5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

まったく当てにならない教育学の 「 統 計 」

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/01(金) 02:11:38.04 ID:YNOqMMbC

教育学の統計ほど当てにならないものはない。
かろうじて信用できるのは学校数とか学生数とかの基礎データぐらい。
信頼できるデータが欠如しているのが教育界の特徴である。
学力検査程度のことを始めるのにバカな大騒ぎをした学校や、いじめ統計の胡散臭さは、世間の知るところだ。
文科省を始め教育関係者の統計に関する基本方針は以下の通りである:

*やばい統計は取らない: 教員の能力評価なんて絶対させない!
*都合が悪くなったら定義を変える: イジメとか認めたら責任問題になるじゃん!
*いざというときは隠蔽する: 愛知県教委ワイセツ免職公表せず!

資料もなく「ゆとり教育」とか始めた文科省。
ウソデータを、○○分析とかやって喜んでるバカ教育ガクシャ。

みんな笑ってるんだから、少しは気づこうぜww



119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/23(月) 03:55:44.59 ID:B0BoF+Qo
 そもそも、法律や世間、人間、他人、刑事訴訟や団結・暴力行使の報復、
虐めそのものに 怯えない人間自体が、現実としているのかどうか…

 「雲の上の人間」なんてものは、何かに心を奪われている人間がハロー効果で
持ち上げているだけの人間に過ぎなくて、所詮は、人間一個人なんてものは、
みんな似たり寄ったりに過ぎなくて…

 だから、そんな己の無力さや他人のポストや振る舞いを 認められず、
受け入れられずに、自分の思い通りにならない故に、みんな互いに、
ああやって 我を突き通そうと、互いに意固地になり合って…

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/10/02(水) 22:24:15.95 ID:X24OdbLR
教育に統計なんて必要ない。空想があれば十分

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/10/16(水) 12:25:39.47 ID:P7Yzpp8j
幻想力

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/11/03(日) 10:25:04.74 ID:KbDeFe8g
あげ

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/12/04(水) 16:19:00.54 ID:csMsgfPR
闘鶏

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/12/16(月) 01:50:56.44 ID:lmtDFO0F
 
 学校で習ったことは将来ほとんど使わない
   社会に出て使うのは
 読み書き と 四則計算 ぐらい
 http://rfi.a.la9.jp/sateweb/scurl/bljsc.html
 
【 不用性 】
 ◆子供を学校に預け先生に面倒を見てもらえばいいというテキトウな親心 軽薄な子育て法
 ◆学費を稼ぐための共働き 親の不在による親子間の愛情希薄 親子の絆の不全
 ◆使いもしない膨大な知識の無理、無茶な詰め込み と 自国語のまともな読み書き、何がしかの技能、人間的常識を身に付けないままの成人化
 
 ◎「無意味な宿題 予習復習 テスト やり直し 居残り」の強要、強制
 ◎「役にも立たない学校への不登校」の矯正
 ◎「使いもしない学力」の低下問題
 ◎「必要もないゆとり教育」の見直し
 ◎「無駄になる学費」の支払い
 ◎「やめておけばよかった貸与型奨学金」の不返済問題

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/12/16(月) 01:53:20.15 ID:lmtDFO0F
 
【 害悪性 】
 ▼いじめ 自殺
 ▼神経症 引きこもり
 ▼ネットカフェ難民
 ▼通学の列への車の突っ込み事故 下校時誘拐 留守番時強姦
 ▼教師からの暴力 と 性犯罪
 
 ■無機的な「四角い敷地 四角い校舎 四角い教室 四角い机 硬い椅子」での長時間の無味乾燥な学習
 ■長期間に及ぶ非人間的で刑務的な「服装髪型強制」「生徒の脱出を防ぐ塀や柵」「週番による門限厳守」 (校門圧死)
 ■時間、人生の浪費  長き義務教育期間中に失われる様々な可能性、諸々の機会の逸失
 ■無意味な教育を拒絶する自由や権利の侵害
 ■学業不振者が学んでも働いても一生もがき苦しむ一方、高学歴者、高級官僚などの高給が保証、保障されようとする夢の鴨ねぎシステム

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/01/10(金) 22:20:05.39 ID:msbTwsFa
イジメ自殺統計のグラフを見れば教育学が信用できないことはすぐにわかる

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/01/13(月) 19:38:47.11 ID:lG9m/dP6
 山川教科書では、「倭の五王=讃、珍、済、興、武」とぐらいしか せいぜい
習わないが、当時、まだこの日本国が「国」という単位として纏まっていなかった頃、
この倭を代表する五王たちが、どういった角逐、競り合い、相克、ライバル(覇権)争いを
繰り広げていたのか までに関する 戦記的な記述は、山川の教科書には余りにも少ない。

 これじゃ、やっぱり、ただの丸暗記だ。「倭の五王=讃、珍、済、興、武」。
「ちなみにそれぞれの正体は何者か」。ここで終わってしまっては、歴史はあまりにも味気ない。
 なぜ自分は、こんな所にすら気づかず、スルーさせられてしまっていたのか。
よくよく考えれば、彼らだって、普通に 有機体で、人間で、心をもち、言葉を喋る人間じゃないか。

 こんな、俺と大して変わらんような連中が、「ハイ!『讃、珍、済、興、武』!」「ハイ!『笞・杖・徒・流・死』!」
みたいなカスな授業ばっかしてんだから、やっぱり、日本の歴史教育は、カスの域を出ないんだと思う。
 一流大学卒も、みんな、歴史で求められる思考力に関して、勘違いしてるもんね。あいつらは「繋げる」という
歴史的デザインの手法を知らん。学説を おおまかに たくさん知っている人間より、一説の中の瑣末な言葉を
マニアックに知っている人間の方が頭好いとか思い込んでいるぐらいだし。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/01/19(日) 14:35:25.25 ID:65S8FV7C
まったく改善の見込みがない教育学者の 「包 茎」

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/01/21(火) 20:05:39.58 ID:DmyMs5l7
 論文の縦書きは、実は特殊なテクニックなどはいらなかった。それは、最初に横書きで最後まで
一端書き上げ、出来上がってから、それを一括で縦書きにすりゃ好かっただけのものであった。

 むしろ、あれは、自分の文章に自信が無く、読み易い 横書き版 で読んで欲しくないと内心
企んでいる人が、わざと読み難い縦書きにして 体裁を飾り立てることで、隠蔽染みた権威的な文章に
自分のそれをデッチ上げるための一手法に他ならなかった。

 特に、参考文献の所なんかは、実際には全然ヘチョくても、縦書きにした途端に、いきなり小難しげな、
やたらに多く 読んでるような感を 受けさせられてしまう ようになっている。「(注)」だの何だの
にしても、実際は、ちょっと1週間ぐらい詰め込んでやれば、誰だって覚えられるのだし。

 段落ごとに余白は設けず、縦書きにして、線すら引かせないようにして、読むだけで一苦労の文章にする。というか、
字数が万単位まで行く場合は、節ごとを別個に分割して、番号をふり、フォルダでパック化したものにするよう配慮しない。
そういうのは、多分、卑怯、って言うのだと思う。読み手よりも自分のことしか考えていない証拠だ。こりゃ一杯食わされとったww

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/01/22(水) 01:14:44.17 ID:saaPx2p2
 大学で卒業論文さえ書けていれば、少なくともそいつは 頭崩壊してはいない。馬鹿じゃない。
大学教員はあれを「情報の整理だ」って言ってたけれども、もっとダイレクトに言えば、
文章表現法の総合的な集大成であるアレ自体が、「頭の中の整理」そのものだから。

 でも、塾講師や予備校講師の中には、Fランは勿論、高卒とか短大卒も混じってるわけでしょ。
Fランって、卒論書かなくとも 卒業させて貰えたりするんだよ。それって、どう見ても、真正のバカでしょ。
 だって、MOS使えないんだもん。自分の頭の中のフィルターに、綺麗に濾過された状態で、
情報を詰めて行くことすら出来ないんだもん。本だって碌なの読まないし、文字面追ってるだけだし。
 出来ることと言えば、嘘ついて、学歴詐称して、その泣きたくなるほどのコンプレックスを、
子どもなどの他人に投げおろすことばかり。

 きちんとしたソースに拠った情報を、「ググった」とかじゃなくて、ちゃんとした所から集めてくる。
まずはお気に入りに片端から入れて、それを両面印刷などでコピり(なるだけ全て横書き)、印刷されたものを
左上にホッチキスで留めて、それを全部ファイルに纏めて詰める。マジックでネーミングもする。論文集の出来上がり。

 で、今度はそれに基づいて、ワードやエクセルの機能を使って、情報を編集して、意味段落ごとに分けながら、
全体のテーマに沿って、言わば戦略から戦術へと、トップダウンで書いてゆく。プレゼンの時はパワーポイント。
 小文ずつ書いて、段落ごとに1コマ空けて 改行し、トピック・センテンスなどの大事な箇所を、太字化したり
線引きしたりする。色んな多彩な所から集められた情報を、一斉に集結させる訳だねぇ。で、最後まで書き上げて、
推敲まで終わったら、最後は それを、一気に縦書きに変換して、カッコ好くする。それもまた、PC内にフォルダ作って
(出来れば外部保存器に)データを保存した上で、レポートファイルや論文ファイルに詰めてゆく。
これを重ねれば重ねるほど、その作業が複雑高度になればなるほど、その作品の出来は好くなる。

 現実、一部のFラン前後の大学卒を除いた四年制大学卒は、みんなこの「一般常識」を共有している。しかし、
短大卒や専門卒は分からない。高卒の頭なんかじゃ、絶対に出来ない。大学で四年間かけて、試行錯誤して行くものだから。
 これは、知識じゃないでしょ。高校までのは単なる知識。算数や数学が解けたところで、それこそ、
実践で何の役にも立たないし、社会的信頼も帯びない。大学で卒論を書いてて、それを永久に保存してる奴は、
実は真正のバカではない。単に暗記に弱くて、注意力散漫なだけ。しかし、大学出てない奴は、これは本気で頭の中が崩壊してる。
 心の奥底では、大卒の管理職候補、ホワイトカラーは、一般職の事務員も含めて、みんな知ってる。現実言っちゃって悪いけど。

 敢て、みんなが見てる前で、誰かさんへ。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/01/25(土) 15:49:54.94 ID:eLyVn/w8
 心理学者の言う"人格障害児"と、経済学者の言う 人間の市場価値 は 違う。
ここを混同してはいけない。経営者や企業幹部にも、"人格障害児"はたくさん居るのである。

 幼い頃は 同級生を 虐めてたような奴が、何十年後、どういう ざまあな 人生を
送ってるのか と思いきや、「過去のことは 自分の中で 勝手に 水洗便所の水に さっぱり流そう」
とはしながらも、それを流しきれずに、企業の管理職として 暴利を貪っている。
 少なくとも表面上は、案外に勝ち組な人生を送っている。しかし、反面では、
正常な人間の 人格者面を しようとしていたり、あるいは、「人間塾」なんてものを
設立しては、学生から カネを 巻き上げ、毎日のように どこぞやの学生-洗脳部屋で
「過去のことは水に流して忘れて〜」などと演説を垂れているのである。

 普段は愛想をふりまいて、優しい面をしていても、心の中は 自責の念で まっ黒に
なってしまっていたり、もはや そんな自分を 開き直ろうとしては、あからさまに
電車の中で 足組みをして、前の列に座っている 周りの人を 不快にさせたり。
 成金根性に支配されて、あるいは 「自分は鼠だ」という自己洗脳にかかって、
工場みたいな 会社の中や カウンセリング・ルームの中で、自分と同じような屑を
貶して汚く低くすることで、悦に浸ろうとしたり。
 人間は物語を編みたがる生き物だ。本当は、自分だって、正義の味方のヒーローに、
伝説の英雄クラスの人間になって、みんなからチヤホヤされたかったクセに。学歴を詐称してでも。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/01/25(土) 16:13:46.60 ID:eLyVn/w8
 「統合性 対 自我拡散」みたいな発達課題が、教職科目の 生涯発達心理学(これはあくまで理念)
の中にあったが、若い頃、あれだけ偽善者面して、経済や法や政治で 権力を得ようと必死に
なってきた人間が、中盤期で人生を振り返った時に 凄惨なことになっていて、そこに気が付いた
時には もう既に 心の病気の手遅れで(だって顔も性格も悪いから、淑女は誰も愛してくれないもん)、
そんな奴が、必死になって 虚勢で意地を張って、突っ張り、てん張って、しかもそれを他人に投げおろして
逆になすりつけて 汚しつけて、自らは潔癖であらんとしながら、その正当性を主張しようとする。

 そして、そのために、哲学者だとか 歴史学者だとか 考古学者だとか、他の学問分野の人たちを貶しにかかる訳だね。
他にも 色んな魅力的な 職能をもった 職業人たちが居るけれど。み〜んな。所詮、世の中 カネだ、って言って。

 で、一番恐いのは、周りの連中が一緒になって、そんな連中を「正解だ」と立てようとするところだ。
汚いが故に。こいつらが 祭壇に祭りあがることによって、真の潔癖な英雄は負ける。みんな正義の味方のヒーローが嫌いなんだ。

 酒井は学生の頃ちゃんと頑張ってきたから、学生時代の信頼の蓄積があるため、まだ取り返しが尽くかも知れないが、
芳田や仲野なんて どっからどう見ても 終わりじゃねーか。流石に大学は疑わないが、小〜高にかけて、
自分は他人を1人も虐めて来なかったと、どう論証・実証できると言うんだ。貝柄も、坂本も(てか最近、自己疎外、
自我喪失で 必死じゃねえか こいつ)、岩波も、村瀬も、安藤も、藤井も、伊藤も、森本も、み〜んな偽物だったわ。

 人は、自分より程度の低い、予備校の学生のような連中にチヤホヤされても、本当は内心、全然嬉しく無い。
本当に人が満足出来る時ってのは、年齢も経歴も自分より明らかに上な、綺麗な世界を見て来たと思い込まされている
ジェントルマン/淑女 から、特別な扱いを受けた時、認めて貰った時、もっとぶっちゃけて言えば、
特別な寵愛を受けたと実感した時だ。加えて、人は、自分より美しいものにしか、心靡かないんだ。決して。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/01/25(土) 16:30:58.11 ID:eLyVn/w8
 やっぱり、うちの大学のスターは、何と言っても、尾崎と西岡ちゃんの二人。この二人が、
俺の中では、トップだった。尾崎は いらん事も 言ってくるような 嫌味な奴ではあったけれど、
それは 俺が低学歴だったことと、その割に 突っ張り・てん張ってた ような奴だったからに他ならない。

 自分の過去、昔を、ちゃんと思い出して、それを人前で 誤魔化さずに 吐露できるような
(それだけの内面的な武器をもった)奴じゃなかったから、それを諭すかのように、ぎゃーぎゃー
言われてたってだけ。低学歴の俺が悪かっただけ。

 みんな色々言ってたけど、結局、大学生活なんてのは、1回生でMOSの基本を徹底的に教え込んで、
自分の専攻分野の教科書を ユニット規模で 範囲事に分けながら 何度も読ませ、あとは
自分の専攻分野の 紀要論文とpdfを 何十テーマも 読ませまくっていれば、それだけで事足りる。
 初めに誰かが言ってたけど、結局、大学なんて、論文をコピりまくって 読みまくる以外、
来る意義なんか無い。ヘッポコ大の教員よりも プレゼンの上手い奴なんて、メディア・センターに
所蔵されてある、NHKの教育番組シリーズの 解説者たちに 幾らでも居るからね。

 森下先生だって、学会の大人を相手にする時と、学生を相手にする時では、
明らかにテンションも語彙数も変わるし。本業の本気モードに突入と言うか。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/02/01(土) 01:39:23.63 ID:EyEpDYEC
 結局、ヒトが求めているのは、外的キャリアよりも、むしろ内的キャリア。
つまり、自分を主人公として描いた、その人生という(演劇)舞台における、
創作的事実。"ノンフィクション"・ドラマ。"サクセス"・ストーリー。

 地理学者を始めとした、現代社会人は、何故、心が壊れてゆくのか。それは、
いつだって、「楽しいと思ったことを繰り返さない/繰り返せない」からだ。

 地理学者は、景観的な旅行は出来ると思う。「ああ、綺麗だな〜」って。でも、
それを自分史に重ね合わせることは出来ない。「実はここ、俺の親族の故郷なんだ」って。
 旅行しても、必ずしも世界遺産などの歴史の遺物/遺構を見に行くとは限らないし、
見に行った所で、それが自分の経歴に取り込まれるとも限らない。だって、歴史の学位もってないから。

 地理学者(貝柄)は、旅行は出来ても、歴史学者(西岡ちゃん)のように、時間旅行は出来ない。
こと人生という旅において、時間軸的な視野そのものが具わっていないということは、すなわち
タイム・スリップが出来ないということ。タイム・スリップが出来ない。つまりメモリー・スリップが出来ない。
ライフ・スリップが出来ない。何も蓄積できない。何も取り返せない。キャリア・ディベロップメント・フロー。これが無い。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/02/01(土) 02:29:54.40 ID:EyEpDYEC
△ タイム・スリップ → 〇 タイム・トラベル
△ メモリー・スリップ → 〇 メモリー・トラベル
 大学で、しばらく歴史学に入り浸ってみて、よく判る。歴史学(ライフ・トラベル、
ライフ・ヒストリーの手法)というのは、本当にライフデザイン学(LCC、ライフマネジメント)
に適った、相性のある分野だと思う。次々と、事物を観る上での、盲点だった多彩な角度が生まれて来る。
 反面、地理学の方は、空中写真だとかGISだとかあんなんばっかで、全然ライフデザイン学に向いていない。

 真の旅行の意義とは何なんだろうと、googleで検索をかけてみても、旅行というのは、
本当に碌でも無い意味しかない。「trip」と書いて「踏みはずし、つまずき」(無駄撃ち、災厄)とか、
「過失、言い損ない」(旅行先でいらん事を言うてまう)とか、「間違える、過ちを犯す」(掴まっちまう)とか、
そんな意味ばかりだ。もちろん、それは「slip」にしても同じ。

 旅行は、意味通りにやるから間違える。みんながやっている様に、同じようにやるから間違えるのだ。
だったら、その逆をやればいい。裏の裏は、表。間違いの間違いは、正解。そういうことだろう。
 みんなが「slip」する(「横に滑る」)のなら、だったら自分は「縦に滑れ」ばいい。みんなが
「滑って転ぶ」のならば、だったら自分は「最初から 滑り転んだ(寝転んだ)まま、その状態で、
特化した進化して行け」ばいい。「滑り走った」挙句、最後の最後で、ブレーキが効かず、
最後に大怪我をするのが嫌ならば、最初から「軋みながら走る」ことで、ブレーキをかけることが出来る。
あるいは、途中でたくさんの壁(生涯発達課題)に人よりぶつかるけれども、それが大怪我を食い止めてくれる。

 試験用語では、「滑る」とは、すなわち「落ちる」ことだ。つまり、その逆は、「受かる」ということだ。
(意味付のされていない)旅行なんざしてるから、目的を達成できないんだ。だったら、最初から、それを意識しながら、
目的的に、「常に受け皿の構えられた走り方」をすることで、旅行という営みそのものが、そのための試験勉強になる。
 最初から何も意識しておらず、構えていないから、落ちた時に半端無いダメージを受ける。だったら、
最初から「頭、記憶から抜ける、消える」ものを記録し、拾い上げながら 走っていれば、何かで落ちても、
別にとりわけ失うものは無い。だって、もう、失われたものは、既に 先取りして 拾ってあるのだから。
 自分はあくまで、過去を纏めたものを、体系化し続けるだけ。あとは宿命×運命に任せる。だから、その上で、
何かの試験に受からなかったのは、それは失敗したのではなくて、最初から無理だった、ってだけ。目指さなきゃいい。

 「うっかり誤る」のが嫌なら、「わざと誤れ」ばいい。「動いて進む」のが嫌なら、「立ち戻れ」ばいい。
前にしか進めない、方向回避、方違えの出来ない、貴族精神の無い者には なり果てたくないし、そんな奴とも 付き合いたくはない。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/02/01(土) 02:42:05.58 ID:EyEpDYEC
 立ちあがろうとするからこそ、一々 周囲の敵に、再び転ばされる。だったら、最初から
立ちあがろうとせず、寝転びを決め込めばいい。そして、敵が居ない、障害物が無いような
ブルー・オーシャンに辿り着いてから、そこで 立ちあがってみたり、泳ぎまわったりすればいい。
そっちの方が、反って楽だ。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/02/01(土) 03:00:42.32 ID:EyEpDYEC
 どのようなキャリア・マテリアルを、どのようなキャリア・カーに乗せて、
どのようなキャリア・トラックをもって、どのようなキャリア・ゴールに運ぶのか。
 そして、ゴールに辿り着いた先に、自分は一体、そこで何がしたいのか。
あるいは何が得たいのか。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/02/09(日) 18:43:22.46 ID:L+gd7aaT
東大合格者の勉強法〜休日は8時間勉強、塾かけもち〜
「週刊朝日」4月11日(木)16時9分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130411-00000002-sasahi-soci

日本の最難関大学、東京大学。
合格を勝ち取った学生たちは、高校時代どれだけ勉強してきたのだろうか。
今年の東大合格者152人を対象にアンケートを行った。

「高校3年の秋の一日の勉強時間」を聞いたところ、平日は4人に3人が4時間以上、休日では7割近くが8時間以上と答えた。
ちなみに、高校3年生の9月の平均勉強時間は一日3.8時間(ベネッセ教育研究開発センター『高校データブック2013』)だ。

彼らの受験勉強を支えたのは「塾」。
ほぼ9割が通ったと答え、4分の1の人は二つ以上の塾を兼ねていた(通信教育を含む)。
河合塾や駿台予備校、東進ハイスクールと大手がトップ3を占めたが、4位に挙がったのは「鉄緑会(てつりょくかい)」。
知る人ぞ知る、東大受験に特化した塾だ。
中学1年から6年間、みっちり指導を受ける。
指定の有名中学に合格した生徒は無試験で入塾が認められるが、それ以外の学校や途中入塾は試験を受ける。

「小学3年くらいから難関私立中学受験のための勉強をし、中高では東大を目指して勉強です。
私立から東大を目指す子にとっては、勉強することが当たり前になっているんですね」(同塾に子供を通わせた母親)

勉強時間を奪いがちな「ゲーム」に、東大合格者は疎遠だ。
高校時代にゲームをしなかった人は152人中75人とほぼ半数。
ゲームをした人でも30分未満が20人、1時間未満が35人と、大半が息抜き程度だ。

※週刊朝日[2013年4月19日号]

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/02/11(火) 00:10:48.59 ID:9eLO8hh/
 出来る子は奴は何だって出来る。俺は小学生の頃、漫画もゲームも何も買い与えられなくて、
幼稚園の頃、友だちがミニヨンク対戦しに遊びに来た時に、機関車トーマスの玩具出して
それを誤魔化そうとしたり、ゲームしに遊びに来た子に対して、電卓を出してそれを誤魔化そう
としたり、あるいは101匹ワンチャンのキーホルダーみたいな祖母が景品で貰ってきたゲームを出しつけることで、
それを必死に誤魔化そうとするような少年だった。イズミヤの玩具売り場でデジモンゲームやテトリスを
買って、それを学校に持ってくることで、必死に周りにアピールしようとするような子だった。
(でも実は、周りじゅうにバレてて、陰でかなり噂になってた。)

 それだけじゃない。ケーブルテレビも引かれていなくて、100円ビデオレンタルショップは愚か、
TSUTAYAすら知らなかった。見せて貰えたのは、ディズニーの英会話ボックスぐらい。だから、
周囲のインテリ層に比べて、明らかに語彙の発達が遅れてた。父と一緒に金曜ロードショーやプレミアムステージ、
日曜洋画劇場を観ていると、いつも母親はキレながら無言で上の階に上がっていって、ふて寝していた。

 他方で、灘中学に進んだ銀行員の息子 (家は普通の3千万円のセキスイハイム、でも風呂にTVが付いてたり、
屋根裏があったり、家の中に老人用のエレベーターまでがあったりで、大変メカニックな家だった。
SECOMの監視カメラが付いてたりとか。) であった同期の子は、衣類はそんなに持ってなかったけど、ゲームはかなり持っていた。
ソフトボール投げ&かけっこの地区大会で、必ず2位になる奴で、小学生の段階で、いきなり球を60Mぐらい投げ飛ばしたり、
50M走を7秒台で走るような奴だった。小学生のくせに、マリリー・モンローまで知っていたし。
 あるいは、日頃から「おっぱいボヨヨ〜ン」とか言ったり、関学に進んでった奴と、笑いながらチンコの揉み合いとかしてる奴だった。
学校の帰りに、一緒によくサッカーやって遊んだけど、やっぱりそいつは主戦力のうちの一人で、俺なんかよりよっぽど運動神経も好かった。

 小学生の頃、日常生活でやらして貰えたことが、理科や社会や算数の公式の丸暗記だけだなんて、あまりにもグロい。
これは中高にしてもそう。でも、そいつ、結局5時とか6時まで、毎日のようにサッカーしてたけど、灘に受かった。
その代わり、日頃から夜中の3時まで勉強するような小学生だったから。

 企業面接を間近に控えれば、誰だって自分史を描くようになる。あるいは入社すれば、誰だってメンタル(・ヘルス)・マネジメント
を考えるようになる。でも、企業の面接官を前に、「中高生の時に打ち込んできた物は?」と言われて、「ザ・受験勉強!」
なんて言う訳にもいかないし、どっちにせよ、大学に入ったり、あるいは卒業したら、大半の人間は、受験勉強は捨てなければならない。
 へとへとになるまで働いて、帰ってきたら「さあ、メンタル・ヘルスのために、受験勉強の復習やるぞ!」「暗記だ!」て訳にもいかない。

 何故、人は、あそこまでゲームに嵌るのか。ゲームに魅せられるのか。生活を破綻させてまで、他の全てを擲ってまで、
あそこまでゲームの中毒に陥るのか。そこには、「達成経験の積み重ねという爽快さがあり、ライフストーリーがあり、
結果期待や自己効力感があるからだ」。その点、ある意味でゲームは、最も人を幸せにするものであり、人によっては、
絶対に人生に無くてはならないものなのである。仕事以外で、勉強の話しか出来ない虚栄塗れの衒学的で俺の講釈聞いてくれ的な
ジコチュー人間と、ゲームの話しか出来ない人間、どっちが会社に入った後好かれて、人間に囲まれて生きてゆけるか。そりゃ圧倒的に後者だ。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/03/03(月) 18:53:17.32 ID:DXEuR88s
統計なんかあったら全部ウソだとばれてしまいますw

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/03/08(土) 09:40:55.54 ID:99bmh1Ql
中国マネーは無価値だよー!
子ども銀行のおもちゃのお札のほうが価値高い。
日本円と為替取引なんてタダで日本円をくれてるようなものだよ!



【中国経済崩壊】中国の債務、なんと2000兆円オーバー!!!!
日本よりはるかに多い事が判明!!!! 馬鹿か!!!! 中国政府、2013年末に510兆円と発表 ⇒
ブルームバーグが「2150兆円」と報じる!!!! 本当ならばGDP比200%超えの異常事態に突入!!!!
馬鹿だから借金隠蔽の金額も桁違い!!!!
もはや中国が発表する統計データは何1つ信用ならない!!!!
http://www.news-us.jp/article/390839797.html

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/03/20(木) 23:41:00.72 ID:x44oy50D
統計の9割はウソ

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/05/06(火) 18:38:41.74 ID:Ycn4HbhJ
教育学ってインチキ要素ありすぎてワロタwwwwww

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/05/06(火) 22:41:03.65 ID:shob42WM
 家の近くに、大きな乗り変え駅があるかどうか。つまり、「ハブ駅」があるかどうか。これを「交通網の格差」と呼ぶらしい。
あるいは、家にきちんとしたテレビ回線やネット回線が引かれているか否か。これを「デジタル-デバイド」なんて呼んだりするらしい。
要するに、自分からわざわざ整備確立しなくても、生まれた時点で、既にその地に、そういう整備確立されたものがあるか否か。

 中高の地理の教科書で教わってるのは、国際経営学、国際ビジネス学、国際キャリアデザイン学。グローバル・キャリアデザイン学。
要するに、SWOT分析だ。即ち、心のバリアフリー化。心のユニバーサルデザイン。心のグローバリゼーション。そして、その下地として
こそあるのが、小学校で習う、自国・郷土(地域)の地理学バージョン。太平洋ベルトがどうのこうの、四大工業地帯がどうのこうのって。

 大学の地理学の先生が、自分の職とその自己概念を守るために、必死に意地になってブラックボックス化していただけで、高校までに
やってたのは、あれは明らかに商学だよ。商業地理学か何か。だって、どっからどう読んだって、商売、産業、会社、仕事のことしか
書かれていないし、そもそも労働者を育てるために、教育は一義に為されているのだし。地の理を活かす、なんて言ったって、それを
何に活かすのかと自問した瞬間、「労働者にとって、生活とは=労働でしかない」と、その答えがその瞬間に自答される筈。つまり、あれが本来の地理学。

 大学の地理学の先生は、「本来の地理学は〜」なんて言って、GISだの空中写真判読だの、ああいう、奇を衒ったような、工場労働者みたいな
ことばかり教えて来たけど、あれこそが正に、屑教員の強がり。自分を大きく見せたかっただけのハッタリと、学生を成長させて堪るかという
動機から来る、蹴落とし。わざと真実を、ぶっちゃけのネタバレを教えない。あれは、経営学、ビジネス学、ビジネス・キャリア学です。
 つまり、極言すれば、地理学=ビジネス・キャリア学 と言いきってしまっても、それは実は過言ではないのです。それで別に問題ありはしない。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/17(火) 16:37:51.44 ID:zyA4GmQK
小学校の4年生頃になれば、中産階級は、いわゆる「塾」に通い出す。いわゆる「中学受験」。
ここで、「公立中学校の子」と「私立中高一貫の子」のセパレーションが起こる。
つまり、「先に進んで行く子」と「取り残された子どもたち」のセパレーション。

続いて、中学校に入ると、また同じ現象が始まる。いわゆる、「塾」に通い出して、
高校受験勉強を始め出す子と、「塾に行かせるだけの財力の無い」子どもたちの、セパレーションである。
そして、ここまでもまた、「先に進んで行く子」と「取り残された子どもたち」の、掛算が行われるのである。
つまり、先のセパレーション、差別に加えられて、二重のセパレーション、差別が行われるのである。

一般に、私立中高一貫校というのは、教育費のあり余っている家庭の子が通う、世帯年収が国民平均を
明らかに上回っているような、5人〜10人に1人ぐらいが通うような学校だ。それは、高校からの外部入学になれば、
確率は緩和されるが、それでも、「公立で取り残されてきた子」と「ずっとこの世界に馴染んできた子」の差は誤魔化せない。

つまり、「何であの子の家は、塾に通わせて貰って、中学受験勉強をさせて貰って、私立の中高一貫校に入れて貰っているのに、
うちは公立中学校なの?」「何で周りのみんなは、学習塾に通わせて貰って、私立高校を受験させて貰っているのに、
内は学習塾にも通わせて貰えなければ、私立高校しか受験出来ないの?」って。

小学校-低学年期〜高学年期の中学受験、中学生活3年間、そこでの高校受験期、そして高校に入った後の、そこでの3年間。
いわゆる、公立の子は、私立中高一貫校の生徒たちが、その中でヌクヌクと、名声ブランドに守られている内に、実はこういった
「取り残された子どもたち」という烙印によるコンプレックスや妬み、そして憎しみ、復讐心を、嘗てのお金持ちだった同期たちに沈殿させていたのである。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/17(火) 16:52:44.23 ID:zyA4GmQK
 どんなに「塾に通わなくても勉強は出来る」「塾に通ったからって勉強できるとは限らない」なんて言ったって、
やはり、塾に通うには膨大な金というものがかかり、「塾に通える子>塾に通えない子」という資本主義的図式が
確固として存在する限り、いくら、成金根性で、周りの人間を貧乏であるが故に妬み、逆恨んで、憎しみや復讐心を募らせたところで、
その幼い頃の醜い心の働きを、人前で隠しきることなど、絶対に不可能なのである。だって、そういう奴って、自分の話、いわゆる
「自賛」や「能書き」はやたら垂れても、「親父の話」になれば、途端に「うっ…」ってなって、態度や表情に変化が表れるから。

 つまり、「個人の力で頑張った者は=お金持ち」なんていう、あり得ない神話を、世界に作り出したかったのである。世の中には、努力だけでは
絶対に乗り越えられない、貧富の格差、身分格差、資本主義という壁が存在するというのに、それを認められずに、そこから目を背けたくて堪らなかったのである。

 京都大学に入ったから=お金持ち じゃない。たとえ京都大学に入れても、そこは学費の安い国公立大学であり、しかも全額奨学金貸与で通えるのである。
中には、1,000万円の奨学金を背負って、博士課程まで進学し、高学歴ワーキングプアとして失踪し出す者だって現れてきだすのだ。ましてや、自宅通学の奴。

 むしろ、俺が明らかに、この種の成り上がりたちの話を聞いていて、疑念を募らされるのは、「何故、中学受験をしなかったのか」「何故、中高一貫の私立高校に行かなかったのか」
「何故、中学受験期も、高校受験期も、大学受験期も、一切、塾/予備校というものに行かなかったのか」というそれである。それは、要するに、家が貧しかったからに
他ならないのではないか。そして、国公立の学費にまでなって、漸く通えるような、いや、その学費すら払ってくれ得ないような家の生まれだったからに他ならないのではないのか。
 Fランク大学にも、親の学費丸抱えで進学・卒業する者も居れば、寮代まで払って貰える者だって存在する。しかし、反面、全額奨学金貸与でしか、Fランク大学にすら
通えない者も中には存在する。何故、そういった事情を考慮せずに、「京都大学の学生はお金持ち」「Fランク大学の学生は貧乏人の溜まり場」という風に、粗く烙印を貼りつけてしまうのか。
それは、要するに、自分が幼い頃に募らせて来た、自分の家に対するコンプレックスであり、その恥の投げおろしであり、憎しみ や 復讐心 の 投影ではいのか。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/17(火) 17:15:19.38 ID:zyA4GmQK
 母校の 成り上がりの 逆恨みジジイや、親父の話をしない。するとすれば、「父は頭がよかったから、漢文などの古本系の書籍が家の本棚に
たくさん置かれてあった」「そして、俺は生野高校卒である」ということぐらいだ。母親も水商売人だったらしい。親父の年収はどれぐらいだったのか、
どういう性格の人だったのか、どこの会社に勤めていたのか、役職はどれほどの高さのものだったのか。そこに関しては、何故か一切語らないのである。

 ちなみに、俺の父親は、神戸大学の「法学部」の係長だった。大阪経済「法科」大学卒(法学士)だった。父は性格は悪かったけど、地頭はクソ好かった。
というのも、俺は幼い頃、父とよくオセロゲームをして遊んだものだが、父に勝ったことが無いのである。勝ったことが無いということは、いわゆるテキトーに打って、
運がよくて まぐれ勝ちとか じゃなくて、本当に戦略的思考を働かせていたということだ。俺は今や、中高一貫校を出て(中退したが)、大学もマルチ学位で出たが、
それでも、彼に、またオセロをやったとしても、1度も勝てる自信が無い。それほどまでに、父は俺よりも、圧倒的に 知的ゲームが 強かった。

 それに、マネジメントの腕もあった。確かに、年収は700万円を遥かに超えるような給料を貰っていたし、ということは即ち、経営学の知識も
知っていたということだった。また、家の管理、工事などにも優れていて、工業高校卒だったから、多少テレビアンテナや水道が壊れていても、
基本、自分で直していた。日曜大工も大好きだったし、祖母が脳梗塞で倒れた時も、ホームヘルパーだとか、家の改装工事だとか、医療の保険だとか、
そういうのを全部一人で手配して来た。阪神大震災が起こった時だって、実家だか別荘だかを改造したり、食事の手配だのをスムーズに行ったりして、地域社会でも、
会社の職場でも、むちゃくちゃ活躍したと母は言っていた。というか、部下を指揮して、ボランティア活動か何かをやったみたいで、テレビ撮影に取り上げられていた。

 趣味は釣りだった。だから、震災前までは、自家用船まで所持していたぐらいで、震災で沈んだ後も、最新のボートをよく買い変えていた。今でも、実家に帰れば、
家の改装された車庫に、ドカーンと真っ白に、プラモデルみたいに組み立てられて、飾られてある。そんだんだから、よく近所の連中にも疎まれた。
明石海峡だかどこだかの釣り大会で、これまた優勝しちゃうような人で、金メダルまで持っていた。これまたテレビに取り上げられていた。釣り道具だの仕掛けだのも、
全部自分で調達して来るような人で、とにかく、管理能力と行動能力は人一倍あった。しかし、だからこそ、逆に人一倍、人の気持ちが読めない人で、人格障害児でもあった。
 昨年か一昨年、一度、実家に帰省した時、家に大画面のプラズマテレビがあって、固定電話機も変わっていたけれど、テレビ回線にしても、電話回線にしても、
あるいはインターネット回線にしても、やっぱり、全部調達して来るような人だった。父はインターネットを扱うようになっていた。風呂だって、むちゃくちゃ綺麗く改装されていた。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/17(火) 17:30:56.22 ID:zyA4GmQK
 それだけじゃない。母もまた、神戸大学の正社員の職員だった。女子大の英語学科を首席で出ていた。というか、英検1級だった。
それどころか、昔は、西塚泰美-学長の秘書を務めたような人だ。俸給だって父より高かった。母が会社を辞めたのは、俺たち子どもを生んだからだ。

 祖母はもっと凄かった。八尾市-出身の祖母は、釦工場の経営者の社長令嬢で、祖母の時代は、綿業会館だか紡績工場だかが世界からも
注目視されたように、西洋からの産業革命が我が国に波及してきた、その先進技術、基幹産業の恩恵を被っていたような人だった。

 縁語だか実力だかで、大阪府庁にも入庁するような人で、旧-三和銀行、現-三井住友銀行にも就職するような人だった。結婚相手は、華族の末裔。
藤原一門の、名古屋大学の工学部卒の人だった。実家は「名古屋市中区」という、名古屋県庁や名古屋市役所が集中する、日本三大都市圏の中央集権都市である。
 (株)日本コンクリート という名古屋の会社で、そこの副社長を務めた。社長になろうとした時か、名神高速道路だかどこかで、バスの横転事故で亡くなり、
そして、遺族であった母は、大阪府庁だか三和銀行だか 親戚だか 誰かの知り合いで、腕の立つ弁護士を紹介して貰い、そのバス会社から数千万円〜1億円を巻き上げた。

 世帯年収も、祖母や父が母に詳しく話していない、その表面上だけでも、祖母の年金、キャッシュ・カードを合わせたら、雄に2千万世帯だった。ちなみに、
東京大学の平均世帯年収は1千万円。つまり、せいぜい、株式会社の部長程度にしか過ぎないのである。はっきり言って、俺んちは、それぐらいのお金持ちだった。

 これほどまでの経歴がありながら、何故、京大卒にしても、関大卒にしても、偽物の成金たちは、皆して俺の家系のことを「大したことない」
「本当は貧しい家の上がりだ」などと、むちゃくちゃなことを言って来るのか。自分の経歴、成育歴、成り立ちは隠して、会社の金脈に乗っかって、
資本主義で上の立場に立っているというだけで、自分は一切棚上げしたり、嘘ついたりして、他人のことばかりボロクソに虚仮下ろして価値下げばかりして来て。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/17(火) 17:33:17.04 ID:zyA4GmQK
縁語 → 縁故
遺族であった母 → 遺族であった祖母

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/17(火) 22:09:43.36 ID:zyA4GmQK
 小学生の頃の中学受験期、中学校生活3年間に、高校受験期。そして、高校生活3年間に、大学受験期。この、度重なる、
「取り残された子どもたち」としての疎外感、そのトラウマ。50代になっても、一生、癒えることのない、心の傷、その抑圧感、
無念感、自分史に風穴の空いた感じを、「心の負債」と呼ばずして、果たして何と呼ぼうか。みんなが、心の内に隠して、強がっていたこと。

 入社面接時でもよく、巷の面接官が、俺のPR内容に、履歴書を見ながら「ふっ笑」と鼻で笑って、結局落とすけど、あれって、
よくよく思い出せば、俺が中高期に周囲に対してやっていた態度と一緒。何でも鼻で笑う。あいつも「ふっw」、こいつも「ふっw」、
そいつも「ふっw」。でも、本当は強がりで、自分が一番弱くて、何も持っていなかった。で、結局、似たような 弱い者同士だけで 籠ってつるむ。

 本当は、自分なんかが、笑える相手ではなかった人間たち。相手のことを「ふっw」と笑うならば、自分はそれを遥かに、狼が豚小屋を吹き飛ばす
ぐらいの勢いで凌駕出来るだけの、何か圧倒的に強烈なものを持っていなければならない。しかし、大学の在学時にしても、面接官にしても、
ああやって「ふっw」と笑って来る奴に限って、どうせ自分は何も持っていなくて、心の中はコンプレックスや胸糞悪さでいっぱいになっている。
で、自分の心の内を抉られるのが嫌で、格差を直視するのが嫌だから、結局、自分と似たような経歴の人間ばかりを寄せ集めて、選択的に、贔屓的に雇用する。
 他人のことを逐一「ふっw」「ふっw」「ふっw」と鼻で笑い続けている奴ほど、自分はそれしか出来ない。他人の事を笑えた立場じゃない。
おまえなんかそれ未満。大卒のことを「ふっw」と笑う、高卒や短大卒や、Fラン卒の一般事務員。年収も人並み。しかも9年ぐらいでみんな会社辞める。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/17(火) 22:37:55.55 ID:zyA4GmQK
 何故、公立上がりの人や、大学教員や、予備校講師、フリーターは、他人のことを 必死になってまで 馬鹿にしたがるのか。
それは、「学業や就職活動において、取り残された、遅れを取った、そのコンプレックスを植え付けられた」のを、
必死に他人に投げおろそうとしているからではないのか。つまり、それこそを以て、自分の投影なのではないだろうか。

 即ち、資本主義-競争社会による、自分からの疎外。自己疎外。 家族から疎外され、教育から疎外され、
企業から疎外され、そして公的機関、公的制度から疎外されたものは、いずれ、自分からも疎外されることとなる。

 ヒトと同じ立場に立つことによって、人の気持ちが解るようになること、ワークスルーするようになること。ヒトはこれを「共感」と呼ぶ。
「仕事は人間関係である」。何故か。それは、「共感」が無ければ、即ち、限りなく近いまでの、同じ文化背景が無ければ、
「共同」「協働」も生まれないし、家族のような、運命共同体としての連帯感は生まれないからである。

 教育思想論でもあった。人は、一度自己や環境から疎外されて、再び戻った時、本当に成長すると。何故なら、それは、
自分やその帰属集団を、景色の向こう側として、対象化して視れるようになるからであり、そして「共感」が 身に付き 得られる からである。

 人々は、既存の現実を決して見たくない。そして、自分たちが 使役の「主体」となれる、未だ架空の現実を、仮構に作り出そうと、必死に、躍起になっている。
それは、即ち、格差の煩悶。そして、そこから目を必死に背けたいがために、人は、必死になって、自分と同じ階級の人間ばかりを、贔屓的に雇用するのである。
 要するに、集団で寄って集って、「ブルジョワざまあwww」「お坊ちゃん(神童)ざまあwww」というやつである。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/18(水) 19:19:18.54 ID:+/uAYX/I
 プロレタリアートという弱者は、常に、誰かを傘に着ないと生きて行けない。後ろ盾が無ければ、誰にも守って貰えないのだ。
では、一体、誰を傘に着るのか。ここで俺が思うのは、「なぜ親を傘に着ないのか」ということである。極端な話、
奨学金という負債を背負わされなければ、生きて行けない家の生まれでも、正社員で手取り「17万円」あるのならば、
「家に4万円」「奨学金に3万円」充てても、それでも「10万円の自由に使える金」が毎月湧出して来るではないか。

 しかし、「転勤族」という名の、全国展開の、単に手取りの給料(サラリー)が高いだけの、株式会社に身を売るしか無かった、
そして、そればかりを傘に着ている者たちは、何故か、「人格」だとか「資本主義」だとか いう言葉が大好きだが、反面、
家族の話になると、途端に皆、「うっ」…となってしまう。何故、株式会社しか傘に着ないのか。何故、家族を傘に着ようとしないのか。
何故、「ゲマインシャフト(血の繋がり)」ではなくて、「ゲゼルシャフト(利害関係の繋がり)」なのか。何故、「家格」ではなく、「人格」なのか。
何故、「血筋」ではなく、「能力」なのか。そして、何故、「地元密着-企業」ではなく、「全国展開-企業」なのか。家は継がないのか。

 自分の能力や会社、その能書きだけは、死ぬほどやって来るくせに、家族の話になると、いきなり冷や汗を垂らしながら、
嘘混じりのハッタリの虚勢ばかりをして来る、株式会社の会社員たち。本当は、親父に痛めつけられて来たんじゃないのか。
家を追い出されて来たんじゃないのか。あんな連中とは一緒に住めない、早く自由になりたい、とか内心思っていたんじゃないのか。
あるいは、大手の大学に進学するなり、大企業の株式会社の金脈にでも乗っかって、それを傘に着るなりしなければ、それでハロー効果を
働かせなければ、自家の格を表現出来ないような、何の仕組みも歴史も財力も甘やかしも無い、面子の無い家だったからじゃないのか。

 四大卒にばかり犠牲を求める、高卒のオーナーに先輩。中産階級にばかり犠牲を求める、下層階級上がりのオーナーに先輩。そして、お金持ち育ち
ばかりに犠牲を求める、貧乏人上がりの上司。要するに、逆恨み。そういうことじゃないのか。何故、大企業なのか。何故、全国展開なのか。
そんなにお金が欲しいのか。持ってないのか。親はお金をくれなかったのか。お金よりも時間の大切さを教えてくれなかったのか。というか、
大企業にでも就職しなければ、自我が保てないのか。大企業にでも就職しなければ、家賃だの水道光熱費だの奨学金だのを、返済できないのか。
家には置いてくれなかったのか。次期戸主(筆頭者)として、家を引き継がせてくれなかったのか。そういう話になって来るだろうが。

 江草乗にしても、貝柄にしても、そういう所が、如何にも、下層上がりや中産下位上がりの、コンプレックス塗れ臭くて、気色悪いのである。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/20(金) 17:07:37.03 ID:LSCQuryw
 文系大企業、要するに、人数の多いマンモス企業は、別に、親父がどうのこうのの お坊ちゃまを 欲している訳でもなければ、
頭のいい人間を欲している訳でもない。というか、文系大企業の従業員そのものが、そもそも、下層上位〜中産階級に過ぎない。

 文系大企業が求めているのは、要するに、兵隊であり、指揮官である。つまり、家族のために犠牲になり、教師のために犠牲になり、
会社のために犠牲になる、いい手駒、いい子ちゃん、頑張り屋。即ち、よく動く奴。学部入試歴-学部専攻歴は、アルバイトや部活動、
資格歴などの、その内の1つに過ぎない。どんなに頭だけ知識が詰っていても、アルバイト、部活動の経歴が全く無いのでは、そいつは、
仮に採用したとしたら、いずれ、会社内の円錐ピラミッド組織図、集団の秩序・隊列 を乱すことになる。会社内で、一番偉いのは何か。
貴様は何様か。それを弁えられないような奴には、我が社には要らない、というやつである。

 家族のために犠牲になり、よく動き、学校のために犠牲になり、よく動き、そして会社のために犠牲になり、よく動く。そんな都合のいい人間を、
企業は欲しいだけだ。親や学校の見栄のために学業で孝行をし、部活動や生徒会、学級委員、あるいは兄弟の面倒を通じて、下っ端、部下を指揮する。
そして、単発で色々と変えてしまうのではなくて、1つのことを、長年、やり続ける。意地っぱりで、根性のある、肝の据わった奴。

 これの、一体どこに、「お坊ちゃま」だとか「学問のある奴」とか、「親父が凄い人」「血筋のいい人」なんていうキーワードが絡んで来るのか。
それは、単にそいつが個人的に凄いだけであって、家格が優れている訳ではない。てめえのその物質的・金銭的に裕福な暮らしは、他の全てを
犠牲にして手に入れたものであって、そのお金は、株式会社から与えられた、降り注がれた金だ。てか、頑張りの報酬としての、そのピンハネされた後のお零れだ。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/20(金) 17:23:12.13 ID:LSCQuryw
教師のために犠牲になり → 学校のために犠牲になり
一番偉いのは何か → 一番偉いのは誰か

 本当にお金持ちなら、まず、おまえは株式会社で働いていない。本当にプライドが高いのなら、おまえは株式会社で働いていない。
会社を立ち上げている筈だからだ。あるいは、お店を立ち上げている筈だからだ。あるいは継いでいる筈だからだ。

 家族ってのは、既に与えられている、自分の家族に満足できない者が、新しく求めるのだ。要するに、ファザコンやマザコンの
願望が叶えられなかった奴が。同様、家族を養わなければならないのは、その既存の家族、即ち実家が、養わなければならないほど、
貧しいからに他ならない。誰も、私服を肥やす豚に対して、積極的にお金を入れたいなんて思わないだろう。むしろ、その豚の息子は、
「そのお金を俺にもよこせよ!」と狙っている筈だ。

 本当に甘やかされて育ったのなら、おまえは株式会社で働いていない。何故なら、おまえは、権勢症候群を発症して、家族組織内や会社組織内での
円錐型ピラミッド階層の組織図が理解できないからだ。自分が一番偉いと勘違いし出す。俺は神の子であるのだと。本来は、使役されるべき、
使い易いように、鞭打って調教させる。その、立場を弁えない、真逆のことをしてしまうことを、俗に「甘やかす」と言う。

 そして、本当に甘やかされて来たお坊ちゃん、甘ちゃんは、株式会社の使役の世界に身を売ること、というか、俗世間に己が身が汚されることを恐れ、
引き籠りがちになるだろう。アルバイトも、部活動も、全てが煩わしくなる。転勤族なんて絶対に嫌だと。もう既に、実家に、父のATMに、お金が有るというのに、
何故、わざわざ奴隷になってまで、大金を稼ぐ必要がある? このモノに飽和した時代に? 実家や自室の中に居れば、そこには、自分の望むもの、全てがもう有るのに?

 結局、大会社に居る大組織人連中なんてものは、その大人数の群泳の組織会社ばかりを、いつも後ろ盾として、そればかりハロー効果を働かせて、
そこばかりを見せ、或いは、学歴統計術を作ってばかりで、一生、自分の過去や、その取り巻きを恨み続け、そして復讐、制裁、嫌がらせ、搾取を
企てているような、被虐待育ち や 被貧乏人育ち の 溜まり場に 過ぎないのである。一生、ネット上で、公務員叩きに必死になってる奴すら居るぐらいなのだし。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/20(金) 17:35:41.01 ID:LSCQuryw
 会社は、中間管理職を欲している。そして、オーナー、上司は、集団の秩序、隊列という名の、その建前に着飾られた
己が心の平穏、絶対神話を守るためならば、学歴詐称だって何だって、どんなに汚いことだってする。中には、自分のことを
「(仕事の)神様」「(現代)労働貴族」なんて思っている奴だって居るぐらいなのだ。会社は従来の家父長制を根強く引いている。

 だから、予め、経歴選考を通して、本物のお坊ちゃん、甘ちゃん、社風、組織図に馴染めないような奴は、みんな面接で、
本物のフィルターをかけて まず落とす。だって、そうだろう? ビジネス・キャリアでは、俺はまだ おまえよりも 低いけど、
ライフ・キャリアはおまえよりもぶっちぎりで高いぞ、てかおまえ歴史知らねえの? 実家に仏壇無えの? 名寺でもない、貧乏寺の非門跡なの?
穢多か何かの子孫なの? てか大学は? 専攻は? 学歴コンプレックス? 親父は? なんて言って来る奴、雇いたい訳が無いでしょう。
他人のプライベートにまで口突っ込んで来るなよ、って。会社は、そいつを、全ての面において、全人格的に、支配して、操りのお人形にしたいのだから。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/20(金) 19:22:26.95 ID:LSCQuryw
 企業は「箱入り育ち」など求めてはいない。むしろ、このような概念は、大多数の有象無象については、
全く実在しないもしない、在りもしない概念だ。何故なら、それは「甘やかし」と同様に、己が立たされている立場や将来、
その企業のニーズを見据えていないからだ。むしろ、企業(世間)は、あくまで市井に生きる人間たちなのであるから、
市井の顧客日常感覚、そのニーズ、マーケティング精神を失った者たちに、未来など無い。

 ましては、企業というものは、内勤は「女」にやらせて、外勤は「男」にやらせるのが主流。故に、女ならまだしも、
男で箱入りなんてものは、企業では、全く無価値の、屑な存在の扱いに等しい。腰かけの事務員など、男には要らないのである。

 これは「世間知らず」という概念もそう。こと企業、世間、市場で生きるからには、そこを知らないというのは、犯罪者と同類の立場に等しい。
だから、まず、そういう奴は、企業に門前払いを食らう。

 貝柄が「先生の姉は官僚をやっている」と言っていたのも、本当は嘘。姉が東大卒で、弟が公立育ちの関大卒で、公立中学教師、Fラン教員の
屑だなんて、どう考えてもあり得ない。大体、兄弟姉妹ってのは、同じ家の中で教育を受けてきたのだから、育ちだってそんないバラつかないのだ。
ましてや、日頃は、自分が一人暮らしで居たことを自慢していたくせに、それをいきなり、姉の話をし始めるんだから、話が全然整合していない。

 ニートは「悪く」無い。彼(女)は、別に、社会に迷惑をかけない。家族に迷惑をかけ、そして、弱肉強食の現実から目を逸らし、消費だけしているだけだ。
どちらかと、性格的には、「善い」奴の方が多いと思う。生活保護を受けることになったって、それは、血税、国税から払われているなんて言ったって、
割り算すれば、一人当たり1円にも満たないとか、どうせそんな所だ。ちょっと、数カ月でもいいから、ちょっとだけ無理して、やる気を出して、
普通のお店にでも就職して、そこで立ち子、売り子でもすればいいだけのこと。しかし、ブラック企業は違う。彼(女)らは、己が豚の私服を肥やすためなれば、
どんなに他人を傷つけることだってするし、それを反省しもしないで、むしろ「偉い」ことであるかのように勘違いして、逆に「威張る」。
心の中は憎しみや復讐心でいっぱいで、「悪い」ことをすることの方が、「何もしない」ことは愚か、普通に「善く」生きている人間たちよりも、
偉い、優勢な立場であるかのように、勘違いをしているのだから。無限大の誇大妄想、その幼児的な幼い権力欲に囚われていて、自分を直接に取り巻く、
目の前の村社会の力の現実が全然視えていないのである。そうやって、自爆して、最後は身を滅ぼし、結局、地位社会から惨めに、鼠のように失踪する。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/20(金) 23:51:53.96 ID:LSCQuryw
 自分は、受験勉強の中でだけは、人格が保たれた。正義でいられた。クラスメイトを貶せた。他人のためになることも、
何も出来ない人間だけど、他人よりも多くの文章や単語を覚えて、それ(学歴)で他人の人格を貶すことだけなら、
2チャンネラーの誰よりも得意。悪口や愚痴なら誰にも負けない。そんな奴が、民間企業の入社面接で許される訳がなかろう。

 本当は、人間付き合いが苦手で、自分しか認められない、周りの人間とその価値を認められない人間で、他人のことを
貶すしか出来ない人間であることを誤魔化すために、学歴を傘に着ているだけ。本当は、己が侮蔑されるのが、恐くて恐くて仕方ない。
器量の小さな、哀れな人間よ。そうやって、50代にもなって、毎日、ブログを書き続けることでしか、自分を周りに表現できない。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/21(土) 18:09:53.60 ID:XsnGKsNB
少年の男3人 ウサギでサッカー 蹴り殺す
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1401587387/
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/06/01(日) 10:49:47.37 ID:tgp+RL9Li● ?2BP(11000)
東京都江東区の小学校で飼育されていた
ウサギをけり殺したとして、
警視庁は15日、同区内の
無職少年3人(いずれも18歳)
を動物愛護法違反などの疑いで逮捕した、と発表した。
少年らはウサギをボール代わりにサッカーをしており、
「面白半分でやっていてエスカレートした」
などと供述。
発覚を免れるため、ウサギの死体を重しと
一緒に袋に入れて運河に捨てていたという。
調べでは、少年3人は昨年5月8日早朝、同区立辰巳小学校に侵入。
小屋で飼われていたウサギ1匹を持ち出し、
約1キロ離れた公園でけるなどして殺した疑い。
公園内のすり鉢状になったローラースケート場で、
はい上がってくるウサギを交代でけったという。
3人のうち2人は同小学校の卒業生。
ウサギは児童らが「ゆきのすけ」
と名付けて可愛がっており、
行方がわからなくなってからは
児童らがポスターを作るなどして捜していた。
http://m.blogs.yahoo.co.jp/sannposusunnde_nihosagaru/25770824.html

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/22(日) 02:35:05.95 ID:z3SKk8Kw
貝柄は口先だけの臆病者の弱者。弱虫。憎悪や妬みやコンプレックスの塊。より弱い者たちの所に寄生し、
そいつらを指揮するのが大好き。だから、名前も聞いたこともないような、甲陽や六甲は愚か、大阪明星中学にすら劣るような
中学校の教師になる。その後は、Fランク大学か。何をやらしても中途半端。何をやらしても一番、主役になれない。
何をやらしても端っこ。身長158cmのチビで、小学校〜高校の頃の何処かで虐められて来たから、自分を虐めた者たちに
復讐したかっただけ。でも、おまえがそう思ってるように、もっと上の私立中高一貫校 出身の連中は、下手したら、
おまえがそういう類の人間だと思ってるよ。少なくとも、そういう風に、出自で 括られて 視られている。

父親は大企業勤めの高卒-転勤族。今みたいな複雑な学歴社会でもなかったから。母親も高卒。母親はもはや、頭逝ってるキティ。
本当はお姉ちゃんなんか居ない。一人っこで、しかも 放任されて育ったから、だから今みたいな経歴と性格の人間になった。
よく生きて来られたな。今まで30年間。大教大にロンダリングして、教職の専修免許取って、挙句に、公立の中学教師。
自分とお似合いの、授業中や休み時間に寄声挙げて叫び出すような、知的障害者、精神障害者、発達障害者の相手ばっかりさせられる。

別に恰好よくもないのに、胸のボタンを2つも3つも開けて、ズボンを腰から下ろしてはき、靴下も糞短い意味不明なやつ。別に誰もおまえの
臭い胸なんか興味ないって。てか鏡見て悟れって。誰もおまえの顔面や若干の髪型のズレになんか興味ないって。代わりにチンコでも出してろって。
授業中に机の上にチンコやマンコ、アニメの落書き。頭の中は性器とアニメと音楽ステージの寄生でいっぱい。「愛してる!愛してる!!
ああ愛してる!!!」。ガムやヘッドホンが大好きで、ワザと電車の中でもクチャクチャ・ガンガン。

女は女で、よく喋る。理屈の破綻したようなことを、しかもコンプレックス丸出しで、如何にもシタリ顔で、まあよくも、ベラベラと
リアルで演説を垂れる。五月蠅い。しかもイタい。気色悪い。こちらも、また、頭の中は排泄でいっぱい。肉便器のことしか考えていない。
自分で自分のことを可愛いだとか美女だとかセクシーだとか思っている。しかもそれをリアルで口に出す。道路の地べたにも平気で座り込む女。
他人にばっかり理想を求める。自分の分際は省みようとしない。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/22(日) 02:36:13.19 ID:z3SKk8Kw
音楽ステージの寄生 → 音楽ステージでの寄声

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/30(月) 23:14:13.12 ID:w4l4vMhx
同年代と戦うことから逃げ、他人からの評価に晒されることから逃げ、十歳も何十歳も歳下の
未成熟な人間たちの所に寄生しに来ている時点で、最初から敗北は決まっていた。弱い者虐めばかり。
16歳 vs 36歳,46歳で、同じ教室に。22歳 vs 42歳,52歳で、同じ教室に。恥ずかしく無いんか。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/30(月) 23:24:28.82 ID:w4l4vMhx
おまえの年収、 40代で400万円台。50代で500万円台。60代も、ずっと社畜。
俺の父親の年収、40代で700万円台。50代で 脱サラして そもそも会社に 居ない。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/03(木) 00:17:42.86 ID:WgTi9h9Y
「予備校講師や教師は大学教員になれなかった人たちだ」と、文化資本を口にするなら、
短大やFランで教員やってる奴よりも、契約斬りでも、まだ王族の血筋引いてる方がいい。

学歴の高低を口にするなら、Fランや関々出るよりも、兵庫教育大や兵庫県立大、
奈良教育大や奈良県立大、商業科高校+関西経理学校 出る方がいい。
ましてや公立上がりは「1年頑張っただけだ」と、私立中高卒に一生責められる羽目になる。

資本主義だとか年収だとか使役だとか を口にするなら、Fランや短大で
教員なんざ やるよりも、公務員やったり、独立事業主やったりする方がいい。

結局、何をやらしても無能で、何も出来ないのが、Fランの教員、特に短大の教員なのだ。
短大の教員に至っては、Fランの院卒上がりがズラリ。見下しに来たのか寄生しに来たのか。
貧困ビジネスでもしに来たのか。あぐらかきに来たのか。楽でもしに来たのか。卑怯者が。
年収300万円台〜400万円台で、中年まで、そして中年以降までも、一生 底辺の上に 居座り続ける奴。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/06(日) 06:58:09.96 ID:uJMCdEcg
俺が偉いんだ、俺が偉いんだ、俺が偉いんだ。
俺が一番偉いんだ、俺が一番偉いんだ、俺が一番偉いんだ。
権勢症候群はおまえである。上を妬み、下を懲罰する屑め。

俺どころか、尾崎も、森下先生も、櫃本先生も、みんな貶して。
自分は中学受験をしたことが無くて、その世界を知らないからと、
「あんなものは意味が無い」などと言って、他人の条件を妬んで壊そうとしたり。

子ども時代において、一番大切なのは、とにかく「筋を通す」ことである。
「自分の中でこう、何か、1本の筋が通る気がしたよ」と、アイヌの末裔が語った体験談のように。
これをキャリア心理学では「キャリア・アンカー」と呼ぶ。たとえば、関西で言えば、六甲学院以上の
中学校の門をくぐる。六甲学院から現役で上智大学の神学や国際教養の学部入試に受かる。神戸市外語大や
阪大外国語学部の入試に受かる。そこから、英語学1本に絞り込んで、一流の塾講師や予備校講師になる。

ドン底から這い上がった人間。或いは、トレンドを読んで、そこに向けて、事業をやり遂げた経験を有つ人間。
特性化を、人生全体で、体という資本全体で学んで来た人間。失敗して、それを克服した経験を有つ人間。
一度、独りになって、外に放り出されたりして、そこから集合の中に回帰した経験を有つ人間。
ハミゴに遭ったり、他人から振られて、そこから内省を学んで来た人間。そんな人間が、企業からモテる。
自分には、自分の特性(歴史)に合った、ベストの校風の大学、或いは 業界・業種、ライフコースが、
必ず存在する。無い物強請りばかりをしない。自己中心的。そういうのを「餓鬼」と言う。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/08/27(水) 23:43:33.69 ID:90yGgnr0
教育学部の教員で、ナントカ回帰法とかやって喜んでるバカがいるけど、ホントあれはママゴト以下w

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/08/28(木) 11:41:58.60 ID:ZUg7Iknk
2000年代の東大社会学、本郷ですが、では、
知的障害、精神障害、身体障害、社会不安障害、
ひきこもり、フリーター、ニート、鬱病、ロボトミー、
パラサイト・シングル、ゲイ、レズビアン、サバルタン、ポスコロ、
在日韓国人、在日朝鮮人、外国人労働者、外国人留学生、ポスアカ、
認知症、看護師、差別、記憶、セクシュアリティ、専業主婦、
一人っ子政策、援助交際、ダイオキシン、シックハウス、専業非常勤、
エスピン・アンデルセン、雇用システム、日本型経営、ジェンダー、
ナショナリズム論、バイク便ライダー、東洋の魔女、ギャルゲー
生命倫理、感情労働、教養としての芸術、宝塚、バブルガムフェロー、
家のメタメタ、経路依存、メタ倫理学、戦後日本の啓蒙思想、地球市民
アグネス論争、難民、ホームレス、反射光線、人口学、生殖医療、
人工妊娠中絶、コールマン、ルーマン、パーフィット、エリアス、
第三セクター鉄道、フーコー、資本主義のハビトゥス、デマゴギー、
ハバマス、d5の夜、相対主義、脳腫瘍、不登校、登校拒否、
アダルトチルドレン、拒食症、やおい、学生運動、障害学、
相続問題、住居、フロム、ネーゲル、デュルケム、ド・メストル、
トゥルーミン、サール、ベック、セラピー、ボランティア精神、搾取、
以上のような、キーワードを軸に、
社会構築主義と理念的実在の、
2重の意味での恣意性の中、
複雑怪奇な心理?真理?戦が展開されていたのかもしれません。
関係者他の見方提示して。
これ、相当偏っていることくらいは、
自分でわかるんで。
特に定松淳氏と星加良司氏にはお願いしいたいです。
もちろん、東大本郷の若くて優秀なスタッフにもですが。
三谷武司氏はいいです。事態がより複雑になると思うので。
長文失礼しました。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/08/31(日) 23:21:26.05 ID:nJvaire6
霧雨 @fetixa1018 · 7月22日

生まれ変わった方がいいと思いますよ。

生まれ変わらなくてもいいから、学校教育には一切関わって欲しくないですね。
ただの害です。



いじめの話でさ。
『傍観者も加害者』って考え方があるのですが、この考え方ほんとに嫌いなんですよね。
それこそ傍観者である社会の意見って感じですよね。自分に被害がこないことが分かっている人だからこそ言える意見ですわな。
それをさも正義や善だと言わんばかりに講釈垂れる人は…。

168 :正理会:2014/09/18(木) 11:19:53.07 ID:Pao3Lr3G
宗教・歴史・皇室・教育問題・社会問題・政治経済まで

あらゆる情報が学べます!

「中杉弘のブログ」「中杉弘の徒然日記」ぜひご覧ください。


http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/


http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi

119 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)