5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

38cmウーファーじゃなきゃ低音域偽者ってホント?10

1 :玉屋〜鍵屋〜音出てねーぞ:2013/06/30(日) 10:37:52.69 ID:6f9yvyz7
38cmウーファーについて語るスレです。

前スレ
38cmウーファーじゃなきゃ低音域偽者ってホント?9
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/pav/1341048417/l50
38cmウーファーじゃなきゃ低音域偽者ってホント?7
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/pav/1238941165/
38cmウーファーじゃなきゃ低音域偽者ってホント?8
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/pav/1320070086/

過去スレ
38cmウーファーじゃなきゃ低音域偽者ってホント?6
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/pav/1213926160/
38cmウーファーじゃなきゃ低音域偽者ってホント?5
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/pav/1211901853/
38cmウーファーじゃなきゃ低音域偽者ってホント?4
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/pav/1202982201/
38cmウーファーじゃなきゃ低音域偽者ってホント?3
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/pav/1186204528/
(不明)
38cmウーファーじゃなきゃ低音域偽者ってホント?
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/pav/1170168486/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 10:41:50.09 ID:6f9yvyz7
立たぬなら立たせて見せよう38板
以下、よろしく

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 13:08:21.79 ID:TuIbNCUB
38cm信者がなぜ世界の潮流に逆らうのか言い訳を言い合うスレ
花火聴くなら38cm

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 13:11:16.23 ID:TuIbNCUB
貧乏人が集まって、
質より量、ケーブルは太い方がいい、スピーカーはデカい方がいい、と言い合うスレ
ともいえる

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 13:35:18.80 ID:tmuDd6Ee
バッハの楽譜には、16Hzの低音が書かれていたという事実がある。
オーディオマニアは、バッハの音楽を再生するために38cmウーファーを使用した。

けして、花火だけを再生したいと思ってはいない。
偉大なるバッハの音楽を再現するためにオーディオの勇者が立ち上がったのだ。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 13:46:35.34 ID:TuIbNCUB
別にマジで反応しなくてもいいよ、ツリなんだからw
ルサンチマンを感じてキモいんだけど。。。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 15:10:30.83 ID:t7WadO7K
>>3
>38cm信者がなぜ世界の潮流に逆らうのか言い訳を言い合うスレ
>花火聴くなら38cm

>>4
>貧乏人が集まって、
>質より量、ケーブルは太い方がいい、スピーカーはデカい方がいい、と言い合うスレ
>ともいえる

>>6
>別にマジで反応しなくてもいいよ、ツリなんだからw
>ルサンチマンを感じてキモいんだけど。。。

3から粘着してキモいね。
現代スピーカーの代表メーカーGenelecのフラッグシップ1036Aは
18インチ(46cm)ウーファー二発ですけどなにか。
ttp://www.otaritec.co.jp/products/genelec/products/main-monitors/1036a/index.html

Genelecに「世界の潮流に逆らってるぞ」って言ってみな。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 15:42:42.25 ID:jvM03Rut
ピュアAUでは38cm、15インチが王道だ。
前スレでは現実音で比較試聴してイヤというほど思い知らされた。
小口径では音質云々を語る以前に音さえも出ないことが実証された。
さりとて18インチ(46cm)二発なんて一般家庭では非現実的、
38cmが実用上の最低必要条件だろう。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 16:14:45.44 ID:MY7tejnx
>>6
>ルサンチマンを感じてキモいんだけど。。。

自己紹介乙
「小口径ウーファーの限界を指摘された弱い者の憤りや怨恨」
ですね、分かります。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 16:44:40.75 ID:E9dPn9/H
小口径派でもアンチ38cmでもいいんだが
「38cmウーファーじゃなきゃ偽の低音域だ」という点だけは認識してほしい
そういうスレタイなんだからそれが認識できた人だけが書込んでほしい

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 17:14:20.81 ID:JL7ZrPsR
>>10
まったくその通り。これが2ちゃん住人の最低限のマナーだ。
でなければスレチとか荒しと呼ばれて迷惑がられるだけだ。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 17:50:41.17 ID:JL7ZrPsR
スレチが居なくなれば実際の38cm使いに実例や具体例がききたいわけだ。

知人にホームシアターもどきを造って音楽映像や映画まで楽しんでいるのがいて、
38cmを導入したらSWの時と違って非常にリアルな音になったと喜んでいる。
そりゃそうだろ。先のテスト音でも超低音の話でなく普通によくある低音のパンチ音だった。
これが出なかったからターミネーターでも、ポセイドン・アドベンチャーでも、タイタニックでも
頻繁に出る場面の転機になるような衝撃音が聞えなければ筋も分からなかったことだろう。

ここではホームシアターでないピュアAUの話をもっと訊きたいんだ。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 18:10:34.01 ID:6X+Abjmg
テストの衝撃音はサブウーファーでも聞えなかったのか?

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 18:25:38.08 ID:fi7CaZBu
ドロンとした低音のSWでは再生できない。
試聴室で試聴しただけだがどれもトロくて低音のパンチは出そうになかった。
38cmでなければ再生できない音というのが他にもいろいろあるんだよ。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 18:57:17.90 ID:lGg3AsjI
18インチ使いだけどアホみたいな音量を出すんじゃなければ
それなりの12インチで質、量共に十分だと思う

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 19:04:06.82 ID:fi7CaZBu
適当な小音量で音楽鑑賞するときこそ38cmだと思っている。
生演奏の歯切れの良い低音は38cmが有利なのは先のテストの通り。
PAのような大音量なら18インチに任せたw

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 19:10:32.72 ID:fi7CaZBu
あ、30cmでもテストの歯切れ良い生音は再生できたのかな。
実効振動板面積は38cmの半分位になるが生っぽく再生できたのかな。
インプレが全く無いし俺も使ったことないから責任ある30cmの評価はできない。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 19:26:01.37 ID:Y/Ox2WPD
4インチ、8インチは再生できなかった報告。15インチは再生できた報告
12インチも再生できたら大威張りで報告してるはずだよ

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 19:57:53.62 ID:8RYWYMYF
4345は売れなかったね

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 20:35:15.08 ID:Oj8qEVsX
fos 250 割と聞こえた 前スレ767

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 20:59:20.75 ID:Y/Ox2WPD
fos 250、35万のGX-350か、8万のSWのCW-250か
…「割と聞こえた」
2.5万の38cmシステム、JBL 115の報告が既出
…「生さながらにバッチリ聞こえた」
コスパは38cmが良さそうだなw

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 21:07:25.30 ID:lGg3AsjI
ビクターの30cmサブウーファーの再生を録音
ttp://twitsound.jp/musics/ts7k39aJm

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 21:16:58.43 ID:Y/Ox2WPD
↑冗談はよせw 何じゃこのアタックのゆるい乗らないリズムは

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 22:51:44.47 ID:tmuDd6Ee
>>7氏の紹介してくれた中に、GENELEC 1038Bを見て、リニアフェーズ思想を取り入れてタイムアライメント調整がされている。
モニタースピーカーなのだから、音像定位がハッキリ分かる様に設計されている。
http://www.otaritec.co.jp/products/genelec/products/3-way-monitors/1038b/index.html
広めの部屋があれば、1038Bモニターを一般家庭でも設置出来そう。
かつて人気だったJBL4343系のモニタースピーカーは名ばかりで、音像が全く認識できなかったのを思い出す。

現在、自分が使っているSONY SS-G7も1038Bのようにタイムアライメント調整がされていて、音像定位がハッキリ分かる。
38cmウーファー+2ウェイ小型システムの構成になっている。
横から見たカットモデルを見ると音源位置を合わせているのが分かる。
http://www.niji.or.jp/home/k-nisi/g7.htm
NHK技研で、スタジオモニター2S-305を三菱と共同開発した中島平太郎氏をソニーが引き抜いて設計したのがSS-G7であった。
各ユニットを縦一列に配置していてモニタースピーカーとしての思想を取り入れていた。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 23:16:38.67 ID:Y/Ox2WPD
オンキョーGS-1 フロントロードホーン2wayはユニットも超優秀だったから
もっと驚異的な定位とピンポイント音像を結ぶ名器だった。
この設計者、由井啓之はタイムドメインを創立したしな。
音質は周波数だけでなく時間領域が重要という好例だ。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 23:25:30.67 ID:Y/Ox2WPD
GS-1のウーファーは28cm×2だったのを思い出した。
あの小口径であれだけ歯切れ良い低音を出せたのは
じつに適当、適正なホーンロードがかかっていたせいだと思う。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 23:42:52.98 ID:S0sECNax
GS-1はただのフロントロード・ホーンでなく位相統一のためのセンター・イコライザー付で
28cmウーファーはむしろ低音用コンプレッション・ドライバーのような働きをした。
ユニット、構造、性能すべてがSONYとは比較にならないよ。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/30(日) 23:59:35.43 ID:vQtJuZrU
GS-1
八ヶ岳のペンション(スケッチブック)に置いてあってこれ目当てに客が来る
とにかく凄い音だ
28cm口径ウーファーの2wayと考えるな
上のようにコンプレッション・ドライバー低音ホーンの2wayだ
これさえ買えば38cm党に勝てる

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:3nlOWXqM
これか↓
http://www.sketchbook.gr.jp/audio/audio.html

アルテック38cmの604−8GとオンキョーのグランドセプターGS1が並んでいるな
38cmと対等のスピーカーなんだ

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:4cjtoddD
勝てねえよ。
製造が少なくレアだから持て囃されるが本当に良い物なら今でも造ってる
だろうしもっと売れてるよ。
それからもっと普及帯に商品展開もしてしかるべきだよ。

コーンでコンプレッション・ドライバーもどきの動作さすには振動板の
強度不足で試作程度で終わったバブルの遺産だぞ。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:V+2u81Er
>>18
>4インチ、8インチは再生できなかった報告。15インチは再生できた報告
>12インチも再生できたら大威張りで報告してるはずだよ

12インチで再生できたよ。
使用スピーカーは4312Mk2のマルチ再生改造バージョン。

音源〜Airmac Express〜SRC2496〜DEQ2496(ルーム補正)
〜DAC〜CX2310〜TA-F501+EPWS-5Sx2台〜4312Mk2

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:hZ7QpI6m
620とGS1じゃ音と格闘じゃないか
普通の人には無理だよ
フロントロードでゆったり聴くならパラゴンしかない
部屋は広いほど良いけどスピーカーから1メートルくらいでも極上の世界だよ

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:ljew24Jq
それは、ウーファーが150-4Cならありえるが
375とLE15Aの組み合わせは、最悪だ
コルゲーションも嫌いだが

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:rvGmOLP5
ウーファーのフロントホーンは、スコーカーとの位相を合わせるためで低音を増強させるためではない。
なぜ位相を合わせる必要があるかといえば、音像定位を正しくさせてステレオフォニックを実現させる事なのだ。
すなわち、2本のスピーカーで立体音響を実現させる。

ホーンスピーカーは、ホーンロードの中に音源が出来る。
よく言われる振動板を合わせるというのは誤りで、ホーン長の手前から3分の1の所に音源が出来る。
アルテックのA-5,A-7やオンキョーのGS-1がスコーカーのホーン長とウーファーのホーン長をほぼ同じにしている。
ホーン長の違うゴトーやエールのホーンの位相合わせが難しい。
フロントホーンの無い普通の箱に入れたウーファーと中音、高音のホーンの位相を合わせようとするとするとウーファーに対して中音ホーンが前に出過ぎておかしな形になる。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:hZ7QpI6m
>>33
パラゴンはお餅ですか?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:7i/n5WlA
前スレ>>767、JBL 4344,B&W CM9,自作6インチ2way
のそれぞれで同様に鳴ることを確認

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:n0BAXc2d
JBL4344って16cmと同等の低音感しか無かったのか

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:TWxYpu49
>>37
ブラフだろ
JBL4344の38cmは例の2235H。いつも2200系というと貶すやつが現れる。
しかし38cmだから、間近の打ち上げ音が部屋中に響き腹に応える衝撃が出るのは確か。
どんな16cmでも絶対に同様には出ないよ。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:qtiO9EvH
>>34
音源である振動板の位置を合わせるか、ホーン内の仮想音源で合わせるか。
人とにより求める音質や音響環境が違うから、どこまでもエンドレスの議論になる。

前スレでは、生楽器の質感を第一に求める人が試行錯誤で中音ホーンを前後させて
500Hzクロスの38cmウーファーの後方68cmにした時に最も生の質感になったというレスがあった。
クロスオーバー周波数で中音をちょうど1波長遅らせた位置になるが、こういうケースも当然ある。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:qtiO9EvH
オーディオは理屈に振り回されずに、まず自分の耳を信じて実行すること。
そして、耳さえ良ければ最もベストな音になったとき、それが正解だ。
後で考えたら、そうなった理屈も見つかる。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:qA5vn0iF
やはり38cmウーファーでないと駄目なのか。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:GC+iKTag
小口径派に朗報。あの切れのよいGS-1が実口径23cmの小口径ウーファーだった。
http://www.niji.or.jp/home/k-nisi/gs-1.htm

38cmに負けない切れのよい打楽器に感心していたが、その秘密はホーン・ロードだった。
低音ドライバーも10cm位だから、ホーン・ロードをかければ10cmウーファーでも行けるはずだ。

ホーンを作ろう。fc100Hz位のエクスポネンシャル・ホーン。設計はネット上に多数載っている。
スロープが緩いから、日曜大工の木工細工で簡単に出来る。
フォスの10cmなどを使って、振動板の強度が心配ならエポキシ塗料でも塗ったらよい。
さあ、小口径派も実行あるのみ。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:GC+iKTag
ショートカット・ホーンだから超低域がだら下がりになるから
当時のGS-1では複雑なローブースト回路を入れているらしい。
現在ならグライコでもっと簡単に補正できる。
今時の若者ならベリンガのグライコくらい持っているだろう。
そして、年寄りと違って生の楽器音に慣れているから正しい調整も朝飯前だろう。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:4cjtoddD
>>39
半波長でも合うんだよ。
もちろん逆相に繋ぐ。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:L4VLvpCg
オンキョーのはホーンらしくないシステム、という評価でしたな。能率も低くて。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:GC+iKTag
ローブースト回路でなくハイカットフィルターを入れているんだった。
そりゃ実口径23cmの小口径ウーファーでフラットな周波数を目指したから能率は低い。
だから、設置してあるペンションには車にジェフローランドやバス・ラボ、ムンドなどの
大出力アンプを積み込んで、我こそは鳴らし切ってみせるというツワモノどもが集まってくる。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:P6hplUix
>>42,43
>fc100Hz位のエクスポネンシャル・ホーン。
計算どおり設計したら開口が90cm角の大きなホーンになるがどこでショートカットしたら良いの?

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:rvGmOLP5
>>44
そうそう>>39にそれを言いたかった。
逆相に繋いで位相を180度変えてやれば、68cm後になってホーンが落ちそうになる事もない。

>>46
GS-1の23cmの小口径ウーファーで超低音を鳴らそうとすると細工をいないと無理。

38cmウーファーの高能率なら極端な話、雑誌の付録のデジアン(5W+5W)でガンガン鳴ってしまう。(これが、38cmウーファーの醍醐味なんですよ。)
おまけに、対入力も大きから花火で400W+400Wをブチ込むおバカをやってもスピーカーが焼損しない。
一見、38cmウーファーのイメージから大出力アンプが必要に思うのだけれど、イメージとは逆に能率が高いからアンプの出力が小さくても良く鳴る。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:mhQ/0NhL
>>47
開口部の周囲の長さがfc100Hzの半波長170cmになる所でショートカットしたらいいんだよ。
理論計算値であれこれ言い出す人もいるだろうが、
この長さが先人達の経験則、成功事例になっている。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:mhQ/0NhL
約45cm角のホーンだから若者の部屋にも十分納まるだろう。成功を祈る!

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:DzJi8TBJ
>>47長岡式バックロードホーンを組み立てたほうが良さそうだけど。
10cmといわず、20cmのフルレンジ+スーパーツィーターで決まりでしょう。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:mhQ/0NhL
バックロード・ホーンとフロントロード・ホーンの違いが分からない人か。
ホーンロードのかかり方、ロードのかかる帯域を考えてごらん。
音質は、どちらかといえば正反対w

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:LTyqZwYp
38cmウーファーじゃないときの次善の作が
こともあろうに鉄ちゃんの芋スピーカーてか。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:vwQRrWlG
未だに、
1波長or半波長ずらすとか、
逆走でつなぐとか、
ホーンの3分の1の所に音源があるとか
どんだけ、トンデモ&時代遅れなんだ

やっぱ、38cm香具師は、半世紀ずれてるな
花火の最初のバシュッが、バとシュッで
時間がズレてたらあかんだろうが

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:I6Ixniun
>>54
>やっぱ、38cm香具師は、半世紀ずれてるな

オレの38cmとホーンはデジタル・ディレイでピッタリ位相が
あってるけど何か…

でも、リスポからちょっと離れるとズレるんだけどね…
>>54はきっと頭固定器具でも持ってんだろうねw

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:irLcwcn/
ズレてるのは>>55の思考回路
重要なのは、位相じゃないだろが

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:DzJi8TBJ
ちゃんと調整されたホーンスピーカーを聴いた事もない奴が騒いでいるだけ。

ましてや、自分でホーンスピーカーを持って無い奴がウンチクたれるから可笑しくなる。
>>55さん、>>54>>56みたいなバカは放って置きましょう。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:8gmXJbGg
38cmスレまで長岡教が蔓延りだしたし・・・

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:5iltGxK3
>>54
だから理屈から始めようとするから諸説、異説、珍説のバトルになる。

自分で楽器をやる人が 自分の耳で調整して 最も自分の楽器らしく再生される調整の結果が
理屈でいうと1波長ずれた位置だった という現実なら文句の言い様がないだろ。
良耳で行われた事実に勝る理屈無し。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:Mlqo1A/a
ちゃんと調整する項目には、
ステップ応答の測定は、
当然含まれていると思うが、
>>57 にはそうではないらしい。

>>59
> 良耳で行われた事実に勝る理屈無し。
たしかに、こういう人には、他人がどうのこうの言う理屈も必要もないな

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:mTbCKuqC
ピュアAUは耳でやるものだから耳で出した答が正解
脳内レスは却下するがよろし
ただし糞耳の場合は別だがココは糞耳スレではない

でしょ。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:VtsaSS46
狭い部屋でも38cm使えといってる人がいる時点で・・・
糞耳だなぁ

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:OUzQ8hzO
ステップ応答が良いいとかそういうスペック的話になるなら、
30cmのほうがよっぽどいいスペックがたたき出せるよ。
38cmって耳で選ぶ人のためのスピーカーとは思ってるよ、もちろんスペックも気になるけどね。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:7N+S+Kii
そそ。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:8gmXJbGg
50Hzとか100Hzのスペック応答は本当に30cmの方が良いのか?

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:8gmXJbGg
実例でいうと前回の花火の発射音の切れやリアルさはどっちが良いのか?

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:VtsaSS46
モノによるけど基本的に小口径のほうが入力信号に対し、鋭敏に反応するようだ。
この板で見かけただけのあやふやな記憶ではあるが、たった10〜12cm程しかない富士通テンのフルレンジの応答が非常に優秀で、入力に忠実に振幅していた覚えがある。
対して、大口径ウーファー(25cm程度?)では制動に時間がかかっていた記憶がある。

38cmと30cmでも同じことがいえるだろうね。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:7N+S+Kii
38でそ。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:8gmXJbGg
>>67
それ、実際には逆ではないか。
俺は38cmコンポと20cmメーカー製スピーカーで比較したから脳内推測論でしかないが
30cm口径は振動面積が38cm口径の1/2しかないから同音量を出すには2倍の振幅幅が必要。
発射音のようなパルシブな低音では2倍の振幅が間に合わなくてスペック応答は悪くなるのでないか。
因みに俺の20cmでは4倍の振幅幅が必要で発射のパルシブな信号にまったく間に合わずまともな音がしなかった。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:7N+S+Kii
38ウーファーの花火の周波数レスポンスとウーファーとスコーカ―のクロスオーバー周波数付近のステップ応答とワケワカメ。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:8gmXJbGg
ああ、すまそ。
ステップ応答=再生能力の敏感さみたいな流れになっているからつい言葉遣いまちがった。
>>67の「入力信号に対し、鋭敏に反応」するのは発射のテスト音ではどっち、ということ。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:GhCtXhxh
出力レベルを考慮しないとイカン

たしか1978年頃の無線と実験に
38cmウーファーの測定比較記事があったが
ロングボイスコイルのウーファーは、第一波が流れていた。
その記事には、波形拡大写真があるが実際のレンジがバラバラで
暗に意図を感じた。

それを見て、ALTECにした。以後ずっと515系を使っている。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:8gmXJbGg
今の疑問は
「入力信号に対し、鋭敏に反応」するのは今テスト中の発射音ではどっち?なんだ。
38cmより30cmの方が実際に敏感に反応したのか、
>>67のいうように10〜12cm程しかない富士通テンのフルレンジがよかったのか?

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:cf1pCPMc
515系の下ってどうやって補ってるの?

超低音は出ないってのがデフォらしいけど
識者に聞きたいな

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:lwPnG6eh
515系の下が要る人はSW等で補う、要らない人は補わない
分かりきった話し、どうせ515使用以前では出なかったんだから…

SWといってもサブ・ウーファーじゃないよ、大口径等によるスーパー・ウーファーだよ

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:vwQRrWlG
>>74
クロス50Hzから軽量46cmウーファーを足している
AV用のサブウーファーだと、ドロドロとした背景音ならよいが
ぴゅあーには、向いていなかった

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:lwPnG6eh
515(以前は416)を使う人は軽やかな低音希望で重低音は望まない。
低音限界にも拘らないから俺はSWも無し。515で出る範囲で楽しんでいる。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:cf1pCPMc
>>75-77

ありがとう
生半可なサブウーファーじゃ515には立ち遅れるだけだろうから
むしろ無い方がいいのかな

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:7N+S+Kii
515といっても一括りには出来ないでそ。
515A f0;45Hz
515B f0;25Hz
歯切れのいい低音で515A
花火の重低音で515B
ジャズのベースの歯切れ良さで515A
クラッシックのパイプオルガンの重低音でドンくさいが515B
バスレフダクトのチューニング周波数、ダクト面積、箱の容量、振動系のm0,f0,Q0などの必要データーを元に設計してみなければ分からないでそ。

花火とジャズのベースの両方は取れないでそ。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:lwPnG6eh
ちなみに俺のは515-8G。おそらく515Aに近いと思う。
ジャズでもクラシックの近代ものでも頻繁に出てくる60〜100Hz帯域の低音が
軽やかな反応で出る。
それでいて例の花火の打ち上げアタック音も迫力ある鳴りようだった。
俺の聴くソフトではそれ以下は要らない。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:Y+lAOBRA
RWBも良いけど、フィックスドだと、下は50Hzじゃ辛いし、
上も500まで引っ張ると、紙臭くなるし、
過去のノスタルジーに浸るには良いが
それ相応の思い入れがないと聞けたもんじゃないだろ

冷静に評価すると前スレのJBLのJRX115にも劣る

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:wfE/pN6O
いろいろインプレを読むと38cm使いは決して超低音や大音量をブンブン鳴らす目的では無いみたい。

現実の花火の打上げ音やチャイコ1812年の大砲のような音が小口径より敏感に出る、
音楽ではチェロ低音の軽快なアルコやベースのピチカート、ピアノやパーカッションの打撃音が
生々しい質感で鳴るという、いわゆろ低音のトランジェントというか歯切れよさを主目的にしている。

これが小口径にはない38cmの最大の魅力であるらしい。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:yEeUPema
小口径では出ない音、SWでも出ない音が38cmなら出るということ

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:a56YY9Ae
花火の打上げ音はSWで出ないわけでないが敏感に鳴らない。

PCにヤマハYST方式のSWを接続しているから30Hzまで出るが
ボコ、ボコという鈍い低音が鳴るだけで何の音か分からない。
38cm使いのインプレではバシッと夜空を切り裂くような鋭い衝撃音に聞こえるらしいから
低音の生々しさ、トランジェントのよさが魅力であるらしい。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:d7OmNHOx
>>84
ボコ、ボコでワケワカメな音が聞えるだけなら出たうちに入らないw

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:ouhJT8qT
515の人ってフロア型のダブルウーファーって人少ないよね
1601とかは多いんだけど

515はシングルとフロントロードホーンが多いんだけど、ダブルウーファーは論外なのかね

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:X6SMQjzC
ここ、ずっと同じ人が書いてんの?
前スレからほとんど同じ内容の投稿が延々とループしてるんですけど。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:U/gAySre
だってキチガイの巣窟ですもの
一辺が6m超な部屋ならスレタイも理解出来るが
実際はただの隔離スレだわな

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:8sbhlrVK
だって書いてることがバカ丸出しだし。
ステップ応答とか線形の話だから単純に周波数レスポンスの問題で、
38 cm は 25 cm や 30 cm より下が延びているものが多いというだけの話で、
つまり大音量を出さないのならローブーストすればひっくり返るような話。
で、周波数レスポンスが低い方にずれれば応答がゆっくりになるのも当たり前。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:xQCzYXCt
こんなのが、定期的に湧いてくるからループするんだよね
それとも、前スレの内容が全く理解できていないのに
絡んでくる、カマッテちゃんかもしれない

ローブーストした小口径では、歪がヒドくてアウトだったろが
また、連続音のレスポンスなら、AV用のバスレフも小口径も
追従できるが、花火の音は出ないってのが結論だろ
くだらんこと書き込んでないで、38cmどっかで聞かせてもらえ

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:2TUXIkNH
若い頃は、オーディオ気狂いとか言われて一般人からすれば呆れた存在だった。
原寸大のドラムセットを再生しようとデカイ音で鳴らす。
年がら年中「低音、低音」と言っては、低音バカと言われた。
どう考えても、家で花火を打ち上げようって言うんだから気狂いでしょう。

それでも、「オジさん、大きなスピーカーで花火をドンパチやって面白そうな事やってるね。僕も仲間に入れてよ。」って言うなら仲間に入れてあげるよ。
仲間に入れてあげてもいいけど、チョコっと噛じった知識で、ワケワカメな事を聞かれても答えられないよ。

まぁ、「百文は、一聴にしかず。」と言って、38cmを聴かせてもらうのが早い。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:IAZsR9YS
十分な音量が歪なく出せるなら、小口径でも前スレ>>767の音はきちんと聞こえるよ

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:97U5hssL
>>86
515は下方向にレンジを広げる為の38ではないです。
質と量のバランスポイント。
ダブルにすればよりレンジが狭くなるだけ。(低音の減衰量が2倍になるだけ)

F0下げた515Bや1601は反応速度が遅いのでより空気を押し易くするように
2台使って駆動力を上げてる。(ダブルの方が明らかに音が軽く出るようになる)

フロントロードで使う映画館用だと能率アップの為に重低音は捨ててるって事でしょうね。

しかし38といったらすぐに515とか出てくるけど、ALTECの低音って下の音が
遅れて鳴る感じなんでどこが良いのって思えます。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:TeKnzS+X
これまでの内容からすると
高能率38cmは、優秀なミッドバスでもあり
20cmクラスのウーファーでは、再生できない
花火の音も実体感を伴って再現できるということで
OKでしょうか?

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:TeKnzS+X
>>93
TL-1601シリーズと515Bを一緒にしてる人なんて初めて見たよ。
構造も特性もぜんぜん違うし、Mmsも段違いで、コーン紙も違う
そもそも515シリーズには、F0を故意に下げたものなど存在しない
だからLansingのラベルが貼ってある

> ALTECの低音って下の音が遅れて鳴る感じ
個人的感情を他人に話しても無意味なので、
根拠とかがあったら示すと説得力が有るよ

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:/+2V3P3r
>>85
スレタイの意味がはっきり理解できたと思う

38cmウーファーじゃなきゃ低音域偽者=ボコ、ボコでワケワカメな低域しか出ない

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:/+2V3P3r
>>92
十分な音量・・・なら小口径でも前スレ>>767の音はきちんと聞こえる
↓↓
小口径ほど振幅幅が大きくなるからパルシブな発射音に振幅が追従できずに鳴らなかった
という報告が多かったが・・・

大振幅がパルシブ音に追従できた小口径の製品名を挙げてやらないと検証にならないと思う

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:CBbEcQBL
小口径でも再生できることは前に簡潔に報告したが、
十分にパワーを入れて38cmと大体同じ音量で再生してやらないといけない。

上記は B&WのCM9で確認している。

まぁ、小口径でも十分に低域が再生できることと、歪なく大きな音で再生できることが前提だが。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:2TUXIkNH
花火の炸裂音をスピーカーで再生すると言っても音圧を無視した議論は無意味。

花火を700m離れて見るのか、50m離れた玉屋のところで見るのかで変わってくる。
700mで110dB、50mで140dBだそうだ。(50mは、再生不可能。)

仮に、花火の周波数が30Hzとしよう。(コントラバスマリンバが32.7Hzは分かっているので推測。)
38cm3ウェイの94dB/Wのスピーカーを例に考えてみる。
30Hzでは-10dB落ちる。84dB/Wとなる。
110-84=26dB→400倍
400Wのアンプで100m離れた現実の花火と同じぐらいの音圧になる。
以前やった花火の実験では、ピークで400W+400Wを記録したのは覚えている。
良い子は真似しないように、お父さんの大事なスピーカーを一瞬でオシャカにするかもしれない。

ヘッドホンでも、花火の音は聴える。(小口径でも再生できた報告は、このレベルの話。)
体に響く重低音は大口径の38cmになる。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:/+2V3P3r
ドカーンという余韻たっぷりな後半の爆発音はどれでも鳴るが
バシッと風を切る前半のパルシブな発射音は鳴らない
という報告が多かった。(俺の20cmブックシェルフもそうw)

周波数は60〜100Hz位で超低音でもないのにSWでも無理だという。

しかしB&WのCM9は見事に鳴ったという。
小口径であの鋭い風切り音が部屋の空気をつんざくのは凄い。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:X6SMQjzC
興味があったんで昨日スタジオに767持ってって聴いてみた

NS10M 6 inch? -駄目
Genelec 8250 8inch - 駄目
Barefoot MM27 (10 inch x2) - OK
Genelec large (型番不明、15inch)-OK

海外ではスタジオの標準機になりつつあるMM27の優秀さに改めて驚いたが、
これはICEの1000ASPをマルチアンプで逆相タンデム駆動してるから
家庭用とは別格の超ハイスピード。バスレフも無い。
Genelecとの一番大きい違いは低域の伸びと大音量の迫力で、
95dBぐらいまでの音だったらどっちもあまり変わらないがそれを超えると差が広がる感じ
100dBぐらいで聴く人なら15inchのほうがいい
が、これは定在波のコントロールされたスタジオの話で、
一般家庭でこの音を100dBでバランスを保ったまままともに聴いてるかは多いに疑問
たぶんかなりベースヘビーに鳴ってるはず
あと、767の録音はなかなかよいと思った

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:X6SMQjzC
>>100
アンプ変えてみると違うかもしれない。
スタジオでは昔から小さいスピーカーこそ大きいアンプって言う鉄則があって、
たとえばNS10MなんかもBRYSTONかCrownのかなり大きいやつで鳴らすのが標準

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:CBbEcQBL
たぶん、CM9や俺の自作SPの場合は、歪んではいないもののギリギリの音量だと思うし、
人によって聴覚に大きく差はあるので、俺には見事に再生できたように聞こえても、ほかの人にはダメだったりするかもしれない。

個人差を排除するなら、測定して差異を明確にするしかないかと思う。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:3p2YB2YH
素晴らしい! 小口径派の星 B&W CM9。
16.5cm×2で38cm同様のトランジェント良い発射音が鳴り渡る
大口径を使えない環境では性能が実証されたB&W CM9の購入をぜひお勧めしたい

なお、俺は業者ではない

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:nERAskcN
B&Wはイギリスのメーカーでヨーロッパだけでなく日本のスタジオでも
モニター・スピーカーとして数多く活躍しています。
プロの耳で忠実な再生能力が認められた製品ですから
家庭用に購入しても決して間違いはありません。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:dWeiwdsp
15インチは酸っぱい葡萄なんだな

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:wf7m1F79
再生レベル的に言って、
小口径では、たとえ鳴ったとしても
前半部分の音のレベルと、後半の反響を含んだ音では
音圧が全然違って聞こえてるのだろう

だから、前半部分が小さめに聞こえ、後半部分が強調されたように
再生される。それで
> たぶんかなりベースヘビーに鳴ってるはず
といった、簡素になる。
つまり、パルス性の中低音に対して、ダイナミックなリニアリティが
とれていないと言うことだ。
やはり、正確な再現性を求めるなら38cmしか無いな

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:nERAskcN
小口径でも例外があってB&WのCM9では忠実な再生能力が認められています。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:8m+ah3lT
コンパクトなコンポでは雑誌でも定番のように紹介されるのが
B&Wのスピーカー+マランツのCDPとプリメインだね。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:8m+ah3lT
>>107
前半部分も後半部分もどちらもフルビットで録音されているというから
本当はどちらも同じ大きさで聴こえないといけないね。
CM9で俺には見事に再生できて聞こえたという人はどうだったのだろう?

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:vQciZIxV
>見事に再生できたように聞こえたと書いてるだろ
すべてがばっちり見事に聞こえたんだよ

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:V6q/e1Uo
そう聞こえる所が、小口径使いの幸せな所

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:2TUXIkNH
馬鹿デカイ音量を望まなければ、B&W CM9 でも一般家庭では十分でしょう。
B&W 804D ウーファー165mm×2のスペックを見ても-6dB落ちでも30Hz〜28KHzぐらいは出る。
能率も90dBの能率があるから、低能率でもないので一般家庭なら十分な性能があると思う。

大型スピーカーの魅力を大出力の観点から話してきたが、実は小音量時の再現性が高いのも高能率の大型システムの特徴。
能率が高いほど微細な音量の楽器のニュアンスも再生できる。
高性能なスタックスのコンデンサー型ヘッドホンで聴く音数が再現できる。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:vQciZIxV
見事にと書いてあるだろ
見事にとは立派に、あざやかにという意味
あざやかに聞こえた音がちっちゃな音量なはずないだろ

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:V6q/e1Uo
そう思い込める所が、小口径使いの幸せな所

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:F1sJnG6l
>>113
議題がずれてないか。
>スペックを見たら30Hz〜28KHzぐらいは出る という話しでない。
それでOKなら、SWならどれでもOKなわけだ。
ところが適正な音量と質感で聴こえないことが多い。by>>84
周波数特性でなく、振幅運動がパルシブな信号に時間的に対応できているかという話しになっている。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:X6SMQjzC
>やはり、正確な再現性を求めるなら38cmしか無いな

これは上にも書いたが音量による。95dBまで程度だったら意外なことに同じようなものだった
バランスとか定位の点では小口径が正確さで有利というのもあるしどっちもどっち
低音重視ならユニットは間違いなく大きい方がいいとは思うが、
バランス重視ならスピーカーのデザイン、アンプ、部屋、普段聴く音量なんかを総合的に考えて
スピーカーのサイズを選ぶのが正しいと思う。

ちなみにどういう38cmのセットをどういう状態の部屋で聴いてるのか教えてくれないかな?
興味あるんだが。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:jNHhSDgz
>>118
そうだな。ピュアAUなのに未だにf特や音圧dBの数字が重要そうに引用される。
こんな数字は、最高時速150kmの車だから雪道も砂漠も山の凸凹道も急坂も
楽に走れると勘違いしているに等しい。
音楽や現実音を鑑賞すると、雪道も砂漠も急坂もいっぱい出てくる。
これをエンジン快調、タイヤのスリップもなしに(コーンが空振りしないで)走ることが重要。

こんな数字はテストのパルシブ音が見事に再生されることとあまり関係ない。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:X6SMQjzC
>振幅運動がパルシブな信号に時間的に対応できているかという話しになっている。

同じ会社のユニットのサイズの違うスピーカーを並べて聴けばすぐに分かるがこれも音量次第
大きい音になればなるほど小さいスピーカーは不利
ただ、アンプの駆動力とかユニットやエンクロージャーのデザインのほうが
多少のユニットのサイズの差より圧倒的に大きいという実感はある

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:jNHhSDgz
それは前例の25cm×2、38cmの比較でないのか。
それともNS10M 6 inchでもテストのパルシブ音が95dBぐらいまでなら鳴る、
それ以上なら鳴らなくなるという意味なのか。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:V6q/e1Uo
20cm程度で花火の音源が正しくなったという報告があるが
すかしっ屁みたいにしか聞こえなかった多くのスピーカーと
>>98が、鳴ったと言っている小口径では、何処が違うんだろうか

もちろん鳴ったと本人が認識しているレベルは、置いといて

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:v1ySy4wG
小口径派にまたも朗報
テストのパルシブ音がポショとしか鳴らないと嘆いていたやつ。
音量が大きすぎたんだよ。
95dB以下に音量落とせ、パシコーンと盛大に鳴ることが分かった

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:2TUXIkNH
花火大会で聴いた距離の違いじゃないのかな。
当然、花火を近くで聴けば腹に響く低音もある。
花火の直径も低音に関係してくる。

そういう事に対する答えは、>>101さんが書いてるよ。
767という旅客機の録音だと思うけど。
物理的に、大口径のウーファーじゃないとリアルな低音は出ませんよ。って話でしょう。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:v1ySy4wG
B&W CM9が見事に鳴ったことをなんとか否定したいやつもいる
もちろん音量を95dB以下に落としたら初めてパシコーンという大迫力で鳴るんだ

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:2TUXIkNH
たぶん、君達の想像しているスピーカーより桁外れにデカイスピーカーで聴いてると思うよ。
こんなので、
http://www.otaritec.co.jp/products/genelec/products/main-monitors/1036a/index.html
http://www.otaritec.co.jp/products/genelec/products/main-monitors/1035b/index.html
46cm×2とか38cm×2でしょう。
それも、チャンデバ+マルチアンプで。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:YAMnbpdS
何でCM9みたいな玩具SPが小口径の代表になってるんだ?
B&Wって言えるのは800シリーズからだろうに。
ちなみに802Dならうちにも有るけどその低音は出るってだけで
良質な38のような質感再生は全く出来ないよ。
映画用でボンボン言わせてるのが関の山。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:DfkFUp4n
B&Wは泥んこの38cmで評判落として小口径にシフトしている感じ。
箱はマトリクスとか工夫したけど肝心のコーンがジョボかったね。
おとなしく欧州名物のクルトミューラーのコーン使ってたら良かったかも。
ケプラーの小口径はまだ評判は悪くない。
B&W、小口径で名誉挽回ってことになるかな???

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:54JjgevB
ボリウムを下げたら(95dB以下)大きな花火の発射音が鳴る(38cmと同等)
ボリウム上げると(95dB以上)鳴らない
いったいどんな仕組みのスピーカーなんだよ?

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:/gEMtu0k
B&Wなら805が最高でしょう

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:UmbzY4AU
過渡応答特性はCM9の方が良い
CM9なら花火の発射音が再生できるという話

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:qH6wImZD
性能がよくて安いからCM9にしとけ。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:dIS6RypO
>>126
どう読んでも802D持ってないやつの嘘にしか聴こえんが、
万一本当だとしても、いったいその良質な38って具体的に何なのよ

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:dIS6RypO
800dはいいよ、巨大なアンプで駆動してかつ小音量か中音量の話だけど
デカい音で聴きたいなら、もっとパワフルなスピーカーを選んだ方がいいね

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:a3+A0NHZ
盛り乳パッド入れまくって偽装した、小口径スピーカーの話は置いといて
正統派グラマーな音が出る38cmに話を戻そうか

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:NBVmzehk
これしかない。
アルテック 515の復刻版で、能率104dBと驚異の高能率。
ホーンスコーカーとホーンスピーカーを組み合わせて、チャンデバ+マルチアンプ駆動をやりましょう。
http://www.procable.jp/products/altec515.html

JBLの38システムで、93〜94dB程度の能率だから104dBとすると10倍凄い。
パワーアンプの出力は10分の1でOK。
パワーアンプにクソ重いの使わなくても、雑誌の付録のデジアンでガンガン鳴りそう。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:uEikMLCM
プロケはいいです

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:t78pGgWC
B&Wなら16cmシングルのCM8も良いスピーカーだ。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:dIS6RypO
このスレってPAスピーカー用のスレだったのか。。。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:Ord9VKGW
このスレの住民は殆どPAスピーカーみたいなものを使ってるだろうね。
たぶん目隠ししてもらって愛用スピーカーの代わりに安物PAスピーカーを鳴らしても
大部分の人は気づかないw

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:dIS6RypO
まじめな話、何使ってんのかね、ここの住人は。
具体的な型番は滅多に出てこないし、出てきたらPAじゃな。
そのくせ良質な38とか、脳内妄想みたいなことを書いてるし。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:0KgmSP13
>>128
小口径は大音量再生を放棄した代わりにワイドレンジに設計されてるから不思議でもなんでもないな

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:tcIule9+
38cmウーファーのスピーカー自体が現在は高価だしほとんどいないかもしれない。
脳内妄想ではないが、音研箱にアルテック416-8B+音研のホーンスコーカ+音研のツィーターは友人が所有していた。
チャンデバ+マルチアンプ駆動でやってた。良く聞かせてもらっていた。

最近では、秋葉原の有名店で、JBLのエベレストの38cm×2発のやつは聞かせてもらった。
値段もいいが、マークレビンソンのプリ+パワーで鳴らしていたが良いスピーカーだと思った。

自分は、SONY SS-G7を実家から持ち込んで聞いているが、今聞いてもB&Wの800シリーズの様なドン臭さはないね。
アルテック515系の軽い低音ではないが、ピアノの左手で低い弦を叩いた音はそうとうリアルですよ。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:ApOC//NN
>>141
しかしボリウム下げたら音が大きく鳴ってボリウム上げたら音が小さくなるor鳴らない
ていうのはどう考えても理解できない

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:4w3jfHt5
確かに一般のSPとは違う、B&Wの高度なノウハウなんだろ
だからCM9、CM8、805などB&W小口径の話題で賑わっている

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:Ord9VKGW
ボリュームを上げれば当然音は大きくなるが、一定以上上げると歪んじゃうからね
その一定以上のことを指しているかと思う

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:4w3jfHt5
>ボリウムを下げたら(95dB以下)大きな花火の発射音が鳴る(38cmと同等)
しかし
>ボリウム上げると(95dB以上)鳴らない
これがB&W16cmの特徴ということ

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:C6mUwRjU
CM9と同じ音量で38cmの代表格のA5を鳴らすと
前スレの>>767の音源の花火の臨場感が
全く違うということだろう。
録音の前半部分の迫力が再現できるのは、
軽量コーンの38cmしかなかろう

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:4w3jfHt5
一般的なSPの場合はそうだ
低音周波数のの再生能力ではなくトランジェント特性の問題で
例えば16cmなら同じ音量を出すのに38cmの4倍も大きく振幅しないといけないから
花火前半のパルシブな発射音に振幅が間に合わなくなってまともに音が出なかった。

しかしB&Wの16cmケプラーコーンは他と違ってボリウムの制約こそあるが「見事に」鳴った。
ココからが新しい議題なわけだ。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:tcIule9+
花火の音といっても前半部分なら小口径でも出るんじゃないですか。
http://www.youtube.com/watch?v=89yYXVVBUdE
問題は、大玉が開いた時のドンが腹に響くかじゃないですか。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:Ord9VKGW
>>148
単純に、小型SPで鳴らなかったのは音圧が低かったのが原因とかじゃないの?
小型SPは能率が低い傾向があるから、同じボリューム位置では音圧は下がるしね。
更に、人間の耳は音圧が下がると、特に低い周波数での感度が下がるしね。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:4w3jfHt5
内容がループしないよう前スレでのテスト音源と試聴結果を復習
70人近い人がDLしてテストの結果を報告した。無断の再うpゴメン

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/23(日) NY:AN:NY.AN ID:uGA8wgBM
トランジェントの良い音だから小口径では鳴らない、聴こえないという一例

http://www1.axfc.net/uploader/so/2944336?key=1111

他スレにうpされた花火の実況録音だが、
最初15秒は発射音でバスッという歯切れ良いインパルス波のような音で
15秒目からは上空でドーン、パチパチという余韻も伴った裂音になっている。
レベルは、発射音も炸裂音もフルビットだから、どっちも同じ音量で鳴るのが当然。

しかし、小口径では、おそらく最初の炸裂音はまともには鳴らないか、
ボソッという内容不明の小さな音しか聴こえないのでないか?
もちろん38cmでは、発射音も炸裂音も同レベルで、リアルに部屋に鳴り響く。
あなたのスピーカーではどんな鳴り方をするか報告し合うと面白い。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:4w3jfHt5
913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/26(水) NY:AN:NY.AN ID:4Uh9nhze
いや、久々に脳内論でなく実証的で有益な流れになってきたよ。
まとめると、

767のテスト音源、前半の発射のアタック音は
・小口径では ほとんど出ない
・20cm径でも ポツ、ポツという意味不明の音しか出ない
・38cm径では パシッという歯切れよい音が出る

後半の爆発音や音楽(一部打ち込み系を除く)の場合は
・倍音も含まれているから 小口径ではその部分だけが出て背伸びしたような音になる
・余韻も含まれているから 小口径ではその部分だけが出てワンテンポ遅れた音になる
・38cm径は 基音、倍音、瞬間音、余韻すべてが出るから正確でリアルな音になる

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:uhsNwB27
>>149
もし、君が聞いているのが、小口径だったら
どこかで38cmで同じ音源を聞かせてもらうとよい。
全然違った世界が広がっていたことが判るだろう

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:L7BMHAFD
>>153
残酷だな
本人が満足してるんだからいいんじゃないか?

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:fx2VCAfo
このスレにおける花火の音の歴史的背景
初出
38cmウーファーじゃなきゃ低音域偽者ってホント?4
http://www.logsoku.com/r/pav/1202982201/
>>709
《タイトに締まったパルシブな低音の例》
花火の音は20Hz以下の超低音まで高いレベルで入っている。
1は遠距離から録音した音で周囲の反響音を豊かに含んだ圧倒的な低音感がある。
2は打上げ台の至近距離の録音で直接音メインだからパルシブな衝撃音になる。
スペアナでは1と2はほぼ同じ周波数特性なのに、2の締まった低音がよく聞こえない
という装置がこのスレでも多数あるのではないか?
パルシブすぎてウーファーの動きが対応しきれないためだ。貴方のウーファーはどうだろう?
http://uploader.xforce.jp/src/xF19977.zip.html
1111
1と2の低音が同じ周波数レベルで聞こえるような良質のウーファーを揃えたいものだw

以後、小口径の挑戦は、ことごとくはね返されている。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:tcIule9+
>>153>>154さん、すいません。
自宅に38p3ウェイがあるんですけど。
休みの昼間に聞かせてもらいます。>>151の音源。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:4w3jfHt5
>>149の音は花火でも何100mも離れて玉屋〜の辺りで聴く音だな
倍音、余韻まみれだからプアなコンポでも鳴るかも
ココの音源は打ち上げ台間近の貴賓席で聴こえる音だ
テストにはこんな音源が良い

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:4w3jfHt5
そこで、B&W CM9が16cmなのに「見事に」鳴ったというこのスレの報告が新しい議題だw

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:7+76k9xX
B&Wの話だが38cmウーファーはやはり鈍重な低音だったな。
>>127がいうようにコーン紙のせいかもしれないがメーカーとしては
せっかく製造したユニットだからせめてサブ・ウーファーに使用している。
これなら案外いける。ホームシアターではよく活躍している。
http://www.phileweb.com/ec/?p=8720

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:H+4s/Wov
DS90C所有しているが 15インチと12インチの差はとてつもなく大きい。
体全体で感じられる音。低音ブースとすれば12インチでも量感は充分になるが
出てくるものは音であって音楽ではない。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:2nb/xRr9
B&Wでいま俺がほしいのは805 Diamond。MC9はいらん
それでほんとに鳴るのか?
大玉がドンと腹に響く音でなく発射のパシッと闇を切るインパルス音が

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:3k5SUyEv
>>129
805はサイズや価格を考慮に入れるなら十分良いスピーカーだと思うけど
無差別級で戦える程に素晴らしいわけではない、特に低音はバスレフ音で出すしかないから正直ショボい。
805より低価格の小型SPの音ばかり聴いていたなら全ての項目が満点なんだろうけど・・・。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:Gi5lGGZg
現代の若者の好みは(うちの息子も含めて)昔ほど低音にこだわらない、
オルガン低音などどうでもよくて、もし必要になれば安いSWを買えば事足りるという考えだ。
それよりも必要なのは現代的な音のキレ、今回のテスト音源なら発射のパルス音だ。

従来の2ちゃんは、38cmより小口径のキレが良いというデマが流布してきて信じる人もいた。
しかし今回のテストで、キレの良いのはむしろ38cmだと実に分かりやすく証明されてしまった。
それで、信じていた小口径、例えばB&W805のキレは本当に大丈夫かと心配になるわけだ。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:cf6tmwN3
この花火の音源を聞くと、JAZZ、ROCK系に使うにはパルシブな60〜120Hz音を
リアルに再現できないウーファーは、ライブハウスの前の席に座った時の熱演を
再現できないということだ。

逆にクラシック系では、離れた花火の音のように間接音を多く含んだ、豊かではあるが
パルシブさはあまりないのでB&Wのようなスピーカーでも気にならないのだろう
クラシック系の再生で評価が高いスピーカーは、再評価が必要だ

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:W8HVWpKf
>>146
>>ボリウムを下げたら(95dB以下)大きな花火の発射音が鳴る(38cmと同等)
>しかし
>>ボリウム上げると(95dB以上)鳴らない
>これがB&W16cmの特徴ということ

「ボリウムを上げると鳴らない」という現象について、どうしてそういうこと
が起きるのか、設計上の特徴を具体的かつ物理的にご説明願います。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:ibl+liio
>>158
>そこで、B&W CM9が16cmなのに「見事に」鳴ったというこのスレの報告が新しい議題だw

そこで、小口径の物理的な限界がどうやって克服されているのか、以下のリンクにある物理的
な解説を参照しつつ、簡潔に述べることが必要だな。
http://kazima.pro.tok2.com/music/av/woofer.html

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:l5C/Aafj
現代のオーオタはJAZZ、ROCK系もクラシック系も
歯切れ良い音、トランジェント(過渡応答)こそ最重要だよ。

でなければ、R・シュトラウス、ストラヴィンスキー、ショスタコーヴィチなどの近代物が
ボヤけた演奏になって鑑賞できなくなる。
他の曲でも、>>152が指摘のように音の頭のパルシブな部分が欠けて
余韻の部分だけが鳴るからワンテンポ遅れた演奏に聴こえてしまう。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:cvPX6TFT
そのぺ〜ジって全然、物理的な考察がないだろが
初心者の様に常識をグラフにしても駄目だし

その程度で安易にウーファーをまとめて貰っても
苦笑するしか無いワ

169 :名無しさん@お腹いっぱい:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:r6EwcwaJ
〈現代のオーオタはJAZZ、ROCK系もクラシック系も
歯切れ良い音、トランジェント(過渡応答)こそ最重要だよ〉

これはスピーカーだけではなく録音系のマイクやマイク電源、ミキサーやレコーダー、
再生機器も含めての話だね。
別に38ウーファーでなくても出せる事。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:jDwF0cJc
>>165
>小口径は大音量再生を放棄した代わりにワイドレンジに設計されてるから不思議でもなんでもない by>>141
というのが設計上の説明だそうだ

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:MJQ4KwLK
38cmでなくても出せたら文句ないが花火の歯切れ良い音テストの結果は違った

38cmウーファー = 歯切れの良い音
小口径ウーファー = 歯切れの悪い音(多くはまともに再生できなかった)

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:CPlEQO0V
>>169
>これはスピーカーだけではなく録音系のマイクやマイク電源、ミキサーやレコーダー、
>再生機器も含めての話だね。
>別に38ウーファーでなくても出せる事。

小口径(16cm程度)でも低音は出る。
ただし遠くには届かない。
ヘッドフォーンのように耳に密着してれば十分聴こえる。
50cm前後のニアフィールドならいい感じで聴こえるものもある。
でもね、3mぐらい離れたらもうだめだね。

ボリュームを上げると音量は大きくなるが、振幅が大き過ぎて
歪みが増え、当然のことながら過渡特性も悪くなる。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:p/aVeR3e
>>168
>そのぺ〜ジって全然、物理的な考察がないだろが
>初心者の様に常識をグラフにしても駄目だし
>
>その程度で安易にウーファーをまとめて貰っても
>苦笑するしか無いワ

そうだよね!
ということで、なぜ16cmで出るのかちゃんと説明してやってよ。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:qB1JQPQ3
まさか、このスレの住民は4畳半とか狭い部屋でもAltecのA5やA7を入れるべきだと思ってるんじゃないだろうね?

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:MJQ4KwLK
ここは良いスピーカーは何かを議論するスレ。
その結果で使用環境が変わるのは常識。4畳半か12畳かは また別スレで・・・

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:B3fUZ9uS
>>174
6畳あれば入れるべき

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:MJQ4KwLK
A5が良いが 今はたまたま4畳半なのでSTAXのヘッドホンで聴いている
しかし、行きつけのショップでは必ずA5に切替えてもらって聴く
A5の歯切れよさこそ俺にとってベストだ、というような感想もこのスレのうち

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:v7g8Hw2m
肝心の実証方法だが、
ステップレスポンスを、音圧レベルを複数変えて
測定、比較するしか無いと思うのだが

たとえは、スピーカーAで、JIS騒音レベル換算
80dBから100dBぐらいまで5dB ごとに測定し
スピーカーAとBを比較するといった具合だ

他には、無線と実験で1978年にやったのと同じ方法で
オシロで第一波の波形比較をするぐらいか、
現在では、デジチャンが使えるからこっちのほうが
簡単かもしれん

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:V5mGLsHU
>>117
感動した。
♪ボロは着てても心は錦〜
物欲満たして買わないと駄目というやつこそ貧乏人の僻み。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:V5mGLsHU
↑アンカー違ってた>>177

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:hKXYg6Mg
何をどう聴くかが問題だがね

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:gUhz68hz
スタジオでの試聴報告だと、
95dB(すでにけっこう大音量と思うんだけど)だと
20cmも38cmも同じに再生できてたとかい書いてあったから
問題なのは大音量で後半の低音の迫力があるかどうかだけってことだよね
あと、もう花火はいいから、音楽の話に戻してほしいんだけど

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:gUhz68hz
明らかにIDを変えながらカキコしてるマのがいるね、ここ。
花火のこととキレがどうのと言ってるのは全部同じ文体だし、同一人物臭いんですが、
なんでそこまでして小口径を否定しないといけないのか、そこが知りたいかも。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:4twjkibB
なけなしの銭をはたき、借金までして手にやっと38cm入れたから

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:W8HVWpKf
38cmでなきゃ出ない音は確かにある。
でも部屋が小さければ30cmで十分良いかな。

20cm未満は物理的な限界があって低音に関してはニアフィールド
でないと苦しい。イヤフォン再生的な音が好きなら小口径の方が
好きかもね。

要するに、それぞれ一長一短でしょ。
ただ、このスレは38cmの良さを分かる人が集うところと思うが?
そこへやってきて小口径が良いと大声でわめき続けるのは無神経
だな。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:qB1JQPQ3
> 38cmでなきゃ出ない音は確かにある。

周波数レスポンスと音圧さえ確保できれば小口径でも38cmと同様に再生可能である(例:以前出ていたCM9など)

スピーカーにもよるが、16cm〜20cm程度の小口径と38cmで差が出るとしても非常に大きな音(おそらく100dB前後、隣家から苦情が来るレベル)になるだろうね。

もし、それでも出音に差があるというなら、それぞれ>>178の方法で測定して比較しなければならない。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:0gC8/Erf
今の時代は、まともな38pウーファーを搭載したスピーカーシステムをペアで買うこと自体が大変だと思います。
最低でもJBLの一番安い38p3ウェイですら100万円程度の出費になります。
プリアンプ、パワーアンプ、プレーヤーをそこそこの物を入れれば300万円程度の出費になると思います。
ある程度の富裕層でないと無理だと思います。
ハードルが高いと思われます。

1980年以前ですと手頃な価格で38pシステムが買えました。
現在も使用中のSONY SS-G7(1976年) \128000は、格安でした。
若いときに既に38pありでスタートしました。
アンプ類は、すでにあるプリメインアンプで十分鳴らせたのです。
当時は、アナログプレーヤーの時代でした。

B&W CM9,805Dをスタンダードに考えるのもしょうがないですね。
>>163さんが書いているように世代間のギャップで、最初に38pありきの世代(父)と今の世代(息子)とのギャップは埋まらないようです。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:gUhz68hz
は?
数百万円のスピーカーで30cm以下なんでざら、というかそっちの方が多いんですがw

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:7qWVFTaz
この流れ、たしか前スレでもあった

そのメーカーの38cmだと、軒並み1000万円超ってのが相場だそうだ

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:V5mGLsHU
IDが変わったとか前スレの流れとかいうのは音質の議論とぜんぜんと関係ないのでは?
現在のオーオタが求めるトランジェントの良い音は何かの問題でしょ。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:Ss+KDdaq
水を注すようで悪いけど、昔のペラい箱に入った38cmってちゃんと歪まずに低音出せてるの?
叩くとぺこぺこした音が返ってくるキャビネットは特性気にせず箱鳴りを楽しむ物だと思ってるんだけど・・・

38cmユニットからの直接音だけを鳴らして箱鳴りは出来る限り抑えようとしたら当然安く済むはずが無い

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:0gC8/Erf
逆にお聞きしたいのですが、箱鳴りのしないスピーカーってどんなのがありますか。B&W800Dですか?

ある意味、箱鳴りペコペコを聴いていますが、箱鳴りの周波数は分散させたり、ピアノの材料で箱を作ったりしてました。

193 :名無しさん@お腹いっぱい:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:r6EwcwaJ
バスレフじゃね。
花火がバンとならずドカンと鳴る。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:V5mGLsHU
懐かしいな。綺麗に箱鳴りした往年のタンノイの音。
良い材質のエンクロージャーの綺麗な響きを生かすため15インチユニットも取り付けネジが
半回転ほど緩めてあったっけ。
長岡鉄ちゃんがそれを理解できずに輸入品は高級品でも運搬中にネジが緩んでいる
とアホな文句を言ってたっけ。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:4twjkibB
半回転ゆるめたねじ(ちなみに「ネジ」では無く「ねじ」)は
温度変化や振動でドンドンゆるむ。
いつまでも半回転のゆるみで済んでいると思う事自体すごいど。
それが材質を生かすことと言うのはとんでも無い話だな。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:yNOrUWt9
笑えます。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:V5mGLsHU
鉄ちゃんのラワン合板自作ボックスでなく、厳選した硬木の合板だから
気温や振動では緩まないんだって。
しかし、アホなショップが気を利かせたつもりで締め付けて販売する例もあるそうな。
そんな時は、ユーザーは慌てず半回転緩めて聴くゆとりを持ってください
と輸入元ティアックの技術者が最近のキングダム・ロイヤルの試聴会でも言っていたっけ。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:6w91vYEF
スピーカーユニットを固定する締め付けトルクは、緩くても締めつけ過ぎもよくない。

スピーカー技術者は、規定のトルクで締めているので音がバラバラになるので止めてください。と言っていた。
イジっちゃったと言ったら、アチャーお客さんダメですよ。と言われてしまった。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:2GoGGsgA
ID換えたり同一人でなくても、違いの分かる男なら誰もが同じ事をいうだろう。
 38cmウーファー = 歯切れの良い音
 小口径ウーファー = 歯切れの悪い音(多くはまともに再生できなかった)

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:/fg4V9Z7
>>186
>周波数レスポンスと音圧さえ確保できれば小口径でも38cmと同様に再生可能である
>(例:以前出ていたCM9など)
>スピーカーにもよるが、16cm〜20cm程度の小口径と38cmで差が出るとしても非常に大きな音
>(おそらく100dB前後、隣家から苦情が来るレベル)になるだろうね。

以前出ていたCM9って>>124だけど、95dBがmaxだそうですよ。
100dBとは桁違いのレベルでしょ?勝手に妄想広げない方がいいのでは。

>>124
>B&W CM9が見事に鳴ったことをなんとか否定したいやつもいる
>もちろん音量を95dB以下に落としたら初めてパシコーンという大迫力で鳴るんだ

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:2GoGGsgA
それこそID換えたB&W業者が居ついていると思わないかw

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:iF24wpKw
>>186
>周波数レスポンスと音圧さえ確保できれば小口径でも38cmと同様に再生可能である

そうそう、だから小口径でも低音は出ているってばよ。
でも、遠くに届かないからニアフィールド聴けばオケ。
離れたらダメだけどね。

そんなに小口径がオキニならいっそヘッドフォーンが良いんじゃね?

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:cVxfQht3
それも脳内論だよ
>>151のテスト音、俺の12cmは前半がぜんぜん鳴らないよ
ニアフィールドでもポッ、ポッと音にならない

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:Dl4t9fT4
勝ったな

フッ 俺のは13.5cmだぜ

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:qZqDifGw
>>151は自分のスピーカーのトランジェントというか立上がり特性
をテストするには最適の録音だ。
上でスタジオ関係者も書いたが2chとしては珍しいピュアな好録音だね。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:qZqDifGw
204さん、余計な事をいうようだが前半も後半もフルビットで
同音量の録音だそうだ。
前半、後半が同じ音量で聴こえたら立上がり特性で合格だ。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:qWYaxeVp
うはははw
2chのID変えながら、6畳間に無理矢理突っ込んだ38cmでで必死に花火の音聴く人生より、
28畳のリビングでソナスでまったり弦楽四重奏聴く人生のほうが誰が考えたっていいわな。
トランジェントとか貧乏臭いことはどうでもいいわw

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:R2rhwFvp
>>207
弦楽四重奏も聴きますよ。
部屋にいながら、フライベルク大聖堂にワープしてジルバーマンオルガンも聴いてるよ。
オルガンって言ったって、幼稚園のちいちいパッパじゃないですよ。パイプオルガンですよ。
ある時は、NHKホールにワープしてNHK交響楽団の定期演奏会を聴いてますよ。

6畳だと2本のスピーカーの距離が離せられないので厳しいいけど、8畳だったら大丈夫ですよ。
28畳に38cm設置したら、ライブハウスもカーネギーホールも持ってこれるんだけどね。
もったいない使い方してるんだね。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:p9lQE+ab
>>204
↓妹はなんて言ってる?

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:O7IZhDHd
>>203
>それも脳内論だよ
>>>151のテスト音、俺の12cmは前半がぜんぜん鳴らないよ
>ニアフィールドでもポッ、ポッと音にならない

脳内論ではない。

究極のニアフィールド状態のヘッドフォーンならどんな低域でも
確実に聴こえる。どんな小口径でも低音は出ている。これは事実。
だから「全く出ない」っていうのは間違い。203の12cmスピーカー
も耳から10cmぐらいの位置で聴けば十分に低音が聴こえるはず。

でも少しでも離れると小口径の低音は聴こえなくなる。
だから、耳から離れると「出ていても聴こえない状態」になる。
これも事実。

耳から離した状態で小口径からの低音を聴こえるようにしようとす
ると、ものスゴく大きい振幅で振動させる必要が出て来る。
203の12cmでは無理のようだが、より高性能なものなら1m程度のニ
アフィールド再生はかOKのものもある。ただし、振幅の増大による
歪みの増加と過渡特性の悪化は避けられない。

したがって部屋に音を出すことを前提にキレのよい低音を聴くなら、
小口径は不向きで38cm(少なくとも30cm以上)が良いってこと。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:duqdawU8
>>205
うん、ピュアな好録音だな

13.5cmウーファーがボンと勢いよくゆれる
部屋をゆらす爆風がでるから妹が怖がる

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:nMWhyei5
>>211
CM1ですね。さすがB&Wですね。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:b5LKLzaz
もうおまえら、80cmウーハーをマウントした箱の中で生活しろよw

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:O7IZhDHd
>>205
うん、ピュアな好録音だな

38cmウーファーはちょっとしかゆれなくても
軽々と部屋をゆらす爆風がでるから妹が怖がる

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:zWrLR0/J
バスレフでトランジェントの良い音は出ない
直接ユニットから低音を出そうとすると振動板面積が大きい程有利

38cmで打ち止めってのはありえないが、
ピュア試聴に堪える低音を出すなら30〜38cmくらいが欲しいね

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:nMWhyei5
38cmなら当たり前。13cmで部屋を揺るがせるのはB&Wくらいでしょう。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:7pnvQcTO
おそらく小口径派の煽りだ。13cmでは真ともに鳴ってないと思う。
発射音のテストで小口径が鳴らなくて困っているとき、B&Wは見事に鳴ったという人が居た。
これに相乗りして、それっ俺も鳴った、鳴ったと憂さ晴らしをしているだけだろう。

38cm派の煽りもある。特殊な音源だけを例にして
>38cmウーファー = 歯切れの良い音
>小口径ウーファー = 歯切れの悪い音
小口径の方がずっと歯切れ良い帯域もある。小口径派が怒るはずだ。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:OL/LhLK3
お前ら余裕無さすぎ。
13cmで満足してるヤツはほっとけよ。
子犬がキャンキャン吠えてるようなもんじゃん。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:FDn6gDqh
>>217
言い訳はよせ
特殊な音源じゃないだろ
どこの花火大会でもある普通の現実音。周波数も60〜120Hz位の普通の低音
これが再生周波数45Hz〜等と表示した小口径でちゃんと鳴らせないから
小口径ウーファーはトロい、表示違反の偽物といわれて当然

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:5T74Sg6V
そそ、小口径では花火は無理です。
花火が炸裂した時の「ドン」は38pでないと出ません。
38pウーファーが歯切れが悪いと言われるのは、B&W 801D(生産完了)のせいでイメージが悪くなった。
コルゲーション付の38pは、メカニカルにいくつもの同心円状に小口径が合わさったもので歯切れの良い低音と重低音を兼ね備えておる。
最近のJBLは、良くなっている印象を受ける。

そこで、B&Wは2個〜3個の複数の小口径のウーファーで誤魔化すしかなくなった。
例のアビーロードスタジオに導入されたという800Dは宣伝のためのヤラセかもしれない。
そこで、このスレにも工作員によるステルスマーケットを仕込んでいるのかもしれない。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:UeJVxf7p
B&W CM1 Review by CNET
http://www.cnet.com.au/bandw-cm1-339288940.htm

>Conclusion
>If you want neutrality, the CM1s won't give it to you.
>They're too small to create any earth-moving frequencies,…

結論
もし色づけの無い音をのぞむなら、CM1ではそれは無理だ。
CM1は、どんなものであれ「地面を揺るがすような低音」を再生するには
小さすぎる…

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:5oh7Cb6B
そりゃそうだろう

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:qWYaxeVp
海外のレビューまで引用して必死過ぎw
いいじゃん、そんなに38cmに自信があるなら小口径はほっとけよ、
必死なのが自信のない証拠だってのがわからんのかよw

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:5T74Sg6V
「ボク、大太鼓と小太鼓と叩いたらどっちが低い音する。」と幼稚園児に聞いて見な。
「大太鼓。」って幼稚園児でも答えるよね。

訳の分からんエセ物理論をでっち上げて、小口径のB&WのCMシリーズで花火が再生出来ましたなんて、絶対にあり得ません。(キリッ!)

緊急連絡;38pユーザーならびに38p推奨派に告ぐ、B&W工作員によるステマに注意せよ。ステマに注意せよ。

225 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:A+IF2AyN
>>224みたいにこんな事言っちゃう辺り、必死すぎるよね
自信があるなら相手にしない方がいいのにね

226 :maro@2ch ◆T6shVv5JkMFy :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:PwbBFpw7
話題になってるのは >>151 の音源の11秒くらいのバシッって音のこと?
3系統で鳴らしてみた

1) LHH700(CDに焼いた)→AU-α907Limited(バランス入力/Vol.12時)→B&W CDM9NT(16.5cmx2) "ビシッ"
2) Win8 Pro x64/foobar2000/WASAPI排他/中華USB-DAC(CM6631A/WM8741)→
.. 中華300BシングルA級(アンバラ入力/Vol.Max) →TANNOY SRM10B(25cm) "バシッ"
3) KENWOOD DPF-7002(CDに焼いた)→AMP3300(アンバラ入力/Vol.Max) → TEAC LS-H250(13cm) "ポシィ"

3)は話しにならないね。残念だけど。後半部分も中抜けになって輪郭だけ聞こえる感じ
ボサノバとかはいい感じに鳴るんだけどな・・・

1)も2)もなかなかいい感じなんだけど1)の方がタイトで速く聴こえる。視覚的な影響かも
後半部分のバスレフポートからの空気は 2) の方がぜんぜん多くて1m20cmくらい離れてても
余裕で感じるぐらい。逆に2)はあんまり出てこない。設計なんだろうけど面白いなと思った

しかしこういうソースって初めて再生してみたけど故長岡鉄男氏が盛んに
太鼓とか花火とかヘリの音とか聴いてた気持ちが理解できた。これはこれでありなんだろう

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:FDn6gDqh
>>220
花火が炸裂した時の「ドン」も鳴りにくいが発射の時の「パシッ」というパルス音が
もっと鳴りにくい。小口径のトランジェントが悪いから、まったく鳴らなかった人が多い
周波数も60〜120Hz位の普通の低音なのに・・・

こうしてみると、38cmの良さは超低音や大音圧でなく、トランジェントの良さにある

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:FDn6gDqh
>>226
パシッという音は11秒目だけでなく1、3.5、6.5、10、11秒と5回も打ち上げているな

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:5T74Sg6V
色々な音源を再生して合格するのは、38pなのです。
1、花火→合格。あたかも花火大会で体験する音。
2、SLの通過音→合格。SLの通過に伴う地鳴りの様な振動音。
3、コントラバスマリンバ(32.7Hz)→合格。ゴンと超低音が部屋いっぱいに響く。
4、チェロとハープの演奏→合格。チェロの優雅な響きに対して、ハープの弦を爪弾いた時の立ち上がりが見事に再生する。
5、ウイーン少年合唱団の澄んだ声→合格。歪みなく少年のボーイソプラノが濁らず再生できる。
6、ベートーベン月光ソナタ演奏→合格。低い弦から高い弦までストレスなく再生できた。
1〜3は、低音の再現性が中心。
4〜6は、トランジェントの再現性。
1、以外は、ソニーのチェックCDより。
また、チェックCDの20Hz〜20000Hzのスイープ信号が低いところは何Hzから聴こえたか、高域周波数は聴力検査で高い音がどこまで聴こえたかのテストもあり。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:EFNk3Tzf
>>226
13cm、16.5cm×2、25cm どれも似たり寄ったりの感じだなw
38cmと比較したらどれも話しにならないね。と言われる予感。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:vUNI2GPs
緩めていてもそれ以上緩まないのはねじの選定ミス以外のなにものでもないだろう。
大体、パーティクルやチップ合板等をSCM435-12.9のM8を6本も8本も使うことが気違いざただわ。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:EFNk3Tzf
とにかく発射した時の爆発音を間近で聞くのだから
38cmなら部屋や家具がミシッというくらいの衝撃波が聞えるんでないの

233 :maro@2ch ◆T6shVv5JkMFy :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:PwbBFpw7
>>230
いやいや13cmと16.5cm x2、25cmの間には越えられない壁があるよ
13cmの方はいくらパワー入れても全然まともに鳴らないから

25cmの方は9W x2の真空管アンプなんでこのソース鳴らすのにはもう少し
パワーが欲しいところ

久しぶりにウーファーのピストンモーションなんて見たよ
けっこうそれだけでも嬉しかったりする。お婆のSRM10Bもまだいけるじゃんって

>>226 のバスレフポートの件、いっぱい空気が出るのが 2)のTANNOYで
でないのが 1) のB&Wね。両方共 2)になっていたのはミス

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:5T74Sg6V
>>229
注意事項なんですが、小口径のスピーカーに大出力のアンプを繋いでチェックCDの再生は止めてください。

スピーカーを焼損またはボイスコイルの飛び出しなどの破壊行為になりますので注意してください。
私の経験では、花火の再生ではピークで400W+400W=800Wを記録しております。

耐入力の大きい38pスピーカーでのテストですので、真似をなさらない様お願いします。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:5T74Sg6V
もう一つ注意事項なんですが、

あまり出力の大きくないパワーアンプで、大音量でクリップさせますと直流電力となりスピーカー焼損や破損しますので、エキサイトしてボリュームを上げ過ぎないよう注意してください。

また、さほど大きい出力でなくても正弦波信号を連続してスピーカーに入力しますとスピーカーの焼損になります。

エキサイトして、大切なスピーカーを壊してはいけませんので、重ねて注意をお願いします。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:p9lQE+ab
一度38センチウーハーを100Vコンセントに挿してみたい

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:R2rhwFvp
>>236
P=V×V÷R=100×100÷8=1250Wでスピーカーは一瞬で、オシャカ様です。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:0y8bxINf
>小口径の方がずっと歯切れ良い帯域もある。
そんな言い方をしたら小口径よりホーントィータの方がずっと歯切れ良い高音域もある。
トータルでトランジェントを良くしいから一般的には
 38cm + 小口径 + トィータ
というシステムでハイスピードな快適な音を楽しむわけだ。
これを38cmシステムという。小口径システムではない。従って
 38cmシステム = 歯切れの良い音
 小口径システム = 歯切れの悪い音
で正しい。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:YAkVyDci
やれやれ未経験者に38cmの説明をするのは苦労するね。
構わずに放置しておいたほうが楽なのでは。

240 :maro@2ch ◆T6shVv5JkMFy :2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:DdDj8P5L
>>ID:5T74Sg6V
ご丁寧にどうも。なんとか無事なのであまり無茶なことは控えときますね
ウチの中華300Bフルボリュームでも再生音に問題なかったな
意外としっかりしてるのかも

私も目標はSRMの15インチなので置く場所から変えなきゃならないから
がんばらなくちゃいけないな

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:oTBheOQ0
あのさ、長年の38cmユーザーとしていっておきたいんだけど、
マジで花火の音がとかハズいからやめてくんないかな。
一部の変態信者のせいで38cmユーザーがみんなバカだと思われるだろ。
B&Wの色気の無い音なんて、ガン無視でいいんだよ。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:rMEvjv5d
ハズいからやめてくんないかな。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:AAUlDCMd
>>236
単調な連続正弦波である上に50Hzか60Hzだからそれこそバスレフ音でも満足できそうw
(逆に言や単調な正弦波が出れば良いのではと、音楽信号を侮ったのがバスレフ・・・)

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:M25oYklH
>>241
マジで花火を鑑賞している人はいないが、マジでこの音でテストする人が多いのでしょ。

音源によるテストといえばピー、ポーと周波数スポット信号やスイープ信号を入れる人もいるが
この花火音は一般の人でも聴覚で過渡応答等が簡単に分かる高音質音源だ。
例えば、前半の発射パルス音が満足に聴こえないスピーカーは、パルシブな楽器や音楽でも
聴こえない音があるということだから、スピーカーの音楽再現性を知るにも便利なソフトだ。
自分のスピーカーの再現能力をよく確認して、より良い音楽鑑賞をしてほしい。

また、同じ大口径でも音質の違いが大きいから小口径だけでなく38cmの人もテストするといい。
また、同じ大口径でも音質の違いが大きいから小口径だけでなく38cmの人もテストするといい。

245 :maro@2ch ◆T6shVv5JkMFy :2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:DdDj8P5L
参考にしたいからテストしたスピーカーの名前くらいは知りたいな
参考にしたいからテストしたスピーカーの名前くらいは知りたいな

スピーカー名くらいなら身バレしないでしょ

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:qqezoQ3M
そもそもテスト音源ってのは音質確認用だから調整時に鳴らすものであってメインで聴いてる人は変態w
定位やハイハット、キックドラムの確認用ドラム音源やインパルス応答を見る花火音源
金属音確認用の鐘の音、シンバルや鉄琴、ボーカル確認用のニュースや落語、独演

お気に入りのCDだけ聴く人はまずそれが良く聴こえるかどうかが重要だけど
各種チェック音源を用意しておくのは悪くない。
スピーカーは勿論再生システムや環境に応じて音質はコロコロ変わる。

妄想がメインだと小口径のミニコンが高音質で1部屋使ってるオーオタはキチ○イだからね(否定しないけど)

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:5xY/2Ffs
そうだな、38cmのレスが少ないな
バスッと部屋の空気を切り裂くような打上げ音が5連発、という格好いいのが前スレに1件だけ
38cmでもブスとすかしっ屁みたいのがいるよ、きっと

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:rMEvjv5d
どきっww

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:5xY/2Ffs
ま、いいか
すかしっ屁の音でも鳴るのが38cm
屁の音も聞えない小口径だってあるらしいから

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:RJ6L63aE
JBLの38cm、JRX115
ブスッと大男の屁の連発だ。音は強烈だよ。
ペアで5万円強だからこれで上出来か。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:L6R6Y/c6
すげー>>151の花火 DL人数とっくに100人超え
こんな大勢が屁比べだw

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:ljiIFeHq
>>250
これがALTEC系の軽くて硬いコーン・アセンブリーでは
パシッという筋肉質の鋭い音が出るんだよ。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:BD7GiQp5
アルテックの515系がいいとか聞くが、軽すぎて超低音は出てないんじゃないか。
振動系を重くして、f0を下げた515Bは、アルテックの軽快な低音は出ないようだし。

ぶっちゃけ、軽量コーンの38pウーファーはPA用。
アルテックのA5,A7は、元正せば映画館で使うPAスピーカー。
軽い低音なら、ぶっちゃけ、小口径で十分です。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:dcIeGmd2
515Bはべつに振動系重くはしてないよ。
50g台だよ。
515との違いはエッジとダンパーが違うんでF0が下がっただけ。
勿論フィックスの515の方が音はいいよ。

ちなみにJBLで一番軽い130系で70g台だよ。

アルテックより軽いのがJensen。
そしてALTECより反応早くって低音もよりクリアーに出るよ。

小口径の低音は軽いというより逆に重いんじゃない?
無理して下出すんでコーン紙も重くって低能率だしね。
勿論小口径で軽いのは有るけど今度は本当に低音なんか全く出ないし。
軽くってそこそこ低音まで出せる妥協点が38cmだと思うよ。
もっと出したきゃ46や60,76cmなんか使えばいいんだけど今度は軽さは
求められない。
でも個人的には38cmより13.5インチの34cmがよりいいな。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:ljiIFeHq
>>253
そうだな、超低音は出てないな。
JBLの低f0の2200系に交換した時期もあったが、またALTECに戻ってしまった。
音楽にめったに出てこない超低音より、頻繁に出る低域の軽やかさが大切だったから。
さりとて、この帯域は小口径では出ないのは151のテストのとおり。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:ljiIFeHq
いまの話題は、軽やかな切れのよい低音、151の発射音の低音(60〜120Hzだという)は
トランジェントの悪い小口径では出ないということだから。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:jnkwmcnd
>>253
こいつ、また出てきたからコピペで構っておいてやろう。懲りないやつw

>38cmシステム = 歯切れの良い音
>小口径システム = 歯切れの悪い音
     

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:BD7GiQp5
>>257
38pなんか持ってないくせに、知ったかぶりで人の話に便乗するなよ。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:jnkwmcnd
ワケワカメのコピペでなく完全に理解できてるぞ。

えーと、小口径13cmなら振動面積が38cmの9分の1だから振幅が9倍も大きくなる
大きな振幅でモタモタしてるから歯切れ良いパルス音が鳴らない、だっけ。

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:jnkwmcnd
そーだから俺も38cm買う気十分。いま無いのは予算だけ、

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:RuGM4s7Y
38cmが開発された目的は、当初映画のトーキーの再生だった。
しかし、立体音化で効果音が映像と同等に重要であることが
理解されたあとでも、38cmは、映画館でのスタンダードな位置は、普遍だった。
タイムアライメントの重要性が現場で確認されたのは、タップダンスの音であった。
タッ、っと踏む衝撃音とその後の床の反響からくるドッ、ドッドドと言う音が
実際の音と違和感なく再生できるかどうかを解明したことが、
今日のタイムアライメントの解析の嚆矢となった。
いま話題の、花火の音もこれと似ていると思った。

さて、性能重視のSRとかスタジオ用モニタSPでは、60〜120Hzの
ステップ応答のような音に対する再生問題は、どうやって解決しているのだろうか。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:OEfnbbRK
面白いんだけど、ちゃんとソース出してよ。
嘘くさいぞ、少しw

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:RQu1bDh3
515のコーン紙、エッジの所を見ると515Bなんかのコーン紙より厚く漉いてある感じだけど(あくまで見た目)
エッジ形状なのでそう見えるだけなんかな

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:nqujL+/4
裏側から透かして、見るとエッジ部分は薄くすいてあるのが判る

その上のは、Lansing墓板で有名な
"double tap" incident at MGMの件だろ

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:OEfnbbRK
ああ、なるほど、261さんは完全に勘違いしてるのね。
もしかしてこのスレって、いつもこのレベルで会話してたりするの?

http://www.audioasylum.com/cgi/t.mpl?f=speakers&m=144629

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:wxJrnoBd
>>265
せっかくベンキョしたんだから、他にも、色々ぐぐってみるべし。
そうしたら、少しは応用ができる様になるかもしれんが
教えて君ばかりじゃ、上達しないぞ

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:RQu1bDh3
>>264

持ち主がエッジも薄くは漉いてないって言ってたけど、そうなんですね、ありがとう

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:no6/3NEu
>>261さんは、タイムアライメントの概念を分かり易い例を書いたただけ。

批判しているのか?何か良く分からないのだが、
タイムアライメントはマルチウェイのスピーカーでステレオフォニック実現させる為の当たり前の概念なんですがね。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:hzekuSiV
オーテクの様々なユニットで前スレ>>767を鳴らしてみたけど、10インチ以上であれば問題なく再生できるようだ。
箱はとりあえず各ユニットに容積を合わせた密閉箱に入れてみた。(Q=0.7前後になる容積)

8インチ以下は他の人が書いているように、発射音がろくに鳴らず、音量を上げていくと歪んでしまった
10インチ以上(15インチ含め)でも音量が足りなかったら8インチ以下と同じように鳴ってたし、
密閉箱であれば、ただ単に音量が足りないだけかと思う。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:h/uHUKAS
音量が足りないとは前半の発射音が後半の炸裂音より小さく再生されることだろうか。

録音レベルは前半も後半もフルビットで同音量と書いてあるから忠実に再生できないことだろうか。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:2aNpLqgT
テストしたレスは多いが音量がどうなるかを報告するのが一番わかりやすい。
前半がすかしっ屁の音でも再生できたという人がいたら公平な参考にならない。

花火だから前半後半の音量が違ってもいいが音楽なら再生にならない。
ステージでは前半も後半もフォルテで熱演しているのに
PAは前半がピアノで途中からどかんとフォルテになるようなら
観客は驚くしPA装置の故障だと騒ぎが起こる。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:hzekuSiV
大口径でも小音量だと小口径と同様に発射音が貧相に再生されるので、
スピーカー側では発射音と炸裂音は大体同音量で再生されているようだ。

聴感でのテストなので、大口径での小音量や小口径で発射音が上手く鳴らないのは、
おそらく人間の聴感特性によるものだろうと思う。

まぁ。今回のテストの結論を出すなら、小口径、大口径共にきちんと測定した上で評価する必要がある。


ただし、現代的なスピーカーに多いバスレフ型の場合は小口径ではポートの共振周波数が高くなるので、
花火の発射音の帯域(60Hz前後?)の音が遅れのでロクにならない事が多いのでは?と思う。

結局は、低音再生では大口径のほうが有利だろう。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:2aNpLqgT
低音再生能力もだが60〜120HZのこのテスト音でいうと
立上がり特性が良いパルス信号の再生能力ということになりそうだ。
38cmが盛んに煽る 小口径はトランジェントが悪い、ということに繋がる。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:2aNpLqgT
ソフトスペアナで測りなおしてみたら前半11秒目の発射音は60〜120Hz、
後半の炸裂音の多くも60〜120Hz(パチパチの小炸裂は除く)
周波数的には同じ、違うのは立上がり・立ち下りが良いという点だけ。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:YTIP2C+G
>大口径でも小音量だと小口径と同様に発射音が貧相に再生される

花火の音を貧相な小音量で再生する人がいるのか
普通に音楽再生レベルで聴いたら自然にフォルテシモの発射音になるだろうが
現実的な話でいこうぜ

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:no6/3NEu
花火の音圧は、700m離れて110dBだそうです。
http://okwave.jp/qa/q2611838.html
小音量で花火を評価しても意味ないようです。
小音量ならヘッドホンでも花火は聴えるかもしれません。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:l5aXGsoy
夏だねぇ

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:YiEWKgLE
炸裂時の音は手持ちのサブウーハー(密閉)でも鳴るんだが
発射音は無理だった、ベチッという感じになる

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:ZePPWREj
応答波形をオシロで表示して比較するとしたら
この場合だと、孤立波なので、音圧∝立ち上がりの変化量となる。
つまり、音の立ち上がり側でコーン紙が正しい所まで動けないと
一発目の波形を積分した面積が小さくなってしまう。
結果として、透かしっ屁みたいな音のなる。

以前、MJ誌で新井氏がトーンバースト波でテストした時は、
38cm(TL-1601bだったかな?)よりも小口径のほうが
第一波の変化量が多かった。
これで、100Hzは、10cm〜16cmの方が有利と言う結果になっていた。

しかし、Jazzマニアの間では、515B/C、2220系のM0が60g程度の高能率系ウーファーと
TL-1601a/b/c、2235HなどのM0が120gほどのウーファーでは、
太鼓の皮の張り具合や湿り気具合が全然違って聞こえるのは、
誰もが知っている常識なので、これら高能率38cmウーファーと小口径の比較が必要だと思う。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:YTIP2C+G
孤立波とか音圧∝立ち上がりとか難しい理屈はわからん
しかし、近所の花火大会で毎年、普通に鳴っている打ち上げ音だろ
小口径が普通の現実音でもまともに再生できないとしたら再生装置ではないな

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:H8tHShNk
まあ花火の音を普通の音に入れてもらっては困るけどなw
低音の過渡応答テストとしては最難関に近い音源だと思う、
逆に言えばこれを大迫力でリアルに鳴らせるシステムは低音に関して言う事無いでしょ。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:OEfnbbRK
基本的な質問で悪いんだけど、
高能率の軽いウーファーから低能率の重いウーファーに時代とともに変わってきた理由は何なの?
メリットが無ければ変わらなかったと思うんだけど、
いまだに昔の方が良かったって言う人も多いよね。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:OEfnbbRK
>>281
これはつまり花火の音がちゃんと鳴っても、普通の音は全然だめ、
ってこともあり得るということなんだろうか。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:h/uHUKAS
38cmは箱が大きいとか高いとかで買わない人、俺のようにプレーンバッフルにしよう。
気軽に38cmの良さが楽しめる。

ホームセンターに120×240cm定尺の合板がある。
これを半分に、2枚にカット。上下、左右の中心位置を外して38cm口径の○穴を空ける。
○穴から放射状に角材の補強を入れる。左右にコの字型の側板をつければ自立可能。
すべてホームセンの裁断サービスで、家では木工ボンドと釘で組み立てるだけ。

セッティングは後壁との間隔や台で床から持ち上げてスリットでバスレフ効果を出すとか
生音を耳に描きながら細かい調整をして行くと思ったより簡単にポイントが決まる。
箱入りウーファーや小口径では味わえない開放的で切れの良い低音が手軽に実現できる。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:h/uHUKAS
これで花火の発射音はバスッと歯切れ良く鳴る。
>>283のいう他の音で不満な帯域は小口径でもホーンでもを組合わせたらよい。
何を組合わせるにも、まず音の基礎となる38cmが必要。
>>238が言っている通りだ。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:f1EbEBr/
>>283
花火の音さえちゃんと鳴れば全ての音源が100点満点・・・なわけがないw
あくまで低音の定位とかトランジェントの確認音源だよ。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:h/uHUKAS
追加事項
合板の種類は柔らかいらわんでなく硬い(叩いて鳴りの良い)米松合板があればベター。
側板は下部で25cm(上部は俺の場合5cm)でコンパクトな白木屏風の感じで見てくれも良い。
補強角材は3cmで十分、ボックスと違って一人で移動も簡単。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:no6/3NEu
花火の音源として如何でしょうか。
http://www.youtube.com/watch?v=OasGCIWvaJw
ヘッドホンで聴いてみましたが、音源として使えそうです。

ちなみに、USB-DAC;ステレオ誌2013年1月号付録 LXU-OT2
アンプ;ステレオ誌2012年1月号付録LXA-OT1
スピーカー;ソニー SS-G7(38cm3ウェイ)
残念ながら、スピーカーには再生能力はありそうでしたが、アンプが気絶しました。(過電流保護作動)
後日、アキュフェーズ A-45 で再チャレンジしてみます。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:QrthhY7C
見物の記念録音としては面白いがピュアのテスト音源としては落第
前にでたYouツベと同じで大音量だけが取り得。インプレも>>157に同じ

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:gbVc3KcZ
>>284 プレーンバッフルの勧め乙。

私も平面バッフルの反応の早い悠々せまらぬ低音が好きだった。
最近、店の勧めで特性エンクロージャーに入れてやや低音が伸びた感はあるが
3箱に入れると確実に音質は劣化した。
反応が鈍り明るさが減ったのが不満で平面バッフルに戻そうかと迷っている。
所有するソフトの半数は平面バッフルの時の方が明らかに楽しく聴けた。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:aLbJ+Obu
花火はもういいよ、38cmは花火の音に向いてるっていうのは十分分かったから。
それしか取り柄の無いスピーカーだと思われてるだろ。

平面バッフルは箱の副作用は減ってもバッフル自体の副作用が多いからな、
諸刃の剣という気がしてる。
いい音してるのも聴いたことあるが。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:G20e/fIj
花火はもういい。花火大会に見に行くよ。
オーディオで花火は無理そうだから。

音を聴かずに音楽を聴こうよ。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:l0Lp7Jag
>>292
小口径症候群
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8F%BE%E5%AE%9F%E9%80%83%E9%81%BF

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:3k+bor3O
花火でテストしてトランジェント良く調整をしておかないと
パルシブな音楽が十分に鑑賞できないらしい

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:3k+bor3O
調整といっても発射音が貧弱にならないようなウーファーの口径を選ぶとか
火花の炸裂音がもっとリアルになるようにホーン・スコーカーに変更するとか
ユニット構成の変更も含めた音作りの調整だ

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:367vl1kj
38cm+ホーンの組み合わせは今時時代遅れ
ハイエンド機種でもJBLやタンノイ等の一部のメーカーを除けば殆ど採用されていない。

それが至高の物なら、どのメーカーでもハイエンド機種に採用されるはずだけどね。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:hYS4VZqF
俺も実家ではアルテック同軸型604-8Gを平面バッフルで聞いていた。
指定箱に入れて悪戦苦闘してる人を尻目にポン置きでも伸び伸びした音だった。
低域の量感は薄めだったがクオリティの良い低音だからトーンコントロールの調整でOKだった。
そのあたりが小口径とは違うところだ。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:bnBh75fk
>>296
時代遅れでも何でも無い、メーカーが時代に迎合して採用しないだけ。

本当に良い物は駆逐されていく、短小軽薄が時代の流れただそれだけの事。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:hYS4VZqF
家庭内でも本物駆逐、短小軽薄の時代の流れ。
新しい家は女房や娘が小ぎれいな部屋にしたいからと38cm平面バッフルは駆逐され、
木目調の20cm2wayがサイドボードの脇にこじんまりと置かれている。
花火の発射音がショボい音で聞える。箱庭オーディオに成り下がった。

38cm平面バッフルの頃は低音も中音もアルティックの明快なエネルギーがストレートに出て
ブルーノートのような大きなライブハウスにいるように伸び伸びと聞こえたものだ。
若者よ、38cmで本物オーディオをやるなら今のうちだよw

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:367vl1kj
読解力のない馬鹿が沸いてるなぁ・・・www

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:hYS4VZqF
天然木使用の本格的な建築法は殆ど採用されていなくなってプレハブ工法ばかり。
これを、理解力のないやつはプレハブが最高だからと勘違いする。
本格的木造建築の方が何百年も持つ優れた工法なのにねw

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:QkYhvgYQ
ほんとの良さが理解できない、流行りやネット知識だけで流される年代が増えているな

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:cjBLocsE
>>301
今の家の耐用年数て20〜25年くらいらしいね
ローン払い終わったら住むに耐えないとか…

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:cjBLocsE
途中で…

俺はちょっと無理してログ住宅にしようと思う
展示場に行くと遮音と響きと快適な遮熱調湿性能にビビる

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:zY3J8qqc
平面バッフルって壁バッフルのことじゃないの?
本当に衝立みたいなものにしたら面倒でしょうがないでしょ

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:SB/hjPJG
昔は、ヘッドフォンにメインスピーカーより
お金を掛ける奴なんて居なかったのに

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:TrFkv0e7
別に面倒でもなんでもない。
衝立みたいな小さな物を創造するからいけないんだ。
壁、天井に固定したほぼ一面に通路が開いてるだけの物を考えると
これ以上便利な物は無い。
裏は物置にも本箱にも隔離したスペースにもなる。

私はバッフルの裏にコンピューターデスク置いてる。
裏壁一面と反対側面はパーツケース置き。
バッフルの補強桟は小物置き。
2.3畳のスペースが取れるからね。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:QkYhvgYQ
壁バッフルや無限大バッフルと理論上の最高値を目指すから大袈裟になる
38cmユニットなら実用上は>>284のヨンパチ定尺1/2サイズでも十分に使える

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:ERqgiadm
>>294
そうだと思うよ、パルシブな音源で詰めておかないと
F特とかメーカー公称値だけを見て「サイズを超えた低音」とかいうキャッチコピーに騙される事になる。

大口径と同じ音が出ると期待して買うと低音が遅れるとか間延びするとか残念な結果になる。
それならまだ良い方で、そんな低音でもいい音なんだと信じてネット上で(小口径モデル)最強とか叫んでしまう。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:QkYhvgYQ
平面バッフルの続きで思い出して調べたらステサンの4号、好評なので50号でも
120×120のバッフルのテスト記事が掲載されていた。
平面バッフルは箱入りにはないユニット本来の音質が素直に出るのが魅力で
比較的小サイズのバッフルでもバッフルのジェネレーターであるユニット口径が
38cmと大きければ実用上問題は無いという結果だった。
試聴した山中敬三、長島達夫、神戸明らの評論家は素晴らしいとべた褒めだったが
その後は一切記事にならない。
箱メーカーの広告も掲載しているステサンの営業的編集方針だと思う。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:B2wh4Hmm
>>299
プレーンバッフルを女子供でも納得するお洒落なセッティングにするんだよ。
わが家ではバッフル面にデザインっぽい輸入カーテン生地を貼って
周囲を補強材で額縁みたいに囲んだ。
高級画廊の床に抽象画がさり気なく立て掛けてある雰囲気になった。
娘もお洒落な部屋だと喜んでいる。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:JJf5ZJIb
>>284
そうだな、プレーンバッフルという手があった。
合板と角材代、裁断料、木工ボンドと釘代で1万もかけないで
何10万の高級エンクロージャーに勝る点がいろいろある。
何より開放的でスピード感のある低音は若者向きと言えるな。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:UMXXCZAe
女子供も喜ぶお洒落なプレーンバッフル、ピンクの花柄模様とか?w

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:J98GvyQD
120×120のバッフルで何Hzの低音まで出ますか

315 :311:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:PJlIs3Lg
わが家のバッフルのネットはモダンアートっぽい大柄模様だよ。
(花柄模様が好きならそれでもいいけどね)
さり気なく置いた平面バッフルの後には観葉植物の鉢植、その葉陰から
中音、高音のホーンが これもさり気なく覗いているというセッティングだ。
メカっぽさ一切無しで、来客も最初は38cm+コンプレッションドライバーの
大型3wayがある部屋とは気付かない。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:GlrHc+yZ
前々からウーファーのサイズなんぞ気にするのは貧乏臭いとは思っていたが、
やはりここは貧乏人の集まるところだということははっきりと分かった。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:ZCv6y+B4
便所の間仕切りみたいなのは、かんべんしてほしい
昔見た、山本オンコウの平面バッフルぐらいなら、許せるが
田舎の玄関にある衝立が渋いね
http://www.machihachi.com/blog/2008/02/04/dc020303.jpg
http://on-wood.info/images/works_item/ornament/big/003.jpg

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:GlrHc+yZ
>>298
ホーンスピーカー自体単なる時代の流行だったことを完全に忘却してる
貧乏すぎて脳がぬかみそになったのかよ

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:72Mfy21p
>>318
JBLの最高峰は、38p×2とホーンスコーカ―とホーンツィーターの組み合わせなんだけどね。
貧乏人には買えません。315万×2=630万円
http://www.harman-japan.co.jp/jbl/hifi/dd67000/

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:alSGQ3Gw
>>319
その組み合わせが既に時代遅れ

とはいえ、方向性は違えど他メーカーの同ランクのものと同等の音を出せるから悪いとは言わないけどね

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:72Mfy21p
スピーカー自体がエジソンの時代から同じ原理で動いてるんですよ。

何が最先端なんでしょうか?
ドン臭い低能率スピーカーがいいのでしょうか?

322 :名無しさん@お腹いっぱい:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:q94s2hvm
内燃エンジンも昔から同じ原理で動いている。
発電も昔から同じ方法で発電している。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:sYpUfU9T
コンプレッションドライバー+ホーンの開発にはお金が掛かるんだよ。
過去の技術継承のない新興メーカーではまず不可能。
日本でもSONYが参入しようとしても採算が取れなくって立ち消え状態。
ハイエンドとはいえ昨今のメーカーはユニット自体OEMで他社製品を
使って製品化しているのが殆ど。(勿論特注品ではあるけれど)
ユニットから開発、自社製造しているメーカーって皆無に等しい。
ジンガリとか非常に珍しいケースも有るには有るけど。

もともとドームツイーターなんてコンプレッション・ドライバーの
バックキャビ外して鳴らしても音が出るって使い出したのが最初。
英国Westrexの2390が一番最初のドーム型だよね。
2090さかさまに使っただけ。
能率低くていいなら高価なホーン使わなくていいからね。
ご本家は38ウーハーの2080Eとの2WAYでモニターSPとして使われた。

いつの間にかコストが安く済むんでこれが一般的に使われ出したのに
すぎないよ。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:alSGQ3Gw
>>323
技術がそれにりにあり、現在もホーンの生産を続けているTADのハイエンド機にはホーンが乗ってないんだが
これはどう説明すればいいんだ?

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:6izG2mSM
・250Hz〜100kHzを同一音色
・位相特性
・タイムアライメント
・サービスエリア

TADの「CSTドライバー」は、250Hz〜100kHzという超広帯域再生能力と、
その全帯域に渡り乱れることなくきれいに減衰する指向放射パターンを
併せ持つことを可能にしました。
これにより極めて明確で安定した定位とともに、広いサービスエリアと
かつてない豊かで自然な音場空間表現を実現しました。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:sYpUfU9T
>>324
そりゃ、TADでもコンシューマーの方の話でしょ。
製造コスト安くって儲かるからだよ。
プロ用の方は木下の方で売ってるからTADで出す意味が今はあんまり無いんだよ
被って出しても売れるのは木下の方。
TAD自体は今もプロ用でアメリカでも結構人気あるよ。
当然主流は38+ホーンドライバー。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:72Mfy21p
>>316>>318
38p+ホーンスピーカーは、貧乏人には手が出ない高価なスピーカーシステムっていうことを分かれよ。

だいたい、38pウーファーを入れる箱もデカイし部屋も広くないと置けないんで、持ち家で財力がないと持てない。
ローンでやっとこ建てた家の貧乏人には手が出ない。
せいぜい、女房子供に遠慮して平面バッフルでやろうとするから貧乏人と思ったと察するがね。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:raBfGqqp
エジソンの時代の原理、時代遅れの構造
そのスピーカーで最新のデジタル回路や192/24、DSD等のハイレゾ録音の
音の違いが聴き分けできる。
凄いものだ、昔の人の知恵は素晴らしい!

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:nZGW3EDP
原理と構造は、むかしから変わってないよ
変わったのは、材料と製造方法かな
それより、購入者側環境の変化のほうが大きいと思う
1960年ごろに家で38cm+ホーンを聞いてた人は、
狭い家とか貧乏人とは、無縁

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:raBfGqqp
大きな楽器から出る低い音は大きな振動板のスピーカーで出そう
という昔ながらの原理も当たり前すぎて反対しようが無いですね。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:OuPqeI8g
低能率小口径の何処が最新の構造なの?
低能率にしてハイパワーをぶち込ま無くては音が出ないスピーカーこそ時代遅れ時代に逆行してます。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:72Mfy21p
ちなみに、>>326さんのご紹介いただいた木下さんのスピーカーは、こんなんです。
http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c380502631
http://jbl43.com/?pid=53125734

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:hxDT5OnO
ヘッドホンがもてはやされるような時代だ
偽物の音しか知らない可哀想な世代ばかりになってしまった
そして音が聞けないから>>325のようなコケオドシを有難がる

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:rHZ3gKHv
>>332
高価な水晶とかパワーストーンとか飾ってそう・・・

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:UNtH0tBU
余りにも他のスピーカーを否定しすぎて気持ち悪い・・・
38cmとかホーンとか使ってる人ってこんな人ばかりなの?

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:D02NxJ1p
>>335
>余りにも他のスピーカーを否定しすぎて気持ち悪い・・・
>38cmとかホーンとか使ってる人ってこんな人ばかりなの?

いえいえ、このようなレスをなさる方々ほどではないですよ。

>>296
>38cm+ホーンの組み合わせは今時時代遅れ
>ハイエンド機種でもJBLやタンノイ等の一部のメーカーを除けば殆ど採用されていない。
>
>それが至高の物なら、どのメーカーでもハイエンド機種に採用されるはずだけどね。

>>316
>前々からウーファーのサイズなんぞ気にするのは貧乏臭いとは思っていたが、
>やはりここは貧乏人の集まるところだということははっきりと分かった。

>>318
>ホーンスピーカー自体単なる時代の流行だったことを完全に忘却してる
>貧乏すぎて脳がぬかみそになったのかよ

>>334
>高価な水晶とかパワーストーンとか飾ってそう・・・

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:72Mfy21p
たぶん否定はしていないと思います。
ただ、究極はこんなんです。という例ですね。

一般には、38p1発でこじんまりとやっていると思います。
私も38p1発の3ウェイですけど。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:raBfGqqp
そうなんだよ。
大きな楽器から出る低い音は大きな振動板のスピーカーで出す
何のてらいもなく、ごく普通に当たり前のことをやっているだけ。
当たり前のことを貶す人の気が知れないw 

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:sYpUfU9T
38cm+ホーン使ってる人が小口径のやつ持ってないと思うのが間違いと言うか、
38cmでやってる人って普通に他に幾つもSP持っていて単にメインが38システム
ってだけじゃないかと思うんだけど。

少なくとも私はそうだ。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:raBfGqqp
貧乏な我が家でもリビングはB&W Diamondの中型、寝室はビクター ウッドコーンのミニです。
中型小型の良さも悪さも聴きつくしているけど
本格的に鑑賞するには38cmシステムが良いですよという ごく普通の話題なんですね。
何で揉めるのか見当がつかない。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:itsdCMb9
ウチは寝室もアルテックだよ
15インチで上をちょっと絞って小音量で掛けてるとあっという間に意識を失う
小口径だとスピーカーの音が気になって眠れない

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:raBfGqqp
金持ちは寝室も生演奏でしょw
一流ピアニストが眠りにつくまでゴルトベルク変奏曲を弾き続けてくれるとか。。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:ITybpVdP
そういやオーディオなんて貧乏人の趣味かもしれん。
金持ちは音楽を聴きたい時は生演奏で聴く。
それも1000人の大ホールで聴くのは貧乏人のやること。自宅で演奏させて聴く。

以前、そんな金持ちの結婚披露宴に招待された。
宴なかばで諏訪内晶子が出て来て演奏してくれた。続いてドミンゴが歌ってくれた。
伴奏はベーゼンドルファー・インペリアルの演奏会でも珍しい大型ピアノだった。
こんな楽器を宴会場で使うホテルもすごい。

豪華な演奏の礼を述べたら、家でも度々やってますからと軽く笑って答えられた。
こんな金持ちは必死にオーディオなんてやらない。俺たち全員、貧乏人なんだ。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:XeC92KZE
そう言って、自分を卑下するのは情けないぞ
たとえ生演奏でも、聞く位置、演奏場所、演奏者や楽器の調子など
BESTとはいえないことがかなり多い。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:xt8EidtZ
心が病んでる人たちの応酬に見えるんだけど…

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:ITybpVdP
「俺は貧乏人だ」と堂々と叫べるのは
貧乏に誇りを持っているし、貧乏人をこよなく愛しているからだ。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:GjsVQEk0
貧乏を楽しむと言う事かな。。(生活に困窮するほど貧乏ならそんな事を言ってられないが。)
クラッシク好きが、毎月何回かコンサートに行きたいと思うが、数万円掛かるとしよう。

そこで、貧乏と言うより節約家の俺は、オーディオ装置を使って部屋にコンサートを持ってこれないか?
若い時に買った38cmのスピーカーが、実家に置いてあったなと思い出した。(結婚当初は、逃げるように実家を出た。)
こいつを今住んでいるマンションの14畳のリビングに置けないか?
和室6畳からフローリングのリビングへ家財と一緒に持ってきた。

部屋が広くなりスピーカーの間隔も広げてセッティングをした。
水を得た魚のように活き活きと音楽を再生した。
まるで、コンサートホールで聴いた時の様な演奏が繰り広げられた。
ビルエバンストリオのCDを掛けたら、ジャズクラブの雰囲気が再現された。

このスピーカーにこんな潜在能力(ポテンシャル)が有ったのかと発見したのであった。

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:ITybpVdP
金持ちのオーディオは必死の情熱がないから音が死んでいる。
金持ちオーディオ論の壁バッフルか、平面バッフルかというのも良い例。

ユニット以外は絶対に振動しない壁に取り付けて無限大バッフルにするのが理想
と言い出したのは、レンガ造りの豪邸に住むイギリスのG.A.ブリッグスという金持ち爺さん。
しかし、実際にやってみると確実に音が死ぬ。
スピーカーは単なる機械で特性どおり動けばいい、金持ちだから生きた音は生演奏で聴く。

それに反して有限大の平面でバッフルも振動させて、生きた音にしようとしたのが
米WEや独シーメンスの貧乏人サラリーマンだった技術者たち。
スピーカーが音を出す時の反力をバッフル全面に伝えて、バッフル全体もスピーカーと同じ動きをさせる
Vnの胴やピアノの響板と同じように、ユニットの音を増強することで生き生きした音を出させる。

俺のように両方やった人なら、貧乏人の平面バッフルの方が良いのが切実に実感できるよ。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:ITybpVdP
そこで俺は、山本オンコーへ行って板を買ってきた。
ホムセン派のいう米松合板もいいが、俺は木目の美しさに惚れて桜材合板にした。
たかが板切れがびっくりするほど高かったが、貧乏人でも何とか買える値段ではあった。
もともと、山本さんは材木屋だから他にもいろいろ揃っているよ。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:k8D6ch1h
どんなにお金を積んでも死者を甦らせる事はできないから
例えばカラヤンの名演を楽しみたいと思った時はどんな大富豪でもオーディオに頼るしかない。

普段自宅に音楽家を招いたりしているような大富豪がオーディオ機器を導入するような時に
小口径バスレフ型SPを選択する理由は何一つ無い。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:GlrHc+yZ
>>336
バーカ。これ書いてる俺も38cmだ。
このスレが貧乏臭くて気持ち悪いって言ってるだけだ。
38cmユーザーの恥め

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:sYpUfU9T
ネットだからね。
何を言っても良いわけだ。

で、その38ってなあに?

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:p5Y6L4B/
あいつも38cm、こいつも38cm。隠れ38cm使いが大勢いたんだな
喜ばしい風潮だ。このスレもますます繁栄

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:KyGn2ye5
ネタスレだから みんな面白がってアンチレスを書くんだけれど
本当は ほとんどの人が38cmを使っているんだよ
ピュアオタなら どうしてもそうなってしまう

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:WoWM5dZp
38cmを使用してみると確かに欠点も難点もある。
かといってこれに勝るベーターの策も見当たらない。
その憂さ晴らしをアンチのふりしてやってるのでないかな。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:o7pINbRY
38ユーザーは大人だから花火や大砲鳴らして喜んだりしないよ
あんな物は中学で卒業するモンだ

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:PixXgO+H
テスト音源を聴いて喜ぶマニアは居ないだろうが
38cmならではの過渡応答のよさを再認識して再調整に勤しんだ人は居るかと。
その間、アンチのふりした人が少なくなった気もする。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:vD6gIrUZ
38cm使ってない人はオーディオやってないも同然だからね
だからオーディオマニアの38cm使用率は100%なんだよ

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:k8MGwegh
このスレに書き込んでるヤツらの現実
http://livedoor.blogimg.jp/vsokuvip/imgs/e/c/ecc39d5d.jpg

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:G+W3Uxsy
515使いからすると、
ロングボイスコイルの38cmは、鈍牛だ
こんなユーザーには、38cmを語ってほしくない

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:DWDiBtwk
壁バッフルや平面バッフルの話が多いから
最近はロングボイスコイル派は少ないようだ。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:sTCR2Wfl
>>360
515使いさんに質問です。
優れたウーファーだと思いますが、フルレンジで使用しているのでしょうか。
能率も高いので、ホーンスコーカーと組み合わせると思うのですがどの様な物をお使いですか。
具体的な機種名ですとか、画像アップをお願いします。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:6IJ97bd2
ロングボイスコイルの38cmを平面バッフルにつけたらどうなりますか?

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:x91kyCd/
アンチもなにもただのツリだろw
信者は必死すぎだからすぐ釣られる

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:O63q9uFg
上の方の花火の音でフルビットだから音量が同じとかいっているやつ、
念の為に何秒と何秒のところか教えてくれないか?

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:6IJ97bd2
ピュアAUへ書込みする人達だから38cmは持ってる人が多いでしょうが
うまく使いこなせてなくて欲求不満があるとかでアンチになるのでしょう。

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:6IJ97bd2
僕でもアルテック515の38cmを持ってます

それで、花火の音でテストしましたが、フルビットは発射音の11秒目Rch
炸裂音の16、32、38、44、48、52、57秒はフルビットに近いが完全なフルビットではありません
515ではこれらの音量がほとんど同じに鳴りました

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:T/1fTvy0
>>362
普通に288B+1005です。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:6IJ97bd2
いいですね
僕はアルテックのホーンが手に入らなくてJBLの2450J+2380Aです

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:2gsaVUNd
>>352
このスレのほかの方とは構成が少々違いますが…

オーテクの15インチを使ってます。
他はAccutonのミッドとツィーターですね。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:6IJ97bd2
しかしあの花火のテストはシビアーでした。役立ちました
特価箱なので前から低音が濁るようで気にしていましたが
このテスト音源ではっきり証明されてしまいました
平面バッフルに換えることにしていま作業中です

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:/z+a7X9X
>>360
巨獣にLE-15Aが入ってます
すいません…

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:G+W3Uxsy
>>372
双獣じゃないから、許す

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:vRy7P+zZ
双竜の方がかっこいいかな

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:/z+a7X9X
      150-4Cホスィ…

   <⌒/ヽ-、 ___   /<_/____/
 __、-────-___

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:46KehK1I
38cm以上の振動板があれば花火の発射音がかっこよく再生出来そうだってのはこのスレ読んで分かったけど
じゃあ最低何センチあればそれなりの発射音が再生出来るの?風が吹き抜けるイメージだよね。
30cm?25cm?20cm?
それと市販されてるサブウーハーとかでは再生が難しい?

因みに自分は12cmフルレンジ使ってて逆立ちしても再生できませんでしたw

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:6IJ97bd2
38cmで聞いた感じでは30cmでは風が吹き寄せるイメージは無理と思います
振動板の面積が38cmの半分しかないですから

38cmでも箱が良くないと澄んだ低音がしないということで平面バッフルの製作です
箱の裏蓋をこじ開けてスピーカーユニットを取り出しました
こんな感じ
http://www1.axfc.net/uploader/link.pl?dr=658730486739219&file=2962537.jpg

バッフルは材木売り場で良さそうな合板を裁断してもらいましたが厚さが24mmしかありません
縦横、斜め周囲に角材を入れるとともにスピーカー取付け周辺だけ2枚張りにして補強します
ホーンも箱から外すと振動しそうなのでデッドニングが必要でないかと思案しています
部品だけを並べて今夜の作業は終了します

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:vixTiFxd
>>376
聴感で実験したところ、通常の12畳程度の洋間(天井高約240cm)では、25cm程度あればそれなりに再生できるようだ
それより小口径でも、複数個使って25cmと同程度の振動板面積を確保すると上記と同様、それなりに再生できる場合もある。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:x91kyCd/
自作とか平面バッフルとか言ってるやつがB&Wを馬鹿にしてんのか、ここはw
とんでもない貧乏人の巣窟だな

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:pYlpzM7i
俺も12畳強の洋間だが25cmで風が吹き抜ける風圧のイメージが出るとは信じられん。
それなりにとは言っても質問者は文面どおり明らかに風のイメージを求めている。
本当にそれなりの風が吹くのかね?

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:y1qPxMMi
自作箱に30cmウーファ使ったマルチアンプです。
エアーの揺れるとこまでは普通に出ますが「風」は吹いたことないですね。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:pYlpzM7i
30cmはそれなりにいけるのか。
あと、38cmの>>367同様に前半のインパルス波と後半の炸裂音が同じ音量で聴こえたら申し分ない。

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:EAF9HtdJ
それと>>377が平面バッフルに走る理由も分からんではない。
箱鳴りがなく背面の空気圧の負荷も無いからトランジェントは良いし
コンデンサー・スピーカーのように前後に音が出るダイポール型だから
花火でも音楽でも大らかな伸びやかな響きが楽しめる。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:a/iYKnLF
>>379
800Dとかオリジナルノーチラスはそこまでバカにされてはいないと思うが
CM1やPM1とか805D辺りのB&Wというブランドがつけば(大手メーカーの技術者の手に掛かれば)
小口径でもトランジェントの良い低音が出せるとか言うからバカにされるんだよ

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:l+rw3ylH
それとプレーンバッフルは貧乏臭くないね。
完成品が売ってないから自作するだけの話で
板代だけでも上の人の桜合板ならCM1など2,3台らくに買える。

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:A0bUGTsJ
>>376
本気で風を感じるなら18インチ四発以上、割とマジで
ニアだったら>>378氏に概ね同意
12インチ四発140L位のサブローでも、2m以内で聴くと十分かなって思う

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:8d17sOz0
花火の再生は、超低域までフラットに周波数レンジが伸びてないと無理。
38cmなら何でも再生できるかといえば、平面バッフルでは前後の位相の異なる低音が相殺されて無理。

基本的に、20〜20KHzまでフラットなスピーカーでないと無理。
38cm2発のバーチカルツインのレイオーディオのRM-7Vクラスのスピーカーでないと無理。
パワーアンプも1000Wぐらいないと花火は無理でしょう。

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:A0bUGTsJ
どんだけ大音量が前提なんだよ

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:8d17sOz0
花火の音圧は、700m離れて110dBと分かっている。
この音圧が出せなければ意味ない。

花火のような音はするかもしれないが、本物のサイズの花火ではない。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:wJ31kDse
部屋で花火炸裂させれば確実に本物が味わえる

391 :maro@2ch ◆T6shVv5JkMFy :2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:OYXG3pF1
一生の思い出になるね

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:1CNZu8k1
問題はそこじゃないだろ
38cmなら1000m先の花火の音は、楽に再現できるが
小口径だと3000mぐらい離れた音しかきちんと再生できない。
放屁と同じくらいの音圧になるぐらい離れた所で
やっと初めて現実の音のバランスになる。
これじゃ演奏者がかわいそうだ。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:A0bUGTsJ
>>391
一生が思い出になってしまうわ

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:A0bUGTsJ
ところで皆さん、花火の破片を浴びながら直下で見た事はある?

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:Fid+lIJ8
>花火の再生は、超低域までフラットに周波数レンジが伸びてないと無理。

しかしここの発射音は60〜120Hzで普通の低音が鳴るか鳴らないかというテスト音源だから興味深いんだよ。
周波数的には10cmスピーカーのスペックでも十分なのに音が出ないのは何故か。
超低音が再生できないはずの平面バッフルで歯切れよくなるのは何故か。
テストした人はトランジェント特性がいかに重要かをはっきりと思い知る好例になった。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:AK57tm4F
よほど無茶な設計をしない限り、10cmでは60Hzの再生は難しいだろう。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:Fid+lIJ8
有名なフォステクスの10cm GX-100でも周波数特性のスペックは55Hz〜45kHz
しかしここの発射音のテストでは60〜120Hzの音なのに鳴らない、
周波数レンジの問題でなくトランジェントの問題だと。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:AK57tm4F
GX100は表記上そのように記載されているが、最低域の55Hzは基準の音圧から大体10dBくらい低いはず。
フラットに出るのは大体70〜80Hz程度まで。

以前アップロードされていたGX100の周波数特性のグラフからはそのように読めたね。
たぶん60Hz辺りだと-6〜8dBくらいだろう。
おそらく殆ど聞こえないレベル。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:Fid+lIJ8
スペックの表示というのはそういうもの。
しかし-6〜8dBの音は実際に聴こえる。
他の音が重なっているクロスオーバー周波数でも-6dBや-12dB/octで不満が出るのはそのせい。
まして音が重なっていないテスト音なら小さくても聴こえるはずが何も聴こえないのは何故かという問題。

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:2PMZi7mM
ボーカルのバックバンドのドラムなんか6〜8dB落として録音しているな
それでもドカドカ聞えるものな

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:eNL1dudm
と言うことは、100Hz前後の周波数での感度が問題なのか?

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:lMZYnLpa
こりゃ次のスレタイを
「38cmウーファーじゃなきゃ中低音域偽者ってホント」
に変えにゃならんな

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:xOxTChbc
そういうこと。
38cmは超低音や大音量と勘違いしているのが小口径しか知らないやつの妄想。
小口径で出せないトランジェントの良い中低音を出せるのが38cmの真価。

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:48hpacR/
>>395
連続サイン波を入力して出力音圧を測ったF特では過渡応答特性は見れない。
バスレフは共鳴音だから大きく遅延する上に振動板が単発的に動いても音にはならない。
今回みたいなパルシブな音をバスレフで出すのは無理。

ちゃんとした楽器の音を楽しもうとすると過渡応答特性に優れた
密閉方式やオープンバッフルでどこまで特性が伸びているかが重要。

10cmユニットの直接音が担っている帯域は大して伸びていないし
バスレフ音が担う帯域で過渡応答(気持ちのいい低音)は期待できません。
もし消費者がそこまでピュアを望むならメーカーはバスレフで出してる帯域を明記すれば解決。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:xOxTChbc
そして、この辺りの中低音は音楽を形づくる骨格部分ともいえる音。
これがきちんと出せる38cmでないと
歯切れよい、活き活きとした、気持ちのいい音楽は聴けないという結論だろうな。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:ASaR7nbL
>>399
2次オーダーの-6dBクロスでもFIRフィルタでスパッと切っても
実際に比べたけど周波数がほとんど一緒なら差はわからなかったよ
録音して他の人にも聞かせたけど同様

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:xx9pFD+V
>>404
そう、オープンバッフル、プレーンバッフル。
>平面バッフルでは前後の位相の異なる低音が相殺されて無理
という脳内論があるが、パルシブな音の場合、前後の空気が相殺しようとモタついている前に
38cmの振動板からはちゃんと音が出ている。
相殺するころには鳴り終わっているから実際は何の問題も無い。

実際にテスト音を聞いて安物バスレフ箱を捨てプレーンバッフルに行った>>371,377の僕ちゃんは正しい。
経験は浅い若者と思うが耳さえ良ければ脳内論に迷わされず現実論で成功する。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:fhAjhPwk
>板代だけでも上の人の桜合板ならCM1など2,3台らくに買える。
典型的発泡酒貧乏人だな、おまえは
お前の自作って最高でそのレベルなのかよ、
しかも桜合板なんか夢にまた夢でどうせホームセンターのベニヤで作ってるくせに

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:xx9pFD+V
僕も38cmですと言って無造作に床にユニット並べたこの写真、
ユニット代だけでも70万円の代物だったね。
プレーンバッフルもホムセンのベニヤじゃないだろw

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:kOK3lzgu
そういえば、家庭に好んでホーンスピーカーを持ち込むのは日本くらいのもんだってさ

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:TAIT/Bmi
それがどうした?

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:0eKk9iZM
ホーンの話はしていないと思うが・・・
いくら豪気なここの人でも低音ホーンを実践してる人は、居たとしても1人か2人だろw

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:f4CDAXcv
低音で歯切れがいいとかトランジェントとか言ってる奴はバカか。

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:5eKAuqo2
歯切れのいい低音と言っている連中のスピーカーからは、本当の低音は出てません。515ですから。
だいたい、平面バッフルを肯定したい連中ばかりですよ。
花火と言っても、10号玉のデカイ花火の再生を言ってるんですが、60Hz〜120Hzと言っている時点で小玉と思われます。

38pを使いたいと思ったのは、超低音が聴きたいからです。
あるオーディオの大家の家に行って低音が出ると思って、後面解放箱の38pを聴いたら、冒頭にパイプオルガンで超低音が流れるソフトで全くパイプオルガンが聴こえませんでした。
ツァラツストラはこう語った(かく語りき)とかいう有名な曲ですよ。
一同、批判も出来ないので沈黙してしまったのを思い出す。(ブチ切れられても困りますからね。)

あの時、自分の求めているのはこういう低音ではないと思った。
バッハのオルガン曲を聴くとペダルを足で踏んで、超低音が音階になっている。
バッハの譜面には、16Hzが書かれているが、そこまでは到達できません。
しかし、倍の32Hzでも相当なスピーカーですよ。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:0KZj1hOn
>>414
この話で分かったことは、お前の音楽センスが最低だということだけだった。

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:9dB26ose
音楽を聴くなら、むしろ40Hz以下は有害

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:4Cxcq0Q3
音楽センスの有無って大事かも

418 :さん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:JkrTkfX+
音色を聴くなら40Hz以下を切っても問題は少ないが、
アンサンブルを楽しむなら40Hz以下も重要。

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:MOJs5XKM
60Hz〜120Hzの歯切れいい発射音が再生できんやつに10号玉の講釈をされてもなあ

打ち上げの発射音は1号でも10号でも周波数は同じぞ

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:5eKAuqo2
>>418さんに同感。
楽譜に書かれているんですから、全て再生出来ないなら音楽として成り立たないと思います。
低音がドレミファの音階になっているのですから、音階が成立しません。

超低音が出過ぎて困ることはないです。
なぜなら、超低音が無い室内楽の様な音楽では超低音は入っていませんから、スピーカーからは超低音は再生されません。

どうも、低音要らない派の話を聞くとブーミーな低音を聴いて歯切れがいいの悪いの言っているようです。

421 :名無しさん@お腹いっぱい:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:JkrTkfX+
>>414
ここなら515Bで10Hzの再生も可能。
audio-romanesque.com/matunami01.htm

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:5eKAuqo2
>>421
そうそう、515は515Aと515Bでは、違う設計がされていてBは超低音が出る方です。
いっしょくたんに515と言ってしまったのが誤りでした。
この方は、515Bを4発使われていますね。
素晴らしいシステムだと思いました。

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:hhDGZ7as
映画「2001年宇宙の旅」に使用されたツァラツストラ…は
カラヤン指揮ウィーンフィルハーモニーのレコード録音(英デッカ盤)だった。

このレコードをシーメンス"オイロダイン"を平面バッフルに取り付けて聴いている評論家が
(この15インチユニットは平面バッフルで使用するのがメーカーの指定)
オルガンとオケの音質が変だ、録音場の響きもぜんぜん違う と異議をとなえた。
他の高級システムやモニター機器で聴いた評論家たちは それは空耳だと一笑にふした。

当時、英デッカはキング・レコードの発売だったので問合せたが日本の担当ではラチがあかない。
英デッカの本社まで問合せて この答が判明した。
「カラヤン/ウィーンフィルの録音場だったウィーンのソフィエンザールという会場には
 パイプオルガンが設置されていませんでした。
 それで、オルガンだけは別途、近郊の大聖堂で収録して編集したものです。
 音響状態を合わせる調整を十分に行って、今まで違和感のクレームは皆無でした。」

英デッカも驚いた 微妙な質感と音響の違いまで聴き分けてしまうこの正確な再現性、
平面バッフルの凄さを思い知った他の評論家たちが沈黙してしまったのを思い出す。

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:5eKAuqo2
>>423さん、脱帽です。
検索してみましたが、オイロダインの平面バッフルは、半端じゃない大きい物なのですね。
90p角か大きくても120p角の平面バッフルを想像していましたが、一坪バッフルというか左右で二坪以上ですね。
天井との間で、まるで低音ホーンの様な構成になっているのですね。

インチキ評論家が沈黙するのは、良くわかりました。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:miR3nCfp
検聴と鑑賞は別だってことに気が付けよ・・・

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:5eKAuqo2
徹底的に検聴(試聴)しないと、音楽を鑑賞できるシステムには成らないんですけどね。

自分は、音楽が好きですからクラシックも聴きますしジャズも聴きますよ。
今では、ホールの違いまで再現できるシステムになっていますよ。
NHK-FMなどは、音楽の宝庫ですね。
居ながらに、世界のホールにワープした様な音響で楽しめます。
ジャズならジャズクラブさながらに楽しめていますよ。

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:hhDGZ7as
>>424
昔のシーメンスのバッフルが超大型だったのはヒットラーが何千人もの聴衆を
大音量の演説で洗脳するためのスピーカーだったから。
現在の家庭では、あんなに大きくなくても良いんだよ。
この評論家のお宅も常識的なサイズの美しい平面バッフルだった。

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:oGq5IxQ0
>>423
もし製作現場の経験がある人間ならば、気付かない方が不自然なのですけれどね
そこまで巨大なシステムでなくとも、エンジニアの大半(一部の超達人でなくとも)
はミックスされた音源として普通に認識すると思います
やはり評論家は文筆業であって、音の専門家ではないのでしょう

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:L0M/6mmO
お前の装置と耳ででカラヤンのツアラトゥストラの音響が不自然なことを指摘してから言え。

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:L0M/6mmO
俺もよくよく聴いてみたが、あのオルガン低音の響きで
録音エンジニアが十分に調整してもまだ残る微かな空間情報の違い。
これを箱に閉じ込めたスピーカーで再生するのは容易なことでないぞ。
120cm角程度でも余計な空気負荷のない平面バッフルなら
微細な空間情報の違いまで再現できるなら立派なものだ。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:kHDcRACi
シーメンスだけでなくALTECも元々は平面バッフル推奨だよ
それが515の前身416を出した頃からA5やA7というエンクロージャの発売を始めた
これを売りたいから平面バッフルを言わなくなっただけ
平面バッフルで裸のユニットが埃まみれになるのを嫌った映画館はどんどん買った
しけし音にうるさい映画館は相変わらずスクリーンの後に平面バッフルを立てて使ったという
今でもALTECは平面バッフルが良いことに間違いない

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:KI7nlPXX
515の前身が416でない事だけは確かだよ。

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:kHDcRACi
厳密に前身でなくてもダイキャスト・フレームの寸法は同一、
コイル、ダンパーも含めたコーン・アセンブリーも同一。

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:kHDcRACi
違う点を探す方が難しいが
磁束密度が12,000gaussで音圧102dBから14,750gaussの105dBに変わったくらいか。

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:kHDcRACi
当時の輸入代理店エレクトリの説明文も見つけた
「新しい515は全身である416の磁気回路の強化など・・・で一段と優れた性能になっています。」

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:f4CDAXcv
>>433
> コイル、ダンパーも含めたコーン・アセンブリーも同一。

それ違うはず。機械的Qは515が断然大きい。

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:zgOTWIHw
どっちでも良いがな。
416が先にあって、その磁気強化型の515が出た、改良型ともいえるし、後継機ともいえる。
416は製造中止だから、その後はA7などの補修用にも515−8Gが使用されるようになった。

中途半端な知識で茶々を入れている構って君は放っておけ。

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:zgOTWIHw
>>436
また出たか。
416、515のコーンアセンブリーは同じ、従ってF0も同じ(例えば416-8B=515B=25Hz)
製造していたのは東京の○○電機、ホーレーの下請けで416、515用として一括納品していた。
コーン張替えも同一コーンを使用する。
http://www.westernlabo.com/2_815.html

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:nCmVZwYW
フィクスドの515の前身がフリーエッジの416というのは違うと思うがな。
515はランシングの設計だし

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:zgOTWIHw
【解説】
ALTEC社純正の515B,416A,416-8A保守用コーンペーパー⇒これが同一品

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:nCmVZwYW
1942年
515型ウーハー、及び288型ドライバー実用化される。
1953年
803Aウーハー開発される
1964年
416A開発、A7-500W発売

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:zgOTWIHw
ALTEC社純正の515B,416A,416-8A保守用コーンペーパーは共通という張替えULRの【解説】
アルテック自身が間違ってるてか?w

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:nCmVZwYW
>>437に書いてるじゃん。話をすり替えないようにね
先に515があってローコスト盤の416が開発されたんでしょ!
あまり嘘は言わないようにしましょう。

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:zgOTWIHw
発売時期はしらなんだが輸入元の宣伝では従来品の416より強化された515みたいだった事は確か。
間違いならスマン
それよりユーザーにとっては内容だろ。
アルテックは416、515のコーン(エッジも)共通といっているのに貴方のコーンは違うのか?

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:nCmVZwYW
私は515Aを使ってます。

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:zgOTWIHw
だから、その515Aは上のULRにある写真の416A,416-8Aのコーンとどう違うの?

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:kkdywLAF
骨董品を使って一喜一憂か
楽しそうねww

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:zgOTWIHw
骨董品ではないね。少なくとも515は。416は骨董になりかけているから俺も発売時期を間違えたんだが…w

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:nCmVZwYW
>>515Aのコーンは全くの別の物で
エッジまでコーンと同一の紙でできたフィクスドエッジ、
ダンパーも蝶型ベークライトなのはアルテックを知っている人に言うのはいまさらだ。

骨董というのは聴いた事がないからしかたないが、現在の質量のあるコーン紙のウーハーからは絶対出ない音だ

450 :ID:zgOTWIHw:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:vHTFzHy3
<突然アク禁になったからプロバを換えた>

なるほど了解。そんな具体的な会話が良いね。
俺は515-8Gだから張替え写真の416A,416-8Aのコーン(エッジも)と同じ。
エッジにビスコロイドを塗ってあるから>>377君がアップしてくれた写真と同じだ。

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:EO84Sdfc
重いコーン紙動かすには強力なアンプがいるけど
515使ってる人って真空管とか非力なアンプが多いよね

アンプはどうでもいいのかな?

452 :ID:zgOTWIHw:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:vHTFzHy3
アンプはどうでもよくないが出力より品質かと思っている。
例えばMOSFETのA級作動とか…俺の好みでの話だが。

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:nCmVZwYW
>>451
いいや、実際に使っては電源の強力な制動力の高いアンプがいいよ。
しかし、出力は全く必要ない。極端だか数ワットでも充分だ

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:KI7nlPXX
>>450
515-8Gなんてのはエレボイに買収されて416すら製造止めてから無理やり
515のネーミング付けて出した全くの別もんでしょ。

515ってのは>>441が書いてるとおり1942年に415のパーマ念とモデルとして
発売した奴だよ。
以降515B、515C、515EここでALTECの515は事実上終了。
515-8Gは確かに416Cの後継として出したけどF0とか全然違う異なる物。
515Aなんてのは無いんだけど515B以降との差別化の為にAと呼んだりするだけ。

515はフィックスドエッジ・ベーク・ダンパー。
以降はコルゲーション・エッジにクロス・ダンパー。

ちなみに416の前進は803。
803Aは515同様フィックスド・エッジ。
ダンパーはベークのとクロスのと前後期で違ってる。

要は515-8Gしか知らないで515なんて呼び方するからおかしいんだよ。
ALTEC使いにとって515-8G、515-16Gは既にALTECとは認められない物なんだよね。
それにコーン紙も515-8Gと416系はF0違うんで元々は別のコーン紙だよ。
質感が全く違う。

455 :ID:zgOTWIHw:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:vHTFzHy3
そういう言い方するとGreat Plains Audioの製品が、現在では
もっとも正統派のアルテック・ユニットということになるなw
ALTECの生産設備をそのまま引継ぎ、現在ALTECの古いユニットの修理やメンテナンスなどの
アフターフォローも行っている会社。まさに正統派のALTEC直系メーカーだ。

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:XnqHWUqH
ピュアAUをそんな回顧録で語るから骨董品と呼ばれるんだ
古い系譜が問題でなく現在の音のよさを語るものだ
アルチックでもエレクトロでも音さえよければピュアAU

457 :ID:zgOTWIHw:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:zLYc7+b6
>>454
またまた出鱈目な情報を…
1985年9月 米国エレクトロボイス インコーポレイテッドの親会社である
ガルトン インダストリーズが米国アルテック ランシング コーポレーションを買収。
515-8G、515-8GHPなどのユニットは、それ以前の製品だよw

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:lRgThN1q
骨董品の偽情報スレになったな。なんでも鑑定団の中島誠之助を呼んでこい

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:akpmhUte
515-8GはA-78Gの発売と一緒だから1988年だろ。
1985年は515E売ってたよ。

515Eと515-16Gは全然パラメーター違うし。

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:d71sJXH8
>>438
それはコーンだけだろ。ほかはどうした。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:bIQj01Ar
アルテック515-8G 発売:1984年9月 輸入元:マーク フォー オーディオ ジャパン
 外形寸法:40.6φ×D16.2 バッフル開口径:36.9φ
&nbsp;他に16Ω用の515-16G、ハイパワー型の515-8GHP 同1984年9月発売
 
【出典】別冊ステレオサウンド9 マルチスピーカー・マルチアンプ大研究

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:mvZs+YNY
アルテックのほとんどのスピーカーが復刻していますぜ!。
ただし、アルテックの名称は使えないので、グレートプレインオーディオの名で生産されています。
http://www.elex.ne.jp/importindex25.html
往年のアルテックファンには、たまりませんなぁ。

同軸の2ウェイのユニットでスタジオモニター風の箱を作って、サウンドを堪能してみたいです。

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:bIQj01Ar
>>455にも書いてあるメーカー。
骨董品でない新製品のALTEC。ALTECの生産設備をそのまま引継いだ正統派の後継機。

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:bIQj01Ar
GOTOブランドの後藤音響の工場、生産設備、技術者まで引き継いだ
エール音響がGOTOの正統派後継者を名乗っているようなもんだ。

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:bIQj01Ar
まあ、このサイトにも書いてあるとおり、515-8G等のフェライトマグネットモデルは
ALTEC社が大型スピーカーユニットの生産を終了するまで生産していた製品で
軽い振動系を非常に強力な磁気回路で駆動するという515、416共通のパフォーマンスは変わらない。

これもフォーレー社のコーンという優れた素材あってのこと。
日本のナントカ電機の下請け製造というが、この会社もフォーレー社のコーン製造プラント一式を導入した正統派下請けだ。
(JBLがメキシコのチンケな下請け会社なのとは品格が違う)

そこで、このコーンを使用した一押しのウーファーはこれ、WA-4000
http://www.hifido.co.jp/KW%A1%B9/G1/J/780-10/C11-60290-15509-00/

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:6cggcfuY
DSW-300SGってどうですか?

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:kNNILdwc
バスレフのSWではここのテストの花火発射音が出なかったことは既出

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:ml26D1y1
昔の製品も話としてはいいですがピュアAUとしてはステレオが普及しオーディオ全盛期といわれた1960年代から現在まで、
ALTECなら最後まで製造された製品がオーディオマニアのイメージするALTECの音でしょう。
パイオニアやTADでも昔のPA8がパイオニアの音だというマニアはいません。

この時代に製造された416A/515Bがホーレー社の同一の軽量コーンで作られていたことは>>438の写真説明でも分かります。
最終製品の515-8Gや16Gもホーレー社の同一のコーンであることを実物で確認しました。
ボイスコイルがアルミリボンエッジワイズ巻きになったり巻き数の変更があったりでFoやQは多少違うかもしれません。
しかし>>462のグレートプレインオーディオの製品は写真ではコーンそのものの質が違うようです。
こうなるとALTEC純正の補修用コーンを使った他社製品のほうが音としてALTECになっているでしょう。
純正のホーレー社コーン、エッジ、ダンパーを使用したと明記されているWA-4000は興味深いウーファーです。

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:ml26D1y1
グレートプレインオーディオの515/416の写真を拡大した限りではコーンの質が違うと見ましたが
実物を確認された人がおられたら事実を教えてください。

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:TeGsa0HT
つづきはこちらでどぞ
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/pav/1342920684/l50

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:mvZs+YNY
>>470
あちゃらは、能書きたれてるだけ。
このスレは、使用者、視聴者、憧れ者の集まりでマニアックじゃのう。

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:8i72dsoA
ヴィンテージでなく最近の機種でALTECのような明るく、軽く、大らかな低音の
38cmはGreat Plains Audioか、WA-4000か、他なら何かという流れなんだが・・・

エンクロージャーはどうもプレーン・バッフルで決りらしいw

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:XMAy9nCZ
こっちも変わらんやん
能書きたれててアルテック最強他はゴミみたいな事ばかり書いてるし

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:8i72dsoA
なんかツルンとした質感みたい
ALTECのそっくり音の励磁型 マクソニックもザラザラしたホーレー・コーンだったが
新生マクソニックはこんなツルンこコーンに変わってるし・・・

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:8i72dsoA
いや、写真写りによる錯覚かもしれん。値段も程々だしこれでいいかもな

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:gAX4eKyz
苺コーン紙を知らぬとは…

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:0H4pP358
ここのスレって同じ38cmユニットの中でどれが良いかを議論するスレではないから
低音を忠実に鳴らすのに15cmや20cmユニットでは雑魚だと言ってるだけ。

ここ20年くらいはバスレフ等の共鳴現象を工夫して
小さい箱で周波数特性上での低音が出る事が持て囃されて来たけど、
質の高い低音を求めるなら単純に大口径最強だよねっていう至極当然の話。

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:8NMmVD6G
JBLかALTECかで揉めるなよってことで中を取ってJMTECというスピーカーを作ってくれた。
GS−1のある例の八ヶ岳のペンション。TANNOY38cmバークレーの下にあるのがそれ。
http://www.sketchbook.gr.jp/audio/images/audio0965.jpg
ウーファーはALTECに義理を立ててホーレー製コーンの38cmだった。

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:49bhH/Av
JMTECはALTEC416と515の中間位の磁気回路のウーファーで使いやすかった。
416をJMTECに換えた音を聴いたことあるが要所要所でベースが締まってきていい感じだった。
ALTECブランドにこだわる人にも口径やコーン面の外観はまったく一緒だから面白い38cmだ。

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:t9g4LldM
骨董マニアの無限ループ

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:S/TkL3aX
ウーファーの音質を左右するのはやはり振動板だということ。
軽い低音といわれた38cmユニットも結局は同じコーンの製品だった。

416A = 515B = 515-8G,16G = WA-4000 = JMTEC
   

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:sGz9Okiz
あれだよね、46cmとか80cmウーファーとかまで突き抜けちゃえばいいんだろうけど
部屋に置く現実的なサイズを考えると38cmが限界なのかな・・・

結局38cmが上限だと38cmでループするしかないw

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:S/TkL3aX
そしてエンクロージャーはバスレフはだめ、良質の平面バッフル。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:HOeJo/6w
ハイファイ堂HPにのってるWAー4000、
あのコーン紙は何だ。
ビンテージ品よりも汚い。
本当にホーレーのコーン紙なのか。

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:2Hx0zSqs
平面バッフルで使用するとコーン紙が汚れる

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:/tWeFJA6
>>482
15インチと18インチで、磁気回路とボイスコイルが共通のユニットも多いけどね

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:VrjLTBNM
軽い低音を目指すとホーレーのコーン紙を使ったアルテックの38pウーハーですね。

色々やってはみたいが、結局は住宅問題になってしまう。
一部屋には、スピーカーを左右に一組設置するのがやっとだし、オーディオ用に10畳の部屋が3部屋ぐらい欲しい。

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:4dbzRS7n
ホーレーのコーン紙を使ったエールのWA-40000ウーファーでは駄目なのか

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:+ixQo5qL
>>436
18インチはJBL2245やE155、EVのEVM18Bや18B/PLも磁気回路、ボイスコイルは38cmと同じな事は常識。
それだから どうした?
それだから自分は38cmを使用しているのか? それで割安だから46cmを使用しているのか?
そこんとこが このスレのテーマなんだが・・・

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:VrjLTBNM
磁気回路は、車でいえばエンジン。
口径が大きければ良いというわけではない。
軽自動車のエンジンで普通車を動かす事を想像すれば分かるだろう。
エール音響のWA-4000は、特大のアルニコマグネットにパーメンジュールの構成になっている。
さらに強力な磁気回路を作ろうとすると電磁石にパーメンジュールになる。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:y9cHe+hH
>>488
ALTECブランドに拘れば中古品しかないから
アル二コの場合、磁力がヘタって再着磁に出さないといけない製品が数多くある。
その点、比較的新しいWA-4000はその心配が無いから俺はこれにした。
普及価格ならJMTECの38ZLもフェライトで着磁の心配が無いからお徳用だと思う。

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:HUIxM6M9
515系使ってる人って結局みんなIP方式含めてバスレフでしょ
花火の音とかバスレフのポートノイズ聴いてるだけって気がするけどなぁ

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:VrjLTBNM
アルニコマグネットの減磁作用は有名なんだが、
一部のタンノイファンの話では、再着磁に出したら往年の名機がゴミになったそうだ。

30年物の我がスピーカーは、アルニコだがどのくらい減磁しているのだろうか。
人間も減磁しているだろうから、スピーカーも減磁して丁度よいのかなぁ。

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:Kpfh9KQJ
勿論バスレフは良くないけれど、大口径の場合バスレフが受け持ってる帯域が低いからね
小・中口径+バスレフみたいに低音をがっつり受け持たせてるわけじゃないから

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:VrjLTBNM
>>492
バスレフポートのノイズって聴いたことがないのだが、どんなノイズ?

ただ、バスレフを強く効かせるとドロッとした低音になる。
そうなると、平面バッフルが良いということになるのは理解できる。

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:mGoylIJZ
515の人は、エンクロージャーはバスレフはだめ、良質の平面バッフル
と書いているでないか。by>>483

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:mGoylIJZ
>>377のようにバスレフ箱では澄んだ音がしないと平面バッフルに移行作業中の人もいる。

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:Kpfh9KQJ
>>495
ポートを空気が移動する時に発生する風切り音
事実上バッフルに開いた穴から漏れてくる中高音
ポートで共鳴現象が起こり低音が鳴るまでの遅延
1度発生した共鳴音は自然減衰を待つしかない過渡特性の悪さ

この辺がバスレフポートによって発生する歪(ノイズ)

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:cuue9ees
平面バッフルでは低音が出ない
俺も20cmでやったことあるがペラペラの音がした

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:ywpoRoK2
ショボい20cmウーファーでは何をやってもだめ。だから ここは38cmスレ。

平面バッフルでも 低音を出すためのジェネレーターが20cmと比べて
38cmでは4倍も馬力があるから 伸び伸びした良質の低音が出る。

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:dfmnvsfW
>>500
最近の20cmドライバーはかなりパワーあるよ
使ったことある?

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:HUIxM6M9
平面バッフルって背面にバラ蒔かれて反射してくる中高音の処理はどうすんのかな?
バッフル背面の壁は吸音材で一杯とか

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:ywpoRoK2
QUAD等のコンデンサー・スピーカーを使った場合
背面にバラ蒔かれて反射してくる中高音の処理はどうしているのさ?

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:HUIxM6M9
背面の処理しないんなら、別に後面解放でいいやん

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:ywpoRoK2
ピアノの響板を見てごらんよ。釘でコの字型に成型してあるか?

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:/tWeFJA6
>>493
30年なら0.2%弱かな

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:ywpoRoK2
良質の低音を出すしくみ ⇒ 良質の平面の板
⇒ 平面バッフル ≒ ピアノの響板(ベーゼン・インペリアルの16Hzの低音も出せる)

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:HUIxM6M9
音源の付いてるピアノ本体はコの字型じゃないの?

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:ywpoRoK2
ピアノ線と平らな響板以外はただの外箱、主に見かけ用。
ピアノ線と平らな響板さえあれば低音は出る。
スピーカーも強力なユニットと平らなバッフルさえあれば低音は出る。

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:ywpoRoK2
バッフルの材質のことが抜けていたな。
平面バッフル ≒ ピアノの響板と書いた以上は響きの良い合板を使わないと。
上のレスでも、ラワンでなく響板にも使われる米松の合板などと書いていた。

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:HUIxM6M9
そういえば、ネルソン・パスがフルレンジと併せて平面バッフルやってたなぁ
http://shinshu.fm/MHz/06.94/images/Vh1GwVki.jpg
床にじか付けするのがデフォなんだろうか

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:/tWeFJA6
ピアノの響板を外してもF特的には結構出ますよ
ツマラナイ音にはなるけれど、意外とスカスカにはなりません
響板とバッフルでは、振る舞いが少々違います

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:ywpoRoK2
ここには バッフル前後の空気の干渉を防ぐために巨大バッフルとか 無共振バッフルとか
カビの生えたブリッグス理論や中学教科書みたいな人が巣くっているから 荒っぽい例だった。
WEやALTECの平面バッフルの解説でも読んで欲しいと思ったのさ。

ジェネレーターとしてのスピーカー・ユニットが音を出す時の反力をバッフル全面に伝えて
バッフル全体もスピーカーと同じ動きをさせるのが平面バッフルであるという考え方。
120cm角のバッフルに38cmユニットを取り付けて、38cmの振動板でなく120角の振動板にしようという設計法。
ヴァイオリンやピアノの響板と同じように、ユニットの音を増強することで生き生きした音を出させるのが目的。
そこで 平面バッフル ≒ 響板となるw

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:ywpoRoK2
120cm角のバッフルをいくら響かせても低音の量感不足なこともある。
しかし、低音の質が良いからトーンコンで調整したらいいだけのこと。
これは、コンクリート製天井ホーンの場合も同様で低音の量感不足のことが多い。
30Hzの低域まで出そうとしたら理論上は周囲11m強のホーンが必要だが現実的にはその半分。
これも低音の質はいいから補強できる。高城氏などはアンプに低音補強回路を組込んでいた。

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:dfmnvsfW
>>514
そりゃ低音足りないのは平面バッフルのどうしようもない弱点だわ

240cm角とか、大きくしないと平面バッフルでは物理的に無理

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:bfFwOzLN
低域の伸びの不足でなく伸びているのだが量感が不足ということ。
これが平面バッフルやコンクリートホーンの弱点というか特徴。
そして質が良いから量感を増やすトーンコンということになる。

なお、240cm角にしても低域の量感だら下がり特性は同じ。
強力マグネットで過渡特性を高めた時も同様の特性になる。

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:bfFwOzLN
超強力マグネットのGS-1のウーファーも低域量だら下がりの特性で
これも低域補強回路を入れている話は既出。

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:0otLGzZp
>>515
お前もバッフル大きくしたら低音出るというブリッグス爺さんに毒されてる

16Hzが出るピアノの響板でも240cm角とか大きくないよ

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:cgyvbBSW
天井に周囲11mの開口穴を開けないと低音が出せないと思っているやつ。

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:d1tsW5vt
>>518
ピアノの 16 Hz は寸法が足りないために基音成分は大きくありませんが?

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:d1tsW5vt
1980 年代のラジオ技術の1月号だったかに新春放談として
日立にいた河村信一郎さんが壁一面をスピーカーにする話をされていましたよ
(新春放談なので夢物語の類ですが)。
そうすると無限大振動板の前に部屋が並んでいてその一部屋のような形になる。
無限大振動板なので低域でも指向性のある平面波になり
(しかしどこへ行っても振動板の前なので問題ない)、
速度一定で平坦な周波数特性となり振動板の振幅は小さい。

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:cgyvbBSW
無限大バッフルでスピーカー単体の前面だけの振動を聴くのか
良い響きのバッフルでスピーカー&バッフル全体の振動を聴くのか
という違いかな。

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:KUJUCkG5
壁に○穴を開けて皮を張ったのと
木製の胴に皮を張ったのと
どっちのドラムが低い音が出るか?

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:RI0BgcTJ
>>513
平面バッフルとは、スピーカーの前面と背面の空気を遮断するための板でなく
ピアノの響板のように、スピーカーと共に低音を響かせるための板である。
ということだろうか

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:TA4v96sn
WE時代の壁板バッフルとサイドウイング最高ってな流れになって来たな
でも、下手に響かせると最悪になる
面積をでかくするのは、空間を半分にすることで、音圧を上げるため
これがないと、バッフルのカットオフ以下の低音にとってユニット単体を空中にぶら下げたのと同じ。
コーン紙の前後で、打ち消し合ってしまい、聞こえるのは前後の非対称歪分や、壁反射など
聞きたくない非直線性分の音だけになる。

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:RYs9y92i
平面バッフル自体が悪いとは思わないけど、平面バッフル派の中にトンデモ理論を振りかざす人がいるなぁ。
誰とは言わないけど、物理的には>>525の言うとおりなんだがそれを変な理屈で否定してる。

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:RI0BgcTJ
ということはWEやアルテックの平面バッフルは、楽器のようにバッフルを響かせて
低音を出す(補強する)ことはしてなかったということだろうか。

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:Bkt4yF+6
うん

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:RYs9y92i
平面バッフルでバッフルを響かせたとしても、結局はカットオフ周波数以下の音は打ち消しちゃうからね。
120cm角程度の平面バッフルだと、カットオフ周波数以上の音(たぶん中低域)を豊かにするだけだけになっちゃうね。
これはこれで非常にいい音なんだけどね
まぁ、平面スピーカーでかなり低い低音が出ていたとしても、非直線性分の音(元の音とはかけ離れた音)だろうね。

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:Bkt4yF+6
平面バッフルは、カットオフ以下の周波数は打ち消してゼロになると思ってる人がよくいるが、それは間違い。
いや、無限大空間や、無響室で、バッフルサイズ以上に離れた場合はそうだが、インルームでは完全に打ち消したりしない。

低音はレベルが低いが出ている。

バッフルを響かせても、100Hz以下の低音が増えることはない。
中音域に響きをつけて、音の豊かさ、鳴りを演出して、さびしい音質にならないようにする工夫だろう。

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:rEKY4Ook
「120cm」だと「かだろうね」 って何にもやらないで思うと言うだけですね。

横2.7m縦床から天井まで で作れば豊かな低音出るよ。

間違いも何も思ってるだけだから相手にする必要は無い。

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:GtfOMd+Y
> 低音はレベルが低いが出ている。
それは、質・量ともに低レベルの低音ってこった

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:l255aMjb
新時代ビンテージ ALTEC 515B/C ユニット使いの
正統派は、容積たっぷりの吸音材入密閉型でしょう。
理想をいうと、内容積はVasぐらいあると
巨大平面バッフル並の軽い低音が、出せる。
まさに、ウェストコーストの風だね

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:Hv6WaXGL
我田引水の主張が多い様なので、専門誌の一応公正なテスト記事を紹介します。
ステサン誌は何号にもわたり平面バッフルをテストし、多くの評論家が検証した。その要約は、

平面バッフルには相反する2つの設計法がある。
@振動拒否の設計(ワーフデールのブリッグスが主張)
 「バッフル面は振動してはいけない。振動しないようにバッフルに砂を入れたりして徹底的に防振する。
 これを無共振の頑丈な壁に取り付けて無限大バッフルにするとさらに効果的である。」(山中氏)
A振動を利用する設計(WEなどが主張)
 「バッフルを積極的に振動させて低音を補強する方がベター。フレームが受けた振動の力を
 バッフル全体に伝えれば、バッフルもスピーカーと同じ動きをして、弦楽器の胴やピアノの響板や
 響棒と同じように、小型でも元の音を響かせて増強することができる。」(長島氏)

ステサンは、家庭用にはAの方が高いクオリティと能率が得られるとして、こんな平面バッフルを試作した。
120cm角の桜材積層合板製と一回り大き目でスピーカー取り替え可能なサブバッフル付の米松合板製。
これに小中大口径の37機種のスピーカーを取り付けて、菅野沖彦、岡俊雄、瀬川冬樹らが試聴、検証したところ、
いずれもスピーカーの素性がストレートに聴けて好ましいが、低音に関しては小中後継は寂しい。
38cmでは全域ともにストレートに聴けて、120角でも家庭では十分実用になる、という結果が出た。

また、平面バッフルはスピーカーからの試聴距離が遠近違っても、同じような音量と音質で聴こえる
という特徴も確認された。

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:mqV+Ks+V
実際に大学時代に、友人のオンケン箱作りを手伝ったが簡単な話ではない。
スピーカーは、振動板以外振動させないというのが原則で補強をしっかりしないとならない。
38cmウーファーとなると重量も大きさも、かなりのものになる。
設計もコンピューターを使い、研究室の無響室で測定データーもとった。

今日も16cmフルレンジのダイヤトーンP-610MBをP-610FBに入れ替えて吸音材も減らしたら、低音がボンついて駄目になった。
吸音材を増やしたり、結局、後ろのバスレフ穴に吸音材を半分ぐらい詰めて何とか強引に聴ける音にした。
16cmでも簡単にはいかない、実際38cmの箱を作るとなると大変な話だ。

そこで、小さな平面バッフルに38cmを取り付けて逃げる気持ちが分かった。
515のまともな箱を設計・製作したら、今でも大変な作業ですよ。

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:Bkt4yF+6
バッフルを振動させても低音の音圧は増えないよ。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:Hv6WaXGL
試作バッフルは、低音を充実して響かせるにはバッフルの厚みも重要だと分かり
どちらも32mm厚の合板を使用した。
響棒の役割をする角材をバッフルの振動を考慮しながら配して補強と響きの充実を図った。

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:Bkt4yF+6
・「低音を出すためには大きな面積で空気を押し出すのが理に適っている」
・「しかし38cm以上になると家庭に入れるのは大変」

といって、「38cmがベスト」 という話にしたい人がいる。

とにかく、自分の選択が正解である、という事にしたいから、
先に結論ありきで、その正解に導くための議論をしている人がいるが、
そういう意見は、バイアスかかりすぎで参考にならない。

例えば、平面バッフルにしてしまうんだったら、
38cmじゃなくて46cmを使っても、スペース増えないじゃないか。
同じバッフルにつけるんだったら。

「初めから自分の使っている38cmがベストの選択だという結論に持って行きたいが為の意見」
これは参考にならない。

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:Bkt4yF+6
「バッフルが響いたほうが残響が付加されるので豊かに聴こえる」



「バッフルを振動させると低音の音圧が増える」

は、別だ。
感覚の話と、音響物理をゴッチャにしてはいけない。

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:Hv6WaXGL
評論家の試聴テストの好評を経て、次号では読者50人を招待した試聴会を行った。
取り付けるスピーカーは15インとのアルティック604-8GとタンノイHPD385A。
大人数で低音の量感不足を心配して、後面との距離調整や左右のバッフルを接近させて
2台の隙間を調節してバスレフ的な効果を出すなど十分な調整を行った。

試聴曲目は、大編成のベートーヴェンピアノ協奏曲「皇帝」’(アシュケナージ)のほか
ジャズの名録音を数曲。
演奏が終わったとき、観客からは一斉に大拍手が湧き起こった。
アルテックとタンノイのユニットの音を知り尽くしているマニアがベストな鳴り方に感動したという。
編集者も、レコード・コンサートでこんな拍手が起こったのは始めてで、主催者としても感激したと
編集後記に書いている。

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:mqV+Ks+V
515ベストと最初から決め付けているから、平面バッフルでも最高の音が出ると言いたいだけ。

515は優れたウーファーだが、キチッとした箱に入れてやらないと本領は発揮しません。
お手軽な平面バッフルを振動させて音作りをするなんて邪道。

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:Hv6WaXGL
ここのレスを読んでいて、果たして120角の平面バッフルで大拍手できる感動の経験をした人が
何人書いておられるのだろうかと素直な疑問も感じた。
大多数のレスが、全てのテストや検証を経たものであったとしたら失礼をお詫びしたい。

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:OUt15L/w
ネルソン・パスは平面バッフルを床にくっつけて、床をバッフルの延長に使ってるみたい
http://www.6moons.com/audioreviews/firstwatt10/vladimir/2_big.jpg
床は壁と違って強度が高くてあまり共振しないし、カーペットが更に共振を防いでると思う

ユニットの取り付け位置が、効率を考えると必然的に下の方になる

平面バッフルもあんまり大きいとブサイクだよね
http://shinshu.fm/MHz/06.94/images/mq50x2mh.jpg

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:mqV+Ks+V
ウーファーの話かと思ったら、604-8GやHPDA385Aって同軸のフルレンジスピーカーを使っての話か。
ユニットの音色の評価なら出来るかもしれないが、このスレのスレタイとは趣旨が違う。

観客を感動させるスピーカーの話なら完成されたスピーカーを持ってきても同じ話でしょう。
そういう話なら、俺の自作のP-610箱でも感動させられると思う。16cmでここまで鳴るのかって驚かれるかもしれない。

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:Hv6WaXGL
ステサンでは、もちろんウーファーにテストと検証も重ねている。
読者参加がサンスイのショールームを借りて行ったので、JBL以外のユニット構成が多くなっても
という配慮でフルレンジ一発になったらしい。
ステサンでは、試聴会をよく行ったが、観客から大拍手をもらったのは初めてだった
と編集後記に書いてあった。よほど衝撃的な音だったのだろう。

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:mqV+Ks+V
>>543
写真を見たけど、ウーファーは箱に入れてるではないか。
それに中高音はフルレンジ使ってるじゃないか。良さげなフルレンジだな。
これでは、俺の38cm3ウェイシステムの上に乗っている16cmと変わらないなぁ。

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:OUt15L/w
http://www.6moons.com/audioreviews/firstwatt10/vladimir/3_big.jpg
箱には入ってないと思う

低域増強効果を狙って後面解放に近い感じかな

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:874KScut
>スピーカーは、振動板以外振動させないというのが原則

久々に素人さん登場だね
タンノイもアルテックも日本ビクターもパイオニアも箱を綺麗に鳴らすためにどんだけ苦労しているやら
パイオニアのウイスキーの樽材を使ったピュアモルト・シリーズのスピーカーでも聞いておいで

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:flTP3XIL
ブリッグスのワーフデール説明書や中学の理科教科書にはそう書いてあるんだって
いまどき珍しい骨董指向の人だな

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:/SC/qZSn


551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:OUt15L/w
可能で有れば振動板以外振動させないのが理想だろう
近代オーディオではマジコやマシーナが驚異的な再生音場で評価されているように

実現するにはもの凄い重量の金属塊と、その共振を止める無数のブレーシング
だけどそれは容易にはいかないから、箱を鳴らすという妥協した理論が発達しただけの事だろう

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:mqV+Ks+V
>>548
原則だが例外もあると書いて置けばよかったが。
タンノイの音がするよ。
ビクターの音がするよ。
TADを使ってパイオニアの技術人が組めばパイオニアの音がするんだよ。
アルテックのA5なんか階段の下から音が分かるよ。
メーカーは、それで売ってるんだよ。売りがなければどこでもいい。

メーカー製は、個性的な音がする。
それを嫌って、自作スピーカーシステムを作って来たんだけどね。
あるいは、個性の少ないスピーカーを使っている。

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:Bkt4yF+6
中高音に関しては、響きがあったほうが残響として効果を発揮して良い、という事はあるが、
低音に関しては、純粋な押し引きによる音波が求められる帯域だから、響かないほうがいい。

低音と中高音をゴッチャにして話しても意見は合わない。

平面バッフルで響かせたほうが良かった。 それは中高音の響きによる残響の豊かさ、感じ方。
バスレフの共鳴による低音ではなく、軽い38cmの俊敏な低音がいいと言ってるんだから、
低音に関してはユニットが俊敏に動いて止まったほうがいい。

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:flTP3XIL
それでホムセンのラワン合板とかでオンケン箱を組み立てて
振動板以外振動させないものを実現した?やっぱり凄いよ

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:/SC/qZSn
平面バッフル→30Hzバスレフ→密閉と進化させてきた515C使いだが
>>548 は、原則と味付けの違いが分からないドシロウトさんと見た
ド素人は、素直に板や箱を鳴かさないところから、はじめた方がいいよ

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:flTP3XIL
>>553
ゴタクは分かったが現実に低音で絶対に響かない素材とは何を使っている?
何十万円のサクラ積層合板3.2mm厚でも良い響きで響く

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:69Ji7ezv
大面積バッフルが面方向にたわまない為には余程の厚みや素材が必要だろうね。
鉄筋コンクリとか御影石使うとか・・・。

ところで38cmの密閉箱ではいけないの?平面バッフルよりは現実的なサイズにできると思うけど。

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:Bkt4yF+6
>>556
絶対に響かない ではなく、わざと響かせようとはしない

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:Bkt4yF+6
「わざと響かせるように作ったほうがいい」

「わざと響かせたりはしないほうがいいだろ」

「絶対に響かない板材とは何?」


論点が変わってるがな

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:cgyvbBSW
>>557
ステサンのテストで好評だったという120cm角バッフルのほうが省スペース

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:Bkt4yF+6
そもそも、
「バッフルが響くように作ったら低音の音圧が増える」
これはオカルト。

残響が増えることで、全体的な音の豊かさ、感じ方に良い影響がある。
という意味ならいいが、音圧が増えることはない。

感じ方の感想と、音響物理をゴッチャにしてはいけない。

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:cgyvbBSW
上のステサンの解説で
@振動拒否の設計(ワーフデールのブリッグスが主張)
A振動を利用する設計(WEなどが主張)
と分類しているが>>555さんのように ド素人は、素直に板や箱を鳴かさないところから、はじめた方がいい
というのは非常に分かりやすい

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:mqV+Ks+V
そういえば、プロはモーダル解析をしていたなぁ。
そこまでやってもメーカーは、廃れてしまった。

素人は、振動させないところから始める。
結果、素人の方が良い物を作る可能性がある。
本当に良い物を作ろうとすれば、行き着くところ自作。

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:+EQvLsxY
響かせていい音を出すのは簡単。
これが自作派の限界。
プロは響かせないでいい音を出す。
これが事実。

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:Q01yijAV
>>542
私は15インチを使ったDIYだと、サブロクまでしか実験していません
その後の製作の都合上、正方形の大きな平面バッフルは作った事がありません

ホールのプロセニアムやシーリング埋め込みとかなら扱ってました
狭い間口にA7やA5systemを置いて周囲を他の機材で埋める、疑似無限大バッフル
にしてみたりはしました(勿論平面バッフルではなく箱に入っている状態ですが)

大きなバッフル面を試した経験はそんな程度です
いっぺん反響板に穴を開けて、真の巨大プレーンバッフルを試してみたかった・・・

ホールは趣旨からズレる環境かも知れませんが、WEやALTECの平面バッフルも
元は映画館を想定した物でしょうしご容赦下さい

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:Q01yijAV
>>543
実際にやってみると、床が鳴ったり定在波を喰らったりして
ブーミーになり易く、意外と難しかったりします
プレーンバッフルだとサブロクのサブウーハー、或は38cmや
46cmダブルのPA用を使ったテストなので条件は違いますが

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:cgyvbBSW
俺もド素人の部類だがAの振動を積極的に利用する設計 というのは難しそうだ
>>537によるとバッフルを楽器の響板に見立てて響棒の役割をする角材を響きを考慮しながら配置する。
言葉で分かっても具体的な設計が分からない。ステサンの設計図をうpしてほしいな

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:Q01yijAV
少なくとも38mm樺材の150Lは、相当補強を入れても鳴りまくりますね

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:/SC/qZSn
>>555 だが、ここの住人は、平面バッフルの良さもわかってるのが多いと思う。
きっと、ここまでのやり取りを、ニヤニヤして見てることだろう。

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:/SEyu4Af
>>540
最近は、試聴室で大拍手したくなるような音など聴いたことがない。
時代が変わったのか、鳴らし方がドヘタになったのか。

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:+RrMR+Xv
>>555
515の密閉って何リットルぐらいで実用になりますか?
参考に教えて頂けると有り難いです。

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:rntzm6eg
>>571
内容量で最低270Lは、必要
350L以上なら蜜の味
密閉だから板厚30以上、補強と吸音材は、十分に
バスレフの常識で作ると、鳴きが止まらず泣けて来るよ

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:uoBGBsHI
ことにオンケン箱などは2.1mmベニアのことが多いからな。
これでも低音は豊富に出る。しかし低音の質はあのざまになる。

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:uoBGBsHI
↑ 21mmベニアっていうかコンパネ

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:KBMHmd1a
比較的古いユニットの話題が多いけど、新しい設計のユニットの話はないの?

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:+xzCZBZW
WA-4000使いが何人もいるんでないか

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:4FMmhj26
エールユーザーらしき一人が、
良く書き込みをしている。
実際に使用しているかどうかは不明。
WA−4000使いなんて、
数は知れてると思うよ。
2chにいるのかな。

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:1q7zjDt+
WA-4000 Woofer
Specifications
Diameter: 40cm (TAD1601b compatible),
Bandwidth: 26 to 1KHz,
Impedance: 8 Ohm,
Maxmum Input: 100W,
Output Sound Pressure Level: 98dB,
Magnetic Density: 15,800 gauss,
Weight: 25kg,
Note: alnico magnet,
Made in Japan

Thiel Small parameters
Fs: 34.57Hz
Qms: 5.15
Qes: 0.23
Qts: 0.22
Vas: 33.66(liter)
Re: 5.11(ohm)
Mms: 65.26(g)
Cms: 325(um/N)
Bl: 17.58(T.meter)

これって、515を買って来て外磁型にして倍以上の値札つけてるだけじゃないのか
ゴトーにしてもエールにしても、マクソにしても
今にして思うと、当時の米国から見たら中の国コピー並に見えたんだろうな。
フレームとか明らかに劣化コピーだし、パラメータも変で技術的に怪しいレベル

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:7iKNQpVO
>>567
ピアノの下に潜り込んで響棒の構造を見たら響板の木目に直角にして
等間隔で幅一杯に貼り付けてある。
振動の伝達を均一にして板全面のモードを統一しているのだろうから
平面バッフルも基本的には同じ構造で良いと思う。

他にスピーカー設計の専門書を見たら響棒(補強材)は接着面を直線でなく
弓形にしてバッフルに反りを持たせると強度や響きに有効なことが書かれていた。
調律師にきくと響板と響棒もそのようにしてある場合が多いということだった。

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:NlWjzzLP
エールのウーファーはフロントロードホーン前提なんだろ
無意味に磁気回路強化したら、低音出ないのは常識なんだし
相手にしなくていいと思う

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:+ip4ngg+
本当に箱を製作している方のレスを読んでみると38cmウーファーの箱を作る事は大変なんだなと思う。
板厚も30mm以上となると組み上がった重量も重いので、そう簡単に手が出ないです。

結局、平面バッフルに逃げて自己満足する方が楽ですね。

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:4FMmhj26
自作にこだわりがなければ、
製作を依頼すればいいよ。
値段は結構掛かると思うけど。

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:NlWjzzLP
依頼するとしてお勧めはどこになりますか?
たしかタテマツは今は出来ない状態だって聞いたけど

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:la8j7mgn
その点オンケン箱などは20mmちょっとのベニヤで裁断加工さえしてもらえば
素人も比較的簡単に組立てられる。それで一時は流行ったこともある。

内容積は>>575によると515の最低ラインになるがスピーカー口径と同じ位に大きな
バスレフの開口とダクトのチューニング37Hzによって見かけは雄大な低音が出る。
じつに上手いアイデア設計商品だったといえる。

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:la8j7mgn
↑アンカー間違い >>575>>572

>>579
ということは平面バッフルの材質はベニア合板でなく木目の揃った積層材や
ランバーコアが良いということかな?

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:1q7zjDt+
バスレフと密閉では、しっかり作ろうとすると
密閉のほうが大きくなるから、大変

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:la8j7mgn
そうかな?
バスレフのオンケン箱など300?の密閉箱より外観はデカいけどな。

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:la8j7mgn
300?の密閉箱より大きい。密閉に換算すると340?位の外観だ。

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:la8j7mgn
オンケン・バスレフ箱をググって内寸を正確に調べてみた。
W75cm×H90m×D55cm=371.25リットルの大型だ。

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:/KvfA+gQ
バスレフはダクトの容積分だけ密閉より大きくなるから

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:mwbQ4wS3
計算上箱が小さくできて計測上F特の見栄えが良くなるから
音質を捨ててでもバスレフを選ぶってのは本末転倒な気がする。

バスレフと密閉の音を比較してバスレフを選んだら結果的に容量小さく出来た、なら正しいが・・・。

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:/KvfA+gQ
計算上箱が大きくなってるやん
ダクトの容積を無くして密閉にしたら2/3の高さでOKだ

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:Y9lbi8uA
バスレフのオンケン箱が計算上箱が大きくできて立派で見栄えが良くなるから
音質を捨ててでも選ぶってのは本末転倒な気がする。

バスレフのオンケンと密閉の音を比較してオンケンを選んだら結果的に容量大きくなった、なら正しいが・・・。

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:tenkYnWT
音研箱は、515Bで無理やりにでも低音を豊かにしたいという意図であの設定になっているのだろう。

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:wr8pIFwK
せっかくアルテックか類似のドライバーを使うなら大きめの密閉箱に入れるかなぁ

バスレフにするなら、他のユニットを使った方が良さそう

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:SKJNwbh0
音研箱が無理やりの設計のように誤解している人がいるようだが
じつに理論どおりの正統派のバスレフ設計だよ。
ダクトの開口面積をユニットの有効振動板面積と一致させるというのは
理論的には理想バスレフと呼ばれている。

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:Wl8kFKXk
JBLなんかは、商売上手だったからLE15/2231で150Lでも
旦那さん、重低音でますゼ どうですか?なんて感じで
43**シリーズを売りまくった。
そのあと、30p口径でも出ます、25p口径でも出ますよの
小口径な、すかしっ屁ウーファーが主流となった

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:SKJNwbh0
だから、そんな理想バスレフの大きなダクト容量を中に組み込むのだから
エンクロージャーの体積が大きくなるのも当たり前。

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:/rMh93WN
一般的な設計法だとダクトは振動板の1/2〜1/3だけど、同一にするのは原理的な裏付けあるの?
「ダクトは振動板に成り代わって低音を受け持つのだから、面積は振動板と同じがいい」
みたいな、想像オーディオじゃなくて、音響物理学などのアカデミックなソースは。

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:Wl8kFKXk
正確には、ダクト空気質量と、振動系質量が等しいが理想だが
理想と現実は、必ずしも同じではない

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:SKJNwbh0
理論的裏付けを言えば当然 異論、反論、妥協論もあって延々と続くのだが
少なくともアルテックの軽量コーンで理想的なバスレフ(または空気抜き)を行うには
有効振動板面積と同じ面積というのがアルテックの基本的設計方針だった。
A7に使われた828B、これを小型化した817B、さらに816Bともこの設計を採用してきた。

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:/rMh93WN
>>600
その同じにするための計算は、面積が同じなら空気も同じ、という解じゃないと思うよ。
ダクトに振動板があって空気を押してるわけじゃないから。

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:/rMh93WN
>>601
どこそこが出してるのは○○だった、じゃなくて、音響物理学的な理論的な裏付けあるの?

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:Wl8kFKXk
>>602
意味不明だが
少なくとも、この話をする限りは、
バスレフ共振の意味をある程度調べてあると思ってたよ

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:/rMh93WN
ついでに、誤解のないように言っておくと、理論の裏付けがなければ認めないとか言ってるのではなく、
>>596で「理論的には理想バスレフ」と言ってるので、理論があるの?という話。

理論がないなら、それはそれでいい。
「理論は分からないが、アルテックはそうしていた」
と言えばいいだけの話。

このスレには、もっともらしく疑似科学を言う人が多いから聞いてみた。

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:/rMh93WN
>>604
バスレフ共振の周波数と強さは、「箱の容量」と「ダクトの面積と長さ」で決まる。
「ダクトの面積が振動板と同じなら、押し出す空気の量も振動板と同じになる」 というわけではない。

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:SKJNwbh0
アルテックがこれを理論的には理想バスレフと呼ぶと書いていたという報告なんだが。

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:Wl8kFKXk
>>606
ホルムヘルツ共鳴とスレフ共鳴の区別がついていないようだ
君の理論だと、ユニットに関係なく箱の大きさとダクト面積で
バスレフが設計できるから便利になるね

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:Wl8kFKXk
ついでに書くと、有効振動面積とバスレフ面積を等しくすると
共振周波数におけるポート側の放射抵抗なども等価に見立てられるから
もっとも、理想的という考察が成り立つのは、だれでも容易に導ける。

ということを踏まえて、515Cは、バスレフから350L の密閉につくりかえた。

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:pkaYbBrl
ユニットの排熱問題で密閉が選べない場合、平面バッフルや背面開放、バスレフ箱にするしかないね。
でもそうじゃないなら一連の流れからして密閉とバスレフでバスレフを選ぶ必要は無くない?
逆立ちしたって穴の空いた筒から過渡応答の良い信号通りの音が出るはずは無いんだから。

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:OVGqPDdx
密閉に備長炭とか使って箱の容量減らせないもんかねぇ
300Lだと70kgを優に超える

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:R2L+3ViC
俺のように平面バッフルから密閉箱、オンケン箱に浮気してから
また 平面バッフルに戻った人間もいる。
釣は鮒に始まり鮒に終わる と言うなw

オンケン箱も全然だめ ということはない。
コンポとの相性もあって MJ誌でも真空管アンプの試聴会があると
引退して田舎に引っ込んだ元オンケン社長がオンケン箱を持ち込んで来る。
平面バッフルも一筋縄では行かない。
若々しい響きの米松合板で始まり しっとりと年輪を重ねて響く単板積層材に移った。

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:R2L+3ViC
ユーザーの年齢的な経済事情もあるな。製作予算からすると
米松平面バッフル→オンケン箱→密閉箱→単板積層平面バッフル

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:/rMh93WN
>>608-609

詳しく書くと長くなって面倒だから書かないが、ユニットによってQとかは変わるよ。

そうじゃなくて、空気の量は、箱やダクトによって変わるから、面積が一緒ならオッケー みたいな単純な話じゃないって事。
そこがポイント

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:/rMh93WN
わかりやすく、説明してあげよう。

ここに、Aというエンクロと、Bというエンクロがあるとする。(バスレフ)
AとBはダクトの面積は同一だとする。
Aの容積は300リットルで、Bは1000リットルだとする。
この場合、Bはダクトの共振の強さ=音圧 は、Aよりもずっと大きくなる。


AとBは押し出す空気の量は全然違うわけ。
ダクトの面積をAとBともに振動板の面積と同一にしていたとする。(共振周波数は揃えるとする)
しかし押し出す空気の量はAとBで違う。
つまり 「ダクト面積を振動板と同じにすれば、ダクトは振動板と同じ量の空気を押し出す」 は成り立たない。

箱の容積でダクトの働く量は変わる。
それを言ったんだよ>>606

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:UpTdPhRJ
オンケンの社長さんは、小泉さんで自宅まで行ってオンケンの3ウェイを聴いてきた。
彼のチューニングは、クラシック向き。
それに、タイムアライメントが取れていなくてジャズボーカルが楽器の後ろで歌っていたのを思い出す。
アンプも金田式DCアンプのチャンデバマルチで、パワーアンプはモノラル4台に高音にステレオだった。

ジャズベーシストの友人は、あれでは駄目で設計をし直してバスレフのスリットを狭くしていた。
オンケンの設計とは違う「軽い低音」にチューニングをしていた。
バスレフのチューニングなんかもミニコンを使ってシュミレーションしていた。

長岡鉄男氏のスピーカーの設計の本に密閉、バスレフ、バックロードホーンの設計式が載っていた。
俺は、ルート計算の出来る電卓で計算したものだ。
Q0,fo,m0,有効半径a,とかの数値が与えられれば、密閉もバスレフも計算できる。

頭のいい友人は、これらの数値を実測していたから凄い。
「スピーカーは、5mm動かしたら変わる、いや1mmでも変わる。」と言っていた。
何のこっちゃ?と思ったが、後にタイムアライメントの事だと知った。
それとここまでやった彼が言うのは、「スピーカーは素人の手には負えない。」「最終的に音を決めるのは聴感だぞ。」と言っていたのを思い出す。

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:/rMh93WN
そのユニットを取り付けた時に、もっともダクトのQが低くなる容積と共振周波数というものがある。
そのように、バスレフはユニットに合わせて設計する物だ。
「ユニット関係なく設計していい」 などと言ったのではない。(つーか、言わなくてもそれくらいわかるだろ・・・)

そうじゃなくて、容積が大きければ強く共振するし、小さければその逆。
そういう風に、ダクトの働く量は容積によって変わるんだから、ダクトの空気を押し出す量(仕事量)は面積で決まるわけではない。
一様に、「同じ面積なら、振動板とダクトは同じだけ働く」 みたいな物ではないと言ったわけ

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:/rMh93WN
余談だが

×シュミレーション  ○シミュレーション


「趣味じゃない」 と覚えればいい。

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:UpTdPhRJ
まぁ、「百文は一聴にしかず。」で能書き垂れても、その音を聴いたら一瞬でわかる。

実際に箱作りをしてみると簡単にはいきませんな。
低音がボンついたり、吸音材の量や配置でも音は変わる。
最終的には、職人的なチューニング技術が必要だね。

シミュレーションと実際は微妙に違う。(指摘ありがとう。)
シミュレーションで大体の設計をして、後は地道にチューニングをするだね。

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:eEzifnax
>>617
> そうじゃなくて、容積が大きければ強く共振するし、小さければその逆。

バスレフの原理が、わかっているのかわかっていないのかわからないが
巨大バスレフ箱は、小型バスレフ箱よりも共振が大きくなるって説は面白い
きっと、無限大バスレフ箱は、すごいポート出力なんだろうね

621 : 【東電 74.7 %】 :2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:V/+6y1V5
>>603
原理的な裏付けというか、バスレフが登場した頃は同じ面積が「普通」だったんですよ。
当時はキャビネットがでかいのも「普通」だったから、
ポートを置く場所もあるしダクトも馬鹿長くならず、別にそれで困らなかった。

622 : 【東電 77.5 %】 :2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:V/+6y1V5
>>615
共振の強さというのがポート共振周波数での音圧ということなら、
エンクロージャー内容積を変えてもあまり変わらない。

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:r4u2pU8W
昔、てかアルテック使い始めた頃はバスレフ・ダクトは振動板と同じ位が「普通」だったね。
昔風の大袈裟な言葉で理想バスレフと呼ばれていたかもしれん。

ダクトは1/2〜1/3の方が普通だという御仁が現れて原理とやらを垂れて未明まで居座った。
その人にとっては普通なんだろうが何の38cmを使って何リットルの箱でどんな環境でやったら
よかった話なのか、その人の現実が遂に何も見えないままで終わったな。

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:qkkWiCkx
まぁダクトのサイズやらはユニットやその他環境によるとしか言えないからなぁ。

ダクトの面積がユニットの振動版面積の1/2〜1/3が良いというのは経験的になんとなく判るけど、
それでも一まとめにして1/2〜1/3がいいというのは乱暴だわ。

625 : 【東電 84.1 %】 :2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:V/+6y1V5
若い人なら 1/2〜1/3 のポート面積が普通だと思ってても別に不思議ではないと思う。
しかしなぜ 1/2〜1/3 なのかを考えたことはないんだろうな。

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:r4u2pU8W
加胴鉄平の掲示板にもときどき理屈ばかり垂れ流すしつこい書込みがあると
加胴氏は「口先人間」といって叱っていたな。
オーディオを愛するアマチュアみんなの楽しかるべき掲示板なのだから
まず実際に自分のやったことを書きなさい!ここもそれが楽しいな。

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:cxWDpVot
スピーカーユニットの性格を無視しての議論はすれ違いになる。

アルテックの515といっても、A,B,C,他があるんだし。
Aは、fo;45〜55Hz、B,cは、fo;25Hz、Qoだって違うの分かると思う。
平面バッフルかフロントホーン用かで設計が違うんですよ。

ウーファーのQoの違いで、Qoが大きいと箱が大きくなる。
昔は、真空管アンプが主流だったので制動が掛かりにくかった。Qoを高くして箱は大きくした。
トランジスターアンプが主流になるとダンピングファクターが大きいのでQoの低いフラフラのユニットが主流になる。
ホーンロード用は、さらにQo下げて磁気回路を強力にしている。

バスレフの設計も設計者がどういう意図で設計するかで変ってくる。
密閉箱とバスレフの中間的な動作を狙うと1/2,1/3という話になる。
低音の再生限界を伸ばして低い周波数まで再生できるようにするか。
あるいは、さかんに歯切れのいい低音と言われているように再生限界はそこそこで良いとか。
A5,A7のようにホーンロードを掛けるのか。

色々な要素を加味して、設計、製作されるんです。

628 : 【東電 86.0 %】 :2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:V/+6y1V5
>>605
理論的には、ポートの面積とドライバーの振動板面積が異なる場合、
等価回路にトランスが入ることになる(換算して入れないようにすることはできる)。
コーンを押したときポートから出てくる空気の速度が違うのでわかると思う。
面積が同じならトランスは必要ない。
なので「理想」と言って言えないことはない。
理論的にはただそれだけの話。

古典的なバスレフではユニットのQは 1/√3 がいいとされていたが、
今の考え方ではとんでもない値である。

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:r4u2pU8W
というわけで、ダクトが1/2〜1/3の方が普通だ思った御仁は何の38cmを使って
何リットルの箱でどんな環境でやった話なのか現実を聞かせて欲しいのよ。

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:06Bi7wQW
今更ゆるいバスレフの昔話をきかされてもな〜

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:ZXSBkg4Z
それじゃ、理想の密閉とは、どんな箱なんだ?
ユニットは、ここでメジャーなALTECの515Cで晒してくれ

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID://l1V0l0
515の密閉をアコースタ・スタッフで一杯にするとどうなるか
気になる

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:2MiJr36L
38cmを収めるのに平面バッフルと密閉で言い合うならまだしも
何でテスト音源でトランジェントが悪くて使い物にならないと言われたバスレフが選択肢に入るのか

昔の人が周波数特性だけ測ってバスレフ共鳴音で低音伸びるじゃんってはしゃいだのは良いとして
今や位相(群遅延)や過渡応答特性など種々の特性は散々な上にテスト音源も鳴らせないのが分かってるわけで

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:A3YAfj3c
コンポを組むなら38cm、先輩諸氏の装置を試聴させてもらってALTEC515に決定、
このアルニコ・モデルが1ヶ9万円台で買えた時代だった。そしてエンクロージャーの選択

1)平面バッフル 120×120 米松合板
スパッと明るい音色がした。
先輩諸氏のお宅でタンノイの完成品とロックウッドのモニター箱に入れた音を聴き比べて
エンクロージャーによる違いに驚いていたが、この平面バッフルはロックウッド調のストレートな音だった。
取り立てて不満はなかったが、他人なみに箱に入れてみようと

2)オンケン箱 専門店組立て済 普通合板
ダクトが補強を兼ねる構造のためごく普通の合板製でも箱鳴りなく低音も豊かになって聴こえた。
ラックスの管球式アンプでクラシック名曲をマターリ楽しんだが、やがてこれでは聴けない曲があることに気付く。

3)密閉箱 約320L アピトン(樺系)合板
タテマツの既製品に320Lバスレフ箱があったので、これを密閉仕様にしてもらって使用した。
低音が締まった印象は確かにあったが、やがて箱に閉じ込められている音色の感じが気になってきた。
バスレフより箱の内圧が高くなるからもっと板の質を上げる必要があったのかも。それでまた初心に戻る。

4)平面バッフル 120×120 アサダ桜単板積層式集成材
昨夜は単板積層材と書いたが納品書を見るとこれが材質の正式名らしい。
箱から出た音は、最初のあのスパッと明るい音色が蘇り、さらに濁りのない伸びやかさが増した。
美しい木地を生かした塗装にしてもらい、中央にネットを付けるとまるで高級家具のような趣になる。
これが私の予算的、環境的に到達できる最終点かと思っている。

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:A3YAfj3c
上で平面バッフルを楽器の響板と響棒に見立てている書込みがあったが
各種の箱を試してみて、ある意味これは正解だと思う。
最も重要なのは材質。音の伝送速度の速い響きの良い材質を選ぶこと。
私は補強材も同質の集成材を使用してもらった。
板共振がはっきりしない鈍い板と下手な補強の状態でスピーカーを取付けたら
聴くに耐えない音色になる。

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:1RGEJHLF
やってみれば判るでそ。
ユニットと箱を固定要素とすればダクトの面積と長さで調節することになるのだから。
式とか計算フォームなんかwebのあっちこっちに置いてあるし。
計算上は同じ周波数狙いであっても面積がでかくなると狭い範囲で強めに効き、小さくなると広めの範囲で弱めに効く。
ダクトに(みっちりにならないように)棒を突っ込むとそのぶん面積が狭くなり比較ができる。
調整用に長さ可変のダクトがあるけど、そういうのと何種類かの太さの棒を組み合わせて測定してみると楽しめるのではないかと思う。
もひとつ言うとダクトは箱の外に向かって飛び出していてもダクトとして機能する。
こんだけ書けば大体何言いたいのかわかると思う。
試して楽しんでためになる。

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:DFUQTRVK
>最も重要なのは材質
同感。ここで誤ると、聴感上では大失敗におわる。
測定上はそれほど問題ないようだが。。

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:DC6a/MQp
いろいろやって平面バッフルの素直な音に戻ってくるという事か。

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:vrWD4Dpl
平面バッフルで花火炸裂音のテストは聞けても音楽では低域不足だろ

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:gRpi/YSu
>>639
見た目のイメージで低音不足を想像してしまうのだろうが、実用上は十分だ。
セッティングで補強する手もあるし、私の場合は、低音補強アンプを挿入して
強力マグネットのスピーカーでオーバーダンピングになる場合と同じように駆動している。
アンプといってもオペアンプにLとCを4個ほどハンダ付けしてホイルで包むだけで
自作派でなくても簡単に作れる。ラインケーブルの中間にこじんまりと入れている。

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:mbRroexN
http://www.ghibli.jp/10info/009354.html

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:Uz4/B7oM
515C300L密閉でもやはり、低音不足を感じた。
最初は、PEQで80Hz以下を6dBで上げてたが、
物足りないので12dB にした。

しかし、違和感が出た。
結局18インチを下に追加した。
これで、やっと低音の切れが戻った。

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:8x8kUegI
>>543が紹介したようにネルソン・バス。数々の名アンプを設計して
数多くの名スピーカーを経験したエンジニアが今は平面バッフルを使っている。
経験すればするほど平面バッフルのよさが分かってくるらしい。

もっとも彼のバッフル、美観的には高級家具の趣きはぜんぜん無いが・・・

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:5m0kqI94
>>834のは合板でなく桜の寄木板だろ、そりゃ高級家具材だわ

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:DkmOk4Bl
>>622
>共振の強さというのがポート共振周波数での音圧ということなら、
>エンクロージャー内容積を変えてもあまり変わらない。

↑大間違い。

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:DkmOk4Bl
>>620
え?
バスレフの共振の強さ(音圧)が、箱の容積の大小に関係ないとか思ってるの?
箱の容積で変わるよ・・・
基本中の基本だろ・・・
とほほ・・・

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:DkmOk4Bl
>>628
>コーンを押したときポートから出てくる空気の速度が違うのでわかると思う。
>面積が同じならトランスは必要ない。

ダクトから吐き出される空気の量が、振動板の押す空気とピッタリと同じならば、
面積が等しい時は空気の速度は一緒で、
ダクト面積が小さい時は流速が速く吐き出され、面積が大きい時は遅く吐き出される。
という考え方だね。それは。

振動板の裏側の押し出しが、単純に回って表に出てくる、と考えているのだろう。
しかし実際は、バスレフとは箱とダクトによる共振だ。
箱が大きいと強く共振して、小さいと共振も小さい。

振動板の裏側の音波が、単純に回り込んで表に出てきてる、というような原理じゃないんだよ。

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:gexsX7Fv
> 箱が大きいと強く共振して、小さいと共振も小さい。
そんな単純ではないんだが・・・
巨大バスレフは、密閉に近づく
バスレフで箱を大きくしてSIMって見ると、間違いが判るよ

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:dcKjaGvr
なぜ箱が大きくなるかと言うと低域の再生限界を伸ばしたいからです。
38pクラスのウーファーは、一般的にはfo,Qoが低い物が多いので比較的小さな箱でも実用になります。
しかし目指すは、20Hz近くまで超低域を再生したいというオーディオマニアの夢があるわけです。
大きな箱で、foc,Qocを上げないでバスレフで低音の量も補うという手法とります。

このスレで盛んに推奨されている比較的小さい平面バッフルとは求めているものが違うということが理解できると思います。
また、平面バッフルの大型化は、低音再生限界を伸ばしたいというものなのです。
20Hz〜20000Hzまで再生できるというレイオーディオのRM-7Vの巨大さを見れば分かってもらえると思います。

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:3X757lvE
ごちゃごちゃ揉めるのが嫌になってネルソン・バスはシンプルなプレーンバッフルに戻ったんだろう

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:DkmOk4Bl
>>648
巨大バスレフとと言ってるが、何リットルを頭に思い浮かべて話してるのか?
少なくとも、実用的なサイズの箱で、容積が大きいとか小さいとか、そういう範囲では、
箱の容積が大きいとバスレフ共振(ダクトから出る音圧)は強くなって、
容積が小さいと弱くなる。
WinISDというシミュレーターがあるからシミュレーションしてみ。

652 : 【東電 82.4 %】 :2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:/qmTwxKK
>>647
単純にあなたが等価回路というものを理解していない、というのが正解です。

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:3X757lvE
649のように700リットルの容量でダクトのチューニングを思い切り下げた
巨大バスレフなら20Hzの良質低音が出ると信じている奴がいる。
まず、この具体例の面倒をみてやってくれよ

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:q+4eaLuv
ユニットの特性を無視して設計された巨大バスレフ箱は、碌な音にならないからなぁ。
QoCの低い密閉箱のように比較的高い周波数でゆるやかに減衰するし、
ポートの共振周波数辺りに強烈なピークが発生する。
それに、過渡応答特性が悪いのか、締りのないブヨブヨした低音になる。

やはり、バスレフにするにしても、ユニットに合った箱とポートにするべきだろう。

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:3X757lvE
レイオーディオのRM-7V
F028HzのTL-1601で20Hzまで出そうというのが業務用ならではの無理設計。
ダブルにする位なら家庭では>>642のように18インチを追加するほうが結局は得策。

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:DkmOk4Bl
ユニットとのマッチングを無視して巨大バスレフにしても、
共振が強すぎる=尾を引く(群遅延が大きい)  から駄目駄目だよ。
WinISDというソフトでは群遅延も出るのだが、群遅延が大変な事になる。

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:DkmOk4Bl
>>652
振動板と同じ音圧がダクトから出てくる という前提ならば、
面積が同じならば 等価回路として見なせる。

しかし実際は、バスレフの強さは容積によって変わる。
面積が同一ならば等価回路になる などという単純な動作ではない。

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:3X757lvE
せっかくRM-7Vの実例が出てるのだから具体的な説明してやれよ
俺より詳しい人がいるだろw

とにかく700Lとダクトの低いチューニングで巨大バスレフを作った。
F028HzのTL-1801をダブル駆動したら何とかスペック上は20Hz近くまで出た。
業務用としてのスペックも許容入力up、音圧upで良さげになった。
これで喜んだのはスタジオ・エンジニアだけ。
縦2本配置で低域まで指向性がコントロールされ天井の低い副調整室でもボンつかなくなった、
音質はどうあれ20Hz近くまで音は出るから超低域のレベルコントロールがしやすくなった。

しかし音質はMJ誌で一回り小さい600Lの密閉箱に入れ替えたらもっと締まった良質の低音になった。
TL-1801を一個にして300Lの密閉箱にし、超低域が入っているソフトだけは18インチ以上のSWを足した時
(サブウファーではない、高級な超低域スピーカーはスパーウファーと呼ぶようだ)
家庭用としても最高の音質になった。

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:3X757lvE
どんな巨大箱でも38cmで20Hzなどと言い出すものではない
音楽にもっとも多く現れる50,60〜120Hz位の低音が良質に再生されることが第一。

この分かりやすいテストが前の花火の発射音だったのでないかw

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:3X757lvE
コントラバス(ウッドベース)の最低音は40Hzだから、ここまで再生できたら上出来。

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:dcKjaGvr
20Hzが再生できるということで、40、50、60〜120Hzの低音が再生されないという思い込が分からんなぁ。

40Hz〜120Hzの低音領域ならダクトの共振周波数より高いので、単に大容量の密閉箱に近い動作になると思う。
君たち、本当に38p持ってるの?
そんな事を言うなら、ブッチャケさぁP-610のような16pのフルレンジを大きい箱に入れて聴くか、それこそ平面バッフルの方が幸せになれると思うよ。
音楽に関係ない低音なんて要らないと言っちゃえば楽になるぞ!

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:UCELN7Vr
RM-7Vが最高のスピーカーなんですね

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:3X757lvE
20Hzまで再生しようとする無理設計の箱が40、50、60〜120Hzの低音の質を悪くしている
というRM-7Vでの具体例なんだが理解できなかったか?
悪くなった測定と試聴記事はMJ誌の88年秋に4号にわたって掲載された。

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:UCELN7Vr
でも20Hzまで出る方が優れてますね
質云々ならフルレンジでも聞いてろって話ですからね

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:3X757lvE
どころで楽器の最低周波数はベース40Hz、バスドラ40数Hz、ティンパニーはもっと高い
けれども20Hzを重視する人はどんな音楽を聴いているの?
オルガン曲ばかりじゃないと思うが・・・

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:3X757lvE
オルガンとかホールの暗騒音とかいうことなら結構安いSW(サブウファー)でも間に合う。
昔 使っていたYAMAHAのYST-SW-1000でも16Hzまで再生できたな

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:3X757lvE
それと質云々ならフルレンジでは駄目だったねw 前の花火の発射音のテストでも

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:5ORHksVk
>>651
> 巨大バスレフとと言ってるが、何リットルを頭に思い浮かべて話してるのか?

>>615
> わかりやすく、説明してあげよう。
>
> ここに、Aというエンクロと、Bというエンクロがあるとする。(バスレフ)
> AとBはダクトの面積は同一だとする。
> Aの容積は300リットルで、Bは1000リットルだとする。
> この場合、Bはダクトの共振の強さ=音圧 は、Aよりもずっと大きくなる。

シミュレータも使い方がわかっていないと、こんな無知を晒すことになるという例だな

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:Moz/bg1T
バスドラといっても、チューニングによるからなぁ
コントラバスもC1を要求されるものもあるし、32Hz辺りまで確保できればほぼ問題はない
とはいえ、40Hz以下は楽音として頻出する帯域でもないし、聴覚もかなり鈍感な部分なのである程度低歪で音が出ていれば良いような帯域だ
40Hzまで高品質に再生できればいいかと思う。

それ以下は適当なサブウーファーに任せれば良さそうだ

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:RQbv3S2a
>>658
しごくもっともなお話しですね

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:LVPqBhT5
>>658
RM-7Vは、TL-1601bだろ
それに全部で700Lぐらいだから
ウーファ一本だと半分ってとこ
上も下もムリし過ぎで、年寄りの冷や水スピーカー
ズラかぶって、青いつぶ飲んで頑張ってるイメージ

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:3X757lvE
駄目押しのようにRM-7Vの悪口を言うのはTAD使いとして気が引けるが
試聴室で本格的に聴いたのは2回だけ、それで2回とも感じた印象としては

あの箱にTL-1601二発ぶち込んだ低音は重くてダブつき気味で中高音まで変になっていた。
20kHzまで再生可能な自慢のTD-4001ドライバーのエネルギーが負けてしまって
高音補強のイコライザーまで挿入して鳴らしている。
このズラかぶって必死に化けた音、TADファンならずとも夢破れた印象だった。

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:r6BS7J1n
サブウーファーを持ってきて、無理してたまにしか出ない低音を聴く必要もないですな。

ジャズでいうベースの歯切れのいい低音というのもイメージなんですね。
ベースの一番低い弦を開放弦で弾けば、ボワーンって締りのない低音ですよ。
歯切れがいいというのは、高い周波数の音なんですよ。
クラシックのコントラバスを弓で引けば、歯切れのいい低音なんて鳴りません。

レコーディングで低音に量感を出すためにブーミーな録音のソフトは多いです。
平面バッフルは、一種のローカットフィルターとして働きますから、選択的に聴きたくない低音はカットしていると思います。
最近の能率の低いスピーカーの重い振動系のウーファーでは比較的高い周波数の低音の過渡特性も悪くしているんでしょう。
100dB以上の能率のあるアルテック系のウーファーを平面バッフルで使えば、歯切れのいい低音も聴けるのでしょう。

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:RC0gJNeh
>>673
私も最初の頃は、そう思っていましたよ
でも、515Cにサブウーファーを足すのと足さないのでは、
明らかに臨場感が違うんですよ。
うまく言えませんが、
なんかこう、ちゃんとしっかり構えて弾いてる感じです

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:3X757lvE
どっかの帯域の音圧が不足して補強回路を入れるなら低域に入れる方が自然だ
というわけで俺はTL-1801aをプレーン・バッフルで鳴らしている。
このALTECとLBLの中庸をとった中量コーンは意外にプレーン・バッフルによく合う。
強力ドライバーとのクロスはALTECの軽量コーンよりむしろスムーズにいく。

Exclusive2402のユニットを箱から出したものでTAD使いは揶揄するかもしれないが
ネルソン・バスと同じような使い方ことになった。
たまたまだが使用アンプはバス・ラボラトリーズで低音用Aleph 0、中高音用ALEPH 0s だ。

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:3X757lvE
↑また間違った。×TL-1801a→○TL-1601a

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:VhuDUs1P
平面バッフルの場合、低域再生についてはユニットの口径は大きいほどいいんだろうね
クロスが高く取れないってデメリットは残るんだろうけど

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:tiaeeqkX
一般にバスレフが普及してて皆が持ってるのがバスレフだからその話をしたいんだろうけど
一連の流れからしても(質感が皆無だと分かっていても選択するしかない小口径以外で)38cmでバスレフ箱を選択する理由が無い

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:tWtaeEz4
>>674
同意、サブソニック領域があると無いとでは気配と臨場感と音の厚みがまるで違う。
楽器が出ていないからいらないというのは実際にやって比較した事がないからだと思うが

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:RQbv3S2a
必要なら超低域用サブウーハー追加でいいと思うけどなぁ

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:gRz82jxj
>>675
それそれ。
大型ホーンとのクロスオーバー周辺のつながりを考えるとアルテック系の軽量コーン最高とはいえませんね。
TAD4001や山本オンコーの大型ホーンと38cm一本を組合わせたらアルテック系ではエネルギーが薄くなる、
TAD1601やJBL2235でないとうまく繋がらないことが多いですね。

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:RQbv3S2a
でも2235はやだな(個人的には)

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:gRz82jxj
そんな人のために2220.

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:gRz82jxj
現在入手できるのは2226Hですね。

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:DkmOk4Bl
>>668
「1000リットルにしたら良い音になる」 とかそんな意味で言ったのではない。
容積の影響を強く受ける、という意味だ。
読解力がないね。
(というか、重箱の隅を突くために、わざと変な意味に受け取ってるのか?)

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:DkmOk4Bl
>>678
> 38cmでバスレフ箱を選択する理由が無い

軽いコーンの38cmで密閉や平面バッフルなどにしたら
最低域は落ち込んでいる。
出なくてもいいんだって人と、出てほしい人がいる。
遅い低音になっても、出てほしい人はバスレフを選択する。
クラシックを主に聴くなら、クラシックで単発のような低音はないから
バスレフでも大問題はない。

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:gRz82jxj
ストラヴィンスキー 春の祭典w

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:GoGrS909
部屋に2226Jが転がってる、どう再利用しようかな

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:gRz82jxj
ワグナ−の指輪 雷神ドンナーがカキーン!と鉄槌で鋭い雷を落とす。
ここの花火の発射音が再生できないウーファーは駄目と思いましたね。

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:jxjZtJFi
>>686
駟も舌に及ばず
どこかの市長のように見苦しいだけ

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:DkmOk4Bl
>>690
俺は密閉派だ。
勝手な解釈をするな。

どの方式を選択するかはその人による。

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:gRz82jxj
でも、クラシックではパルシブな音が要らないとか聴く曲は偏ってませんか?

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:DkmOk4Bl
これは38cmに限らず、小型スピーカーでも同じなのだが、
軽いコーンで密閉にすると、中高域の音圧が高いから、相対的に低音が落ちる。
密閉で低音の音圧を出すためには、密閉向きの重めのコーンを使うと低音は出るが、重めの音質となる。

低音を出す前提ならば、
「軽いコーンのバスレフ」 か 「重いコーンの密閉」 という選択を迫られるわけだ。

もしくは、音圧が出てなくてもいいから、軽いコーンの密閉(もしくは平面)でいいよ、という選択もある。

いいとこ取りをするなら、軽いコーンの密閉に、サブウーハーをプラスする方法だ。
上に、38cm+46cmSW という人がいるが、まさにそれ。

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:r6BS7J1n
バスレフにも色々ありますからね。
オンケン箱のようにマルチダクトでタップリとバスレフを効かせたタイプ。
38cmウーファーに対して10cm口径の小さなバスレフダクト1個でそんなに効かさないタイプ。

自分は、バスレフ大好きですよ。
8cm〜38cmまで、全てバスレフ。
密閉は、低音の量感が無くて好きになれない。
トーンコントロールも無いアンプなので低音をブーストする事も出来ない。

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:DkmOk4Bl
>>692
いらないではない。
ホールで客席で聴く音は、単発波のような低音はない。
当然ながらスピーカーが速い低音であることに越した事はない。

何を取るか、ということ。
遅くても低音が出ているのか、速くて出ていないほうか。

あちらを取ればこちらが立たず。という状態。

いいとこ取りするなら、軽いコーンの密閉にプラスSW

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:r6BS7J1n
コルゲーション付きのウーファーなら同心円上に小口径〜大口径まで両方兼ねていると思うんですが。

あちらもこちらも両方取れると思うんですが、如何でしょうか。
周波数特性としては、50Hzフラットで30Hzで-10dB落ちが良いかな。
20Hzまでフラットは、無理があるでしょうね。

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:RQbv3S2a
密閉なら振動系が軽質量なだけでは無いほうが良いかも?
超低音はプラスSWであるか、ないかが大事なことかと思います
音圧レベル的に50Hzの半分の音圧しか20Hzが出ないとしても、必要なら
あったほうがよい、音色はどうせその周波では感じられないから、、、

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:Ur1lKXri
何たって今まで紹介された中で最高なのは
アサダ桜単板積層式集成材のプレーン・バッフルでしょう

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:r6BS7J1n
ここのスレでは、平面バッフルを使われている方が多いと思うのですが、後面開放箱というのは如何でしょうか。

16cmのP-610で良い結果が出ているのですが、口径と同じサイズの穴を開けるのが良いです。
箱は、比較的小さくて済みますしバスレフと後面開放の中間的な動作をしているようです。
16cmの穴に吸音材を1枚入れると中高音の汚い音もカット出来て、低音も適当にダンプされて良いです。

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:RQbv3S2a
音色を感じる帯域まで低音をSWで感じたいなら、マルチアンプ駆動で
巨大リボンのプレナー型はどうでしょう?
ゆらゆら、めらめらとすふぁーと早くくる風圧を体感するとか

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:Ur1lKXri
平面バッフルを使われている方が多いというか
一時バスレフや密閉の長所短所を経験してきた人がまた平面バッフルに戻った
材質は最初の時とは雲泥の差に高級化してしまうものらしい

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:Ur1lKXri
Exclusive2402を使っていてあの立派なエンクロージャーを捨ててしまって
平面バッフルに移行した人というのはどんな立派な材質なんだろうと

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:Ur1lKXri
パスラボの150万アンプで鳴らしても恥ずかしくない立派なバッフルだと思うよ

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:mSgLprAN
平面バッフルとか言ってるのって、このスレでは1〜2人位では?

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:Ur1lKXri
こんなのがあった。天然桜材の質感をめでる縦型衝立(片面絵入り)
横850mm、高さ1550mm(キャスター含) 価格 2,520,000円(税込)
http://www.densakugama.com/img/a007.jpg

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:lsP9XF3W
1〜2人位では済まない感じ
若い人も書いてるだけと言われるから>>377に実物写真入で報告した
さすがにアサダ桜単板というわけにはいかず補強(響棒?)に苦労している様子だった

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:lvz6pS5P
下手にダンパーやエッジや背圧に左右されない超軽量フィルム振動板ハイスピードウーハー + 大面積SWは?

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:hgfG/kHc
材質さえ良ければプレーン・バッフルが最高なんだな。
「音の伝送速度の速い響きの良い材質」
よし、俺も花梨ではどうだ?いや紫檀、黒檀かな?

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:lvS5SD6z
>>642 だが
平面バッフル時代に測定をしたことがあるが
ニアフィールドとファーフィールドで中低域にて
差が大きいように思えた。
また、部屋の影響を受けやすいようだ。
しかし最大の問題は、38cmで16cmのバックロード並の
低音で我慢出来るかどうかだった。

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:hgfG/kHc
音の伝送速度の速いアサダ桜単板とか紫檀、黒檀を使わなかったからでは?
ピアノの響板のようにあの大きさで16Hzがたっぷり響くようにすれば良いのだとか。

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:a3v9u6gy
このスレによく出てくる120cm四方程度の平面バッフルじゃ、どう頑張っても16Hzの再生は無理

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:6RooWw0z
>>696
コーンのコルゲーションは、中域以上のf特をブロードにするためであって、
コーンの重い、軽いによる、バスレフにするべきかどうか、密閉でも低音が出るのかどうか、
とは別の話でしょ。

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:b0tPR9Qf
前後の空気を遮断するバッフルと考えるから無理になる
バッフル理論でいうと>>534のAバッフルを振動させるWE方式でやる

ピアノの低音だってピアノ線だけの振動なら裸のスピーカーと同じスカスカの音
それが響板をつけたら大きく鳴る、平面バッフルも響板のような設計にするんだよ

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:6RooWw0z
バッフルが振動しても低音が増えるわけじゃないよ。

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:emFdNnrU
ずっと平面バッフルで来た者だけど、12年位前から平面は低域のみで良い
と中高域に20cm2ウェイを加えている。平面を固定すると全体が鳴るように
聴こえる。

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:nY7pv/h4
>>711
周波数特性だけ見て16Hzをバスレフで出しても過渡応答特性は期待できないからなあ
平面バッフルで16Hz(波長21m)を感じるのは難しいからせめて密閉箱に入れるか

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:0pu6paYh
平面バッフルと20cmを組み合わせるなら
クロスが低く取れるから、18インチどころか21インチでもいいと思う

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:a3v9u6gy
>>716
オーディオ向けのサブウーファーの殆どは密閉型だし、それが1番良いかもねぇ
平面バッフルでも響かせれば16Hzが出るとか言ってる人がいるけど、思い込みで聴こえてるだけだろう。

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:lvS5SD6z
残念だが20cmでは、花火の様なハイスピードな音は、再生できていない
少なくとも200Hz ぐらいの中音域まで38cmを使う必要がある。

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:lvz6pS5P
だから、フレームだけの超60-80cm口径相当の超軽量振動版を微振幅させるだけでもう・・・

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:sdIjVR4p
>>633, >>716
周波数特性とか位相とかいくらでも補正できる時代なのに
こういう頭の腐った奴っていったい何なのだろうな。
バスレフの利点はポート共振周波数でコーン振幅が抑えられることに尽きる。
これが生かせるようならバスレフにすればいいし、そうでなければやめればいい。

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:aGt1v8Wx
>>721
周波数と位相補正でバスレフの付帯音は消せないだろう

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:4k4vNFSZ
平面バッフルが小さくて低音不足と嘆いているやつ、セッティングに工夫しろ
壁にくっつけて置けば壁と床がバッフルの延長になるから巨大バッフルになる
壁との間を数cm空ければお前の好きなバスレフのスリットにもなる
中央に置きたければLRをくっつけたら2倍大きなバッフルになる

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:+61be4Ao
>>714
バッフルが振動しても低音が増えない
響板や響棒というのは低音でなく中高音だけ響かせるものなのか?

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:YWmf70MU
低音は太い弦を振動させて鳴らす。
高音は細い弦だから響板で響かせ補強して鳴らす。
ピアノもベースも同じだよ。

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:1yuShTnp
ピアノと一口に言ってもコンサート用のグランドピアノは大きな物です。
3m近くあるので、平面バッフルと考えても3m角ぐらい必要なんじゃないですか。

ジャズベーシストが持っているアンプとスピーカーが大きな物でも120cm角ぐらいですから、平面バッフル120cm角は妥当でしょう。
低音に対する要求は、ミュージシャンとの関係を見てみると分かり易いかもしれませんね。
ロックバンドのエレキベースは、音圧も大きいから38cm2発ぐらい入ってるかもっと巨大なシステムでしょう。

バッハというミュージシャンの楽譜には16Hzが書かれているのです。
オルガン曲を聴こうとするとスピーカーの低音の再生限界も伸ばさなければならない。
そもそも、低音が出ないと音楽として成立しないんですね。

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:57sk68uA
>>723
そんなんで、現代に通じる低音が出たら苦労せんわ
昔のユニットだけどこれぐらい低音出るんだゼって言うノスタルジストと
ハイエンドSPに真っ向勝負する気合でやっているオーオタとは、
そもそも求めているものが違うと感じている。
38cmの面白さは、この2つが同居してるところに有るんじゃないかな。

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:Dauwntft
最近思うが、つくづくLansingさんは、偉いと思うワ。
タイムドメインの測定器もろくにそろってない時代に
これだけのウーファーを作ったんだから。
515最強!、130上等
あっ、そうそうJBLのLEシリーズ以降は、該当しないからね

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:QGPyvp9U
>>721
いや無理だからw
どんな補正してもいいからバスレフでパルス音を出力できてから言ってよ。
鳴らせない花火のテスト音源のときにはナリを潜めて、16Hzで意気揚々とバスレフを主張されてもねぇ。

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:syJI8jcq
15インチで密閉は難しいよー。
まず使えるユニットが皆無。バスレフ向きのユニットを使うしかない。
結果量感がないうえ重い音になりがちで、イコライジング必須だぬ。
鳴らすのに苦労すると思ったほうがいい。

731 :名無しさん@お腹いっぱい:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:seYLFs8d
壁バッフルの密閉にすれば楽じゃないの。
それからグライコ等で補正すれば簡単。

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:UfycGfBc
>>714,725
そうだよな
響きのよい高級材を使用したら中高音だけが響いてスカキンになる
だから言ったろ、平面バッフルは響きのよくないラワンベニアにしろと

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:IzcZv6wU
>響きのよい高級材を使用したら中高音だけが響いてスカキンになる

アホ。 響きが悪い高級材を使用するとスカキンになるんだぞ。
    響きが心地良い高級材ならスカキンにはならないぞ。

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:lvz6pS5P
音響的な高級材と家具などに使う高級材は違うようで
家具職人の親父からみたら、これが高級材なのか?と言っていた

いずれにせよ低域用ならやたら硬質な繊維質のハード素材でなくていいようだけど?

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:C0cL6LGN
>>540
ステサンで大成功だった高級桜材のバッフルもじつはスカキンだった。
試聴のあと一斉に大拍手が湧き起こったのは何だったのか?
耳の良い50人の読者とスガノたち評論家の耳はどうなっているのか。

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:1yuShTnp
ウーファーを手に入れたとしても、組み合わせるスコーカーも希少品になってしまった。
皆さん、スコーカーとツィーターは何をお使いですか。

しばらくは、20cm2ウェイのスピーカーに低音増強に38cmを追加でしょうか。
>>715さんのように。

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:2kBU+5Iy
中高音スピーカーなどいくらでもあるでないか。
俺はQUADのコンデンサースピーカーに+38cm平面バッフル+ムラタのスーパートィータ

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:2kBU+5Iy
38cmウーファーの使い方だが反応の早いコンデンサー型に箱入りウーファーなど付けてみろ
モタモタして使い物にならない

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:1yuShTnp
>>737さん、チャンデバマルチですか?
アンプは、どんな物をお使いですか。
LCネットワークとか組んでるんですか。

質問ばかりですいませんが、運用にあたり必要な知識なもので、よろしくお願いします。

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:syJI8jcq
15インチにホーン以外合わせんのってなんか新鮮w
もっと教えてwww

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:Dr+DlhgA
ただの冗談だろう

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:2kBU+5Iy
QUAD+38cmウーファー はむしろ大昔からの古い使い方
QUADの周波数特性はいちおう35Hz〜20,000Hz(±6dB)になっているが
実際の音楽では38cmをうまく付けないと低音に芯がなくてフニャフニャ
超高域も現在のハイレゾ時代にはSTを付けないと物足りない

チャンデバといっても位相がどうとか面倒くさいからCR1段の6dB/0ct
これで150HzクロスにしているがQUADの薄いフィルム状振動板が揺れなくて繊細感が増す

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:2kBU+5Iy
せっかく反応の早いコンデンサー型にコーンウーファーなど付けるなというマニアもいるにはいる
しかし 反応の早い軽量コーンと平面バッフルなら満足できる
平面バッフルがコンデンサー型と同じダイポール型だから音の出方にも違和感はない

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:emFdNnrU
>QUAD
上のトランジェント特性の良さから言うと低域に向いてませんか。

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:2kBU+5Iy
トランジェント良くフワッとした低音。ガシッ、ドシッと芯のある低音は聴こえない

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:lvz6pS5P
コンデンサー型やリボン型の反応がよくてだらだらとろとろしてない機敏で
しかも剛直じゃない低音はいいですね

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:2Hx+wFcI
これまでで明らかになったこと
・バッフルが振動しても低音は鳴らない
・楽器(ピアノやベース)でも低音は太い弦の振動で鳴っていて響板では鳴らない
・響きのよい高級材バッフルは中高音だけが振動して補強されて鳴る
・楽器でも中高音は細い弦で音が小さいから響板を振動させて補強して鳴らす

つまり高級材バッフルは低音は補強されず中高音だけ補強されてスカキンになる

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:79CXzckl
机上の屁理屈しか知らない脳内派はトンデモ結論に到達するものだw

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:7tY1COMU
>>747
馬鹿発見記念

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:Xxde4MMW
へえ、最近巷では平面バッフルブームな訳?

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:ALsTasnD
しかし、ここの最近の理屈を読み返すと>>747のトンデモ結論に行き着くなw

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:vMBrvEbq
口を挟んで申し訳ないが
周波数特性 35Hz〜20,000Hz(±6dB)のQUADの低音で不満足な人が平面バッフルで満足した。
平面バッフルでこれだけ低音が出たら何もいうことは無いと思う。

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:KBaQHlxR
平面バッフルは密閉と比べて後ろに出る音が
多く回り込んで聞こえるからいいわけ?

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:jks5og3A
つか、振動板面積でかせいで小振幅で一定の満足する音圧が得られないようなら
巨大平面バッフル(壁もバッフルとして利用)も有益でいいのじゃないかしら

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:SvajpUI4
異論もあろうが、俺は無共振壁バッフル派でなくAの響きのよい板で振動を積極利用する派

>平面バッフルには相反する2つの設計法がある。
>@振動拒否の設計(ワーフデールのブリッグスが主張)
> 「バッフル面は振動してはいけない。振動しないようにバッフルに砂を入れたりして徹底的に防振する。
> これを無共振の頑丈な壁に取り付けて無限大バッフルにするとさらに効果的である。」(山中氏)
>A振動を利用する設計(WEなどが主張)
> 「バッフルを積極的に振動させて低音を補強する方がベター。フレームが受けた振動の力を
> バッフル全体に伝えれば、バッフルもスピーカーと同じ動きをして、弦楽器の胴やピアノの響板や
> 響棒と同じように、小型でも元の音を響かせて増強することができる。」(長島氏)

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:SvajpUI4
無共振では木製ホーンを砂入りで製作して失敗しているしな。
なんとも味気のない無味乾燥な音がした。

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:j5YCVk3t
いまは、防振でなく 整振だからね。
振動を防ぐのでなく 振動を整えると音が良くなることがようやく分かってきた。

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:jks5og3A
整振、調振がきっちり低域のウーハー帯域、SW帯域で効いてるか、だけどね

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:j5YCVk3t
それを最終確認できるのは測定でなく聴覚であるということもようやく分かってきた。

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:NUiBwCay
http://hayashilab.syuriken.jp/baita.htm
http://hayashilab.syuriken.jp/tannoibaffuru1.htm
http://hayashilab.syuriken.jp/tentou1.htm

38cmで平面バッフルというとこんな感じになるんですかね
この人はこれでも小さく作っているようですけど

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:XWu6CYdi
>>759 物理的に振動解析すれば判るんだろうけど、オーディオに自称詳しい
、って人は、電気的に詳しいだけだから。。。。

困ったもんだ。 

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:Pj7beDC+
外野席で見ている人は、似非理論を振りかざして好きな事を書いてるだけですよ。

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:WmGPJicI
外野席で観戦するにも真剣勝負の好試合がいいな。

f特35〜20,000Hz(±6dB)のQUADにも38cmウーファーで充実させた話
Exclusive2402システムでTL1601を箱から解放して使用している話
さらにはステサンで50人の試聴者がいっせいに拍手した38cmの記事や
38cmとホーンドライバーをばらして平面バッフル製作中の写真など・・・

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:3mJh8+CW
プレーンバッフル推しの人が全員同じ人に見える。
主張内容も文体も大体おんなじだしね。

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:atQTkEYX
エースが投げて4番が打つのがやっぱりいい試合。
38cmのエースと4番はどれだろう?

外野席は騒がないで真面目に観ようよ。
野次が多いのは広島のカープと兵庫のタイガースか?

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:atQTkEYX
>>768
外野席からのデマや誘導もいけないな。
プレーンバッフル・ファンでレスし合っている
ID:emFdNnrU
ID:1yuShTnp
ID:2kBU+5Iy らは全員同じ選手の成りすましてか。
どうしたら違う背番号のIDで成りすませるのだ?

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:atQTkEYX
アンカーの場内放送を間違えた。>>768>>764
プレーンバッフル嫌いの業者の成りすましじゃないだろうなw

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:3mJh8+CW
このスレのプレーンバッフル推しの人はいつもアホなデタラメ理論を言ってるからねぇ・・・
バッフルを響かせれば16Hzまで再生できると主張しているけど、原理的に不可能だよ。
測定してみればわかるけど、どんなバッフルでも120cm角程度のサイズなら120Hz辺りからだら下がりの特性になってるよ。


別にプレーンバッフル自体を否定するわけではないよ。

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:5mT6u0Bi
>>768 >測定してみればわかるけど、(中略)120Hz辺りからだら下がりの特性になってるよ。
低域は測る距離によって、f特は変化する。SPからどの位の距離なのかも教えてください。

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:atQTkEYX
それがデマと誘導だよw
バッフルを響かせれば16Hzまで再生できるという主張が何番のレスにある?
エフゼロ25〜30Hz程度の38cmの低音をバッフルの響きで補強する主張で
花火のパルシブ音を歯切れ良くさせたり35Hz〜のコンデンサー型の低音を強化したり。
16Hzで煽っているのはたかが50Hzの花火音で惨敗したべスレフ党に見えるが。

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:atQTkEYX
それと、良い材質のバッフルでは中高音ばかりが響くから
スカキンの音になると変なデマを飛ばすのもアンチ・バッフル党の仕業だな。

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:wSrAK7IR
コンデンサー型のようなハイスピードの音にウーファーをつけるなら
箱入りはだめで平面バッフルしかないのは誰しも理解できる。
40Hz以下のSWなら箱入りも可能だが。

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:kP3q8kSQ
>>770
16Hzとか超低音で騒いでいるのはバスレフ派のようだね。
超低域にチューニングしたRM-7VバスレフにTL-1601を入れると20Hzモニターになるとか。
音質が悪くなるから超低音はいらないとTL-1601を箱から出したのが平面バッフル派だ。
しかし平面バッフルの低音は質がよいからアンプでの補強可能とも書いている。

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:rtBcqnjl
平面バッフルでもユニットたくさん並べれば低音でるのかな?
http://marumasa2001.com/av/sp/95101502.jpg

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:tmkWqHkP
> しかし平面バッフルの低音は質がよいからアンプでの補強可能とも書いている。
いくらやっても100Hz以下は、悲惨だよ
38cmでも20cmと変わらないぐらい低音出てないから

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:FyKOihhW
TL-1601 はバスレフに向いた設計で、 20 Hz モニターとかいわれてますけど、
ポートチューニングとしては fr と同じ 28 Hz くらいがいいんじゃないですかね。
ポート共振周波数は低ければいいというものではなく、低ければ確かに低音は出ますけど、ドロドロの低音になる。

777 :1000ZXL子 ◆ZXL.Ko/IEE :2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:hEUBWLDy
::::::::::;、 /!゙、', ! ! ..:;'!:,' |::;'.r''",rl!、゙゙ヽ,l!';:l:::: :;':.::::゙/7'ト、:.::: .    l !
、;;r'",、':::! ,゙、 ';:';:::l l! l:;' ' ./!  j!   ',!::;:/:;/ / .l:::/,'::..:::    !'
  /:::::j ゙ヽ、,ゝ'、| l.  '  lri;、r/     ゙ツ''" ',、"'';':://':;'::: / . j'
/:::::::ツ   { r'、    ,,';;;ン'          / .;! }!'./:/::.,r': .:::/
゙'ヾ;/    ゙、'、ヽ     ゙''''        /'r/ " '/:/::;/,r'  えっ!?
.,/        :ヽ、、,              , l;ツ  ,,',-''":;/'"
"         ::::l:::::::\           ''゙ ` ゙ / ノ‐''"    777ゲットですって?
       ..:::::l:::::::::::/゙' 、     σ       ,''"
   ...::::::::::::::ノ::::::::::/   ゙ヽ、,      ,,.、r'        まぁ・・・
..:::::::::::::::::;.r‐ ''''''''''‐、,     ゙'ァ‐‐ '''"" i'    
:::::::::::::::, '        ヽ,    /:::::::::::: ! {      
;:::::::::::         ゙l'、、  { 、;:::::::::. ゙、.', 

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:WGwXvWJf
TL-1601abcはどれもドロドロの低音
振動板からいっても重すぎ
こんなバスレフ用ユニットを平面バッフルに付けてもムダ

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:FyKOihhW
>>774-775
低音が出なければ電気的にブーストすれば出るようになる理屈だ。
しかしあまりにも出ないものをブーストするとボイスコイルが底を突いたり焼けたりするから、
もともとある程度出ないことには無理。
ユニットを4つ並べれば放射面積は当然4倍になるから振幅は 1/4 で済む。
バッフルとしては寸法が変わらなければ効きは同じ。

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:baffjPsR
バスレフと言っても色々あるし、よく設計されたバスレフは好きですよ。
密閉箱だと量感不足は否めないし、低音ブーストすれば良いとか言いますが上手くコントロールするのも難しいと思います。

TL-1601シリーズは、振動系も重いのですから平面バッフルではフラフラで制動が難しそう。
アルテックの515もA以外は、平面バッフルを想定してない。
B,Cは、A5,A7のフロントロードホーン向きに開発された物でしょう。
B,Cは、平面バッフルではフラフラだが振動系が軽いので制動が良いので、逆に低音ダラ下がりと平面バッフルの弱点で量感が少ないと思います。。

515のB,Cを使うとしても、自分はバスレフで行きたい。
ただし、オンケン箱はダクト面積が大きすぎるのでダクトを小さく設計したい。
20Hzは望まないから515B,Cで軽い低音のバスレフを実現したい。

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:FyKOihhW
決まったように振動板が重い(正確には振動系のはずだが)という頭の腐った奴がいるが、
特に口径が大きいと空気の付加質量(振動板と一緒に動く空気自体の質量)がバカにならない。
40 cm 径の TL-1601 の場合、 50 g ほどは空気自体の質量である。
また、振動系質量には駆動部(ボイスコイル)の質量が含まれており、
これは駆動力を発生させているところであって、
簡単にいえば2倍の駆動力を発生させれば2倍の質量があっても何の問題もない。

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:xYKdw+Yr
ボイスコイル、ダンパー、エッジのない巨大振動板を使って微振幅で、ですか?

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:CF4wTLIw
>>781
TL-1601は、駆動力が2倍に出来ないから、問題なんだろ
暑いから、もしかして脳の中に入ってる味噌が腐ったのかもしれんぞ

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:Co9Zpa5H
>>775
20cmの平面バッフルと比べた話ですか?
周波数特性以外の特性がズタボロなバスレフ箱の特性と比較されても惹かれないというか・・・

まあ音速340m/secだとして100Hzの波長は3.4mなので平面バッフルでも遮れるサイズ
50Hzの波長は6.8mで16Hzの波長なんて21mだから、21mから見て高々2mくらいの板は無いのと同然。
平面バッフルで低音が伸びないのは今更言うまでもなく事実ですが、
でも箱に入れてしまうと過渡応答など波形自体が大きく元波形と変わってしまうので本当なら入れたくないですよね。

「16Hzなんてオルガン以外に無いからバスレフでもいい」?
16Hzだけならポート共振でもいいかもしれませんね。それ以上の周波数を共鳴音で出すのは微妙ですけど。

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:DXZi3sZF
>>774
振動板面積が大きくなればバッフルは小さくても低音は出る。と1mのスピーカー
を自作した人が言っていた。似た体験をしたのが60cmくらいのスピーカーを買っ
たのだが指定のバッフルが1mx80cmくらいの小型。半信半疑のまま作ってみたら
充分低音が出た。面白いことに低音には指向性が出る。

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:xYKdw+Yr
実質35Hzと倍音の70Hzあたりがセットで聴こえて初めて音色として
認知できるのが人の限界くらいでは?
35Hz以下なら、レスポンスがあるか、ないか、が重要になるので
16-18Hzあたりのポート共振チューンならバスレフでいいのかも

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:O7SPfl81
バスレフというのは波長遅れの低音を足して見かけ上の低音補強をするものですから
それでも良いという人とこんな偽物低音は嫌いなピュアマニに分かれるのは当然でしょう。

波長遅れの低音を嫌うピュアマニは密閉箱や平面バッフルになるのでしょうが
わずかな箱の響きでも嫌いな超ピュアマニが分かれて平面バッフルになるのは当然でしょう。

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:xYKdw+Yr
平面バッフルというか、壁埋め込みの後面開放型ってやつでいいでしょうね
SW領域外は

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:4GPe+RqV
>>784
平面バッフルってフリーエアーでポツンと使うわけではないんで
実際には床も壁もバッフルの延長として働く。
だからそんなに大きくなくとも4〜50Hz程度はすんなり出るんですよ。
要は後ろから出る逆相成分を如何にうまく処理するかってだけ。

家は120cm×150cmのバッフルだけど低音不足は感じた事無いし、
下手なバスレフや密閉より余程量感も出てますよ。

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:O7SPfl81
>>738
また反論があるでしょうが壁埋め込みというのは>>755の@の設計で
普通に平面バッフルというのはAの設計でしょう。

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:5SQClD4k
>>789
それは多分倍音だけたっぷり聴こえてるだけでただの錯覚だよ

そのサイズだとどう頑張っても100〜120Hz辺りまでしかレスポンスを確保できない。
床や壁を利用しても、80〜100Hz程度までしか再生できないよ。
測定すれば解ること

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:O7SPfl81
そうかもしれませんね。
でも、現実にはステサンがAの設計で作って読者50人の試聴会で大拍手が起こった
という音ですから音楽を聴くには十分だったのではないでしょうか。

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:5SQClD4k
>>792
それっていつの記事ですかね?
ちょっとその記事を見たことがないんで…

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:5SQClD4k
>>792
とはいえ、多くの音楽はそれだけ確保していれば聴感上十分かもしれませんね

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:O7SPfl81
>>793
前レスにステサン第50号、好評なので読者試聴会を別冊ハイテクニックシーリーズ4号
で行ったと書かれています。内容は>>534,540,545

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:c15sNZUK
お前ら、測定では、理論的には ってネット知識だけで語ってないか
桜材32mm厚単板集成材でペア何十万の平面バッフルの音
実際に聴いた経験あるのか?

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:xYKdw+Yr
>桜材32mm厚単板集成材でペア何十万の平面バッフルの音
加速度計使って音波にA/D変換したデータとかあります?

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:c15sNZUK
だから、そのデータを必死に探す時間があれば実物を探して試聴しろと

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:VV6iygsz
ツンボには無理なんじゃねえの

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:baffjPsR
百文は一聴にしかず。

しかし、聴いた事ないというか、どこに行けば聴けるのかという問題が大きい。
個人で研究及び所有している平面バッフルを聴けという方が無理。
同じ物を入手して、自分で聴いてみろと言っているに等しい。

何時でも聴きにいらっしゃいというショップでもあれば良いのだが。

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:5SQClD4k
>>798
私が試聴したのは、90cm*120cm程度の米松材、樺材、MDFの平面バッフルですが、バッフルの材質が変わっても
低音はどれも同じくらい不足していましたね
確かに音の美しさや厚み等は樺材のものが最も優れていましたが

もう少し大きければ、倍音による錯覚だとは思いますが、>>789氏のように実用上問題のない量の低音が確保できていたかもしれませんね

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:baffjPsR
存在しない低音を平面バッフルで追求するより箱ですよ。
平面バッフルを追求する以上に理想箱を追求するのは大変かもしれない。
16cmフルレンジの箱をいじっても問題山積なんですから。
箱を追求出来なかったから、平面バッフルに逃げたんでしょう。

バスレフの低音が遅れて出てくる?
変な先入観を持ってるようだが、サブウーファーでも聴いてしう思ったのだろうか?

803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:KlFdUtMU
実際、平面バッフルから大容量密閉に換えて
低音の締まり具合の違いに驚いた。
515Cでも300Lを超える容量だと、息苦しさのない
腰の座った低音が味わえる。

>>796
>桜材32mm厚単板集成材でペア何十万の平面バッフルの音
そこまで作ったら、あとすこし頑張って箱を作ったほうが良い。
最近、集成材のことを無垢材とか単板とか偽装するのが流行っているようだが
あくまで、端材を集めて作った床とか柱用が主な用途の集成材だ。
フランケンシュタインのように継ぎ接ぎだらけの建築材のことを
無垢とか単板とか言うのは、日本人として情けないぞ

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:xYKdw+Yr
>樺材のものが
そうでしょうね、オランダの樺材のを聴いたことがあります

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:xYKdw+Yr
単板こそ響きに特徴が出やすいですねぇ

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:KlFdUtMU
> バスレフの低音が遅れて出てくる
その事実は、確定済みなので、他で電波飛ばしてきてください

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:KezVR/eA
バスレフの原理というのは波長の遅れた音で低音を補強するというものだ。
ごたごた言い訳してるが、バスレフで波長遅れでない低音をどうやって出すつもりだ。

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:baffjPsR
スピーカーは楽器ではない。
平面バッフルで○○材で響きを追求というのは邪道でしょう。

スピーカーからは音楽以外は鳴らさないが最終結論。
理想的なスピーカーからは生の楽器の音がするんです。

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:xYKdw+Yr
38cmコーンに拘らずフレームのみの超軽量な振動系質量のがベストでしょうね

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:5SQClD4k
>>805
試していないのでなんとも言えませんが、響きを活かすなら、板を厚くしすぎると響きを殺してしまいかねないかもしれません。
程々が良いかと思います

>>808
確かに響きを乗せると録音からかけ離れた音になってしまうのでオーディオの目的の一つである原音再生の観点で考えると邪道かもしれませんね。

とは言え、自分にとって心地の良い音で音楽を楽しむ。というのも一つの目的でしょう。

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:baffjPsR
スガノとかいうバカな評論家が「レコード演奏家」だの「再生芸術」などと言い出したから何でも有りになった。

鴨になってください。

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:KezVR/eA
理想的なスピーカーからは生の楽器の音がしないといけないから
生楽器より波長の遅れた低音を出すバスレフで良いのかと追求している。
話をごたごた紛らわせるな。

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:baffjPsR
クソのバスレフ聴いて遅れた遅れた言ってるんじゃねえよ。

どこのメーカーの何というスピーカーかB&Wの80□でも聴き過ぎたか。

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:xYKdw+Yr
原音再生も幻想で趣味なら究極的自己満足でいいのです、が
理想は理想で
必然的に現実に則した再生ルートが決まってくる、そんな感じですね
何をとり、何を捨てるかは経験値(測定含めた)と好み次第ですね

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:KezVR/eA
バスレフの原理知らないのか?
波長遅れの低音で補強するのがバスレフの原理だからどの社の製品も波長遅れになっている。

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:KlFdUtMU
>>813
口もバスレフの穴も閉じた方が良い好事例

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:baffjPsR
原音再生が幻想?
そうは思わないな。
原音再生は儲からないからメーカーはやらないだけ。
1960年代に生と再生音のすり替え実験は終わってる。
でも、買い替え需要が見込めないから、次から次と個性的な音を作り出した。

まぁ、いいやオーディオは出会いだから。
出会ったことない、聴いた事ない人に何を言っても無駄なんだが。

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:xYKdw+Yr
なんだ、コンサートホールでやったビクターのすりかえ実験を信じて
家庭でそれやってるってことかい、、、

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:baffjPsR
>>818
オー、家庭でやってるよ。

毎日がコンサートホールにライブハウスよ。

今のオーマニは可哀想だな。雑誌の評論家やショップに騙されて、刷り込まれて。洗脳されて。

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:5SQClD4k
>>819
偉そうにいうけど、あんたのシステムって何なの?

821 :名無しさん@お腹いっぱい:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:fagBeI2a
>>817
部屋の残響特性が20Hz−20KHzの全周波数で0.2秒以内の部屋で
100名のオケやブラバンの生と再生音とのすり替えが出来ればね。

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:VV6iygsz
フォスのフルレンジ一発

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:Dxmpszsd
>波長遅れの低音で補強するのがバスレフの原理
一波長遅れかな。50Hzなら約7m。こりゃ原音再生、原音場再現どころじゃないわ

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:xYKdw+Yr
>>813
実際どんな何というスピーカー(ユニット)で満足されているか、事例がほしいところ

>>819
ホールの残響時間や群遅延などのパラメから擬似的にホール作り出してるなら凄いね
どんなシステム?

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:baffjPsR
>>823
7mって、振動板とダクトが何メートルも離れているのか。
遅れたって逆相になったのか。
それなら打ち消されて低音が減衰してしまうよね。
1波長遅れたなら360°だ。元に戻ってしまうだろう。

何秒遅れるの1分も遅れないよ。
t=1/λだ。さて何秒遅れるんだい。
コーン紙の出す低音から何秒も遅れてダクトから低音が出てくるのかな。
それともコーン紙から出る低音とダクトから出る低音と2度聴くのかい。

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:reA19uwy
「レコード演奏家」っていうのは自分も最初はふざけんな、と思ったが、
今となってみると菅野爺の言ってることはわかる。

そもそもマイクを選ぶ時点で、
どういう音色にするかはエンジニアとかプロデューサーの意思が入ってくるし
マイクアンプ、コンソールとか数限りないアクティブ、パッシブなデバイスを通過してきてる訳で、
そこで原音とか言うのはナンセンスだと思う。

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:xYKdw+Yr
○○演奏家っていうとごく再生のみ一般人が演奏家になれない悲哀をどうしても感じるなぁ

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:baffjPsR
>>826 それが、サントリーホールに行って聴いてきて、家でサントリーホールの録音を聴いたら同じ音がした。

その時、自分のやって来た事は間違いなかったと思った。
ホール独特の響きというのが有るんだよ。
NHK-FMでクラシックの生収録を聴くとホールトーンも録音されている。
マルチモノのスガノさんの録音を聴いたのでは分からない世界。(彼の録音は左にベースをブーミーに定位させる。)

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:xYKdw+Yr
どんなシステムですか?

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:reA19uwy
>>828
同じ音がした、というのはいいすぎだと思う。
たとえホールの音響を100%正確にデジタル化したと仮定しても(それは不可能だが)、
それに部屋の反響が加わる訳で、まったく同じには鳴らないはず。

同じような感じで聴こえた、というならわかる。

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:fyrxervW
>>825
ぜんぜん分かっとらんな
50Hzで7m遅れなら一波長遅れの正相で合うだろ。しかし原音再生、原音場再現にはならん
ジャズコンボがスピーカー位置に並ぶ。しかし低音のベースだけ7m後に位置するw

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:LVPACUpi
あと、じぶんも菅野爺の録音は好きじゃない。

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:4VwmfgNF
奴の妄想だから具体的なシステムは多分出てこないよ

先端技術をふんだんに用いた現代的なスピーカーでも、枯れた技術(=実績のある安定した技術)のスピーカーでもそれらをどんなに高度に扱おうが、家庭内では生演奏を完全に再現することは不可能

理由はID:reA19uwy氏の言う通り

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:sxfLEkgb
DSP使いまくり、120Chぐらい細分化してそれぞれにデレイ加えてっと、そんなシステムかしら?

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:IE2qjbqF
>>830
同じように聴こえた。かなり近い音に聴こえた。

>>831
それは、家では聴いた事がないが、あるところでボーカルが遥か後方に定位したのは覚えている。
そもそも、楽器の立ち位置が分からないようなスピーカーは駄目なスピーカーだから。
ボーカルは、楽器の後ろには定位しないのが普通の録音だから。

さらに言うなら、クラッシクの演奏で演奏者の位置まで分かるスピーカーが凄い。

クラシック好きの奥さんがオーディオショップで第一バイオリンが左右が違うといいだした。
ショップの従業員総出で調べたが配線はおかしくなかった。
旦那さん曰く、「彼らの世界なんだから黙っていなさい。」と言ったそうな。
正しい位相とかいう社名のアンプの位相が回転していたのが原因らしい。

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:sxfLEkgb
>>835
で、ご自分のシステムは?

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:kEMhv8BR
ぷっ

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:fyrxervW
第二ヴァイオリンは左のオケも右のオケもあるけどね
ベルリンフィルは左、ウィーンフィルは右。それも定位しない装置があるw

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:IE2qjbqF
>>829>>836
個人情報だから、個人を特定されても困るのでお断りします。

ご自分で、あらゆるショップをハシゴして探してみてください。

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:fyrxervW
N響は指揮者によって右になったり、左になったり。団員は感が狂うと嘆いている
ま、この辺のことはスレ違いで関係ないかw

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:sxfLEkgb
やっぱり総合的に網羅して頭で展開した理論と現実の物理特性や現象をデータで一致させ
これをもって納得しろ、と示せるひとつの理想を実現できてるひとは居なそう 難しいものね
感覚だけなら、事実でも他人から確認できないことでも叶ったと思い込むだけですむしね
最終的には自己満足世界だから、まあいいんですけどね

>同じ音がした。

とかくるから興味もっちゃいますけど

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:IE2qjbqF
>>840
N響の演奏は良いとしても、NHKホールって音悪くないですか。

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:fyrxervW
紅白歌合戦用に造ったホールだからw

それにしてもバスレフは位相反転型、反転されて正相になった低音が
振動板との遅れがなく無事に低音補強すると思ってる人はめでたすぎだよ

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:sxfLEkgb
どんなシステムですか?

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:IE2qjbqF
何か可哀想な人達が多すぎ。
理屈でしか物事を考えられなくて、音楽聴いてるんですかって問うてみたい。
どんな音楽が好きなんですか。

まさか、ピーとかプーとかザーとか発信機つないで聴いてませんよね。

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:sxfLEkgb
どんなシステムで音楽聴いてるんでしょうか?

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:4VwmfgNF
妄想だから出てこないって

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:fyrxervW
ストラヴィンスキー、リヒアルトシトラウス、ショスタコーヴィチ….etc
これらの曲は低音遅れのスピーカーではとても聴けない

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:sxfLEkgb
評価基準=オレの感覚
なら話は平行線、事例も定性的な話でないならいきずまって当然で
各自勝手な思いのたけを書いて終わりでいいと思いますよ

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:IE2qjbqF
妄想とか簡単に言っちゃっていいの?

裏を返せば、ちゃんと音楽聴いてない。
音楽を聴ける装置を持ってない。

ということですよ。残念ですけど。寝るわ。

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:sxfLEkgb
>音楽を聴ける装置

その事例よろしくです

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:4VwmfgNF
>>850
ええ、あなたの言うことは妄言にしか聞こえないんですわ
具体的でもないし、発言内容に矛盾がありまくり

だから何人かが疑問に思って、どんなシステムか教えてと言ってるの

貴方は個人情報だからとシステムを公表してませんけど、システムの内容は個人情報にはあたりませんよ
だってシステムの内容だけで個人を特定できる訳ではありませんからね。

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:sxfLEkgb
理想に近い再成様式を語るスレかと思っていたら、そうではなく

>ちゃんと音楽聴いてない とちゃんと音楽聴けてるや
>同じ音がした。 と原音再生が実現したかの報告があると

つい興味もっちゃいますよ

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:IE2qjbqF
>>852
自分のシステムを晒してからじゃないですか。

そこから始めないと。
実は、画面をアップしていたが音は聴かせられないから止めた。寝るわ。

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:sxfLEkgb
>画面をアップしていた

参考ということでいいのでは?

856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:v2Yu80Va
>>807, >>815
それ完全に間違ってますけど?
こういう頭のおかしい人間が本当にいるから注意しないといけない。

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:VxSlDwnY
密閉&バスブースト最強

旧態依然としたグラスウールじゃなく
現代の優秀な吸音材とか語った方が有益に思う

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:U4fpAWuo
>>857
現代的な吸音材ってどんなのがあるだろ?

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:Oz7ZUm6i
>>857
低音域では、普通の吸音材は効果が薄いよ

さて、事低音に関して言えば、
平面バッフル>バックロード(ここまでは、色物)>バスレフ(ここまでは、質より量>>密閉>巨大密閉>密閉+バスブースト>>密閉+サブウーファー>低音ホーン
の関係が成り立つ

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:3tDv6uXk
>>857
密閉バスブースト使いだけどグラスウールでいいと思ってるよ
少しの吸音材で効果を得たいバスレフ向きの話題では?

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:dJJChl7r
巨大低音ホーンも強力磁気回路の38cmを付けたら+バスブーストが必要になる。
量より質の歯切れよい低音が聴こえれば(平面バッフルや低音ホーン)低音補強回路必と考えればいい。

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:dJJChl7r
これは磁気回路だけでなく現実的なホーンの開口面積の小ささの問題もある。

実例でいうと、天井ホーンの元祖である高城氏の場合は
カットオフ28Hzのホーンだから開口部の周囲は計算上は12mの丸穴になるが
実際には、畳1枚程度の面積しか確保できず、開口面積 約1/6のショトカットホーンになった。
120Hzから6dB/octでダラ下がりの周波数特性になったので、低音補強回路でブースとしている。

平面バッフルも計算上は3m角程度あれば理想的だが
実際には、ここでよく出る1.2m角で作ることが多いので、バッフル面積は1/6しか確保できない。
120Hz近辺から6dB/octでダラ下がりの周波数特性になるから、低音補強回路でブースト要である。

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:e7UwcUQV
平面バッフルの場合、低域のブーストしてもスピーカーの前後で打ち消しあうからブーストの効果があまりないのでは?
その辺りはどうなんだろうか?
試してないからなんともいえないけど・・・

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:dJJChl7r
ショートカットホーンで低域ブーストが実用上可能なのに
平面バッフルでは不可能な理由をどうぞ。

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:FImuJD4N
>>860
ウーファー専用エンクロージャの周波数帯を500Hz以下とすると
普通のグラスウールの吸音率は、どうなんだろうか

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:dJJChl7r
スピーカーの前後で打ち消しあったから−6dBのレベルになった。
ゼロになったらブーストしても無いものは出ないが、−6dBのレベルで出ている音だから
ブーストすれば大きくなるのが当然。
ショートカットホーンの−6dBが補強可能なのと同じことだと、俺は思うのだが…。

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:dJJChl7r
ブーストすれば前後で打ち消す比率が増えるという理論があるなら
>>863の言うとおりだが、どうなんだろう?

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:Hvv5FvQ8
短純に打ち消しだけでレベルのみ下がるならいいんだけど実際には
それに横や後ろの壁の反射とかで位相のずれた信号も合成されて耳に
到達するんで定位や仮想音源位置とかに不具合が生じるよね。
そこにはうなり効果も起こるだろうね。
6dB下がったから6dB増幅しても1には戻んないよ。
平面バッフルは後ろからの音回りを極力留めるのが正解だよ。
少なくともサイドとかは壁にほぼ到達するくらいに反射面積を広げる、
上からは回り込みを避ける為に折り返しを付けるとか。
壁や床もバッフルの一部なんでギャップが起こらないように反射周波数を
コントロールする事だと思うよ。

比べればショートカットホーンはレベルさえ上げれば1に戻せるね。

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:hHQIcLui
>>865
低音が吸音出来なくても、200Hz以下は
箱の中の定在波は少ないので別にいいかも
ぎゅうぎゅうに詰める必要も無い

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:sxfLEkgb
>少なくともサイドとかは壁にほぼ到達するくらいに反射面積を広げる、
>上からは回り込みを避ける為に折り返しを付けるとか。

実用的考えと思いますね

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:v2Yu80Va
>>864
同じ大きさのものが同相で干渉すれば +6 dB だが、逆相で干渉すると -∞ dB になる。
+6 dB は -6 dB すれば補正できるが、 -∞ dB はどうにもならない。
-∞ dB どころか -20 dB ですら補正には 100 倍のパワーが必要になり大変だ。
よく±x dB などというが、実は+と−は対称ではないのだ。
ただ、よくしたもので、干渉すると簡単に -∞ dB になるということは、人間の耳はディップに鈍感なのだ。
周波数特性でピークは目立つがディップは割とどうでもいいといわれるのはこのためである。

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:JIYkVv3R
>>869
ぎゅうぎゅうの意味は分からないが
吸音が出来ないとどうなるのか考えてみよう
振動モードは、変化するものだ
床とか壁が泣いた時の音は、聞いたことがないのかな

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:luPhIsvf
>>866
せっかくコーン紙が動いた前後対象分の綺麗な音を
回り込んだ後ろの音が打ち消した後に残った
汚い非対称音が-6dB で出ていると思えばよい

これを又ブーストするということは、また前後で打ち消しあった音を
ブーストすることだから、更に汚い音になる

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:9ZsfVJ6B
振動板前後の音響空間で打ち消された低音は汚くなるという理論的根拠は?

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:i7b4FkxR
平面バッフルではスピーカーの前後で打ち消しあうから常に一定の小音量しが出ないという原理原則がある
いくらローブーストしても原理原則どおりに小音量しか出ないんだよ

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:GnpxgTf6
バスレフ用のユニットはバスレフで鳴らすのが一番いいよなー。オーソドックスが一番だよ・・・。

特殊な装置は、特殊な音源しか鳴らせないんよねー。

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:Hvv5FvQ8
あほに説明するのは難しいって。

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:i7b4FkxR
BTS規格のダイアトーン2S-305やP-610もバスレフで使用するように設計されていた
平面バッフルや密閉で鳴らしたら低音は一定の小音量しか出ないからスカキン

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:FImuJD4N
本来バスレフ箱っていうのが特殊な装置、とにかく群位相遅延も目をつぶるし
過渡応答が悪くて間延びするのも許すから周波数特性だけ補強したいって用途向け。

でも長年周波数特性グラフだけを見せられて
サイズを超えた低音!ってキャッチコピーに踊らされて、今のバスレフ大繁栄の時代に至る

880 :879:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:FImuJD4N
(あ、2chやってて初めてID被りというものを体験したw なんだか地味に感動。)

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:uA4gbn9g
バスレフ厨の理論がどんだけイカサマだったかはっきりしたな。
>>862の説明で夢のコンクリートホーンと平面バッフルが同じ特性なのが分かる。
ケチをつけてるのはコンクリートホーンを聞いたことない、調整法も知らない厨だろう。

882 :名無しさん@お腹いっぱい:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:DwqwWHi2
壁バッフルの密閉箱はどうなの?
過度特性も良いし、正面の圧力と背圧との差も無い。

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:uA4gbn9g
せっかく壁バッフルにしたのに後面を箱で囲っている人を見たこと無い。

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:kEMhv8BR
馬鹿は死んでも馬鹿のまま

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:/OfDkFr/
スピーカーにとって箱というのは必要悪だ。
無いと困るが箱によって音質が良くなる事はなく悪化を最小限にする事で精一杯。
音質を悪化させないのはホーンかバッフルだけ。

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:4VwmfgNF
ホーンも悪化させるだろうに

887 :名無しさん@お腹いっぱい:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:DwqwWHi2
ホーンは開口部での歪が多いし、空気を圧縮するので2次歪も多いね。

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:ZHWd9L03
めっちゃ変調かかるよなw
オープンバッフルだって低音抜けるし

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:/OfDkFr/
ふーん、ホーンは音質が悪化するのか、それはすまん。
ていうとバッフルしかないか。周波数特性はホーンと同様に
120Hzから6dB/octでダラ下がりということらしい。

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:C284Jmic
>>882
最良なのは、無限大バッフルだが
次善の方法として密閉箱がうまれた。
無限大バッフルに最も近い密閉箱とは、巨大密閉箱
だから、隣の部屋とか、クローゼットとか押し入れを
エンクロージャにする方法がある

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:DdiBqs6t
>壁バッフルにしたのに後面を箱で囲っている人を見たこと無い。

スタジオラージモニタなんか箱埋め込みだったりもしますよね

2次歪が気持ちいいと思うひともいますし

>壁バッフルの密閉箱

うちは今実質それに近いですかね 壁がバフルの延長
バスレフダクトも付けたり外したりできるようにしとけばいいし
単なる背圧抜く空気穴にしたり、ダンプトバスレフにしたりできるようにしてもいいしね
とにかくやってみることしか

プレナータイプは壁バッフルというか、バフル含む振動板の前後をパーテション(ベーストラップとしても機能させ)仕切る
というやりかたが、一番現実的だったですね
理論的な理想は理想としてあっても、実現となれば妥協の要素が入り後はそのなかでの満足度ですね
現状決まった方式よりどんな状態で満足してるか?のほうが達成、実現した手法として有益っぽいんですよ

892 :名無しさん@お腹いっぱい:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:7JuQjYsa
>>421に既出だがここは壁バッフル。
www.audio-romanesque.com/matunami01.htm

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:ujg68QD8
リスニング専用の設計と思うがどうして天井を屋根型に傾斜させたのだろう。
一般的には最も悪い例で、Lchが右にRchが左に入り乱れて反射する。
なにか意図があってのことだろうか?

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:0GWMw1O/
壁バッフルって壁の強化が大変だよね
床や天井まで低音が回ってくるし

箱に入れてスタンドで持ち上げてアイソレートした方が遙かに問題が出にくいように思う

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:ujg68QD8
ゴトーホーンの製作者 後藤精弥氏の部屋紹介を見たことがあるが
高城先生の天井ホーンは真似できなかったので次善の策で平面バッフルにしていた。
15インチのバッフルを押入れに取り付けて無限バッフルにしたり試行錯誤した結果
やはり1m強の角板でポン置きにしたのがfc200Hzのハイパボリックホーンの音にぴったりだった。
公団の部屋ということで892さんほど広いスペースではなかった。

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:ujg68QD8
スレから外れるが後藤精弥氏の装置は中低音の処理が面白い。
低音 15インチ 平面バッフル(目測1m強の角板)
中低音 12インチ オルソン式ボックス
中音 555系ドライバー パーメンジュール+fc200Hzハイパボリックホーン
高音 18系 パーメンジュール

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:ujg68QD8
15インチユニットはコーン、ボイスコイル自作でフィールド励磁
オルソン式ボックスというのはフロントホーン

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:ujg68QD8
どんな15インチか素性は不明だが1m強の平面バッフルで何らかの低音補強処置をしたら
箱入り12インチの下を受け持たせる質の低音が出せるわけだ。

899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:DdiBqs6t
で、実際やったの? 箱入り12インチ、それだけの条件ではなんとも、、だけど

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:ujg68QD8
素性不明のユニットだからよくは分からんと書いている。
しかし12インチフロントロードの大型箱なら低音も程ほど充実しているはずなのに
この低音を更に下支えするために1m角の平面バッフルを使うのかと驚いたわけだ。

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:AROAmx3R
知ったかぶり理論や妄想全開で楽しそうですね。

自分たちは何もしないで、知ったかウソ理論を展開したりと相変わらず楽しいスレですね。

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:x4DJhu/N
今の時代に高城とか後藤かよw

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:ZsmMfDlN
>>883
見たことがなければ仕方がないが、スピーカーシステムを買ってくる場合は普通に囲ってます。
というか、売られているスピーカーシステムが箱だというだけの話ですが。
囲わないというか、一部屋を箱にする場合はたいていユニットを買って自作でしょう。

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:ZsmMfDlN
>>807, >>815 みたいなことをいってるバカはどうしましたか?

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:LzkgNtI8
>>904

> >>807, >>815 は、かなりの勘違い君ではあるが、
バスレフでの低音の遅れ自体は、逃れようがない事実
理解できないと言っているのは、それ以上

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:gLx1eAtU
結局は 遅れた低音で低音補強してるってことじゃないw

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:gLx1eAtU
波長の頭が揃ったら遅れてないはずだが 結局は 何が遅れているの?

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:ZsmMfDlN
単純にフィルタ特性の遅延のことですよ。
どうしても気になるなら補正すれば済む話。

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:gLx1eAtU
フィルター特性の遅延では 波長は頭が揃って遅れないで出るの?幼稚な質問でゴメン

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:QB30ygC3
人間の聴覚は、超低域では非常に鈍感だから、十分ポートの共振周波数が低ければ音の遅れは認識できんよ

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:gLx1eAtU
波長は遅れて出るが 聴覚は鈍感だから認識できない ということかw

912 :名無しさん@お腹いっぱい:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:7JuQjYsa
>>910
実験したの。そのときの音源は?

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:e/WRUF0P
波長の合わない人っているよな
冗談いっても反応が遅い、緊急メールしても返事が遅れるようなトロいやつ

波長の合わないスピーカーというと俺はバスレフだな
バスレフと波長の合う人なら使い続ければいい

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:u3iaNUGx
またバスレフ派の姑息な言い訳が始まっているが
フィルター特性の遅延とはつまり位相遅延。
位相遅延が180度なら1/2波長、90度なら1/4波長遅れているんだよ。

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:sGD4cR7/
バスレフの癖は小口径だと気になるけど、
15インチともなると全然問題にならないよねー。

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:u3iaNUGx
そう、理論的に遅れた低音なのを認めた上で聴覚が鈍感になるから認識できないと主張するのがいい。

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:G4n6Jbzb
>>915
昨日、16pフルレンジのバスレフと38p3ウェイを切り替え試聴してそう思った。
室内楽の通奏低音でチェロの低い音が16pのバスレフの方が量も多いし重いと感じた。
38p3ウェイに切り替えたらむしろ軽いし量も少なめに感じた。

50Hz以下の低音で38p3ウェイのバスレフポートは働くので、50Hz以上では密閉箱に近い動作をしている様だ。
>>916
たまにしか出ない超低音では、鈍感だしサブウーファーでも事足りる領域でもある。
しかし、むしろ大口径のバスレフの密閉箱領域の動作の方が美味しい部分が聴ける。

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:u3iaNUGx
バスレフのダクトに耳を近づけて聴くと(耳が鈍感になるならマイクを入れて測定すると)
共振周波数より高い音が相当量出ているというのは周知の事実。
バスレフの密閉箱領域といってもこの遅れた音をミックスして聴いている。
ダクトをふさいで本物の密閉型にすると音がピュアになるからバスレフの密閉領域とやらとは明らかに異なる。

その辺の事象も含めて、単に耳が鈍感だから気付かないという認識が正しいのでは。

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:1jY+nYAc
波長が合うかどうかだろ。人それぞれだから
もともと遅れ気味の波長な人はバスレフと合う

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:G4n6Jbzb
>>918
おっしゃる通りだと思います。
現実問題というか、実用的にはダクトに耳を付けて聴くということは無いので問題ないと考えます。
バスレフ好きとしては、ダクトにスポンジか吸音材を詰めてダンプドバスレフにチューニングするのも面白そう。

16pフルレンジ箱のチューニングと再度吸音材の配置と量を検討すれば超低音を望まなければ使える物になりそう。
ロクハンに始まり、ロクハンに終わると言われ16pフルレンジP-610の良さを再認識している。

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:1jY+nYAc
ロクハンに始まり、ロクハンに終わる
平面バッフルに始まり、平面バッフルに終わる
釣りは鮒に始まり、鮒に終わる。似たような書込みが多いのも人それぞれだからw

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:G4n6Jbzb
ロクハンなどのフルレンジ1発を使うメリットというのは、タイムアライメント調整が必要ないということがあります。
マルチウェイだとどうしてもウーファーとスコーカ―及びツィーターの繋がりの問題が出てきます。
これも、個人差があってタイムアライメントを気にせず音色の追求のみで終わっている人も多いです。

2本のスピーカーでステレオフォニックという楽しみも棄てがたいんですね。

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:1jY+nYAc
タイムドメイン理論で行くと少しでも時間が遅れるバスレフは許せないはずなんだが

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:9VP+FRH4
キーワードは、この中にある
低脳音群盲知恵遅延々

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:5B7u5aEi
>遅延
単音ではわかりにくいけど、音楽になるとごまかせないよ。

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:G4n6Jbzb
タイムドメインは、フルレンジ1発じゃなかったかな。
最近は、ツィーターを追加してるみたいですけど。

バスレフの低音が実際に遅れたとして、実際にどのような弊害が出るのでしょうか。
先の耳の鈍感領域に入って感じにくいとか、現実音として壁に反射した低音は遅れが生じないのか?とか。

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:1jY+nYAc
タイムドメイン理論では音の時間差は厳禁なのだが
由井さんの回答はあれはバスレフではない、ただの穴だというw
穴でも後面解放でもそこから出る音は必ず時間差がある
言ってる事と現実の製品はそれぞれ違うw

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:sGD4cR7/
15インチともなると化物じみてきて、エンクロージャー含め重量や容積の、
部屋、特に床面に対する影響が無視できなくなってくるんよね。

あとはクロスオーバーの問題、これはもうチャンデバ以外無理、
特に500Hz以下のクロスともなると。

そしてアンプ。これも厄介。結局アンプ次第じゃん、思うこともしばしば。

つーわけで、みんな頑張ってくれ。

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:1jY+nYAc
>時間差の弊害
それを説いたのがタイムドメイン(時間領域)理論だろ
周波数特性が同じでも位相周波数特性が違う、これが音楽を濁らせると…

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:1jY+nYAc
まあ、ただの穴だからタイムドメイン理論に辛うじて合格としよう
それで由井さんを訪ねたビル・ゲイツは高級システム所有で時間差のある音に慣れていたから
タイムドメインの音に驚愕して早速買って帰ったエピソードは有名
38cmウーファーのハイエンド・マニアもしかと心すべき話だ

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:1jY+nYAc
ビル・ゲイツのシステムは某社の高級バスレフな
ハイエンド・マニアも時間差の出るポイントは一つずつ無くして行こうということで
まずその第一がバスレフの問題だ

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:G4n6Jbzb
バスレフ叩きとしか読み取れんのですよ。
タイムアライメントの取れた38p3ウェイを使っているのですが、バスレフのダクトの遅れの話とは関係ない話だと思うんですよ。
>>929タイムアライメントは、音像定位の明確化なんですけどね。
音楽を濁らせる・・・?あんた、分かってないんじゃないですか?

バスレフダクトは、何に対して遅れるんですか?何Hzの時に何度遅れるとか何秒遅れるとか明確にしてくださいよ。
その辺を明確にして貰わないとワケワカメなんですよ。
電気の世界では、電圧に対して電流が遅れるということはあります。
遅れ進みをCOSφで表し遅れ進みを監視していて、電力用コンデンサーを入り切りして調整してるんですよ。

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:DdiBqs6t
フルレンジ1発も
チャンデバのマルチでタイムアラインメント調整もやる やってみるのよ、それだけでしょう

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:1jY+nYAc
音楽を濁らせるとは分かってない…タイムドメイン理論を唱える由井さんに言ってくれw

バスレフ叩きでもなんでもない
人それぞれ、波長が合うかどうか、バスレフが合う人は使えばいい ということで書き始めたんだから
バスレフについて変な理屈をこねずに好きだから使う のがよさそうだ

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:G4n6Jbzb
>>933
フルレンジ1発にタイムアライメント調整は不要なんですけど。

マルチウェイでは、チャンデバマルチでもLCネットワーク式でもタイムアライメントは必要な作業ですよ。

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:G4n6Jbzb
>>934
逃げたな!卑怯者。

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:DdiBqs6t
>フルレンジ1発にタイムアライメント調整は不要なんですけど。

不要というかしようがないのが現実ですね

938 :38cmスレチだが:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:1jY+nYAc
ところで俺も最近、ソナス・ファーベールのTOY(玩具)というバスレフを買った
高級なソナスは買えないから、普及品てか最低価格の製品だ
バスレフポートが背面にあって、後壁に跳ね返ってゆったりと遅れる低音は良いものだ
タイムドメインの理屈は理屈、またーり遅れ気味の低音も気持ちいいもんだなー

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:DdiBqs6t
タイムドメインも究極は
極力平面振動板を小型にして複数点駆動か、多層マルチボイスコイルにして合成駆動が理想ですかね?

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:G4n6Jbzb
>>939
違いますよ。
タイムドメインは、点音源に近づけただけです。
マルチボイスコイルなんて言ってたっけ。

タイムドメインの由井さんは、オンキョー時代にGS-1というホーン2ウェイを作った。
アルテックのA5,A7も低音ホーンを使って、タイムアライメントを取っている。
位相周波数特性をフラットにするという事とは、そういう事なんです。
由井さんは、理論的に説明していますが、フルレンジ一発なら点音源になり簡単に立体音響(ステレオフォニック)が実現できるのです。
ビルゲイツは、机の上の小さなスピーカーで実現された箱庭的な立体音響にビックラこいただけですよ。

タイムドメインでなくても、パソコン机に2個小型のフルレンジスピーカーを置いて聴いたら直ぐ立体音響が実現出来ますよ。
それを38pマルチウェイで実現しようとするのだから簡単ではないんですよ。

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:DdiBqs6t
マルチアレイ状にしたデジタルスピーカーの1ユニット版が多層マルチボイスコイル式で
1ユニットそのものの帯域も位相管理しようというものですよ

38pマルチウェイマルチアンプ駆動、フルレンジ、どっちもやってますから
まあどうでもいいんですけどね

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:1jY+nYAc
あらゆる振動を時間領域で合わせるという口で言えば至極簡単なことだけど
それすら糞食らえというオーディオもある

我が家の寝室にソナスの玩具SP持ち込んで遅れた低音でまたーり憩いの音楽を聴くとか
ホテルのロビーで天井に数m間隔でSPを埋め込んだ時間差、位相ぐちゃぐちゃ音でとろーりと癒されるとか
イージーリスニング・オーディオとでもいう世界だ
これならバスレフでも共鳴管でも何でもありだ

ただピュアAUのスレにこの話を持ち込むと真面目に音楽再生を心がけている人たちに失礼だろうな

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:Dy4XzcYS
すれ違いかもしれませんがヤマハのA-YSTの低音があまりにも重いので
試聴室でいろいろなSWを試聴してきました。
JBLにしてもモニターオーディオ、ディナウディオにしても
最近はバスレフでなく密閉型が主流になったようです。
どれもバスレフのヤマハより敏感でリズムが軽く聞えました。

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:+g8yRX1l
SWは邪道

美味しいカレーに〇〇〇かけるようなモノ

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:WL3DNA/H
>>896
後藤氏の装置は、一風変わった低音部の構成と思ったが、よく考えると理に適っている。

ホーンとクロスする中低音は12インチのフロントホーンで、ホーン長を短くするため口径が大きい。
ホーンロードがかからなくなる帯域から下はバッフルだが、押入れに取付けたら巨大密閉箱になるから
箱の影響を避けるには、室内に置けるサイズの平面バッフルにして後面は囲わない。

ホーン製作者らしく低音の質を確保して、あとはF特性をうまく調整できるかが問題だが
エンジニアだからこそ適正な補正が出来たと思う。

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:ZsmMfDlN
>>909
なにをもって遅れと言っているかにもよるが、群遅延として遅れは出る。
これは電気回路のたとえば 40 Hz のハイパスフィルタでも全く同じことなので、
音が伝わるのに時間がかかることとは関係がない。
密閉型は2次のハイパスフィルタ、バスレフ型は4次のハイパスフィルタだから、
バスレフ型の方が遅れが大きいともいえるが、現在なら補正もできる話だ。
2次のハイパスフィルタにはパラメータとしてカットオフ周波数とQがあり、4次ではそれが2組となる。
つまり自由度が増えいろいろなものができるので、一概にバスレフの音は〜ということが難しい。
古典的なバスレフはQが大きいのでボンボンいうし群遅延の遅れも大きい。
Qを下げた設計ならだいぶよくなるが、古典バスレフのように劇的には低域の周波数特性が改善されない。
ポート共鳴を制動するものは吸音材しかないようにいう人がいるが、
実際にはドライバーユニットが並列に入っており、振動板の電磁制動でポート共鳴を抑えることが可能である。

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:G4n6Jbzb
>>946
そこまで出来たとして、周波数特性はフラットになりました。
はたして、そこまでやって例えば16pフルレンジ1発の箱を職人的に吸音材とかダクトの調整した物に勝てるのか?と言う疑問が湧いてくるんですよ。

理屈では分かっても実際にそんなシステムが有るんでしょうか。
実現されているんでしょうか。

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:l7TANlmc
>>945
いくら説明されても1m角の平面バッフルでパーメンジュールの強力ドライバーの
エネルギーに負けないか心配するな。
俺ならオルソン式フロントロードの大型箱を使うならこれに38cmを入れたくなる。

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:DdiBqs6t
>>947
すいません
>>926
>バスレフの低音が実際に遅れたとして、実際にどのような弊害が出るのでしょうか。
ですが
>タイムアライメントの取れた38p3ウェイを使っているのですが、バスレフのダクトの遅れの話とは関係ない話だと思うんですよ。
とあるので タイムアライメント変更が可能なのでしょう?
いろいろ変更されてみては?

でも大型システムほどユニット振動板やポートから放射されたものだけを物理的に聴くわけにはいかない ということですか

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:jeO/nTDP
高城氏宅のスピーカー・システムの製作に関わった技術者だから
意地でも箱の音を避けたかったのだろう。
フロントホーン・ボックスも裏蓋なしのホーンバッフルとして使っている気がする。

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:s05g1MJW
タイムドメインは周波数特性は気にせず、位相特性(サインショット特性)が揃っている事が重要という主張で
シングルコーンのフルレンジで密閉箱若しくはオープンバッフルあれば自動的に要件を満たせます。
というかそれ以外では達成不可能。

電気的補正ができるとかもはっきり言ってしまえば与太話。
気にならない範囲で味付け程度に利用するのは良い事(必要悪)だと思うけど
他の特性が崩れる(歪む)のを知らないフリすれば1つの特性は綺麗に揃えられますってだけ。

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:G4n6Jbzb
>>951
シングルコーンのフルレンジがあれば簡単にタイムドメインスピーカーが実現出来そうですね。

塩ビ管スピーカーを法外な値段で売っているような気がしますね。
フォステクスの10pフルレンジで作れそうだな。

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:sGD4cR7/
かび臭い話終わりました?

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:7DEnaxFS
箱の音、箱の音と口癖のようにいうやつがいるが
最近の製品、例えばJBLのS9900とか聞いてみろよ
昔の箱っぽい響きは一切しないで38cmウーファーもじつにハイスピードだ
棺桶のような四角い箱を安物木材で作るから駄目なんだよ

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:C284Jmic
>>954
あんなMDFに皮かぶせただけの安物箱を有難がるのがいるとは
ホーンもプラプラでしょぼいし、JBLを盲信してる爺様しか買わんだろ

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:DdiBqs6t
そちらはどんな材(箱)を?

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:QB30ygC3
ピンキリで種類にもよるけど、MDFはスピーカーには普通に良い材質だよ
安い事を抜きにしても、内部損失は高いし、比重や強度も適度にあるし、何より材質が均一
箱を響かせたくなかったら、まず候補に挙がる

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:C284Jmic
>>956

>最近、集成材のことを無垢材とか単板とか偽装するのが流行っているようだが
>あくまで、端材を集めて作った床とか柱用が主な用途の集成材だ。
>フランケンシュタインのように継ぎ接ぎだらけの建築材のことを
>無垢とか単板とか言うのは、日本人として情けないぞ

桜材の偽装無垢単板でないことだけは確かですよ
集成材は、響のばらつきが多くて、長期安定性にかけるし
Y社の物で割れが出て懲りてるからな。
バーチのベニアかアピトン合板がよい
入手性からフィンランドバーチにしてるが
硬すぎて、内部損失を増やすのに、複合材としたがな

頼むから端材と間伐材で作ったツギハギの集成材を無垢とか単板と呼ぶのはやめてほしい
秘蔵してる本物の単板スピーカーがかわいそうになる

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:DdiBqs6t
>硬すぎて、内部損失を増やすのに、複合材としたがな

そうでしょうね(笑) 集成材を無垢とか誰が言ったんですかね
マジうちの親父が聞いたら怒るでしょうが、、、

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:vxCAzgBI
MDFが音悪いって、どんなジジイなんだよ。
無垢材=値段の高い=音がいい
のか。笑える。

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:7DEnaxFS
それとJBLの低音は重いと一つ覚えで言い続けるやつにもS9900聴いてほしいね
ALTECの軽いだけの低音と違ってカチッと鋼のように締まった低音
感度が良いというか立ち上がりも歯切れもよくローレベルでも痩せない
JBLの大型ホーンにはどうしてもこの低音が必要だ

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:DdiBqs6t
ALTECは昔使ってましたが、鋼のようになってしまうのも重く波のような低音になるのも嫌で
フィルム系に逝ってました

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:C284Jmic
>>961
515対1500ALは、置いといてS9900ってクロス900Hzだろ。
1500ALの重い振動系を引きずって下から上までご苦労なこった。
S9000シリーズは、そもそも商品企画段階で破綻してると思う。

日本人は、こんなの有難がってるんだろっていう、JBLの商魂が見えすぎ。
この板のユーザーレベルは、少なくとも吊るしのスピーカーでは、
追いつけない所を狙っているのではないのか

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:7DEnaxFS
S9900の38cmウーファー型番は1500AL-1だが2235に比べると振動系は軽いよ

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:vxCAzgBI
>>963
だな。

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:QB30ygC3
>>963
38cmならクロスはできれば300Hz以下、少なくとも500Hz以下にしないといい音にならないからなぁ

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:FCZHdc4i
>棺桶のような四角い箱
良いことを言った。四角で縦横高さをいくら工夫しても定在波は防げない。
S9900の半円柱型は無理だとしても特注ならせめて七面体、八面体等の箱型にしたい。
そして吸音材はなるべく少量に止めたい。

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:DdiBqs6t
低音専用なら無垢材にそう拘る必要は感じませんが
MDFも密度の低いのは駄目で製造方法にもよるのでしょうがHDFに近い密度の選ぶなら
そう問題は無いように思いますが

2235に比べると振動系は軽いよ はそりゃそうなんだけど、2235は個人的に使いたいレベルにないし
コーン型振動板ユニットなら500Hz以下必須と思うケド

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:C284Jmic
>>964
論外と比べても意味が無い
38cmと付き合う覚悟があるなら、自作が前提ということだ
ヌケの良い実音に最も近い音を求めるなら、たとえ38cmと言えども
低音と中低音の両方を受け持つことはできん。
花火とかの難再生音を再現するのなら、70gまでが振動系重量の限界だろう。
そうなると、38cmの下にウーファー足して4wayとするしかないと思う

970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:9S88E8MZ
振動板は軽量アルテック系では4インチ強力ドライバーとの繋がりが薄いし
重すぎたら分厚く繋がる。ここは好みの問題だがJBLの1500ALや2220なら張りがあって
許容範囲でないか。TADのごつい芯があって重いのは俺でも敬遠する。

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:q1Jis5/8
>>968
やってみると解かるが、38cmで密閉だとエンクロージャで受ける
内部エネルギーが半端じゃない。
バスレフで良かった補強とか板厚の常識がまったく通用しないんだ。
下手に30mmぐらいのMDFで作ると、箱全体がブヨブヨ変形して聞けたもんじゃない。
バーチで30mmならMDFだと60mmぐらいないと、強度的に合わない。
だから、結果的に強度のある板にMDFを組み合わせないと、重くなりすぎてしまう。

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:N/5SBwmq
できれば150-250Hzくらいでどんなコーンウーハ用でもきりたいのですよ
張りとかより風のように軽くて質量感もきちんと出るみたいなのがいいんですけどね
すると15インチ一発じゃ間に合わないかも、ですが現実路線ならアリというところでしょうか?

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:9S88E8MZ
材質もあるが形が重要。棺桶といわれるような四角い箱は作るなw

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:9S88E8MZ
250Hzできりたい、は音楽をやる人なら切実な問題だ。
ミドルCの音をウーファーで鳴らしたくないからな。

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:riX5dXZ5
颯爽と馬鹿登場>>973

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:2F9p+nT5
>>971
そのMDFって殆どインシュレーションボードみたいなもんじゃないの?

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:N/5SBwmq
かといって15インチダブルは限界が見えてきてしまう

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:9S88E8MZ
それで後藤精弥氏はコーンだけどウーファーに受け持たせずにフロントロードホーンを採用したんだな。

979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:q1Jis5/8
>>972
自作が前提だから、予算と場所を確保した上で4way化に進むことをオススメします。
具体的には、M0が70g程度の高能率ウーファーで本物の中低音を味わっておいて
その後、46cmのウーファーを足せば良いでしょう。
ここで、肝心の38cmをどっちも付かずの、M0 が100g程度のユニットを選ぶと
すでに、このウーファーの低音は、偽物ということを知ってしまっていますから、
結局、買い換えるハメになると思います。
その時には、すでに状態の良い515や2220、150-4Cは、簡単には手に入りませんから
ずっと後悔が続くと思われます。

人生これの繰り返しかもしれませんが・・・

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:kj6SxnIJ
>この板のユーザーレベルは、少なくとも吊るしのスピーカーでは、
>追いつけない所を狙っているのではないのか

そのとおり。箱も自分で理想的に設計して特注だよ。
なのに只の四角い箱を特注するやつはおらんだろ。

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:N/5SBwmq
>>979
コーン型、15インチユニット(またはW使用)には限界を感じて、その次に逝ってます
ALTEC JBL系は今後私は無いでしょう

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:q1Jis5/8
>>981
私も個人的な限界でこれ以上の物を見つけられないのでこのまま逝ってます
やぱりLANSINGさんは、偉大

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:6qDg/D96
アピトン合板30mmでシンプルに作ればいい。
内容積330L位の密閉箱。形状はBOSE901のような七面体。

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:N/5SBwmq
個人的には、箱箱も限界を感じてその次に逝ってみます、とういうかある時期に戻るのかも?です

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:6qDg/D96
世界中のウーファーがネットで入手できる時代に38cmが見つからないとは。
俺が上記の箱に入れたのはイギリスATCのSB100-375。スタジオモニターとしても有名だ。

986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:N/5SBwmq
おお、現在はATCのSB100-375入れたのありますよ

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:6qDg/D96
なんだ良いユニットを入れてるでないか。それでも不足なのか。
ダンプ剤を塗ったコーンなのにパンチのあるジャズにぴったりの低音だ。
エンクロージャーを壁から数10cm離すと敏感に反応して低音の軽やかさが増す。

988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:qhEfqLHk
>>979
150-4Cはエッジ往ってたら治るの?

989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:icM+0+yB
200Hz以上を8〜10インチあたりでフロントロードにすれば。実はこれ、最近のJBLのやり方ね。

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:HIM+vBFV
>>989
JBLに、そんな商品あったっけ。
昔は、ミッドバスで小口径のウーファー入れて4ウェイにしてたけど。
最近は、ミッドバスをやめてウーファーの帯域の上の方を使って、中音ホーンの構成。
さらに、スーパーツィーターを付けて3ウェイ構成。

991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:icM+0+yB
ふふふ。

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:/0xBAXwO
箱というのは強度のあるものを作りやすいんだよね。
隅は固定されるし、対面とも連結とかもできるから強固に作りやすい。
平面バッフルは厚く作ったつもりでもペラペラの板だから簡単に曲がってしまう。

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:DNxuq9sZ
>>976
MDFがどういうものか、知らないのなら仕方がないですが
フィンランドバーチ合板とMDFでは、強度が約2.5倍ほど違います。
http://www.spanogroup.be/upload/docs/MDF-manual%20ENG%20LOW%20RES.pdf
http://www.upm.com/cn/products/plywood/Documents/Handbook_EN.pdf
ですから、300L超クラスの大型密閉箱では、骨格を合板にして
MDFをバラストやダンプ材として使うのが良いと思います。

994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:n4CoH+Il
>>963
>日本人は、こんなの有難がってるんだろっていう、JBLの商魂が見えすぎ。

JBLのハイエンドは日本企画だと思い込んでる人が多いですね。
JBLにはハイエンド用の専用サイトがありますよ。もちろん全部英語でね。
日本人向けじゃないんで知らない人が多いですけどね。通常のJBLの米国サイトを見て
「ハイエンドはのってない、だから日本企画だ!」って誤解している人が大杉
http://www.jblsynthesis.com/Products/Category/8

995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:Xa83GMuE
ぷぷっ。必死なハーマン社員。

996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:7PO/LTh0
JBLがよく売れてるのは日本くらいだしなぁ

997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:hIO6F/he
>>992 ・・・釣りかとも思うが

箱というのは強度があって隅、対面とも強固だから良い
・・・それで前レスにも定在波の問題などが指摘されているんだが

平面バッフルはペラペラして簡単に曲がるから悪い
・・・ペラペラでは使わない、ピアノの響板のように響棒で補強するんだが

998 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:hIO6F/he
>>994
JBLハイエンドの音には当然好き嫌いがあるが、写真を見ると箱だけは
どのシリーズも内部定在波を抑えたキャビネットの形状になっている。
これだけは自分で組むマニアも真似てもいい。

999 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:JfN5vplc
釣りといえば「ツギハギの集成材を無垢とか呼んだ」レスは 1件もないぞ
嘘レスをでっち上げてワイワイとログを浪費しちまったから もう終了だわ
ちなみに 山本オンコーは合板と区別するため「桜材単板の集成材」と明記してるな

1000 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:A11xP+dV
LANSINGのビン提示の昔話は飽きた。
次スレは現代の新品の38cmでおねがいします。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

318 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)