5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

自然環境の歴史

1 :世界@名無史さん:2011/10/22(土) 21:11:04.88 0
気候変動や人間の生産活動により、自然環境、また生息する動植物は時代ごとに変わります。
一般の歴史書だけを読んでいると、漠然と今より自然が豊かな情景を想像してしまいますが、
実は時代によって大きく違ったりします。
例えば、ほんの数百年前の大航海時代の地中海諸国には、猛獣がわんさかいて、旅人に
とっては山賊並みに恐ろしい存在だったりとか。

このスレでは、そうした世界の様々な地域で、直接、間接的に影響を与えてきた自然環境の
変化について話していきたいと思います。

269 :世界@名無史さん:2012/12/04(火) 22:20:32.62 0
乾期や冬枯れの時期は別として、生木が生い茂る森を焼き払うのも一苦労だぞ。
アメリカはベトナムのジャングルをナパームで無理やり焼き払って、ヘリポートを確保していたが。

270 :世界@名無史さん:2013/01/29(火) 13:34:03.48 0
>>264
鉄筋のないコンクリ建築物とか日本じゃ無理
鉄筋入れようにも近代以前の鉄生産量じゃコストかかりすぎ

271 :世界@名無史さん:2013/03/29(金) 08:04:13.10 0
日本には木が多すぎる--『森林飽和』の著者、太田猛彦・東大名誉教授に聞く
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20130327/245731/

江戸時代の人口が3000万人で頭打ちになったのは水田を開発する場所がなかった、
または水が得られなかったからという説がありますが、私は森林資源がそこまでしか
なかったからではないかと考えています。

森林資源というのは、ともかく切ってしまったら次に大きくなるまで20年、
30年待たなければならない。
待ちきれなくてどんどん切れば絵や写真のような姿になってしまう。
しかも、遠くからは持ってこられない。だから、それが制約になって3000万人で
止まったのではないかと。
逆に言うと、森林資源があったから日本は3000万人養えたと言えるかもしれないですね。

272 :世界@名無史さん:2013/03/29(金) 10:39:36.85 0
お知らせ

市原警察署の生活安全課の帰化人創価警官の指導の元、
入学式から2週間ほど、在日の創価学会員を主体とした自称防犯パトロールが、
2週間ほど行われることになりました

生活安全課の指導であることと、パトロールであることは、
絶対に公言してはいけないとの指導も、帰化人創価警官より出ています

期間中は2人組の在日の創価学会員が、頻繁に創価批判者の自宅周辺を、
うろつき回ると思われます
日本人の方は、充分に注意してください

273 :世界@名無史さん:2013/03/30(土) 00:55:06.59 0
>>271
これは面白い指摘だね。

「50年、70年たって大きくなるような木を植えても待っていられないから、20年で使えるクヌギやコナラを植えたわけです。
コナラやクヌギは落葉広葉樹たから、冬は葉っぱがない。そこで、カタクリやニリンソウといった春植物が残った。
ぎりぎりの状態で使ってきた結果として、草地があったり、潅木があったりする豊かな生態系が維持されたわけで、
生物多様性を高めるために暮らしていたわけではありません。

274 :世界@名無史さん:2013/04/01(月) 10:28:39.51 0
どっかに、こういう過去の植生の違いとか、土地利用の違いを自由に参照できるページないもんかな。
理想は、Googleマップが、1年単位で過去の地球の姿を表示してくれることだが。

275 :世界@名無史さん:2013/04/02(火) 15:02:33.52 0
>>271
会員しか続きが読めない
だれか続きも貼ってくれ

276 :世界@名無史さん:2013/04/02(火) 20:42:00.71 0
あとで面白そうな箇所だけピックアップしてコピペするよ。

277 :世界@名無史さん:2013/04/03(水) 02:57:03.71 0
太田: 農業生産が止まったのは水のせいだけではなく、肥料がなくて止まったのかもしれません。
当時、肥料はすべて里山の木で堆肥でつくり、それだけでは間に合わないので、青い葉っぱまで
使って緑肥にして、ぎりぎりで回していたんです。
だから私は、日本人は「稲作農耕民族」ではなくて「稲作農耕森林民族」だろうと言っているわけです。

-- 明治時代に森林資源が最も収奪され、森林が荒廃した時期だそうですね。

太田: 江戸時代からぎりぎりのレベルで保ってきたけれど、明治になると農業だけではなく、
製糸産業などいろいろ産業が始まるわけです。
ところが、まだ石炭を大々的に使うようになっておらず、主な燃料は依然として木だった。
それから、開発が進んで家もたくさん建てるし、工場も建てる。
しかも、鉄道なども普及し始めて、より遠くから木材を集めやすくなってくる。
一番ひどかったのは、明治30(1897)年ぐらいではないかと推定しています。

明治30年代に日露戦争がありました。
実際に日露戦争が終わった明治44年になって、本格的な治水事業が始まった。
土砂崩れや洪水の氾濫を防ぐために、山腹の斜面に木を植えて、はげ山を緑化していったのです。
そこで日本の森林は下げ止まりました。

278 :世界@名無史さん:2013/04/03(水) 02:59:07.76 0
-- 森林の「量」が回復したために、別の問題が起こっているそうですね。
「森は海の恋人」という言葉が頭にあるので、森林の量の回復が海岸の浸食の一因になっているとは驚きました。

太田: 森が緑に戻ったら、すべてのバランスがうまくいくのかというと、そうではありません。
例えば川は、山から土砂があまり出てこなければ徐々に川底が下がっていきます。
海に土砂が出ていかなければ、海は常に波に浸食されているから、浸食の方が多くなってしまいます。
海岸の浸食は深刻です。
すべての海岸をコンクリートで固めて、防潮堤を作ったら海岸線は守れるかもしれませんが、
それで海ガメが上がってこなくなっていいのかということです。
山が木でいっぱいになり、山崩れも以前よりは少なくなっているのですから、治山工事や
砂防工事はもう少し減らしていいと私は思ってます。
海岸を専門にしている人たちにも、この点はぜひ確認してほしいです。

279 :世界@名無史さん:2013/04/03(水) 04:48:14.12 0
これ以上コピペするのは流石に気が引けるんで、もっと読みたきゃ会員にでもなってやってくれ

280 :世界@名無史さん:2013/04/05(金) 19:27:44.19 0
 
>>277-279 ありがとう、興味深かった
こっちを押せばあっちが出っ張る感じだね

281 :世界@名無史さん:2013/04/30(火) 16:48:38.69 0
我が家が隣接する神社の森は戦前は雑木林で、山桜や椚や楢や樫などが生い茂っていた。
もちろん周辺の農家が下枝や下草を刈って燃料にしていた。
それが変化したのはオリンピックの頃。
燃料革命の結果急激に森の中が荒れていった。
それを見た神社の管理会が雑木を切り払い、金になると当時思われていた杉桧を植えた。
そして今、その杉桧は間伐もされず下枝も落とされず立ち枯れた木は傾いたまま、
加えて隣家の竹も入り込み昼なお暗い不健康な森と化した。

282 :世界@名無史さん:2013/04/30(火) 17:15:41.78 0
真放置状態の場合は単なる常緑広葉樹の鎮守の森になってたのだろうな
家の近所の森は林冠は落葉広葉樹(子供の頃よりでかい)だが森の中は
常緑広葉樹の若木だらけで冬でも緑色

283 :世界@名無史さん:2013/05/02(木) 10:32:52.12 0
池上さん、「川」は誰のものだと思いますか?
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20130422/247049/?P=8&mds

桑子:環境への配慮をしなければならない、というのはずっとわかっていました。
  わざわざ建設省に入って河川行政をやろう、という人たちは、大半が「川好き」なんです。
  私と同様、川で遊んで育ったような人たちが多いんですよ。
  だから、川をなんとかしたい、という志で建設省に入っている。

池上:そうなんですか。世間のイメージとずいぶん違いますね。

桑子:だから建設省の河川官僚の多くは、ただコンクリートで固めるだけの
  河川整備は問題だ、と思っていたんですね。
  ところが、90年代後半にいたるまで、建設省は自分たちで環境配慮型の事業が十分にできずにきた。
  なぜだかおわかりになりますか?

池上:なぜでしょう? やりたいんだったらやればいいのに。

桑子:それは、これまでの河川法に「環境に配慮」という言葉がなかったからです。
   だから「環境に配慮」することに対して、予算がつけられないんです。

池上:法律の条文に入っていないとダメなんですね。

284 :世界@名無史さん:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:6qrHkh2h0!
この暑さは、千年猛暑のせい?
http://diamond.jp/articles/-/39651

285 :世界@名無史さん:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN ID:9OEnSqBL0!
イエスズメって、ヨーロッパ人が世界各地に移住していく際、害虫駆除のためわざと放ったもんだったんだな。
南北アメリカとか、南部アフリカとか、オーストラリアとか

286 :ぶっちゃけ去年より涼しい:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN 0
エジプトやメソポタミアらへんが昔は砂漠じゃなかったと自主規制神話である
もしあの辺が砂漠なら創世神話とか大洪水とか水だらけであるわけがないと考えるからである
そもそもこれらの神話に牛は出ても駱駝が出てこないのである
餌を大量に消費して放牧や移動に適さず暑さに弱い牛が禁則事項ですなのに
砂漠で生活に密着していて必需に近いこの自主規制がうふふなわけないのである

287 :世界@名無史さん:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN 0
古代文明が勃興した時代は華北やメソポタミアやエジプトやインダスはより温暖
だったり湿潤だったりしたけど、混乱したり衰退した時代では中緯度高圧帯と熱帯
収束帯の移動で寒冷化したり当該エリアだけでなく大河の水源地帯まで乾燥地帯
化したりで悲惨なことになったそうだが、海岸線の位置も変わったんだろうか?
沖合いへ広がったのかな?

288 :世界@名無史さん:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN 0
小氷期のときは海岸線は遠浅のところなら相当変わったかも
でもオランダや日本のように埋め立てを既に行っていた地域もあるからな。自然の成り行きだけで土地ができてラッキー♪なエピソードって世界史を見たらあるのかな

289 :世界@名無史さん:2013/10/18(金) 20:02:07.61 0
「長江の生態系はすでに崩壊寸前」、魚類わずか17種=初の全面的生態系調査で深刻な実態が判明―中国
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=78019&type=
中国農業部・長江流域漁業資源管理委員会事務室が発表した「2013年長江上流聯合科学調査報告」は、
長江上流の漁業資源の衰退が深刻で、一部の貴重な固有種の魚類は絶滅寸前になり、金沙江主流の魚類
資源は崩壊の危機に瀕しているとして警鐘を鳴らした。

290 :世界@名無史さん:2013/10/18(金) 21:23:55.06 0
もはや驚かぬ

291 :世界@名無史さん:2013/10/19(土) 09:44:43.09 0
記事そのものは別に驚かないけど、この状況が地球環境全体に及ぼす影響のデータが現実に
出てきたら驚くような内容になるんだろうなあ。

292 :世界@名無史さん:2013/11/07(木) 21:25:29.14 0
全1200頭 奈良公園のシカのフン、誰が片付け?
掃除する人いないのに…
http://www.nikkei.com/article/DGXNASIH06006_W3A600C1AA2P00/?df=2
■日本に生息するフン虫150種のうち50種を確認
■エサの芝、1000年以上かけて進化

・・・ちょっと古い記事だけど

293 :世界@名無史さん:2014/02/01(土) 11:47:26.15 0
同僚「なんか太陽の活動が弱ってるらしいな」
俺 「ん。11年周期が乱れてるとか」
上司「地球温暖化の影響なんだろうなぁ」
同僚・俺「・・・・・」

294 :世界@名無史さん:2014/02/05(水) 20:35:51.97 0
グレートバリアリーフに土砂投棄、タスマニア原生林を伐採地に──アボット政権の「環境破壊」政策
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/02/post-3176.php

295 :世界@名無史さん:2014/02/12(水) 22:14:55.54 0
大量絶滅は「速く進行」、中国の地層分析で判明 研究
http://www.afpbb.com/articles/-/3008330?pid=0
http://www.afpbb.com/articles/-/3008330?pid=0&page=2
2億5000万年以上前、何らかの原因で地球上のほぼすべての生物が死滅しているが、この「大量絶滅」を引き起こした事象の進行速度は、これまで考えられていたよりもはるかに速かったとの研究論文が10日、米科学アカデミー紀要に発表された。

296 :世界@名無史さん:2014/03/10(月) 14:01:35.62 0
生物大量絶滅、巨大隕石の衝突後の酸性雨が原因 千葉工大など英科学誌の電子版に発表
http://sankei.jp.msn.com/science/news/140310/scn14031012100008-n1.htm
恐竜など生物が大量絶滅したのは、巨大隕石の衝突で発生した酸性雨が原因と千葉工業大などのチームがネイチャージオサイエンス電子版に発表した。

297 :世界@名無史さん:2014/04/04(金) 21:41:35.08 0
地球温暖化の一因は牛の「げっぷ」 「畜牛大国」インド、中国が大量排出
ttp://www.j-cast.com/2014/04/04201290.html
年間収支量の推計では、世界を43分割(うちひとつは海洋)し、各地域別のメタン放出量を地図上で色分けした。
「ワーストスリー」は、インドを含む南アジア、東南アジア、中国東部から日本にかけての東アジア、の順で「アジア独占」となった。

298 :世界@名無史さん:2014/04/07(月) 20:44:43.80 0
アメリカ映画とかではよく人がゲップしてたりするけど
デブやデカイヤツはよくゲップをするのかな?
オレ滅多にゲップなんか出ないけどな

299 :世界@名無史さん:2014/04/20(日) 14:02:58.02 0
水田から出てる量の方が多いんじゃないか日本の場合

300 :世界@名無史さん:2014/04/20(日) 21:23:15.88 0
不都合な真実
人間の生産活動により生じる炭酸と海洋性プランクトンが吐き出す炭酸ではケタが幾つか違ったりする
無論環境活動が大好きなマスコミがこの事実を報じることは絶対にない

301 :世界@名無史さん:2014/04/21(月) 00:48:14.64 0
>>300
吸収する二酸化炭素も凄く多くね?>プランクトン

302 :世界@名無史さん:2014/04/21(月) 01:04:49.39 0
>>301
植物も夜は呼吸で二酸化炭素吐き出すから、どうだろうね
水にそこそこ溶けるし、水中のカルシウムと沈殿するとか、とけ込んだまま凍るほうが循環系の外にだす効果は高いだろう

303 :世界@名無史さん:2014/04/21(月) 01:13:54.01 0
ちなみにですが、水1mlの温度が1℃あがると 二酸化炭素のとけることのできる量は約0,001ml減ります。
海の水は14億立方kmなので、1℃上がると・・・14000000000000000000mlの二酸化炭素 つまり・・・

304 :世界@名無史さん:2014/04/21(月) 01:21:28.97 0
飽和での計算?

305 :世界@名無史さん:2014/04/21(月) 07:19:56.37 0
自然が出してる物に加えて人為的に出すから問題になってるんだろうに

306 :世界@名無史さん:2014/06/09(月) 11:41:37.59 0
「青空あったのか」 北京市民驚嘆 大雨でPM2.5流され虹も
http://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2014/06/07beijing/

307 :世界@名無史さん:2014/06/10(火) 20:54:09.21 0
メタセコイヤやジュラシックツリーのような生きた化石的植物が近現代に発見されているけど、
人知れず生き残っていたのに環境破壊によってやはり人知れず絶滅しちゃったような種もきっとあるんだろうな。

308 :世界@名無史さん:2014/06/10(火) 21:13:04.39 0
イスラム教徒って環境保護してるのか?

309 :世界@名無史さん:2014/06/10(火) 21:17:00.17 0
砂漠を保護してどうする

310 :世界@名無史さん:2014/06/10(火) 21:19:07.33 0
>>303
1.海の底の方の水の1度上げるのが難しい。
2.海面すれすれ以外の部分との交換にどんだけかかるのさ。
一種のアキレスは亀に追いつけないパラドクス。

311 :世界@名無史さん:2014/06/11(水) 20:35:05.53 0
話についてこれないのに、無理矢理乗っかってこなくていいから。

312 :世界@名無史さん:2014/06/23(月) 17:23:37.14 0
計算上でしかないからな。意味のない計算。

313 :世界@名無史さん:2014/07/03(木) 21:15:12.15 0
>>303
地球上の氷が全て溶けたらみたいな意味が無いバカ。

314 :世界@名無史さん:2014/07/10(木) 20:52:17.96 0
>>307
メタセコイアなら都内の公園や街路樹でもたまに見かけるよ
化石といってもデリケートで虚弱な木ではないみたい。

315 :世界@名無史さん:2014/07/21(月) 08:59:54.23 0
捕食者がいなくなると、生態系は地獄絵に
『捕食者なき世界』と『ねずみに支配された島』
http://toyokeizai.net/articles/-/43220

316 :世界@名無史さん:2014/07/27(日) 20:55:56.10 0
>>303
全ての水が均一に上がるという仮定に意味があるのか?

317 :世界@名無史さん:2014/07/31(木) 13:52:32.14 0
>>308
石油価格をつり上げることで、二酸化炭素量の排出量を
抑える取り組みをしている。

318 :世界@名無史さん:2014/08/03(日) 18:17:33.18 0
>>310
難しいね。
全海洋の平均海面温度は17.5度、1度上がるのは難しくない、
一方、全海洋の平均温度は、3.52度、1度上がるときの地上の気温は
凄いことになっているからね。

91 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)