件
岩本義雄  07.08.23執行 犯行後08年01月 確定後06年06月 長勢甚遠 東京連続強盗殺人事件
池本 登  07.12.07執行 犯行後22年06月 確定後11年09月 鳩山邦夫 徳島猟銃近隣殺人事件
府川博樹  07.12.07執行 犯行後08年07月 確定後03年11月 鳩山邦夫 江戸川母娘殺害事件
藤間静波  07.12.07執行 犯行後25年06月 確定後03年05月 鳩山邦夫 藤沢母娘5人殺害事件 
名古圭志  08.02.01執行 犯行後05年05月 確定後03年05月 鳩山邦夫 徳之島兄一家殺傷事件
松原正彦  08.02.01執行 犯行後19年08月 確定後10年09月 鳩山邦夫 徳島愛知主婦連続強盗殺人事件
持田 孝  08.02.01執行 犯行後10年09月 確定後03年03月 鳩山邦夫 日本たばこ産業OL逆恨み殺人事件
中元勝義  08.04.10執行 犯行後25年10月 確定後11年02月 鳩山邦夫 和泉市宝石商夫婦強盗殺人事件
坂本正人  08.04.10執行 犯行後05年08月 確定後03年05月 鳩山邦夫 群馬女子高生誘拐殺人事件
秋永 香  08.04.10執行 犯行後18年06月 確定後03年04月 鳩山邦夫 資産家老女2人殺人事件(旧姓岡下)
中村正春  08.04.10執行 犯行後18年03月 確定後03月06月 鳩山邦夫 滋賀元同僚殺害事件
陸田真志  08.06.17執行 犯行後12年05月 確定後02年08月 鳩山邦夫 五反田SMクラブ殺人事件
宮崎 勤  08.06.17執行 犯行後19年00月 確定後02年05月 鳩山邦夫 東京埼玉連続幼女誘拐殺人事件

496 :法の下の名無し:2014/01/04(土) 14:17:56.62 ID:MB4nG8Ft
平野 勇  08.09.11執行 犯行後13年08月 確定後02年00月 保岡興治 栃木牧場夫婦放火殺人事件
山本峰照  08.09.11執行 犯行後03年07月 確定後02年05月 保岡興治 神戸市夫婦強殺事件
萬谷義幸  08.09.11執行 犯行後20年07月 確定後06年09月 保岡興治 大阪地下鉄短大生殺人事件
高塩正裕  08.10.28執行 犯行後04年07月 確定後01年10月 森英介  いわき市母娘強殺事件
久間三千年08.10.28執行 犯行後16年10月 確定後02年01月 森英介  飯塚2女児殺害事件
西本正二郎09.01.29執行 犯行後04年04月 確定後02年00月 森英介  長野独居老人3人殺害事件
佐藤哲也  09.01.29執行 犯行後08年09月 確定後02年05月 森英介  愛知ドラム缶2女性焼殺事件
川村幸也  09.01.29執行 犯行後08年09月 確定後02年05月 森英介  愛知ドラム缶2女性焼殺事件
牧野 正  09.01.29執行 犯行後18年10月 確定後15年02月 森英介  北九州母娘殺傷事件
陳徳 通  09.07.28執行 犯行後10年02月 確定後02年01月 森英介  川崎中国人6人殺傷事件
山地悠紀夫09.07.28執行 犯行後03年08月 確定後02年01月 森英介   大阪市姉妹強盗殺人事件
前上 博  09.07.28執行 犯行後04年05月 確定後02年00月 森英介  自殺サイト利用3人連続殺人事件
尾形英紀  10.07.28執行 犯行後06年11月 確定後03年00月 千葉景子 熊谷男女4人拉致殺傷事件
篠沢一男  10.07.28執行 犯行後10年01月 確定後03年05月 千葉景子 宇都宮宝石店放火殺人事件
上部康明  12.03.29執行 犯行後12年06月 確定後03年08月 小川敏夫 下関通り魔事件
松田康敏  12.03.29執行 犯行後10年03月 確定後05年01月 小川敏夫 宮崎連続強盗殺人事件
古沢友幸  12.03.29執行 犯行後09年07月 確定後04年04月 小川敏夫 横浜元妻家族3人殺人事件
服部純也  12.08.03執行 犯行後10年06月 確定後04年05月 滝実   三島女子短大生焼殺事件
松村恭造  12.08.03執行 犯行後05年06月 確定後04年03月 滝実   京都神奈川親族連続強殺事件
江藤幸子  12.09.27執行 犯行後17年03月 確定後04年00月 滝実   須賀川祈祷師殺人事件
松田幸則  12.09.27執行 犯行後08年11月 確定後03年05月 滝実   宮崎連続強殺事件
金川真大  13.02.21執行 犯行後04年10月 確定後03年01月 谷垣禎一 土浦連続殺傷事件
加納恵喜  13.02.21執行 犯行後10年11月 確定後05年10月 谷垣禎一 名古屋市スナックママ強殺事件(旧姓武藤)
小林 薫  13.02.21執行 犯行後08年03月 確定後06年04月 谷垣禎一 奈良市女児誘拐殺人事件
浜崎勝次  13.04.26執行 犯行後08年00月 確定後01年04月 谷垣禎一 市原市ファミレス内組員2人射殺事件
宮城吉英  13.04.26執行 犯行後08年00月 確定後03月10月 谷垣禎一 市原市ファミレス内組員2人射殺事件
熊谷徳久  13.09.12執行 犯行後09年03月 確定後02年06月 谷垣禎一 横浜中華街店主銃殺事件
加賀山領治13.12.12執行 犯行後04年10月 確定後01年04月 谷垣禎一 中国人留学生強殺事件/DDハウス事件
藤島光雄  13.12.12執行 犯行後27年09月 確定後18年06月 谷垣禎一 山梨新潟2連続殺人事件

497 :法の下の名無し:2014/01/04(土) 17:43:51.93 ID:zCs33+ST
法律は、何のために、あるのでほうか?
誰のために・・・あるのでしょうか?
それを考えれば・・・おのずと答えは出るでしょう。

498 :法の下の名無し:2014/01/04(土) 17:47:48.51 ID:zCs33+ST
すいません・・・
あるのでほうか×
あるのでしょうか○
わかりきってることが、わからない人がいらっしゃるようでw
イージーミスしましたw

499 :法の下の名無し:2014/01/05(日) 01:51:49.72 ID:nTmNkLmy
>>497
そんな簡単にそこまで根源的な問題に明確な答えが出たら苦労はせんのですよ。
その答えを本当の意味で出すことができたのなら,ノーベル賞を新設して,
あげてもおつりがくるくらいの功績ですよ。
そりゃー,正義のためとか人のためとか言えるかもしれませんが,そこで言う
人とはなんなのか,正義とはなんなのかってことに答えなんて出てないんですよ。

500 :法の下の名無し:2014/01/05(日) 08:01:16.95 ID:jrgpOLua
法は弱者のためにある。社会の責任を弱者に転嫁して処刑
するのは法ではなくて無法。

501 :法の下の名無し:2014/01/05(日) 09:32:59.47 ID:5jRcLzWR
>>500
転嫁も何も犯罪は犯罪者の自由意志で行われるものであり自己責任だろ。
君こそ社会に責任転嫁するなよ。

502 :法の下の名無し:2014/01/05(日) 14:34:38.26 ID:nTmNkLmy
>>500
そういうのってよく聞くけど、元ネタってなんなんだろう。
例えば、市場において外部不経済が生じる場合に社会的余剰を
最大化するための費用は誰が負担するのかっていう問題では、
誰を弱者として、どのようなシステムを採用するの?

503 :法の下の名無し:2014/01/05(日) 15:22:02.53 ID:jrgpOLua
>>502
弱肉強食の市場経済は打破されなければならない。

504 : ◆jrKh.GVFXs :2014/01/05(日) 22:39:31.76 ID:uXE6admY
>>503
これまでの書き込み読む限り
弱者とは犯罪者または犯罪者予備軍を指すようですが、
少なくとも「犯罪者」は「食い物」ではなく、
社会を食い物にする存在ですよ。

505 :法の下の名無し:2014/01/05(日) 23:58:42.70 ID:nTmNkLmy
>>503
2ちゃんねるってすごいな。こんな斜め上の解答が返ってくるとは
思わんかった。計画経済にするとどうゆう答えになるの?
それと、今現在も共産主義を支持する人って国家に対してそれを
どのようなものだと考えてるの?最終的には国家はどういう存在と
なるべきだと思ってる?それとも国家はなくなってしまう方がいい?

506 :法の下の名無し:2014/01/06(月) 08:25:41.16 ID:jiun6Zap
↓苦労も何も無いと思うけどw
↓ノーベル賞って・・・w
↓もう一回小学校からやり直しなよw可愛そうにw

499 :法の下の名無し:2014/01/05(日) 01:51:49.72 ID:nTmNkLmy
>>497
そんな簡単にそこまで根源的な問題に明確な答えが出たら苦労はせんのですよ。
その答えを本当の意味で出すことができたのなら,ノーベル賞を新設して,
あげてもおつりがくるくらいの功績ですよ。
そりゃー,正義のためとか人のためとか言えるかもしれませんが,そこで言う
人とはなんなのか,正義とはなんなのかってことに答えなんて出てないんですよ。

507 :法の下の名無し:2014/01/06(月) 08:39:47.39 ID:jiun6Zap
あんまり、恥ずかしいこと書き込むと
小学生に笑われるよw

508 :法の下の名無し:2014/01/06(月) 08:49:28.16 ID:jiun6Zap
↓何か・・・こう自分が弱者で、やばいこと
↓やりそうだから死刑は無くして欲しいって聞こえるねえw
↓この人の言う弱者って何だろうね?凶悪なこと、やる奴って
↓弱者でなく根性が、ひん曲がってる奴って思うけどね・・・だから社会が
↓悪い、育った環境が悪い・・・って責任転嫁ばかりするw
↓そういう奴って、どんなに良い家庭環境で育っても
↓犯罪犯すと思うよw

500 名前:法の下の名無し :2014/01/05(日) 08:01:16.95 ID:jrgpOLua
法は弱者のためにある。社会の責任を弱者に転嫁して処刑
するのは法ではなくて無法。

509 :法の下の名無し:2014/01/06(月) 09:03:59.08 ID:jiun6Zap
ここのスレは社会主義、共産主義について
議論するスレじゃない・・・ことを前提に
個人的意見を言わせて貰えば・・・
社会体制が変わっても人間の罪の問題・・・
心の善と悪・・・の矛盾て解決出来ないって
思うよ・・・そこは宗教の分野になるしねw
まあ北朝鮮、旧ソ連、旧ヨーロッパ共産圏の
国の指導者達の酷さを見ればわかるでしょ?
もっと言えば、マルクス主義って”宗教はアヘン”
って否定的だしねwただ現実は共産国でも
宗教は否定し切れなかったけどね・・・
旧ソ連時代のロシア正教みたいにね。
結婚式、葬式・・・宗教なしってわけにはねえw

510 :法の下の名無し:2014/01/06(月) 09:13:00.15 ID:yiFBbdqf
共産主義の理念は破綻していない。共産主義の理念を
歪曲悪用したニセ共産主義が破綻しただけ。

511 :法の下の名無し:2014/01/06(月) 09:16:16.48 ID:jiun6Zap
もういいよ、そう思うならw
そんで良いw歴史が決めることだからw
他のスレ行きなよw

512 :法の下の名無し:2014/01/06(月) 09:28:41.41 ID:jiun6Zap
若干一名、小学生以下の人が、いらっしゃるようなので・・・@

法律とは
日本は法治国家です。法律によって社会の秩序が守られています。
もし日本に法律がなかったら秩序は破られ、強奪や殺人などの犯罪
が頻繁に起こってしまいます。世界には無法地帯なるものが存在し、
犯罪が繰り返されているところもあるようです。
そこで、法律の必要性や存在意義について考えたいと思います。
法律の無い世界はどんな世界かなどについてもちょっと触れていきます。

法律の必要性
ルールを守らなくなる
法律がないと、何かとルールを守らない人が増えていく可能性があります。
そのため、法律はきちんと決められてあった方がいいと言えます。
必要性を感じていない人も中には居るものですが、そういった人たちは
今まで必要性を感じられるような出来事に遭遇していないからなのかも
しれません。
例えば、交通事故に遭ってしまった場合、これも法律があることで被害者は
様々なことから守られるようになっていて便利です。ルールが決まって
いなければ、被害者が泣き寝入りとなってしまったり、損をしてしまったり
することが多くなってしまうはずです。
最近ではインターネットの普及からインターネット関係の犯罪が多くなって
きました。ネット関係の法律はまだついていっていないところがあるため、
早急に法を変える必要があります。ストーカー事件などもそうです。日本では
まだまだ法律の方が世間についていけていないことが多いため、早急な改善
が求められているところがあります。

513 :法の下の名無し:2014/01/06(月) 09:29:43.98 ID:jiun6Zap
若干一名、小学生以下の人が、いらっしゃるようなので・・・A

経済破綻
物を盗んではいけない、違法で音楽などをダウンロードしてはいけない、
詐欺は犯罪など、法律は世の中のしていいこと、悪いことを決めてくれて
います。また、それがあるからこそ人間たちは秩序にそって行動ができる
のだと思います。行動できる範囲を良識的に決められているのです。
何も法律がない世界になったら、経済は破綻すると思うし、やったもの
勝ちの世の中、いま罪とされていることが行われる世の中になると考えると、
とても恐ろしいです。例えば今は違法とされている音楽のダウンロードなどが
全てOKになってしまったら、著作権なんてものもなくなってしまうでしょうし、
万引きが犯罪でなくなったら、つぶれる飲食店、スーパーも出てくると思
いますし、何より警察の必要性も失われてしまいます。
そうならないために法律は重要ですし、必要です。

↓ここからが特に重要

好き勝手行動し人を傷つける人ではなくて、

”まじめに、正直に生きている人が
幸せになるために・・・”

法律は人間を守ってくれているのだと思います。

誰のための法律か?わかりました?
きっと小学校の授業で寝てたんでしょうと好意的に
解釈w

514 :法の下の名無し:2014/01/06(月) 09:31:03.78 ID:IhIB0QXl
>>510
共産主義の理念は素晴らしいね
人間に感情が無くなれば完璧を目指せるんじゃないかな?
ただし発展の時代は終わるがね

515 :法の下の名無し:2014/01/06(月) 15:42:37.00 ID:yiFBbdqf
>>514
搾取や差別や虐待がなくなれば人間本来の善性が全面開花して
殺人なんかなくなる。殺人と闘うということはそのような社会を
目指すことで、不幸な殺人者を苦しめたり殺したりすることではない。

516 :法の下の名無し:2014/01/06(月) 15:46:01.98 ID:IhIB0QXl
>>515
これには唐澤貴洋も不満顔

517 :法の下の名無し:2014/01/06(月) 16:16:33.57 ID:ZSBWWP5C
>>513
>好き勝手行動し人を傷つける人ではなくて、
>”まじめに、正直に生きている人が
>幸せになるために・・・”
ここから、どのように死刑存置につながるかも論じてください。
あと、ちょうど存廃論スレでわたしが提起した問題を論じるのに非常に良い材料なので
できれば、存廃論スレでもここの部分を論じてくれませんか。

518 :法の下の名無し:2014/01/06(月) 16:37:36.30 ID:jiun6Zap
>>517
さんざん長文で述べたのに、わからんのか?

簡単に言えば、悪いことやったら、それ相応の
ぺナルティーを受けますよ・・・嫌でしょ?
だから、辞めときなさいよってこと・・・
それで・・・いちおう治安が保ててるわけだろ?
無政府状態(無法状態)にしたら、やりたい放題
で大変なことになる・・・中国見てみろよ国が放置
したら日系の企業、店、百貨店・・・ぼこぼこに
されたじゃん・・・死刑制度は、人を殺したら
あんたもぺナルティーとして殺されますよ、嫌なら
辞めときなさいってこと・・・それでも、殺人を犯す
奴に、死刑が妥当か?辞めるべきか?って可笑しい
話でしょ?って世間は思っている。
これでも、わからないって言う人は、アフリカとかで
無政府状態になった国に行けばいいよ・・・法で守られてる
ありがたさがよくわかるでしょう。

519 :法の下の名無し:2014/01/06(月) 17:00:29.39 ID:yiFBbdqf
法の保護は万人に平等に及ぶべきもの。
死刑囚が法の保護から除外されるのは
平等保護に反する。

520 :法の下の名無し:2014/01/06(月) 17:05:49.80 ID:jiun6Zap
じゃーそう思っていろwおめでたい奴w
法の元の平等なんてもんは厳密には、無いんだよw
お前が、勝手に思っているだけw妄想w

521 :法の下の名無し:2014/01/06(月) 17:08:37.37 ID:IhIB0QXl
>>519
これには唐澤貴洋も憤慨
逆に悪魔を好きに出来る法律を作るべき

522 :法の下の名無し:2014/01/06(月) 18:03:07.44 ID:s1SiJ+xl
>>519
それだと懲役刑も平等保護に反することになるなw

523 :法の下の名無し:2014/01/07(火) 00:17:10.25 ID:unbghrQr
>>518
指摘部分から、だいぶ離れていってます。

>>520の「法の元の平等なんてもんは厳密には、無いんだよ」
平等というのはまぁ別として、犯罪者は法による保護(部分的であっても)受けない
という感じでしょうか。こちらの方が指摘部分から演繹できる論理となりそうだと思います。

さて、「好き勝手行動し人を傷つける人」=犯罪者(凶悪犯罪者?)ですよね。
そして、法は「まじめに、正直に生きている人」(少なくとも犯罪者ではない人)
のためにある。それでは、犯罪を犯してしまうということはどのような意味を
持ちますか?

524 :法の下の名無し:2014/01/07(火) 00:56:33.00 ID:unbghrQr
>>510
そういうことじゃなくてね。ほら昔の共産主義ってのは、
国家(少なくとも当時の国家)をブルジョアの支配のための
道具みたいにみなしてたところがあったでしょう。
それに、マルクスとかの弁証法的唯物論によると、最終的に
国家というもの(少なくとも今ある国家という概念)自体が
なくなっちゃいそうな感じじゃなかったっけ?

あと、死刑存廃とは直接的には関係ないかもしれんけど、
このようにわたしの知ってるマルクスとかの共産主義的な思想
は、国家というのはどっちかというと一部の人間(階級)
が世の中を支配するためにあるっていう風に考えているわけ。
そうすると、そのような国家がもたらす刑罰っていうものに対する
評価っていうのは、全然変わってくるでしょう。
どっちかといえば、死刑に否定的になりそうだよね。

525 :法の下の名無し:2014/01/07(火) 07:53:18.55 ID:zacvTAnb
>>524
そうか?
一部の人間が引っ張っていく国なら邪魔する奴は殺すって世界になる可能性があるだろ

526 :法の下の名無し:2014/01/07(火) 08:11:54.94 ID:gjZPP2Cx
>>522
社会復帰のための刑ならあってもいい。社会復帰に役立たない
刑は人権侵害だから科すべきではない。何回刑務所に入れても再犯する
者は放っとくしかない。

527 :法の下の名無し:2014/01/07(火) 08:22:50.45 ID:0zkxyKU6
>>526
少なくとも、そうやって犯罪者のために一般市民の人権を犠牲にするような方法は、
一般市民の賛同を得られないと思うよ?w

528 :法の下の名無し:2014/01/07(火) 09:02:38.40 ID:b/aflBOF
>>523 名前:法の下の名無し :2014/01/07(火) 00:17:10.25 ID:unbghrQr

まったく面倒くさい奴だなw

>>520の「法の元の平等なんてもんは厳密には、無いんだよ」
平等というのはまぁ別として、犯罪者は法による保護(部分的であっても)受けない
という感じでしょうか。こちらの方が指摘部分から演繹できる論理となりそうだと思います。

↑本当に平等っていうなら、そういう国の例を挙げてくれw
当然そういう国(平等)あるんでしょうね?
・・・要は、死刑廃止主張する人らの保護、平等って
死刑囚も平等に生存権とかあるから・・・ってことなんだろw
侵略にしても、犯罪からの防衛にしても加害者側の生存権の
こと言い出したら何も出来ないし・・・そういう国も無いと思うよw
それは、死刑廃止国も同じだろう。そういう意味で平等なんて
もんは無いっていうこと。それと、犯罪者(例えば死刑囚)
なんかは病気になったら治療して治す・・・それまでは刑の
執行は出来ない・・・場合によっては病死ってことも起こる・・・
こういうのは法の元の平等ってやつで保護されるってことで
認識してるけどなw

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

さて、「好き勝手行動し人を傷つける人」=犯罪者(凶悪犯罪者?)ですよね。
そして、法は「まじめに、正直に生きている人」(少なくとも犯罪者ではない人)
のためにある。それでは、犯罪を犯してしまうということはどのような意味を
持ちますか?

↑これも、ずっと同じこと繰り返すがw
最後の”犯罪を犯すことの意味・・・”?意味がわかりにくいw
”犯罪を行なった人には・・・”って意味なのか?
”まじめに、正直に生きている人”を守る・・・は当然で異議は
無いでしょう?

・犯罪を犯す前は・・・
犯罪を行なう可能性のある奴には、法で犯罪を犯さないようにするって
意味だろうなw

・犯罪を行なったら・・・
当然ぺナルティーが架せられ場合によっては死刑によって
国家により死という罰則を受ける(死刑廃止派は殺人と主張wアホか?)
”あんたらは法を犯したんだから、これは当然受ける罰だから自業自得
ですよ・・・”ってことになる・・・だから、それでも殺人を犯した輩の死刑を
回避するって考えられないって思わないか?っていう意味になる。
まあ、国民の大多数は同意すると思うよwだから死刑が支持されているw

529 :法の下の名無し:2014/01/07(火) 12:06:52.53 ID:gjZPP2Cx
親に殴り倒されながら育ってコミュ障になって学力がつかないで
まともな就職ができなくて友達も彼女もいない、何の希望もない、
こんな境遇になったら幸せそうにしてるやつを片っ端から殺して
やりたいと思うのは自然なことじゃないか。俺がそんな境遇だっ
たらやっちゃうかもしれない。人道的にあつかわれたことがな
い人間に他人を人道的に扱えと求めるのは酷だ。

530 :法の下の名無し:2014/01/07(火) 12:44:35.18 ID:b/aflBOF
おまえwそうなのか?人格障害の疑いがあるから
精神科のある病院で治療を受けなさいw

531 :法の下の名無し:2014/01/07(火) 16:46:45.21 ID:EZ6u4IfR
>>525
そうじゃないんじゃなくて、そうなの。
一部の者(支配者階級)が引っ張っていく(支配)するために国家がある
って考えちゃう側面があるから、邪魔するもの(プロレタリアート)を
処刑するための刑罰という感覚でとらえてもおかしくないなってこと。
だから、死刑とかには否定的になりそう。しかも共産主義思想を前提にするか
それともそれを否定した上で死刑の存在の正当性を説明しないといかんから、
面倒な感じだね〜ってなるみたいな。

>>528
ごめん。別に環境等の本人に左右できない外部的な事情が犯罪を作出するから
犯罪者に責任はないとか、そういうことをいいたいんじゃなくて。
善良な人と好き勝手に人を傷つける人というので人を分けられるとしても
それってどうやって分けるんだろうみたいなところが聞きたいのと、たぶん
生来的に(生まれたとき)から分けて、生まれたときから法の保護を受けられない
っていうわけではなさそうだから、それって犯罪的な行為に至ることによって
分けられるっていう部分が少なからずあるわけでしょ。ということは、犯罪を
犯すっていうことにどのような意味があることによって法による保護が受けられなくなる
っていう風に考えているのかなっていうことが聞きたいわけです。

532 :法の下の名無し:2014/01/07(火) 16:58:48.66 ID:gjZPP2Cx
殺す者も殺される者も同じ人間。人権は平等。
殺された者の命が奪われてはならなかったように
殺した者の命も奪われてはならないんだ。

533 :法の下の名無し:2014/01/07(火) 17:23:22.23 ID:b/aflBOF
>>531
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ごめん。別に環境等の本人に左右できない外部的な事情が
犯罪を作出するから
犯罪者に責任はないとか、そういうことをいいたいんじゃなくて。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
まあここまでは、いちおう理解w
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
善良な人と好き勝手に人を傷つける人というので人を分けら
れるとしても
それってどうやって分けるんだろうみたいなところが聞きたい
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
”それって犯罪的な行為に至ることによって
分けられるっていう部分が少なからずあるわけでしょ。”
↑あんた自分で答えてるじゃんw他に何があるねんw
何を主張したいの?
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
・・・ということは、犯罪を
犯すっていうことにどのような意味があることによって法
による保護が受けられなくなる
っていう風に考えているのかなっていうことが聞きたいわけです。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
↑何か再度、意味不明なこと言ってるねw
”法による保護”って・・・どいうものと理解してるのでしょうか?
具体的に述べないと答え様が無いw
よく死刑廃止派が主張する生命の保護(生存権)っていうことなら、
現段階の法律で死刑に相当する者までその保護は及ばない、
なぜかというと、殺人を犯すと最高刑死刑になることを知らない
人はいないわけで、自業自得としか言い様が無いw
って国民の大部分は思ってるって思うよwそんな人まで保護
するって、人が良すぎるというかアホ丸出しだろwそういうアホ
丸出しの理屈って社会のためにならないって
思うけどねw

534 :法の下の名無し:2014/01/07(火) 19:21:51.80 ID:0zkxyKU6
>>532
平等を語るなら、
加害者は被害者と平等に死ねよ。

535 :法の下の名無し:2014/01/07(火) 21:08:18.00 ID:/izWxPtR
>>533
要するに、善良な市民であった人が罪を犯すことによって、あなたの視点から
その人がどのような者(存在)に変質するのか?ということが聞きたい。

536 :法の下の名無し:2014/01/08(水) 08:26:15.72 ID:xn6bTcPB
>>535
又意味不明な・・・ほっといても笑いものに
なるだけだがw
いちおう返答w
あんたの言う善良な市民って・・・どういう市民なの?
極めて・・・極めてw(ちょっとひつこくw)普通に考えてさあw
善良な市民が死刑になるほどの凶悪な事件起こすわけ?
いいかげん、もう少しましなこと書き込めよw
笑いものになるだけだしw

537 :法の下の名無し:2014/01/08(水) 08:48:34.95 ID:xn6bTcPB
まあ、死刑制度廃止って、どんだけ国民が
お人よしでアホになれるかだなw
これは日本だけに通る理屈だけどねw

諸外国みたいに死刑は廃止しても
国民や駐在外国人を守るためには犯人の生命を
奪うことも厭わない・・・
”在ペルー日本大使公邸占拠事件”みたいに
やるのなら話は別だけどね・・・
日本にできるかねえ・・・

日本が仮に民意で死刑廃止に至っても、そのリスク
は日本国民自身が背負うわけで・・・・それが民意
っていうもの。ただ・・・そこまで、お人よしでアホな
人は今のところ極めて少数派(死刑廃止派)っていうことだね。

538 :法の下の名無し:2014/01/08(水) 09:04:46.06 ID:WPTrJgsm
死刑廃止によって殺人事件被害者になる確率は少し高まるだろう。
だけど、死刑で死ぬ確率はゼロになるんだから帳尻は合ってる。

539 :法の下の名無し:2014/01/08(水) 09:17:24.27 ID:xn6bTcPB
なるほどねえw
理にかなった話だw
きっと国民から支持されるよw

でも・・・今の死刑執行率で死ぬ確立を考慮しない
とねえwテストの回答なら100点満点で13点ぐらいだなw

540 :法の下の名無し:2014/01/08(水) 10:29:46.86 ID:xn6bTcPB
某死刑制度廃止国の現実・・・

AFP=時事 1月8日(水)9時19分配信
元ミス・ベネズエラ、パートナーと共に射殺される 路上強盗の疑い

ベネズエラで6日、元ミス・ベネズエラで女優の
モニカ・スピア(Monica Spear)さん(29)とそのパートナーの
英国出身男性(39)、娘(5)の一家3人が銃撃を受け、
スピアさんと男性は死亡、女児も負傷した。当局が
翌7日発表し、同国には衝撃が走った。路上強盗とみられている。

昨年の大統領選で治安の悪化に歯止めをかけると公約していた
ニコラス・マドゥロ(Nicolas Maduro)大統領は、「これは虐殺行為だ」
と述べ、「この暴力はわれわれが抱えている病気だ」と嘆いた。
ベネズエラは世界で最も殺人発生率の高い国の一つとされ、
昨年2013年の殺人発生率をNGOのベネズエラ暴力行為監視団
(Venezuelan Observatory of Violence)」は住民10万人当たり79件、
内務省はこれより低い39件と報告している。

541 :法の下の名無し:2014/01/08(水) 11:15:38.86 ID:WaUK6mxX
>>538
お前は自分が殺人犯罪事件を増やしてOKだと断言した事に気が付いてるか?
本音が駄々洩れだぞ。

他の廃止論者も、こいつと同じ?
殺人事件を増やすべきだと?

542 :法の下の名無し:2014/01/08(水) 13:27:23.33 ID:WPTrJgsm
>>541
死刑を殺人件数にカウントするなら死刑廃止で
殺人が増えるかどうかはわからない。

543 :法の下の名無し:2014/01/08(水) 13:39:29.75 ID:xn6bTcPB
しかしベネズエラみたいに治安の悪すぎる国は
悪党にとっては死刑制度って邪魔な制度で
死刑制度が無ければ、好き勝手、暴れられる
って悪党は思ってるんだろうねwそら・・・
死刑制度廃止になるわw

544 :法の下の名無し:2014/01/08(水) 13:49:33.32 ID:AaWSEh9a
>>542
ブレーキが無くなれば人はどこまでも加速するぞ
なんでも実況jupiterって板を見てみるといいよ、これが良く分かるはずだから
君も何か根拠を出してみてよ、今のままなら妄想を垂れ流してるだけだぞ

545 :法の下の名無し:2014/01/08(水) 14:19:57.86 ID:WPTrJgsm
ベネズエラが混乱してるのは人民解放の政権に対する米帝の制裁と破壊工作
が原因だ。CIAはマフィアにまで金を渡して犯罪をけしかけてる。
アメリカ帝国主義打倒!!第三世界連帯万歳!!

546 :法の下の名無し:2014/01/08(水) 15:59:43.00 ID:WaUK6mxX
>>545
はぁ。
なるほど。


廃止論者は、全員こいつを見てどう思うんだ?
そろそろバックレてないで、なんかコメントしろよ。
お前らの仲間だろ。

547 :法の下の名無し:2014/01/08(水) 19:17:30.36 ID:i8RqBfac
死刑とは、問題を解決できない無力さから目を背けるための制度です。

548 :法の下の名無し:2014/01/08(水) 21:52:33.32 ID:L/z2rbbN
>>547に示された文ないし意見は、死刑の制度を存続するか否かを検討する司法制度改革に係る審議会等の審議において採用されるには、十分でない。

549 :法の下の名無し:2014/01/08(水) 21:58:31.29 ID:L/z2rbbN
>>547に示された文ないし意見は、死刑の制度を存続するか否かを検討する司法制度改革に係る審議会等の審議において採用されるには、十分でない。

550 :法の下の名無し:2014/01/09(木) 07:15:32.06 ID:KQOPN1tf
>>546
死刑廃止論者がすべて545と同意見なわけではないが、しかし、
死刑廃止論者の口から545のような極左を批判する意見を聞
いたことがない。それどころか、北朝鮮で今行われている、司法
手続きを無視した残虐な大量処刑に沈黙している。日本の死刑廃
止論者の真意が人権や人道にあるとはどうしても思えない。

551 :法の下の名無し:2014/01/09(木) 12:38:02.50 ID:K4FKLvn5
廃「世界の風潮が廃止に向かっている!」
存「犯罪の多い国の風潮に合わせる必要はないし、他の国が言ってくるのは内政干渉じゃね?」
廃「人道的に考えて廃止すべき!」
存「じゃぁ北朝鮮の司法手続きを無視した銃殺刑は?」
廃「他の国は関係ないだろ!」

こいつら、脳の病気か何かなんじゃね?

552 :法の下の名無し:2014/01/09(木) 21:05:22.91 ID:wDJ9BvY3
死刑存置論者の頭の悪さは死刑にしてもいいレベル。

553 :法の下の名無し:2014/01/09(木) 22:21:16.49 ID:WIazi+hH
>>552
一番最初は君?

554 :法の下の名無し:2014/01/10(金) 02:07:37.21 ID:idcCA2DQ
廃止派
 「死刑を望むなんて、非人道的だ!存置派なんか死刑にされろ!!」

お前らって、なんか精神的な病でも抱えてるのか?

555 :法の下の名無し:2014/01/10(金) 03:20:53.18 ID:kg3hSBWY
存置派
「廃止派
 「死刑を望むなんて、非人道的だ!存置派なんか死刑にされろ!!」」

存置派ってこわいね

556 :法の下の名無し:2014/01/10(金) 03:21:50.36 ID:kg3hSBWY
「精神的な病でも〜」っていうのも廃止派と精神疾患の方、双方を馬鹿にしてるよね

557 :法の下の名無し:2014/01/10(金) 08:27:16.44 ID:kStezvq+
結局、死刑廃止に対して、これっていう理由とか
・・・ものが無いからこういうことになるんだろうね・・・
まあ、その国の気まぐれで廃止ってことなのだろうw
日本も、気まぐれで廃止に至る時代が来るかもなw

558 :法の下の名無し:2014/01/10(金) 08:44:51.35 ID:kStezvq+
まあ、”世界の流れ”っていう死刑制度廃止理由は一時期
はやったけど・・・前政権時・・・
さかんに、”世界の流れ”を連発して刑の執行を国民の
意思を無視して止めて選挙で手痛いしっぺ返しを受けた
からねw法務大臣が落選するって余程そっぽ向かれた
っていうことだからねw
あたりまえだけど
民意>世界の流れ だからね・・・それでも”世界の流れ”
連発する奴は病院で脳の検査を受けるしかないってことw

559 :法の下の名無し:2014/01/10(金) 11:07:08.60 ID:rL7pPBS/
殺人事件はなくせないけど、死刑という殺人は国会の議決一つで
なくせる。なくせない殺人があることはなくせる殺人をなくさない理由に
ならない。なくせる殺人を一つ一つなくしていってこそ殺人は減らせる。

560 :法の下の名無し:2014/01/10(金) 11:08:33.29 ID:BCKJBvmB
死刑無くしたら余計殺人は増えるがな

561 :法の下の名無し:2014/01/10(金) 11:29:04.24 ID:rL7pPBS/
>>560
でも死刑囚の命は救われる。確実に救われる命を救わないなら
他の命を救うことなんかできるはずがない。

562 :法の下の名無し:2014/01/10(金) 11:31:41.82 ID:62LgBKi9
>>561
なんで凶悪犯罪者の命を救わなきゃならんの?

563 :法の下の名無し:2014/01/10(金) 11:48:46.12 ID:kStezvq+
あのさあw
死刑囚の生命を救うことを国民にどうやって
同意させるのか?勝手に国が決めたりして
出来るならとっくに前政権時に出来てるのだが・・・w
一度、病院で脳を調べてもらいなさいw
同じ話を蒸し返して何がおもしろい?

564 :法の下の名無し:2014/01/10(金) 11:54:08.58 ID:BCKJBvmB
>>561
殺すべき人間を助けて一般人のリスクを高めるって面白いね
他の命を救うんじゃないよ、犯罪を起こそうとしている人への抑止力だからね
結果的に死ぬ人が減るってだけのこと

565 :法の下の名無し:2014/01/10(金) 14:08:59.13 ID:HcPH+pmW
>>562
そんなの「凶悪犯罪者=数年後の>>561」だからだろ。

566 :法の下の名無し:2014/01/10(金) 15:07:55.90 ID:rL7pPBS/
>>562
人間だから

567 :法の下の名無し:2014/01/10(金) 15:24:20.21 ID:kStezvq+
だから何で?何なんだよ?何が言いたいw

568 :法の下の名無し:2014/01/10(金) 17:26:43.64 ID:62LgBKi9
>>566
答えになってないな。

569 :法の下の名無し:2014/01/10(金) 19:14:58.55 ID:rL7pPBS/
すべての人間には均しく生きる権利があるんだよ。
殺人犯も人間だから殺されない権利がある。

570 :法の下の名無し:2014/01/10(金) 19:22:22.42 ID:BCKJBvmB
話になりませんわ

571 :法の下の名無し:2014/01/10(金) 20:17:23.81 ID:62LgBKi9
>>569
じゃあ殺人の被害者は?生きる権利とやらは守られたのかね?

572 :法の下の名無し:2014/01/10(金) 23:44:14.63 ID:rL7pPBS/
>>571
死んじゃったものはしかたない。

573 :法の下の名無し:2014/01/11(土) 00:17:46.04 ID:n+VAVBZ5
>>572
もうさ、4つのスレで散発的に議論するのはやめないかい。
存廃論スレがあるから、まとめてそこでやらないとスレを
分けてる意味が無いじゃん。
ここって存置論者が話しあうスレじゃないの?
廃止論者が現れると存置論者の立場で同じ存置論者に質問をしても、
廃止論者扱いされたりして、わけわからなくなっちゃうんだが。

574 :法の下の名無し:2014/01/11(土) 01:08:35.97 ID:TZvQBy0Y
殺人を犯した未成年は成人しても更生せず再犯する事例
  ↓
★銚子・民宿母子殺害事件
昭和51年6月15日深夜、千葉県銚子市の民宿に宿泊していた工事作業員の
矢部光男(当時24歳)は、民宿の主人の妻(当時24歳)を強姦した後絞殺。
横で寝ていた長女(当時2ヶ月)が泣いたため同様に絞殺した。
矢部は、付近の工事作業のため仲間4人で民宿を定宿にしていた。
矢部は、中学生の時、叔母を強姦。その子供(当時2歳)を殺害して少年院に入っていた
経歴がある。
昭和62年9月30日、東京拘置所で死刑執行。享年35歳。

575 :法の下の名無し:2014/01/11(土) 04:31:24.60 ID:J4NToLmP
>>572
おいおい、均しく生きる権利があるのでは無かったのかね?w
自己矛盾を起こしているぞw

576 :法の下の名無し:2014/01/11(土) 09:35:37.62 ID:nQaNfZxu
俺が
死刑制度を支持する理由

1.民意
被害者の遺族感情、国民感情は、凶悪な犯罪を
行なった者には死刑という刑罰は止む終えないと
感じている人が大多数である。
死刑制度は国民が納得できる刑罰である。
法は誰のためにあるのか?ということである。
おそらく死刑制度を肯定する最も大きい理由だろう。
これは、廃止派が、よく主張する”世界の流れ”も民意を
得られなければ法務大臣でさえ選挙で落とされた事実
から観ても明らかだろう。

2.冤罪の問題
最近は聞かれなくなったが時々、主張する人がいるので・・・
これは、死刑制度の問題と明確に分けるべき問題である。
と考える。
以前は、死刑制度について、よくわかっていない国民が
多く、この主張は説得力があったのは事実である・・・
”死刑で生命を奪ったら取り返しがつかない!”と主張
されると・・・そうかなあ?って思う人もいたが・・・
前政権時、死刑の執行を1年程度停止した時期が
ありテレビ番組でも・・・この問題が取り上げられ、ほとんどの
死刑囚は6ヶ月以内に執行されるわけでなく中には帝銀事件
のように冤罪が疑われ刑の執行が先送りされて結局、獄死
するケースなど取り上げられて・・・
死刑を執行されなければ良いという問題でない・・・
冤罪の問題は死刑廃止では解決出来ないって感じた人は
多かったろうね・・・
最近は、アムネスティも冤罪うんぬんは、あまり
言わなくなったようだ。(ホームページより)

おそらく大多数の国民の意見も同様だろう・・・
大多数の国民の意見からも
それほど
外れた意見では無いと思うよ。

もし死刑制度を廃止したいなら民意を変える努力、行動が
無ければ無理だろうね。
でも・・・廃止派は・・・
”国のやるべきこと”なんでしょw
でも国は民意でしか動かないからねw
前政権は死刑廃止に動いたけど民意が無いと無理と判断して
刑の執行再開したからね。ということw

577 :法の下の名無し:2014/01/11(土) 09:54:30.38 ID:MEwe0GtE
死刑は生きる権利という究極の人権の侵害だ。絶対に許されない。

578 :法の下の名無し:2014/01/11(土) 10:05:32.03 ID:nQaNfZxu
またワンパターンなこと言ってるんだw
誰か聞いたれよw

579 :法の下の名無し:2014/01/11(土) 10:06:29.19 ID:bQXNV5FZ
壊れたスピーカーと議論なんて出来ないな

580 :法の下の名無し:2014/01/11(土) 14:44:21.70 ID:TEtJ1DRR
>>577
権利とは、それらを尊重する義務や責任によって支えられている概念である。


であるから、義務・責任を果たさない上に、著しく、そして故意に、社会の平和を乱したる者は、その権利が剥奪されて然るべき。

581 :法の下の名無し:2014/01/11(土) 17:31:13.37 ID:VEpVx4ha
>>569
その通り。
全ての人に「生きる権利」は、ある。
だが、権利は義務ではない。
殺人犯罪者は、法を犯す事で、その権利を破棄したんだよ。
残念だったな。

582 :法の下の名無し:2014/01/11(土) 17:32:31.40 ID:VEpVx4ha
>>579
殺人への欲求と、死刑の恐怖の間で、頭が可笑しくなってるんだろ。
廃止論者にはありがちな事だよ。

583 :法の下の名無し:2014/01/12(日) 07:23:55.72 ID:/TUC2m8X
死刑囚は究極の弱者だから救われる権利がある。

584 :法の下の名無し:2014/01/12(日) 08:16:04.53 ID:/TUC2m8X
基本的人権は放棄譲渡できない。

585 :中間派の一人:2014/01/12(日) 09:35:22.35 ID:OnXgNbvq
廃止派は死刑執行までの税金を
廃止派だけで払う気があるのかな?

私は反省している死刑囚については少しは協力できる。

586 :法の下の名無し:2014/01/12(日) 09:36:44.44 ID:/TUC2m8X
殺人被害者の命を救えなかった責任を加害者の命を救うことで果たしたい。

587 :法の下の名無し:2014/01/12(日) 10:59:09.19 ID:jmCox1HG
>>586
本気で言ってるなら頭が狂ってる
お前は人間として許されないぞ

588 :法の下の名無し:2014/01/12(日) 12:19:06.35 ID:/TUC2m8X
交通事案を考えてみたらわかるだろ。誰だってちょっとした運の悪さ
不注意怠慢等で加害者にも被害者にもなるんだよ。殺人事件も同じさ。
加害者が特別極悪だったわけじゃない。成り行き次第で加害者と
被害者が入れ替わってたかもしれない。人生ってそんなもんさ。

589 : ◆jrKh.GVFXs :2014/01/12(日) 12:55:49.90 ID:XJNobgn6
>>588
>不注意怠慢等で加害者にも被害者にもなるんだよ。殺人事件も同じさ

全然違います。
不注意怠慢じゃ死刑になりませんがな。
あ、犯行後の不注意怠慢で捕まった場合は
話がちがいますよ。

>成り行き次第で加害者と
>被害者が入れ替わってたかもしれない。

強盗殺人の場合、金のあるやつが金のないやつを
殺して金を奪う事はないでしょうね。
強姦殺人も被害者と加害者が入れ替わることは
あり得無いと思いますが。

釣りでしょうが、マジレスしましたよ。

590 :法の下の名無し:2014/01/12(日) 14:59:52.51 ID:kuIWsrsH
>>588
あまたはちょつとした不注意怠慢で死刑になるような犯罪を犯してしまうんですね。


お願いです、病院に行って下さい。

591 :法の下の名無し:2014/01/12(日) 17:43:39.02 ID:jXBthx7v
>>588
お前の考え方は、良くわかった。
で、他の廃止論者は、コイツと同じ意見なのか?
それとも、コイツだけが気が狂ってるのか?
もしかして、廃止論者はもうコイツ一人しか存在しないのか?

592 :中間派の一人:2014/01/12(日) 20:25:09.46 ID:OnXgNbvq
>>586
責任を果たすべきなのは加害者本人だと思いませんか?
いろいろ複雑な環境にあったなら同情するにしても。

593 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 07:00:42.69 ID:pVdUMJiS
>>592
そんな責任が果たせるだけの思慮分別があったら殺人なんかやらないよ。

594 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 08:18:51.58 ID:r7kP+A9A
こんな書き込みしてても
加害者側に同情が行くどころか
アホか?って笑われるだけだから
まあ、自分でまともだと思うなら
勝手に思うのは自由だが・・・w
こういう書き込みで
死刑廃止支持する方向になると
思うわけねw
無視するのが、一番だろw
時間つぶしに、かまってやるのも、いいかなw

595 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 08:22:44.50 ID:r7kP+A9A
アホの一例
殺人と交通事故死を、混同させて主張w
以前も既に論破されてる、クダラナイ主張の
繰り返しwほんま、笑いもの、あほ、まぬけ・・・
死刑廃止派って・・・w

596 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 08:31:15.68 ID:pVdUMJiS
「俺は絶対に殺人をやらない」って思ってるヤツは今
そこまで追い込まれていないだけじゃないか。
状況次第では誰だってやるんだよ。それが人間だ。

597 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 08:33:07.60 ID:KzW5LJEv
そんな危ない奴なのか、なら死刑にするしかないな

598 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 08:34:08.11 ID:Ctp47hfZ
中間的立場で死刑廃止派の中にはまともな
意見を持っている人も大勢いるんだから
笑いもの、「あほ、まぬけ・・・」とかいっしょにするもんじゃないだろ

599 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 08:37:35.65 ID:Ctp47hfZ
>>596
正義を守るため、正当防衛等なら許されると思うよ。

600 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 08:42:06.90 ID:r7kP+A9A
すまんなw実際に笑われてて、あほ、まぬけって
思ってる人が多いんでw
最も、ここの書き込みをコピーして
観てもらった意見なんだがwww
どうみても、まともな意見を持ってる人が
大勢いるって思えないし客観的評価だろw
そう思われたくなければクダラナイ書き込みは
辞めるべきでしょw笑われるのは自業自得w

601 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 09:46:34.94 ID:TOPG48WS
>>596
で、だから何?

602 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 09:52:07.10 ID:fqMtHZsR
test

603 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 11:39:54.54 ID:Ctp47hfZ
>>600
ネット上で書き込みをしていないまともな
廃止派が大勢いないのかってことですよ。

604 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 11:56:42.97 ID:r7kP+A9A
ネットで書き込みしてる廃止派は
頭、プッツンって認めるお前は?
中間派?ようわからんw

605 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 12:04:58.77 ID:Ti4YDO4P
【二月二十一日 ある死刑囚の記録】中日新聞/東京新聞
加納(旧姓武藤)恵喜(けいき)

「ら」に埋もれた最期(2013年12月17日)
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/archives/1387766298/2
ウソつき きんごろー(2013年12月18日)
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/archives/1387766298/3
一人目。旅館の女将(2013年12月19日)
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/archives/1387766298/4
うそ、罪 うそ、罪…(2013年12月20日)
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/archives/1387766298/5
>>6 狙われた幸せの“中庭”(2013年12月21日)
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/archives/1387766298/6
二人目。スナックママ(2013年12月22日)
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/archives/1387766298/7
女房の無念のみ込んだ(2013年12月23日)
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/archives/1387766298/16
死を予感 最初の一通(2013年12月24日)
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/archives/1387766298/28
殺人者からの手紙(2014年1月11日)
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/archives/1387766298/115
「命で償う」本心なのか(2014年1月12日)
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/archives/1387766298/117
傍聴席から殴りつけ(2014年1月13日)
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/archives/1387766298/123

606 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 13:16:19.41 ID:Ctp47hfZ
>>604
中にはまともな書き込みをしている廃止派だっていると思うけどね

607 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 13:28:51.17 ID:r7kP+A9A
じゃーそう思うなら、そんでいいw
見た人の意見が、そうだったっていうことw
では、終わり。
おまえ、きもいw

608 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 13:44:24.37 ID:pVdUMJiS
死刑になるほどの罪を犯すまでに追い詰められた人間に責任を問うのは酷だ。
そこまで追い詰めた社会が悪い。

609 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 13:45:27.02 ID:UIsupYWh
1月31日(金)千葉祐太朗(石巻3人殺傷) ☆判決(仙台高裁)
.
千  千  千  千  千  千  千  千  千  千  
葉  葉  葉  葉  葉  葉  葉  葉  葉  葉  
祐  祐  祐  祐  祐  祐  祐  祐  祐  祐  
太  太  太  太  太  太  太  太  太  太  
朗  朗  朗  朗  朗  朗  朗  朗  朗  朗
を  を  .を  .を  .を  を  .を  .を  .を  を 
吊  吊  吊  吊  吊  吊  吊  吊  吊  吊
る  る  .る  .る  .る  る . る . る.  る  る
せ  せ  せ  せ  せ  せ  せ  せ  せ  せ

610 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 14:28:42.83 ID:r7kP+A9A
↓だから見た奴が笑うんだw
608 名前:法の下の名無し :2014/01/13(月) 13:44:24.37 ID:pVdUMJiS
死刑になるほどの罪を犯すまでに追い詰められた人間に責任を問うのは酷だ。
そこまで追い詰めた社会が悪い。

→責任を問わず、お前の家に引き取ってやれ・・・ただし離れ小島で暮らせw

611 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 14:34:08.35 ID:fqMtHZsR
このスレには犯罪予備軍もしくは犯罪者そのものが一人いるだけ
自分の素行の悪さを社会のせいにされてもねぇ
相手にする価値無し
以上

612 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 19:21:03.62 ID:Ctp47hfZ
>>608
何がそんなに不満なんだ、言ってみな

613 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 20:42:35.75 ID:pVdUMJiS
>>612
死刑が不満なんだ。わかりきったこと聞くな。

614 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 20:45:58.78 ID:fqMtHZsR
ハハハハ
笑える
傑作
まあ廃止派がお前のような主張ばかりなら死刑はずっとなくならないから安心してくれ

615 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 21:44:18.68 ID:Ctp47hfZ
>>613
私も半年ぐらい前までは廃止派だったからな。
だから元廃止派ではあるが死刑執行までの税金を
廃止派さんと私だけで払うつもりですが、どう思いますか?

616 :法の下の名無し:2014/01/13(月) 22:16:05.66 ID:26kmPjT3
<着服>預金2800万円を 摂津水都信金が2職員解雇
3月5日19時27分配信 毎日新聞
摂津水都信用金庫(大阪府茨木市)は5日、顧客預金約2800万円を着服するなどの不祥事があったと発表した。関与した職員2人を懲戒解雇する。
同信金によると、豊中支店(大阪府豊中市)の元男性係長(37)は、06年4月から顧客17人に定期預金を作ると持ちかけて出金伝票や通帳を預かり、普通預金から現金約2827万円を引き出し着服。
飲食や遊興費、借金返済や、別の顧客の定期預金の穴埋めに充てていた。通帳返却が遅いと不審に思った顧客が昨年末に問い合わせて判明した。実質的な被害額約700万円は元係長の家族が返済したという。同信金は元係長を刑事告訴する。
また、東淀川支店(大阪市淀川区)の元男性職員(25)は、08年9月から顧客5人にフリーローン計750万円を契約させ、うち約419万円を借りて遊興費などに使っていた。
実績欲しさに顧客の同意を得て利息の一部を自分で負担していたという。保険料を自分で負担したがん保険4件の不正契約もあった。

617 :615:2014/01/13(月) 22:33:49.96 ID:Ctp47hfZ
訂正
>>613
私も半年ぐらい前までは廃止派だったからな。
だから元廃止派ではあるが死刑執行「前」までの税金を
廃止派さんと私だけで払うつもりですが、どう思いますか?

>死刑執行「前」までの

618 :法の下の名無し:2014/01/14(火) 02:05:23.62 ID:NvDmyAXV
>>608
権利とは、それらを尊重する義務や責任によって支えられている概念である。


であるから、義務・責任を果たさない上に、著しく、そして故意に、社会の平和を乱したる者は、その権利が剥奪されて然るべき。



>>592
責任を果たすべきなのではなく、果たすべきであったのに果たさなかったから権利の一部が剥奪されるんだ。
追って責任を果たそうとするのは結構だが、剥奪された権利は戻ってこない。



>>586
その責任は、同じようにな目に遭う人が居ない世の中になるよう努力することで果たしましょう。

619 :法の下の名無し:2014/01/14(火) 08:09:18.92 ID:Y76f9K2n
基本的人権は義務や責任先立って存在する。
生きる権利は神聖不可侵。

620 :法の下の名無し:2014/01/14(火) 08:25:22.04 ID:3qMB53dH
619の人
勝手に、そう思うなら、それでいいw
世の中、それで通ると思ってるんでしょw
観てる人は、どう?思ってるんだろうw
たぶん、こんなアホな主張は、2CHだけの書き込みで
願いたいものだw
日本民族は、ここまでアホでないw
っと思いませんか?
これは、死刑支持、不支持にかかわりなく・・・

621 :法の下の名無し:2014/01/14(火) 10:17:16.86 ID:Tzh0elU7
>>619
勿論、生きる権利は、その権利を持っている限り守られる。
ただ、「権利」自体は、永久保持ではない。
自身が破棄した時点で、権利自体が失われる。
「権利」というのは義務ではないし、強請でもないからね。

例えば、死刑判決を受けた犯罪者は、被害者の「生きる権利」を強制的に剥奪したわけだ。
この時点で「生きる権利は永久に絶対守られるもの」という話は、成り立たなくなる。

まぁこんな話をしたところで、どうせ恥のかき捨てで済ませて、バックレる気なんだろうけどな。
実のところ、お前みたいなのが居るおかげで、死刑廃止論者の危険性が露呈されているわけだし、
死刑存続に役に立っているから、何を言おうが構わないんだよ。
真っ向から否定し、腹の中を探り、殺人鬼の命乞いが廃止論の正体だと世間に知れ渡れば
我々一般国民は何も問題ないからね。
千葉「元w」法務大臣は、イイ仕事をしたと思うよ。
国民の総意を見事に見せた落選劇だったからなwwww

622 :法の下の名無し:2014/01/14(火) 10:49:56.89 ID:QFmP082t
普通の人なら逮捕されること自体を嫌がるのに
死刑だけを怖がり、命よりも大切な名誉を失うことを怖れないなら
少しは存置派の気持ちが分るよな

623 :法の下の名無し:2014/01/14(火) 10:51:19.45 ID:Y76f9K2n
確定した死刑囚に「そのうちに死刑が廃止されて助かるかもしれない」と
慰めなかったらどうして希望を与えられるんだ。死刑を受け入れて懺悔と
祈りに日々を過ごす無気力な人間にしてしまってはいけない。「死にたくない」
「シャバに出たい」「こんな判決納得できない」と最期の瞬間まで思って
いてほしい。

624 :法の下の名無し:2014/01/14(火) 11:19:51.77 ID:jtoNg2jk
>>623
なぜ希望など要るのだね?
絶望のままに死ねばよい。

625 :法の下の名無し:2014/01/14(火) 15:03:33.74 ID:Y76f9K2n
>>624
 鬼!!

626 :法の下の名無し:2014/01/14(火) 16:38:36.61 ID:jtoNg2jk
>>625
悪人に対して鬼になるのは当然のことだよ。

627 :法の下の名無し:2014/01/14(火) 17:35:34.76 ID:QFmP082t
>>623
本気で言っているのかな
反省していて更生の見込みがあれば
同情の余地もあるけどね

628 :法の下の名無し:2014/01/14(火) 19:50:07.01 ID:Y76f9K2n
国民の命を守る責務を負った政府が国民の命を奪うのは
究極の権力犯罪。死刑囚は権力犯罪の犠牲者だから
救われる権利がある。

629 :法の下の名無し:2014/01/14(火) 20:01:06.97 ID:jtoNg2jk
>>628
国民の命を守る責務とやらは具体的には何をすると思っている?w

630 :法の下の名無し:2014/01/14(火) 20:16:54.55 ID:QFmP082t
>>628
精神病院に行くことを強く勧める
あなた自身も可哀そうだから

631 :法の下の名無し:2014/01/14(火) 23:15:01.62 ID:NvDmyAXV
>>619
ああ、それは宗教ね。板違いですよ。


人権は神様に保障されているという考え方ね。知ってる。キリスト教的な、カトリック的なアレね。


でも社会的には、責任や義務を果たす人間がいないと権利なんて存在し得ないから。お前がどんだけ喚いても無駄。

632 :法の下の名無し:2014/01/14(火) 23:20:38.03 ID:NvDmyAXV
>>619
まぁ、こんな感じで、(神様ありきの)人権思想や、神に祈るものは皆救われる的な、キリスト教の思想、両方とも欧州発祥。


つうか、欧州の思想。

文化の押し付けは止めようよ。

本当に西欧人ってのは歴史上この世界でもっともエゴにまみれた人種だと思うよ。

侵略、ダメ、絶対。


暴力でも侵略。文化でも宗教でも侵略。

633 :法の下の名無し:2014/01/15(水) 01:19:31.50 ID:5OrSGNE/
>>628
お前がどう思うのかは、お前の自由だ。
また、お前のような「分かり易い廃止論者」の書き込みを見て、他の人がどう思うのかも自由だ。
だから、お前は、お前の思う事を書けばいい。
その方が、廃止論や廃止論者の危険性が世間に広がるからな。

634 :法の下の名無し:2014/01/15(水) 03:52:26.90 ID:M/o2ZXDI
test

635 :法の下の名無し:2014/01/15(水) 07:00:39.62 ID:7bb+kjgE
人権は天賦にして神聖不可侵。

636 :法の下の名無し:2014/01/15(水) 07:20:23.62 ID:7bb+kjgE
人権が嫌いな奴は北朝鮮に行って裁判抜き処刑されろや。
それでも文句ないだろ。人権が嫌いなんだから。

637 :法の下の名無し:2014/01/15(水) 08:00:15.04 ID:mnHxogTI
神聖不可侵というのは宗教ではありませんね。
自然権という政治思想、法哲学の範疇の言葉です。

638 :法の下の名無し:2014/01/15(水) 09:52:34.89 ID:1zSfuGgJ
そんなもん、どっちでもいいだろw
それが死刑制度に、どう関係するんだw
アホッかって思われるだけw

639 :法の下の名無し:2014/01/15(水) 11:00:49.59 ID:rHO9nExF
>>635
なるほど。
で、その神聖不可侵の人権を侵したら、どうなる?

640 :法の下の名無し:2014/01/15(水) 11:01:46.56 ID:rHO9nExF
>>636
>人権が嫌いな奴は北朝鮮に行って裁判抜き処刑されろや。

あれ?
処刑は反対なんじゃなかったっけ?
ああ、やっちゃった?
またバックレ?逃げる?
逃げるよねぇwww

641 :法の下の名無し:2014/01/15(水) 12:25:26.79 ID:1zSfuGgJ
ここの廃止派らしくていいw
御都合主義w

642 :法の下の名無し:2014/01/15(水) 13:33:37.31 ID:7bb+kjgE
戦争したいやつだけが戦争で死に、死刑賛成のやつだけが死刑になる
のなら勝手にやればいい。他の者を巻き込むなってことだよ。

643 :法の下の名無し:2014/01/15(水) 13:44:23.25 ID:DN+1IGZj
あのね、もっと説得力のあることを言った方が廃止派が増えると思うよ。
よく言われる「生い立ち」のこととかあるだろ。
それでも殺人は許されないけどね。

644 :法の下の名無し:2014/01/15(水) 14:27:43.92 ID:sK4dHDFY
>>636
人権を軽視しているのは廃止派である。

存置派は、人間一人一人に、人権を尊重する義務があると考えている。

人権は尊重されるべき。


『その、尊重されるべき人権を、私利私欲にて著しく侵害せし者からは、その人権の一部たる生存権を剥奪する(場合もある)』


といふ、厳しい法律を定めることにより、人権の尊重とするもの也。

645 :法の下の名無し:2014/01/15(水) 14:34:16.14 ID:sK4dHDFY
>>642
殺人したい奴だけが殺人で死ぬのならば死刑制度は必要無いかもな。

ところがどっこい、殺人なんかしたくも無い奴が殺人で殺されるんだ。

戦争したい奴だけが戦争で死に、一般人が戦争に巻き込まれることは無いなら、多少はマシかもな。
実際には誤爆等で多くの一般人が亡くなる。

殺人も、ヤクザとかマフィアの抗争とかで、一般人の犠牲者が全く出ないなら、多少はマシかもな。
でも、一般人が巻き込まれた。だから暴力団新法も出来た。

つうか、殺人事件の殆どは、殺し合いなんかじゃ無くて、何の抵抗もしない人間が一方的に殺されているんだよ。


わかった?殺人鬼君。

646 :法の下の名無し:2014/01/15(水) 14:40:15.44 ID:rHO9nExF
>>642
なら、廃止派が殺害された時だけ、死刑を回避すればいいんじゃないかな。
他の者を巻き込まずにww

647 :法の下の名無し:2014/01/15(水) 15:13:49.96 ID:sK4dHDFY
>>646
だよな。
廃止派が助けたいのは殺人鬼の命だけで、被害者の立場なんかどうでも良いんだからそうすべきだよな。

648 :法の下の名無し:2014/01/15(水) 15:49:56.76 ID:DN+1IGZj
>>647
おいおい、
全ての廃止派がそういう考え方をしているわけじゃないだろ

649 :法の下の名無し:2014/01/15(水) 17:48:06.01 ID:3NAsNENh
>>642
殺したくない人が殺人の被害者になっている現状はどう説明するの?w

650 :法の下の名無し:2014/01/15(水) 20:15:08.56 ID:7bb+kjgE
>>649
でも死刑囚よりはマシだろ。家族はもちろんアカの他人までが
同情して花を手向けてくれたりもするのに死刑囚は皆から罵られて
「早く死刑になれ」とまで言われた上に家族の墓に入ることを
拒否される人もいるんだぜ。こんな惨めな死にざまないよ。死刑で
だけは死にたくない。死刑廃止しろ!!

651 :法の下の名無し:2014/01/15(水) 20:39:52.61 ID:5OrSGNE/
>>650
>死刑でだけは死にたくない。死刑廃止しろ!!

死刑にされるような事をしなきゃいいだけだろ。
お前みたいに、「死刑を恐れて死刑を廃止しようとしている奴」が存在する限り、
死刑は必要だと証明しているんだよ。
隔離病棟にでも入院させられて一生拘束されてろ、危ないから。

652 :法の下の名無し:2014/01/15(水) 21:46:54.07 ID:3NAsNENh
>>650
自業自得。
嫌なら人殺さなきゃすむ話。

653 :法の下の名無し:2014/01/15(水) 22:36:26.85 ID:XbQh6Q7v
いじめの報復殺人でもかなりの刑罰を受けるからな
殺人なんだから例え死刑になっても文句言えないよ

654 : ◆jrKh.GVFXs :2014/01/15(水) 23:36:27.76 ID:BYADj5BR
>>650
>死刑でだけは死にたくない。

死刑になる事をしなければ良い、と前にも言いましたが、
「死刑になる事をしても」死刑で死ぬのが嫌なら、
「自殺」という手段がありますよ。
逮捕前なら容易でしょう。

それでも
>皆から罵られて
>家族の墓に入ることを 拒否される
のであれば、
それは「死刑」が悪いのではなく、
犯罪を犯した奴が悪い、て事になりますな。

655 :法の下の名無し:2014/01/16(木) 08:25:39.09 ID:Ko2iNH+l
死刑になるほどの罪を犯せる腕と度胸は貴重だ。
死なせるのはもったいない。活用することを
考えたほうが生産的だ。

656 :法の下の名無し:2014/01/16(木) 09:52:19.15 ID:1d5wj8WA
前も、そんな書き込みしてたろw
本当に、本気で、それがまっとうな理屈として通じるか?
考えてる?それとも、ただの悪ふざけ?

657 :法の下の名無し:2014/01/16(木) 10:18:03.08 ID:/A29hFzc
>>655
>考えてる?それとも、ただの悪ふざけ?

一見すると悪ふざけかネタにしか見えないが、恐ろしいのは>>655のようなタイプの廃止論者は、
案外、本気だと言う事。
つまり「殺人犯罪者崇拝型廃止論者」だね。
昔から、ある種の凶悪犯罪者をヒーロー扱いする奴はいて、日本でも有名なところでオームの上佑の
追っかけが居たね。
>>655のように「普通には出来ない事をする犯罪者を神聖化する」という、厄介な連中が。
この手の輩は、当然犯罪撲滅なんか考えちゃいない。
寧ろ、もっと事件が盛んに起きる事を期待している。
こいつらにとって、事件は自分達のヒーローが活動するイベントであり、もっと重度の「崇拝者」となると、
殺人事件は「祭事」に近いんだよ。

まぁこの手の本気で狂気を抱えた奴が、自身の欲望をこういう場で晒すから、死刑廃止論や、死刑廃止派
の危険性を世間に広める事が出来るわけで、結果として千葉の落選等政治にも影響させる事が出来るわけ
だから、廃止派がネットで頑張っちゃうのも、けして悪い事ではないと思う。
どう建前作ったところで、根のところが狂っているから、そのうち狂気が垂れ流されるからね。ww

658 :法の下の名無し:2014/01/16(木) 11:32:05.14 ID:MslPMzO8
オウムの平田にも一審ではあるが死刑判決が下るだろうな

659 :法の下の名無し:2014/01/16(木) 14:10:58.59 ID:1d5wj8WA
お手伝いだけです、直接関与してません・・・
反省してます、謝罪しました・・・で死刑回避を謀る戦術かなw
どこまで立証できるかだな・・・死刑囚呼び出してでも証言させる
わけだ・・・たぶん・・・たぶんだが、証言する死刑囚は
司法取引に近いものが
あって証言して裁判に協力したら刑の執行はやりません・・・
って裏取引があると推測・・・
※日本には司法取引を合法化する法律は無いが・・・
実質的に、取引してる場合があるって聞いたことがある。

660 :法の下の名無し:2014/01/16(木) 22:00:55.87 ID:Ko2iNH+l
人の命を奪いたいのは死刑存置派も同じじゃないか。

661 :法の下の名無し:2014/01/16(木) 22:46:13.73 ID:sodvkc6E
▼オウム公証役場事件
平田信裁判でのオウム死刑囚尋問予定
1月21日(火) 中川智正(51)
2月 3日(月) 井上嘉浩(44)
   .4日(火) 井上嘉浩(44)
   .5日(水) 小池(林)泰男(56)

☆傍聴券交付案内
裁判所名 東京地方裁判所  刑事第3部
日時・場所 2014年01月21日 午前9時0分 東京地方裁判所1番交付所
事件名 爆発物取締罰則違反等 平成24年合(わ)第29号等
備考〈抽選〉
当日午前9時00分までに指定場所に来られた方を対象に抽選します。
開廷時間は午前10時00分です。

中川智正  岡山県立朝日高校→京都府立医科大学医学部医学科
井上嘉浩  京都洛南高→日本文化大学中退
小池(林)泰男  工学院大学2部
平田信  北星学園新札幌高校→札幌商科大学(現:札幌学院大学)

662 :法の下の名無し:2014/01/17(金) 01:40:51.06 ID:kRF83oIw
>>660
>人の命を奪いたいのは死刑存置派も同じじゃないか。

あー、やっちゃった。
「も」ってのは、少なくとも「自分が人の命を奪いたい」ってことだけは認めた事になるんだが。
当然、存置派はそんな事は考えてない。
それはお前の妄想だ。
ただ、お前が人の命を奪いたいと考えていることは、お前自身が認めた事だ。

これは言い逃れが出来ない言質だな。

663 :法の下の名無し:2014/01/17(金) 08:11:13.17 ID:sSxadxoI
死刑肯定論とは要するに、病人を殺せば病気はなくなるという恐るべき
非人道思想だ。絶対に許さない!

664 :法の下の名無し:2014/01/17(金) 08:24:44.56 ID:BT3KGjzs
663の人って自分では、正常でまっとうな主張してる
って思ってるんだろうねw
本気で主張してるなら、病院で検査を受けることを
お勧めする。

665 :法の下の名無し:2014/01/17(金) 09:39:03.96 ID:tJTzJI0n
ミシェル・フーコーの刑罰システム概論

精神医学が、ある個人を危険なものとして収容させる権利を自分のものとする際には、狂気は危険なものだ・・・、
ということを描き出す必要があった。そこで彼らは、すべての犯罪の奥底に若干の狂気がある、としたわけです。
犯罪の背後に狂気の危険があると示されると、その逆に、狂気の背後には犯罪の危険があるということになる。

こうして犯罪と狂気が極めて強く結びつく。刑罰は、犯罪者における犯行の理由に基づくその危険性、病理の部分を
矯正しなければならなかった。危険を除去し、それから社会復帰させる必要があるのだ。そして不可解な犯罪の場合は
狂気がその原因とされる。犯罪の原因とされる狂気は、治療・除去すべき危険なものなのである。犯罪、狂気、危険の
一体化。

監獄、排除
監獄は、排除のプロセスの道具の一つなのである。そこでその循環に取り込まれた人々をフーコーは「非行者」と呼ぶ 。
監獄により必然的に非行を繰り返していくことを強制される「危険」な人たちが作り出されていくのだ。

治安契約
「私たちがどれほど君たちを庇護する心づもりができているかをご覧なさい。何か異常なことが起きたらすぐに、もちろん
法律や判例といった古びた慣習のことなど考慮せず、私たちは必要とされるあらゆる手段を使って介入してあげます。」
治安契約をもとに人々は国家に危険をなくすことを求める。たとえ心遣いとしての国家の介入が、危険、秩序を乱すという
理由で、ある人たちを抹消する、あるいは死に晒すものであるとしても。「あの人は危険です。」「あそこにいるのは危ない
人たちです。」「早く監獄へ入れてしまってください、そこからもう出さないでください。」「死刑にしてください、抹消して
ください、でなければ私たちの生が危険に晒されてしまいます。」「安全な社会を保証してください…。」

国際社会の潮流に反して日本は死刑制度を手放そうとせず、執行を続ける。たしかに、痛ましいニュースを聞く度に憤りを覚え、
社会の安全を切に望むのが人情であるのは理解できる。だが今一度、治安とは何か、刑罰とは何かを問い直してみる必要が
あるのではないか。これは「危ない」人たちを徹底的に抹消することで解決される問題ではないと思う。

666 :法の下の名無し:2014/01/17(金) 09:52:28.13 ID:T1oMAFsG
>>665
悪い事したから罰せられるというだけの話だが?

667 :法の下の名無し:2014/01/17(金) 09:57:42.39 ID:tJTzJI0n
死刑は罰ですらない。抹殺です。
フーコーを読めば分かる。

668 :法の下の名無し:2014/01/17(金) 10:05:31.61 ID:BT3KGjzs
だから、どうするの?っていうのが無いとねえw
誰も支持しないwって何度も言ってるのだがw
とことん頭悪いんですね・・・

669 :法の下の名無し:2014/01/17(金) 10:12:41.04 ID:T1oMAFsG
>>667
何の反論にもなっていないなw
なぜそうであるのか、論理的説明が無いもんw

670 :法の下の名無し:2014/01/17(金) 10:18:12.13 ID:tJTzJI0n
古典学派の刑法論から近代学派の刑法論が中心となるに従って、フォイエルバッハやカントらの
罪刑法定主義議論は下火になる。また、応報刑論から目的刑論に比重が移ってきた。
刑罰の正当化は治安維持の必然性で有り、社会の防御手段であるとする考え方への移行である。
フーコーはこの変化をこれでもかと言うくらい古典刑法を紐解きながら分析した。
そして、ドゥルーズが法哲学分野で新たな刑法の概念を提示し続けた。

死刑制度は罰ではない。何故なら刑罰というのは近代刑法にあっては矯正するための手段として働き、
危険性を抜き去って社会に換地させることを前提としているからだ。その場合、死刑制度というのは
矯正と社会復帰という手段の一切を奪い、フーコーの言葉を借りるなら「抹殺すること」を目的とする。

671 :法の下の名無し:2014/01/17(金) 10:57:06.64 ID:T1oMAFsG
>>670
君の言っている主張はようするに刑罰を「教育刑論」【だけ】で説明しようとする立場だな。
しかし、教育刑論【だけ】が正当であるとする合理的な理由は何もない。

そも刑法とは法制度の一部であり、民主主義国家において法の正当性の源は民意だ。
故に、どの刑法論を採用するかは国民の意思次第であり、そして少なくとも日本においては相対的応報刑論が民意に合致している。

672 :法の下の名無し:2014/01/17(金) 15:14:18.86 ID:sSxadxoI
悪いのは勝ち組と負け組を生み、負け組を不可避的に犯罪に追いや
る社会システム。犯罪者は被害者だ。

673 :法の下の名無し:2014/01/17(金) 15:21:43.37 ID:y6/rJVYE
>>648
そういう考え方以外の廃止派には出会ったことがありませんけど。匿名掲示板での廃止派も、リアルで名前出ししてる廃止派も含めてね。

674 :法の下の名無し:2014/01/17(金) 15:32:41.12 ID:69pG6rUr
>>673
リアルで名前出ししてる廃止派というのは
マスコミの前で「被害者の立場なんか考えていない」ようなことを言ったのかな?

675 :法の下の名無し:2014/01/17(金) 20:52:12.34 ID:sSxadxoI
犯人も苦しんでるんだよ。赦してあげようよ。

676 :法の下の名無し:2014/01/17(金) 21:10:45.11 ID:69pG6rUr
>>675
「反省や更生の見込み、裁判中の態度」により減刑される場合は多いでしょう

677 :法の下の名無し:2014/01/17(金) 21:23:25.08 ID:T1oMAFsG
>>672
負け組など世にあふれているよ。しかしそのほとんどは犯罪なんかせずに真面目に生きているのさ。
でなけりゃ今頃犯罪者であふれかえっている。
つまり環境がどうあれ、人は犯罪を犯すかどうかを己の意思で決められるし、多くの人は犯罪なんか選ばない。

にも関わらず、犯罪を犯したならばそれは犯人の自由意志に基づく物であり自己責任だよ。

678 :法の下の名無し:2014/01/17(金) 21:24:46.54 ID:T1oMAFsG
>>675
ダメだ。被害者の人権を犯した以上は赦しなどない。
自ら被害者と同程度に不幸になるなら別だがね。

679 :法の下の名無し:2014/01/17(金) 21:35:24.66 ID:oXjvVfFB
test

680 :法の下の名無し:2014/01/18(土) 00:36:23.13 ID:r/STVX3g
>>670
このスレの議論やあなたのレスから刺激を受けて、存置派の方々には、
以下のような思想が内在しているように思います。
拙い論ですが、哲学を専攻された方にどのように受け止められるのか、
聞いてみたいので、意見をいただけませんか?
ちなみに、わたしは、いずれかといえば存置を支持します。

近代学派は精神医学を取り込むことにより、「決定論」的傾向を示し、
犯罪は、行為者が有する危険性が顕在化したものであるとした。
これにより、人々の中に犯罪者とは「危ない」人であるという認識が
生じたのか、それ以前にもそのような認識が強くあったのかは別としても、
このような思想の至る一つの結論として、犯罪者に含まれる犯罪を構成する
因子は、平和な共同体を害する「敵」であり、異分子であるためこれを排除
することによって社会を防衛する必要があることになるだろう。もちろん、
この異分子排除のための方法はより穏当なものを選択する必要がある。
しかしながら、ここで重要なのは、犯罪者に含まれる犯罪を構成する因子が
共同体の敵であり異分子であるという点にある。すなわち、犯罪者は、少な
からず防衛されるべき共同体の構成要素たる側面を失い、抹消されるべき
外的因子となるのである。このように、犯罪者が有する犯罪を構成する
因子が抹消されるべき不正義そのものであるならば、その不正義が共同体
が許容し包含することが相当でないほど重大なものであり、かつ犯罪者から
不正義たる因子を分離できない場合には、犯罪者ごとこれを抹消する
以外に不正義に対する対処方法はないことになる。

681 :法の下の名無し:2014/01/18(土) 14:32:26.62 ID:t1exqUlG
>>678
世間の非難や良心の呵責に苦しまなくていい被害者のほうが
死刑囚よりも恵まれてる。

682 :法の下の名無し:2014/01/18(土) 15:33:33.43 ID:QTGrpOqb
>>681
世間の非難や良心の呵責とやらは、死よりも辛いのかな?

683 :法の下の名無し:2014/01/18(土) 19:59:09.55 ID:t1exqUlG
>>682
死刑囚はその後で死ぬんだよ。

684 :法の下の名無し:2014/01/18(土) 20:09:13.27 ID:r/STVX3g
>>683
事故の加害者は相手の治療費や修理費を払わなきゃいけないから、
かわいそう?

685 :法の下の名無し:2014/01/18(土) 20:13:20.44 ID:QTGrpOqb
>>683
答えになってないな。
繰り返し聞くが、世間の非難や良心の呵責とやらは、死よりも辛いのかな?

死より辛いなら死ねばいい。それでもう非難や良心の呵責から解放される。
死よりはマシなら被害者と同程度の不幸とは呼べない。死んで不幸になれ。

686 : ◆jrKh.GVFXs :2014/01/18(土) 21:16:51.60 ID:f4IDtwYj
>>681
>世間の非難や良心の呵責に苦しまなくていい

1・そういう事をしたのは自分、いやならやるな、と。
2・そういう事をするくらいなら先に自殺すれば「被害者」も出ません。
3・そういう事をした上で世間の非難や良心の呵責に苦しむなら
  逮捕前に自殺すれば良いでそ。

687 :中間派の一人:2014/01/18(土) 21:32:49.35 ID:GD0WXhig
えらい事になったな

688 :法の下の名無し:2014/01/19(日) 07:03:16.09 ID:3+chsapM
殺人被害者は苦しんでいない。加害者は苦しんでる。
苦しんでない者はほっといて苦しんでる者を救うのが
あたりまえではないか。

689 :法の下の名無し:2014/01/19(日) 07:42:28.93 ID:dnL35q0h
>>671
>刑法とは法制度の一部であり、民主主義国家において法の正当性の源は民意だ。
日本は民主制と共に近代立憲主義を採用している。例えば長谷部恭男は立憲主義と民主制は
本来は対立する概念であるとして、民主制といえども踏み越えてはならない領域として
近代立憲主義があるという。それは民主制が度々陥る「多数による独裁」が
決して正しい判断を下すとは限らないからだ。

690 :法の下の名無し:2014/01/19(日) 07:53:49.93 ID:dnL35q0h
>>680
社会が閉ざされた世界の中で一定の調和を保ちうることを前提とするならば、
共同体が「排除」「抹殺」を容認することも一定の正当性を持ちうる。
しかし、現代社会はそれ程単純なものではない。陸続きの中で多くの民族や
宗教・思想が交錯し、常に「排除」「抹殺」が常態化した社会を形成してきた
欧州の世界が、何故、死刑廃止に至ったかをよく考える必要がある。

また、刑法の基本概念として問題は「犯罪者」よりも「犯罪要因」にこそあるとする
社会規範が、「矯正するための手段として」機能しうる刑罰に移行したのかも。
排除や抹殺は功利的観点からも決して社会全体を豊かなものにするわけではない。
むしろ堅苦しく創造性に乏しい社会となってしまい生産性が損なわれる。

691 :法の下の名無し:2014/01/19(日) 08:18:02.48 ID:3+chsapM
犯人を処刑しても誰も利益を得ない。死刑をやめれば利益を
得る者が確実に存在する。死刑廃止以外の選択肢は
考えられない。

692 : ◆jrKh.GVFXs :2014/01/19(日) 08:40:48.77 ID:B6JyRTcY
>>688
自業自得という言葉をご存じで?

>>691
>死刑をやめれば利益を
>得る者が確実に存在する

執行が早ければ早いほど
苦しむ期間も余計な費用も掛からない、
鬼畜外道も国庫もwin-winの
「速やかな執行」がベストですね。

693 :法の下の名無し:2014/01/19(日) 12:41:55.20 ID:OwTfiNe7
>>688
死人は苦しまないと思うなら、
とっとと死刑になれば?そうすればもう苦しまなくて済むよ?w

694 :法の下の名無し:2014/01/19(日) 12:42:44.64 ID:OwTfiNe7
>>691
悪人が世の中から減るのは善人にとっての利益だな。

695 :法の下の名無し:2014/01/19(日) 13:51:55.75 ID:3+chsapM
靖国神社で殺人鬼を拝んだ安倍晋三こそ極悪人だな。

696 :法の下の名無し:2014/01/19(日) 13:56:17.06 ID:3+chsapM
幾百万の罪のないアジアの人たちを虐殺した殺人鬼を神と崇める首相の
下で、たかが数人を殺しただけの者を死刑にするのは不条理の極み。

697 :法の下の名無し:2014/01/19(日) 15:00:18.06 ID:BcQXq6yS
お前ホントかまってちゃんだな
親の顔が見て見たいわ

698 :法の下の名無し:2014/01/19(日) 15:39:22.90 ID:OwTfiNe7
>>689
じゃあ誰がどうやって決めるの?
「死刑廃止派による独裁」が常に正しい判断を下すとでも言うのかね?w

699 :法の下の名無し:2014/01/19(日) 15:41:10.96 ID:OwTfiNe7
>>690
中身がないなw
ようするに「欧州がやってるから正しいはずだ!」という程度の話でなぜ正しいのか説明できていないw

凶悪犯罪者を死刑にすると創造性が損なわれるの?なんとも非合理的だなw
一般人には何の支障もなかろうにw

700 :中間派の一人:2014/01/19(日) 22:07:57.88 ID:ERtoBa+m
存置派はこういう時に自分たちの意見をしっかり言えることは認めるけど
もっと相手の気持ちを考えて話合えれば素晴らしいと思うよ。

701 :法の下の名無し:2014/01/19(日) 23:03:47.47 ID:jAK4ULiT
>>700
別に廃止派の気持ちに留意する義理は無いしw

702 :法の下の名無し:2014/01/20(月) 08:49:23.42 ID:e9iu95Ub
第二次世界大戦時・・・戦争の問題持ち出すってw
また得意の御都合主義ですか?
廃止派は
戦争と死刑制度の問題は別って言ってたよねw
死刑廃止国が湾岸戦争に参加・・・無関係の
国民まで巻き添えで殺したことを批判したら
戦争の問題と別って主張したくせにw

703 :法の下の名無し:2014/01/20(月) 09:23:55.23 ID:pur7h7yn
>>698
>じゃあ誰がどうやって決めるの?
多数による独裁を抑止するための担保として司法権の独立がある。しかし、近来の傾向は
司法執行者が民意にすり寄る「悪しき司法改革」「悪しき司法の民主化」が推進されつつあり、
その最たるものが「裁判員制度」と言えよう。アメリカの陪審員制度ですら評決は有罪か無罪かだけの
判定にとどまっているのに、具体的な罪状まで市民に委ねるというのは、比較憲法学者の第一人者、
樋口氏がいう「コオルとしての司法」を放棄した狂気の沙汰だ。

ここで簡単にコオル(Corps)の意味を説明しておこう。樋口氏によれば、コオルとは『職業身分特権集団』の
ことであり、近代立憲主義において生み出されたものとする。彼はコオルの分かりやすい例えとして、
大学の自治が民主的な改革と整合するかという問題を挙げている。司法専門家や大学の自治といった特殊性は
おおよそ民主制とは整合しない。また、立憲主義は「法の支配」を前提として、「何人たりとも侵すことのできない」
領域があることを前提としている。これは一種のフィクションだがリアルな法の実務分野のなかで生かされている。

704 :法の下の名無し:2014/01/20(月) 10:10:04.49 ID:e9iu95Ub
703の人
ほんで、どうしたいんだw

705 :法の下の名無し:2014/01/20(月) 11:08:29.54 ID:e9iu95Ub
若干一名、小学生以下の人が、いらっしゃるようなので・・・@


法律とは
日本は法治国家です。法律によって社会の秩序が守られています。
もし日本に法律がなかったら秩序は破られ、強奪や殺人などの犯罪
が頻繁に起こってしまいます。世界には無法地帯なるものが存在し、
犯罪が繰り返されているところもあるようです。
そこで、法律の必要性や存在意義について考えたいと思います。
法律の無い世界はどんな世界かなどについてもちょっと触れていきます。

法律の必要性
ルールを守らなくなる
法律がないと、何かとルールを守らない人が増えていく可能性があります。
そのため、法律はきちんと決められてあった方がいいと言えます。
必要性を感じていない人も中には居るものですが、そういった人たちは
今まで必要性を感じられるような出来事に遭遇していないからなのかも
しれません。
例えば、交通事故に遭ってしまった場合、これも法律があることで被害者は
様々なことから守られるようになっていて便利です。ルールが決まって
いなければ、被害者が泣き寝入りとなってしまったり、損をしてしまったり
することが多くなってしまうはずです。
最近ではインターネットの普及からインターネット関係の犯罪が多くなって
きました。ネット関係の法律はまだついていっていないところがあるため、
早急に法を変える必要があります。ストーカー事件などもそうです。日本では
まだまだ法律の方が世間についていけていないことが多いため、早急な改善
が求められているところがあります。

706 :法の下の名無し:2014/01/20(月) 11:09:22.51 ID:e9iu95Ub
若干一名、小学生以下の人が、いらっしゃるようなので・・・A

経済破綻
物を盗んではいけない、違法で音楽などをダウンロードしてはいけない、
詐欺は犯罪など、法律は世の中のしていいこと、悪いことを決めてくれて
います。また、それがあるからこそ人間たちは秩序にそって行動ができる
のだと思います。行動できる範囲を良識的に決められているのです。
何も法律がない世界になったら、経済は破綻すると思うし、やったもの
勝ちの世の中、いま罪とされていることが行われる世の中になると考えると、
とても恐ろしいです。例えば今は違法とされている音楽のダウンロードなどが
全てOKになってしまったら、著作権なんてものもなくなってしまうでしょうし、
万引きが犯罪でなくなったら、つぶれる飲食店、スーパーも出てくると思
いますし、何より警察の必要性も失われてしまいます。
そうならないために法律は重要ですし、必要です。

好き勝手行動し人を傷つける人ではなくて、

”まじめに、正直に生きている人が
幸せになるために・・・”

法律は人間を守ってくれているのだと思います。

707 :法の下の名無し:2014/01/20(月) 15:14:49.72 ID:CNx8woX9
>>703
何馬鹿なこと言ってるんだ?w
死刑制度を存置するか廃止するかは司法権じゃなくて立法権の領分だけど?w

708 :法の下の名無し:2014/01/20(月) 17:37:16.33 ID:UpkWp+wn
死刑になりたいヤツだけが死刑になればいいんだ。俺は絶対にイヤだ!

709 :法の下の名無し:2014/01/20(月) 17:41:20.92 ID:CNx8woX9
>>708
刑罰というのは言ってみれば「犯罪者に対する嫌がらせ」だからね。
君のように嫌がってくれるなればこそ効果的だw

710 :法の下の名無し:2014/01/20(月) 18:13:37.41 ID:UpkWp+wn
不公正な社会史システムの犠牲者がやむをえず犯罪に走る、
死刑では解決にならない。

711 :法の下の名無し:2014/01/20(月) 18:21:01.26 ID:UpkWp+wn
犯罪者は被害者だ。救われなければならない。

712 :法の下の名無し:2014/01/20(月) 18:35:51.18 ID:CNx8woX9
加害者たる犯罪者を被害者扱いとかもう語義レベルで矛盾しているなあw

713 :法の下の名無し:2014/01/20(月) 19:03:44.76 ID:GdBEthrl
>>703
あまり、熱くなっても仕方ないですよ。
一応、ここも2ちゃんなんで、そもそも相手の意見を理解しようという
スタンスがない人もたくさんいますから。
さて、フーコーで博論を書かれた方であるとお見受けしますが、
わたしとしては、もっと哲学全開で話をしていただいたほうが嬉しいです。

>>690
前半部分に関してですが、ナチズムがある意味であなたのおっしゃるように
多様性を否定したところで、少数者を圧殺する方向を示したことは事実で
ありますし、それにより苛烈な刑罰規定を置くことになった部分も
あるでしょう。もっとも、当のドイツ自体が戦う民主主義を標榜しており、
私としましては、果たしてあいつらは何を学んだろう?と思うような
ところがあったりなかったりという感想を抱いていたりもします。
死刑制度を語る上で、不正義をどう取り扱うのかということが政治哲学、
法哲学上の問題として非常に重要な部分を占めることになると思われます。
その際には、当然不正義とはなにかを問うことの反面として正義とはなにかを
問わなければならず、そこでは、多様な価値に対する寛容を問題としなけれ
ばならないのも確かでしょう。しかし、死刑は刑罰の頂点に君臨するもので
すから、対象となる犯罪は一応のところ決して許容することのできない
凶悪犯罪に限定されると断じても良いような気がします。

714 :中間派の一人:2014/01/20(月) 21:56:35.47 ID:N0C7uXuL
えらいこっちゃ

715 :法の下の名無し:2014/01/20(月) 22:20:46.22 ID:GdBEthrl
なんのこっちゃ。

716 :法の下の名無し:2014/01/21(火) 03:58:48.82 ID:AEb8jYdH
ちゃちゃちゃグーグー

717 :法の下の名無し:2014/01/21(火) 06:20:06.76 ID:yrROGh8e
他人の死を望む死刑肯定派は殺人犯と同じ。

718 :法の下の名無し:2014/01/21(火) 06:51:24.80 ID:dEsCSOcw
再犯の可能性が高い場合は死刑は最終手段だと思うよ。

719 :法の下の名無し:2014/01/21(火) 07:02:51.12 ID:yrROGh8e
再犯が起きるのは社会が出所者を差別、排除するから。
出所者を暖かく迎え入れる社会では再犯は絶対に起きない。

720 :法の下の名無し:2014/01/21(火) 07:39:03.17 ID:dEsCSOcw
しかし、加害者がどんなに反省していても結果によっては
死刑は避けられないと考える人が多いからな。

721 :法の下の名無し:2014/01/21(火) 08:21:36.75 ID:FgHFP7Tn
最終的には民意だからねw
毎回、この結論だねw
いいかげん、民意を得れるような、まともな
死刑廃止理由を主張してほしいもんだw

722 :法の下の名無し:2014/01/21(火) 08:47:20.65 ID:dEsCSOcw
キリスト教では死刑はよくないとされているね
日本はその点では遅れている

723 :法の下の名無し:2014/01/21(火) 09:08:59.83 ID:54IC2uCa
>>721
>民意を得れるような、まともな死刑廃止理由

存在しない物は、主張のしようがないね。

>>722
キリスト教の歴史と、今のテロの原因が何なのか合わせて調べる事をお勧めする。

724 :法の下の名無し:2014/01/21(火) 09:46:48.49 ID:FgHFP7Tn
日本は仏教の因果応報ってことで良いだろう。

725 :法の下の名無し:2014/01/21(火) 10:07:20.96 ID:FgHFP7Tn
719の人には是非、自ら、お手本を示していただきたいw
特に、殺人とか強姦とか凶悪な事件を起こした人を
引き取り更正させてもらいたい。
もちろん・・・国のやるべきこと・・・って逃げないでねw
と思いませんか?

726 :法の下の名無し:2014/01/21(火) 10:19:39.23 ID:yrROGh8e
>>725
いやだ。俺はそんな専門知識も責任もない。それに何よりも命が惜しい。

727 :法の下の名無し:2014/01/21(火) 10:28:01.27 ID:FgHFP7Tn
正直で、無責任な返答、有難うございますw

728 :法の下の名無し:2014/01/21(火) 11:06:58.15 ID:54IC2uCa
>>726
>それに何よりも命が惜しい。


誰が殺すんだ?

729 :法の下の名無し:2014/01/21(火) 12:22:56.30 ID:FgHFP7Tn
再犯を犯さないはずの出所者w矛盾w

730 :法の下の名無し:2014/01/21(火) 13:28:57.08 ID:Y8PmLVcI
>>726
なるほど。社会が出所者を排斥するのには合理的な理由が存在したと君自ら認めるわけだw

731 :法の下の名無し:2014/01/21(火) 15:18:41.11 ID:yrROGh8e
出所者の社会復帰は社会全体で取り組みべきことで、特定個人に負担と
リスクを押し付けるべきものではない。俺が個人的に引き受けなければならない
理由はない。とにかく殺人の前歴がある者などは俺の身近に置いときたくない。

732 :法の下の名無し:2014/01/21(火) 15:28:02.77 ID:FgHFP7Tn
”・・・国のやるべきこと・・・”
っていうことねw
言ったとおりだろw
おまえは、社会全体の中の1人じゃ無いわけ?
知らん顔するんだったら、最初から言うな・・・
って見てる人は思う。
こうして、廃止派は評価を再度・・・下げるのであるw
御都合主義は、尊敬されることは無い・・・
ただ軽蔑されるのみ、誰からも支持は受けません。
って、思うよねえ?皆さんw

733 :法の下の名無し:2014/01/21(火) 16:23:39.34 ID:54IC2uCa
>>731
>とにかく殺人の前歴がある者などは俺の身近に置いときたくない。

なんで?

>719 名前: 法の下の名無し 投稿日: 2014/01/21(火) 07:02:51.12 ID:yrROGh8e
>再犯が起きるのは社会が出所者を差別、排除するから。
>出所者を暖かく迎え入れる社会では再犯は絶対に起きない。

他の人はともかく、お前は暖かく迎え入れろよ。

734 :法の下の名無し:2014/01/21(火) 16:58:57.21 ID:Y8PmLVcI
>>731
社会ってのは個々人の集合体なわけで、出所者の社会復帰に取り組むならば、
君じゃなくても「誰か」の身近に殺人の前歴が在る者をおいておかなくてはならんわけだ。
そしてその「誰か」にしても、君と同じく「とにかく殺人の前歴がある者などは俺の身近に置いときたくない。」と思う。
皆がそう思った結果として君が言うところの「排斥」が起こっているのであり、つまるところ君もまた「排斥」を行う一員なわけだ。
なら君が「排斥」を非難する資格は無いと思うがねw

735 :法の下の名無し:2014/01/21(火) 16:59:39.39 ID:Y8PmLVcI
>>732
うんw

736 :法の下の名無し:2014/01/21(火) 20:19:20.89 ID:XSkazb+5
>>717
お前には失望した

737 :法の下の名無し:2014/01/21(火) 21:52:23.55 ID:dEsCSOcw
廃止派の立場で言うと「生い立ちの問題」や「正当な評価をされない」等
があるんだろう。それでも犯罪はいけないんだけど。

738 :法の下の名無し:2014/01/22(水) 07:00:59.48 ID:HPLwxfrX
死刑執行されるたびに誰かの寿命が伸びるのか?そんな効果はないだろ。
だけど、死刑執行停止すれば死刑囚の寿命は確実に伸びるんだよ。わかるだろ?
人の寿命を伸ばすことは無条件にいいことなんだよ。人命より尊いものは
ないからね。

739 :法の下の名無し:2014/01/22(水) 07:05:26.37 ID:zPV7krnD
>>738
人命は無条件に尊いものではない。場合によっては殺人が正当とされることもある。
例えば、侵略者を殺して自国を、自分の生きる社会を守ることが悪であろうか?否だ。自衛のための殺人は正当とされる。
死刑制度も同様。侵略者と同様に社会を脅かす敵である凶悪犯罪者を殺すことは自衛であり、正当である。

740 :法の下の名無し:2014/01/22(水) 07:41:54.13 ID:HPLwxfrX
国を守ると称して外国人を虐殺しまくった日本人には「国」を守る権利などない。

741 :法の下の名無し:2014/01/22(水) 07:45:02.11 ID:zPV7krnD
>>740
その論理は自爆であることに気付かんかなあ?応報を暗に肯定しているわけで。
「他者を殺した殺人犯には自己の命を守る権利など無い」とも言えてしまうぞ?w

742 :法の下の名無し:2014/01/22(水) 08:24:31.43 ID:6c7D4zKq
740の人が、勝手にそう思うのは自由だがw
あんたみたいな主張で自衛を放棄したら、どうなる?
中国の植民地にされてでも恥を忍んで生きますか?
それとも、あんたは中国の回し者wって?

743 :法の下の名無し:2014/01/22(水) 12:22:01.54 ID:HPLwxfrX
>>741
刑事事件と戦争犯罪の区別がまったくわかってないな。
刑事事件は社会的弱者がやむにやまれず行う犯罪だから
容疑者被告の人権が最優先だ。戦争犯罪は強者が弱者に
対して行う犯罪だから加害者の人権は絶対に考慮されて
はならない。被害者側が納得するまで事後法、連帯責任、
無過失責任、立証責任の転換、証拠能力要件緩和、時効
不適用等あらゆる法技術を駆使して加害者側の責任が追
求されなければならない。

744 :法の下の名無し:2014/01/22(水) 12:35:01.29 ID:6c7D4zKq
↓あれれ・・・?ちょっと、待った・・・
743 名前:法の下の名無し :2014/01/22(水) 12:22:01.54 ID:HPLwxfrX
>>741
刑事事件と戦争犯罪の区別がまったくわかってないな。
刑事事件は社会的弱者がやむにやまれず行う犯罪だから
容疑者被告の人権が最優先だ。戦争犯罪は強者が弱者に
対して行う犯罪だから加害者の人権は絶対に考慮されて
はならない。被害者側が納得するまで事後法、連帯責任、
無過失責任、立証責任の転換、証拠能力要件緩和、時効
不適用等あらゆる法技術を駆使して加害者側の責任が追
求されなければならない。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
刑事事件は社会的弱者がやむにやまれず行う犯罪だから・・・・
↑これは、全ての刑事事件に、当て嵌まらないよね?
何故、断定できるのか?死刑判決が出るケースは特に
全く自己中心的で全く同情の余地が無いものだよね・・・
例えば、宅間守とか・・・小林薫・・・
もう少し、よく考えて主張しないと、普通に突っ込まれまくるよw
やむにやまれず・・・ってw
脳の検査受けたら?

745 :法の下の名無し:2014/01/22(水) 13:39:22.95 ID:HPLwxfrX
虐待されながら育った子供が利己的で残虐な大人になるのは
同しようもない。本人の責任ではない。

746 :法の下の名無し:2014/01/22(水) 13:45:26.59 ID:6c7D4zKq
またワンパターンなこと言い始めたw
もしかして745の人は、そうなのか?
自分はアブナイ性格だから死刑になりそうなので
死刑廃止を望む・・・?まあ、本人にとっては
そう思いたいよねw

747 :法の下の名無し:2014/01/22(水) 15:18:24.08 ID:ew/zcSCH
いつものシリアルキラーだろ。
コテハン付けなくても、こんな頭のおかしい奴は、そうはいないから直ぐ分かる。
自分がいつ人殺しをするか分からないから廃止にしたいって奴。
前に言質も取ったな、そう言えば。

748 :法の下の名無し:2014/01/22(水) 15:49:50.65 ID:zPV7krnD
>>743
さて、どこから突っ込むべきか・・・
まあとりあえず、犯罪を犯すかどうかは犯罪者の自由意志に委ねられているわけで、
環境がどうあれ自己責任だよ。

749 :法の下の名無し:2014/01/22(水) 17:50:42.78 ID:stvyxPXM
>>748
自己責任でも境遇は量刑に影響するよね

750 :法の下の名無し:2014/01/22(水) 18:00:44.10 ID:zPV7krnD
>>749
君は死刑廃止派かい?なら>>743に突っ込みは入れないのかな?アレが死刑廃止派の総意ということでいいのかな?

751 :法の下の名無し:2014/01/23(木) 22:00:19.96 ID:KhJVhKvY
なぜ殺されなければならないのか、国は死刑囚に説明する義務がある。
死刑囚が納得するまで執行してはならない。

752 :法の下の名無し:2014/01/23(木) 22:10:33.56 ID:WgDsXkCm
民意が多数といっても間違った方向に行く場合があるからな
「税金の無駄」だからさっさと吊るせとかいう民意はいかがなものか

753 :法の下の名無し:2014/01/23(木) 22:11:42.58 ID:x7u9MadN
>>751
刑罰とは強制的なものだ。死刑囚の納得など必要ない。

>>752
で、君の意見なら無謬とでも言うのかな?w

754 :法の下の名無し:2014/01/23(木) 22:32:13.27 ID:WgDsXkCm
>>753
死刑執行に慎重過ぎることってあるかな?w

755 :法の下の名無し:2014/01/23(木) 23:39:19.61 ID:x7u9MadN
>>754
反論にも回答にもなってないね。
繰り返し問うが、君の意見なら無謬なのかい?w

756 :法の下の名無し:2014/01/24(金) 07:23:35.28 ID:x8d7yi9i
死刑がなくても俺は現行法で死刑になるようなの残虐は事はやらない。まともな人間はみんなそうだよ。
死刑存置派は自分がそうだから誰でも死刑廃止されれば凶悪犯罪をやると思っ
てるんだね。死刑になってるのは極少数のサイコパスだけだよ。死刑廃止しても
サイコパスは増えないから凶悪犯罪も増えない。

757 :法の下の名無し:2014/01/24(金) 08:27:21.68 ID:H74N6b8G
>>751
裁判で、判決理由言ってるの知らないのけw

758 :法の下の名無し:2014/01/24(金) 08:38:18.92 ID:H74N6b8G
>>752
”「税金の無駄」だからさっさと吊るせとかいう民意”
?民意の中の一部の意見って主張しないと、皆がそう思ってる
わけじゃない・・・
死刑支持の理由って、いろいろあるからねw

759 :法の下の名無し:2014/01/24(金) 08:42:34.58 ID:H74N6b8G
>>751
あと・・・納得だけど、そんなこと言ったら
死刑囚が”納得しない”て言えば、なんとでも
出来るって・・・いうことになる。
言わなくても、わかると思ったが・・・w
もっとも
納得しなければならないって法律も無いしw

760 :法の下の名無し:2014/01/24(金) 08:54:35.95 ID:H74N6b8G
民意が必ずしも正しいとは限らないっていうのは確かに
一理あると思う。
だからこそ、納得できるように説明すべきで
死刑廃止派の主張って、低俗すぎて、まともに相手も出来ないようなもの
が多すぎる。って思わない?2CHのスレだから、かなり荒唐無稽な内容でも
議論してくれるけど、一般国民の目線だけで評価したら、馬鹿馬鹿しい
内容が多すぎるって思われてる。これは、俺の個人的感想、意見でない。
もし仮に民意が間違った方向に行ってもリスクを背負うのは支持した国民
だから自業自得ということ。
民主主義って、そういうこと。だが1つ言えるのは死刑囚本人以外死刑制度
を支持し存続することにより生じるリスクは無いと思うよw

761 :法の下の名無し:2014/01/24(金) 12:36:18.70 ID:x8d7yi9i
死刑廃止派「俺は死刑があっても殺っちゃうから(or殺っちゃったから)死刑廃止してくれ」
死刑存置派「俺は死刑がなかったら殺っいそうだから死刑廃止しないでくれ」

762 :法の下の名無し:2014/01/24(金) 12:43:54.82 ID:oh7sktxO
>>756
まともな奴は、死刑が無くても殺人なんか犯さないだろうし、
サイコパスは、死刑があっても殺人を犯す。
問題なのは、中間で自分の命と他人の命を天秤に掛けてる廃止論者の存在なんだよ。
死刑の恐怖でギリギリ自制を保っている。

763 :法の下の名無し:2014/01/24(金) 12:46:11.74 ID:oh7sktxO
>>761
存置派「人間は完璧じゃないし、自分も犯罪を犯すかもしれない。それでも死刑は存在するべきだ」
廃止派「人間は完璧じゃないし、自分も犯罪を犯すかもしれない。だから死刑は廃止すべきだ」

危ないのはどっちか、一目瞭然だろ。

764 :法の下の名無し:2014/01/24(金) 13:57:28.74 ID:NPWL1233
集団ストーカーと脳波盗聴の真相が分かる!アニメ漫画速報板の【事件】「黒子のバスケ」事件36歳男を威力業務妨害の疑いで逮捕というスレを見に来てください。日本国の暗部と、大統一理論かも知れない仮説が発表されています。どうかお願いします。

765 :法の下の名無し:2014/01/24(金) 15:16:01.23 ID:J3MZtAqr
怖いと思うのが「正当防衛」と「過剰防衛」の境界線が分らない所ですね
結果の重大性によっては死刑になるかも

766 :法の下の名無し:2014/01/24(金) 15:42:09.44 ID:H74N6b8G
ははは・・・何が言いたいんだw
万が一、過剰防衛と判断されて、死刑にされた例ってあったのかい?
過剰防衛って、相手にも、かなり非があるけど生命を奪う必要までは
無かったってことじゃないの?
あんたの主張の
意味が、よくわかりません・・・それに死刑制度の問題と、どう関係
するのか?・・・争点のすり替えか?

767 :法の下の名無し:2014/01/24(金) 17:16:52.66 ID:H74N6b8G
死刑になる可能性はありません。
過剰防衛とは、自分の身体に危険が及ぶ可能性があり、その事実
のなかにおいて人を死に至らしめた事実ですから、刑法205条の
傷害致死に該当します。
量刑は、3年以上の有期懲役となっていますが、過剰防衛による過
失致死の判例では重くても2〜3年程度ですね。
なお、過失致死罪には、無期懲役、死刑はありません。
過剰防衛での殺人罪は適用されませんので、間違った知識を
お持ちにならないように。

768 :法の下の名無し:2014/01/25(土) 00:03:07.67 ID:ID4uYg+x
過剰防衛でも殺人罪は成立する。

769 :法の下の名無し:2014/01/25(土) 08:15:49.72 ID:LFG7va6u
勝手に思うならそれでいいw
スルーしときましょwみなさんw

770 :法の下の名無し:2014/01/25(土) 10:05:16.86 ID:aMdiMPfO
死刑肯定派は東條英機ら戦犯被処刑者を殺人鬼極悪人と認めて靖国に
反対してるの?日本人を殺せば殺人鬼で外国人を殺せば英雄なの?

771 :法の下の名無し:2014/01/25(土) 11:37:06.48 ID:LFG7va6u
また関係の無いこと持ち出してるねえw
廃止派だよ・・・戦争と死刑制度は別物って
主張したのはwもう、いいかげんw・・・
いったい何が言いたいんだろうねw

772 :法の下の名無し:2014/01/25(土) 14:03:06.31 ID:ID4uYg+x
>>769
事例をあげれば、枚挙にいとまがない。
例えば、最判昭和59年01月30日(刑集第38巻1号185頁)等。
正当防衛・過剰防衛であるからといって殺意が否定されるものでもない。
間違った知識を流布するのは良くない。

773 :法の下の名無し:2014/01/25(土) 14:08:52.44 ID:LFG7va6u
ほんで死刑になるの?その程度じゃ
反論なってねえぜw
そうやって、本筋からずらして・・・w
何がしたいんだwまったくw

774 :法の下の名無し:2014/01/25(土) 14:48:27.01 ID:ID4uYg+x
>>773
過剰防衛による減免は、必要的なものではない。
過剰防衛が認められても、刑の減免がなされず、
その他の理由による刑の減免がないのであれば、
処断刑に死刑が含まれることになる。

もっとも、過剰防衛と認められながら、死刑となった事例は、
寡聞にして聞かない。
ご自分で判例等を調べられてみてはいかがだろうか。

775 : ◆1wR4Wea2oU :2014/01/25(土) 21:31:41.49 ID:c2RFr5Uw
バターン>>770
>死刑肯定派は東條英機ら戦犯被処刑者を殺人鬼極悪人と認めて靖国に
>反対してるの?

他の方の意見は知りませんが、
東条英機は戦死者ではなく、
また、戦略の不備から結果として多くの日本人を
死に至らしめたことから反対します。
他の戦犯に関しても言いたいことはありますが、
板違いですのでこの辺で。

>日本人を殺せば殺人鬼で外国人を殺せば英雄なの?

「戦時において、戦時の法に触れない限り」
という前提で
「日本人」ではなく「味方」、
「外国人」ではなく「敵」であればそうなります。

776 : ◆1wR4Wea2oU :2014/01/25(土) 21:32:56.76 ID:c2RFr5Uw
>>775
バターンは消し忘れ。
スルーしてください。

777 :法の下の名無し:2014/01/26(日) 02:29:04.50 ID:OiRp2zxs
>>770
そこら辺の話って私の関心に少し近い。
めちゃ適当な話なんだけど。
例えば、日本だと割りと悪逆な統治者を吊るした後に
丁重に葬ったりとか、ものによると神社に祀ってみたりとか
わりとありそうそうな気がするんだよね。
でも、西欧の方だと、吊るされた悪逆な統治者はそれなりに葬るん
だろうけど、特殊な信仰の対象にはなっても、土着的で一般的な
信仰の中に取り込まれるようなことってほとんどなさそうな気がする。
そういう意味では、靖国神社が死刑になった犯罪者を祀ることに
日本人にそこまでの違和感はないんじゃないかな。
で、そういう日本人のメンタリティが死刑に対する感覚に影響を
与えてるんじゃないかと思ってみたりもする。

778 :法の下の名無し:2014/01/26(日) 08:43:54.46 ID:LODHJGKR
死刑も戦争も殺人だから絶対に許されない。日本国憲法の精神を
守って全世界から殺人をなくしたい。日本国憲法を世界文化遺産に!

779 :法の下の名無し:2014/01/26(日) 08:51:22.34 ID:dZXioA2V
test

780 :法の下の名無し:2014/01/26(日) 08:54:22.80 ID:dZXioA2V
>>778
戦争も殺人もなくなれば連鎖的に死刑もなくすことができる
だが逆はありえない

781 :法の下の名無し:2014/01/26(日) 09:20:39.21 ID:LODHJGKR
殺人者を殺してはいけない、攻められても抵抗してはいけない。
人命尊重を主張するならそこまで主張しなければならない。
殺人者を殺せ、殺されそうになったら殺してもいい、それでは
人命尊重ではない。

782 :法の下の名無し:2014/01/26(日) 13:40:36.53 ID:OiRp2zxs
>>779
何のtestだ?IDが変わったかどうかのテストか?
どうも変な書き込みが多いと思ってたが・・・。

783 :法の下の名無し:2014/01/26(日) 13:42:14.96 ID:dZXioA2V
>>781
日本国憲法にそんな精神はない
お前の身勝手な主張にすぎない

784 :法の下の名無し:2014/01/26(日) 13:44:12.65 ID:dZXioA2V
>>782
softbank126とかいう規制にずっとひっかかってて書きこめない状況がつづいている
パソコンを一旦切ってからやり直すと書き込めるときがある
これはそのテスト

785 :法の下の名無し:2014/01/26(日) 15:19:58.19 ID:LODHJGKR
殺されかかった時に抵抗したら相手を傷つけるかもしれない。最悪の場合は
殺してしまうかもしれない。「君は僕を殺そうとしてるが僕は君を傷つけも
殺しもしたくないから抵抗しない。それで君の良心が傷まないなら、さあ
やりなさい」と言って殺されたら相手は恥じ入って二度と殺人をやらない
人間に生まれ変わるに違いない。刑罰なんか要らない。

786 :法の下の名無し:2014/01/26(日) 15:34:35.76 ID:dZXioA2V
>>785
>>刑罰なんか要らない

ワロス

787 :法の下の名無し:2014/01/26(日) 19:27:08.46 ID:NVMHRYTV
大犯罪者というレッテルを貼られるだけで
「命よりも大切な名誉」を失うことになるが、
そんなのかまうものかという者に対して
刑罰が「大きな抑止力」になるのだろうな、特に死刑は。

788 :法の下の名無し:2014/01/26(日) 21:49:55.94 ID:LODHJGKR
赦しに優る教誨なし

789 :法の下の名無し:2014/01/26(日) 21:56:29.66 ID:dZXioA2V
あ〜じゃああれだ
まずお前がアフガン、イラク、パレスチナでも行って自己犠牲の精神を見せてこい
話はそれからだ
な!

790 :法の下の名無し:2014/01/26(日) 22:01:24.05 ID:NVMHRYTV
>>788
それなら凶悪犯罪を抑止する方法は?
あなたの安全にも関わることだよ。

791 :法の下の名無し:2014/01/26(日) 23:15:22.12 ID:OiRp2zxs
>>784
無用の疑いをかけて申し訳ない。謝罪する。
PCの再起動でリモホが変わるなら、再接続かLANケーブルの
抜き差し(コチラはあまりおすすめしないが)でも同じ効果があるかもですよ。

792 :法の下の名無し:2014/01/27(月) 01:13:38.79 ID:u3Qomx/e
>>788
馬鹿者!それなら初めからすべてが赦されている!
赦しを与えようなどとは!修行が足りん!

793 :法の下の名無し:2014/01/27(月) 07:12:06.62 ID:OenBAIDy
>>789
死刑廃止派には日本で死刑廃止を訴える使命がある。やすやすと死なせては
ならない。

794 :法の下の名無し:2014/01/27(月) 08:24:47.97 ID:6wtDbXGW
>>785
そんな良心基準の高い人間なら、元々犯罪犯さないって
思うけどw
一度、無政府状態の国に行ってみたらいいw
まあ、一般国民の感情からしたら、頭のオカシイ人なの?
って思われて終わり。

795 :法の下の名無し:2014/01/27(月) 08:26:42.97 ID:OenBAIDy
汝らのうち罪なき者先ずこの縄を取りて死刑囚の首に掛けよ。
交通違反したことありません。道に落ちてるお金をネコババしたこと
ありません、立ちションベンしたことありません、そんな人だけが
死刑を支持しなさい。

796 :法の下の名無し:2014/01/27(月) 09:35:47.47 ID:6wtDbXGW
キリスト教カブレかw
自分の宗教観を押しつけるなw
勝手に、それが良いって思うなら思っていろw
俺は、立小便よくするけど、だから何で
死刑囚を許さないといけないんだw
意味、わかんねえw
って俺だけじゃなく、日本人の大多数は
思ってるだろうよw
ちなみに、俺は右の頬打たれたら、
相手の右の頬打ち返して
”どうだ!痛いだろ!だから、こんなこと
2度とするなよ!”と言って恫喝する。
それで相手が掴みかかって喧嘩になったら
正当防衛として対抗する。
先に手出したほうが悪だからな。
それからマクダラのアリヤは売春婦
(ユダヤ教の教えでは姦淫の罪は
石打の刑(死刑)なんだろ?)
許したるのは良かったけどユダヤ人達から
お前の教えはユダヤ教の正統な教えで
無いって排斥され最後は十字架刑・・・
個人的には、イエスさんは、ちゃんと筋
通しておけば未来は違ってたかもって思う。
もう1つ付け加えると、キリスト教の布教は
後を引き継いだ、パウロって人が実質的
にやったわけだからな・・・

797 :法の下の名無し:2014/01/27(月) 09:43:47.76 ID:QvChm52N
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1314005547/121
  ↑  ↑  ↑   ↑  ↑  ↑

798 :法の下の名無し:2014/01/27(月) 10:40:00.25 ID:JSqLQLIv
>>795
寧ろ逆じゃないの?
交通違反もした事が無く、道に落ちている金をネコババした事もなく、
立小便といった軽犯罪も、一切した事がない。
そう言う人間でなければ、死刑に反対する道義が無い。
何故なら、自身があらゆる軽犯罪を犯さない者でもなければ、
刑罰に対する反対は、「自身が犯罪を犯す事を前提とした自己弁護」でしかないからな。
それを「殺人を犯した罰に対しての反対」なんだから、洒落にもならない。

799 :法の下の名無し:2014/01/27(月) 14:38:28.63 ID:x7Va+kJB
>>674
そこまで言わなきゃならないところまで追い込まれる前に逃げてるだけ

800 :法の下の名無し:2014/01/27(月) 16:42:42.79 ID:EA0fwIsh
>>799
それはいいすぎ。
高橋則夫先生なんかは、修復的司法という観点から、
被害者をどのような形で支援していくべきかということも
取り込みつつ死刑について論じられていると思う。
相手を甘く見過ぎてはいけないと思いますよ。

801 :法の下の名無し:2014/01/27(月) 17:43:05.09 ID:ir+TQenX
>>800
どうも有難う助かりました

802 :法の下の名無し:2014/01/27(月) 20:16:42.07 ID:x7Va+kJB
>>800
同じ事。

803 :法の下の名無し:2014/01/27(月) 20:17:19.27 ID:x7Va+kJB
732 自分: ◆cs4L0OZvjYCK [sage] 投稿日:2014/01/06(月) 04:42:49.62 ID:JJA3eq5V0
死刑廃止派の工作が痛々しいね。工作っていうか本音なんだろうけど。

むしろ廃止派らしく振る舞っている方が建前だから。

733 名前:傍聴席@名無しさんでいっぱい[] 投稿日:2014/01/18(土) 11:14:49.60 ID:km9l83ZlO
池田容之は生きたまま半分だけギロチンして放置プレイがいい

734 返信:傍聴席@名無しさんでいっぱい[] 投稿日:2014/01/18(土) 13:37:24.01 ID:CZSz4pdF0
>>732
一度死刑囚になってみるといいよ。

735 自分: ◆cs4L0OZvjYCK [sage] 投稿日:2014/01/19(日) 21:10:30.41 ID:r9yKXQ0c0
>>734
それはつまり、一度、死刑になりそうな凶悪犯罪を犯してみると良いよ。ってことかい?


クズですなぁ。。。。。。。

804 :法の下の名無し:2014/01/27(月) 20:18:35.01 ID:x7Va+kJB
>>800
あのね?事実を述べることと相手を舐めることを一緒くたにしないほうが良いですよ。
そういうのを邪推というんです。
自分がやってるからって相手もやってると思わないほうが良い。

805 :法の下の名無し:2014/01/27(月) 21:36:27.54 ID:Yw7YMne5
>>804
なるほど。
高橋先生は、既存の被害者参加制度などは被害者関係的刑事司法
にとどまるものにすぎないとして、修復的司法の観点から、
被害者の修復・回復により実質的に寄与するために、
非懲罰的被害者モデルによる制度を模索すべきである
といった感じのようなことを言ってるけど、あなたはどう思います?
私は、一定の説得力はあるように思えるけど。

806 :法の下の名無し:2014/01/28(火) 08:25:03.28 ID:FGDMSQe/
死刑制度廃止する場合、一番考えないといけないのが
被害者遺族の問題・・・ここを避けて通れないが2CHの
廃止派って絶対最後、曖昧にして逃げるからね・・・
”国のやるべきこと”←これが免罪符って思ってるんだw
前政権が勝手に死刑の執行を止めて被害者遺族に何を
やったというの?そういうことするから国民から
「選挙」という報復を受けたんだろうって思う。
国は、やりませんので、やらせるなら国民から声を
上げないと絶対無理でしょw

807 :法の下の名無し:2014/01/28(火) 12:54:04.08 ID:d1moGJtz
遺族には金銭補償と心理ケアを与えるべきだ。「犯人を処刑しても
亡くなった家族は生き返らないんだから事件を忘れて前向きに生き
なさい」と諭すべきだ。それでも犯人の処刑を求める遺族からは
金銭補償受給権を剥奪すべし。他人の死を求めるヤツは加害者だ。
被害者ヅラさせるな。

808 :法の下の名無し:2014/01/28(火) 13:28:39.70 ID:FGDMSQe/
>>807
金銭補償は、あんたがやれw
あーそうかw
”国のやるべきこと”だったよなw
申し訳ないけど
国に、そういう余裕は無いよw

809 :法の下の名無し:2014/01/28(火) 14:09:59.31 ID:1svoVS//
>>807
>他人の死を求めるヤツは加害者だ。

ああ、存置派を死刑にしろとか、死刑執行命令を出した法務大臣を処刑しろとか、
何か精神的に病気を抱えている廃止派連中のことか。
殺人犯罪者の命は至高の命だから助けて、その殺人鬼を死刑にすべきと言う
存置派を皆殺しにしようとしている、病的なシリアルキラーの連中な。
お前がどうにかしろよ。仲間だろ。

810 :法の下の名無し:2014/01/28(火) 19:07:40.69 ID:d1moGJtz
死刑を良いものと思うヤツは死刑になれや。自分は死刑に
なりたくないが他人を死刑にしたいヤツはクズの中のクズだ。

811 :法の下の名無し:2014/01/28(火) 21:21:11.11 ID:PFR+XM7x
>>807
ヅラも何も現に被害者だし。
そして自分や身内がひどい目にあえば報復を望むのは人間心理として極当たり前のことだ。
別段責められるべきことではない。

812 :中間派の一人:2014/01/28(火) 22:19:59.57 ID:QOBwwn9y
死刑だけが怖いと言う奴がかなりいる気がしてきたな

813 :法の下の名無し:2014/01/29(水) 07:12:05.21 ID:UrCqPK9L
遺族は命を脅かされていない。死刑になるかもしれない犯人よりも
ましだ。反省している犯人よりもその犯人の死を要求する遺族のほうが
残酷だ。

814 :法の下の名無し:2014/01/29(水) 08:21:53.67 ID:N0zejc6x
>>813
お前、冗談で言ってるのか?吊か?わざと?

815 :法の下の名無し:2014/01/29(水) 08:58:35.54 ID:J3BptbbI
聖書では死刑はいけないとは書いていないが、
キリスト教を信仰すると死刑廃止派になるようだね。
日本は仏教国に近いから存置派が大勢いるんだろうな。

816 :法の下の名無し:2014/01/29(水) 09:48:34.12 ID:N0zejc6x
キリスト教は許し
仏教にも慈悲とかあって
昔、浄土真宗を信仰する法務大臣(自民党)が宗教上の
理由で1年近く刑の執行をやらなかったことがあった
らしいけど・・・解釈の問題だろうね・・・
アメリカはキリスト教が盛んだけど死刑制度あるしね・・・
(州によって違うが・・・)
ちなみに、うちも浄土真宗だが、親鸞上人が、”死刑はダメ”って言った
って?聞いたことは無いwどういう解釈したのかw

817 :法の下の名無し:2014/01/29(水) 12:33:12.81 ID:UrCqPK9L
俺が遺族だったら犯人の死刑を望むだろうけど、犯人だったら
死刑だけは勘弁してくださいって言うよ。どちらも仮定の話だ。
仮定ならどんなケースでも考えられる。一つの仮定だけを前提にして
議論を進めるのは論理的じゃない。

818 :法の下の名無し:2014/01/29(水) 12:39:04.90 ID:N0zejc6x
>>817

君の前提って、誰のための法なわけ?
基本的に前提がオカシイよね・・・

819 :法の下の名無し:2014/01/29(水) 12:54:05.76 ID:3/vmTyGC
>>810
>自分は死刑になりたくないが他人を死刑にしたいヤツはクズの中のクズだ。

>死刑を良いものと思うヤツは死刑になれや。

ああ、お前はクズっぽいね。
確かに。

820 :法の下の名無し:2014/01/29(水) 12:59:46.95 ID:3/vmTyGC
>>817
つまり、死刑制度自体は維持するべきってことだよね。
まぁ後は被害者遺族なのか、加害者家族なのか、立場によってのその罪が死刑相当なのか
そうでないのかって事になるだろう。
余りにも酷い殺人犯罪なら、自分の身内であっても死んで詫びろと思うだろうし、馬鹿な行動だったにしろ
偶発的な事が絡んでたりすれば、死刑だけは回避出来ないかと思うのが身内の情ってのは解る。
まぁ個別の事件の話になるかな。

821 :法の下の名無し:2014/01/29(水) 13:49:56.78 ID:N0zejc6x
>>820
死刑支持の立場だと思うけど・・・
考え方の違いだろうけど・・・
俺の場合
加害者の家族の立場になったら、被害者に申し訳なくて・・・
死刑という形で被害者の遺族に納得してもらえるなら
そうすべきって思うけどな・・・これは俺の情・・・
俺は、何があっても法は正しく生きている人の側であるべき
って思う。(立小便ぐらいは許せw>>795見ろ)

822 :法の下の名無し:2014/01/29(水) 17:06:43.36 ID:PeUg2wYw
つ修復的司法

823 :法の下の名無し:2014/01/29(水) 17:48:03.13 ID:UrCqPK9L
被害者・遺族だけじゃなくて死刑にされる者のことも考えてやれや。
どれも不幸だろうが。なぜ被害者・遺族だけが不幸で死刑囚は
不幸じゃないの?

824 :法の下の名無し:2014/01/29(水) 17:54:29.39 ID:J3BptbbI
殺人事件が起きて幸せになれる者はいない。
お互いに不幸になるものだ。

825 :法の下の名無し:2014/01/29(水) 22:54:17.01 ID:PeUg2wYw
被害者という言葉がよく出てくるから、
修復的司法というようなキーワードを出してみたけど、
刑罰を制裁という観点から見ても、
刑罰はどうしても公的制裁という側面を有しているものだから、
被害者の望む制裁(被害者の応報感情)と
科せられる公的な制裁というのはどうしても違ってくる
というところは出てきてしまうと思うよ。
この差をどう埋めていくのかっていうのは、
被害回復という意味でもとても大きな意味を持ってくる。
そういうところも取り込んだ上で、死刑の存廃論ていうのは
展開されていってるわけでしょう。
だから、私的制裁としての復讐ないし被害者の応報感情と
公的制裁としての性質を有する刑罰というものを混同して
議論しちゃうと、論点が明確にならず、話が噛み合わなく
なるんじゃないかな。

826 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 06:42:59.31 ID:eIJYoiDQ
死刑になるほどの罪を犯せる人間は善悪は別としてただ者じゃない。
むざむざ死刑にしてしまうのは惜しい。その腕と度胸を活用できないものか。

827 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 07:48:12.20 ID:1AjAbawx
正当防衛や正義の為にやったのならいいと思うよ

828 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 08:27:05.53 ID:nuP/cmgJ
>>823
確かに不幸だと思うよw
自分は刑務所に入れられ執行を待つ・・・
身内は、死刑囚の身内として肩身を狭くして生きなければ
ならない?
こんな不幸なことは無い・・・
だからこそ、死刑になるようなことはやっちゃいけない!
もし、そうなったら全て自業自得として世間は観ますからね・・・
そうでしょ?死刑を支持するのが悪いんでしょうか?
わかってて死刑になるようなことを、する人が悪いんでしょうか?

829 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 08:58:19.21 ID:nuP/cmgJ
>>825
主張は、わかる部分もあるけど・・・
でも一般国民、特に被害者遺族に納得を得なければならないし
合意を得ないと落選した法務大臣のにのまえになるからねw
納得や合意を得れるならいいんだけど・・・
そんな奇麗事だけで片付かないだろう。
現実には、死刑支持の大きな理由になってるし
納得させられないなら、込みで考えるのが筋だろう。

830 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 15:57:07.59 ID:VzCLNyhG
>>825
で、だから何?
応報刑論を否定したいの?

831 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 16:16:59.70 ID:zMfiL9La
>>829
政治学的な問題も議論の対象になるので、政治過程論みたいな
ところを含んでもいいんでしょうが、国民の納得とかそういうものも
同じ政治学の中でも、政治過程論的な意味合いと政治哲学的な意味合いでは
また違ってくるでしょう。
そんな小難しい話じゃなくても、現実に廃止することができるのか、という問題
と廃止・存置それぞれにどのような意義があるのかという問題では、論点が
全然違ってくるので、さすがにそこを区別せずに議論してるとわけがわからなくなってきませんか?

832 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 16:34:48.61 ID:VzCLNyhG
>>831
ではお望み通り政治哲学的に論じてあげようか?

そもそも法とは何か?人間社会を円滑に運営するためのルールだ。
そして民主主義とは何か?君主や貴族などの特権階級ではなく、人間社会の構成員自身に法を委ねる制度だ。
では、民主主義の決定は法の本義に合致するものであるか?これはイエスだろう。
社会にとってどういう法が必要であるかは、その構成員が一番良く知っているからだ。

この視点で見るに、死刑制度が民主主義的支持を得ているということは、日本社会にとって必要だから存置されているということ。
仮に不要になれば廃止されるだろうよ。

833 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 16:34:54.90 ID:zMfiL9La
>>830
まさか、具体的な被害者の応報感情=応報刑論での応報概念だと
思ってるわけではないでしょう。そもそも、被害者の応報感情の
実現による被害者の被害回復という視点を取り込んだ時点で、
応報刑論と言うものからは遠ざかっていきそうだし、被害者の
応報感情の鎮静のような「目的」を全面に押し出してきてる刑罰論
ていうのは、寡聞にして見たことはないかな。

834 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 16:38:04.03 ID:VzCLNyhG
>>833
イコールではないが、しかし無関係でもない。
喩えるなら公憤と私憤の関係性と同じだよ。
仮に遺族だけが憤り、その感情を社会が共有しなければ、それは私憤で終わるが、
社会がその憤りを共有すれば、それは公憤となる。
公憤による制裁が応報刑なのさ。

835 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 16:42:51.18 ID:zMfiL9La
>>832
いや、デモクラシーってやつもそんな絶対的な指導理念になるものでも
ないから。

836 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 16:46:41.59 ID:VzCLNyhG
>>835
理由も示さずただ否定しているだけだな。
それでは「イヤダイヤダ」と駄々捏ねている子供と大差無いよ。

民主主義が具体的に何がどう間違っているか、そしてその欠陥をいかなる政体によって解決するか、
そこまで回答できなきゃ無意味だよ。

あるいはせめて、君自身の「政治哲学」とやらを並べるくらいはやってほしいね。
君は「政治哲学しろ」と叫んでいるだけで、肝心の中身がない。

837 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 16:48:06.37 ID:zMfiL9La
公憤による制裁=応報刑ってわけでもないよ。
少なくとも、カントとかヘーゲルとかはそんな短絡的な
思想ではないもの。

838 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 16:50:15.10 ID:VzCLNyhG
>>837
だから何?
君にとってはカントやらヘーゲルやらの言葉は絶対なのかもしれんが、
別に日本国民が君個人の信仰に付き合う義理はない。

839 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 16:52:53.19 ID:VzCLNyhG
>>837
それに君の否定はなんとも幼稚だ。
「お偉い先生が言っているからそれが正しいんだ」と権威主義に走り、
しかも自分の嫌いな考えに「短絡的」と(論理的な説明もなく)レッテル貼りしているだけだからな。

もうちょっと自分の頭を使って自分の言葉を吐いてみせろよ。

840 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 16:59:39.35 ID:zMfiL9La
>>839
なんか色んなもんがごっちゃになってるから、端的にうまく説明できるか
すごいあやしいんだが。
公憤による制裁を民主主義をもってして正当化してしまうのって、実際危ないよ。
それって、多数決でムカつく奴を排除してしまうことができちゃうもん。

841 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 17:03:34.89 ID:VzCLNyhG
>>840
簡潔さまでは求めんから、言葉にしてみせろよ。
ごっちゃになっているならなおのこと、言葉として外に出さなきゃ誰にも君の考えを理解してもらえんぞ?

おそらくはナチスによるユダヤ人弾圧とかをイメージしているんだろうが、
さて、罪なきユダヤ人と凶悪犯罪者を君は同列に扱うのかな?

842 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 17:09:26.95 ID:nuP/cmgJ
リーガル灰?・・・ハイ?
テレビの観すぎかwそういうのあったねw
民意の暴走?
再度引用させていただくw
760 :法の下の名無し:2014/01/24(金) 08:54:35.95 ID:H74N6b8G
民意が必ずしも正しいとは限らないっていうのは確かに
一理あると思う。
だからこそ、納得できるように説明すべきで
死刑廃止派の主張って、低俗すぎて、まともに相手も出来ないようなもの
が多すぎる。って思わない?2CHのスレだから、かなり荒唐無稽な内容でも
議論してくれるけど、一般国民の目線だけで評価したら、馬鹿馬鹿しい
内容が多すぎるって思われてる。これは、俺の個人的感想、意見でない。
もし仮に民意が間違った方向に行ってもリスクを背負うのは支持した国民
だから自業自得ということ。
民主主義って、そういうこと。だが1つ言えるのは死刑囚本人以外死刑制度
を支持し存続することにより生じるリスクは無いと思うよw

843 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 17:09:43.98 ID:zMfiL9La
>>841
民主主義的手法によって、多数派を形成できた公憤が正しいってことになると、
同列も何も区別できないでしょ、実際問題として。

844 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 17:22:40.92 ID:VzCLNyhG
>>843
だから何?

仮に君の言うように民主主義に欠陥があるとしてだ。
それは【民主主義を続ける限りは克服できない】
仮に死刑制度を廃止したところで、【「むかつくやつ」への弾圧を防げるわけではない】。

つまるところ死刑制度と全然関係無い話になるよね?

845 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 17:35:31.40 ID:zMfiL9La
>>842
リーガルハイおもしろいらしいね。
見てないけど。半沢直樹は見たわ〜。
そこも、どっちかといえば過程論的な話になるのかな。
政治学とか教養レベルでしかやってないんで全然なんだけど。
正当が問題とし難いような課題を発見して周知させるっていうのは、
利益団体とか圧力団体とかの役割になってきたりするのかな〜。
でも、実際死刑廃止によってもたらされるような個人的ないし
集団的な利益ってなんかわかりにくいし、功利的な発想からは
そんな団体ができてまじめに活動するていうインセンティブが
働きそうにないよね。

846 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 17:49:42.08 ID:zMfiL9La
>>844
フーコーの人がまたやってきてくれるとうれしんだけど。
正義論的な問題として刑罰をみると、公憤をもってして
刑罰を正義であるとするのは、ちょっと無理があるんじゃないかな。
とりま、死刑になるのが超凶悪犯罪者に限定されるとすると
社会的には決して許容することができない不正義に対する刑罰
って事にはなると思う。
で、フーコーの人は死刑を抹殺であると言うわけだけど、穏当な
言い方をすると死刑ってのは「いなくなってしまえ」ってことになるよね。
凶悪犯罪というのが社会が決して許容できない不正義であるとして、
それが凶悪犯罪を犯した、つまりそれが付着している(帰属している)
凶悪犯罪者に対して「いなくなってしまえ」って言っちゃうことに
どういう意義があるのかってことを、まず考えてみようってのはいかが?

847 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 18:04:22.18 ID:nuP/cmgJ
極々
簡単に言えば・・・
生きてても仕方の無い人・・・って言いたくないけど・・・
現実に、いるじゃん・・・死刑囚って、そういう人らでしょ?
そういう風に判断された人ら・・・
簡単に言えば・・・
人って、何らかの社会のお役に立って生きるもんでしょ?
少なくとも、世の中の邪魔になってはいけない・・・
って思ってる人は多いだろう。

848 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 18:42:00.34 ID:zMfiL9La
>>847
おっしゃることよくわかります。
そういうことを言うと、もしかしてこれから役に立つかもしれないじゃん、
とか言われそうだけど(もちろん、さらに悪いことすることもある)、そういう
世の中の役に立つかもしれないっていう可能性すらどうでもよいほど、ものすっごい
社会の邪魔(害悪)になることってあるんだよっていう発想ですよね。
で、ここからは、私の仮説なんだけど。
たぶん、どっちかといえば真っ当だと思われる廃止派(専門化は除く)の人ってのは、
個人主義的な発想なんだと思う。つまり、社会の役に立つ人じゃなければダメっていう
発想じゃなくて社会ってのは個々人の役に立つものじゃなきゃならんのじゃないのって
発想なんだと思う。だから、どっちかというと他の人に対して究極の邪魔(害悪)をもたらした
としても、やっぱり個人の存在を完全になくしてしまう、否定してしまうってのは、やりすぎじゃ
ないのって思ってるんだと思う。むしろ、犯罪者が自分がやったことの意味をきちんと理解して
きちんと罪を罪として反省し、他の人の邪魔を二度としないようにしてあげる。
そして、他の人がきちんと納得してもう一度受け入れられるようにしてあげるのが社会の役割なんじゃない
のかなって考えてるんだと思う。
もちろん、このスレにいるんだから、廃止派の肩をもつってわけではない。
どっちかといえば、他の人が納得して受け入れるっということは現状では
難しいし、それは死刑の廃止っていうことも同じだと思う。

849 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 19:03:38.77 ID:nuP/cmgJ
わかりやすく表現すれば、議論しやすいって
思ったw

850 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 19:50:59.15 ID:t2GQaeAA
>>846
その「正義」とやらは誰がどうやって決めるの?フーコーかね?それとも君かね?

851 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 19:58:35.48 ID:t2GQaeAA
>>848
その「個人の存在を完全になくしてしまう」ことを殺人犯はやっているのだがねw

死刑廃止論者は社会や被害者側に対してすごく厳しい倫理律を求める。
つまり、いかな凶悪犯罪者であれ許せという。死刑は絶対に許さないという。
一方で殺人者に対して求める倫理はすごく緩い。
つまり、殺人犯の殺人に対してはすごく寛容だ。それがどんなに利己的で邪悪な動機であろうと許してしまう。

このダブルスタンダードを君はおかしいと思わないのかな?
仮に死刑制度を「罪」「悪」と考えるとしてもだ。死刑廃止論者が殺人犯に対する程度には死刑制度に対して寛容であるべきではないかね?
でなければ不平等だし不公平だろう。

852 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 20:03:49.39 ID:zMfiL9La
>>850
少なくとも、私でもなければ、フーコーでもないことは確かです。
そもそも、決めるってことは、決まってないっていう状態があるって
ことですから、決まってないという状態だとある意味、正義はないという
ことにもなりかねんわけです。
認知されてないだけで、実は常に存在はしているのかもしれないですし、
そうなると、決めるって言うよりは探してるってことに近くなるような気もします。

853 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 20:07:16.91 ID:t2GQaeAA
>>852
君が求めているのが「永久不変」とか「客観的な」とか「普遍の」とか「無謬の」とか「完全なる」とか「万能の」とかがつく正義ならそんなものは無いよ。
正義というのは結局のところ個々人の主観によって定義されるものでしかない。ものごとの善悪は前提となる価値観なくしてはありえんからだ。

854 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 20:30:38.51 ID:zMfiL9La
>>853
とりあえずは、あると考えて進めていかないと、どうしようもないって
ところはあると思いますよ(なんか意味不明な文章ですが)。
個々人の価値観が孤立して存在してるだけだと、みんな違ってみんな良い
なんて話になっちゃうんで何の解決も答えも見いだせないですから。

855 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 20:35:51.77 ID:t2GQaeAA
>>854
ふむ、やはり君はダブルスタンダードだねえ。
(自分の都合の良い所では)現実を無視して理論を求める一方で、
(自分の都合の良い所では)逆に現実をひきあいに出して理論を無視しようとする。
実にご都合主義的で矛盾に満ちていてチグハグだよ。

いいかね?純粋理論的に考えるのであれば、論理を進めた結果「普遍的な正義なんてない」という結論出たとしても何ら問題無い。
求められるのは理論の正確さであって、現実への対処ではないからだ。

また逆に現実的に考えるのであれば、君が求めるような「普遍的な正義」など必要ない。
その場その場に即した正義があれば十分だ。

856 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 20:42:25.36 ID:zMfiL9La
>>851
現状で死刑となるような凶悪な犯罪っていうのは、絶対許容できない
不正義であると考えても良いかなとは思います。だから、凶悪犯罪って
いうのは不正義であるという倫理観みたいなのは、とりま固定するとして
いいじゃないですか。
で、そういう不正義が現実に起こってしまったとその場合にどう対応するのが
正義に叶うのかってのが死刑の問題なわけでして、その際にどういう対応をするのか
によって前者の倫理観がどこまで揺らぐってことになるんでしょうか?

857 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 20:47:22.67 ID:t2GQaeAA
>>856
やはりダブルスタンダードだねえ。

いいかね。君はこう言っている。「殺人事件が起こってしまったあとにどうするか考えよう」
ならば死刑制度もこう扱わなければフェアとはいえないんじゃないの?「死刑が執行されてしまったあとにどうするか考えよう」

858 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 20:49:19.38 ID:zMfiL9La
>>855
現実を引き合いに出すっていうのとも、ちょっと違ってて、
そもそも、「正義」ってなんじゃい?てことを考える場合に
それは何かしら我々を導いてくれるような理念や概念を意味するもの
なんだろうということが含まれてるんじゃないのかなってことです。

859 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 20:50:53.60 ID:t2GQaeAA
>>858
だから純粋理論的に考えるならば「普遍的な正義など無い」という結論が出てもおかしくないし、出たらでたで受け入れるべきものじゃないの?
この世は別に君にとって万事が都合よくできているわけじゃない。君がいかに「普遍的な正義」を欲したところで、無い物は無い。

860 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 20:59:32.92 ID:t2GQaeAA
>>856
ついでに言えば、「殺人事件が起こってしまった後の対処」だからこそ応報刑論が必要なのだよ。
目的刑論はあくまで「予防」。
たとえ凶悪犯罪者を洗脳して聖人君子に変えようが、地獄のような刑罰で抑止を行おうが、
それで救われるのはあくまで「これから殺人事件の被害にあったかもしれない未来の被害者」だ。
「既に殺されてしまった被害者」に対して、目的刑論は何もしてあげることができない。

しかし、応報刑論は違う。
「殺されてしまった被害者」に救済を行うことが可能なのだよ。犯人を懲らしめることでね。

861 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 20:59:57.09 ID:zMfiL9La
>>857
あんまり変わらないような気がします。
仮に死刑が執行されてしまった(され続けていた)あとに、やっぱ死刑ってのは
許されざる不正義だったよねってなると、罰を与える対象が死刑囚から国家とか
それに関与した個人とかに代わるってことにはなるんでしょうが、そうすると
まぁ、国家は原理的には死刑にできないでしょうが、結局死刑はよくないんだから、
関わった個人が死刑になることはないんでしょうかね。いずれにせよ死刑をなくそうって
ことになるんじゃないですかね。

862 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 21:01:10.35 ID:zMfiL9La
ちょっと、舌足らずでした。そんな感じでじゃあ事が起こった後に考えよう
とすると、結局、死刑制度について考えるのをやめようってことになりませんか?

863 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 21:01:20.71 ID:t2GQaeAA
>>861
ならないよ?
死刑制度を廃止するってのは「これから起こる死刑執行」に対するアクションだ。
「既に起こってしまった死刑執行」に対するアクションではない。

864 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 21:04:27.32 ID:zMfiL9La
>>863
でも、これから起こる死刑執行に対するアクションは、死刑が執行されてから
かんがえなきゃならんのでしょ。そうすると、同じことでしょ。

865 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 21:05:46.77 ID:zMfiL9La
>>860
すでに殺された被害者に何かしてあげようっていうことを目的としちゃうと
それって、すでに応報刑論から離れていってませんか?

866 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 21:06:36.56 ID:t2GQaeAA
>>862
>>864
「事が起こった後に考えよう」と言い始めたのは君だぞ?
その論理的帰結として「死刑制度について考えるのをやめよう」という結論が導かれたのならば君はそれを受け入れるべきだ。
それが嫌なら、「事が起こった後に考えよう」という主張が誤りだったと認めて撤回するべきだ。

867 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 21:12:50.97 ID:t2GQaeAA
>>865
応報刑論は端的に言えば「悪いことしたやつを懲らしめよう」だ。
では殺人は何を持って悪とされるか?それは当然に被害者の命を奪うものであるからだ。
言い換えれば、被害者の権利が侵害されたことに対する社会のリアクションが応報ということになる。
何も矛盾はしていないと思うがね。

868 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 21:17:49.56 ID:zMfiL9La
>>866
むーん、そうは言っても現状で死刑になっちゃう犯罪が存在することを所与のものとして
考えないと、そもそも死刑なんて考える必要なくなるでしょう。
そっちの方から考えても、結局、死刑について考えることはできなくなる
じゃないですか?だったら、とりあえず凶悪犯罪は存在してそれは許されない
不正義なんだということを前提にして死刑制度を考えないともうどうしようも
ないですよ。

>>867
別に応報刑論は殺された被害者に何かをしてあげるためにあるわけでもないですよ。

ちょっと、連投規制に引っかかるようになってきたんでレス数減ります。

869 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 21:21:36.14 ID:t2GQaeAA
>>868
それでもなお死刑について論じたいなら、「事が起こった後に考えよう」という主張が誤りだったと認めて撤回すれば済む話だが?
君は「撤回するのも不都合な結論を受け入れるのもいやだいやだ」と駄々を捏ねているに過ぎんよw

>別に応報刑論は殺された被害者に何かをしてあげるためにあるわけでもないですよ。
ほらまた無根拠な否定から入るw
駄々を捏ねるのはいい加減にしたまえよw

870 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 21:33:49.50 ID:zMfiL9La
>>869
「事が起こった後に考えよう」=凶悪犯罪はあるものとして考えようというの
を撤回すると、死刑について語れなくなっちゃいそうなのでそれはちょっと・・・
ただ、具体的な事件が生じた場合を想定するというような誤解を与えてしまったなら、謝ります。

わたしの記憶が正しければ、最初期に応報刑論を提唱しだしたでカントなんかは、人格は自己目的的なものだから、他の何かを
目的とすることはできない、なんて発想だったと思いますから、被害者のためになるっていうとちょっと応報から逸れていきますよね。


>>859
普遍的かどうかは別として、正義はないって結論が出たとして、それを出すこと自体が
正義という概念を持ちだした意味に反するような気もしますが、仮にそういう結論が出たなら、
正義という概念とはまた別のものをよりどころにすることになるでしょうね。
そういうのは、あんま意味が無いんで別の概念じゃなくて、正義という概念が変遷したと
考えるのが良さそうな気がしますが。

871 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 21:44:33.26 ID:zMfiL9La
また、誤解を与えるようなことを言ってしまいましたが、
被害者感情の鎮静を刑罰の「目的」とするってことが絶対ありえない
ってことではないですし、応報というものの意味を被害者感情の発露
であるとすることも絶対的にないわけではないと思いますよ。
ただ、後者の場合は「応報」というよりは「復讐」というようなものに
近づいていってしまうなっていうのはあります。

872 :中間派の一人:2014/01/30(木) 21:46:22.88 ID:1AjAbawx
感情論も大切だけど学説も大切だよな。

873 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 21:48:05.42 ID:t2GQaeAA
>>870
>を撤回すると、死刑について語れなくなっちゃいそうなのでそれはちょっと・・・
ダウト。別に事が起こってからじゃなくても犯罪も刑法も語れるよ。
ようは「犯罪が起こる前から」考え始めればいい。
例えば人は犯罪を犯すかどうか自分で決められる。犯罪というのは故に「犯罪するぞ!」という決意の後に実行されるわけだ。
故に、犯罪者は己の犯した罪に対して責任が生じる。自由意志で決めたことだからね。
そしてこの「責任」という概念は応報刑論に結びつくだろう。
あるいは犯罪者がそのように決断した背景について考えてみるのもよい。
例えば「少年だから凶悪犯罪を犯してもたいした罰にはなるまい」という計算の元に凶悪犯罪を犯したのかもしれない。
ならそれを防ぐためには少年に対しても厳罰を課す必要があるということになる。
これは目的刑論(一般予防論)になるな。
とまあこんな具合にたっぷり語れたぞ?「事が起こってから」じゃなくても。

>わたしの記憶が正しければ、最初期に応報刑論を提唱しだしたでカントなんかは、人格は自己目的的なものだから、他の何かを
>目的とすることはできない、なんて発想だったと思いますから、被害者のためになるっていうとちょっと応報から逸れていきますよね。
カントが言っているのは、ようするに「刑罰を犯罪予防目的に利用するのは不純である。それは動物を鞭で叩いて躾けるようなものだ(だから目的刑論や相対的応報刑論は間違いである)」って主張な。
繰り返すがあくまで「刑罰を犯罪予防に利用するのは間違い」というだけで、被害者との関係性について否定しているわけではない。

>正義はないって結論が出たとして
主観的なものでよければ正義はあるよ。だが主観的であるが故に人それぞれ異なる。で有る以上、普遍足り得ないというだけの話だ。

874 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 21:51:01.42 ID:lpWX5gKo
無駄じゃね?
絶対に自分の過ちは認められないチンケなプライドの持ち主に何か言っても。

875 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 21:52:32.25 ID:t2GQaeAA
>>871
少なくとも、日本においては被害者感情の反映というのはすごく支持された考え方のようだが?
そしてそれを応報と呼んでいるわけだ。
よしんば君の言うとおり、これを応報と呼ぶのが誤用だったとしても、だから何だ?
呼び名を変えようが中身は変わらぬよ。

876 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 22:22:22.77 ID:zMfiL9La
>>873
いやいや、そうじゃなくて、とりあえずは凶悪犯罪が存在するっていうことを
所与のものとして考えないと、そもそもそれを抑止するとかしないとか、以前の
問題になっちゃうでしょ。もともとないんだから抑止しとかありえないんだから。

被害者も他者だからね、自己目的とはいえんような気がするんだけど。

客観的なものを見出さんとそもそも正義論自体が意味をなくす気がするんだけど。
みんな好き勝手にしたらいいんじゃないのっていうのが正義であるなんて
理論になってもいいちゃ、いいのかな。なんかそれって最早正義論じゃない気もするけど。

>>875
被害者感情の反映っていうのは、支持されてるっぽいよね。
被害者参加制度なんてのも、それを狙ったところもあるのかもしれないし。
応報というのは被害者感情に近いっていう認識は、もし自分が被害者になったら
という意味を含めて非常に多いと思う。ここでは、個人的には哲学的な認識論として
応報と復讐っていうのがどこまで分離できるのかっていうことに関心があったりするけど、
どう思います?
あと、そういうところも含めて、現在の日本では国民が懸念なく死刑廃止を受け入れることは
なさそうだっていうのは確かなことだと思うよ。

>>874
一応、素直に謝ったりもしてるんだけど。

877 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 22:42:50.89 ID:t2GQaeAA
>>876
いいや、君には是非「犯罪が起きる前」の時点からきちんと考えてもらわないといけない。
犯罪を所与のものをして扱うということは、犯罪が生じた原因や経緯(犯罪者の自由意志など)を無視していきなりどこからともなく犯罪が現れたかのごとく扱うということだからね。
実際、君は「犯罪」と「犯罪者」を切り離して考えてしまっているわけだし。

>被害者も他者だからね、自己目的とはいえんような気がするんだけど。
仮にカントの定義するところの応報刑論とは違ったとして、だから何だ?
少なくとも俺は別にカント信者ではないので。

>客観的なものを見出さんとそもそも正義論自体が意味をなくす気がするんだけど。
なら意味無いんじゃない?
正義論を求めているのは君であって俺ではない。
正義論が無意味であったとして困るのは君であって俺は困らんし、君が困ったからといってそれに配慮してやる義理も無い。

>応報と復讐っていうのがどこまで分離できるのかっていうことに関心があったりするけど、どう思います?
そもそも君はどうして分離したいの?
被害者感情というやつが死刑廃止に不都合だからじゃないかな?

878 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 22:43:55.94 ID:t2GQaeAA
>>876
あと、以下の問いを再度問うけどどう答える?

死刑廃止論者は社会や被害者側に対してすごく厳しい倫理律を求める。
つまり、いかな凶悪犯罪者であれ許せという。死刑は絶対に許さないという。
一方で殺人者に対して求める倫理はすごく緩い。
つまり、殺人犯の殺人に対してはすごく寛容だ。それがどんなに利己的で邪悪な動機であろうと許してしまう。

このダブルスタンダードを君はおかしいと思わないのかな?
仮に死刑制度を「罪」「悪」と考えるとしてもだ。死刑廃止論者が殺人犯に対する程度には死刑制度に対して寛容であるべきではないかね?
でなければ不平等だし不公平だろう。

879 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 23:07:30.99 ID:zMfiL9La
>>878
死刑廃止論者は人を殺しちゃってもしかたないじゃんって言ってると、
だったら、死刑で人を殺しちゃってもいいじゃんってならないとおかしいよね
ってこと?
たぶんだけど、廃止論者も人を殺しちゃうのは仕方ないって言ってるんじゃないと
思うよ(中にはいるかもしれんが)。
で、凶悪犯罪者でも死刑にするのはどうかと、っていうのは、どういう意味で寛容なの?
ちょっと、そこを補足してもらっていい?

880 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 23:16:33.06 ID:t2GQaeAA
>>879
いいや、死刑廃止派は須らく「人を殺しても許してやる」と主張しているよ。自覚は無いのかもしれないがね。
でなければ死刑廃止などという言葉は出てこない。
死刑を廃止するってことはだ、「人を何百人殺そうと懲役刑で許してやる」というのと同義だからね。

881 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 23:25:42.77 ID:zMfiL9La
>>880
つまり、人を殺しちゃダメ絶対っていう倫理観と人を殺しても自由刑で
許してあげようという寛容さは両立し得ないとそういうことですね。
それは、殺すなら殺されるっていう別の倫理観を媒介にしないといけないのでは?

882 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 23:36:59.97 ID:zMfiL9La
いや、別にいいのよ。国民が殺すなら殺されるっていう確固たる
倫理観をもってるのに、それを国家が全力で否定するってのは、
どうかと思うよ。わたし個人の意見だけど。

883 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 23:55:44.89 ID:t2GQaeAA
>>881
別に殺したら殺されるとかじゃなくて単純にさ。「殺人は絶対許さない」なら刑罰は青天井だよね?
あるいは死刑以外の刑罰が選択される可能性はあるが、その場合「死刑よりも苦しい刑罰」になるわけで。
「死刑よりも苦しい刑罰を新設するから死刑を廃止しろ」と主張する死刑廃止論者っていないよね?

884 :法の下の名無し:2014/01/30(木) 23:55:52.70 ID:zMfiL9La
あー、あとなんかごめんけど。
ダブルスタンダードはダメっていうのも、まぁ、そういう「正義」
みたいなものからやってくるわけで、どこまでいっても主観的
な価値でしかないとか言っちゃうと、自分にとって都合のよい、
スタンダードをいくつ主張してもいいんだもん、ていうのもOK、
みたいになるわけで、もうなんかこんがらがっちゃって困っちゃう
ってなりそうじゃん。
もちろん、論理学的に矛盾してるってことじゃなくて、お菓子は別腹的
な意味でのダブルスタンダードってことですよん。

885 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 00:00:12.57 ID:OnEcwjh1
>>884
価値観内部で無矛盾に一貫して完成されている価値観なら、
あとは人それぞれで片付く。
極端な例で言えば「弱肉強食」という価値観を、自分が食われる側になることまで含めて肯定するならば、これは否定できない。

しかしながら、内部矛盾を起こしていたり、内部で一貫性の無い価値観はそりゃ否定されて然るべきじゃないかな?
いわば自己否定している価値観なわけで。
例えば「自分が強者であるときには弱肉強食、自分が弱者に回ったら弱者保護を支持する」とかはね。

886 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 00:07:30.87 ID:Fs87WN5Z
死刑は生きる権利という究極の人権の侵害だ。廃止せよ!

887 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 00:28:34.91 ID:pp7l/jXf
>>883
うーん。絶対許されないことをしたら死刑以上じゃないといかんて
のが前提にあるとそうなるんでしょうね。絶対許されないっていうのは、
社会にとって許されないってことになるんでしょうけど、最初に言った
ように、たぶんわりとまともな廃止派の人の思想は、かなり個人主義に
よったところがあるんだろうなっていうところがあって、一般予防的な
要素を加味したとしても、やっぱ個人の絶対的な否定は社会ができる範囲を
超えちゃってるんじゃないかなってのがあるんでしょう。
もちろん、個々人も他人の存在を否定するようなことはしてはいけないですが、
あくまで社会というのは、そういう個人が出てくることを予防するってところ
までの役割しかないんじゃないか、みたいな感覚なんでしょう。
その上で、応報というものそれ自体にも価値を見出しているとも思います。
そして、感覚的にはそれは個々人が有する応報感情・被害感情に根ざしているもんだ
とも思ってるでしょう。ただ、やはりそこでも個人主義的な発想が全面に出てきて
しまうことになるじゃないスかね。応報というものも個々人が有している価値なんだから、
その価値の源である個人の存在を否定するほどの社会的価値は見出し難いとか、そんな感じ
なんですかね。まぁ、応報に関してはそこまで深く考えてはないでしょうけど。
いずれにしても、わたしは存置ですから、そのあたりに関しても、ちょっと個人主義に
よりすぎなんじゃねって思ったりはしてます。そもそも、人ってそんな孤立した存在じゃないし。

>>885
うん、だから論理的におかしいってことじゃなくて、お菓子は別腹的なところでってこと。
「それは、わたしにとって別の価値観からやってくることなので無関係なのだ」なんて
いわれるとそれでおしまいなの、テヘペロッって感じになっちゃうなーってかんじですか。

888 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 01:06:42.02 ID:OnEcwjh1
>>887
その「個人主義」とやらは、なんとも矛盾しているな。
社会っつーのは個人の集合体なわけで、社会に我慢や寛容(殺人者を許せ!)を強いるってことは、
結局のところ個人に泣き寝入りを強いるのと同義なのだが。具体的に言えば、被害者遺族とかにね。
個人を重んじるはずが個人に犠牲を強いるというのはおかしくないかね?
しかも、死刑反対派が保護する個人は凶悪犯罪者のみであり、それ以外の多くの個人には一切の援護をしない。
実に差別的とは思わないかね?

889 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 01:44:40.65 ID:pp7l/jXf
>>888
あくまで公的な制裁ですから、公(社会)が個人を保護するために
個人の存在を否定するってのを問題視するってことでしょう。
どっちかを取って、どっちかを切り捨てるにしても、個の存在自体を
切り捨てるってのは、個のためにあるはずの社会が、その目的である
個人の存在自体を否定してしまいますから、そこに矛盾を感じるんでしょうかね。
いかに被害者や遺族の望みを叶えるといっても、本来、個々の構成員のために存在する
社会が個々の構成員を選別排除する、いわんやその存在自体を消し去ってしまう
までの権限は原理的にないんじゃねーのっていう話なんですかね。
むーん、そこまでは考えてないかなぁ。

890 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 02:09:25.88 ID:pp7l/jXf
あくまで個人を中心に考えるんですよ。だから、極論を言うと社会(共同体)は個人に
忠誠を誓って奉仕してるだけなんだと考えるわけです。複数人に忠誠を誓って奉仕
してるわけですから、その間でのバランスを取らなきゃいけないんですけど、忠誠を誓って
奉仕している対象を選り好みして排除するなんてことはできんと、どこまでいっても個人が
中心なんで、その個人に対する奉仕はやめちゃいかんと・・・、なんかわかりにくいですよね。

891 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 02:33:50.31 ID:OnEcwjh1
>>890
滅茶苦茶だなあ。
国家(政府)を公僕と看做すならわかる。民主制国家とはそういうものだからね。
だが社会は国民個々人の集合体だ。
社会を特定個人に隷属するものと考えるってことは、
「俺は王様だ!国民の支配者だ!」と言っているようなものだが。

892 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 02:35:35.03 ID:OnEcwjh1
>>889
ようするに「個人が個人を殺すのはいいが」「社会が個人を殺すのは許さない」ってこと?
わけがわからないよ。

じゃあ遺族が仇討ちで犯人殺すのはいいのか?

893 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 02:46:45.33 ID:jreuhZVK
【アナーキー資本主義者である理由】
http://www.google.com/gwt/x?wsc=tb&u=http://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-936.html&ei=1YXqUpuKD4OpkwWkkYGoAg

【知的財産帝国主義、TPP】
http://www.google.com/gwt/x?wsc=tb&u=http://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-943.html&ei=1YXqUpuKD4OpkwWkkYGoAg

【さよなら議会】
http://www.google.com/gwt/x?wsc=tb&u=http://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-840.html&ei=ZY_qUq-VD8KMkAWA94CIAQ&ct=np_ac&whp=3630

【民主制は、もう終わってる】
http://www.google.com/gwt/x?wsc=tb&u=http://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-937.html&ei=1YXqUpuKD4OpkwWkkYGoAg

【国家統制主義者と自由市場主義者の間の闘い】
http://www.google.com/gwt/x?wsc=tb&u=http://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-931.html&ei=iY3qUq2LCYjEkgW5u4D4BA&ct=np_ac&whp=3630
【社会主義の残滓、中央銀行】
http://www.google.com/gwt/x?wsc=tb&u=http://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-939.html&ei=1YXqUpuKD4OpkwWkkYGoAg

894 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 02:47:07.94 ID:pp7l/jXf
>>892
個人が個人を殺すのもダメだけど、社会が個人を殺すのも無理ってことでがしょ。
もちろん、仇討もダメ。仇討ちを正当化するってのはまた違った話かなとは思うけど。

>>891
個人が中心だから、みんな王様で、みんな支配者。社会が国民からの支配?を受け入れる
ことはあっても、支配者たる地位を完全に奪っちゃうてことまではできんてな感じ。

895 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 02:51:18.29 ID:jreuhZVK
【わずかな原則一式に従う道徳的な社会】
http://www.google.com/gwt/x?wsc=tb&u=http://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-812.html&ei=pbt6Ur3pHYOpkAXu2oHgAQ

【政府は犯罪事業】
http://www.google.com/gwt/x?wsc=tb&u=http://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-619.html&ei=f5V8Uqp1x4qQBYTogMgJ

【触れたものを黄金に変える市場、触れたものを停滞させる政府】
http://www.google.com/gwt/x?wsc=tb&u=http://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-560.html&ei=9ZV8UvawJYOpkAXu2oHgAQ&ct=np_ac&whp=3624

【政府中心の考え方が問題の根】
http://www.google.com/gwt/x?wsc=tb&u=http://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-736.html&ei=Z5d8UvWMNsLMkwWc-YG4DQ&ct=np_ac&whp=3624

【個人の自由と責任を政府から取り戻すか、茹で蛙になるか】
http://www.google.com/gwt/x?wsc=tb&u=http://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-794.html&ei=3716UsO4FIm1kgXR_oHIAQ&ct=np_ac&whp=3631

【お金の脱国営化】
http://www.google.com/gwt/x?wsc=tb&u=http://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-752.html&ei=p756Uom8Do78lAWKzoDoBA

【政府をエネルギー市場から放り出せ】
http://www.google.com/gwt/x?wsc=tb&u=http://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-710.html&ei=YpR8UrPgJYfKkgWxp4HIBQ&ct=np_ac&whp=3631

【赤ん坊のオモチャ「マクロ経済学」で経済は政治階級のオモチャに】
http://www.google.com/gwt/x?wsc=tb&u=http://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-912.html&ei=sbx6Uvn3BojokAWwuIH4CQ

896 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 02:51:49.27 ID:pp7l/jXf
てかね、人ってそんな孤立した存在じゃないから、
社会(共同体)が人を支配してるって部分があるってことも
真正面から肯定したほうが良いとは思うよ。個人的にだけど。

897 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 02:52:01.15 ID:OnEcwjh1
>>894
ダメといっても現実問題死刑反対派は殺人事件に対して何もしてないよね?
殺人事件は放置しているのに死刑だけに反対するってのはダブルスタンダードじゃない?

「みんな」じゃなくて凶悪犯罪者だけが王様になってしまっているのさ。死刑反対派式個人主義によると。
「王様」としての保護を受けられるのは凶悪犯罪者だけだからね。殺人被害者はいったいどんな保護を受けられたというんだい?

898 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 02:54:23.13 ID:pp7l/jXf
だから、抹殺したと宣言した。
なんてことがあってもいいと思うよ。

899 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 02:55:05.69 ID:jreuhZVK
【ぼったくり国家に武装解除させられて】
http://www.google.com/gwt/x?wsc=tb&u=http://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-872.html&ei=ts56UtugG4mgkgXhj4GoAQ

【政府を笑え】
http://www.google.com/gwt/x?wsc=tb&u=http://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-908.html&ei=vc96UvHpI4e0kQWB5IHwDA

【使用上協業的ではないものに財産権は無い】
http://www.google.com/gwt/x?wsc=tb&u=http://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-891.html&ei=d9B6UviHDsGRkwXIpoHgBw&ct=np_ac&whp=3631

【リバタリアニズムの真善美に恋して】
http://www.google.com/gwt/x?wsc=tb&u=http://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-892.html&ei=N9F6UtmrKITQkgXN7oEY

【国家に解決策を求めるイデオロギーが奴隷化の根元】
http://www.google.com/gwt/x?wsc=tb&u=http://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-911.html&ei=ssuBUonsBI78lAXfxYCYDw

【学校革命】
http://www.google.com/gwt/x?wsc=tb&u=http://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-926.html&ei=0sGBUpyYIoKAlQWUmICQCw&ct=np_ac&whp=3624

【選挙しようが改憲しようが、やることなすこと犯罪であることに変わりなし】
http://www.google.com/gwt/x?wsc=tb&u=http://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-900.html&ei=NfiBUqz2KYOpkAWQxoDwAQ

【死なない野獣】
http://www.google.com/gwt/x?wsc=tb&u=http://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-760.html&ei=C_mBUryMGMebkgWT-YDgBQ

900 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 02:57:58.34 ID:pp7l/jXf
>>897
みんな人を殺さないようにしよう、人が人を殺さないような社会にしていこう
って、言いつつ、死刑は廃止しようっていってるとOKってこと?

901 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 03:00:39.86 ID:OnEcwjh1
>>900
口先ではなんとでもいえるがな。それでは無責任というものだよ。

そうだな。喩えるならば小説の中のヒーローみたいに、
殺人事件の現場に駆けつけて、犯人を取り押さえて殺人を未然に防いでいる、とかならまあ本当に殺人を止めようと頑張っていると認めるがね。
もっとも、それで総ての殺人事件を未然に防止できれば、死刑を廃止するまでもなく死刑制度の役目は終わるわけだが。

902 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 03:02:08.02 ID:pp7l/jXf
>>901
死刑を廃止しようってのも口だけなんだから、いいんじゃね。

903 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 03:05:23.56 ID:OnEcwjh1
>>902
法制度に対してはその口先がある程度効力を有してしまうから問題なんだよ。
それとも、死刑廃止論者が何を言おうと未来永劫絶対に死刑は廃止されないという諦観を前提に騒いでいるのかな?w

904 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 03:20:23.63 ID:pp7l/jXf
>>903
法制度じゃなきゃダメ?社会政策的なものにも口だけの影響力ってあるんじゃない?
なんか、うまいこと殺人を減らすことのできる政策みたいなのを提案するってのは、
ありだと思うよ。廃止論者もそういうとこ一生懸命考えていたんなら、まぁOKてのもダメ?
廃止論はあってもいいけど、喋っちゃダメってのは、議論の前提ごとひっくり返しちゃうから、
反則っぽいけどなー。自分の気にいる廃止論しか喋っちゃダメってなっちゃわないかい?

905 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 03:28:32.20 ID:pp7l/jXf
あ、OKってのは、廃止してもOKってことではなくて、
主張してもOKってことね。

906 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 03:33:21.97 ID:OnEcwjh1
>>904
ダメ。
死刑制度については「完全なゼロ」を求めているんだから、
殺人についても「完全なゼロ」を達成するか、あるいはせめて血を流して殺人を未然に防ぎまくるくらいのことはやらないとね。
でなけりゃ殺人事件を肯定しているのと同じだ。

907 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 03:44:30.27 ID:pp7l/jXf
>>906
ダメかぁ。
あなたの考えで言うと、死刑廃止派っていうのは、
殺人を肯定している人たちなんだってことなんですな。

むーん、ごめんけど、眠い。
付き合ってくれてありがとう。
色々、参考になりましたです。感謝、感謝です。

908 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 03:46:49.34 ID:OnEcwjh1
>>907
少なくとも、殺人犯の利益のために活動しているのは確かだと思うが?>死刑反対派

909 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 08:45:10.69 ID:WkUVQ7mN
その1・・・

ペドロ・アロンソ・ロペス (Pedro Alonso López、1948年10月8日 - ?)は、
コロンビアの連続殺人者。コロンビア、エクアドル、ペルーで思春期前の
少女300人を殺害したとされ「アンデスの怪物」と呼ばれた。

1980年4月某日、エクアドル中央部の街アンバトでの出来事である。
プラザ・ロサ・マーケットで働くカルヴィナ・ポヴェダは、つい先ほどまで
そばで遊んでいた娘のマリア(12)の姿が見えなくなっていることに気
づいた。辺りを探し回った彼女は、やがてマリアが見知らぬ男と手を
つないで歩いているのを見つけた。彼女は走り寄り、大声で助けを
求めた。かくして数人のインディオに取り押さえられた男は、警察に
引き渡された。
 男の名はペドロ・ロペス(31)。「アンデスの怪物」の異名で知られる
この男は、最終的に300人以上の少女の殺害を認めた。過去3年間に
渡って、週2人のペースで殺していたというのだ。にわかには信じられない
話だが、どうやら本当らしい。この数はおそらく個人のワールド・レコードだろう。

連続殺人
・・・3年に及ぶ一連の殺人行脚が始まった。ロペスが狙ったのは主に
インディオの少女だった。警察の関心が低いからだ。つまり、ロペスは
インディオ、すなわち先住民への差別ゆえに野放しになっていたのである。
 但し、一度だけドジを踏んだことがある。それはペルー北部で犯行を
繰り返していた時のことだった。9歳の少女を連れ去ろうとしているところ
を見咎められて、インディオの部族にリンチされたのだ。あわや生き
埋めというところでアメリカ人の女性宣教師が割って入り、彼らを説得して
地元警察に引き渡した。ところが、ペルー警察は彼を裁かなかった。
国外追放処分だけで済ませてしまったのだ。

910 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 08:45:50.31 ID:WkUVQ7mN
その2・・・

 第3の地、エクアドルに渡ったロペスは、ここでも懲りることなく犯行を
繰り返した。
「エクアドルの娘が一番好きだ。親切で礼儀正しく、最も純潔だ。
彼女たちはコロンビア人のように人を疑うことを知らないんだ」
 彼はマーケットを練り歩いて獲物を物色した。一旦狙いを定めると、
何日でも粘って機会を窺ったという。そして、彼女が1人になるのを
確かめると、母親の友人と偽って信用させて、人気のない場所に
連れ去り、強姦した後に絞殺するのだ。
「死に行く様を見るのは興奮する。瞳の中の光が消える瞬間が堪らない」
 遺体を埋めて、また次の獲物を物色する。毎日がこれの繰り返しだ。
「夜には決して殺さない。何故なら顔が見えないからだ」

 それぞれの国の警察は、インディオの少女が続々と行方不明になっている
事態を認識していた。しかし、それは白人の奴隷売買グループによる犯行
だと思われていた。たった1人の犯行だとは思いも寄らなかったのだ。
ペルーでロペスが裁かれなかったのはそのためだろう。
 ところが、1980年4月にアンバトを洪水が襲った際、4人の少女の遺体が
川の岸辺に流れ着き、ようやく奴隷売買グループの犯行ではないことが発覚
したのである。ロペスが逮捕されたのは、その数日後のことだった。

 ロペスは当初は殺人への関与を否定していたが、間もなく罠に掛けられて
自供を余儀なくされた。囚人に扮した捜査官がロペスに近づき、その遍歴を
聞き出したのだ。
 コロンビアで100人、ペルーで100人、エクアドルでは110人。

逮捕後
エクアドルで裁判にかけられたロペスは、死刑制度を廃止した同国で殺人罪に
課せられる最高刑、終身刑の判決を受け服役していたが、エクアドルの法律
では長期刑は最高で16年までと規定されているため、1994年8月31日に刑務所
から釈放され、コロンビアに引き渡された。

16年?短すぎる・・・って思うかもな・・・でも貧しい国では長期の服役に掛かる
金銭的負担は尋常でない・・・日本みたいな豊かな国だから死刑囚を百人以上
抱えてもやっていけるけどね・・・w
死刑制度があったら・・・300人も被害者は出なかったろう・・・
終身刑で一生刑務所に入れとけば・・・って言うけど、結局、仮釈放せざる終えなく
なるだろう・・・

911 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 10:18:56.21 ID:hdw+qqT5
やっぱり死刑はないほうがいい。死刑を恐れずにやりたいことを
やってのびのびと生きたい。

912 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 15:56:46.40 ID:hdw+qqT5
犯人を死刑にしても被害者は生き返らないし遺族の悲しみは消えない。
しかし、死刑される側にとっては死刑になるか助かるかは天地の差だ。
アンバランスすぎる。死刑はなくすべし。

913 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 16:49:27.72 ID:WkUVQ7mN
死刑廃止国は、文明人、先進国・・・
死刑存置国は、野蛮人、後進国・・・
なんですよね?

300人殺しても16年刑務所に入ったら終わりですかw
エクアドルの人々は
最高の文明人・・・先進国の人々ですねw
良い国です、>>912 の人は日本なんて野蛮な国
に住まずエクアドルで暮らしたらどうでしょうか?
お勧めしますw

914 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 18:47:06.99 ID:WkUVQ7mN
まあエクアドルみたいな国は、犯罪者にとっては理想の楽園・・・
やりたい放題・・・
真面目に生きてる人は、馬鹿を見る・・・
これじゃ経済も何も成長しないよねえw

915 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 19:33:36.73 ID:17VqE3vX
死刑は首を思いっきり絞めるわけだから野蛮で残酷だろう。
だから抑止力になっているのかも、再犯を防ぐ最終手段だろうが、
執行のペースが速い気はする。

916 :法の下の名無し:2014/01/31(金) 22:18:53.53 ID:OnEcwjh1
>>911
君のやりたいことってのは殺人ということで良いのかな?w

917 :法の下の名無し:2014/02/01(土) 01:38:39.28 ID:qCG1Qpaf
◆被執行死刑囚ヤングベスト10(1970〜)
1.山地悠紀夫 25没
2.金川真大 29
3.松村恭造 31
4.西本正二郎 32
5.尾形英紀 33
6.田本竜也 36
7.陸田真志 37
7.名古圭志 37
9.佐藤哲也 39
9.松田幸則 39
11.服部純也 40
11.前上 博 40
11.宅間 守 40

◆被執行死刑囚ヤングベスト5(〜1970)
1.李 珍宇 22
1.坂巻脩吉 22
3.片桐 操 25
4.喜瀬川幸雄 27
5.黒岩恒雄 29

918 :法の下の名無し:2014/02/01(土) 07:52:26.85 ID:6s1lyJrY
反省してる者を死刑にするのは酷い。反省していない者を
死刑にしたら反省の機会が永久に奪われる。どっちにしても
死刑は好くない。

919 :法の下の名無し:2014/02/01(土) 08:18:53.58 ID:L68hTkRT
反省してる基準って何だw
謝罪の遺族への手紙とかw
もうええわw

920 :法の下の名無し:2014/02/01(土) 08:38:19.97 ID:kXiqDYnG
死刑は嫌いだし、凶悪犯罪も起こさないでほしい。

921 :法の下の名無し:2014/02/01(土) 08:40:34.41 ID:6s1lyJrY
法廷で泣いて詫びたり弁護士を通して反省の作文を公表したりするのは
りっぱな反省だよ。よくそこまで成長したと褒めてやりたい。

922 :法の下の名無し:2014/02/01(土) 09:05:04.41 ID:kXiqDYnG
死刑は再犯防止の最終手段にしたいね。
すでに命よりも大切な名誉を失っているんだ。
問題は死刑だけを怖れる者が大勢いる気がすることだな。

923 :法の下の名無し:2014/02/01(土) 09:46:31.93 ID:L68hTkRT
謝罪、反省って罪の減刑のためでなく
人として、当たり前だろ・・・
っていうのが俺の考え・・・

924 :法の下の名無し:2014/02/01(土) 09:55:56.42 ID:PUJpJ9o0
本当に申し訳ないという気持ちで胸がいっぱいなら、どんな刑罰でも受け入れられると思うがね。
それがたとえ死刑でも。

925 :法の下の名無し:2014/02/01(土) 09:58:01.84 ID:6s1lyJrY
>>923
「人とし、て当たり前」のことをわきまえてたら
死刑になるようなことをやらかさない。やっちゃた者を
どう救うかが今のテーマ。

926 :法の下の名無し:2014/02/01(土) 10:04:46.96 ID:PUJpJ9o0
>>925
なぜ救わねばならぬ?

927 : ◆jrKh.GVFXs :2014/02/01(土) 10:28:13.12 ID:4H+2S5SJ
>>918
反省した者は
>反省の機会が永久に奪われる。
事はないから死刑でおk。

反省してない者は
>反省してる者を死刑にするのは酷い
事はないから死刑でおk。

928 :法の下の名無し:2014/02/01(土) 10:48:04.99 ID:L68hTkRT
>>925
いつから救うのがテーマになったんだw
それだったら、俺から見た犯罪者の救いは
ちゃんと世間にも遺族にも納得してもらって
安らかに召されるのが、そいつの
救いって思ってるのでねw

929 :法の下の名無し:2014/02/01(土) 11:55:20.03 ID:qCG1Qpaf
▼死刑囚の犯行時年齢
・福田孝行 18歳1ヶ月 光市母子殺害事件
・李 珍宇 18歳5ヶ月 小松川女高生殺し
・千葉祐太朗 18歳7ヶ月 石巻3人殺傷
・関 光彦 19歳2ヶ月 市川一家殺害
・永山則夫 19歳4ヶ月 連続射殺魔

930 :法の下の名無し:2014/02/01(土) 15:01:57.16 ID:6s1lyJrY
>>926
俺が死刑になるかもしれないなら救援運動やってほしい。
「鬼畜早く死ね」と言われるのはいやだ。悲しくなる。

931 :法の下の名無し:2014/02/01(土) 15:02:58.03 ID:QBBw95v3
>>921
反省しょうが詫びようが、犯罪行為に下された罪の結果は変わらない。
その罰もまた罰として課せられた責任を負わねばならないのだよ。

932 :法の下の名無し:2014/02/01(土) 15:39:16.76 ID:PUJpJ9o0
>>930
殺人を犯す予定でもあるの?あるいは事後?
いずれにせよ救う必要性を感じないな。凶悪犯罪者は死刑になれば良い。

933 :法の下の名無し:2014/02/01(土) 16:58:07.27 ID:6s1lyJrY
凶悪犯罪者も人間だ。生きる権利がある。

934 :法の下の名無し:2014/02/01(土) 17:20:14.68 ID:qCG1Qpaf
〈週刊新潮・衛生夫が見た麻原彰晃〉
・いま拘置所病舎に収容
・房の左右は空き部屋
・フロアの刑務官、衛生夫も立ち入り禁止
・袖にラインのベテラン刑務官のみが世話
・週1の屋上運動場移動時もパーテーションで隠す
・衛生夫は不在時に麻原房を清掃
・房内には本や置物なし生活観なし、糞尿のみ
・床に点々と大便、小便水たまり
・オムツなのに毎日お漏らしで布団は毎日交換
・あまりの異様さで執行無理かもと刑務官呟く

〈大道寺将司〉
・見た目は元気なお爺チャン
・8畳の房に本100冊以上
・食事や差し入れオヤツも完食
・刑務官呼びつけ野球サッカーの結果聞く
・いつも午後のキレイな一番風呂
・湯加減の注文もOK
・他の囚人にはあり得ない厚遇(うるさ型に配慮か)
・執行ニュース流れても落ち着いたもの
・自分の執行などないと安心

〈片岡利明〉
・脳梗塞寝たきり
・食事も刑務官が食べさせている
・風呂も介助されて
・房内に尿瓶
・週1のリハビリも効果なし
・移動は車椅子
・口を開けて宙を見ている感じ
・自分の意思で動くことはない

935 :法の下の名無し:2014/02/01(土) 17:30:00.25 ID:ty1FSf5r
>>933
馬鹿の一つ覚えを何度も繰り返すが。
確かに生存権はあるから、処刑の時まで生かされるし、人権を守られるから、三食布団つきの
留置所生活も送れる。
裸で放り出されて、遺族に私刑にされるようなこともない。
その上で刑罰として処刑されるのは、当人の行動によって罰則を受ける時は権利を破棄されるからだ。
そもそも「権利」とは絶対的なものじゃない。
当人の行動次第で破棄されるのは、当然のことだ。

>>930
>俺が死刑になるかもしれないなら救援運動やってほしい。

結局、こう言う事だろ。
お前みたいな、殺人者となる事を自身が否定出来ないような危険人物が廃止論者の正体だ。

936 :法の下の名無し:2014/02/01(土) 19:37:51.48 ID:kXiqDYnG
昼間派とかいて
ちゅうかんはと読む

937 :法の下の名無し:2014/02/01(土) 20:22:13.22 ID:g52v6zE7
ナチス死刑執行シーン
http://www.youtube.com/watch?v=OBKZq9JfYIY

938 :法の下の名無し:2014/02/01(土) 23:35:12.36 ID:dWkNSPVW
>>805
一定の説得力ねえ。
そもそも、一定の説得力すら無いものを世に訴えかけることのほうが不思議だろう?


単に相手を批判するだけなら小学生にだって出来るんだよ。
対案があってこその社会制度改革ですよ、ボク。

939 :法の下の名無し:2014/02/01(土) 23:44:48.79 ID:QBBw95v3
ごめんで済んだら刑罰いらないよね
許されるなら最初から終身刑になってるだろうし
死刑の何が不当だと言うんだろう?

940 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 00:09:53.08 ID:UWNiKIOa
>>938
被害者のことを考えた廃止論なんて存在しないとか言ってるから
そんなことないよ。
こんな理屈もあるけど、知ってる?
知ってるなら、どう思うって聞いただけなんだけど。
知らないなら、ちゃんと調べよーよ。

941 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 01:17:50.53 ID:sbumAwMK
>>940
被害者サイドが自発的に修復的司法を求めるならとにかく、
死刑廃止派が押し付ける修復的司法の一体どこに被害者への配慮があるんだ?

942 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 03:46:46.67 ID:UWNiKIOa
>>941
押し付けるってどういうこと?
別に、修復的司法は押し付けられるようなもんじゃないよ。
なんでそうなる。

943 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 03:59:46.55 ID:sbumAwMK
>>942
じゃあ修復的司法を拒み、あくまで犯人の死刑を望む遺族に対してはどうするんだい?
それはそれで仕方ないと諦めて死刑を容認するのか?ならそれはもう死刑廃止論じゃなくなるよね?
あるいはそれでも断固として死刑廃止を行うのか?なら結局遺族を無視してるよね?

944 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 08:21:20.76 ID:tmxP4LPE
殺人鬼として生まれてくる者なんかいない。本人の意思では絶対にどうにも
ならない事情に押しやられて殺人犯になっちゃうだけだ。犯人の責任が
問えるなら被害者の責任も問える。

945 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 09:09:21.00 ID:U9J65prz
そういうことのないようにするにはどうすればいいのか推進派から廃止派までが
力を合わせて議論するべきなんだけど存廃の論争が続いて進まないのだ。

946 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 11:21:34.05 ID:tmxP4LPE
>>945
だから、先ず死刑を廃止すればその後で議論が可能になる。死刑が
あるから凶悪犯罪防止策が進まないのだ。

947 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 11:53:23.70 ID:zFoZZVkK
議論は廃止するしないに関わらず可能です

948 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 11:59:30.23 ID:U9J65prz
凶悪犯罪を起こす者というのは、
普段正当な評価をされていない者が多いのかな?
まあ、許されないことなんですがね。

949 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 12:06:14.82 ID:zFoZZVkK
評価は最終的に相対的なものだから難しいよね
正当性がどこにあるかの相違があるんだろうし

950 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 14:42:53.43 ID:UWNiKIOa
>>943
修復的司法ってたぶんそういう遺族の処罰感情を沈静化するのに
より役立つんじゃないのかっていう部分も含んでるんだと思うけど。

それに、あくまで即時の死刑を絶対的に望む被害者がいるとして、
そういう人が一人でも出てくると予測されるのであるならば、
より多くの人の被害回復が可能である制度を導入できないっていうなら、
それはそれで被害者を無視してることにならんのかな。

951 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 14:59:33.98 ID:sbumAwMK
>>950
>より役立つんじゃないのかっていう部分も含んでるんだと思うけど。
>より多くの人の被害回復が可能である制度を導入できないっていうなら、
そうやって「役立つから導入しろ」という時点で押しつけが始まっているんだよ。
修復的司法が役に立つか立たないかは当事者が決めることであって、君が決めることじゃない。

>より多くの人の被害回復が可能である制度を導入できないっていうなら、
なぜ導入できないんだい?
修復的司法を望む遺族に対しては修復的司法をすればいいし、死刑制度を望む遺族に対しては死刑制度を利用すればいいだけじゃないの?
もしかして君は暗に「修復的司法を導入するならば、遺族全員に対してそれを適用しなければならない」と考えている?それこそまさしく押しつけじゃない?

952 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 15:03:34.39 ID:UWNiKIOa
>>951
そんなんいいだしたら、法律どころか世の中の制度は全部、押しつけになっちゃうよ。
被害者に死刑にするかどうかを選ばせるのも押し付けだし、被害者の負担はでかいぞ。

953 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 15:22:06.35 ID:UWNiKIOa
そもそも、被害者が望むから死刑なんだっていうところを強調しまくるのって
それだと、被害者が望まないなら死刑にならなくても良いってことに近づくよ。
そういうのって、凶悪犯罪者を国家が殺してるのに、その理由を被害者だけに
押し付けてるような感じがして、なんか嫌なんだけど。

954 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 15:25:37.18 ID:sbumAwMK
>>952 >>953
つまり君としては結局のところ、
遺族感情は無視して死刑廃止しろ、という意見ということでいいのかな?

955 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 15:38:27.46 ID:UWNiKIOa
>>954
いいえ、私は存置論者だよ。
ただ、廃止論者は被害者のことをこれっぽっちも考えてない、みたいなことはないし、
被害者感情=応報=死刑は疑問っていう高橋先生のおっしゃるところは、なるほどと
思えるところはある。
そういうもろもろと、それ以外のもろもろを自分の中で色々考えた上で、やっぱ
死刑は現状維持の方向が無難だろうと思ってる。

956 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 15:49:36.71 ID:sbumAwMK
>>955
では君の言うところの「修復的司法に依拠した死刑廃止論者」は、
修復的司法を拒んであくまで死刑の執行を求める遺族に対してどう対処するんだい?

957 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 15:59:22.23 ID:UWNiKIOa
>>956
そういうのは、自分で調べてくださいよ。
過不足なく高橋先生や修復的司法に関する問題を説明するのは困難だし、
自分なりに考えて、問題点がないかとかも一応検証した上で、結局、
死刑維持が今は無難だろうという考えに至ってるわけで・・・、

廃止論者を相手にして、問題点を指摘するというのならまだしも、
存置論者を相手にこういう理論があるけど、こういう考えから結局、
私見としては、維持が望ましいなんてことを言ったところで、単なる
一人相撲になるだけなんで、しんどいんだけど。
私としては、被害者に正面から向き合う形での廃止論もある、だから、
そういう理論に対しても、一応考えの中に入れた上で、存置論を展開
していく必要があるということをわかって貰えたらそれでいいんです。

958 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 16:03:26.47 ID:sbumAwMK
>>957
は?なんで俺が調べなきゃいけないんだ?
自分が果たすべき説明責任を人に転嫁するなよ。

959 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 16:30:28.88 ID:UWNiKIOa
>>958
一から全てを説明するのは、わたしの実力的に難しい。
なにより、こういところで、わりと難解な理論を懇切丁寧にわかりやすく
説明するのは不可能。紹介するに留めるくらいのことしかできないし、
そうするのが、一番無難。わたしも勉強しておくので、ある程度、共通の
理解が出来ましたらお話をしましょうということで勘弁して下さい。

960 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 16:52:25.68 ID:sbumAwMK
>>959
きちんと説明できないならそもそも持ち出すなっつーの。

961 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 16:56:05.79 ID:UWNiKIOa
>>960
ちっとは、自分で勉強しろっつーことだよ。
そもそも、廃止論が被害者をまるっと無視した理論じゃないってことの
一応の説明はついただろう。あんたがそういう理論を知らなかっただけ。

962 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 17:00:34.78 ID:sbumAwMK
>>961
無視してるじゃんw
せいぜい、修復的司法を受け入れる遺族に対する配慮であって、
修復的司法を受け入れない遺族に対しては何の配慮もしてないわけでw

963 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 17:15:47.09 ID:UWNiKIOa
>>962
いや、あんただけに向けて言ったことでもないから、
高橋則夫先生や修復的司法っていうキーワードを提示したことによって、
>被害者遺族の問題・・・ここを避けて通れないが『2CHの
>廃止派』って絶対最後、曖昧にして逃げるからね・・・
こういう論調に変わってたりするんで、俺としてはそれだけでわりとOK。
そもそも、存置論者が廃止論を一生懸命説明するなんてナンセンス。
こういう議論も把握した上で、存廃論について考えていこう、
じゃないと存廃論についていけなくなるよってのがわかってくれればOK。
そっから、先はご自分で勉強して反論を考えてくだされ。
不可能なことを求められても困る。

964 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 17:20:56.88 ID:sbumAwMK
>>963
答えに窮してさっきから話し逸らしまくってるけどさ、
修復的司法ってのは、肝心要の「死刑を望む遺族」に対して何の配慮にもなってないんだよね。
少なくとも君はこれに対して有効な反論をできていない。そして恐らくこの世のどこにも無いだろ。
修復的司法は「自発的」なものだからね。外部から強制すれば無意味である以上、修復的司法を拒む者に対しては何もできない。

である以上、修復的司法云々は死刑存廃論に対しては何の意味も無い主張だと思うけどw

965 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 17:22:39.25 ID:sbumAwMK
>>963
あと、ナンセンス言うなら君が修復的司法云々を持ち出すのがそもそもナンセンスだろw
死刑廃止論の弁護は死刑廃止論者に任せればよい。

まあもっとも、君は死刑存置論よりはむしろ死刑廃止論に親和性がありそうだけどねw
もっと言うと、君、死刑存置論者のフリをしている廃止論者じゃないの?w

966 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 17:49:13.03 ID:UWNiKIOa
>>964
うーん、まぁ、あまり被害者の感情(それも一部の)に対する配慮を強烈に
押していくのは、微妙な感じがするけど、全くありえんってわけでもないから
いいんじゃない。
「自発的」とか「外部から強制」っていう意見は、どういうことなのかあまりピン
とこないけど、とりあえず、こういう理論があってそれに対してどう思うのって
のが聞きたかっただけだし、もっと言うとそういうところに対する反論も考えていこう
っていうのが、わたしの提案したかったことなんで、とりあえず考えてくれたってことだけで、
十分有難いんだけどね。

>>965
うんにゃ、存置論者だよ。そもそもここ存置論者スレだし、
存置論者が色んな廃止論について話しあったりするのがメインに
なってきたりするんじゃないの?
ナンセンスってのは言い過ぎだったと思うけど、もう少し突っ込んだ議論を
した方が良いのかもしれんけど、今は色々ちょっときついかな。
今回は紹介にとどめて、また機会があったらもう少し深く突っ込んだ議論をしましょう。

967 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 20:39:10.49 ID:tmxP4LPE
死刑は誰をも救わない。死刑廃止すれば確実に救われる人がいる。

968 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 20:57:35.88 ID:U9J65prz
動機はともかく殺人の再犯率が0.9%もあるから
再犯をする者の心理を知りたいんだよ。

969 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 22:02:50.26 ID:Psmjx5C1
>>940
ほほう。
では、【被害者】 のことを考えた廃止論を是非聞かせてみてくれ。

被害者遺族じゃないぞ?被害者の事だぞ?
日本語理解デキマスカ?

先ず君は日本語をちゃんと調べよーよ。

970 :法の下の名無し:2014/02/02(日) 23:11:20.74 ID:UWNiKIOa
>>969
被害者遺族も被害者なんだけどな。
死んじゃった被害者ってことでいいのかな。
残念ながら、死んでしまった被害者に関しては、存廃論以前のところで
ケアは難しいでしょう。相手を死刑にしたところでなんかいいことがあるか
っていわれるとそれもないし。
無念を晴らすとかそういう意味においてだと、修復的司法も
その辺のことは、考えてるんじゃないかな。
そもそも、被害に合わないようにっていうと、それは予防とか
いう話になってくるでしょう。そこはそこで厄介だから、
その辺もまた機会があれば深く議論しましょう。

971 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 00:02:15.47 ID:VbIxvvEa
あー、刑訴法上の告訴権者とかのからみで言ったりするところの被害者ってことか。
それなら確かに、基本的に該犯罪の保護法益を侵害された人ってことになるのかな。
刑事法ってなってくるとそういう用語法の方がいいのかね。こりゃ失敬。

972 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 01:57:55.07 ID:wJGfaXcx
>>970
>相手を死刑にしたところでなんかいいことがあるかっていわれるとそれもないし。

被害者遺族の視点で言えば、加害者が生きているよりはマシだろう。
一つケリをつけることで、立ち直る切っ掛けを作るという意味なら、修復的ではあると思うし。
被害者側にとって取り返しのつかない類の犯罪には、これで手打ちという刑罰という区切りは必要であり、
その罰の内容は、罪によって変わるだろう。

973 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 02:21:32.34 ID:VbIxvvEa
>>972
あくまで、死んじゃった被害者にとってはって意味だから。
高橋先生の主張の細かいところは、まだ把握しきってないからなんとも言えんけど、
たぶん、犯罪問題の解決として、加害者の役割を考えた場合に死んで詫びろってのは、
短絡的だから、もっと別の方向性を探っていくべきなんじゃないのってことだと思うよ。
それに、加害者にとって修復的であるかってのもあるのかもしんない。

「応報は、被害者が突き落とされたレベルまで加害者のレベルを落とすことによって、
バランスを回復する試みである。それは、悪事を行った者を打ち負かし、優越感を棄てさ
せ、被害者の尊厳感を改めて確認させようとすることである。一方、回復は被害者を元の
レベルまで引き上げようとするものである。」(ハワード・ゼア『修復的司法とは何か』
195頁以下)、高橋則夫「応報的正義(Retributive Justice)から修復的正義
(Restorative Justice)へ」より抜粋。
こんなかんじの話しらしい。
何度も言ってるけど、ちょっとした紹介くらいしかできんよ。詳しいところは把握してないから。

974 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 09:59:11.52 ID:G8UAUa9M
遺族が犯人処刑で味わう喜びよりも死刑囚が執行を免れてシャバに出られた喜びの
ほうがずっと大きいはずだ。やはり死刑囚を救ってあげたい。

975 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 10:08:51.60 ID:elXKlO+V
↓そういう言葉は代案を示して言わないと説得力が無いw
もっと別の方向性を探っていくべきなんじゃないのってことだと思うよ。

まあ”国のやるべきこと”って逃げるだろうけどなw
見てなよ、いろいろ屁理屈こねるから、おもろいぜw

976 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 10:12:51.20 ID:elXKlO+V
>>974
外国の映画であったよ・・・w
自分の娘を殺した死刑なりかけの人間を
無罪放免するようにしむけて・・・
出てきた犯人に
”死刑なんて軽すぎる2・・・って言って
火をつけて燃やして殺すって映画・・・
まあ心情的にわかるけど・・・それって
あなたの正義なのw

977 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 11:13:01.92 ID:QL6DFLmb
殺人や放火等がなくなれば
死刑廃止になるわけだろ

978 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 11:41:27.43 ID:8DgUl/wl
>>977
廃止というか、死刑を受ける犯罪者がいなくなるな。
廃止にする必要はない。
存置し続けても死刑相当の犯罪が起きず、死刑宣告が0というのが望ましい。
廃止にした途端、死刑を恐れて大人しくしていたシリアルキラー達が暴れはじめたら
本末転倒だからね。

979 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 14:14:10.01 ID:G8UAUa9M
死刑廃止は市民の自由を拡大する。

980 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 16:46:43.49 ID:G8UAUa9M
自由を奪われて発言できない容疑者や被告や死刑囚に代わって
シャバにいる者が死刑廃止運動しなければ誰がするんだよ。
誰が彼らを救うんだ。

981 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 16:50:20.21 ID:VbIxvvEa
>>980
死刑廃止論ってそういう話じゃないよ。たぶん。
制度としての死刑の存在意義を問い直そうとか、そういう話のが近いよ。

982 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 17:24:20.31 ID:QL6DFLmb
誰だったか、キリスト教を信仰していた、
元法務大臣が死刑を一人も執行しなかったよね。
少しは聖書を読むのもいいよな。

983 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 18:12:51.76 ID:elXKlO+V
キリストじゃなく浄土真宗
杉浦とかいう自民党議員

984 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 19:46:54.40 ID:nvz1UxZG
>>973
言ってて気づかないかな?少なくとも殺人においてはそれが不可能であることに。

例えば金銭的損害であれば、被害者を事件前のレベルに戻すことも可能かもしれない。
しかし、殺人となると元のレベルに戻すことなど不可能だ。当然に被害者本人は生き返れないし、被害者遺族も喪った家族を取り戻すことはできない。
となると、バランスを取るにはもう、加害者を突き落とすしかないよね?

985 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 19:54:48.59 ID:T+jjTpbO
どこかで見たんだけど、死刑求刑された人がもし冤罪を主張した場合どうなるんでしょうか?
刑の執行は死刑囚が本当は殺しましたなどの自白があるまで延長されるのでしょうか?
流れぶった切ってすいません…

986 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 20:35:56.30 ID:u49aLES8
俺死刑よりも終身刑のほうが残虐な刑っていう考えなんだけどどう思う?

987 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 20:40:01.78 ID:T+jjTpbO
死刑囚の過ごし方と終身刑の過ごし方にどういう違いがあるのか
知らないけど、死刑は嫌だな、テレビで見た時はいつ死刑にされるのか
はっきり受刑者には伝えられない感じだったような・・・
そんなの怖すぎ
でももしアメリカのように薬で眠ったまま死ねるなら死刑の方がいい

988 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 20:47:41.29 ID:mliuWlPV
>>970
社会制度を語る時に、更なる被害者のことを考えないの?

君が言っている修復的司法というのはあくまでも民法上の解決であって刑法上での解決には至らないよ。

989 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 20:51:47.49 ID:VbIxvvEa
>>984
だから、細かい説明は無理っていってるじゃん。
ちょっとした紹介しかできんのよ。
自分なりに考えるなら、原典にあたってくれ。
俺の書いてることなんて、全体像どころか、無料のお試し版程度の意味もないんだから。
とりまハワードゼアの「修復的司法とはなにか」(原書は、Changing Lenses:A New Focus for Crime and Justice)
とか、高橋則夫「修復的司法の探求」(RJ叢書)とか、同「被害者(遺族)感情=応報=死刑には疑問がある」佐伯千仭ほか編
『死刑廃止を求める』(日本評論社)辺りにあたってみればよろしいかと思いますよ。

990 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 21:02:09.46 ID:OYANUHxn
少しは自分の脳で考えりゃいいのに
考えるのがいやなら言われたことを受け入れりゃいいのに

991 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 21:04:05.30 ID:VbIxvvEa
>>988
>>989
予防については、また少し違った話になりますよ。
個人的には、純粋な抑止効果というもの以上に、あったもの(死刑)が
なくなることが与えるインパクトっていうのは、色んな意味で無視できないもの
ととらえるべきではないかと思ってたりもしますが、どちらにせよ事実の問題で
数学的な計量による検証が可能で、それが不可欠な部分でもあるので、生半には
いかんとこですな。

どっちにしろ、もうスレがもたん時が来てるのだよ。
機会があったら、次スレで。

992 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 21:06:30.27 ID:nvz1UxZG
>>989
細かい説明ができないなら黙ってて。少なくとも修復的司法の話はしないで。
ろくに理解してない人間の話を聞いててもイライラするだけで何のプラスにもならんのでね。

993 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 21:36:08.32 ID:VbIxvvEa
>>985
「冤罪を主張」というのを「再審の請求」とするのであれば、
再審の請求だけで、死刑の執行が停止されるわけではありません。
もっとも、再審の請求がなされている場合に死刑が執行されるという事例は、
あまりありません。この意味で、再審請求による死刑の執行の停止は、慣例
となっていると言われたりもします(もっとも、実際に死刑が執行された事例はある)
対して、再審の請求がなされて、裁判所が再審開始の決定を下した場合には、
刑訴法448条によって刑の執行を停止することが認められています。この刑の
執行の停止は必要的なものではありませんが、死刑囚の場合はほぼ間違いなく
執行の停止がなされるだろうと考えて良いと思われます。
なお、死刑の場合には、死刑囚が心神喪失状態にあるとき、懐胎しているとき、
には執行が停止される旨の規定が刑事訴訟法にあります。
また、死刑囚の3分の2が再審請求をしている状況にありますので、死刑囚の
数が増えているのは、そのせいもあるかもしれません。

>>992
そんなん言われたら、刑法、刑事訴訟法上の被害者の位置づけがあいまいなまま
議論されてたり、刑法が制裁規範として機能する場合について論じられていたのが、
何の脈略もなく行為規範としての機能の話に変わったり、最低限度の応報と復讐の区別
すら曖昧なまま議論されていたり等、ワイはイライラしっぱなしになんで。

994 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 21:53:39.99 ID:T+jjTpbO
>>993
ありがとうございました。
冤罪で死刑執行されてしまう危険は殆どなさそうで安心しました。

995 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 21:56:54.00 ID:nvz1UxZG
>>993
例えばさ。進化論否定派の人がID論を持ち出したとする。
「ID論は正しい!(ゆえに進化論は誤りである!)」とね。
ID論をきちんと理解した上での話ならまあ良いし、また「わかったつもり」で実はわかっていなかったというのならまあそれはそれで仕方ない。
だが、ID論について無知であることを自覚しているにも関わらず、「ID論は正しい!」と主張するのであればそれは嘘をついているようなものではないかね?
ID論の中身を知らずしてそれを正しいと主張しているのだから。食べた事も無い料理をおいしいと言っているようなものだ。

そして君はかような「嘘」をついているのだが、自覚はあるかな?

996 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 22:16:57.58 ID:VbIxvvEa
>>995
そんなしゃっちょこばらんと、もっと気楽になろうよ。
だって、俺は存置論者だもん。割りと何回も言ってるけど、
そもそも、ここに廃止論者がいること自体がおかしいんだってw
俺がやりたかったのは、存置論者のみなさん被害者という視点からみた
廃止論てのもあるらしいですぜ。詳細はわからんがとりま紹介してみます。
詳細が分かり次第、また報告するんでみなさんも良かったら検討して
見といてくだされっ、てことだよ。
なのに、「どういうことだ、そんなのおかしいぞ。詳細を説明しろっ!」
ッて言われても、まぁ、待て、落ち着け、詳細は分かり次第またしゃべるって
言うしかないじゃん。

997 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 22:29:36.04 ID:G8UAUa9M
死刑廃止でしか救えない犯罪者がいるということだ。死刑廃止するしかない。

998 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 22:36:53.24 ID:VbIxvvEa
とりま、次スレ立ててみた。

999 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 23:21:07.72 ID:mliuWlPV
>>991
スレが持たんとか言っているその無駄レスを説明に使ったら良かったんじゃないか?

説明出来ないからって誤魔化すなよ。本当に廃止派って逃げてばかりだな。

言ってるそばから逃げてるじゃん。


逃げない廃止派として槍玉に挙げられている高橋なんたら先生も、下っ端に足引っ張られて可哀相だなぁw

1000 :法の下の名無し:2014/02/03(月) 23:21:43.47 ID:mliuWlPV
ということで、1000を迎えましたとさ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

358 KB
>>643w>>155,>>4952>>39M>>121?>>388J>>680h>>763*>>940C
>>545?>>781?>>278Q>>133y>>892>>242&>>301p>>987;★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)