5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

柄谷行人を解体する47

1 :ただっしー:2013/09/05(木) 17:50:36.93 0
2013 柄谷行人「二つの遊動性」 文學界
2013 Kojin Karatani "Nation and Aesthetics"
2013 Kojin Karatani "On the Structure of World History"
2013/11/23 柄谷行人・金子勝・國分功一郎・堤未果・丸川哲史「資本主義と国家の未来」 明治大学
2013/10/18 柄谷行人・平野貞夫「エーゲ海沿岸都市イオニアにおけるイソノミア(無支配)という思想」
       国際縄文学協会事務所
2013/9/20 小林敏明・柄谷行人「ドイツから/と日本思想を考える」 東京大学
2013/9 柄谷行人『柳田国男論』 インスクリプト
2013/9 柄谷行人「中国で読む「世界史の構造」 第五回 亜周辺としての日本(上)」 現代思想9月号

反原発デモと《政治》と柄谷行人
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1316333994/

2 :考える名無しさん:2013/09/06(金) 05:40:29.99 0
45 :右や左の名無し様:2013/09/05(木) 17:45:42.52 ID:Y28GvuBB
【資本主義と国家の未来】2013年11月23日
03-3296-4423 https://academy.meiji.jp
明治大学駿河台アカデミーコモン
柄谷行人
金子勝
國分功一郎
堤未果
丸川哲史
https://academy.meiji.jp/course/detail/1340/

3 :考える名無しさん:2013/09/06(金) 17:50:37.35 0
https://twitter.com/a_kitada/status/372293267305426944
北田暁大
‏@a_kitada
【告知】9月20日18:30〜東大福武ホールにて、今年度でライプツィヒ大を
退官される小林敏明氏の講演「 ドイツから/と日本思想を考える」を
基調としたシンポを行います。コメンテータとして柄谷行人氏に
お越しいただきます。詳しくはhttp://d.hatena.ne.jp/gyodaikt/20130827 …をご覧下さい
2013年8月27日 - 18:43

4 :考える名無しさん:2013/09/07(土) 19:32:53.67 0
文學界
‏@Bungakukai
【文學界10月号・批評】柄谷行人氏は40年前、「マルクスその可能性の中心」
と同時期に「柳田国男試論」を雑誌連載していた。
氏の批評の原点の一つ・柳田を今日ふたたび、その可能性の中心において
読む。それが「遊動論 山人と柳田国男(前篇)」である。
驚きと知的興奮に満ちた最新の批評。
2013年9月6日 - 21:49

5 :考える名無しさん:2013/09/08(日) 17:55:35.56 0
中森明夫
‏@a_i_jp
今、売れっ子の若手論壇人たちがみな社会学系の刻印を帯びてるのは、
90年代以後の宮台真司の圧倒的な影響力だね(古市や開沼が東大大学院で
上野千鶴子に「マスコミの売り込み方」を教えてもらったとはいえw)。
柄谷行人・浅田彰・蓮實重彦らニューアカ「批評空間」一派を宮台真司は完全粉砕した
2013年9月7日 - 22:52

6 :考える名無しさん:2013/09/09(月) 18:58:56.48 0
山口二郎
‏@260yamaguchi
ちょっと気が早いですが、来年3月、北大を離れるにあたっての記念イベント、
フォーラム時計台最終シリーズを開くことにしました。札幌時計台ホールで、
3月6日、水野和夫さん、7日、柄谷行人さん、佐藤優さんをお迎えして、
未来を論じます。中島岳志君もいずれかに参加する予定。お楽しみに
2013年9月9日 - 12:49

7 :考える名無しさん:2013/09/10(火) 14:46:01.01 0
批評=間テキスト性

8 :考える名無しさん:2013/09/11(水) 06:14:04.95 0
いとうせいこう
‏@seikoito
きたー! 「文學界」今号、柄谷さんの柳田論前編。すかさず引きちぎった。遊動しながら何度も読めるように! pic.twitter.com/yh9AopLa4C
2013年9月10日 - 14:34

9 :考える名無しさん:2013/09/12(木) 20:52:59.46 0
44 :右や左の名無し様:2013/09/05(木) 12:35:18.65 ID:???
柄谷行人「中国で読む『世界史の構造』」
雑誌「現代思想」青土社 2013年5月号〜連載:メモ
 ___________
|B   D|     |
|     |  A  |
|C    |     |
|_____@_____|
|     |     |
|     |     |
|     |     |
|_____|_____|

著者が2012年9月から2カ月間にわたって中国の研究機関(中国の友人に頼まれ
北京清華大学及び、北京哲学会、中央民族大学、社会科学院、上海大学)で
『世界史の構造』の詳細な解説を行った記録。

 5月号 第一回「『世界史の構造』について」
 6月号 第二回「世界史における定住革命」
 7月号 第三回「専制国家と帝国」
 8月号 第四回「東アジアの帝国」
 9月号 第五回「亜周辺としての日本(上)」

《世界史の構造》日本語版(目次) 2010年6月24日
http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0236930/top.html
《世界史的?造》大陸版(目次)  2012年9月
http://book.douban.com/subject/19897923/
《???? ??》韓国語版(目次) 2012年12月28日
http://www.aladin.co.kr/shop/wproduct.aspx?ISBN=8991706592
《世界史的結構》台湾版(目次)  2013年1月29日
http://www.psygarden.com.tw/book.php?func=visit&bookid=MjAxMzAxMjIxODMzMDA=

10 :考える名無しさん:2013/09/13(金) 17:24:15.34 0
柳田国男と靖国神社(柄谷行人「遊動論−山人と柳田国男(前篇)」:メモ)
http://yojiseki.exblog.jp/18599996/

11 :考える名無しさん:2013/09/15(日) 12:20:01.51 0
増山 麗奈
TBSに電話して「どうして罪を犯したみのもんたが辞めないで、暴力の被害者の吉田アナが降板
させれなきゃいけないんだ。あなたの会社の倫理観はどうなっているんだ」と訴えてみました。
消費者センターの電話はいつもつながらないので(おそらく私みたいな電話がいっぱいかかってきてる
と思われる)代表番号に電話した。腐ったメディア体質を変えさせるいいチャンスだ。
代表電話もこのことで電話が続くと社内でもますます問題が大きくなっているととらえられるから
代表にかけちゃってもいいと思うよ、

母ちゃんはな、この世界を腐ったまま次世代に渡すわけにはいかないんだ。
例えば娘たちが芸能の世界に興味を持ったとする。でもみのみたいな腐ったおじさんがいるから
ってあきらめたりきれいな心を汚させたりするわけにはいかないんだ。
一歩も譲らないぞ!

TBS代表 03−3746−1111
視聴者センター 03−3746−6666

12 :考える名無しさん:2013/09/15(日) 12:21:13.03 0
>>11
間テキスト性

13 :考える名無しさん:2013/09/15(日) 21:09:41.89 0
●例えば、黒人奴隷に対して非道の限りを尽くす人物が、立場が逆転して、黒人から鞭打たれあっさり無残
に殺される時、どうしたってスカッとした気持ちというか、溜飲が下がるという感情が起動する。しかしその
一瞬後に、自分が「スカッとする気持ちをもってしまった」という事実に対して、そこでスカッとしたことの痛快さ
よりもずっと深く落ち込むことになる。あるいはラストのヒロインの「してやったり」的な表情を見て「魅力的だ」
と感じてしまう---そういう感情に共振してしまう---自分に対して絶望的な気持ちになる。この作品は、
我々がこの作品を観て「痛快だ」と思う感情が働いてしまう限り、我々の世界はこの作品が描くようなもの
から決して離脱できないのではないか、という呪いを示しているように思われる。そういう意味で、映画に責め
立てられているような気持ちで観ていた。

14 :考える名無しさん:2013/09/16(月) 15:01:11.60 0
ルソー「人間不平等起源論」の母親と子供の議論は柄谷行人「探究」の教える立場を思い出す。柄谷も親子の事を言っていたのかもしれない
http://blog.livedoor.jp/makorin2001/archives/51981640.html

2011年3月12日、長池講義の休憩で「福島原発がメルトダウンしたそうです!」

15 :考える名無しさん:2013/09/18(水) 07:44:42.98 0
ドイツの哲学者イマヌエル・カントの功績について、ロシア人2人が語り合っていたところ、
議論が白熱しすぎたあまり、一方の男性が拳銃で相手の男性の頭を撃つという事件が起きた。
地元警察が16日、ウェブ上で発表した。  

警察によれば、この事件は15日の深夜、ロシア南部のロストフオンドンで、
露店で酒を買おうと列に並んでいた初対面の男性2人が会話を始めたことが
きっかけとなった。この2人が18世紀の偉大な哲学者カントの著作と功績をめぐって
口論を始め、どちらが彼のより熱烈な支持者であるのかを決めようとしたという。  

かつてケーニヒスベルクと呼ばれていた、ロシア最西端の領地カリーニングラード出身である
この哲学者の崇拝者たちは、酒に酔っていたこともあり、口論は殴り合いへとエスカレート。
そうしてポケットから拳銃を抜き出した26歳の男性は、相手を数回撃って逃亡したが、
その後警察によって拘束され、傷害罪で起訴された。  
一方、被害者となった28歳の男性は、
頭に銃創を負って入院したが、命に別条はないという。

http://dot.asahi.com/world/fringe/2013091700008.html

16 :A&B:2013/09/22(日) 01:21:54.94 0
2008年前半に2ch誌上で展開された柄谷行人の根底的読解スレッド「アンチ
柄谷行人」がログ速にアクセスして簡単に読めます。NAM問題をどうみるか、
柄谷の思想的類縁、思想的核心を抉るスレッド。以下にURLがあります。

「アンチ柄谷行人」
http://www.logsoku.com/r/philo/1198773669/

17 :考える名無しさん:2013/09/22(日) 13:10:39.36 P
東京大学であったライプチィヒ大学の小林敏明教授の退官記念講演会に行ってきた。
おもしろい話が聞かれてとても有意義だった。柄谷行人さんによると、小林さんは
廣松渉と木村敏の影響を強く受けているとのこと。小林さんがドイツ語に翻訳しづ
らいのは、吉本隆明と山口昌男、それに柳田国男だと言っていた...

18 :考える名無しさん:2013/09/22(日) 13:27:29.16 0
腸内視鏡のため丸一日病院。便垂れ流したあげく、太陽肛門スパパーン。終了後、
モヤシそば、サンドイッチ、葡萄、シュークリーム、大福、エビ満月とジャンクフードを脈絡なくバカ食い。
美味い!同検査の70才程の認知症女性には、娘夫婦一日付き添い。これまでの(これからの)苦労思う。

19 :考える名無しさん:2013/09/22(日) 16:39:42.93 0
kakuta mitsuyo ‏@Kakutamitsuyo 17時間
柄谷行人先生とのんでます。柄谷先生は野間新人賞をくださったかた。 pic.twitter.com/2Ykarbfgkq

北田暁大 ‏@a_kitada 9月21日
小林シンポからの帰還。ご来場いただいたみなさま、小林先生、
(小林先生の)友情出演を快くお引き受けいただいた柄谷行人氏、
シンポの準備・進行に多大なご助力をいただいた院生のみなさん、
端っこに隠れているわたしをしっかりと見守ってくださっていた
さかいさんに心より感謝申し上げます。

adumy ‏@a_kbysh 17時間
結局、福武H(小林敏明×柄谷行人、以下も敬称略)にかなりの遅れで到着。
うかがった部分について記録しておけば、小林が影響を受けた廣松渉と
木村敏の基底には、西田幾多郎がいるという、柄谷の指摘(ハイデガーにも
言及。詳細は退官記念論集に)。

20 :考える名無しさん:2013/09/23(月) 18:18:41.07 0
柄谷行人は結局、ジャーナリスティックな人(新しい哲学史を語る)なのか

21 :考える名無しさん:2013/09/25(水) 16:15:03.83 P
マルクスもジャーナリストだったし
プルードンも新聞を出していた
柄谷も編集責任者だったし今も新聞書評を軽くは考えていない

ただ柄谷本人は自分は評論家ではなく小説家を育てたと考えているらしい

>@Kakutamitsuyo
>柄谷行人先生とのんでます。柄谷先生は野間新人賞をくださったかた。
> http://twitter.com/Kakutamitsuyo/status/381425879672320000/photo/1
>11:33 PM Sep 21st

22 :考える名無しさん:2013/09/25(水) 17:39:17.05 0
ディオゲネス・ラエルティオス「ギリシア哲学者列伝」も
噂話ばかりですよね

マルクスはスガ秀実の文体に近いのかな

「新しい柳田国男像」をアツく語るのはどうかと思ったが
戦後のハイデガーとデリダの言動の話は面白いと思う

2013年09月08日 19:57
ただ、長池講義で村井紀の柳田論を批判して
「実際の柳田はこの説と違って…である」という論法は批評だと思いました。
柄谷氏は最近、自身が批評家である事を否定していますが。

9月22日
20日、柄谷行人の「ナチに協力したハイデガーが戦後、再評価されたのは
「ヒューマニズムについて」をフランス語で発表したから。
デリダもユダヤ人だったから、ハイデガーを使う事が出来た。
解体も脱構築も同じですよ」という発言が印象的だった。

23 :考える名無しさん:2013/09/25(水) 21:46:10.33 0
>柄谷行人の「ナチに協力したハイデガーが戦後、再評価されたのは 「ヒュー
マニズムについて」をフランス語で発表したから。デリダもユダヤ人だった
から、ハイデガーを使う事が出来た。解体も脱構築も同じですよ」という発
言が印象的だった。

 それは、柄谷お得意の政治的視点なんでね。またか、という感じしかないね
。いまだにこういう話ししてるのか、こいつは、という。柄谷の本はいくつか
読んでるし、認めてるところもある人間だけど、こういう話はあんまり意味な
いと思いますね。デリダもハイデガーも柄谷が言うほどちゃちではない。「
ヒューマニズム書簡」もデリダがハイデガーを論じることも、柄谷が指摘
するような政治 politics とはほとんど関係ないとみていい。どっかの
ゴシップ誌みたいな話でデリダやハイデガーをまとめるというのは感心しな
いね。それが柄谷の批評、というのもスガや柄谷の政治に汚染された人間
の言い草にしか見えない。

24 :考える名無しさん:2013/09/25(水) 21:49:23.93 0
関係ない、俺が関係ないというから関係ない
何の理論的な裏付けもない無駄なつぶやき

25 :考える名無しさん:2013/09/25(水) 23:26:09.86 P
柄谷が先日ハイデガーに言及したのは西田哲学を復活させ受け継いだのが
(ジャンルの違う)木村敏と広松渉だということを言うため

精神哲学とマルクス主義が西田を復活させた
ラカンとアルチュセールがハイデガーを活かしたように

構造的に似ている、と言うのだ

26 :考える名無しさん:2013/09/26(木) 01:53:17.04 0
そもそも広松渉や西田の仕事を小馬鹿にしてたのが柄谷だし、それは
90年代の『批評空間』座談会を丹念に読まなくても流し読みしてれば
分かる話しだぞ。なんで柄谷が西田や広松を今頃云々するのかがよくわ
からんな。結局マルクス主義や近代哲学やらが現代の若者にそっぽを
向かれてきたことからくる政策的議論しか思い浮かばないな。あと、
ハイデガーに柄谷が言及する理由もないはずだ。ハイデガーがいう
本来性は民族であり共同存在だと『トランスクリティーク』で決めつけ
それはハイデガーにおける単独性や自立性の概念を捨象した苦笑的
批評なわけだが。同じことを『坂口安吾と中上健次』でも繰り返して
る。

27 :考える名無しさん:2013/09/26(木) 02:16:01.78 0
左翼が右翼に反転する(西田幾多郎、廣松渉)と
言ってたのは小林敏明でしたか

28 :xeo ◆topaTViseQ :2013/09/26(木) 02:40:24.69 0
今月の文学界だっけ? 柄谷が柳田国男について書いてたの。

まだ読んでないけど、柳田を肯定的に語ってたのか、否定的に
語ってたのか。 わざわざ今、柳田について語るくらいだから
肯定的に語る以外の語り方はなさそうに思えるが。

29 :考える名無しさん:2013/09/26(木) 06:03:52.15 P
小林敏明が名古屋学派として唯一西田の可能性を受け継いでいるということらしい
柳田の可能性を(=コモンズ)を受け継いでいるのが宇沢弘文しかいないとされるように

ちなみに名古屋学派には小林敏明しかいないそうだ
というか名古屋学派など実はない
柄谷が勝手につくった

30 :考える名無しさん:2013/09/26(木) 06:15:52.56 P
かつての佐藤優との対談では
ナチにコミットしたハイデガーと
NAMに関わった柄谷自身とが併置された
一種のギャグとしてだが

31 :訂正:2013/09/26(木) 22:12:10.38 P
佐藤優→福田和也

32 :考える名無しさん:2013/09/28(土) 16:13:03.08 0
リリー・フランキーが実は今最強という話

33 :xeo ◆topaTViseQ :2013/09/28(土) 16:16:46.63 0
柄谷の柳田論よんだけど〜さすがに単純な肯定はやってないね。
柳田を徹底的に政治的敗北をした者と描くことで、単純な肯定を
回避してるね。

柄谷はいぜんに農業について書かれた雑誌の特集で執筆
してたとおもうが、これはその続きだね。農業改革論者としての
柳田を評価する見方だな。

34 :xeo ◆topaTViseQ :2013/09/28(土) 16:32:23.25 0
最近の柄谷って農業に関心があるみたい。

35 :考える名無しさん:2013/09/28(土) 22:55:31.43 0
國分功一郎を今捉えている情念は現実には狂気だと思う

36 :考える名無しさん:2013/09/28(土) 22:56:07.12 0
みんなが國分化したらリニアモーターカー作られへんよ

37 :考える名無しさん:2013/09/28(土) 22:56:56.23 0
東京オリンピックも無理(だった過去の)

38 :考える名無しさん:2013/09/29(日) 17:06:16.43 0
ある種の無責任性に確実に彼は突入してる

39 :◇日本学者として日、米、世界見直す:2013/09/29(日) 17:33:52.47 0
ジョン・W・ダワー著『忘却のしかた、記憶のしかた 日本、アメリカ、戦争』

  本書は、著者の主要な仕事のエッセンスを、自身による解題を付して、年代順に配列したものである。
「ダワー入門」と呼んでもよい本だ。内容的にいえば、マッカーシズムの時期に自殺に追い込まれた
カナダの日本学者E・H・ノーマンについての論考から始まり、イラク戦争に際して米国当局が、
かつて“成功”した日本占領の体験をモデルにしようとしたことに対する痛烈な批判にいたる。

 著者の『敗北を抱きしめて』は、占領下の日本社会について包括的に書かれた最良の書である。
この本は米国でピュリツァー賞を受けたが、イラク戦争で日本占領経験を引き合いに出した当局
がこれを読んだはずがない。著者の考えでは、イラクは日本と似ていない。むしろ、国連に反して
単独で中東に攻め入った米国こそ、満州事変から十五年戦争の泥沼に入っていった日本に似ている。
一方、この本は日本でよく読まれたと聞いているが、近年の状況を見ると、広範に読まれたとはとうてい
思えない。政治家や官僚がこれを読んでいないことは、確実である。

 日本人は戦時の侵略と残虐行為をみとめることができずにいる、という見方が米国でも広がっている。
しかし、著者は、米国で原爆投下に関する展示が中止されたとき、それに抗議し、アメリカ人が
日本人の「歴史的忘却」を非難する資格はない、という。米国が原爆投下に関して、それを残虐行為として
みとめたことは一度もない。さらに、日本で戦争責任の問題があいまいにされるようになった原因は、
そもそも、政治的な理由から、天皇の責任を不問に付した米国の占領政策にある。最も責任のある者
が責任を免除されたのだから、責任という語は空疎となるほかない。

40 :考える名無しさん:2013/09/29(日) 17:34:33.17 0
 著者は、日本人が戦争に対して強い被害者意識をもつが、加害者としての意識をもたないという心理を
分析している。しかし、これも戦後一貫してそうであったかのように考えるなら、自他ともに誤解を与えるだろう。
著者の指摘によれば、1994年の調査で、質問された日本人の80%が、政府は「日本が侵略、植民地化した
国々の人に、十分な償いをしていない」という意見に同意した。以来、支配層は、このような世論を変えるように
操作してきたのである。特に、2012年以後にその策動が強まった。

 本書では、日本を見ることが直ちに米国を、そして世界を見直すことになる。このような日本学者は数少ない。
その中の一人、ノーマンについての論考を冒頭においた本書は、著者自身が歴史家としてそのような姿勢を
貫徹してきたことを、見事に示している。

 〈評〉柄谷行人(哲学者)

41 :考える名無しさん:2013/09/29(日) 17:41:14.22 0
Empire and Aftermath(『吉田茂とその時代』)では、従来論じられることが多かった
「リベラルな自由主義者」としての吉田茂像に対して、保守主義者・帝国主義者
としての吉田の側面を強く押し出した解釈を提起した。

War without Mercy(『容赦なき戦争』)では、従来の太平洋戦争研究で十分に論じられ
てこなかった日米の人種観に焦点を当て、戦争が苛烈になった一因を日米両国
の有していた相手国への選民意識・蔑視意識にみとめる解釈を示した。

Embracing DeDefeat:Japan in the Wake of World War II (『敗北を抱きしめて』)では、
終戦直後の日本にスポットを当て、政治家や高級官僚から文化人、数々の一般庶民
にいたるまであらゆる層を対象として取りあげ、日本に民主主義が定着する過程を
日米両者の視点に立って描き出した。 この作品はピュリツァー賞を受賞すると共に、
日本でも岩波書店から「敗北を抱きしめて」の題で出版され、ベストセラーになった。


受賞歴
Embracing Defeat. でピュリツァー賞、バンクロフト賞、
第50回全米図書賞(ノンフィクション部門)、
第1回大佛次郎論壇賞特別賞を受賞。

42 :考える名無しさん:2013/09/30(月) 15:32:53.06 P
https://www.facebook.com/hiroshi.nagare.1
 『現代思想』連載の柄谷行人氏の「連載――中国で読む「世界史の構造」 最終回 亜周辺としての
日本(下)」を読んだ。
 すごいね。やはり柄谷行人氏はただものではない。あまり噛み合わなかったけども、日本資本主義論
争はかなり重要な論点を含む論争だった。それを戦前に労農派と講座派でやっていたというのは誇るべ
きことなんだけど、なんだか、決着つかないまま、今日まできているのに、この国の知識人というの
は、次々と外国で流行るやつを輸入するばかりで、これに決着つけようとしっかりと考え尽くさないま
まにしている。日本で歴史認識のことを考えるには、この論争の評価抜きではすまされないというぐら
い重要だと思うけど、柄谷氏はそれをしようとしている。
 あの論争の大きなポイントの一つは、江戸時代をどう捉えるかという点にあった。講座派は、石母田
正もそうだったけど、要するに、封建制と捉え、労農派は、いろいろあるけど、やはり主要には絶対主
義と捉えた。柄谷氏は、それを中国的封建制と実質的な商人支配、武士の名分と実態としての官僚化
(文官化)というのを、「中心」(中華世界)でも「周辺」でもない「亜周辺」の独特の形ととらえた
わけだ。徳川体制を継続するために、権威は京都の朝廷にまかせ、武士は事実上文官という矛盾した官
僚制、科挙による官僚制は、一応世襲ではなかった。実質的に世襲化したのもあったらしいが。しか
し、日本の武士は世襲身分である。徳川幕府は、中央集権ー郡県制を実現できる力があったのにそうし
ないで、封建制を維持しつつも、参勤交代などで各藩主の力を弱めた。こうして、江戸時代は封建制で
も中央集権制でもない、そのどちらもありどちらでもないという独特の体制になった。労農派と講座派
は、どっちかしかないと決めつけて決着のつかない議論をやってきたが、柄谷氏は、それを、少なくと
も、わかりやすく整理はしている。これだけでもすごいことだ。

43 :考える名無しさん:2013/10/01(火) 11:40:43.33 0
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アナルファック

44 :考える名無しさん:2013/10/01(火) 20:56:31.37 0
浅田彰や柄谷行人って消えたな http://2chleader-morningcoffee.info/thread/9285

浅田彰は批評空間の編集後記でソーカル事件に言及してましたね

45 :考える名無しさん:2013/10/01(火) 22:53:54.84 0
白井聡はダワーのパクリ

46 :考える名無しさん:2013/10/03(木) 20:17:02.28 0
福島沖からゴジラが誕生するぞ

47 :考える名無しさん:2013/10/03(木) 21:12:38.95 0
ハイデガーの戦略というより戦後、ドイツで活動出来ないからフランス語で発表したのかと。ドイツ人などがハイデガーを使うと親ナチと思われるが、デリダはユダヤ人だからハイデガーを自由に使えたという話だと思います。柄谷氏の最近の作品は夫人が結構協力してるのかなと

48 :考える名無しさん:2013/10/05(土) 01:45:50.72 0
Nepenthe.a ‏@wadafumiya0 10月2日
ついに、秋山駿が死んだか。柄谷行人が恐れた批評家であり、一時期ニートしていた人でもあり、徹底した思索の人であった。

49 :考える名無しさん:2013/10/05(土) 09:14:09.76 0
柄谷さんは野球が好きと言っていますが、その真意は何でしょうか?
あんな大衆のための娯楽を知識人が好むとも思えないのですが…

50 :野球は蓮實が好きで年代的に:2013/10/05(土) 18:06:57.84 0
https://www.dukeupress.edu/The-Structure-of-World-History/

51 :考える名無しさん:2013/10/05(土) 18:12:04.38 O
てか柄谷さんと誰。プラトンの著作でも読んだほうが何倍も賢くなれそう。

52 :考える名無しさん:2013/10/05(土) 19:49:26.12 P
The Structure of World History: From Modes of Production to Modes of Exchange
Kojin Karatani (Author), Michael K. Bourdaghs (Translator)
http://www.amazon.com/dp/0822356767/
http://ecx.images-amazon.com/images/I/61yq936KNqL._SY300_.jpg
Hardcover $77.19 Paperback $23.77

Editorial Reviews
Review
"K?jin Karatani's last great work, Transcritique: On Kant and Marx, set off a chain of
theoretical explosions, Slavoj ?i?ek’s The Parallax View not least among them. This
latest book returns to the Borromean knot of Capital-Nation-State from a rotated
perspective; privileging modes of exchange over modes of production, it is a
revolutionary rethinking of the historical emergence of that triadic structure and its
various transformations. The 'Karatani-turn' will no doubt re-start serious debate
about the form and future of capitalism."?Joan Copjec, author of Imagine There's
No Woman: Ethics and Sublimation

Product Details
Paperback: 384 pages
Publisher: Duke University Press Books (March 28, 2014)
Language: English

53 :考える名無しさん:2013/10/05(土) 21:45:04.42 0
>>49
野球好きだと何かマズいのか?根拠を。マジで。

54 :考える名無しさん:2013/10/05(土) 23:35:31.00 0
柄谷と蓮實は野球好きだけど対照的ではある。

55 :考える名無しさん:2013/10/05(土) 23:57:38.28 0
>>54
野球に深い関心を持ってる点では同じ。本来知識階層は「野球を見る層」を
軽蔑したり批判的に分析するのが普通なのでは?

56 :考える名無しさん:2013/10/06(日) 00:06:34.90 0
蓮實は勝ち負けにこだわり野球の「運動性」を見ない観客たちを軽蔑し柄谷はひたすら阪神タイガースの勝利に固執する。

57 :考える名無しさん:2013/10/06(日) 00:06:35.98 0
そりゃあんたの偏見だ

58 :考える名無しさん:2013/10/06(日) 00:39:33.64 P
ある年代にとっては野球は民主主義の象徴だと、
夏目雅子が瀬戸内熊野少年野球団で言っていた、
ような気がする。

59 :考える名無しさん:2013/10/06(日) 00:49:49.08 0
>>57
スポーツは大衆の目を政治から逸らすための手段。大衆のガス抜き。
そうとしか見ない知識層もいるでしょ。あるいはスポーツ全般を徹底して軽蔑する人とか。

60 :考える名無しさん:2013/10/06(日) 02:37:20.65 0
日本にとって戦前から野球=アメリカだった。
日本の近代化と第2次大戦は野球と並行した。
読売新聞が巨人を経営して娯楽・産業としてのプロ野球を発展させ
朝日新聞が高校野球を主催して野球を全国共通の体育教育にしたと思う。
高校野球が身分を問わないという意味では歌会始、天皇杯サッカーと共通かも。
日本人は米を食べる民族だ、高校には野球部があるのが当たり前という
常識を植え付けられたとすれば、柳田国男論につながるのかな

61 :考える名無しさん:2013/10/06(日) 08:57:07.46 0
なぜ野球が日本で価値であるのか考えたことはない(ISBN4061590014の77ページ)とのこと

62 :考える名無しさん:2013/10/06(日) 16:28:10.54 0
坂口安吾もエッセイに野球観戦の話ちらほらあるな。
文壇野球もやってたし。

野球批判なら正岡子規まで遡ってやるのか?

63 :考える名無しさん:2013/10/06(日) 16:33:18.38 0
野球が好きという事は「野球関連の企業やマスコミに踊らされています。洗脳されています」
と自ら告白しているようなものでは無いでしょうか?
野球の限らず何か下らない物(商品やサービス、見世物)を「これが好きです、長年愛好してます」
と言うのは「私は洗脳されています、主体性ないです」と言いふらすような物で、
あまり感心できません。

64 :考える名無しさん:2013/10/06(日) 16:58:54.21 0
本当はうんちが好きなんです。

65 :考える名無しさん:2013/10/06(日) 17:00:39.04 0
>>64
からかわないで下さい。

66 :考える名無しさん:2013/10/06(日) 17:26:01.50 0
批評や哲学好きな人は大学と出版社に踊らされてるだけ

67 :考える名無しさん:2013/10/06(日) 17:36:37.43 0
>>66
どうしてからかうんですか?63で述べた事はそんなに下らないですか?
直接柄谷さんとは関係ないのは事実ですが…。

68 :考える名無しさん:2013/10/06(日) 17:56:26.86 0
柄谷さんのうんち喰いといえば有名ですがね。

69 :考える名無しさん:2013/10/06(日) 18:24:14.54 0
いやでも資本に踊らされてるという意味で野球(というかプロスポーツ全般)と文学の差異が見えてきませんが。

小林秀雄がマルクスの資本論も商品だって啖呵切ったのは間違いではない。

70 :考える名無しさん:2013/10/06(日) 18:30:36.70 0
うんちは常に資本の外部に立っていますがね。

71 :考える名無しさん:2013/10/06(日) 18:36:40.04 0
桜塚やっくん 死んだって?

72 :考える名無しさん:2013/10/06(日) 18:40:37.33 0
徳川時代はウンコを肥料として売買してたんじゃなかったっけ?

73 :考える名無しさん:2013/10/06(日) 20:37:42.15 0
野球ぐらいで政治忘れられる人は何の娯楽なくても政治に興味ないと思うw

74 :考える名無しさん:2013/10/06(日) 20:57:56.06 0
漫画本の売り上げの一部を文芸雑誌の維持へ割り当てる約束になってるって大塚英志の説は本当ですか

75 :考える名無しさん:2013/10/06(日) 21:07:56.66 0
講談社と新潮社は春樹でたんまり儲けただろう。
集英社はジャンプの金が回ってるんだろう。

文藝春秋は保守メディア。

文学だって偉そうなことは言えない。

76 :考える名無しさん:2013/10/06(日) 21:21:04.25 0
>>75
文学はハイカルチャー、漫画はサブカルチャーって違いはあるよ。

77 :考える名無しさん:2013/10/07(月) 00:33:19.07 0
>>70 >>72
チリとボリビアは鳥のウンコをめぐって戦争までやってるよ。

78 :考える名無しさん:2013/10/07(月) 00:34:59.65 0
>>73
野球では無いが、ローマのコロッセオはそういう点で思惑通りだったんじゃない?

79 :考える名無しさん:2013/10/07(月) 07:14:00.63 0
野球で硬球といえばやっぱうんちでしょう。

80 :考える名無しさん:2013/10/07(月) 07:28:54.18 0
資本から上手く金をかすめて上手くやるとかいう発想はもう許されないのかね?w


蓮實が鈴木清順デモの時の話をしてて左翼の連中がもう清順は巨大資本で映画作ってほしくないとか言ってw
蓮實が清順に金持ちの資本家がお金出してくれたら撮りますよね?って聞いたら清順はもちろん撮りますってw

81 :考える名無しさん:2013/10/07(月) 07:34:36.02 0
やっぱりガツンと稼ぐ作家も新人賞から現れるわけだから文芸雑誌も先行投資として無駄ってわけでもないんじゃないの?資本からしたらw

82 :考える名無しさん:2013/10/07(月) 09:41:19.45 0
今一番すごい論客は常見陽平

83 :考える名無しさん:2013/10/07(月) 10:08:47.82 0
話は変わるけど、いとうせいこうが書いた芥川賞候補の『想像ラジオ』を、
選考会後の会見で島田雅彦は全否定に近かったけど、僕は評価するよ。
あざとい構成だと思う人もいるだろうけど、着想はなかなかユニークで、
聞こえているのに聞こえてこない、見えているのに見えてこない「3.11」以降の世界
とIT社会の現在を的確に表現していた。なのに、「村上さんという彼の友人も」と
村上龍の言葉を借りてディスるんだからねぇ。

浅田
自分の言葉で言うならまだしも、村上を引用するのは双方に失礼だね。

田中
本当だよ。

浅田
そういえば、いとうの小説では、どうやら津波の被災者であるらしいDJアークが
死者の声を「想像ラジオ」の電波に乗せていくわけだけど、その名も
「アーク・ノヴァ松島2013」っていう音楽祭が9月27日から宮城県・松島町で開かれる
予定。磯崎新が、アニッシュ・カプーアっていうインドの彫刻家を起用して、
空気膜構造の可動式ホールをつくった。名づけて「アーク・ノヴァ」(新しい方舟)。
そこでクラウディオ・アバドがルツェルン祝祭管弦楽団を指揮したり、
坂本龍一や大友良英がコンサートをやったり。
むろん、それも含めて偽善っていう批判もできなくはないけれど、
露悪よりはずっといいんじゃない?

84 :考える名無しさん:2013/10/07(月) 10:31:53.10 0
田中
雇用労働者に占めるパートや派遣社員など非正規労働者の割合が38.2%、2042万人
に昨年達したと総務省が発表している。自治労が守ってくれない「官製ワーキングプア」
と呼ばれる臨時・非常勤雇用の非正規公務員も60万人を突破している。新自由主義
を徹底するなら逆に全員を非正規扱いにするほうがフェアだという論も成り立つわけで、
最初の1年間は試用期間の非正規。その後も5年契約で更新。もっと待遇を求める人
は2年契約といった具合にね。なんだか世の中は19世紀あたりに逆戻りしているなぁ。

浅田
他方、いわゆるブラック企業が横行し、社員の自殺率の高さが問題になってる。
たとえばアップルは世界企業としてかっこよく見えてるけど、下請けとして実際の製造
を受け持つ中国のフォックスコン(鴻海科技集團)では、夜中に図面が届いても1時間
で数万人の労働者を動員できるっていうから、もはやある種の奴隷労働なんだよ。

そういう意味では、AKB48はまさにグローバル資本主義に対応してるのかも。
普通は歌詞ができた後に作曲して、アレンジして、歌って、振り付けして、撮るって
のが順序なのに、ヴィデオを撮るのに何百人が待機してるところにまだ秋元康の
歌詞が届かない。ようやく歌詞が届いた途端、仮の歌や振付を急いで修正しながら
全員で歌って踊って撮影するわけ。それが可能なのは、仮の歌をつくって録音して
練習させておくスタッフが24時間待機してるからなんだよね。まさにフォックスコン
と同じ一種の奴隷システム(苦笑)。

85 :考える名無しさん:2013/10/07(月) 11:53:35.22 0
>なんだか世の中は19世紀あたりに逆戻りしているなぁ

なんだかではなく、意図的、計画的、政策的に逆戻りさせている。

86 :考える名無しさん:2013/10/08(火) 18:03:17.43 0
長池講義 2013年10月08日 13:49
柳田国男論 10月中旬発売だそうです。 文學界287Pをご参照ください。

87 :考える名無しさん:2013/10/09(水) 16:44:49.25 0
「世界史の構造」英語版は来年3月のようですね。
ネグリ=ハート「帝国」並みに読まれるか興味あります。
ジジェクも反応するでしょう。
来年以降は柄谷氏の欧米での講演があるかもしれませんね

88 :考える名無しさん:2013/10/09(水) 16:48:16.16 0
柄谷行人の前提をそもそもジジェクは認めていないでしょう。
交換様式の形而上学もまず西洋人には確実に抵抗あります。

89 :考える名無しさん:2013/10/09(水) 16:55:10.97 0
昔、丸山眞男が英文で結構読まれたらしいですね。
4つの交換様式論は丸山も元になってますよね。
「世界史の構造」に丸山の名前は無かったかもしれませんが。
「世界史の構造」中国版、韓国版はどう評価されたのだろう

90 :考える名無しさん:2013/10/09(水) 17:26:20.01 0
ドイツ語版「世界共和国へ」か。レビューなし
http://www.amazon.de/dp/3865837387/

91 :考える名無しさん:2013/10/09(水) 17:29:26.12 0
けっきょく柄谷は何言ってるかわからないと思われてる。

92 :考える名無しさん:2013/10/09(水) 18:41:38.69 0
世界史の構造って柄谷の著作の中で一番わかりいいというかこんなにわかりやすい本書いていいのかって本だったじゃない?w

93 :考える名無しさん:2013/10/09(水) 19:35:44.40 0
浅田彰は昔の短い文章の(文芸時評?)が良かったと。

中盤は歴史事象を何でも交換様式A〜Dにあてはめ続けるだけで
これはヒドイと思った。

筒井康隆的小説だったのかな

94 :考える名無しさん:2013/10/09(水) 19:52:11.35 0
「世界史の構造」が一番意味不明な本です。

95 :考える名無しさん:2013/10/09(水) 19:57:32.70 0
世界史の構造 - 池田信夫 blog http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51452912.html

ジジェクは「なぜゾーン・レーテルに言及しないのか」でしたか

96 :考える名無しさん:2013/10/09(水) 22:48:50.73 P
池田は交換というタームを無視するくらいだから実際には柄谷を読んでないのだろう。
池田やハイエクのような新自由主義者は市場経済と資本主義経済の区別がつかない。
マルクス主義はこれを単純再生産と拡大再生産というように数値化した点は評価できる、、

『世界史の構造』の肝は、交換様式Aの内部でもさらなる象限分割が可能だということだろう。
(狩猟民とノマドという二つの遊動性etc.)
ヘーゲルのようにフラクタル構造になっているのだ。
(ただ交換様式C、Dに関してはそうした内在的分析が十分ではないことは認めなければならない。
Dについては無理でもCはもっとできるはずだ。今月まで続いた「現代思想」連載でも資本主義
に差し掛かったところで時間切れだった、、、)

新しい柳田國男論でも亜周辺の中にさらに沖縄という島、山人という周縁があるというのが
重要だろう。

ただし、ここら辺を機械的に強調すると、かつて浅田彰が『構造と力』で絶賛した短編映画、
「SPACY」のようになってわけがわからなくなる。
(多元的、多宇宙的になってしまい、柄谷の歴史観とはズレてくる。)
ただこれはABC予想の解にも応用できるような宇宙際世界観であって、、、

97 :考える名無しさん:2013/10/09(水) 22:57:42.61 P
象限図の限界について追記すると、、、
最近松尾汲ェその左翼入門のあとがきで、世の中を横に切って上と下に分けて認識し下に味方する
のが左翼で、世の中を縦に切って内と外に分けて認識し、内に味方するのが右翼、と説明し、
なおかつ松尾はそれらを以下のように象限図にしては い けな い と述べている。

      右翼的視点
      ↓
 ___________
|     |     |
|     |     |
|     |     |
|_____|_____|←左翼的視点
|     |     |
|     |     |
|     |     |
|_____|_____|
(縦と横はつなげるべきでない、というのが原著者の意見)

構成的理念は現実を無視したものになりがちだということだろう。

98 :考える名無しさん:2013/10/10(木) 18:16:58.14 0
唯一の柄谷学徒、関本さん

物々交換はAで
遊動民(「世界共和国へ」で考慮していなかった?)は
A〜D以外だったかと

新しい左翼入門―相克の運動史は超えられるか (講談社現代新書) 松尾 匡
http://www.amazon.co.jp/dp/4062881675/ref=cm_sw_r_tw_dp_QxMvsb0ZRNSZM … @AmazonJPさんから

「個人析出のさまざまなパターン」『丸山眞男集 第九巻』(岩波書店)
 こうした個人析出のプロセスに、近代化のさまざまな局面におかれた個人
の態度の面からして、四つのパターン−「自立化」individualization・
「民主化」democratization・「私化」privatization・「原子化」
atomization−をわかつことができよう。

「個人析出のさまざまなパターン」は元々英文で
柄谷は4つの交換様式の英語圏での反応を予想してるかも

沖縄本島は離島を差別していると前にも言ってましたね

照葉樹林文化論の示唆
参考とされたのは中尾佐助の『栽培植物と農耕の起源』
日本文化の基底が稲や稲作農民ではない
稲作農民に代表される平地の「定住民」とは全く別の生活圏を持つ「遍歴民(山民・海民・芸能民など)」が多く取り上げられる
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%AE%E3%81%91%E5%A7%AB

柄谷が書評した池橋宏『稲作渡来民』は
「もののけ姫」で参考にされた照葉樹林文化論を批判しているらしい

99 :考える名無しさん:2013/10/10(木) 18:58:16.10 0
池橋宏は
稲作の開始は初期の照葉樹林文化論で説明された陸稲栽培ではなく、タロイモなどとともに低地集落内の屋敷内水田で栄養繁殖された水稲であった
『稲作渡来民』を発表し、照葉樹林文化論による稲作渡来説への批判的応答をはたした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%85%A7%E8%91%89%E6%A8%B9%E6%9E%97%E6%96%87%E5%8C%96%E8%AB%96

100 :考える名無しさん:2013/10/10(木) 21:02:09.51 P
>物々交換はAで
>遊動民(「世界共和国へ」で考慮していなかった?)は A〜D以外だったかと

例えば「圏外」という言葉を柄谷は使っていますが、それは中心周縁というタームに対応したものでしょう(『世界史の構造』161頁)。

以下脱線します。

丸山の象限図の元ネタはロバート・ベラーで、Tパーソンズ(ベラーは彼の弟子筋)経由の可能性が
否定できません(丸山の図式は直接的にはPublic opinion in war and peace / by Abbott Lawrence
Lowell.の第7章にある図を参考にしていると明記されているが。)
もしそうなら柄谷はパーソンズの影響を間接的に受けていることになります(象限図自体、社会学の
クリシェなので大した話ではないが)。
ちなみに1970年代にプルードンを論じた作田啓一もパーソンズの影響下(=作田はパーソンズの紹介
者でもあった)でプルードンを象限図を使って図解しています(『プルードン研究』)。

実は晩年のパーソンズは柄谷の言う交換様式A〜Dの「外」をさらに象限図として図解しています。
(カントの第一批判と第三批判の扱う分野が「外」に含まれる。パーソンズ流に言うと柄谷の
交換様式はすべて第二批判の分野に含まれる。邦訳『人間の条件パラダイム』参照)

ただ柄谷自身は交換様式の外にある自然環境は、象限図内に折りたたまれるという立場のはずです。
例えば資本主義的生産様式及び交換様式は自然環境を犠牲にしている「交換」だと見るわけです。

宮崎駿の凄さも、実はその文明史観というより、自然環境を反映した交換を物語に本能的に取り入れ
ている部分です。トトロのどんぐり、もののけの黒曜石etc.
最近作「風立ちぬ」でも菜穂子の死と試験飛行の成功が物語上で「交換」されます、、
柄谷の120年周期説ならぬ半藤一利の40年周期説を最近はとっているらしい宮崎駿も未だ覚醒せざる
「柄谷学徒」なのです??

101 :考える名無しさん:2013/10/10(木) 21:43:34.13 0
丸山眞男が原書を持っていたシュミット『政治的ロマン主義』に
ヨーハン・ヤーコブ・ヴァーグナーの四つの図式というのがありますね。
http://d.hatena.ne.jp/sasaki_makoto/20120714

柄谷がカール・ポランニー(栗本慎一郎)、ソシュール(丸山圭三郎)、
中心/周縁(山口昌男)に言及するのは
NHKが紅白歌合戦に欽ちゃん、ウルトラマン、仮面ライダーを出す感じですね
日本の現代思想の代表としてですか

パーソンズは西田幾多郎が参照してたような

宮崎駿は以前から中尾佐助「栽培植物と農耕の起源」に強い興味を持ってましたが、
柄谷と共通するのは梅原猛への言及と
左翼(若い頃の組合活動、主人公は馬に乗らない、ニギハヤヒ)
という事かと

102 :考える名無しさん:2013/10/11(金) 06:14:13.23 0
>最近作「風立ちぬ」でも菜穂子の死と試験飛行の成功が物語上で「交換」されます、、

そしたら宮崎先生があれすれば汚染水の流出が止まるはずだから世界人民のためにひとつよろしく

103 :考える名無しさん:2013/10/11(金) 06:26:44.96 0
伊豆の踊子」が映画化されるについて小説の映画化は小説の批評であると
わけだけど原作者(川端)は書いた(小林から盗ったのか?)
そんな斜め上方の批評をするなら堀辰雄に敬意をゆう表示を外したらいかがですか

104 :考える名無しさん:2013/10/11(金) 06:28:13.05 0
何それ気持ち悪い(要約)

105 :考える名無しさん:2013/10/11(金) 07:09:15.23 0
本田由紀 @hahaguma 9月1日
チビの宿題の残りが何とか間に合いそうなので、
今日は子連れで「風立ちぬ」を見に行ったが涙が出るほど腹が立ち(風でなく)、
その後チビの希望で行った某アトラクション施設で
真っ青なバンズのバーガーを食べたら暑さと人混みのせいもあって
すっかり気持ちが悪くなり、帰宅してさっきまで死んでいた。

106 :考える名無しさん:2013/10/11(金) 12:05:56.50 0
死人に意味を与えるのは行政職員とか新聞記者の仕事ですよ

107 :考える名無しさん:2013/10/11(金) 12:08:14.66 0
違ったら御免なだけど中沢啓治は原爆セレモニーへ参加しなかった

108 :考える名無しさん:2013/10/11(金) 18:21:26.53 0
ヤマトの古代進・森雪で一応男女の恋愛を描いていたのに
ナウシカで女性一人の宗教的、インテリ(非モテ)好みの結末を描いた結果
日本人は恋愛の無い作品世界に浸り少子化になったのか

109 :考える名無しさん:2013/10/12(土) 07:02:24.00 0
柳田国男論 http://honto.jp/netstore/pd-book_25925615.html

110 :考える名無しさん:2013/10/12(土) 21:51:42.35 0
2013年10月6日放送
今回のエキスパートは、作家、思想家の東浩紀さん。
『チェルノブイリダークツーリズムガイド 思想地図β vol.4-1』そして
『福島第一原発観光地化計画 思想地図β vol.4-2』を踏まえつつ、
チェルノブイリ、そして福島の今とこれからについて伺ってまいります。
http://www.jfn.jp/News/view/susume/5154

111 :考える名無しさん:2013/10/12(土) 22:16:05.06 0
あずまん柄谷を師と指定してる

112 :考える名無しさん:2013/10/12(土) 22:16:56.60 0
今夜のたけしワイドショーは浅田彰

113 :考える名無しさん:2013/10/12(土) 22:24:03.75 0
>>108
そこはハウルで、宮崎駿監督は全部ひっくるめて何かを伝えようとしたね

114 :考える名無しさん:2013/10/12(土) 22:31:28.41 0
アキラの視線に注目

115 :考える名無しさん:2013/10/13(日) 11:20:05.46 P
松尾匡 右翼と左翼
http://matsuo-tadasu.ptu.jp/yougo_uyosayo.html

116 :考える名無しさん:2013/10/15(火) 20:47:11.01 0
柳田国男論 http://www.inscript.co.jp/b1/978-4-900997-38-7

117 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/16(水) 01:16:56.59 0
●復讐の春秋−臥薪嘗胆
●孫子<<兵法>>大伝
●恕の人−孔子伝−
●三国争乱 春秋炎城
○項羽と劉邦 King's War
○三国志 Three Kingdoms
△水滸伝

○ゴルキアスからキケロへ 人でつなぐ思想史U 坂口ふみ
△天使はなぜ堕落するのか 中世哲学の興亡 八木雄二
○世界を変えた火薬の歴史 クライヴ・ポンディング
△ヨーロッパとは何か 分裂と統合の一500年 クシシトフ・ボミアン
△わが友マキアヴェッリ フィレンツェ存亡 2 塩野七生
○1492 西洋文明の世界支配 ジャック・アタリ
△戦うハプスブルク家 近代の序章としての三十年戦争 菊池良生
△貨幣と市場の経済思想史 イギリス近代経済思想の研究 小池田冨男 
△ヨーロッパ政治思想の誕生 将基面貴巳
○専制君主ニュートン 抑圧された科学的発見 D.H.クラーク/S.P.H.クラーク

△日本の産業革命 日清・日露戦争から考える 石井寛治
△史記T 司馬遷 ちくま学芸文庫
○シナ海域 蜃気楼王国の興亡 上田 信
○買い物の日本史 本郷恵子 角川文庫
△混浴と日本史 下川耿史

○ウォール街の物理学者 ジェイムズ・オーウェン・ウェザーオール

118 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/16(水) 09:53:51.44 O
モンハンうれてんのかね
昔はよく電車でやってる人みたが最近見ないな

119 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/16(水) 09:57:19.94 0
しかし安藤ロイドってなんなのかね
飲んであんなくそドラマになるのかね
どういうコンセプトであーなるか釈明してほしいよ

120 :考える名無しさん:2013/10/16(水) 13:59:56.31 0
なんでこのスレ、急にイカくさくなったんだろうね

121 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/16(水) 18:10:12.49 O
>>120
ソースは?

122 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/16(水) 18:27:38.49 O
復讐の春秋−臥薪嘗胆
見終わったから、次は
大漢風 項羽と劉邦みるべ

123 :考える名無しさん:2013/10/16(水) 18:35:25.60 0
>>121
嗅覚から思惟を語る人は放置しておいた方が良いよ
そのうちミジンコにも哲学があるとか言い出すから

124 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/16(水) 18:38:42.34 O
>>123
臭覚は一番古い脳だった?

125 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/16(水) 18:50:48.58 0
ヨーロッパ政治思想の誕生 将基面貴巳

面白しすぎるな

126 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/17(木) 07:31:56.60 O
指原の乱見てぇ〜

127 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 08:12:19.02 0
昔は本物の柄谷がよくスレッドにきていたのに、今やただのアイドルオタと化したおばさん波平の居座るクソスレにってしまった……

128 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 08:20:44.05 0
                 ______
             ,.-'" ̄           "''‐- 、
        _,,. -─/                \
      /  /                    ヽ、
     /   /             ,i          ヽ,
    /    ,l          /   / .|   /l ヽ    l
   l    .|    l |    / |  ,/  | ,  | |  .!ヘ 、  |
   l     |     //i.l.|ム--レ/_    |l  _|L--、 | l/
  ./     |  L   V |l ┏━━━┓┏━━━┓| |
 / /    ト./ 'l   | .━┫//////┣┫//////┣l |  アニオタもアイドルオタも
 レ/     |::| `|   |  ┗━━━┛┗━━━┛|. | いなかの引きこもりもホームレスも
  /   l  /::::l.  |   |:   (二)     _ 、   "゛゛ |. | みんな哲学でしょ!
. /   /レ'| /::::::::ヽ┤  |::                |. |
/ ./ /:::::::`::::::::::::::::::|.  |:::                l |
| /| |:::::::i:::::::::::::::::::::::|. ll::::       -──     ノl |
V | |:::::::|:::::::::::::::::::::::::|. ||::il`'┐._     "   _.-''゛ |. |
  .| |::::/|:::::::|:::::::::::::::::| |'|:ト|!┴-ニ'─--┬‐''"     l.|
  ヽ |/ ヽ|:::l|;:::::::::::::::::|.| |l___    ̄─、ト 、__
   i.|   ヾ. |:/:::::::::;~‖___  ̄''‐-.__  ~`''-ニヽ
         ル-|:::::|/ __゛''‐- 、 '~‐ 、   .|、
          |::;ノ'/    ~'''-、. `ヽ、 ~''‐-"ヾヽ、

129 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/17(木) 08:21:17.13 O
>>127
お前が歴史スレ荒らすからここが避難所になるんだろう(笑)

130 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 14:46:16.74 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

131 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 14:47:40.04 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

132 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 14:50:31.48 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

133 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 14:52:13.57 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

134 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 14:54:26.82 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

135 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 14:55:03.83 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

136 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 14:57:48.17 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

137 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 14:59:46.81 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

138 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 15:03:27.83 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

139 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 15:04:43.58 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

140 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 15:05:13.18 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

141 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 15:06:02.79 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

142 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 15:09:08.33 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

143 : 忍法帖【Lv=4,xxxP】(5+4:8) :2013/10/17(木) 15:22:35.01 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

144 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 15:50:19.09 0
https://twitter.com/femmelets

145 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 16:05:44.44 0
>>127
深田恭子や指原莉乃にはまったくせにばちゃんくさい波平って、進んでいる道はマツコデラックスだよね。
この世界の中で波平に与えることが許される(アンロックされた)キャラは、マツコデラックスのアバターだけだよ。

146 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 17:35:59.30 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

147 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 17:38:57.53 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

148 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 17:55:55.54 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

149 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 17:59:26.45 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

150 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 18:03:41.36 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

151 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 18:07:22.21 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

152 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 18:11:17.27 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

153 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 18:15:00.42 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

154 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 18:16:19.14 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

155 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 18:19:36.06 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

156 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 18:22:26.25 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

157 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/17(木) 19:26:39.79 O
>>145
マツコ・デラックスねぇ

158 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/17(木) 21:43:25.86 0
●復讐の春秋−臥薪嘗胆
●孫子<<兵法>>大伝
●恕の人−孔子伝−
●三国争乱 春秋炎城
○項羽と劉邦 King's War
○三国志 Three Kingdoms
△水滸伝
△大漢風 項羽と劉邦

○ゴルキアスからキケロへ 人でつなぐ思想史U 坂口ふみ
△天使はなぜ堕落するのか 中世哲学の興亡 八木雄二
○世界を変えた火薬の歴史 クライヴ・ポンディング
△ヨーロッパとは何か 分裂と統合の一500年 クシシトフ・ボミアン
△わが友マキアヴェッリ フィレンツェ存亡 2 塩野七生
○1492 西洋文明の世界支配 ジャック・アタリ
△戦うハプスブルク家 近代の序章としての三十年戦争 菊池良生
△貨幣と市場の経済思想史 イギリス近代経済思想の研究 小池田冨男 
△ヨーロッパ政治思想の誕生 将基面貴巳
○専制君主ニュートン 抑圧された科学的発見 D.H.クラーク/S.P.H.クラーク

△日本の産業革命 日清・日露戦争から考える 石井寛治
△史記T 司馬遷 ちくま学芸文庫
○シナ海域 蜃気楼王国の興亡 上田 信
○買い物の日本史 本郷恵子 角川文庫
△混浴と日本史 下川耿史

○ウォール街の物理学者 ジェイムズ・オーウェン・ウェザーオール

159 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 22:05:59.03 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

160 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 22:15:25.84 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

161 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 22:24:28.43 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

162 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 22:27:33.67 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

163 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/17(木) 22:32:57.36 O
オカマは男女の域に住む聖なる存在だからね

164 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 22:43:26.71 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

165 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 22:45:01.99 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

166 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 22:45:57.30 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

167 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 22:50:05.28 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

168 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 22:53:14.55 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

169 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 22:59:12.90 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

170 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 23:02:43.04 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

171 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 23:07:17.32 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

172 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 07:39:20.73 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

173 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/18(金) 08:04:37.91 O
【映画】ギレルモ・デル・トロ監督、『パシフィック・リム』続編の脚本執筆に着手
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1382021183/

174 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/18(金) 08:06:25.73 O
【HKT48】指原莉乃(20) アイドル志望の子供たちに「歌とダンスは練習する必要はない」 爆弾発言で賛否「他のアイドルに失礼」 ★2
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1382047750/

175 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 08:09:35.86 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

176 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 08:11:20.31 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

177 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 08:13:32.84 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

178 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 08:16:24.33 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

179 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 08:18:54.41 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

180 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 08:21:54.84 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

181 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 08:25:42.89 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

182 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 08:30:10.06 P
M−C−MV−CV−MVV−CVV−MVVV−CVVV−MVVVV−CVVVV−MVVVVV

183 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 08:41:27.65 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

184 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 08:44:37.90 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

185 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 08:47:48.32 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

186 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 08:50:57.85 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

187 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 08:52:10.06 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

188 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 08:53:06.97 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

189 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 10:10:48.46 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

190 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 10:42:32.74 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

191 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 10:46:53.57 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

192 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 10:53:01.22 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

193 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】(5+2:8) :2013/10/18(金) 11:01:14.04 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

194 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 11:05:00.42 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

195 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 11:08:37.86 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

196 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 11:15:08.10 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

197 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 11:16:56.61 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

198 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 11:35:21.89 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

199 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 12:18:02.13 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

200 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 12:22:48.63 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

201 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/18(金) 12:22:50.62 O
●復讐の春秋−臥薪嘗胆
●孫子<<兵法>>大伝
●恕の人−孔子伝−
●三国争乱 春秋炎城
○項羽と劉邦 King's War
○三国志 Three Kingdoms
△水滸伝

○ゴルキアスからキケロへ 人でつなぐ思想史U 坂口ふみ
△天使はなぜ堕落するのか 中世哲学の興亡 八木雄二
○世界を変えた火薬の歴史 クライヴ・ポンディング
△ヨーロッパとは何か 分裂と統合の一500年 クシシトフ・ボミアン
△わが友マキアヴェッリ フィレンツェ存亡 2 塩野七生
○1492 西洋文明の世界支配 ジャック・アタリ
△戦うハプスブルク家 近代の序章としての三十年戦争 菊池良生
△貨幣と市場の経済思想史 イギリス近代経済思想の研究 小池田冨男 
△ヨーロッパ政治思想の誕生 将基面貴巳
○専制君主ニュートン 抑圧された科学的発見 D.H.クラーク/S.P.H.クラーク

△日本の産業革命 日清・日露戦争から考える 石井寛治
△史記T 司馬遷 ちくま学芸文庫
○シナ海域 蜃気楼王国の興亡 上田 信
○買い物の日本史 本郷恵子 角川文庫
△混浴と日本史 下川耿史

○ウォール街の物理学者 ジェイムズ・オーウェン・ウェザーオール

202 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/18(金) 12:24:12.08 0
マツコ・デラックスねぇ

やつはなんなんだろうね。
最近は毒舌ブームだからねぇ

203 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 12:24:41.30 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

204 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 12:36:51.23 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

205 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 13:57:00.22 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

206 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 13:59:12.91 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

207 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 14:01:10.82 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

208 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 14:03:14.00 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

209 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 14:05:53.50 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

210 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 14:08:11.02 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

211 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 14:12:43.15 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

212 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 14:14:49.69 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

213 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 14:18:01.77 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

214 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 14:21:30.18 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

215 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 14:25:10.38 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

216 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 14:27:18.78 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

217 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 17:30:36.01 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

218 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/18(金) 19:55:27.95 0
やっと週末!(>_<)

219 :考える名無しさん:2013/10/18(金) 21:20:09.34 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

220 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 10:57:24.48 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

221 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 12:34:33.48 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

222 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 14:19:41.22 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

223 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 15:38:53.90 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

224 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 15:41:44.08 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

225 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 16:02:05.04 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

226 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 16:03:16.39 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

227 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 17:48:38.05 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

228 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 17:49:23.75 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

229 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 17:50:45.36 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

230 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 17:52:03.40 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

231 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 17:54:57.76 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

232 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 17:56:45.75 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

233 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 17:58:23.42 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

234 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】(8+0:8) :2013/10/19(土) 17:59:21.46 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

235 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 17:59:22.26 0
ウハハ 大盛況ですなあwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

236 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 18:01:39.07 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

237 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 18:03:09.57 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

238 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 18:03:45.01 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

239 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 18:05:09.89 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

240 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 18:05:58.38 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

241 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 18:07:28.81 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

242 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 21:00:48.34 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

243 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 21:02:33.79 0
ツイビジ!--- Twi Biz ---
‏@twi_biz
縄文未来塾の「柄谷行人講演会」に行って来た。
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20131019/1382149859

244 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 21:04:26.70 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

245 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 21:23:37.54 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

246 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 21:48:26.44 0
朝五郎 ‏@asagorojiro 13時間
昨夜の新橋での柄谷行人の講演会はすごかった。参加した甲斐があった。柳田国男論は目からうろこ、の連続・・・。「平地人をして戦慄せしめよ」! 『共産党宣言』だ・・・。

247 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 22:24:40.75 0
綿野恵太 ‏@edoyaneko800 10月18日
インスクリプトから柄谷行人の単行本未収録連載をまとめた『柳田国男論』が刊行されるとのこと。この連載に対し吉本隆明が「情況への発言」で過剰に反応したのは有名。戦後思想史において重要なテキストが手に入るようになったのは大変喜ばしい。
http://www.inscript.co.jp/b1/978-4-900997-38-7

248 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 22:25:04.20 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

249 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 22:35:57.92 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

250 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 22:49:32.96 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

251 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 23:17:30.28 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

252 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 23:19:57.70 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

253 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/20(日) 03:09:39.00 0
●復讐の春秋−臥薪嘗胆
●孫子<<兵法>>大伝
●恕の人−孔子伝−
●三国争乱 春秋炎城
○項羽と劉邦 King's War
○三国志 Three Kingdoms
△水滸伝
△大漢風 項羽と劉邦

○ゴルキアスからキケロへ 人でつなぐ思想史U 坂口ふみ
△天使はなぜ堕落するのか 中世哲学の興亡 八木雄二
○世界を変えた火薬の歴史 クライヴ・ポンディング
△ヨーロッパとは何か 分裂と統合の一500年 クシシトフ・ボミアン
△わが友マキアヴェッリ フィレンツェ存亡 2 塩野七生
○1492 西洋文明の世界支配 ジャック・アタリ
△戦うハプスブルク家 近代の序章としての三十年戦争 菊池良生
△貨幣と市場の経済思想史 イギリス近代経済思想の研究 小池田冨男 
△ヨーロッパ政治思想の誕生 将基面貴巳
○専制君主ニュートン 抑圧された科学的発見 D.H.クラーク/S.P.H.クラーク

△日本の産業革命 日清・日露戦争から考える 石井寛治
△史記T 司馬遷 ちくま学芸文庫
○シナ海域 蜃気楼王国の興亡 上田 信
○買い物の日本史 本郷恵子 角川文庫
△混浴と日本史 下川耿史

○ウォール街の物理学者 ジェイムズ・オーウェン・ウェザーオール

254 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 03:18:40.80 0
>>253
ハタケヤマ君?

255 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 05:51:25.40 0
あおひと君 ‏@aohitokun 5時間
あおひと君ブログ更新しました。「柄谷行人氏講演会ーイソノミア(無支配)」 http://superblue.kilo.jp/aohitokun/

256 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/20(日) 09:27:17.64 O
>>254
うん

257 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 13:13:55.83 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

258 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 13:55:19.83 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

259 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 13:59:36.33 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

260 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 14:09:56.77 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

261 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 16:29:10.75 0
ざっと視聴時間を換算すると…↓

879 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/14(月) 19:44:57.13 0
●復讐の春秋-臥薪嘗胆 ← 約32時間
●孫子<<兵法>>大伝 ← 約28時間
●恕の人-孔子伝- ←  約28時間
●三国争乱 春秋炎城 ← 約24時間
○項羽と劉邦 King's War ←  約60時間
○三国志 Three Kingdoms ← 約60時間
△水滸伝 ←  約65時間

262 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 16:43:41.19 0
よっぽど暇なんだなw↓

253 名前:霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/20(日) 03:09:39.00 0
●復讐の春秋-臥薪嘗胆 ← 約32時間
●孫子<<兵法>>大伝 ← 約28時間
●恕の人-孔子伝- ←  約28時間
●三国争乱 春秋炎城 ← 約24時間
○項羽と劉邦 King's War ←  約60時間
○三国志 Three Kingdoms ← 約60時間
△水滸伝 ←  約65時間
△大漢風 項羽と劉邦 ← 約45時間

263 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 16:47:14.29 O
波平は今までの推理では大学を出ていない
働いてはいるが親の庇護のもとにいる。これはガチ

暇でもガリガリくんを買えるくらいの金は稼げている
暇暇

264 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 16:56:06.45 0
ヒント : 親からの小遣い

265 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 16:58:10.47 0
働いてたら観る暇の無い量w↓

253 名前:霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/20(日) 03:09:39.00 0
●復讐の春秋-臥薪嘗胆 ← 約32時間
●孫子<<兵法>>大伝 ← 約28時間
●恕の人-孔子伝- ←  約28時間
●三国争乱 春秋炎城 ← 約24時間
○項羽と劉邦 King's War ←  約60時間
○三国志 Three Kingdoms ← 約60時間
△水滸伝 ←  約65時間
△大漢風 項羽と劉邦 ← 約45時間

266 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 17:23:26.94 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

267 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 17:28:31.62 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

268 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 17:30:21.06 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

269 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 17:34:38.66 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

270 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 17:38:06.34 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

271 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 17:40:15.89 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

272 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 17:41:08.31 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

273 :畠山みどり:2013/10/20(日) 19:11:05.88 0
ジジェク「パララックス・ビュー」は柄谷の影響だと思いますよ。 柄谷は「差異を認めよ」と言ってるのかな http://d.hatena.ne.jp/sasaki_makoto/20100705http://d.hatena.ne.jp/sasaki_makoto/20100722http://yojiseki.exblog.jp/9796192

274 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/20(日) 19:17:32.99 0
>>272
純一は昔NAMに参加してたらしいが、
柄谷ヲタの中では少しは知られてるのか?

いまはただの荒らしのおっさんに落ちぶれたが

275 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 20:03:36.98 0
柄谷ヲタはpikarrrだし波平は純一だろ
ひさしぶりに見に来たけど、あいかわらずぶっとんでんな

276 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 20:08:20.45 O
ちげーだろ
波平は昔のぴかーだし純一は全然ちがうやつだ
1998年から2ちゃんにいればこれは確実に知っていること

ちなみに波平は埼玉。純一は岡山で、純一はオフ会にも来てる

277 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 20:25:49.80 0
唐突に携帯で必死レスされても…

278 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/20(日) 20:32:36.19 0
【嫌韓デモ】 なぜヘイトスピーチは蔓延するのか? 大阪の女子中学生 「(在日コリアンが)憎くてたまらない。殺してやりたい」
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1382264984/

279 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 20:37:34.55 0
すげーなこれ↓w350時間近く観てるぞ?

253 名前:霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/20(日) 03:09:39.00 0
●復讐の春秋-臥薪嘗胆 ← 約32時間
●孫子<<兵法>>大伝 ← 約28時間
●恕の人-孔子伝- ←  約28時間
●三国争乱 春秋炎城 ← 約24時間
○項羽と劉邦 King's War ←  約60時間
○三国志 Three Kingdoms ← 約60時間
△水滸伝 ←  約65時間
△大漢風 項羽と劉邦 ← 約45時間

280 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 20:39:49.38 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

281 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 20:40:08.25 0
2ヶ月毎日観たと仮定したとしても、
毎日6時間近く観てる計算になるw

よっぽど暇なんだなw

282 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 20:40:47.03 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

283 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 20:42:43.22 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

284 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】(4+2:8) :2013/10/20(日) 20:43:43.01 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

285 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 20:44:50.77 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

286 :畑山ハッチ:2013/10/20(日) 20:54:17.31 0
新橋での講演自体も文學界あたりに載るのかなと思います。文春新書は意外ですね。まあ出版界は柄谷に便乗して柳田国男関連書籍を売るのかなと

287 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 20:57:51.44 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

288 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 21:19:40.32 0
純なんちゃらさんは仕留めるよ。

289 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/20(日) 21:30:04.01 0
725 名前: 純一 ◆QzuB1xeuck [age] 投稿日: 2009/07/17(金) 18:37:54 0
と、言う訳で、
俺自身による、純一の説明をしてあげよう。

岡山出身倉敷在住、tsutaya勤務、歳は今年で35歳です。
ニート歴は五年で、今はバイトしています。
弁当事件以来、五年程引き篭もりました。

726 名前: 純一 ◆QzuB1xeuck [age] 投稿日: 2009/07/17(金) 18:40:27 0
五年程のニート生活の中で昔っからやりたかった哲学をやって、
出来た原稿を出版社に送るも、無視され、
しょうがないのでイタリア現代思想のアントニオ・ネグリから
着想を得たアウトノミア運動の一環として、だめ連に参加しようとするも、
既に倉敷支部は壊滅状態なので、高田馬場のあかねに出入りする様になる。

727 名前: 純一 ◆QzuB1xeuck [age] 投稿日: 2009/07/17(金) 18:45:53 0
あかねで柏木に会い、今の名前を貰う。
五年でほぼ完成していた純一統一理論を様々ところで、
小出しに公開して好評を得ているが、
様々な形で公開するものの、全面的な理解は未だする人無し。

290 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 21:31:20.31 0
波平は東原亜希さんを応援しています。今後ともよろしくお願いします。

291 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 21:32:10.88 0
実際には波平が中国ドラマとか言い始めたのは
ここ1ヵ月くらいだから1日12時間観てる計算になるw

波平がニートじゃないと無理ぽw

292 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/20(日) 21:33:13.70 0
2009年時点で35歳ということは、いま39歳か

高田馬場のあかねって、柄谷と関係あるの?

293 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 21:36:10.43 0
おおありだろw

つか、何故柄谷スレに出入りしてるのに知らないw

294 :竹原秋幸:2013/10/20(日) 21:47:56.51 0
文明によって平等が破壊された」は僕もフィクションではないかと思います。ハチ、アリ、サルにも不平等がありますし

http://d.hatena.ne.jp/sasaki_makoto/20080812

295 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/20(日) 21:50:29.29 0
>>294
平等って、近代的、貨幣的な概念だよね
使うなら、公平感だろう

296 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 21:54:03.54 I


297 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 21:56:33.21 0
東原亜希さんは第三の波平のことも平等に気にかけてあげてください。

298 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 22:14:12.48 0
291
するどいね

299 :考える名無しさん:2013/10/20(日) 23:33:19.07 0
「デスブログについて語り合う旅」という企画でタイ(Thailand)への4泊7日の旅行がいい。旅行中の談話を随時ネット生配信するコンテンツ。
企画が通ったら、東原亜希さんには事前に菓子折持って挨拶してくるのが筋だろう。

300 :タイ(Thailand)って:2013/10/20(日) 23:38:51.23 0
http://ameblo.jp/higashihara-aki/entry-10054364018.html

301 :誘導論:2013/10/21(月) 00:19:36.60 0
僕もテレビつけて聞いてました。
出エジプトとかと同じで柄谷的と思いながら。
狩猟採集民が本当に平等なのかよく分りません。
NAM以来、「国家=資本に対抗して平等を実現せよ」が柄谷氏の決め台詞ですね

302 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 02:34:04.11 P
平等=くじ引き
自由=地域通貨

303 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 07:41:17.49 0
平等は等価交換的な概念ですね。すなわち相手は誰であるかを選びません。

貨幣は持ち手が誰であろうが等しく価値をもち、等価交換可能です。
交換の瞬間にすべてが清算され完結するからです。

それに対して贈与交換は相手を選びます。交換は決して一回では清算されず、相手との関係を継続します。
このような贈与交換は個人間の一対一よりも、限られた集団内の円環として働く場合が多い。
これは平等ではなく、いわば公平な関係です。相手の顔を知り継続的な関係によって助け合い、バランスを取ります。

304 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 07:44:39.59 O
昨日のNHKは平等ではなく公平な関係でしょうが、
まあそこまで細かいことはいいでしょうが

305 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 07:54:57.99 0
柄谷スレならいうでもがなですが、
このような贈与交換の集団を成立させるには、純粋贈与の存在が重要です。

すなわち天の恵み(天災)。人智を越えた力が生存を大きく作動する場合には、天から与えられたもの(災害)は集団として分配しないと個人では受け止められません。
このために生存を共有する集団内で贈与分配する公平な信頼関係が大切になります。
それを破り独り占めするものは集団の生存を脅かす危険分子として、排除されます。

306 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 08:01:23.15 O
昨日のNHKでもそうですが、大規模な農耕がこの関係を崩します。
生存に必要以上の大量の富の蓄積ができることで、純粋贈与圧は緩みます。

天の恵み、天災と人との緩衝になります。

そこに富を巡る争いがおきます。多くの富を得ることが生存に優位になり、階級が生まれます。

そして富の独占者との再配分の関係が生まれます。

307 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 08:07:57.77 0
>>306
答えなさい。

あなたは東原亜希さんのことを愛していますか?

(返事がない場合は、熱愛していると言うのが恥ずかしくて黙っていると受取ります。)

308 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 08:26:02.37 O
近代にこの関係を大きく変えるのが資本主義の登場ですね。

貨幣交換の全面化は富の意味を決定的に変えます。
貨幣等価交換の清算性により、贈与交換のように交換に人を選ばず、その場で清算されるので初対面だろうが交換が可能になります。
これにより市場の流動性が上がり、市場規模が膨らみます。
そして一番重要なのは資本による富の増殖でしょ。貨幣が流通することで富が富を生むようになります。
これはある種のギャンブルの原理ですが、誰でも富を得る可能性がでてくる。
そして貨幣では富の蓄積にコストがかからなくなります。町の商人などでも可能になります。

309 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 08:29:38.93 0
このように資本主義社会では、人々が平等に自由に貨幣交換することで富の流動性が上がり、富が増加します。

このために社会の自由、平等が重視されます。

310 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 08:31:22.56 0
近代にうつが増えたとすれば、むしろ自由、平等が原因ではないでしょうか。

311 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 08:34:56.55 0
>>309-310
あなたの東原亜希さんへの愛は偽物ですか?第三の波平さんは平等に東原亜希さんを愛してはいないのですか?

答えられないくらいに無責任な論説を今行っているのですか?その欺きは、東原亜希さんへの愛のためですか?

312 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 08:46:43.56 0
 



公平と平等を唱える第三の波平さんは、東原亜希さんを変わらず愛しています。よろしくお願いします。

313 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 09:00:14.09 0
喜べ波平。進展があった。
https://www.google.com/webhp?source=search_app#q=%E6%9D%B1%E5%8E%9F%E4%BA%9C%E5%B8%8C%E3%80%80pikarrr
今までは、その2語のキーワードで検索してもベージ下部に関連リンク集が表示されなかった。

それが、この度、皆様方のご協力の甲斐ありまして、見事に関連キーワード発生致しました。
目に見える成果というものは気持ちの良いものですね。今日は盛大に祝いましょう。


(怖いのはpikarrrが名前でなく構造として関連されたという点。[キーワードにpikarrrの文字はない≠pikarrrは関係ない]←これ重要)
↓今回、新たに発生したページ下部の中身↓  

東原亜希 pikarrrに関連する検索キーワード

東原亜希 ブログ         東原亜希 2ch
東原亜希デスブログ      アメブロ 東原亜希
東原亜希 子供 名前      東原亜希のhappy box
東原亜希呪い          ママスタ 東原亜希
東原亜希 骨盤         東原亜希のstyle book

314 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 09:46:45.74 0
>>307
おもろい

315 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 11:05:54.84 0
www.youtube.com/watch?v=SzSMrZ01Dok

316 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 12:20:02.77 O
要するに、原始社会の贈与交換による公平感と
近代資本主義社会の貨幣交換による平等とは大きく違う。
NHKが言うように原始社会にストレスが少なく、現代人にストレスによるうつが多いとすれば、
平等、自由そのものにストレスが潜んでいる。

317 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 12:31:22.10 O
公平な社会では信頼関係ある限られた人々と交換のコミュニケーションをつづけることに対して、
平等な社会では、見ず知らずと人々と会い、交換し、そして清算する。
これによって高い流動性が可能になった。
相手が誰であるとか関係なく、互いを平等であるとして関係する。
しかしこれはある種のストレスである。
流動性の向上は交通の発達も生み出し、いままででは考えられない人々と出会い別れることになる。
これは平等だから可能になることだ。

たとえばフロイトが精神分析を発明したのは、二十世紀初頭の、コスモポリタンであるウィーンである。

318 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 12:36:55.45 0
たとえば会社の上下関係と平等は両立している。
逆にいえば平等だから上下関係が成立している。

封建的に階級が生まれで固定され、人権まで差があるわけではない。
仕事の効率の分業として組織化されている。
だから上に上がる可能性は開かれている。

しかしそこに落ちたり、上がったり競争という流動性が生まれる。
より複雑な人間関係が生まれる。

319 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 12:42:30.44 0
簡単にいえばギャンブル社会である。
誰にも平等にベットする権利が与えられている。それはまた義務でもあり、決して逃げられない。

これは生理的にはかなり不自然な社会なんだろう。

人類史をたどれば、農耕社会になったのは古く見て一万年前。
資本主義が全面化したのは古く見て五百年前

それ以前に人類は十万年近く原始社会を生きている。

320 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 12:45:58.98 0
平等な社会は五百年にも満たない。
このような資本主義、民主主義な平等を支えているのが国家群体制である。

321 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 13:13:21.31 0
たけはらはたけやま

322 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 13:17:54.93 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやま

323 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 14:15:01.92 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

324 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 14:18:46.65 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

325 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 14:21:27.06 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

326 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 15:24:19.51 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

327 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 15:29:16.43 0
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま
たけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやまたけはらはたけやま

328 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 16:28:52.16 0
波平さんの理論だと、ギャンブル依存などは現代社会の縮図であって
平等を掴み取るために戦っている人たちのようにも捉えることができますね

329 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 16:32:19.87 0
それはカイジの理論だ

330 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 19:30:59.49 O
>>328
では偶然性の位置で考えてみましょう。
原始社会では回りは偶然の世界(純粋贈与/破壊)です。
その中で小さな集団は信頼関係を頼りに寄り添い安全を確保します。

それが大規模な農耕社会になると、外部はまだまた偶然の世界ですが、富の蓄積が偶然と生存の間のクッションになります。
富とは単に食料だけでなく、様々なインフラ整備などもあります。
このようなインフラ整備は権力者に税を納める再配分により、公的な事業として行われます。
ここに階級社会が生まれます。

331 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 19:38:16.71 0
さらに貨幣社会になり、分業体制が整うと、富は増大し、より強固なインフラが整い、 安全な環境が整い、
外部の偶然性は大地震程度になります。

このようになると逆に偶然性を飼い慣らすようになります。
必要な程度で偶然性を取り入れることで富を増やす。
ケインズがいうアニマル・スピリッツです。

332 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 19:40:41.21 0
社会を活性化する程度に偶然性を引き込み、経済を活性化させる。
それがたまにアンコントロールに暴走すると恐慌、バブル崩壊にいたります。

333 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 19:50:07.14 0
贈与交換は安全です。繰り返された信頼ある人々と交換するからです。

しかしマルクスが言うように貨幣交換は命懸けの飛躍であり、偶然性を含んでいて危険です。
さらには資本は貨幣交換はをさらにリターンが大きくなるように増幅させて危険です。
より詳細にいえば貨幣交換はすぐに清算されますが、
資本は清算を未来に延長することで偶然性をさらに呼び込み、そのリスクの代わりにリターンを増やします。
このような荒業はある種、社会から偶然性を排除し安全が図られるからできるのです。
なにが起こるかわからないジャングルの中でできるものではありません。

334 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 19:54:13.79 O
話がそれましたが、要するに平等と自由がもつ抑圧です。

個が安全と偶然の繰り返しを背負うということ。
これはある種の疲労テストとも言えます。

335 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 20:05:11.03 O
平等であれ、自由であれとは簡単にいえばブラウン運動する粒子のようなもので

336 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 20:24:49.43 0
第三の波平「贈与交換は安全です。繰り返された信頼ある人々と交換するからです。」
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1378371036/333

聞きましたか、そこの奥さん、東原亜希さん?    



霊姑浮という偽名を使っていますが第三の波平ことpikarrrを申します。略して波平って呼びます。
波平の愛を、受取ってあげてください。波平はこれほどまでに平等な分配を訴えています。遠回しな求愛宣言です。
まっすぐに気持ちを伝えられはしない恥ずかしがり屋なんです。

もう一度言います。

波平さんはデスブログの全てを、愛しています。天から眺めるグーグル様にはお見通しです。


第三の波平「しかしマルクスが言うように 命懸けの飛躍であり、偶然性を含んでいて危険です。」
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1378371036/333
見てください。
波平の愛は平等です。交換され波平に戻るリターンがどんな形であれ、それは「愛」なのです。
喩え、奇しくも「愛」が、人の命を奪おうとも。

波平にはそれなりの覚悟があります。

337 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 20:35:27.76 O
>>336
なに?39才元あかね住人現岡山在住ニートさん

柄谷オタってこんな廃人難ばっかか(笑)

338 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 20:38:47.82 0
純一のキチガイっぷりが常軌を逸してきたw

339 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 20:44:17.79 0
逸してねーよw 全盛期の10分の1にもなってないw

340 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 20:50:24.84 O
>>339
全盛期はいつ?

あかね住人時代(笑)

341 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 21:01:14.99 0
あかねすら知らなかった波平w

342 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 21:03:56.79 0
どう考えてもニートやんw↓

253 名前:霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/20(日) 03:09:39.00 0
●復讐の春秋-臥薪嘗胆 ← 約32時間
●孫子<<兵法>>大伝 ← 約28時間
●恕の人-孔子伝- ←  約28時間
●三国争乱 春秋炎城 ← 約24時間
○項羽と劉邦 King's War ←  約60時間
○三国志 Three Kingdoms ← 約60時間
△水滸伝 ←  約65時間
△大漢風 項羽と劉邦 ← 約45時間

343 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 21:09:17.99 0
ひと月で約350時間、
1日あたり12時間近く中国ドラマを観ている計算になるw

要はツタヤ辺りで中国ドラマのDVD借りてニートで有り余る時間を
潰してる毎日って事だなw

344 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 21:13:19.35 0
>>342
39才元あかね住人現岡山在住ニートさん へのヒント
●視聴済み
○未視聴
△視聴中

>項羽と劉邦 King's War
発売すらされてない(笑) 

345 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 21:20:44.64 0
波平は英雄というより時の犠牲者、ミスキャスト。 歌詞 by X Japan

346 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 21:25:28.54 0
仮に控えめに見て月150時間と換算しても
1日約5時間w

どっちみちニートやんw

347 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 21:27:07.07 0
■なぜ平等はうつ病を生むのか

平等と公平感

平等は等価交換的な概念ですね。すなわち相手は誰であるかを選びません。貨幣は持ち手が誰で
あろうが等しく価値をもち、等価交換可能です。交換の瞬間にすべてが清算され完結するからで
す。それに対して贈与交換は相手を選びます。交換は決して一回では清算されず、相手との関係
を継続します。このような贈与交換は個人間の一対一よりも、限られた集団内の円環として働く
場合が多い。これは平等ではなく、いわば公平な関係です。相手の顔を知り継続的な関係によっ
て助け合い、バランスを取ります。昨日のNHKは平等ではなく公平な関係でしょうが、まあそ
こまで細かいことはいいでしょうが。

このような贈与交換の集団を成立させるには、純粋贈与の存在が重要です。すなわち天の恵み(天
災)。人智を越えた力が生存を大きく作動する場合には、天から与えられたもの(災害)は集団と
して分配しないと個人では受け止められません。このために生存を共有する集団内で贈与分配す
る公平な信頼関係が大切になります。それを破り独り占めするものは集団の生存を脅かす危険分
子として、排除されます。

348 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 21:27:46.26 0
資本主義と、自由と平等

昨日のNHKでもそうですが、大規模な農耕がこの関係を崩します。生存に必要以上の大量の富
の蓄積ができることで、純粋贈与圧は緩みます。天の恵み、天災と人との緩衝になります。そこ
に富を巡る争いがおきます。多くの富を得ることが生存に優位になり、階級が生まれます。そし
て富の独占者との再配分の関係が生まれます。

近代にこの関係を大きく変えるのが資本主義の登場ですね。貨幣交換の全面化は富の意味を決定
的に変えます。貨幣等価交換の清算性により、贈与交換のように交換に人を選ばず、その場で清
算されるので初対面だろうが交換が可能になります。これにより市場の流動性が上がり、市場規
模が膨らみます。そして一番重要なのは資本による富の増殖でしょ。貨幣が流通することで富が
富を生むようになります。これはある種のギャンブルの原理ですが、誰でも富を得る可能性がで
てくる。そして貨幣では富の蓄積にコストがかからなくなります。町の商人などでも可能になり
ます。このように資本主義社会では、人々が平等に自由に貨幣交換することで富の流動性が上が
り、富が増加します。このために社会の自由、平等が重視されます。

349 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 21:28:25.57 0
うつが増えたのは自由、平等が原因

近代にうつが増えたとすれば、むしろ自由、平等が原因ではないでしょうか。要するに、原始社
会の贈与交換による公平感と近代資本主義社会の貨幣交換による平等とは大きく違う。NHKが言
うように原始社会にストレスが少なく、現代人にストレスによるうつが多いとすれば、平等、自
由そのものにストレスが潜んでいる。

公平な社会では信頼関係ある限られた人々と交換のコミュニケーションをつづけることに対して、
平等な社会では、見ず知らずと人々と会い、交換し、そして清算する。これによって高い流動性
が可能になった。相手が誰であるとか関係なく、互いを平等であるとして関係する。しかしこれ
はある種のストレスである。流動性の向上は交通の発達も生み出し、いままででは考えられない
人々と出会い別れることになる。これは平等だから可能になることだ。たとえばフロイトが精神
分析を発明したのは、二十世紀初頭の、コスモポリタンであるウィーンである。

350 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 21:28:59.72 0
たとえば会社の上下関係と平等は両立している。逆にいえば平等だから上下関係が成立している。
封建的に階級が生まれで固定され、人権まで差があるわけではない。仕事の効率の分業として組
織化されている。だから上に上がる可能性は開かれている。しかしそこに落ちたり、上がったり
競争という流動性が生まれる。より複雑な人間関係が生まれる。簡単にいえばギャンブル社会で
ある。誰にも平等にベットする権利が与えられている。それはまた義務でもあり、決して逃げら
れない。

これは生理的にはかなり不自然な社会なんだろう。人類史をたどれば、農耕社会になったのは古
く見て一万年前。資本主義が全面化したのは古く見て五百年前。それ以前に人類は十万年近く原
始社会を生きている。平等な社会は五百年にも満たない。このような資本主義、民主主義な平等
を支えているのが国家群体制である。

351 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 21:29:36.15 0
偶然性と交換様式

では偶然性の位置で考えてみましょう。原始社会では回りは偶然の世界(純粋贈与/破壊)です。
その中で小さな集団は信頼関係を頼りに寄り添い安全を確保します。それが大規模な農耕社会に
なると、外部はまだまた偶然の世界ですが、富の蓄積が偶然と生存の間のクッションになります。
富とは単に食料だけでなく、様々なインフラ整備などもあります。このようなインフラ整備は権
力者に税を納める再配分により、公的な事業として行われます。ここに階級社会が生まれます。

さらに貨幣社会になり、分業体制が整うと、富は増大し、より強固なインフラが整い、安全な環
境が整い、外部の偶然性は大地震程度になります。このようになると逆に偶然性を飼い慣らすよ
うになります。必要な程度で偶然性を取り入れることで富を増やす。ケインズがいうアニマル・
スピリッツです。社会を活性化する程度に偶然性を引き込み、経済を活性化させる。それがたま
にアンコントロールに暴走すると恐慌、バブル崩壊にいたります。

352 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 21:30:07.55 0
贈与交換は安全です。繰り返された信頼ある人々と交換するからです。しかしマルクスが言うよ
うに貨幣交換は命懸けの飛躍であり、偶然性を含んでいて危険です。さらには資本は貨幣交換は
をさらにリターンが大きくなるように増幅させて危険です。より詳細にいえば貨幣交換はすぐに
清算されますが、資本は清算を未来に延長することで偶然性をさらに呼び込み、そのリスクの代
わりにリターンを増やします。このような荒業はある種、社会から偶然性を排除し安全が図られ
るからできるのです。なにが起こるかわからないジャングルの中でできるものではありません。

話がそれましたが、要するに平等と自由がもつ抑圧です。個が安全と偶然の繰り返しを背負うと
いうこと。これはある種の疲労テストとも言えます。平等であれ、自由であれとは簡単にいえば
ブラウン運動する粒子のようなもので

353 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 21:30:33.35 0
波平は主婦とかなら良かったのになw
趣味はおばさん臭いし、思考力も女子並にしか無いw

しかし、欲情してる対象から考えても34歳の男であり、
単なる情けないおっさんであるという事実w

354 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 21:31:57.72 0
345 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 21:20:44.64 0
波平は英雄というより時の犠牲者、ミスキャスト。 歌詞 by X Japan

>>345 の歌詞はこちらへ
https://www.google.co.jp/?complete=0#complete=0&q=miscast+%E6%AD%8C%E8%A9%9E+%22x+japan%22

作詞者のHIDEは自殺してしまった。
窒息寸前の快楽首つりオナニーの最中で生還に失敗したとの噂がある。

355 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 21:33:38.89 0
デスブログはミスキャストを選定し、下す。


怖い。

356 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 21:34:41.62 0
>>
NHKスペシャル 第3集 うつ病 〜防衛本能がもたらす宿命〜
http://www.nhk.or.jp/special/yamai/detail/03.html

働き盛りを襲い自殺に追い込むなど、深刻な社会問題になっている「うつ病」。世界の患者数は3
億5千万人に達し、日本でもこの10年あまりで2倍に急増しています。
なぜ、私たちはうつ病になるのでしょうか?
その秘密が、意外にも5億2千万年前に誕生した魚の研究から明らかになってきました。魚でも、
「ある条件」を作ると、天敵から身を守るために備わった脳の「扁桃体(へんとうたい)」が暴走
し、うつ状態になることがわかってきたのです。

更に2億2千万年前に誕生した哺乳類は、扁桃体を暴走させる新たな要因を生みだしていました。
群れを作り、外敵から身を守る社会性を発達させたことが、孤独には弱くなり、うつ病になりや
すくなっていたのです。
そして700万年前に人類が誕生。脳が進化したことで高度な知性が生まれ、文明社会への道を
切り開いてきました。しかしこの繁栄は、皮肉にも人類がうつ病になる引き金を引いていました。
文明社会によって社会が複雑化し、人間関係が一変したことが、扁桃体を暴走させ始めたのです。

番組では、研究の最前線で明らかにされてきたうつ病の秘密に迫り、そして進化を手掛かりにし
て生まれた新たな治療法を紹介。人類の進化がもたらした光と影を浮き彫りにしていきます。
<<

357 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 21:36:50.75 0
なるほど、うつだからボクは働けないんだ、と
波平は言いたいのか

358 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 21:41:21.83 0
キリスト教が欧州で一気に拡大する時期にもうつ病患者が急増したといわれてますね。
これは旧来の田舎的な規範と、キリスト教の新しいモラル意識との激しい抵触によって起こったという説がありますけど
教会に赴き神に懺悔することで乗り越えることができたといいます。
しかし日本にゃ神様がおりません。うつ病になったとき、一体何をどうすればいいのかわからない
というのが実情なんではないでしょうか。

359 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 21:45:07.21 0
>>358
>キリスト教が欧州で一気に拡大する時期にもうつ病患者が急増したといわれてますね。

これは本当でしょうか。
ほんとだとすると、平等がうつを生むことを補強しますね。

柄谷なんかもよく言いますが、キリスト教と貨幣交換には
ある種の近似があります。
西洋で資本主義が発展したのは、キリスト教的な下地があると言われます。

360 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 21:47:48.94 0
素晴らしい自演ですねw

361 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 21:49:15.49 0
miscastの歌詞を現国の設問だと思って読解してください。
脳みそ持ちの生身の人間ならできる仕事です。

>>354のグーグル検索済みURLの先の歌詞を読むとわかりますが、

繰り返すのです。
恐ろしいことに、パターン通りに、なされるのです。


618 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 08:33:12.11 0
●持ちの波平の個人情報が漏れて波平が文部科学省の天下り組元エリート官僚兼哲板の管理人であることがバレてしまったから終了。

634 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 15:59:20.31 0
>>618
文部科学省の天下り組元エリート官僚兼哲板の管理人なのに、あんなに頭が悪いの?日本は終わってるね。
悪いのは頭の悪い波平ではない。
頭の悪い波平でも頭脳の頂点に登らせた日本のシステムだ。
波平は社会のピエロかつ国家の犠牲者だったんだな。

635 :考える名無しさん:2013/10/17(木) 16:02:13.68 0
そのとおり

362 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 21:57:25.64 0
そもそも宗教とは自然信仰に始まる。
人は古来より自然とともに生きてきたわけで、そこに霊的なものを感じる。
特に農耕時代になると豊作を祈願する。
いまの日本の祭りでもそうだけど、農耕生活と信仰が一体になってる。
神様とはなにで、教えがなにか、とかではなくて生活の中で守り、祈り、感謝する。

でもユダヤ人はそれとは別の宗教を生み出した。
ユダヤ人は砂漠の放浪民で自然を憎み、土地に根ざして豊かに生きる自然信仰民族を嫉み、
自分たちだけを救う自然を超越した絶対神を生み出した。
その神とのつながりは自然信仰のように生活によってではなく、言葉=掟で契約することである。

ユダヤ教の原理は、自然と反しようが理屈に反しようが、とにかく神との掟(契約、言葉)を
守ることによって成立する。
キリスト教はこのユダヤ教をユダヤ人以外にも参加できるように改良したものだ。
自然信仰が農耕生活に根ざすからその土地に生きることで参加する、
逆に言えばよそ者は排除される、すなわち贈与交換の世界であるのに対して、
キリスト教は、神を信じ、掟を守ればだれでも信者になれることにある。
すなわち神と個人との契約である。神の前では誰もが平等であると。
そのために流動性が高まるヘレニズム時代の都市層に広まり、
その後ローマ帝国国教として世界へ広まる。

またそれとともに西洋にはギリシア哲学の理性主義の流れがある。
理性主義は、この世界には正しさ(イデア)があって、
人はその正しさに理性(言葉)によって近づけると考える。
キリスト教はそのはじめからギリシア哲学の影響を受けていると言われるように、
ユダヤ教の反自然信仰、掟主義とギリシア哲学の理性主義が合わさって発展する。

それとともに神と個人の平等の契約というキリスト教的エッセンスによって、
その後、理性主義は個人の理性という個人の自立をより強化する。


ようするに、西洋人には言葉(掟)というのが強い力を持つ系譜がある。

363 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 22:02:44.50 0
何故ボクは無理して難しい事を喋ろうとし、
そして知力が追いつかず、誤字するのか?

364 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 22:08:35.49 0
>ようするに、西洋人には言葉(掟)というのが強い力を持つ系譜がある。
ということは、言の葉の理(ことわり)を軽視しながら、嘘も方便も垂れ放題で叩かれ続けた歴史が波平にはある。

波平は、東原亜希さんとX Japanのmiscastを一緒に歌ってみたいそうです。

波平さんはこうも言っています。
>いまの日本の祭りでもそうだけど、農耕生活と信仰が一体になってる。
>神様とはなにで、教えがなにか、とかではなくて生活の中で守り、祈り、感謝する。

波平さんは、東原亜希さんの畑に種を植え、二毛作も悪くはないと、とても遠回しに提案しています。

365 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/21(月) 22:08:53.40 0
とはいっても、実際キリスト教がローマ国教となり、ゲルマン民族へと
広がる中では、かなり土着の宗教と融合し、
神と個人という原理は曖昧になる。
それが再び回帰するのは、宗教改革のとき、さらには反宗教改革という、
16世紀である。
このときはまさに西洋が資本主義へとテイクオフを始める時期でもある。

366 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 22:11:54.16 0
そして資本主義はさしこを生み出した、
つまり、資本主義はさしこを生み出す為に存在していたのです、と。

波平さん、なかなか頭が良いですな。

367 :考える名無しさん:2013/10/21(月) 23:47:37.56 0
波平さんは、デスブログの性交を望んでいます。波平に愛を与えてあげてください。


野生動物に餌は与えないでください。

368 :考える名無しさん:2013/10/22(火) 00:09:25.82 0
波平はもっと正直に自分を語らないと駄目。

何故引き篭もったのか?とか
純一は何でも喋ってたじゃん、あれぐらい正直に喋らないと
パクった事にならんぞw

369 :考える名無しさん:2013/10/22(火) 00:29:07.00 0
中国ドラマを1日5時間も観る人間が働いてる訳がないだろw

口でリーマンを気取っても
数字は波平が無職の引き篭もりである事を示してるw

働けよw

370 :rage:2013/10/22(火) 00:30:21.70 0
もしもニート同士で働け働け言い合ってるとしたら悲惨ですね

371 :考える名無しさん:2013/10/22(火) 00:35:00.15 0
そういう君はどうなんだ?

372 :考える名無しさん:2013/10/22(火) 00:43:07.48 0
波平も24歳くらいだったら余裕だったんだろうな

だが、タラタラ過ごして気が付いたら34歳…

悲惨なw

373 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/22(火) 08:26:28.00 0
キリスト教の平等はどこからきたのか

キリストのユダヤ人以外に解放された、誰にも等しくという理念。
自然宗教のような自然も神官も通さない神と個の直接的な対話。
三位一体論における、キリストが神であり人であることのペルソナとしての個。

そこにはヘレニズムのギリシア理性主義が隠されていたのだろう。

流動性が高く個がむき出しになりやすい都市層に需要があったのだろう。

平等そのものはキリスト教によるというより、貨幣社会の中で台頭する都市層の平等思想に受け入れられた。
しかしローマ帝国崩壊とともにキリスト教も土着化する。
司祭は土地の有力な政治的役職になり、それを統括する教皇という構造が生まれる。
それが再び原点回帰したのが宗教改革であるが、この時期がヨーロッパか経済的な復興し始めた時期とかさなるのは偶然ではないだろう。
再び改革を後押ししたのは都市層であった。
その後、既得権力としてのカトリックと新興都市層のプロテスタントの構図が進む。

すなわち都市化するとキリスト教が求められるという流れがある。

374 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/22(火) 08:42:59.12 0
キリスト教は貨幣社会の平等圧を補完し、救済効果として発達したのかも知れない。

単純には中世キリスト教世界が、科学技術に実証主義にとって変わられたと考えられるが、
実際がキリスト教が純粋に教義として徹底されたのは宗教改革以降で、
資本主義、科学技術を下支えしてきた。

平等がもつ抑圧を緩和してきたといえる。

375 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/22(火) 08:50:48.23 O
まさに近代化において、プロテスタンティズムの厳格さは発揮される。
それはウェーバーに聞くまでもない。

たとえは日本でも明治に入り、近代を目指すなかで社会を変えたのはこのプロテスタンティズムの影響である。

性的に特にわかりやすいが、性的に寛容だった日本人は一気に貞操観念を取り入れ、
処女、貞淑、純愛などが導入される。
現在昔の日本人は性的に固かったというイメージはまさに、この明治期のプロテスタンティズムの影響である。

近代化において、国家として富国強兵をめざし国民を統制するために、
プロテスタンティズムは有用であった。

376 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/22(火) 08:59:14.66 O
宗教改革は増える社会の富を教皇主義として独占しようとするカトリックと
新興の富裕層などの勢力のプロテスタントの対立と言える。

そもそも聖書にも書かれていない教皇主義が台頭するのはそれほど古くない。 ヨーロッパ経済が立ち上がり始めた十三世紀以降である。
そして富をめぐり台頭し始めた国家と対立するようになる。

377 :考える名無しさん:2013/10/22(火) 11:17:05.12 0
波平ってヨーロッパに実際に飛行機に乗って行ったことあるの?
 
 

378 :考える名無しさん:2013/10/22(火) 11:18:09.22 0
経験なんてしてないだろw

379 :考える名無しさん:2013/10/22(火) 12:24:23.66 0
たけはらはたけやま

380 :考える名無しさん:2013/10/22(火) 12:25:34.92 0
たけはらはたけやま

381 :考える名無しさん:2013/10/22(火) 12:27:33.70 0
たけはらはたけやま

382 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/22(火) 12:55:06.27 O
>>377

こんな間抜けな質問は三年ぶりだな(笑)

383 :考える名無しさん:2013/10/22(火) 13:02:46.13 0
>>382
3年前の間抜けな質問は?

384 :考える名無しさん:2013/10/22(火) 13:33:01.27 0
たけはらはたけやま

385 :考える名無しさん:2013/10/22(火) 13:37:50.87 0
たけはらはたけやま

386 :考える名無しさん:2013/10/22(火) 13:39:29.62 0
たけはらはたけやま

387 :考える名無しさん:2013/10/22(火) 13:40:46.86 0
たけはらはたけやま

388 :考える名無しさん:2013/10/22(火) 14:00:31.00 0
たけはらはたけやま

389 :考える名無しさん:2013/10/22(火) 17:20:01.73 0
>>382
so, how many times have you renewed your passport so far?

390 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/22(火) 17:53:58.95 0
教皇主義が対立したのは、一つは司教。各地方に地盤を持つ司教は中央集権的な教皇主義と対立した。
さらには公会議主義。 古くから公会議によって様々なことは決定された。
ここでは教皇も1権利者でしかなかった。

そもそも聖書に明確に規定されていない司教や教皇はイデオロギー的な対立を生んできた。

しかし教皇の最大のライバルは国王である。
アウグスティヌスの地上の王と神の王の規定から差異を生んできた。
しかし実際に対立を生んだのはカノッサの屈辱あたりからである。

391 :考える名無しさん:2013/10/22(火) 19:14:47.27 0
俺波平が大嫌い 頼むから視界から消えてくれ

392 :考える名無しさん:2013/10/22(火) 19:29:47.91 0
>>391
幼稚園児のワガママかw

393 :はたらけ はたらけど はらたけひろみ:2013/10/22(火) 19:47:28.03 0
ナスカの痴情ェ @synfunk 9月21日
ジャーナリストやライター、作家に「金のために書いているだろう」と
投げかけ批判した気になってる人間が馬鹿なのは失礼からくるものではなく
当たり前のことを言って痛罵した気になっているからである。魚屋に
「金のために魚を売ってるだろう」と非難する人間の間抜けさを想像すれば
わかる。

佐々木真 @sasaki_makoto 1時間
@synfunk @fjmt033 「批判した気になってる」という言い方は好きじゃないですね

ナスカの痴情ェ @synfunk 16分
貴方がどういう人か知りませんが貴方の好き嫌いなんか知らないので
私から@を飛ばしてないのと同じように勝手に呟いててもらえませんか。
RT @sasaki_makoto synfunk fjmt033 「批判した気になってる」という言い方は好きじゃないですね
2013年9月22日 - 23:22 · 詳細

394 :考える名無しさん:2013/10/22(火) 19:52:53.32 0
ナスカの痴情ェ @synfunk 18時間
俺は俺の好き嫌いでこじらせたもので手一杯なのにお前の好き嫌いなんか知るかよ。かまってくれる相手が欲しいだけなら他をあたれ。鬱陶しい。俺はお前が嫌いだ。

395 :考える名無しさん:2013/10/22(火) 20:03:45.11 0
http://minakoe.jp/blog_rank/site_info/7_blog_2Elivedoor_2Ejp_2Fmakorin2001_2F/

396 :考える名無しさん:2013/10/22(火) 22:17:31.81 0
これ↓書いた当時、波平は24歳、
今は2013年だから2003年より+10年で現在34歳

> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ〜 :03/09/08 10:44
> >45
> そう、無職。プーとも言うが。

397 :考える名無しさん:2013/10/22(火) 22:20:44.01 0
この当時はまだ若いから無職って言えた訳よ
いつか働くだろう、出版社からお声が掛かるだろうと
おそらく楽観的に考えてたんだろうな、当時の波平は。

398 :考える名無しさん:2013/10/22(火) 22:24:02.75 0
だが、いざ10年経ったらそのまんまw
24歳無職の波平が34歳無職にレベルアップしただけ

悲惨なw

399 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/23(水) 07:09:07.83 0
もとあかね会のおじさん、意味不明で壊れてる。
柄谷の犠牲者?(笑)

400 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/23(水) 07:19:40.13 O
働いたら負け的なことなのかね。
西洋が平等のストレスに対してキリスト教が緩和になったとすれば、日本人は?といえば、職だよね。

西洋には働くことは下僕のやるこという文化がある。
たとえは民族戦争が活発で負けることで大量の奴隷を産み出した西洋では、
働くことを奴隷にやらせる文化が根付いた。
キリスト教にしても、労働は失楽園後に背負わされた罪の一つと考えられる。
たとえば現代でも西洋ではサービスはなんでもコストと結び付く。
ファーストクラス、エコノミークラスの差は飛行機だけでなく、社会全般を構成する。

401 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/23(水) 07:34:29.50 O
日本ではサービスはそこまでコストと結び付いていない。
コストに関係なく、客をもてなす。それが「おもてなし」の精神の一つだ。
これは日本には西洋のような社会全体を支えるような奴隷労働力が生まれなかったことがあるが、
さらには日本では職が特別な意味を持つからだ。
古くは職はすべて天皇から与えられた役割という考えがある。
疑似単一民族日本では、職は日本人として社会を支える役割と考える家督主義がある。
だから将軍でさえも天皇から与えられた職の一つとして、天皇からの任命を重視する。
江戸時代など階級があり強いたげられた史観があるが、
これは西洋モデルを当てはめたもので、実際は日本の農民にしろ、自治権をもち、職としてプライドを持って改善にいそしんだ。
職は武士に言われてやる労働どはなく、自らの社会的な役割としてやっている。
そもそも武士には利益蔑視があるので、税の取り立ても結構雑だった。
たとえば日本の農民は農耕以上の副業が盛んだったが、このあたりからの徴収は無頓着だったなど

402 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/23(水) 07:42:05.42 O
たとえば中国には一族主義があって、血を重視する。

日本では一見似ているようで、実は家族、血よりも家督、家業、すなわち家族が担ってきた職を重視する。
家業を守るために血縁以外に託したりする。

このような家業主義はいまも残っていて、日本人が職を得ることは、賃金をえる、やりがいをえる以上に、
社会的な役割を果たす意味がある。
ニート、あるいは非正規社員に対する蔑視はこの当たりの感覚からきていんだろう。

403 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 07:45:48.52 O
何もわかってねえな波平はw

まあ碌碌社会にでたこともない波平じゃあしょいがねえかww

404 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/23(水) 07:47:40.53 O
日本の貧弱な社会保障制度も、
会社が社会保障の一部を担っていることからきている。

たから日本では正社員であることが経済的に有利なだけでなく、
社会的な立場として重要。
西洋のキリスト教の代替をしていると言えるほどに日本人の精神性を支えている。

405 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 08:49:36.49 0
>>404
あなた、波平さんはパスポートを更新したことがありますか。
あなた、波平さんのパスポートの色は何色ですか?

あなた、波平さんを差し置いて東原亜希さんとpikarrrが繋がり合っていることについて、
プラトンの知識を用いてコメントしてください。

(コメントがないときは波平の東原亜希さんへの愛が強すぎると自動的に解釈します。)

406 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/23(水) 12:41:09.72 O
もともと日本人の職業主義は、奈良時代以前にさかのぼり、
日本人の公平な関係を支えてきた。
身分制はあるとしても、職業においては社会の役割を担っている。
概念的には天皇を頂点として、それぞれが任された職業である。
それは家業として引き継がれる。

日本人の公平な関係を支える精神的な仕組みである。

407 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/23(水) 12:45:47.53 O
近代に入り、西洋から平等が取り入れた際にも、職業主義は継続する。

はたして日本は平等がわかっているのか、民主主義を理解しているのか、といわれる。
そこには個の尊重が重要であり、キリスト教文化をもとにしているといえる。
日本人は個の尊重というラディカルな原理を理解しているのか。
平等であるようにみえて、いまも職業主義による公平をベースにしている。
だから平等のストレスを被りにくい。

408 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/23(水) 12:49:28.67 O
だからこそ日本において非正規雇用の問題は、経済的に以上に深刻だといえる。
非正規雇用者は社会的な疎外をうけて、精神的な公平感をえることがむずかしい。

極端にいえば、一人前の市民ではないと見られてしまう。

409 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 13:18:59.39 0
波平はうんこ ムカつく マジしね

410 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 13:24:07.84 0
波平消えろ! じさつしろ!!!!!!!!!!!!!

411 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 14:31:04.49 0
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ

412 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 14:55:20.03 0
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ

413 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 14:56:13.13 0
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ

414 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 14:59:33.43 0
まったく新しい解釈の世界史だ 歴史教科書問題だ

415 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 15:23:08.24 0
日本の非正規社員は倫理であった

416 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 16:28:17.45 0
波平はよっぽど暇なんだな!
一日中他人のスレ荒らしてばっかり!

やっぱり死ぬべき!波平失せろ!

417 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 16:32:43.73 0
波平失せろ!波平失せろ!

418 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 16:39:17.21 0
波平はよっぽど暇なんだな!
一日中他人のスレ荒らしてばっかり!

やっぱり死ぬべき!波平失せろ!

419 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 16:46:47.44 0
波平失せろ!波平失せろ!

420 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 16:47:57.65 0
せろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ

421 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 16:51:13.28 0
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ

422 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 17:08:03.48 0
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ

423 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 17:15:53.88 0
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ

424 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 17:49:31.94 0
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ

425 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 18:15:06.63 0
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ

426 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/23(水) 18:15:26.91 0
資本主義より、平等をめざす社会主義は平等ストレスをいかに回避するのか

現に実験済みだ。

信頼をつくる贈与交換、すなわち贈収賄である。

427 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/23(水) 18:30:25.97 O
社会主義は必ず腐敗する。
これは失敗例ではなく、必然である。
理屈はすごく単純である。あなた身近な人に愛情をもつことと、見ず知らずの人にも等しく愛情をもつことを比較すればよい。
前者はまさに人間の本質であるが、後者は神の世界である。
そもそも平等は理想であり、理念である。だから繊細で不安定で脆い。
それに対して身近な人に愛情をもつことは当たり前の状態である。
だから贈与交換と貨幣交換を等しく並べるのはおかしい。
社会の基本は贈与交換であり、貨幣交換という脆弱なシステムは本質的にはありえない。
これがまさにマルクスが商品交換が共同体の間にはじまるといい、命懸けの飛躍といった意味である。
まして平等など。

428 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/23(水) 18:35:16.51 O
だからマルクスが共同体の間にはじまるといったのはまったく不十分である。
共同体の間、すなわち命懸けの飛躍すべき裂け目の間で行われるのは、略奪である。

商品交換が行われるためにはこの脆い行為を行うための、治安維持権力がいる。
だから十分に市場が発達するには国家が必要なのである。

429 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/23(水) 18:37:48.44 0
とにかく社会主義という脆く不安定で繊細なシステムには繊細な金属の如くすぐに酸化して腐敗する。
これは言わば自然の摂理と言えるほど確かなことである。

430 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/23(水) 18:54:53.82 0
では資本主義は腐敗しないのか。
当然するが、資本主義は贈与交換をシステムに組み込んでいる。

確かに資本主義の基本は貨幣交換であるが、それはかなり限定的である。
たとえば純粋な等価交換がどれほどあるだろうか。
貨幣交換にしてもある種の信頼関係をもとにして、依怙贔屓が行われる。
さらにいえば金額が大きくなったときはどうだろうが。
大きな交換で重視されるのは相手を見ることであり、新規よりも実績であり、実績があればこそ、価格もおまけする。
まさにこれは資本の世界だが、さらにいえば本質的に金持ちは金持ち同士の信頼関係を築く。

ガチの自由競争なんて危なくてやってられない。

しかしであるそれでも、自由競争がなければギャンブルがなければ富は増えない。
それでも命懸けの飛躍飛躍に、アニマルスピリッツは終わらないし、
金持ちは流動する。

それが資本主義のバランスである。

431 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/23(水) 18:56:56.64 0
再度いえば社会主義は雑草のごとくはえてきる贈与交換を扱う仕組みが決定的に欠落している。

432 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 19:05:30.61 0
うつ病の原因をさぐるテレビ番組で、不平等がうつ病の原因だと言ってたな。

ある未開部族はすべての獲物を平等に分けるが、うつ病につながる脳の状態が非常に少ないそうだ。
富の集積が起こった古代文明から、うつ病につながる脳の状態が出てきたとかいう話だった。

原始共産制を思い起こさせるけど、やっぱり平等というのは、人間に平穏な精神状態をもたらすということなんだろう。

433 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/23(水) 19:10:06.95 O
>>432
だから精神の安定を生むのは公平であって、
平等こそが現代のうちの原因

434 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 19:24:05.50 0
波平はよっぽど暇なんだな!
一日中他人のスレ荒らしてばっかり!

やっぱり死ぬべき!波平失せろ!

435 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 19:25:53.55 0
波平はよっぽど暇なんだな!
一日中他人のスレ荒らしてばっかり!

やっぱり死ぬべき!波平失せろ!

436 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/23(水) 19:26:19.26 O
>>433
公平と平等はどう違うかって?
公平は卑近な信頼関係をいう。
たから外部との区別がある。

しかし平等は外部はなく、万人への等しさを求める。

437 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 19:34:34.80 0
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ

438 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 19:36:11.10 0
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ

439 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 19:39:00.21 0
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ

440 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 19:40:13.22 0
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ

441 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/23(水) 19:42:50.71 O
波平オタは波平スレいけよ!

442 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 19:46:03.34 0
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ
うせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろうせろうせろ波平うせろ

443 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 19:48:41.37 0
波平かまってよ

444 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 19:52:43.51 0
そうだ、今日から霊姑浮は俺の師匠になれ
俺に哲学を教えろ

445 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 19:55:47.48 0
さあ、弟子入りしたことだし、早く哲学を教えてくれ

446 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 20:02:26.07 0
441 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/23(水) 19:42:50.71 O
波平オタは波平スレいけよ!

447 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 20:08:53.41 0
おい、師匠、早くしてくれ

448 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 21:03:02.80 0
こちらの「怪異」(波平)は別です。晒し者として吊し上げられます。

波平さん、今までに何回パスポートを更新しましたか?

「返事したく」なければ、「死ぬ気で変じたく」ないのだと解釈します。

既に吸血鬼に吸われて、何度でも復活する身体を手に入れたのですか?

それは考え物です。対策を致します。

449 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 21:53:43.34 0
441 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/23(水) 19:42:50.71 O
波平オタは波平スレいけよ!

450 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 22:05:39.19 0
これ↓書いた当時、波平は24歳、
今は2013年だから2003年より+10年で現在34歳

> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ〜 :03/09/08 10:44
> >45
> そう、無職。プーとも言うが。

451 :考える名無しさん:2013/10/23(水) 22:14:20.34 0
310 名前:考える名無しさん :2013/10/23(水) 21:09:10.42 0
掲示板ごとなかったことにしてしまえば良い。

452 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 00:08:37.75 0
高齢者のネットの文章には、たぶんこんな特徴がある。文章が長い。同じ意見、
同じ話、思想を飽くことなく書き続ける。変化に弱い。新しい機器を使いこなせない。
新しい未知のことを学ぶことが出来ない。未来よりも過去に拘る。
脳が硬化している人は、その鋳型と惰性で同じパンを永遠に焼いているだけ。
しかも、売れないパンみたい。老害は嫌われるよ。波平みたいな人間のこと。

453 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 02:42:17.21 0
柄谷行人も鬱病の時があったと言ってたと思う。穀物の備蓄=権力であれば、日本のコメ=天皇崇拝も説明出来そうではある

454 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/24(木) 03:16:16.08 O
ヘイトスピーチみっともない

【社会】反ヘイトスピーチ団体、神戸で賛同呼び掛け…「今の日本は社会的上昇を望めぬ人の憎しみに満ち、それが在日に向かっている」★3
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1382489011/

455 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 03:23:34.34 0
have you ever visited any places in Europe, Namihei? btw, 波平さんを差し置いて東原亜希さんとpikarrrが繋がり合っていることについて、どうおもわれますか?

456 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 05:40:21.44 0
>>313
喜べ波平。更なる進展だ。
http://www.google.com/webhp?source=search_app#q=%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0+pikarrr
前回はキーワード 「東原亜希 pikarrr」の時の結果だった。
今回はキーワード 「デスブログ pikarrr」での結果だ。

嗚呼、グーグルとは恐ろしいものよ。
人よりも気が利き、人よりも仕事が早い。人よりも先を見越して、人よりも人の心を察する。
もしかしてグーグルのほうが人間らしいのではないか?
とはいえ、お祝いです。これも、皆様方の、ご支援、ご協力の賜でございます。
ほんとうに、目に見えてわかる成果というものは良いですね。進歩を促します。今宵は盛大に祝盃をあげましょう。

(怖いのは、その2語のキーワード中の「デスブログ」が構造的に関係を持ったという点だ。[キーワードにデスブログの文字はない≠デスブログは関係ない]←これ重要)
↓今回、新たに発生したページ下部の中身↓  

デスブログ pikarrrに関連する検索キーワード

pikarrrのブログ

457 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 05:56:42.52 0
>>456
喜べ波平。更に更なる進展だ。
https://www.google.com/webhp?source=search_app#q=%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0+%E7%AC%AC%E4%B8%89%E3%81%AE%E6%B3%A2%E5%B9%B3
今回はキーワード 「デスブログ 第三の波平」での結果だ。

一気に進展したな。
これも、皆様方の、ご支援、ご協力の賜でございます。お天道様も後押ししてくださっております。
ほんとうに、目に見えてわかる成果というものは良いですね。どうにもとまりません。本日は盛大に祝宴と決め込みましょう!

(怖いのは、その2語のキーワード中の「デスブログ」が構造的に関係を持ったという点だ。[キーワードにデスブログの文字はない≠デスブログは関係ない]←これ重要)
↓今回、新たに発生したページ下部の中身↓  

デスブログ 第三の波平に関連する検索キーワード

第三の波平ブログ 波平三本
第三の波平jxlbbnyqty 十三鉄腕波平
第三の波平 第3の波平
十三波平 第三デススター
十三波平通り 波平ブログ

458 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 06:00:46.44 0
純一自身が何よりもデスブログに近寄ろうとしてないか?w
波平より先に呪い殺されるぞ。

459 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 06:05:14.01 0
俺は純一ではないが、俺はそれ系の力に縁のある人だから大丈夫なのよ。だから、波平だけが嵌められてるの。

460 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/24(木) 06:59:15.02 O
なんで波平さんの話ばっかり?
もう引退したんじゃ?

461 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 17:00:24.45 0
川北センパイ
‏@hubbled
思想系の批評家はマクロ経済を何であんなにスルーするんだろうね。
経済学者もタイガイだけど、思想界の「大物」柄谷行人とかも00年くらいに
NAMとかいうの立ち上げて「国家と資本へ対抗するぞ、地域通貨だ」
なんつって実践しソッコー崩壊して、今や「デモが社会を変える」とかいうキワモノw
2013年10月24日 - 12:29

462 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 18:34:02.22 P
今の柄谷はなんとミクロ経済重視だ。

「家政に通じた人々を侮ってはいけない…」
(『哲学の起源』191頁より。クセノフォンの伝えるソクラテス言葉)

そうでなければ遊動民の評価などできないだろう。

ケインズ経済学などはカレツキによってマルクス経済学からすでに導かれていて、
新しいものは何もない。

「彼らにとって剰余価値などというものはない。利潤がすべてである。」
(定本『トランスクリティーク』380頁)

463 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 19:30:48.87 0
霊姑浮ってなんて読むの?うんこう?

464 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 19:34:49.96 0
ジョージ・レイコフじゃないの

465 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 19:42:32.24 0
『復讐の春秋 -臥薪嘗胆-』(ふくしゅうのしゅんじゅう がしんしょうたん、原題: 臥薪嘗胆、英題: The Great Revival )は中華人民共和国のテレビドラマ。
霊姑浮 (将軍)

466 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 19:46:30.20 0
http://yaplog.jp/karyu-star/archive/1036

467 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 19:55:09.76 0
れいこふって読むのか すまんな サンクス

468 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/24(木) 19:58:22.96 O
>>462
左曲がりがマクロ経済を恐れるのは本質的な問題が隠れてそうだな。

469 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/24(木) 20:09:11.46 0
マクロ経済って、結局国がプレーヤーなんだよね。
まさにそこが新しい。

結局、近代って国家をプレーヤーにした経済競争なわけで、
ようは世界は国家によりくまなく分割されてたグローバリズムのはじまりで、そこに本質がある。

でも左の経済は国家不要だから基本的にマクロ経済はありえないんだよね。

柄谷は資本、国家、ネーションといったわけだが、左である以上、国家は乗り越えられると考えるわけだし

470 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 20:15:11.07 P
マクロ経済学ごときを基礎にしても何も生まれんだろw
そんなたいそうなものか?

471 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/24(木) 20:15:38.37 O
国家柄プレイヤーの世界は人間社会とは異なる奇妙な世界だと。

無駄な公共工事でもなんでもいいから金はとにかく使えと
それが豊かになる方法だと
清貧とか、無駄遣いはしないとか悪だと

なんにしろ、金が回ればみんなが底上げ的に豊かさになるんだと。

資本家とか、労働者とか、小さいこといっても仕方がないと

経済とはウィンウィンが成立する素晴らしい世界だと

472 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/24(木) 20:18:04.68 O
>>470
マクロ経済学がどこまで正しいかは怪しいが
マクロ経済なる巨大な生き物が、自然界よりも影響力をもっていることは確か。

473 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/24(木) 20:30:02.49 O
マクロ経済の最大の法則は比較優位なわけで、
これだけで結局、左経済学は勝てないよね。


あとはマクロ経済が本質を統計を基本にすること
統計学を使うかどうかではなく、個人を一単位に扱う。

これのなにが凄いかって、もうひとはマクロ経済的1単位として振る舞うことを当たり前にしている。

平等、自由ってまさに一単位の別名でしかない。
それで全体が豊かになってるから仕方がない。

474 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 20:34:05.40 P
まあ全体としては増えても格差は拡大するわけだがw
しょせん近代経済学でしょ
5+5<8+4
マルクス経済学にしか希望はないよ

475 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/24(木) 20:41:18.88 O
>>474
些細な格差より底上げだろ
これは決着ついてる

476 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 20:51:01.34 P
誰かが損をせず誰かが得をするなんてありえんでしょ
政府の経済政策などあまり信用しない方がいいよw
そんな魔法みたいにうまく行くことなんてないんだからw

477 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/24(木) 20:53:45.68 O
>>476
はあ?
みんなが得する。比較優位こそが資本主義の基本でしょ
それなくして、ここまで世界を変えてないだら

478 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 20:57:17.82 P
>>477
比較優位なんかは先進国が後進国を支配する論理だろ
お互い得だとか本当に騙されているわけ?
おめでてーなあ!

479 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/24(木) 21:08:37.03 O
>>478
先進国/後進国の形而上学的二項対立って(笑)

480 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/24(木) 21:11:25.78 0
マサイ族でさえスマホでコミュニケーションする時代に(笑)

481 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/24(木) 21:15:47.70 O
ブリックスに続いてとうとうアフリカも経済発展始めたね。

アフリカとが結構、ITがキーみたいだね。
インフラを整備する力が政府にないにもが変わらずに、

ネットバンキングとか、ITを使った低コストな経済が活躍してる。

電源も発電所整備できなくても、太陽電池を庭に置いたり

482 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 21:17:48.73 0
中国・インドの後、アフリカで資本主義は終る

483 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 21:19:21.42 0
時代は関係ないだろがこのステテコが。
70年代はイエローモンキーのジャップでさえ車を買ってたんだぞby欧米人

484 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 21:32:51.99 0
しかし、それによって、資本主義は内在的な限界を克服できるでしょうか。
第一に、絶対的剰余価値、つまり、新たな労働者=消費者の参入についていえば、
これは、農民が大多数であった中国やインドが世界市場に入ることで、
実現されました。しかし、それは長く続かない。急激な高度成長の結果、
中国やインドでは、すでに賃金の上昇、消費の飽和に達しつつあります。

485 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 21:36:40.32 0
結局、哲学板総本部のお断り5で顔が割れてんのって、今のとこPIKARRRとしゅらけんとラルク村上だけか。残り2人は誰なんだかね。まあそのうち1人は東の子分の一人だと思うけど。ああ、そいつは狩谷とも関係ありそうだな。

486 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 21:37:27.78 0
こっじいとかいうのが案外関係してるのかもね

487 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 21:37:37.96 0
波平(現:霊姑浮)は働いてないからな〜
24歳の時点で無職↓で現在34歳で相変わらず無職…

> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ〜 :03/09/08 10:44
> >45
> そう、無職。プーとも言うが。

488 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/24(木) 21:41:39.14 0
>>484
内在的な限界?
長く続かない?
消費の飽和?

アフリカがあるから大丈夫では?
中国のアフリカへの投資はすごいよね。

489 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 21:41:58.62 0
なるほそ

490 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/24(木) 21:51:42.63 0
資本主義の内在的な限界ってなんだろう。
成長し続けることでしか、存続できない。
止まったら死ぬってことか。

でもまだしばらくは大丈夫そうだよね。
中国もまだまだだし、BRICSもあるし、アフリカもあるし

といいつつ、アメリカがシェール革命で盛り返したからね
これからは、後進国よりアメリカが熱いよね

中国やインドはまだまだ高度成長期でしょ。
でも先進国の例からも分かるように、高度成長期抜けても
成長は続いてるし

IT革命だってまだ最近だし、まだまだ発展するよ

491 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 21:51:43.46 P
マクロ経済学と言ったらケインズだろ
比較優位はリカードだしな
なんだかなあw

492 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/24(木) 21:52:16.14 0
>>491
(笑)

493 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/24(木) 21:54:04.97 0
マクロ経済学がケインズ一人で、ぽっ!とできたと?(笑)

494 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/24(木) 21:56:57.32 0
そもそも日本のサヨとかなにがしたんだか
これだけ、インフラが充実した社会に住んで
たいした金がなくても、日本で居るだけで豊かだし

そこでサヨとか
親と中が悪くて、不満を政治問題でごまかしているとしか思えない

495 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 22:05:10.44 0
pikarrrの「美しい」と霊姑浮の「豊か」
http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20081214

496 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 22:19:29.79 0
>>494
> 494 名前:霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/24(木) 21:56:57.32 0
> 親と中が悪くて、

 × 中
 ○ 仲

497 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 22:21:59.05 0
何故、霊姑浮(旧:波平)は34歳にもなって
漢字1つまともに読めないのか?

498 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 22:29:03.42 0
つーか第三の波平なんて全然すごいわけないじゃないですかw 
全部あれは妄想ですよ。見てるとほんと悲しくなるだけだけど波平なんて
2ch以外で誰にも相手にされるわけないですよ。本人は自分の情けなさゆえ
そこから外へ出れないしこれ以上進歩することもないという事態に
気付けないわけよあれは。どうでもいいですが迷惑かけないでほしいですね

499 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 22:32:38.99 0
田舎者(笑)

500 :考える名無しさん:2013/10/24(木) 23:07:14.66 0
漢字が読めずに哲学は語れない

501 :お前はもう死んでいる:2013/10/25(金) 01:21:33.02 0
 しかし、それは自動的に終ることはない。資本と国家は延命しようとして、なりふり
かまわず死にものぐるいであがくに決まっているからです。一九世紀末には帝国主義
戦争が始まった。今後においても、類似したことが起こるだろうと思います。
『北斗の拳』というマンガで、「お前はもう死んでいる」という台詞がありましたが、
あれと同じで、資本主義は死にかけているのに、まだ暴れ回る。
そして、デスパレートになった人々は、それに同調するようになる。

 だから、それに対する対抗運動が必要です。しかも、先ほど言ったように、
二種類の対抗運動が必要です。とりわけ、超出的な対抗運動が。というのは、それは、
内在的な対抗運動と違って、急に創り出せないからです。たとえば、人びとは、ある日
突然、地域通貨を使うということはできません。前もって実践していないと、いざという
ときに使えない。生産―消費協同組合も同じです。資本主義的市場経済が崩壊した
ときあわてずにすむように、今から用意しておかないといけない。このような対抗運動
がないと、人々は国家に助けを求め、また資本のために戦うことになる。つまり、
帝国主義戦争に巻き込まれることになってしまいます。

(アースデイマネー 池田正昭)

 柄谷さんの言う、国家と資本がなりふり構わず振りかかってくる、という言葉を、
10年前に聞いてカッコいいなあ、と思ったんですが。でも、10年前はまだ呑気でしたが、
いまはそのことがリアルに感じられるように思います。今日は貴重なお話を、
ありがとうございました。

502 :資本主義は、増殖できなくなったら終わる:2013/10/25(金) 01:25:19.96 0
 新しいアソシエーショニスト運動は、これからいよいよ大事になると思います。
というのは、世界資本主義の危機がますます深まっているからです。世界経済の
破綻の中で、人々が生きていくためには、地域通貨や協同組合が不可欠です。
国家や資本に依存しているだけでは、危機の中にいよいよ飲み込まれてしまいます。

 現在の資本主義の危機は、信用や金融の面で語られています。しかし、その根底に、
一般的利潤率の低下があります。利潤率が低下すると、資本は増殖できない。
資本は、増殖しているかぎりで資本なのです。私の考えでは、資本の増殖は、
価値体系の差異から剰余価値を得ることによって可能になる。したがって、
差異がなくなれば、資本の増殖はない。ゆえに、資本主義はそこで終るのです。

 資本の蓄積(増殖)には、三つの型があります。

1. 商人資本 M―C―M’
商人資本は空間的な価値体系の差異から剰余価値を得ます。その差異が大きいの
は、遠隔地交易です。近い所では差異が小さいので、商人資本は成立しにくい。
歴史的には、遠隔地交易の場合、国家が中心となり、また、交換レートが決まって
いました。それは、技術革新が少なかったからです。

2. 金貸し資本 M―M’
これは商人資本に付随して出てきます。たとえば、商人が交易によって利潤を得る
ことが予想できるのに、資金が不足している場合、その者に金を貸して、利潤の一部
を利子として受け取る。それが金貸し資本(利子生み資本)です。金貸し資本は、
商人資本とほぼ同時的に始まった。この二つは太古からある形式です。マルクスは
それらを「ノアの洪水以前からある」といっています。前近代までは、この二つが発展
しました。たとえば、銀行や株式会社も、商人資本の発展によって生じたのです。
産業資本が出て来るのは、それらがすべて整備された上においてです。

 

503 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 01:27:57.65 0
3. 産業資本 M―C( )―M’
 産業資本が商人資本と異なるのは、Cの部分が、生産手段・原料(不変資本)と
労働力商品(可変資本)だということです。これは、具体的にいうと、資本家が工場・
機械などの生産設備を用意し、賃労働者を雇用するということです。この場合、
Cが生産手段・原料だけなら、商人資本と同じことになるから、産業資本に特徴的な
のは、労働力商品です。

 この商品はふつうの商品と違って、資本が作れないものです。少ないからいって
急に増やすこともできないし、多いからといって廃棄することもできない。といっても、
労働力の価値は、他の商品と同じく、価値体系の中で決まります。具体的にいえば、
それは他の商品、特に、食料・衣類その他、再生産のためのコスト(教育その他)
に応じて決まる。つまり、それは他の商品との関係によって異なります。それは地域
によって異なるし、時間的にも変容します。

 では、労働力商品はなぜ重要なのか。商人資本では、遠隔地からの奢侈品が
中心です。たとえば、オランダが世界経済のヘゲモニーを握った時代、主要な
生産物は奢侈品でした。それに対して、イギリスで始まった産業資本は、労働者自身
が買うような日常品を生産したのです。それによって、資本は、総体としての労働者
が、自分らの作ったものを買いもどすという過程を通して蓄積されるようになる。
このような「生産=流通過程」において、差額(剰余価値)が生じるようになっている。
それが産業資本に固有の蓄積方法なのです。

504 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 01:30:00.82 0
 産業資本は、商人資本と同じことをやるのですが、もはや遠隔地まで行く必要がない。
同じ所にいても、時間的に差額が生じるからです。また、賃労働者は農奴とは違う。
なぜなら、農奴が自給自足できるのに対して、賃労働者は、生産手段(土地)がなく、
資本の下で働く(労働力商品を売る)ほかに生きていくすべがないからです。また、
賃労働者は奴隷とも違う。それはたんに彼らが自由であるということだけではない。
賃労働者は、自分らが生産したものを買いもどす消費者です。一方、奴隷は消費者
ではありません。主人が買うのだから。そして、どんな怠け者の奴隷であっても、
奴隷所有者が面倒を見なければならない。ところが、産業資本は、賃労働者の面倒
を見る必要などありません。不要になれば、解雇すればよいからです。

 資本蓄積の三タイプでは、3の産業資本が最も発展した形態です。1.商人資本と
2.金貸し資本は、産業資本の優位の下で、それに従属する一環というかたちになります。
しかし、それで終るわけではない。産業資本が発展すると、逆に、1.と2.が3.よりも優位
に立つようになるのです。たとえば、重工業以後の段階では、2.は、銀行、証券会社
などの金融資本として産業資本を支配するようになります。また、1.は、穀物・石油
メジャーなどの多国籍企業、総合商社として、産業資本の上に立ちます。

 三つの蓄積のタイプは異なりますが、大事なのは、どのようなタイプであれ、
資本は差異から剰余価値を得るということです。そして、どこからそれを得ても
構わない。価格の差異があれば、どこでも資本が発生するからです。たとえば、
産業資本も原料を仕入れるとき、それをより安いところから得ようとする。労働力
に関しても同じです。安い労働力を、移民として受け入れるか、さもなければ、
外国に工場を移転するわけです。より安い労働力と新たな消費者を得るために。

505 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 01:30:54.23 0
 さらにいえば、株であれ、為替相場や商品相場であれ、差異があれば、
資本の増殖が可能です。その場合、産業資本よりも、差異から利潤を得る、
商人資本や金貸し(金融資本)のほうが楽なのです。設備投資、および、労働者
を雇う手間をかけないですむから。だから、「金融工学」とやらを駆使して、差額
から利潤を得ようとする。それは、?のようなやり方です。

 この三つの蓄積のタイプは今も生きています。それらが互いに補完しあう関係に
あります。歴史的に見ると、ヘゲモニー国家は1、2、3すべてにおいて他を圧倒する
のですが、?の領域では衰退し、1や2の形式に向かう傾向があります。つまり、
産業資本における優位をうしなったあとも、金融と商業においてヘゲモニーをもち
続けます。たとえば、オランダがそうであったし、その後のイギリス、そして、現在の
アメリカもそうです。アメリカは金融や商業において依然として強い。しかし、
それはまさに、アメリカが没落過程にあるということを証すものです。

 しかし、1と2による蓄積は、根本的に、3にもとづいています。3がなければ、1と2だけ
では、資本の蓄積は続かないのです。その意味で、資本主義にとって最も重要なのは、
労働力商品です。資本主義の命運は、これによって決せられます。

506 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 01:31:17.53 0
>>457
喜べ波平。想定外の収穫だ。
https://www.google.com/webhp?source=search_app#q=%E7%AC%AC%E4%B8%89%E3%81%AE%E6%B3%A2%E5%B9%B3jxlbbnyqty
今回は>>457の関連キーワードのひとつである「第三の波平 jxlbbnyqty」をクリックしてみた。

想像以上の怪物だな、グーグル。
俺より先に笑いによって身柄確保に回るとか、さすがグーグル様、人間じゃねえ。
指原莉乃との繋がりを自分で作った波平が、万物の法則通りに現在呪いの真っ只中にいるだけじゃねえか。
そこまで、頭、まわらないか、波平よ。


↓今回、新たに発生したページ下部の中身↓


第三の波平jxlbbnyqtyに関連する検索キーワード

第三の波平ブログ
第三の波平
第3の波平
指原 昔のブログ
指原莉乃 ブログ 昔  

507 :考える名無しさん:2013/10/25(金) NY:AN:NY.AN 0
このグーグル検索結果コンボは強烈だね。>>506の検索結果1ページ目、つまり新聞の三面記事的なやつだ。デスブログもびっくりだよ。
 
 
『*[2ch]』の検索結果 - 考える名無しさんのブログ
d.hatena.ne.jp/pikarrr/touch/searchdiary?word=*%5B2ch%5D‎
395 名前: 第三の波平 ◇JXLBbnYqTY 投稿日: 2013/06/08(土) NY:AN:NY.AN
ID:V0Yg5xl70. そもそもオマエらにとって票=金ってなんなの?もはやCDなんか関係ないよ
な。ようするに、みんなで金を出し合って、さしこのセンターを買うってことだろう。

【2ch発の哲人】 第三の波平 【逆ソクラテス】 - デスクトップ2ch
desktop2ch.tv/philo/1331105334/‎
2012/03/07 - 255 : 第三の波平 ◇JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) NY:AN:NY.AN 0 > 武士
の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。 >
それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンス ...

リーマン太郎 JXLBbnYqTYは朝鮮人 | 2ちゃんねるログ
2ch-archives.net/awabi.2ch.net-philo/1-1339066154/‎
14 : 考える名無しさん ID: ID:14: > 334 :第三の波平 ◇JXLBbnYqTY :2011/12/14(水)
NY:AN:NY.AN 0 > えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって. 15 : 考える名無
しさん ID: ID:15: > 255 : 第三の波平 ◇JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) ...

AKB48の業務連絡。 : さてAKB選抜総選挙の順位を予想しますか
blog.livedoor.jp/akb_matome_yaruka/archives/25387351.html‎
2013/04/07 - 5: 第三の波平 ◇JXLBbnYqTY 2013/04/06(土) NY:AN:NY.AN
ID:DeLB67+70: ここは団子状態だな 3 柏木 4 麻里子 5 松井じゅ 6 高橋 7 みるき− 8 さし
こ 9 松井れ 10 山本; 6: 第三の波平 ◇JXLBbnYqTY 2013/04/06(土) NY:AN:NY.AN ...

歴史を知らずに哲学は語れない 11 | 2ch痛い自動ニュースまとめ 勢い付
2chnews.biz/news/54789_216‎
2 :第三の波平 ◇JXLBbnYqTY :2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN 0 進撃の巨人ねぇ 以前の
セカイ系の構造だね 漠然とした恐怖としての巨大な暴力が迫ってくる。 かつてのセカイ系は
恐怖が主人公の卑切な悩みと短絡するところに特徴があったが、 進撃ではそこ ...

508 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 02:09:15.03 P
ふーんマルクスとは微妙に違うんだな

509 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 08:20:59.68 0
面白いね!

510 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 08:27:53.08 O
>>505
左経済学はよく考えていると思うが、
分析と、今後の悲観が短絡過ぎて、病だな。

511 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 08:32:21.35 O
簡単にいえば資本主義はギャンブルであるってことだろ。
元手をつかって、商売、産業、金融でかけて、金を増やす。

ようは賭ける先の問題で、

512 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 08:50:32.00 0
霊姑浮さん、今手元に20万余分なお金があるんですが、
これを元手に増やしていくにはどうすればいいですか
具体的な方法が知りたいです

513 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 08:53:52.96 0
単なるギャンブルと違うのは、商売や産業への投資は、社会貢献に使われる。
だから通常のギャンブルは富の全体は増えないが、資本主義では富の全体が増える。 すばらしいねぇ。

で、金融への投資はまさにギャンブルじゃないか?ということなんだけど、
マクロ経済では金は金の独自の現象が生まれているということ。
金融ギャンブルでも金が回れば全体として、消費が回り、有効需要がうまれて、産業もまわると。

たしかにやり過ぎるとバブり破綻するが。

514 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 08:55:00.16 O
>>512
24時間テレビに寄付しなさい。

515 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 09:07:44.30 O
>>505
まさに比較優位の問題だな。
日本も生産現場として高度成長したが、いまや中国に変わられた。
でも高度な生産、開発、高次な商品販売など、新たなポジションにシフトして活躍してる。
なんといっても中国が台頭して、安い労働力、大きな市場を獲得して潤っている。
なにも悲観することはない。

アメリカも産業を日本に取られて落ち込んだが、IT産業を産み出し、
金融はやり過ぎたがあるであの裏で消費がうまれて世界がどれだけ潤ったか。
いまもアメリカは世界の重要な消費地だよ。
さらにさらにシェール革命だからね。
エネルギー価格の定価は産業のアメリカ回帰を産み出してる。

いままで取れなかったさらに深くまで掘る技術開発で、大量のエネルギーを取り出すって
ほんとアメリカはドリームの国だよね。

この技術で世界中がエネルギー算出国になれるからね。
世界が変わるよね。
イスラム圏も資本主義シフト始めたし
資本主義世界はまだまだこれからだな。

心配なのは地球温暖がぐらいか

516 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 09:11:41.06 O
地域通貨でもなんでもいいが、なにをしたいか意味不明だな。
社会と断絶して生きる小さな新興宗教集団とかわらないでしょ?

517 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 09:16:35.31 0
ギャンブルであることが重要なんだよ。
確かに誰もが等しい機会とはいかないが
それでも誰もが勝つ、負ける可能性がある。
だからみんな頑張る訳だよね。
そしてその努力が社会に蓄積されて富となっていく。
きみの回りを見てみなよ。
えんびつひとつにしてもそんな富の蓄積だよ。

518 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 09:33:59.10 0
エネルギーがほぼ無尽蔵に掘り出せるようになれば
バブル期よりも好景気くるのかなあ

519 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 09:43:01.89 O
>>518
エネルギー産出量は国家戦略だから

520 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 10:23:41.19 0
ちょっと振り返って見ればすぐに分かるが、資本主義の歴史とは金貸しの歴史だ。
自給的な生産をしていた農民に金を前貸しして商品を買わせることで、
その負債の返済のために賃金労働をさせて、労働市場に引き込んできた。
負債を負わせて返済のために働かせることができなくなった時点で、
資本主義は止まる。

521 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 11:55:15.84 O
>>520
分業な

なにはともあれ近代化とは分業
分業に飛躍的な生産の効率化
それを可能にしたのが貨幣交換、すなわち賃金による支払い、サラリーマンだ。
サヨのいう労働力を売ることの負の面は、労働者が守られる前の近代初期の過渡期のはなしだろ

あとは経済の主体が生産から消費に変わったこと。
古典経済学からケインズに移ること

物が余り、労働者は消費者であるということ

522 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 12:00:44.30 0
労働とかもういいだろ。
いまの経済で重要なことはいかに消費を促すか。
そのドライブが回らないと回らない。

523 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 12:06:28.92 O
基本的な議論であるのが、豊かになってもう買うものがない。
消費が伸びないと、デフレで景気は悪くなる。

なんだかんだで、液晶だ、スマホだ、高級車だと出てくるよな

さて次はなんだろうね。


ネットが普及して、低コストで暇が潰せるようになって
パソコン、ケータイ、スマホときて

サムスンもスマホで世界企業になったが

腕時計型とかいらないよな

524 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 12:09:47.74 0
百年前は、大衆車もなく、冷蔵庫も、テレビも、エアコンもなく、ましてやネットもケータイもなかったんだよな

はてさて次の100年はどうなるのかね

525 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 12:12:54.64 0
>>457
喜べ波平。新たな成果だ。
https://www.google.com/search?output=search&sclient=psy-ab&q=%E7%AC%AC%E4%B8%89%E3%81%AE%E6%B3%A2%E5%B9%B3%E3%80%80%E6%AD%BB%E3%81%AC&btnK=
今回は趣向を変えて、こんなキーワードで検索してみた。
「第三の波平 死ぬ」

すると、こ、これは…皆さんご唱和ください。レールは既に惹かれております。
グーグルは、もう、嘗て俺が予言したように、人が死ぬ時さえをも先に伝えるようになるだろう。
喜びの間もつかの間、波平さんへもう一曲、皆さんで歌いましょう。曲名は「蛍の光」です。



↓今回、新たに発生したページ下部の中身↓

第三の波平 死ぬに関連する検索キーワード

第三の波平ブログ       波平三本
第三の波平jxlbbnyqty     十三鉄腕波平
第三の波平           第3の波平
十三波平             波平死亡
十三波平通り          波平声優死亡

526 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 12:14:36.35 O
もうなにもいらないよって?
心配するな
百年たてば生きてないから
スマホが当たり前の世代が次を考えるから
またつぎのジョブズがでるよ

資本主義はなんだかんだ言っても、チャンスは万人に開かれてるから

527 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 12:23:44.81 0
徳を積んでない波平は、万物の法則に従い、また欠陥持ちの家庭に中途半端な子供として産まれてしまうだろう。
だから、波平の魂を魔界へ飛ばす。二度と返ってこないように。

528 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 12:27:01.09 O
>>527
輪廻か

529 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 12:27:11.79 P
レイコフバカすぎだな
資源が無限にあると思っているのか
おめでてーな!

530 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 12:37:56.48 0
いいから手っ取り早く20万をどんどん増やせる方法を教えておくれよ〜
頭の良い霊姑浮さましか頼れる人がいないんだよ〜

531 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 12:39:28.19 0
>>1
波平波平ってみんな呼ぶように波平が定着させてしまったけど、この人に迷惑が掛かっているよ。
ぴかぁ〜はその責任とって身体の一部でも献上しろよ。覚悟を形で表すってことは、そういうことだろ。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%A2%E5%B9%B3%E6%81%B5%E7%BE%8E%E5%AD%90
http://www.amazon.co.jp/%E6%B3%A2%E5%B9%B3-%E6%81%B5%E7%BE%8E%E5%AD%90/e/B001I7NTW0/ref=sr_tc_2_0?qid=1382672104&sr=1-2-ent
http://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=62985

532 :Anagram ◆QzuB1xeuck :2013/10/25(金) 12:41:34.11 0
頼みます霊姑浮さん。20万の増やし方を教えて下さい。

533 :aNagRam ◆QzuB1xeuck :2013/10/25(金) 12:46:42.50 0
いいから早く教えて下さい

534 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 12:47:32.46 O
>>532
だだではちょっと。
20万でどうでしょう。

535 :ANagRam ◆QzuB1xeuck :2013/10/25(金) 12:48:43.85 0
勘弁して下さい

536 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 12:50:37.92 0
俺のネタでよければ、教えるよ。1週間まえだったら元金の2倍は確実だった。
俺は昨夜のピークで購入当時からすると10倍の儲けが出た。ヒントは仮想通貨だ。

ただ、どこの国の動きとも相場変動に相関がないので、マジで運のみ。
「時」の魔術師の俺は、偶然という必然のタイミングで必ず名場面に直面するが。
昨晩価格を確認したのだって、2ヶ月ぶりの気まぐれだぜ?でも、速攻動いて幾分か現金に換金した。

その通貨、俺が身内に紹介した頃と比べると、価値が既に14倍になっている。
詐欺だ、騙される、無駄だ、という人が多かったが、確か研究成果であっただろ、
相場などの先読みと即時決断能力は遺伝子の特性であり、その遺伝子を持っていれば、相場なんて楽勝。
でも、俺はギャンブル嫌いだから、小銭で「時」と戯れているだけだけどね。
俺の使い魔『時間』の散歩のようなものだ。

537 :ANagRam ◆QzuB1xeuck :2013/10/25(金) 12:53:02.41 0
>>536
意味がわからないんですが

538 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 12:54:33.57 O
死ぬとどうなるか
これは宗教上の最大の問題のひとつですね。

その有効な解の一つが輪廻転生でしょ。
これはインド宗教発祥ともいわれますが、ギリシア宗教にもあり、プラトンも輪廻主義で巣ぬ。

しかしインド宗教の場合は輪廻の円環から抜けだすために修行をするわけですが。
日本人はゆるい仏教徒でまーなんとなく輪廻ですね。

539 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 13:02:28.80 O
他の方法で有名なのがキリスト教の終末論ですね。
いつかこの世界が終わり新たな幸福な世界が始まる。
そこに行けるのはいま信仰熱いひとだけだと。

この考えの違いは歴史館に表れるといわれますね。

輪廻の円環史観と直線史観。
近代はまさに直線史観ですね。ひとはどんどん発展していく。

結局、左も資本主義の先に社会主義と直線史観です。
まあこれはヘーゲルの資本主義を歴史の終わりにしたことの延長でしょうが。

540 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 13:04:34.83 0
>>521
どうして負の面と決めつけるのかな?
政治が祭りごとであり、支配者が司祭として人々に神への捧げ物を要求する
体制とか、共産主義国家の父の恩義に報いるために労働を奉仕する体制の
方がいいのかね?

541 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 13:08:45.01 O
みなさんご存じだと思いますが、資本主義とはなにか?

実はこれは社会主義との対立概念として生まれたんですね。

すでに資本主義は始まっていだけですが、社会主義という名前があり、その対立として、いまは資本主義だと名付けられたんですね。
だから案外、資本主義とはなにかってむずかしい問題なんですね。


社会主義でどこまでもそういう立ち位置なんですね。
いまがあり、その対立としての立ち位置。
だから社会主義議論は決してなくならないともいえます。
中二病的な意味でも

542 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 13:19:43.13 0
>>537
そうか。悪い。稼ぐにも知能が必要なんだ。
波平さんみたいに実力以外で丸儲けする方法を引き続き聞き出す努力のほうが正解かもしれない。

543 :ANagRam ◆QzuB1xeuck :2013/10/25(金) 13:33:42.96 0
>>542
bitXXXXで口座作ればおk?

544 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 15:47:59.37 O
>>540
左さんたちがいう資本主義の負の面とは

一番は資本家と労働者の差でしょ。

生産手段を失い労働力を売ることの脆さ
労働が商品となることの疎外

剰余価値の配分がないこと
など

545 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 15:58:24.27 0
だからさぁ、神々に捧げ物をするために労働させられたり、
地上の楽園の実現のために労働を奉仕させられるのは負の面じゃないの?
そういう労働ではそもそも剰余価値は生じないよね?

546 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 19:06:56.85 O
>>545
だから左さんがいう資本主義の負の面は正の面の裏返しでもあるので、負の面はばかり強調しても意味がないわけです。

547 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 19:10:30.76 O
信仰のための国家への労働奉仕は税金の一種ですね。
政府ではなく、原理的には国民の義務であり、集団の有益のためです。

548 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 19:14:03.85 O
労役からの解放も資本主義によるものでしょ。
金を納めればよい。
分業による専門業者に公共事業を頼む。

この辺りは徴兵制の問題になりますし、
最近では誰が事故原発で働くのか、というのがあります。

549 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 19:14:05.89 0
結局、哲学板総本部のお断り5で顔が割れてんのって、今のとこPIKARRRとしゅらけんとラルク村上だけか。残り2人は誰なんだかね。まあそのうち1人は東の子分の一人だと思うけど。ああ、そいつは狩谷とも関係ありそうだな。

550 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 19:16:01.96 P
経済の主体が消費に変わった?
寝ぼけたこと言ってんなよ
お前がのほほんとして消費している物も労働者の血と汗の結果なんだよ
お前自身がブルジョアで何の苦労もなく消費できるとしても過酷な生産現場は変わっていないわけだが

551 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 19:19:53.85 0
きょうのニュース記事で今福島第一の作業員の質は落ちるとこまで落ちてるらしい
「汚染水処理の現場はヤクザとど素人だけになった」

552 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 19:21:18.32 0
柄谷行人の人足の歴史講座だな

553 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 19:21:19.97 O
>>550
大変な低賃金労働ごくろうさまです。
しかしレベルが違いますね。
マクロ経済レベルのマクロコンテクスの話と、現場レベルのミクロコンテクスト。

簡単にいえば、毎日の悲惨なニュースを、茶の間でみるか、現に当事者になるか。
この短絡は中二病の常套手段ですね。

554 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 19:22:23.47 P
アホ過ぎやな
福島では人身売買そのものが行われている
労働者はクズだと先入観を植え付けることで搾取を正当化しているだけだ

555 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 19:24:49.98 P
>>553
資本論くらい読めや
ブルジョアが消費しプロレタリアが生産する
お前はブルジョアだから生産が見えないだけだ
ミクロマクロの問題ではないわ阿呆

556 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 19:25:24.96 0
だからキミがいうマクロが寝ぼけてるといってるんだろ
マクロの理論で個別現場にあてはまるものはほとんどない
マクロは歴史的俯瞰して総体の概念を作っているだけ
波平は放射能漏れ程度の被曝はたいしたことないとずっといってきてるけど、
たいしたことないのなら第一原発で高給で働くのは資本論に反するというのに、
波平はその問題をまったく棚上げしている

557 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 19:26:02.24 O
>>551
まあそういうことなんでしょうね。
サンデルが誰が事故原発での作業に充実すべきかという哲学問題を問いかけましたが

日本ではそういうことを突き詰めて考える体質はない。

そこにある種の善意を漠然と期待する。
日本人なら技術をもち、使命感をもつ人がいると。

しかし実際は金の世界で、弱者かあてがわれてるわけですかね。

558 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 19:28:09.98 0
>サンデルが誰が事故原発での作業に充実すべきかという哲学問題を問いかけましたが

>日本ではそういうことを突き詰めて考える体質はない。

おいおい、文がまちがってるぞ!
×日本ではそういうことを突き詰めて考える体質はない。
○私(波平)はそういうことを突き詰めて考える体質ではない。

559 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 19:29:01.24 O
>>555
ケインズのガイド本ぐらい読めや
くそ下等労働者が!

560 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 19:31:27.66 P
ケインズの主張は不況期には政府が有効需要を増やせばいいということだろ
一般的に生産より消費が優位という意味ではないと思うが(笑)

561 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 19:32:23.56 O
>>556
簡単にいえば、ミクロコンテクストの話がしたいなら、
お悩み相談室いきならなれ

562 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 19:33:03.73 0
原発作業現場の話題と資本論資本主義は相性が悪いからいきなりケインズの話題を持ち出す波平さん、バネーっす

563 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 19:34:18.99 0
まあケインズ持ち出したところで現場の説明は波平には無理だろうけどね
ブログみたらたかが知れる

564 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 19:38:12.25 0
マルクスが偉いのはどこまでも、マクロコンテクストで考えたところです。

それをミクロコンテクストをまぜな労働者お涙頂戴話にしたのはあとの話です。
構造的に、原理的に考えたから、革命に繋がるわけです。
マルクス的革命とはどこまでも構造シフトのことだからです。

あほサヨはすぐに貧乏愚痴ばかりでつまらん

565 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 19:40:08.17 O
それに現代のサヨのトレンドはネオフオーディズムでしょ。

566 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 19:41:11.14 0
>>564
それで何か有益なことを言っているつもりかね?

567 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 19:56:34.17 O
ポストフォーディズムね

568 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 20:08:29.29 O
マクロコンテクストとミクロコンテクスト。
これはほんと重要な話だよね。

まさに平等ストレスそのもの話。

569 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 20:16:24.84 0
http://www.onunume.biz/archives/32334993.html

570 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 20:18:14.67 0
>>568
平等である社会、あるいは平等を目指して社会が動いているときには、人はストレスを受けない。

571 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 20:19:54.56 0
波平って昼はマルクススレでxeoとかいうコテはってレスしてるみたい

572 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/25(金) 20:21:51.23 O
>>570
現代のストレスの原因は平等である。

573 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 20:23:53.64 0
>>572
現代のどこが平等?

574 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 20:28:39.86 0
波平→資本主義は金銭価値という基準のもとにおいて、誰でも成功できるチャンスがあるという意味で平等
一般人→でも実際は金持ちが富を独占して下層の成り上がるチャンスを奪ってるよね?平等じゃなくね?

575 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 20:32:26.96 0
ホリエモン劇の茶番で答えは出てるだろう
トーシロが金持ちになろうとしても権力者に巧妙に叩き潰されるのが日本社会

576 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 20:44:41.80 0
575
あれは金というよりパイの奪い合いにひょっこり新米が参戦してきたから叩かれただけ
他人の既得権益に真っ向勝負した結果だ
ホリエモンは日本社会がいけないと日本のせいにしてたけど
原因は空気をよめなかったホリエモン自身のやりかただった

577 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 21:35:18.21 0
ホリエモン?あんなヤツすぐ捕まりますよ

578 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 21:46:17.74 0
波平(現:霊姑浮)は働いてないからな〜
24歳の時点で無職↓で現在34歳で相変わらず無職…

> 45 名前:考える名無しさん :03/09/08 10:43
> いま、無職なんだ? >44
>
> 47 名前:ぴかぁ〜 :03/09/08 10:44
> >45
> そう、無職。プーとも言うが。

579 :考える名無しさん:2013/10/25(金) 21:48:51.52 0
そして、漢字が読めない↓

>>494
> 494 名前:霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/24(木) 21:56:57.32 0
> 親と中が悪くて、

 × 中
 ○ 仲

580 :考える名無しさん:2013/10/26(土) 00:32:11.08 0
本にしてない探究3だしてほしい

581 :考える名無しさん:2013/10/26(土) 01:06:40.40 0
情況1971/9の
柄谷行人 田川 建三 対談 「観念」の絶対性を超える「思想」とは何か
読んでるけどこれダイアローグには入ってないね。

582 :考える名無しさん:2013/10/26(土) 01:52:46.80 0
「観念」の絶対性
「関係」の絶対性

「観念」対「関係」

583 :考える名無しさん:2013/10/26(土) 01:55:37.30 0
絶対的なものは関係のなかにしかない

という絶対的な観念

584 :考える名無しさん:2013/10/26(土) 03:07:14.56 P
http://www.ohtabooks.com/publish/2013/11/08112510.html
http://www.ohtabooks.com/common/img/books/9784778313869.jpg

atプラス18

2013.11.08
【特集】柳田国男と遊動性
・柄谷行人+赤坂憲雄 他

585 :考える名無しさん:2013/10/26(土) 04:16:50.02 0
>>543
あのP2P仮想通貨は、例外なく全国家の権力下になく、その通貨の実体も、何かの計算結果という文字列であり、
全くつかみ所のないものだ。

その通貨を、どのような財布に入れるか?そこから既に現存のリアル物質通貨と異なってくる。
要は、良さそうな取引市場を決めて、
通貨は、
自分のパソコンなどにP2Pの片割れとして存在させておくか、
どこかの取引仲介所みたいなところが手数料差し引く貸金庫に入れるか、全部自己責任だ。

今の時代、段階でもまだ「早い時期」だと思う。相場を分析すればわかるが、異様な動き、発達を見せている。
マジで10円が10万円になっちゃった、とかそういう類いのことが起きている。
突然死する可能性もある。
そして、何より、その通貨の最小金額単位、ここでは言わないが、かなり舐めている。

のるかそるか。俺は乗った。だけど、手持ち少ないから儲けの幅も本当に小銭止まりだ。
だが、この相場が、この調子で100倍とかなったら、
いわゆる明治時代あたりかそれ以前からのを継承した地主大金持ちのレールだ。

その通貨が発表された頃は数年前、まだ価値もなく、そして、自分で通貨を刷ることもできた。
だから、最初の数年間の奴らは、既に億万長者だ。俺たちは乗り遅れた。
だが、遅すぎてはいない。現に、あまりに専門家にしか知られていなかったときに、経済的911的な破壊がなされて散財した「時」がある。
一番早くから手をつけていれば良いというものでも無い。
ただ、今の相場は、「異常」だ。しかも、「原因不明」「予測不能」

ついでに言うと、アメリカが送金を法的に禁止している国の人が、仕送りにこの『インフラ』を用いているという噂だ。

あまりにも多くを教えてあげすぎたかな。こんな密度の高さの談話が、今後の相場の急落を招くかもしれないのに。

586 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 04:57:51.95 O
マクロコンテクストがなにかというと、全体の中の一人として自分をみるということ。
もはやこの視点の特殊性はいまでは当たり前すぎで考えることもないが、
これは19世紀に広まったんだよね。

たとえば行列に並んでまつ。こんな当たり前のことも教育により獲得する近代的な行為で、
ここではすでに自分は全体の一人と振る舞っている。
すなわちみんな平等で自由だということが思想が刷り込まれている。

再度いえば、これはとても特殊で高度に教育された行為だということ。

だから生活全体に当たり前のように行っているが、とてもストレスな行為なんだよね。

587 :考える名無しさん:2013/10/26(土) 06:32:10.63 0
なるほど。俺の変臭者スレの「おまえら」理論を加工したのだな。
許す。
その命をデスブログというルーレット台の上のチップとして置き、賭けることで。

588 :考える名無しさん:2013/10/26(土) 07:19:45.13 0
>>1
波平よ。答えなさい。
なぜ、おまえはこれを流行らそうとしているのか?

895 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/10/26(土) 07:10:56.87 ID:0Qz+E/Vv0







(返事がない場合は第三の波平◆jxlbbnyqty こと波平は東原亜希様のことが頭から離れなくて眠れずに夜中についレスしてしまったことを他の板でばらします。)

589 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 07:56:28.85 O
このマクロコンテクストのベースが連動する経済、すなわち物価の連動=市場です。

ヨーロッパでは13世紀辺りがら、広大な連動経済が現れたと言われています。
日本でも江戸時代はすでに連動経済で、インフレ対策など経済政策が行われていました。

590 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 08:09:21.89 0
17世紀欧州では啓蒙思想が広まった。
啓蒙思想は理性的主体による合理性により、社会を構築するという考えであるが、 その原理的な不可能性から、そうそうに挫折する。

それに続いたのが統計的な法則性である。
人口統計などにより現れたと平均値により、社会を分析しよう。
この流れの一つが古典経済学になるわけですが、

そもそもにおいて、統計的な平均が社会分析、そして政治的政策に有効であるという今でもつづいている考えは、
その前段の連動する経済の登場、すなわち人々がその中でも均質化していることによります。

経済学の大前提である人は合理的主体として振る舞うということ。

このマクロコンテクストの中では、平均的に合理的主体であり、人々は平等で自由なのです。

そもそもそうでなければ社会に流動性は生まれず、連動する経済は生まれません。

591 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 08:12:09.82 O
改めて意識しませんが、現代人は格好教育しかり、社会でいきるなかで自然とマクロコンテクストを身に付ける。
私は全体の一人なんだと学ぶわけです。

592 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 08:19:22.80 O
このような均質化教育を徹底したのが、近代軍隊です。

近代化の中では富国強兵がめざされ、国家間の戦争も活発になるなかで、
国民は徴兵され、国民としての均質化教育が行われました。
それが義務教育へと展開され、国民としての自覚、ネーションが育っていきます。

いまも義務教育の重要なテーマが協調性を育てることですが、
平等と自由とともに、マクロコンテクストが叩き込まれます。

593 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 08:40:21.79 O
啓蒙主義以降には合理的な社会構築と、統計的な社会構築はその後との社会主義と自由主義へと繋がります。
合理的な社会構築は、デカルトから啓蒙思想の伝統からコントの社会学からフランス革命を経て、マルクスへと続きます。
統計的な社会構築は主にイギリス啓蒙主義で発展され、ヒューム、アダムスミスなど古典経済学へ繋がっていきます。

594 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 08:48:23.26 O
マルクスは疎外という概念を発見しましたが、
これもマクロコンテクストのひとつです。
マクロコンテクストの影響はマルクスが考えるよりずっと深く、
全体の一人なんだという存在論的レベルで働き、ストレスを与えます。

平等、自由もそのひとつでしかありません。

595 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 08:55:46.27 O
話をもとにもどせば、原始社会には当然マクロコンテクストはありません。

原始社会にあるのは卑近な知り合いの社会というミクロコンテクストの世界です。

すべてが身近であり、見に迫る現象です。それを集団全体で協力して対処していく、公平な社会です。

596 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 08:58:28.66 0
平等は、マクロコンテクストの全体の一人なんだということを考え、
あったこともないその他全体の中の誰かも含めて考えることです。

597 :考える名無しさん:2013/10/26(土) 08:59:48.90 0
>>585
ありがとう
あなたは波平と違って死ぬほどいい人ですね
いろいろ試行錯誤したのち試して見ます

598 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 09:37:00.37 0
すなわち現代のストレスはマクロコンテクストとミクロコンテクストの狭間に生まれるということです。

進化論的にいえば人は群れる猿なわけですから、徹底的にミクロコンテクストを生きます。
小さな集団の中でいかにそれぞれの顔を見ながら公平な信頼関係を作っていくか。

現代は、それとともにマクロコンテクストを求める。
巨大な全体の一人であり、みずしらずの人々も含めて平等であれと。

ベタに言えば、父親が強盗をしたことをしる。あなたは警察に通報しますか。

599 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 09:45:49.64 0
最近、感情労働という言葉があります。
たとえば医者が売るものはなにか?
一番は病気を直す治療です。
しかし医者は自動車の修理のようにいかない。
相手が人であることで、精神的なケアーも求められる。
簡単にいえばサービス業でもあることを求められる。これが感情労働です。
とはいっても、営利目的であり、一人の患者に時間をかけてはいられない。

ここに信頼関係の軋轢を生む。

現代はいかなる商売もサービス業化して、感情労働の軋轢を生んでいる。

600 :考える名無しさん:2013/10/26(土) 09:48:53.04 0
>>585
本当にありがとう
あなたは間違いなく三浦春間よりイケメンだよ

601 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 09:50:30.09 0
その一番が、教師なんでしょうね。
教師が売るものはなにか。一番は知識です。
しかし塾の講師とは違う。
教師は知識だけでなく、人間全般の教育を求められる。
まさに感情労働の最たるもので、モンスターペアレツの問題などストレスがすごい。

602 :考える名無しさん:2013/10/26(土) 09:51:29.77 0
霊姑浮はアレだろ。どっかの偉人みたく家庭教師をやりながら哲学してるとか?w

603 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 09:54:39.72 O
まさにここにあるのはマクロコンテクストとミクロコンテクストの狭間の問題である。

マクロコンテクストでは生徒、患者は全体の一人であり、平等にかつ経済的に接する必要がある。
かたやマクロコンテクストではそれぞれに感情を移入して信頼関係を気づきたいし、求められる。

604 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 10:00:28.10 O
そもそもモンスター化とはなにかと言えば、孤立した不安ですね。
少し前の世代家族や近所付き合いがあれば、様々な不安を相談して緩和されたものが、
核家族化などで孤立すると不安が直接、医者や先生などに向かう。
医者や先生はかたやマクロコンテクストな存在なので、あまりぶっちゃけた話はできない。
下手にまあまあなんとかなるよ、とは言えない。
より孤立化して不安が高まることでヒステリックにモンスター化する。

605 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 10:06:34.46 0
特に日本人は感情労働のトラブルに巻き込まれやすい。

面白いのは日本では、「サービスする」の意味が、おまけする、ただであげるとなる。

サービスはただだと考えるというか、貨幣交換ではなく贈与交換の対象と考える習慣がある。
だから海外でサービスにチップを払うことに違和感を覚える。
金を払うのがいやなのではなく、信頼関係の対象を貨幣交換することに、相手に失礼になるという後ろめたさを感じる。
まさにおもてなしの国である。

606 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 10:12:14.61 O
海外ではサービスはまさに商品である。
よりよいサービスを求めるならより高いチップを払う。金をだしてエコノミークラスからファーストクラスへ移ればよい。
だから金持ちと貧乏人に対する態度もあからさまで、
そのように社会が暮らすわけされている。

いわばより貨幣に密接にマクロコンテクストで社会が運営されている。
だから彼らが冷たいわけではなくミクロコンテクストと切り離され、信頼関係は別で構築される。

607 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 10:16:10.34 0
どちらがいいのか、いろいろ考え方があるが、
アメリカなどのマクロコンテクストが徹底された中で、別にミクロコンテクストによる卑近な信頼関係が構築さないと、孤立して大変そうだ。
だからアメリカ人は方や家庭を友人を、仕事と切り分けてとても大切にする。

608 :考える名無しさん:2013/10/26(土) 10:56:06.04 0
近代的な価値観が人間の平等を目指してるからといって、平等を目指すことがストレスの原因だということにはならないよ。
他の不平等がなくなっていけば、所有の量の差という、もともとの不平等に原因が収斂してきているだけのこと。
そもそも個人としての所有という考え方自体が、富の集積を正当化するための概念に過ぎないんだから。

たとえば、絶対君主の時代には人々にストレスがなかったなんてことはありえない。

一般的な個人としてのストレスは、時代の中での全体的なストレスの反射としてしかありえない。
個人として感じるストレスは不平等によるもの。

人々がその不平等を不平等として受け止める大きな要素は、共同体間の交通が常態になってから所有の概念と所有の偏在が生まれ、拡大したこと。
そして、それが共同体間、共同体内のそれぞれの差別をもたらし、また、その差別自体に内包する社会の構造としてのストレスが差別の解消をもたらしていく。
それが時代の変化の動因にもなるし、さまざまな革命の根拠にもなる。

歴史はそのストレスを解消していくために、不平等を否定する方向に向かっているし、大きな歴史の流れの中では、いずれ所有の偏在も解消していくことになるだろう。

609 :考える名無しさん:2013/10/26(土) 11:00:49.44 0
>>608
無茶苦茶だな。
い・な・か・も・の(笑)

610 :考える名無しさん:2013/10/26(土) 11:06:33.22 0
>>609
べらぼうめ、こちとら江戸っ子、観音様で産湯をつかってるんだ。

おととい来やがれw

611 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 20:48:37.85 O
>>608
百年前にマルクスはそう感じたかも知れないが、
いまを日本人として生活する君自身はどうなんだい?
問題はそこでしよ。

612 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 21:09:17.92 O
ようするに身分社会の不平等にストレスがなかったとかいってるわけではなく
平等のストレスに語っているわけだ。

それを単純に歴史を直線的に不平等が減る史観なんて都合よく考えちゃいかんでしょ

そんな単純な史観はマルクス自身さえ否定したものでしょ

613 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 21:15:34.25 O
特にそんなキリスト教的直線史観を日本人がいっちゃいかんよ、きみ

単にサヨの搾取史を日本人の歴史を、農民は武士階級に苦しめられ貧困にあえいでいたなんで、情けなさすぎる。
単なる西洋被れのヘタレだろ。

日本人はいつも西洋中心主義を挫く差違的存在であり続けないと

それが西洋以外に先進国として走る日本人の使命だよ。

614 :考える名無しさん:2013/10/26(土) 21:16:26.10 0
611 は魚拓に値するレス

615 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 21:34:50.60 0
ボクはね今日ね。大江戸東京博物館にいってモース展を見てきたよ。
モースは明治初期に日本を訪れ、日本中を旅行し観察し、様々な記録を残したわけだが、
モースは言っているよ
こんなに楽しそうに仕事をする国民を知らないとね。
そう西洋人と日本人では仕事に対する考えがまったく違うんだよ。
わかるかね。
ところでキミはなに人かね?

616 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 21:47:19.09 O
たとえばギリシア時代、ギリシア人は市民による議会を開き、民主主義的な政治運営を行ったと言われるが、
市民は仕事は奴隷やらせていたわけだ。

多民族で戦争による征服が頻繁に行われていた西洋では、奴隷が安定的に供給されて、
奴隷に仕事を任せることができたという背景もあり、仕事は下等な行為とされてきた。
あるいはキリスト教においても、仕事は原罪により失楽園した人間に背負わされたものとして考えられた。
ウェーバーがいいように、プロテスタンティズムの天職、職業は神に与えられたものという考えが資本主義の成功に働いたという考えもあるが、

またこのように仕事蔑視の思想が、資本主義を産み出すことを可能にした。
すなわち労働を商品とするという、とんでもなく割りきった発送ができた。

617 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 21:55:50.72 O
この割りきりが現代でも生きているのが、現代は商品が情報化する、すなわちサービス化する中で、
その人間関係時代も商品として、すなわち貨幣と等価交換できるものと割りきれる。
よいサービスを求めるから金を払え。
笑顔で対応してほしいなら金を払え。
仕事は金と等価なんだと。
ITかなぜ日本人より西洋人が得意かといえば、この割りきりができるからだ。
IT産業でのサービスの悪さ。商品が欠陥であるのは当たり前、サービスに金をもらっているわけではないから、情弱は淘汰されろ。
こんな対応が、おもてなし国民にできるだろうか。

618 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 21:58:19.27 0
おもてなしとサービスは似て非なるものだ。
サービスは貨幣交換の世界、おもてなしは贈与交換の世界。

619 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 22:14:24.49 0
社会主義もまさにこの西洋中心主義的な仕事蔑視史観からでているのはいうまでもない。

620 :考える名無しさん:2013/10/26(土) 22:19:23.32 0
だがしかし倫理なのだ

621 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 22:29:19.71 0
モースが言った、日本人は楽しく仕事をしているを当然、単純にとってはいくない。

その時代のモースを考えなければならない。

その時代の西洋は宗教改革、反宗教改革を得て、西洋史上もっともキリスト教が厳格に信じられた時代。
仕事が商品となりつつある時代。

そんな国から来たから、日本人の職に取り組む姿勢に感動した。
職が単なる商品としての労働ではなく、生活に溶け込み、集団が互いに助け合い、認め会う手段となり、担っているプライドにより存在意義となる。
その熱心さに感動したのだろう。

622 :考える名無しさん:2013/10/26(土) 23:11:27.53 0
下衆山 守銭奴 毒淋 &amp;#8207;@menherahhshitt 36分
解読班はよ

623 :考える名無しさん:2013/10/26(土) 23:15:00.97 0
>>591
> 591 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 08:12:09.82 O
> 改めて意識しませんが、現代人は格好教育しかり、

 × 格好
 ○ 学校

624 :考える名無しさん:2013/10/26(土) 23:19:35.94 0
>>615
> 615 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 21:34:50.60 0
> ボクはね今日ね。大江戸東京博物館にいってモース展を見てきたよ。

 × 大江戸博物館(←存在しませんw)
 ○ 江戸博物館

625 :考える名無しさん:2013/10/26(土) 23:22:44.26 0
>>494
> 494 名前:霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/24(木) 21:56:57.32 0
> 親と中が悪くて、

 × 中
 ○ 仲

>>591
> 591 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 08:12:09.82 O
> 改めて意識しませんが、現代人は格好教育しかり、

 × 格好
 ○ 学校

626 :考える名無しさん:2013/10/26(土) 23:25:02.11 0
>>615
> 615 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/26(土) 21:34:50.60 0
> ボクはね今日ね。大江戸東京博物館にいってモース展を見てきたよ。

 × 大江戸東京博物館(←存在しませんw)
 ○ 江戸東京博物館

627 :考える名無しさん:2013/10/26(土) 23:28:05.53 0
【社会】次男窃盗のみのもんた、自らへのバッシングに「これが今の日本、世の中」「やめろという世論さえなければ、番組続けていた」★2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1382791874/

628 :考える名無しさん:2013/10/26(土) 23:36:00.54 0
カール・ハインリヒ・マルクス(ドイツ語: Karl Heinrich Marx,
1818年5月5日 - 1883年3月14日)は、プロイセン王国(現ドイツ)出身の
イギリスを中心に活動した哲学者、思想家、経済学者、革命家。1845年に
プロイセン国籍を離脱しており、以降は無国籍者であった。彼の思想は
マルクス主義(科学的社会主義)と呼ばれ、20世紀以降の国際政治や思想に
大きな影響を与えた[注釈 1]。
フリードリヒ・エンゲルスとともに、包括的な世界観および革命思想として
科学的社会主義を打ちたて、資本主義の高度な発展により共産主義社会が
到来する必然性を説いた。資本主義社会の研究をライフワークとし、それは
主著『資本論』で結実した。『資本論』に依拠した経済学体系はマルクス
経済学と呼ばれる。

629 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 10:37:41.18 0
<平等はなぜうつを生むのか>

■1 日本人のおもてなしと西洋人のサービス

西洋人と日本人の仕事観の違い

西洋人と日本人では仕事に対する考えがまったく違う。たとえばギリシア時代、ギリシア人は市
民による議会を開き、民主主義的な政治運営を行ったと言われるが、市民は仕事は奴隷やらせて
いたわけだ。

多民族で戦争による征服が頻繁に行われていた西洋では、奴隷が安定的に供給されて、奴隷に仕
事を任せることができたという背景もあり、仕事は下等な行為とされてきた。あるいはキリスト
教においても、仕事は原罪により失楽園した人間に背負わされたものとして考えられた。

ウェーバーがいいように、プロテスタンティズムの天職、職業は神に与えられたものという考え
が資本主義の成功に働いたという考えもある。またこのように仕事蔑視の思想が、資本主義を産
み出すことを可能にした。すなわち労働を商品とするという、とんでもなく割りきった発送がで
きた。社会主義もまさにこの西洋中心主義的な仕事蔑視史観からでているのはいうまでもない。

630 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 10:38:22.90 0
なぜ日本人はIT産業が苦手なのか

この割りきりが現代でも生きているのが、現代は商品が情報化する、すなわちサービス化する中
で、その人間関係時代も商品として、すなわち貨幣と等価交換できるものと割りきれる。よいサ
ービスを求めるから金を払え。笑顔で対応してほしいなら金を払え。仕事は金と等価なんだと。

ITかなぜ日本人より西洋人が得意かといえば、この割りきりができるからだ。IT産業でのサービ
スの悪さ。商品が欠陥であるのは当たり前、サービスに金をもらっているわけではないから、情
弱は淘汰されろ。こんな対応が、おもてなし国民にできるだろうか。おもてなしとサービスは似
て非なるものだ。サービスは貨幣交換の世界、おもてなしは贈与交換の世界。

631 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 10:39:05.66 0
現代のストレスはマクロコンテクストとミクロコンテクストの狭間

話をもとにもどせば、原始社会には当然マクロコンテクストはありません。原始社会にあるのは
卑近な知り合いの社会というミクロコンテクストの世界です。すべてが身近であり、身に迫る現
象です。それを集団全体で協力して対処していく、公平な社会です。平等は、マクロコンテクス
トの全体の一人なんだということを考え、あったこともないその他全体の中の誰かも含めて考え
ることです。すなわち現代のストレスはマクロコンテクストとミクロコンテクストの狭間に生ま
れるということです。

進化論的にいえば人は群れる猿なわけですから、徹底的にミクロコンテクストを生きます。小さ
な集団の中でいかにそれぞれの顔を見ながら公平な信頼関係を作っていくか。現代は、それとと
もにマクロコンテクストを求める。巨大な全体の一人であり、みずしらずの人々も含めて平等で
あれと。ベタに言えば、父親が強盗をしたことをしる。あなたは警察に通報しますか。

632 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 10:40:02.81 0
感情労働

最近、感情労働という言葉があります。たとえば医者が売るものはなにか?一番は病気を直す治
療です。しかし医者は自動車の修理のようにいかない。相手が人であることで、精神的なケアー
も求められる。簡単にいえばサービス業でもあることを求められる。これが感情労働です。とは
いっても、営利目的であり、一人の患者に時間をかけてはいられない。ここに信頼関係の軋轢を生む。

現代はいかなる商売もサービス業化して、感情労働の軋轢を生んでいる。その一番が、教師なん
でしょうね。教師が売るものはなにか。一番は知識です。しかし塾の講師とは違う。教師は知識
だけでなく、人間全般の教育を求められる。まさに感情労働の最たるもので、モンスターペアレ
ツの問題などストレスがすごい。

そもそもモンスター化とはなにかと言えば、孤立した不安ですね。少し前の世代家族や近所付き
合いがあれば、様々な不安を相談して緩和されたものが、核家族化などで孤立すると不安が直接、
医者や先生などに向かう。医者や先生はかたやマクロコンテクストな存在なので、あまりぶっち
ゃけた話はできない。下手にまあまあなんとかなるよ、とは言えない。より孤立化して不安が高
まることでヒステリックにモンスター化する。

まさにここにあるのはマクロコンテクストとミクロコンテクストの狭間の問題である。マクロコ
ンテクストでは生徒、患者は全体の一人であり、平等にかつ経済的に接する必要がある。かたや
マクロコンテクストではそれぞれに感情を移入して信頼関係を気づきたいし、求められる。

633 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 10:40:44.94 0
日本人のおもてなしと西洋人のサービス

特に日本人は感情労働のトラブルに巻き込まれやすい。面白いのは日本では、「サービスする」の
意味が、おまけする、ただであげるとなる。サービスはただだと考えるというか、貨幣交換では
なく贈与交換の対象と考える習慣がある。だから海外でサービスにチップを払うことに違和感を
覚える。金を払うのがいやなのではなく、信頼関係の対象を貨幣交換することに、相手に失礼に
なるという後ろめたさを感じる。まさにおもてなしの国である。

海外ではサービスはまさに商品である。よりよいサービスを求めるならより高いチップを払う。
金をだしてエコノミークラスからファーストクラスへ移ればよい。だから金持ちと貧乏人に対す
る態度もあからさまで、そのように社会が暮らすわけされている。いわばより貨幣に密接にマク
ロコンテクストで社会が運営されている。だから彼らが冷たいわけではなくミクロコンテクスト
と切り離され、信頼関係は別で構築される。

どちらがいいのか、いろいろ考え方があるが、アメリカなどのマクロコンテクストが徹底された
中で、別にミクロコンテクストによる卑近な信頼関係が構築さないと、孤立して大変そうだ。だ
からアメリカ人は方や家庭を友人を、仕事と切り分けてとても大切にする。

634 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 10:41:26.83 0
日本人の家業主義

西洋ではサービスはなんでもコストと結び付く。ファーストクラス、エコノミークラスの差は飛
行機だけでなく、社会全般を構成する。 日本ではサービスはそこまでコストと結び付いていない。
コストに関係なく、客をもてなす。それが「おもてなし」の精神の一つだ。これは日本には西洋
のような社会全体を支えるような奴隷労働力が生まれなかったことがあるが、さらには日本では
職が特別な意味を持つからだ。

古くは職はすべて天皇から与えられた役割という考えがある。疑似単一民族日本では、職は日本
人として社会を支える役割と考える家督主義がある。だから将軍でさえも天皇から与えられた職
の一つとして、天皇からの任命を重視する。

たとえば中国には一族主義があって、血を重視する。日本では一見似ているようで、実は家族、
血よりも家督、家業、すなわち家族が担ってきた職を重視する。家業を守るために血縁以外に託
したりする。

635 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 10:42:15.55 0
家業主義の歴史

もともと日本人の家業主義は、奈良時代以前にさかのぼり、日本人の公平な関係を支えてきた。
身分制はあるとしても、職業においては社会の役割を担っている。概念的には天皇を頂点として、
それぞれが任された職業である。それは家業として引き継がれる。日本人の公平な関係を支える
精神的な仕組みである。近代に入り、西洋から平等が取り入れた際にも、職業主義は継続する。

江戸時代など階級があり強いたげられた史観があるが、これは西洋モデルを当てはめたもので、
実際は日本の農民にしろ、自治権をもち、職としてプライドを持って改善にいそしんだ。職は武
士に言われてやる労働どはなく、自らの社会的な役割としてやっている。そもそも武士には利益
蔑視があるので、税の取り立ても結構雑だった。たとえば日本の農民は農耕以上の副業が盛んだ
ったが、このあたりからの徴収は無頓着だったなど。

636 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 10:42:57.55 0
現代の残る家業主義

このような家業主義はいまも残っていて、日本人が職を得ることは、賃金をえる、やりがいをえ
る以上に、社会的な役割を果たす意味がある。ニート、あるいは非正規社員に対する蔑視はこの
当たりの感覚からきているんだろう。

日本の貧弱な社会保障制度も、会社が社会保障の一部を担っていることからきている。たから日
本では正社員であることが経済的に有利なだけでなく、社会的な立場として重要である。西洋の
キリスト教の代替をしていると言えるほどに日本人の精神性を支えている。

はたして日本は平等がわかっているのか、民主主義を理解しているのか、といわれる。そこには
個の尊重が重要であり、キリスト教文化をもとにしているといえる。日本人は個の尊重というラ
ディカルな原理を理解しているのか。平等であるようにみえて、いまも職業主義による公平をベ
ースにしている。だから平等のストレスを被りにくい。

だからこそ日本において非正規雇用の問題は、経済的に以上に深刻だといえる。非正規雇用者は
社会的な疎外をうけて、精神的な公平感をえることがむずかしい。極端にいえば、一人前の市民
ではないと見られてしまう。

637 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 10:47:24.75 0
■マクロコンテクストという存在論的ストレス

全体の中の一人として自分を見ること

マクロコンテクストがなにかというと、全体の中の一人として自分をみるということ。もはやこ
の視点の特殊性はいまでは当たり前すぎで考えることもないが、これは19世紀に広まったんだよね。

改めて意識しませんが、現代人は学校教育しかり、社会でいきるなかで自然とマクロコンテクス
トを身に付ける。私は全体の一人なんだと学ぶわけです。このような均質化教育を徹底したのが、
近代軍隊です。近代化の中では富国強兵がめざされ、国家間の戦争も活発になるなかで、

国民は徴兵され、国民としての均質化教育が行われました。それが義務教育へと展開され、国民
としての自覚、ネーションが育っていきます。いまも義務教育の重要なテーマが協調性を育てる
ことですが、平等と自由とともに、マクロコンテクストが叩き込まれます。

たとえば行列に並んでまつ。こんな当たり前のことも教育により獲得する近代的な行為で、ここ
ではすでに自分は全体の一人と振る舞っている。すなわちみんな平等で自由だということが思想
が刷り込まれている。再度いえば、これはとても特殊で高度に教育された行為だということ。だ
から生活全体に当たり前のように行っているが、とてもストレスな行為なんだよね。

638 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 10:48:33.85 0
マクロコンテクストの歴史

このマクロコンテクストのベースが連動する経済、すなわち物価の連動=市場です。ヨーロッパ
では13世紀辺りがら、広大な連動経済が現れたと言われています。日本でも江戸時代はすでに
連動経済で、インフレ対策など経済政策が行われていました。

17世紀欧州では啓蒙思想が広まった。啓蒙思想は理性的主体による合理性により、社会を構築
するという考えであるが、 その原理的な不可能性から、そうそうに挫折する。それに続いたのが
統計的な法則性である。人口統計などにより現れたと平均値により、社会を分析しよう。この流
れの一つが古典経済学になるわけですが、

そもそもにおいて、統計的な平均が社会分析、そして政治的政策に有効であるという今でもつづ
いている考えは、その前段の連動する経済の登場、すなわち人々がその中でも均質化している
ことによります。経済学の大前提である人は合理的主体として振る舞うということ。このマクロコ
ンテクストの中では、平均的に合理的主体であり、人々は平等で自由なのです。そもそもそうで
なければ社会に流動性は生まれず、連動する経済は生まれません。

啓蒙主義以降には合理的な社会構築と、統計的な社会構築はその後との社会主義と自由主義へと
繋がります。合理的な社会構築は、デカルトから啓蒙思想の伝統からコントの社会学からフラン
ス革命を経て、マルクスへと続きます。統計的な社会構築は主にイギリス啓蒙主義で発展され、ヒューム、アダムスミスなど古典経済学へ繋がっていきます。

マルクスは疎外という概念を発見しましたが、これもマクロコンテクストのひとつです。マクロ
コンテクストの影響はマルクスが考えるよりずっと深く、全体の一人なんだという存在論的レベ
ルで働き、ストレスを与えます。平等、自由もそのひとつでしかありません。

639 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 10:49:31.88 0
■キリスト教の平等はどこからきたのか

キリスト教と個人主義

そもそも宗教とは自然信仰に始まる。人は古来より自然とともに生きてきたわけで、そこに霊的
なものを感じる。特に農耕時代になると豊作を祈願する。いまの日本の祭りでもそうだけど、農
耕生活と信仰が一体になってる。神様とはなにで、教えがなにか、とかではなくて生活の中で守
り、祈り、感謝する。

でもユダヤ人はそれとは別の宗教を生み出した。ユダヤ人は砂漠の放浪民で自然を憎み、土地に
根ざして豊かに生きる自然信仰民族を嫉み、自分たちだけを救う自然を超越した絶対神を生み出
した。その神とのつながりは自然信仰のように生活によってではなく、言葉=掟で契約することである。

ユダヤ教の原理は、自然と反しようが理屈に反しようが、とにかく神との掟(契約、言葉)を
守ることによって成立する。キリスト教はこのユダヤ教をユダヤ人以外にも参加できるように改
良したものだ。自然信仰が農耕生活に根ざすからその土地に生きることで参加する、逆に言えば
よそ者は排除される、すなわち贈与交換の世界であるのに対して、キリスト教は、神を信じ、掟
を守ればだれでも信者になれることにある。すなわち神と個人との契約である。神の前では誰も
が平等であると。そのために流動性が高まるヘレニズム時代の都市層に広まり、その後ローマ帝
国国教として世界へ広まる。

640 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 10:50:15.08 0
またそれとともに西洋にはギリシア哲学の理性主義の流れがある。理性主義は、この世界には正
しさ(イデア)があって、人はその正しさに理性(言葉)によって近づけると考える。キリスト
教はそのはじめからギリシア哲学の影響を受けていると言われるように、ユダヤ教の反自然信仰、
掟主義とギリシア哲学の理性主義が合わさって発展する。

それとともに神と個人の平等の契約というキリスト教的エッセンスによって、その後、理性主義
は個人の理性という個人の自立をより強化する。ようするに、西洋人には言葉(掟)というのが
強い力を持つ系譜がある。

とはいっても、実際キリスト教がローマ国教となり、ゲルマン民族へと広がる中では、かなり土
着の宗教と融合し、神と個人という原理は曖昧になる。それが再び回帰するのは、宗教改革のと
き、さらには反宗教改革という、16世紀である。このときはまさに西洋が資本主義へとテイク
オフを始める時期でもある。

641 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 10:52:27.34 0
キリスト教の平等はどこからきたのか。

キリスト教の平等はどこからきたのか。キリストのユダヤ人以外に解放された、誰にも等しくと
いう理念。自然宗教のような自然も神官も通さない神と個の直接的な対話。三位一体論における、
キリストが神であり人であることのペルソナとしての個。そこにはヘレニズムのギリシア理性主
義が隠されていたのだろう。流動性が高く個がむき出しになりやすい都市層に需要があったのだろう。

平等そのものはキリスト教によるというより、貨幣社会の中で台頭する都市層の平等思想に受け
入れられた。しかしローマ帝国崩壊とともにキリスト教も土着化する。司祭は土地の有力な政治
的役職になり、それを統括する教皇という構造が生まれる。それが再び原点回帰したのが宗教改
革であるが、この時期がヨーロッパか経済的な復興し始めた時期とかさなるのは偶然ではないだ
ろう。再び改革を後押ししたのは都市層であった。その後、既得権力としてのカトリックと新興
都市層のプロテスタントの構図が進む。すなわち都市化するとキリスト教が求められるという流れがある。

キリスト教は貨幣社会の平等圧を補完し、救済効果として発達したのかも知れない。単純には中
世キリスト教世界が、科学技術に実証主義にとって変わられたと考えられるが、実際がキリスト
教が純粋に教義として徹底されたのは宗教改革以降で、資本主義、科学技術を下支えしてきた。
平等がもつ抑圧を緩和してきたといえる。

642 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 10:53:28.11 0
プロテスタンティズムと資本主義の精神

まさに近代化において、プロテスタンティズムの厳格さは発揮される。それはウェーバーに聞く
までもない。たとえは日本でも明治に入り、近代を目指すなかで社会を変えたのはこのプロテス
タンティズムの影響である。性的に特にわかりやすいが、性的に寛容だった日本人は一気に貞操
観念を取り入れ、処女、貞淑、純愛などが導入される。現在昔の日本人は性的に固かったという
イメージはまさに、この明治期のプロテスタンティズムの影響である。近代化において、国家と
して富国強兵をめざし国民を統制するために、プロテスタンティズムは有用であった。

宗教改革は増える社会の富を教皇主義として独占しようとするカトリックと新興の富裕層などの
勢力のプロテスタントの対立と言える。そもそも聖書にも書かれていない教皇主義が台頭するの
はそれほど古くない。 ヨーロッパ経済が立ち上がり始めた十三世紀以降である。そして富をめぐ
り台頭し始めた国家と対立するようになる。教皇主義が対立したのは、一つは司教。各地方に地
盤を持つ司教は中央集権的な教皇主義と対立した。さらには公会議主義。 古くから公会議によっ
て様々なことは決定された。ここでは教皇も1権利者でしかなかった。

そもそも聖書に明確に規定されていない司教や教皇はイデオロギー的な対立を生んできた。しか
し教皇の最大のライバルは国王である。アウグスティヌスの地上の王と神の王の規定から差異を
生んできた。しかし実際に対立を生んだのはカノッサの屈辱あたりからである。

643 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 10:54:33.49 0
■なぜ平等はうつ病を生むのか

>>
NHKスペシャル 第3集 うつ病 〜防衛本能がもたらす宿命〜
http://www.nhk.or.jp/special/yamai/detail/03.html

働き盛りを襲い自殺に追い込むなど、深刻な社会問題になっている「うつ病」。世界の患者数は3
億5千万人に達し、日本でもこの10年あまりで2倍に急増しています。なぜ、私たちはうつ病
になるのでしょうか? その秘密が、意外にも5億2千万年前に誕生した魚の研究から明らかにな
ってきました。魚でも、「ある条件」を作ると、天敵から身を守るために備わった脳の「扁桃体(へ
んとうたい)」が暴走し、うつ状態になることがわかってきたのです。

更に2億2千万年前に誕生した哺乳類は、扁桃体を暴走させる新たな要因を生みだしていました。
群れを作り、外敵から身を守る社会性を発達させたことが、孤独には弱くなり、うつ病になりや
すくなっていたのです。
そして700万年前に人類が誕生。脳が進化したことで高度な知性が生まれ、文明社会への道を
切り開いてきました。しかしこの繁栄は、皮肉にも人類がうつ病になる引き金を引いていました。
文明社会によって社会が複雑化し、人間関係が一変したことが、扁桃体を暴走させ始めたのです。

番組では、研究の最前線で明らかにされてきたうつ病の秘密に迫り、そして進化を手掛かりにし
て生まれた新たな治療法を紹介。人類の進化がもたらした光と影を浮き彫りにしていきます。
<<

644 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 10:56:26.97 0
平等と公平感

平等は等価交換的な概念ですね。すなわち相手は誰であるかを選びません。貨幣は持ち手が誰で
あろうが等しく価値をもち、等価交換可能です。交換の瞬間にすべてが清算され完結するからで
す。それに対して贈与交換は相手を選びます。交換は決して一回では清算されず、相手との関係
を継続します。このような贈与交換は個人間の一対一よりも、限られた集団内の円環として働く
場合が多い。これは平等ではなく、いわば公平な関係です。相手の顔を知り継続的な関係によっ
て助け合い、バランスを取ります。昨日のNHKは平等ではなく公平な関係でしょうが、まあそ
こまで細かいことはいいでしょうが。

このような贈与交換の集団を成立させるには、純粋贈与の存在が重要です。すなわち天の恵み(天
災)。人智を越えた力が生存を大きく作動する場合には、天から与えられたもの(災害)は集団と
して分配しないと個人では受け止められません。このために生存を共有する集団内で贈与分配す
る公平な信頼関係が大切になります。それを破り独り占めするものは集団の生存を脅かす危険分
子として、排除されます。

645 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 11:00:24.85 0
資本主義と、自由と平等

昨日のNHKでもそうですが、大規模な農耕がこの関係を崩します。生存に必要以上の大量の富
の蓄積ができることで、純粋贈与圧は緩みます。天の恵み、天災と人との緩衝になります。そこ
に富を巡る争いがおきます。多くの富を得ることが生存に優位になり、階級が生まれます。そし
て富の独占者との再配分の関係が生まれます。

近代にこの関係を大きく変えるのが資本主義の登場ですね。貨幣交換の全面化は富の意味を決定
的に変えます。貨幣等価交換の清算性により、贈与交換のように交換に人を選ばず、その場で清
算されるので初対面だろうが交換が可能になります。これにより市場の流動性が上がり、市場規
模が膨らみます。そして一番重要なのは資本による富の増殖でしょ。貨幣が流通することで富が
富を生むようになります。これはある種のギャンブルの原理ですが、誰でも富を得る可能性がで
てくる。そして貨幣では富の蓄積にコストがかからなくなります。町の商人などでも可能になり
ます。このように資本主義社会では、人々が平等に自由に貨幣交換することで富の流動性が上が
り、富が増加します。このために社会の自由、平等が重視されます。

646 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 11:01:15.36 0
うつが増えたのは自由、平等が原因

近代にうつが増えたとすれば、むしろ自由、平等が原因ではないでしょうか。要するに、原始社
会の贈与交換による公平感と近代資本主義社会の貨幣交換による平等とは大きく違う。NHKが言
うように原始社会にストレスが少なく、現代人にストレスによるうつが多いとすれば、平等、自
由そのものにストレスが潜んでいる。

公平な社会では信頼関係ある限られた人々と交換のコミュニケーションをつづけることに対して、
平等な社会では、見ず知らずと人々と会い、交換し、そして清算する。これによって高い流動性
が可能になった。相手が誰であるとか関係なく、互いを平等であるとして関係する。しかしこれ
はある種のストレスである。流動性の向上は交通の発達も生み出し、いままででは考えられない
人々と出会い別れることになる。これは平等だから可能になることだ。たとえばフロイトが精神
分析を発明したのは、二十世紀初頭の、コスモポリタンであるウィーンである。

たとえば会社の上下関係と平等は両立している。逆にいえば平等だから上下関係が成立している。
封建的に階級が生まれで固定され、人権まで差があるわけではない。仕事の効率の分業として組
織化されている。だから上に上がる可能性は開かれている。しかしそこに落ちたり、上がったり
競争という流動性が生まれる。より複雑な人間関係が生まれる。簡単にいえばギャンブル社会で
ある。誰にも平等にベットする権利が与えられている。それはまた義務でもあり、決して逃げら
れない。

これは生理的にはかなり不自然な社会なんだろう。人類史をたどれば、農耕社会になったのは古
く見て一万年前。資本主義が全面化したのは古く見て五百年前。それ以前に人類は十万年近く原
始社会を生きている。平等な社会は五百年にも満たない。このような資本主義、民主主義な平等
を支えているのが国家群体制である。

647 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 11:02:01.41 0
偶然性と交換様式

では偶然性の位置で考えてみましょう。原始社会では回りは偶然の世界(純粋贈与/破壊)です。
その中で小さな集団は信頼関係を頼りに寄り添い安全を確保します。それが大規模な農耕社会に
なると、外部はまだまた偶然の世界ですが、富の蓄積が偶然と生存の間のクッションになります。
富とは単に食料だけでなく、様々なインフラ整備などもあります。このようなインフラ整備は権
力者に税を納める再配分により、公的な事業として行われます。ここに階級社会が生まれます。

さらに貨幣社会になり、分業体制が整うと、富は増大し、より強固なインフラが整い、安全な環
境が整い、外部の偶然性は大地震程度になります。このようになると逆に偶然性を飼い慣らすよ
うになります。必要な程度で偶然性を取り入れることで富を増やす。ケインズがいうアニマル・
スピリッツです。社会を活性化する程度に偶然性を引き込み、経済を活性化させる。それがたま
にアンコントロールに暴走すると恐慌、バブル崩壊にいたります。

648 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 11:02:49.51 0
贈与交換は安全です。繰り返された信頼ある人々と交換するからです。しかしマルクスが言うよ
うに貨幣交換は命懸けの飛躍であり、偶然性を含んでいて危険です。さらには資本は貨幣交換は
をさらにリターンが大きくなるように増幅させて危険です。より詳細にいえば貨幣交換はすぐに
清算されますが、資本は清算を未来に延長することで偶然性をさらに呼び込み、そのリスクの代
わりにリターンを増やします。このような荒業はある種、社会から偶然性を排除し安全が図られ
るからできるのです。なにが起こるかわからないジャングルの中でできるものではありません。

話がそれましたが、要するに平等と自由がもつ抑圧です。個が安全と偶然の繰り返しを背負うと
いうこと。これはある種の疲労テストとも言えます。平等であれ、自由であれとは簡単にいえば
ブラウン運動する粒子のようなもので
(つづく)

649 :考える名無しさん:2013/10/27(日) 15:06:39.58 0
ハーフ美女滝川クリステルが「お・も・て・な・し」と言っただけで
アホはここまで興奮して妄想を書き連ねることができるんだな

やはり性欲しか波平(現:霊姑浮)は持ってないな

650 :考える名無しさん:2013/10/27(日) 16:35:47.58 0
ばかだなぁホント
純一ってことはみんな知ってるのにw

651 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 16:49:03.73 0
では復習なのために、贈与交換とはなにか、考えてみよう。

まず貨幣交換とは、100円商品を百円と交換する等価交換である。
その場で清算され何も残らない。
だから相手が誰であるかを選ばず、一瞬で終わる。

これに対して、贈与交換の特徴は決して等価交換により清算されないことにある。
百円の商品を送られ百円を返すことはない。そのような清算する行為は、もう相手との関係を清算するという相手への拒絶になる。 同様な意味で、贈られてすぐに返礼してはいけない。あたかも相手が返礼を求めて送ったようだからだ。

儀礼的に送られたものより多くを送る、あるいは価値の対比ができないように送る。

交換する相手はすでに関係があり、そして今後も関係を続けるように行われる。

652 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 16:56:53.62 O
日本にもさまざまな贈与交換の習慣がある。
年賀状や、お中元お歳暮から、お土産、さらに近所付き合いのおすそわけなど
重要であるのは、決して清算されない関係性を維持すること。

このような贈与交換が全面化した社会として指摘されているのが、狩猟を中心とする原始社会である。

剥き出しの自然を生きる原始社会では、得られたものを贈与し、返礼することで、生き抜いていく。

653 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 17:03:52.93 0
重要なことは、広義の贈与交換を基本に社会はできている、ということ。
これは人は一人では生きられないと同様な意味である。

逆に貨幣交換はかなり特殊な交換であるということ。
現代では当たり前になったが等価交換というこの繊細なシステムを成立させるには、様々な環境整備が必要とされる。

654 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 17:13:45.74 O
商品が等価であるとはどのようにきまるのか。
貨幣の価値は誰が保証するのか
正常な商品であるとどのように保証されるのか
交換相手が略奪しないと保証されるか

655 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 17:34:00.65 0
貨幣交換にはそれを支える巨大なシステムが必要になる。
貨幣交換を整備し、市場を管理する。
資本主義の発展とともに近代国家が登場したのは偶然ではない。
国家群がグローバルな市場を管理したのだ。

これに比べて贈与交換は簡単である。小さくても共存する集団があればそこで行われる。

656 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 17:42:29.51 O
さらに現代でも多くを贈与交換が行われている。

厳密に貨幣交換をめざすことは、自由主義経済を徹底することだ。
個人には等しく機会があたえられ、交換はその場の営利を基準に行われる。
相手への好意や今後の関係を考えて助け合いの関係を求める贈与交換の要素を含めてはいけない。

はたしてどれぐらい純粋な貨幣交換があるだろうか。
その場で清算してしまうことは長期的な保証がなくなる。
必然的に人は贈与交換的要素を入れて、将来を担保しようとする。

657 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 17:48:07.31 0
特に日本は自由主義経済を徹底できないと言われる。
自由競争を嫌い、人のつながりを重視して贈与的要素を入れようとする。

さきの西洋のサービスとにほんのおもてなしにつながる。

サービスを商品とする西洋に対して、貨幣と等価交換することは失礼だと、
贈与交換として支払いに還元されないサービスをできるだけ贈与することを儀礼とする。

658 :考える名無しさん:2013/10/27(日) 17:49:13.22 0
樹だった

659 :考える名無しさん:2013/10/27(日) 18:14:58.01 P
common, pair, and individual illusions 共同、対、個人幻想
      ____
     /    \
    /  対幻想 \
   |        |
   |___  ___|
  /| 文学\/   |\
 /  \芸術/\  /  \
|    \|__|/    | 
|個人幻想 |  | 共同幻想|  
|     |  |     |
 \     \/     /
  \____/\____/ 

『共同幻想論』の骨格
吉本隆明:『日本語のゆくえ』:p123〜124をトポロジーとしてまとめてみたもの
http://www.momoti.com/blog2/2008/02/post_143.php
http://www.momoti.com/blog2/bw_uploads/tm_08013103_1.jpg

共同、対、個人幻想の訳語は以下を参照。
common, pair, and individual illusions
http://ci.nii.ac.jp/naid/110006865306

以下の書籍では幻想にimageの訳語を採用している(異論もある。特にフーコーに
渡した翻訳文は訳語に問題があったとされる)。
The Critique of the Virtual Shifting Discrusive Space in Japanese Literature ... - Koichi Haga -
http://books.google.co.jp/books?id=Hit0_9wIgjMC

図解に関しては、以下の書籍の評価が高い。
http://www.amazon.co.jp//dp/4907221002/
吉本隆明『共同幻想論』の読み方 宇田亮一

660 :考える名無しさん:2013/10/27(日) 19:34:21.06 P
   ____  ____
  /    \/    \
 /     /\     \
|     |  |     | 
| 悟性  |__| 感性  |  
|    /|  |\    |
 \  /  \/  \  /
  \|___/\___|/ 
   |        |
   |   想像力  |
    \      /
     \____/ 

   ____  ____
  /    \/    \
 /     /\     \
|     |  |     | 
| 国家  |__| 市民社会|  
|    /|  |\    |
 \  /  \/  \  /
  \|___/\___|/ 
   |        |
   |  ネーション |
    \      /
     \____/ 

 ボロメオの環
(『世界共和国へ』175頁より)

661 :考える名無しさん:2013/10/27(日) 19:39:24.79 P
      ____
     /    \
    /  想像界 \
   |    I   |
   |___  ___|
  /| 女の\/ 意味|\
 /  \享楽/\  /  \
|    \|_a|/    | 
| 現実界 |ファロス 象徴界|  
|  R  の享楽|   S |
 \     \/     /
  \____/\____/ 
http://yokato41.blogspot.jp/2010/12/blog-post_19.html
a=対象a,剰余享楽

662 :考える名無しさん:2013/10/27(日) 19:45:54.07 0
情報を傍受して利用することがなぜ窃盗に当たらないのか教えてください。
情報に価値があると考えているから傍受しているんですよね。価値のあるものを
所有者の許可を得ずに利用したら窃盗犯ではないのですか?犯罪なら処罰すべきでしょう。

663 :考える名無しさん:2013/10/27(日) 19:53:07.95 0
>>662
現在の法令解釈と判例で、そう決まっているから。

664 :考える名無しさん:2013/10/27(日) 20:11:00.66 0
312 :名無しステーション :2013/10/27(日) 20:07:52.49 ID:WBVcyarn
巨人大嫌いだけどもう巨人優勝でいいわ
インチキ楽天は消えてなくなれや

357 :名無しステーション :2013/10/27(日) 20:08:42.61 ID:YGII7uzl
>>312
被災地ジャッジにはへきへきするよな

665 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 21:53:19.02 0
■なぜ社会は贈与交換でできているのか

贈与交換は決して精算してはいけない

では復習のために贈与交換とはなにか、考えてみよう。まず貨幣交換とは、100円商品を百円と
交換する等価交換である。その場で清算され何も残らない。だから相手が誰であるかを選ばず、
一瞬で終わる。

これに対して、贈与交換の特徴は決して等価交換により清算されないことにある。百円の商品を
送られ百円を返すことはない。そのような清算する行為は、もう相手との関係を清算するという
相手への拒絶になる。 同様な意味で、贈られてすぐに返礼してはいけない。あたかも相手が返礼
を求めて送ったようだからだ。儀礼的に送られたものより多くを送る、あるいは価値の対比がで
きないように送る。 交換する相手はすでに関係があり、そして今後も関係を続けるように行われ
る。重要であるのは、決して清算されない関係性を維持すること。

666 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 21:54:00.60 0
貨幣交換は特殊なケース

逆に貨幣交換はかなり特殊な交換であるということ。現代では当たり前になったが等価交換とい
うこの繊細なシステムを成立させるには、様々な環境整備が必要とされる。商品が等価であると
はどのようにきまるのか。貨幣の価値は誰が保証するのか。正常な商品であるとどのように保証
されるのか。交換相手が略奪しないと保証されるか

貨幣交換にはそれを支える巨大なシステムが必要になる。貨幣交換を整備し、市場を管理する。
資本主義の発展とともに近代国家が登場したのは偶然ではない。国家群がグローバルな市場を管
理したのだ。これに比べて贈与交換は簡単である。小さくても共存する集団があればそこで行われる。

667 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 21:54:55.30 0
贈与交換で社会はできている

広義の贈与交換を基本に社会はできている、ということ。これは人は一人では生きられないと同
様な意味である。このような贈与交換が全面化した社会として指摘されているのが、狩猟を中心
とする原始社会である。剥き出しの自然を生きる原始社会では、得られたものを贈与し、返礼す
ることで、生き抜いていく。

さらに現代でも多くを贈与交換が行われている。厳密に貨幣交換をめざすことは、自由主義経済
を徹底することだ。個人には等しく機会があたえられ、交換はその場の営利を基準に行われる。
相手への好意や今後の関係を考えて助け合いの関係を求める贈与交換の要素を含めてはいけない。
はたしてどれぐらい純粋な貨幣交換があるだろうか。その場で清算してしまうことは長期的な保
証がなくなる。必然的に人は贈与交換的要素を入れて、将来を担保しようとする。

特に日本は自由主義経済を徹底できないと言われる。自由競争を嫌い、人のつながりを重視して
贈与的要素を入れようとする。さきの西洋のサービスとにほんのおもてなしにつながる。サービ
スを商品とする西洋に対して、貨幣と等価交換することは失礼だと、贈与交換として支払いに還
元されないサービスをできるだけ贈与することを儀礼とする。

668 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/27(日) 22:05:31.41 0
日本と西洋との対比で語ってきたが、
世界史的に日本の方が標準だろう。

資本主義へ至る西洋はかなり特殊な歴史を歩んでいる。

キリスト教の特殊な宗教だ。
土地に目指した自然宗教が一般だが、
キリスト教は、反自然のユダヤ教を元にしている。

社会は贈与交換でできている。
なのに西洋は貨幣交換を主体とした資本主義を発展させた。

再度言えば、社会主義もこの西洋文明の延長線上にある。
本来世界的に亜流なのだ。

決して、必然的な人類史でも、人類の幸福に向けての進歩でもない。
社会主義に行き着くことも。

669 :考える名無しさん:2013/10/27(日) 22:17:31.92 0
429 :考える名無しさん:2013/10/27(日) 19:23:55.49 0
素直に日本シリーズでも見ておけ
どんな創作物よりも面白い状況だ

431 :xeo ◆topaTViseQ :2013/10/27(日) 19:26:36.28 0
今、日本シリーズやってたんだ。ほえ〜。巨人対楽天かぁ。

436 :考える名無しさん:2013/10/27(日) 20:58:22.23 0
312 :名無しステーション :2013/10/27(日) 20:07:52.49 ID:WBVcyarn
巨人大嫌いだけどもう巨人優勝でいいわ
インチキ楽天は消えてなくなれや
357 :名無しステーション :2013/10/27(日) 20:08:42.61 ID:YGII7uzl
>>312
被災地ジャッジにはへきへきするよな

670 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/28(月) 07:35:09.06 O
武士は不思議な支配者層で、倫理的に営利を抑止していた。
領地をもち底から上がる税を収入とした。
しかし領地の直接の運営には関わらずそこに住む農民、商人に任せる。
農民は自治運営し、自ら学び生産性を向上させ、また日本は流通が発達していることから商売の副業にも勤しんでいた。
税は基本、土地の広さに比例したので、効率向上や副業までは管理されない。
武士は支配者層ではあるが、土地の管理を任された行政の面が強かった。
すなわち一つの役職だった。

671 :山口昌男の易往易行だっけ:2013/10/28(月) 07:36:46.59 0
へきえき

672 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/28(月) 07:44:26.18 O
正式にも実質の支配者であった将軍でさえ、天皇から任命された役職である。
このような傾向の理由の一つが元々、武士が下級貴族、あるいは農民であったからかもしれない。
平安時代には貴族の護衛する下級貴族であり、また農民からの成り上がりである。
特に江戸時代に入り、戦がなくなった中で、武士層を管理するために家康は大々的に儒教を取り入れた。
質素で節制な生活、高い禁欲的自己管理、管理者としての人民のための徳ある振舞い。

673 :考える名無しさん:2013/10/28(月) 07:46:50.64 0
江戸時代に天皇は存続してたと思いますか
院と呼ばれてたそうですが

674 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/28(月) 07:59:46.33 0
江戸時代に江戸は世界有数の大都市であった。
経済活動も活動で、物価連動するマクロ経済もあり、
インフレ対策などの経済製作も行われていた。

このような市場を活用していたの商人などで、武士はそこから利益をとることに熱心ではなかった。

商人は身分は低かったが、市場の発達とともに、大きな富を得ることができた。
また農民の多くが副業により収入を得ていた。

これらの富に対する武士の管理は甘いものだった。

たとえば定期的に飢饉が起こり、厳しい武士から税の取り立てにより食べるものもなく、飢餓にあけぐ、農民像が語られるが、
実際はそう単純ではなく、マクロ経済の影響が大きかったと言われる。

飢饉になると、市場での米の買い占めが起こり、市場に出回らなくなり、一部の人々に出回らなくなる。
マクロ政策が不十分な時代に経済のコントロールは不十分であった。

675 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/28(月) 08:07:36.66 O
支配者がすべてを自らの所有物として実質的にも支配していた西洋と、
支配者が職として任された管理していた日本ではかなり異なる。

日本で武士支配により農民があえぐ悲惨な像は、多くにおいて、明治以降に西洋文化が入り、西洋のサヨ的に史観を日本にも投影したものである。

実際に一揆などのピークは明治に入ってからである。

676 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/28(月) 09:43:58.70 0
農民による自治は当然、幕府の法のもと運営されていた。
農民は法に基づき話し合い、方針を決め、武士と文書のやり取りを行った。
また民事的な裁判も活発であった。
また農民は農業書を読み、みずから学び、改良を行った。

これらの知識理解に重要な役割を果たしたのが坊さんである。
村に寺をたて、坊さんを囲い、知識を学んだ。
特に坊さんは全国的なネットワークをもっていて、各地の情報も入ってくる。
坊さんは村のコンサルタント的な位置付けにあった。
それとともに、坊さんは商業ネットワークを持っていた。
流動性が高い坊さんは商業を行い、活動の収入源にしていた。

村を越えた大きな一揆が坊さんのネットワークをもとに起こっていることは有名である。

677 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/28(月) 12:36:03.92 0
仏教は聖徳太子の時代に中国から伝来したわけだが、
当初は新しい高度な文化として上流階層を中心に需要された。

特に仏教に求められたの高度な超越論的体系ではなく、天災などの祈祷としてある。
空海のエピソードにしても祈祷の成功により認められる。

その後、平安末期、鎌倉時代と、仏教は民衆に受け入れられていくが、
そこでも日本人が求めたのは現世ご利益である。

本質的に仏教な救いの教えよりも、祈ればなんか良いことがあるのか。

このような宗教に対する日本人の軽さは現代までかわらない。

678 :考える名無しさん:2013/10/28(月) 12:38:44.91 0
おまえも例外ではないからな

679 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/28(月) 12:40:43.70 O
このような日本人だから、親鸞にしろ、ただ唱えれば救われると、ある意味簡単な方法に至ったのだろう。
このような環境の中で、仏教は全国的なネットワークを利用して、
情報提供、語学教育、商業の手伝いなど、様々なサービスを提供することで、庶民に溶け込んでいった。

680 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/28(月) 12:45:40.42 0
再度いえば、日本人は宗教によらずとも、家業主義、すなわち社会的な役割としての家業により、集団とつながることで、
精神面、経済面が支えられる。
仏教は日本人に浸透していくために、家業主義を補完するところが入っていったと言えるだろう。

681 :考える名無しさん:2013/10/28(月) 12:51:39.19 O
×念仏は親鸞が提唱したw
○実際には起源は法然


勉強不足(ビシ

682 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/28(月) 19:33:45.87 0
■武士により虐げられた悲惨な農民像は西洋サヨ史観により作られた


武士は営利を嫌う禁欲的な支配者

武士は不思議な支配者層で自ら倫理的に営利を抑止していた。領地をもちそこから上がる税を収
入とした。しかし領地の直接の運営には関わらずそこに住む農民、商人に任せる。農民は自治運
営し、自ら学び生産性を向上させ、また日本は流通が発達していることから商売の副業にも勤し
んでいた。税は基本、土地の広さに比例したので、効率向上や副業までは管理されない。

武士は支配者層ではあるが、土地の管理を任された行政の面が強かった。すなわち一つの役職だ
った。正式にも実質の支配者であった将軍でさえ、天皇から任命された役職である。このような
傾向の理由の一つが元々、武士が下級貴族、あるいは農民であったからかもしれない。平安時代
には貴族の護衛する下級貴族であり、また農民からの成り上がりである。特に江戸時代に入り、
戦がなくなった中で、武士層を管理するために家康は大々的に儒教を取り入れた。質素で節制な
生活、高い禁欲的自己管理、管理者としての人民のための徳ある振舞い。

683 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/28(月) 19:34:31.57 0
日本の悲惨な農民像は西洋史観により作られた

江戸時代に江戸は世界有数の大都市であった。経済活動も活動で、物価連動するマクロ経済もあ
り、インフレ対策などの経済製作も行われていた。このような市場を活用していたのが商人など
で、武士はそこから利益をとることに熱心ではなかった。商人は身分は低かったが、市場の発達
とともに、大きな富を得ることができた。また農民の多くが副業により収入を得ていた。これら
の富に対する武士の管理は甘いものだった。

たとえば定期的に飢饉が起こり、厳しい武士から税の取り立てにより食べるものもなく、飢餓に
あえぐ、農民像が語られるが、実際はそう単純ではなく、マクロ経済の影響が大きかったと言わ
れる。飢饉になると、市場での米の買い占めが起こり、市場に出回らなくなり、一部の人々に出
回らなくなる。マクロ政策が不十分な時代に経済のコントロールは不十分であった。

支配者がすべてを自らの所有物として実質的にも支配していた西洋と、支配者が職として任され
た管理していた日本ではかなり異なる。日本で武士支配により農民があえぐ悲惨な像は、多くに
おいて、明治以降に西洋文化が入り、西洋のサヨ的に史観を日本にも投影したものである。実際
に一揆などのピークは明治に入ってからである。

684 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/28(月) 19:35:12.62 0
村の知的コンサルタントとしてのお坊さん

農民による自治は当然、幕府の法のもと運営されていた。農民は法に基づき話し合い、方針を決
め、武士と文書のやり取りを行った。また民事的な裁判も活発であった。また農民は農業書を読
み、みずから学び、改良を行った。

これらの知識理解に重要な役割を果たしたのが坊さんである。村に寺をたて、坊さんを囲い、知
識を学んだ。特に坊さんは全国的なネットワークをもっていて、各地の情報も入ってくる。坊さ
んは村のコンサルタント的な位置付けにあった。それとともに、坊さんは商業ネットワークを持
っていた。流動性が高い坊さんは商業を行い、活動の収入源にしていた。村を越えた大きな一揆
が坊さんのネットワークをもとに起こっていることは有名である。

685 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/28(月) 19:36:01.76 0
仏教の現世利益にしかない興味がない日本人

仏教は聖徳太子の時代に中国から伝来したわけだが、当初は新しい高度な文化として上流階層を
中心に需要された。特に仏教に求められた高度な超越論的体系ではなく、天災などの祈祷として
ある。空海のエピソードにしても祈祷の成功により認められる。

その後、平安末期、鎌倉時代と、仏教は民衆に受け入れられていくが、そこでも日本人が求めた
のは現世ご利益である。本質的に仏教な救いの教えよりも、祈ればなんか良いことがあるのか。
このような宗教に対する日本人の軽さは現代までかわらない。

このような日本人だから、親鸞にしろ、ただ唱えれば救われると、ある意味簡単な方法に至った
のだろう。このような環境の中で、仏教は全国的なネットワークを利用して、情報提供、語学教
育、商業の手伝いなど、様々なサービスを提供することで、庶民に溶け込んでいった。

再度いえば、日本人は宗教によらずとも、家業主義、すなわち社会的な役割としての家業により、
集団とつながることで、精神面、経済面が支えられる。仏教は日本人に浸透していくために、家
業主義を補完するところが入っていったと言えるだろう。

686 :霊姑浮の構造:2013/10/28(月) 19:37:29.40 0
くじ引きで選ばれた足利将軍とか
ドイツの選帝侯はどうですか

太政大臣から内閣総理大臣へは興味ありました

徳川慶喜
慶応3年(1867年)
9月21日、内大臣転任。右近衛大将如元。
10月14日、大政奉還。
12月9日、征夷大将軍職辞職。

三条実美
慶応3年(1867年)の王政復古で表舞台に復帰、成立した新政府で議定となる。
翌慶応4年(1868年)には副総裁。戊辰戦争においては、関東観察使として
江戸へ赴く。明治2年(1869年)には右大臣、同4年(1871年)には太政大臣となった。
明治6年(1873年)の征韓論をめぐる政府内での対立では、西郷らの征韓派と
岩倉具視や大久保利通らの征韓反対派の板挟みになり、岩倉を代理とする。
明治15年(1882年)、大勲位菊花大綬章を受章する。明治18年(1885年)
には太政官制が廃止されて、内閣制度が発足したため、内大臣に転じた。

伊藤博文
初代 内閣総理大臣
内閣 第1次伊藤内閣
任期 1885年12月22日 - 1888年4月30日

大日本帝国憲法(だいにほんていこくけんぽう、
だいにっぽんていこくけんぽう、旧字体:大日本帝國憲法)は、
1889年(明治22年)2月11日に公布、1890年(明治23年)11月29日に
施行された、近代立憲主義に基づく日本の憲法[1]。

687 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/28(月) 19:41:41.26 0
■平等はなぜうつを生むのか

>>629-636 1 日本人のおもてなしと西洋人のサービス
>>637-638 2 マクロコンテクストという存在論的ストレス
>>639-642 3 キリスト教の平等はどこからきたのか
>>643-648 4 なぜ平等はうつ病を生むのか
>>665-667 5 なぜ社会は贈与交換でできているのか
>>662-685 6 武士により虐げられた悲惨な農民像は西洋サヨ史観により作られた

688 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/28(月) 19:43:58.13 0
つづく

689 :考える名無しさん:2013/10/28(月) 20:21:10.35 0
http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20120609

柄谷は、現在の寺は葬儀・法事の産業になってると
言ってるみたいですね

690 :考える名無しさん:2013/10/28(月) 20:24:02.38 0
あと5年もすれば波平は死んでるだろ。

691 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/28(月) 20:43:09.30 O
>>689
これば昔から変わってないでよ。
日本人が全面的に仏教を信仰したことはない。
江戸時代にしろ、事情はかわりません。

692 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/28(月) 20:47:15.90 0
さすがにクリスマスはなかっただろうが、江戸時代も似たようなものです。

693 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/28(月) 20:48:21.42 O
>>690
なんでやねん!

694 :考える名無しさん:2013/10/28(月) 21:15:33.19 0
いるのかね?

695 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/28(月) 21:32:37.34 0
やは肌の
あつき血汐にふれも見で
さびしからずや
道を説く君

696 :考える名無しさん:2013/10/28(月) 21:35:12.86 0
むほほっ

697 :考える名無しさん:2013/10/28(月) 22:02:45.49 0
「日本人が全面的に仏教を信仰したことはない。
江戸時代にしろ、事情はかわりません。 」

漠然としてますね。

「仏教を信じたことはない」
「宗教を信仰したことはない」と書かない理由があるのかな。
有力な本山とか寺院の僧侶や門前町の人は
それなりに信仰してると思いますが。

僧侶、葬儀屋、仏具屋の分担は江戸時代に進んだのかと思います。

日本がキリスト教の習俗を取り入れて行ったのは
キリスト教禁止が終わった明治からですかね。

推測ばかりでは最近の柄谷と同じですね

698 :考える名無しさん:2013/10/29(火) 00:54:55.43 P
ボロメオの環(カント、ヘーゲル):
   ____  ____
  /    \/    \
 /     /\     \
|     |  |     | 
| 悟性  |__| 感性  |  
|    /|  |\    |
 \  /  \/  \  /
  \|___/\___|/ 
   |        |
   |   想像力  |
    \      /
     \____/ 
   ____  ____
  /    \/    \
 /     /\     \
|     |  |     | 
| 国家  |__| 市民社会|  
|    /|  |\    |
 \  /  \/  \  /
  \|___/\___|/ 
   |        |
   |  ネーション |
    \      /
     \____/ 

(柄谷行人『世界共和国へ』175頁より)

「市民社会=市場経済(感性)と国家(悟性)がネーション(想像力)によって結ばれている…」

699 :考える名無しさん:2013/10/29(火) 04:09:38.77 0
いとうせいこう ‏@seikoito 2時間
今日柄谷さんに紹介した金子兜太の凄い句「おおかみに蛍が一つ付いていた」を、ふとa firefly was on a wolfと言い換えてみて、さらにその短詩の完璧さに驚く。

いとうせいこう ‏@seikoito 5時間
文学界のための柄谷さんとの対談、三時間。柳田論、想像ラジオを通した死者論、祖先信仰、固有信仰の普遍性に関する思考を聞いた。そのあとさらに三時間超、柄谷さんの現在の考えを聞けたが、すごすぎて頭がパンクするかと思った。

いとうせいこう ‏@seikoito 10月27日
楽屋で再び柄谷行人「遊動論」、昨日編集者から来た序論など含めて読み、メモを整理。明日はその上での対談(ほとんど俺からのインタビューになるだろうけど)。きちんと話す機会は限られているから大事にする。

700 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/29(火) 06:56:22.40 O
やはり日本人というものを考える場合には島国という環境が大きいんでしょうね。

ただ島国ではなく、中国の周辺の島国ということ。

701 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/29(火) 07:22:19.69 0
縄文時代から西日本は韓国との交易が活発で、文化圏を形成していたが、
その中心は中国から伝わる文化である。

その時代から中国の世界最先端の文化を吸収していた。

卑弥呼が魏に使者を送ったように、権力者にとっても中国はとても重要だった。
1つはその巨大な権力にお墨付きをもらえること、さらには中国の最先端の技術が日本国内の権力闘争に有利に働くからだ。
銅、鉄、それらを使った武器や、作物に関する技術を獲得することで、決定的に有利に働く。

702 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/29(火) 07:33:08.10 O
このような中華文化圏の一部でありながら、日本の決定的な特徴は中国権力に征服されたことがないということだ。

それは単に島国ということだけでなく、間に韓国があるが重要だった。
中国から日本を目指すためにはまず韓国を征服しなければならない。

もっとも中国が迫ったのが元だか、フビライが数回に渡り日本を目指したのは、イスラムから欧州までも遠征したモンゴル帝国の拡散の執着といえるだろう。
その労力に見合う対価が見込めるとは思えない。

703 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/29(火) 07:39:04.38 O
征服されたことがないということは、日本人にとって決定的な特徴だろう。
逆に征服されるということがいかに決定的な経験を生むか。
多民族に支配され、従属をしいられ、自文化を排除される。

これにより、日本人にとって外来文化は友好的なものとなる。

704 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/29(火) 07:45:14.84 0
このような経験もあり、現代に至るまで日本人にとって外国文化にかぶれることは重要なものであり、
日本の歴史は年輪のように重なる外来文化へのかぶれの歴史といえる。

ラッキーなことに最初は中国、その後欧州、最近ではアメリカという世界最先端の文化にかぶれることができた。

705 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/29(火) 07:56:58.17 O
日本人はとにかく外来文化好きで、すぐにかぶれるわけだか、
もうひとつの特徴として、単に受け入れるだけでなく、自分なりにアレンジして、日本流にしてしまう。

では日本流とはなにか?

706 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/29(火) 08:07:25.87 O
日本人の特徴と言われるのが、超越論的より現世利益を重視すると言われる。
理念や理想よりも、いまここになに賀できて、いかなる効果がえられるのか。

この世界の構造や社会のあり方の理想など超越論的思考は、仏教やキリスト教など、世界的には高い文化水準の特徴の一つである。

日本に最初にこのような文化がもたらされたのは仏教だろう。
その重厚な体系、深淵な理想を目指す高い理念など

しかし日本において仏教の受容はもっと現世利益だった。
手を会わせれば何のご利益があるのか。いかに祈りは災いを排除してくれるのか。

それは日本に土着する豊作を祈り、災害を緩和する自然信仰とも融合していく。

707 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/29(火) 08:21:18.54 O
自然信仰、現世利益と、日本人はある意味で、高度な文明へ展開する前の、素朴な土着性を維持している。
この素朴さの理由の一つが征服されたことがないということであり、
疑似的に単一民族の感覚を残しているからだろう。

ならば、遅れた文明の素朴な島国民でも良かったんだろうが、
最新の文化が比較的身近にあり、素朴にかぶれ続けるというところだろうか。

その理由を想像するに、島国故の閉塞感があることが想像される。
たとえば年輪のように次々新たな外来文化にかぶれるんだが、そのサイクルが世代間競争の様相がある。
ある世代が新たな文化にかぶれるとき、先の世代を古いと否定する契機がある。
そしてさらに次の世代は新たな外来文化にかぶれて先世代を否定する。
外来文化へのかぶれはこのような世代間の差異を産み出す。
この運動は、島国、疑似単一民族という日本がもつ閉塞を打破する文化的な新陳代謝の役割を持っているのではないのだろうか。
この運動は現代に至るまで日本人の特徴としてかわらない。

708 :考える名無しさん:2013/10/29(火) 09:04:49.53 0
おい、五年後に死ぬ波平、教えてくれ。
大規模規制でもあったのか?
明らかに自動・手動・お仕事書き込みが板内のスレ々になされていない。
昨晩何があったのだ?

709 :考える名無しさん:2013/10/29(火) 09:13:34.35 0
OK。波平一人で10人役やってるわけね。なら、自分のスレを磨く方に専念してて良いよ。

710 :考える名無しさん:2013/10/29(火) 11:25:54.46 P
>>660及びその改訂版の>>698を左右反転させ、さらに反時計回りに回転させると、)

 カント、
ヘーゲル、
 ラカン、
吉本隆明:
     ____  ____
    /    \/    \
   / 悟性  /\ 想像力 \
  |  国家 |意味|ネーション| 
  |象徴界S |__|想像界I | 
  |共同幻想/| a|\個人幻想|
   \ ファロス\/文学\  /
    \の享楽_/\芸術_|/ 
     |   感性   |
     |  市民社会  |
      \ 現実界R /
       \_対幻想/

(柄谷行人『世界共和国へ』175頁他参照、改変) 
a=対象a、剰余享楽。

711 :考える名無しさん:2013/10/29(火) 11:29:08.53 P
>>710

柄谷行人:
 _________________
|        |        | 
|  S     |  I     | 
|  国家    |  ネーション |  
|  B     |  A     |
|  共同幻想  |  個人幻想  |平 
|________|________|
|        |        |等 
|  R     |        | 
|  資本    |アソシエーション| 
|  C     |  D  X  | 
|  対幻想   |        |  
|________|________|
        自 由

『世界史の構造』15頁、定本『トランスクリティーク』425頁(文庫版415頁)参照、改変。
>>710の図形と上の図形との関係は、下記の図形とその展開図を考えればいい。
吉本の欠点はアソシエーションの位置がわかりにくいということだ。
   ______
  / 悟性  /|
 /_____/想|
 |     |像|
 | 感性  |力|
 |     | /
 |_____|/ 

712 :考える名無しさん:2013/10/29(火) 12:45:30.68 0
大島優子「映画『地獄でなぜ悪い』観ました。血の海で吐きそうになっちゃた」 : J-CASTテレビウォッチ http://www.j-cast.com/tv/2013/10/29187502.html

713 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/29(火) 16:31:53.93 O
では日本人の特徴まとめてみよう

低層にあるのは
島国で征服されたことがなく残存する土着性として、
疑似日本人的な贈与の集団性
贈与が卑近のみでなく、日本人全体へ張り巡らすための天皇を中心とした職(役割)の体系

それに対して流動する上層として

その集団性からくる閉塞性と海外への低い警戒心からくる国外文化の吸収欲
閉塞を打破するための新陳代謝としての世代ごとの新たな海外文化へのかぶれ

714 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/29(火) 16:40:11.49 O
かぶれた文化は深層に到達されアレンジされ、流行り廃れていく。


面白いのは、情報速度がかわったが、この構図は聖徳太子の時代から現代まで変わることがない。

だから日本人の近代の吸収の仕方も独特である。

715 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/29(火) 19:00:37.71 0
日本人の近代化のインセンティブは、西洋からの外圧にある。

まさかまさかの清国があっさり敗れ、日本も開国を迫られ、不平等条約を結ばされる。
このとき日本人は対等ではなく半未開人と位置づけられる。

近代化において下級武士たちのブルジョア革命の結果、明治維新が誕生する。

目標はとにかく西洋におい付けである。西洋に負けない富国強兵が目指され、
民衆の近代的な国民化が進められる。

近代的な国民に求められるのは自制的禁欲的労働力である。
日本人には天皇を中心にした家業主義、職(役割)の体系がある。
近代的な労働で重要であるのは時間管理である。

そのとき利用されたのが、江戸時代に武士に導入された儒教教育である。

教育勅語を象徴的に禁欲的、自制的な慣習が教育される。


おわり

716 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/29(火) 19:12:47.30 O
西洋での近代化では、プロテスタンティズムの禁欲主義が活用された。
日本で代わりに使われたのが武士的儒教である。

日本人は一気に武士的禁欲主義に教育された。
日本人が帝国主義に邁進する理由の一つがここにあるだろう。
単なる禁欲主義に以上に、死をもかける小さな侍を大量生産したからだ。

717 :考える名無しさん:2013/10/29(火) 23:27:23.01 0
社民党OfficialTweet
‏@SDPJapan
【写真】小泉純一郎元総理と吉田忠智社民党党首・又市征治幹事長が会談
《記事facebook版→》https://www.facebook.com/photo.php?fbid=540044826079808&set=a.431393130278312.1073741828.431323206951971&type=1
http://pic.twitter.com/modHF956ch
2013年10月29日 - 22:18

718 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/30(水) 07:24:54.54 0
ガマがアフリカ回りのインドの航路を発見して、世界は大きく変わるわけだが。
すでに世界有数の交易国だったインドへたった数隻の来航が影響を与え得たのは、大砲によるものである。
大砲を港に向けて停泊し、交渉する。それはまさに銃口を突き付け人を脅迫するに等しい。
ポルトガル王のめいを受けたがまの目的はあくまでも貿易することである。
すでに紅海を通りインド至る行路での貿易は活発であるが、イスラム圏を通るために許可が大変であり、
ヴェネチアなどに独占されていた。

719 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/30(水) 07:31:34.25 0
しかしくずのような品物しか持たないガマは鼻にもかけてもらえない。
ポルトガル王といったところで知られていない。
その中で大砲の威力は絶大である。
火薬、鉄砲は中国で発明されたが、その後西洋で大砲は発達した。
しかし移動の問題があり、有効に働いたのは船への搭載である。
その後、大砲を搭載した船で、各地の港に登場し、銃口を突き付け有利な貿易を迫る方法が西洋の常套手段となる。

720 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/30(水) 07:39:49.26 0
日本にきたペリーもまさにその手法で開港を迫ったわけだ。

その後、西洋は中国まで航路を広げていくが、中国が大帝国であることは認識していたし、
最初は大人しく貿易していたし、中国も雑魚のひとつとしか考えていなかった。
しかしアヘン問題でこじれて、一気に常套手段にでて、そしてまさにその破壊力を見せつけ、一気に中国を脅迫することに成功する。
その後、清国は衰退し、中国は近代化できず長い混迷に入る。

721 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/30(水) 07:45:27.69 O
日本はその後、早々と近代化したが、中国が混迷したのはなぜか。

その巨大さ故に転換が難しかったこともあるだろうが、その一つの要因として儒教文化の影響があるだろう。
儒教の思想があまりに近代化と相容れない。

722 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/30(水) 08:01:51.82 0
儒教は本質的にも選民思想である。
君子と言う選ばれた人がいかにあるべきかを説いている。

そしてその思想は近代化の営利中心相容れない。

このために中国中枢は近代化へのまともな対策を打てないままずるずると停滞し、早々と近代化をとげた日本にも敗れる。
その後、中国が進んだのが資本主義を飛び越えて共産主義だ。
逆にここまで徹底しないと、儒教の呪縛から逃れられなかっとも言える。

723 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/30(水) 08:16:42.78 0
日本も広く儒教の影響を受けてはいるが、庶民レベルでは儒教の儀礼の厳格さまではない。
その差はより深く儒教の影響を受けた韓国とはことなる。

その中で儒教を徹底して取り入れたのが家康である。
家康は天下統一後、戦国時代から脱却し、自らの統治を安定化するために様々な政策を進めたが、
そのうちの一つが、血の気の武士を儒教の厳格さにより管理することであった。
一つの法の基準として儒教思想を導入した。
江戸時代の武士はいまのサラリーマンのような生活を送っていた。
政治、行政機関としての幕府のもと、各武家に家督として役目を与えけ、勤勉に毎日遂行させる。

このために儒教を導入した。だからある種限定的な儒教の活用である。
それがやがて近代化の国民教育にも使われるようになる。

724 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/30(水) 08:28:57.60 O
たとえば赤穂浪士の仇討ちは江戸時代にすでに大事件であった。

庶民は赤穂浪士の行為を喝采し、すぐに芝居が作られて大ヒットするが、
幕府お抱えの儒学者は、秩序を乱すというものだった。
現代でも武士の象徴と言われる殉死を儒教的法は厳しく禁止している。

ちなみに武士道とは死ねことと見つけたりで有名な葉隠では、
赤穂浪士は策を練りすぎだと批判されている。 武士はただ死ぬことであり、
主君が巻き込まれた時点で考えず行動する、すなわち死をあたえよ、ということだ。

725 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/30(水) 08:40:21.00 0
中国が儒教から資本主義を飛び越え、共産主義へ写ったのは、その二つに本質的な共通点があるためといえないだろうが。

726 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/30(水) 12:34:34.11 O
もっとも似ているのがトップダウンで管理がされること。

727 :ある年の12月14日、会社が泉岳寺に引っ越した:2013/10/30(水) 16:47:49.92 0
Kentaro_SUZUKI
‏@suzuken2002
.@kengoa1965 『柳田国男論』には、40年前、若き「アイドル」時代の柄谷行人氏の「グラビア」付きという衝撃……。
2013年10月30日 - 14:18

728 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/30(水) 18:38:31.84 O
儒教とはなにか?

729 :考える名無しさん:2013/10/30(水) 20:09:01.86 0
429 :考える名無しさん:2013/10/27(日) 19:23:55.49 0
素直に日本シリーズでも見ておけ
どんな創作物よりも面白い状況だ

431 :xeo ◆topaTViseQ :2013/10/27(日) 19:26:36.28 0
今、日本シリーズやってたんだ。ほえ〜。巨人対楽天かぁ。

436 :考える名無しさん:2013/10/27(日) 20:58:22.23 0
312 :名無しステーション :2013/10/27(日) 20:07:52.49 ID:WBVcyarn
巨人大嫌いだけどもう巨人優勝でいいわ
インチキ楽天は消えてなくなれや

357 :名無しステーション :2013/10/27(日) 20:08:42.61 ID:YGII7uzl
>>312
被災地ジャッジにはへきへきするよな

730 :考える名無しさん:2013/10/30(水) 20:40:20.47 0
そろそろルー・リード死去について語ろう

731 :考える名無しさん:2013/10/30(水) 21:01:10.59 0
ていうか、そろそろ波平死ねよ。

732 :考える名無しさん:2013/10/30(水) 23:15:03.44 P
日本精神分析再考(講演)(2008) - 柄谷行人
http://www.kojinkaratani.com/jp/essay/post-67.html

結論としていえば、日本人はいわば、「去勢」が不十分である、ということです。象徴界に入りつつ、
同時に、想像界、というか、鏡像段階にとどまっている。この見方は日本の文化・思想の歴史につい
て、あてはまると思います。つまり、丸山真男などが扱ってきた問題は、このような文字の問題を通
した「精神分析」を通してこそアプローチできるのではないか、と私は思ったのです。
(柄谷行人『日本精神分析再考(講演)(2008)』)

http://yokato41.blogspot.jp/2013/09/blog-post_25.html

733 :考える名無しさん:2013/10/31(木) 01:33:48.90 P
柄谷は自分の世代はプレスリーですよ、と言っていた。
岡崎さんにディランに似ていると言われまんざらでもなかったらしいが、
ディランは聞いていないだろう。ルー・リードも無論聞いてそうにない。
ロックより大阪の漫才に詳しいようだ。

734 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/31(木) 07:17:31.86 O
>>732
明治維新前後に日本を訪れた西洋人たちはこの不思議な日本人に対する手記をたくさん残しているが、
その中でも比較的多い意見の一つに、子供が大切にされ、いつも楽しそうにしている、というものがある。
この近代化の時代、西洋ではプロテスタンティズムの影響が強く、
人々は禁欲的倫理的な生活を送っていた。
そこから考えると子供にもきびしいしつけが行われていたのだろう。

735 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/31(木) 07:25:25.50 O
去勢という概念はキリスト教的である。
キリスト教では、大人は自立的個人であることがもとめられる。
このために子供は未熟な大人であり、自立的な個人になるために教育が必要と考えられる。それが去勢である。

736 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/31(木) 07:31:47.25 O
そもそも日本には自立した個人という考えがない。
だから子供は未熟な大人とは考えない。
子供に教育するのは自立より、協調性だろう。
日本では子供は集団の中の子供という存在なのである。
子供らしく、無邪気で、にぎやかで、それが集団をなごませるという意味をもつ。

737 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/31(木) 07:37:55.78 O
日本人が去勢されないことをネガティブに語った有名な本に「甘えの構造」がある。
精神分析家の著者は日本語の甘えるに相当する英語がないこと、
さらに日本語には、すねるなど甘えに関する言葉が多いことに気づく。
日本人は、西洋人のように自立的個人になるための去勢がなく、社会全体が甘えの関係でできている。
これを江戸時代の逸話も交えて説明している。

738 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/31(木) 07:47:49.98 O
日本人は、個人として自立せず、甘えの関係、想像界にいることは問題か。
これは明らかに自立した個人が正しいという西洋中心主義である。
問題は日本人がいかに社会的秩序を維持しているか、そこで想像的関係が有効に活用されているかである。

739 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/31(木) 07:58:45.26 O
日本人の想像的関係とは、贈与交換である。
贈与交換は特定の相手と継続的な信頼関係を維持する助け合いの関係である。
これは基本は小さな集団の中で行われる。
日本人は疑似単一民族からこれを日本人全体に広げている。
この関係を具体的に支えるのは職の体系である。
概念的に農地は天皇からの預かりもの、職は天皇から与えられた役割。
これは農民から将軍まで体系化する。 縦の身分制度があっても職の体系上は横の関係である。
だから日本人は職においてはブライドをもち自立していた。

740 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/31(木) 08:08:34.91 0
甘えの構造の中で、義理人情を甘えの関係として批判しているが、
まさに広域の贈与交換の現れてある。
いまはやりのおもてなしとか。

日本の子供の話にもどれば大人になるとは家業を覚えること、すなわち一人前の仕事をできることをいう。
だから子供は未来の職人であり、いまは元気であればよい。
遊びをかねてお手伝いをしていればよいのである。
このような感覚はいまも日本人にあるだろう。
たとえばなぜ日本の大学生に寛容なのか。
大人として認められるのは、就職したときであり、 大学生は卒業すれば大人になることがわかっているから、最後の子供だからだろう。

741 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/31(木) 08:13:42.61 O
誇れることは、日本人の職の体系贈与交換は、近代化でもよく機能した。
日本人一丸となりみごとな高い生産性をあげた。
それも西洋な労働者の不満を比較的少ないまま。
逆にあまりによく回りすぎで、悲惨な戦争に突入してしまった。
しかし戦後、再び駆動しみごとな活躍をしている。

742 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/31(木) 08:19:04.08 0
西洋と日本のどちらが幸福な社会か、答えはでないだろうが。
キリスト教文化もなかなか大変らしいよ。
個人の自立はきびしいし、あとキリスト教として絶えず自らの行為に自省が回帰するとか。
日本人は良いと思うよ。
産業的に成功しつつ、疑似単一民族的安心、助け合い、気楽さがある。
最近、若者が海外に出たがらないことが問題になっているが、
そりゃ日本はいいよ。

743 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/31(木) 08:39:18.41 0
さらにいえば日本人は日本人否定が大好きである。
これは疑似単一民族として閉塞しやすい日本人の伝統的な新陳代謝法である。
あらたな外来文化にかぶれ古い世代を批判する。その繰り返して日本は発展してきた。

744 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/31(木) 09:29:01.62 0
日本人の日本人卑下はある種の快楽とも言える。

745 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/31(木) 09:33:04.22 0
西洋の個人の自立は、その起源から私的財産に関係するように思う。

746 :考える名無しさん:2013/10/31(木) 10:37:34.45 0
波平はカボチャを頭に被って知人の家にピンポン押して、ショットガンで打たれて脳みそ炸裂させないの?今日だよ、その日。

747 :考える名無しさん:2013/10/31(木) 11:19:31.97 0
シュティルナー『唯一者とその所有』から類推された
柄谷の「個人主義は所有権と関係がある」発言のパクリですな

748 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/31(木) 12:26:31.40 O
>>747
たとえば?

749 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/31(木) 12:31:10.77 O
西洋がなぜこんなに個人主義に傾いたのか、と考えると
一番はキリスト教があげられるわけだけど
その前にすでにギリシャ哲学で、理性主義があるんだよね。
キリスト教の普及にもギリシア哲学からの影響がある。

750 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/31(木) 12:37:31.15 0
ギリシアがなぜ栄えたかと言えば、交易だよね。
土地は肥沃だか港に最適な地形で、エジプト、イスラエル地方辺りとの地中海交易で栄えた。
硬貨が普及したのもギリシアが始めだった。


その豊かさから、富裕層が生まれ、富裕層のための知識人が生まれた。

その中で生まれた思想が個人主義的であったのは、やはり商品交換、私的財産になどの影響を受けていると考えやすい。
逆に他になにがあるか?

751 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/31(木) 12:40:37.37 O
というのは、その時代の基本は、エジプトにしろ、ペルシアにしろ、農業を中心として土地に根差した大国だから。

その中から私有財産や個人主義が育つとは考えにくい。

752 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/31(木) 12:48:54.28 0
ギリシアの理性主義といえばプラトンだが、
プラトンの師匠はピタゴラスでその思想はほぼ継承されていると言われる。

ピタゴラスは簡単にはいえば数理神学といえる。
すなわち自然には数学的な調和があり、その真実を見つけ出す。
そのためには禁欲的な精神、健全な肉体が必要だった。
プラトンはその真実をイデアとして、数学を重視はしたが、必ずしもこだわらなかった。
そして真実を知る能力を理性と読んだ。それは哲学者が獲得するものとされた。

753 :考える名無しさん:2013/10/31(木) 12:50:22.06 0
純一=霊姑浮

754 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/31(木) 12:53:00.10 0
ピタゴラス以前は建築など実用的な算術だった。
それが実態から離れた抽象的な数字としての数学へ展開する。
ようするにイデアにしろ超越論への向かう思考ここで重要になる。
この思考はどこから来たのか?

755 :考える名無しさん:2013/10/31(木) 13:04:15.17 0
純一=霊姑浮

756 :考える名無しさん:2013/10/31(木) 13:43:54.07 0
自称偏差値80の純なんちゃらは絶対に締め上げる。覚悟しろ

757 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/10/31(木) 20:15:41.05 0
抽象化された数字といえば貨幣である。
単なる財ではなく貨幣が重視される社会では、貨幣が数字として抽象化する。これはあくまでも仮説である。
しかし疑問がある貨幣が普及したのはギリシアだけだろうか。
たとえば日本で貨幣が機能し出したのは室町時代と言われる。
貴族社会が崩れ、地方が活性化し社会の流動性があがる。
中国の宋銭が広まり貨幣が流通する。
しかしまだまだ農耕による自給自足が一般である。

758 :考える名無しさん:2013/10/31(木) 22:03:22.84 0
このひと、寝たきりか、なにかなんでしょ。ずっと思考が働かずに朦朧と適当に進めることだけ考えてる。

759 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/01(金) 07:22:54.33 0
貨幣交換が全面化し豊かな商業都市ギリシアで、抽象的思考は生まれ、
算術から数学へのアンビバレントな神学的、そして超越論的転換は行われた。
やがてイデア論という超越論的な世界が生まれる。
そこでは豊かな私有財産を背景に、人も個への抽象的、さらに理性という超越論転換が行われた。

というのが、ポクの仮説です。

760 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/01(金) 07:52:37.23 0
このような抽象は、その後キリスト教により補強されるのだが、

そもそもキリスト教が都市部で普及していったのは、逆に個の思がを求められていた故である。
現にキリスト教とプラトンは、融合した思想を生む。
たとえばキリスト教はその初期において、その思想の論理的な構築を求められるが、
多くな流れはギリシア思想を取り入れたローマ帝国の東と、
より論理より信仰そのものを重視する西との正統派対立の構図を生む。
その中から三位一体説は正当化される。
神、キリスト、精霊は上下はなく一体であるという三位一体説が選らばるたのは西側の優位を意味する。
すなわち問題はキリストとはなにものか?人か、神か
プラトン的思考では神は一者であり、キリストは神に使えるものである。

しかし三位一体説でキリストは神であり、人である。
強い信仰の対象てして、神の下ではなく、神そのものでなければあらず、
またキリストの死は人類の代わりに罪を背負ったのであり、その苦しみは人として味会わなければならない。
そこに人類のキリストへの贖罪は生まれる。
すなわちキリスト教は西側の、論理より信仰重視に傾く。

761 :考える名無しさん:2013/11/01(金) 18:43:57.00 0
明日はぴかぁ〜さんのお誕生日です!

762 :考える名無しさん:2013/11/01(金) 19:12:40.33 0
今年波平は何歳になるんだっけ?35歳?ということは1978/11/02でFA?
それで正しければ、波平の生き様の全てと、死に方の全てを、秘蔵の書物から読み出してやる。

763 :考える名無しさん:2013/11/01(金) 19:19:25.99 0
もう書物の結果を俺は見ているが、日付と生れ年に間違いは無いか?
ちょっと普段の波平の性質と、その生まれ日の星の性質は異なる。サバよんでいたり、嘘ついていたりしていそうだ。

誰かが嘘をつくと、もう、誰にも真実は、与えられないよ。
まあ、波平は近いうちに死にそうだから、どんな性質と星の下の生まれていようが、どうでもいいけどね。

764 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/01(金) 19:23:44.57 O
>>763
わかったから、働け、くず(笑)

765 :考える名無しさん:2013/11/01(金) 19:42:27.54 0
>>764
俺は波平より、星的には、かなり希少価値のある人間だよ。
波平って、親所有マンションの最上階に暮らしているあの人ってことでFA?
また、不動産屋の情報のレスをコピペしようか?

波平って、嘘つきだよな。何を持って波平の真実性をアピールするんだよ。

嘘つきの波平に

764 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/01(金) 19:23:44.57 O
>>763
わかったから、働け、くず(笑)

こんなこと言われても、その言葉に、何の力も宿らない。俺は感情マスターだから言いたいことはわかるけどね。
そういうときは、下手な言葉で文章で返さずに、塩まいて念仏唱える仕草を見せてれば良いんだよ。
そういうのが波平らしいし。

で、結局、おまえの生年月日は嘘なんだろ。中身がこの糞虫の生態と合致していないからさ。

766 :考える名無しさん:2013/11/01(金) 19:47:40.12 0
でも、生年月日、嘘ではないかもしれないな。年が違うのかもしれないけど。

その性格故に物理的身体に病気を抱えやすく、寝たきりになる。って書いてあるし。

767 :考える名無しさん:2013/11/01(金) 20:37:39.09 0
637 :考える名無しさん:2013/11/01(金) 20:17:06.52 0
存在論的、郵便的

768 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/01(金) 20:44:52.40 0
11月2日誕生日か
そういえばそんなかわいい有名人がいたな

769 :考える名無しさん:2013/11/01(金) 21:02:10.10 0
嘘ばっかりついている人間って、まじで 死ね って思われてる率が高いよ。

770 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 15:30:13.67 O
>>769
ラカンは人は嘘しか言えないといった。

771 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 15:40:04.95 0
そうか、今日は姫の31歳の誕生日か
おめでとう!

772 :考える名無しさん:2013/11/02(土) 16:12:41.04 0
ヒーメヒメヒメ

よるの町をひとりで歩いてみる
わたしのハートは元気ない だけど
むこうの壁越えられたら言える気がするの
(おいでよおいで こっちへおいで)

しんじているよ?だけどあなたが
 近くにいないからこんな気持ちになるの

ぺんきんみたいなよちよち歩き バカにしてる?
だんだん きてるよきてる!ここからが 
るん!

ハーイ!
ラブリーチャンス
ペタンコチャン
ラブリーチャンス
ペタンコチャン
大きくなあれ魔法かけても

ラブリーチャンス
ペタンコチャンス
ラブリーチャンス
ペタンコチャンス

ヒメはヒメなのヒメなのだ!

773 :考える名無しさん:2013/11/02(土) 16:16:00.79 0
>>770
波平のアイデンティティって、もはや「ラカンを身近に感じていること」←これだけ。

取って付けたような日本と西洋の歴史の塗り壁立てて何の意味も無く風化して消える。
波平の発言は全部嘘である可能性もあり、そんな波平の相手をする人間は身内に限られる。これが真理。



可哀想に、家族の人。

774 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 16:16:35.17 0
■日本人の特徴まとめ

中国の周辺の征服されたことがない島国

やはり日本人というものを考える場合には島国という環境が大きいんでしょうね。ただ島国では
なく、中国の周辺の島国ということ。縄文時代から西日本は韓国との交易が活発で、文化圏を形
成していたが、その中心は中国から伝わる文化である。その時代から中国の世界最先端の文化を
吸収していた。卑弥呼が魏に使者を送ったように、権力者にとっても中国はとても重要だった。1つ
はその巨大な権力にお墨付きをもらえること、さらには中国の最先端の技術が日本国内の権
力闘争に有利に働くからだ。銅、鉄、それらを使った武器や、作物に関する技術を獲得すること
で、決定的に有利に働く。

このような中華文化圏の一部でありながら、日本の決定的な特徴は中国権力に征服されたことがないということだ。それは単に島国ということだけでなく、間に韓国があるが重要だった。中国
から日本を目指すためにはまず韓国を征服しなければならない。もっとも中国が迫ったのが元だ
か、フビライが数回に渡り日本を目指したのは、イスラムから欧州までも遠征したモンゴル帝国
の拡散の執着といえるだろう。その労力に見合う対価が見込めるとは思えない。

775 :考える名無しさん:2013/11/02(土) 16:16:38.16 0
チャーンチャンチャチャチャン、ひーーめひめひめ
チャーンチャンチャチャチャン、ひーーめひめひめ

776 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 16:17:31.94 0
征服されたことがないということは、日本人にとって決定的な特徴だろう。逆に征服されるとい
うことがいかに決定的な経験を生むか。多民族に支配され、従属をしいられ、自文化を排除され
る。これにより、日本人にとって外来文化は友好的なものとなる。

このような経験もあり、現代に至るまで日本人にとって外国文化にかぶれることは重要なもので
あり、日本の歴史は年輪のように重なる外来文化へのかぶれの歴史といえる。ラッキーなことに
最初は中国、その後欧州、最近ではアメリカという世界最先端の文化にかぶれることができた。

777 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 16:18:05.10 0
現世利益を重視する日本流

日本人はとにかく外来文化好きで、すぐにかぶれるわけだか、もうひとつの特徴として、単に受
け入れるだけでなく、自分なりにアレンジして、日本流にしてしまう。では日本流とはなにか?
日本人の特徴と言われるのが、超越論的より現世利益を重視すると言われる。理念や理想よりも、
いまここになに賀できて、いかなる効果がえられるのか。

この世界の構造や社会のあり方の理想など超越論的思考は、仏教やキリスト教など、世界的には
高い文化水準の特徴の一つである。日本に最初にこのような文化がもたらされたのは仏教だろう。
その重厚な体系、深淵な理想を目指す高い理念など。しかし日本において仏教の受容はもっと現
世利益だった。手を会わせれば何のご利益があるのか。いかに祈りは災いを排除してくれるのか。
それは日本に土着する豊作を祈り、災害を緩和する自然信仰とも融合していく。

778 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 16:18:39.32 0
世代間かぶれ闘争による新陳代謝システム

自然信仰、現世利益と、日本人はある意味で、高度な文明へ展開する前の、素朴な土着性を維持
している。この素朴さの理由の一つが征服されたことがないということであり、疑似的に単一民
族の感覚を残しているからだろう。ならば、遅れた文明の素朴な島国民でも良かったんだろうが、
最新の文化が比較的身近にあり、素朴にかぶれ続けるというところだろうか。

その理由を想像するに、島国故の閉塞感があることが想像される。たとえば年輪のように次々新
たな外来文化にかぶれるんだが、そのサイクルが世代間競争の様相がある。ある世代が新たな文
化にかぶれるとき、先の世代を古いと否定する契機がある。そしてさらに次の世代は新たな外来
文化にかぶれて先世代を否定する。外来文化へのかぶれはこのような世代間の差異を産み出す。
この運動は、島国、疑似単一民族という日本がもつ閉塞を打破する文化的な新陳代謝の役割を持
っているのではないのだろうか。この運動は現代に至るまで日本人の特徴としてかわらない。

779 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 16:19:11.52 0
日本人の特徴まとめ

では日本人の特徴まとめてみよう。低層にあるのは、島国で征服されたことがなく残存する土着
性として、疑似日本人的な贈与の集団性。贈与が卑近のみでなく、日本人全体へ張り巡らすため
の天皇を中心とした職(役割)の体系。

それに対して流動する上層として、その集団性からくる閉塞性と海外への低い警戒心からくる国
外文化の吸収欲。閉塞を打破するための新陳代謝としての世代ごとの新たな海外文化へのかぶれ。
かぶれた文化は深層に到達されアレンジされ、流行り廃れていく。面白いのは、情報速度がかわ
ったが、この構図は聖徳太子の時代から現代まで変わることがない。

780 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 16:19:58.76 0
■なぜ日本は近代化に成功し中国は失敗したのか

大砲を突き付け有利な貿易を迫る西洋の常套手段

ガマがアフリカ回りのインドの航路を発見して、世界は大きく変わるわけだが。すでに世界有数
の交易国だったインドへたった数隻の来航が影響を与え得たのは、大砲によるものである。大砲
を港に向けて停泊し、交渉する。それはまさに銃口を突き付け人を脅迫するに等しい。ポルトガ
ル王のめいを受けたがまの目的はあくまでも貿易することである。すでに紅海を通りインド至る
行路での貿易は活発であるが、イスラム圏を通るために許可が大変であり、ヴェネチアなどに独
占されていた。

しかしくずのような品物しか持たないガマは鼻にもかけてもらえない。ポルトガル王といったと
ころで知られていない。その中で大砲の威力は絶大である。火薬、鉄砲は中国で発明されたが、
その後西洋で大砲は発達した。しかし移動の問題があり、有効に働いたのは船への搭載である。
その後、大砲を搭載した船で、各地の港に登場し、銃口を突き付け有利な貿易を迫る方法が西洋
の常套手段となる。日本にきたペリーもまさにその手法で開港を迫ったわけだ。

その後、西洋は中国まで航路を広げていくが、中国が大帝国であることは認識していたし、最初
は大人しく貿易していたし、中国も雑魚のひとつとしか考えていなかった。しかしアヘン問題で
こじれて、一気に常套手段にでて、そしてまさにその破壊力を見せつけ、一気に中国を脅迫する
ことに成功する。その後、清国は衰退し、中国は近代化できず長い混迷に入る。

781 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 16:20:31.78 0
中国が近代化できなかったのは儒教のため

日本はその後、早々と近代化したが、中国が混迷したのはなぜか。その巨大さ故に転換が難しか
ったこともあるだろうが、その一つの要因として儒教文化の影響があるだろう。儒教の思想があ
まりに近代化と相容れない。

儒教は本質的にも選民思想である。君子と言う選ばれた人がいかにあるべきかを説いている。そ
してその思想は近代化の営利中心相容れない。このために中国中枢は近代化へのまともな対策を
打てないままずるずると停滞し、早々と近代化をとげた日本にも敗れる。その後、中国が進んだ
のが資本主義を飛び越えて共産主義だ。逆にここまで徹底しないと、儒教の呪縛から逃れられな
かったとも言える。

782 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 16:21:04.55 0
日本近代化のための武士的儒教教育

日本人の近代化のインセンティブは、西洋からの外圧にある。まさかまさかの清国があっさり敗
れ、日本も開国を迫られ、不平等条約を結ばされる。このとき日本人は対等ではなく半未開人と
位置づけられる。近代化において下級武士たちのブルジョア革命の結果、明治維新が誕生する。

目標はとにかく西洋におい付けである。西洋に負けない富国強兵が目指され、民衆の近代的な国
民化が進められる。近代的な国民に求められるのは自制的禁欲的労働力である。日本人には天皇
を中心にした家業主義、職(役割)の体系がある。近代的な労働で重要であるのは時間管理であ
る。そのとき利用されたのが、江戸時代に武士に導入された儒教教育である。教育勅語を象徴的
に禁欲的、自制的な慣習が教育される。

西洋での近代化では、プロテスタンティズムの禁欲主義が活用された。日本で代わりに使われた
のが武士的儒教である。日本人は一気に武士的禁欲主義に教育された。日本人が帝国主義に邁進
する理由の一つがここにあるだろう。単なる禁欲主義に以上に、死をもかける小さな侍を大量生
産したからだ。

783 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 16:25:31.37 0
家康が導入した武士を管理するための儒教

日本も広く儒教の影響を受けてはいるが、庶民レベルでは儒教の儀礼の厳格さまではない。その
差はより深く儒教の影響を受けた韓国とはことなる。その中で儒教を徹底して取り入れたのが家
康である。家康は天下統一後、戦国時代から脱却し、自らの統治を安定化するために様々な政策
を進めたが、そのうちの一つが、血の気の武士を儒教の厳格さにより管理することであった。一
つの法の基準として儒教思想を導入した。江戸時代の武士はいまのサラリーマンのような生活を
送っていた。政治、行政機関としての幕府のもと、各武家に家督として役目を与えけ、勤勉に毎日
遂行させる。このために儒教を導入した。だからある種限定的な儒教の活用である。それがや
がて近代化の国民教育にも使われるようになる。

たとえば赤穂浪士の仇討ちは江戸時代にすでに大事件であった。庶民は赤穂浪士の行為を喝采し、
すぐに芝居が作られて大ヒットするが、幕府お抱えの儒学者は、秩序を乱すというものだった。
現代でも武士の象徴と言われる殉死を儒教的法は厳しく禁止している。

ちなみに武士道とは死ねことと見つけたりで有名な葉隠では、赤穂浪士は策を練りすぎだと批判
されている。武士はただ死ぬことであり、主君が巻き込まれた時点で考えず行動する、すなわち
死をあたえよ、ということだ。中国が儒教から資本主義を飛び越え、共産主義へ写ったのは、そ
の二つに本質的な共通点があるためといえないだろうが。もっとも似ているのがトップダウンで管理
がされること。

784 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 16:26:14.51 0
■日本人はなぜ甘えるのか

日本人の甘えの構造

>>
日本精神分析再考(講演)(2008) - 柄谷行人
http://www.kojinkaratani.com/jp/essay/post-67.html

結論としていえば、日本人はいわば、「去勢」が不十分である、ということです。象徴界に入りつ
つ、同時に、想像界、というか、鏡像段階にとどまっている。この見方は日本の文化・思想の歴
史について、あてはまると思います。つまり、丸山真男などが扱ってきた問題は、このような文
字の問題を通した「精神分析」を通してこそアプローチできるのではないか、と私は思ったので
す。(柄谷行人『日本精神分析再考(講演)(2008)』)
http://yokato41.blogspot.jp/2013/09/blog-post_25.html
<<

明治維新前後に日本を訪れた西洋人たちはこの不思議な日本人に対する手記をたくさん残してい
るが、その中でも比較的多い意見の一つに、子供が大切にされ、いつも楽しそうにしている、と
いうものがある。この近代化の時代、西洋ではプロテスタンティズムの影響が強く、人々は禁欲
的倫理的な生活を送っていた。そこから考えると子供にもきびしいしつけが行われていたのだろう。

785 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 16:26:48.41 0
去勢という概念はキリスト教的である。キリスト教では、大人は自立的個人であることがもとめ
られる。このために子供は未熟な大人であり、自立的な個人になるために教育が必要と考えられ
る。それが去勢である。

そもそも日本には自立した個人という考えがない。だから子供は未熟な大人とは考えない。子供
に教育するのは自立より、協調性だろう。日本では子供は集団の中の子供という存在なのである。
子供らしく、無邪気で、にぎやかで、それが集団をなごませるという意味をもつ。

日本人が去勢されないことをネガティブに語った有名な本に「甘えの構造」がある。精神分析家
の著者は日本語の甘えるに相当する英語がないこと、さらに日本語には、すねるなど甘えに関す
る言葉が多いことに気づく。日本人は、西洋人のように自立的個人になるための去勢がなく、社
会全体が甘えの関係でできている。これを江戸時代の逸話も交えて説明している。

786 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 16:27:26.02 0
たとえばなぜ日本人は大学生に寛容なのか。

日本人は、個人として自立せず、甘えの関係、想像界にいることは問題か。これは明らかに自立
した個人が正しいという西洋中心主義である。問題は日本人がいかに社会的秩序を維持している
か、そこで想像的関係が有効に活用されているかである。

日本人の想像的関係とは、贈与交換である。贈与交換は特定の相手と継続的な信頼関係を維持す
る助け合いの関係である。これは基本は小さな集団の中で行われる。日本人は疑似単一民族から
これを日本人全体に広げている。この関係を具体的に支えるのは職の体系である。概念的に農地
は天皇からの預かりもの、職は天皇から与えられた役割。これは農民から将軍まで体系化する。
縦の身分制度があっても職の体系上は横の関係である。だから日本人は職においてはブライドを
もち自立していた。

甘えの構造の中で、義理人情を甘えの関係として批判しているが、まさに広域の贈与交換の現れ
てある。いまはやりのおもてなしとか。日本の子供の話にもどれば大人になるとは家業を覚える
こと、すなわち一人前の仕事をできることをいう。だから子供は未来の職人であり、いまは元気であればよい。遊びをかねてお手伝いをしていればよいのである。このような感覚はいまも日本
人にあるだろう。たとえばなぜ日本の大学生に寛容なのか。大人として認められるのは、就職し
たときであり、大学生は卒業すれば大人になることがわかっているから、最後の子供だからだろう。

787 :考える名無しさん:2013/11/02(土) 16:27:54.93 0
>>1
波平のアイデンティティって、もはや「ラカンを身近に感じていること」←これだけ。

取って付けたような日本と西洋の歴史の塗り壁立てて何の意味も無く風化して消える。
波平の発言は全部嘘である可能性もあり、そんな波平の相手をする人間は身内に限られる。これが真理。



可哀想に、家族の人。

788 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 16:28:04.16 0
西洋と日本のどちらが幸福な社会か

誇れることは、日本人の職の体系贈与交換は、近代化でもよく機能した。日本人一丸となりみご
とな高い生産性をあげた。それも西洋な労働者の不満を比較的少ないまま。逆にあまりによく回
りすぎで、悲惨な戦争に突入してしまった。しかし戦後、再び駆動しみごとな活躍をしている。

西洋と日本のどちらが幸福な社会か、答えはでないだろうが。キリスト教文化もなかなか大変ら
しいよ。個人の自立はきびしいし、あとキリスト教として絶えず自らの行為に自省が回帰すると
か。日本人は良いと思うよ。産業的に成功しつつ、疑似単一民族的安心、助け合い、気楽さがあ
る。最近、若者が海外に出たがらないことが問題になっているが、そりゃ日本はいいよ。

さらにいえば日本人は日本人否定が大好きである。これは疑似単一民族として閉塞しやすい日本
人の伝統的な新陳代謝法である。あらたな外来文化にかぶれ古い世代を批判する。その繰り返し
て日本は発展してきた。日本人の日本人卑下はある種の快楽とも言える。

789 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 16:28:43.39 0
■なぜ西洋の個人の自立の起源は私的財産に関係するのか


個人主義への商品交換、私的財産の影響

西洋がなぜこんなに個人主義に傾いたのか、と考えると一番はキリスト教があげられるわけだけ
どその前にすでにギリシャ哲学で、理性主義があるんだよね。キリスト教の普及にもギリシア哲
学からの影響がある。

ギリシアがなぜ栄えたかと言えば、交易だよね。土地は肥沃だか港に最適な地形で、エジプト、
イスラエル地方辺りとの地中海交易で栄えた。硬貨が普及したのもギリシアが始めだった。その
豊かさから、富裕層が生まれ、富裕層のための知識人が生まれた。その中で生まれた思想が個人
主義的であったのは、やはり商品交換、私的財産になどの影響を受けていると考えやすい。逆に
他になにがあるか?

というのは、その時代の基本は、エジプトにしろ、ペルシアにしろ、農業を中心として土地に根
差した大国だから。その中から私有財産や個人主義が育つとは考えにくい。

790 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 16:29:41.32 0
抽象化された数字といえば貨幣

ギリシアの理性主義といえばプラトンだが、プラトンの師匠はピタゴラスでその思想はほぼ継承
されていると言われる。ピタゴラスは簡単にはいえば数理神学といえる。すなわち自然には数学
的な調和があり、その真実を見つけ出す。そのためには禁欲的な精神、健全な肉体が必要だった。
プラトンはその真実をイデアとして、数学を重視はしたが、必ずしもこだわらなかった。そして
真実を知る能力を理性と読んだ。それは哲学者が獲得するものとされた。

ピタゴラス以前は建築など実用的な算術だった。それが実態から離れた抽象的な数字としての数
学へ展開する。ようするにイデアにしろ超越論への向かう思考ここで重要になる。この思考はど
こから来たのか?

抽象化された数字といえば貨幣である。単なる財ではなく貨幣が重視される社会では、貨幣が数
字として抽象化する。これはあくまでも仮説である。しかし疑問がある貨幣が普及したのはギリ
シアだけだろうか。たとえば日本で貨幣が機能し出したのは室町時代と言われる。貴族社会が崩
れ、地方が活性化し社会の流動性があがる。中国の宋銭が広まり貨幣が流通する。しかしまだま
だ農耕による自給自足が一般である。

貨幣交換が全面化し豊かな商業都市ギリシアで、抽象的思考は生まれ、算術から数学へのアンビ
バレントな神学的、そして超越論的転換は行われた。やがてイデア論という超越論的な世界が生
まれる。そこでは豊かな私有財産を背景に、人も個への抽象的、さらに理性という超越論転換が
行われた。というのが、ポクの仮説です。

791 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 16:30:24.14 0
キリスト教が普及していったのは貨幣交換による個の思想が求められたから

このような抽象は、その後キリスト教により補強されるのだが、そもそもキリスト教が都市部で
普及していったのは、逆に個の思想がを求められていた故である。現にキリスト教とプラトンは、
融合した思想を生む。たとえばキリスト教はその初期において、その思想の論理的な構築を求め
られるが、多くの流れはギリシア思想を取り入れたローマ帝国の東と、より論理より信仰そのも
のを重視する西との正統派対立の構図を生む。その中から三位一体説は正当化される。神、キリ
スト、精霊は上下はなく一体であるという三位一体説が選らばれたのは西側の優位を意味する。
すなわち問題はキリストとはなにものか?人か、神かプラトン的思考では神は一者であり、キリ
ストは神に使えるものである。

しかし三位一体説でキリストは神であり、人である。強い信仰の対象として、神の下ではなく、
神そのものでなければあらず、またキリストの死は人類の代わりに罪を背負ったのであり、その
苦しみは人として味会わなければならない。そこに人類のキリストへの贖罪は生まれる。すなわ
ちキリスト教は西側の、論理より信仰重視に傾く。

792 :考える名無しさん:2013/11/02(土) 16:31:26.29 0
ひーーめーわーひーめーなのーー ひめなのーだ! ちゃちゃちゃちゃんっ!

793 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 16:34:23.99 0
■平等はなぜうつを生むのか

>>629-636 1 日本人のおもてなしと西洋人のサービス
>>637-638 2 マクロコンテクストという存在論的ストレス
>>639-642 3 キリスト教の平等はどこからきたのか
>>643-648 4 なぜ平等はうつ病を生むのか
>>665-667 5 なぜ社会は贈与交換でできているのか
>>682-685 6 武士により虐げられた悲惨な農民像は西洋サヨ史観により作られた
>>774-779 7 日本人の特徴まとめ
>>780-783 8 なぜ日本は近代化に成功し中国は失敗したのか
>>784-788 9 日本人はなぜ甘えるのか
>>789-790 10 なぜ西洋の個人の自立の起源は私的財産に関係するのか

794 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 16:52:35.33 0
■日本人のおもてなしと西洋人のサービス
西洋人と日本人の仕事観の違い
 なぜ日本人はIT産業が苦手なのか
 現代のストレスはマクロコンテクストとミクロコンテクストの狭間
 感情労働
 日本人のおもてなしと西洋人のサービス
 日本人の家業主義
 家業主義の歴史
 現代の残る家業主義
■マクロコンテクストという存在論的ストレス
 全体の中の一人として自分を見ること
 マクロコンテクストの歴史
■キリスト教の平等はどこからきたのか
 キリスト教と個人主義
 キリスト教の平等はどこからきたのか。
 プロテスタンティズムと資本主義の精神 ■なぜ平等はうつ病を生むのか
 平等と公平感
 資本主義と、自由と平等
 うつが増えたのは自由、平等が原因
 偶然性と交換様式

795 :考える名無しさん:2013/11/02(土) 16:55:08.83 0
>>1
よう、雑魚波平。

アホ面のバカに紹介状持たせたから、おまえが弟子にしてやれよ。

おまえもう哲学板に12年間くらい居るだろ。弟子の一人くらい持っておけ。

そいつのこと、デスブログで一緒に連れてってやって構わないから。頑張れよ。

796 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 16:56:24.95 0
■なぜ社会は贈与交換でできているのか
 贈与交換は決して精算してはいけない
 貨幣交換は特殊なケース
 贈与交換で社会はできている
■武士により虐げられた悲惨な農民像は西洋サヨ史観により作られた
 武士は営利を嫌う禁欲的な支配者
 日本の悲惨な農民像は西洋史観により作られた
 村の知的コンサルタントとしてのお坊さん
 仏教の現世利益にしかない興味がない日本人
■日本人の特徴まとめ
 中国の周辺の征服されたことがない島国
 現世利益を重視する日本流
 世代間かぶれ闘争による新陳代謝システム
 日本人の特徴まとめ
■なぜ日本は近代化に成功し中国は失敗したのか
 大砲を突き付け有利な貿易を迫る西洋の常套手段
 中国が近代化できなかったのは儒教のため
 日本近代化のための武士的儒教教育
 家康が導入した武士を管理するための儒教

797 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 16:57:20.12 0
■日本人はなぜ甘えるのか
 日本人の甘えの構造
 たとえばなぜ日本人は大学生に寛容なのか。
 西洋と日本のどちらが幸福な社会か
■なぜ西洋の個人の自立の起源は私的財産に関係するのか
 個人主義への商品交換、私的財産の影響
 抽象化された数字といえば貨幣
 キリスト教が普及していったのは貨幣交換による個の思想が求められたから

798 :考える名無しさん:2013/11/02(土) 19:40:44.33 0
今日はぴかぁ〜さんのお誕生日です!

799 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 20:17:08.51 0
■平等はなぜうつを生むのか

>>629-636 
1 日本人のおもてなしと西洋人のサービス
   西洋人と日本人の仕事観の違い
   なぜ日本人はIT産業が苦手なのか
   現代のストレスはマクロコンテクストとミクロコンテクストの狭間
   感情労働
   日本人のおもてなしと西洋人のサービス
   日本人の家業主義
   家業主義の歴史
   現代の残る家業主義

>>637-638 
2 マクロコンテクストという存在論的ストレス
   全体の中の一人として自分を見ること
   マクロコンテクストの歴史

>>639-642 
3 キリスト教の平等はどこからきたのか
   キリスト教と個人主義
   キリスト教の平等はどこからきたのか。
   プロテスタンティズムと資本主義の精神

800 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 20:17:40.32 0
>>643-648 
4 なぜ平等はうつ病を生むのか
   平等と公平感
   資本主義と、自由と平等
   うつが増えたのは自由、平等が原因
   偶然性と交換様式

>>665-667 
5 なぜ社会は贈与交換でできているのか
   贈与交換は決して精算してはいけない
   貨幣交換は特殊なケース
   贈与交換で社会はできている

>>682-685 
6 武士により虐げられた悲惨な農民像は西洋サヨ史観により作られた
   武士は営利を嫌う禁欲的な支配者
   日本の悲惨な農民像は西洋史観により作られた
   村の知的コンサルタントとしてのお坊さん
   仏教の現世利益にしかない興味がない日本人

>>774-779 
7 日本人の特徴まとめ
   中国の周辺の征服されたことがない島国
   現世利益を重視する日本流
   世代間かぶれ闘争による新陳代謝システム
   日本人の特徴まとめ

801 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 20:18:36.06 0
>>780-783 
8 なぜ日本は近代化に成功し中国は失敗したのか
   大砲を突き付け有利な貿易を迫る西洋の常套手段
   中国が近代化できなかったのは儒教のため
   日本近代化のための武士的儒教教育
   家康が導入した武士を管理するための儒教

>>784-788 
9 日本人はなぜ甘えるのか
   日本人の甘えの構造
   たとえばなぜ日本人は大学生に寛容なのか。
   西洋と日本のどちらが幸福な社会か

>>789-791 
10 なぜ西洋の個人の自立の起源は私的財産に関係するのか
   個人主義への商品交換、私的財産の影響
   抽象化された数字といえば貨幣
   キリスト教が普及していったのは貨幣交換による個の思想が求められたから

802 :考える名無しさん:2013/11/02(土) 20:19:10.88 0
バカで無能力者の限界が、ここです。

803 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 20:22:37.62 0
>>802
たとえば?

804 :考える名無しさん:2013/11/02(土) 20:27:24.35 0
>>803
たとえば、これ



803 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 20:22:37.62 0
>>802
たとえば?

805 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 20:28:05.37 0
>>804
勝った!

806 :考える名無しさん:2013/11/02(土) 20:34:55.81 0
おまえが勝ってるはずないだろボケ。適当なフレーズでいつも逃げてんじゃねーよクズ。波平、締め上げるぞわれ

807 :考える名無しさん:2013/11/02(土) 20:36:10.39 O
こらこら、そんなに波平をいじめてはいけないよ

808 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 20:37:39.41 0
>>806-807
わかったから、働け、奴田舎!

809 :考える名無しさん:2013/11/02(土) 20:40:03.57 0
3年後に死ぬ波平さん。お誕生日ですか。死ぬ日まで1日近づきましたね。それは我々にとっても喜ばしいことです。お祝いしましょう。
波平さんの誕生日という死へ1日近づいた記念日を。

810 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 22:36:28.06 0
要するに、平等以外に出口はないのか、ということ

811 :考える名無しさん:2013/11/02(土) 22:44:12.78 0
国家によって個人の自由が奪われている、
イオニアではイソノミアによって個人の自由が実現していた
と言ってましたが
最近は狩猟採集的遊動で平等が実現すると言ってますね

812 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/02(土) 23:47:42.68 0
なぜ日本人のおもてなしは西洋のサービスと違うのか その1 
http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20131102#p1

813 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 00:01:29.67 0
ようするにアソシエーションよりもおもてなし、ということ

814 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 00:02:37.09 0
キリスト教的アソシエーションに頼らなくても
日本には日本流のおもてなしがあるじゃないか、ということ

815 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 00:38:15.28 0
芸者と売春婦の境界は?
外国では水商売が無くて売春婦はいるらしいが。
グラビアも無くて普通の女優とポルノ女優がいるだけと。
色んな風俗が発達してるのも日本だけですね
おもてなしといえばおもてなしですか

816 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 00:41:24.20 0
デスブログが波平さんこと霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M さんに「お・も・て・な・し」をさせて頂く所存でございます。事切れるその時まで今しばらくおまちあそばせ。

817 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 00:58:11.42 0
>>815
>グラビアも無くて普通の女優とポルノ女優がいるだけと。

まさにおもてなしですね。
要するに、西洋では性倫理が厳密で、日本は曖昧ということです。
なぜなら、西洋はキリスト教の禁欲主義が厳しいからです。
それに対して、日本はものすごく性に寛容です。
明治の近代化でキリスト教的性倫理が入ってきましたが、
本質的にはいまもゆるゆるです。
たとえばいま大きな問題になっているのが、
日本のオタク文化のロリコン性表現です。
西洋からの圧力ですべて禁止にするよう進んでいますね。
西洋において、ロリコンは精神的な病であり、厳しく取り締まります。

ようするに、キリスト教の性倫理では、
性とは子供を作るためのものなのです。
この正常から外れることが禁止されます。

とはいっても現代では、さすがに普通のエロは許されます。
普通のエロとは、大人が大人の性を楽しむエロです。
ただしそれは公共の場で楽しむものではない。
さらに子供を巻き込むこんではいけない。

だから売春婦/ポルノ/大人のセックスは合法として明確なのです。
わかりやすいのが、映画の細かいR18などの視聴規制ですね。
その合法を決め、それを守ることが性倫理です。

それに比べてで日本は性氾濫のずぶずぶ国ですね。

818 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 01:03:29.93 0
波平さんのグラビアは、お死にになる前にお写真におさめておきませんか?ヌードでお願いします。P2Pで自作ポエムというタイトルで放流してください。
そんなmessage in a bottleはきっと意中の人に拾って貰えますよ。さあ、もう長くはないのですから。やることやらないと。波平さん?

819 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 01:04:51.64 0
とは言ってもこの話をするとまた長くなるのですが、
なんといっても、キリスト教と性倫理はきってもきれない歴史だからです。
実際、これほど性倫理がきびしくなったのは、宗教改革以降です。

そしてまた日本の性倫理もおもしろい。
夜這い、お祭り乱交・・・日本人は太古からエロ民族なので
そもそも自然信仰において、性は生命の誕生を象徴する
とてもめでたいことなのです。

820 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 01:11:49.39 0
そもそも日本にしかり、韓国、中国でも
芸人には性サービスもついていましたね。
というか、一体のものでしたね。

というのも、性サービスといっても、
今ほど発達していなかったというのがあります。
オーラルセックスというのは、日本にもあったのでしょう。
キスはしていたのでしょうか。
いまみたいにABCというのではないでしょ。
フェラチオが日本に一般化したのは、
AVが普及した10〜20年前ぐらいじゃないでしょうか。

821 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 01:20:09.14 0
実際は、性倫理が厳しくなることと都市化には深い関係があります。
流動性が高くなり、だれかれかまわずセックスすることは
犯罪に巻き込まれる、病気になるなど、とても危険です。、

822 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 01:38:58.33 0
西洋では正常とはなにか、が重要です。
厳密には正常な性とは、生殖のための性です。
最近では、性欲処理のために、ポルノ、売春が合法化されていますが、
これも厳密なルールがあります。
逆に言えば、正常でないものは、病気であり、犯罪なのです。

タイガーウッズの浮気が話題になりましたが、
病気なので直すために矯正施設に入りました。
日本だったら、単なるだらしない浮気男です。

医療へ頼るのは特にアメリカで強いです。
精神分析治療が社会で一般化しています。
悩みがあると、カウンセリングに通うことが一般的です。

これはアメリカ人の科学信仰に関係しています。
アメリカでは、心理学、認知科学から、社会学、経営学、経済学と
科学的人間分析が発達しています。
その手のコンサルタントがたくさんいて、様々な手法が編み出されています。
オーム真理教のような、エセ科学を元にして信仰団体も多く居ます。

823 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 01:44:14.08 0
知能や性格の数値化も大好きで、
知能指数が高い天才を保護する政策など充実しています。

アメリカがこのような科学信仰になったのは、
一つには新しい国で伝統的な文化がないこと、
特に多民族で,共通の基準がないためです。
特にアメリカが開拓され発展した時代は、
欧州では科学革命から啓蒙思想の時代です。
まだ科学がすべてを分析し、合法的な社会を作る出すと
信じられていた時代です。
そのときの思想がいまも流れているのです。

824 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 01:49:14.60 0
世界対戦でも直接の戦禍にならなかったこともあり、
まだ楽観的科学信仰を維持しているのでしょう。

最近の象徴的な事件が、リーマンショックですね。
金融緩和により、科学者が乗り込んで、金融工学により、さまざまな金融商品を生み出しことによります。

825 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 01:52:47.06 0
アメリカが自由主義経済を引張っていることにも関係します。

たとえばハイエクなど自由主義者が考えるのは単なる自由ではなく、徹底した自由。
自由経済は単に放置により達成されるのではなく、自由を政策的に管理推進する必要があるということです。

826 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 09:20:39.35 0
正常な性関係とか

西洋では性倫理が厳密で、日本は曖昧です。なぜなら、西洋はキリスト教の禁欲主義が厳しいか
らです。それに対して、日本はものすごく性に寛容です。明治の近代化でキリスト教的性倫理が
入ってきましたが、本質的にはいまもゆるゆるです。

ようするに、キリスト教の性倫理では、性とは子供を作るためのものなのです。この正常から外
れることが禁止されます。西洋では正常とはなにか、が重要です。厳密には正常な性とは、生殖
のための性です。最近では、性欲処理のために、ポルノ、売春が合法化されていますが、これも
厳密なルールがあります。逆に言えば、正常でないものは、病気であり、犯罪なのです。

とはいっても現代では、さすがに普通のエロは許されます。普通のエロとは、大人が大人の性を
楽しむエロです。ただしそれは公共の場で楽しむものではない。さらに子供を巻き込んではいけ
ない。だから売春婦/ポルノ/大人のセックスは合法として明確なのです。わかりやすいのが、
映画の細かいR18などの視聴規制ですね。その合法を決め、それを守ることが性倫理です。タイ
ガーウッズの浮気が話題になりましたが、病気なので直すために矯正施設に入りました。日本だ
ったら、単なるだらしない浮気男です。

それに比べてで日本は性氾濫のずぶずぶ国ですね。たとえばいま大きな問題になっているのが、
日本のオタク文化のロリコン性表現です。西洋からの圧力ですべて禁止にするよう進んでいます
ね。西洋において、ロリコンは精神的な病であり、厳しく取り締まります。

827 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 09:23:32.87 0
性は生命の誕生を象徴するめでたいこと

なんといっても、キリスト教と性倫理はきってもきれない歴史だからです。実際、これほど性倫
理がきびしくなったのは、宗教改革以降です。実際は、性倫理が厳しくなることと都市化には深
い関係があります。流動性が高くなり、だれかれかまわずセックスすることは犯罪に巻き込まれ
る、病気になるなど、とても危険です。

そしてまた日本の性倫理もおもしろい。夜這い、お祭り乱交・・・日本人は太古からエロ民族な
のでそもそも自然信仰において、性は生命の誕生を象徴するとてもめでたいことなのです。
江戸時代に、エロ画カードが人気があったといわれていますが、その理由の一つがエロ画カード
を持つことが、子宝を表すめでたいお守りの意味があったと言われます。

そもそも日本にしかり、韓国、中国でも芸人には性サービスもついていましたね。というか、一
体のものでしたね。というのも、性サービスといっても、今ほど発達していなかったというのが
あります。オーラルセックスというのは、日本にもあったのでしょう。キスはしていたのでしょ
うか。いまみたいにABCというのではないでしょ。フェラチオが日本に一般化したのは、AVが
普及した10〜20年前ぐらいじゃないでしょうか。

828 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 09:24:20.67 0
アメリカの楽観的科学信仰

医療へ頼るのは特にアメリカで強いです。精神分析治療が社会で一般化しています。悩みがある
と、カウンセリングに通うことが一般的です。これはアメリカ人の科学信仰に関係しています。
アメリカでは、心理学、認知科学から、社会学、経営学、経済学と科学的人間分析が発達してい
ます。その手のコンサルタントがたくさんいて、様々な手法が編み出されています。オーム真理
教のような、エセ科学を元にして信仰団体も多く居ます。

知能や性格の数値化も大好きで、知能指数が高い天才を保護する政策など充実しています。アメ
リカがこのような科学信仰になったのは、一つには新しい国で伝統的な文化がないこと、特に多
民族で,共通の基準がないためです。特にアメリカが開拓され発展した時代は、欧州では科学革
命から啓蒙思想の時代です。まだ科学がすべてを分析し、合法的な社会を作り出すと信じられて
いた時代です。そのときの思想がいまも流れているのです。世界対戦でも直接の戦禍にならなか
ったこともあり、まだ楽観的科学信仰を維持しているのでしょう。

最近の象徴的な事件が、リーマンショックですね。金融緩和により、科学者が乗り込んで、金融
工学により、さまざまな金融商品を生み出しことによります。アメリカが自由主義経済を引張っ
ていることにも関係します。たとえばハイエクなど自由主義者が考えるのは単なる自由ではなく、
徹底した自由。自由経済は単に放置により達成されるのではなく、自由を政策的に管理推進する
必要があるということです。

829 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 10:55:52.17 0
ようするに日本において当然、性の贈与は一般的でした。
江戸時代の農村では、男子が大人になると、夜這いや祭りの夜など、
セックスを経験させてあげることが、大人たちの役割の一つでした。
童貞喪失はひとつ大人になるおめでたいことなので、
イベントであり、システムがあったのです。

現代にに比べて、キリスト教的、純愛主義も性倫理もない時代です。
性は村の娯楽であり、贈与しあうものでした。

おもしろいのは日本では逆に現代の方が、セックスすることが困難な時代です。
現代では貨幣交換によるセックスは発達しています。
ようするに風俗にいけばいいのです。

しかし現代では、素人童貞などの蔑視語までつくって、
自ら、純愛主義へ追い込んでいます。
愛する人と愛し合いセックスに至る、これが理想であり、
風俗で童貞を捨てることは、不純であると。

恋愛の贈与という意味では、結婚も自ら純愛に至らなくても、
お見合いなどのシステムによって贈与されていましたが、
最近では、純愛思考が強い。

なぜこんなにも純愛思考になったのか。
運命のであり、偶然のであり、キリスト教的神の領域です。

830 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 10:57:59.02 0
恋愛はキリスト教的
お祝いは神教的
葬式は仏教的

831 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 11:00:45.23 0
せっかく博識なんだから柄谷スレに粘着するのではなく
自分のスレッドを作ってみては?
お話読みに行きますから

832 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 11:05:40.34 0
>>831
そうだんだよ。
自スレで粛々とやってたんだけど、
柄谷スレ住人の荒らしに荒らされて、
この板で唯一、ここだけが静かに書き込めるんだよ。
だからここを避難所として使わせてもらってます。

前スレ
歴史を知らずに哲学は語れない 11
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1379596190/l50

833 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 11:07:54.52 0
波平の粘着は主に三人
・純一
・自称感情マスター(デスブログのやつ)
・柄谷スレの荒らし(AKB関連?)

834 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 11:15:18.81 0
荒らしは現在39歳の元あかね住人の柄谷ヲタ

725 名前: 純一 ◆QzuB1xeuck [age] 投稿日: 2009/07/17(金) 18:37:54 0
と、言う訳で、
俺自身による、純一の説明をしてあげよう。

岡山出身倉敷在住、tsutaya勤務、歳は今年で35歳です。
ニート歴は五年で、今はバイトしています。
弁当事件以来、五年程引き篭もりました。

726 名前: 純一 ◆QzuB1xeuck [age] 投稿日: 2009/07/17(金) 18:40:27 0
五年程のニート生活の中で昔っからやりたかった哲学をやって、
出来た原稿を出版社に送るも、無視され、
しょうがないのでイタリア現代思想のアントニオ・ネグリから
着想を得たアウトノミア運動の一環として、だめ連に参加しようとするも、
既に倉敷支部は壊滅状態なので、高田馬場のあかねに出入りする様になる。

727 名前: 純一 ◆QzuB1xeuck [age] 投稿日: 2009/07/17(金) 18:45:53 0
あかねで柏木に会い、今の名前を貰う。
五年でほぼ完成していた純一統一理論を様々ところで、
小出しに公開して好評を得ているが、
様々な形で公開するものの、全面的な理解は未だする人無し。

835 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 11:19:30.52 0
ようは頭がおかしいんだけど
純一統一理論って(爆笑)
http://www.neoaca.com/feature004

836 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 11:45:02.92 0
でも、純一は何年間も柄谷スレをずっと保守してきたきたんだよ。

837 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 11:53:06.20 0
社会主義において、性の問題はどのように対処されるんでしょうね

838 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 12:28:57.95 0
なぜ日本人のおもてなしは西洋のサービスと違うのか 
http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20131102#p1
http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20131103#p1

839 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 12:56:08.14 0
>>833
そういや、ぴかぁ〜にあーちゃんだかと呼ばれてた「阿修羅無限落とし」(魚座)が距離を置いているな。
魚座(笑)。麻原 彰晃(魚座)。笑える。
乙女座の苫米地に内心で敗北した宮台(魚座)を喧しく出してくるのも阿修羅なのかな?

ちなみに苫米地は数秘術から言って誕生数22を持ってるから、いわゆる人類上の格上の存在だよ。石橋貴明とかも22だよ。勝てないよ。

彼ら22(=2+2=4, 基本数4)、11(=1+1=2, 基本数2)、ここまで一般的仕様。他の分析法で33(3+3=6)、44(4+4=8)っていうのも、同じく格上として有る。
とりあえずこいつらの持つ力は、凡数の人間が勝てるエネルギー量ではない。

デスブログの東原 亜希(1982年11月11日 - )を数秘術で算出すると、
生年月日 年+月+日=1+9+8+2+1+1+1+1=24=2+4=6 誕生数6となる。
が、年月日、それぞれにも力があり、そこに11がある。
11は2の格上版だ。すると、年が2なので、年/月/日=2/2/2 というこれまた数奇なぞろ目を見せる。

俺の分析法では生まれた時間と分も知りたいけどな。これで、裏ドラ出てくる。
すくなくとも日付11/11は、11/22と互角。
月+日=11+11=22 ここで22が現われるから。しかし、別の分析法ならもう一方も33になる。
強いというかその「色」がある。格は2桁格で同格)簡単に言うと11は超強情頑固+夢を掴む燃料持ち。22は超行動派+段取り完璧。33は超越した美。自己犠牲。

石橋 貴明(1961年10月22日 - )特に凄い。日に22を持ちながら、年+月+日=1+9+6+1+1+2+2=22
誕生数で無くても
日数(月,11月生まれは全員該当するから意味なし)が同様の威力がある。
例としては、
孫 正義   (1957年8月11日 - ) 11
みの もんた (1944年8月22日 - ) 22
タモリ     (1945年8月22日 - ) 22
辛坊治郎  (1956年4月11日 - ) 11 しかも1+9+5+6+4+1+1=11 11を2つ持っている。11とは1+1=2で根本的に2だ。「2」のフラクタル野郎だ。
橋下徹   (1969年6月29日 - ) 29日 は 2+9=11。 11扱い。
宮崎哲弥 (1962年10月10日 - )凡なのだが、ぞろ目はそれなりに。また、月日=10+10=20, 年月日=1+9+6+2+1+0+1+0=20。20または2の重なり合いだ。
数値的に俺が最強だと思ってるのが歌手の
aiko(1975年11月22日 - )1+9+7+5=22 ∴22/11/22 凄い。役満

840 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 13:29:17.10 0
>>833
ついでに、ここら辺の住人の興味の範疇であるこの二人、

松本 人志(1963年9月8日 -) 1+9+6+3+9+8=36=3+6=9
浜田 雅功(1963年5月11日 - )1+9+6+3+5+1+1=26=2+6=8
この二人に生まれた違いは

11持ちってのと、
8はね、体育会系親分気質で強引に牽引して、それが成せるタイプなんだよ。

9はね、耐久力と持久力強いけど、
まあ、調べてみるとわかると思うけど、9という数字は1から9を全部含んだ混色なわけだ。

身近な9の人を観察してみれば良い。お調子者、いいとこ取り、漁父の利、困ったときに助けてくれる、
こんな性質だから。


あと、俺はある度にニュース板で言っているが、ニュースに上がってきてしまう犠牲者・被害者・加害者・容疑者・犯人
の年齢が(29歳、38歳、47歳、(56歳、65歳))率が高い。年齢がその歳の時は気をつけろ。「時」の「晒し」の「生贄」にされる。

時々時計を見ると、ぞろ目で12:12(12時12分)だったりするだろ。
外界から我々内部へアクセスを計る鍵となっているのが、11や22、33、などぞろ目である可能性が高い。
0475:0475とか何の番号とか関係なく、揃ってると、同様のものだ。

あと、関係ない者として、ノリピーを迎えに行ったやくざだかの車のナンバーが8888だっただろ。
8は基本的に中国文化でラッキー7よりも幸福な数字として持て囃されている。
ので、この8888には特殊な(魔術的な)意味はない。

こんなの序の口だけど、それでも波平は楯突くんだよね。
ならば己の意志という解釈として、デスブログにご招待致しましょう。介錯は致すから案ずるな。逝け。

841 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 13:40:13.26 O
>>840
基本的な精神病の症候だな

842 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 13:51:14.25 0
>>1

>>761
>>798

荻上チキ - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/荻上チキ‎
荻上 チキ(おぎうえ チキ、男性、1981年11月2日 - )は、日本の評論家、編集者。兵庫県出身。
本名は本人の希望で非公開としている。chikiというハンドルネームを持つ。
テクスト論、メディア論を専門としている。埼玉県立浦和西高等学校、成城大学文芸学部 ...

波平黒いな。真っ黒だ。
俺もチキとか嫌いだからどうでもいいけど、そういう問題じゃない。
波平は、波平自身の空室的身体を利用して、その室内に「荻上チキ」を入れ込んで、魔力がそっちへ流れるように画策したんだろ。

pikarrrのブログ から 考える名無しさんのブログ へのブログ名変更のアイデアの質から言って、その線が高い。

真っ黒だよ波平。闇に戻れ。一旦戻りさえすれば封印してやる。

843 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 13:52:53.33 0
>>841
別スレでも言ったけど、歯の人が言ってたけど、医師免許がない人が医療診断を下すと犯罪であり、
俺が通報すれば、おまえ、逮捕されるよ。


これは現実の法の話ね。

844 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 14:21:51.45 0
>>841
基本、大嘘つきであり、何でも言い回しによる言い逃れでのさばっているおまえは、
そのエゴに支配された言霊操作癖によって、自分で自分を貶め、自爆するよ。

狼少年なんて生易しいものではない。
もう黒すぎる。

おまえに迷惑を受けた人間達の無意識に、俺がエネルギーを与え始めるから。
集合的無意識による予測不可能な自体発生を心待ちにしてろよ。この生きることに不真面目な無礼者め。

845 :同意:2013/11/03(日) 14:22:49.34 0
この生きることに不真面目な無礼者め

846 :同意:2013/11/03(日) 14:24:12.75 0
この生きることに不真面目な無礼者め

847 :同意:2013/11/03(日) 14:25:22.32 0
この生きることに不真面目な無礼者め

848 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 14:33:19.17 0
つうか、予測不可能な地震を起こしてしまったのか。失礼。

849 :同意:2013/11/03(日) 14:35:23.90 0
この生きることに不真面目な無礼者め

850 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 14:36:22.51 0
ということで「時」を使い魔に持つ俺なわけですよ。タイミング凄いでしょ。もう俺にもどうにもできない。

そして俺が、波平を、敵認定した。それだけのこと。

851 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 14:36:53.53 0
類は、友を呼ぶ、か。

852 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 14:38:24.42 0
濁し系、中和系は、持ち前の実力によるね。強ければ作用し、弱ければ意味なし。

853 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 15:00:05.01 0
いやらし系の俺は周囲の女に微笑みを配るという存在意味があるみたいだ。

854 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 15:06:46.38 0
この生きることに不真面目な無礼者め

855 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 15:09:17.35 0
>>841
とりあえず、
医師法17条第1項、第2項、並びに第3項の規定への抵触の疑い、
要するに医師法違反(無免許医業)の容疑により逮捕されてろよ。

856 :同意:2013/11/03(日) 15:14:22.19 0
この生きることに不真面目な無礼者め

857 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 15:44:07.93 0
時の加護を受けるデスブログの俺だ。

698 :考える名無しさん:2013/10/19(土) 10:30:35.85 0
怒りをドライブさせるのは気持ちいい。
怒りを抑圧していた今までが肩苦しい。
現代社会って、2chの「おまえら」レッテルにも表われてるけど、親切で相手に合わせた低い性能を演じることを強いられるでしょ。
この抑圧感が溜まるんだね。本来のスペックが高い分余計に。

だから、本気でぶっとばして良い奴とかが現れると、躊躇なく力を解放できるから気持ちいい。
でも、未だ抑圧しているな。まあ、俺の星は強力だから、まだカードを開かずに我慢しなければいけない、そういうのはある。

ついでだから、ここで陣を組んでしまおう。

俺の裏ドラがちょっと別格なんだよ。
だから普段は裏ドラを開かないノーマルモードでいる。だが、それでも、そのノーマルモードが十分に強力過ぎる。
公の場に出るには都合が悪い。力は勝手に作用を始める。あえて身を隠して生きるうえでも、今ではもう住居近辺の中で、どうしてもその力が頭角を現してしまう。
なぜに何百万円何千万円単位の損失が生まれる他人のいざこざの解決を、俺が無償で主導して解決している事態にまで発展しているのか。
裏ドラ無しの面でもちょっと強い星なわけで、歴史に前例もあり、さらに利き腕までとか、仕事押しつけすぎだろ。
俺には俺が、決めなきゃいけない覚悟がある。どこでなにをどこまで背負うか。
俺には個人的に歴史の書物から学べることがある。そしてそこから賢者として事前に対策するべきことがある。


もし波平が女なら、完全に始末するか、完全に懐柔するか、どちらかを俺は行わなければならない。
阿修羅もだな。それか裏ドラ発動させて、このステップを飛ばすか。
俺の裏ドラは、かなりの必殺技なので俺も消えるだろうから使い所がまだ決まらない。

858 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 16:08:49.02 0
この生きることに不真面目な無礼者め

859 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 16:20:27.03 0
波平でてこなくなったなw
で他スレをあらし始めたww

860 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 16:21:06.83 0
効いてる

861 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 17:26:26.16 0
超越論的な認識は、経験により反駁も訂正もされない。
したがってこの認識を批判するためには非経験的な何かが必要になる。
これが理性である。

862 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 18:25:07.36 0
滝川クリステルと橋下徹が大して変わらない事が分った。

霊姑浮氏は、東浩紀が批評空間に「存在論的、郵便的」を連載して
東大博士論文にしたのを意識したのかな

863 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 19:13:30.22 0
千坂恭二
‏@Chisaka_Kyoji
噂によると柄谷行人は、自分を批判する者は毛嫌いし、褒める者は大好き
らしいw すると私は嫌われるのかもしれないが、柄谷は、思想趣味者だと思う。
彼を思想家と錯覚している者は少なくないが、柄谷にとっては
思想は玩具にすぎず、常にあれこれと弄っているだけというのが真相だ。
2013年11月2日 - 20:44

864 :85:2013/11/03(日) 19:50:28.74 0
こいつは嫌われるだろうな

865 :85:2013/11/03(日) 19:53:15.07 0
有象無象に付きあってられるかって話
でも柄谷は左翼的なのかな

866 :85:2013/11/03(日) 19:55:09.94 0
柄谷とが酒を飲めばそれでいいんだよ
それで家で勝手に本を読んで楽しんでいればいいの

867 :85:2013/11/03(日) 19:57:24.18 0
はあ、疲れた

868 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 20:01:42.93 0
柄谷をシェーマ的に読むやつが悪い

869 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 20:18:15.07 0
礼賛と批判をならべるやつの批判は批評にならない、他人による自分への非批評的な言及は不快でしかない

870 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 20:20:24.61 0
都合良く切り取られ政治的に利用されれば不快に思うのは当然のこと

871 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 20:25:29.06 O
キリスト教はユダヤ教でも禁欲的な宗派から枝分かれしたこともあり、そのはじめから性関係に厳しい。

初期は童貞で生きることが推奨された。

しかしローマ帝国の国教になり、ゲルマン民族に広まるなかで、
司祭は地方の行政的役職になり、性的な禁欲は建前になった。
その揺り戻しの一つが初期のキリスト教への回帰である宗教改革で、禁欲も戻った。

872 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/03(日) 20:37:14.21 0
日本にもプロテスタンティズムの禁欲主義が、明治期に入ってくる。

早く西洋の仲間入りし、占領される恐怖から脱出し、不平等条約を解消したい日本政府は、
日本の性的な寛容を規制し、禁欲主義を導入する。

たとえば裸に抵抗かない日本人は着物から裸露出され、あるいは日本家屋では通りから着替えや行水が丸見えである、というレベルである。

873 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 21:22:36.30 0
https://twitter.com/Lou_Reed_bot

874 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 21:43:56.32 0
異様に素人童貞に反発してるあたり
童貞か素人童貞なんだろうな

875 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 22:02:28.47 0
タイミングの神様にまたも見初められて、金額にして4万円ほど得してきた。
もちろんこっちが金を払っているのだけどね。8万払ったら12万くれた、みたいな話。
素直に嘘つかずに生きるって、良いことばかりだよ。清々しい。

876 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 22:09:48.80 0
パチンコじゃなくてFXですか

877 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 22:45:32.02 0
霊姑浮って陰険なデブなんだろうね

何かそんな感じがする

878 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 22:48:33.68 0
賭け事ではない、通常の買い物での「偶然」だから「タイミング」なんですよ。

でも、この流れだと、いわゆる「日本」の逆の状態になるのがわかるんですよ。
買っているのだから、資源が増える。しかも支払額以上の量の資源が増える。
一方、買っているのだから、金はその時点では減る。

日本は、現金だけ持ってて、資源が枯渇してるような国じゃないですか。
日本が俺なら、同じように、資源豊かな国にすることができるわけですね。

で、観点的な問題なのが、
「資源になんて使うまでは持ってる価値もない」という価値観の人から見れば、
俺はただ金を失っているだけにみえる、ということだ。

でも、わらしべ長者的な、商社的な在庫倉庫抱えたバッファみたいな役割に成長することは、可能だと思う。
仕事としてはつまらなそうだが、やるべきことをやる副産物として成り立ってくれるなら、会社起こして、誰かに経営任せれば良い。

何しろ「時」が俺を偶然という必然に出会わせてしまうからな。その出会いは俺に利益を与えるのではなく、
等価交換よりは俺に物質的利益が多い形で、現われる。

だから、たとえば、転売厨になれば、現金に換金して、得した分の資源を金にすることが出来る。
でも、俺の「時」の支配神は、俺にそういうことをやってほしくないらしい。そのためのタイミングではないらしい。

879 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 23:05:41.91 0
たとえば、俺が上の方で、
リアル生活で、数百万か数千万の負債を抱える他人企業に、その負債を抱えさせたい悪徳企業がいるわけですよ。

俺は傍観していても損しないのに、
話の流れを知っているもので、また、多くの人々、企業外関係者を巻き添えにした事案なので、
俺は、損得抜きの身勝手な自己中の正義感だけで、悪徳企業に電話をかけて論破したわけですよ。

そのうえで、足りないこと、補足すること、これからやること、たしかめること、を具体的に指令して、(そんな権限俺にはないんですけどね)
俺の指示した通りに事務処理を行うように指図したんですよ。相手はもちろん2chの運営みたいな仏頂面の保守マニュアル人間だから、
俺にはいい気を持ってないですけどね。でも、とにかく可視化させて、その多額の負債が本当に必要なのかを見直させたわけですよ。

その結果、多くの人が関わっている案件であるため、第一に声を上げ具体的集計作業など行ったところ、
負債は、大体、当初いわれていた額の半額で済むことになったんですよ。

俺は、その被害企業とは赤の他人で無関係なんですけどね。まあ、誰だか知らないが、無駄な数百万から数千万を自腹で再出費しなくて済んだのでよかったですよ。
まあ、それくらいに大きなプロジェクトというか計画だったんですね。でも、身を粉にして働く指揮者が不在だったため、無駄な負債額で片付けようとしていたわけですよ。

その後、その悪徳企業とは俺はいつも付き合わなければならないが、対応はもう最悪状態ですね。でも、正義が勝ちますから。
そういう意識の働かせ方にしてから、物事、特に「時」「タイミング」「運気」というものが、個人的な趣味範囲でかなり上がってるんですよ。
ちなみに、俺は人助けをするときには見返りは一切求めず、自分の正義のためだけに相手を滅ぼしますからね。
でも、やはり、万物の法則、自然法というのは、与えっぱなし、あげっぱなし、という俺の在り方も、許してくれないんですね。

880 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 00:26:37.11 0
まあ、でも>>1こいつは確実に冥界のダークツアーに連行するけどな。
疑問を残したまま。
ある時を境に土嚢職人「Namihei」(波平)の性格が変わった。脳梗塞でなければ閉経したか。人として、終わったんだな。

881 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 00:29:58.72 0
脳内出血した人の例↓

> 334 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2011/12/14(水) 12:43:12.21 0
> えに金巻き上げ羅列、しゅうじょみたいにしょじをまもって

> 255 : 第三の波平 ◆JXLBbnYqTY : 2011/10/03(月) 19:40:14.99 0
> 武士の精神性である。強固なしゅしゅうかんこいや、義理人情もパフェー満背からは逃れられない。
> それは江戸時代にさらに形式化されたときがひどい。もはやぱへぁーマンスは慣習かして逃れられなくなる。
> 殉死、腹きりしないほうがひさんとなる。

882 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 01:12:49.69 0
>>525 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■!!!超笑える大発見!■■QQグーグルはやってくれた!!!!(笑)■■
まず、説明前に、確認方法のやり方を別の実例のレスで見せておく。
これね↓

633 :考える名無しさん:2013/11/03(日) 13:09:32.54 0
グーグル検索でアドレス欄でも検索フォーム欄でも 「あべ し (あべ スペース し)
と書きかけてると、検索語候補の下の方に「 安倍 死ね 」 って出てくる。
---------
では、本題。
まず、パソコンでgoogle chromeっていうウェブブラウザを使います。これでインターネットをみます。
chromeを立ち上げると、ホームページが表示されてて、左上のところには横長のアドレスバーがある。
そこのアドレスバーに文字を打ち込んでいくと、その一語追加するごとに連想検索結果を示す仕掛けになっている。
持ってなければ、ここから入手してね。 http://www.google.com/intl/ja/chrome/browser/

では、実践だ。まずIMEは英字半角のモードにしておく。
次に、アドレスバーにpと打つ。もうアドレスバーのしたにURLや何やらが5行分くらい出てきてるだろう。
次に、pにつづけてikarrrとうつ。つまり、pikarrr とchromeのアドレスバーに打つんだ。

すると、
こんな連想結果が出てくるはずだ。
 ______
/          \_______________
|   Q pikarrr
|   .□ https://www.google.com/webhp?source=search_app#q=%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%BO%E3%80%80pikarrr -デスプログ pikarrr 波平 - Googl..
|   Q pikarrr twitter - Google 検索
|   Q pikarrr 触手が動く



グーグルやばすぎ。グーグル頭よすぎるだろ。チョイスのセンスが光っている。笑えない。貫通している。
もう、グーグルは 「波平」 が 「なんたるか」 を正しく、掌握しているようだ。 !笑(O)笑!     >>1

883 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 01:36:24.33 0
>>882
その一つ目の連想検索結果URLが文字化けしてるから、正しい文字列のをもってきたよ。これだ。
https://www.google.com/webhp?source=search_app#q=%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%80%80pikarrr

884 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 01:38:50.32 0
理性の規定を間違えた
理性が批判するのではなく理性を批判しなければならないんだな

885 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 01:41:55.72 0
感覚が像を作り、悟性がこれを概念化する、では理性は一体なにをするんだ?

886 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 01:47:46.14 0
理性に与えられているのは課題、問いか
理性はこの課題に、感性と悟性により作られた概念を利用する事で答えようとする
この概念の来歴と、理性によるその使用の適切さについて批判をするのが純粋理性批判か

887 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 01:50:29.91 0
そこで問題になるのが経験に正当性を担保されないアプリオリな総合判断という事か

888 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 01:58:04.12 0
感性、悟性の受動性に対する理性の能動性

889 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 02:16:48.80 0
うむ、理性のこの能動性の所以を訪ねたくなるよな
そしてこの能動性の建築物である形而上学の正当性についても
つまり、何故人は形而上学を求めるのか、そしてこの形而上学は果たして可能なのか

890 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 02:19:08.73 0
一段落した

891 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 05:24:58.12 0
>>1
明日の真実を創造する世界の検索エンジン グーグルに聞く 

問い「pikarrrとは何か」

グーグル解答開始
Q. pikarrr ?
A. https://www.google.com/webhp?source=search_app#q=%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%80%80pikarrr -デスプログ pikarrr 波平 - Googl..
A. pikarrr twitter - Google 検索
A. pikarrr 触手が動く


まとめ:
グーグルの解答・最終結論についての解説
pikarrrとは
@ 検索「デスプログ pikarrr」 = デスプログ pikarrr 波平 (なぜかpikarrrとは無関係の波平が登場。関連づけられている。神業としか呼べない)
A pikarrr = twitter       (地味なようだが一番キツい晒しが行われている。他人にも迷惑をかけている)
B pikarrr = 触手が動く    (グーグルはかなり波平について既に詳しく知り尽くしている。これは、とても恐ろしいことである。
                      なぜならpikarrrに対しての解答がこれだからだ。次のBに飛べばわかるが、検索結果でこの2語を繋げた検索結果は存在しない)

グーグル式解答スタイル
pikarrrとは
@ https://www.google.com/webhp?source=search_app#q=%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%80%80pikarrr
A https://www.google.com/#q=pikarrr+twitter&safe=off
B https://www.google.com/#q=pikarrr%E3%80%80%E8%A7%A6%E6%89%8B%E3%81%8C%E5%8B%95%E3%81%8F&safe=off

892 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/04(月) 07:26:41.05 O
江戸時代の村社会では、性関係は素朴だった。
現代から見れば淫らにみえるかもしれないが、裸に対する抵抗は低く、
また性関係そのものについても寛容だった。
夜這いや、祭りの夜の乱行など娯楽であり、お祝いである。
このような傾向は日本人の太古からの続く素朴なものである。
一つには自然信仰では性関係は生命の誕生を意味するおめでたいものであったからだ。
このような素朴な性関係は世界的にもむしろ普通だろう。

893 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/04(月) 07:37:37.69 O
その後、明治時代に近代化とともに、キリスト教の禁欲主義が輸入される。

都市化すると、性関係は危険なものになる。一つは商品化することで価値をもち、多くのトラブルに巻き込まれる。
また不特定多数の性関係は病気の感染の危険もある。
政府の規制もあり、特に都市部で禁欲主義が広がる。
特に日本では儒教の影響もあり、女性の貞操が重視される。

894 :らすたばん:2013/11/04(月) 07:46:14.13 0
  
  モテない 若い根っこの会の 抵抗なんて

    かっぺ都市には つーよー しませんよ   おぇ
     

895 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/04(月) 07:58:56.28 0
西洋近代では、キリスト教的禁欲主義と開放の対立があり、性倫理が検討されてきた。
それは性の正当をめぐる議論である。
大人の性産業は合法化されているが、重要なことはどこかしこでは地域、時間を限定すること。
さらに子供からは隔離すること。
日本人は、西洋人の方が性に開放的に感じるが、西洋人は管理のもと解放されているのに対して、
日本はもともとが性に寛容であることから、西洋ほどに厳密な議論はなかっただろう。

だから西洋人からすれば日本人は性が反乱しているように感じるらしい。
たとえば少年誌に、幼女のような子供が肌を露にした写真がのり、公共の場で平然で見られている。
さらには西洋では特に厳しいロリコン表現がオタク文化のもとに氾濫している。

896 :らすたばん:2013/11/04(月) 08:01:39.70 0
  
 ただの おくらほまー みきさー だろ (笑)
  

897 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/04(月) 08:03:06.86 0
かたや日本ではキリスト教的純愛が広く浸透し、性の氾濫とともに、
非性交率が上がるなどの逆転の現象が起きている。
日本人は性に関して、西洋人のような正当への合理性はなく、情動的である。

898 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/04(月) 08:15:40.61 0
風俗にいったら負け的な禁欲は、当然宗教的なものではないし、ある種の贅沢な趣味である。
性が反乱し性交そのもの以外にも、性を楽しむ方法があるからだ。

899 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 09:20:33.72 0
今日は「僕はこれまでオナニーばっかりしてきました」告白か・・・

900 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/04(月) 12:41:09.70 0
性関係のおもてなしとは?
不特定多数に性を贈与する

901 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/04(月) 12:42:35.66 0
たとえばネットに氾濫する素人エロ動画は

902 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 13:08:19.24 0
霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M 「性関係のおもてなしとは?」
霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M 「不特定多数に性を贈与する」

霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M 「たとえばネットに氾濫する素人エロ動画は」
霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M 「昨日のボクのおかずである」

>>1 宣伝 
( 霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M = 第三の波平◆JXLBbnYqTY  ) 第三の波平ブログ論集(2004-2012)(文学・評論)
絶賛発売中です! みんな、買ってね!!

第三の波平ブログ論集(2004-2012) 
http://www.ipad-zine.com/b/1879


提供:デスブログ・エターナル・ラブ・Namihei・DEATH
デスブログ、エターナルラブ、波平です。の提供でお送りしました。

903 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 16:13:11.04 0
札幌国際芸術祭2014 ‏@SIAF2014info 11月1日
シンポジウムの模様は11月4日16時から配信を予定しています。とても多くの方にご応募頂いたため抽選に漏れてしまった方もいらっしゃるかと思いますが、もしよろしければこちらの配信でご覧いただければ! http://www.sapporo-internationalartfestival.jp/siaf-channel

904 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 17:26:40.15 0
札幌に高城剛、坂本龍一、浅田彰、柄谷行人… 89年に札幌の日本文化デザイン会議で梅原猛、糸井重里などを見たが、やはり最近の柄谷の遊動論が梅原の縄文論の焼き直しに思える

905 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 18:17:02.96 0
やばいやばいやばいやばいやいばやばいやばい

906 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/04(月) 19:29:48.96 O
やはり現代の文化的インパクトといえはインターネットだろう。
といえ、結局、ネットはボクたちにどのような影響を与たのだろうか。

907 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/04(月) 19:51:28.52 0
ネットは最初、贈与交換社会だった。
その理由はいくつかある。
一つは貨幣交換するにはあまり危険だった。
貨幣交換を支えるセキュリティは不十分であり、瞬間清算するあまりに相手が信用できない。
次には、アメリカのハッカー文化から成長したネットは、サイバーリバタリアンの思想が根底に設計されていた。
簡単にいえば、ネット上の商品は情報であり、自己責任で金を払わずに自らの腕で手にいれる。
金を払うのはついてこられない情弱だけだ。

さらにはリアル社会との対抗がある。貨幣交換中心のリアル社会とは異なる自分達の世界。
自分達がネット世界を動かす。

このような世界観の中でも情報を解放する。リアルでは企業が金を稼ぐ商品を。

908 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/04(月) 19:59:45.88 0
さらに経済性からも、ネットが通常の貨幣交換社会とは異なることを名著フリーは書いている。
生産、流通コストが安くなった情報商品は、フリーで配っても収益を上げることができる。

しかしはいまや時代かかわった。
一部の人たちのネットから、いまや万人のためのものになり、
セキュリティも整備され、リアル便利なツールとなった。
人々は普通にネット上で商品交換をしている。

909 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/04(月) 20:10:11.87 O
その転換を可能にしたのはケータイである。
皮肉なことに、パソコンという強力な武器により、ネットを渡り歩いていた先代に対して、
ケータイという貧弱な武器に大量流入した次世代は、貧弱な武器で回りが見えない故に無防備に金を払い始めた。
この変革を最初に起こしたのは日本のiモード民だろう。
現代のiPhoneは明らかにこの呑気さの上にある。iモードの武器性能を上げただけと言える。
しかしパソコン世代とはまったく違う。パソコンはネットそのものを作り替える力をもっていたが、スマホはあくまでも楽しむツールでしかない。
だから彼は平気で個人情報を公開したりする。

910 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 20:12:53.03 P
東浩紀さん(作家、思想家) が尊敬する先生が柄谷行人(からたにこうじん)氏だった!と話す件が面白い
http://youtu.be/CC-daCFU74M

911 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/04(月) 20:13:18.04 O
最初の問いに戻れば、ネットはどのように社会を変えたのか。
初期の、サヨ的グローバルビレッジや、サイバーリバタリアンが夢見た革命は過ぎ去り、
リアルな資本主義社会の便利なツールと成り下がったのか。
ネットはなにも変えなかったのか。

912 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 20:13:34.97 P
村 真
を の
破 文
ら 明
ず ハ
人 山
を を
殺 荒
さ さ 
ざ ず
る 川
べ を
し 荒
  さ
  ず

1912年

田中正造の1912年(明治45年)6月17日の日記より
(『田中正造文集(二)』岩波文庫、333頁)
「真の文明は 山を荒らさず 川を荒らさず 村を破らず 人を殺さざるべし」
http://pds.exblog.jp/imgc/i=http%253A%252F%252Fpds.exblog.jp%252Fpds%252F1%252F201106%252F15%252F41%252Fa0024841_0355100.jpg

913 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/04(月) 20:21:20.23 O
ネットの最強のツールはなにか?
ウェブ?ツイッター?
明らかにメールだろう。
メールは個人だろうが、企業だろうが、ネットを使うものは使いまくる。
lineのすごさはメールを代替する可能性を持つからだが、とって変わることはないだろう。
ネットは世界を小さくはした。経済活動は活発化し、ブリックス、アフリカとグローバリズムを活発にしたかも知れないが、
世界そのものを変えなかった。

914 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/04(月) 20:30:29.40 O
あえていえばネットウヨを生み出した。
簡単にいえばネットを小さくしたが、韓国、中国も一気に身近になった。
それに故にネットウヨが増える。重要なことは大局ではないということ。
アンダーソンは、ネーションは国語によって生まれたといったが、
同様な反応がネットでも起こっている。
ネットというテクストの世界では、言葉が違うことが差異を生む。
ワンクリックで韓国のページを見れたとしても、読むことができない。
逆にワンクリックで見られるからこそと言える。


しかしまったく大局ではない。

915 :霊姑浮はスレを荒らす:2013/11/04(月) 20:34:13.92 0
NAMは二年で解散しました。以後、それは固有名詞ではなく、一般名詞として
「新しいアソシエーショニスト運動」を意味するものです。だから、2000年の
時点にあった細部の事項にこだわる必要はありません。大事なのは、以上に
述べた理論的な核心です。
 私がNAMを創設したとき、多数のアソシエーションがアソシエートされる
「アソシエーションのアソシエーション」というイメージで構想したのですが、
NAMに参加してきたのは個人がほとんどで、NAM全体が一つのアソシエーション
にしかならなかった。だから、解散したのです。ただ、その時点でも、
小さいながら、幾つかのアソシエーションがありました。それは、有機農業
をやっていた人たち、消費者協同組合、地域通貨、さらに、ホームレス救援
活動などですね。彼らはその後も健闘しています。池田さんらがはじめた
アースデイマネーもその流れの中にあるといえます。
 

916 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/04(月) 20:38:01.73 0
近代国家とは最初からグローバリズムのために生まれたシステムだ。
世界を資本主義に組み込むために必要不可欠である。
この危険な世界から貨幣交換という脆弱なシステムを守るために

そして危険なネットも同様である。ネットを活用するためには国家介入が不可欠である。
それが結果である。グローバルビレッジも、サイバーリバタリアンも失敗した。
そして資本主義が乗り込む。大量の無邪気なケータイ民を守るために。

917 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 20:41:41.15 0
ネトウヨなんかいないんだよ
日本は左翼が根強くマスコミを支配しているから
ちょっとでも反左翼だとそれを指して「おまえらネトウヨだ!」と防御線を張っているだけ
中道でも右翼扱いする左翼は本当にいまの日本における大問題の核心だろ

918 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/04(月) 20:51:38.19 O
>>917
まったくとんちんかんですね。
日本では机の上にしかサヨなんかいません。
机を離れるとみなウヨです。
ようするにクリスマスを楽しんでもキリスト教徒ではない。
こんな幸せな国にいて、サヨの精神性などわかるわけがない。

919 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/04(月) 20:59:53.28 O
どうすれば日本人が平等を理解できるんだ。
この生暖かい公平なおもてなしの世界を生きながら
無理無理(爆笑)

920 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 21:01:21.93 0
>>918
あのねえ、ちゃんと社会に出て働いてみなよ
新聞社なんかほぼ左翼思想のかたまりだからね
そういう連中が新聞を作って家庭に毎朝配っている
その根底には敗戦後の後悔とかがあるから左翼系というか反体勢思想というものが出来上がってしまった
ここが微妙なんだが、反体制というのは反自民党ということ
だから反民主党には新聞メディアは動かなかった
波平の家の爺さん世代を見れば明白なことだろ???

921 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 21:02:38.18 P
>>711

補足:
 存在者−現存在−存在

     ||
     \/

     分析
      |
 存在   |
      |
規定−−−−+−−−−反省
      |
 存在者  |
      |
     総合

         反省=現存在

     ||
     \/

      |  存在
______|______
      |
 存在者  | 現存在


スピノザからハイデガーのように存在者を引きずり降ろすとカント、柄谷の図になる。
現存在は両者の交わる場である。
現実には、産業資本から金融資本への移行に類する変化が各交換部門で起こる。

922 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 21:11:17.09 0
ウヨサヨって、特定の理念に順じて行動している人たちを指すんじゃないの?
日本人は理念で動かない、習慣のレベルで何となく動くだけで
ウヨサヨなんて殆どいないのでは

923 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 21:13:42.24 0
とりあえずそういう政治団体に所属していたり
街宣活動なんかしていたり
そういう出版物を書いたりしている人達がウヨサヨなんだよな
一般人には関係ないよウヨサヨなんかはw

924 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 21:19:47.97 0
>>922
いわゆる特亜による戦略なんじゃないかネトウヨとか定着させようとしたのは?
日本がごく普通に自国を愛する国民になったら困るのは特亜勢力しかいないでしょ
そういう特亜団体から支援金も流れているし
愛国なんぞ大いに結構じゃないか
そんなのがウヨなわけないだろ
だったら特亜は総ウヨだろwwwくだらんwwwww

925 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 21:31:42.05 0
>>882
>>891

ほら、こっちのやつも証拠のキャプチャー持ってきたよ。見てみ。
http://up.null-x.me/poverty/img/poverty102686.jpg





>>1 宣伝 

霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M 「性関係のおもてなしとは?」
霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M 「不特定多数に性を贈与する」

霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M 「たとえばネットに氾濫する素人エロ動画は」
霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M 「昨日のボクのおかずである」

( 霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M = 第三の波平◆JXLBbnYqTY  ) 第三の波平ブログ論集(2004-2012)(文学・評論)
絶賛発売中です! みんな、買ってね!!

第三の波平ブログ論集(2004-2012) 
http://www.ipad-zine.com/b/1879


提供:デスブログ・エターナル・ラブ・Namihei・DEATH
デスブログ、エターナルラブ、波平です。の提供でお送りしました。

926 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 21:38:42.93 0
>>925
波平のBlogって社会学者や精神科医なんかに監視されて分析されているんだってね
知らぬは波平ばかりなりかw

927 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/04(月) 21:42:46.02 O
>>920
ジャーナリストや知識人が、サヨ化するのは構造的なものだね。
みんなに対してなにか言わないといけないとき、サヨ的理想で落とさないと
じゃないと存在意義事態が危ない。

928 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/04(月) 21:45:23.00 O
ブログレベルでも、左曲がり魔術は働く
子供の作文でも働くんじゃないから

それをサヨと呼ぶのはどうかと

929 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 21:49:33.36 0
>>928
そんなこといったらサヨもいないことになるよね
ならばウヨサヨは存在しないと?

930 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 22:02:33.71 0
https://www.google.com/#q=%E6%B3%A2%E5%B9%B3%E3%80%80%E3%80%80%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0&safe=off

この検索結果は非常に興味深い。開けばわかる。そして、理解する。

もう開いてみただろうか。
「波平」 としか 打っていない。 

波平=サザエさんの親父、 波平=波平女史、 波平=毎度、毛が折り取られるサザエさん通りの波平銅像

波平にはこれくらいの意味があり、
波平=pikarrr という関連づけは、そこまで世界的に優先順位の高いものではなかった。

ところが、検索結果を見ればわかるように、
「『波平』が指すもの」として「pikarrr」が、世界的に最優先されているのである。

もう、世界どこに行こうとも、波平といったらpikarrr。これが一般解答であり、正解。波平=pikarrr。正解。100点。
狭義として波平=サザエさんのキャラクター、などが限定的な分野での正解となる。

もうグーグルはここまで整えてきている。早い。

931 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/04(月) 22:26:17.79 O
>>929
サヨとはなにか?か

932 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 22:34:13.51 0
>>931
同じ意味でもネトウヨなんかいないんだよ
だってネット上でBlogとかBBSで自国のことを好きで支持する人をネトウヨとして排斥しようとするのは
もう完全に何らかの反日勢力でしょう

933 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 22:42:56.91 0
「天皇陛下の下では平等」という事で
右翼は在日の人がやっているという話が(都市伝説とも)。
同じく在日の人の経営が多いというパチンコ屋にも軍艦マーチとか

愛国党の知人のグラマーな女性はオランダとのハーフで
外人の男に声をかけられるのが嫌だったと

934 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 22:45:22.37 0
「あいつは在日だ」と言ってるのは
自分が在日である事を隠してる人のような

935 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/04(月) 23:11:23.47 0
サヨって言っても、いま本当に革命とか、考えてる人はいないわけで、
柄谷にしとも社会設計の理論屋みたいなものでしょ

936 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/04(月) 23:14:39.91 0
だからジャーナリストや知識人が左曲がりだからといってサヨわけじゃない

ネットウヨにしても、イデオロギーとしてウヨな訳じゃなく、謙韓のヘイトスピーチで憂さ晴らししてるだけなのがほとんど

937 :考える名無しさん:2013/11/04(月) 23:34:05.21 0
その柄谷にしともさんって結局なんなの?大学教授?

938 :柄谷にしてもでしょ:2013/11/04(月) 23:56:04.32 0
柄谷が「加羅、韓、漢のカラ、僕の名前と同じですよ」と言うと
高澤秀次がそれはダメという感じで話を制した。

939 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 00:05:28.68 0
綿野恵太@文フリ【エー40】 ‏@edoyaneko800 10月30日
先日、Twitterで東浩紀さんが批評とは文芸批評である云々とおっしゃていた
ように、その当否は別として日本思想では文芸批評が大きな役割を果たし
ました。大杉さんが「最後の文芸批評家」であると考え、文芸批評を
考え直すきっかけになれば、とインタビューをおこないました。

綿野恵太@文フリ【エー40】 ‏@edoyaneko800 10月30日
【子午線vol.2紹介】大杉重男インタビュー「文芸批評は不可能であり、
不可避である」
さきごろ『早稲田文学』で連載を終えた憲法九条をテーマにした
「日本人の条件」、鎌田哲哉さんと立ち上げた『重力』などもお聞きしました。
予約受付中!
http://shigosen2011.web.fc2.com/

940 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 00:21:03.93 0
> 936 名前:霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/04(月) 23:14:39.91 0
> だからジャーナリストや知識人が左曲がりだからといってサヨわけじゃない
> ネットウヨにしても、イデオロギーとしてウヨな訳じゃなく、謙韓のヘイトスピーチで憂さ晴らししてるだけなのがほとんど

『左曲がり』って本当に存在する言葉か?なんか別の言葉と勘違いして使ってないか?
あと、『謙韓』って何やねんw

漢字すらわからんのかw

941 :転ぶ:2013/11/05(火) 00:25:12.73 0
韓国における渡辺謙人気とか
たまにかな変換の人いますが

942 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 00:35:59.96 0
波平は相変わらずの反日親韓だな
嫌韓のヘイトスピーチなんてどれだけの人間がやってるんだよ?
2ちゃんでヘイトレスしている人だって根拠があってのこと
韓国なんかやってることがむちゃくちゃじゃん
しかも民間レベルどころか国家レベルで嘘をつきまくっているし
波平は反日なら日本から出て行けよ

943 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/05(火) 07:17:21.27 O
>>942
ネットウヨですか。ほぼ語る必要がないと思いますが。
ようするに彼らに思想的背景はほぼないし、いわばネット構造が生んだボットのようなものですね。

944 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/05(火) 07:27:19.01 0
ネットははじめ楽観的サイバーリバタリアンのサヨ的な世界でした。
人が少なく、知的エリートが多かった。
ネットはリアルとは異なる自分達の世界であると反体制的だった。

パソコンによる電話回線の時間制のために、レスコストが高い、あるいはネット接続に技術が必要だった。
それがかわるのが、常時接続定額制に通信コストが下がったことと、
パソコンからケータイ端末に機器のコストが下がったことで、
レスコストがただのように下がった。
これによりネット人口は急増し、さらに一人辺りのレス数も増加する。

945 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/05(火) 07:36:53.66 O
この時期に現れた現象が、炎上ですね。
それでも炎上は反社会的でした。まだネットリバタリアン的な傾向をどこか残していた。
それがどんどん倖田來未羊水事件あたりからゴシップ的なり、いまでは嫌韓が定番に落ち着く。
ヘイトスビーチの中でも、嫌韓がすごく座りがよいんだと思います。
そもそもテクストで断絶されるネット世界では、日本語世界では嫌韓では回りは見方だらけで、同意しやすく炎上しやすい。
さらに見方だらけの嫌韓はより過激な汚い言葉をいいやすい。

946 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/05(火) 07:45:38.79 0
レスコストが下がり、レスの価値そのものが急激に下がる。
一生懸命レスを書いても一瞬で流れていく。
このような世界では、レスの価値を上げる、すなわち関心をえるためには、過激な言葉が有効です。
それが次々積み上がり炎上が生まれるわけですが、
そこで彼らが発見したのは、炎上が持つリアルへの影響力です。
一つは大衆の意見としてメディアも同調してより大きな影響力をもつおもしろさ
もう一つは、新たなコミュニケーションです。炎上でレスが積み上がると、祭りのような共有の興奮が生まれる。
これはいまでは当たり前かもしれませんが、ネットは

947 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/05(火) 07:54:29.38 0
ネットにはテクストのみでコミュニケーションするという制約があります。
相手を知らず見えずただメモを渡しあいコミュニケーションするということです。
ものすごいフラストレーションがあり、初期のネットでは衝突が日常茶飯事でした。

炎上はテクスト意味を越えて興奮と共感を伝え会う。
向こうに同調するたくさんの人たちがいるというテクストコミュニケーションを越えた共感をえるという、新たなコミュニケーションの快感を開いたわけです。
先行するのは快感であって、ネタは事後的です。
さらに快感も、このようないまのネット環境から生まれてきたものです。

948 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/05(火) 08:03:10.94 O
しかしネットの発達で世界は一気に小さくなりましたね。
それまで海外といえば西洋でしたが、韓国、中国が一気に近づきました。
そこで驚いたのは彼らの反日ですね。
日本人は戦争のことなど遠い昔で忘れていましたが、彼らは忘れていなかった。
忘れないように、伝承を怠らなかった。
教科書に屈辱を刻み子供たちに伝え続けた。

最初は反日デモとかなにが起こっているがわからなかったが、
いまではそれに呼応する姿勢もできた。
これもコミュニケーションの一つなんでしょ。

なんと言っても、本質はより交流は深まるという潮流は変わらないからです。
ボクは最近、今さらですが少女時代にはまりました。楽曲がよいですね。良くできてます。

949 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/05(火) 08:06:52.21 0
人種差別が下層のフラストレーションの捌け口となるのは、
文明が生まれてからの定番ですね。
イデオロギーとは関係がありません。

950 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/05(火) 08:50:52.66 0
左さんの経済音痴は本質的なものなんでしょうね


【国際】一人貧乏くじ引かされた日本 経済音痴・民主党政権の罪
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1383563315/

951 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 11:52:25.48 P
「君が肯定することにおいて君は正しいし 、君が否定することにおいて君は間違っている」
(vgl. Leibniz' Briefe an N. Remond vom 10. Jan. und vom 14. Aug. 1714 [PS 5.2, 322, 340 ff.]; Schulthess 2008)。
http://www.hegel.jp/Frank(jap).pdf‎ p.10

952 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 11:54:30.46 P
>>921
柄谷交換図、大審問官バージョン:

3権威|2奇跡
___|___
1パン|

悪魔 1「石をパンに変えよ」
   2「塔から飛び降りて、奇跡を見せよ」
   3「私(悪魔)にひざまづけば、この地上の権威と栄光を差し上げましょう」

キリスト 1「人はパンのみにて生きるにあらず」
     2「神を試みてはならない」
     3「ただ神にのみ仕えよ」

柄谷交換図、原発バージョン:

3天下り|2放射能
____|___
1電力 |

悪魔 1「ウランを電力に変えよ」
   2「放射能をばらまいて、直ちに影響が出る証拠を見せよ」
   3「天下りを認めれば、この地上の権威と栄光を差し上げましょう」

現代のキリスト 1「人は電力のみにて生きるにあらず」 
        2「現在及び未来の子どもをモルモットにしてはならない」
        3「ただ民にのみ仕えよ」

参照: http://bible.salterrae.net/kougo/html/matthew.html 4:1~11

953 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 12:29:33.40 P
>>952
柄谷交換図、原発バージョン(改訂)

経産省 | 自民党
東大  | 読売
(国家)|(国民)
____|______
東電  | 反
東芝他 | 脱原発
(資本)|(アソシエーション)

東大は官と見なした。
東芝日立三菱GEなどのメーカーは資本にあたるが、
東電は半分役所みたいなものでステートにあたるかも知れない。

954 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 14:24:59.61 0
業務連絡
BITXXXX の話の方へ。

現在、異常事態再度発生中。うなぎ登りの不可解な状況。売り時ではある。買い時では無い。
また、この右肩上がりが、一時的なとのフェイクの仕掛けなのか、(全国家全政府支配下に無い、ならどこの)情勢が急変しているのか、
まだわからない。
だが、市場至上最高値を更新中だ。



有料メルマガ、ってこういうやり取りがおこなわれてるのかね。

955 :!ninja:2013/11/05(火) 18:00:28.54 0


956 :!ninja:2013/11/05(火) 18:01:03.55 0
a

957 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 18:05:16.12 0
             ζ
         / ̄ ̄ ̄ ̄\       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       /         |    < カツオ、こづかいじゃ。
       | ⌒  ⌒   /|      \_______
       | (・)  (・)   |||||||
       | ⊂⌒◯-----∂)___   ___
       | ||||||||_     /     ゙Y"     \
         \ヽ_/ \/              \
         \    /                 \
          / ̄ ̄ ̄ ̄)        *      ( ̄ ̄ ̄ ̄)
         |    ─<         |\      >─   (
         |      )     /  (|ミ;\    (      )
         ヽ    ̄ ̄)    /(___人|,iミ'=;\  (  ̄ ̄   )
         /" ̄ ̄ ̄ ̄   /    《v厂リiy\  ̄ ̄ ̄ ̄\
         /        /        ゙|,/'' v:,,、.¨)z,_       \
        /       /         ミ/ .-─ .゙》z、      \
        /      /           〔」″ノ‐ 、u ¨\      )
       (      /             ゙|, ..冫 .rー    ̄\_    |
        |      〔              ミ./′   ..r-ー __,,ア┐  |
        |      |              {. .,,,,   .′  .´′ .¨\|
        |       |              ∨   ノ冖′ =vvvvvv¨\
        |     /               ミ.   ,i'           .゙\_
        |     /                .{.  ノ  ,r¬″       .¨\
        |     /                 ゙|, |  ノ      ー'''''''''''  .ーミz
        |     |                  ミ.     .,、 ._,,,、、r   ,,,,_____ ゙┐

958 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 18:11:12.65 0
             ζ
         / ̄ ̄ ̄ ̄\       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       /         |    < カツオ、こづかいじゃ。
       | ⌒  ⌒   /|      \_______
       | (・)  (・)   |||||||
       | ⊂⌒◯-----∂)___   ___
       | ||||||||_     /     ゙Y"     \
         \ヽ_/ \/              \
         \    /                 \
          / ̄ ̄ ̄ ̄)        *      ( ̄ ̄ ̄ ̄)
         |    ─<         |\      >─   (
         |      )     /  (|ミ;\    (      )
         ヽ    ̄ ̄)    /(___人|,iミ'=;\  (  ̄ ̄   )
         /" ̄ ̄ ̄ ̄   /    《v厂リiy\  ̄ ̄ ̄ ̄\
         /        /        ゙|,/'' v:,,、.¨)z,_       \
        /       /         ミ/ .-─ .゙》z、      \
        /      /           〔」″ノ‐ 、u ¨\      )
       (      /             ゙|, ..冫 .rー    ̄\_    |
        |      〔              ミ./′   ..r-ー __,,ア┐  |
        |      |              {. .,,,,   .′  .´′ .¨\|
        |       |              ∨   ノ冖′ =vvvvvv¨\
        |     /               ミ.   ,i'           .゙\_
        |     /                .{.  ノ  ,r¬″       .¨\
        |     /                 ゙|, |  ノ      ー'''''''''''  .ーミz
        |     |                  ミ.     .,、 ._,,,、、r   ,,,,_____ ゙┐

959 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 18:46:12.37 0
             ζ
         / ̄ ̄ ̄ ̄\       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       /         |    < カツオ、こづかいじゃ。
       | ⌒  ⌒   /|      \_______
       | (・)  (・)   |||||||
       | ⊂⌒◯-----∂)___   ___
       | ||||||||_     /     ゙Y"     \
         \ヽ_/ \/              \
         \    /                 \
          / ̄ ̄ ̄ ̄)        *      ( ̄ ̄ ̄ ̄)
         |    ─<         |\      >─   (
         |      )     /  (|ミ;\    (      )
         ヽ    ̄ ̄)    /(___人|,iミ'=;\  (  ̄ ̄   )
         /" ̄ ̄ ̄ ̄   /    《v厂リiy\  ̄ ̄ ̄ ̄\
         /        /        ゙|,/'' v:,,、.¨)z,_       \
        /       /         ミ/ .-─ .゙》z、      \
        /      /           〔」″ノ‐ 、u ¨\      )
       (      /             ゙|, ..冫 .rー    ̄\_    |
        |      〔              ミ./′   ..r-ー __,,ア┐  |
        |      |              {. .,,,,   .′  .´′ .¨\|
        |       |              ∨   ノ冖′ =vvvvvv¨\
        |     /               ミ.   ,i'           .゙\_
        |     /                .{.  ノ  ,r¬″       .¨\
        |     /                 ゙|, |  ノ      ー'''''''''''  .ーミz
        |     |                  ミ.     .,、 ._,,,、、r   ,,,,_____ ゙┐

960 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 19:08:37.32 0
最近の情報7daysがひょうきん族ぽくなってきたが、たけしと出演する浅田彰は坂本龍一を意識してるのか

961 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 19:12:13.12 0
             ζ
         / ̄ ̄ ̄ ̄\       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       /         |    < カツオ、こづかいじゃ。
       | ⌒  ⌒   /|      \_______
       | (・)  (・)   |||||||
       | ⊂⌒◯-----∂)___   ___
       | ||||||||_     /     ゙Y"     \
         \ヽ_/ \/              \
         \    /                 \
          / ̄ ̄ ̄ ̄)        *      ( ̄ ̄ ̄ ̄)
         |    ─<         |\      >─   (
         |      )     /  (|ミ;\    (      )
         ヽ    ̄ ̄)    /(___人|,iミ'=;\  (  ̄ ̄   )
         /" ̄ ̄ ̄ ̄   /    《v厂リiy\  ̄ ̄ ̄ ̄\
         /        /        ゙|,/'' v:,,、.¨)z,_       \
        /       /         ミ/ .-─ .゙》z、      \
        /      /           〔」″ノ‐ 、u ¨\      )
       (      /             ゙|, ..冫 .rー    ̄\_    |
        |      〔              ミ./′   ..r-ー __,,ア┐  |
        |      |              {. .,,,,   .′  .´′ .¨\|
        |       |              ∨   ノ冖′ =vvvvvv¨\
        |     /               ミ.   ,i'           .゙\_
        |     /                .{.  ノ  ,r¬″       .¨\
        |     /                 ゙|, |  ノ      ー'''''''''''  .ーミz
        |     |                  ミ.     .,、 ._,,,、、r   ,,,,_____ ゙┐

962 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 19:21:44.87 0
波平から?

これ、買わなくても読めるよね

第三の波平ブログ論集(2004-2012) 
http://www.ipad-zine.com/b/1879

今、批評で食えるスタイルはやっぱり東・宇野界隈ですかね

963 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 19:28:08.91 0
             ζ
         / ̄ ̄ ̄ ̄\       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       /         |    < カツオ、こづかいじゃ。
       | ⌒  ⌒   /|      \_______
       | (・)  (・)   |||||||
       | ⊂⌒◯-----∂)___   ___
       | ||||||||_     /     ゙Y"     \
         \ヽ_/ \/              \
         \    /                 \
          / ̄ ̄ ̄ ̄)        *      ( ̄ ̄ ̄ ̄)
         |    ─<         |\      >─   (
         |      )     /  (|ミ;\    (      )
         ヽ    ̄ ̄)    /(___人|,iミ'=;\  (  ̄ ̄   )
         /" ̄ ̄ ̄ ̄   /    《v厂リiy\  ̄ ̄ ̄ ̄\
         /        /        ゙|,/'' v:,,、.¨)z,_       \
        /       /         ミ/ .-─ .゙》z、      \
        /      /           〔」″ノ‐ 、u ¨\      )
       (      /             ゙|, ..冫 .rー    ̄\_    |
        |      〔              ミ./′   ..r-ー __,,ア┐  |
        |      |              {. .,,,,   .′  .´′ .¨\|
        |       |              ∨   ノ冖′ =vvvvvv¨\
        |     /               ミ.   ,i'           .゙\_
        |     /                .{.  ノ  ,r¬″       .¨\
        |     /                 ゙|, |  ノ      ー'''''''''''  .ーミz
        |     |                  ミ.     .,、 ._,,,、、r   ,,,,_____ ゙┐

964 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 19:29:21.71 0
             ζ
         / ̄ ̄ ̄ ̄\       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       /         |    < カツオ、こづかいじゃ。
       | ⌒  ⌒   /|      \_______
       | (・)  (・)   |||||||
       | ⊂⌒◯-----∂)___   ___
       | ||||||||_     /     ゙Y"     \
         \ヽ_/ \/              \
         \    /                 \
          / ̄ ̄ ̄ ̄)        *      ( ̄ ̄ ̄ ̄)
         |    ─<         |\      >─   (
         |      )     /  (|ミ;\    (      )
         ヽ    ̄ ̄)    /(___人|,iミ'=;\  (  ̄ ̄   )
         /" ̄ ̄ ̄ ̄   /    《v厂リiy\  ̄ ̄ ̄ ̄\
         /        /        ゙|,/'' v:,,、.¨)z,_       \
        /       /         ミ/ .-─ .゙》z、      \
        /      /           〔」″ノ‐ 、u ¨\      )
       (      /             ゙|, ..冫 .rー    ̄\_    |
        |      〔              ミ./′   ..r-ー __,,ア┐  |
        |      |              {. .,,,,   .′  .´′ .¨\|
        |       |              ∨   ノ冖′ =vvvvvv¨\
        |     /               ミ.   ,i'           .゙\_
        |     /                .{.  ノ  ,r¬″       .¨\
        |     /                 ゙|, |  ノ      ー'''''''''''  .ーミz
        |     |                  ミ.     .,、 ._,,,、、r   ,,,,_____ ゙┐

965 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 19:30:02.64 P
ゴミレイコフ荒らすなや
アフォw

966 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 19:31:42.11 0
岡田啓司『組織とグループウェア』の編著者
‏@editorialengine
柄谷行人の「形式」は、たんなるクリシェ的概念の操作、単射のレゴブロック程度のものだ。最近の柳田国男論でもそういう外連味ふんぷんだ。それを〈形式〉とのたまうことはやめてほしいと厳に思う(以上、未検証。忘れないうちに書き付けといた。いずれ例証する)。
2013年11月5日 - 11:23

967 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/05(火) 20:03:47.62 O
>>950
ようするにマクロ経済は理性では理解できない。
一つの機械なんですね。

968 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 21:27:34.01 0
ネトウヨもさすがに漢字間違いする霊姑浮から
あーだこーだ言われたかないだろw

せめて漢字がまともに読み書きできるようになってから批判しろよw

969 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/05(火) 21:43:40.76 O
>>968
40歳職業2ちゃん荒らしの社会の最底辺のお前だけには誰も言われたきゃないだろ(笑)

970 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 21:44:23.98 0
日本はデフレではなくミクロ経済的な値崩れらしい(藻谷浩介)

971 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 21:51:00.51 0
霊姑浮は賞賛するにしても批判するにしても
結局は誤字でずっこけるからな〜

佐々木あたるを『わたる』と誤認してdisるし、
逆に嫌韓を『謙韓』と読み間違えてネトウヨの正しさを証明するw

972 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 21:53:35.87 0
要は佐々木中の著作を褒める奴には、
霊姑浮の様に漢字がまともに読めない奴が佐々木中を賞賛してる事になるし、

逆にネトウヨを批判する奴には漢字がまともに読めない霊姑浮の様な
知障がやたらとネトウヨ批判を展開している事を霊姑浮自身がその身で証明してしまうw

973 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 21:58:09.56 0
つまり、佐々木中を賞賛する奴には漢字が読めない霊姑浮が含まれ、
逆にネトウヨ批判を展開する奴には同じく漢字が読めない霊姑浮が含まれる事になるw

要は佐々木中を褒める奴は漢字も読めない知障であり、
逆にネトウヨを批判する奴も漢字も読めない知障が含まれる事を

『霊姑浮自身が身を持って証明』する事になるw

皮肉だなw

974 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 22:03:03.01 0

へりくだる。自分を抑えて、他人にゆずる。(他の人の下につく。)

975 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 22:09:29.21 0
柄谷「漢字が読めない首相とか」

976 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 22:14:36.36 0
霊姑浮が好きなものは言い換えれば
『漢字が読めない知障が好むもの』だ、AKBとかねw

逆に霊姑浮が嫌うもの、
これは反対に『漢字間違いをしない頭の切れる人が好むもの』だ。
ネトウヨとかねw

977 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 22:19:50.24 0
「柄谷行人を解体する」を文学フリマで売るというのも手だな。@femmeletsさんとか@usvanvanさんに原稿頼もうかな

978 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 22:22:12.69 0
つか、日本中探しても『嫌韓』を『謙韓』と
間違える奴なんていないだろw

しかも学問板に居座ってるのに間違えるからな
どんだけ自分が見えてねーんだよw

979 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 22:45:54.13 0
30代以下は漢字の知識が落ちてるような。
子供の名前を見ても。
最近、デリダの音声言語・文字言語の議論を考えてますが
日本人の文字言語能力の変化も面白いかも

980 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 23:10:46.22 0
興味深いですが、日本人は論争と別に何でも勉強しちゃう感じがしますね。従軍慰安婦にしても

981 :考える名無しさん:2013/11/05(火) 23:11:03.55 P
驚くべきことに、1974年の「柳田国男試論」終盤で柄谷行人はすでに柳田国男の
旅行記における移動の重要性に着目していた。「島の文化史上の意義」もすでに
指摘されている(253頁)。ただし、(文学界の連載がまだ終わってないので断定出
来ないが)この柳田国男の旅行は国家を前提にしたもう一つのノマディズムの側
面も多少ある…。むろん当時の柳田国男の「現実の諸条件」における努力を全否
定はできないが。

その他、柳田国男が宣長より荻生徂徠に近いという指摘は面白い。
また、折口信夫への言及がその論理的一貫性を明確にしていて興味深い(これは
他でも書いていたはずだが)。

ただ、 大抵の柳田国男論に乗り切れない自分の意見を述べると、

柳田国男は、
本来の日本=今の日本−西欧文化−江戸−仏教−アイヌ
と考えたようだが、江戸を引いたのが余計だった、と思う。
この明治政府官僚だったことによるバイアス(江戸時代への対抗心)があちこち
で齟齬をきたす原因になっている。
例えば協同組合の原型であり得た報徳会を柳田国男は必要以上に批判しすぎた。
これで日本の協同組合運動は断ち切られた(オーバーな言い方かも知れないが)。
端的に言えば柳田国男の仕事は一からやり直す必要があるのだ。

982 :考える名無しさん:2013/11/06(水) 00:10:56.96 0
楽園(音声言語。縄文。狩猟採集的遊動)―資本主義社会(文字言語。弥生。定住。人間の堕落)―共産主義社会(理想状態の回復。歴史の終り)という対応になるのだろうか。柄谷はこのキリスト教=マルクスによる3段階史観を批判しているが

983 :考える名無しさん:2013/11/06(水) 01:21:34.63 P
>>981


ちなみにインスクリプト『柳田国男論』扉には、
『一九七二年 作家の肖像』(佐伯 剛正)
http://www.amazon.co.jp/dp/4860293541/
に収めれた柄谷行人の若かりし日の写真が2枚掲載されている。
表紙の港千尋による写真(縄文的イメージ?)が相対化されていると言えなくもない。

984 :考える名無しさん:2013/11/06(水) 04:41:19.74 0
文春新書
遊動論
山人と柳田国男
柄谷行人
定価:未定
発売日:2014年01月20日
ジャンル:ノンフィクション

985 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/06(水) 07:57:06.17 O
>>979
漢字ねぇ

986 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/06(水) 08:22:53.97 O
日本語って独特ですがどこで生まれたか、いまだによくわかっていません。
征服されたことがないことから、おそらく縄文時代からすでに、日本語が使われていたんでしょう。
弥生時代に韓国から大量の帰化人が渡来したことが知られています。
そこに文化的な大きな断絶がないことから、確かに彼らは中国からの最先端の文化を持ち込んだんでしょうが、
先住の日本人を征服したというようなことではないと言われています。

そもそも縄文時代から、韓国から西日本は一つの交易圏だったわけで、
稲作にしろ、鉄器にしろ突然伝わったということではないわけです。
おそらく韓国で権力闘争に破れた一族が、知り合いの日本人を頼って渡来したということかもしれません。
その後、帰化人の一族たちが権力の中枢の一部を閉めていくわけです。

987 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/06(水) 08:29:41.49 0
もともと日本語には文字がなかったわけで、その後帰化人から仏教とともに漢字が伝わり、
それを日本の口語に一生懸命に当てはめていくわけです。
それがやがて平安期ごろにかな文字が作られる。
しかしかな文字は江戸時代でさえ、女性や庶民が使う低級なものとされる。

988 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/06(水) 08:41:53.44 O
日本人が日本にこもるきっかけはやはりはくすきのえの闘いでしょうかね。
それまでは日本は韓国の先端に実質的な領土をもち、韓国を三分する各国と友好的また牽制的な権力関係にありました。
それが一変するのが中国で唐が権力を握り安定し韓国へ進出してきたことですね。
韓国各国はどんどん征服されるなか、日本も参戦する訳ですが、大人と子供のごとくで、すぐに日本に逃げ帰り、逆に日本まで攻めてくるじゃないとびびりまくるわけです。
ある意味で西洋が中国に破れた、日本にペリー来迎した当時に近いかも知れません。
まあ唐は辺境の島には今日がなかったのか、日本に来なかったわけです。

989 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/06(水) 08:52:06.60 O
早速日本は唐に認められるように、唐式の法整備、都市整備を行うわけです。
そして日本国を宣言するわけです。
法整備とは、天皇を頂点とする身分制、土地を区画して平民に与えて税を徴収する班田制や、徴兵制などなど。
その時代の一流の国家制度を導入して、唐の侵略に備えて富国強兵を目指したわけです。

990 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/06(水) 09:19:35.83 O
でもなかなか唐のようにいかなかった点が農本主義ですね。
土地を区分けして税を徴収する農本主義は広大な中国にための制度で島国日本に合わなかった。
島国で土地柄も様々で、日本人は様々な仕事をしていたし、
さらに回りが海なので交易が活発だった。
だから班田制は結構ざるだった。
そもそも土地測量も続かず、実際と解離があったわけで、全体的にざるだったわけです。
特に地方は完全に権力を掌握できていたわけでもないので
それが平安末期から流通が発達し貨幣が出回ると、一気に地方が活気づき、
地方の時代、武家の時代に流れ込むわけです。
結局、大陸からの侵略はなかったわけで、それらが日本人のおおらかな文化を作ったとも言えるでしょう。

991 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/06(水) 09:28:58.76 O
武士もまた面白い人々で、倫理的に富を求めなかった。
中国の儒教の影響もあるのでしょうが、農民の治安のために働くことを美学とした。
すでに室町時代からか、義経や楠木正成など、忠義に厚く、庶民のことを考えるヒーロー像があるわけです。
このこれから単に強いのではなく、悲劇的であることが日本人は好きなんですね。
この辺りも庶民に愛されることが重視されていたんでしょう。

だから税の取り立てもまたざるだったし、農民に自治権が与えられて、西洋的な征服するというようなやことではなかった。

992 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/06(水) 09:31:13.25 O
ボクは日本の武士が、西洋の騎士などと同じ乱世を生きた人として、似ているが独特であるのはなぜか、と不思議なんですね。

993 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/06(水) 11:09:59.56 O
乱世において重要なのは、強い贈与関係、すなわち仁義や忠誠、あとは暴力です。
だから武士にしろ、騎士にしろ、中国の英雄にしろ、さらにはマフィア、やくざまで同じような傾向を持ちます。
その中でも武士の特徴の1つとして、なにが演劇的派手さ、やることがパフォーマンスティブだと思うんです。
武士は初めは貴族の護衛から始まったといわれます。
そんな彼らが平安末期に地方が荒れ出すなかで、鎮圧に向かう。
そして族を鎮圧して凱旋する。
これは町はパレードで、ヒーローです。
源氏、平氏の下級貴族がこのようにしてのしあがる

日本では単に武力ではなく、絶えず名目が必要で、天皇をかつぎ上げつつ、民衆を見方につけることで、乗し上がることができた。
だからパフォーマンティブであること、見せることが重要だったのではないか。

994 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/06(水) 11:15:29.78 0
名目、民衆の支持を求める傾向は日本だくではなく、中国でもよく、天下が見ている、天下の笑い者になるな、など権力闘争で重視されます。
しかし意味合いが少し違うと思うんです。
貴族主義の中国の場合の天下とは主には他の諸侯だったりします。
それに対して日本は疑似単一民族的、また庶民が一員として自立していたことから、徹底的に庶民目線、そこに演劇的ステージがあったといえる。

995 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/06(水) 11:22:21.91 O
江戸時代の武士で有名な腹切り、殉死などはどこまでもパフォーマンス的だったと。
すでに鎌倉時代から平家物語や太平記は、演劇的ものがたり化され、
各地で朗読され、演じられ、また武士もそれを手本に武士とはなにかを学んだことは有名です。

996 :考える名無しさん:2013/11/06(水) 11:43:54.50 0
             ζ
         / ̄ ̄ ̄ ̄\       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       /         |    < カツオ、こづかいじゃ。
       | ⌒  ⌒   /|      \_______
       | (・)  (・)   |||||||
       | ⊂⌒◯-----∂)___   ___
       | ||||||||_     /     ゙Y"     \
         \ヽ_/ \/              \
         \    /                 \
          / ̄ ̄ ̄ ̄)        *      ( ̄ ̄ ̄ ̄)
         |    ─<         |\      >─   (
         |      )     /  (|ミ;\    (      )
         ヽ    ̄ ̄)    /(___人|,iミ'=;\  (  ̄ ̄   )
         /" ̄ ̄ ̄ ̄   /    《v厂リiy\  ̄ ̄ ̄ ̄\
         /        /        ゙|,/'' v:,,、.¨)z,_       \
        /       /         ミ/ .-─ .゙》z、      \
        /      /           〔」″ノ‐ 、u ¨\      )
       (      /             ゙|, ..冫 .rー    ̄\_    |
        |      〔              ミ./′   ..r-ー __,,ア┐  |
        |      |              {. .,,,,   .′  .´′ .¨\|
        |       |              ∨   ノ冖′ =vvvvvv¨\
        |     /               ミ.   ,i'           .゙\_
        |     /                .{.  ノ  ,r¬″       .¨\
        |     /                 ゙|, |  ノ      ー'''''''''''  .ーミz
        |     |                  ミ.     .,、 ._,,,、、r   ,,,,_____ ゙┐

997 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/06(水) 11:46:43.42 O
天皇制が正式に導入されたのは唐の法制度を導入した時ですが、
中国の階級のトップの皇帝と、日本の天皇は大きく違います。
皇帝は新たな国によって変わります。中国には天の思想があり、先代は悪政で、変わることが天命だったと保証されます。
ただ天と言っても超越論があるわけではありませんが。
とにかく天命により皇帝になる、というか皇帝になった者が天命を得たということなんですが。
だから元は庶民でもよい。
それに対して、古事記にあるように天皇は神の子孫なんです。
だから変わることがない。

998 :霊姑浮 ◆5JB5Td0w.M :2013/11/06(水) 11:52:50.59 O
そして天皇は疑似単一民族的思想を支えているわけです。
それが庶民も一員として、権力闘争において、日本では民意がとても重視される。
中国でも人心を得たものが皇帝になるという儒教的思想がありますが、
ある種経験的理念で、実際は必ずしもそうではない。
現に中国では人が多いこともあるが、貴族思想が根深く、人命の価値が低い。

それに対して、日本は現に民意が重要であり、それは天皇に繋がっているわけです。

999 :考える名無しさん:2013/11/06(水) 11:53:12.47 0
             ζ
         / ̄ ̄ ̄ ̄\       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       /         |    < カツオ、こづかいじゃ。
       | ⌒  ⌒   /|      \_______
       | (・)  (・)   |||||||
       | ⊂⌒◯-----∂)___   ___
       | ||||||||_     /     ゙Y"     \
         \ヽ_/ \/              \
         \    /                 \
          / ̄ ̄ ̄ ̄)        *      ( ̄ ̄ ̄ ̄)
         |    ─<         |\      >─   (
         |      )     /  (|ミ;\    (      )
         ヽ    ̄ ̄)    /(___人|,iミ'=;\  (  ̄ ̄   )
         /" ̄ ̄ ̄ ̄   /    《v厂リiy\  ̄ ̄ ̄ ̄\
         /        /        ゙|,/'' v:,,、.¨)z,_       \
        /       /         ミ/ .-─ .゙》z、      \
        /      /           〔」″ノ‐ 、u ¨\      )
       (      /             ゙|, ..冫 .rー    ̄\_    |
        |      〔              ミ./′   ..r-ー __,,ア┐  |
        |      |              {. .,,,,   .′  .´′ .¨\|
        |       |              ∨   ノ冖′ =vvvvvv¨\
        |     /               ミ.   ,i'           .゙\_
        |     /                .{.  ノ  ,r¬″       .¨\
        |     /                 ゙|, |  ノ      ー'''''''''''  .ーミz
        |     |                  ミ.     .,、 ._,,,、、r   ,,,,_____ ゙┐

1000 :考える名無しさん:2013/11/06(水) 11:54:01.84 0
             ζ
         / ̄ ̄ ̄ ̄\       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       /         |    < カツオ、こづかいじゃ。
       | ⌒  ⌒   /|      \_______
       | (・)  (・)   |||||||
       | ⊂⌒◯-----∂)___   ___
       | ||||||||_     /     ゙Y"     \
         \ヽ_/ \/              \
         \    /                 \
          / ̄ ̄ ̄ ̄)        *      ( ̄ ̄ ̄ ̄)
         |    ─<         |\      >─   (
         |      )     /  (|ミ;\    (      )
         ヽ    ̄ ̄)    /(___人|,iミ'=;\  (  ̄ ̄   )
         /" ̄ ̄ ̄ ̄   /    《v厂リiy\  ̄ ̄ ̄ ̄\
         /        /        ゙|,/'' v:,,、.¨)z,_       \
        /       /         ミ/ .-─ .゙》z、      \
        /      /           〔」″ノ‐ 、u ¨\      )
       (      /             ゙|, ..冫 .rー    ̄\_    |
        |      〔              ミ./′   ..r-ー __,,ア┐  |
        |      |              {. .,,,,   .′  .´′ .¨\|
        |       |              ∨   ノ冖′ =vvvvvv¨\
        |     /               ミ.   ,i'           .゙\_
        |     /                .{.  ノ  ,r¬″       .¨\
        |     /                 ゙|, |  ノ      ー'''''''''''  .ーミz
        |     |                  ミ.     .,、 ._,,,、、r   ,,,,_____ ゙┐

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

464 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)