5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【野球】阪神・マートン、ストライク判定にまた暴言

1 :ドクターDφ ★:2012/07/08(日) 09:03:32.54 ID:???0
ここまできたらクレーマー? 退場寸前のクレームが、せっかくの好ムードに水を差した。
打席にかける思いは理解できるが、その後の態度はいかがなものか。
見ている方が辛くなるようなマートンの“乱”だった。

1点を追う二回だ。二死二塁から3連打で2点を勝ち越し、なおも二死二塁。
押せ押せムードの中で打席に向かったM砲が、一瞬にしてキレた。
カウント1ボール2ストライクからの4球目。外角へのスライダーを見送るが、判定はストライク。三振。
このジャッジに不満を露わにした。

球審の友寄正人審判員(54)に詰めより、早口でまくし立てる。遠目で見ても分かるほどの猛抗議。
片岡打撃コーチが慌ててベンチから飛び出して両者の間に割って入る光景に、球場はどよめいた。
「ボールだっていったんでしょう。まくし立てていましたね。何であの球をまくし立てるのか分からない。
暴言になりかけたんですが、『もう一度いってみろ』といったら、言葉が出てこなかった。
何もいわなかったので、退場にしませんでした」
2009年のワールド・ベースボール・クラシックの2次ラウンドで審判を務めた経験を持つ友寄球審は、
完全なストライクであることを強調した上で、退場寸前だったと説明。だが、M砲のイライラは収らなかったようだ。

この判定で気持ちが切れたのか、四回の3打席目は、審判にうながされるまで打席に入らず、
空振り三振するとその場でバットを放り投げた。
守備でも五回の高橋由の右犠飛で、最初から諦めたような山なりの送球。
チームに士気に影響しかねない行動だった。
今季は、こんな抗議のシーンが目につく。
ストライクゾーンの問題はシーズン序盤からいわれているが、レギュラーシーズン再開後、
この試合前まで52打数16安打の打率・308、2本塁打で4打点と復調気配にあった。それが…。

試合後、モチベーションの低下について問われた和田監督は、「いやいや、そんなことはないよ」と話した。
片岡コーチも「野球(プレー)の話しをしよう」と多くを語らなかったが、
腰の張りで金本がベンチスタートを強いられる中、奮闘すべき主力がこの姿勢を続けるようでは、浮上は見えてこない。
http://www.sanspo.com/baseball/news/20120708/tig12070805030010-n1.html

53 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)