5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

歴史を知らずに哲学は語れない 3

1 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/03(火) 23:57:25.26 0

前スレ http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1322998278/l

2 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 00:07:38.60 0
                    .∩nnn  |
                     .∩n∩nnn∩n|
       {       nf||∩| |^!|n:n∩|
ィ彡三ミヽ  `ヽ    ,ィnr。>ニニニ<rヽr>f.|
彡'⌒ヾミヽ   `ー  /ooc0oc:c0o:c:n.co|
  _ `ー―'    i!ハ °o  .o°°o0o|
彡三ミミヽ        i! ヽo。o°。o 。○。|
彡'   ヾ、    _ノ i!.°0 o°o 。.≼⓪≽|
      `ー '    {ヘラ ≼⓪≽   'ー‐'::|
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ ヽヘ``ー一'/ ●ヽ.:::::|
彡'      ` ̄      `\::| ト‐=‐ァ'. |  呼んだかね?
      _  .__ ノ   ヽ、` `二´'.:::::|
   ,ィ彡'   ̄             ト-- '.::::|
ミ三彡'        /⌒ / ̄ ̄ | : ::::::::::|
       ィニニ=- '     / i   `ー-(二つ
     ,ィ彡'         { ミi      (二⊃
   //        /  l ミii       ト、二)
 彡'       __,ノ   | ミソ     :..`ト-'
        /          | ミ{     :.:.:..:|
            ノ / ヾ\i、   :.:.:.:.:|
      ィニ=-- '"  /  ヾヾiiヽ、 :.:.:.:.::::|
    /     /  `/ ̄ ̄7ハヾヾ : .:.:.|
   ノ     _/   /   /  |:. :.:.:.:.:.:.:|


3 :名無しの純一さん:2012/01/04(水) 00:12:19.37 0
TSUTAYAでおまんこ〜ぅ

4 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 00:16:32.34 O
もう立ってるよホケ

5 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 10:27:45.14 0
>>1
おはようございます。神ネーム取得おめでとうございます。



386 名前: ブロガー(dion軍)[] 投稿日:2012/01/04(水) 10:21:24.33 ID:rYMOkJAD0
家に引きこもってるから「そんなこと」が許せないことがらであるかのように
感じるんだ。

所詮、理屈こねるだけの頭でっかちにせかいは見えぬ。つかめぬ。ほほえまぬ。

おお・・・神よ・・・円環の理の祝福よ・・・今日もいい天気・・・

6 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 10:44:22.04 0
                 / /_________________________
                 / / __     __        n     _____    /
                 / / |   |     /  /      / /    /       |   /
                / /  |   |    /  /      / /   . /        .|   /
               / /  |   |.   /  /    /⌒ヽ/     /   / ̄ ̄|  l  /
         .      / / . |   |  /  /    ( ^ω^ )     /   /.  / /  /
  .          . / ./   |   |  /  /     ノ/ /  ノ   /    ̄ ̄ /  . /
             / /  . |   |. /  /   // / ノ     /   / ̄ ̄ ̄ .   /
             / /    |   |/  /  ⊂( し'./    /   /         /
            / /     |     /     | ノ'     . /   /         /
            / /     |    /.     し'      ./   /        /
           / /      ̄ ̄ ̄              ̄ ̄         ./
           / /_______________________/
   /⌒ヽ    (  ̄)
  ( ^ω^) / /
/⌒  _ / /./
 \    //_/\
    ̄ ̄ ̄(_二_)

この板はVIPが占領しますた

7 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/04(水) 13:01:54.03 0
いまの日本は庶民の力が落ちているのだろうか

8 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 13:25:09.97 0
おまえは貴族か

9 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 16:48:44.09 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

10 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 17:00:43.10 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

11 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 17:12:15.94 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

12 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 17:13:23.03 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

13 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 17:14:36.51 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

14 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 17:15:32.06 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

15 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 17:16:02.24 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

16 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 17:16:38.53 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

17 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 17:17:58.89 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

18 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 17:18:46.30 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

19 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 17:19:06.13 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

20 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 17:19:18.07 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

21 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 17:19:43.82 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

22 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 17:20:09.19 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

23 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 17:20:54.43 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

24 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 17:21:16.30 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

25 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 17:21:45.42 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

26 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 17:22:14.22 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

27 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 17:22:48.37 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

28 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 17:23:29.15 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

29 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 17:24:21.31 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

30 :考える名無しさん:2012/01/04(水) 17:24:54.05 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

31 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/05(木) 01:11:28.70 0
日本人のセックス離れの一つには、男女の在り方の変化がある。
男女とは家庭の単位であり、日本では家庭は職のためにある。
男女の付き合いというよりも男性が外で働き女性が家を守る社会的な組織である。
女性の社会進出が低いようのは単なる男尊女卑というより、日本の家庭の在り方が職中心であり、主婦が家業を守る重要な仕事であるからだ。
恋愛といえどもこのような社会的な関係を切り離すことはできない。
男女ともに、このような関係を回避しようとしている。

若者の〜離れはさまざまいわれるが、共通するのは社会的な責任からの回避にいきつくだろう。
従来からの日本人としての社会関係から生まれる責任からの回避。

32 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/05(木) 01:35:40.65 0
1位:テレビ離れ 914 (30.5%)
2位:新聞離れ 888 (29.6%)
3位:固定電話離れ 729 (24.3%)
4位:近所づきあい離れ 686 (22.9%)
5位:マスコミ(メディア)離れ 596 (19.9%)
6位:車離れ 593 (19.8%)
7位:活字離れ 572 (19.1%)
8位:若者は近づいてすらいない 533 (17.8%)
9位:結婚(婚活)離れ 502 (16.7%)
10位:現実離れ* 461 (15.4%)

http://getnews.jp/archives/56134

33 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/05(木) 02:27:05.07 0
西洋化の魅力は、自由である。
しかし自由とは個の尊重であるが、それに伴う強い責任がある。

ある意味では、近代西洋化する前の日本の方が
自由であった。
職による拘束が強かった。
職による拘束は、家業であり、そして社会的な責任に
根ざしていた。
逆にそれ以外は弱く、寛容であった。
やること、立場を守れば、互いに尊重しあう自由があった。

現代日本人は、これらのいいとこ取りをしているように思う。
西洋的な自由を享受するが、その個人の自由には、
かつての日本人的な寛容さがつながっている。

そこで抜けるのは、西洋的な、自由に伴う社会的な倫理である。
自由である故に個人への厳しさである。
自己責任である。

日本人は調子がよいときは、自由を望むが、
調子が悪くなると、日本人共同体的な救済を求める。
社会制度としての弱者救済ではなく、
漠然と日本人同士なら助け合うのが当然である、と居直る。

34 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/05(木) 03:02:21.37 0
西洋も近代合理化の波を受けて大きく変化した。
近代合理化は、効率化によって意味を消失させる。
ではいかように、社会秩序を維持したのか。

同じく近代合理化の波を受けた日本とは、
ある部分では異なる。

功利主義、リバタリアン(ネオリベラリズム)、リベラル・・・
これらを連ねるのは、経済的な自由と平等主義である。

しかし合理化の徹底には、実はキリスト教的な倫理が隠されている。
自由において、個を単位として、尊重すること。
徹底すれば、個が会社のような利害関係の主体となること、
そしてそこまで個が個として尊重されることである。

この個人主義には、キリスト教的な倫理が背景にある。
基本単位を神と個人との対話という。
そして他の個を愛しなさいという博愛主義、ヒューマニズム。

しかし日本人にはこのような強い個はない。
それでも日本人は、経済合理化を強く受け入れている。

そこには集団主義と言われる日本人に独特の
アレンジがある。

35 :考える名無しさん:2012/01/05(木) 10:07:00.30 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

36 :考える名無しさん:2012/01/05(木) 10:07:28.67 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

37 :考える名無しさん:2012/01/05(木) 10:07:52.28 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

38 :考える名無しさん:2012/01/05(木) 11:22:53.55 0
> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ〜 :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

39 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 02:56:39.98 0
プーーー!プープープープープープーーー!プープープープープープーーー!プープープープープープーーー!プープープープープープーーー!プープープープープープーーー!プープープープープープーーー!プープープープープー


40 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 05:52:12.58 0
っかしエージング厨わ何なのだろうねw
「まだ未エージングなのでコメントは差し控える(キリッ」 だってwwww

「Aのラカンは知らないが、個人的にはBのラカンがいいと思う。Aのラカンについては読んでないのでコメントを差し控え(キリッ!る」www

あ、やべぇwこれ波平だったw なんかごっちゃになるよwww

41 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 06:49:06.10 0
控えめに振舞うのが日本人の美徳です

42 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 10:40:12.86 P
> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ? :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

43 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 11:38:23.01 0
>>40
書籍エージングで思想にハマる波平。想像できます。
ピュア・オーディオ厨にとって、エージングをかけるスピーカーやヘッドホン・イヤホンは
ぶっちゃけて言うと性感帯を刺激する大人のおもちゃです。エロ商品です。
コンテンツをオナホールによって再生し、官能刺激を陰部に伝達するんです。
波平ともなると全身性感帯ですので、書籍をコンテンツとして目より脳を介して陰部をまさぐります。
まあ、書籍はエージングで変わりませんが、目と脳が射精に向けて最適化されていきますね。
このような背景が見せられると、書籍のエージングは理解できますよ。波平なら、そういうことするでしょう。

44 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/06(金) 12:52:17.39 0
近代国家とキリスト教 森安達也

買ったどー

45 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 13:12:49.16 0
近代国家とキリスト教 森安達也

46 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 14:12:54.63 0
>>44
だから何なのかよくわからないんですが
波平氏の一挙一動に注目せねばいかんのでしょうか?



47 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 14:22:12.48 0
新宿や渋谷に従軍慰安婦のポスター1500枚、韓国では「よくやった」の声 #ldnews http://news.livedoor.com/article/detail/6170895/

48 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/06(金) 14:26:37.04 0
歴史 神本

日本近世の市場経済分析
・日本の歴史をよみなおす (全) (ちくま学芸文庫) ISBN:4480089292
・文明としての江戸システム 日本の歴史19 鬼頭宏 (講談社学術文庫) ISBN:4062919192   

武士という公職
・武士の成長と院政 日本の歴史07 下向井龍彦  (講談社学術文庫) ISBN:4062919079
・江戸時代とはなにか―日本史上の近世と近代 (岩波現代文庫) 尾藤正英 ISBN:4006001584
・世界の歴史 (12) (中公文庫) 明清と李朝の時代 岸本美緒 ISBN:4122050545  

源-日本人
・逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー) 渡辺京二 ISBN:4582765521
・「愛」と「性」の文化史 (角川選書) 佐伯 順子 ISBN:4047034312
・沈黙の宗教――儒教 加地伸行 (ちくま学芸文庫) ISBN:4480093656

近代化とキリスト教
・マックス・ウェーバーと近代 (岩波現代文庫) 姜尚中 ISBN:4006000960
・近代国家とキリスト教 (平凡社ライブラリー)  森安達也

欧州とアジアを結ぶ世界史
世界史の誕生─モンゴルの発展と伝統 (ちくま文庫) 岡田英弘 ISBN:4480035044


49 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 14:29:04.46 0
そろそろ哲学を語って欲しいね。

50 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 14:30:30.63 0
このまんまじゃなんだか歴史好きが詭弁を弄してるみたいだねw

51 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 14:34:51.59 0
また神本か。
権威主義なんじゃないの?この人

52 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 14:36:35.87 0
これを神と認めよか あ〜あ硬直しそう

53 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 14:38:06.21 0
これは神であらせられるぞ・・・か

54 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 17:18:22.17 P
> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ? :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

55 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 18:32:23.58 0
波平エージング理論w

56 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 19:30:05.22 0
波平自身がエージング

57 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 19:31:46.53 P
> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ? :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

58 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/06(金) 19:44:50.19 0
■原−日本人

1)豊かな自然
適度な緯度に位置する島国。四季がるために豊かな自然に恵まれた。
水に恵まれていることは大きな意味を持つ。
農業、漁業、商業(貿易)など、多様な産業の発達し、豊かさに恵まれる。
水が豊かなために、清潔である。

2)他民族による侵略がない
中国という大国の周辺に位置する。その間に朝鮮がある。
中国が侵略するのは朝鮮を防波堤になった。

3)世界最先端文化の輸入
古くから海路が発達し、中国と密接な関係にあり、
世界最先端の文化が輸入され続けた。
国内の権力闘争においても、最先端の文化を入手することは優位に働く。

4)ハイコンテクスト
侵略がなく、豊かさに恵まれることで、文化が継続して成熟し
やすく、人々に擬似単一民族なハイコンテクストな文化が共有される。

59 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/06(金) 19:45:28.31 0
5)新しもの好き
ハイコンテクストな社会の問題に社会の閉塞がある。
日本人は侵略されたことがなく無防備で、かつ外来文化という
新た風を敏感であった。

6)現世主義
日本人に限らず、中国儒教文化の影響から、形而上学への興味が
薄く、現世を重視する。逆に形而上学への興味は西洋キリスト教圏などの
得意な現象であると思う。多民族社会では、各民族宗教を調停するために
思想を現前化し契約することがことが求められる。思想はより抽象的、
かつ理念的、そして形而上学なイデアへ向かう。
日本人のハイコンテクストでは、改めて思想を現前化する必要はなく、
基本的に「いわずもがな」の継続する慣習によって秩序維持される。

7)家業中心主義
慣習大系の基本となるのは、社会秩序という公儀が配分された家業である。
これは天皇中心に行われたが、天皇とは単なる支配者であるとともに、
公儀の中央、家業貢献をつかさどる中心でもある。
武士は治安維持を、その後には政治をつかさどる家業である。
将軍であっても、征夷大将軍などの公儀の家業を営むものである。


60 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/06(金) 19:46:05.20 0
8)尊重関係
日本人は縦糸として階級社会であったが、横糸として家業社会であった。
下級であっても彼らには社会的な使命としての家業をもち、
その家業において、階級の上下関係を超えた尊重関係をもった。
侵略民族間の殺伐として階級関係とは異なる、擬似単一民族的な
共感がそこにある。

9)集団主義
一般的に言われる日本人の集団主義も、このような家業を中心に
配置された社会秩序から考える必要がある。
家業を担う家督の継続が重視さて、生まれながらに配置がきまる。
家業は日本人共同体として与えられた公儀的な面を強くもつために、
個人という考えは薄く、全体の配置として尊重されるとともに拘束される。

10)農民の自由
尊重関係から、ほとんどをしめる農民は農業という職を中心に
自治権をもっていた。
農民層は虐げられて貧しかったという通説には異なり、
農業だけでなく、副業も営みながら、ある程度の豊かさをもっていた。
日本人の識字率の高さはこのような農民レベルまで広がった、
自由度のためだろう。自ら学び、職を高めることで、豊かさを。

61 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 19:49:35.82 0
> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ? :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

62 :Mask_of_Darkness_and_Light ◆KjV5V9dJA6Be :2012/01/06(金) 20:18:23.96 0
> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ? :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

63 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 20:19:46.41 0
>女子高生とチャットしてたお
>50分ずっとちんぽ立ちっぱだったお

64 :Mask_of_Darkness_and_Light ◆KjV5V9dJA6Be :2012/01/06(金) 20:20:19.41 0
> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ? :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

65 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 21:13:58.11 0
さてとうんこしにきたよーー

66 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 21:14:51.40 0
  ノ|
 ( ̄ ̄)
( ̄ ̄ ̄)
( ̄ ̄ ̄ ̄)
  ̄ ̄ ̄ ̄

67 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 21:54:51.94 0
871 名前: アフィ大好き(東日本)[] 投稿日:2012/01/06(金) 18:35:23.80 ID:3MqRv6Wn0
        __ -─ーー一一- __
      ,-‐´::             \
    ./:::::::::          ,/⌒\\
    /::::   , -──-----─'′ ,ノ  ヽl
   l:::  /´::::::::     -─--‐'    ,-‐ .|
.   |::  /::::::::::::    __     /   .|
    |::: l_::::::::::::::   ̄    ̄      _  .|
.    |::::: `‐、:::::    -─- ::::    <´::    |
    |::: i⌒l |::::::      :::::/:::   \    |
.   | |∩| |::::::       ::/:::::    ヽi  |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.     |:::|| l.| |:::::      | (;::::    _,八_|  | フフ・・・・・・
     |: |6|| |:::::::    _ノ   `‐-― '′ __ノヘ|  | へただなあ >>1くん
.     | ゝ.人|::::::   ̄「ミ==-─一^~ニ-‐'1|.|< へたっぴさ・・・・・・・・!
     |::   λ::::    ヾ、、_ニ ̄二二三‐-ノノ .|  | ステマのやり方がへた・・・・
.     |:   |: l:::::::::    `‐ニ二──_二ノ .|  \____________
.      |: |::::丶:::::::::::::       ̄ ̄_,,-‐  丿
.    ,/|: |::::::::丶,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,,/
   /  ||::  ::::::::'ーー‐----―一 ''  ̄|\_
  /   .  |::     :::::::::::::::::::::::|  \

68 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 21:59:31.09 0
すてま?ゲーム用語かなにかか?

69 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 22:00:30.40 0
ステマとは班長の金庫にペリカを溜め込む手法です。

70 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 22:13:46.41 0
>>1
この人は今頃歴史に目覚めたってことなの?

71 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 22:17:12.36 0
けっこう言われつくしたことが並んでるんだけど
で、なにしようって言うんだろう?
哲学は語られず置いてきぼりなんだけど。

72 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 22:21:07.61 0
波平さんの説明じゃ
「歴史を知らずに哲学の歴史は語れない」
って同語反復だよねえ。
これじゃ延々と記述は続くだろう。

73 :考える名無しさん:2012/01/06(金) 22:25:43.77 0
完璧主義者のやる気の空回り。
ミッションステートメントだけが足りない徹底した経営戦略と従業員指導。
魂だけを抜いて作ってしまった完全なる人造人体。
鍵穴をつけ忘れて完成した高級車。

74 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/06(金) 23:54:54.90 0
■原−日本人

1)豊かな自然
適度な緯度に位置する島国。四季がるために豊かな自然に恵まれた。水に恵まれていること
は大きな意味を持つ。農業、漁業、商業(貿易)など、多様な産業の発達し、豊かさに恵まれ
る。水が豊かなために、清潔である。

2)他民族による侵略がない
中国という大国の周辺に位置する。その間に朝鮮がある。中国が侵略するのは朝鮮を防波堤
になった。

3)世界最先端文化の輸入
古くから海路が発達し、中国と密接な関係にあり、世界最先端の文化が輸入され続けた。国内
の権力闘争においても、最先端の文化を入手することは優位に働く。

4)ハイコンテクスト
侵略がなく、豊かさに恵まれることで、文化が継続して成熟しやすく、人々に擬似単一民族なハ
イコンテクストな文化が共有される。

5)新しもの好き
ハイコンテクストな社会の問題に社会の閉塞がある。日本人は侵略されたことがなく無防備
で、かつ外来文化という新た風を敏感であった。

6)現世主義
日本人に限らず、中国儒教文化の影響から、形而上学への興味が薄く、現世を重視する。逆
に形而上学への興味は西洋キリスト教圏などの得意な現象であると思う。多民族社会では、
各民族宗教を調停するために思想を現前化し契約することがことが求められる。思想はより抽
象的、かつ理念的、そして形而上学なイデアへ向かう。日本人のハイコンテクストでは、改めて
思想を現前化する必要はなく、基本的に「いわずもがな」の継続する慣習によって秩序維持される。

75 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/06(金) 23:55:20.52 0
7)家業中心主義
慣習大系の基本となるのは、社会秩序という公儀が配分された家業である。これは天皇中心
に行われたが、天皇とは単なる支配者であるとともに、公儀の中央、家業貢献をつかさどる中
心でもある。武士は治安維持を、その後には政治をつかさどる家業である。将軍であっても、
征夷大将軍などの公儀の家業を営むものである。

8)尊重関係
日本人は縦糸として階級社会であったが、横糸として家業社会であった。下級であっても彼ら
には社会的な使命としての家業をもち、その家業において、階級の上下関係を超えた尊重関
係をもった。侵略民族間の殺伐として階級関係とは異なる、擬似単一民族的な共感がそこにある。

9)集団主義
一般的に言われる日本人の集団主義も、このような家業を中心に配置された社会秩序から考
える必要がある。家業を担う家督の継続が重視さて、生まれながらに配置がきまる。家業は日
本人共同体として与えられた公儀的な面を強くもつために、個人という考えは薄く、全体の配置
として尊重されるとともに拘束される。

10)農民の自由
尊重関係から、ほとんどをしめる農民は農業という職を中心に自治権をもっていた。農民層は
虐げられて貧しかったという通説には異なり、農業だけでなく、副業も営みながら、ある程度の
豊かさをもっていた。日本人の識字率の高さはこのような農民レベルまで広がった、自由度の
ためだろう。自ら学び、職を高めることで、豊かさを。

76 :考える名無しさん:2012/01/07(土) 00:55:08.47 0
まあ、せいぜい頑張って。
波平教の教祖が読む本は信者にとってありがたいご神託のようなものなんだろう。
神本は殿堂入りした神仏、そしてご本尊のようなものなんだろう。
波平大乗教の歴史まんだらにはすっかり飽きたよ。
答えを出す事もなく信者を翻弄しどこまでも引き連れていくつもりなんだろうけどね。
まあ、ほとんど誰も波平教祖の記述は読んではいないだろうけど。
大丈夫かい?

77 :考える名無しさん:2012/01/07(土) 02:50:36.42 0


  ┏┳┳┓     ハイ.     ┏┳┳┓
┏┫┃┃┃     波平は   ┃┃┃┣┓
┃┃┃┃┣┓   ここまで ┏┫┃┃┃┃
┃      ┃┃┏━━━┓┃┃      ┃
┃ 波平   ┣┫ . ・∀・ ┣┫. STOP!┃
┗━━━━┛┗┳━┳┛┗━━━━┛
            ┏┻┓┃
        ┏━┛  ┣┻┓
        ┗━━━┫  ┗━┓
.             ┗━━━┛

78 :考える名無しさん:2012/01/07(土) 03:01:49.21 0
.      ./ ,      }\   ヽ   i r'´  } ,.-‐'" ',.}'
    ,∠',{     リ, /`‐-イ `ー--i._,.ゝ- 、     /|
  /   ∨ ,..-‐-、ノ   ゙i‐‐-/´     ',   / |
  八    リ 〉   `ヽ`ー‐‐''''''''",,... -‐‐‐-.ノ  /   |
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

3 名前:考える名無しさん :2012/01/07(土) 03:00:56.52 0
≼⓪≽:o。≼⓪≽ゝ'´ 
≼⓪≽:o。≼⓪≽ゝ'´ 
≼⓪≽:o。≼⓪≽ゝ'´
≼⓪≽:o。≼⓪≽ゝ'´
≼⓪≽:o。≼⓪≽ゝ'´
≼⓪≽:o。≼⓪≽ゝ'´


79 :考える名無しさん:2012/01/07(土) 03:11:18.18 0


  ┏┳┳┓     ハイ.     ┏┳┳┓
┏┫┃┃┃     波平は   ┃┃┃┣┓
┃┃┃┃┣┓   ここまで ┏┫┃┃┃┃
┃      ┃┃┏━━━┓┃┃      ┃
┃ 波平   ┣┫ . ・∀・ ┣┫. STOP!┃
┗━━━━┛┗┳━┳┛┗━━━━┛
            ┏┻┓┃
        ┏━┛  ┣┻┓
        ┗━━━┫  ┗━┓
.             ┗━━━┛


80 :考える名無しさん:2012/01/07(土) 08:43:21.32 0
  ノ|
 ( ̄ ̄)
( ̄ ̄ ̄)
( ̄ ̄ ̄ ̄)
  ̄ ̄ ̄ ̄

81 :考える名無しさん:2012/01/07(土) 15:55:53.67 0
昔、DQNギャルありけり。
マクドナルドにて、「キモヲタいとキモし。ヲタの触れしものに触らば死ぬ。
同じ場にゐば死ぬ。さらによきことなし。
キモヲタ皆死ね。」と言ひて、さの椅子に半刻ほど前にキモヲタ座りたることも知らず、椅子2つ並べ上で寝けり。
死なず。店に我といふキモヲタゐる。死なず。

82 :考える名無しさん:2012/01/07(土) 16:06:49.30 0
吉祥寺のホテルです

83 :考える名無しさん:2012/01/07(土) 20:23:43.69 P
> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ? :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

84 :純一 ◆QzuB1xeuck :2012/01/07(土) 22:04:44.90 0
GO TO UNKO

I AM DOG



IAM CAT VERY MUCH

85 :純一 ◆QzuB1xeuck :2012/01/07(土) 22:07:50.44 0
トイレとは排泄をする場所である。
従ってトイレとは神である。

86 :考える名無しさん:2012/01/07(土) 22:11:15.70 0
        ,.- '´  ̄ ̄ `  - 、
        r'   _,. -―-- .、  ヽ
       l r '´   __  `ヽ  l
       l'.......-―.::::::__:::::::::::‐.`L.._
     ,-:::´::::::::::-::‐'';;:◉:;:';;゙`◉:‐-、:::::::::::::ヽ
   r'::::::::::::::::::/;:;;:◉:;::;;゙';;::;;◉::;::;:◉;:;ヽ:::::::::::::::i
  .i'::::::::::::::::::::l:;;::◉;:;;:'◉;;;;:;:◉:::'◉;;;:◉:;;:i:::::::::::::::::!
  .l:::::::::::::::::::l:';;::;;:◉::;;:◉:;:';;゙`◉::゙゙`◉`!:::::::::::::::/
    ヽ:::::::::::::l:;;::◉;:;;:'◉;;;;:;:◉:::'◉;;;:◉:;ir'::::::::::::;r'
     ` ヽ:::l::.;:;;:◉:;::;;゙';;::;;◉::;::;:◉;:;;'i:.r'::;;-'´
        l::_';;:;;:◉:;::;::;:;゙';;;;◉::::;i/'-' ´
        イ:.;;::;゙';;トェェェェエソ;:;:.!      I wouldn’t bet on it.
    r:::'::::::l :..;::;;:◉` ェェェン;:;゙/
 ,.-:':::::::::::::::::!ヽ;;:◉::;;:◉:;;:◉::;;:i'
':::::::::::::::::::::::::::i ヽ::;;;:◉::;;:◉:;/!ヽ、
::::::::::::::::::::::::::::::i,.--ヽ;;;;;;,〃´l:::::::::ヽ、
::::::::::::::::::::::::::::::l  _/_i_l   ,!、::::::::::::ヽ

87 :ユーサネイジア ダニエル・カール:2012/01/07(土) 22:17:00.50 0
社会に出たら

生れ付き罪がある穢多だけど

穢多を経験して、現世の罪でも捕まえられると思われたくないから

88 :考える名無しさん:2012/01/07(土) 22:24:58.90 0
Won't be wrong Jayo!

89 :考える名無しさん:2012/01/07(土) 22:25:16.27 0
他人に気をつかうばかりのカール
あるいは他人に気を使うふりするカール

90 :考える名無しさん:2012/01/07(土) 22:27:31.20 0
敵対する者同士は似てくるのか。
神にとりつかれた純一と波平。

91 :純一 ◆QzuB1xeuck :2012/01/07(土) 22:28:53.17 0
俺は悟りを開いたんだ
狂気こそが哲学だ!!フハハッハ!

92 :考える名無しさん:2012/01/07(土) 22:31:18.51 0
どうりで胡散臭い

93 :純一 ◆QzuB1xeuck :2012/01/07(土) 22:33:08.99 0
Nice to meet you. My name is Taro. I'm verry happy because my name is Taro.
It will rain tomorrow.
Your very smelly.I am I.My favorite sports is swimming in the sky.
My father was dead from wind blows.
Thank you.

94 :考える名無しさん:2012/01/07(土) 22:34:14.29 0
Have you lost your mind?

95 :純一 ◆QzuB1xeuck :2012/01/07(土) 22:37:10.40 0
>>95

oh yes.

I do not lost mind.

96 :考える名無しさん:2012/01/07(土) 22:40:55.22 0
I see.

97 :純一 ◆QzuB1xeuck :2012/01/07(土) 22:42:08.86 0
Nice to meet you. My name is Taro. I'm verry happy because my name is Taro.
It will rain tomorrow.
Your very smelly.I am I.My favorite sports is swimming in the sky.
My father was dead from wind blows.
Thank you.

98 :純一 ◆QzuB1xeuck :2012/01/07(土) 22:44:48.97 0
I don't speak English&Japanese.English is very easy.
Japanese people is very I.

99 :考える名無しさん:2012/01/07(土) 22:52:36.26 0
皆もう寝たのか?

100 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/07(土) 22:59:00.88 0
自然エネルギーブームだがどうなんだろうか。
大震災も自然である。
原子力の暴走も自然をコントロールすることの失敗である。

自然の恐ろしさ
コントロールできるかもしれないというおごり。
なのに、自然エネルギー?

もっと懸命に自然に取り組むべきだろう。
それは人類始めからの戦いである。



101 :純一 ◆QzuB1xeuck :2012/01/07(土) 23:00:16.30 0
Namihei's brain is very nuts.

102 :考える名無しさん:2012/01/07(土) 23:01:08.16 0
言葉遊びすな

103 :考える名無しさん:2012/01/07(土) 23:02:32.08 0
>>101
二人はお友達って読むのか?

104 :純一 ◆QzuB1xeuck :2012/01/07(土) 23:04:33.11 0
>>103

Yes, Best answer.

105 :純一 ◆QzuB1xeuck :2012/01/07(土) 23:06:14.81 0
I am dead. but Iam I.

106 :考える名無しさん:2012/01/07(土) 23:06:21.43 0
namihei has very circle head ?

107 :純一 ◆QzuB1xeuck :2012/01/07(土) 23:08:04.63 0
oh nice hair.

Please give me.

108 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 00:02:19.95 0
おっは〜

109 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 00:04:52.90 0
  ノ|
 ( ̄ ̄)
( ̄ ̄ ̄)
( ̄ ̄ ̄ ̄)
  ̄ ̄ ̄ ̄

110 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 00:05:12.94 0
プーーー!プープープープープープーーー!プープープープープープーーー!プープープープープープーーー!プープープープープープーーー!プープープープープープーーー!プープープープープープーーー!プープープープープー


111 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 00:05:24.90 0

  ノ|
 ( ̄ ̄)
( ̄ ̄ ̄)
( ̄ ̄ ̄ ̄)
  ̄ ̄ ̄ ̄

112 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 00:19:31.21 0
  ノ|
 ( ̄ ̄)
( ̄ ̄ ̄)   what a beautiful day!
( ̄ ̄ ̄ ̄)
  ̄ ̄ ̄ ̄

113 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 00:26:27.89 0
とっぽぎ

114 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 00:33:47.32 0
ロジックの大切さって反証可能性に向かってなのかなー。
あえてはロジックとセットであるべきなのかなー。とか気づいたら波平がへばりだした。
どうしよどうしよ

115 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/08(日) 12:08:06.48 0
各会社の労働組合には青婦部というのがあるが、
これは、日本の村にあった若者組の名残だろう。

村の共同体においては、下部組織として若者組が作られ、
様々な村の運営を支えた。
祭りなどの行事もあれば、お年寄り所帯などの世話など、
ボランティア活動が行われた。

その中で、当然、性関係も重視される。
現代でも労働組合の青婦部といえば、各種イベントが
催されて、男女の出会いの場が演出されている。
その昔は、社内結婚のための装置として機能していたのだろう。

村社会では結婚は個人よりも家で行うものであったので、
むしろ性教育、性関係の場であった。
村祭りや夜這いなどの性の装置と密接に結びついていた。

村の若者組→青婦部と継承された共同体の性装置は
現代では解体し、自由である反面、よく知らない人との
関係する危険が増えて、セックスをする機会が失われている。
現代の童貞、処女の増加はこのような背景がある。

アメリカでも自由なセックスといいながら、学生パーティなど
社会的な性関係の装置があるが、
いまの日本ではそれらが失われている。

116 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/08(日) 12:18:21.95 0
ボランティアについても、西洋では教会など相互扶助装置が働いているが、
日本では、村社会、その後の会社共同体の崩壊によって、
相互扶助装置がなくなった。
国による貨幣分配による社会保障のみとなった。

このために、人々は将来に不安を持ち、
富の分配の取り合いになって、政治は停滞しつづける。

個人の自由と貨幣分配だけでは、安心した社会は不可能である。
貨幣では補完できない安心領域があるからだけではなく、
安心サービスのコストが高いからだ。

少し助け合いあえばいいだけのことを、
サービス商品とすると、人件費の高さから大金になる。
最先端の日本では、それをコンビニエンス化によって
安くしようとしている。
さらにはIT技術をつかってのセルフサービル化も進んでいる。
それが、いまの日本人の選択であるが、
それでも金が足りないために、社会保障費が膨大になっている。

会社共同体崩壊後に、社会保障装置が必要になっている。
そしてそこには当然、性経験装置がついてくる。

ポスト共同体はなにか。ネットコミュニティが近いように思えるが、
ネットコミュニティに担えるのか、なにが足りないのか。

117 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/08(日) 12:26:35.55 0
現代では、都市部、逆に農村部ではなく、
新興住宅地などの地域と切り離された若者に
童貞、処女が多いだろう。

彼らは、都市の自由な出会いからも、
農村部の共同体の出会いからも離れて、
小さな家庭の子供として、成長する

118 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/08(日) 12:35:19.21 0
■若者のセックス離れと共同体の喪失


若者組という社会保障と性装置

各会社の労働組合には青婦部というのがあるが、これは、日本の村にあった若者組の名残だ
ろう。村の共同体においては、下部組織として若者組が作られ、様々な村の運営を支えた。祭
りなどの行事もあれば、お年寄り所帯などの世話など、ボランティア活動が行われた。

その中で、当然、性関係も重視される。現代でも労働組合の青婦部といえば、各種イベントが
催されて、男女の出会いの場が演出されている。その昔は、社内結婚のための装置として機
能していたのだろう。村社会では結婚は個人よりも家で行うものであったので、むしろ性教育、
性関係の場であった。村祭りや夜這いなどの性の装置と密接に結びついていた。

村の若者組→青婦部と継承された共同体の性装置は現代では解体し、自由である反面、よく
知らない人との関係する危険が増えて、セックスをする機会が失われている。現代の童貞、処
女の増加はこのような背景がある。

現代では、都市部、逆に農村部ではなく、新興住宅地などの地域と切り離された若者に童貞、
処女が多いだろう。彼らは、都市の自由な出会いからも、農村部の共同体の出会いからも離れ
て、小さな家庭の子供として、成長する。

119 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/08(日) 12:36:11.67 0
貨幣による安心の限界


アメリカでも自由なセックスといいながら、学生パーティなど社会的な性関係の装置があるが、
いまの日本ではそれらが失われている。ボランティアについても、西洋では教会など相互扶助
装置が働いているが、日本では、村社会、その後の会社共同体の崩壊によって、相互扶助装
置がなくなった。国による貨幣分配による社会保障のみとなった。このために、人々は将来に
不安を持ち、富の分配の取り合いになって、政治は停滞しつづける。

個人の自由と貨幣分配だけでは、安心した社会は不可能である。貨幣では補完できない安心
領域があるからだけではなく、安心サービスのコストが高いからだ。少し助け合いあえばいいだ
けのことを、サービス商品とすると、人件費の高さから大金になる。最先端の日本では、それを
コンビニエンス化によって安くしようとしている。さらにはIT技術をつかってのセルフサービル化
も進んでいる。それが、いまの日本人の選択であるが、それでも金が足りないために、社会保
障費が膨大になっている。

会社共同体崩壊後に、社会保障装置が必要になっている。そしてそこには当然、性経験装置
がついてくる。ポスト共同体はなにか。ネットコミュニティが近いように思えるが、ネットコミュニ
ティに担えるのか、なにが足りないのか。


120 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 14:24:26.85 P
> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ? :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

121 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 14:56:49.91 0
波平がもとに戻った!やったー。

122 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 16:32:39.87 0
着陸できずに旋回してるんだろう。

123 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 17:26:10.23 0
かなり格好つけたがりだよね。Namihei

124 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 17:37:57.25 O
メアド教えてください

125 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 18:11:21.94 0
pachi-.-pachi@docomo.ne.jp

126 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 19:59:44.96 P
> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ? :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

127 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/08(日) 21:32:00.73 0
http://www.oricon.co.jp/news/music/2005531/full/?cat_id=tw

AKB48・指原莉乃、3月ソロデビュー 初主演ドラマ『ミューズの鏡』主題歌に決定

 人気アイドルグループ・AKB48の指原莉乃(19)が8日、千葉・幕張メッセ 展示ホールで開催された24枚目のシングル
「上からマリコ」の劇場盤発売記念大握手会イベントで3月にエイベックスよりソロデビューすることを発表した。同デビュー
作は、1月14日よりスタートする自身初の主演ドラマ『ミューズの鏡』(毎週土曜日 午前1時55分〜 日本テレビ系)の主題
歌に決定。スクリーンにソロデビュー決定を告げるVTRが映しだされると会場からは大歓声がわき起こり、指原本人も
「えー!!聞いてないしー!!」と驚いた。
 指原は、2007年『AKB48第二回研究生(5期生)オーディション』に合格後、体力ものや恐怖体験企画に臆病風を吹か
せるヘタレキャラとして、人気を獲得。メンバー初の単独冠番組『さしこのくせに〜この番組はAKBとは全く関係ありません〜』や
『森田一義アワー笑っていいとも!』(午後12時〜 フジテレビ系)水曜日レギュラーとして活躍している。

 「さしこ!!おめでとう!!」とファンから祝福の声援を受け、指原は「歌もうまくないし不安でいっぱいですがCDデビュー
させて頂くということで、一生懸命頑張りますので、ファンの皆さん楽しみに待ってて下さい!!」と意気込んだ。

 なお、AKB48からの本格ソロデビューは板野友美(20)、前田敦子(20)、2月1日に演歌歌手デビューする
岩佐美咲(16)、2月29日にデビューする渡辺麻友(17)に続いて5人目となる。


128 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 21:41:39.73 0
スレタイ「歴史を知らずにAKBは語れない」
のほうが据わりがいいと思うんだけど。


129 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 22:22:04.02 0

        ,.- '´  ̄ ̄ `  - 、
        r'   _,. -―-- .、  ヽ
       l r '´   __  `ヽ  l
       l'.......-―.::::::__:::::::::::‐.`L.._
     ,-:::´::::::::::-::‐'';;:◉:;:';;゙`◉:‐-、:::::::::::::ヽ
   r'::::::::::::::::::/;:;;:◉:;::;;゙';;::;;◉::;::;:◉;:;ヽ:::::::::::::::i
  .i'::::::::::::::::::::l:;;::◉;:;;:'◉;;;;:;:◉:::'◉;;;:◉:;;:i:::::::::::::::::!
  .l:::::::::::::::::::l:';;::;;:◉::;;:◉:;:';;゙`◉::゙゙`◉`!:::::::::::::::/
    ヽ:::::::::::::l:;;::◉;:;;:'◉;;;;:;:◉:::'◉;;;:◉:;ir'::::::::::::;r'
     ` ヽ:::l::.;:;;:◉:;::;;゙';;::;;◉::;::;:◉;:;;'i:.r'::;;-'´
        l::_';;:;;:◉:;::;::;:;゙';;;;◉::::;i/'-' ´
        イ:.;;::;゙';;トェェェェエソ;:;:.!   智弁和歌山の綱領を考察しているようじゃな?
    r:::'::::::l :..;::;;:◉` ェェェン;:;゙/
 ,.-:':::::::::::::::::!ヽ;;:◉::;;:◉:;;:◉::;;:i'
':::::::::::::::::::::::::::i ヽ::;;;:◉::;;:◉:;/!ヽ、
::::::::::::::::::::::::::::::i,.--ヽ;;;;;;,〃´l:::::::::ヽ、

130 :ユーサネイジア ダニエル・カール:2012/01/08(日) 23:10:55.96 0
逮捕歴だと思われたくないから

りすぺくと

131 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 23:12:40.46 0
カスは刑務所にもどれ

132 :ユーサネイジア ダニエル・カール:2012/01/08(日) 23:15:40.66 0
フラッペ モア アヴェック アン ショッス ピエ シル ヴ プレ

133 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 23:20:32.23 0
純一君と夏に会ってからもう随分会ってないなぁ……
桜もそろそろ咲く頃かな、春だしね。
そろそろ帰ろうかな……純一君に会いに。
うん。そうと決まったら『善は急げ』だね。

「と言うわけで、ここまで来たんだよ」
純一君の部屋のベッドの上に、二人並んで座っている。
窓からは、赤い夕焼けの空が見えた。

「ああ、わかった……お前のバカさがな」
そういって純一君はため息をついた。
むぅ、純一君もしかして喧嘩売ってる?
折角研究の途中に、休みを取って来たというのに〜

「いや、だってな。善は急げの時点で間違ってるし……」
純一君が呆れたように言ってくる。
そこは気にしないのが人の情けってものじゃないかな。
全く、最近の日本人ときたら……

134 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 23:21:05.64 0
「まあ、それで。一体何しに来たんだ?」
怒りのオーラを感じ取ったのか、純一君が話題を変えてくる。
う〜、純一君ボクの話ちゃんと聞いてない。
何か怒りのパラメーターがだんだんとあがってきたよ。
久しぶりに純一君に会いに来たって言ったのに。

「……抱きつき」
とりあえずまずは充電しないとね♪
半年分だから、どのくらいかかるかわからないけど、まっいっか。
ちゃんと話を聞かなかった純一君がいけないんだし。

「おい、こらっ離れろって」
無理やり純一君はボクを引き剥がそうとする。
ボクはぎゅっと純一君をさっきよりも腕の力を強めて抱きしめた。

「だめだよ、半年ぶりの充電なんだから。ちゃんと充電しなきゃ♪」
「はぁ……まぁ、かったるくない程度にな」
諦めたようにため息を吐く純一君。
そんなことを言いながら、純一君は優しくボクを抱きしめ返してくれる。
純一君を……感じるよ。

135 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 23:21:36.40 0
うにゃ、いつの間にか寝ちゃったみたいだね。
純一君は……ってボクの背中にもたれかかってる!?
これじゃあ動くに動けないね。
でも、こうして純一君と一緒に居ると、何か夢みたいだよ。
だってこうなるなんて、夢にも思ってもいなかったかたら……

「さくら、兄さんのことお願いね」
「うん、任せてよ。純一君の面倒はボクがしっかりと見るから」
桜の樹が枯れてから数日後、音夢ちゃん島を離れる日がやってきた。
音夢ちゃんは夢である看護婦になるために、島の外にある学校に通うことにしたみたい。

「っといっても、すぐにあっちに帰るんでしょ?」
にゃはは、実はそうなんだよね。途中で放り出してきた研究がボクを待ってるんだ。

136 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 23:22:07.55 0
「うん。でも、離れていても純一君の声は聞けるし。大丈夫だよ」
そう、離れていても電話で声は聞けるし、会いに来ようと思えば飛行機で来れるしね。
まあ、そんな簡単な話じゃないんだけどね。国際電話は高いし、飛行機代だって当然高いから。

「そう。でも無理はしないでね。研究だから身を削らないといけないかもしれないけど」
「ありがとう、音夢ちゃん。音夢ちゃんも体に気をつけてね。
看護婦の勉強は大変みたいだから、無理はしないでね」
今ではこうしてお互いの身を案じているけれど、ちょっと前まではこんなこと考えられなかった。
音夢ちゃんも……純一君のことが好きだったから。
お兄ちゃんの妹であり続けたいと想いとお兄ちゃんの恋人になりたいという想い。
ボクがお兄ちゃんと付き合っても、音夢ちゃんは二つのの想いの間で揺れていた。
それが音夢ちゃんを傷つける結果となった。ううん、ボクの想いが桜の樹に伝わってしまって……
音夢ちゃんはボクがお兄ちゃんと付き合ってもその気持ちは変わらなかった。
それにボクの、音夢ちゃんを妬む気持ちが加わって……


137 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 23:22:29.75 0
「ありがとう、さくら」
でもこうして今では音夢ちゃんは元気になった。
ボクとお兄ちゃんが桜の樹を枯らしたから。お婆ちゃんが残した、枯れない桜の樹を。
本当ならボク一人で桜の樹を枯らして、世界から居なくなろうと思ってた。
ボクのことを知っている人全員の、ボクの記憶だけ全て消したはずなのにお兄ちゃんだけは消えていなかった。
心の底では、覚えていて欲しかったんだ。例え他の人に忘れられたとしても、お兄ちゃんにだけは……
桜の樹が枯れた後、音夢ちゃんはだんだんと元気になっていった。
でもまだ音夢ちゃんの心の中には二つの思いが残っていた。
だからボクは考えた。どうすれば音夢ちゃんを本当に救えるのかって。
そして、ある一つの考えを思いついた。
純一君を音夢ちゃんだけのお兄ちゃんにすればいいんじゃないか、と。

次の日から、ボクは純一君のことを『お兄ちゃん』じゃなくて『純一君』と呼んだ。
その時から純一君はボクの中でお兄ちゃんじゃなくなった。
音夢ちゃんにとって、世界でたった一人のお兄ちゃんになったんだ。
ちょっと恥ずかしかったなぁ……初めて純一君と呼んだときは。
にゃはは、今思うと照れちゃうね。でも、これでよかったんだよね。

138 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 23:23:02.90 0
「……い……くら……さ……ってば」
うにゃ、誰かがボクのこと呼んでいる気がするけど……気のせいかな。

「はぁ……しょうがないな」
そう純一君が言ったのが聞こえた。そして、大きく息を吸いこんだ音も……大きく息を吸い込んだ?

「起きろ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
「うにゃにゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
純一君の大きな声に、ボクは体を起こしながら驚きの声を上げる。

「ふぅ、やっと起きたか。まったくかったるいやつだな」
むぅ、恋人に向かってかったるいやつっていう言い方はないんじゃないかな。
全く、純一君は何でもかんでもかったるいって言うんだから。
それにしても……いつの頃の夢だろう。一年位前の、音夢ちゃんが看護学校に行った日の出来事かな。
ボクが純一君のことを、お兄ちゃんと呼ばなくなった日。
純一君をお兄ちゃんじゃなくて、一人の男性として意識し始めた日。
それまでボクは、純一君のことをお兄ちゃんとしての認識を捨てきれずにいた。
 でも、それじゃあ駄目なんだってわかったから。
純一君は音夢ちゃんの、たった一人の「兄」という存在だってわかったから……ボクは純一君と呼ぶことにしたんだ。


139 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 23:23:20.82 0
「ねぇ純一君」
「ん、なんだ?」
「久々に、甘いものほしいなぁ」
ボクはちょっと意地悪っぽく言ってみる。
「といってもなぁ……もう手から和菓子は出さないぞ」
その言葉に、やられと思いつつも、ちょっとふくれっ面をする。
「う〜、わかってるくせに。純一君の意地悪」
「最初に意地悪な質問したのはどっちだ?」
ボクは何も言えなくなる。今日の純一君は本当に意地悪だよ。
とりあえず、何とかして純一君にキスしてもらうんだからね!


140 :ユーサネイジア ダニエル・カール:2012/01/08(日) 23:27:33.44 0
ヌ ヴザ ンキエッテ パ ジェム サ

141 :考える名無しさん:2012/01/08(日) 23:32:56.12 0
ちょっと冗長かな。。

142 :考える名無しさん:2012/01/09(月) 00:17:46.30 0
bang the hell out of *ami*e*.

143 :考える名無しさん:2012/01/09(月) 06:08:38.32 P
> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ〜 :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

144 :考える名無しさん:2012/01/09(月) 09:36:21.97 O
NHK「日本人は何を考えてきたか」(全12回)日本思想史
〜第一回 福沢諭吉 中江兆民 1/8放送

145 :考える名無しさん:2012/01/09(月) 09:41:16.28 0
日本人って?

146 :考える名無しさん:2012/01/09(月) 11:10:42.80 0
ツノガライクリって?

147 :考える名無しさん:2012/01/09(月) 11:50:04.05 P
> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ? :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

148 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/09(月) 14:25:50.49 0
新年になったが相も変わらず、いいたいことが特にない。
みんなだいたい現状に満足しているが、将来への不安が大きいんだろう。

149 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/09(月) 14:30:13.36 0
さしこの魅力は欲望にあるのかもしれない。
何かわからないが貪欲だ。
現代は欲望が希少な時代だ。


150 :考える名無しさん:2012/01/09(月) 14:36:23.27 0
波平は中国人だろ?旧暦正月はこれからじゃないか。

151 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/09(月) 15:21:55.15 0
なんだかっだ言ったってみんな幸せでしょ。
逆に幸せすぎることが資本主義的には問題視されているわけで

152 :考える名無しさん:2012/01/09(月) 15:36:43.24 0
このスレを読んで笑ったり憤ったり感心したりしてる程度の人、っていう意味で「みんな」だよね?もちろん。

153 :考える名無しさん:2012/01/09(月) 15:38:06.41 0
波平は想像力が著しく欠如してるからなあ。

154 :考える名無しさん:2012/01/09(月) 15:38:49.29 0
波平は今、武道館のステージに立っている。
そこのみんなにマイクで叫んでいる。

155 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/09(月) 15:39:48.49 0
総選挙というシステムは、音楽を届けるメディアであるCDを、
投票券にかえることで、1枚買いという常識を破り、
複数枚購入を可能にした。

複数枚購入を標準にするために、握手会チケットというシステムが
作られる。

タレントとファンとの間を改めに、貨幣によってつなげることに
成功した。

156 :考える名無しさん:2012/01/09(月) 16:30:23.93 0
でそれは賞賛すべきことなの?
何か問題あるの?

157 :考える名無しさん:2012/01/09(月) 17:22:40.84 P
> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ? :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

158 :考える名無しさん:2012/01/09(月) 17:29:32.01 0
漫然とした感想が続くだけの波平のレスであった。


159 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/10(火) 00:46:17.92 0
買ったお

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー) 半藤一利 ISBN-10: 4582766714


160 :考える名無しさん:2012/01/10(火) 00:49:20.61 0
教祖お買いになりましたか。それはよかった。

161 :考える名無しさん:2012/01/10(火) 00:54:53.70 0
教祖が御本をお買いになったぞ!

162 :考える名無しさん:2012/01/10(火) 00:55:32.77 0
バンザーイ!

163 :考える名無しさん:2012/01/10(火) 00:56:00.49 0
バンザーイ!

164 :考える名無しさん:2012/01/10(火) 01:02:24.59 0
バンザーイ!

165 :考える名無しさん:2012/01/10(火) 01:10:07.05 0
マルとモロ

166 :考える名無しさん:2012/01/10(火) 04:42:17.13 0
谷町九丁目駅(大阪市天王寺区)
寺の町は「もてなしの心」そして今は、可憐なる姫たちのもてなし(本番やれちゃうの?)

大阪市中央区と天王寺区との境界線に位置する谷町九丁目駅。その周辺からは歴史や文化の息遣いがうかがえるのである。そうこの町は、本来文化の息づく古い大阪の伝統をひさぐ町である
井原西鶴、そう好色五人女、好色五人男が描かれた町
ふんどしの中で、ちんこをたたせ、隣の女がよがる姿を見事に文化にまで昇華した町である
その伝統は、いま現在も息づいている
駅から谷町筋に沿って北へ進むと、大通りに面して多くの寺が見えてくる。
高層マンションと寺−現代と歴史が混在している。眼前に何ともミスマッチな光景が広がり、不思議な感覚に陥った。
さらに進むと一見、大きな住宅かと見まがうような寺。これまで抱いていた寺のイメージを崩された。
それだけでない、この町を歩く女の子の大半が風俗嬢
しかしはっきり言って、美人過ぎる
ちんぽをたてて風紀取締りを言い出すやつは見てほしい
この町の女の子の質の高さを、そして近代と現代が交差する町になっているのだ

167 :考える名無しさん:2012/01/10(火) 04:42:53.40 0
 どうやらこの一帯の寺の多くは、大阪大空襲による焼失や、戦後の都市整備による道路拡張のため、規模縮小や改築を余儀なくされたらしい。普段気にも留めない景色の中に、歴史の積み重ねが確実に存在するのだと、つい感慨にふけってしまった。

 歩き続けて谷町八丁目までたどり着くと、道路の真ん中にクスノキの大木が、凛(りん)として立っていた。五百年以上もの歳月を生き続け、霊木として奉られている。かつて霊木が立っていたのは神社内だったが、道路拡張の影響を受け、このような姿になった。
 近辺には近松門左衛門の墓。少し行けば井原西鶴の墓と、元禄文化を代表する二人の文豪がこの地に眠っている。

168 :考える名無しさん:2012/01/10(火) 04:43:48.22 0
さらに江戸時代中期の国学者、入江昌喜の墓がある梅松院を訪れた。寺の人からお茶菓子を勧められ、しばし一服。手厚い歓待に、景観は変わっても「もてなしの心」は脈々と根付いているのだと実感した。

東へ進み、国文学者で歌人として多くの歌を残し高僧としても有名な契沖の住居跡、円珠庵のある寺、鎌八幡を訪れた。
ここにあるエノキの霊木に鎌を打ち込むと、つらい運命や悪縁が断ち切れ、明るい未来をつかめる、という伝承がある。
それを信じて救いを求めに寺を訪れる人が後を立たないという。
なんだかこの町に住むそして働く女の子たちの苦悩の姿を見るようである
さてこんな町であるが、とある目立つ風俗ビルがあるのだ

さてここのホテルヘルス激戦区 最高のもてなしを期待したいが、はっきり言って水準以上は3件のみである
ただその水準の高さは、東京新宿の激戦区にも負けない
いや、余裕で勝つことであろう

169 :考える名無しさん:2012/01/10(火) 04:44:10.57 0
そんな中でお勧めは、いまさら書くまでもない「谷町秘密クラブ」
SM系のホテヘルである コスプレも豊富、地下鉄谷町九丁目をでたら、二番出口
坂道を下がって正面にある「大門ビル」
そこの13Fにある はっきり書けば、婦人警官や女子高生の格好をした美人さんがおっさんと出てきたらそこのビルである
それにしてもそこの婦人警官姿、板にはまっている
そのままホテルにチェックイン
婦人警官姿に警棒をつこっまれ、足の指でちんここき それってつらいっす
SM系の方には至福のひと時であろう

170 :考える名無しさん:2012/01/10(火) 04:44:33.23 0
さて問題はそのビルの10Fにあるとあるホテヘルだ
問題というのは、そこの質の充実度、サービスの良さ、SM系ではないが、普通のホテヘルとしては最高品質である。現時点では、店の名前は伏せておく、
なぜって そんないい店すぐに教えたいわけないではないか!
そして、こんないい店に対するやっかみで、この店が万が一のことがあったら大変である
あとで、谷町九丁目にあるホテヘルの一覧を書くから、その中から自分で探してほしい
京都、神戸に風俗店を展開するエイトルージュ(バナナクラブ エイトルージュその他CCクラブ)から独立した、ホテヘルらしい
エイトルージュの主力は、ほとんど移ったらしいからその真価はすごいものがある
現在のエイトはガンダムのいない連邦軍 その店はアムロが、転職したジオン軍
「若さゆえの自分の過ちを認めるのはつらい??!?」

171 :考える名無しさん:2012/01/10(火) 04:45:21.19 0
はっきり言って最高品質である
エイトルージュのオーナも雄琴の高級?(最近質の低下がはなはだしい 雄琴ソープ ファーナイン)
の会員でうつつを抜かすひまではない気がすのであるが・・・
本当にこの店は、いい
ただ、この店はロングでいないと、つらい そりゃそうだ、嘘だとわかっていても、きれいな恋人と別れるのはつらいもんだ
ただ、二つのホテルを利用しているみたいだが、ちょっとしょんぼりのホテルのときは、
ロングをとるよりも、何とか口説いて店外デートに持ち込みたくなる
本当に二律背反 いい女の子がいれば当然デートの誘いも多くなる むずかしいだろうね

172 :考える名無しさん:2012/01/10(火) 04:45:33.54 0
さて余談、この店ではないが、ホテヘルの女の子をくどいた
女の子の口説き方は、金で解決するか(本番させて プラス2万でなんて感じである)
本当にデートに誘ってそこから、口説いて恋人にするかである、
いい女に男がいないなんて今はむかし いい女には、いい男がいるのである
だから、いい女の子を本番交渉以外で口説くのは大変
また売れている女の子は、本番なんてしなくても十分に稼げる
いい女を口説くのは、ホテヘルでもヘルスでも大変

173 :考える名無しさん:2012/01/10(火) 04:46:02.81 0
たいがい、記者は、自分の行きつけの少し普通の女の子はめったに行かない基調のある店に誘い
できれば女性のバーテンダーのいる店なんて最高 その前で、少しなれなれしく女の子といちゃつくのである そのあと、何にもしないでしっかり返して、また後日その店に行く
後日女性バーテンダーは、少し嫉妬したかんじで奥様ですか?
そのあと軽くそうだよといったらもう、女の子、ここでは彼女や奥様気取りで遊んでくれる
そのあとに、ちょっとそののりでホテルに直行
大切にするなら、その子の彼氏よりも大切にしてあげなくっちゃ
それにいまどき風俗嬢の売れっ子の彼氏はひもなんてごく少数
下手したら、高収入高学歴の男なんてざら
そりゃ、その道のお水の花道の一流の女だもん いいおとこをみつけるさ
だから、彼から奪うなんて、ほんとうに大変だ
セフレでいさせてもらえるぐらい そして面白いおじさんぐらいのポジションが好いんだって

174 :考える名無しさん:2012/01/10(火) 04:48:38.48 0
http://blog-imgs-38-origin.fc2.com/k/y/o/kyou171/Erect_Penis_with_C-Ringyu.jpg

175 :考える名無しさん:2012/01/10(火) 05:23:51.37 0
波平の彼女って、どんな腐れ女なんだろ。

176 :考える名無しさん:2012/01/10(火) 09:47:59.39 0
空気人形

177 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/01/10(火) 10:33:57.33 O
同感空想癖。

178 :波平ファンクラブ:2012/01/10(火) 11:34:49.42 0
腐れ女=ビッチ。
ビッチを彼女にできるほどのイケメン=波平。
ビッチを彼女に持つ天才現代思想化波平=偉人。

こういう構図ですね。さすがです。

179 :考える名無しさん:2012/01/10(火) 12:05:13.34 0
サスガッス

180 :考える名無しさん:2012/01/10(火) 12:26:17.00 P
> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ? :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

181 :考える名無しさん:2012/01/10(火) 23:13:30.66 0
>>159
Conglatulation, Namihe! Conglatulation!

182 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/10(火) 23:45:25.38 0
・逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー) 渡辺京二 ISBN:4582765521
・江戸時代とはなにか―日本史上の近世と近代 (岩波現代文庫) 尾藤正英 ISBN:4006001584
・昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー) 半藤一利 ISBN:4582766714


183 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/11(水) 00:03:56.53 0
・昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー) 半藤一利 ISBN:4582766714

昭和の前半が語られる本誌は、まさに戦争一色である。
日露戦争の勝利によってえた満州への足がかりをもとに、
侵略を繰り返し、そして最後終戦を迎える。

この本で示されるのが、一部の軍人の卑近な思いが、
日本を世界大戦へと向かわせる物語である。

近代軍事力のもつ増幅された力がいかに危ういバランスを
持っているか。個人のちょっとした思いが引き金に、
一気に人類を巻きこむ力へ短絡する。

結局、その究極が原子爆弾であるが、
逆にここまでくると、そのあまりの危うさ故に、逆に抑止が
働いている。いまのことろは・・・

徹底的な軍事力が近代化そのものである。
より強い兵器を持つ者が勝つ。
より強い兵器を持つためには金がいる。
金を作るためには侵略が必要だ。
侵略するためには、より強い兵器がいる。


184 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/11(水) 00:12:06.39 0
開国から40年で日露戦争に勝利し、
日露戦争から40年で大敗する。
大敗して40年で世界1の経済大国でのし上がる。
いまは、のし上がってから約30年。

失われた20年などと言われるが、
基本的にはのし上がったまま、有数の豊かさを
維持している。

1853 黒船
1904 日露戦争
1945 終戦
1985 経済大国

40、40、40、30

近代化がはじまって、思った程長くない。

185 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/11(水) 00:53:43.37 0
1865 開国

    近代化邁進

1904 日露戦争

    侵略邁進

1945 終戦

    経済成長邁進

1985 経済大国

    ?

2012 そしていま 

186 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 01:58:54.18 P
> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ? :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

187 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/11(水) 12:37:12.96 0
西洋人からすると、日本人は子供の楽園らしい。日本人にはわからないが、子どもはなんでも許されて甘やかされて育つ。
日本人の子どももなんでも許されるわけではないが、西洋では人間を自律した理性的な存在と考えるため、子どもは未完成な人間であり、大人より下の存在であり、待遇も大人以外できびしく仕付けられる。
日本人の家庭では子どもが中心であり、子供だからと優遇される。
このような日本人の子供への寛容は江戸時代からある。
では日本人の子供が大人への教育がないかといえばそうではなくて、
西洋がキリスト教的文化として子供をきびしくしつけるのに対して、日本人は日本人なりの教育がある。
その上で子どもに寛容であるわけだ。

188 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 12:42:22.89 0
哲学語らなくてもいいから哲学しろ

読んだ本延々と書き写すな

189 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 12:43:48.46 P
> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ? :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

190 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/11(水) 12:43:54.21 0
ではいかように日本人は大人になるのかといえば、
日本人は個人的な自律よりも、集団の中での役割を果たすことで大人になる。
江戸時代ではまだ階級社会であり、職業が家業として固定されていた。
すなわち家業を受け継ぐことで大人になる。
生活の中で子供の頃から大人と交ざりながら少しずつ仕事を覚えて、やかで一人前になる。
だから西洋のように大人と分離して、個人の自律をめざして厳しいしつけをすることがない。

191 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 12:48:52.28 0
もう何十年も前にいわれてたなあ。
古い本紹介してるのか?
だからそれが今日どうって書いてあるの?

192 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/11(水) 12:52:17.05 0
しかし明治以降、近代化するなかで、職の自由化、サラリーマンが増加することで、
かつてのような職による成熟が薄れてくる。
それでも経済的な自立、家庭を持つという新たにライフサイクルが、かつての職による成熟を継承していた。
日本人は大学まで子供でいられたが、社会人になるとたんにいままでの趣向を一変させる。
大学生のばか騒ぎは許されるが、社会人ではきりかえなければならない。
中途採用を嫌う一つの要因は大人への切り替えがみえにくいからだ。

193 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/11(水) 12:59:09.37 0
さらに最近では大人になるシステムの企業が解体されつつある。
しかし子供への寛容さはいままでと変わらないから、大人になるきっかけがなく、ずるずると子供の寛容さの中で年を取るケースが増えている。
オタクの幼児性や、若者〜離れという社会的責任からの逃避は、このような大人になる機会を失った現代の日本人の特徴になっている。

甘やかされることで自我が肥大し、わがままだか、打たれ弱いナイーブな人々。

194 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 13:00:56.44 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

195 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 13:03:31.02 0
現象面だけをずっとのべられてもなあ。
甘やかされるというが甘やかす方はどうなんだろう?

196 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/11(水) 13:03:55.73 0
急激に近代化した結果、中途半端になっていることに、たとえば日本人に民主主義への自立心がないや、女性の社会進出が低いなど、あるが、
このような大人になるシステムの消失も一つだろう。
職の不安定化は日本人にとって失業率以上に根本的な問題だろう。

197 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 13:05:45.94 0
87 :エターナルラブ ◆XDfaVt3s1. :2008/09/29(月) 17:08:22 0
ゼロ年代、結局読んでない。
なんかテレビ評論タレント本みたいだし・・・食指がわかない。

93 :考える名無しさん:2008/09/29(月) 17:15:51 0
>>87
食指がわかないって何?

98 :エターナルラブ ◆XDfaVt3s1. :2008/09/29(月) 17:21:40 0
>>93
http://www.google.co.jp/search?num=100&hl=ja&as_qdr=all&q=%22%E9%A3%9F%E6%8C%87%E3%81%8C%E3%82%8F%E3%81%8F%22&lr=

100 :考える名無しさん:2008/09/29(月) 17:24:55 0
>>98
33件ほど誤用がヒットしているようですが、それがどうかしましたかW

198 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 13:09:17.41 0
波平さんが勉強するための私物化されたスレか。

199 :洋楽:2012/01/11(水) 13:54:43.50 0

  あっ  ぺ  ぺぺちゃんだぁー こんにちわー

       P/E 波  植毛地政策 とかの 係りでしょお?



                           ばーか


200 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/11(水) 16:06:42.17 0
■日本人の職業中心主義の解体と喪失


日本は子供の楽園

西洋人からすると、日本人は子供の楽園らしい。日本人にはわからないが、子どもはなんでも
許されて甘やかされて育つ。日本人の子どももなんでも許されるわけではないが、西洋では人
間を自律した理性的な存在と考えるため、子どもは未完成な人間であり、大人より下の存在で
あり、待遇も大人以外できびしく仕付けられる。

日本人の家庭では子どもが中心であり、子供だからと優遇される。このような日本人の子供へ
の寛容は江戸時代からすでにある。では日本人の子供が大人になれずにどうしようもないの
か、当然そうではなくて、西洋がキリスト教的文化として子供をきびしくしつけるのに対して、日
本人は日本人なりの教育がある。その上で子どもに寛容であるわけだ。

日本人は職を覚えることで大人になる

ではいかように日本人は大人へと教育されるのか。日本人は個人的な自律よりも、集団の中
での役割を果たすことで大人と認められる。江戸時代は士農工商の階級社会であるが、それ
ぞれが家業として固定されていた。大人になるとは精神的な自立よりも、仕事を覚えることが重
要であり、子供は大人と大人と交ざりながら少しずつ仕事を覚えて、やかで一人前になる。

西洋においても、仕事ができること、経済的な自立も重要だろうが、キリスト教文化から個人と
して精神的に高尚な、理性的な主体が求められて厳しくしつけられる。日本人の大人も単に仕
事ができるだけで良いわけではなく、一人前の仕事をすることが日本人全体へ貢献する社会
的な役割であり、仕事の中に社会の成員になることが組み込まれている。


201 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/11(水) 16:07:24.35 0
日本人の職業中心主義

しかし明治以降、近代化するなかで、職が自由化され、さらにはサラリーマンが増加すること
で、かつてのような職による成熟システムは弱まったとも考えられるが、急速な富国強兵のた
めの国家主導型資本主義では日本人の職業中心主義が活用された。

そもそも日本人の職業中心主義は、一つには戦国時代の混乱から秀吉時代の兵農分離によ
る職による人民の再配置に溯ることができるが、さらにはそもそも飛鳥時代の律令制に職業が
固定されことに溯れる。このとき、天皇制が明確になり、人民はすべて天皇と配下となるととも
に、天皇に与えられて任務と位置づけられる。

そもそも島国で、侵略された経験がなく、擬似的な単一民族であった日本人は、天皇を頂点と
する階級制という縦社会であるとともに、それぞれが天皇のために与えられた職に責任をもつ
という横の繋がりをもつ。職を全うすることが社会の成員として認められる。

近代も継承された職業中心主義

このような根深さは、明治以降も継承されたし、また戦後も護送船団型資本主義の終身雇用と
して継承されていく。核家族化する中でも、家庭を持つという新たなライフサイクルによって、人
は成熟する。

たとえば日本人は大学生までばか騒ぎは許されたが、就職すると「長い髪をきって」大人になる
ことが求められた。その後、社内恋愛で結婚して子供をつくり、社会補助でマイホームを買い、
定年でも勤め上げ、企業年金で老後を過ごす。企業は大人になるための装置であり、性関係
の装置であり、結婚紹介所であり、そして老後の社会保障装置であった。これらの企業の機能
は、日本人の職業中心主義社会を継承したものである。

202 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/11(水) 16:08:19.93 0
近代も継承された職業中心主義

このような根深さは、明治以降も継承されたし、また戦後も護送船団型資本主義の終身雇用と
して継承されていく。核家族化する中でも、家庭を持つという新たなライフサイクルによって、人
は成熟する。

たとえば日本人は大学生までばか騒ぎは許されたが、就職すると「長い髪をきって」大人になる
ことが求められた。その後、社内恋愛で結婚して子供をつくり、社会補助でマイホームを買い、
定年でも勤め上げ、企業年金で老後を過ごす。企業は大人になるための装置であり、性関係
の装置であり、結婚紹介所であり、そして老後の社会保障装置であった。これらの企業の機能
は、日本人の職業中心主義社会を継承したものである。

職業の解体と日本人の喪失

このために、最近の企業の弱体化は、日本人にとって単に失業の問題以上に、根深い問題で
ある。企業の弱体化は、大人になる、恋愛、結婚、子供、社会保障すべてを困難にしている。

たとえば日本人の子供への寛容さはいままも変わらないが、職によって大人になるきっかけが
なくなり、ずるずると子供のまま年を取るケースが増えている。甘やかされることで自我が肥大
し、わがままだか、打たれ弱いナイーブな人々。オタクの幼児性や、若者〜離れという社会的
責任からの逃避は、このような大人になる機会を失った現代の日本人の特徴だろう。

急激に近代化した結果、中途半端になっていることに、たとえば日本人に民主主義への自立
心がないや、女性の社会進出が低いなど、あるが、このような大人になるシステムの消失もそ
の一つだろう。

203 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 16:15:11.68 0
何十年も繰り返されて言われてることなんだが
また言ってるのか

204 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 16:16:52.21 0
関口宏のモーニングショー並だな
ワンパターン

205 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/11(水) 16:18:08.65 0
これから職にかわる新たな成人装置が生まれてくるのか、再び職業中心主義を取り戻すのか
日本人は大きな曲り角にきている。

206 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 16:21:43.50 0
その言い方もキャスター並だな

207 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 16:28:05.78 0
87 :エターナルラブ ◆XDfaVt3s1. :2008/09/29(月) 17:08:22 0
ゼロ年代、結局読んでない。
なんかテレビ評論タレント本みたいだし・・・食指がわかない。

93 :考える名無しさん:2008/09/29(月) 17:15:51 0
>>87
食指がわかないって何?

98 :エターナルラブ ◆XDfaVt3s1. :2008/09/29(月) 17:21:40 0
>>93
http://www.google.co.jp/search?num=100&hl=ja&as_qdr=all&q=%22%E9%A3%9F%E6%8C%87%E3%81%8C%E3%82%8F%E3%81%8F%22&lr=

100 :考える名無しさん:2008/09/29(月) 17:24:55 0
>>98
33件ほど誤用がヒットしているようですが、それがどうかしましたかW

208 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 16:44:37.97 0
なんで同じコメントが回ってくるんだ?

209 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 16:51:41.73 0
ついに哲学の統一に成功した。
成功したけどうかつに発表したらパクられる。
哲学科行かないと学会発表できないのでしょうか?

210 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 19:24:38.88 0
87 :エターナルラブ ◆XDfaVt3s1. :2008/09/29(月) 17:08:22 0
ゼロ年代、結局読んでない。
なんかテレビ評論タレント本みたいだし・・・食指がわかない。

93 :考える名無しさん:2008/09/29(月) 17:15:51 0
>>87
食指がわかないって何?

98 :エターナルラブ ◆XDfaVt3s1. :2008/09/29(月) 17:21:40 0
>>93
http://www.google.co.jp/search?num=100&hl=ja&as_qdr=all&q=%22%E9%A3%9F%E6%8C%87%E3%81%8C%E3%82%8F%E3%81%8F%22&lr=

100 :考える名無しさん:2008/09/29(月) 17:24:55 0
>>98
33件ほど誤用がヒットしているようですが、それがどうかしましたかW

211 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 19:35:57.43 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

212 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 19:41:50.33 0
> 哲学的SEXの薦め
>
> 1 :ぴかぁ〜:02/07/04 13:16
> 男の射精や、女の絶頂が最高の性的興奮ってことはないだろう。
> そんなのただの生理的現象だよ。河馬でもやってるよ。
> 哲学好きなら、もっと高尚で興奮する性的快楽があるはずだ。
> やっぱSM系にいっちゃうのかなぁ?
>
> 妄想もOKということで。

213 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 19:47:30.46 0
6 : ぴかぁ〜 : 04/01/11 01:09
射精の瞬間をあの気持ちよさを表す言語を考えてください。



214 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 19:48:59.08 0
> 38 :ぴかぁ〜 :03/02/17 23:11
> SELENEわしに返事くれたっていいじゃないか!
> こんなにも好きなのに 画面越しに愛を送りつづけているのに
> なんで恐いとか狂ってるとか 客観的なの
>
> 43 :ぴかぁ〜 :03/02/17 23:18
> ソフィア、マンコ舐めさせて。


215 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 19:49:41.16 0
> 70 :ぴかぁ〜 :03/02/18 00:36
> ソフィアのおっぱい飲みたいからいったんわしの子をはらんで
> 乳だけ出したら堕胎しろ!わかったか!
>
> ソフィア世界で一番愛してるよ
>
> 411 名前: Я 投稿日: 04/04/07 02:41
> 童貞かどうか、試してみるかい、お嬢ちゃん。
> わしの指マンテクで天国にごしょうたい〜

216 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 19:54:50.39 0
> 952: 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY [] 2011/06/09(木) 11:58:22.48 O
> フェラには哲学的問題が隠されていると思う。
> たかだか性器を舐めるということだ。
> 自らは正規と口をもっている。しかし自らでは舐められない。
> 他者が必ず必要だということだ。
> 他者の必要性ということでは、ラカンに囚人のジレンマという問題がある。

217 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 20:01:31.18 0
> 44 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/01/12(水) 14:59:06 0
> ここ最近、読者の質が悪いや
> 佐々木わたるんの読者評価が高いのが気に入らないと
> つぶやいているらしいが、
             ↓
> 85 :純一 ◆QzuB1xeuck :2011/01/12(水) 18:06:48 0
> あと、俺気になったんだけど、
> 上の方で波平って『中(あたる)』を『わたる』って読んでないか?
             ↓
> 798 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/01/14(金) 01:04:17 0
> あたるんにはまるのは必然。クオリティは別にして、
> びっくりするぐらいに思考の系譜が似ているから。
             ↓
> 804 :考える名無しさん:2011/01/14(金) 01:07:40 0
> 何事もなかったかのようにあたるんって言ってる・・・屑だなあ


218 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 20:02:43.39 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。



219 :波平:2012/01/11(水) 20:10:05.95 0
名前入れろ、純一。

220 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 20:17:06.30 0
純一は引退したよ

221 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 20:24:30.42 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

222 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 20:27:30.04 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

223 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 20:36:25.55 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

224 :純一 ◆QzuB1xeuck :2012/01/11(水) 20:36:37.13 0
>>220

はたしてどうかな?

225 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 20:54:40.03 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

226 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/11(水) 21:46:53.25 0
なぜ日本人は職業中心主義なのか - 第三の波平ブログ http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20120111#p1

227 :考える名無しさん:2012/01/11(水) 23:04:54.59 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

228 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/12(木) 08:26:56.55 0
日本人教・・・西洋的な宗教観
明治の西洋対抗のナショナリズムとして
に天皇中心の精神的な日本教は作られる。

集団主義、恥の文化などの精神的な表現も
そのときに生まれてくる。

江戸時代は外国文化がなく、日本人という相対化ががないので、
民族主義的なものはない。

江戸時代には世界有数の高度な社会システムを持ち、
農民でも村の自治運営、自ら勉強し、農業技術改良による
生産性の向上を進める。
商業の発展、為替システム、

日本人としての高い社会秩序を支えたのは、職業主義。

民族対立、侵略の経験がなく、安定した集団は、
それぞれが家業(職)を全うすることで秩序が保たれる。
武士が支配層になっても、職業としての武士は継続される。
治安部隊から、役人、政治家への広がっても、
職業意識は強くあった。

農民も単に農業だけというよりも、商業が発達した日本では、
商人の面があり、家業という考えが強くある。


229 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/12(木) 08:33:11.04 0
職業を中心として社会秩序は、超越的な精神性よりも、
現世利益を重視し、慣習的な面が強い。

慣習社会は精神的には比較的におおらかで、
宗教に関しても無頓着。
現代でも、正月に神社、クリスマスにキリスト教、
葬式は仏教など、宗教にのんきであるところに
残っている。

士農工商の縦の階級社会であったが、
職業においてはそれぞれが専門のプライドをもち、
それぞれを認める平等な面が大きかった。

230 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/12(木) 08:39:13.14 0
職業中心の社会を、現代的な労働とは違う。
もっとも違うのは時間感覚である。
近代以降は、生産性がもっとも重視されて、
労働は時間を密接に結びつき、
いかに単位時間あたりの生産量を上げるかを
基本とする。
勤勉とは、「金は時間なり」であるが、

江戸時代の労働は、時間との関係は薄い。
職は固定され、さらに単なる労働ではなく、
社会秩序の一部の慣習、儀礼を結びついていた。
技術が重視されたが、また近代的な
技術競争の様な時間軸はない。

今からいえば、日々のリズムを崩してまで
働くことはなく、こつこと進める、怠け者である。

231 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/12(木) 08:45:56.13 0
日本人は恥の文化と言われるが、このような精神性と
中心に語られることは、すでに西洋的な文脈である。

家を重んじるが、それは精神的な恥であるよりも、
慣習的な儀礼の問題である。
日本家屋はあけっぴろげで、外から家の中が
丸見えである。そのような生活をする人びとが、
強く精神的な恥を重視してはできない。

重視されるのは、家業としてのあるべき慣習が
継続されないことの苦悩である。

232 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/12(木) 08:46:54.42 0
武士の一分、
義理人情

233 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/12(木) 09:17:07.83 0
精神中心主義はキリスト教、さらにはプロテスタンティズムの文脈である。
近代化の中に深く埋め込まれている。
二つの面がある。日本人を精神中心主義で分析する誤謬と、近代化の中で精神中心主義的に教育されていっている事実である。
精神中心主義の極限が西洋近代に発明された精神分析だろう。
身体と切り離された精神の正常がめざされるの西洋キリスト教的な文脈から生まれた。
精神分析的に日本人を分析する試みはいろいろあるが、有名な例が「甘えの構造」である。
精神より慣習的な秩序を重視する日本人を精神のみから分析し、母親への甘えが中心にあるということはまさに精神中心主義的な誤謬だろう。
しかしここにも近代に日本人が精神中心主義の強い影響を受けていることを考える必要がある。
社会秩序を支える慣習が、西洋の精神的な文脈へのシフトで解体される。
慣習が家業に支えられていたならなおさら、職の自由化、サラリー制により、解体される。
かといって、西洋キリスト教的な精神中心倫理が導入されなければ、
いかに社会道徳、倫理は維持されるのか。
そこで浮上するのが、甘え化である。

234 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/12(木) 09:32:27.96 0
日本人は精神的な拘束を重視せず、西洋の文脈でいえば、甘い。
それは職業中心の慣習体系が重視されていたからである。
職業中心の慣習体系が揺らぐと、甘えが残る。
甘えとは、いわじもがな、言わなくてもわかるだろうという他者への過度の期待である。
日本人は他民族に比べても集団主義で団結力があり、恥の文化であり、義理人情にあつくお互いを思いやると考えられている節があるが、
このような精神中心的な考えは近代のナショナリズムの中で語られてきたことでしかない。
日本人が薄情とは言わないが、再度いえばより根源であるのは、職を中心とした役割を尊重する慣習である。
日本教的な精神性はほぼないといっていいだろう。

昨年の震災で日本人の秩序ある行動が世界的に称賛されたが、
日本人の戸惑いは西洋的な文脈でそこに崇高な精神性があるように語られたことだ。
日本人にしてみれば当たり前のこと、いわば非常時の役割を果たしただけである。

235 :考える名無しさん:2012/01/12(木) 11:13:12.35 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

236 :考える名無しさん:2012/01/12(木) 11:41:37.39 0
戸惑いというより
日本人までうれしがって誤解してんだから

そういう自己認識の甘さこそ批判されなきゃマスコミも 波平自身も
我も他も

237 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/12(木) 15:45:14.80 0
■日本人の精神主義の誤謬


日本人教という精神主義幻想

日本人は恥の文化、集団主義などと言われるが、このような精神性ともとに日本人が語られる
ことは、すでに西洋的な文脈である。明治以降の西洋的なナショナリズムとして天皇中心の精
神的な日本教は作られる。

精神中心主義はキリスト教、さらにはプロテスタンティズムの文脈である。近代化の中に深く埋
め込まれている。二つの面がある。日本人を精神中心主義で分析する誤謬と、近代化の中で
精神中心主義的に教育されていっている事実である。

日本家屋はあけっぴろげで、外から家の中が丸見えである。そのような生活をする人びとが、
強く精神的な恥を重視してはできない。重視されるのは、家業としてのあるべき慣習が継続さ
れないことの苦悩である。「イエ」を重視するが、それは精神的な恥であるよりも、慣習的な儀
礼の問題である。


238 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/12(木) 15:45:50.66 0
職業を中心とした社会秩序のあり方


江戸時代は外国文化がなく、日本人という相対化ががないので、民族主義的なものは低い。
民族対立、侵略の経験がなく、安定した集団は、それぞれが家業(職)を全うすることで秩序が
保たれる。武士が支配層になっても、職業としての武士は継続される。治安部隊から、役人、
政治家への広がっても、職業意識は強くあった。農民も単に農業だけというよりも、商業が発達
した日本では、商人の面があり、家業という考えが強くある。

職業主義とは、職業にいそしむことに個人的な経済性のため以上に、社会的な貢献(役)であ
り、さらに社会的な儀礼の意味がある。職業を中心とした社会秩序のあり方が日本人の中で慣
習化している。だから日本において職業に就かないことは、日本人としての責任を果たしてい
ない。成人ではない、親不孝者、社会不適合者、地域コミュニティに帰属しないなど、強い意味を持つ。

職業を中心として社会秩序は、超越的な精神性よりも、現世利益を重視し、慣習的な面が強
い。慣習社会は精神的には比較的におおらかで、宗教に関しても無頓着。現代でも、正月に神
社、クリスマスにキリスト教、葬式は仏教など、宗教にのんきであるところに残っている。士農工
商の縦の階級社会であったが、職業においてはそれぞれが専門のプライドをもち、それぞれを
認める平等な面が大きかった。

239 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/12(木) 15:46:26.31 0
日本人と「甘えの構造」

精神中心主義の極限が西洋近代に発明された精神分析だろう。身体と切り離された精神の正
常がめざされるの西洋キリスト教的な文脈から生まれた。精神分析的に日本人を分析する試
みはいろいろあるが、有名な例が「甘えの構造」である。精神より慣習的な秩序を重視する日
本人を精神のみから分析し、母親への甘えが中心にあるということはまさに精神中心主義的な
誤謬だろう。

しかしここにも近代に日本人が精神中心主義の強い影響を受けていることを考える必要があ
る。社会秩序を支える慣習が、西洋の精神的な文脈へのシフトで解体される。慣習が家業に支
えられていたならなおさら、職の自由化、サラリー制により、解体される。かといって、西洋キリ
スト教的な精神中心倫理が導入されなければ、いかに社会道徳、倫理は維持されるのか。そ
こで浮上するのが、「甘え化」である。仮に「甘えの構造」が共感を呼んだとすれば、それは日
本人の本質と言うよりも、西洋化されることで現れた日本人の一面である。


240 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/12(木) 15:46:59.36 0
日本人の集団主義の幻想

日本人は精神的な拘束を重視せず、西洋の文脈でいえば、甘い。それは職業中心の慣習体
系が重視されていたからである。職業中心の慣習体系が揺らぐと、甘えが残る。甘えとは、い
わずもがな、言わなくてもわかるだろうという他者への過度の期待である。

日本人は他民族に比べても集団主義で団結力があり、恥の文化であり、義理人情にあつくお
互いを思いやると考えられている節があるが、このような精神中心的な考えは近代のナショナ
リズムの中で語られてきたことでしかない。日本人が薄情とは言わないが、再度いえばより根
源であるのは、職を中心とした役割を尊重する慣習である。日本教的な精神性はほぼないと
いっていいだろう。

昨年の震災で日本人の秩序ある行動が世界的に称賛されたが、日本人の戸惑いは西洋的な
文脈でそこに崇高な精神性があるように語られたことだ。日本人にしてみれば当たり前のこと、
いわば非常時の役割を果たしただけである。

241 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/12(木) 15:47:28.43 0
日本型資本主義と職業主義

日本人が速やかに近代化をなしとげたことに、職業主義が影響している面はあるだろうか。
ウェーバーが指摘したように、プロテスタンティズムの職業倫理、天職は個人に付加される。神
との契約として懸命に職を全うすることが求められる。自由主義との深く関係することはうなず
けるが、日本人の職業主義は個人の自由な利害を求めるものではない。

職業中心の社会は、現代的な労働とは違う。もっとも違うのは時間感覚である。近代以降は、
生産性がもっとも重視されて、労働は時間を密接に結びつき、いかに単位時間あたりの生産量
を上げるかを基本とする。勤勉とは、「金は時間なり」であるが、江戸時代の労働は、時間との
関係は薄い。職は固定され、さらに単なる労働ではなく、社会秩序の一部の慣習、儀礼を結び
ついていた。技術が重視されたが、また近代的な技術競争の様な時間軸はない。今からいえ
ば、日々のリズムを崩してまで働くことはなく、こつこと進める、怠け者である。

天皇を中心としてナショナリズムは精神性というよりも、社会的な役割を重視する職業主義が
根底にあるように思う。当然そこには、近代教育が必要であっただろう。さらにより成功したの
は軍国主義である。徴兵とはまさに国民に配分された役割である。

戦後も結局、財閥は維持されて、国家主導型の資本主義は継続され、職業主義は護送船団型
の日本企業体として生き残っていく。日本人の自由主義の受容は、西洋とは大きく違う。日本
の国家主導型の資本主義は、職業中心主義の国家的な配置に関連してきた。自由主義とは
距離がある。

242 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/12(木) 15:47:54.63 0
新自由主義は日本人の甘えを容認する

現代の新自由主義は、アメリカでは金融の自由化が大きい。金融を自由化することで投機とし
て国民にまで、金が回る。結局、バブルは弾けたが。日本のネオリベラリズムは、職業中心主
義として、政府、企業は重たいのに対して、企業から落ちこばれた人びとが望んでいる。

彼らが望むのは、貨幣主義である。労働者のレベルで貨幣によって社会秩序が運営されること
によって、バイトで金を稼ぎ、デフレ化した安い商品と、コミュニケーションを自由に楽しむ。それ
だけでは将来は不安なので、国家へ社会保障制度の充実を求める。基本的には最低限の生
活補助金の分配を望む。これが日本人の新自由主義支持である。

ここには甘え化を補完する傾向が見て取れる。民主党はそのニーズをすくいあげて、国の借金
を先送りして、彼らに金をばらまき続ける。今後の日本のあり方として、職業主義そのものへ開
拓、アメリカのように企業側の自由化、すなわち職業主義の解体に手をつけるのか、逆に職業
主義を復活すべき支援するのか、という根本的な問題は手つかずである。

243 :考える名無しさん:2012/01/12(木) 15:51:19.21 0
いつまで足跡なぞってんだい?

244 :考える名無しさん:2012/01/12(木) 16:51:03.77 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

245 :考える名無しさん:2012/01/12(木) 21:06:29.78 0
そろそろえまきか。2月3日だっけ?


246 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/13(金) 08:31:33.21 0
自然宗教から離脱と戦争

戦争は興味を自然を基本とする共産的労働から切り離す。
大きな権力を生み、労働と切り離された支配層を生む。


247 :考える名無しさん:2012/01/13(金) 10:15:24.90 0
スレタイだけでも変えないか?
「なるほど!そうだったのか!」

248 :考える名無しさん:2012/01/13(金) 10:21:43.64 0
【日本よ】石原慎太郎 地球は滅びるだろう - MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/life/news/120109/art12010903110000-n1.htm

249 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/13(金) 11:28:28.68 0
日本人が明治以降の近代化で受けた西洋性とはなにか。
そこには資本制に還元できない近代西洋の精神性がある。
源流としては、キリスト教、ギリシア文化、ローマ文化、ゲルマン文化など
しかしこれらは西洋進歩史観としてあまりによくできている。
面白い指摘が十一世紀のローマ法の再発見による教皇革命による法改革において、これらが融合されたという指摘だ。

250 :考える名無しさん:2012/01/13(金) 11:39:08.00 0
波平のなるほどそうだったのか!〜哲学は語らない〜

251 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/13(金) 13:12:14.96 0
軍国主義を日本人がもつ精神性に求めるのは間違っている。
近代において戦争も経済活動であるということを、経験が少なく無知な日本人はわかっていなかったために。
だからいくつかの引き時を見失い、西洋も恐怖する玉砕にまでいたった。
日本人にとって戦争はまだ戦国時代のように負けると皆殺しにされる淘汰だと考えていた。
明治を主導したのが、下級武士であり、武士道精神はそのときに社会に広まった。
日清、日露、満州と常勝し、敗戦まできた。

252 :考える名無しさん:2012/01/13(金) 13:22:46.89 0
ああ時間稼ぎの波平人生?

253 :考える名無しさん:2012/01/13(金) 17:33:16.78 0
今日も波平氏による哲学風オタク日記が綴られます

254 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/13(金) 18:12:08.56 0
買ったお

宗教以前 高取正男
キリスト教の歴史 小田垣雅也

255 :考える名無しさん:2012/01/13(金) 18:12:59.04 0
親の金で買ったのか?波平の親も大変だな…

256 :考える名無しさん:2012/01/13(金) 19:16:19.70 0
エ プ ロ ン 通 信 6 + α です よ ー ー ー ー ーーーー
http://minus-k.com/nejitsu/loader/up155303.jpg
http://minus-k.com/nejitsu/loader/up155302.jpg

257 :考える名無しさん:2012/01/13(金) 19:19:40.59 0
教祖お買いになりましたか!

258 :考える名無しさん:2012/01/13(金) 19:20:24.35 0
教祖様が御本をお買いになられたぞーーーーー

259 :考える名無しさん:2012/01/13(金) 19:21:06.22 0
おお!

260 :考える名無しさん:2012/01/13(金) 19:22:02.03 0
バンザーイ!バンザーイ!バンザーイ!

261 :考える名無しさん:2012/01/13(金) 19:23:42.96 0
・・・教祖様のお相手をするのは難儀だわい

262 :考える名無しさん:2012/01/13(金) 19:26:36.38 0
Congratulation, Namihei-Sama! Congratulation!

263 :考える名無しさん:2012/01/14(土) 20:12:49.58 0

PIKARRRのテーマソング

今まで何度 倒れただろうか

でも俺はこうして 立ちあがる

そうさぁ やる時は やるだけだ

俺は負けないぜ そう男

続きはこちら→http://www.youtube.com/watch?v=-SyTbzlmiMA&feature=related


264 :つくだに ◆61T2sqB8f. :2012/01/15(日) 18:18:12.97 0
純一死んだか

265 :つくだに ◆61T2sqB8f. :2012/01/15(日) 18:30:32.70 0
85:純一 ◆QzuB1xeuck (12) ::2012/01/07(土) 22:07:50.44 0
トイレとは排泄をする場所である。
従ってトイレとは神である。

91:純一 ◆QzuB1xeuck (12) ::2012/01/07(土) 22:28:53.17 0
俺は悟りを開いたんだ
狂気こそが哲学だ!!フハハッハ!

あちゃーこりゃ統合失調症再発だな・・・

266 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 00:06:31.37 0
ヘーゲル←鈴木大拙←ハイデガー←丸山真男←フーコー

267 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 00:15:08.19 0
あまな◆61T2sqB8f
哲学なんて、研究するモノじゃないんだよ。ただなんとなく匂わせればいいだけのフレグランスなの。
おわかり?ぎゃーはははは!引きこもりざまあああ!

268 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 00:31:20.85 0
一人オナニーはじまったか…

269 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 00:32:45.93 0
なぜ西洋人はキリスト教にはまるのか

日本人も身近に仏教が会ったりするが、はまらない。
なんで宗教が必要なのかもわからない。
キリスト教のなにがそんなにいいのかね

270 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 00:34:13.52 0
>>1Mask_of_Darkness_and_Light ◆KjV5V9dJA6Beは自殺しろ
183 +1:Mask_of_Darkness_and_Light ◆KjV5V9dJA6Be (122) ::2011/11/20(日) 21:34:22.23 0
俺の家の家系がいかにひどいかご覧あれ

母親 PTSD 蜘蛛まっか出血で左半身不自由 おそらくアスペ
父親 アル中 借金有り 
母方祖母 統合失調症
母方叔父 元ひきこもり
父方祖母 自殺
父方祖父 葬式で暴れだしたりする基地外
父方叔父 アル中で体がまっ黄色になって死亡
俺    人格障害、統合失調症、アスペルガー、境界例、知的障害、2ちゃん廃人、顔面奇形、友達ゼロ、引きこもり50代、シャブ中

ハハハ

110 +1:Mask_of_Darkness_and_Light ◆KjV5V9dJA6Be (22) ::2012/01/14(土) 19:30:59.54 0
馬鹿じゃね?

俺はコテで以外は書き込みしてないよ

http://logsoku.com/thread/uni.2ch.net/entrance2/1326015611/55
Mask_of_Darkness_and_Light ◆KjV5V9dJA6Beが名無しで代行を頼んだ証拠

271 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 00:34:30.51 0
おまえが考えろ

272 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 00:46:33.36 0
↓最底辺メンヘルニートMask_of_Darkness_and_Light ◆KjV5V9dJA6Beの隔離スレよろ〜

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1319366828/

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1326286156/

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1326382375/

>>1Mask_of_Darkness_and_Light ◆KjV5V9dJA6Beは自殺しろ
183 +1:Mask_of_Darkness_and_Light ◆KjV5V9dJA6Be (122) ::2011/11/20(日) 21:34:22.23 0
俺の家の家系がいかにひどいかご覧あれ

母親 PTSD 蜘蛛まっか出血で左半身不自由 おそらくアスペ
父親 アル中 借金有り 
母方祖母 統合失調症
母方叔父 元ひきこもり
父方祖母 自殺
父方祖父 葬式で暴れだしたりする基地外
父方叔父 アル中で体がまっ黄色になって死亡
俺    人格障害、統合失調症、アスペルガー、境界例、知的障害、2ちゃん廃人、顔面奇形、友達ゼロ、引きこもり50代、シャブ中

ハハハ

110 +1:Mask_of_Darkness_and_Light ◆KjV5V9dJA6Be (22) ::2012/01/14(土) 19:30:59.54 0
馬鹿じゃね?

俺はコテで以外は書き込みしてないよ

http://logsoku.com/thread/uni.2ch.net/entrance2/1326015611/55
Mask_of_Darkness_and_Light ◆KjV5V9dJA6Beが名無しで代行を頼んだ証拠

273 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 01:08:04.70 0
宗教以前 (ちくま学芸文庫) 高取正男 ISBN:448009301X
キリスト教の歴史 (講談社学術文庫) 小田垣雅也 ISBN:4061591789


274 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 01:21:31.71 0
日本には波平教祖がおられるので
キリストなんぞにはまりません!!!

275 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 01:30:05.93 0
神本バンザーーーイ!!!

276 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 10:55:30.02 0
なぜ上から二冊目の本を買うのか

合理的には一冊目は汚れているリスクがある
しかしそれだけではない。
せっかく買うなら誰もさわっていないものが気持ちがよい。
この気持ち良さとはなにか?
消費にはこのような快感がある。なんの努力もなく金を出すだけで新たな「力」が一瞬でてにはいる。


277 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 11:07:47.48 0
丸損のときもある。
私は一番上のを買うことがある。
波平が小市民(加門達男という人の歌の文句にそのままあったが。
上から二番目をとる小市民〜♪てのが)だからだw


278 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 11:09:25.34 0
波平さん。思いつきだけをあげてはいかんよ。
もう少し答えを得てからかきなさい。
ほんとつまらんよ。

279 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 12:09:54.14 0
>>276
そんなん気にせず一番上を買うけどね、俺は。
気にする人の方が多いの?

280 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 12:41:34.91 0
日本人も平安期までは格差がひどかったのかも

281 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 12:52:31.38 0
話ずらすな。いつもの手だけど

282 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 16:44:02.69 0
> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ〜 :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

283 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 17:46:13.58 0
要するに西洋人はほんとかわってるなあと。
なんであんなに白黒つけだかるのか。
もとえー感じでそこそこにやれないのかと

284 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 17:48:24.50 0
> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ〜 :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

285 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 17:52:45.32 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

286 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 18:26:42.90 0
>>283
だから善悪の二元論があるし神とい究極の意味に近づくためでしょ?

287 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 18:31:23.41 O
>>286
なぜ近づかないといけないわけ?

288 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 18:34:31.57 O
ようするに中東は最古のシュメール文明から、民族闘争のるつぼで、
キリストもイスラムもそこから生まれた。
そこに関係すると?

289 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 18:34:59.63 0
日本は天皇があるし母親が宥めすかし励まし頑張ることで
社会への適合が何よりとされる。
社会への適合こそ至上命令なのでそこでいろんな問題に悩む
若者も出てくる。
内部告発がほとんどないのも協調性を第一義とするためだろう。

290 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 18:37:36.82 0
神という究極の意味を目指すのが集団の行動規範となってるからじゃない?
歴史的に。

291 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 18:42:13.05 0
>>288
もちろんそういう文化の違いがあるよね。

292 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 18:43:46.79 0
ん?

293 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 18:45:40.87 0
西洋と日本

294 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 18:46:18.58 0
キリストの始めから、小難しくてごちゃごちゃめんどうなんだよな。
ひねりすぎというか。


295 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 18:49:07.11 0
いろんな民族が対立してたんだから仕方ないんじゃないの?
あなたのほうがくわしいでしょう。
島国でそこに適合すればいいって問題じゃなかった。

296 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 18:50:53.19 0
日本人は西洋化の前までほんと素朴だよ。
稲作文化と言うのもよいのかもな。焼き畑とか収穫とぼしいし。
日本人はほんと幸せだったんだろうな。
西洋人は苦労しすぎて考えすぎたんだろうな

297 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 18:54:28.50 0
日本人なんか明治前まで鼻水たらして笑ってたのに、
その二千年近く前から、小難しいこと悩んでたってどうよ?
無知の知とか、ひねりまがってるよ

298 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 19:08:42.69 0
確かに中国が田舎村だった頃にすでに中東は都市文明だったわけで、
日本と比べたら四千年近いさがある
日本ができた3倍分なやんどるからな

299 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 19:10:23.20 0
> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ〜 :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

300 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 19:12:11.29 0
波平が語ると不思議と薄っぺらく聞こえる

301 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 19:12:44.37 0
> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ〜 :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

302 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 19:16:29.65 0
波平は無職だから気楽なんだよ
みんな悩んでいるというのにおまえときたら…

303 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 19:29:22.57 0
まずギリシャ哲学があってローマ共和制まで主流
ローマが帝政になってキリスト教が普及して西ローマ崩壊
B.C1000年頃まで道徳律や学問はキリスト教主体(聖書解釈・教会運営)
スコラ哲学もちょいちょい出てくるが神学・哲学混合状態
1500年代に宗教改革 
以後教会に変わって権威づけを国民(市民階級)に根拠付けるため啓蒙思想の発展と
科学の発展で哲学大流行
こんな感じ?


304 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 19:37:01.22 0
波平の自演か?

305 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 19:42:27.70 0
?B.C1000年頃まで道徳律や学問はキリスト教主体(聖書解釈・教会運営)

AC?

306 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 19:44:02.83 0
先生と生徒という設定ですか?

307 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 19:44:52.80 0
> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w


308 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 19:45:40.23 0
>>303
キリスト教の始め、いやユダヤ教の始めから
不自然というか、ひねてるというかね

日本人なんかすべてに小さな神様がいて感謝するからな
お米も一粒も大切にするからね
ほんとよいな〜にっぽんって

309 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 19:46:50.83 0
>>307

310 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 19:55:47.26 0
完全に頭逝かれてるだろう

神はアブラハムの信仰を試そうとしてイサクを焼き尽くすささげものとして供えるよう求めた。
アブラハムはこれに従った。イサクも直前になって自分が犠牲であることを悟ったが
抗わなかった。アブラハムがまさに息子を屠ろうとした時、神はアブラハムの信仰の確かさを
知ってこれを止めた

311 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 20:12:41.76 0
おニャン子、モー娘と騙されてきたのに
三度AKBに騙される波平の方が完全に頭逝かれてるよ

312 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 20:30:55.84 0
「13、14歳の女のコを"性的商品"にして売り出しているという批判を
プロデューサーである貴方はどう受け止めていますか?」 

313 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 20:33:10.17 0
西洋では子供は未人間なので、
子供への保護はきびしいよね。



314 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 20:43:50.92 0
西洋では子供は未人間なので、きびしくしつけるとともに、
子供への保護もきびしいよね。

日本では大人になると、強く社会の役割に組み込まれるので
それまでは寛容だ。
女子高生や大学生など、人生の休日のごとく、
放置されるのもそのため。

日本は子供にあまく、だからこそ日本の子供は無邪気で輝く。
それは性的だけではとらえられない、子供大好き文化がある。
そのニーズを商品としたのが、日本のアイドル文化だ。



315 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 20:48:01.48 0
ジョギングすると前頭葉が発達して額がふくらんできて、ワーキングメモリが増加するらしいよ

316 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 20:51:29.95 0
じゃ、そういう日本に住んでいて波平さんは何が不満なの?

317 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 20:52:19.08 0
西洋はキリスト教文化から性にきびしい。
子供と性の関係をきびしく禁止する。
古くは子供のオナニー禁止などもあった。

日本はキリスト教の影響は、明治以降だし、
その前も、強い倫理思想がなかったから、
性に奔放で寛容だ。



318 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 20:52:52.43 0
>じゃ、そういう日本に住んでいて波平さんは何が不満なの?

とくに不満がないこと


319 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 20:54:15.54 0
CNN「13、14歳の女のコを"性的商品"にして売り出しているという批判を
   プロデューサーである貴方はどう受け止めていますか?」 

西洋では子供は未人間なので、きびしくしつけるとともに、
子供への保護もきびしいよね。

日本では大人になると、強く社会の役割に組み込まれるので
それまでは寛容だ。
女子高生や大学生など、人生の休日のごとく、
放置されるのもそのため。

日本は子供にあまく、だからこそ日本の子供は無邪気で輝く。
それは性的だけではとらえられない、子供大好き文化がある。
そのニーズを商品としたのが、日本のアイドル文化だ。


西洋はキリスト教文化から性にきびしい。
子供と性の関係をきびしく禁止する。
古くは子供のオナニー禁止などもあった。

日本はキリスト教の影響は、明治以降だし、
その前も、強い倫理思想がなかったから、
性に奔放で寛容だ。

ようするに、アメリカ人は黙ってろってことだ。

320 :303:2012/01/16(月) 20:56:03.80 0
>>305
ADでしたね Before Christと間違えました



321 :303:2012/01/16(月) 21:15:27.06 0
>>310
それだけ結束を固めないといけなかったんだろうかと
人間かどうかは宗教によって決まると本気で思ってるから魔女狩りなんかも
正当化してきましたもんねw
で明治以後入ってきた哲学は脱キリスト哲学なんであんまり宗教意識しなくて済んだ
って面はあると思うのよ


322 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 21:22:40.41 0
>>321
結束を高めるためか
日本人にはほど遠い話しだな

明治以降入ってきた哲学は脱キリスト教?
奴らに脱キリスト教してなにが残るの?


323 :303:2012/01/16(月) 21:26:33.95 0
社会主義と共産主義が残ったじゃないですかw

324 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 21:29:23.20 0
>社会主義と共産主義が残ったじゃないですかw

日本人から見たら、キリスト教的まるだし
日本に入ってきてないし

325 :303:2012/01/16(月) 21:32:07.35 0
日本は戦前は天皇教で戦後アメリカのプロテスタント的な考えが入ってきた
って感じですかね
まあ宗教の話になるとあれですがw



326 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 21:39:40.35 0
明治以降の天皇教は、キリスト教の真似
西洋文化を取り入れるのは良いが、
そこまで真似る必要があったのか

江戸末期頃は、プロテスタントの全盛。
近代文明は、プロテスタントの禁欲主義の影響大と言われる。
近代化とともに入ってきたのは、プロテスタント的な強い規律。
江戸時代の日本人は仕事にまじめで職人的で、
生産性の観念はない






327 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 21:41:38.01 0
波平さんクリスマスは出て行けとも言わなきゃ!
AKBもクリスマス行事は許さんぞ!とw

328 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 21:43:28.56 0
のんびりお気楽日本人に
西洋近代的な、規律を教えるために、
天皇教が必要だったのかな

現に天皇=ナショナリズムのもとに、
西洋に追いつけ、追い越せと、
時間を惜しんで働いて訳で

みんなでエッチやりまくりの日本人が、
いきなり禁欲的になったり、
一瞬で、西洋的なまじめになったからな

329 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 21:45:05.56 0
>>327
なんで、クリスマスという聖なる日を
一年で一番エッチする日に変換する日本人最高!
キリスト教糞くらい!

330 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 21:48:02.02 0
仏教も禁欲的じゃなかったの?
たてまえは

331 :303:2012/01/16(月) 21:49:08.71 0
1905年ちょうど日露戦争の時の
プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神
なんかは禁欲的ですからね
幕末の1864年に著者マックス・ヴェーバーが生まれてますから
世俗にはそういう観念があったんでしょうかね

332 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 21:50:08.70 0
仏教、儒教も、禁欲的。
しかしその前に日本人は骨抜き済みですよ

お気楽日本人を止めることなど誰にもできないのですよ

333 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 21:50:48.16 0
>>329
いうことめちゃくちゃ
これだからね。

334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 21:52:50.91 0
>>331
ウェーバーは歴史を分析しているわけだから、
プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神の時代は、その前


335 :303:2012/01/16(月) 21:55:01.11 0
>>334
精神復興的な意味なんですね


336 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 21:59:50.22 0
では西洋が悪いということでお開きにしましょう。
これからは西洋におまえらが悪いと言える日本人を目指しましょう。

337 :303:2012/01/16(月) 22:01:42.89 0
まあそんなこんなで西洋哲学やるならキリスト教的な神学論も前提にないと
わかりづらいなぁと
恩寵がどうだの 悪魔がいるだのは別としてですがねw

338 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 22:05:37.59 0
>これからは西洋におまえらが悪いと言える日本人を目指しましょう。

西洋は悪くないでしょ
西洋は西洋、日本は日本

それが生活レベルでは普通なのに
なぜか、政治思想の議論するときにいきなり西洋人になる
政治思想議論のコンテクスト(空気)がそれしかないから、
机に座ったとたんに舞台で演じる

そろそろ、西洋の政治思想コンテクストと違う、
日本人なりのコンテクストを発明して、
どうどうと議論できるようにならないかな、ということ

こんな舐めたこと言われてる場合じゃない

CNN「13、14歳の女のコを"性的商品"にして売り出しているという批判を
   プロデューサーである貴方はどう受け止めていますか?」 



339 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 22:06:42.94 0
>>337
西洋哲学は完全にキリスト教と連続だからね

340 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 22:12:34.25 0
>>338
快原則しかないような日本人にそれを説明することばが生まれるかな?
結局気持ちいいからいいんだにしかならないんじゃないかと危惧する。

341 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 22:13:28.77 0
日常生活では、ド日本人なのに、
政治思想議論の舞台に上がると、突然西洋人に豹変する日本人

たとえば日本人が英語を話しだすととたんに陽気な西洋人のように
なるのと似てるのかな

サンデルが人気があるのは、サンデルの政治思想が
いままでの西洋的なコンテクストを過ごし崩す。
コミュニタリアニズム(共同体主義)はちょっと日本人に近い。

少し、日本人らしい政治思想コンテクストへのヒントをくれる。
それでも、まだまだ西洋コンテクストなんだけど

342 :303:2012/01/16(月) 22:14:33.69 0
法哲学にしても
宗教改革以後の<近代>のフランス民法・ドイツ思想・司法は英米流と
ごちゃ混ぜですからね
罪と罰が日本人に受けるのも分かりやすい
主人公は神様信じてないから悩むだろうと

>政治思想の議論するときにいきなり西洋人になるのに
一回聖書読んでから話した方がいいのになと




343 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 22:15:50.84 0
そう快原則まで行き着かないとw


344 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 22:17:15.20 0
>>340
すごい西洋的人種差別。
快感則なんでド西洋な考え方

西洋・キリスト教・思想とは、疑心暗鬼の神経症。
機械仕掛けの人間

日本人こそがおおらかで豊かな自然体の人間
なんでも言葉にする病がないから、
政治思想コンテクストを保たなかった

345 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 22:20:05.49 0
だから何も言えない。おそらく今後も。
お気楽日本人

346 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 22:20:10.66 0
江戸時代の江戸とか世界一人口の都市なのに
自然と調和して、清潔で、リサイクル都市
みんなのんきで朗らかで

その頃の、ロンドンは民主主義という貴族主義で
貧富が激しく、街が汚くて、臭くて、
衛生が悪くて

347 :303:2012/01/16(月) 22:21:03.08 0
政治思想コンテクストを保たないから
おおらかで豊かな自然体の人間な気がしますけどねw

江戸時代も仏教を忌避して東本願寺立てたり
朱子学取り入れたりしたぼやかしてる感じw


348 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 22:21:47.31 0
>>345
お気楽日本人でいいんだけどね。

いまでもこんなに幸せな国は人類史上ないだろうし、
幸せすぎて怖いと

でも、そろそろ知識人も、日本人政治思想コンテクストを
つくれないかとは思う。


349 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 22:25:10.14 0
>>347
朱子学儒教とか武士の規律だけで、
庶民は関係ないから

武士はほんとすばらしい統治者でね。
武士道とか、贅沢、快楽を避けて自制して、
庶民のことを第一にとまじめだからね。
支配者だから暴利をむさぼるとかないから。

仏教はいちおう権威があったけど、
いまと一緒で、そんな真剣に信じてないから

庶民はお気楽ですよ。




350 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 22:27:31.88 0
>>347
だから鎖国するしかなかったのかな?

351 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 22:28:32.90 0
日本人の一番悪いのは、
自分に自信がない、日本人嫌い
なんなのだろうね

いっつも自分たちの過去を否定するからね
それが次への原動力なんだろうけど
前だけ向いて、次の新しいもの、新しいもの
古いものは悪だ!

やっぱり、明治以降の近代化の西洋マンセーの
アレルギーなのか

それとも、島国日本がもつ特性なのかな
聖徳太子から、中国マンセーできたからか

352 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 22:31:06.59 0
戦争に負けたからだよ

353 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 22:31:25.44 0
>>350
鎖国はよくがんばった方だよ
ずーと、文化的に中国の後ろ姿を追いかけていた子供が
反抗期なのかなんなのか、いきなり自立するとか、胸熱!
江戸時代はほんと日本人はがんばった
よく鎖国して、成長できたし、日本文化を成熟させた
江戸時代だけは日本の誇りだな

354 :303:2012/01/16(月) 22:31:43.75 0
>>349
そのボカシ具合が政治思想コンテクスト作れない原因なんじゃないかとw
もう考えが色々ありすぎちゃってまとめ切れないのよ

そりゃ「なんか良いことなおk」議論は面倒!事実中心に考えようと
悪とか善とかは結果次第!という議論殺しの性格になると

355 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 22:33:06.90 0
>>352
負ける前から、西洋マンセーでしょ。

一つには小さい頃から最強の父と慕っていた中国が
赤子のように西洋にやられて、
もうパニックになったんだろうな。

ある意味では、いまもそのパニックが続いていると
いうことかな

356 :303:2012/01/16(月) 22:33:48.95 0
鎖国は頑張ったというより遠かったから出来たって感じ
ペリー来た後もアメリカ独立戦争で時間的余裕もあったし

357 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 22:36:26.54 0
>>354
>そりゃ「なんか良いことなおk」議論は面倒!事実中心に考えようと
>悪とか善とかは結果次第!という議論殺しの性格になると

いや、それこそが健全なんだよ。
逆に理想とか、理性とか、神とか、イデアとか、なんなの?病気でしょ。

でも、ここまできたら、健全とはなにか、
病気の領域に踏み込んでも教えるしかないと

358 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 22:37:09.99 0
>>355
富国強兵
和魂洋才

坂の上の雲

359 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 22:39:13.10 0
>>356
鎖国で西洋を排除したのは、たいしたことないよ
中国への貢ぎ物をやめて、日本中心を宣言したこととが歴史的に胸熱!

その頃、中国中心のアジア貿易で、
西洋人はおこぼれをあずかるザコでしかないから

360 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 22:40:31.60 0
なんらかの理念もなしに政治思想なんてつくれるの?

361 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 22:40:49.16 0
>>358
NHKドラマ、坂の上の雲でもでてたけど、
西洋に勝てるとか思ってないから、
喧嘩を売っても、適当なところでいかに和解するか
それだけ考えてたから

362 :303:2012/01/16(月) 22:41:15.79 0
>>357
まあ信仰がある人には悪いけど病気だねww
ただ理想とか、理性とか、イデアとか、は よく?議論されるけど
神(創造主)ってあんまり議論しないじゃんw
信じる信じないは別として いるいないも別として
概念んお一つとしてあった方が便利だと思うのよ
それこそ病気の領域だけどねw

363 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 22:41:38.53 0
>>360
>なんらかの理念もなしに政治思想なんてつくれるの?

理念いるかな?


364 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 22:43:18.01 0
豊臣秀吉は明国を征服する気だったよ

365 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 22:43:40.24 0
>>359
そのまえに禁教令などが出てる

366 :303:2012/01/16(月) 22:43:45.19 0
>>359
鎖国初期ねw
確かに貿易で稼いでも良かったもんね

367 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 22:44:17.36 0
>>362
それは、いま疑問に思っているんだけど、
なんで西洋人はアホみたいにキリスト教とか信じられるの
アメリカ人は進化論信じてないとか
やつらはなんなの?
こんなアホにあこがれてるのかと思うと情けなくなる
キリスト教なんでいんの?
まったく理解できない

368 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 22:45:40.99 0
>>364
そう、鎖国も前に秀吉のころがすこいよ
戦国時代で、自信と、軍事力つけたんだね。がんばったね、胸熱!

369 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 22:45:56.19 0
>>363
じゃ何を守るために日本人は生きるの
快?w

370 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 22:47:16.73 0
>>366
まあ、鎖国で、幕府が海外貿易独占して
収入源になったんだけどね


371 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 22:48:15.93 0
>>369
>何を守るために日本人は生きるの

この質問自体が西洋病なんだけどね
別に生きれば良いだけだよね


372 :303:2012/01/16(月) 22:48:41.17 0
>>367
日本人はお互い理解できるけど
西洋人は寝て食って戦争してたからじゃね?
ローマ帝国崩壊後は戦争しかしてないもんw
未だ戦国時代気分なんでしょw

373 :303:2012/01/16(月) 22:50:43.95 0
>>370
民間には貿易させないとかw
今だったら西洋思観で自由貿易させろって批判されるんだろうねw

374 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 22:50:47.34 0
>>372
やっぱり、喧嘩に明け暮れて、精神が荒んだんだろうな
場末のちんぴらみたいなもんで
キリスト教みたいな心の安らぎをもとめちゃうのか

日本人は健康優良児で、島国ですくすく育ったからな

375 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 22:50:59.12 0
快しかわからん人はだめだろうねえ

376 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 22:53:22.10 0
>>373
でも幕府は年貢を取り立てるだけで、
国内商売には緩いからね

年貢の石高調査も適当だし、
日本の農民はだいたい商売しているし、
いまもどの田舎でも名産物があるように

だから江戸時代は内需だけで経済が発展したんだろうね

377 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 22:54:20.07 0
江戸を懐かしんでどうなるんだい?

378 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 22:54:27.28 0
経済が発展したなら人口も増えてるはずじゃね?

379 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 22:55:13.99 0
>>375
だから快じゃないって、

快感則って、キリスト教の精神>肉体の二元論から、
肉体は快感だけで、低級というところから来てるから

日本人は精神と肉体は一体で健全だから


380 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 22:56:29.45 0
昔のことはよくわからないよ。
解釈もかわるからね。
思わぬ事実が出てきたりすると。

381 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 22:57:11.10 0
>>377
江戸時代はいまの日本人の基本をつくったところで、
いまも本質的にはかわってないよ

いまに日本人は、江戸時代人が一部近代化した人だから

>>378
江戸時代は人口増えまくりだよ
戦国時代の反動もあるが

382 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 22:57:50.39 0
>>379
それは波平さんの解釈

383 :303:2012/01/16(月) 22:59:02.33 0
>>374
キリスト教が安泰だと思ったらキリスト教内で紛争というか
戦争しだすからねw
百年戦争・バラ戦争・独立戦争まあ色々w
向こうからしたら哲学や宗教は平和のためじゃないしさw
というか全国制覇して初めて平和が来るぐらい思ってるんじゃない?


384 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 23:00:09.42 0
いやあ、あなたが言うところとちがうものも読むからね。
どちらが正しいのか私は判断できないが。


385 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 23:01:34.14 0
日本人は、すっかり西洋人きどりで、江戸時代は遠い昔と思っているが、
いまだに江戸時代人の方が近いからね

>CNN「13、14歳の女のコを"性的商品"にして売り出しているという批判を
   プロデューサーである貴方はどう受け止めていますか?」 

これとか、オタクの幼児性反乱とか、江戸時代人でまくりで、
いまだに西洋人には日本人は宇宙人だから

日本人はそういうことを西洋人に言われるのが一番いやなんだよ。

震災で日本人の秩序ある行動が世界的に賞賛された。
日本人はすごい、やっぱり西洋人とは違うとか言われて、
それでも日本人は不快だったから

とにかく、日本人として西洋人と区別されるのが、だいっきらいだから
もう西洋人になりたくてしょうがないいんだ

386 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 23:02:22.61 0
>>383
善のため?

387 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 23:03:36.22 0
>>382
西洋論の初歩です

>>383
結局、宗教対立って、ゼロサムゲームで行き場がないからね。



388 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 23:05:04.17 0
その意味じゃ、仏教でも、キリスト教でも
くったくなく、取り入れる日本人はすごいんだな。

豊かな自然、適度な島国、
奇跡の民族だな

389 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 23:05:44.49 0
>>382
一般的な西洋論

390 :303:2012/01/16(月) 23:07:27.29 0
>>386今んとこアンクルおじさんの善だけどねw
>>383江戸時代はパックスEDOなんだろうとw
そういう意味で鎖国は評価できるよね

391 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 23:07:40.48 0
くったくなく・・・

392 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 23:08:51.96 0
>>385
西洋人に言われて不快なのは自分達の規律を知っているからだよ。
内面のモラルに促されてるわけではないしね。
西洋人が誤解してるから。

393 :303:2012/01/16(月) 23:10:11.93 0
別に歴史論や日本人論はいいのよw

哲学やる!ってなったらキリスト教的観念は切っても切れないんだと
信じる信じないは別としてw

西洋マンセーしてきたんだからw


394 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 23:11:43.34 0
なんで波平ってこんなに卑屈なんだろ。
見てると殴りたくなってくるね。

395 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 23:13:03.39 0
>>392
それはある。
西洋人は、キリスト教的な文脈で
内面的な善意を見るよね。
それが気持ち悪い。

心身一元論の日本人にしてみれば、当たり前のことで
内面的な善意ではなく、自然と体が動くだけ。

でもそこに改めで西洋人に指摘された日本人の特殊性
みたいなことが、いやというのはある。

とにかく、日本人はもう西洋人と思ってるから
日本人的な特殊性なんかないと思ってるから

海外旅行にいくまでは

396 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 23:13:47.79 0
303になんで303が答えてんだよ?w

397 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 23:14:22.86 0
これインチキじゃねえのか?

398 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 23:15:22.54 0
>>393
いや、日本人論は必要だろう。
それにフタをしては、日本人の生活を離れた
空論でしかない。

399 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 23:16:08.29 0
伸びしろないやつがとにかく頑張り続けるってのは
ローギアでアクセル踏み込むってのと同じだから、
癪に障る音が鳴ってくるんだろう。ブオオオンって。

400 :303:2012/01/16(月) 23:16:54.36 0
>>390
>383のアンカは>>387と間違えたw

401 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 23:19:44.06 0
たとえば、日本人の悪い例でいえば、自由だな。
西洋人の自由は、西洋人なりのキリスト教的な不自由からきてるわけだ
それを日本人が西洋の自由だけもってくると、自由すぎることになる。

西洋人には、子供の頃の厳しいしつけや、親から切り離される自立、
キリスト教的な博愛主義の社会活動とか、不自由が多くある。
そういうの、日本人はパスして、自由だけ、きらくに取り入れると、
単なるフリーライダーが増える。

悪い西洋化がおっている。

402 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 23:22:36.45 0
日本人が保つ不自由は、成人すると職業に強く組み込まれる
これが、日本人のお気楽を支えてきたわけだけど、

西洋の自由だけ、取り入れて、西洋の不自由も、
日本の不自由を、無視する。

これでは、社会保障費だけのくれくれというだけになる。

403 :303:2012/01/16(月) 23:25:23.63 0
何故、人を殺してはいけないのか?Part Ⅺ
でもつらつら書いたけどさあ

神様前提の方が西洋被れには理解しやすいのよw
権利・義務関係だと特にねw

>>401
自由も「何」からの自由って事
元々「教会規範」からの自由なわけじゃない?
ヨーロッパ人がシエスタすんのも昔は働きすぎたからって言うレベルだぜw
理解に苦しむけどさw
で「自由」だけ輸入するかわ訳わかんなくなるw


404 :303:2012/01/16(月) 23:33:59.22 0
>>398
日本人論は何かと対比させないと成り立たないと思うのよ
西洋人や大陸人とも違う それは何だと?
じゃあ西洋人や大陸人は何なんだ?がはっきりしなとそれこそ空論じゃない


405 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 23:35:25.98 0
天皇制でいいんじゃないの

406 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 23:35:46.95 0
インチキ万

407 :303:2012/01/16(月) 23:40:10.24 0
ローマ法王はバチカン国の元首兼カトリックの大祭司で使徒ペトロの後継者じゃん
権威面だけ見れば教皇だよね
皇帝も権力権威において従う者が居ない場合を指すから
ヨーロッパでは王が一般的でしょ
天皇は権威面として教皇と言えるんだけど世襲をどう評価するか難しい
ダライ・ラマなんかは後継者になる子供を民の中から指名するし
宗教上最高位で統治せず世襲により受け継げられる存在って
ユダヤ教の預言者ぐらいしか思いつかないんだよね

すげー個人的な意見だけどねw





408 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 23:42:34.68 0
>>403
実は、日本人の西洋化は、これからかなと思っている。

日本人が日本人たるのは、職によって支えられてきた。
日本人が社会秩序を職に求めたのは、飛鳥時代の
天皇制のはじめから続いてきた。

近代化の明治も、国家主導資本主義、
戦後は大企業主導資本主義とと、
継続してきた。

日本人の職は、身分制による固定であるとともに、
天皇からの使命という公職的な意味合いを保持してきた。

日本人がおおらかで、のんきだったのは
職の体制として、社会基盤に組み込まれてきたから。

日本人はいまも、就職するまでは、自由で、
就職すれば、一気に不自由になる。
西洋人は、キリスト教的に成人になると、自己責任で自由になる。
経済的に仕事は必要だが、趣味を楽しむことも自由。

この日本人の秩序の根本が、日本人史初めて揺らいでいる。
いまこそ、これからの日本のあり方、西洋化とはなにかを
考える時期に来ている、ということ。

409 :303:2012/01/16(月) 23:44:52.94 0
菊と刀みたいだねw


410 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 23:47:09.08 0
>>405
>>407
明治以降の天皇制は、単に西洋のキリスト教的な形を
真似ただけのもの
江戸時代にだれも天皇なんか気にしなかった
攘夷思想の国学とか水戸藩とか一部の人だけ

日本人の天皇制の本質は、土地を人々に与え、
職の体系を分配した中心としての象徴。
武士もまた地方自治の職業で天皇に与えられた人びと



411 :303:2012/01/16(月) 23:50:15.81 0
昭和まではそうねw
何か「象徴」て言うのは違和感があってさw
象徴ならさざれ石か鏡でも置いておけばいいじゃんとw

412 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 23:53:10.27 0
>>409
菊と刀もぜんぜんちがう
あれはもろ西洋キリスト教のコンテクスト

ようするに、大和魂、天皇中心主義の精神とか、
日本人を精神性で語るのは、全部、西洋キリスト教の心身二元論から来ている
精神は崇高、日本人の精神は天皇制にあり

そんな精神性は日本人にはまったくなり。
日本人は心身が軽やかに一体化した一元論民族

職の体系とは、そこに精神性などない
職という日常の業務と役割があって、毎日、働くだけ、

そして公職であるから、みんな平等
農民も専門職、武士の専門職、町人も専門職

日本の身分制が、強い支配関係や、抑圧で語られるのも
西洋的な文脈

日本人は家業を継ぐ分にはみんな平等で自由だった
だからのんきで、ほがらか

413 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 23:53:21.91 0
人間が象徴(記号)であるところに意味があるような気がする。

414 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 23:54:52.84 0
徳川家康とか天皇に称号貰ってなかった?
吉良とか浅野家とか

415 :303:2012/01/16(月) 23:55:20.64 0
>>408
西洋化が進むなら「預言者」の方がしっくり来るんだよね
預言者サムエルがサウルやダビデを王にしたみたいにさw

>職の体制として、社会基盤 
その一員であり続けられなくなってきたからねw

416 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 23:57:05.70 0
日本の一揆も、搾取がひどすぎておこるというよりも、
権利関係の対立
基本的に、農民村は自治で運用されいてたから、
武士からのお触れと対立すれば、
政治活動として、一揆を起こして、アピールする

江戸時代、もっとも貧困だったのは下級武士と言われている

417 :303:2012/01/16(月) 23:57:25.65 0
>日本人はいまも、就職するまでは、自由で、
>就職すれば、一気に不自由になる。
>西洋人は、キリスト教的に成人になると、自己責任で自由になる。
>経済的に仕事は必要だが、趣味を楽しむことも自由。
この部分ねw「菊と刀」そんな記述なかったっけ?

418 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/16(月) 23:58:34.89 0
>>414
秀吉は関白、徳川はせいい大将軍でしょ
将軍もせいい大将軍という職業

419 :考える名無しさん:2012/01/16(月) 23:59:28.39 0
征夷大将軍
だっけ。徳川も天皇の力を知っていたのではないかな?
マッカサーが気づいたように。


420 :303:2012/01/17(火) 00:00:28.34 0
>>416
農民も一応権力集団だったって事?

421 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 00:00:50.86 0
>>418
天皇から受けるということに意味があるんだよ。

422 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 00:01:20.14 0
>>415
日本人の職の体系、
最近なら、終身雇用、年功序列、護送船団

これが崩壊すると、日本は偉いことになる。
弥生時代?以来の大変革になる

本当に西洋化するのか、
かといって、キリスト教はわからないし

とうとう日本にもそれから世界宗教国に
なる可能性も高い

423 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 00:02:36.52 0
>>417
菊と刀にあったかな?

でもあれは、罪と恥の文化でしょ
日本人は恥という精神性と語る時点で
西洋コンテクストだね

424 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 00:05:08.68 0
>>419
天皇の力というか、武士の始めから職業だから
征夷大将軍は、坂上田村麻呂からの
武士職の最高職

信長は天皇を廃止しようとしたとか、
秀吉は関白で、武士職を超えたり、
この当たりが、武士が職を超えて支配者になる可能性があった


425 :303:2012/01/17(火) 00:05:09.48 O
人間が記号っていうのは個人的にも法律的にも疑問なんだよね



426 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 00:07:36.70 0
天皇は個人としてしゃべるとまずいから西洋化は無理

427 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 00:08:20.87 0
>>420
農民の村は地方自治だよ
武士は細かくは口出さないよ

日本の農民は字も読めて、法律も知っていて、
農業学の本を読んで、農業を進歩させて、
西洋の農民と違って、ものすごくレベル高いよ

江戸時代に人口が増えたのは、農民が
農作生産性を上げたから

428 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 00:08:36.82 0
>>425
そう疑問だね。

429 :303:2012/01/17(火) 00:10:33.14 O
西洋化=キリスト教どうかも
実際どうなるかもわからんしね

ただ形而上学的な話はもうちょっと盛んになってもいいかなぁと

テレビで池上が宗教の話するぐらいだからさw

430 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 00:10:39.21 0
>>427
二宮金次郎かい?

431 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 00:12:15.58 0
>>426
天皇は右翼的に、日本の精神の中心とかいわれるが、
あれも、近代の西洋キリスト教のコンテクスト
戦争時代の幻想でしょ
戦後世代は誰も思ってないでしょ

むしろいまの天皇が重要であるのは、
日本人の職の体系の中心
みんな職の体系として、社会秩序があることを
支える存在として


432 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 00:13:38.25 0
>>430
二宮金次郎、野口秀夫物語は、
軍国主義が、理想的日本人として作ったんだよ

433 :303:2012/01/17(火) 00:15:34.81 O
預言者ムハンマドの子孫版みたいな感じよw
「お言葉」が有り難いのは預言者だから
信者以外は不快かも知れないけどナ

菊と刀にあったと思うよ?うる覚えだけどねw

434 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 00:16:47.64 0
>>431
戦争中は個人的な意見も言ってたんじゃないの。戦後のほうが
皇室に縛られてんじゃないかな?

435 :303:2012/01/17(火) 00:18:10.06 O
近い感覚が恥ぐらいしかなかったんだろうね

謙虚とかも欧米 大陸には余り無い概念だったと思うし

436 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 00:18:38.72 0
>>432
では農民はどうやって字を覚えてたの?
子供達も労働力だったろうに

437 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 00:20:14.71 0
ボクがこれからは、とうとう日本人も政治思想的なコンテクストが
必要になると言っているのは、そういうこと

日本人創設以来の、職の体系システムがとうとう倒壊する。
子供に甘く、おおらかなのは、結局、職について大人になって
もくもくとがんばることが決まっているから、寛容であれた。

だから、社会秩序がどうあるべきかという、政治思想、
市民社会を語る必要などなかった。

ほっておいても、職の体系で、日本人の社会秩序は
維持されて、豊かな社会が営まれるから
いろいろいうよりも、やるだけだった。

それが揺らぐと、とうとう日本人も意識的に
社会秩序のあり方を考えないと行けなくなっている。

いまは、中途半端に西洋思想を取り入れるが、
議論とは別に、自由だけ取り入れて、
子供のままで職に就かずに、社会的な責任考えず、
失業保険をあてにして、
ただ国の借金が増えるだけ

ようするに、将来の日本人にツケをまわしてる。

438 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 00:21:10.18 0
まあ、恥とは自意識的だよね。
外国人相手に自意識過剰になりつつあった頃かあ?

439 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 00:22:39.83 O
まあ「高齢化社会」自体特殊な状況だしねw


440 :303:2012/01/17(火) 00:25:07.53 O
風呂入って来る
言っとくけど全部俺の自演だからなw

441 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 00:25:53.41 0
>>434
ヒロシマに原爆が落ちてもすぐに降伏しなかったのは
天皇制は維持することを西洋に認めさせるため、
そのために、長崎にも原爆が落ちた

それでも軍部はクーデターで、本土決戦しようとした
天皇制を守るために
そんな時代

>>435
西洋人は、精神主義でしか理解できないからね

>>436
寺子屋とか、村に教育機関があったから、
江戸時代の識字率の高さは世界一
黒船西洋人もびっくり

442 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 00:29:54.91 0
>>439
でもまだ職の体系はいうほど壊れていないと思う。

日本人の職の体系は、家系単位だから。
父親が終身雇用的に働いていれば、
妻は専業主婦、子はニート、フリーターでも問題がない。

父親世代の雇用を守るために、
子供の若者世代の雇用が崩れているのは、
まだギリギリ職の体系を維持するため

日本は先進国でも失業率高くないし、
なんだかんだで、雇用は流動化していない

騒ぐほどに、職の体系は壊れていない。まだ。

443 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 00:31:40.17 0
>>441
天皇には選挙権もないんだからさ。

444 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 00:33:30.02 0
これでは日本人の象徴であっても日本国民とはならないわけさ。
特殊な立場だよ。

445 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 01:21:56.08 0
天皇は政治家に立候補するわけにもいかないわけだから
選挙権がないのは当然といえば当然か。


446 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 01:31:57.54 0
天皇というのは我々の先祖を祭る神主みたいなものなのかなあ。
やはり。
それで職業集団の我々日本人も安心して仕事ができると・・・。

447 :つくだに ◆I/bnTKgLlU :2012/01/17(火) 02:52:01.15 0
えーまじで純一死んだっぽい
また隔離病棟に入ったのか〜

448 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 04:55:17.79 0
↑隣の部屋かい?

449 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 05:59:22.61 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

450 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 06:30:51.46 0
その職の体系というのが崩れきった後に日本人がどんな社会秩序を選択するのか、怖いね。
また天皇主義に戻るのかもね。

451 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 07:03:48.18 0
日本人の職の体系とは、日本人にとって職が生活の糧だけではなく、
社会の成人になる通路であるということ。

職に就くことで成員として認められるし、
社会ルールを覚えられる。
職とは個人ではなく、職業集団、家業単位が重要になる。
職を通して、権利を得られる、責任が負荷される。
社会保障をえられる
政治に参加できる
職に就かなければ、日本人として認められない。


西洋では職は生活の糧の意味が強い。
職に就かなければ経済的にきびしいが、
逆に経済的に余裕があれば、つかなくてもよい。
転職も普通だし、転職間に相手も良い。

社会の成員であることは、職ではなく、
市民としてえられる。
職と関係なく、個人として、政治参加も、社会保障のえられる。
責任も自己責任として負荷される。
社会のルールは職と関係なく、子供のことにきびしく躾けられる。

452 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 07:12:04.88 0
日本人が職の体系に参加できないと、
社会的成員から零れる。
様々な権利、優遇が企業を通して
えられるシステムなっている。

逆に西洋のような市民としての教育も、自覚もないので、
社会的な責任を回避される。

いまは、自己責任なく、単に国に補助金を無心するだけ。
金さえもらえれば、あとは知ったことではない。
それが、社会保障費が膨らむことの実態。





453 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 08:30:07.15 0
日本人が職の体系により成員になるように、西洋ではキリスト教により、成員になりのかな。
キリスト教による利点は土地に拘束されないこと
日本人の職の体系は土地に根ざしている。
仮に日本から離れると難しくなる。海外工場とかはあるが
キリスト教の場合、世界に広がっているし、聖書があればどこでも運用が可能だ。
これは、古代中東の民族の混沌から続く、流動する民族の生きる知恵から来たんだろう。

454 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 08:37:55.99 0
問題は土地、職から切り離されると、思弁、対話が重視される。
土地に根ざした職の継承には言葉はいらない。
子どもはそこで暮らし、大人の背中を見て、覚えて成員になっていく。
土地から切り離された言語伝承の場合は、理論武装のために、言語体系が目指される。
背中で伝えるのに比べて、言語伝達は不完全で稚拙な手段なので、
穴を埋めるために不自然で神経症的な面が表れる。また軽いので、権力者がなんとでも言えてしまう。

455 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 09:08:36.58 0
職の体系は、日本人に特有なわけではない。
原始社会では誰もが生きるために一日を労働に費やす。
そして共同体は協業体制にある。
生活、すなわち職は土地、自然と結びつき、宗教も自然に対する労働=職に関係する。
だから日本の社会秩序を支える職の体系は原始的な社会形態としては一般的といえる。
しかし日本が特殊であるのはその歴史において現在まで職の体系を成熟させたことだ。
一つは島国で隔離され侵略されずに原始的な形態を維持できたこと、
もう一つがかといって、隔離された未開でなく、絶えず世界の先端文化を取り入れたこと。
これは中国の文化圏にあり、しかし侵略されなかったという、世界的にも特殊な環境から来ている。
原始的な土地に根ざしたのんきさと、世界最先端の文化が融合する。
江戸時代に成熟したのは世界一の人口、世界一のシキジ率、高度な市場が発達しつつ
自然と深く融合するのんきで明るい世界

いまは西洋化が進んだといえ、土地に根ざしたのんきさと世界最先端の文化の融合は、西洋人から見た日本人の特徴でしょ。

456 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 09:11:32.86 0
西洋人はいまも日本人にいらいらしてる。
下品なロリエロがのんきに反乱させて、
子どもはしつけもせずにのんきに遊ばせて、
仕事ものんきに護送船団で個人はのんきに会社人間

457 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 10:40:33.73 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

458 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 10:53:48.73 0
クリスマスとか見ると日本人は戒律なき一神教に
染まっているのかもね。
世間さまも弱くなってるし

459 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 11:00:36.67 0
先祖供養さえやっとりゃいいですけん

460 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 11:26:22.44 0
日本人の世間さまも実は西洋化の一部
恥も、集団主義も

461 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 11:39:51.21 0
西洋化なんていうキーワードが既に無効

462 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 11:50:25.46 0
■日本人の「職の体系」

日本人の職の体系と、西洋人の自己責任

日本人の「職の体系」とは、日本人にとって職が生活の糧だけではなく、社会の成人になる通
路であるということ。職は個人ではなく、職業集団、家業単位であり、職を通して、権利を得られ
る、責任が負荷される。職に就くことで成員として認められるし、社会ルールを覚える。社会保
障をえられる、政治に参加できる。逆に職に就かなければ、日本人として認められない。

西洋では職は生活の糧の意味が強い。職に就かなければ経済的にきびしいが、逆に経済的に
余裕があれば、つかなくてもよい。西洋では社会の成員であることは、職ではなく、市民に参加
する主体的な個人が重要になる。社会のルールは職と関係なく、子供の頃にきびしく躾けられ
る。政治参加も、社会保障も個人であり、そのために自己責任が求められる。

日本人が子供に寛容であるのは、大人になれば就職して、職の体系に組み込まれて、成員に
なるから。西洋は子供をきびしく躾けて主体的な成員に育てる。だから西洋的な自由は自己責
任の裏面である。

463 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 11:50:57.96 0
キリスト教文化の不器用

西洋の市民とは、キリスト教に根ざしている。西洋人はキリスト教文化の中で成員になる。キリ
スト教による利点は土地に拘束されないこと。日本人の職の体系は土地に根ざしている。仮に
日本から離れると難しくなる。海外工場とかはあるが、キリスト教の場合、世界に広がっている
し、聖書があればどこでも運用が可能だ。これは、古代中東の民族の混沌から続く、流動する
民族の生きる知恵から来たんだろう。

問題は土地、職から切り離されると、思弁、対話が重視される。土地に根ざした職の継承には
言葉はいらない。子どもはそこで暮らし、大人の背中を見て、覚えて成員になっていく。土地か
ら切り離された言語伝承の場合は、理論武装のために、言語体系が目指される。背中で伝え
るのに比べて、言語伝達は不完全で稚拙な手段なので、穴を埋めるために不自然で神経症的
な面が表れる。また軽いので、権力者がなんとでも言えてしまう。

464 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 11:51:29.45 0
職の体系の日本人的な成熟

職の体系は、日本人に特有なわけではない。原始社会では誰もが生きるために一日を労働に
費やす。そして共同体は協業体制にある。生活、すなわち職は土地、自然と結びつき、宗教も
自然に対する労働=職に関係する。だから日本の社会秩序を支える職の体系は原始的な社
会形態としては一般的といえる。

しかし日本が特殊であるのはその歴史において現在まで職の体系を成熟させたことだ。一つは
島国で隔離され侵略されずに原始的な形態を維持できたこと、もう一つがかといって、隔離さ
れた未開でなく、絶えず世界の先端文化を取り入れたこと。これは中国の文化圏にあり、しかし
侵略されなかったという、世界的にも特殊な環境から来ている。

原始的な土地に根ざしたのんきさと、世界最先端の文化が融合する。江戸時代に成熟したの
は世界一の人口、世界一のシキジ率、高度な市場が発達しつつ、自然と深く融合するのんきで
明るい世界。いまは西洋化が進んだといえ、土地に根ざしたのんきさと世界最先端の文化の融
合は、西洋人から見た日本人の特徴だろう。

西洋人はいまも日本人にいらいらしてる。下品なロリエロがのんきに反乱させて、子どもはしつ
けもせずにのんきに遊ばせて、仕事ものんきに護送船団で個人はのんきに会社人間。逆に日
本人は西洋人に理屈っぽくて、白黒つけたがり、攻撃的でもっと良いにほどよく生きられないかと思う。


465 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 11:52:13.89 0
職の体系の解体と、日本人的政治思想コンテクスト

日本人の職の体系の伝統は、飛鳥時代の天皇制のはじめから続いている。そして近代化の明
治も、国家主導資本主義、戦後は大企業主導資本主義とと、継続してきた。この日本人の秩序
の根本が、日本人史初めて揺らいでいる。日本人の職の体系、最近なら、終身雇用、年功序
列、護送船団。これが崩壊すると弥生時代?以来の大変革になる。

子供に甘く、おおらかなのは、結局、職について大人になってもくもくとがんばることが決まって
いるから寛容であれた。だから、社会秩序がどうあるべきかという、政治思想、市民社会を語る
必要などなかった。ほっておいても、職の体系に組み込まれて、日本人の社会秩序は維持され
て、豊かな社会が営まれるからいろいろいうよりも、やるだけだった。

現在おこっているのは、日本人が子供の頃に甘やかされて、個人に付加される自己責任が教
育されずに、大人になり西洋の自由だけと主張すると、成熟しないになる。現在、開き直って国
に社会保障費の権利だけ主張して、あとは自由だでは、国の借金がふくらみ続けるだけだ。


466 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 11:52:45.22 0
日本人的な政治思想コンテクストにむけて

いまこそ、本当に西洋化するのか、かといって、キリスト教はわからない。どちらにしろ、とうとう
日本人も議論をするために政治思想的なコンテクストが、必要になるのだろう。日常生活では、
ド日本人なのに、政治思想議論の舞台に上がると、突然西洋人に豹変する日本人。たとえば
日本人が英語を話しだすととたんに陽気な西洋人のようになるのと似てる。サンデルが人気が
あるのは、サンデルの政治思想がいままでの西洋的なコンテクストを過ごし崩す。コミュニタリ
アニズム(共同体主義)はちょっと日本人に近い。少し、日本人らしい政治思想コンテクストへの
ヒントをくれる。それでも、まだまだ西洋コンテクストなんだけど 。

そろそろ、西洋の政治思想コンテクストと違う、日本人なりのコンテクストを発明して、議論を始
めなければならない。いまこそ、これからの日本のあり方、西洋化とはなにかを考える時期に
来ている、ということ。


467 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 12:50:45.32 0
言うに易し行うに難し

468 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 13:17:15.08 0
キリスト教も中世には土着性が強かった。
ゲルマン文化が入って、教皇を中心として、地域に教会ができて
それが変わったのが宗教改革でブロテスタントは地域との癒着を切り離した。

現代につづく、キリスト教の自由、個人、勤勉はここから繋がる。

469 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 13:24:49.35 0
二千年に渡る日本人の職による社会秩序はそうそう変わらないと思う。
いまの日本人の職に関する問題はなにか?

470 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 13:29:41.34 0
工場は外国にあるしオラ仕事ないだ

471 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 13:30:53.14 0
日本の閉鎖的仕事集団のなかでは起業すのも大変だあ

472 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 13:31:40.84 0
出る杭は打たれるちゅうだ

473 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 13:33:18.39 0
日本は工業製品だけでなくアニメもアートもアイドルも輸出
しはじめたなあ。いよいよ文化的対決が始まったじゃ

474 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 13:34:10.82 0
職に就いたこともない奴に分かる加代

475 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 13:37:47.78 0
西洋は言葉の帝国主義とロラン・バルトが言ったくらいだから
強烈だぞ!

476 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 13:48:41.87 0
波平がエリートのリーマンって、本当だったの?
そろそろネタバレしてくださいよ。

477 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 16:38:05.52 0
失業が問題と言われるが、先進国でも低い方。
問題は終身雇用文化がいまも残って、雇用の流動性が低い。
若者が就職難である。一度やめると再就職が難しい。
競争原理がはたらかずに、生産性が低い。
まさに「職の体系」が弊害として働いていると言われる。

企業の生産性が低い。特にサービス業、ホワイトカラーの
生産性が低いと言われている。

生産性の低さとは、外国企業に比べてということだが、
中国など新興国と比べても、むしろ人件費が安くこと、
日本の円高の方が問題で、
日本人の職の体系による、集団的な競争力がダメなのか、
疑問がある。

特に職の体系が、賃金以上に社会保障的に働いていると
すれば、なんでも競争社会が良いのか。

なんだかんだ言っても円だけが高くて、
ドル、ユーロ、ウォン安なので、
円経済の安心がある。
この安心は、日本社会に富の蓄積があるという
職の体系の安定性も大切だろう。

478 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 17:28:21.06 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

479 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 17:35:19.83 0
人間関係がコロコロと変わることに順応できない人が多いから
職業に流動性を求めることは困難なんじゃないの
仕事でも割り切りが出来ない人多いじゃない
仕事で私情を思い切り押し出してきたりね

480 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 18:42:31.06 0
世界史は基本的に戦闘の歴史だ。栄枯盛衰。
武器が強力になると、新たな征服が起こり、また玉突き的民族の移動がたえずある。
その中で日本は平和な国と言えるだろう。
確かに権力闘争は激しく、殺しあいは耐えずあるが、民族闘争の絶滅がないことは、農民レベルでは比較的平和だ。

481 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 19:08:03.68 O
それもこれも天皇は昔部族社会のなかで
違う各部族に「争いをやめみなで平和に暮らそう」と
呼びかけたことから民族が分裂せずに血の交配が進み
日本人はかなりの部分統一されたといえよう
だから武士の世の中になるまで政治的にも感情的にも
和平は進んだんだよ

482 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 19:23:36.00 0


  ┏┳┳┓     ハイ.     ┏┳┳┓
┏┫┃┃┃     波平は   ┃┃┃┣┓
┃┃┃┃┣┓   ここまで ┏┫┃┃┃┃
┃      ┃┃┏━━━┓┃┃      ┃
┃ 波平   ┣┫ . ・∀・ ┣┫. STOP!┃
┗━━━━┛┗┳━┳┛┗━━━━┛
            ┏┻┓┃
        ┏━┛  ┣┻┓
        ┗━━━┫  ┗━┓
.             ┗━━━┛

483 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 19:24:13.53 0
波平 〜 pikarrr  = NAMIHEI

484 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 19:25:29.41 0
今日のランエボはうざかった
ず〜とくそみたいに煽ってきてたよ
阿波座で降りたみたいだけど、正直びびったよ

485 :303:2012/01/17(火) 19:40:59.18 0
職って観点からみると
江戸時代は農民の子は農民の子
武士の子は武士の子
生まれて死ぬまで自分を定義する必要がなかったしねw

キリスト教は生まれてすぐ洗礼して教会の子になるから
職に対してはあんまり依存しなかったんだろう

で教会の子をやめてみたら自我とは?って考えだしちゃったw
そりゃあ大変だよねw 犬猫との違いを宗教で括ってたのに
無くなっちゃったからさw





486 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 19:43:39.17 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

487 :303:2012/01/17(火) 20:04:16.43 0
マルクスなんかは神の前に王や貴族・神父・農民・大工が平等になったのに
実際不平等あるのは金の有無だと思うのも当然だよねw

その点、イギリスが国教会を持ちアメリカが聖書を枕に寝てるのは
面白いw 選民思想っていわれてもしょうがないじゃんw

お金はゲーテのファウストに描かれてるみたいに
「王国の地下深くに無尽蔵の金塊があります。これを掘り起こすのは大変ですから
これと引き換えできる紙を配りましょう」と
1661年に紙幣が流通してたらしいね

488 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 20:11:33.64 0
> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

489 :303:2012/01/17(火) 20:13:57.16 0
>>417
菊と刀部分ね
http://www.geocities.jp/sugiiteruo/page/pp11_1.htm
日本人
赤ん坊と老人とに最大の自由と我儘(わがまま)とが許されている。
幼児期を過ぎるとともに徐々に拘束が増してゆき、ちょうど結婚前後の時期に、
自分のしたい放題のことをなしうる自由は最低線に達する。
キリスト?
幼児には厳しいしつけが加えられるが、このしつけは子供が体力を増すにしたがって次第にゆるめられてゆき、
いよいよ自活するにたる仕事を得、世帯をもって、立派に自力で生活を営む年ごろに達すると、
ほとんど全く他人の掣肘(せいちゅう)を受けないようになる。われわれの場合には、
壮年期が自由と自発性の頂点になっている。

490 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 20:18:57.74 0
>>481
古墳時代、飛鳥時代と、天皇争いは、
血と血を争う骨肉の争いだらけだろう
数年単位のデスゲーム

491 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 20:23:51.57 0
>>489-490
見事な自演ですね

492 :303:2012/01/17(火) 20:32:16.93 0
>>491
ありがとん
さてさて旧約聖書の十戒の内以下の命題はどう証明したらいいだろうか?
父母を敬うこと
殺人をしてはいけないこと(汝、殺す無かれ)
姦淫をしてはいけないこと
盗んではいけないこと
偽証してはいけないこと(嘘を言ってはならない)
隣人の家をむさぼってはいけないこと

日本人には当たり前かも知れないが聖書を基準に考えないと厳しいんだよねw

493 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 20:32:24.18 0
87 :エターナルラブ ◆XDfaVt3s1. :2008/09/29(月) 17:08:22 0
ゼロ年代、結局読んでない。
なんかテレビ評論タレント本みたいだし・・・食指がわかない。

93 :考える名無しさん:2008/09/29(月) 17:15:51 0
>>87
食指がわかないって何?

98 :エターナルラブ ◆XDfaVt3s1. :2008/09/29(月) 17:21:40 0
>>93
http://www.google.co.jp/search?num=100&hl=ja&as_qdr=all&q=%22%E9%A3%9F%E6%8C%87%E3%81%8C%E3%82%8F%E3%81%8F%22&lr=

100 :考える名無しさん:2008/09/29(月) 17:24:55 0
>>98
33件ほど誤用がヒットしているようですが、それがどうかしましたかW

494 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 20:33:17.26 0
食指がわかないについてどう思われますか?

495 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 20:33:57.25 0
自演には見えんな

496 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 20:38:23.13 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

497 :第四の波平:2012/01/17(火) 20:38:50.95 O
今となっては天皇も公卿もくそっ食らえだけどな
小さい頃は公卿て嫌だった。何か軟弱で
でも遡れば野蛮な部族のいち戦士だったんだな

498 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 20:40:06.44 0
> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ〜 :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

499 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 20:41:24.36 0
> 哲学的SEXの薦め
>
> 1 :ぴかぁ〜:02/07/04 13:16
> 男の射精や、女の絶頂が最高の性的興奮ってことはないだろう。
> そんなのただの生理的現象だよ。河馬でもやってるよ。
> 哲学好きなら、もっと高尚で興奮する性的快楽があるはずだ。
> やっぱSM系にいっちゃうのかなぁ?
>
> 妄想もOKということで。

500 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 20:43:30.69 0
知的障害者の波平からすると
哲学すら性の一部なんだな

501 :303:2012/01/17(火) 20:43:57.61 0
罪のあり方と罰のあり方は密接に関係する訳よ
1.神様との契約を破った罪なのか?
2.神を考えない国民全体社会への罪なのか?
その罰はどの程度が適切か?が変わっちゃう 
1.なら道徳との関係が重視されるし
2.なら犯罪者が更正すれば問題無いから道徳は無関係
まあ大雑把だけどねw
日本じゃ結構まぜぇまぜだから特に意識しないけどw

502 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 20:44:09.92 0
> 952: 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY [] 2011/06/09(木) 11:58:22.48 O
> フェラには哲学的問題が隠されていると思う。
> たかだか性器を舐めるということだ。
> 自らは正規と口をもっている。しかし自らでは舐められない。
> 他者が必ず必要だということだ。
> 他者の必要性ということでは、ラカンに囚人のジレンマという問題がある。

503 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 20:44:42.57 0
フェラ=ラカン

504 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 20:45:45.77 0
> 38 :ぴかぁ〜 :03/02/17 23:11
> SELENEわしに返事くれたっていいじゃないか!
> こんなにも好きなのに 画面越しに愛を送りつづけているのに
> なんで恐いとか狂ってるとか 客観的なの
>
> 43 :ぴかぁ〜 :03/02/17 23:18
> ソフィア、マンコ舐めさせて。

505 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 20:46:24.93 0
画面越しの愛

506 :303:2012/01/17(火) 20:47:36.13 0
>>497
天皇は武家政権できるまでは紆余曲折あるけど統治者だったよね
その後はもう職業神主 仕事 祈り 生まれて死ぬまで祈り労働者w

507 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 20:48:05.01 0
> 70 :ぴかぁ〜 :03/02/18 00:36
> ソフィアのおっぱい飲みたいからいったんわしの子をはらんで
> 乳だけ出したら堕胎しろ!わかったか!
>
> ソフィア世界で一番愛してるよ
>
> 411 名前: Я 投稿日: 04/04/07 02:41
> 童貞かどうか、試してみるかい、お嬢ちゃん。
> わしの指マンテクで天国にごしょうたい〜

508 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 20:49:06.49 0
止まらない知的障害者波平の性欲

509 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 20:50:35.45 0
>>485
中世は封建制で地方自治で、キリスト教も、教会が地方に造られて、
土着性が強くかった。
しかし日本に本当に封建制はあったかというのはあって、
領主に分割されても、天皇はいて、全体感はある
そこに天皇を中心とした職の体系があった。

>>487
>マルクスなんかは神の前に王や貴族・神父・農民・大工が平等になったのに
>実際不平等あるのは金の有無だと思うのも当然だよねw
>その点、イギリスが国教会を持ちアメリカが聖書を枕に寝てるのは
>面白いw 選民思想っていわれてもしょうがないじゃんw

???

>>489
日本人は結婚によって、自由がなくなるわけではなく、
職によってだよね。
結婚も、家と家で決められた。すなわち家業中心。
結婚は職の体系のためにある。





510 :303:2012/01/17(火) 20:51:54.28 0
ユダヤ教は旧約聖書以外の道徳律法は口伝だった
言い伝えやおとぎ話 寓話とかね
それはイエスの弟子が手紙にして残しちゃったから面倒な事にw
まあ使途はほぼ磔八つ裂きにされちゃったけどねw
奇跡=一休さんの頓知なのに誇張しすぎだと思う


511 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 20:53:42.63 0
無駄無駄
波平には他人の書き込みを読み取る能力は皆無だし

512 :第四の波平:2012/01/17(火) 20:54:50.98 O
>>506
天皇家もいろんな人がいたし紆余曲折はあっただろうな
源氏の大元で有名な清和天皇の次の陽成天皇は奇行が
目立ったらしな。宮中で人に向かってふざけて矢をいったり変だったらしい。

513 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 20:55:17.43 0
波平のレスは意見じゃなくて
知ってる知識の横並びって言うのが正しい

514 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 20:58:44.70 0
知識の横並び専用と化した波平のレスに対話は存在しない

515 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 20:59:49.76 0
>>508
波平の性欲でAAスレは運営されている

516 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:00:34.39 0
んあ?リビどーって言葉もシランとは

517 :303:2012/01/17(火) 21:02:31.13 0
>>512
まあ毎日祈ってりゃ奇行もするだろうねw


518 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 21:03:29.45 0
>>501
日本人は法より道徳と思っている
西洋のように法として正義と突き詰めようと思ってない
法なんか、いつでも帰られると

この道徳は心理的なものではなく、
職の体系だね。

西洋的には、日本は武士をトップにした階級社会に見えるが、
日本は、一面で天皇を平面円の中心とした平等な秩序がある。
法よりも、職の体系。


519 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:04:31.90 0
波平は音声出力端子は持ってるけど
音声入力端子が付いてないんだよ

だから人の話を聞いてないでただひたすらがなり立てる

520 :つくだに ◆I/bnTKgLlU :2012/01/17(火) 21:05:05.15 0
純一のいない波平スレはつまらないな。

521 :第四の波平:2012/01/17(火) 21:05:31.99 O
何か哀しいな

522 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:06:27.42 0
選挙期間の街頭演説みたいなもん

向こうは一方的にスピーカーでがなり立てるが
肝心の街の人々の意見をまるで聞いちゃいない

523 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:07:26.70 0
たとえばティッシュが切れたとする
性欲はありあまっているのにエロ見ながらオナニーができない
しょうがなくその日はそのまま寝ると、もう夢の中はやりまくりなわけよ。本番しまくり〜の腰降りまくり〜の
で、次の日もまた性欲がありあまっているのにティッシュがないからオナニーできない


524 :303:2012/01/17(火) 21:08:50.72 0
>>509
マルクスとか全体・共産主義には何か引っかかるようですねw
マルクスの宗教観なんてどうでもいいんですがあんなにお金に執着してたのは
>神の前に王や貴族・神父・農民・大工が平等になったのに
>実際不平等あるのは金の有無の所為
と個人的には思ってますそれだけキリスト教観が強いのかなっと
>>518
武士がいればそれもいいなあと思いますけどねw



525 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:14:17.76 0
つくだにが余計

526 :第四の波平:2012/01/17(火) 21:14:32.03 O
時は過ぎ今は江戸そして平成

527 :303:2012/01/17(火) 21:16:28.19 0
みんな神様食わず嫌いすぎじゃねw?
どーせ居ないんだから利用したらいいじゃない?

528 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:16:59.33 0
> 411 名前: Я 投稿日: 04/04/07 02:41
> 童貞かどうか、試してみるかい、お嬢ちゃん。
> わしの指マンテクで天国にごしょうたい〜


これ↑ いろんな意味で痛くてたまらない発言だよな

529 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 21:17:25.27 0
>>524
ウェーバーじゃないが、キリスト教と資本主義の関係は興味深い。

でも、宗教革命も、資本主義化の一部と考えるのが自然。
貨幣社会が個人主義を促進し、キリスト教の中世封建社会から、
貨幣主義的なキリスト教へ変容した。

その意味で、貨幣を近代のキリスト教より深い下部構想をおく、
マルクスの分析力はすごいよ。

530 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:18:27.01 0
結果から過去を正当化する事に意味はない

531 :つくだに ◆I/bnTKgLlU :2012/01/17(火) 21:19:46.40 0
一時期まではいなかった私のうんちアンチが沸いてるな、文学板から来たのか?

532 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:21:16.32 0
>>518
法と道徳の違いは?
何を基準に平等というのかなあ。
個人の意識もなく職業集団として分身化している日本人が。

533 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:22:25.70 0
文学版から来たのか?←アホの常套句

534 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2012/01/17(火) 21:27:09.09 O
しらかのたけひろくにおしわかやまとねこすめらみこと

535 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:29:01.77 0
ムラムラきたらいうんやで〜

536 :303:2012/01/17(火) 21:29:49.77 0
>>529
キリスト教を排除したら「お金」があった感じかな
貨幣主義的?と宗教改革だと複雑怪奇な神聖ローマ帝国が元なんだろうけど
そこまではわかんないやw
まあ自分はマルクスでさえもキリスト教とは切っても切れない間柄と理解してるけどね
それでだけ欧米にはこびり付いてるだと


537 :303 :2012/01/17(火) 21:30:43.75 0
ちんぽにまんここびりついとるやないか!

538 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 21:31:10.19 0
>>532
近代法は強制的な処罰があり、国家権力と結びつく。

平等というと西洋リベラルな個人の権利になるから、
少し違うのかもしれないが、

職の体系において、差別はない。
誰もが日本人のために役割として仕事をする。
その意味で平等、ということ。



539 :303 :2012/01/17(火) 21:33:33.63 0
哲学インスタンス
703 名前:考える名無しさん :2012/01/17(火) 19:38:12.05 0
>>702
>なるほどサンクス

アホが何をこいてる、お前、学歴は?

540 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:33:57.06 0
>>538
アホが何をこいてる、お前、学歴は?

541 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:35:10.90 0
次 波平のターン

542 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 21:36:24.93 0
>>536
西洋の文脈では、キリスト教、或いはギリシア哲学に
根源を求めるんだけど、少し違うと思うんだよな。
キリスト教も時代によって大きく変化しているわけで

マルクスの資本主義論にキリスト教的なところがあるとすれば、
そのキリスト教はすでに資本主義的、すなわち
カトリックよりプロテスタントであると

中世カトリックの贈与社会から
資本主義が生まれるのは無理がある。

それなら、中世カトリックの贈与社会が
社会の規模が大きくなり、市場が立ち上がることで、
プロテスタントへ変化したと

マルクスのキリスト教も、もう資本主義的と

543 :540:2012/01/17(火) 21:37:30.47 0
屁〜こいてますが何か?

544 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:37:47.97 O
豊田エリーと菜々緒と斉藤夢愛がええ

545 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:37:55.11 0
その意味で平等って意味がよくわからんね。
皆がいろんな仕事に就けるというのでもないし。

546 :536:2012/01/17(火) 21:38:14.13 0
本居宣長が中華思想の「漢意」をもって「大和魂」を発見した
みたいにキリスト教概念を持ってみれば「日本人?」が少しはわかるんでないかと
思うのよwそれが政治思想コンテクストなるかどうか知らないけどw



547 :538:2012/01/17(火) 21:38:55.78 0
× 543 名前:540 :2012/01/17(火) 21:37:30.47 0
○ 543 名前:538 :2012/01/17(火) 21:37:30.47 0
  屁〜こいてますが何か?

548 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:38:57.75 0
ブォッ

549 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:39:48.55 0
波平は屁と一緒に実も出すそうだ

550 :539:2012/01/17(火) 21:40:04.51 0
携帯も波平

551 :543:2012/01/17(火) 21:41:01.57 0
>>549
波平アナル開発しすぎだろwww


552 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 21:44:43.73 0
>>546
キリスト教概念で日本人を見たのが、
天皇崇拝、大和魂でしょ。
日本人を精神主義で語ること。

日本人の職の体系が重要であるのは、
職は決して、精神主義で語れないから。
職は身体伝承。
日本人は身体伝承文化。

というか、知識伝承文化が世界的にめずらしい。
普通、伝承は身体伝承が基本。

553 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:46:08.15 0
平等なんて観念は日本にはないんだとスパっと言ったほうが
まだ気持ちいい。
ただ集団の一員であることしか生きようがない。

554 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:46:47.79 0

広島と長崎に投下された原爆は形質が異なり,広島の原爆(リトルボーイ)は
ウラン235 を、長崎の原爆(ファットマン)はプルトニウム239が原料で、
アメリカは二種類の爆破効果の差異を検証するために、それをわざわざ投下した
のであって、日本を降伏させるために、二カ所にそれを投下した訳ではないでしょう。

それは、ソ連との冷戦構造を先取りして牽制するためでもあって、天皇が即、
降伏しなかったから連続して原爆が投下されたなんて、左翼の妄想に過ぎない。
アメリカの戦勝には、原爆投下さえほとんど必要でなかったはず。


555 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:47:15.90 0
>>542
キリスト教って言ってもプロテスタントの中でも
メソジストやバプテスマとか色々あるし モルモン教も分派だっけか?
カトッリクも東方教会・西方教会とか教派で分けると色々あるし
グノーシスとかの神秘主義もあるからねw
この辺はあんまり触れたくないですww
ギリシア哲学→キリスト教だとスコラ哲学になるのかな?
トマス・アクィナス神学大全とか?神学者じゃないからわからんがw


556 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:48:13.98 0
チェリーボーイがなにいってんだ?

557 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:48:57.99 0
>>552
むりやり男女器合体してたのしいか?

558 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:49:26.77 0
>>552
一度検査したほうがいい

559 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:51:53.75 0
            ヘ-+------+--+-----+ヽ_
          /:::|:::::::|:::::::::::::/::::::/::::::::::::::/:::::::/`\_
       / ̄\::::::|:::::/:::......-―――--..........__/:::::::::::::::\
   ┌ー ̄::::::::::::ヽ::|:::..-^ ̄            ^ ヽ、:::::::::\
   ヽ::::::::::::::::::::::::::::/                  \::::::::ヽ
    ヽ:::::::::::::::::::::::/             ::::       \:::::ヽ
    ヽ::::::::::::::::::/              ::::::::        \::::|_
     ):::::::::::::::|              ::::*:::::        ヽ:|::::ヽ
     /::::::::::::::::|              ::;;;;:          l::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::|             ノ::ii:ヽ::          l::::::::::|
    |::::::::::::::::::::|            /::::;リ:::l::::         |::::::::::::|
    |:::::::::::::::::::::l           ...l::::;リ:::/::         /:::::::::::::|
    .|::::::::::::::::::::::l          . /:ア/:::        /:::::::::::::::i
    l:::::::::::::::::::::::::l          ./::`^:::::        /:::::::::::::::::/
    ヽ::::::::::::::::::::::::l         /::::::::::        /:::::::::::::::::::/
     /:::::::::::::::::::::::l        /:::::::::::::      /::::::::::::::::::::::/
     /::::::::::::::::::::::::i __-ー--=;;;::::::::::::::  ....::::/:::::::::::::::::::::::/
    ./:::::::::::::::::::::::::::i":::::::::::::::  ヾ─ 、/"ヽ:/::::::::::::::::::::::::::::l
     ヽ::::::::::::::::::::::丶::::::::::   /   il   .ヽ:::::::::::::::::::::::::::/
       \::::::::::::::::::::ヽ:::::::  /    l !    ヽ:::::::::::::::::::/
         ii::::::::::::::::::` -::-/     / .i     ヽ::::::::/

560 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 21:52:35.77 0
>>553
平等というと、どうしても西洋リベラルな文脈になるな
では日本は職の体系の、尊重社会

日本人が集団主義というのも、西洋的な文脈だな
日本人はそんな日本人を大切という集団社会ではないよ。
それこそ、近代のナショナリズム

日本は役割社会。
回りがどう思おうが役割を淡々とこなす。
それぞれの役割において、格差はないし、他者に干渉されない。

561 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 21:55:31.19 0
>>554
独でなく日本に原爆を落とすことは、
かなり早くから決まっていた。

即降伏しなかったから連続して原爆が投下されたんじゃなくて、
ヒロシマ後、則降伏すれば長崎はなかったかもしれない。

なんといっても、米は早く終わらして、ソ連の南下を止めたがっていたから

562 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:56:52.93 0
おっぱいボヨヨンしすぎだろ

563 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:57:08.17 O
大和魂って言うか大和心ね

善悪判断はせず ただ受容する心持ちって感じ

まあそうやって区別するのが漢意って批判されちゃったけどw

564 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:57:43.24 0
おまん絶好調じゃな

565 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 21:57:48.47 0
>>555
なんでもあるって・・・並行してあったわけではなく、
ちゃんと歴史の流れがあるわけで

近代化の流れでは、大きな流れで、
カトリック→プロテスタントでよいのでは

566 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:58:53.65 0
波平「プッ…
   


   ブリリリリリリィィィィィ!ああああああ!」

567 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:58:53.72 0
C D

568 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 21:59:19.93 0
アナル緩すぎだろwww

569 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 22:00:11.61 0
逢いたいからって穴掘っては駄目ぴょ

570 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 22:01:29.60 0
こんなところまで掘ろうとするなんておまえ度が過ぎるぞw

571 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 22:02:26.35 O
言語ゲームでは理解出来ない事柄を日本人は理解しあってると思うしね
それは何だと?
キリスト教の神を持ち出して説明出来ると楽なんじゃないかと
出来るかどうかは知らないけどねw

572 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 22:05:33.52 0
×はじめに言葉ありき
○言葉は言葉である


573 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 22:07:02.20 0
明日は聖地巡礼してこいよ、波平

574 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 22:08:03.48 0
>>571
理解しあってると言っても誤解しあってると言っても同じこと?
「俺の目をみろ〜何にも言うな〜」って歌があったね

575 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 22:09:07.81 0
>>571
ウィトの「言語ゲーム」は言語だけのゲームと逆意味だよ。
コミュニケーションは言語だけで伝達できない
それは何か?言語ゲームとしかいえない。

ウィトの言語ゲームの例で有名なのが石屋。
これが、職業であるのはとても興味深い。

職とは、言語だけで伝達できないことを
ウィトは見抜いている。

576 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 22:09:27.95 O
プロテスタント→資本主義でもいいと思いますよ

ただヨーロッパの編み物を一本一本見る気がしないだけなのw

めんどくさいからw


577 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 22:10:37.66 0
yabee. namihei no cyakuganten ga syufu ppoi.

578 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 22:12:05.53 0
この件に関するかぎり、ぼくもNAMIHEI案に賛成だね。」


579 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/17(火) 22:13:20.29 0
日本人の言語ゲームは、
単なるコミュニケーションではなく
高度な社会秩序システムとして、
成熟している。

日本人にとって、職とは個人の成熟装置であり、
社会秩序維持装置であり、経済装置であり、
文化伝統装置であり・・・


580 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 22:13:43.97 O
誤解しあってるなら正さないとw

まあ誤解しあってててもいいんだけどさw

言語に拠らないのを言語にしたくなるのよw草食男子とかw

581 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 22:15:33.78 0
笑っちゃった

582 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 22:16:28.93 0
球体の中心が球体を外側から包み込む

583 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 22:17:39.82 0
いや、波平氏のように諸手をあげて賞賛する気はないだけ。w

584 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 22:21:52.13 0
  |  ||__|| ((◉> )( <◉))

585 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 22:24:45.28 O
案というか
宗教っぽい話も前提に話せば面白いなってだけなんだけどねw 教義がガチガチなら止めた方がいいけどさw

586 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 22:35:29.10 0


583 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 22:17:39.82 0
いや、波平氏のように諸手をあげて賞賛する気はないだけ。w


584 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 22:21:52.13 0
  |  ||__|| ((◉> )( <◉))


585 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 22:24:45.28 O
案というか
宗教っぽい話も前提に話せば面白いなってだけなんだけどねw 教義がガチガチなら止めた方がいいけどさw


207 KB [ 2ちゃんねる 3億PV/日をささえる レンタルサーバー \877/2TB/100Mbps]

--------------------------------------------------------------------------------

新着レスの表示

--------------------------------------------------------------------------------


587 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 22:48:14.00 0
どうかしたのか?

588 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 22:49:54.36 0
さて、うんこしてねるか 

589 :考える名無しさん:2012/01/17(火) 22:51:07.52 0
http://www.youtube.com/watch?v=kfjPcGIVLcE

590 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 01:46:08.44 0
尊重社会と言っても何かピンとこないな。
何を尊重するんだい?人格をかい?個人をかい?
成員として尊重するだけかい?


591 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 01:55:13.49 0
私は集団主義と言ってるわけじゃないんだけどね。
個人というものが見えない人たちっていうことだけどね。
個人は西洋的な概念だとしてもそういう風にしか言いようのないものを感ずる。



592 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 07:31:31.76 0
>>590
職の体系なんだから、職を尊重する

武士、農民、町人は階級でありながら、
互いに社会の役割を担う成員なのだから、尊重する
武士は農民を単に下層で、とっとと年貢を納めろ!ではなく、
お百姓さんは日本人のために、がんばって作っている人びととして尊重する。
西洋では下層は家畜と同じで農業に従事するのは当然。

>>591
個人は、近代西洋の概念だから


593 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 07:36:22.08 0
【経済】東京電力、企業向け電力の値上げ発表へ
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1326725566/l50


594 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 07:39:34.49 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

595 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 07:46:30.29 0
西洋の下層には、征服された民族や、異教徒など奴隷の文化がある。
日本にも奴隷はある。特に平安時代まで、地方が未開だったころ
蝦夷人などは奴隷としてつれられ、労役を担わされた。

武士の封建時代に地方が台頭すると、
狭い日本は地方も都市化して、全日本人成員のようになる。

596 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 08:05:48.50 0
個人、平等という近代西洋概念は、いまでも不思議な概念だね
たとえば選挙権って、本当の一人一票でいいのか
政治に興味もない人と、政治専門の先生は同じでいいの

平等は人間の心理をあわない。
実際、社会生活でも人が集まると、暗黙の格差が生まれる。
子供の社会でも、順位が生まれる。
それをなんでも平等というのは、逆に暴力だ。

近代民主主義は、それでも平等にしようと言う強いイデオロギーだ。
一つの理由は、自由主義経済をもっとも活発化するのは、
各個人が自由に行為するときという論理がある。


597 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 08:09:09.35 0
江戸末期の人びとは、西洋の民主主義社会よりも
自由で平等であったと言われる。

西洋に民主主義概念に対して、実際の運営上は、
貴族制がのこり、富の格差が大きく、社会だった。

それに比べて日本は士農工商の制度があったが、
実際の運営上は、職の体系において、自由で平等であった。

598 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 08:30:07.18 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

599 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 08:48:08.27 0
たとえば空腹な人と満腹な人がいて、ケーキを分ける場合は、平等は状況と関係なく等しく分ける。
公平は、互いの納得を考えて空腹な人を大きく分ける。
人のよりベースにあるのは公平感だ。多くにおいて平等は公平感を暴力的に抑圧して、行使される。
公平では独裁政治でも、階級制でも成員が納得すれば問題ない。
公平は曖昧なために、選挙などで平等という単純な制度が用いられている。
しかし実際の生活は多くで公平感を基本に作動している。
日本人の職の体系は公平感を制度化する有用な方法だった。
職において互いに尊重し、単なる労働ではなく、社会的儀礼、慣習が組み込まれて、公平感を保つ。

600 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 08:55:13.30 0
実際、西洋は不公平ゆえの平等制だ。
公平感を満たそうなどと発想はない。平等で不公平を補完する。
平等なんだから不満をいうなという競争社会。
公平な社会を生きてきた日本人は西洋的平等で公平が満たされると考えるからおかしくなる。
日本人なら公平で当然だろうと。

601 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 08:57:29.56 0
アメリカは富の偏在がすごうが、当たり前だ。
日本人は金持ちには不公平だと考える。

602 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 09:12:04.21 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

603 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 09:18:30.90 0
職の体系は日本に特有である、民族闘争が起これば、崩れてしまう。
侵略された経験がない日本特有の公平な制度である。
だから近代化でも、戦後高度成長でも、そしていまも日本人のベースとして作動している。

604 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 09:24:57.12 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

605 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 10:22:19.69 0
厳格な父権中心の家系像は、明治の近代化により生まれた。
戦後の自由とそれ以前の不自由のイメージは、どちらも近代化により生まれた。
日本の集団主義、恥の文化、儒教的厳格、世間体、村八分などは、明治に一気に近代化するときの勢いで生まれた。
江戸時代なら武士の文化である。明治の指導者は下級武士であり、
武士の価値を庶民にも教育する。
それ以前の庶民は強い思想に毒されず、のんきであけっぴろげで、ただ職を全うすることで、規律が守られた。
エッチを気楽に楽しみ、仕事もマイペース、子供が大好きで、むしろ女が強く、男はお気楽。
ある意味でいまのリーマンにつながるというか、日本人は結局、たいして変わっていないのかもしれない。

606 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 10:37:54.91 0
戦後の自由とそれ以前の不自由のイメージは、現在も日本人の自己否定、西洋信仰を生んでいる。
いまだに日本の未来を語るときに、西洋がモデルにされる。
しかし現実をみると、欧州、米と経済問題にあえぎ、まだ日本がましと円高がすすむ。
アップルやグーグルが好調でもだ。
生活についてもいまの西洋がめざす先に見えない。
日本人はみすからの利点を認めて、それをのばす未来像を描くべきである。
いつまでも西洋偶像をみても空回りするだけだ。
そのために、戦後の自由とそれ以前の不自由のイメージを改めなければならない。

607 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 11:10:00.12 0
ようやく主張らしい主張が出てきたな。

608 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 11:13:27.28 0
そういう構造をみているというのが
すでに西洋的方法のような気もするなあ

609 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 11:35:01.14 0
職の体系という技術的なつながりもいいんだけど
もう少し日本人の宗教的なものがわからないとなあ。
天皇も見えてこない。
万世一系というのが強調されるのはやはり同族意識だろうか。
仏より先祖を祭る日本人というわけだね。

610 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 11:57:00.08 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

611 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 12:06:03.47 O
天皇の万世一系については
折口信夫の「大嘗祭の本義」で天皇が神格?を持つのはマドコオフスマというニニギノミコトが天孫降臨した時の布団にくるまる儀式がある

先祖との結婚説とも述べてるけど
個人的には一系を遡って信託を受けると考えれば万世一系の形式的必要性が見いだせるじゃないかと

まあ秘儀らしいので詳しい事わからんし 神道教義の問題だからねw

612 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 12:25:42.11 0
>>609
西洋思考から抜けるのむずかしいね。
西洋のキリスト教に対応するのが、日本では職の体系だということ。
さらには職の体系が共同体の運営の基盤である方が普通で、独立した強い宗教が基盤であるのはかなりレアケース。
西洋中心主義の今だから転倒して、世界史も転倒して語られるけど
まずこれを理解してもらわないと

613 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 12:31:14.92 0
いや、しかし原日本人を我々に想起させる装置として
機能しているように思う。
仏教輸入後我々日本人は死んだら誰しも仏となるそうだが
一方でご先祖様としてこの地にいつまでも霊は残り
子孫を見守っているという。
その先祖の源流を辿る通過装置のようなものが象徴となった天皇なのかな?

614 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 12:34:23.80 0
共同体は狩猟、農業など土地に根ざした分業によりいきる。
まず土地があり労働があり、補完的に自然宗教がある。これが基本。
それがキリスト教、仏教のような、労働と切り離されれ強い宗教は特殊。
そして宗教性が強い上で労働(身体)<精神の転倒がおこる。

日本の天皇中心も、明治以降の西洋の転倒のマネ。


615 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 12:34:33.52 0
>>612
それはどうかな?
まるで日本人に宗教(死への意識)はなかったみたい。
波平氏に感ずるのはそのロボット感だね。


616 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 12:37:31.17 0
日本人がただ嬉々として働いていただけとは思えない。
でなければおしゃれもしないしセックスがいいとも思わないだろ?

617 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 12:45:37.83 0
キリスト教の強さはユダヤ教から受け継いだものだが、
よくわかないがユダヤ人というのはほんと土地運が悪いのか、絶滅しなく強いのか、
土地に根ざさない強い精神性を発明した。
それをキリスト教は受け継ぐんだが、実際、ローマ国教になり中世には地方に教会が配置されると、
土地に根ざして土着性が高い、すなわち崇高な精神性を求めるものではなくなる。

618 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 12:50:22.31 0
個人の死を国が管理し始めるんだよ。神ではなく。

619 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 13:13:38.22 0
その後、宗教革命で中世カトリックは土着、癒着すぎるとプロテスタントに
叩かれる。プロテスタントは原点回帰の厳格な精神性をめざす。
でもプロテスタントは都市層に支持されているように、
すでに前ー近代的な資本主義化による個人主義の影響を受けている。
そして中世カトリックが資本主義・市場経済的に重たいので、
叩かれたという面が強い。

たとえば魔女狩りは中世暗黒時代の代表みたいに言われるが、
すでに前ー近代的な現象と見る方がよい。
素朴な中世キリスト教から、プロテスタント的な厳密さへの回帰の中での反動。

結局、日本の明治にも同じことが起こった。
素朴な庶民が、近代化によって、天皇、ナショナリズムという強い精神性を
求められたときに、素朴な庶民に恥の文化や、村八分や、父権家長制などの
精神的な弾圧が起こった。

これがいまだに、戦後の西洋的な自由と、それ以前の日本古来の不自由の
対立として語られている。
江戸時代の素朴さは隠蔽された。

620 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 13:14:11.08 O
ルネッサンスまでは教会の統一性はあんまり無いんだよね

絵画もそれ以前は旧約聖書の絵とか結構あるし

教会建築なんかも変化してくるし

621 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 13:15:44.84 0
届かないんじゃないw

622 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 13:19:54.68 0
江戸時代の素朴さっていまひとつわからない。
いまが素朴だとは思わないけど。
素朴ってことばがいまひとつわからないのかな?

623 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 13:20:28.82 0
>>614
仏教では死んだあとに精神は冥途へ逝くので
身体にようはなく、川に捨てるだけ。

儒教には、冥途思想はないので、
生まれ変わるときに身体がいるから、お墓に大切に保管される。
日本の仏教は、中国仏教、すなわち仏教+儒教だからお墓が大切。

日本の先祖重視はおそらく仏教伝来より古い中国儒教に
根をもつのではないかな。
天皇制は飛鳥時代だし、その前に大王が乱立しても、
先祖信仰の方が古いだろう。

日本の土着の信仰は、仏教、神道よりも古い根をもつだろう。

624 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 13:21:36.74 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

625 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 13:22:03.39 0
>>620
教会の統一性とは?
教皇制によって、全てが支配下になり、統一性は出たと思うが

626 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 13:23:26.76 0
天皇は要らんと?

627 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 13:24:20.43 0
天皇は職体系の象徴ではないんだね?

628 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 13:32:54.75 0
>>622
素朴とは、自己言及(メタ認識)が少ないことだろう。
精神とは結局、自らがなにものか考えることだから。
そして自分がなにものかとは、相手(強い神、他人)が
自分をどう考えているか懐疑する。
精神という肉体と離れたものがあるなど考えないし、

日常がただやるべき慣習=職をやることで過ぎていく。

たとえばセックスは村の娯楽。
村では性教育が行われて、祭りは実践乱交の場、
若者の夜這いは教育の一環として奨励される。

銭湯は混浴、庭先で若い女も裸で行水。
人がくればそのまま挨拶。

セックスに恥が生まれるのは、自己言及から。
そして他者(神)が恥ずかしいことと見ていることを知ることから。
純愛、純真などの強いプロテスタント概念が
輸入されることで、一気に裸、セックスはタブー視された。

たぶんいまの日本人はこのように考えられているだろう
戦後の西洋自由・・・セックスに寛容
その前の日本的不自由・・・セックス倫理にきびしい

セックス倫理にきびしいのは西洋の影響だから


戦後の西洋的自由
明治以降の西洋的不自由
江戸以降の日本的素朴←西洋中心主義によってこれが隠蔽されている

629 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 13:36:12.36 0
>>627
天皇は職体系の中心
飛鳥時代、唐の律令制を真似て、天皇が作られた。
法、土地測量、税制、懲役制がはじめて導入される。

それまでに原始的な協業体制から
天皇が庶民に土地を貸し、仕事を授けたという神話が作られた。

630 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 13:36:50.76 0
天皇が庶民に土地を貸し、仕事を授けたという神話が作られた。
職の体系神話の始まり。

631 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 13:40:14.71 0
職に自己言及はいらない。
もくもくと師匠の動きを真似るだけ

それは、作業を覚えるだけではなく、
職の中で、礼儀作法、処世術、哲学すべてが含まれている。

哲学が思考、自己言及によってしかできないと考えるのは
西洋思想に毒されすぎ。

基本的に哲学は身体伝承として伝えられるのが基本。
なぜ頭を下げるのか、考えても意味がない。
師匠がそうしていれば、そのように振る舞うだけ。

それがウィトの「言語ゲーム」

632 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 13:42:23.65 0
>>628
だからセックスがなんで娯楽になるのかわからんな。
労働がつらいのと空虚から逃れるためだろう。

633 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 13:42:30.36 O
教義として教会の統一性ね
三位一体中心と言うか新約中心に移っていく

634 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 13:47:02.23 0
>>632
天皇もそういう風に機能してるみたい。
労働のねぎらいであるお言葉と空虚に落ちないための指標。

635 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 13:53:16.43 0
>>632
セックスは娯楽にならない?どういう理屈?

636 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 13:54:29.27 0
ああそうか
波平はもくもくと誰かの言うことをなぞることによって
哲学をしているつもりなんだ

637 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 13:54:29.13 O
>>633
三位一体がルネサンスから???

638 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 13:58:06.22 0
たしかに生殖からずれているセックスは娯楽の要素があるだろう。
しかしそれを諸手をあげて喜ぶ波平の感性はよくわからない。w

639 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 13:59:21.28 0
まあ、男色の文化もある日本だけど。

640 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 14:27:51.27 0
たとえば日本では職と礼儀は当然のごとく結び付いている。
バイトでも教育されるし、どんな不良も就職すれは礼儀正しくなる。
これが当たり前と日本人は考えるがそんなことはない。
西洋では仕事と礼儀は別物である。客商売でさえ礼儀がなっていないことはたたある。
きびしい言い方をすれば、日本人は就職しなければ当たり前の礼儀が学べず一人前になれない。
職が儀礼教育装置も担っているからだ。

641 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 14:35:12.56 0
田中さんの会見は人気だった。

642 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 14:38:28.07 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

643 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 14:56:59.05 0
お兄ちゃんへ

ちょっと調べものがしたくて、お兄ちゃんのパソコンを借りて
インターネットをしようとしたら、最初にここが表示されました。
こんなところをお兄ちゃんが読んだり、書いたりしているとは
知りませんでした。すごくびっくりして、お母さんにも見せたら、
お母さんは呆れたような顔をして部屋を出て行ってしまいました。
悪いと思ったけど、お兄ちゃんのメールも読んでしまいました。
見なければ良かったと思っています。
もしかしてお兄ちゃんが携帯からここを見てるかもしれないので
私もかきこんでおきます。こんなこと、やめてください。
今なら知らないふりもできるので・・・おねがいします。
お兄ちゃん社会人なんかじゃないでしょ。もうやめて。

妹より

644 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 15:11:46.95 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

645 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 17:40:18.43 0
■なぜ日本人の素朴さは隠蔽されたのか


平等と公平

個人、平等という近代西洋概念は、いまでも不思議な概念だね。たとえば選挙権って、本当の
一人一票でいいのか。政治に興味もない人と、政治専門の先生は同じでいいの。平等は人間
の心理をあわない。実際、社会生活でも人が集まると、暗黙の格差が生まれる。子供の社会で
も、順位が生まれる。それをなんでも平等というのは、逆に暴力だ。

近代民主主義は、それでも平等にしようと言う強いイデオロギーだ。一つの理由は、自由主義
経済をもっとも活発化するのは、各個人が自由に行為するときという論理がある。江戸末期の
人びとは、西洋の民主主義社会よりも自由で平等であったと言われる。西洋に民主主義概念
に対して、実際の運営上は、貴族制がのこり、富の格差が大きく、社会だった。それに比べて
日本は士農工商の制度があったが、実際の運営上は、職の体系において、自由で平等であった。

646 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 17:41:05.10 0
日本人は平等で公平になれると勘違いする


たとえば空腹な人と満腹な人がいて、ケーキを分ける場合は、平等は状況と関係なく等しく分
ける。公平は、互いの納得を考えて空腹な人を大きく分ける。人のよりベースにあるのは公平
感だ。多くにおいて平等は公平感を暴力的に抑圧して、行使される。公平では独裁政治でも、
階級制でも成員が納得すれば問題ない。公平は曖昧なために、選挙などで平等という単純な
制度が用いられている。しかし実際の生活は多くで公平感を基本に作動している。日本人の職
の体系は公平感を制度化する有用な方法だった。職において互いに尊重し、単なる労働では
なく、社会的儀礼、慣習が組み込まれて、公平感を保つ。

実際、西洋は不公平ゆえの平等制だ。公平感を満たそうなどと発想はない。平等で不公平を
補完する。平等なんだから不満をいうなという競争社会。公平な社会を生きてきた日本人は西
洋的平等で公平が満たされると考えるからおかしくなる。日本人なら公平で当然だろうと。アメ
リカは富の偏在がすごうが、当たり前だ。日本人は金持ちには不公平だと考える。

職の体系は日本に特有である、民族闘争が起これば、崩れてしまう。侵略された経験がない日
本特有の公平な制度である。だから近代化でも、戦後高度成長でも、そしていまも日本人の
ベースとして作動している。

647 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 17:41:40.24 0
戦後の西洋的自由と、それ以前の日本的不自由


厳格な父権中心の家系像は、明治の近代化により生まれた。戦後の自由とそれ以前の不自由
のイメージは、どちらも近代化により生まれた。日本の集団主義、恥の文化、儒教的厳格、世
間体、村八分などは、明治に一気に近代化するときの勢いで生まれた。江戸時代なら武士の
文化である。明治の指導者は下級武士であり、武士の価値を庶民にも教育する。

それ以前の庶民は強い思想に毒されず、のんきであけっぴろげで、ただ職を全うすることで、
規律が守られた。エッチを気楽に楽しみ、仕事もマイペース、子供が大好きで、むしろ女が強
く、男はお気楽。ある意味でいまのリーマンにつながるというか、日本人は結局、たいして変
わっていないのかもしれない。

戦後の自由とそれ以前の不自由のイメージは、現在も日本人の自己否定、西洋信仰を生んで
いる。いまだに日本の未来を語るときに、西洋がモデルにされる。しかし現実をみると、欧州、
米と経済問題にあえぎ、まだ日本がましと円高がすすむ。アップルやグーグルが好調でもだ。
生活についてもいまの西洋がめざす先に見えない。日本人はみすからの利点を認めて、それ
をのばす未来像を描くべきである。いつまでも西洋偶像をみても空回りするだけだ。そのため
に、戦後の自由とそれ以前の不自由のイメージを改めなければならない。

648 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 17:42:14.48 0
西洋のキリスト教と、日本の職の体系


西洋のキリスト教に対応するのが、日本では職の体系だ。さらには職の体系が共同体の運営
の基盤である方が普通で、独立した強い宗教が基盤であるのはかなりレアケース。西洋中心
主義の今だから転倒して、世界史も転倒して語られる

共同体は狩猟、農業など土地に根ざした分業によりいきる。まず土地があり労働があり、補完
的に自然宗教がある。これが基本。それがキリスト教、仏教のような、労働と切り離されれ強い
宗教は特殊。そして宗教性が強い上で労働(身体)<精神の転倒がおこる。日本の天皇中心
も、明治以降の西洋の転倒のマネ。

たとえば日本では職と礼儀は当然のごとく結び付いている。バイトでも教育されるし、どんな不
良も就職すれは礼儀正しくなる。これが当たり前と日本人は考えるがそんなことはない。西洋
では仕事と礼儀は別物である。客商売でさえ礼儀がなっていないことはたたある。きびしい言
い方をすれば、日本人は就職しなければ当たり前の礼儀が学べず一人前になれない。職が儀
礼教育装置も担っているからだ。

649 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 17:43:05.59 0
キリスト教と資本主義


キリスト教の強さはユダヤ教から受け継いだものだが、よくわかないがユダヤ人というのはほ
んと土地運が悪いのか、絶滅しなく強いのか、土地に根ざさない強い精神性を発明した。それ
をキリスト教は受け継ぐんだが、実際、ローマ国教になり中世には地方に教会が配置される
と、土地に根ざして土着性が高い、すなわち崇高な精神性を求めるものではなくなる。

その後、宗教革命で中世カトリックは土着、癒着すぎるとプロテスタントに叩かれる。プロテスタ
ントは原点回帰の厳格な精神性をめざす。でもプロテスタントは都市層に支持されているよう
に、すでに前ー近代的な資本主義化による個人主義の影響を受けている。そして中世カトリッ
クが資本主義・市場経済的に重たいので、叩かれたという面が強い。

たとえば魔女狩りは中世暗黒時代の代表みたいに言われるが、すでに前ー近代的な現象と見
る方がよい。素朴な中世キリスト教から、プロテスタント的な厳密さへの回帰の中での反動。結
局、日本の明治にも同じことが起こった。素朴な庶民が、近代化によって、天皇、ナショナリズ
ムという強い精神性を求められたときに、素朴な庶民に恥の文化や、村八分や、父権家長制な
どの精神的な弾圧が起こった。

これがいまだに、戦後の西洋的な自由と、それ以前の日本古来の不自由の対立として語られ
ている。江戸時代の素朴さは隠蔽された。

650 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 17:43:50.56 0
隠蔽された日本人の素朴さ

素朴とは、自己言及(メタ認識)が少ないことだろう。精神とは結局、自らがなにものか考えるこ
とだから。そして自分がなにものかとは、相手(強い神、他人)が自分をどう考えているか懐疑
する。精神という肉体と離れたものがあるなど考えないし、日常がただやるべき慣習=職をや
ることで過ぎていく。

たとえばセックスは村の娯楽。村では性教育が行われて、祭りは実践乱交の場、若者の夜這
いは教育の一環として奨励される。銭湯は混浴、庭先で若い女も裸で行水。人がくればそのまま挨拶。

セックスに恥が生まれるのは、自己言及から。そして他者(神)が恥ずかしいことと見ていること
を知ることから。純愛、純真などの強いプロテスタント概念が輸入されることで、一気に裸、セッ
クスはタブー視された。

たぶんいまの日本人はこのように考えられているだろう。戦後の西洋自由・・・セックスに寛容、
その前の日本的不自由・・・セックス倫理にきびしい。セックス倫理にきびしいのは西洋の影響だ

・戦後の西洋的自由
・明治以降の西洋的不自由
・江戸以降の日本的素朴 ←西洋中心主義によってこれが隠蔽されている。

職に自己言及はいらない。もくもくと師匠の動きを真似るだけ。それは、作業を覚えるだけでは
なく、職の中で、礼儀作法、処世術、哲学すべてが含まれている。哲学が思考、自己言及に
よってしかできないと考えるのは西洋思想に毒されすぎ。基本的に哲学は身体伝承として伝え
られるのが基本。なぜ頭を下げるのか、考えても意味がない。師匠がそうしていれば、そのよう
に振る舞うだけ。

651 :637:2012/01/18(水) 17:44:24.22 0
325年第1ニカイア公会議 三位一体の教理
1054年に三位一体の教理解釈で東西分裂
1077年神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世 カノッサの屈辱
1096年 - 1099年第一回十字軍
西方教会の中も分裂
その後のローマカトリックの教義の中心がイエス重視の三位一体説
でないとペテロの後継者のローマカトリックの権威が維持できない
でミケランジェロとかに「最後の審判」とか書かせた
この権威に反旗を翻すのがプロテスタント
正直素朴な中世文化とか想像しずらいw

652 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 17:46:48.25 0
旧約聖書ではアダムとイブは禁じられた実を食べて
楽園を追放される。そして労働する罰を与える。

キリスト教において、労働とは罰なのである。

653 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 18:22:31.62 0
私にとっても罰

654 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 18:22:36.70 0
>>651
なんか変だな・・・

655 :637:2012/01/18(水) 18:27:42.14 0
何だよう

656 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 18:30:24.84 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

657 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 18:35:57.88 0
おれはもう罪の意識なくてはセックスを楽しめない
おおらかなセックス?スポーツじゃあるまいし。
そういえばまぐあいとは目と目があうことと言ってた作家がいたな。
西洋の肉食獣とは違うと。
じゃ、草食男子はいいことじゃないか?
ライバルも減るし。

658 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 18:43:55.14 0
>>655
ミケランジェロとかに「最後の審判」とか書かせたから、
プロテスタントが反乱?



659 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 18:46:34.38 0
ああ、キリストの陰部も丸出しだったっての?

660 :637:2012/01/18(水) 18:49:49.38 0
イエス重視の三位一体説からなるローマカトリック教義(権威)に反発ね
まあ反対の仕方にも色々あるんだけどさw
ルネッサンス美術の教会画はその象徴ってだけ

661 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 18:51:03.30 0
>>657
男尊女卑の強い思想は、
武士にはあったが、
庶民はそれほどでもなかった。
江戸時代は女もともに働くし、
家を仕切るのは女性だし。

強い父、男尊女卑は
明治に生まれた。
いわば、草食系男子が本来の日本人の姿、
隠蔽された素朴な日本人の一面かもしれない

明治の影響で、女性が専業主婦化して、
いまもそのままなのがよくない

おそらく、これからは女性も働きだして
男子はもっと気楽になる。

近代化で抑圧された本来の素朴な日本人を
取りもどす、江戸時代化する日本人

662 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 18:53:48.14 0
ぴかぁ〜

663 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 18:56:28.20 0
>>643
だれですかね?私に妹はいませんが。

664 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 18:57:19.44 0
>>660
別に東方も、プロテスタントは三位一体説そのものを
否定してないが

665 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 18:58:49.00 0
まさか波平から東方という単語がでるとはおもわなかったなw

666 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 19:01:22.27 0
西洋化に毒される前に江戸時代の原-日本人への回帰

西洋の自由と、日本の不自由の対立の嘘からの脱皮
そもそも本来の、そしていまも維持する日本人のよさを見直そう。

草食男子は本来の日本人の姿に近い
セックスを楽しみ、楽しく暮らそう

667 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 19:09:24.11 0
オタク文化のすばらしさは、西洋にカブレていないこと
音楽、IT,iPhoneと西洋カブレ、西洋マンセーの中で、
純日本だ

そしてオタクのロリエロ反乱は、西洋のキリスト教倫理からすると、
言語道断。規制の圧力をかけてる。

しかしここにあるのは、原-日本人の系譜である。
セックスにおけっぴろげ
日本人の少女は世界的にもかわいい。
それは、日本人の子供への寛容さと、儀礼の教育からくる
西洋人自ら、妻にするなら日本人といった。

668 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 19:11:14.40 0
CNN「13、14歳の女のコを"性的商品"にして売り出しているという批判を
   プロデューサーである貴方はどう受け止めていますか?」 

原−日本人への回帰
これはナショナリズムではない。
ナショナリズムは西洋的な概念だ。

669 :637:2012/01/18(水) 19:13:08.52 0
東方教会はイエスの位置づけが違うの
洗礼の仕方も違う これ結構大問題
プロテスタントはローマカトリックと三位一体説の解釈は同じだけど
ペテロの教会は採用しないの
東西教会は教会を持つ事は共通してるが三位一体説の解釈が違う
西方教会とプロテスタントは三位一体説の解釈は近いがPは教会に寄らない
これで何が変わってくるかと言うと倫理面で中絶有無とかの考えが変わってくるの
今だからそんな問題にならないけど当時の人にとっては生き方さえ変わる違いなのよ
だから宗教戦争もするしね ピューリタンはアメリカに行く
中世はそんな価値観の変動期だから素朴っていうのはちょっとねと


670 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 19:16:23.28 0
なるほどね

671 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 19:25:18.33 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

672 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 19:26:07.07 0
>>669
中世は封建制
人びとは地方の土地に土着して済んでいる。
それを、教会のイデオロギー闘争で語るのがナンセンス。
教会も地方に根ざして、教義の厳格さよりも土着に密着していた
なおさら教徒は地域コミュニティとして教会に属してし、
キリスト教教義から言えば乱れていた。

673 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 19:28:45.86 0
近代につながるキリスト教の倫理は、
キリスト教そのものよりも、宗教革命後のプロテスタントの影響が強い。
中世は、初期キリスト教とは異なるものだった。

674 :637:2012/01/18(水) 19:37:39.53 0
>教会のイデオロギー闘争で語るのがナンセンス
まあ気持ちは分かるよw
文化人類学や経済史から見れば協会教義との差異はあるからね
ただ「カトリック〜」云々はキリスト教史を単純に見すぎかなと思ってねw

キリスト教教義から異端と認定された人が迫害されてた訳だし
アメリカの殖民地時代でさえも魔女狩りはあったし
犬とHしただけで処刑とかもうねww

675 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 19:38:09.45 0
キリスト教も、近代西洋思想から隠蔽されているんだよ。
ずっときちんとしてように。
ゲルマンの田舎者が入ってきて、初期の厳格さが
維持できるわけがない。

676 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 19:41:50.49 0
>>674
先にも書いたように、魔女がりは、中世の暗黒面ではなく、
(前)近代の暗黒面。
中世の地域に根ざした素朴さからはあり得ない。
近代化する中で生まれた、キリスト教を厳格化する流れの一貫。

ここに近代の隠蔽がある。
中世は野蛮、江戸時代は野蛮と。

677 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 19:45:35.41 0
魔女狩りが始まったのは12世紀
近代ではない

678 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 19:52:23.88 0
waki

魔女狩り(仏: Chasse aux sorcieres、英: Witch-hunt)は、中世末期から近代に
かけてのヨーロッパや北アメリカにおいてみられた魔女(sorcieres、Witch)や
魔術行為(Witchcraft)に対する追及と、裁判から刑罰にいたる一連の行為のこと。

かつて魔女狩りといえば「12世紀以降キリスト教会の主導によって行われ、
数百万人が犠牲になった」というように言われることが多かったが、このような
見方は1970年代以降の魔女狩りの学術的研究の進展によって修正されており、
「もともと民衆の間から起こった魔女狩りは15世紀から18世紀までにかけてみられ、
全ヨーロッパで最大4万人が処刑された」と考えられている。


江戸時代の現象と言われる一揆、村八分も
全盛は明治時代

近代化は弱者排除を生む。

679 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 20:01:46.92 0


680 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 20:08:33.17 0
近代化は、国家という富国強兵をめざす巨大な経済主体を生みだす。
少数文化を排除し、ナショナリズムによる価値統一することで、
国民を規律ある労働力、軍事力として育て、生産性を上げる。

これは単に支配者による強制的教育だけでは進めるのではない。
国民が自主的に、互いを監視し合いながら、強化していく。
人びとは素朴さから追い出されて、自己言及し、他者監視し、懐疑する。


681 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 20:14:26.03 0
>>628参照

幕末に日本にきた西洋人は日本人の素朴さに驚くが、
その西洋人も、近代化によって、中世の素朴さから
抜け出したばかりだった。

そして日本人も明治によって一瞬で素朴さから抜け出した。
規律訓練され、自己言及された人間に生まれ変わった。

いままでセックスにあけっぴろげで裸をさらしていたのに、
少しのチラリズムさえも下品であると、うるさく言い出す。
そして互いに監視しあう。

682 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 20:18:41.06 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

683 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 20:19:30.19 0
自意識じゃなくて自己言及なのか

684 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 20:20:07.83 0
自意識は自己言及から生まれる

685 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 20:23:16.06 0
私は何者だろうか。そして他者は私をどのようにみているのか。
という底なしの懐疑に、自意識は生まれる。
疑心暗鬼の他者が生まれる。

686 :637:2012/01/18(水) 20:26:51.87 0
性に関してはいいとして
中世(封建制?)=素朴さ 江戸時代
近代=プロテスタント的厳密さ(宗教改革以後の啓蒙思想?)明治時代
こういう区分けは大雑把すぎるだろw


687 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 20:27:23.47 0
>>684
ちがうね

688 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 20:31:33.71 0
先ず自己が無ければ自己言及などありえない
自意識ができてから自己言及に意味が生じる

689 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 20:32:33.42 0
>>686
まったく大雑把すぎない。
近代化がいかに世界を激変させるか知っていれば

690 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 20:33:04.78 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

691 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 20:34:50.93 0
>>688
自己が先か、自己言及が先か(笑)
自意識のない人間がいれば、キティ外だ。

あくまで強弱の話しだろう。
素朴さの程度

692 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 20:36:44.80 0
>>691
ここで自己言及なんて言い出す貴方のメロンソーダっぷりに
おどろいてんのよ

693 :637:2012/01/18(水) 20:50:07.88 0
>>689
まあねww
ただキリスト教史からみると飛ばしすぎかなっとww
宗教改革前はあなた誰?私誰?って言えば大体 教会の子で通ったからね
私はだあれ?なんて考える必要なかったし
日本だと終戦前の天皇の赤子とかかな?


694 :637:2012/01/18(水) 21:01:01.59 0
素朴さと性あっぴろげ具合について

タウンゼント・ハリス(日本滞在記著者)
「柿崎は小さくて貧寒な漁村であるが、住民の身なりはさっぱりしていて、態度は丁寧である。世界のあらゆる国で貧乏にいつも付きものになっている不潔さというものが、少しも見られない。彼らの家屋は必要なだけの清潔さを保っている。」
「それでも人びとは楽しく暮らしており、食べたいだけは食べ、着物にも困ってはいない。それに家屋は清潔で、日当たりもよくて気持ちがよい。世界のいかなる地方においても、労働者の社会で下田におけるよりもよい生活を送っているところはあるまい。」
「私はこれまで容貌に窮乏をあらわしている人間を一人も見ていない。子供たちの顔はみな満月のように丸々と肥えているし、男女ともすこぶる肉付きがよい。彼らが十分に食べていないと想像することもいささかもできない。」
ただ下田に泊まった時混浴の風呂を見て
「労働者階級は全部、男女、老若とも同じ浴室にはいり、全裸になって体を洗う。私は、何事にも間違いのない国民が、どうしてこのように品の悪いことをするのか、判断に苦しんでいる」
「(混浴の)露出こそ、神秘と困難とによって募る欲情の力を弱めるものである、と彼らは主張している」
まあ誇張はあるだろうけどねww
近世敵視 中世賛美は好きじゃないけどね

695 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 21:33:39.63 0
近代化を強調するならアメリカさんも紹介しないとさ

1776年アメリカ独立宣言から抜粋
我らは以下の諸事実を自明なものと見なす.すべての人間は平等につくられている.
創造主によって,
生存,自由そして幸福の追求を含むある侵すべからざる権利を与えられている.これらの権利を確実なものとするために,
人は政府という機関をもつ.その正当な権力は被統治者の同意に基づいている.



696 :637:2012/01/18(水) 21:34:22.40 0
1863年リンカーンのゲティスバーグ演説

八十と七年前,私たちの父祖は,この大陸に新たなる国家を打ち立てました.自由を原点として懐胎され,人はみな平等であるとの命題に捧げられた国家です.
私たちの前には大いなる責務が残されています.名誉ある戦死者たちが最後まで完全に身を捧げた大義のために,私たちも一層の献身をもってあたること.これらの戦死者たちの死を無駄にしないと高らかに決意すること.
神の導きのもと,
この国に自由の新たなる誕生をもたらすこと.そして,
人民の,人民による,人民のための政府をこの地上から絶やさないことこそが,私たちが身を捧げるべき大いなる責務なのです.


697 :637:2012/01/18(水) 21:34:47.95 0
1963年キング牧師

今から100年前に、我々が今日その像の下に立っている偉大なるアメリカ人(=リンカンー大統領)が、奴隷解放宣言に署名しました
私たちの共和国の創設者が、憲法と独立宣言の崇高なる言葉を書き記したとき、彼らはあらゆるアメリカ人が継承すべき約束手形に署名したのです。
この手形には「生命、自由および幸福追求」という「譲ることのできない権利」がすべての人(そうです白人と同様に黒人も)に保証されるだろうという約束でした。
私には夢がある、つまりいつの日か、この国が立ち上がり、「我々はすべての人々は平等に作られている事を、自明の真理と信じる」というこの国の信条を真の意味で実現させることだ。
すべての神の子が、
黒人も白人も、ユダヤ人も異邦人(非ユダヤ人)も、プロテスタントもカトリックも、すべての人々が手に手を取ってあの古い黒人霊歌を共に歌える日がより早くやって来るのだ。
「ついに自由だ、ついに自由になれた。
全能の神に感謝しよう。
ついに我々は自由になったのだ」と。

698 :637:2012/01/18(水) 21:35:25.25 0
ケネディ大統領就任演説(1961 年)こいつだけローマカトリックね

今日われわれは、政党の勝利を祝っているのではなく、
自由の祝典を執り行っている。これは、始まりと同時に終わりを象徴するものであり、変化とともに再生を意味するものである。なぜなら、私は、1 世紀と4 分の3 世紀近く前にわれわれの先達たちが定めたものと同じ荘厳な誓いの言葉を、皆さんと
全能の神の前で誓ったからである。
われわれの先達がそのために闘った同じ革命的な信念が、今も依然として世界中で争点となっている。それは、人間の権利は国家の寛大さからではなく、
神の手からもたらされる、
という信念である。
最後に、あなたが米国民であれ、世界の市民であれ、今ここにいるわれわれに対して、われわれがあなたに求めるのと同じ力と犠牲の高い基準を求めてほしい。
善良な良心を唯一の確かな報奨として、歴史をわれわれの行為に対する最後の審判として、
神の祝福と助けを求めながらも、この地球上における神の御業を真にわがものとしなければならないことを知りつつ
、われわれの愛するこの土地を導いていこうではないか。

699 :637:2012/01/18(水) 21:36:44.60 0
キリスト教を以後よろしくお願いしますww

700 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 22:42:24.93 0
>>693
キリスト教の教義そのものには興味がない。
人類史に中でキリスト教の与えた影響に興味がある
そして、重要性としては、

戦争>経済>慣習>>>強い宗教

キリスト教ってほんとうにそんなに重要なの?
近代後の今だから、重要視されているだけ
近代から振り返った西洋進歩史観の中で重視されているだけ

701 :考える名無しさん:2012/01/18(水) 22:55:08.97 0
西洋人もその職の体系とやらに目覚める可能性はあるのかな?
天皇たるものがいないが。

702 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 23:05:34.49 0
職の体系は、日本人の特殊環境によるからね。
隔離された島国、擬似的単一民族の千年以上の系譜から
生まれた。

民族が入り乱れて流動性の高い西洋人には難しいでしょ。
流動性が高い中でも、基盤と成りえるところで
キリスト教なのかもしれない。


703 :637:2012/01/18(水) 23:07:59.82 0
自分も好きじゃないよw胡散臭いもんwwwキリスト教ww
ただ科学だ論理だ思想だ何かは大学でやるじゃん
けどそれはもう全部近代以後の西洋進歩史観なわけよ
脱亜入欧 便利だから使うけどねw西暦とかさ
人類史の中でキリスト教の与えた影響に興味があるなら必要でしょ?
というか無視しすぎだなと思う訳よ
で信仰せずとも理解は出来るし、借りる事も出来るのにもったいないなぁと



704 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/18(水) 23:46:26.20 0
キリスト教史もまた近代西洋進歩史観ではないのか、ということ。

705 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 02:12:44.24 O
そらそうよ
だからって見ない訳にいかないでしょ?
その視点で
じゃあキリスト教文化で日本を説明 理解出来るかと言えばそれは無理だよね

多分あいつらは地震の時譲り合わないもん パニックになるだけw

非キリスト教文化は客観的に日本文化と言えるんじゃないかと それを考えるのは哲学としてとても魅力的だと思うの

706 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 10:17:44.00 0
ようするに、近代以前は農業などの自給自足が基本だったわけで、
すると、自然環境−労働が基本であって、そこに共同体秩序として、
宗教、慣習、道徳が一体となってある。
宗教といって独立したなにかがあるわけではなく、
自然−労働−慣習(自然宗教、道徳、慣習法)だった。

そう考えると、キリスト教という、自然、労働と切り離された強い宗教は
不思議だということだ。なぜそんなものがいるのか、それで、
自給自足生活との関係はどうなっているのか。どのように日常と
つながるのか。

似たように切り離された思想として、ギリシア哲学があるが、
ギリシアが、生活労働を奴隷にやらせて、市民は生活労働から
切り離されていたから、ギリシア哲学が生まれたと言われる。
これはその時代でもかなり特殊な状況で、現にそのあとに
ローマ帝国でも継承されなかった。

そう考えると、ある疑いが生まれる。
実は強い宗教としてのキリスト教はなかったんじゃないのか。
実は、ローマ国教化から中世の宗教はもっと、土着性と結びついた
弱い存在だったのではないか。

キリスト教が強くなるのは、近代化の過程での宗教改革からではないか。
そしてそれは近代の産業、市場によって、
自然−労働−慣習(自然宗教、道徳、慣習法)から人は自立してから。
そして現代は、、宗教改革後の強い宗教のイメージで
中世以降にも強いキリスト教があったのように語られているのではないか。

707 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 10:18:14.56 0
すなわち、キリスト教は近代に生まれた

708 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 10:41:17.13 0
基本的に史観は近代西洋フィルターがかかっていると
考えた方がよい

709 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 10:51:42.22 0
180 名前:考える名無しさん[] 投稿日:2012/01/19(木) 10:40:27.08 O
哲学スレは、論旨の明確性にかけてる。
キリスト教は、近代に生まれたとか書いてるアホがいた。
小学生以下だな。

710 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 10:52:19.49 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

711 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 11:05:22.59 0
今までの彼女ほぼ全員、腋毛生やさせてた。それで下はパイパン。どっちも女の子には不評だね。

712 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 11:06:45.81 0
あそこの毛が濃い方が脇も濃い傾向があると思うがどう?
ちなみに自分は濃い方が好き。薄いと年寄りみたいでやだ。でもあそこの毛は薄い方が好きて人もいるよね。

713 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 11:26:04.12 0
キリスト教は近代化と相性がよすぎるのが気になる
だから西洋は近代化できたというのは簡単ですが
そこにトリックがあるのでしょう



714 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 12:05:36.68 0
十把一絡げに「キリスト教」と言ってもなぁ
宗教改革も何に視点を合わせてるのか分からないし

715 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 12:40:11.58 0
買ったお

日本人の経済観念 武田春人

716 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 12:45:01.29 0
基本的に十四世紀からの経済発展など西洋の経済潮流という線を押さえないと、大局は見えないよ。
そこに点としてキリスト教的事件をのせてなにがみえるか。

717 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 12:50:49.18 0
西洋の労働というとサヨ分析で、マルクスのように労働時間に還元する。
アーレントはそこにギリシア時代の分析から、仕事、政治を高次に足すが、結局労働は下級のまま。
これが西洋の労働観なんだろう。

718 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 14:01:10.51 0
この労働観は古くは、旧約聖書でアダムとイブの楽園追放に
罰として労働するを課したことにたどれます。
すでに労働は下等なものと考えられていた。
このように労働を下等な行為とする思想はどこから来たのだろうか。

原始的な社会では、労働が生活のすべてと行って良かった。
労働は自然と密接に結びつき、共産的な分業によって各人が
なんらかの役割を担う。そこに原始宗教が宿る。
自然との対話であり、共同体の結束のための、行事である。
労働と規律慣習と宗教には明確な分離がない。

西洋では、このような原始的な社会から、
文明へと変化することで、富の偏在が起こり、
労働と切り離された支配者がうまれ、
支配者は労働から支配権と宗教を切り離して独占する。

しかしこの段階で、宗教は独立性をもつが、
糧が自然からえられることで、自然宗教だろう。

ユダヤ教は支配者の宗教ではない。
ユダヤ教は、大国の自然宗教へ対抗する宗教である。
最後に勝つのは我々だ。
そしてユダヤの一神は自然(調和)を超越し、
たった一言で世界をかえていく。対話する神である。

719 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 14:06:13.42 0
波平氏もこんなとこで仕事しないで労働しなさい。
コンビニとかガソリンスタンドとかで

720 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 14:14:26.40 0
いわば、日本人は原始的な社会のまま、大きくなった。

江戸時代に江戸は世界有数の人口都市であったが、
労働は自然と密接に結びつき、共産的な分業によって各人が
なんらかの役割を担う。そこに原始宗教が宿る。
自然との対話であり、共同体の結束のための、行事である。
労働と規律慣習と宗教には明確な分離がない。

西洋では、文明へと変化することで富の偏在は起こったが、
労働と切り離された強い支配者がうまれ、
支配者は労働から支配権と宗教を切り離して独占することがなかった。
貴族層は生まれたが、民族闘争はなく、
強い支配関係が生まれなかった。
このための強い宗教の必要とされなかった。
当然、ユダヤ教のような自然(調和)を超越する強い一神教も生まなかった。
労働と規律慣習と宗教には明確な分離がないままだった。

かわらず、もっとも重要であったのは共産的な労働であった。
各人がぞれぞれの仕事を全うする。
そして仕事関係を通じて、社会的な儀礼が組み立てられいく。

特に特徴的なものが「武士」の存在である。
武士が実質的な支配者になっても天皇から将軍職を
賜ったのは、その起源の治安維持職という職業としての武士を
継続し続けたからだ。

江戸時代においても、将軍以下武士は職業であることをやめなかった。
職と離れて、庶民を支配し、富を独占することがなかった。
治安維持に行政、政治の職が加わっても、
庶民のために職を全うすること重視し、
そして職の体系の一部として庶民との関係を尊重しつづけた。

721 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 14:21:02.25 0
■日本人の労働観


西洋人には労働は下級

西洋の労働というとサヨ分析で、マルクスのように労働時間に還元する。アーレントはそこにギ
リシア時代の分析から、仕事、政治を高次に足すが、結局労働は下級のまま。これが西洋の
労働観なんだろう。

この労働観は古くは、旧約聖書でアダムとイブの楽園追放に罰として労働するを課したことに
たどれる。すでに労働は下等なものと考えられていた。このように労働を下等な行為とする思
想はどこから来たのだろうか。

原始的な社会では、労働が生活のすべてと行って良かった。労働は自然と密接に結びつき、
共産的な分業によって各人がなんらかの役割を担う。そこに原始宗教が宿る。自然との対話で
あり、共同体の結束のための、行事である。労働と規律慣習と宗教には明確な分離がない。

西洋では、このような原始的な社会から、文明へと変化することで、富の偏在が起こり、労働と
切り離された支配者がうまれ、支配者は労働から支配権と宗教を切り離して独占する。しかし
この段階で、宗教は独立性をもつが、糧が自然からえられることで、自然宗教だろう。

ユダヤ教は支配者の宗教ではない。ユダヤ教は、大国の自然宗教へ対抗する宗教である。最
後に勝つのは我々だ。そしてユダヤの一神は自然(調和)を超越し、たった一言で世界をかえ
ていく。対話する神である。

722 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 14:21:34.84 0
日本人には労働は全ての基本である


いわば、日本人は原始的な社会のまま、大きくなった。江戸時代に江戸は世界有数の人口都
市であったが、労働は自然と密接に結びつき、共産的な分業によって各人がなんらかの役割
を担う。そこに原始宗教が宿る。自然との対話であり、共同体の結束のための、行事である。
労働と規律慣習と宗教には明確な分離がない。

西洋では、文明へと変化することで富の偏在は起こったが、労働と切り離された強い支配者が
うまれ、支配者は労働から支配権と宗教を切り離して独占することがなかった。貴族層は生ま
れたが、民族闘争はなく、強い支配関係が生まれなかった。このための強い宗教の必要とされ
なかった。当然、ユダヤ教のような自然(調和)を超越する強い一神教も生まなかった。労働と
規律慣習と宗教には明確な分離がないままだった。

かわらず、もっとも重要であったのは共産的な労働であった。各人がぞれぞれの仕事を全うす
る。そして仕事関係を通じて、社会的な儀礼が組み立てられいく。特に特徴的なものが「武士」
の存在である。武士が実質的な支配者になっても天皇から将軍職を賜ったのは、その起源の
治安維持職という職業としての武士を継続し続けたからだ。

江戸時代においても、将軍以下武士は職業であることをやめなかった。職と離れて、庶民を支
配し、富を独占することがなかった。治安維持に行政、政治の職が加わっても、庶民のために
職を全うすること重視し、そして職の体系の一部として庶民との関係を尊重しつづけた。

723 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 14:25:49.13 0
職の体系は人間関係に囲われ
悪くすれば事物化され息苦しくつらそう。
対話する超越的神もいない。

724 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 14:27:40.73 0
まあ、セックスで気を紛らわせるしかなかったのだろうか?
自然性を超越するには男色がある?

725 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 17:58:30.69 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

726 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 18:24:28.60 0
社会秩序を維持するためには、当然、個人を拘束力は働く。
暴力、法、経済、信仰、慣習、道徳など

近代自由主義社会は、法と経済を基本とするが、
これ以外を自由にすると、骨組みがむき出しすぎて、
法にふれなければいいのか、
儲かればいいのか
人間味が失われて、きびしい社会になる。
自由とはその裏面が放置、自己責任だ。
このために宗教がいまも重視される。
宗教は信仰、慣習、道徳によって救済を生む。

しかし宗教が機能しない日本ではどうするのか。
これがいまの日本の大きな問題だ。
このために求められているが、法と経済による救済だ。
すなわち国家からの社会保障費。
しかしご存じのように、このために国の借金がふくらみ続けている。
いまの困難を将来の日本人へ押しつけている。

もともと日本人で宗教にかわって機能していたのは、職の体系だ。
職の体系で働くのは、主に経済、慣習、道徳だろう。
職の体系が経済力をうみ、そして救済を生む。


727 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 18:27:47.27 0
いまの日本人の他者からの不干渉の自由は、
西洋的な責任をともなう自由ではなく、
甘えの自由でしかない。
国の借金に依存し、将来の日本人へ押しつけている。

それを、消費税アップで埋め合わせしようとしているが、
焼け石に水だ。
日本人の甘えの自由体質を改善するしかない。

728 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 18:29:35.27 0
> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ〜 :03/09/08 10:44
> >>45
> そう、無職。プーとも言うが。

729 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 18:29:46.98 0
ホモソーシャルスッドレなんだす

730 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 18:56:59.73 0
http://park11.wakwak.com/~siori/dansyoku.html

731 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 18:58:08.49 0
pikarrr! === 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY === 無能運営

732 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 19:02:26.11 0
pikarrr! === 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY === 無能運営

733 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 19:04:05.46 0
8 名前:名無しさん :12/01/16 18:24:39 ID:aXwBEWOB
なんというステマ!

9 名前:名無しさん :12/01/16 18:30:04 ID:SFOVPQdF
効いてる効いてる


734 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 19:04:55.40 0
レイプはしばしば合法だったってほんと?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question-de

735 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 19:09:53.11 0
























                                                                  うんこぷりぷり

736 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 19:11:23.12 0
キリスト教といってもほとんどか道徳則である。
それも物語による比喩として示される。
比喩とは理解するのでなく自ら読み込む行為がはいる。
この行為に神父などから先人を真似る余地が生まれる。すなわち慣習に導く。

宗教としての面は、慣習の極限で超越的に神に位置づげるとき、
あるいは死について語るときなど、極限のみである。

737 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 19:14:50.47 0
>291 名前:考える名無しさん :2012/01/19(木) 19:10:09.05 0
>円城塔は貧乏だったらしい。
>pikarrr!さんは社会人になって本が自由に買えると言ってましたね。

738 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 19:17:10.16 0
>734
『レイプ』はしばしば合法でした。
「女捕り」とか「辻どり」とか称して刑事犯の対象としているのは
被害者の女性が既婚者の場合なおかつ軽犯罪。
このように、前近代の習性は、今日の目から見れば、ある意味では
無茶とも無法とも言えるほど、はなはだオオラカなものだったのです。

739 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 19:20:16.59 0
聖書というのは多義的だけどな

740 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 19:29:56.15 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

741 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 19:46:06.78 0
ばかやろう!このやろう!

742 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 19:50:31.91 0
>>1
ちんぽーちーんぽっ!!ちんぽーちーんぽっ!!

743 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 20:03:32.47 0
【J-CASTニュース】AKB48に大変革の予感 メンバーが作詞、「Google+選抜」躍進? http://ow.ly/8yPBR

744 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 20:05:48.88 0
> 797 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/07/14(火) 21:55:45 0
>         ...-ー、,-─ 
>        .-=・=- i、-=・=-   
>             ((i))
>          .. -=ニ=-        つのがらいクリかね?
>
> 798 :考える名無しさん :2009/07/14(火) 21:57:03 0
> >>797
> もしも〜し、コテ外し忘れてますよ〜(ppp

> 888 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 22:29:04
> ぴかぁ〜がかつていっていましたが、
> 「マイフェイバリットト」から「マイブーム」へと、
> 欲望の加速化、細分化ですね。
>
> 891 :考える名無しさん:04/12/29 19:11:00
> >>888
> うわっ、888フィーバーでもろばれ自演。ぴかぁさん素敵w

745 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 20:07:05.88 0
87 :エターナルラブ ◆XDfaVt3s1. :2008/09/29(月) 17:08:22 0
ゼロ年代、結局読んでない。
なんかテレビ評論タレント本みたいだし・・・食指がわかない。

93 :考える名無しさん:2008/09/29(月) 17:15:51 0
>>87
食指がわかないって何?

98 :エターナルラブ ◆XDfaVt3s1. :2008/09/29(月) 17:21:40 0
>>93
http://www.google.co.jp/search?num=100&hl=ja&as_qdr=all&q=%22%E9%A3%9F%E6%8C%87%E3%81%8C%E3%82%8F%E3%81%8F%22&lr=

100 :考える名無しさん:2008/09/29(月) 17:24:55 0
>>98
33件ほど誤用がヒットしているようですが、それがどうかしましたかW

746 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 20:08:35.35 0
> 44 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/01/12(水) 14:59:06 0
> ここ最近、読者の質が悪いや
> 佐々木わたるんの読者評価が高いのが気に入らないと
> つぶやいているらしいが、
             
> 85 :純一 ◆QzuB1xeuck :2011/01/12(水) 18:06:48 0
> あと、俺気になったんだけど、
> 上の方で波平って『中(あたる)』を『わたる』って読んでないか?
             
> 798 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/01/14(金) 01:04:17 0
> あたるんにはまるのは必然。クオリティは別にして、
> びっくりするぐらいに思考の系譜が似ているから。
             
> 804 :考える名無しさん:2011/01/14(金) 01:07:40 0
> 何事もなかったかのようにあたるんって言ってる・・・屑だなあ

747 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 20:10:45.21 0
「食指が動く」じゃないの?


748 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 20:12:31.51 0
ギリシア哲学のストア派はローマ帝国にいたけどね
アリストテレスはアレキサンダーの家庭教師だったし
ローマ帝国でキリスト教が強く国教になったのは
聖アウグスティヌス著の「神の国」の時からかな
なんか仰々しいけど「天下布武」「天下泰平」「天下統一」みたいな感じ
その後 西ローマ滅亡・シャルルマーニ大帝の戴冠・西フランク・神聖ローマ帝国
にキリスト教は欠かせなくなってくる




749 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 20:16:07.15 0
〃●∨ヾ`がブがブルじゃらなの!?{{::|| }}ルじゃがブがブルじゃらなの!?ヽ人●.丿ルじゃががブルじゃらなの!?

750 :748:2012/01/19(木) 20:17:51.77 0
西欧(アブラハム宗教)の自然と日本の自然は随分違うからね
なんというか結構自然を敵対視するというか
日本の自然はまだ易しい感じ?
そりゃ自然科学も発展するよね

751 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 20:18:44.91 0
> 952: 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY [] 2011/06/09(木) 11:58:22.48 O
> フェラには哲学的問題が隠されていると思う。
> たかだか性器を舐めるということだ。
> 自らは正規と口をもっている。しかし自らでは舐められない。
> 他者が必ず必要だということだ。
> 他者の必要性ということでは、ラカンに囚人のジレンマという問題がある。

752 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 20:19:34.05 0
> 哲学的SEXの薦め
>
> 1 :ぴかぁ〜:02/07/04 13:16
> 男の射精や、女の絶頂が最高の性的興奮ってことはないだろう。
> そんなのただの生理的現象だよ。河馬でもやってるよ。
> 哲学好きなら、もっと高尚で興奮する性的快楽があるはずだ。
> やっぱSM系にいっちゃうのかなぁ?
>
> 妄想もOKということで。

753 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 20:21:34.53 0
> 38 :ぴかぁ〜 :03/02/17 23:11
> SELENEわしに返事くれたっていいじゃないか!
> こんなにも好きなのに 画面越しに愛を送りつづけているのに
> なんで恐いとか狂ってるとか 客観的なの
>
> 43 :ぴかぁ〜 :03/02/17 23:18
> ソフィア、マンコ舐めさせて。

754 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 20:22:25.05 0
6 : ぴかぁ〜 : 04/01/11 01:09
射精の瞬間をあの気持ちよさを表す言語を考えてください。

755 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 20:23:08.29 0
> 70 :ぴかぁ〜 :03/02/18 00:36
> ソフィアのおっぱい飲みたいからいったんわしの子をはらんで
> 乳だけ出したら堕胎しろ!わかったか!
>
> ソフィア世界で一番愛してるよ
>
> 411 名前: Я 投稿日: 04/04/07 02:41
> 童貞かどうか、試してみるかい、お嬢ちゃん。
> わしの指マンテクで天国にごしょうたい〜

756 :748:2012/01/19(木) 20:27:06.53 0
聖書が多義的というか1600年の欽定聖書が出来るまで内容にバラつきがあったからね
そりゃ解釈も色々出ちゃうでしょ
しかもアメリカに移民したピューリタンが持ってた聖書はこれと違うらしいしw
oh my GOD! と Jesus Christ!ぐらい違うもんね
南無阿弥陀仏 と 南無妙法蓮華経ぐらいの違いなんだろうけど

757 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 20:31:07.00 0
>>750

>>718に書いたように
自然を敵対視するのではなく、
大国の自然宗教への対抗、嫉妬から来てるんだろう


758 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 20:35:42.57 0
>>756
いや、同じ聖書を読んでいても神父や牧師と
信者が同じ解釈をするかなあ?
「右の頬を打たれたら左の頬を出せ」
なんて単に道徳というより挑発的なんだけど。w

759 :748:2012/01/19(木) 20:41:38.79 0
>>757
バビロン捕囚とかあったしね
>大国の自然宗教
ファラオに対するモーセの忠告?は随分酷い事するなあ思ったよw


760 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 20:42:04.53 0
ただ教会で慣習に染まっているだけではキリストから
「パリサイ人」と呼ばれそう。
「私はあなたがた兄弟を仲たがいさせるために来たのだ」というのもあるな。

761 :748:2012/01/19(木) 20:44:02.11 0
>>758
挑発とも取れるしガンジーみたいな無抵抗とも取れちゃうもんね
道徳律を書いちゃうと分かりずらいんだよね
金の斧と銀の斧みたいな話だもんw

762 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 20:44:19.44 0
自然宗教がその国にとって都合のいいものでしかないからじゃない?

763 :748:2012/01/19(木) 20:48:42.23 0
あと武士道も新渡戸稲造が書いた奴は相当キリスト教的に解釈されてると思うしw
内村鑑三と仲良しこよしだもの
別に波兵さんの考えを否定してる訳じゃないけどね

764 :748:2012/01/19(木) 20:53:38.42 0
>>760
「パリサイ人」と呼ばれるから
何かしようとかは仮言命法っぽくて好きじゃないなあ

765 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 20:56:13.27 0
>>756
それ以前に、聖書はただ物語を書いているだけで、
そこから、いなかる教えを読み込むかは、ひとそれぞれ
ということ

766 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 20:57:16.88 0
NAMIHEIの指摘はいつも勉強になるなぁ

767 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 20:58:46.00 0
答えを言わずに解釈させる。
理解でなく行為させる。
これが慣習へ導く最良の方法

768 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 20:59:29.84 0
テン年代の新しいリベラルアーツ NAMIHEI

769 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 21:00:00.98 0
>>764
いや、私はキリスト教徒ではないから
何もしないけど。
聖書のなかにキリストのそういう批判があるという・・・。

770 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 21:04:29.52 0
>>763
新渡戸稲造は欧米への留学時のコンプレックスから、
日本人の精神性だってすごいぞと
武士道を書いた。確か元文は英語だよね。

もうその辞典で、西洋思想、キリスト教への対抗、
それはまたあこがれだから、
西洋フィルターを通しての日本人像

天皇制、その精神も同様に、留学から帰った知識人が
考え出した。

もともと日本人は職の体系で慣習的につながっているだけで、
強い心理的な統一性は保っていなかった。

西洋対応のナショナリズムのために、
日本魂は作られて

この強い精神性、掟、厳格さ、集団主義、教育勅語などが、
日本人を一気に、厳格で監視しあう集団へかえた。



771 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 21:04:55.68 0
PIKARRRのブログで検索してたらこのスレに来ました。
ここにご本尊様が降臨なさてるて本当ですか?
波平って人が著名ブロガーのPIKARRRさんご本人でしょうか?


はじめまして。私いつもあなたのブログを読ませてもらっています。
このような白熱した生議論の場でお目にかかれて光栄です。
PIKARRRさんの引き出しの広さにはただただ驚かされるばかりです。
PIKARRRさんの行動範囲の広さにもただただ驚かされるばかりです。
PIKARRRさんの時間の使い方のうまさにもただただ驚かされるばかりです。
社会人なのに毎日の本ブログ、2CH、アマゾン等でのレビューの量には驚きです。


772 :748:2012/01/19(木) 21:07:29.18 0
>>765
単なる絵本集って事よねw
>>769
イエス「屏風の虎を出してみてください」ぐらいのノリだと思うよw
違うかw


773 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 21:09:04.67 0
>>767
それは教会にいく行為とかそういうこと?
なんか強引に言ってるだけじゃない?w
もっと説明して
解釈したらさっさとキリをつけることもできるのでは。

774 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 21:12:57.10 0
>>773
信仰とはなんだと思う?
理解?洗脳?

ノンノン、基本は慣習だよ。
宗教が意味のない儀礼の反復でできているのかなぜか。

775 :第四の波平:2012/01/19(木) 21:13:46.04 O
日本人ていうのは基本おかしいかなら
個というものをいくら強調しても外国でいうアイデンティティーに
日本人の精神は到達しない

776 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 21:13:58.17 0
>>772
いや、自分で考えることをなくしてしまった人への批判なんだよ。
その割りにイエスは神々とうるさいけどねw

777 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 21:15:09.96 0
ノンノン

778 :748:2012/01/19(木) 21:16:32.38 0
>>770
その辺の考えは何か違和感あるんだよねw




779 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 21:18:27.42 0
理解、納得、洗脳など心理は移ろいやすい
もっとも強いのは自転車に乗ることを覚えるような慣習
一度覚えると死ぬまで決して忘れることがない。

信仰とは慣習として体に刻むこと。
そのためには頭でなく、体を使わせること、

信仰は信じる必要はない、ただ繰り返せばいい。

780 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 21:22:57.54 0
>>774
そういう意味ではお互い様じゃないの?

781 :748:2012/01/19(木) 21:23:04.17 0
朝起きて有無を言わさず学校や会社に行くのと同じかw



782 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 21:24:23.88 0
>>779
じゃあ、強制なのかな?
聖書はじゃあ、なんだい?

783 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 21:25:39.25 0
>>781
学校の規律訓練効果が以下に強力か
誰もが行くようになって、当たり前になってしまったな

784 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 21:27:07.11 0
>>774
何がノンノンだ!馬鹿にしすぎだろう!w

785 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 21:28:25.46 0
>>782
>聖書はじゃあ、なんだい?

話しが回ってるぞ。
>>736





786 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 21:28:56.86 0
>>783
そうだね。あれはイカンね。
運動会なんて日本だけって聞いたぞ!?

787 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 21:29:18.51 0
話は違うかもしれないけど、ホメロス、ヘロドトスとトゥキディデスを読んだあとプラトン読んだらめっちゃ頭に入ってきた

788 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 21:30:36.51 0
>>785
聖書は多義的だぞ

789 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 21:31:09.26 0
>>783>>786
不都合が無ければいいんじゃない?w


790 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 21:31:18.94 0
>>786
学校の一番の効果は、日本企業に適した優秀な労働力を
社会に送り込むことだ。

791 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 21:32:43.35 0
>>788
多義的じゃないという人がどこにいる?
話しがみえん

792 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 21:33:08.20 0
>>787
プラトンの何?特に限定がないなら答えは不要

793 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 21:33:12.13 0
この齟齬を解消できるのはNAMIHEIのみとみた

794 :洋楽:2012/01/19(木) 21:34:19.71 0

  ほーっぷ

         すってーぷっ


                    じゃぁああああーんぷ! 



795 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 21:35:25.23 0
ようするに、中世など普及後は、
キリスト教はまさに学校と同じような効果を生んできたんじゃないか
ということ。

実は聖書解釈などの高尚なことは、一部のエリート僧侶だけのことで、
地域コミュニティに適した優秀な労働力を生みだす役割がメインだった。

宗教革命当たりから、必要な労働力のあり方がわかって、
軋轢が起こった。

796 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 21:36:17.56 0
のあり方がかわって、

797 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 21:37:09.85 0
そう。波平が悪い。
>>791
素朴な人w

798 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 21:40:03.41 0
>>795
エリート僧侶は悩んだだろう。
あちこち未開の国へ布教にも出たりして

799 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 21:40:42.47 0
>>792
自分が読んだのは世界の名著全集1(告白、饗宴、リュシス等)、ゴルギアス、国家、法律

それまでは、ホメロスのたとえ話がわからないとか、時代背景がわからないとかで
いちいちひっかかってた邪魔なものがなくなって、
普通に彼言いたいエッセンスをそのまま読めるようになったということ

800 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 21:40:53.57 0
あるいはアーチストもブルジョアも

801 :洋楽:2012/01/19(木) 21:41:18.17 0

     コミニュティー と ワンセット なの

                  寺子屋 もいっしょ


802 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 21:41:36.44 0
インテリも

803 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 21:42:34.80 0
>>799
ありがとう。参考にする。

804 :748:2012/01/19(木) 21:43:02.01 0
というか大学は元々神学校だからね

805 :洋楽:2012/01/19(木) 21:43:09.13 0

 ・・・・ エルダー がいて 固定概念が 築かれ

          ルールシステム が きまる


806 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 21:45:39.67 0
>>804
そういうことでなく、信者の話。

807 :洋楽:2012/01/19(木) 21:47:10.12 0

  エルダー = 権力者 じゃないの


             まぁ 長老 ってとこかな  (笑)



808 :洋楽:2012/01/19(木) 21:49:22.69 0

  ・・・・・ まぁ いまどきの 長老は

    ガキ ばっか だけどねー
        

                    生意気 の 極みっ(笑)


809 :748:2012/01/19(木) 21:50:25.96 0
>>806
教会に通う信者って事?

810 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 21:52:52.65 0
>>809
教会に通う田舎者信者に
小難しい宗教解釈などわからんよ。
でも信者であることにはかわらん。


811 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 21:55:47.02 0
>>810
田舎モンをバカにすんな!

812 :748:2012/01/19(木) 22:02:18.70 0
信者でない当時のヨーロッパ人ってあんまり考えられないのよね
行動規範の形成ってどっちかと言うと暦に合わせた祭事の方が効果大きいと思うし
教会は学校というより役所的色彩の方が強いじゃないかと
結婚式もするしさ
教会=学校はなんかねw

813 :748:2012/01/19(木) 22:12:57.12 0
聖書って新約部分が注目されがちだけどさ
重要なのは旧約部分の統治行為に関する記述
レビ記・民数記・申命記とかの方が重要なのよね
儀式の仕方とか義務と責任の所在に関してだからさ

814 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 22:15:06.63 0
>>812
そもそも、役所、学校、結婚式場・・・機能に分かれるのは近代で、
コミュニティの自治の行事として行われたわけで、
教会はその中心だった



815 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 22:16:01.75 0
>>813
なににおいて、誰にとって重要なのかだな


816 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 22:17:05.51 0
>>813
キリスト教徒にとってはどっちも重要じゃないの?
でないとユダヤ教になっちゃう。
でも新約と旧約の意味も長いことわかってなかったけど。

817 :748:2012/01/19(木) 22:28:34.41 0
新約って言うのは神との新しい契約 新しい約束だね
旧約は新約と対比で呼ばれるけど まあ建国話と行政法って感じかな

でユダヤ教徒は口伝律法は書き残してはいけないって決まりだったのよ
ラビって言う教師が教えるだけ お師匠だね

イエスのお師匠もユダヤ教のヨハネだったかな?首きられちゃったけどw
イエスというかヨシュア君はその教えを実行しちゃったのよw
それはいい事なんだけどまあ時の支配者には目障りだよねw
で使途達が色々手紙を書いてヨシア君カッケーヨシア君は預言者よりすごいメシアだと
神様と契約しなおして復活するんだと
それが手紙集の新約部分ね

818 :748:2012/01/19(木) 22:34:17.13 0
まあこんな話は止め処も無いからめんどくさいけどさ
約束(契約)によって義務や責任が生じるって考えるのはユダヤ・キリスト教の
根本的な考えなのよw(イスラムはわからないけど)
逆に武士?とかだと一々約束とかしないのよ 信用するだけ
だから契約って概念はあんまり無かったんじゃないかと



819 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 22:37:11.15 0
ウラタモリみとったやr

820 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 22:37:53.45 0
波平今夜は絶好調だな…

821 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 22:38:20.16 0
波平憑依中

822 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 22:39:02.55 0
とうとう学問の神に好かれたか…

823 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 22:40:05.78 0
>>818
だな、同じところをぐるぐる回ってる。
やっぱり慣習がなにか、って伝わらないんだな・・・

824 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 22:41:49.74 0
波平が舵取ってるとこ初めて見た

825 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 22:42:34.13 0
これが N A M I H E I  か

826 :748:2012/01/19(木) 22:46:45.84 0
あら飛ばしすぎちゃったかw

827 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 22:48:54.58 0
ようするに、西洋中世の農民と、日本の中世の農民の共同体が、
秩序維持する基本的な原理は大してかわらないだろう、ということ。
それがキリスト教をベースにしてようが
素朴な民俗宗教をベースにしてようが。

人はまず教義よりも、共同し、労働し、生活することが基本にある。
それが下部構造。

特に田舎の農民は生まれながらに気がつけば洗礼を受けて
教会に通っている。村の慣習とキリスト教教義がよい案配に
解け合って。

その案配は、必ずしも、厳格なキリスト教教義ではなく、
ローカルな感じにアレンジされている。

828 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 22:51:31.72 0
波平がGODに見える…

829 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 22:54:10.67 0
キリスト教というと、日本人は、異次元で教義知識で理解するが、
日本なら田舎の寺の坊さんを想像すればいい。
週末には、地域の年より、子供があつまって、お経を上げて、ワイワイする。
そりゃ、そのお寺の浄土真宗でも、日蓮宗でもなんでもよいが、
厳格な教義はあるだろう。

しかし住職はそんな難しい言葉ばっかり言うか?
住職もコミュニティの融和を考えて、
適当にゆるい。
キリスト教だって本質はそんなものだと言うこと。

異世界を博物館的に理解するだけではだめ、
自らの生活、慣習に併せて、日常として想像しないと。

830 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 22:57:00.42 0
中世の田舎の週末の教会を想像してみよう・・・
教育も受けていない素朴な農民が
つらい農作業を休めて、ぞろぞろ集まり
神父の説教を聞き祈る・・・

831 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 22:59:55.55 0
おそらくキリスト教が、庶民レベルで、厳格に機能していたのは、
ローマ国境化する前の初期と、宗教革命後
生活と切り離されて、宗教として純粋に独立して、求められた。

832 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 23:21:03.16 0
日本人の仏教を想像する場合と、西洋人のキリスト教を想像する場合の違い。

仏教を想像する場合には、教義の厳格さとともに、
日本人との生活感とのズレを想像することができる。
親鸞以後、浄土真宗を広めるときに、
有り難がって集まってくる庶民と、教義とのギャップに苦労したと言われる。
日本人は現世利益を求め、超越的な信仰に興味を持たない。
そのような生活の仏教を想像できる。

しかしキリスト教の場合は、西洋人ではないだけに、
生活実感として、情報不足として、想像できない。

そしてキリスト教教義や、解釈論などのレベルで理解して、
それが全てだと考えてしまう。
宗教だけでなく、日本人はいつも西洋をあこがれで理解してしまう。

西洋人ってほんとダサイ。日本人がそれだけおしゃれで洗練されているか。
でも西洋の先端ファッションと西洋の生活レベルが短絡する。


833 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 23:29:31.83 0
なんでおしゃれの話をしだしたんだろ・・・

834 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 23:37:36.97 0
俺もダサい

835 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 23:38:22.51 0
職の体系だ

社会秩序を維持するためには、当然、個人を拘束力は働く。暴力、法、経済、信仰、慣習、道
徳など。近代自由主義社会は、法と経済を基本とするが、これ以外を自由にすると、骨組みが
むき出しすぎて、法にふれなければいいのか、儲かればいいのか。

人間味が失われて、きびしい社会になる。自由とはその裏面が放置、自己責任だ。このために
宗教がいまも重視される。宗教は信仰、慣習、道徳によって救済を生む。

しかし宗教が機能しない日本ではどうするのか。これがいまの日本の大きな問題だ。このため
に求められているが、法と経済による救済だ。すなわち国家からの社会保障費。しかしご存じ
のように、このために国の借金がふくらみ続けている。いまの困難を将来の日本人へ押しつけ
ている。もともと日本人で宗教にかわって機能していたのは、職の体系だ。職の体系で働くの
は、主に経済、慣習、道徳だろう。職の体系が経済力をうみ、そして救済を生む。

いまの日本人の他者からの不干渉の自由は、西洋的な責任をともなう自由ではなく、甘えの自
由でしかない。国の借金に依存し、将来の日本人へ押しつけている。それを、消費税アップで
埋め合わせしようとしているが、焼け石に水だ。日本人の甘えの自由体質を改善するしかない。

836 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 23:39:19.31 0
信仰とはなにか

キリスト教といってもほとんどか道徳則である。それも物語による比喩として示される。比喩と
は理解するのでなく自ら読み込む行為がはいる。この行為に神父などから先人を真似る余地
が生まれる。すなわち慣習に導く。宗教としての面は、慣習の極限で超越的に神に位置づげる
とき、あるいは死について語るときなど、極限のみである。

それ以前に、聖書はただ物語を書いているだけで、そこから、いなかる教えを読み込むかは、
ひとそれぞれということ。答えを言わずに解釈させる。理解でなく行為させる。これが慣習へ導
く最良の方法。

信仰とはなんだと思う?理解?洗脳?ノンノン、基本は慣習だよ。宗教が意味のない儀礼の反
復でできているのかなぜか。理解、納得、洗脳など心理は移ろいやすい。もっとも強いのは自
転車に乗ることを覚えるような慣習。一度覚えると死ぬまで決して忘れることがない。信仰とは
慣習として体に刻むこと。そのためには頭でなく、体を使わせること。信仰は信じる必要はな
い、ただ繰り返せばいい。

学校の規律訓練効果が以下に強力か。誰もが行くようになって、当たり前になってしまったな。
学校の一番の効果は、日本企業に適した優秀な労働力を社会に送り込むことだ。ようするに、
中世など普及後は、キリスト教はまさに学校と同じような効果を生んできたんじゃないかということ。

実は聖書解釈などの高尚なことは、一部のエリート僧侶だけのことで、地域コミュニティに適し
た優秀な労働力を生みだす役割がメインだった。宗教革命当たりから、必要な労働力のあり方
がかわって軋轢が起こった。教会に通う田舎者信者に小難しい宗教解釈などわからんよ。でも
信者であることにはかわらん。

837 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 23:40:16.34 0
生活と宗教


西洋中世の農民と、日本の中世の農民の共同体が、秩序維持する基本的な原理は大してか
わらないだろう、ということ。それがキリスト教をベースにしてようが素朴な民俗宗教をベースに
してようが。人はまず教義よりも、共同し、労働し、生活することが基本にある。それが下部構造。

特に田舎の農民は生まれながらに気がつけば洗礼を受けて、教会に通っている。村の慣習と
キリスト教教義がよい案配に解け合って。その案配は、必ずしも、厳格なキリスト教教義ではな
く、ローカルな感じにアレンジされている。

キリスト教というと、日本人は、異次元で教義知識で理解するが、日本なら田舎の寺の坊さん
を想像すればいい。週末には、地域の年より、子供があつまって、お経を上げて、ワイワイす
る。そりゃ、そのお寺の浄土真宗でも、日蓮宗でもなんでもよいが、厳格な教義はあるだろう。

しかし住職はそんな難しい言葉ばっかり言うか?住職もコミュニティの融和を考えて、適当にゆ
るい。キリスト教だって本質はそんなものだと言うこと。異世界を博物館的に理解するだけでは
だめ、自らの生活、慣習に併せて、日常として想像しないと。

中世の田舎の週末の教会を想像してみよう・・・教育も受けていない素朴な農民がつらい農作
業を休めて、ぞろぞろ集まり、神父の説教を聞き祈る・・・おそらくキリスト教が、庶民レベルで、
厳格に機能していたのは、ローマ国境化する前の初期と、宗教革命後、生活と切り離されて、
宗教として純粋に独立して、求められた。

838 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/19(木) 23:41:13.78 0
異次元 西洋


日本人の仏教を想像する場合と、西洋人のキリスト教を想像する場合の違い。仏教を想像す
る場合には、教義の厳格さとともに、日本人との生活感とのズレを想像することができる。親鸞
以後、浄土真宗を広めるときに、有り難がって集まってくる庶民と、教義とのギャップに苦労した
と言われる。日本人は現世利益を求め、超越的な信仰に興味を持たない。そのような生活の
仏教を想像できる。

しかしキリスト教の場合は、西洋人ではないだけに、生活実感として、情報不足として、想像で
きない。そしてキリスト教教義や、解釈論などのレベルで理解して、それが全てだと考えてしま
う。宗教だけでなく、日本人はいつも西洋をあこがれで理解してしまう。西洋人ってほんとダサ
イ。日本人がそれだけおしゃれで洗練されているか。でも西洋の先端ファッションと西洋の生活
レベルが短絡する。

839 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 23:46:45.37 0
誰かの口真似だろう。
20年前くらいか30年前くらいから言われてる。

840 :考える名無しさん:2012/01/19(木) 23:49:47.76 0
じゃ、信仰は生活規範ね。
でもそれしかない西洋人を目の敵のように言っても。
向こうとしては付き合いにくいのだろう。

841 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 00:06:41.90 0
職の体系はわかったが
あとはよくわからない。

842 :748:2012/01/20(金) 00:20:03.81 0
西洋=異次元って言うのはいいねw
社会契約が理解できるなら神との契約も理解できると思うんだけどw
古代 神
中世 教会
宗教改革→啓蒙時代を経て
近代 社会契約ってだけ
慣習や道徳観が変わるのはしょうがないよね

843 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 00:25:10.39 0
よくわからないというより今更感だね。
で、どうするつもりってことだけど?
日本の政治思想の確立というわりには妥協点も見出せないし
これでうまくいくのかな?

844 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/20(金) 00:49:23.91 0
>>842
信仰の違いだな(笑)

ボクは社会は慣習が作る慣習主義
キミは西洋社会は契約主義が作る、日本社会は・・・???

845 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 00:51:40.62 0
形式がつくる

846 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 00:53:11.89 0
輸入文化だからね(笑)

847 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 01:23:07.46 0
ネタの金?

848 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 01:46:42.20 0
この宇宙を創造した神というのはインパクトがある。
この世のことなどどうでもいいような力がある。
聖書なんかわからんでも子供の心にしっかり残る。
誰がなんと言おうと人間の言うことだ。たいしたことじゃない。
田舎者のサムの心にもしっかり刻まれた。

849 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 01:50:17.96 0
き〜よしこのよ〜る すく〜いのみ〜こは〜

850 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/20(金) 02:00:48.46 0
日本人には宗教がないいう。
西洋人がそれはまるで間違っているようにいう。

これはまったくの転倒だ。
西洋人がいう宗教、すなわち社会規範から切り離された強い宗教が
ある方がかわっている。

本来、宗教とは、共同体の潤滑油のような補完的な存在だ。
自然環境−労働を中心に回る生活の中で、
とけ込んで包み込む。
このような弱い宗教を保たない民族はまずいない。
それが普通である。

たとえば中国の思想は儒教であるが、儒教は超越を語らない故に
宗教と考えられない。しかし儒教は本来呪術的な礼を基本としており、
弱い意味では宗教である。
弱い宗教の中から、超越性よりも現世の道徳が重視された。
これも一つのあり方だ。

再度言えば、キリスト教がその発祥から強い宗教であったことは
認めるが、普及するに従い、実働では、道徳則であり、
また自然環境−労働という生活と密接に結びついて
運営されていたと考えることがいえる。

特に中世の封建社会では、地方自治が運営され、その場その場に
土地に密着した教会と神父ががいた。
地方では人は生まれながらに洗礼をうける。



851 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/20(金) 02:05:02.13 0
多くの農民は教育を受けず、字も読めない。
そしてまだ信者を読んだことがない。
聖書の解釈は神父に依存されており、そもそも解釈は
それぞれに行える。
神父が村の道徳者であれば、その地にあったアレンジを
加えて、村の運営に役立てただろう。
そんな素朴な世界である。

今のように聖書が簡単に手に入り、
そしてキリスト教史、多様な解釈、宗派の解説書を
俯瞰できる、現代とは違う。

852 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/20(金) 02:13:09.58 0
日本人には宗教がなくておかしいという西洋とは、
近代におけるプロテスタントからの言説である。

彼らはまた、中世の弱いキリスト教を否定し、
そして黒歴史として、亡き者とする。

原点回帰し、厳しい戒律を求める彼らは、
キリスト教が最初の逆境から生まれた強さが、
継続し続けたように語る。

そして、宗教革命において、強いキリスト教が回帰したのは、
前−近代的な現象である。
中世の封建制から、人口増加、流動性の増加によって、
市場が成長し、資本主義経済が膨らみ始める都市が成長する。
中世封建的な田舎と、前近代的な都会との対立の中で、
中世カトリックに対する、個人主義的なカトリックが台頭する。

回帰した強いプロテスタントは、最初から強さの回帰と共に、
近代的新人類であった。
そして、中世にしろ、江戸時代にしろ、「田舎者」、「旧人」という
蔑視の目を保っていた。

この目が、西洋の中世であり、江戸時代人を、一気に目覚めさせた。

853 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/20(金) 02:21:19.33 0
この前−近代化の目覚めは、素朴さはかっこ悪い、という羞恥心を
強烈に植え付ける。
前近代、西洋の中世末期から近代始め、日本なら明治時代は、
回りの目を気にする羞恥心の時代と言える。

日本人は、日本人であることを恥じた。なんとかプロテスタント的
西洋人のように洗練されたいと願った。
そこに弱者、異端じゃ蔑視が生まれた。西洋の魔女狩りや、日本の恥、
村八分、世間など



854 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/20(金) 02:35:45.92 0
もうひとつ、中世末期に起こった大きな流れが、
市場経済の発達で、地方が豊かになったことでだろう。
このために、地方の教会は権力として作動し、
賄賂や金を使った贅沢が生まれる。
素朴さは成金へ転倒する。

855 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 02:46:04.90 0
せやから何や念?またはじめにもどっとるだけやないか!

856 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/20(金) 10:49:32.97 0
なぜ西洋人は日本人のように陽気になれないのか?

857 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 10:56:23.67 O
は?どこが西洋に陽気な人間がいなくて日本人は陽気なんだよ
根本から間違ってるわ。だいたい西洋の血がないお前に
そんな目でみられたくないわな。でおなしてこいやゴら

858 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/20(金) 11:15:10.20 0
聖書とは簡単にいえばマイノリティの自らがいかにメジャーに虐げられたか。
そしてそれに正義を持って対処したから最後は逆転するだろう、という物語だ。
なんと西洋人はこんな陰気な話を何前年と読み、考えてきたという。
陽気な日本人にはとてもじゃないが陰気臭くてついていけない。


859 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 12:07:14.60 0
読んできたんじゃなく慣習なんだろ?

860 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/20(金) 12:37:47.64 0
現に虐げられたマイノリテーのユダヤ人から生まれた陰気な物語は、以降の下層の人々に共感されたのだろう。
民族闘争が日常する西洋では、下層は破れた民族であり、生まれにまでつながる徹底的な格差と搾取を生む。
日本も中国という大国の周辺のマイノリティと言えるが、島国から征服された経験がなく、特殊に独自の王国を築いてきた。
また豊かな環境から農業また商業が発達した。
確かに階級性はあったか、西洋のような徹底的なものではない。
日本の天皇を中心とした縦の階級性はまた、天皇を中心とした職の体系であった。
特に武士の時代は地方にまで豊かさと自治が広がった。
さらに武士は実質支配層であるとともに天皇から授かった治安維持、政治の職業を維持した。
将軍とはセイイ大将軍職である。
農民層は場所と時期により飢饉など苦しい時期はあったが、以前に測量された土地面積に合わせた年貢を収めれば努力代は懐に入る。
また自治はみずかにまかされ、自由で陽気であった。

861 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 12:46:29.68 0
切腹する日本人もなあ
陰気くさくてついていけんわ

862 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 12:50:05.23 0
自由で陽気であった。←皆目内容が見えない。

863 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 12:53:27.56 0
ネチネチと西洋人を貶めて愉しいか?
波塀の性格が陰気臭いでいかんわ
キリッと批判しろ。キリッと。

864 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/20(金) 12:58:08.36 0
日本人が陰気ななったのは近代西洋化からだろう。
国民一致の規律体制、場所、時間を拘束する機械労働、またキリスト教的禁欲倫理の導入。
さらに西洋価値の美化によるコンプレックスである。単に拘束するのではなく、西洋化しなければ世間の恥で排除される。
勤勉、集団主義、恥の文化、大和魂、西洋のまねがうまいなど日本の陰なイメージはこの時に生まれた。
金がたまれば仕事をしない、かってきままに自由に働き、家の奥まで筒抜けで裸を気にせず、セックスを楽しむ陽気な日本人は失われた。

865 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/20(金) 13:03:10.32 0
対して、西洋人の明るいイメージは、一つには日本人を下級に見る優越感から生まれた。
もう1つはアメリカ人のイメージである。アメリカ人の陽気さは新大陸という開放性からくる。
ある意味で、アメリカ大陸は大国コンプレックスのキリスト教徒の約束の地なのかもしれない。

866 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 13:03:18.70 0
金がたまれば仕事をしないはアジアの国々には見られる現象
らしいけど。
「源氏物語」がそんなに陽気で明るいか?

867 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/20(金) 13:17:02.69 0
対西洋人に対して、日本人の抑圧された陰気さはいまも継続している。
中国、韓国などアジア人に対して、特別日本人は陰気であるとは考えない。

しかい一方で日本人の陽気さはいまも生き残っている。
1つは子供、若者である。キリスト教圏では厳しく躾けられる子どもは、日本では自由奔放だ。
日本人にはいまも職の体系の文化が継承されており、大人になるとは職をえることを意味する。
このために就職するまでは寛容で、子供、若者は甘やかされて奔放である。
たとえば日本の女子高生、男子大学生を西洋と比較すればよくわかる。
このために、日本文化を先導するのは彼らである。かわいい、オタクなど日本独特の陽気な文化を創出しつづけている。
また彼らの文化が性に開放的であるのも特徴である。
オタク文化が西洋から圧力で規制されようとしたり、最近ではAKBについて、秋元PがCNNから性倫理的に叩かれた。
キリスト教的禁欲倫理からは許されないのだろう。

868 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/20(金) 13:29:42.22 0
日本の職の体系は、西洋化によりさらに厳しくなっている。
仕事につかなければ一人前ではない。
企業への高い忠誠心を求めらる。
就職すれば趣向から人間性まで一変する。
男が働かなければならない。
男は草食系であってはならない。

869 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/20(金) 13:34:50.97 0
日本人のアメリカ人好きは本来の陽気さと共鳴するのかもしれない。


なぜ日本人は西洋人のように陰気になってしまったのか

870 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 13:36:25.87 0
日本人をただ陽気にしたくて仕方ないらしいな。
「かぐや姫」がそんなに陽気か?

871 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/20(金) 13:38:01.11 0
>>866

源氏物語のようなエログロ小説を国民文学として誇る民族は日本人だけ!

872 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 13:41:07.61 0
アメリカ人の陽気さは疲れるんだが

873 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 13:44:34.47 0
>>871
それを書いた日本人ってなんだい?

874 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 13:46:04.50 0
AKBのことがシャクにさわったらしい

875 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 13:52:59.19 0
>>871
それが陽気で明るいのかい?

そういえば硯に向かいてよしなしごとを書き綴れば
あやしうこそものぐるほしけれ、というのもあるけど。
「徒然草」だっけ。隠遁するやつ

876 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/20(金) 14:09:50.54 0
一方で若者のセックスレスが問題になっている。性情報に寛容な一方で、ナイーブにキリスト教的純愛物語に深く傾倒している。

877 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 14:15:53.21 0
俺は純愛に飽きた


878 :洋楽:2012/01/20(金) 14:16:08.39 0

 ・・・・・ いいや 誘導

               にゅーず・うぃーくりー(笑)


879 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2012/01/20(金) 14:38:06.15 0
買ったお

西洋中世の男と女 聖性の呪縛の下で 阿部勤也 ちくま学芸文庫

880 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 14:44:16.80 0
お買いになりましたか?

881 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 14:45:06.60 0
教祖様が御本をお買いになられたぞー

882 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 14:45:44.86 0
おお!

883 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 14:46:39.89 0
教祖様バンザーイ バンザーイ おめでと〜!

884 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:10:43.38 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

885 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:12:25.68 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

886 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:12:51.20 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

887 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:13:29.85 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

888 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:14:09.02 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

889 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:14:16.37 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

890 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:15:12.78 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

891 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:15:26.73 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

892 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:16:11.13 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

893 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:16:45.61 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

894 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:17:06.61 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

895 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:17:38.82 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

896 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:17:58.25 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

897 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:18:31.49 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

898 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:19:01.52 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

899 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:19:30.36 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

900 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:21:16.69 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

901 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:21:38.22 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

902 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:21:48.95 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

903 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:22:34.05 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

904 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:22:42.68 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

905 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:22:57.94 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

906 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:23:13.39 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

907 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:23:32.00 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

908 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:24:03.20 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

909 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:24:04.55 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

910 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:24:47.83 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

911 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:25:03.97 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

912 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:25:33.85 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

913 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:25:38.13 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

914 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:26:42.65 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

915 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:26:51.62 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

916 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:27:25.41 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

917 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:27:28.35 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

918 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:28:12.02 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

919 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:28:16.10 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

920 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:28:52.93 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

921 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:29:14.55 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

922 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:29:38.57 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

923 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:30:55.89 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

924 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:32:06.96 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

925 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:32:08.42 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

926 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:32:50.63 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

927 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:34:06.83 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

928 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:34:50.77 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

929 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:35:43.39 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

930 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:35:55.56 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

931 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:36:10.71 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

932 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:39:52.25 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

933 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:40:47.60 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

934 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:41:31.39 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

935 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:42:37.60 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

936 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:43:59.08 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

937 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:44:57.75 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

938 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:45:36.22 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

939 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:46:34.99 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

940 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:47:40.23 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

941 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:47:53.96 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

942 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:48:17.32 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

943 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:49:10.69 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

944 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:49:47.68 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

945 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:50:32.52 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

946 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:50:56.09 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

947 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:51:51.64 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

948 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:52:17.13 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

949 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:53:05.74 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

950 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:53:35.72 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

951 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:54:18.46 0

日本人をただ陽気にしたくて仕方ないらしいな。

952 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:54:35.06 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

953 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:55:18.69 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

954 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:55:45.87 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

955 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:57:22.91 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

956 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:58:41.67 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

957 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 18:59:56.05 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

958 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:00:34.82 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

959 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:01:15.61 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

960 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:01:39.04 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

961 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:02:06.15 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

962 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:02:17.30 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。


963 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:02:43.43 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。


964 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:03:06.58 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

965 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:03:10.38 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。


966 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:04:04.03 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。


967 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:04:06.89 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

968 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:04:31.12 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。


969 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:05:17.85 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

970 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:05:44.82 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。


971 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:06:28.32 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。


972 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:06:52.03 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

973 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:07:19.33 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。


974 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:08:04.92 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

975 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:08:23.29 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。


976 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:09:45.02 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。


977 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:09:53.53 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

978 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:10:29.63 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。


979 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:10:35.79 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

980 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:11:02.39 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。


981 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:11:21.73 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

982 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:11:45.99 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。


983 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:12:31.18 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

984 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:12:35.30 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。


985 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:13:20.52 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

986 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:14:12.47 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。


987 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:14:20.52 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

988 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:16:43.65 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。


989 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:16:58.12 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

990 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:17:04.29 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。


991 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:17:57.76 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

992 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:17:58.19 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。


993 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:18:40.06 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

994 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:18:43.36 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。


995 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:19:20.40 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

996 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:19:29.37 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。


997 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:20:38.01 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。


998 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:20:53.75 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

999 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:21:39.92 0
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。


1000 :考える名無しさん:2012/01/20(金) 19:21:57.58 P
> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

367 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)