5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【野球】安易な幕引きは危険、巨人・原監督の「1億円騒動」…動かない日本野球機構(NPB)、渡辺恒雄球団会長は監督続投を明言

408 :名無しさん@恐縮です:2012/07/04(水) 15:51:07.62 ID:qVD+fLVO0
真っ黒けの読売巨人

東証1部上場の「東京ドーム」(林有厚社長、東京都文京区)が、広域指定暴力団住吉会傘下の
暴力団やその関連会社に対し、長年にわたって巨人戦などの観戦チケットを無償で渡したり、
関連施設を優待使用させたりしていたことが、朝日新聞社の調べで分かった。一連の「利益提供」
を金額に換算すると年間数千万円にのぼるとみられる。会社側は事実関係を認め、「不適切だった」としている。
企業と総会屋や暴力団をめぐっては、株主総会対策などをめぐる商法違反(利益供与)事件がこれまでに相次いで発覚したが、
この間もドーム社は暴力団との癒着を続けていたことになる。

利益供与を受けていたのは、住吉会の会長補佐が総長を務める音羽一家(文京区)と、同組の関連会社。
関係者の話やドーム社の説明によると、ドーム社は、同社株6千株を所有する音羽一家幹部の組長(62)=1日に死亡=を通じ、
音羽一家側に、東京ドームで開催するプロ野球公式戦のチケットを毎試合少なくとも100枚、無償で渡していた。
【中略】
朝日新聞の取材に対し、ドーム社の広報担当者は「正確な時期は確認できなかったが、
かなり前から音羽一家とは付き合いがあり、不適切と思いながらも関係を続けてきてしまった。
ただ(組側から)見返りを得るようなことは一切なかった。現在、社内にコンプライアンス(法令順守)委員会を作り、
不適切な関係の断絶を始めている」と話している。
音羽一家は「話せる者がいないので、答えられない」としている。

朝日 http://www.asahi.com/national/update/0927/004.html


171 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)