5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【映画】リドリー・スコット監督「ブレードランナー」デッカードはレプリカントと明言

1 : ◆GinGaOoo.. @銀河φ ★:2012/10/15(月) 18:22:04.93 ID:???0
リドリー・スコット監督「ブレードランナー」デッカードはレプリカントと明言

[映画.com ニュース]

 リドリー・スコット監督が、SF映画の金字塔と賞賛される1982年の自作「ブレードランナー」の続編について語った。

 フィリップ・K・ディックの小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」をハリソン・フォード主演で映画化した「ブレードランナー」は、
惑星移住が可能になった未来を舞台に、ネクサス6型のレプリカント=人造人間が謀反を起こして地球に侵入。
レプリカント専門の捜査官“ブレードランナー”のデッカード(フォード)が、彼らを追跡するさまを描き、
ファンの間ではこのデッカードが人間なのかレプリカントなのかをめぐり、熱い議論が繰り広げられてきた。

 このほど英メトロ紙のインタビューに応じたスコット監督は、
昨年から伝えられている「ブレードランナー」続編製作について事実だと認め、
「ハリソン・フォードが出るか? それはまだ分からない。
彼が年を取りすぎているか? 彼はネクサス6だから、どれくらい生きられるんだろうね(笑)」とコメント。
これにより、デッカードがレプリカントであることが明らかになった。

 「ブレードランナー」の続編は、前作を手がけた脚本家ハンプトン・ファンチャーが再び執筆する。

「ブレードランナー」の続編について語ったリドリー・スコット 写真:Newscom/アフロ
http://image.eiga.k-img.com/images/buzz/34619/ridelyscott_large.jpg

映画.com速報 2012年10月15日 18:00
http://eiga.com/news/20121015/12/

2 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:22:56.10 ID:FQNgtsI50

ジ  ハ ,,ハ
デ (;゚◇゚)z
!?

3 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:23:23.79 ID:LpVKNPcM0
いまさら

4 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:23:29.54 ID:AmFwQ5II0
レプリカントといえばヴァンダム

5 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:23:52.23 ID:jnObKl6q0
あーあの頃はバブリーだったなぁ・・・

6 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:24:39.44 ID:jJZioYyY0
音楽もまたヴァンゲリス使うのかな?

7 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:25:42.29 ID:n63buIB60
LightWave3Dを思い出すなあ。知ってる人いるかな

8 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:26:12.35 ID:Qz8qxSIU0
『オルタード・カーボン』の映画をはやく製作しろよ

9 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:26:19.07 ID:q4FpZiJ10
スナッチャーの続編話はどうなった?

10 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:27:54.76 ID:DeAiELJ70
2007年のファイナル・カット版しか見てない俺からすると、まあそんなものだろうと。
1982年版には無かったユニコーンの映像足したりしてるわけでしょ?

11 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:28:10.01 ID:I65c9LL4O
やたら評価高いから見てみたがう〜ん…って感じだった
やっぱり過去のSFをその世代に生きてない人間が評価するのは難しいわ

12 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:28:33.09 ID:akYBCzyP0
正確には、脚本家は全然そんな風(デッカード=レプリカント)に考えて無かったが、製作途中でなんやかんやでデッカード=レプリカントだとしたらどうだ?みたいな話がヨタ話としてSTAFFの間で語られた際に、
監督がそのアイデアを気に入ってたっていう、ね
でも紆余曲折あって監督もそれをすっかり忘れて普通にできあがったのがノーマル版

んで後にディレクターズカットがつくられた時に監督がこの話を思い出してちょっぴり演出を加えたんだよね

13 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:28:52.39 ID:hOMDOfv50
オランダ妻

14 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:30:20.55 ID:n63buIB60
>>11
あの世界観に影響受けた作品が、その後、沢山でてきたからな。
甲殻とか、モロそうだろ

15 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:30:49.47 ID:VH5a4KCR0
「うちの奥さんは電気マッサージの夢を見るか?」

いいえ。見ません。俺のはデッカードだから。

16 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:31:20.94 ID:liJCuN0D0
あそーれそーれデッカンショー

17 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:32:33.19 ID:ekUxlmq50
疲れてもないのに、この映画見てたら寝てた

18 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:32:33.60 ID:DkquwXoR0
ミクの夢をみるか?

19 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:32:37.15 ID:9n7SJJ130
自殺した弟もレプリカントだったのか?

20 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:33:32.56 ID:IJ9Mgs2y0
>>11

>>14も書いてるけど、MADMAXと同じで後に多大な影響を与えたんだよ。


21 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:34:42.01 ID:S72YC2GG0
ホールデンあっさりやられすぎだと思った




強力わかもと

コルフ月品

22 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:34:49.04 ID:j8E4QQ0Z0
ジェイローダーと合体する奴?

23 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:34:57.80 ID:C8i0wWyd0
ポリスノーツ

24 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:35:16.39 ID:l0/pbWSs0
ブレードランナーが評価出来るのは20世紀までだよなあ
今、続編作ったらみんなスマホの進化系みたいなの使ってて褪めちゃうだろうし

25 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:35:27.26 ID:2NVIbGNx0
「想像におまかせ」なプロメテウス風には
しないでほしい

26 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:36:57.96 ID:ZC7gGMHO0
冗談から本音

27 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:37:11.97 ID:+YJQiyEd0
もうずっと昔から言ってんだろが・・・
しかしまともなファンはよりにもよって監督が作品をぶち壊すこの解釈はあまり好きではない
ハリソンフォードも長年嫌がってた。

28 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:37:19.75 ID:ONuM7UJWO
逃げたレプリカントのうちの一人がデッカードなんだっけ?

29 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:37:56.88 ID:9vHYq5hr0
また今さら

30 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:38:15.59 ID:Veo47a+YO
さすがにレイチェルの中の人は出ないだろうな

31 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:39:08.10 ID:/SMDZMFV0
今思いついた感

32 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:39:27.42 ID:vodovQva0
どっちが勝っても・・・

   (゚∀゚) ヴァンダボ━━━━━━━━!!
 ⊂(   )⊃
⊂二__二⊃

33 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:39:33.12 ID:VH5a4KCR0
この原作や運命のボタン、アメリカン・ギャングスターなど短編と知らずに文庫本を買った馬鹿は居ないよな?

34 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:40:02.08 ID:5KPKdY8Y0
デッカードがレプリカントだとルドガーハウアーが熱演したラストシーンが
「なんだ身内だから助けたんか」とどっちらけになる。そらハリソンも怒るわw

35 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:40:05.57 ID:l0/pbWSs0
先週始まったサイコパスってアニメもブレードランナーの影響モロに出てたね

36 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:40:54.93 ID:W9BO6ZWT0
やっぱな!!

37 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:41:00.27 ID:34GAGax60
ブレードランナーは最初のモノローグバージョンがいい
監督がいくら否定してもな

38 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:42:11.34 ID:D1pMhVrO0
>>1

いや
2000年に既にネタバレしとるがなw いまさらなニュース



スコット監督自身は、
2000年に英国Channel 4 Televisionが制作したドキュメンタリー
『ON THE EDGE OF BLADE RUNNER』のインタビューにおいて
「デッカードはレプリカントだ」と明言している。

39 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:42:51.97 ID:jJAbL1dHO
それを示唆するシーンもあるし、今更感が…

40 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:42:57.95 ID:cz7iADto0

iPSの時代だもの

人の寿命も操作出来るはず

41 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:43:17.70 ID:sNpHyDWV0
それは捏造だな。
弱すぎだろだとすると。

42 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:43:21.13 ID:v+Te2+eNO
レプリカントにしてはデッカードは弱いんだよな
そういうタイプや旧式ならということならば仕方ないけど

43 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:43:41.34 ID:/SMDZMFV0
結局一番最初の劇場公開版が一番出来がいいよねw

44 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:43:49.38 ID:IJ9Mgs2y0
寿命の操作は大昔からできるじゃん。

おまえ、自殺すると寿命が短くなるぜ!>>40

45 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:44:15.34 ID:5KehPH5K0
普通に人間だったらあのバトルで死んでるわなw

46 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:44:32.40 ID:0goKwzHU0
エイリアンの前日譚作ったり、ブレードランナーの続編作ろうとしたり

なんかもう映画監督引退するつもりなのかな
弟も自殺しちゃったしな

47 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:44:42.60 ID:xEc3x96g0
原作レイプ過ぎてみる気がしない

48 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:45:44.12 ID:QBbr5dUB0
二つで十分ですよ

49 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:46:16.24 ID:ClvRzL6l0
映画監督が言及する事じゃないだろ

50 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:49:37.85 ID:WWS6d9Jz0
やっぱりな、
俺は、「一つで十分ですよ」のところで気づいたよ、
うどん2つも頼むの異常だからな。

51 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:49:42.35 ID:liJCuN0D0
ダリルハンナをれはきれーじゃねーよ。なんかアメリカで貴族やりたいアウトロー感じた所見時。

52 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:49:55.99 ID:wH4cbBqB0
アンドロイドとアンドロイドの戦いなのか
こういうのは、怪我したりする人間対アンドロイドだから、面白いんじゃないのか

53 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:50:43.75 ID:IuSWDaGp0
>>48
No.
four. Two, two, four!

54 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:51:09.48 ID:oe3QTKRw0
余計なこと言うな

55 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:51:17.20 ID:uvK1eo7b0
分かってくださいよ!

56 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:51:55.33 ID:34GAGax60
しかし弱いレプリカントだな
意味ないじゃん、あんなレプリカント

57 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:52:25.72 ID:OIgxXT5OO
勇者警察スレかと思いきや

58 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:52:38.23 ID:BCQe86JZ0
マンガの甲殻なんちゃらみたいだなと思ったらこっちの方が古くてビックリした

59 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:53:03.27 ID:ZC7gGMHO0
プロメテウスがガッカリと聞いて、これも期待してない
CGで映像の質感も悪くなりそうだし

60 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:53:26.68 ID:UrNKrOVp0
>>42
リドリーはネクサス6型つってるから敵レプリカントと同型のはず

61 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:53:59.95 ID:k6h3X8wI0
>>60
ネクサス7は小さくなったな

62 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:54:01.35 ID:oe3QTKRw0
ブラックレインの続編やれよ
息子2人使っていいぞ

63 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:54:10.29 ID:akYBCzyP0
デッカードがレプリカントだっていうアイデアを監督だけが気に入ってて、脚本家やハリソンフォードとかプロデューサーとかは気に入ってないからなんかめんどくさいことになってんだよなw
まぁそのお陰で意図的でない自然発生的な謎ができて議論を巻き起こして作品的にはオイシイことになってる

64 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:54:48.53 ID:liJCuN0D0
>>62
角刈りは全員滅せよ。

65 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:55:29.83 ID:M/Gq8A8r0
単なるミスにのせちゃったか

66 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:56:34.43 ID:0Ep9mu/G0
未来からやつてきたレプリカントと対決

67 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:57:26.72 ID:oLNhx1sTO
な?俺が言ってた通りだろ?
人間だとか言ってた奴は俺に土下座して謝罪しろよ?

68 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:57:27.31 ID:5KehPH5K0
>>63
脚本的にもデッカードはレプリカントじゃね?

69 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:57:49.47 ID:34GAGax60
署長はレプリカントじゃないのか
あいつはちょっと怪しかったぞ

70 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:58:11.11 ID:7JkUP+yx0
俺の30年を返してくれ

71 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:58:28.94 ID:xFIobRsF0
あー言っちゃったよ。馬鹿じゃね?
つか>>1の写真って人の良いプレデターだろ。

72 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:58:46.84 ID:JZTmZ5e30
ビル群の映像とかライティングとかミニチュアの出来がCGとは違った雰囲気をだしてるんだよな
今のCGでもあのくらいできるかもしれんけど

73 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 18:59:51.30 ID:k6h3X8wI0
あのナレーション入れたからよけいややこしくなったのか

74 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:00:24.84 ID:EjobuXuO0
デッカードがレプリカントの場合、
レイチェルに対して「Voight- Kampff Test」できるの?

75 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:00:50.63 ID:7wNcS/lM0
>>1
>フィリップ・K・ディックの小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を
>ハリソン・フォード主演で映画化した「ブレードランナー」は、

リドリー・スコットは原作読んでいない気がするんだけどなぁ…
全く別もんだろあれ。まぁ映画としては偉大だけど、

原作に忠実な映画も観てみたかった。地味過ぎるか。

76 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:00:56.37 ID:kEfFv9fO0
続編の小説ってなかったけ?



77 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:01:17.48 ID:zlFt+7fT0
エンジェルハート並みの何してくれてんねん感

78 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:01:29.97 ID:D1pMhVrO0

ねたばれ

屋台のうどん屋のおやじもレプリカント

79 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:02:15.50 ID:S72YC2GG0
Briant?






ハイッッッッッッ!

80 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:02:42.60 ID:Uf8+BLHw0
原作とはまったく違う話だが
デッカードがレブリとすると、ディックぼい
ディレクターズカットを見ないとわかりづらいが
どう見ても最初からデッカードをレプリと匂わせて描いている

デッカードがレプリだと、ロイがデッカードを見逃すのも意味が変わってくる
ロイは初体面でデッカードの名前を呼んでいるから
デッカードがレプリであることも知っていた可能性がある
ロイはあえて、デッカードを逃したのは
自分達が体験した逃避行をデッカードにも体験させるため

81 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:02:43.65 ID:uuQjsMIj0
レプリカントじゃなかったら人間との時間の対比にならないだろ
正直がっかりだわ

82 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:03:26.38 ID:k6h3X8wI0
>>72
予算なくてスターウォーズのミレニアムファルコンが立ってたり
頑張ったから出来た情景だからCGだとどうなんだろ

83 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:04:32.57 ID:FzzzYoiM0
ひとつで充分ですよ

84 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:04:45.02 ID:/SMDZMFV0
>>76
ディック以外の人が書いたのなら

85 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:04:56.08 ID:MUCx8GO90
ハリソン・フォードとこの件でもめてたて話も聞いたことがあるが?

86 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:04:57.07 ID:5KehPH5K0
>・デッカードとレイチェルは寿命のないネクサス7型(?)に該当!
>ラストでデッカードはレイチェルを保護して逃亡するが、その車の中でレイチェルがこんなセリフを言う(未公開シーン)。
>「あなただってレプリ。私たちは“対”で作られたと思う」。
http://kajipon.sakura.ne.jp/cinema/blade-runner.html

未公開シーンでははっきり言っちゃってるのね

87 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:06:02.93 ID:YbL3e5ag0
>>11
古典だからね、今やその素材を土台に+αの物語にまで昇華させてるから
なかなか良さを評価静lie

88 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:06:13.61 ID:7V+j2xvr0
その割には戦闘タイプにボロ負けしたな。
旧型なのか。

89 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:07:02.65 ID:ZC7gGMHO0
原作のデッカードは何?

90 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:07:52.20 ID:7V+j2xvr0
ということは実はレイチェルの方が人間だったという妄想もできるわけか。

91 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:08:47.07 ID:srjZF4B/0
古典SF的な人気作なのにハリソンフォード自身はこれを汚点程度に考えてるんだっけか?

92 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:09:01.80 ID:/SMDZMFV0
>>89
人間。原作では人間とレプリカントは持っている感情が根本的なところで違うものと設定してる。

93 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:10:07.03 ID:imEbDDy60
デッカイドーはハリソン・フォードだろ?

94 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:11:29.15 ID:p15ijQv50
ハリソンフォードはこの解釈(デッカードもレプリ)だと作品がぶちこわし
になる、っつってんだっけか


95 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:11:48.48 ID:imZSg6eg0
日本人てディックとホーガンやたら好きだよね
なんでだろう

96 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:12:03.12 ID:SegD+VAd0
ジェイデッカーなら知ってる


97 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:12:04.66 ID:fcmIzUX50
知ってた遅報

98 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:12:13.66 ID:bgKdMBm30
これ、ディレクターズカット見てないけど
原作読んでる人には衝撃だわなー。
あのユニコーンのシーンはショックだったわ

99 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:12:16.22 ID:6fNyE5zc0
まだ見てないのに!

100 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:12:26.14 ID:7wNcS/lM0
>>91
ある時期まで失敗作だと考えてたらしい。考えが変ったようだが

101 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:13:02.03 ID:TZBg8QuM0
先週始まったサイコパスの背景が、ブレードランナーをあまりにもパクリ過ぎててびっくりした
ビルに着物を着た女性の広告とか

102 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:13:42.92 ID:ZC7gGMHO0
>>92
d
映画でも、そういうところは出てたように思う
デッカードがレプリかどうかって、謎のままなら集客やらでいいかもしれんが、
やはりとってつけたような、映画的ドンデン返し趣向のように感じる
人間がレプリに恋する複雑なところも、いい味なんだが

103 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:13:46.01 ID:+YJQiyEd0
ハリソンフォードは逆にデッカードレプリ説に
わざわざウンザリだってコメントする程には思い入れがあったと思う。

当時まだ演技に対して熱かったハリソンが
レイチェル役の新人散々罵倒してしばらく仕事出来ない程落ち込ませたくらいだし

104 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:13:49.24 ID:5KehPH5K0
>>98
全然衝撃じゃないだろ
原作とはまったくといっていいほど別物だし

105 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:14:17.65 ID:7wNcS/lM0
>>101
オマージュ引用かもw リスペクト引用?

106 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:15:24.41 ID:GI+e288kP
なんか落っこちちゃってるぜ
なんか落っこちちゃってるぜ

107 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:15:27.07 ID:ZWfAD4DR0
原作のやるせなさ、どうしようもなさを
ハリウッド映画でやるのは無理

108 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:16:28.57 ID:TGaUYzW30
>デッカードはレプリカントと明言

えええ?
そんな話だったっけ?

109 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:16:39.24 ID:bgKdMBm30
>>104
衝撃だったよ。
デッカード人間だと信じてたもん。
というか、オリジナルはあれ人間だからこその感情だと思ってた

110 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:17:25.58 ID:GoX3ArSc0
ボトムズの世界観もこの影響だよな

111 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:17:48.93 ID:E9vfQgHh0
ジャパン・アズ・No.1だった頃に作られた映画だよねw

112 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:17:50.29 ID:5KehPH5K0
>>109
> というか、オリジナルはあれ人間だからこその感情だと思ってた

何が言いたいかわからん

113 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:18:19.69 ID:7wNcS/lM0
原作で重要なイジドアの役回りが映画ではチョイ役過ぎる。

114 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:18:31.09 ID:mJps6z4R0
原作の続編に当たる作品ではネクサス7が登場するんだよな。
ストーリーは全く繋がりのない作品だけど。

115 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:18:32.32 ID:bgKdMBm30
>>112
わかんなきゃいいいよ。
別に説明するほどのことでもない

116 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:18:51.87 ID:b5tyOJn80
あ、そうだったんだ。レプリカントだったんだ・・・。
主人に教えてあげなくては。
このレスはもっと伸びていいはず。

117 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:19:05.29 ID:jV3cNpO80
あの角度が変わるカメラくれよ

118 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:19:21.12 ID:5KehPH5K0
「原作」を何か勘違いしている人が結構いそうだ

119 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:19:42.49 ID:bezIBZMh0
リドリー・スコットに宇宙の戦士をリメイクして欲しいな…バーホーベンのも悪くはないけど…
リドリー版を観てみたい

120 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:20:03.01 ID:l0/pbWSs0
>>101
雨降ってたしネオンとか雰囲気がそっくりだった

http://psycho-pass.com/about/#pro-notes03
本作は当初からのイメージである「ブレードランナー」の流れをうけた作品として収束していった。

121 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:20:59.87 ID:/SMDZMFV0
>>113
イジドアの蜘蛛がらみのシーンは感動したなあ

122 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:21:36.56 ID:ZC7gGMHO0
デッカードが人間と思うから感情移入できて、レプリカントの悲哀にも思いを馳せられるのに、
全部レプリの話じゃ、感情移入ができないんじゃないかという冷静な視点がでてきて冷める
エンディングは別にするべきだったな

123 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:22:50.38 ID:+YJQiyEd0
昔サイレントメビウスって角川がオタク業界参入する際に
大々的に仕掛けたプロジェクトがあったんだけど
その中のサイボーグ婦警さんのエピソードがブレードランナーの完コピなのね
オマージュとかパロディーですって言えないほどの

当時既にブレードランナーはオタクの聖典・必修科目だったから
その安直っぷりにびっくりしたよ

124 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:22:51.19 ID:JZTmZ5e30
脚本家が同意したらレプリカントだと思うけどどうなのよ
続編でそういうふうに持っていかれたらどうしようもないけど

125 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:23:10.34 ID:xY8C7tQ30
エイリアン 平凡パンチ
ブレードランナー 強力わかもと

126 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:23:25.57 ID:9eJYqNhci
>>123
スピナー出てたしなw

127 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:24:35.49 ID:BTDXNFas0
タンホイザーゲートのCビームってなに?

128 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:24:52.87 ID:n3dydSPU0
続編のタイトルはレプリカントの墓標?

129 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:24:58.17 ID:5KehPH5K0
>>124
・ロイがデッカードの名前を聞く前から知っていたのは、2人が兄弟レプリだったという初期設定の名残。
撮影用脚本には、デッカードのこんなナレーションがある「その夜、屋上で俺は知った。 2人は兄弟だったのだ、ロイ・バティーと俺は!」。
http://kajipon.sakura.ne.jp/cinema/blade-runner.html

脚本にこう書かれてたのだから確定でしょう

130 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2012/10/15(月) 19:25:50.54 ID:LxuVml110
         ,r"        ,,,、-          ヽ,
        ,r'     ,、-ー'''"~~~~~~~~~~~~''''ー-、,r 、 ノ
        ヽ、, ,r '" ,,,,、、- ーー''''''''''''''''''''''' ー-、( ,,ノ'"
          `')ー'"            ,,,,r 'r'"、~'i
          ,r',-ー',r'''''''''ー,ー--,--tーー'''" ,ノ::::::/、:)リ
          .~'''''''t.'ー-ti;"|::::|.|:::::|;i`:i"i"~:::::::::::'、ノ:/
             .t:::::::ti:::|::::|.|:::::|;i:::::|.|::::::::::::::::'r'"ヽ,
             .t::::::ti::i;rーーー'、i::::|.|::::::::::::::/   ~ヽ,
             ,r't::::ti:::、-ーーー-:::i.i::::::::::;r"|     ヽ,
           ,,、r'"  ヽ;:ii::::''''"""~:::::i.i:::::;r":::リ      ヽ,
         ,,r'"     /iヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i,i;r":::::;;ノ  ノ/    t

131 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:26:13.35 ID:6MLTyXkB0
2つで十分ですよ。

132 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:26:14.24 ID:SYMkF5DB0
殺されたタイレル社長も実は影武者レプリカント
本物はハイブリッドレプリカントとしてマッチョな爺になって今も生きてる

133 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:26:45.26 ID:D1pMhVrO0
>>123
> 昔サイレントメビウスって角川がオタク業界参入する際に
> 大々的に仕掛けたプロジェクトがあったんだけど
> その中のサイボーグ婦警さんのエピソードがブレードランナーの完コピなのね
> オマージュとかパロディーですって言えないほどの
>
> 当時既にブレードランナーはオタクの聖典・必修科目だったから
> その安直っぷりにびっくりしたよ

アレは、第1話の雑誌掲載時のセリフでは、”ネクサス6型〜”うんぬん と ハッキリ書きこんでる

後に版権問題になるから、文字を別なモノに差し替えられた

134 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:27:02.13 ID:bgKdMBm30
>129
へえええ、そんな初期裏設定があったのか。
ほんとうにオリジナルを見る前にそれを知らなくてよかった

135 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:28:05.22 ID:/SMDZMFV0
もうブレードランナーいじくり回すのは本当にやめて欲しいわ・・・
誰得だよマジで

136 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:28:22.11 ID:BTDXNFas0
いいなあこの時代
ああゼイリブ観たい

137 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:28:57.33 ID:+YJQiyEd0
>>129
それが問題の、比喩的な意味で書いたらリドリーがえらく気に入っちゃって
既に撮影入っちゃってたのにデッカードレプリ説に方向転換するきっかけになった一文
脚本家がそう言ってる

138 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:29:13.32 ID:6MLTyXkB0
>>135
アシモフの原作の匂いが消えて、リドリースコットの脚本になりつつあるね。

139 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:29:19.05 ID:aq+rRyMa0
逃げてきたレプリカント達は宇宙仕様で体力レベルはAランク
デッカードは地球仕様で安全のため人間レベルの体力に制限されている

140 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:30:08.82 ID:6MLTyXkB0
ごめ、原作ディックだったw

141 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:30:18.24 ID:ohWG+wow0
この映画すごく好きだ
ルトガー・ハウアーの演技がとくに良かった

142 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:30:26.75 ID:MT0uWf560
>>136
この前ようつべで見たよ。

143 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:30:35.97 ID:ZWfAD4DR0
>>138
ハインライン原作じゃね?

144 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:30:58.94 ID:ZC7gGMHO0
SFブーム時の隠れた古典傑作というイメージが強くて、
今のSF(アクション)的興味からつまらん、と言われることもあるようだけど、
ラブストーリーやドラマ好きからもっと評価されてもいいと思うが、見られ方はどうなんかな

145 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:31:59.84 ID:7wNcS/lM0
>>143
まじレスすると、アーサー・C・クラーク

146 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:33:10.72 ID:D1pMhVrO0
>>144
> SFブーム時の隠れた古典傑作というイメージが強くて、
> 今のSF(アクション)的興味からつまらん、と言われることもあるようだけど、
> ラブストーリーやドラマ好きからもっと評価されてもいいと思うが、見られ方はどうなんかな



史上最高のSF映画は『スター・ウォーズ』ではなくあの作品
http://logsoku.com/thread/hatsukari.2ch.net/news/1310204456/
 英国の映画誌TOTAL FILMが行った投票の結果、
“史上最高のSF映画”の1位に選ばれたのは、
リドリー・スコット監督『ブレードランナー』(82)だった。

1位『ブレードランナー』(82)、
2位『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』(80)、
3位『2001年宇宙の旅』(68)、
4位『エイリアン』(79)、
5位『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』(77)、
6位『E.T.』(82)、
7位『エイリアン2』(86)、
8位『インセプション』(10)、
9位『マトリックス』(99)、
10位『ターミネーター』(84)

147 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:33:22.08 ID:WWS6d9Jz0
ラストでルドガーハウアーはなんでデッカード助けたんだろ?

148 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:34:05.58 ID:ZC7gGMHO0
そういや、プルートウという漫画にも影響が見られるな
アシモフも多分影響してる

149 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:34:14.90 ID:yRpdq0Id0
>>7

現役だこのやろう

150 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:35:05.36 ID:ohWG+wow0
まぁこんなことはあえて言わなくても映画中で匂わせておいて
どっちなんだろーというのが一番いい落としどころだと思うけどね
インセプションとかもそうだし

151 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:35:19.33 ID:BTDXNFas0
えええええええええええええインセプション入ってるううううう

152 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:36:05.71 ID:CFzZhpG40
ってか、人類はとっくに全滅してて、全部レプリカントだったはず


153 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:36:20.02 ID:86PDgpzF0
ブレードランナーより
その影響を受けた後世の作品の方が圧倒的に面白いよな
俺もブレードランナーみたが途中で寝そうになったわ
イノセンスレベルの睡眠誘導剤、つまりクソ

154 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:37:00.31 ID:NsqGAXue0
「キスして、と言え」
「抱いて、と言え」
俺がSに目覚めた瞬間だった

ところで物体Xの最後、片方はすでに取り込まれてるって事で桶?
(片方だけ吐く息が白くない)


155 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:37:19.13 ID:ohWG+wow0
>>147
死期が訪れたのを悟ったからではないかな?
何だか解脱したみたいな感じだったな

156 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:37:44.09 ID:5KehPH5K0
>>154
あれはそういう意図はなかったらしい
まぁ、そう考えた方が面白いけど

157 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:39:28.71 ID:D1pMhVrO0

ねたばれ

原作の初期設定では

寿命の切れたレプリカントは死ぬが、すぐにリブートして習慣にに従って本能で行動するようになる

もぅ一度殺すには、頭を破壊して脳を壊すしかない

158 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:40:48.90 ID:+G9WHeRj0
リドリー・スコットか
シリアスな映画になるな

159 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:40:51.24 ID:NsqGAXue0
>158
tks
結論でてないんだな


160 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:41:03.15 ID:6MLTyXkB0
>>153
イノセンスレベルの意味がわかんないけど、当時はあの程度のCGで大興奮したんよ。
エイリアンもそうだけどエイリアン2なんてロボットみたいな作業用機械で大興奮。
当然、ターミネーターでもドキドキ。
ターミネーター2なんて、なけなしの小遣い前借して2回も映画館に見に行くほど。

そういう時代だったんだよ。

161 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:41:36.48 ID:ZC7gGMHO0
>>146
SF的に評価されてるということだね
ただ、さっき言ったことがやはりあるのは現実
それと、本当に知りたいことはまだ不明w

162 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:42:11.13 ID:c2C9vi9/0
是非見てみたい

CGの技術も上がってるからもっと映像にも迫力が出るだろうね

163 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:42:12.33 ID:VvtUbUfz0
ディレクターズカット版しかみたことないがあれみたらまあレプリカントだよな

164 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:42:29.49 ID:D1pMhVrO0
>>160
> >>153
> イノセンスレベルの意味がわかんないけど、当時はあの程度のCGで大興奮したんよ。
> エイリアンもそうだけどエイリアン2なんてロボットみたいな作業用機械で大興奮。
> 当然、ターミネーターでもドキドキ。
> ターミネーター2なんて、なけなしの小遣い前借して2回も映画館に見に行くほど。
>
> そういう時代だったんだよ。


ブレランにCGは使用されていない

165 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:42:45.81 ID:6ynCgPcd0
実は全員レプリカントで、本体はどこかで夢でも見てる。

166 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:43:23.69 ID:IwvM2qkPP
>>160
CGじゃねーよ知ったか野郎ww

167 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:43:30.97 ID:wjcfotz30
原作者無視すんなや、おめーのキャラじゃねえだろ

168 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:43:31.53 ID:GOGv9Kx/0
>>14
甲殻はニューロマンサーだろ

ネットワーク上に神が誕生するとか、そのまんま

169 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:43:36.46 ID:aZ5WHa7ZO
>>152
それは楽しみだ

170 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:43:59.58 ID:Cpdj14BA0
はぁ? こんなの原作読んでれば、わかる話。

デッカードが、自分もひょっとしたらそうなのではないか?
と疑い出す心の葛藤も読みどころの一つなのに。

ま、映画だからそういう内面の話は表現しずらかったのだろうけど。

171 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:44:03.25 ID:toiWzGHoO
>>147
自分がもうすぐ死ぬから、そう思ったらなんか急に目の前で
必死に生きようともがいてる男の命が眩しく見えたのさ…

172 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:44:10.41 ID:MUCx8GO90
>>162
昔のSFてテーマが哲学じゃん
今のSFとは全然違うでしょ

173 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:45:10.54 ID:LlUtGlci0
攻殻の押井がこの映画大好きだよな
モロパクってるし

174 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:45:13.41 ID:ZC7gGMHO0
特撮は、どうしても、のところに最小限
CGは、比較的簡単にできるから、多用
「あ、ここ、特撮(CG)だな」の瞬間が多いと冷める

175 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:45:14.67 ID:ne5kkvU+0
当然タイレル社長にあたる生命工学の神は山中教授に変わってるよね。

176 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:45:36.52 ID:PK1OPLrS0
テーマ曲は
デレデレデレデレ デンドンデンドン
だったよな

177 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:45:37.20 ID:1KMzSBTn0
ふたつでじゅうぶんですよ

178 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:46:01.99 ID:y0Llsb+X0
このデッカード=レプリネタは
ファンを煽るリドリーの持ちネタだから本気にしないほうがいいぞ

179 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:46:22.09 ID:9CxNOMhJ0
やがては消え行く雨の中の涙のように

180 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:46:31.93 ID:H0LmeV+Z0
>>160
>当時はあの程度のCGで大興奮したんよ

CGだったら雨降ってねえよ

181 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:46:35.94 ID:7wNcS/lM0
>>153
タルコフスキーの映画をおススメしとくw

182 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:47:03.17 ID:voe2fmsDO
電気屋ひつじだとデッカードはレプリカントに屋上の電気ひつじ壊されて傷心の旅にでます
途中で蛙を見つけてよろこんで嫁の元に帰ってきます

183 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:47:39.27 ID:LlUtGlci0
今期のアニメのサイコパスも世界観影響受けてた

184 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:48:22.32 ID:oN5scyB80
エイリアンだとジェームズ・キャメロンの方が上手だな

185 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:48:34.68 ID:7wNcS/lM0
>>173

押井さんはずっとブレランごっこやっているだけだよな。

186 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:48:35.18 ID:ohWG+wow0
レプリカント気の毒にな、と思って見ていたのに
実は自分もそうかもしれないと思ったらじわじわ恐怖がくるな
まあ彼らが生きようともがいている様子は人間と同じだよな
愛する人の死を止めることはできないしどんなに能力に優れて
栄光につつまれた人でも最期がやってくるんだなと

187 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:48:35.90 ID:VvtUbUfz0
別物と考えたほうが良いんだろうが
原作のほうが正直面白い

188 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:49:01.02 ID:4TyiTFEp0
正直、この映画面白く無かったよな?

189 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:49:31.85 ID:5KehPH5K0
頑ななまでに、デッカードがレプリカントだと認めたがらないファンがいて面白いなw
何でだろ?

190 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:50:32.74 ID:BTDXNFas0
そうだよ特撮技術なんかどーでもいいんよもう
CG多用の2000年代に地獄の黙示録の生爆撃のほうがどんだけ価値あると感じたか
テーマとか設定とかムードとかが大事なんよ

191 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:51:10.97 ID:abK5LX490
ハリソンフォードもデッカードはレプリカントじゃない派なんだよな

192 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:51:30.18 ID:y0Llsb+X0
ロシアンハーフのロック歌手、川村かおりさんが癌で早逝する前の表情が
バッティやプリスみたいな感じがして泣けてきた

193 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:51:36.43 ID:h6yut0oE0
ストーリーよりも酸性雨の降りしきるサイバーパンクなビジュアルがスゴかったわ

194 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:51:59.57 ID:oN5scyB80
デッカードがレプリカントだと色々矛盾が生じる
その一つが弱すぎることw

195 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:52:17.84 ID:a/dw0eJs0
ディレクターズカット版でシーン付け足した後付だからな
最初の公開された版でんなことわかるようにつくってないし

196 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:52:20.53 ID:ZC7gGMHO0
キャメロンはいきなりエイリアン2作ったなら凄いが
しかし、エイリアン1とターミネーター1は同レベルの傑作

197 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:52:22.40 ID:7wNcS/lM0
>>193
雰囲気が主役だよな。 映画館のスクリーンで観てみたい。

198 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:52:52.38 ID:EoS+ddGl0
知ってた

199 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:53:00.05 ID:ahVVjvqy0
この間のエイリアンもだけど
今のリドリースコットはつまらないネタバレで
過去の作品を台無しにする傾向がある

200 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:53:47.54 ID:D1pMhVrO0
>>189
> 頑ななまでに、デッカードがレプリカントだと認めたがらないファンがいて面白いなw
> 何でだろ?

そいつらは

フォークト=カンプフ感情移入度測定テストだと気づかないで、

ささいな事にこだわるあまり事実を受け入れられない人種 

つまり、典型的なレプリカントだよ

201 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:53:47.81 ID:34GAGax60
ロイの最後のセリフ、訳がおかしいよ

202 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:54:01.39 ID:zkpZKHLd0
>>180 もうちょっとやさしく教えてやれよw

203 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:54:48.17 ID:EoS+ddGl0
>>196
映画界に与えた影響を言うとエイリアンの方がダントツ

204 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:55:16.89 ID:A0/GBbxx0

 わ強
 か力
 も
 と

205 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:55:35.70 ID:F1IfUO8v0
デッカードはともかく、オルモスの演じた鶴折人のガフは当然レプリカントだよね?

206 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:55:48.35 ID:hF82yn/J0
>>194
普通の人間があんな生命力あるわけねーだろw


207 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:55:50.72 ID:iFrWN7Bt0
>>147
レプリカントは必要以上に「記憶」に拘ってたよね
なので自分の最後の姿をデッカードに「記憶」しててもらいたくて
助けたのでは?

208 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:56:35.93 ID:hF82yn/J0
>>205
ガフは人間だろ

209 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:56:40.17 ID:H0LmeV+Z0
>>202
いや自分で調べるでしょ

210 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:56:58.32 ID:UrzebScn0
再編集版とか作りたがるから、余計混乱する。

そりゃ外国は編集好きにできないからわかるけど
Dカットしたほうがつまらんのが多すぎる・・・

211 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:57:21.15 ID:2i83SrXs0
>>189
なんか作品が薄っぺらくなる悪い改変だから

212 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:58:06.74 ID:rJG91i8k0
プロメテウスはクソ

213 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:58:36.97 ID:ohWG+wow0
レプリカントのほうが人間的なんだよな
この人の映画、闇と光の雰囲気がいい
ブラックレインなんか大阪がえらくかっこよく仕上がってたw

214 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:58:47.40 ID:lNrQQqKR0
タイミングよくNHKBSでメイキングとあわせて放送

http://www.nhk.or.jp/bs/t_cinema/calendar.html

10月26日(金)午前1:15〜3:01  BSプレミアム
プレミアムシネマ  「デンジャラス・デイズ:メイキング・オブ・ブレードランナー」
2007年・ アメリカ  DANGEROUS DAYS:MAKING BLADE RUNNER

11月9日(金)午後11:45〜午前1:44  BSプレミアム
プレミアムシネマ  「ブレードランナー ファイナル・カット」
2007年(オリジナル1982年)・ アメリカ  BLADE RUNNER

215 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:58:58.30 ID:ZC7gGMHO0
>>203
後への影響ではなく、単品の、SFスリラー(ホラー)として、新しさ、面白さ、衝撃がね
正直エイリアンのほうが出来はいいと思うけど

216 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:59:26.53 ID:y0Llsb+X0
ブレードランナーはポランスキーのチャイナタウンと姉妹作だと思うからそっちも観ろよ

217 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 19:59:46.40 ID:34GAGax60
最後もあの森林の中を車で走るシーンがいいのにな
(シャイニングの余りフィルムだっけ)
後から変えやがって

218 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:00:23.54 ID:hF82yn/J0
改変されたわけじゃなく、初期からデッカード=レプリカントだったんだろ
だから、ロイはデッカードの名前を知ってるんだろうし
デッカードの部屋の写真の多さも>>207が言うようにレプリカントの特徴のあらわれといえるしなー

219 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:00:42.22 ID:5rcgzmld0
原作関係なしだなー

220 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:01:34.83 ID:u2JVykY80
いまさらどうでもいいわなあ

221 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:01:42.38 ID:IsgoPVyG0
一作で十分ですよ〜

222 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:03:09.44 ID:JbjZji+F0
>>219
ディック原作ではよくあること

原作通りに作ったディック原作映画は「スキャナーダークリー」しか見たことないな

223 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:03:12.40 ID:Or8CYTwM0
蛇の鱗に製造番号とか細かいとこが好きだったな

224 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:04:53.85 ID:rzUWEB+v0
>>213
趣旨はそこだしね>人らしい機械は人間と呼べるのか?

225 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:04:56.76 ID:JZTmZ5e30
>>193
中国人が傘着てチャリンコ乗ってたりするしな
今現在の中国人チャリンコ乗ってるイメージ無いけど
そういや昔外国人がブレラン見た後に歌舞伎町来たらブレランの世界だと思ったって言ってたな

226 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:05:07.25 ID:IsgoPVyG0
ジョーズは何作目が作られているだろうか

227 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:05:09.38 ID:ohWG+wow0
ダリル・ハンナ見なくなったな

228 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:06:19.66 ID:uGtKucoH0
>>222
マイノリティ・リポートやトータル・リコールは短編だしな。
日本も星新一のショートショートを膨らませて、映画化してほしい。

229 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:06:28.66 ID:sAsSwEtW0
音楽が好き

230 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:07:52.80 ID:MUCx8GO90
>>228
確かに長編SFは映像向きじゃないな〜

231 :8月15日に生まれて9月15日に恋をした@8(・д・)3( ・`д・´)(.・ω:2012/10/15(月) 20:08:37.67 ID:ePrSIvqt0
亡きトニーの分も頑張ってね、お兄ちゃん…(⊃ω・ .)

232 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:08:48.68 ID:WWS6d9Jz0
この作品もDVD化されたら、
バージョンいくつも出てきて最終版詐欺になるんだろ。

233 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:09:04.64 ID:EoS+ddGl0
>>215
後じゃなく当時な 結局エイリアンの方が出来いいだろう
そもそもその2つはそうやって並べるものじゃないと思うし

234 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:09:47.18 ID:/79uiUKh0
>>62
今度はシャキナベイベーを、もうちょっといい役で使ってやってくれw

235 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:09:47.44 ID:vIVKcT5o0
プロメテウスのようにさらに謎増えてお前ら涙目になるのが目に見えてる

236 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:10:01.29 ID:ohWG+wow0
>>228
星新一のショートショートはネタの宝庫だな
美人の宇宙人にキスしていい気分になってたら
乾杯のとき相手が尻尾を持ち上げた、ってのがシュールで好きだw

237 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:10:08.77 ID:1KMzSBTn0
入日かたむく〜

238 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:10:11.18 ID:+YJQiyEd0
>>218
写真は彼我の存在の共通項という事で完全に作品そのもののテーマに直結してる
それをどっちもレプリにしたがったリドリーが自分で考えた話を否定する謎の人

239 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:11:20.67 ID:XpM2vZ1x0
>>227
シーシェパードの船に乗ってるんじゃなかったっけ

240 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:11:20.56 ID:F4QZ5F3J0
>>207
レプリカントが記憶に拘ってるような描写は無いよ、少なくとも映画版は
拘ってるのはとにかく「寿命」だったろ?
記憶云々ってのは記憶をインプラントされて自分がレプリカントだと思ってなかったレイチェルだけ
それは単純に自分がレプリカントだって信じられなかったからだろうしね

241 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:14:19.58 ID:LdoZHxE6O
ディレクターズカット版は観た事無いから、デッカード=レプリカントに違和感が……
キャメロンのアビス完全版やら、PジャクソンのLOTR“問題解決したんでC.リー出します”版やら、スッキリしなさ過ぎだろ。
>>154後日談を描いたゲームが出たんだけど、公式で片方は『やつ』に喰われた事になりました…カーペンターめ…
どいつもこいつも、ヴァーホーベン先生見習えよ!

242 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:14:40.48 ID:uGtKucoH0
>>236
今なら、「おーい、出てこい」を原発問題に絡めて、壮大なストーリーに・・・
って言っても、うまくまとめる力量のある脚本家もおらんか。



243 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:15:42.20 ID:JbjZji+F0
デッカードがレプリカントじゃない説だと
デッカードのなかなか死なない妙なしぶとさ、なぜかデッカードの名前を知っているロイはどう説明がつくんだろ?


244 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:17:03.02 ID:F1IfUO8v0
>>205
自己回答ですまんが、ガフの方が人間だったんだと今思った。デッカードに
向ける蛇のような目つきは、デッカードがレプリカントだと知ってるからの
こと。

また、小さい鶴を作ってデッカードに見せるのは、「こんな無駄な能力は
お前さんには無いだろう?」ってメッセージだったんじゃないかと。

245 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:17:16.20 ID:ohWG+wow0
>>242
いいな。ぜひ見たいので脚本書いてくれw

246 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:17:50.58 ID:UoWi2oK+0
正直、ディックの原作に忠実に作ることを意識してたら、こんな傑作にはならんわな

>>210に同意する

バリエーションの作り過ぎ

あと、ディレクターズカットだから良いというわけではない典型

ナレーションがあるバージョンはわかりやすいし、雰囲気が壊れるわけでもない

247 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:19:35.74 ID:mJps6z4R0
原作ありきだから、いくら映画でレプリカントみたいな描写にしても、そんなバージョン作ったんだ!って感じるだけだなぁ。

248 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:20:00.71 ID:VuJcGhLG0

知らんかった俺、涙目・・・・

249 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:20:16.28 ID:UoWi2oK+0
ハリソン・フォードもショーン・ヤングも全部CGにしてしまえ

不自然じゃない続編が作れる

250 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:20:48.90 ID:i8+8E/qQ0
後付けで話をおかしくするのはやめて欲しいねえ
デッカードはレプリカントでは無いし、続編なんてあり得ない

251 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:21:09.25 ID:F4QZ5F3J0
デッカードがレプリカントだとすると、彼はほんの数年前につくられたことになり
警察関係の人達がデッカードを知っているってのがおかしくなるんじゃね?

252 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:21:14.24 ID:yRpdq0Id0
プロメテウスもヒロインのパンツカットいっぱいあって「リドリーわかってる!」と思った。

253 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:21:36.08 ID:+YJQiyEd0
>>243
細かい事気にしてるとハゲるよ
この映画は撮影途中にもどんどん脚本書き変えたり
思いつきで急にやったりした事が多いので色々と辻褄の合わない事が多い
それが「謎」として変にマニアの興味をそそる結果になった訳だけど。
最たる物が「6人目のレプリカント」

254 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:22:26.37 ID:pCR3B8lx0
監督の日本趣味がいろいろ見られるけど
ブラックレインを最後に
以後の作品では皆無だな。

255 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:23:04.08 ID:WWS6d9Jz0
デッカードの仲間の、
折り紙おってた奴はなんでレイチェル見逃したんだろ?

256 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:23:10.16 ID:JZTmZ5e30
CGとか使わずにこのビジュアルやっぱすごいわ
http://www.gizmodo.jp/2010/09/1982.html

257 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:23:35.09 ID:JbjZji+F0
>>253
デッカードがレプリカントだと考えた方が矛盾はないし、監督の意図にもそうだろ
>>86によると未公開シーンではレプリカントと言ってしまってるわけだし



258 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:23:43.25 ID:XBPfE7sx0
ファンの間でそんな議論してたの?初めて知ったw

259 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:24:25.95 ID:QZUWuKg00
ハリソンフォードに死角なしの頃だね

260 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:25:12.10 ID:JbjZji+F0
>>255
どっちにしろ寿命が来るから?かとも思ったけど
それだったら、そもそもレプリカント狩らなくてもいいわなw

261 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:27:09.22 ID:LdoZHxE6O
>>243逆にデッカードがレプリカント前提だと、『人間では見れない色んな物を見て来た』と語り掛けてくるシーンが間抜けに見えちゃうw
て、言うかブレラン何バージョン有るんだ?ディレクターズカットとファイナルカットでも何か違うのか。

262 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:27:56.36 ID:qmjH3oBn0
(チッ、うっせーな)レプリカントでーす(棒

263 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:28:15.92 ID:ohWG+wow0
謎のままにしておいたほうが粋だった気がするなぁ

264 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:29:15.06 ID:9U9GHBnu0
マットペイントだけでやれ

265 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:29:23.96 ID:pmgJOhBr0

弟のトニー・スコットはこの前亡くなったばかりだよな

兄弟揃って才能のある映画監督だ。

個人的にはトニー・スコット監督のトゥルーロマンスが好きだな。
ブラッドピットが脇役で出てるヤツ


266 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:29:33.08 ID:F1IfUO8v0
>>251
原作の屋上で飼ってる羊とおなじで、あるときまでは実際に警官だかバウンティー
ハンターだったてことかと

267 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:30:17.05 ID:VDSmLA1B0
これはギャグで言ってるんだろう。
レプリカンとにしては弱すぎる。

268 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:31:07.78 ID:JbjZji+F0
>>261
あれ、ルトガー・ハウアーのアドリブですもの

「オリオン座の近く」ってどこだよと毎回思ってしまうw

269 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:31:12.51 ID:JZTmZ5e30
>>254
ブラックレイン見た後に
映画に出てきた場所に行った時に
あれ?違う感半端無かったw

270 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:32:50.67 ID:ohWG+wow0
>>268
あれアドリブなんだ。かっこよすぎだろ

271 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:35:56.06 ID:F4QZ5F3J0
>>266
つまり人間デッカードってのが過去にいて、それが死んだか実験だかでソックリにつくられ記憶を埋め込まれたレプリカントと入れ替わったってこと?

272 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:36:37.14 ID:CA8RedKr0
アドリブっていうか前もって本人が考えたもの。

裏話のドキュメントやってたけど面白かったな。
美術スタッフと監督がけんかしてそのスタッフが
抗議のセリフがかかれたTシャツか帽子を作成してた。

273 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:37:36.37 ID:F1IfUO8v0
>>271
うん、本当に監督がそういう設定考えてたのかどうかは別として。

274 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:38:38.81 ID:XBPfE7sx0
人がレプリカントに恋をして終わるのと
レプリカント仲間で好きあうのでは在り来たりでがっかり印象だな

275 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:40:14.61 ID:BTXtwpBo0
>>255
実はあの相棒こそレプリなんだよ
あの折り紙は「追ってくるな」というサイン

276 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:40:49.78 ID:LdoZHxE6O
>>268アドリブだったのか!ガキのSF魂をガッチリ掴むシーンだったのに。ハリソン以外、皆ノリで撮ってたんだなw

277 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:42:31.87 ID:gfjKnOow0
勇者警察スレじゃないのか
勇太君はかわいかった

278 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:42:43.86 ID:D+TGCWcM0
追ってるレプリカントの人数さえあやふやな映画だからなぁ

279 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:43:12.24 ID:PkQnLn1z0
今回のってリドリースコットノリノリで続編作ってるの?
それともバックトゥのゼメキスみたいに「ビジネスとして他人に荒らされるくらいなら自分で…」ってパターン?

280 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:43:42.94 ID:y0Llsb+X0
ロイは最期の最後で
個体の寿命が尽きても他者の記憶となって続く生命を選んだと言うのがラストの解釈。
だからレイチェルがいつ死のうがそんなのは関係ないとデッカードは決意するわけさ。完璧なエンディング。
なのに、彼女の寿命は設定されてなかったとかしょうもないナレが付いたら意味がねえ

281 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:43:57.00 ID:ZC7gGMHO0
デッカード=人間なら、エンディングは、?となるが、脚本なら仕方がない
最初からレプリ設定でも、人間と思って見てる人にも、後で否定されるようなつくりって、
とにかく辻褄の合わんものになってるということか

282 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:47:09.74 ID:rzUWEB+v0
>>280
元々はナレーションはなかった
試写会を見た配給会社のお偉いサンが「あんな展開じゃ配給しねぞコラ!」って
因縁つけて、渋々ナレーションを付けたのが一番最初のバージョン

283 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:48:26.16 ID:JbjZji+F0
>スコット監督は、ユニコーンのシーンを 1982 年劇場公開版に入れようとしたが、プロデューサー達がそのアイディアは『芸術的すぎる』と拒否した。
http://kimux.org/index.cgi?BladeRunnerFaqJ#p8

これが遠因となって、デッカードが人間かレプリカントかという論争が起きてしまったわけか
監督の意図では当初からわかりやすくしようとしてたのね

284 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:50:46.96 ID:JGTVJfgA0
>>194
だよな
ネクサス6は俊敏で…、とか劇中で説明されてたのに弱すぎるでしょ

285 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:52:26.58 ID:OCENVPMe0
続編は「日本」が登場するのかな?
中国、韓国だったらショックだわ

ブレードランナーといえばショーン・ヤング
端役でも良いから出してあげて

286 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:55:18.10 ID:qdKtf522O
ふらん「一緒一緒」(ニコッ

287 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 20:57:10.42 ID:WWS6d9Jz0
プロメテウスが酷い出来だったから、
正直続編は止めたほうがいいと思う・・

288 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:03:06.64 ID:y0Llsb+X0
リマスターはもういいからいい加減な字幕を書きなおせ。もしくはいい声優で吹き替えしろ。
あの字幕でかなり意味が伝わりにくくなっている。

289 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:04:17.64 ID:WGHf4jysi
ここまでシド・ミードなし。

290 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:04:31.44 ID:GIPCCLif0
やたら評価高い映画だけど、大したことないよね
CGもない1982年ということを考慮しても未来の技術の描き方がショボすぎる
空飛ぶ車ぐらいだろ
ブラウン管のパソコンにケータイも出てこない
全体を通してジメジメ暗いトーンとテンポの悪さが嫌いだ


291 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:06:02.78 ID:LdoZHxE6O
時々、勇者警察の話題が出るがアレもモロにブレラン意識したネーミングだったな。
マイトガインからの超AIネタを掘り下げたらチビッ子が付いてこれなくなったんだっけw
高松はマイトガイン最終回や銀魂と言い、原作付きとガンダム関係以外は暴走しまくるな。

292 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:06:05.69 ID:Yi6Bm6zz0
監督の後付けだろ

293 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:07:29.29 ID:y0Llsb+X0
未来なんかどうでもいいんだよ。
ブレードランナーはSFである前に何よりも
正真正銘のLAノワール映画なんだよ

294 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:08:52.87 ID:zfbyuaxd0
プロメテウス、面白かった。

295 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:11:07.70 ID:ZUAEN6Ue0
自分がなにものかわからんレプリなんていんの?



296 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:12:16.87 ID:D1pMhVrO0
>>294
> プロメテウス、面白かった。

だよな

剛力 彩芽がイカを妊娠して出産するシーンなんか特になw

297 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:14:08.58 ID:eLxiTdVt0
知ってた

298 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:23:20.67 ID:I2dGJeDX0
そういう事は言っちゃ駄目だろ
ファンが勝手に想像して楽しむスペース作ってたんじゃねえのか?!

299 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:23:38.67 ID:zpY3+Gja0
>>214
情報ありがてえ

300 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:24:16.75 ID:9WYFg7fh0
>>40
この映画の時代は、生命を操作できる技術が一般化してる時代。
まさに、iPSなんかの発達した時代だな。

301 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:25:47.75 ID:9WYFg7fh0
>>240
あるよ。レイチェルが子供時代(だったか)の事を話すのとか、デッカードが写真を周りに張ってるのとか。

302 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:26:16.74 ID:Rm5wudIf0
>>227
うちにあるジャパンエイドのビデオに、楽屋シーンでジャクソン・ブラウンと一緒に写ってる。

当時の旦那と一緒に来日してたんだな。
35年ぐらい前か…

303 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:27:56.00 ID:VbNy4ruJ0
これ言っちゃいかんでしょ

304 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:28:46.57 ID:E7YrFzxx0
これでハッキリ言えるわ
ブレードランナーは原作の設定だけ借りた雰囲気ゴミ映画
原作厨の俺は絶対に認めねー

305 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:29:14.03 ID:kJX+QEK/0
どうでもいいが甲殻甲殻ってエビやカニの映画かよw

306 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:30:37.14 ID:1pIWQoAr0
冒頭から、まさかのトニスコ登場。
カメラ目線の先に、ディレクターチェアに座るリドリー。
リドリーに向かって怒鳴るトニー「おまえ、俺が死んだって噂流したろ!」。

307 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:31:21.01 ID:ddKp8eizP
ブレードランナーの原作はP・K・ディックであるが
ニューロマンサーの作者であるウィリアム・ギブスンは
この映画を見続けることが耐えられなくなり、途中で退場した。

これ豆な。

308 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:31:21.91 ID:JbjZji+F0
>>304
どのディック原作の映画だったら認めるんだよ?

309 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:32:00.75 ID:F1IfUO8v0
>>298、303
ウルバヌス8世を二名も発見してもうた…

310 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:33:03.93 ID:PXZeth1g0
>>308
決まってるだろ?
シュワちゃんの出てるアレだよ。


311 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:34:02.06 ID:ZC7gGMHO0
前からさんざん言われてるから、いまさらだし、どっちでも取れるから、ファンは自分の視点で見ればいいと思う
次作で、この設定が大きい要素になるんなら、なんかの波紋になるかもしれない
それでも、次作を単独で楽しめればいいとも思う

312 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:34:12.13 ID:KweTsb/D0
>>310
あれは原作のオチが減ってしまっているのが…
原作最後までやると荒唐無稽になるからしょうがないとはいえるが

313 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:35:22.24 ID:PXZeth1g0
まさかの山中教授がタイレル社設立

314 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:36:14.01 ID:9WYFg7fh0
原作で言うと、ほんの1pぐらいのエピソードをここまで拡げたってのに感心したよ。

315 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:39:02.19 ID:7wNcS/lM0
>>304
俺はピンボケのイジドアだけど、そこまでは思わないなぁ。

原作何度も読み返すくらい好きだけど。

316 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:39:54.95 ID:7wNcS/lM0
>>308
前の方で出てるけどスキャナー・ダークリー、ぐらいじゃね。

317 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:40:40.73 ID:MUCx8GO90
>>304
逆に俺は非原作厨だな
原作なぞるだけなら映像化する意味ないんちゃうかと

318 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:42:07.29 ID:9WYFg7fh0
>>316
映画化されてたのか。あれは結構好きだな。結末部とか泣ける。

319 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:42:32.79 ID:PXZeth1g0
しかしあんな作品がイエローペーパーでバロウズなんかと一緒に並べられてたんだな。
まさにSF揺籃期のカオス。


320 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:43:51.21 ID:Pj5ppsSf0
>>33
アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
がいつから短編に、なったんだ?

321 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:44:33.19 ID:9WYFg7fh0
>>319
いや、ディックはかなり遅れて来た方だよ。
70年代とか辺りだから。
バロウズなんて遙か古代の人。

322 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:44:35.03 ID:F1IfUO8v0
「スクリーマーズ」と「変種第二号」ってどうなの?どっちも見たり読んだり
したの昔過ぎて覚えてないんだけど

323 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:46:00.94 ID:R8ZnlYJqO
ブレードランナーの台詞をサンプリングしまくった曲
この映画が80年代中盤のカルチャーシーンに及ぼした影響は絶大だった
http://www.youtube.com/watch?v=8Q_HbpEUxg4

324 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:46:15.40 ID:E7YrFzxx0
脊髄反射でレスしたけどソース見たら軽口叩いてるだけじゃねーか

325 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:46:56.84 ID:L5HRVLHV0
おまえらヴァンゲリスの話もしろよ

326 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:50:42.35 ID:PkQnLn1z0
ヴァンゲリスってまだやってんの?
俺はU2のドキュメント映画か何かでストリングアレンジしたのくらいから名前聞いてないんだけど

327 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 21:52:40.28 ID:virpATLJ0
>>9
スナッチャーのスピンオフがメタルギアだろ。

328 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:06:59.05 ID:f/F8pfW00
古臭い未来とはおさらばだ
ブレードランナーだったか原作だったかニューロマンサーだったか
忘れてしまったけど、すげーいいコピーだな、と思ったよ。
いまじゃあ、このタイプのモチーフが使い古されてしまったけどな。

329 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:08:56.13 ID:zFZRDxRr0
原作に「ブレードランナー」とかいう単語って出てきたっけ?

330 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:15:38.76 ID:ntmBSOCR0
ヴァンゲリスって楽譜読めないんだろ

しかしレプリカントって設定ではない感じだったけどなあ
汗もかいてたろ

331 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:16:00.05 ID:R8ZnlYJqO
>>329
ブレードランナーはバロウズの小説のタイトル
映画の中身と関係ないが、語感がよかったので使用した
多分バロウズに使用料を払ったと思う

332 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:18:31.56 ID:dT8JQ2jJ0
うどんスレかと思ったら真面目に話してやがるなお前ら

333 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:26:13.37 ID:ZC7gGMHO0
SF的な部分はセリフで済ませてるところが多いから、
退廃的で無国籍な都市や未来的な小道具や以外は、こじんまりした世界だったな
次も無闇に大きく見せたりしないでほしいんだが、そうはいかんのだろうな

334 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:26:41.63 ID:dPLDvdeE0
おまいらブレラン本当に好きだよなwww

335 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:27:43.35 ID:F1IfUO8v0
>>332
でも、大半の人が新作に期待してるのは、うどんに変わる地位をラーメンが
占めるかどうかです!

336 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:28:19.36 ID:2FULyBWn0
ナポレオンズでも肝心なとこはネタバレしないのに

337 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:29:18.44 ID:qKfSpC6AO
今度は何バージョン?

338 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:30:58.99 ID:8DB9YZ1d0
>>33
アンドロイドは〜
は短編じゃないだろ。

339 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:34:07.03 ID:VSbzcX0G0
>>9

とっくに出てるぞ。
正確に言うと、開発途中で発売しちゃっただけなので、中途半端な最終章が
補足された完全版が出ただけだが。

340 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:36:09.79 ID:CH0iQqJr0
レプリカントにしては弱くない?

341 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:36:48.84 ID:TUIGuo7OO
ここで語ってるお前らは、公開当時にスクリーンで観てるの?
それともビデオやDVDでハマったの?

342 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:38:24.59 ID:/o/VYPvd0
何を今更・・・

343 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:39:01.80 ID:ZC7gGMHO0
>>341
公開6年後くらいに、ブラジルとの2本立てで、名画座で見た

344 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:40:48.66 ID:ZUAEN6Ue0
正直ブレードランナーってつまらんけど
SFヲタに面白い映画って聞かれたら
ブレードランナーって言えば無難だから言ってる

ただそれだけ

345 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:43:17.93 ID:D+TGCWcM0
>>341
おっさんか否かを判定するフォークト・カンプフ法だなw

346 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:44:05.74 ID:6l+F1kKq0
>>86
てっきり公開後にファンの間で都市伝説的に広がっていったのを監督が汲み上げたんだと思ってたけど、
もう最初からそれ意図して作ってたんだな

347 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:45:56.35 ID:ntmBSOCR0
>>344
未来世紀ブラジルと時計じかけのオレンジはたしかに深いようでくだらない作品だが
ブレードランナーはふつうに近未来SFとして面白いだろ

348 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:46:39.65 ID:D+TGCWcM0
>>343
ディストピアSFのクラシック2本立て
いいブッキングだね

349 :8月15日に生まれて9月15日に恋をした@8(・д・)3( ・`д・´)(.・ω:2012/10/15(月) 22:51:43.22 ID:ePrSIvqt0
>>265
良いよねぇ~ラストシーンの羽毛が舞い散る中での銃撃戦っ!

アークエットの鬼気迫る演技も最高ぅ〜(`・ω・´)〜

350 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:52:37.96 ID:B2glWpmv0
ディック「おい原作改竄すんなや」

351 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:53:57.73 ID:ZC7gGMHO0
>>348
うん なんだこれーの濃い2本で、はっきりつかめないところがあったw
両方ともまたレンタルで見直したね

352 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:54:55.71 ID:TUIGuo7OO
>>343
ああ、今は壊滅的だけど昔なら名画座のパターンもあるか


353 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:58:41.01 ID:MaX4yJg70
>>265 あれ弟のトニーが監督だったのか。
シナリオ参加のタランティーノ色が強くて、そんな風には思えなかった。
マフィアには黒人の血が流れてる。歴史の本にも書かれてるんだよ!


354 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 22:59:38.65 ID:NlMZjHT50
>>353
どっちにしろウォーケンかっこいいってことですね
わかります

355 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:01:51.71 ID:1KMzSBTn0
正直雰囲気映画。
DVD持っていたけどね。

356 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:07:40.99 ID:F1IfUO8v0
しかし、いつ出来上がるのやら…プロメテウスの続編の方が先になったりして。
当面はリディックの続編待ちで我慢かな

357 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:10:13.37 ID:wH1sewQK0
>>341
公開時はまだ6歳ですた
中学生の時にレーザーディスクで見てハマった

358 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:12:12.12 ID:mh3NcEfb0
「ブレードランナー」のショーン・ヤングは見事に大根だと思うけど、
「病院狂時代」の彼女は大好きやねん。

359 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:14:28.25 ID:vp91Ebiw0
自慢させてもらうが俺はかなり早く見た
っていうのも試写会で見たから
友達が当たったとかで連れて行ってもらった
3人で行ったが俺一人で興奮してた
当時はそれほど話題にならなかった記憶があるがよく覚えてない

360 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:14:47.06 ID:D+TGCWcM0
ブレードランナーの「あの傘」
http://www.garbagenews.net/archives/1417190.html

361 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:14:48.55 ID:kqWdevCj0

言って置くけど、チョンは、日本人のレプリカントだぞ。

あそこまで性能良く無いけど。

362 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:15:05.43 ID:NlMZjHT50
ルトガーハウアーの写真集持ってるわwwwww

363 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:17:12.07 ID:zYQQR/Jg0
ハリソンフォードはレプリカントという設定
に反抗して最後まで人間であるデッカードを
演じたというのは有名な話

364 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:17:56.40 ID:9WYFg7fh0
>>361
連中は、記憶や歴史を求めているよねw
勝手に捏造したりして。

しかし知能が低いから、現実と見分けが付かない。
デッガードは、一角獣をみただけで理解したが。

365 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:18:58.08 ID:fY6PzxLr0
ドルフラングレンがデカード殺さなかったのは
デカードがレプリカントだからだよ

366 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:19:53.23 ID:6l+F1kKq0
>>363
「周りからアンドロイドだと言われる男が人間として証明するために動く」

なんかこれで一本撮れそうだなw

367 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:20:09.39 ID:hLsN4jsi0
もう風の惑星の続編作ればいいじゃない

368 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:20:28.55 ID:KweTsb/D0
>>365
ドルフラングレン出てたのか

369 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:21:21.58 ID:D+TGCWcM0
ルトガーなのかドルフなのか…
思い出もやがては消えて行く 雨のように、涙のように…

370 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:22:26.42 ID:F1IfUO8v0
>>366
ゲイリー・シニーズもそんなんやってたw

その逆パターンが、ヴォークトの「スラン」なんだけど、これって映画になって
ないよね?

371 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:22:31.94 ID:mh3NcEfb0
おまえら優しいな…

372 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:24:11.30 ID:21/SLWr30
マジレスするとよくある世界観の全ての大元が「ブレードランナー」

373 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:24:28.74 ID:fY6PzxLr0
ブレードランナーって工場萌えの元祖

374 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:25:47.38 ID:C/IkslWJ0
よくアフォがこの作品は多くの作品に影響を与えたから「名作」だ、というけど、どこが「名作」なの?
デッカート=デカルト。幼稚な存在論を主題にしてるだけで、押井の『Ghost in the shell』と同じくらい糞。

375 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:26:12.84 ID:Rlp8Hn/f0
「雨のように、涙のように」っておかしいよね
正確には「雨に降られてる時に流す涙のように消える」という意でしょ
英語力ないから自信ないけど

376 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:31:18.52 ID:11bfkZk40
人間じゃないと辻褄合わんだろ

377 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:32:33.47 ID:MaX4yJg70
>>375 その誤訳は、音韻が良かったので
「そっちでもまあいいか」派という立場に立つ意見が結構多いのである。
スクリーンでは一回も見てないんだよ。毎年どこかでやってるらしいから、見に行こうかな。


378 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:35:34.84 ID:ZjWlLUlz0
>>341
田舎の中学生で、ロマンスカーに乗って歌舞伎町まで観にいったよ
全然人が入ってなかったんだよな

379 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:36:12.98 ID:ia/VnSP50
シド・ミードのビジュアルコンセプトがすごいだけ。

380 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:37:19.57 ID:mh3NcEfb0
公開の翌年、中古(?)映画館に来てて数百円で見ることができた。

予備校さぼって行き、ビックラこいてその日3回見たしまった。
翌日にも行ってまた3回見てもうた。


絶命したロイの手からハトが飛び立つシーンが忘れられない。

381 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:40:47.71 ID:8Gt1p0li0
トニーに捧げる

382 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:41:26.46 ID:D+TGCWcM0
ビジュアルと同じくらい音も印象的だったな
今でも蛍光灯が点滅する音を聴いたりすると映画の場面がフラッシュバックする

383 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:41:45.94 ID:ZC7gGMHO0
字幕翻訳の岡枝慎二さんは名人
wiki見たら英、独、仏、伊、西、露、スウェーデン語の7か国語に精通、とあって驚いた
代表作は英語映画では『エイリアン』シリーズ、『ブレードランナー』、『スター・ウォーズ』シリーズ、
『ダイ・ハード』シリーズ、『リーサル・ウェポン』シリーズに加え、フランス映画の『エマニエル夫人』シリーズ、
ドイツ映画の『アギーレ・神の怒り』、イタリア映画の『揺れる大地』、スペイン映画の『エル・ドラド』、
ソ連(ロシア)映画の『惑星ソラリス』、スウェーデン映画の『愛の風景』など。

理力の人だったのか

384 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:43:14.33 ID:qf+mttqQ0
続編も音楽は当然ヴァンゲリス、と

385 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:50:34.84 ID:ycrX7JamO
強力わかもと

386 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:51:32.60 ID:R++m0FT+0
プロメテウスの悲劇は忘れない

387 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:52:00.63 ID:5GjYbrck0
DVDが廃版になるって聞いて買ったは良いけど今だに見ていない。

388 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:55:37.60 ID:47mn9fOg0
時間的に後の物語を描くの?
レプリが反乱起こしてブレラン特捜班が組織されるまでとその後ちょっとのほうが面白そう。

389 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:56:54.05 ID:ZC7gGMHO0
ビジュアルがいいだけってのは、フィフスエレメントとかのことだな

390 :名無しさん@恐縮です:2012/10/15(月) 23:59:28.71 ID:4NGrNoKw0
冒頭の10分くらいまでがスキ。あとは眠くなる。

391 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 00:01:05.11 ID:F1IfUO8v0
>>383
水野の「ガンマン」でさえ十分すごいと思うけど、「理力」のすごさはちょっと
次元が違いますわぁ…書斎見てみたい

392 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 00:02:28.52 ID:D+TGCWcM0
ホールデンを主人公にリオンに撃たれるまでの前日譚とか


393 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 00:10:02.08 ID:pYm2odB20
>>168 漫画の方はともかく映画の方は押井がどんなに頑張って
ブレードランナーから離れようとしても逃れられないと言ってた。

美術なんかもなるべくそう見えないように、漢字だけじゃなく英語の看板とかも
入れろといっても、こっちの方がかっこいいと美術ががんがん漢字の看板
描くので頭抱えてたw

394 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 00:36:08.21 ID:4yXKHHa90
もう長いこと観てないんだけど、そもそもなんで「レプリカントかも」って思ったんだっけ?
どんなシーンで匂わせてたのか忘れてしまった。

395 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 00:52:03.75 ID:pYm2odB20
主人公がユニコーンの夢見ていて、ラスト付近で監視してる
おっさんがユニコーンの折り紙をドアの前においてくとかだったかな。

396 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 01:29:26.11 ID:RDWuFKs60
アニメ サイコパスはモロだったな
それにしても、ここでもフィルムノワール的要素を抜きにSFだけでブレードランナー語る人が多くて、ちょっと悲しいな…



397 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 01:34:56.04 ID:RDWuFKs60
>>374
映画をジャンルにこだわらずに、たくさん観れば、いつかわかると思うよ
どの要素から観ても一流

398 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 02:34:13.60 ID:pe1blXph0
トニーの件でリドリーってなんか公式に話した?

399 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 02:41:28.44 ID:pGSudmCw0
>>397
見てて眠くなるから二流

400 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 02:42:03.02 ID:pBXMP8BHO
ヴァンゲリスの音楽も素晴らしいね
サントラ持ってる

401 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 02:45:23.10 ID:RDWuFKs60
>>399
馬鹿には評価無理

402 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 02:47:54.23 ID:pGSudmCw0
>>401
おれもそこそこ映像見てるけど古すぎるわ
黒沢とか今でも十分見れるんだが
チープなSFなんて好きものしか耐えられないだろ

403 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 02:48:52.69 ID:Fau0qYzf0
視覚効果や美術も当時だから斬新であって、
ドラマや演技の上手さに興味がなければ退屈かもしれん
陰影とか光の独特の美しさも、今なら既視感あるかも

404 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 02:50:14.14 ID:VUNkYD6B0
中二病患者がいますね

405 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 02:58:19.30 ID:RDWuFKs60
お前らにはアルファヴィルの良さもわからんだろうな


406 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 03:05:17.23 ID:OqX9Oh1/0
ブレラン最高!大傑作!
と思ってた口なのだが、この前見直してみたら
ラスト近くのチェイスや攻防とかが、ちょっとダルかったかな。
あれはあれで光と影を巧く使った映像で、当時は絶対斬新だったは思うんだけどね。
それからテーマ自体が、神という存在というものの脱構築みたいなものだから
絶対上位の存在が消失してしまった現在においては、かつて程そういったテーマ的欲求がなくなってるからかなぁ・・・
などと色々と考えてしまいました。

407 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 03:05:52.60 ID:Fau0qYzf0
まあ、当時の興行成績が、全てを物語ってるな

408 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 03:09:19.37 ID:Fau0qYzf0
しかし、ルトガーハウアーの演技とか、今あんなのできる人っているんかな
元々、怪演のタイプではあるが

409 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 03:17:01.88 ID:HS3NLbPe0
>>408
ヒッチャー
ウォンテッド
レディ・ホーク

この辺も良かったわ

410 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 03:20:53.18 ID:RDWuFKs60
続編作るならジュード・ロウをつかって欲しい
もちろん、レプリカントの方でね

411 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 03:22:47.92 ID:RDWuFKs60
元々日本贔屓の作品だし、渡辺謙はあるかもな・・・

412 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 03:24:19.71 ID:HZp1vWP80
エンディングが変更させられたのは、分かり難いからじゃなくて
自分が、自分で信じていた存在と違う、と言うのがNGだったからと米国在住の兄から聞いた
ハリウッドの大スポンサーの、ハザールの子孫の方々からのクレームだそうだ

413 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 03:44:58.74 ID:go4MkQyF0
今こそ強化人間の研究開発に日本は挑むべき
ブレランのレプリカントも原発処理とか担当してたよな

414 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 03:45:04.71 ID:+bYLqia70
>>412
ほんとかいw

しかし、この作品がSFにとっては画期的な作品だったのは事実。
リアリステックで、映画的に意味があるSFの最初だろう。

415 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 03:46:06.05 ID:DXpWmaoq0
最初は言い過ぎ
これより前に2001年もあるんだし

416 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 03:47:53.06 ID:AzbYSk+S0
デッカードがレプリカントである意味がないよな別に

417 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 03:52:13.95 ID:go4MkQyF0
FF4のバブイルの巨人内部のBGMってブレランのエンディングのパクリっぽい

418 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 03:55:02.67 ID:HZp1vWP80
>>413
俺も半信半疑ではあるんだけど、同時に色々興味深いこと言ってたから、あながち嘘でもないかも

歴代米国大統領は全員例外なく欧州の王族の子孫だとか
これはその気になれば米国の小学生でも調べられる事実だって
成り上がりのはずのケネディもアイルランドの王族の子孫なんだと
むしろ大統領になるには、怪しい家系図屋にそういう家系図作ってもらわなきゃいけないんじゃないかってくらい

419 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 03:56:49.93 ID:vRrEI3Gr0
原作とは全く別物だしな。
世界観が好きってなら分からないでもないが。
原作が好きでこれを面白がる奴がいたら笑う。プゲラ

420 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 04:00:20.39 ID:g7V08LYh0
>>415
2001年は徹底した完全主義の撮影は驚異的だっただけでデザインワークは当時から見ても平凡だったよ
俺はブレードランナーは二番館のオールナイトで見たが映像も音楽も何もかも全く斬新で圧倒された
出だしの強力わかもとのCMで度肝を抜かれた
その時見た当時のSF映画五本立てのアウトランドとかのダサさに比べるままさに異次元の映像センスだった
ただブレードランナーはあまりに模倣や亜流が多いから今となってはありふれたものになってしまった
まあ今では当時の衝撃は到底理解出来ないだろうねw

421 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 04:09:31.04 ID:CkIsTmdv0
>>415
そうだね、2001年は無視できない
リアルティがあるSFで最初に評価されたのは2001年の方だ
いま見ても十分素晴らしい

422 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 04:09:40.01 ID:NiRGlqlK0
>>412
なるほど偽ユダヤからのクレームなら妙に納得できる

423 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 04:10:35.05 ID:OqX9Oh1/0
>>420 >その時見た当時のSF映画五本立ての
良い時代に良い体験をしたようですね。
しかしそんな昔でも3本立てくらいが限界ではなかったか。5本立てなんてあったのか。
5本まとめて幾らっていう形式の入場料?いったい幾らだったの?凄いな。
そういや筒井康隆がその昔、一番館のロードショー一本上映よりも、場末の映画館で3本立てか5本立てかを
一気に見た方が頭が混乱して、却って良いアイデアが浮かぶなんて事を言ってたかな。


424 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 04:13:05.93 ID:2fnaMEjl0
人間とレプリカントの対比で
人間にも長さに違いはあっても命に限りがあることに代わりがないこと
限りがあるからこそ命の大切さをレプリカントが悟る
というオチが良かったからブレードランナーが良い映画になったのに
奇をてらっただけの監督に思いつきは作品の価値を貶める

425 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 04:13:55.63 ID:/OoL1jjMO
最近やってる松田聖子とキョンキョンのCMで使われてる曲はこの映画の曲だよね?

426 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 04:13:58.40 ID:CkIsTmdv0
しかし、当時はあんまり話題にならなかったな
俺はなんでか不思議だったけど
ちなみに俺が見たのはモノローグが入ったヤツだ
ずっとこっちが公開されてたのかな

427 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 04:14:40.77 ID:l7M9ERpu0
スコットて最近胡散臭い。
やっぱ惑星ソラリスにはかなわないな。

428 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 04:15:26.04 ID:HS3NLbPe0
>>426
ETとバッティングして興行収入はボロクソだったんだが
その後作品の良さに気付いてファンが劇的に増えた、って流れだったはず

429 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 04:18:01.97 ID:CkIsTmdv0
なるほど、ETと同時期か
ETはかなり期待して見たが、こっちは全然駄目だったな
未知との遭遇は好きなんだけど

430 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 04:27:28.27 ID:fqkFpKfZ0
どちらにも解釈できるからこそ示唆に富む優れた作品なのであって、作り手が一方の解釈に限定
してしまうのだとすれば、自ら作品の価値を壊すのと同義である。

431 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 04:32:42.77 ID:5iW2DdO30
スぴールバーグのひどさはエイブラムズがSUPER8で明らかにした

432 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 04:36:21.15 ID:x4wPfDwa0
ブレードランナーの最大の功績は
「汚くて猥雑とした未来の都市」
みたいなイメージを最初に映像化したからでしょ?

433 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 04:43:56.62 ID:nM2lBJmj0
デッカードは人間だ


これ以上の議論はない

434 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 04:45:16.60 ID:svcb/CPX0
今更かよ、過去にリドリー・スコットが発言してるし、初版の時からレプリカントって感じだったぞ
しかし、もうあんなアナログチックには作れないだろうから続編は駄作だろうなぁ

435 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 04:46:34.99 ID:41MKH1DR0
74歳大丈夫か

436 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 04:47:32.38 ID:OqX9Oh1/0
続編やっぱり作るのか。携帯電話なんかはどうするんだろう。
前のでは全く出てこないんだよね。携帯電話。普通の公衆電話みたいなのは出てきてたっけな。それで一応TV電話だったか。

437 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 04:49:20.38 ID:j8fSBZzh0
リドリー・スコットってもっと若いと思ってたな
60越えてグラディエーターみたいなパワフルな作品作ってたんだな

438 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 04:51:33.37 ID:9FfcGIyB0
>>433

どうも
まともな人間かどうか疑わしいな

テストをしよう

「君が2chを見ていると、デッカードはレプリカントだと暴露されている事に気づく。君はその説をひっくりかえす」

439 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 04:52:09.38 ID:OqX9Oh1/0
ところで弟の自殺の原因は一体何だったんだ?
そっちの方が、ずっと知りたいよ。有名な橋から飛び降りたんだっけ。

440 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 04:52:33.77 ID:Y359P9GLO
ハリソンフォードの服ダサかったよな

441 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 05:09:06.96 ID:+StWJlur0
ここまでジーターなし

442 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 05:16:01.30 ID:xX+j4Ik90
で、結局NEXUS7は買いなの?


443 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 05:26:31.15 ID:XWglsAarO
>>>442
セクサロイドとして使う気なら止めとけ

444 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 05:37:13.35 ID:nL1mMtu90
>>21
レオンの取調べの前から含めて相当なシーンの撮影をしたのに5分も使われてないとかいうな

445 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 05:42:09.53 ID:17Prw2c80
デッカードはレプリカントは飽きたな

446 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 05:54:50.93 ID:Y2iYDfJm0
>>12
なるほどよくわかった

447 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 05:56:26.83 ID:+UPhkAVh0
無かったことになってるジーターが書いたやつは
小説として読むと間違いなく退屈な駄作だけど
同人ブレードランナーとしてはソコソコ読める

448 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 06:01:46.48 ID:WrJmOLtOO
ギリアンもスナッチャーなんだっけか

449 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 06:02:48.25 ID:BpH1hFZF0
>>11
あの時代は科学の進歩によって明るい未来がやってくる!っていうのが、多く
の人が想像する一般的な未来だったんだよ。

それが分からないと、あの映画に描かれている愚かしい人間の歩みによって
ますます混沌とした世界になるという未来観に衝撃を受けた人の気持ちが分からないだろうね


450 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 06:11:17.01 ID:XWglsAarO
サイバーパンクでワクワクした頃が懐かしい

451 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 06:14:49.41 ID:cuNShOn60
最後の方のシーンでTDKのデッカイ看板が出てくるんだよな〜

452 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 06:32:54.30 ID:4oe9Cg7P0
SFというくくりがあるから混同してる人も居るが、
「ブレードランナー」と「2001年宇宙の旅」は全然別物じゃないかいなぁ。
先とか後とか、バカみたい。

「ゴッドファーザー」とたけしのヤクザ映画をごっちゃにしちゃうと
何かズレてしまうように(どっちも好きですが)。


反論認めます。

453 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 06:46:54.98 ID:m4xJ4IbP0
ダレカー ヘンナモノ ノコシテッタベ

ダレカー ヘンナモノ ノコシテッタベ

ダレカー ヘンナモノ ノコシテッタベ

454 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 06:52:05.43 ID:MIpW6HHNO
そんな何度も繰り返してる説はいいから「ふたつで充分ですよ」の充分な食べ物(シナリオとテストフィルムでは異なる)をキチンと映せよ
魚の擂り身団子でも海老天でもいいから

455 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 06:54:29.76 ID:6Tp2h/Nx0
そんなことより、デッカードの銃のトリガーはなんで二つあるのか説明してくれ


456 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 07:11:47.71 ID:4oe9Cg7P0
デッカード・ブラスターは小道具かなんかのスタッフさんが
その場のやっつけ仕事で作っちゃったってのはホンマかいな?

…そう言われると何かデザインがいまいちのような気も。
まぁピコピコ光線銃でないだけ有難かったけど。

457 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 07:16:43.61 ID:1z1lDmGNi
ブラスターだけはシド・ミードのデザインじゃ無くて正解だったと思う

458 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 07:34:37.89 ID:Suraws7Y0
ブレードランナー以前の未来のイメージはハイテクの進んだ明るく何でも新しくキレイで
白人中心の
晴天の日のような世界だった。

ブレードランナー以降
夜、雨、汚い、ゴチャゴチャ、古い、格差、多民族、放射能
すべてに予言的な映画だった。






459 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 07:34:50.54 ID:EyZL4XtbO
>>425
違うよ
あれはアートオブノイズの「ロビンソンクルーソー」

460 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 07:42:36.38 ID:9uCrbpgq0
この彼って、ハリソンのことじゃあ?
いつまでも若いよというハリソンに対するお世辞を言っているだけのような。

461 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 07:53:21.60 ID:9FfcGIyB0
>>458
> ブレードランナー以前の未来のイメージはハイテクの進んだ明るく何でも新しくキレイで
> 白人中心の
> 晴天の日のような世界だった。
>
> ブレードランナー以降
> 夜、雨、汚い、ゴチャゴチャ、古い、格差、多民族、放射能
> すべてに予言的な映画だった。

モデルは、雨の新宿だよ

462 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 07:54:04.78 ID:wf1OS3hD0
ちがうよ。ディックじゃないけど小説では続編出てて、話の内容は
デッカードのレプリカント疑惑が話の中心で、確かレプリカントだったように思う

463 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 08:08:25.40 ID:2Gu7sxuZ0
それが作品で語られてなければ基本的にどうでもいいことだな
監督や脚本が後で何言おうとそいつの解釈ってだけで

464 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 08:37:29.67 ID:aTOG15Jo0
しかし古い映画のスレってキモオタが語りたがりでうざいな

465 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 09:23:39.95 ID:4yXKHHa90
>>395
あーそうだったかサンクス
じゃあ対レプリカント用のレプリカントだったんかね

466 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 09:30:21.43 ID:IUJtLIYY0
2001年とブレランはSFの金字塔だなあ
個人的にはガタカも好き

467 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 09:35:45.09 ID:yPPkbr0l0
ガタカw
未来世紀ブラジルのほうが出来よくないか?

468 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 09:37:15.06 ID:1F6TtTNZ0
アンドロイドは電気ウナギの鰻丼を食べるのか?

469 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 09:38:14.93 ID:o45q/YJD0
♪今すぐレイチェルきみを救いたい電脳の森で〜 松任谷由実
♪くどき上手のチープなレプリカント 中森明菜

有名どころが歌でネタにしてるんだね

470 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 09:48:27.77 ID:j/kSiLNr0
2001年は過大評価だろ
砂漠にUFOが降りたってキーボードでコンタクト
ってひどい発想だな


471 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 09:49:47.92 ID:OcbrtgXH0
>>470
kwsk

472 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 09:50:00.50 ID:BvO0Lac60
なにか間違えてる気がするぞ

473 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 09:53:41.25 ID:QYuEez4c0
二重に間違えてる

474 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 09:55:51.94 ID:kMGu9zPK0
ブレラン好きっていうとセンスよく聞こえるけど
実際は宇宙人ポールの方が泣けるぜ

475 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 09:58:18.57 ID:aGEMZo+wO
リメイク版トータルリコールも町並みはブレラン、車はスピナーでどの映画をリメイクしてんだ?ってレベルだった

476 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 10:00:10.36 ID:9DuxJg6s0
リドリー・スコットって自転車メーカーが将来誕生しそうな名前だなwwwwwwww

477 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 10:03:19.61 ID:BmoGhKHn0
この映画、日本のアニメにどれだけ影響を与えたことか。
うまく素材としてテイストを使ってるアニメもあれば
どう見ても粗悪な劣化パクリでしかないアニメもある。
あえてタイトルは書かんけどね。

478 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 10:03:46.83 ID:j/kSiLNr0
まあトータルリコールもなあ
火星の場面は特に見れたもんじゃないな セット撮りが安っぽくて
フィフスエレメントはまあまあかな映像は

でもまあA.Iがストーリー的にも映像的にも近年では一番かな

479 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 10:06:34.13 ID:cWOiL2Q2O
弟のトニー・スコット自殺してたんだな
橋から飛び降りたってのが、なんか意味不明な自殺を遂げた伊丹十三を思い出す

480 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 10:06:55.63 ID:j/kSiLNr0
>>477
銀河鉄道999のほうがブレードランナーより前だけどな

481 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 10:09:10.01 ID:7ChpeNz10
ブレードランナーもスターウオーズも期待したわりにアレだった・・・古い映画だからしゃーないけど

482 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 10:09:27.18 ID:nM2lBJmjO
リドスコは昔からボケてるからなあ


483 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 10:10:40.01 ID:OcbrtgXH0
>>480
機械帝国の螺子道楽って世界観、凄いよね

484 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 10:12:26.67 ID:j1JfPRQp0






485 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 10:13:07.33 ID:hk1GbkYw0
>>460
私もそんなふうに読めた。
原文見ないとわからないな。でも、めんどくさい。
になってしまった。

486 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 10:13:57.67 ID:UVYCXyN5O
借りた日に二回観た 名作は色あせない

487 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 10:16:44.85 ID:cWOiL2Q2O
>>481
映画公開当時も余りに暗い未来感のせいで観てる人のテンションがダダ下がりだったし
評論家はこぞって歪んだ価値観の産物とこきおろし、興業収入は振るわなかった

受けたのは一部のヒッピーとかSFオタだけだったが、年を経るにつれてカルト人気作からSFの金字塔まで評価が変化
退廃的な未来が時流に沿っていると評価されたのが主な要因らしい

488 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 10:17:59.50 ID:nvu9TUOh0
たしかにたまご4個は人間にしちゃ食べ過ぎると思ったもんなあ。
ヘビじゃあるまいし。鉄郎でもないし。

489 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 10:24:02.44 ID:cWOiL2Q2O
自分が思うに、ヴァンゲリスの音楽が無かったら佳作で終わってたと思う

シド・ミードの各デザインがなかったらさらに凡作だった

デッカードがレプリだったというのなら最後の逃避行は先行き暗いな

490 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 10:28:32.39 ID:XiGxvpYd0
初代カブトムシも元気に走ってるしな
マニアだな

491 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 10:29:32.24 ID:j/kSiLNr0
音楽より近未来都市の映像だろ ああいうもんのファーストインパクトって

哲学的なストーリーに惚れただのなんだのは自称映画通が語ってるだけの話

492 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 10:30:14.65 ID:u+SpI5U70
知ってたわw

493 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 10:45:41.42 ID:oW4gjmXD0
ブレードランナー期待した割にアレだった
っていう感想は仕方ないと言えば仕方ないことなんだよ

80年代以降のSFはほぼ全てブレードランナーの影響を受けたものだから
ブレードランナー見てしまうと「どっかで見た光景」「既視感がある」という感情を抱くのはしょうがない

494 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 11:05:27.65 ID:47r1dje4P
>>489
それらも映画の立派な功績なんですけど(笑)
リドスコがアーティストを起用するのが上手いのはエイリアンですでに証明されてるわけで

495 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 11:07:32.45 ID:BvO0Lac60
ギーガーはむしろ俺のトラウマだ

496 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 11:17:51.65 ID:jfsGHPuK0
エイリアンなら有明海の干潟にいるよ

497 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 11:21:35.55 ID:w1CLYNIf0
タンホイザーゲートのオーロラ

498 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 11:22:38.02 ID:R3NPryxX0
針村風王道は香川県民?

499 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 11:29:43.09 ID:j/kSiLNr0
>>496
ムツゴロウさん?

500 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 11:32:33.35 ID:2OjyFDDAO
素人の俺が聞きかじった知識

デッカードはレプリカント
逃げ出した6人のネクサス6型の一人で、捕獲された後に記憶を操作されてブレードランナーに仕立てられた。
デッカードの住んでたアパートは実はホールデンの家
うどん屋の親父は元腕利きブレードランナー
4つ頼んでたのは海老天
元々はコメディ映画のはずだった。
実は違うフィルムで撮った別バージョンの作品があるが紛失した。

どこまで本当なのかは知らない。

501 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 11:37:30.36 ID:j/kSiLNr0
レプリカントってうどん食べても壊れないのか?

502 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 11:44:15.94 ID:dttKfBQM0
ただしあまり食べすぎるのはよくないが
たとえば2つくらいまでならギリ大丈夫

つまり、あの親父は最初からデッカードがレプリカンとであることを知っていた

503 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 11:44:58.56 ID:1MzmopTs0
レプリカントにしたらこの映画に思い入れなくなるわ

人間だろデッカード

冗談だろ監督よ

504 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 11:47:06.77 ID:jfsGHPuK0
>>499
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/73/0000462073/35/imgf5ebc82ezikfzj.jpeg
http://www.maniado.jp/usrimg/28587_f644951ec593c7369784ca143777521d
http://stat.ameba.jp/user_images/20090608/22/syumi2/60/d3/j/o0500037510193673218.jpg

505 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 11:56:42.30 ID:L9pI2S4qP
>>488
タマゴじゃねえよ

506 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 11:57:20.94 ID:C683MdM00
破乱万丈はメガノイド、みたいなもんか

507 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 12:01:10.83 ID:14HlLVRx0
短命のレプリカントと人間が「明日の事は誰にも分からない」点では等しいって
教えてくれるからこの映画は感動的なんだけどな
デッカードもレプリカントだったらサイボーグ同士の内輪揉めになっちまう

508 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 12:01:55.03 ID:bl2Bt+Zg0
デッカードとガフがレプリカントじゃないと、
ユニコーンの折り紙の意味がなくなる

509 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 12:03:10.53 ID:z1VZz0jo0
いたこに頼んでPKディックに訊けよ


510 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 12:14:54.45 ID:wf1OS3hD0
>>507
そこら辺は変わってないよ。デッカードが自身の記憶さえ疑う曖昧なままで
追われる側になる話にされてたが、人もレプリ変わらないつうとこはまあ
そんな感じ。まあだが続編はディックじゃないんで、後付けという人がいるのも
わかるしその通りだけど

511 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 12:17:22.65 ID:XrZQ5db00
捻った形にすればそれだけで喜んじゃえるタイプ以外にはつまらない設定

512 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 12:19:00.08 ID:puFDSP+50
ブレードランナーのルドガーハウアーはかっこよかったなぁ〜

513 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 12:19:56.54 ID:OAaaSLXr0
1つで5分

514 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 12:22:53.59 ID:sTnghlJr0
もうリドリーの感性も枯渇してるだろ
この前、意気揚々とプロメテウス観に逝ったが、糞さに萎えた

515 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 12:23:48.86 ID:oFCwyGux0
>>7
ササハラなんとかってまだ息してんの?

516 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 12:25:33.60 ID:1D0d5Qr1P
>>508
ガフまで?

517 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 12:30:44.99 ID:1ucGCrROO
>>494リドリー大先生は音楽スコアを勝手に差し替えて激怒されたり、エイリアン幼体の手足を引っこ抜いたり無茶苦茶やってないかw?
世界観やセット配置は文句無しで凄いんだが…プロメテウスは本スレがアンチ化してワロタ…ワロタ…。

518 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 12:34:51.66 ID:4BSfBmk4O
2つで充分なのに4つも食うのはレプリカントだから

519 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 12:38:21.90 ID:FIT440ovO
tears in rain
のかっこよさに痺れたが、俺も後からレンタルで見てなんだよな〜。
干されてた上映当時に楽しめた人って割と少ないんじゃない?

ところで今度出る30周年記念のやつって買う?

520 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 12:39:01.47 ID:DevXD4Gn0
フォークトカンプフテストのツールも物置の片隅でホコリをかぶっています

521 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 12:41:41.23 ID:D402GFZmO
これと2001宇宙の旅は何が面白いのかさっぱりわからん
とにかく話の盛り上がりがなく冗長すぎて眠くなる。

522 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 12:42:06.45 ID:EoKdd/LG0
>>14
今やってるサイコパスってアニメなんて、冒頭から正にそうだし
もうあの中華風退廃的未来って、一つの世界観として確立されちゃってる
メカに搭乗する時は長いトンネルを滑り降りなきゃならないってのと同じだ
頼んだぞバージル

523 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 12:47:29.91 ID:P57QL8ZDO
ここまで勇者警察

524 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 12:52:27.79 ID:LIZfMUZF0
原作は明らかに人間ではないアンドロイドと対比して人間性とはなにか?について苦悩する主人公を描いたわけで、
映画になると(感情移入度検査にパスできない)1寸のアンドロイドにも5分の魂、というのではひどすぎる

525 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 12:53:43.57 ID:5lanI6GG0
デッカードがレプリか人間かってところは映画の膨らみなんだから
答えの追求なんかいいんだよ。
いわば映画の主人公は都市の風景なんだから。
音楽と映像でボォーと味わえば。




526 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 12:58:01.13 ID:EzOMnJ9r0
ハリソン・フォードでなければ名作だった

527 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 13:08:19.97 ID:3DhboD/R0
パート1で十分ですよ。
分かってくださいよ。

528 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 13:11:01.02 ID:X2qNWUt10
知りたくもないことをベラベラとしゃべる奴は最低だ!

見ないしなかったことにするよ

誰のおかげでここまでの作品になったと思っているんだ?こいつは!

529 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 13:12:53.02 ID:hPIL5vAt0
>>528
誰のおかげなの?

530 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 13:22:59.69 ID:8S1x9q0n0
デッカードがレプリならあのなんちゃらテストできないんじゃね?
自分がなんか不安になって取り乱したりとか。

531 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 13:26:51.98 ID:sTnghlJr0
>>521
ブレードは各個人の嗜好の問題だろうが
2001年を面白いと思う奴は、この世に存在しないと断言できるw

532 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 13:29:37.81 ID:pBo6Vvnf0
一般の人はブレードランナーって映画は知らなくても
テーマ曲は知っているだろうな。
カメラは見た!決定的瞬間の番組でさ。

533 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 13:30:07.84 ID:8YSUZc7n0
>>160
スピナーのコックピットのモニター画像はCGだったな。
エイリアンからの流用だけど。

534 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 13:31:51.81 ID:Tcz4fPNO0
ヒロモトさん見てる〜?

535 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 13:35:11.33 ID:V3iRaxnn0
>>531
もっと世の中をよく見てから断言するほうがいいよ

536 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 13:35:36.47 ID:j/kSiLNr0
あの時代以前に近未来を描いた映画ってあったかな?
スターウォーズは近未来というより宇宙人ものだろ
リアリティーは低いわな

537 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 13:51:52.95 ID:8YSUZc7n0
>>521
2001年の面白さは、HAL 9000の反乱だろ。こいつが一番人間臭い。
ボーマン船長に回路をひとつひとつ遮断されていくときの命乞いのシーンとか最高じゃん。

538 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 14:08:47.33 ID:OcbrtgXH0
>>536
既出だが、「2001年宇宙の旅」 (1968公開)なんかどう?
スターウォーズは初めから、"昔々銀河のどこかで"な御伽噺として作ってるし。

539 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 14:12:23.05 ID:BvO0Lac60
>>538
重要な事実を教えてやる

今年は2012年だ

540 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 14:14:03.61 ID:j/kSiLNr0
>>538
あれは近未来ではないな
近未来都市とかの映像美やらカオスな街とかが出る映画は無かったかな?


541 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 14:17:08.96 ID:V3iRaxnn0
ハンプトン・ファンチャーて、ブレラン以降、ほとんど仕事してないように見えるのに出てきたな
大丈夫なんだろうかw

542 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 14:20:56.88 ID:V3iRaxnn0
マッドマックス2、ニューヨーク1997とか、はショボいか

543 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 14:22:01.78 ID:JNPcGqfQ0
>>50
4つだろ・・・

544 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 14:22:28.90 ID:D6bmjeRP0
>>539 いかだみたいな宇宙ステーションしかない現代の方が間違ってる

>>近未来都市とかの映像美やらカオスな街
惑星ソラリスw

545 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 14:26:46.06 ID:JNPcGqfQ0
>>75
原作に忠実に作ったら、対アンドロイド戦が2〜3分くらいで終わるぞ。
バティ戦とか2人が出会ってから処理まで3ページしかない。

546 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 14:36:08.21 ID:PbgHPS1A0
リドリーは当時深く考えて撮影したわけではなく、低予算で単にエンターテイメント性を重視してフィルムを繋ぎあわせたらたまたまああなった
というか原作読んでなかった

547 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 15:00:19.70 ID:8S1x9q0n0
昔東京に出張行った時、新宿で飲んでたんだけど
小雨が降ってモヤがかかったような夜に歌舞伎町あたりを歩いてると
女のアナウンスで「一日の疲れを取る○○マッサージへいらっしゃいませ」
みたいな音声がビルに反響するような感じで延々流れてて
こりゃもろにBRだと1人で感動してたわ。

548 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 15:15:40.72 ID:0Q5GDmHP0
物語り的には「2001年宇宙の旅」より「2040年ローンの旅」が最高だな

この経済危機を乗り越えて完済出来るか!


549 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 15:23:43.58 ID:14HlLVRx0
>>529
デッカードのモノローグを入れて結末をぼかした映画会社(ハリソン・フォードも助言したんだっけ?)の
功績は大きいだろ
大概映画会社の横槍は映画を台無しにするけどこれと「グラン・ブルー」は逆になった珍しい例

550 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 15:24:42.63 ID:g6abBrVm0
こいつの映画は2度と金払ってみないと
プロメテウス観て誓った

551 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 15:26:24.16 ID:IFu4DNzj0
おっぱいでもじゅうぶんですよ

552 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 15:31:48.33 ID:hPIL5vAt0
>>549
レイチェルの寿命は限られていないとか言っちゃってる、ナレーション入れまくりバージョンが好きだったのか
あれ評価低いだろ

553 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 15:32:54.24 ID:j/kSiLNr0
まあ今の時代はこれでもかってくらい映像とか凝らないとダメだわな
近年ではマトリックスか
表現力不足みたいな2001年〜みたいなのはウケないだろ

554 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 15:37:42.90 ID:3DhboD/R0
才能が枯渇したリドリーよりもデビッドフィンチャーに
続編撮らした方が前作よりも面白いの出来ると思うんだがな

555 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 15:38:45.83 ID:D6bmjeRP0
マトリックスは凝ってるというのとはちょっと違うのじゃ
ウォシャウスキーは突き詰めるとスピードレーサーになるしw

556 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 15:43:38.63 ID:8YSUZc7n0
ブレードランナーはストーリーはつまらんけど、キャラクターは立っているんだよな。
ちょい役のチンタオ売る眼帯のおばちゃんとか。デッカードが一番情けなくて印象薄いw

あと、デッカードの部屋はいいな。
ああいう部屋に住んで、土足でソファーまたいで酒飲みたい。

557 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 15:44:16.19 ID:V3iRaxnn0
次作も大ヒットしなくていい
またカルトでいい ただしこけおどしの駄作ではなく名作で
children of men くらい

558 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 16:02:02.42 ID:+bYLqia70
>>421
2001の、どこにリアリティがあるのかな?
あの映画には人間の生活は描かれていない。一種の宗教映画、あるいは、人間の歴史をこう解釈しましたという、観念映画だよ。まだ、2010年の方がまし。

ブレランには、社会や政治、経済、技術の在り方が明確に描かれ、この中で起こるであろう事件が、自然な形で描かれている。

そういったトータルな世界が作られた映画というのはそれまでには無かった。
有名なサイレントランニングにしても、
何故ああなったか、その時の人類がどんな生活をしてたかなんて説明はない。
猿の惑星にしてもスターウォーズにしても、只のお話だし。好きたけどね。

この映画の中の登場人物は、現代のドラマの中の人物のように、普通に生活し食べ寝て、生き延びるために戦っている。
屋台からゴミ捨てば、広告、店舗、大通りに酸性雨、そういう緻密な描写の中で事件は起こる。
現代のドラマと、等価なんだよ。その中での生きる意味というのは、現実の我々にとっても考えさせるメッセージになっている。

そういう意味では、そのあとに出てきたSFも、これを超えてはいないと思う。エイリアンシリーズとか好きだけどね。

559 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 16:15:36.71 ID:+2ZXiDij0
>>182
その後の奥さんの対応に癒される

560 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 16:18:09.80 ID:yPPkbr0l0
この監督もうボケてるだろ、
プロメテウスも最低な出来だし、
晩節を汚しまくってもう手遅れかもしれないけど、
ブレランは止めて欲しいわ。

561 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 16:30:16.25 ID:JNPcGqfQ0
>>558
そこら辺は、殆どダン・オバノン、ジャン・ジロー、シド・ミードの手柄だな。

562 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 16:30:24.44 ID:CU3SUxgKO
>>558 じつに読み応えのあるレスですねm(__)m

563 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 16:33:53.21 ID:iQ9vYjve0
リドリーはもう過去作穢すのやめて引退しろ

564 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 16:35:46.33 ID:b6vGij+p0
初観は1989年だわ。
特に気に留めてなかったが当時「10年以上前の映画」ってイメージがあったが
上映は6年前だったんだな
とにかく、強力わかもとが超印象だった


565 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 16:38:57.35 ID:6w2u1O5Y0
>>476
あれ?自転車メーカーのリドレーってそこから取ったんじゃないか?
確か英国の映画監督の名前からだ、とインタビュー記事で見た気がするぞ

566 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 16:41:00.37 ID:bl2Bt+Zg0
>>516
後にディレクターズカット版で追加された
ユニコーンの夢を二人とも見ているので
あの折り紙につながる
 ガフはデッカードの監視役で、自分が
レプリカントなことを知っているということ(らしい)

567 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 16:42:04.77 ID:bmavgK/x0
ゴレンジャーの第一話観てたら、初めて皆がスナック・ゴンに集合したときに、
黄ぃ「カレーライス、大盛り4つ!」
マスタ「うちのは、ホントに大盛りだから、二つにしとけ」
黄ぃ「いいや、四つ」
マスタ「いや、二つ!」
ってやり取りがあってフイタ。
映画の中で唐突に入ってきた「二つで十分ですよぉ。勘弁してくださいよぉ」エピソードの
元ねたは、コレって事で良いのかな?

568 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 16:42:22.06 ID:UKq4fmA50
>>558
2001年はリアリティあったなあ
実際はリアルかどうか知らないが、本物の宇宙であり未来って気がしたな

569 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 16:47:35.81 ID:c0rl2XB50
>>568
むしろブレランはリアリティないと思うね
昼の明るさが皆無でずっと夜だし
雨が降り続けてるし
そんな世界おかしいでしょ
閉じた世界で非常に素晴らしく構築されてるけどね
リアリティはないね

570 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 16:51:51.18 ID:+bYLqia70
>>568
んんと、宇宙船の外に閉め出されるシーンと、帰還するシーンぐらいかな。2001では。
あれがほんとに可能かどうか知らないけど。

それより、2010の、遠心力に逆らって登るシーンとか、コンピューターを無力化していくシーンの方が好きだけどね。

571 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 16:53:14.57 ID:EzOMnJ9r0
2001よりブレランがリアルとか思っちゃう奴は騙されやすいタイプ

572 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 17:05:15.18 ID:ab5n98wF0
どんどんボケて、支離滅裂になって…というフェリーニや黒澤のような
大監督路線を歩んでいくのだろうか

573 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 17:11:59.42 ID:swQQg//M0
墓場までもってけよ、つまんねええ

574 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 17:17:09.95 ID:j/kSiLNr0
リドリー ブラックレインも好きだぞ
まあ俺の目当ては半分松田優作なんだが

575 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 17:48:12.34 ID:D6bmjeRP0
ブラックレインは大阪がまんまブレランの街みたいに見えたなぁ、
セットやむこうのロケも多いみたいだけど、日本の映画が頑張っても
ああいうルックにならんのはフィルムの問題なのかねぇ?

576 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 17:52:12.28 ID:JoiTr1cGP
>>575
持ちあけ過ぎでしょう

577 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 18:18:27.73 ID:ChRsJMkSP
>>549
ハリソンフォードはナレーションには否定的だった気が

578 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 18:23:26.59 ID:BvO0Lac60
歴史物ならありだけどエンタメ作品にナレーション入れるのって良くないわな
演出の不味さをごまかす手段だから

579 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 18:38:13.21 ID:FE4den+v0
主人公の独白はノワール物の様式だから違和感はない

580 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 18:41:13.53 ID:UjAcYRm+0
>>575
最近の一眼レフデジカメで24コマの動画撮ったら、あんな感じいけるよ
ちょっと暗いとこで、ノイズが乗るぐらいで

581 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 18:44:14.19 ID:2Be+Pie00
ナレーションで説明どころか妙なつじつま合わせをしてしまうのがまずいんであって

582 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 18:51:19.19 ID:QQ9bEuMbO
おれは映画館で金払って観る!

583 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 19:00:02.96 ID:/M1ZXPsc0
それで吐く息が白くなかったわけだな

584 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 19:01:56.52 ID:rwUa/DT/0
ポランスキーのチャイナタウンを見ずしてブレードランナーを語る奴はわかってない

585 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 19:03:21.56 ID:/M1ZXPsc0
映画に隠された意味とか求めていない年齢だったから
同時上映の燃えよドラゴンに救われた

586 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 19:12:22.68 ID:WRwtvT4k0
TBSの水曜ロードショーで初めて見たけど、
ロイとタイレル博士のキスシーンは当時中学生の自分には刺激が強すぎた
なんかヤバいもの見ちゃった気がしてその夜よく眠れなかったな


587 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 19:16:12.42 ID:2Be+Pie00
初見では、二つで十分ですよ、が最も印象に残る人が大半なんだろうな、日本人

588 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 19:18:51.16 ID:yPPkbr0l0
反日のダリル・ハンナは出さないで欲しい、
強力わかもとと折り紙は出して欲しい。

589 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 19:20:19.11 ID:aWvjeHGXO
ホールデン死んでないらしいな、噂によると。

590 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 19:20:41.34 ID:qZOYF99j0
プロメテウスの陳腐さを見ればこの人の才能は映像だけだと分かる
脚本吟味すればええのに こんなシーンかっこええやろで撮るから話がしょっぱくなる

591 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 19:22:39.23 ID:O23FjF5R0
劇場で見た(少し自慢げ)時、小6の俺でさえ、「2019年で、これだけリアルなアンドロイドは無いわ。ないない無理無理。それは無理。」
とツッコミを入れた。

それと、なぜか当時博多で、「これが最後の劇場公開!燃えよドラゴン」とセットで上映しており、そっちの印象のほうが
凄まじかったというのもある。劇場を出た時は、ブレランの事はすっかり忘れており、目付きや歩き方がLeeになっていたのはいうまでもない(笑)

592 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 19:30:22.77 ID:JSvpM3vo0
そんなの今更やる位ならスナッチャーでもやっとけよ

593 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 19:36:46.78 ID:/poofF1r0
そんなにプロメテウスってクソだったのか・・・ショックだorz

594 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 19:41:08.56 ID:2Be+Pie00
今って、脇を固めるような凄いアーティスト、クリエイターっているんかな
そういう人たちに再構築してほしい
しかしSWみたいに雰囲気変わると、違和感あるしな

595 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 19:46:37.18 ID:ES7Sj8uV0
リメイクやったらデッカード誰がいいだろうね?トータルリコールのコリンファレルは意外と良かった。
意外性でスティーブンドーフとか?こないだいい演技してたし。
あの当時は自分らも子供でしょ?今の子供がみたら若い俳優もおっさんに見えるだろうな。

596 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 19:48:37.35 ID:bxuM+s1B0
ごうりきあやめ

597 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 19:49:08.14 ID:pBXMP8BHO
日本版も作って欲しい


598 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 20:00:10.58 ID:ab5n98wF0
>>595
好みの問題でしかないけど、スティーブンドーフよりは、クリスパインがいいな。
レプリカント側にはカール・アーバンやジェレミー・レナーやパンツを履かない
マギーQを出してもらいたい。

599 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 20:25:03.91 ID:8YSUZc7n0
リドリーはもう監督いいわ。
続編撮るんだったら、デヴィッド・フィンチャーとかにやってほしい。

600 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 21:17:14.91 ID:g7V08LYh0
>>569
今は公害の規制厳しいけどね
70年代あたりは工場の排気ガスとかの規制もなくて日本でも光化学スモッグとか騒がれてた
だから公害で昼間でも薄暗くなって酸性雨が降ってるというのは当時の未来像では説得力あったんだよ

601 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 22:13:14.41 ID:PPdd0Yg70
>>552 最初の公開時の駄目バージョンとかいうやつだろう。
あれが一番いいと思っている。ディレクターズカットかのあのラストを切ったりしてるのは好きでない。

>>556 デッカードは狂言回しの役割なので、あの程度の存在感で良いと思う。
ハリソンの少しもっさりしたような顔も、そういう意味では正しいのだと思う。
サイバーパンクなんてのが出てくる前にブレードランナーは登場してるので、
主人公はあの程度の主張しない存在であった方が理解されやすかっただろうしね。

602 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 22:20:33.82 ID:j/kSiLNr0
>>597
ハリソン・フォード→織田裕二
でOK?

603 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 22:22:49.64 ID:mOjppnuM0
デッカード「セイキスミー」
レイチェル「キスミー」
デッカード「(あれ?Hのしかた知らねえぞ俺なんで???)」
こうですか

604 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 22:27:21.22 ID:JvWOzYUo0
当時はハリソンの髪型が短すぎるって言われたんだよな。

605 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 22:30:30.43 ID:chV+WjPt0
完全版とか特別編とかディレクターズ・カットの類で、
最初の劇場公開版より良い物はあまり無い。

606 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 22:35:19.77 ID:SiTtr9z60
リドリー・スコットってやきう映画撮ってたよね

607 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 22:50:26.80 ID:BSOl+EYe0
吹き替え声優は剛力彩芽です

608 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 23:07:04.02 ID:j/kSiLNr0
日本版ならレイチェル→前田敦子
でOK?

609 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 23:37:46.61 ID:HZp1vWP80
>>488
no four, two, two, fourはエビだ
しかも海老天じゃなくて、やたら不味そうなエビだ

610 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 23:57:53.75 ID:UjAcYRm+0
>>600
放射線飛び交う東京は、すでにブレラン超え

611 :名無しさん@恐縮です:2012/10/16(火) 23:59:35.15 ID:JoiTr1cGP
>>610
それでも居なくならない在日朝鮮人

612 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 00:00:54.20 ID:1D0d5Qr1P
>>566
おお、サンクス。
ディレクターズカットは買っただけで満足してしまったダメ野郎なんだぜー。
今度見てみますね。

613 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 00:18:05.41 ID:fJ+LdfcC0
はっきり言って初期版のナレーション入りがダントツにおもしろいと思うんだが、
本スレでは「ナレーション入りはゴミ」ってのが根付いてしまってる。
プロデューサーにむりやり入れさされたって話が原因なんだが、
正直、そのプロデューサーは才能あると思うけどね。

614 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 00:20:47.31 ID:KU90BHh80
ナレーションよりもラテン刑事の捨て台詞の方が余計だと思う。

615 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 00:24:41.81 ID:WoZCtdTK0
オルモスさんdisるのは、ジュディー・電池女史をdisるくらい危険…ってほどでもないか

616 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 00:37:35.57 ID:VdNN2CFZ0
>>613 あれはよく分からずに、とりあえず
話が難解風なので、ナレーション入れて説明多くした。
なんだか面白みのない哲学風なラスト近辺なので、もうとにかくそういう難しいこと言わずに
ハッピーエンドくっつけてみようか。
なんて考えで、編集権をたてにして、ああいう無茶な改変をやってのけたのではないのかな。
それが何故か偶然に功を奏して、公開版は毀誉褒貶あるがそれを支持する者も多数出てきている。
もしかしたら全部分かってやったのかもしれないが、そんな話は余り聞かないね。果たして実際はどうなんだろう?


617 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 00:38:56.04 ID:11goeO+30
>>505 おれ、ずっとたまごと思ってたよ・・・。許してくれ。

618 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 00:43:16.87 ID:GBirVfkf0
>>575
道路に水かけるとああなる
でも金がかかるんだろうな

619 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 00:44:51.22 ID:VdNN2CFZ0
>>617 あのウドンみたいな麺類のドンブリの中に、卵って入ってたっけ?
もしくはあの屋台にトッピング用の卵が店頭に展示されてたりしてた?
うろ覚えだが、どちらもなかったような気がしてしまって・・・。卵くらいは店頭に積んでたか。
卵のイメージって、あの沸騰する湯の中のゆで卵を素手でつかみ出したところしか思い出さないなぁ。
しかしあのシーン上手く撮ってるとは思うが、初見でこれ単なる泡出して見せてる普通の水だよねと思ってしまった。
湯気部分の描写がそんなに強調されてなかったからかな。


620 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 00:53:13.76 ID:I5KI1aT7O
レプリカント云々より、あの画像解析のシーンが未だに納得いかない俺は少数派かな?w

621 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 00:57:48.43 ID:9GNwvH0pO
冒頭の屋台のあれはエビじゃなくて魚だろ、黒い魚。

622 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 01:03:41.20 ID:1750sJf60
そのネタだけで年に3回は飲めるのに、なんつーこと言うてくれるんや、

623 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 01:03:46.82 ID:w3TzS50X0
このクソ映画にファンなんているのか?
もっとマシなSFなんてもっと前から幾らでもあったろうに

624 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 01:04:42.94 ID:vni2dsKY0
レプリカントだとしてもネクサス6じゃなくて
より人間に近い新型のネクサス7だとかって話がなかったのかな
でないとデッカードは若干タフな程度で身体能力がロイ達ネクサス6型に劣るのがヘン

625 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 01:05:49.37 ID:1750sJf60
>>623
そんならこの映画の前で、ましなSF映画を教えてよ、
2001年宇宙の旅以外で、とりあえず5つぐらい。(´・ω・`)

626 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 01:13:37.57 ID:3JaF8Vhn0
近年ならA.I.しか無いだろうな
近未来SFで佳作と言えるのは

627 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 01:14:02.03 ID:VyOqmxj10
>>619
絵は見つからなかった
http://www.st.rim.or.jp/~kimu/br/224.html
> ワークプリントではなんと丼の中身が映ってます。
> どうも、画面で見るかぎり丼にごはんが盛ってあって、その上に金糸卵(?)とサニーレタス(?)がしいてあり、どすぐろいエビが二尾のっているようです。


628 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 01:14:56.81 ID:e7Zih/df0
深夜のダウンタウン番組でよく聞いた映画名だな

629 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 01:14:57.42 ID:pA5afMQO0
まじで発言してしまったのか

630 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 01:35:10.09 ID:YPNMJpd40
>>619
横からだけど
http://www.youtube.com/watch?v=PYM6rG0A3X4
魚まるっぽ水煮か? イギリスのまずい鰻のゼリー寄せ感覚かな

631 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 01:43:36.68 ID:VdNN2CFZ0
>>626 >近年ならA.I.しか無いだろうな
それダメ映画だと思うけどね。
丁寧に撮られてるし、スピルバーグらしくサービスシーンも多いようだがその多くは外してるって感じがするし。
それから何故かこれSFしてないよね。って思えて私はその映画好きでない。
ファンタジーを撮り損ねたって感じかな。


632 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 01:54:13.77 ID:Tp3YEVqY0
大毎地下で、スターウォーズのジェダイの復讐との2本立てで見たな。
オープニングで度肝を抜かれた。
ロサンジェルス 2019年11月ってやつ。そのあとの空撮。
ダグラス・トランブル最高。

633 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 01:57:44.29 ID:YmIrxN6Y0
「分かってちょうだいよ!」
「まかしてちょうだいよ!」

どっちが正しいんだ?

634 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 01:58:39.59 ID:WD7zw4lDO
あと出しじゃんけん

設定をコロコロ変えんなよ

635 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 01:58:59.67 ID:3LoFdzigO
日本だとキャシャーンがブレードランナーに近い
脚本の台詞が良くないだけ

636 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 02:04:23.27 ID:3JaF8Vhn0
>>631
そうかなあ
フィフスエレメントやトータルリコールよりは哲学的だし映像その他も悪くないと思うが
スピルバーグは俺は嫌いなんだが、激突とこれはなかなかだと思うが

637 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 02:06:35.06 ID:cDGRYo5D0
そもそもそんなつもりで撮ってなかっただろうがw
ファンの深読みと遊びに乗っかって設定にしてんじゃねーよクソ虫。

こういうのは「さーどっちだろうねー? フフフ」でいいだろ。
遊びの領域に嘴突っ込むなこの野暮天。

638 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 02:09:41.23 ID:cDGRYo5D0
>>626
A.Iとか本気か?w
「月に囚われた男」とかずっとマシなもんあるだろうが。

639 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 02:12:30.49 ID:VdNN2CFZ0
>>636 ETは馴れ合いのフレンドリーさが溢れてて嫌いで、
未知との遭遇くらい突き抜けてると、感心したりする。
雑味が楽しめるという意味では、マイノリティレポートもいいかなと。ディック本来の味わいとは違ってて
よく分かりにくい話になってるけどね、あれは。以上がスピルバーグ。
ブレードランナーと並べるなら、未来世紀ブラジルあたりかなぁ。月並みな意見で申し訳ないけど。


640 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 02:14:22.18 ID:Tp3YEVqY0
デッカードが部屋でジョニ黒注いで飲んでたあの四角いグラスが、
デ・パルマの「ボディ・ダブル」でも使われてたの最近気づいた。既出かも知れんけど。

641 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 02:15:15.73 ID:SLIJvHMT0
しかしビデオレンタルの普及で
ここまで名作にのし上がった作品も珍しいよ
当時は公開してもあっという間に打ち切りになったみたいだが

642 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 02:17:45.06 ID:cDGRYo5D0
>>636
近年にその二つも入るのか、、、

ヴァーホーベンのトータルリコールはバカ映画の要素も満載だが
それは見せ掛けでA.Iと比べるような凡作じゃない。
フィフスエレメントは昼の未来都市を描いた以外は評価するとこが全くない駄作。

80年代以降が近年と云うならまだ幾らでもあるだろorz

643 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 02:20:30.81 ID:YPNMJpd40
ブレランやブラックレインの映像世界が好きなら、INXSのこのPVは気に入るかもなあ
http://www.youtube.com/watch?v=egDJc1HhiZ4
http://www.youtube.com/watch?v=2mqwM_8IpFA

644 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 02:22:56.59 ID:VdNN2CFZ0
「ガタカ」なども小品ながらも傑作だったと思うが、あれは近未来設定とはいえ
本来的に余りSFではないと言われるかもしれないなぁ・・。
主要部分は二人の緊張を孕んだ友情というか、ヒューマンストーリーだよね。
アニメだが甲殻やイノセンスも良かったと思うが、ブレードランナーの影響内と押井自身が認めてしまってるので
敢えて挙げても余り意味はないか。
マトリックスは時期モノというか、あの時代の旬で味わうことにこそ意味があったような。あれはあれで時代を画した
作品ではあると思うけどね。

645 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 02:25:13.50 ID:3JaF8Vhn0
マトリックスは大好きだが系統が違うと認識してる


646 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 02:31:19.42 ID:Tp3YEVqY0
最近のスピルバーグなら「宇宙戦争」が結構いいな。
ラストはやっつけだけど、途中まではすげー怖い。まさに悪夢。あれは癖になる。

647 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 02:35:03.28 ID:oE0T8M2gP
SFならマッドマックスを忘れてもらっちゃこまるね
ブレランに負けないくらい影響あるよ

648 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 02:37:17.09 ID:3JaF8Vhn0
>>646
冗談は顔だけにしてくれよ?

649 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 02:38:56.48 ID:3JaF8Vhn0
>>647
マッドマックスも系統が違うなあ
むしろロードムービーと言ってもいいなw

650 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 02:39:57.87 ID:VdNN2CFZ0
>>647 そういやそれがあったな。
物凄く不評な3が、いい具合にSFしてて良かったと個人的には思っている。


651 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 02:40:06.24 ID:l8ymqOeo0
わかもとCMみたいな日本語関係はすべて中国語に取って代わられるのだろうなあ。

652 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 02:44:03.28 ID:VdNN2CFZ0
マッドマックスは、1は復讐モノ。2はより過激になったバトルもの。
それで3が少しユル〜くなって(しかしその点が大いに不評だったらしいが)、SF菌が付いて発酵したみたいになってて、
そこらの余裕がSF映画たらしめてて、個人的には良かったと思ってます。大嫌いって人多数らしいけどね。3は。


653 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 02:49:51.99 ID:Y0buIcG90
デッカード「なんてこったい・・・」

654 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 02:50:30.83 ID:VI+nTZIGO
全く観たことないんだけど、
ビデオ屋行っても完全版だの○○版だの色々あって何を観たらいいのかわからん。
最初は何から観ればいいの?

655 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 03:12:38.29 ID:GBirVfkf0
SF好きな奴って
一気に先細りする寂しさが好きなんだろ
マゾだろ一種の

656 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 03:30:20.73 ID:kvyBMhtX0
>>654
実はどれでもいい

657 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 03:45:48.38 ID:WoZCtdTK0
>>652
3の子供ばっかの国の描写とか大好きだわ。

658 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 03:51:13.72 ID:t2U507Aq0
SF映画って脚本だけ取ってみると穴だらけで酷いのばっかだよな
世界観と製作者のパッションだけで成立させてる

659 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 03:56:10.46 ID:UBll8h280
>>11
この人のSFに出て来るインテリアとか機械とかは
デザイン的に同じ時代の同じ文化圏の設計のように見える
違和感のあるものがないというか
そういうつじつまが合ってるだけでも凄い

660 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 04:05:19.28 ID:I+FhOUlC0
>>14
北斗の拳の「シンのビルの最上階」はもろブレードランナーのパクリ

661 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 04:08:31.75 ID:t2U507Aq0
マトリックスの演出とかも今の子は別に「ふぅん……」って感じなんだろうな
「うぉぉぉぉ! 弾がスローモーションで動いてそんな風にカメラが動くなんてー!」みたいな興奮はリアルタイムでしか分からんと

662 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 04:22:33.80 ID:cnYJD3tw0
今更サラっと何言ってんだよwww

663 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 05:26:39.22 ID:VT0MtdDD0
>彼はネクサス6だから、

結局、ニンゲンは署長とガフと博士だけ?
「ブレードランナー」はアンドロ同士が傷を舐め合う話だった、というオチか。
しょっぺー話。

664 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 05:29:21.96 ID:VT0MtdDD0
日本のSFはブレランとマッドマックス2とスターウォーズを基礎にして築かれている。

665 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 05:32:26.24 ID:R1OF/y010
つまり手塚と石森と黒澤のおかげってことか

666 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 06:53:36.96 ID:lPuMki1/0
マッドマックス2はSF風西部劇だな

667 :ドアラ♪:2012/10/17(水) 07:08:23.24 ID:A0ivdr2X0
ディックの原作は思索的だけど、映画はただのエンタメ

668 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 08:00:27.72 ID:9GNwvH0pO
>>663
ハリソン・フォードに対してのジョークの効いたコメントにしか読めないんだが…

お前ら近年の傑作SFと言えばウォーターワールドだろ。

669 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 09:00:31.65 ID:xhbHyBro0
リドリースコットは公開時から、デッカードはレプリカントと言ってるからねー
今更って感じはするわな

670 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 09:06:50.56 ID:1750sJf60
>>666
アバターは、無人島に漂着して、土人に助けられて・・・

671 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 10:08:41.46 ID:SLIJvHMT0
>>668
キアヌ主演のJMはどうよ
あれもブレラン並みに時代を先取りしてたぞ

672 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 10:24:55.00 ID:zqM4hdDS0
>>1
えっ?普通にレプリカントって思ってただろみんなwww



673 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 10:27:26.49 ID:dh7+/mLf0
>>671
原作映画化って意味じゃ、何でいまさらだったけどね

674 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 10:29:52.72 ID:9GNwvH0pO
ギブスン絡みじゃ、いよいよニューロマンサーが映画化されるとかされないとか。
まあ今さら感もあるけど。

675 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 10:32:33.51 ID:BIdS5uJC0
SFと言っても科学を考えて作ったのは2001年くらいしかない

676 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 11:04:57.77 ID:uoiOVheG0
結局あのフクロウは本物だったのかな?
あと続編でもCGは使わないで。
携帯も透過液晶も絶対出さないで!

677 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 11:08:10.35 ID:BcyQb9tk0
見たけどクソ映画だったw

678 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 11:21:07.84 ID:l+MMJNcAi
>>644
ガタカは
フランク・ロイド・ライトの建築を舞台に使ってるところが、ブレランとの共通点
レトロフューチャーな雰囲氣に合うのな

679 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 13:11:58.14 ID:NW+CA5mw0
坂東英二<10つ

680 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 13:17:45.80 ID:SJaswiWy0
惑星ソラリス
2001年宇宙の旅
ブレードランナー


これ面白かった

681 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 13:26:13.43 ID:Ug5rDpCB0
>>632
あとあの音楽ね。
凄い退廃感が表現されてた

682 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 13:39:55.34 ID:kaqz8Hne0
>>646
ちょっと分かるわ。カタストロフィ物って大抵世界の終わりが
主人公の苦労する局所か全世界はCGで一気にとかだけど、
あれは戦争物的な描写で無力な民衆はどこに逃げてもやられますって感じが
出てて面白かった。リメイク元は何でも良かったんだんだろうな、
金かけてあれがやりたかっただけでw

683 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 15:09:50.69 ID:I5KI1aT7O
舞台設定=ブレード・ランナー
物語の叩き台=ブレード・ランナー
メカ設定=ターミネーター

これで作品を完成させたヤツがいたな…

684 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 16:50:50.40 ID:UdM3AgmR0
スピナーの動力であるワイヤーをCGで消しやがった

685 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 17:00:39.27 ID:aVjJZHidO
>>652
みんなあの映画ではインターセプター見たかったんだよ。

686 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 17:01:02.82 ID:jP3VzPbS0
>>589
治療カプセルに入ってるシーンがカットされただけ。
メイキングには入ってた。

687 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 17:03:17.55 ID:0Np3n5L80
最近ディック先生の文庫が書店でやたら目立ってるな
御三家やブラッドベリでさえ1〜2冊の在庫なのに

688 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 17:16:31.89 ID:jP3VzPbS0
>>687
ハードSFに比べて圧倒的に読みやすいから、イメージの割に敷居が低い。
文章自体は非常に簡潔なので、特に短編集とか一気読みに最適。

689 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 17:25:33.59 ID:VyOqmxj10
>>659
ブレードランナーに関しては、シド・ミードは本来工業デザイナーだから、そういう統一感出すのは得意なんだろうね

690 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 17:29:16.42 ID:YZ8bDmNC0
>>74

テストは質問に対する反応を専用の機器で読み取る事によって行うので問題無い

殆どの動物が環境汚染により絶滅に近い状態にある為、動物は愛玩の対象と看做されており、食肉等は非常に野蛮で残酷だと考えられている
そこで「このブリーフケースは本革なんだ」等と言われると人間なら思わずギョッとしてしまう
一方、レプリカントは感情移入する事が出来ないので、驚く演技は出来ても咄嗟に反応出来ない


691 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 18:18:42.49 ID:aGy2bXPH0
>>680
爆睡度

惑星ソラリス    ★★★★
2001年宇宙の旅 ★★
ブレードランナー ★

立喰師列伝    ★★★★★★

692 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 18:31:44.90 ID:lPuMki1/0
一番爆睡度高いのはなんだろ?
未来世紀ブラジル?

693 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 18:34:39.14 ID:Q6ajdn/x0
>>689 シドーミードは映画ユニオンに入ってないので何でもかんでも
プロップから美術までまるごとデザインさせることができるという話もあったり。

694 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 18:35:13.27 ID:dh7+/mLf0
>>692
一般的にはタルコフスキー作品だろ ex.惑星ソラリス
自分はストーカーとか好きだけど
ブラジル("未来世紀"はつけたくない)は寝るかなぁ?

695 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 18:37:31.16 ID:qlgUwCUJ0
デッカちゃん

696 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 18:37:34.36 ID:dh7+/mLf0
>>693
だから、デッカード・ブラスター 没になったのか...

697 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 18:41:13.57 ID:0Np3n5L80
バラードの“ハイライズ”は映画化ってしてたっけ?

698 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 19:04:00.65 ID:xbneXk1T0
昔のTV放映版のルドガーの声は、ムスカで有名な寺田農だったな

699 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 19:13:10.95 ID:SaZNju0R0
ハッハッハー どこへ行こうというのかねぇー

700 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 19:13:51.25 ID:oqYD8OK60
>>692
デューン砂の惑星
冒頭の解説字幕の長さで死ぬ

701 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 19:32:43.62 ID:MaPBVRK40
最初から連作を意図したものでないと、たいしたものにならんだろうな
余計なことしないほうがいいわ

702 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 20:01:43.40 ID:dh7+/mLf0
>>701
同意
でも、世間一般じゃターミネーターは2しか見てなかったりするしな...

703 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 20:20:13.92 ID:MaPBVRK40
>>702
ターミネーターに衝撃を受けた身からしたら、2のシュワは違和感あったわ
他の主演映画見てなかったのもあるが
それが、父親不在のアメリカ社会での父親像とか持ち上げられたり、
日本でのシュワちゃん人気とか、なんかキャラが立ちすぎて、3まででシュワ映画になってしまった
勿論、2は単品でも面白く、感動もある映画と思うが

704 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 20:27:03.08 ID:MaPBVRK40
>>703どうでもいい補足
コメディ系は見てなかった トータルリコール、バトルランナー()は見た

705 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 21:07:18.25 ID:DRD4lJ/V0
>>703
3はジョンコナーの不細工ぶりに驚く映画じゃないか
シュワちゃんはほとんど出てなかったかと

706 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 21:27:50.27 ID:7kNJwx3o0
そういや、サービス精神旺盛なフィフス・エレメントよりも
頑張って真面目に取り組んでそうな12・モンキーズの方が面白くなかったなぁ・・・。
主演は同じくウィリスだっけ。12の方はストーリーとしてどんなだったのかもうよく覚えてはいない。
フィフスの評価はSFファン的には良くないのかもしれないが、私は結構好きな作品だ。

707 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 21:32:20.21 ID:UEr0fyPb0
リドリー・スコットだと「ブレードランナー」

伊丹十三だと「マルサの女」

この違い分かるか?

708 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 21:34:20.28 ID:s6M5znot0
リドリーはあとどのくらい生きられるの?

709 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 21:35:52.21 ID:MaPBVRK40
>>705
周りが2線級だからシュワが目立ってたんかも

>>706
フィフスはSW的なバンドデシネという感じ、ベッソンが子供の頃に考えたままのお伽話だったなあ
12は、ギリアム流のバッドエンドで暗くなるけど、こっちのほうがよかったかな ブラピもよかったし

710 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 21:38:34.72 ID:1eAhPm6d0
>これにより、デッカードがレプリカントであることが明らかになった


ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i

711 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 21:38:45.93 ID:4LdS5A1T0
>>692
ブラジルは寝てる暇ないだろw 向いてないよ映画観るの。

712 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 21:47:53.66 ID:oE0T8M2gP
このスレにいる人たちは、今より昔のリドスコの方がすきなんだろうな

713 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 21:51:28.15 ID:seV9//22O
ブレードランナーの原作はJGバラードの「ブレードランナー」だぞ
タイトル見ろよ

714 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 21:55:38.46 ID:7kNJwx3o0
>>709 12は途中でなんだかリアリティがなくなってしまった気がして。
印象的な素晴らしいシーンは何箇所もあったけどね。
ブラジルは凄く良くて最初から最後まで集中力続いたので、
それとの対比もあって残念だった。あくまでも個人的な感想だけど。


715 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 21:59:47.84 ID:cLTUbG5B0
>>713
バロウズだよ

716 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 22:03:03.23 ID:oVAjief0O
ジョンウーの鳩飛ばしをパクった糞監督

717 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 22:04:41.71 ID:MaPBVRK40
>>714
文句言うつもりはなかったのでスマソ
見る時の身体・精神状態なんかも影響するからねえ
フィフスもTVとかで軽く見る分には面白かったりするし
12はジュネ監督映画に似た雰囲気もあるなあ
12の脚本のデビッド・ピープルズって、ブレランの共同脚本の人だ

718 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 22:06:26.80 ID:WDf1DCfzP
オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか?

これしか思いつかん・・・

719 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 22:10:59.24 ID:CL2YKgH60
原作だとデッカードが人間じゃないと話が成立しないと思う

720 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 22:15:21.91 ID:7kNJwx3o0
>>717 こっちこそすいません。
なんかダレちゃったのは、確かにこっちの集中力が欠けてたからかもしれない。
目指すところは12の方が全然高そうだというのは、だらけた集中力でも何とか分かったんだけど。


721 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 22:27:29.48 ID:MaPBVRK40
>>720
でも12は失敗作とも言われてるとか? 今知ったけど
しかしウィリスって意外に器用な感じだね
ダイハードでは完全に顔になってるのに、
癖のある映画では、表に出過ぎず、違った顔を見せて、なんとなく収まってしまう

722 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 22:33:18.45 ID:apJ6GMNw0
SF映画の話題に古いほうの「トロン」出てないね…

723 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 22:36:02.94 ID:uMtWKr4j0
世界のサカモトの「Broadway boogie woogie」の台詞がこれだったとはな・・
映画見てても気づかなかったよ。

724 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 22:40:32.68 ID:MaPBVRK40
そういえばハリー細野が、物体Xとボディスナッチャーに影響された曲作ってたなあ

725 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 22:43:05.22 ID:rvYkxleT0
ポラロイド写真みたいな奴のアングルを変えてヘビ女を見つけたところがよくわからんかった
ありゃ何だ?

726 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 22:46:01.63 ID:GScAA7Bk0
デッカード北海道

727 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 22:48:00.16 ID:OhwuFbUEO
>>722
初めて見たフルCGだった

728 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 22:48:28.75 ID:MaPBVRK40
>>722
トロンこそサイバースペース、サイバーパンクだね
ブレランと同時期だったか

729 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 22:50:44.76 ID:OhwuFbUEO
映画公開版
ディレクターズカット版
ファイナルカット版

どれが一番面白いの?

730 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 22:52:23.38 ID:CL2YKgH60
>>727
あれのどこがフルCGだよw

731 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 22:53:52.42 ID:seV9//22O
>>715
あらま、マニアすげー

732 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 22:54:54.43 ID:WfM2seaU0
デッカード「いやじゃ、いやじゃ。
      レプリカントなんていやじゃ」
ミサト  「事実よ。受け止めなさい。」

733 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 23:22:41.23 ID:Ce//Fr490






734 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 23:37:24.28 ID:1eAhPm6d0
キャプテンブライアントが
是非に
お前を

735 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 23:40:09.29 ID:6Sz/HCSw0
デッカードはロイ・バッティに指を折られたわけだが、
それでレプリカントであることを自覚するはずだが、
そんな雰囲気は全くなかったな。

736 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 23:41:15.94 ID:iiXUT5QE0
君が砂漠を歩いていると、亀がのたのたとやってくる…

737 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 23:43:25.83 ID:xhbHyBro0
>>735
あそこまでボロ負けしたら、自分も同じレプリカントだとは思わんでしょ


738 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 23:44:02.45 ID:5BpMsn3g0
>>735
そんな感情はプログラムされてないんでしょ。

739 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 23:49:00.55 ID:dh7+/mLf0
>>730
フル3DCGも使ってるでしょ
大いにあおられて見に行ってがっかりして帰ったけど
試写会だったから金返せってことはなかったけど

740 :名無しさん@恐縮です:2012/10/17(水) 23:51:39.12 ID:dh7+/mLf0
12モンキーズは...監督で期待していったけど、残念だった
なにより、「エイン博士の最後の飛行」(ジェームス・ティプトリーJr)じゃん、って頭になっちまったから...

741 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 00:17:37.95 ID:6Dh0ma+n0
>>737,738
いやいや、そうじゃくて、レプリカント的頭脳があえば、
自分の骨折の症状から、自信が人間かレプリカントくらい分かるはず
って思ったから。

742 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 00:22:16.53 ID:q42X6+BC0
>>739 実は同時期につくられた、ゴルゴ13の方がCGの尺は長かった

743 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 00:29:32.75 ID:6Dh0ma+n0
>>706
俺もフィフス・エレメントは大好き。
陽のフィフス・エレメント、陰のブレード・ランナーって感じ。

ブレード・ランナーでレオン役だった故ブライオン・ジェームスが、
フィフス・エレメントでコミカルな将軍役やってたのが何だか嬉しい。

744 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 00:46:38.48 ID:khMZaWmQP
フィフスエレメントなんてスターウォーズのパチ物としか思えんわ
換気ダクト入るパロディとか裸ギャグとか死ぬほどくだらねー

745 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 01:22:29.17 ID:hmwQ7Anf0
>>687
新装丁結構好きなんだよなぁ。

746 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 01:45:16.94 ID:hmwQ7Anf0
>>719
イシドアが味わった「コレジャナイ」恐怖と、ラストの妻の気遣いは映画の尺じゃ表現出来ないだろう。

747 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 01:47:26.60 ID:6qhJRTdb0
何か変なモノ落っことして行ったぜ

748 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 02:23:06.37 ID:ro5DtTps0
>>694
ブラジルで寝られる奴はほとんどの映画で寝るだろ。
ストーカーはトロッコのシーンで毎回落ちそうになる。
あれは催眠術の域w

ストーカーは一般的なSF映画として期待すると九割の人は寝ると思うけど
ラストなんか眠気ぶっ飛ぶよね。

749 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 02:23:45.42 ID:ro5DtTps0
>>717
>フィフスもTVとかで軽く見る分には面白かったりするし

TVかなるほどね。
フィフスみたいな駄作が良いとか言う人間の頭が全く理解できなかったが
映画じゃないと思えばありかもわからん。

750 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 02:26:39.38 ID:ro5DtTps0
つっても俺もいまいちな出来で好きなのあるから人の事は言えんか。
出来はともかくティコムーンなんか好きだぜ。
リシャールポーランジェに釣られてるだけなんだがカコ(・∀・)イイ!!

751 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 02:31:36.65 ID:ro5DtTps0
あと以外にニューヨーク1997とか話題にならないのな。
あとルトガーハウアーつながりでサルートオブジャガーとか。

みんなバカっぽいの嫌い? σ(゚∀゚ )オレ好きなんだけど。

752 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 02:37:40.96 ID:SC+V+xi30
>>12
はなから原作のテーマじゃ。デッカードのアイデンティティ崩壊は

753 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 02:43:48.45 ID:hmwQ7Anf0
>>752
そのズタボロ状態から自力で回復と見せかけて、さりげない内助の功。

754 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 04:18:08.05 ID:YZjtpzGU0
>>729
おすすめは公開版
公開版観て興味が沸いたら順番に観るといい。
それぞれエンディングが少しちがうからね。

ただダークナイトほどではないけど少し過大評価されてるから
あまり期待しないほうがちょうどいいかも。

755 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 05:00:11.32 ID:Nin8Thr0P
わざわざいらんことを…

756 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 06:24:14.94 ID:+xt2cJHq0
>>729
クロニクル買ったら全部入ってるんじゃなかったっけ

>>751
ウェドロックのほうが好きかな〜

757 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 06:37:27.27 ID:UFx0FKBw0
フィフスエレメントはエリック・セラの手による音楽がいい
インヴァ・ムラ吹き替えのアリアとか最高じゃんね

758 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 08:34:32.20 ID:t/7c+kQLO
>>754
ありがとう。順番に見てみる。

759 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 10:54:13.86 ID:JMjwI8A0O
12モンキーズ面白いと思うんだけどなぁ。オチもキレイにまとまってるし
あとゼイリブだっけ?あれも面白い

760 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 11:00:49.99 ID:4KP9i1+6P
そんな議論があることすら知らんかった

761 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 13:10:54.23 ID:/2NO3fDW0
1つで十分ですよ、分かってくださいよ。

762 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 13:14:17.28 ID:THjUAFcY0
そんな事より何が「ふたつでじゅうぶん」なのか。はよ

763 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 15:50:37.01 ID:TLFdx3se0
>>762
屋台の天ぷらうどんの海老の天ぷらだろ
さすがに4本も乗せると脂っこくなる

764 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 15:56:31.01 ID:2upLRnxa0
ハリソン・フォードと製作者サイドは不満だった公開版。

でも何故か、その後のディレクターズだファイナルだってのを見て
ガッカリした…
ナレーションが無くなってgdgdな印象
電気羊と同じになって、デッカードがレプリカントと言うオチは
どうしてだろう、違和感があった。


765 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 15:59:49.51 ID:ULqp/an80
>>1

十年以上も前に、日本に来た時にTV番組のインタビューで、
デッカードはレプリカントだよって明言してたじゃん。

デッカードがレプリカントなのは、リドリー・スコットバージョンの
「完全版」や「ディレクターズカット版」で、
ハリソン・フォードバージョンって呼ばれてる、「劇場公開版」の
デッカードは、人間な

世界が映画館で観て感動したのは、デッカードが人間バージョンの方

766 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 16:05:19.42 ID:PxPizAec0
「大風呂敷は広げたもの勝ち。あとはバカな読者が勝手に想像してくれる」という
SF漫画の格言を思い出す

なんも考えてなかったくせにw

767 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 16:08:23.54 ID:MuVPnKeU0
>>765
劇場公開版の時点でもうデッカードはレプリカント
「ユニコーンの夢」は脚本に入ってて撮影もしたけど、会社側の反対で使えなかったんだとよ

768 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 16:34:21.40 ID:Q9H7Vtu60
ブレードランナーってさ、、、、、、、、、、、情景とか映像は良いと思うんだけど
脚本だけで見た場合素晴らしいと言える人多いのかね?

769 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 16:37:21.07 ID:orBISOcrO
手をあげろ!
ブレイブポリスだ!

770 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 16:38:44.90 ID:khMZaWmQP
リドリースコット全作の脚本が微妙だから、今更言う必要もないだろ

771 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 16:41:33.18 ID:XtYoq3hk0
オスカー獲った「許されざる者」見た時、その善悪の曖昧な世界観が
何となくブレードランナーみたいだなーという印象を持っていたのだが
両方とも脚本が同じデイヴィッド・ピープルズだったのには笑ってしまった

続編やるならピープルズも入れた方がよくねーか?
ファンチャーは嫌がるだろうけどw

772 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 16:50:31.05 ID:y0EvWKnC0
スレ読むとハリソンやハウアーが役に結構なり切っているというか
低予算映画なのに役者が何故そこまで嵌まったんだろうな

773 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 17:08:08.02 ID:Lf87k1fo0
役者だから、でしょ
低予算といっても、金額では、ブレラン>レイダース>SW4=エイリアン、みたいだし

774 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 17:24:13.19 ID:q42X6+BC0
>>768 基本ストーリーはベタな探偵もの、実際リドリーは
撮影中に昔のその手の映画を見ながら参考にしてた。

ロスのロケ現場もTVや映画でよく使われたベタなとこで、
えぇ、SFだよ、あんなとこで撮るのかよと周りが心配したけど
監督が「大丈夫、大丈夫、俺が撮ればすげぇもんになるって」
と言って撮った、そういう映画。

775 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 17:35:31.70 ID:Lf87k1fo0
スレチだが、同じ脚本(セリフ)でも、役者が演技を変えればこんなに違うのかと衝撃を受けたのが
マルホランドドライブの中の演技場面
優秀な人がやれば、いかようにでも変えれるんだなと

776 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 17:49:52.44 ID:DjqWc4Z60
「ブレードランナー」
セットがせこいのをごまかすために夜のシーンを多くして雨も降らせました

「七人の侍」
撮影のスケジュールが大幅に遅れて映画の季節設定に合わない大雪が降っちゃったのを溶かすため
水を撒いたらどろんこ状態になってしまってしかたがないのでそれをそのまま映画に生かしました

777 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 17:53:59.16 ID:YsuWmCGk0
水曜ロードショー版が一番だな

778 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 18:01:09.37 ID:aqtomW4C0
これもブレランの影響?
http://www.youtube.com/watch?v=syJsd7UxbOo&feature=related

779 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 18:05:27.62 ID:qTrAW4IF0
金額ではレイダース>エイリアン>SW4>ブレラン

780 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 18:16:21.50 ID:Lf87k1fo0
>>779
日英のwiki見ても>>773だったけど  貨幣価値は不明

781 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 19:33:44.05 ID:/2kDPGcO0
>>778
ガンガムスタイル?

782 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 20:50:01.78 ID:+xt2cJHq0
メビウスの名前が出てないな

783 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 21:03:42.16 ID:wTwMO1wh0
ブレランはAKIRAのパクリ。

784 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 21:36:46.66 ID:OpeqEpc90
「七人の侍」の撮影用の「雨」は墨汁使ってる部分もあるんだってね
白黒映画の時代から、映画の作り方はずいぶんかわっちゃったね〜

785 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 21:57:33.17 ID:9Khbbgj90
雨に墨汁は羅生門のときからだな。
今はなんでもCGでやっちゃうけど、ああいうアナログ的な工夫を後で聞くと面白いよな。

786 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 22:41:50.89 ID:BEK8ZF+Z0
>>783
あきらはまだ無い
銀河鉄道999のパクリ

787 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 22:51:46.62 ID:Kgqzgg/O0
>>782
ジャン・ジローならもう出たよ

788 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 22:56:08.61 ID:wW/Fdsq50
トニー・スコットも自分がレプリカントと気付いてしまったからか

789 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 22:56:46.02 ID:7fRDuh/00
ハリソン・フォードブレードランナーをむちゃくちゃけなしてたのに出るの?

790 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 22:59:34.10 ID:f7C+J24u0
良くも悪くも
デザイン一流
音楽一流
俳優二流
脚本・演出三流の
超B級映画

791 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 23:00:08.91 ID:Kgqzgg/O0
役者がのめり込んで撮っても駄作になる映画もあれば
いやいや撮られたのに結果名作になってしまった映画もある
映画って本当に面白いですね

792 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 23:02:55.54 ID:SVW9sqZ60
ユニコーンの折り紙の折り方を教えてください

793 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 23:17:23.09 ID:+aI0RWiv0
こんなんあった
How to fold the UNICORN
http://www.linkclub.or.jp/~null/unicorn/unicorn0.html

794 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 23:20:50.40 ID:n2fI6P/h0
たとえ分かっていても、言わないほうが面白いことはある

795 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 23:21:48.15 ID:+aI0RWiv0
Blade Runner Unicorn Origami steps 1-10.mov
http://www.youtube.com/watch?v=TXGvvbwygLc

796 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 23:23:28.65 ID:mnl5naFy0
惑星ソラリスと未来世紀ブラジルを語っていない時点でお前ら素人だとわかった

797 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 23:23:50.19 ID:1a2aWYBp0
あのサントラは一時期、衝撃的瞬間番組の定番だったな。

798 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 23:28:27.58 ID:ihM2bV3R0
この映画がB級なら、2001年もB級だと思うんだけど。

799 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 23:31:25.45 ID:ihM2bV3R0
俺に言わせりゃスターウォーズの方がB級だ。

800 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 23:36:32.13 ID:+aI0RWiv0
B級の名作といえば、ヒドゥンを基準にしたい

801 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 23:38:45.44 ID:+aI0RWiv0
>>800
1987年のやつ カイルマクラクラン

802 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 23:54:13.65 ID:OMzKawQIO
>>795
折り紙は我が国が発祥っていつものとこが言ってたな。

803 :名無しさん@恐縮です:2012/10/18(木) 23:55:35.06 ID:OMzKawQIO
ヒドゥン
ゼイリブ
辺りは面白いよなあ。
でもゼイリブの格闘シーンは必要だったのかといつも思う。

804 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 00:04:09.40 ID:6wCVDQGs0
>>797
昨日このスレ覗いてからENDテーマが頭から離れんわ
ぴーひゃらーらー どこどこどこん♪

805 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 00:18:36.91 ID:0pgRhAkAO
ヴァンゲリスってシンプルな音なのに特徴的で忘れがたい。
シーンとも一致してるし。

806 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 00:25:15.88 ID:CRJYvZUS0
>>9
PCエンジン版スナッチャーは傑作だと思うわ、マジで

807 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 00:36:23.65 ID:Q2g7ZB6R0
>>575
あれ、ほとんど本国で撮り直したらしい。

808 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 01:02:11.61 ID:tsMIBK6C0
さすがにキリンプラザは本物じゃ

809 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 01:33:09.94 ID:Mlo4SFo70
近未来ものなら「ロボコップ」もいいぞ。
今となってはちょっと古臭いが、バーホーベンの一番の傑作だと思う。

810 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 01:39:24.05 ID:vHbRPt86O
>>807
ガッツさんも本国いったの?

811 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 01:42:20.92 ID:0dtfKjgh0
ソラリスといえばパンツ姿でうろつくケルビン君

812 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 01:44:13.00 ID:X24DQ0Ve0
名言しちゃったんだ
しかしいま作ったらあの世界観、中国とか韓国テイストになっちゃうんだろな

813 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 01:56:41.41 ID:ut8Z+Z5R0
>>12
正直デッカードが人間だからこそ最後のレイチェルを連れて逃げるのが意味があるのだと思うんだが
レプリカント同士の逃避行じゃただの恋愛ドラマとかわるところがないじゃんね
そこに命というテーマを当てはめても
レプリカントの人権を認めてあげたら人間は人間を作り出す神になれるという話になってしまう

814 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 02:19:31.20 ID:7PYPDWKQ0
>>813 そうそう。最初のダサい公開版が最も良い。


815 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 03:22:17.75 ID:X0F8urCs0
デッカードレプリ説はスタッフキャストの中でも監督だけが入れ込んでるネタ
ハリソンフォードがメチャクチャけなしてるってのは100%これの所為

816 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 04:23:55.38 ID:biCV63cIP
>>789
ハリソンフォード「もう許した」

817 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 07:34:11.30 ID:YKcGtJ830
>>809
よくはねーよw

818 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 08:00:17.89 ID:ftSq17GH0
ディックなら高い城の男映画化してくれよ
何かあるとすぐ易経はじめる謎の日本人で
世界にまた間違った日本人像を提供してくれ

819 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 09:38:17.54 ID:yHNqc+xT0
今のダイヤでも特に不満が出てないですからね。
顧客流動は北部に偏重しつつありますが、
それで南部の人間が着席できない

820 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 17:00:08.75 ID:jEPRvX4i0
ID:MaPBVRK40 女
ID:dh7+/mLf0 女
ID:ro5DtTps0 女
ID:7kNJwx3o0 女

なぜなのか

821 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 18:41:34.94 ID:GR4Om1Wd0
ロイ×タイレル、ロイ×デッカードで腐女子にも大人気!

822 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 20:38:16.07 ID:2pVc4IFE0
>>11
「未来というのは今が古くなったもの」という発想で
薄汚い未来を描いたのはこの人が最初じゃないのかな。
それまでは「今より新しいのが未来」だから今よりもっと新品でピカピカな未来像しかなかった。

823 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 21:17:05.42 ID:azcaIlrR0
>>820
これは間違ってるだろ
ブレランは、SFは、男のもの、というファンの態度が、色眼鏡で見させたり、
正当な評価を妨げたり、興味を失わせたりしてるんじゃないか?

824 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 21:28:11.73 ID:cTJE5gIB0
>>796
その2つは監督の趣味性が強すぎるだろ
まあ、これもだけど

825 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 22:02:26.75 ID:Y+3m9EXP0
>>822
ソイレントグリーンの方が薄汚い未来っぽいが…

826 :名無しさん@恐縮です:2012/10/19(金) 22:59:29.78 ID:NnuYK1zH0
>>811
ケルビン君の耳毛どアップもなかなかキュート

827 :名無しさん@恐縮です:2012/10/20(土) 09:21:18.08 ID:0LS/bQpXO
>>813
いや、デッカード自身は自分を人間様だと思ってレイチェルを連れて逃げたんだろ
あとデッカードが弱すぎるとか言ってる奴がいるがタイプが違うだけだろ
人間になりきれるかとかの実験で
それでラストでやっぱり同じようなタイプのレイチェル連れてくとかでそれも実験のうちとか


174 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)