5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

小説を妻・母・嫁の立場で検証するスレ

1 :名無しさん@HOME:2012/01/09(月) 17:25:26.22 0
うっかり小説を読むと、小説ってなんでこんなに独身女性と既婚・独身
男性の立場ばかり尊重されてるのばかりなんだ?って疑問に思い
ませんか?
妻や母親はひたすら耐えるか、広い心でなんでも許す存在か、
ありえないような愚行をおかしてるか、殺されるか・・・

うっかり不愉快な思いをしないように情報交換しましょう。

2 :可愛くない奥様:2012/01/09(月) 18:33:03.33 0
おつ

3 :名無しさん@HOME:2012/01/09(月) 22:56:15.80 0
浅田次郎の小説がみんなひどい。
どれを読んでも、妻か母親がDVされてるものばかり。

4 :名無しさん@HOME:2012/01/10(火) 15:10:06.41 0
家庭板は読書なんてしないネット漬け主婦ばっかりだよ?

5 :名無しさん@HOME:2012/01/10(火) 20:38:31.17 0
主婦は本を読まないという前提にたって作家が本書いてるから
あんたみたいなバカな発言できるんだよ。

鬼女板の読書スレは出版者と書店員の自演ばっかだし。

6 :名無しさん@HOME:2012/01/10(火) 21:30:27.33 0
最近は映画ドラマも原作が小説よりマンガばかりだね。おもしろいけど。

7 :名無しさん@HOME:2012/01/10(火) 23:10:14.30 0
女流作家の本も視野にあるのは、独身女性の恋愛だけなんで、
都合のいい内容ばかり。
たしかに主婦は本読むとむかつく内容ばかりかも。
ドラマの原作のレディコミだって昨年のドラマ化はひどいものばかりだった。

8 :名無しさん@HOME:2012/01/11(水) 17:02:44.89 0
既婚女性の恋愛を視野に入れられても…
って不倫物も多いけど

9 :名無しさん@HOME:2012/01/11(水) 19:51:48.23 0
既婚女性の不倫の扱いってNTRを楽しむとか主人公の既婚男性と
独身女の純愛の対比として描かれるような扱いの場合が多い。

八日目の蝉なんか、不倫女性をいい人間に見せるために妻も
不倫してた設定・・・こんなようなために入れる設定ってだけ。

10 :名無しさん@HOME:2012/01/11(水) 21:07:11.90 O
最近の小説モドキ批判してないで過去の名作くらい読めよ
ロシア文学とかそうゆうの検証してるスレかと期待したのに
とりあえず福永武彦戦後日記でも読め
これは新刊だけども、夫目線の日記の裏で妻がいかに苦悩してたか想像出来ていい

11 :名無しさん@HOME:2012/01/12(木) 10:30:25.78 0
ゆうとか書いちゃう人の話、まともに聞く気にならないわ〜

12 :名無しさん@HOME:2012/01/12(木) 11:55:46.83 O
本を読まない言い訳はいいから読もうよ、とにかく。
最近の本がつまらないなら昔の本、昔の本も気に入らないなら外国の本、それも無理なら絵本や児童書でもいい
大人むけ絵本とか銘打った啓発書は無しで

13 :名無しさん@HOME:2012/01/12(木) 12:20:59.73 0
大人向け絵本を外すのは何故?

14 :スレ主:2012/01/12(木) 17:53:20.10 0
>>13
この板内に童話のスレはあるのよ。
>>10
みたいなのは書店員か出版者じゃないの?
昔でも今でもなんでもかまわないし。
それにいやなら出てってくれてOK
自分で夫目線に小説のスレたてれば?
小説のほとんどは、男目線、女流作家でも女性目線なのは
独身女目線ばかり。

その男目線・独身女目線で作られてる小説内で妻がどんなふうに
描かれてるか語るスレです。



15 :名無しさん@HOME:2012/01/12(木) 19:01:23.79 0
>>14
>この板内に童話のスレはあるのよ。
なら子供向けの絵本も児童書も無しでしょ。大人向けだけ外すって。

16 :名無しさん@HOME:2012/01/12(木) 20:17:21.78 0
ここの1って、「アニメや児童文学を妻・母・嫁の立場で検証するスレ30」で


96 :名無しさん@HOME:2011/11/27(日) 11:38:55.13 0
これ、普通の小説においての、妻・母・娘の立場を検証するスレ
作って欲しいな。

おっさんファンタジー作家の小説に出てくる妻の都合のいいことw
娘がバカみたいに盲目的に父親を慕うことw

小説を買うのがほとんど独身女性と男ってことなんで、そのユーザーに
受けるようにしか書かれない小説ばかり。


と、熱く(そしていささかヒステリックに)語ってた人じゃないの?

17 :名無しさん@HOME:2012/01/13(金) 00:00:07.08 0
要するに作家や小説の名前出して語って欲しくないんでしょ?
でも一般書籍やミス板に呼んで後悔するスレとかあるし、
ここで言論を抑えようとする目的がわからない。

ただでさえ、左巻きの小説ばかりで売り上げ悪いからねw

18 :名無しさん@HOME:2012/01/13(金) 05:00:15.66 0
>>1
有吉佐和子「不信のとき」既婚男性がホステスに利用され捨てられる話

こういうの読めば?したたかで強いのは女ってわかるよ

19 :名無しさん@HOME:2012/01/13(金) 09:22:46.07 0
フィクションでわかった気になるってw
どんなのでも楽しく読んだらいいんだよ

20 :名無しさん@HOME:2012/01/13(金) 12:26:16.48 0
不信のとき って珍しく奥さん側の復讐もあるけど、
なんだこの程度ってレベルの話よね。

こんなもんでしたたかって言うのか?


21 :名無しさん@HOME:2012/01/13(金) 13:21:18.47 0
「最後の忠臣蔵」

男性版八日目の蝉

22 :名無しさん@HOME:2012/01/13(金) 13:52:50.46 O
結局誰も検証しない
嫁目線の本だって探せば読みきれないくらいありそうに思うんだが実際は思い付かないな…
ぱっと思い付くのは櫻の園とか人形の家くらい
けど古すぎるし読んでないので本当に嫁目線かわからん
つか1は検証したいのか
嫁目線の小説少ないって愚痴りたいだけなのかどっちなのよ

23 :名無しさん@HOME:2012/01/13(金) 23:24:00.25 0
男目線なんで、主婦を貶めて若い独身女を持上げるという内容に
終始してんじゃないの?
主婦は小説を読まない、という前提で書かれてる。
購買層はおっさんと独身女性のみ。
独身男はラノベで女子高生とセックスする話しか興味ないってのが
出版業界。
浅田次郎か・・・
団塊の世代の作家はひどい内容のものが多いね。
>>18は何が言いたいの?
ホステスがしたたかなんで嫁は見習えってか?

24 :名無しさん@HOME:2012/01/14(土) 03:09:23.68 O
そもそもさ、既婚女性が小説を読む目的を「共感による癒し」だと仮定すると、
・主婦が主婦らしく生活してるだけの小説→つまらない。自分の生活で十分。
・結婚しつつバリバリ働いてる女性が主人公→主人公に共感できない。また、読者もバリバリ働いてる場合は共感出来るが忙しいから読まないし、自分の人生で十分。
・不倫もの→不道徳。たまには読んでみたいけど、身勝手な内容にイライラ。

どんなジャンルもダメなんじゃ?
読書自体が好きじゃないと本なんか読んでられないよ。
だいたい女の人って話聞いてもらうの大好きじゃん、本は話を読ませるだけで聞いてはくれないからなあ。
とかいいつつ「楽隊のうさぎ」これは主人公中学生だが母親の心理描写が良くて子持ちにはいいかもしれない。

25 :名無しさん@HOME:2012/01/14(土) 13:01:48.35 0
>>24
その不倫ものが、ほとんど読みたくないんじゃないの?普通w
たまに読みたいってどんな内容の不倫もの?
どうせ男女問わず作家どもの考える不倫ものなんて、妻側の不倫もの
さえたまに書いておけばいいや、程度だろw
それも夫のほうも不倫してるからお相子程度の話ばかり。

そうじゃないんだよ。
ミタがなぜ視聴率をあそこまで取れたかっていうと、
比較的甘い内容だが、不倫女と不倫夫に微量なりとも因果応報が
下ったからだよ。
不倫女はいい女ぶって天狗になってたら独身男から「ビッチだから」と
簡単に捨てられて、会社も退職。
夫のほうも会社を左遷からクビになる。
この程度じゃ満足してない主婦も多いだろうけど、ほかのドラマにはない
画期的な内容だったよ。
きっと左翼マスゴミには内内に評判の悪いドラマだっただろうね。

主婦の望む不倫小説の内容は、相手の女と旦那の人生がメチャメチャに
なって子どもとだけ幸せに暮らす内容だろうな。
これならどんな主婦も共感できるんじゃない?
例えば、相手の女の顔潰して「どうぞ、純愛を貫いてお幸せに」とかね。

不倫されても夫を愛し続けて離婚しないで家庭を守り抜くって主婦の
話が共感されてると思い込んでるのは出版業界だけだろうよ。

26 :名無しさん@HOME:2012/01/14(土) 13:23:32.29 O
まあそれなら主婦の溜飲はさがるんだろうけど最初にやった人にしか使えない手だな。
今ならやったもん勝ちだから誰かやればいいのに。
水戸黄門みたいに不倫カップルをばっさばっさと裁く弁護士姉と家政婦妹のパートナーものとかな

でこのスレは検証するスレなの?検証するにはスレ住民が同じ小説を読まないと始まらないんだが
このまま愚痴スレで行くの?

27 :名無しさん@HOME:2012/01/14(土) 16:32:16.61 0
賞を取ってるものはなんでもひどい内容だね。
うっかり、直木賞作品だから〜とか山本周五郎賞取ってるから、
柴田連三郎賞取ってるから、と読むとひどい内容ばかり。
むしろ、不倫ものしか書けない渡辺淳一の「失楽園」なんかは、
きっちり離婚のけじめをつけた男を書いてて好感がもてたくらいだw


28 :名無しさん@HOME:2012/01/14(土) 16:58:04.76 0
>>26
なんかそれ悪いの?
要するに読んだ本の作家と名前を出してほしくないと?


29 :名無しさん@HOME:2012/01/14(土) 17:43:24.81 0
なんとなく分かった、
「人生に不満な主婦が読んで溜飲が下がる小説」が読みたいのか。
だからうまく行っている仲良し家族の話はつまらない、都合のいい幻想だと。

レディコミでも読んでろ。

30 :名無しさん@HOME:2012/01/14(土) 23:34:59.61 0
レディコミのほうが主婦いじめすごいんじゃないの?
テロ朝でやった「バラの聖戦」の原作は完全な主婦いじめ。

映画アンダルシアの作家(真保?)の作品の誘拐ものは、
珍しく愛人が金持ちの奥さんの返り討ちにあって、検診で行った
婦人科で嘘の病気を指摘されて子宮摘出する話があったと思う。

息子がその一家に母親の仕返しをするけど、奥さんよりも自分の
父親にする内容で男のヒステリー的な内容ではなかったと思う。

アンダルシアは超つまらん作品だったけど。

31 :名無しさん@HOME:2012/01/15(日) 01:34:20.83 O
>>28
いや、逆にもっと具体的なタイトル出して欲しい。
でもタイトル羅列するだけじゃ検証にはならないでしょう
もっと深く語らないと
「主婦にウケそうな小説をあげるスレ」にしかならない、検証じゃなくて。
羅列スレならそれはそれでいいけどさ

32 :名無しさん@HOME:2012/01/15(日) 16:31:56.55 0
この前直木賞取った池井戸潤の「下町ロケット」もご都合主義な
妻子がでてきたな。


33 :名無しさん@HOME:2012/01/15(日) 19:57:28.21 0
「マルドゥック・スクランブル」良かったよー。
女子供を喰いものにするクソ野郎どもに鉄槌が下る様は読んでてスカッとした。

34 :名無しさん@HOME:2012/01/16(月) 12:59:42.05 0
>>32
池井戸潤は他の作品も糞。
MISTだったかな・・・あとほかにも。

主婦でも安心して読めそうな人間を「家族」として捕らえてるような
作家がいるとしたら、重松清か奥田英朗くらいかな。
奥田は妻層をばかにしたものもあるが、若者もばかにしたものあるし、
どっこいどっこい。
ひたすら若い女への狂信的な愛を語るおっさん作家ってほどでもない。

35 :名無しさん@HOME:2012/01/16(月) 21:35:27.20 0
ドラマの原作でお目見えして読んで見ると後悔するものがある。
ストロベリーナイトのシリーズ書いてる誉田は読むんじゃなかった。

36 :名無しさん@HOME:2012/01/17(火) 15:55:57.91 0
警官の血までぜんぜん読んだことなかったけど、佐々木譲
直木賞受賞作品の「廃墟の乞う」が文庫本になったけど、
内容的には短編すべてが立場を変えた女いじめに終始されてる。
主人公の休職警官はさまざまな被害にあう女性達を尻目に

「ボクちゃんが一番かわいそうなの」な考えしかもたないアホ。
この作家嫌いかも。

37 :名無しさん@HOME:2012/01/17(火) 21:18:52.92 0
>>36
そんなあなたには『エトロフ発緊急電』がお奨め。

38 :名無しさん@HOME:2012/01/17(火) 22:01:34.36 0
つか、どの作品でも延々DVだったり不倫しまくりだったり
嫁をバカにしてたりな小説家って、要は才能0ってことじゃない?
そんな自己脳駄々漏れのワンパターンな奴は結局淘汰されるでしょ。
本人はDVのクソ野郎な中上健次だって、小説の中では
嫁や子に温かくて優しいキャラクター産み出せてるんだし。

39 :名無しさん@HOME:2012/01/18(水) 23:28:39.32 0
非道徳とか反モラルとかを扱えば大人の小説なんだと。
山本周五郎賞の選評で、浅田次郎と小池真理子が同じこと
書いてたな。

そんなの創造性のなくなった思考停止な作家が保身のために
するようなもんだろ。

モラルがないものを想像するほうが楽なんだよ。
だから左巻き作家の作品は面白いものがない。

40 :名無しさん@HOME:2012/01/20(金) 07:30:01.08 0
登場人物全員が普通の人でも面白い小説もあるからね。
川端裕人は何気ない子供と父親の描写がいい。
あれは普段から子供をちゃんと向き合ってないと、
想像だけでは書けないと思う。好感が持てる。

41 :名無しさん@HOME:2012/01/20(金) 12:51:02.70 0
全作品が不倫とか少年犯罪とか性犯罪みたいなものしか書けない
作家とか普通の作品書けないんだろうね。
一旦エログロ路線にいって売れるともう戻れない。

昨日はじまった「聖なる怪物」の原作、ネタバレが簡単に拾えたw
原作が糞本だと怒りにまかせてネタバレ書くひとが必ずいるから、
ネタバレが簡単に拾える本は糞本でOKだと思う。
思ったとおりのオチが待ってる原作だった。

42 :名無しさん@HOME:2012/01/20(金) 21:16:49.06 0
面白い小説なら道徳的でも非道徳的でもどうでもいい。
つか、魅込まれる作品は、読んでいる最中は
読んでいる自分の立場などもどうでもよくなっている。
ページを繰るその先はどうなるのか、これのみが気になる小説がいい。
再読でも再々読でも、同じように思わせてくれる小説こそ優れた小説。

43 :名無しさん@HOME:2012/01/21(土) 12:48:53.86 0
>>42
それは一般論な問題であってこのスレではスレチなんで
普通の書籍関係の板で語って。

>>32,34
池井戸は、MISTはなんだこりゃ?ですが、
不祥事とかBTとかは悪くないです。
主婦目線でも十分読めます。

44 :名無しさん@HOME:2012/01/23(月) 09:15:02.08 0
読んでいる最中はただただ面白がって読んでるけど、後から女目線でもやもやしてくるのはあるわ。
私の場合は浅田次郎「天切り松 闇がたり」の第2巻、「春のかたみに」。
浪花節感覚でにするっと読んじゃったけど、やっぱ子供を売るようなクズ父親の骨なんて
わざわざ供養する事ないじゃん、その辺のドブ川にでも流してやるのがお似合いだったのにw
って何故か後で悔しくなったw浅田次郎の時代物、好きなんだけどね。

45 :名無しさん@HOME:2012/01/23(月) 10:54:25.37 0
時代物は現代の感覚で読むのとはちょっと違うからね。
金のない家が子供を売るのは昭和一桁まで普通だったし。
今じゃ冗談じゃないけどさ。

46 :名無しさん@HOME:2012/01/23(月) 13:31:10.56 0
そうか、44は女目線というより現代目線なのね。

47 :名無しさん@HOME:2012/01/24(火) 11:57:18.88 0
現代ものでも、飲む打つ買うすべてやって家庭崩壊させた父親を
最後まで慕う娘とかでてくるじゃん。

48 :名無しさん@HOME:2012/01/25(水) 17:58:24.83 0
↑まさにそういう小説こそがこのスレの敵なわけよw
戦前戦中まではカス親だろうと親は絶対的なものだけど、現代ではそうではない。
なのに現代を舞台にそんな話を書いてる小説家は、頭が残念ね〜ってコト。

49 :名無しさん@HOME:2012/01/25(水) 20:11:22.41 0
おっさんばかりじゃなくて、女流作家の書く小説だって
その手のものばかりだけどね。


50 :名無しさん@HOME:2012/01/25(水) 23:15:22.94 0
浅田次郎はDV・不倫肯定でアンチ熟年離婚
日輪の遺産、映画化大コケ→打ち切りざまあw

51 :名無しさん@HOME:2012/01/26(木) 07:39:44.77 0
前の方で川端裕人出てたけど、全然駄目じゃない。
「ふにゅう」読んだけれど、
赤さんへ妻のように乳を含ませてみたいからって
女性ホルモン注射して、、、って、キモ過ぎる!!
「ふにゅう」以外にも、
全体的に私達の領域を侵すような話が多いから、
母親目線では失格作家決定。

52 :名無しさん@HOME:2012/01/26(木) 10:55:52.46 0
左翼や新興宗教ってのは、家庭から子どもをひき釣り出して、
その団体の思想に染めるってのが布教活動なんで、母性ってものを
否定することから文学は生まれてるんだよね。

だから、そんな小説ばかり書いてる連中の本は情報ツールのひとつとして
利用するだけで、けっして買ってはいけない。
印税あげちゃいけないわけ。

53 :名無しさん@HOME:2012/01/26(木) 18:19:27.35 0
なんか、検証って言うよりも
反左巻き?の人が頑張っちゃってるスレなんだねw
布教活動頑張ってくださいwww

54 :名無しさん@HOME:2012/01/26(木) 20:21:21.07 0
日本の小説で左巻きじゃないものってあるの?
あったら教えて欲しいくらいw



55 :名無しさん@HOME:2012/01/26(木) 20:48:08.73 O
昔は良かった的な事言うおっさんじいさんは多いけどおばさんばあさんはいないもんね。


56 :名無しさん@HOME:2012/01/26(木) 23:23:01.54 0
昔にもよるかもね。
今だって独身女以外は何もかわらないし。

57 :名無しさん@HOME:2012/01/27(金) 08:05:42.39 0
伊藤計劃の「ハーモニー」読んだ人いる?
自我のない状態って、自分の子供への愛情ってどうなるんだろうと思ったよ。
他人の子と同じように社会のリソースとして大切って事になってしまうんだろうか?
怖さを感じつつ、絶賛第二反抗期中の子供へのムカつきがなくなるなら
それはそれでいいかも…と思ってしまうw

58 :名無しさん@HOME:2012/01/27(金) 16:16:55.26 0
>>57
そのひとの殺戮なんとか?を評判いいからっていうんで
ブコフで買ったけど途中で投げ出しちゃったw

江戸川乱歩賞受賞の「左手に告げるなかれ」渡辺裕子
これはひどかった。
不倫して奥さんに不貞侵害で慰謝料請求された女が
会社も居づらくなって退職。
その後スーパーの万引きGメンやって生計たててるときに
かつての不倫相手の奥さんが殺害され、警察に事情聴取される。
昔の不倫相手が奥さんが死んだんでヨリを戻して慰謝料も返してもらい、
正義感から不倫相手と犯人探しをするも、奥さんが昔の恨みを忘れず、
不倫女に嫌がらせをしてる最中に犯罪現場を目撃する?かして口封じ
された・・・とか言う内容。

あまりにも不倫女に都合のいい展開すぎて、八日目の蝉を連想させた。

90年代後半ってこんなようなフェミ大喜びの作品多い。

59 :名無しさん@HOME:2012/01/27(金) 19:52:39.57 0
あー、そっか、虐殺器官も読み切れないんだ……………………………………。
それじゃあしょうがないね…………………………………………………。

60 :名無しさん@HOME:2012/01/27(金) 22:15:13.42 O
確かに俺の書いた小説では妻・母・嫁が多数強姦出産されたあと閉経したら用済みと言わんばかりに虐殺されるな、
いや、未婚女や男も強姦されるけどな

61 :名無しさん@HOME:2012/01/27(金) 22:18:14.39 0
あー、アングラ小説家か……………………
それじゃあしょうがないね…………………

62 :名無しさん@HOME:2012/01/28(土) 19:33:34.51 0
男のチン切り小説でも読めば?
けっこうあるよ。


63 :名無しさん@HOME:2012/01/29(日) 11:45:39.57 0
東野圭吾の「秘密」は娘の身体に母親の魂が乗り移り、
夫婦で秘密を共有しながら、成長していく娘の身体と
中身が妻なのにデキなくて悶々とする男の話なんだが、
最後は他のおっさん作家では書けないようなラストだと
思った。

おっさんや毒女目線だと、奥さんが勝手って写るらしくて
けっこう嫌ってる人多いが。
妻目線でいうと、美味しいとこ取りの展開。


64 :名無しさん@HOME:2012/01/30(月) 10:17:39.76 0
終末のフールはまともな夫婦が多くてよかったな

65 :名無しさん@HOME:2012/01/31(火) 08:57:52.76 0
伊坂はモダンタイムス?だったかな。
過激な奥さんの復讐がよかった。



66 :名無しさん@HOME:2012/01/31(火) 18:22:15.99 0
小池真理子の「墓地を見下ろす家」とかいうのかな。
いくつかの読書関係のスレで最悪との評判だったんで図書館で
借りたけど、ご都合主義な話だった。
小池真理子に関してはどの作品も同じ路線のものしか書けないのね。
角田光代もこんな感じだけど。

67 :名無しさん@HOME:2012/02/03(金) 12:21:06.93 0
>>66
奥さんを自殺に追い込んだ夫婦が何の反省もなく暮らして
けっして元妻の怨念ではないが、恐怖を味わうホラーだよね。
全共闘世代のばばあは不倫ものしか書けない。
ばかのひとつ思えとしか思えません。

68 :名無しさん@HOME:2012/02/04(土) 23:54:19.74 0
山崎豊子はいろんな意味で冷静なストーリーかも。
ただし捏造と盗作が多い。

69 :名無しさん@HOME:2012/02/08(水) 10:04:38.26 0
西山事件って当時は事務官のことは毎日新聞はまったく
置き去りで訴えられるまで知らん顔だったらしいね。
あの件で事務官に慰謝料払ったせいで、不倫の被害者は愛人
みたいな流れになってしまったかもしれない。
西山妻が馬鹿すぎてイラついて見てられない。

70 :名無しさん@HOME:2012/02/09(木) 21:59:41.09 0
運命の人はあくまでも西山の名誉回復のために書かれてるんで
(途中そうとは思えないような箇所もあるが)
事務官と奥さんはどっちも馬鹿みたいに描かれてるよ。

71 :名無しさん@HOME:2012/02/12(日) 13:01:28.29 0
>>63
秘密、スキだヨ
旦那が可哀想だけどね。
同じような感じで東野圭吾だと「レイクサイド」がある。
愛人の独り相撲で自滅したも同然のように殺されてざまあな作品。

72 :名無しさん@HOME:2012/02/12(日) 19:32:40.18 O
>>63
他の男作家なら平気で娘とヤる展開になりそうだ。
あの娘の亡くし方は母親としては微妙だよな…

73 :名無しさん@HOME:2012/02/12(日) 23:10:12.00 0
母親としてのふたつの感情

・母として娘の身体で幸せな結婚をさせてやりたい。

・若い男とヤリたいw

74 :名無しさん@HOME:2012/02/15(水) 07:56:37.68 0
多分在日の作家が書いたであろう小説

・20代の頃から原因不明不妊宣告されてるのに何の治療も
 しないまま30代突入して以来10年
・夫は仕事人間
・母親は事故死、父親と夫は職種が一緒で愚痴を聞いてくれる相手がいない
・子供ができないのを苦に新興宗教にのめりこむ
・夫がキタコレと離婚を言い出す→信仰の自由は離婚事由にならないと拒否
・新興宗教団体内のゴタゴタでテロ事件に巻き込まれて妻が昏睡状態
・父親が夫の人生の邪魔になってはいけないと娘の生命維持装置をはずす
・夫には仕事上の新しい若い女のパートナーをあてがわれてる
・周りが妻の死を暗に望む言動をする
・夫は妻を「最後の恋人」と誓う
・周りが仕事のパートナーを新しい恋人と思い込む
・娘を殺した父親を称える周囲

こういうのが、在日のメンタルなんですよね。
こんな人間の小説を活字にするハルキ文庫恐るべし。

75 :名無しさん@HOME:2012/02/16(木) 22:52:24.79 0
中山七里とか柚月裕子とかは女流作家でも読むのに耐えられるけど、ほかの
女流作家はブサヨ内容ばっかで途中で放り出しちゃう。

76 :名無しさん@HOME:2012/02/17(金) 13:19:17.92 0
>>74
韓国ってオールドボーイみたいな映画が「普通」らしいよ。

77 :名無しさん@HOME:2012/02/20(月) 22:38:03.83 0
中山七里はおっさん作家ですよ。


78 :名無しさん@HOME:2012/02/21(火) 21:07:19.43 0
たまたま読んでみた本がひどかった。

テロリストが小学校を占拠、小3女児達を人質に立てこもり、
テロ「お兄さんの言うこと聞いてくれたらテレビに出られてアイドルになれちゃうかもよ^^」
小3「キャーステキ」と全面的に協力

自分がかつて小3女児だったり世話を身近でしてたりしてたら絶対こんな発想は出て来んわー。
他にも私刑による殺人を礼賛してたり全体的にひどかった

79 :名無しさん@HOME:2012/02/23(木) 19:53:14.84 0
運命の人、途中何度も挫折しながら読んだw

なんだよ、ほんとだたの左翼小説。
奥さんがマジばかにしか見えない。

80 :名無しさん@HOME:2012/03/02(金) 11:10:23.22 0
ある任侠小説の、最後の解説で

「筆者の本は、女性には受け入れがたい内容かもしれないが、
主人公の○○には、実に心優しい女性たちが登場し、彼に尽くしている。
このような様を見て女性たちも溜飲お下げるのでは」とかかれてて、

もう、この手のおっさんどもは、何を言ってもわからないんだろうな、と
思ったよ。
男に尽くしてる女を見て、世の女たちがホッとして読める・・・って発想
なのかな?
ばかとしか言い様がない・・・・

81 :名無しさん@HOME:2012/03/02(金) 13:37:25.00 0
>>80
九州男児で元地主の長男様でも、尽くす価値ある男ならなんぼでも尽くして立てるわよ
で、その主人公はどんな男なの?任侠小説だからだいたい想像つくけどw
お笑いとして読んでみたいから作者とタイトル教えてください

82 :名無しさん@HOME:2012/03/04(日) 17:03:05.59 0
尽くす女=やさしい女って単純ばかな発想が痛いって意味だろ、あほか。

83 :名無しさん@HOME:2012/03/05(月) 22:13:54.91 0
>>80
そいつは溜飲を下げるの意味を知らないかボケているのか
どちらかだな

84 :名無しさん@HOME:2012/03/09(金) 22:55:09.59 0
ブックオフの105円コーナーとかで買った本を読むと、
なんだこの作家は?と思うのがよくある。
特殊な層の需要があるんだろうな、と思う。

85 :名無しさん@HOME:2012/03/18(日) 23:17:18.55 0
運命の人 やっと終ったなw

マジで糞な内容すぎた。
でもドラマは脚本家のほうが運命の人をさらに糞フェミ仕上げし
したらしい。
ほんと内容が糞すぎた。

86 :名無しさん@HOME:2012/03/21(水) 00:01:12.55 0
ふたつの嘘 諸永裕司

こっちのほうが本物の西山事件の真実を書いた作品
ただこっちも覆い隠してるが、沖縄の問題は左翼と在日が
かかわりすぎ。
西山夫人の啓子さんを主役にした1部は読み応えある。

87 :名無しさん@HOME:2012/05/11(金) 22:39:57.09 0
ほしゅ

88 :名無しさん@HOME:2012/07/18(水) 16:19:07.58 0
芥川賞、珍しく「妻」が主役の小説らしいけど、
半身不随になった夫を介護するとかいうもの。

芥川賞作品が最初から最後まで夫婦愛を語るものとは
思えないんで、どうせ妻が犠牲になって夫を助けるとか
いう内容になってそうな気がする。

図書館で借りようっとw

89 :名無しさん@HOME:2012/07/21(土) 20:41:38.13 0
芥川賞で面白い作品は稀だからな

90 :名無しさん@HOME:2012/07/21(土) 22:11:07.03 0
直木賞も最近はデキレースの上に功労賞でしかないがね。

91 :名無しさん@HOME:2012/07/22(日) 08:01:27.63 0
「失楽園」が流行ったとき
「女は35歳が最後のチャンス、あとは死ぬだけ」とか
「35歳女には50歳の既婚男がふさわしい」って
作者本人が色んなメディアに書きまくってて、そんなもんかなーと思ってたけど
自分が35歳になってみてわかった。50のリストラおっさんなんて無理。

92 :名無しさん@HOME:2012/07/22(日) 15:02:49.20 0
>>91
それって親子ほど歳が離れすぎずかといって近すぎる年齢でもなく、
話が合わないこともない・・・という男の理想なんだろうね。
某板で×1の35歳の女性がカレシがやっぱ×1で50才ってことで
夜の生活はこの先どうなるの?みたいな質問してて、
釣り?って書かれてたのはソレか?w

93 :名無しさん@HOME:2012/07/23(月) 23:04:02.62 0
芥川賞、身体障害者になった夫の純粋さに打たれて、
絶縁したい母と兄との関係を見直すとか、なんか気持ち悪そうな話。

94 :名無しさん@HOME:2012/07/23(月) 23:11:45.59 0
>>91
33で、3歳年上の夫と再婚したので
ケッという感じだ。
ズンイチ爺が若い頃の女35歳はそんな感じだったのかね。

95 :名無しさん@HOME:2012/07/24(火) 08:40:24.38 0
その時代の35歳なら今より容姿も感覚も老けていただろうし、一般的にも「終わった女」
扱いされていたから分からんでもない

今じゃ35歳なんてまだまだ若いお嬢さんだけどな

96 :名無しさん@HOME:2012/07/24(火) 09:23:34.87 0
たった20年で爺しか相手にしてくれない終わった女が若いお嬢さんにはならないwww

しかしこんなの日経に連載してたんだ。
日経がアホ新聞なのはぶれてない。

97 :名無しさん@HOME:2012/07/24(火) 17:51:51.44 0
いま35歳って行ったらぜんぜんまだまだだと思う。
とりあえず、絶対20代でなきゃダメみたいな男を取り除いて・・・の
話だけど。

98 :名無しさん@HOME:2012/07/24(火) 18:34:58.23 0
これはいいスレ
森鴎外、村上春樹もひどい

99 :名無しさん@HOME:2012/07/24(火) 18:39:30.48 0
伊坂幸太郎は不倫肯定はないし、
家族の描き方も嫌みがなくて妻目線ではかなりOK
痴漢はシネ、とか性犯罪を憎んでいる文章が多く、
読んでいて嫌な思いをしたことがない

100 :名無しさん@HOME:2012/07/24(火) 20:44:52.32 0
年下男が好きだったので
15歳上とか全く意味がわからない、どんなメリットが。
金持ってておいしいところに連れてってくれるらしいけどグルメに興味ないし

101 :名無しさん@HOME:2012/07/24(火) 21:26:45.14 0
林真理子も理想の愛人の年齢で、40歳既婚男には女子高生がふさわしいと書いてた。

102 :名無しさん@HOME:2012/07/24(火) 22:25:13.87 0
林真理子はいくつか読んだけど、共感できる話はなかったなー
エッセイも理解できないものばかり
「そんな価値観で生きててたのしいのかなあ」と思ってしまう

103 :名無しさん@HOME:2012/07/24(火) 22:58:12.35 0
>>99
ああ、それで「ミス板」で伊坂叩きしてる連中がいるのか。
ゴールデンスランバーを読んだんだけど、読みやすいけどちょっと
つまんなくなって途中で挫折しそうになった。
でもこのひと、子供をちゃんと描けるね。

荻原浩さんもほんわか作品多いけど。

104 :名無しさん@HOME:2012/07/25(水) 10:18:40.20 0
荻原さんも伊坂さんもいろんなひとの目線で小説の書けるひとだね。
昔は奥田もそうだったけど、最近は完全に、おっさん中心目線だけの
小説になってしまった。

105 :名無しさん@HOME:2012/07/25(水) 19:36:29.46 0
女流作家は女流作家で、
不倫マンセー&産みの母親よりもキャリアウーマンの母親を慕う、
もしくは、父親の不倫相手を母親より慕うという内容ばかりだけどねw
八日目の蝉が世間に受け入れられてると勘違いしてるんだろうけど。
あれは創●の捏造人気ですから。

106 :名無しさん@HOME:2012/07/25(水) 22:00:56.47 0
直木賞取ったひともあんまり好きじゃない。

107 :名無しさん@HOME:2012/07/26(木) 21:42:53.42 0
引きこもり探偵シリ−ズの人が
女性と子供を無理なく書いてると思う
爺と中年もいけるし引きこもりとワトソン君の尊大さもまたよし

108 :名無しさん@HOME:2012/07/26(木) 23:37:19.33 0
最近読んだ中では、真山仁とか誉田哲也が不倫肯定厨だったな。

109 :名無しさん@HOME:2012/07/28(土) 07:20:18.20 0
本格小説の語り手の富美子が、中盤移行段々小金持ちになって行くのが快感だった。
主人公カップルの恋の経緯よりも楽しかった。
おばさんになって、花より団子になってしまったせいだろうか。

110 :名無しさん@HOME:2012/07/28(土) 09:18:47.74 0
やっぱり鹿島田の作品、糞フェミ本だった。

絶対買わない

111 :名無しさん@HOME:2012/07/30(月) 18:44:07.96 0
内容的には、主人公は夫を献身的に介護するけど、
周りの女たちが、一人の男を巡って取り合いしてたり、
それを主人公が、そういう女が素晴らしいとか、

これが新しい日本女性像?とかいって江戸時代じゃんw

冥土めぐり 図書館で借りるのもいやだね。

112 :名無しさん@HOME:2012/07/31(火) 14:09:45.08 0
江戸時代って男あまりだったんじゃなかったっけ

113 :名無しさん@HOME:2012/07/31(火) 15:49:41.50 0
江戸の町の人口比率は男65%、女35%
それ以外の地域でも、おおむね男性のほうが若干多い

114 :名無しさん@HOME:2012/08/01(水) 19:50:23.07 0
江戸時代のほうが男女関係おおらかで、妻の不倫も持参金を
返さないで離縁とかだった気がする。
明治政府からおかしくなった。
今は別の意味でおかしいけどね。
冥土めぐりは、婦人公論の目指す日本の主婦像の押し付けっぽい。

115 :名無しさん@HOME:2012/08/01(水) 20:55:12.40 0
ていうか、おおらかじゃなかったら
今以上に年齢=童貞の人が多くなったわけで…
遊女を買える金がある奴ばかりじゃないから。

116 :名無しさん@HOME:2012/08/02(木) 11:21:27.84 0
江戸時代というば、女流作家には珍しく、ほんわか系で家族の絆
マンセーで、弱者を助ける勧善懲悪な話が多い、畠中恵の「しゃばけ」
シリーズ。
最近マンネリでちょっとつまらないとこあるけど、家族を大事にする
路線に変更なし。
こういうの全共闘ばばあ系の作家に嫌われてるみたいで、何かの書評で
こき下ろされてた。
アンタのばかのひとつ覚えの不倫小説よりマシだよw

117 :名無しさん@HOME:2012/08/02(木) 21:59:26.43 0
宮部みゆきとかも男に媚った作品ばかりなんでやたら
おっさんに評判いいよね。
伊坂とか薬丸とかは性犯罪者を憎む小説書いてるんで
叩かれてる。

118 :名無しさん@HOME:2012/08/03(金) 00:32:27.53 0
おっさん雑誌の連載がおおいからしょうがないんじゃね?

宮部の時代小説は割と好きかな

119 :名無しさん@HOME:2012/08/03(金) 09:49:46.11 0
>>118
このスレの主旨でいうと、
おっさんに媚びてる女流作家はしょうがない、って理論通じないから
別板行っていくらでも宮部を褒めてくれ。

120 :名無しさん@HOME:2012/08/05(日) 19:15:51.46 0
伊坂なら「モダンタイムズ」がお勧め。

121 :名無しさん@HOME:2012/08/08(水) 07:14:06.04 O
>>111
ちょっと待て
冥土めぐりはそんな話じゃなかったよ
夫は歩けて要介護って感じじゃないし
毒親に苦しめられた過去を書いたお話だった

読んでないのに、ゲスな想像で非難するのはよくないよ

122 :名無しさん@HOME:2012/08/08(水) 18:37:24.90 0
>>121
いや、左翼本で、妻は夫を介護するのが当たり前な嫌味な本だよ。
ついでに、不倫する女を妻も奨励。

やっぱ芥川賞に選ばれるだけのことあるわ。

123 :名無しさん@HOME:2012/08/08(水) 23:58:08.41 0
スレタイに沿って、妻・母・嫁の立場で検証すると、
毒親ものの小説なんて気持ち悪いだけなんだけどね。



124 :名無しさん@HOME:2012/08/10(金) 21:50:02.03 0
「半落ち」小説も映画もダメ
嫁が夫の父親を介護して、暴力も振るわれてるのに夫ぼけっとしてるんじゃないよ
男ってほんと耐える女好きだね
妙に美化されててイライラするわ

125 :名無しさん@HOME:2012/08/11(土) 19:47:34.08 0
妻は耐える女か気がつかない女

毒女はやたら美化されたスーパーウーマンw

126 :名無しさん@HOME:2012/08/12(日) 17:27:54.07 0
毒女とおっさんがいやがる
東野圭吾の「秘密」はおすすめw

127 :名無しさん@HOME:2012/08/15(水) 09:34:59.70 0
あれは既女一人勝ちな結末だからな〜

128 :名無しさん@HOME:2012/08/15(水) 21:17:18.12 0
鹿島田ってばばあは小説の系統からすると、某巨大宗教信者っぽい。

129 :名無しさん@HOME:2012/08/17(金) 01:46:01.43 0
>>111を読んで一生読まないと決心しました。
元々私好みの本を書く人ではないようだから無縁なんだろうけど

130 :名無しさん@HOME:2012/08/21(火) 00:29:16.45 0
ドラマ化されやすい警察・ミステリー小説系の作家も
主婦は買って読んじゃダメな内容多すぎ。

今野敏・佐々木譲・誉田哲也あたり。

東野圭吾は出せば本が売れるんで自由に書いてる感じがするけど、
上記の3人は、おっさんと独身女にウケるためなら子供を殺すとか
そういう小説家。

131 :名無しさん@HOME:2012/09/05(水) 15:10:42.13 0
金融小説だけど「証券検査官」おすすめ。

エログロで主人公が悪いやつですが、泣きを見るのが
ほぼ独身者と既婚男性ばかり。

2巻目で売春接待で殺される官僚の奥さんが出るけど、
仕返しを考えたりして、泣き寝入り馬鹿の主婦ばかり
出さない。


132 :名無しさん@HOME:2012/09/28(金) 22:10:50.97 0
>>124
横山秀夫の書く女ってどれもこれも嘘くさすぎる。
初期の「ルパンの消息」など特にひどいよ。
自覚して、
女なんて一人も出さなきゃいいのに。
唯一おすすめできるのは「出口のない海」だけど
あれは女が出てこないから。

133 :名無しさん@HOME:2013/02/16(土) 22:17:08.72 0
こんなスレあったんだあ・・・

>>132
横山秀夫は、最新作の「64」なら既婚女性がたくさん
出てくるけど、リアルだと思う。
この板の「警察官の妻」スレの方々も認めてくれると思う。
唯一出てくる、主人公の部下の女性もリアル。
自分が県警のマドンナという立場がわかってるんで、多いにテレ
たり、上司との距離を簡単に縮めてきたりする。
そういうとこが若い女の驕りみたいなのをよくあらわしてた。

出口のない海は未読だから読んでみようかな。

震度ゼロは阪神大震災のときのゴタゴタの影で・・・の話だけど、
こっちは最悪。
妻の立場をばかにしきった内容。

134 :名無しさん@HOME:2013/02/16(土) 22:18:21.82 0
唯一でてくる、主人公の部下は未婚って意味ねw

135 :名無しさん@HOME:2013/02/17(日) 20:10:46.31 0
ルンバの消息と読んでしまったw
横山にしては斬新なタイトルだと思ったよ

136 :名無しさん@HOME:2013/02/22(金) 10:57:17.85 0
ルンバ
よく家出したり、飛び降りしたりするらしいねぇ

137 :名無しさん@HOME:2013/03/08(金) 15:58:26.35 0
黒田って妖怪ばばあの書いた小説はどうなの?
どうせ、フェミなお花畑左向けなんだでしょ?

138 :名無しさん@HOME:2013/03/15(金) 16:15:06.53 0
桐野夏生の「ハピネス」
また、幼稚園ママの人間関係もの。

聞きかじりの馬鹿小梨女が書くものは
いつも同じパターン。

139 :名無しさん@HOME:2013/03/16(土) 03:38:45.60 0
桐野さん子供いますよ

140 :名無しさん@HOME:2013/03/16(土) 19:21:29.86 0
>>138


141 :名無しさん@HOME:2013/03/18(月) 23:38:22.43 0
子育て失敗してそう。

142 :名無しさん@HOME:2013/03/19(火) 14:34:46.08 0
結婚してても子どもが居ても、家庭破壊内容は女流作家の
唯一のメシの種。

143 :名無しさん@HOME:2013/03/25(月) 18:46:59.49 0
小説じゃないけど、「うざぎドロップ」ってのがあまりにも
内容がクソすぎて引いた。

人生をやり直したい高齢毒女の願望みたいな内容だった。

144 :名無しさん@HOME:2013/03/25(月) 21:13:35.93 0
益田ミリも似たような印象。

145 :名無しさん@HOME:2013/03/25(月) 21:15:12.80 O
さざえさんのフネさんが後妻ってのが衝撃的だった
分け隔てなく育てて偉いわ

146 :名無しさん@HOME:2013/03/26(火) 21:06:51.90 0
>>143
あれマツケンの映画じゃ祖父の隠し子設定だったのに、
漫画のほうで育ての親と結婚する設定になったんだっけ?
源氏物語?

147 :名無しさん@HOME:2013/03/28(木) 16:23:53.74 0
そう。ラスト近くでいきなり、ダイキチとりんは血縁じゃなかった設定。
で、源氏というよりは、りんがダイキチに猛アタック()でハピエンなんだけど、
じゃありんの父は誰?というのが謎のまま。
りんの母はあのブスビッチ漫画家には違いないが。。

148 :名無しさん@HOME:2013/03/28(木) 23:44:50.93 0
リンの初潮時とかどうしたんだろう、大吉

149 :名無しさん@HOME:2013/04/11(木) 14:48:51.20 0
ビブリアの最新刊がひどい内容。

長年の不倫を隠してた教育者の父親が、乱歩コレクションと
隠し別荘を愛人に残すも、金庫の鍵を自宅に置いたままだったので、
愛人が「世間にわたしの存在をバラす」と脅して、本妻の子たちを
意のままに動かして金庫の鍵を手に居て、乱歩のレアものを手に入れるとか
なんとか、の内容。

父親は子ども達にまったく感心がなかったのに、無理やり
「お父様はほんのちょっとだけあなたたちのこと思ってました」と
説得、子ども号泣wwww

ラノベでこういう内容を刷り込まれる、ゆとり層は絶対まともに
結婚生活送れないと思う。

150 :名無しさん@HOME:2013/04/12(金) 01:09:26.43 0
ゆとり層が、そんなに深く考えて読んでいるとは思えないがw

151 :名無しさん@HOME:2013/04/15(月) 09:13:12.43 0
左翼マスコミは、シングルマザーが勝手に子ども産んで
育てる都合のいい社会目指してるんで、結婚生活は破壊、
子どもだけ増やせって母子手当は反対してるのに理想だけ
押し付ける。

フランスは〜と言いつつ、フランスの母子手当の高額さは
絶対に報道しない。

152 :名無しさん@HOME:2013/04/17(水) 16:37:01.80 0
左翼マスコミは
自分達にパカパカ股開いて、生で中田氏して妊娠しても勝手に産んで育ててくれる
都合の良い女がいっぱいの社会を望んでる
でしょw

153 :名無しさん@HOME:2013/04/17(水) 19:19:19.21 0
それを望んでいるのはどちらかというと男尊女卑ウヨクだと思う

154 :名無しさん@HOME:2013/04/27(土) 08:03:49.48 0
>>153
真性右翼が望んでるのは良妻賢母だけど左翼みたいに
独身女のひとり勝ちの世界を望んでないぶん、左翼より
マシかな。

155 :名無しさん@HOME:2013/04/27(土) 17:29:45.44 0
岸恵子の小説の内容が笑える。

おセレブ様の老女初老男性の恋愛ってことで、見事なご都合主義。
年下の男の愛を受け入れるためにホルモン治療して婦人科かよいするあたりは
もう、この本買うやつばかなんじゃないかと思うようなくだりだった。

156 :名無しさん@HOME:2013/04/28(日) 01:15:16.52 0
今、日本国内では、「戦争」が勃発している。しかし、この「戦争」に気づいている人、
この「戦争」の恐ろしさに気づいている人はほとんどいないだろう。
なぜなら、この「戦争」は、長い年月をかけて、用意周到に、徐々に徐々に、仕掛けられたものであり、
これを「戦争」と(正しく)認識することは極めて困難だからである。

 もちろん、「女性専用車両」や「クオータ制」などの女性優遇策を目の当たりにして、
「今、日本で、おかしなことが起こっている」と察知している人はいる。しかし、まさか、それが「戦争」
だとは思っていないだろう。私・ドクター差別にしても、これが「戦争」だと自覚したのは、つい最近である。

 その「戦争」とは、「女性」対「男性」の戦いである。この「戦争」を仕掛けてきたのは「女性」であり、
「女性は差別されてきた」あるいは「女性は差別されている」などと称して、「聖戦」気取りで、際限のない「女権拡大」
を目指している。一方、男性にとって、この「戦争」は、自分たちの(当たり前の)権利を守る防衛戦である。

 ただし、相手は、「女性」だけではない。と言うか、本当の相手は、その裏にいる「似非フェミニスト軍団」
と「反日勢力」である。「似非フェミニスト軍団」が、「女性」をそそのかし、男性に戦争を仕掛けている、
それを「反日勢力」は(「棚からボタ餅」とばかり)利用しているのである。

 この「似非フェミニスト軍団」は、陰に隠れているのだが、実は、判別しやすい。彼らは、「女性の視点」とか、
「女性の目線」などという言葉を多用するので、すぐわかる。これらの言葉を聞いたら、「要注意」である。

 ところで、「似非フェミニスト軍団」は、どんどん、兵力を増強している。「女性学」という似非科学を用いて、
学生を洗脳し、毎年、多くの似非フェミニストを世に送り出している。政治家、官僚、マスコミ、裁判官、
検察官、弁護士、学校の先生、大企業の社員など、社会的に影響力のある職業に、多くの兵士を送り込んでいる。

157 :名無しさん@HOME:2013/04/28(日) 01:23:08.67 0
しかも、厄介なのは、「クオータ制(女性枠)」などというインチキ制度を用いて、それらの兵士を増強しよう
としていることである。それらの兵士は、能力なんぞなくていい、能力なんぞ求めない。何しろ、
「似非フェミニスト軍団」にしてみれば、似非フェミニズムに洗脳された「頭数」が増えればいいだけだからである。

と言うことだから、「似非フェミニスト軍団」が、能力主義を否定する「クオータ制(女性枠)」に賛成する、
その導入を推進するのも頷ける。彼らには、はなから、「優秀な人材を採用する、登用する」なんて気は
サラサラないのである。むしろ、「能力のある男性」は、足手まとい、と言うか、「敵」なのである。

 この意味では、「似非フェミニスト軍団」は、「反日勢力」と利害が一致している。能力のある男性が蔑ろにされ、
能力のない女性が優遇される、これは、日本の弱体化に繋がるので、「反日勢力」にとって、好都合である。
しかも、この「戦争」によって、男性と女性がいがみ合うわけだから、直接、(「反日勢力」が)手を下さなくとも、
日本がどんどん自滅していく、反日勢力にとっては、さぞ、笑いが止まらないことだろう。

 「熱湯に投げ込まれたカエルはビックリして飛び出るが、水から徐々に温められたカエルは茹でられて
死んでしまう」と言われるが、今の日本は、まさに、その状態である。「聖戦」気取りで、際限のない「女権拡大」
を画策する連中の悪業に気づいて、早く手を打たないと日本は「一巻の終わり」である。
「反日勢力」に(完全に)乗っ取られてからでは、何をやっても、もう遅い。

 もし、あなたも、「今、内戦が起こっている」との認識をお持ちであれば、是非、私らの「戦い」
に参加していただきたい。この「戦い」は、むしろ、私ら(男性)にとっての「聖戦」である。
http://blogs.yahoo.co.jp/sabetsu5555

158 :名無しさん@HOME:2013/05/25(土) 21:06:02.38 0
血の轍という、震える牛書いたひとの小説。

震える牛と同じで警察の不正とか違法捜査とかを扱った内容だけど、
最後のほうに嘘八百並べて出版されてる。

捜査一課長が部下の妻と長年愛人関係にあったが、離婚してくれない、
奥さんと別れないんで、弁護士を連れて監察に乗り込む・・・という内容。

一課長の奥さんは健在という設定になってるが、

別居・同居の有無に関わらず「妻とは別れる」という口約束は「婚約」に
ならない。
愛人は「婚約」をたてに不履行を申し立てるなら、妻側の不貞侵害訴訟の
慰謝料請求を考慮に入れるべき。

こういう嘘八百を平気で小説に書いて出版できる、でたらめなマスコミ。

159 :名無しさん@HOME:2013/05/30(木) 15:59:49.99 0
「銀河英雄伝説」は独身の頃に読んだけど、
結婚してからエヴァって大変だなと思った。

夫は職業柄留守がちだし、
実家はないし、
子どもが欲しいにもかかわらずなかなかできないし、
夫が勝手に友人の子どもを引き取ってきちゃうし。
(作中では、お互いわかりあってるから問題なしな展開だったけど)

160 :名無しさん@HOME:2013/06/02(日) 12:39:42.19 0
>>158
奥さんがいるけど不倫相手が
「奥さんと別れて結婚する」と約束したのに離婚しないから
慰謝料請求・・・とかありえないでしょ。
じゃあ、日本国憲法で保障されてる子人制度そのものが違法って
ことになっちゃうじゃん。

寺田農の件で誤解してる人多いよね。
不倫はあくまでも、結婚詐欺の場合でないと愛人側から訴えられない。

161 :名無しさん@HOME:2013/06/20(木) 19:05:10.13 0
子人制度って婚姻制度の変換ミス?

162 :名無しさん@HOME:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN 0
白石一文の「快挙」とかいう小説。

夫婦のお互いの浮気と離婚しない選択を扱った小説だけど、

みごとに奥さん側の気持ちは描かれない。
結局は、独身女だけが大事な作者。

163 :名無しさん@HOME:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN 0
大ベストセラーの「海賊と呼ばれた男」
あれ、社員を解雇すると社員の家族も路頭に迷う〜とかいう、
カッコいい信念を貫いた小説だけど、

最初の奥さんについてはどうなのよ?と。

子どもができないんで、奥さんが身を引くというか
離婚を促す?不倫じゃないけど、離婚後にさっさと
子ども生める若い女と再婚?

これって何?な気がする。

164 :名無しさん@HOME:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN 0
百田は不倫推奨作品書いてる。
永遠のゼロみたいなのもあるけど。

165 :名無しさん@HOME:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN 0
いま流行りの半沢。
池井戸の主婦に対する悪意にうんざり。

166 :名無しさん@HOME:2013/09/15(日) 08:05:52.97 0
>>165
いまCMやってる「ようこそ我が家に」は、奥さん普通のひとで、
外の付き合いでちょっとトラぶった以外は特に悪意はないね。

むしろ、主人公は母親が・・・

167 :名無しさん@HOME:2013/12/20(金) 17:06:25.31 0
猿ベージ

168 :名無しさん@HOME:2014/04/01(火) 06:23:12.59 0
>>1
■増税されたので節約しよう (テレビ・新聞)限定
(生きていく上で無くても困らない、かつ有害)

【社会】消費税率8%に引き上げ
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1396280733/

■黙殺された野村総研の『テレビを消せばエアコンの1.7倍節電』報告
http://www.news-postseven.com/archives/20110810_28053.html
「こまめに電灯を消そう」「エアコンの設定温度を28度に」
テレビのワイドショーでは、様々な節電方法が連日紹介されている。その一方で、黙殺され続けている
「一番効果的な節電方法」がある。それはズバリ「テレビを消すこと」だ。

興味深いデータがある。野村総合研究所が4月15日に発表した『家庭における節電対策の推進』なるレポート。
注目したいのは「主な節電対策を講じた場合の1軒あたりの期待節電量」という試算だ。
これによれば、エアコン1台を止めることで期待できる節電効果(1時間あたりの消費電力)は130ワット。
一方、液晶テレビを1台消すと220ワットとなる。単純に比較しても、テレビを消す節電効果は、エアコンの約1.7倍にもなるということだ。

この夏、エアコンを使わずに熱中症で亡くなる人が続出しているにもかかわらず
「テレビを消す」という選択肢を国民に知らせないテレビ局は社会の公器といえるのか。
自分たちにとって「不都合な真実」を隠しつつ、今日もテレビはつまらない番組を垂れ流し続けている。

■新聞購読を止めてみる?年間約5万円の節約に
なんとなくダラダラと購読し続けてしまう新聞・・・「契約の更新のときも、なんとなくサインしてしまっていませんか?」
メジャーな全国紙を朝刊・夕刊のセットで購読すると「月額約4,000円、年間で5万円近い出費」となります。
また、毎日出る読み終わった新聞をまとめて捨てるのも意外と小さな手間に。

さあ、思い切って新聞購読を止めてみませんか?
「浮いたお金と時間を、より有効的に活用」することで、人生が変わるかもしれません。

169 :名無しさん@HOME:2014/04/29(火) 15:33:05.02 0
七瀬三部作はふたたびまでしか読んでなかったが、エディプスの恋人を最近やっと読んだ。
これは…タイトルからして予想していたものとはまた違うオチだった

170 :名無しさん@HOME:2014/05/01(木) 13:03:52.36 0
七瀬ふたたびから続けて読むと面食らうよね、あれ。

171 :名無しさん@HOME:2014/05/03(土) 01:38:14.47 0
てっきり順番が家族八景→エディプス→七瀬ふたたびだと思い込んでいた。
あのラストで終わりなら、もうエディプスは読まなくてもいいなと…勘違いしたまま数十年w
七瀬ふたたび後の話だとわかり、とにかくびっくりした

すごすぎるあの母親
気の毒すぎる父親…

172 :名無しさん@HOME:2014/05/03(土) 12:48:07.66 I
恩田陸の「夜のピクニック」が不快だったな。
主人公は不倫の結果生まれた少女。
同じクラスにいる異父兄に嫌われている。
もちろん、その兄の母(主人公父の正妻)には母娘共々憎まれている。
そのことを主人公は内心小馬鹿にしているような描写があって、不快だった。
不倫した主人公母はサバサバキャリアウーマンでカッコ良くて、
シンママになったことを微塵も後悔してない。
対して、妊娠中に不倫され、罪のない主人公のことまで今だに恨んでいるた正妻のことは
「そんなんだから不倫される」とか思ってる。

ラストまでに、その考え方を後悔したり改めたりする描写があるのかと思ったら全くなかった。
むしろ、正妻とその子供の方から「狭量だった」と歩み寄るような雰囲気になってて胸糞。
恩田陸の話にはそういう「不倫される女には原因がある、不倫する女はカコイイ」的な
描写が出てくるのにガッカリする。

173 :名無しさん@HOME:2014/05/03(土) 13:41:12.20 0
本人が不倫してたのかね?

シモゆる男からしたら
金もかからず(自立してるから)
生でやれて(妊娠>出産)
産まれた子はシングルで育て上げてくれて(収入あるから)
責任とれとか煩いコト言わわず(サバサバキャリアウーマンだから)
女もそれが産んだ子も自分を怨まない

超つごうの良い、理想のビッチだよねw

174 :名無しさん@HOME:2014/05/04(日) 00:04:38.59 0
女流作家の作品はほとんどそんな感じの作品ばかり。
脚本家だけど、バードと再婚した性格ブス脚本家は、
バードと再婚する前に
不倫して奥さんが不治の病になって、夫と情を通じてる女なら
子どもを託せる・・・とか言って、幼い娘を託すドラマ書いてた。

伊藤理佐だって吉田戦車と不倫中、および不倫略奪婚後は不倫を
肯定するエッセイ書いてたし。
ただし、その後戦車が林檎と不倫したのすっぱ抜かれてスポーツ紙に
記事書かれてるんで、不倫女の法則に乗っ取ってサレたわけだがw

175 :名無しさん@HOME:2014/05/04(日) 00:20:05.37 0
恩田陸の小説はイヤな話系が多いのよね

176 :名無しさん@HOME:2014/05/04(日) 08:24:30.70 O
恩田か…
精神的に問題あるやつが絶賛していたので読んでないw

最近、小野不由美の月の影、影の海を読み返しているけど主人公の父親のクソっぷりがさすがに今では
絶滅種のような気がして何となく笑える
女の子はでしゃばったらダメとか女子高じゃないとダメとか

177 :名無しさん@HOME:2014/05/04(日) 12:51:09.46 0
>176
『月の影 影の海』(1992年)だから
陽子が現在年齢は38歳ぐらい
そのぐらいの年齢の人の親なら、そんなもんじゃない?

178 :名無しさん@HOME:2014/05/04(日) 16:20:11.59 0
>>177
というか、作者の年代なんじゃないかな?
作者アラフィフくらいだよね?
その親だと戦前生まれくらいだから男女共学なんてとんでもない、女が働く
のは所詮腰かけ、結婚して家庭を切り盛りしてっていう親がいてもおかしく
無い時代だし。

179 :名無しさん@HOME:2014/05/04(日) 18:05:13.15 0
アラフィフの親世代なら、昭和一桁
遅く出来た子や末っ子なら、親は大正生まれとか
ありえますね

180 :名無しさん@HOME:2014/05/05(月) 11:51:33.99 0
>>177
”女の子は清楚で可愛くて従順、おとなしすぎるほど内気で賢くも強くもなくていい”

今の30台の親でその思考をするのはほとんどいないだろう。
男と接しない方がいい、って理由で中高一貫の女子高に入れる親とかはいたけど、
さすがに女の子はジーンズはいちゃダメ、スカートでって親はおらんかったな。

181 :名無しさん@HOME:2014/05/09(金) 16:50:25.92 0
バカのひとつ覚えの不倫小説家が死んだな。

182 :名無しさん@HOME:2014/07/16(水) 22:59:01.99 0
マレフィセント

まんま「八日目の蝉」じゃん。
周りがマレフィセントの都合のいいように動き、
最後は継母の愛こそ真実の愛ってことで終了(ネタバレ)

まさかこんな幼稚な内容をアメリカで映画化するとは思わなかった。

183 :名無しさん@HOME:2014/07/17(木) 10:21:26.68 0
アメリカ映画のご都合主義は大昔からだと思います
バッドエンドな原作を映画化にあたって無理矢理ハッピーエンドに変えたりもしてます

184 :名無しさん@HOME:2014/07/18(金) 00:17:55.52 0
アメリカ映画というか、ハリウッド映画なんて前から幼稚だよ

185 :名無しさん@HOME:2014/07/18(金) 18:07:46.29 0
勧善懲悪
悪側は愚か、悪側はバカ、が徹底してて
悪側バカすぎて、組織としてなりたってないってのが多いな>ハリウッド映画

ハリウッド版、ハリポタとか指輪とかナルニアとか

186 :名無しさん@HOME:2014/08/29(金) 12:00:21.77 0
海街DIARY

フェミの理想だらけの話でどっから突っ込んでいいかわからないくらい
突っ込みどころ満載。
鬼女板でのステマがすごいんで、またしても鬼女さま頼りで興行収入
あげなきゃいけない、情けない邦画になるだろう。

187 :名無しさん@HOME:2014/08/31(日) 03:47:12.17 0
>>186
え、それ小説だっけ?

188 :名無しさん@HOME:2014/09/01(月) 14:14:46.79 0
漫画の話だっていいじゃん。
このあいだ、鬼女板の漫画スレで「ママゴト」のステマが
でてたけど、あの貧乏くささって韓流映画によくでてくる女の
人生観にそっくりだわ。

189 :名無しさん@HOME:2014/09/15(月) 00:26:50.98 0
いま日経朝刊で連載されてる新聞小説とか…

54 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★