5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Pink Floyd ピンク・フロイド【総合】Part23

859 :名無しがここにいてほしい:2013/10/05(土) 08:16:44.06 ID:toIbcXho
>>857
tanks alot. 面白い記事だなと思った。俺的に理解した記事の趣旨は次の通り。

Pink Anderson も Floyd Council もほとんど知る人も無いド・マイナーなブルース・シンガー。
もちろん二人の共作も存在していない。そんな無名のブルース・ミュージシャン二名の名前が
バレットによって横並びに並べられる可能性とはどういうことよ。そんなのあり? 
という疑念がそもそもの出発点らしい。

ちなみに en.wikipediaではバレットのコレクションの中にそのレコードがあった。と書かれている。
(元ネタはニック・メーソンの自伝?)でも本当なの? という点が疑問の出発点らしい。

The name is derived from the given names of two blues musicians whose
Piedmont blues records Barrett had in his collection, Pink Anderson and Floyd Council.

出典:Mason, Nick (2005) [2004]. Dodd, Philip, ed. Inside Out
   ? A Personal History of Pink Floyd (Paperback ed.). Phoenix. ISBN 978-0-7538-1906-7.

で、結論的に、1962年に発売された Blind Boy Fuller のコンパイレ-ション・アルバムのノーツに
二人の名前が横並びにされている(Finally! The names are side-by-side in print,…)。これ! ということらしい。

http://s17.photobucket.com/user/avrillo/media/blindboyfuller.jpg.html

このLPが1965年頃にバンドのフロントマンとなったバレットによるバンド名の出典となるなら問題なし。
それでも筆者は、バレットはたぶんそんな彼らの古い音は聞いたこともないのでは? と推測しているっぽい。
それでも、バンド名がPink Anderson も Floyd Council由来という点は、メイスンの証言で補強担保されて
いることもあって、否定していない。っぽいですよ。

ウィキペディアも英語版と日本語版とでは内容が違うことは普通にあることで読み比べてみると面白いね。
日本語版の場合、翻訳記事は翻訳者の主観や思い込みによる省略や改変が多々あるようだし。

226 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)