5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

【文明の接近】E・トッド【帝国以後】

1 :世界@名無史さん:2012/02/06(月) 20:23:55.07 0
歴史学で近年一番有名な人だろ。
語ろうぜ。フランスマンセーな人だけどな

2 :世界@名無史さん:2012/02/06(月) 21:04:06.66 0
関連スレ

【財産】贈与と結婚【長子相続】
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1326107548/

3 :名無し募集中。。。:2012/02/06(月) 23:04:19.15 0
歴史学じゃなくて人口統計学じゃなかったか

4 :世界@名無史さん:2012/02/07(火) 00:11:58.59 0
彼の予測としては将来的に世界規模で少子化・富の均一化が進むらしいがどうなんだろうね

5 :世界@名無史さん:2012/02/07(火) 00:48:00.98 0
もうなり始めてるよね
発展途上国のGDPはあがって言ってるし
逆に先進国のGDPは下がり続けてる

6 :世界@名無史さん:2012/02/07(火) 02:45:32.73 0
出生率と死亡率が低下し、平均寿命と識字率が上昇し、全ての国家は民主化・世俗化していく。
イスラム原理主義やアフリカの混乱は、フランス革命と同じような過渡期の現象に過ぎない。
アメリカの覇権は終焉するが、どこかの国や国家連合が、それに代わって覇権を握ることもない。
未来には大規模な戦争は勃発しなくなり、理性的な外交による平和的均衡が保たれるであろう。
…ほんまかいな、とも思うけど。

7 :山野野衾 ◆m6VSXsNcBYte :2012/02/07(火) 07:18:14.42 0
>未来には大規模な戦争は勃発しなくなり、理性的な外交による平和的均衡が保たれるであろう。
これが一番疑わしいですね。

8 :世界@名無史さん:2012/02/07(火) 15:04:50.62 0
アフリカ型家族:サハラ以南。母子家庭の集まりで父親不在。規律に欠ける。
アノミー型家族:東南アジア、オセアニア、アメリカ先住民。規律に欠ける。
絶対核家族:アングロサクソン、オランダ、デンマーク。
 自由で個人主義だが平等には無関心。よそものを同化するには他のよそものが必要。
平等核家族:イタリア、イベリア、北仏(フランク)、ポーランド、ルーマニア、ラテンアメリカ。
 自由と平等を重んじ、異民族でも言語で同化するが分裂もしやすい。共産主義とも民族主義とも縁遠い。

直系家族:ドイツ、スウェーデン、島ケルト、バスク、ユダヤ、古代ギリシャ、儒教圏、近代日本。
 権威と不平等を価値観とし、結束は強いが個人の自由はない。秩序と教育と差別を好む。自民族中心主義。
非対称共同体家族:インド中南部。母系いとこ婚を優先し、拡大家族を作る。
 権威と平等が基本価値観だがカースト制が強く、移民や混血には寛容でない。
内婚制共同体家族:アラブ・イスラム圏。父方平行いとこや叔父姪結婚を優先し、拡大家族を作る。
 父親や国家の権威は強くなく、慣習と宗教と平等を重視。身内の結束は非常に強い。
外婚制共同体家族:ユーラシア中央部、旧現共産圏。あらゆる異民族を飲み込む帝国。
 権威と平等を価値観とし、共産主義との親和性が非常に強い。

9 :世界@名無史さん:2012/02/07(火) 19:52:44.20 0
共和政ローマは平等核家族で、帝政ローマ・東ローマは外婚制共同体家族?

10 :世界@名無史さん:2012/02/08(水) 22:21:08.83 0
「核兵器は偏在こそが怖い。広島、長崎の悲劇は、米国だけが核を持っていたからで、米ソ冷戦期には使われなかった。
 インドとパキスタンは、双方が核を持った時に和平のテーブルについた。
 中東が不安定なのは、イスラエルだけに核があるからで、東アジアも中国だけでは安定しない。日本も持てばいい。
 核を持てば米国の軍事同盟から解放され、戦争に巻き込まれる恐れはなくなる。
 核兵器に対する国民感情はわかるが、世界の現実も直視すべき」

「日本が紛争に巻き込まれないため、また米国の攻撃性から逃れるために核を持つのなら、中国の対応はいささか異なってくる。
 核攻撃を受けた国が核を保有すれば、核についての本格論議が始まり、大きな転機となるだろう」

「日本は非核国なのに対して、中国は核保有国だ。
 経済でも、日本は高い技術力を持つ先進国なのに比べて、中国は輸出や生産の規模は大きいが、技術力は低い。
 日中両国は、均衡が取れていない。不均衡な関係は危険である。
 実際、中国は国内の不満をそらすために反日ナショナリズムを利用している。
 中国を牽制するには、地政学的に見て、ロシアとの関係強化が有効なのだ」

11 :名無し募集中。。。:2012/02/09(木) 06:10:50.88 0
日本人って国際政治からはできるだけ関わらなくしてるよね


12 :世界@名無史さん:2012/02/09(木) 08:32:28.26 0
国内政治にも地方自治にも関わりたがりません

13 :世界@名無史さん:2012/02/09(木) 19:48:47.21 0
もしトッドの主張通りの世界になったら
おそらく現代のような国家単位での枠組みが無くなって
それこそ昔の左翼みたいな事言っちゃうけど「地球市民」みたいな形が人類の終着地なのかな?

14 :世界@名無史さん:2012/02/09(木) 19:54:20.63 0
地球統合→地球国家誕生→内戦→分裂→それぞれの民族の国が誕生するだけでは

15 :世界@名無史さん:2012/02/09(木) 20:55:22.20 0
先進民主主義国はむしろ寡頭制化しているとも言ってるな
政体循環論的に考えて、そのうちアレクサンドロスやカエサルが出てくるのかもしれん

16 :世界@名無史さん:2012/02/09(木) 21:10:08.10 0
アメリカとローマは似ているな
共和制・奴隷制・奴隷解放
ローマは最終的に皇帝が統治するようになったがアメリカは果たして‥‥。

17 :名無し募集中。。。:2012/02/10(金) 05:13:19.00 0
アメリカの上院は元老院っていうんだからな
日本語訳はなんで上院って訳したのか

18 :世界@名無史さん:2012/02/10(金) 10:54:05.47 0
辞令一つでアフリカに飛ばされるようなことが大抵の産業で当たり前になると今ある形の国家は意味を成さない

いい社会だとは思わないが

19 :世界@名無史さん:2012/02/10(金) 12:14:54.45 O
これからはハンチントン的な世界へ転換していくんだろうな。
まさか韓流ブームで思い知らされるとは。

20 :名無し募集中。。。:2012/02/10(金) 22:54:41.03 0
文明の衝突は無いでしょ
アラブも西欧化し始めた

21 :世界@名無史さん:2012/02/11(土) 00:42:17.89 0
トッドの家族論をベースに議論をすると、たいてい(゜Д゜)ハァ?って顔をされる。
意外とマイナーなんだよね、この人・・・

22 :世界@名無史さん:2012/02/11(土) 03:05:07.42 0
でもほとんどの疑問はこの人の意見で解決できるよね。

日本とドイツの類似性の謎から、共産主義イデオロギーの誕生から、アラブの春まで

23 :世界@名無史さん:2012/02/11(土) 03:48:43.62 0
日本の場合、「ドイツ的」になったのは明治政府のお仕着せだけどな
まあ社会が家族制度を基盤とし、その仕組みを模倣して成り立ってるというのは理解できる

24 :名無し募集中。。。:2012/02/11(土) 07:38:56.41 0
この人はイデオロギー無視して統計データから推測しているからね
それがすごくまともに感じる


25 :名無し募集中。。。:2012/02/11(土) 07:40:23.09 0
ソ連崩壊に続いてアラブの春も予言的中したからな

それと、この人の家族論で面白かったのが、
遊牧民的な家族スタイルが実は新しいものだということ



26 :世界@名無史さん:2012/02/11(土) 14:06:23.62 0
相続スレ見るとイギリスは長子単独相続と結論されてるけど。

27 :世界@名無史さん:2012/02/11(土) 14:26:15.76 0
何故に平等核家族やアフリカ型家族・アノミー型家族・絶対核家族・直径核家族・非対称共同体家族・内婚・外婚性共同体家族
になるのかその地域の歴史的背景などを踏まえて議論してほしいです

28 :世界@名無史さん:2012/02/11(土) 18:40:18.23 0
家族制度が一切変わらず、それによる政治的・社会的・経済的影響
を考慮すればそうなるかも、でも、政治的・社会的・経済的影響で
家族制度自体が変わってしまうことが多いのが普通なのだから、
意味がない。

29 :世界@名無史さん:2012/02/11(土) 18:58:57.45 0
家族が変われば社会も変わる

30 :世界@名無史さん:2012/02/12(日) 16:58:01.26 0
116 名前:世界@名無史さん[sage] 投稿日:2012/02/12(日) 01:46:46.24 0
トッドとかあやしすぎてコメントしようがない。重商主義または開墾余地ありで豊かなら均等相続しやすいし重農主義で開墾余地がなく貧しいなら単独相続するしかない。

117 名前:世界@名無史さん[sage] 投稿日:2012/02/12(日) 02:36:43.01 0
トッドなんて読むぐらいならホブズボウムを読んだ方がマシですよ。
というか、フランス系は偏見で凝り固まっている。

31 :世界@名無史さん:2012/02/14(火) 00:57:46.79 0
トッドを批判するのは俺らには不可能に近い。
世界的に受け入れられているから

32 :世界@名無史さん:2012/02/14(火) 22:04:38.45 0
家族制度など身分移住前のエリアその他の要因で同じエリアでも違うのだからそれだけで判断するのは強引。

33 :名無し募集中。。。:2012/02/15(水) 19:39:48.70 0
エマニュエルトッドはイランが地域大国になると予言してるよね
トルコよりもイランのほうが近代化しているとも
イスラム共和制ってのも再評価されるときがくるのかもね

34 :世界@名無史さん:2012/02/15(水) 22:51:51.09 O
トッドを毛嫌いする俺
とかいう俺はハンチントン派

35 :世界@名無史さん:2012/02/15(水) 23:13:04.58 0
イランとトルコとチュニジアとインドネシアとマレーシアに対して一言お願いする

36 :世界@名無史さん:2012/02/16(木) 00:11:22.65 0
トッドからすればアメリカは帝国なんだろうかwww


37 :世界@名無史さん:2012/02/16(木) 00:32:46.22 0
明らかに覇権国家(empire)じゃないか

38 :名無し募集中。。。:2012/02/16(木) 05:13:08.97 0
アラブ世界が民主化(西欧化)の流れになってきたのは面白い
トッドの言う通り

39 :名無し募集中。。。:2012/02/16(木) 05:14:57.57 0
ハチントンは旧来からよくある発想で珍しくもなんともないよね
文明が対立しますよってw ただそれだけだから
しかもハチントンって歴史学者でもないからな

40 :名無し募集中。。。:2012/02/16(木) 05:17:30.07 0
トッドに説得力があるのは人口統計データで考察していることで
イデオロギーを無視した論理なんだよね

ハチントンは背後にイデオロギーが感じられてどうも
好きになれないね

愛国者や民族主義的な人々にとってはしっくりくるんだろうけどね

そもそもトッド批判している人はトッドの著作全部読んだんかな?

41 :世界@名無史さん:2012/02/16(木) 08:15:59.51 0
嫌いと言うだけじゃ批判にすらなってないが・・・
まだイデオロギーがかった人が毛嫌いするのはむしろ分かりやすいんだけど。

42 :世界@名無史さん:2012/02/16(木) 08:16:18.71 0
×まだ
○まぁ

43 :世界@名無史さん:2012/02/16(木) 22:58:12.16 0
この人の論を否定する人は藤原書店に手紙送れば?

対談企画の時に呼んでくれるぞ。きっと

44 :世界@名無史さん:2012/02/19(日) 22:44:03.92 0
日本の家族制度は多様で1枚岩ではない(上記のアフリカ型から外婚制共同体まですべて存在)からそもそも議論の土台としてはおかしいんだよね。

45 :名無し募集中。。。:2012/02/19(日) 22:52:30.35 0
>>44
日本の家族制度は一枚岩だと思うよ

46 :世界@名無史さん:2012/02/19(日) 23:47:00.70 0
日本の場合、古代の貴族社会はアフリカ型っぽいよね。
で、だんだん直系家族に移行していくわけだが、
小農自立以前の農村だと、どこまでが家族なのか分からんという困難がある。
近代なら、沖縄はどうか知らないが本土はほとんどが直系家族と考えていいだろう。
今は都市化のおかげで盛大にアノミー型家族へと移行しているわけだが、
これからは老親を看取る娘の役割が大きくなって、一種の母系社会が現出するかも知れない。


47 :世界@名無史さん:2012/02/19(日) 23:51:54.07 0
女性進出も加速化しているんだから
老親を看取る娘の役割はデカくなるんだろうか…

48 :世界@名無史さん:2012/02/20(月) 00:07:23.81 0
帝国以後では中国の事はあまり論じてないな

49 :世界@名無史さん:2012/02/20(月) 12:54:42.85 0
>>37
>>36
トッド的にはアメリカは真の帝国たりえないんじゃね

50 :世界@名無史さん:2012/02/25(土) 12:09:58.10 0
ハンチントン
フクヤマ
トッド

馬鹿の系譜

51 :世界@名無史さん:2012/02/25(土) 15:14:36.74 0
結局、トッドスレって語ること無いんだよね。
データ重視だから肯定する方も否定する方も、素人の手に負えない。

52 :名無し募集中。。。:2012/02/25(土) 15:39:58.26 0
たしかにイデオロギーで語っているわけじゃないからねw
データで論議しないと話が進まないw

53 :世界@名無史さん:2012/02/25(土) 17:06:00.54 0
>>50
思想界の3馬鹿大将だな

54 :世界@名無史さん:2012/02/25(土) 17:53:02.29 0
家族制度が社会の価値観を生み出していたと主張していたけど、
近代化すればするほど、家族制度の影響が薄まって、この主張の
価値が減るのだから、尻つぼみになる。

55 :名無し募集中。。。:2012/02/25(土) 20:38:30.95 0
近代化すれば家族制度も近代化していき
西欧にちかづいていくんじゃないのかね


56 :世界@名無史さん:2012/02/25(土) 20:53:57.11 0
家族制度も近代化()

57 :世界@名無史さん:2012/02/25(土) 22:20:25.19 0
西欧というまとめ方自体がおかしいのさ。
>>47
女が介護するという発想自体勢力を減らし続けている。
いずれ政府の社会保障としての介護を受けるかポイ捨てするかのいずれかになるだろう。

58 :世界@名無史さん:2012/03/15(木) 06:49:08.10 0
アメリカは態度がデカイのに粗チンで、粗チンを隠すためにデカイ態度を取ってる

59 :世界@名無史さん:2012/03/15(木) 23:03:32.83 0
その点、日本は世界一堅い。

60 :世界@名無史さん:2012/04/20(金) 16:24:45.20 0
 粗雑な点が多いけど、イスラム社会の動き、イスラムの婚姻制度の再評価については
認めるべき。特に、内婚制度の評価、イラン革命などのイスラム原理主義を西欧の
宗教改革と結びつけること。
 イスラム社会については、時代遅れな点、抑圧的な点の紹介が多く、それも
間違っているとは言えないけど、マイナス面ばかり挙げていると、偏見を変に
助長しかねないから、カウンターパンチとして上記のような良い面も紹介した方がよい。

 


61 :世界@名無史さん:2012/04/21(土) 11:42:38.11 0
先進国だとイスラム社会の特殊性を感じるが、途上国ではインドのヒンズー教徒も名誉の殺人をよくやる。
仏教国ネパールでも魔術を使ったとして親戚に虐殺された女性がいる。日本でも江戸期には名誉の殺人はあった。
イスラム社会というよりアフリカから南アジアにかけての排他的な部族社会ととらえた方がいいかも知れない。


62 :世界@名無史さん:2012/04/21(土) 12:12:44.08 0
>>61
名誉の殺人とか言うならアメリカだってこの前まであったし、
深層心理的な研究では今でも残ってるんじゃないかといわれてる。
特に西部や南部で。
過去に無かった国が無いんじゃないの。

63 :世界@名無史さん:2012/05/25(金) 17:23:49.97 0
んで今後の世界はどうなると予言してるの?

64 :世界@名無史さん:2012/07/03(火) 21:16:10.51 0
>>32>>44>>-46
お前ら「世界像革命」での速水融氏との対談読んでないだろ

65 :世界@名無史さん:2012/07/12(木) 16:54:32.27 0
>>62
魔女狩りは名誉の殺人?

66 :世界@名無史さん:2012/10/05(金) 21:20:52.05 0
>>1
オワコンのイマジネールが強いんだが。

67 :世界@名無史さん:2012/11/11(日) 11:46:49.27 0
トッドは未来はどうなるって言ってるの?
はたしてそうなってるのか?

68 :名無し募集中。。。:2012/11/11(日) 13:05:06.11 0
>>67
イスラムと欧米は対立せずにイスラムが欧米に接近する
イスラム圏ではトルコよりもイランのほうが近代化している
イランとアメリカは戦争しない イランは地域大国になる

アラブの春を予言していたと行ってもいいと思うけど

69 :世界@名無史さん:2012/11/12(月) 15:45:34.13 O
イランが大国になることを予言したって凄いの?
世界初の世界帝国を築いたアケメネス朝に始まり、アルシャク朝、サーサーン朝、サファヴィー朝、パフラヴィー朝と、
歴史の半分くらいを大国として勢力を誇った国じゃん。

70 :世界@名無史さん:2012/11/14(水) 20:01:04.93 0
アメリカ 日本 中国 インド ロシア
ここら辺はどうなると言ってたの?

71 :世界@名無史さん:2013/01/28(月) 16:36:11.18 0
正しい情報にマッドサイエンティスト的な自分の意見を入れててタチが悪い
博士の異常な愛情みたいな

72 :世界@名無史さん:2013/01/31(木) 15:48:17.20 0
>>69
それだったらトルコも負けてないけどな
ヒッタイト・ミケーネ文明・東ローマ帝国・オスマントルコ

73 :世界@名無史さん:2013/02/06(水) 00:09:17.69 0
>>68
イランが地域大国になるとまでは言ってない
それにイスラムが欧米に接近するというのはやがて世俗化するという意味で対立が起こらないという意味ではない
トッドはハイチントン的な文明の衝突を否定しているだけで文明の衝突的なものが全く起こらないとは考えていないの

トッドについては誤解されてることが多すぎる
トッドは家族構造の継承とイデオロギーの継承はハッキリ区別していて
イデオロギーはその人間の周りの社会全体から継承されるものだと考えている
それに一つの家族形態の中にも様々なありようがあって、例えば同じ外婚制共同体家族でもロシア、中国、北インドの順に結合力が違う
英国では長子相続という反論があったが、それは貴族の話で、トッドが問題にしているのは工業化前の農民の話
生産力が上がれば自ずと均等相続に変化するとも考えている
あとロシアで土地共有があったように、単独相続と均等相続だけが相続のありかたではない
中国では未開墾の土地を与えて分割相続させてたこともあったらしいしね

未来には大規模な戦争は勃発しなくなり、理性的な外交による平和的均衡が保たれるであろうってのが疑わしいってレスがあったけど
今では本人が帝国以後は楽観的に過ぎたって言ってるからね

「最後の転落」読んだけど面白かった
ソ連崩壊のプロセスを見事に言い当ててたし

74 :世界@名無史さん:2013/02/15(金) 22:56:58.08 0
彼の統計の手法が妥当かどうかは分からないが、日独露の枢軸を推奨している
ところが鋭いと思うね。日本でこれを言う人間がほとんどいないのが信じられない。
米・中の略奪合戦の引き出物の立場を脱するにはそれしかない。

75 :世界@名無史さん:2013/02/19(火) 07:49:40.76 0
トッドにしてみたら日本の夫婦別姓なんて大勢に影響を与えるものではないって感じかもね
個人的には一般的に保守勢力から指摘されるような家制度の崩壊より、母系氏族の再構築
という要素が生まれるような気がしてる

76 :世界@名無史さん:2013/03/02(土) 00:10:16.93 0
だって、日本で夫婦が同姓になったのって最近のことでしょ

77 :世界@名無史さん:2013/03/05(火) 21:30:19.90 0
そもそも明治まで一般庶民は姓なんて持ってなかったしな。

78 :世界@名無史さん:2013/04/03(水) 23:17:44.39 0
>>6
覇権がなくれば局地戦ばかりになると思うけどな

79 :世界@名無史さん:2013/04/30(火) 07:37:29.20 0
西日本が直系家族に移っていったのは
寒冷化で作物が育たなくなった時か

80 :世界@名無史さん:2013/05/18(土) 06:03:59.09 0
この人の本は何でこんなに高いのか・・・
全部買ったら破産するし短期間借りて理解できる内容じゃないだろ

81 :世界@名無史さん:2013/05/26(日) 08:53:24.76 0
現時点で日独露枢軸組んじゃうと世界から警戒されそうなんだがな

82 :世界@名無史さん:2013/06/24(月) 14:31:21.11 0
12月に京都に来るみたいだね
中野剛志、藤井聡らと対談

83 :世界@名無史さん:2013/06/24(月) 21:10:26.39 P
どこ情報?

84 :世界@名無史さん:2013/06/25(火) 03:22:52.84 0
>>72
ヒッタイトやローマがいつからトルコになったんだよ
アホか
その当時トルコ人は遥か東のトルキスタンに居たはずだ

85 :世界@名無史さん:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN T
日本は核兵器持つべきと簡単に言うけど
トッドは日本とアメリカのべったりな関係を過少に見てる感じがする

86 :世界@名無史さん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN 0
今すぐアメリカとは離れられないよなあ

87 :世界@名無史さん:2013/09/13(金) 10:07:58.03 0
米露のシリアへの対応見てると時代が変わってきてるのを実感する

88 :世界@名無史さん:2013/09/13(金) 11:51:25.17 0
アメリカと離れる=中国とアメリカからフルボッコだしw

89 :世界@名無史さん:2013/09/13(金) 12:08:55.64 0
アメリカが引き籠る最後の最後まで日本は手放さないとは思う

90 :世界@名無史さん:2013/09/16(月) 21:06:14.47 0
イギリス、イスラエル、日本、ポーランド、韓国、サウジアラビア、フィリピン
世界でも親米に熱をあげてる国々

91 :世界@名無史さん:2013/09/22(日) 18:43:53.24 0
9条を改憲も米国の国力がないからか
没落しつつある世界大国は戦争したがる国が多いね

92 :世界@名無史さん:2013/09/23(月) 19:04:21.39 0
シリアの対応とか見ると帝国(もどき)としての影響力は保ちたいが世論の反対があってできないって感じで
なにより軍縮の真っ最中で軍事に金使いたくないからもしもの時の介入プランもしょぼい

93 :世界@名無史さん:2013/09/25(水) 21:51:41.79 0
「ベスト&ブライテスト」みたいに
空爆→あれ、効かないな→軍事顧問派遣→あんま効果ないな→特殊部隊投入→あれ成果でないな→地上部隊投入→・・・
どうせクリントンの空爆は砂地を掘り返すだけだから対案の地上部隊派遣するのブッシュドクトリンは
巨額の財政を投入するだけだから空爆なんてやめて吉
なにより一番影響力を発揮したのはロシアだったな

94 :世界@名無史さん:2013/09/26(木) 02:27:22.18 0
まあリビアなんかは空爆でだいたい終わってしまったが
シリアも空爆で本格的に支援すればヌスラとかイスラム系がすぐに制圧して終わっちゃうんじゃないか
ロシアは欧米への牽制役としては重要な位置にいるけど実際に欧米の支援でアサドが本格的に危なくなったら無茶は出来ないだろうな

95 :世界@名無史さん:2013/09/26(木) 18:53:10.31 0
>>83
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2013/131202_1.htm
トッドによるとシリアのスンニ派地域は内婚率がアラブで最も高いから上手くいってないらしいが

96 :世界@名無史さん:2013/09/26(木) 20:14:54.76 0
移行が進んでないのか
こんなに勢力が入り乱れて国土グチャグチャになってしまったら安定も何もない気もするけど

97 :世界@名無史さん:2013/09/26(木) 22:50:16.74 0
トッドによると内婚性っていうのは権力の非人称化を妨げるらしいから
反体制派の四分五裂状態もこれで説明がつくかもしれない

98 :世界@名無史さん:2013/09/27(金) 01:52:17.46 0
トッドはアメリカは軍事力は弱いと言ってますけど元イギリス人のカナダ
オーストラリアの事はどう思っているんでしょうかね
弱い米軍よりさらに弱いとか?

99 :世界@名無史さん:2013/09/27(金) 02:01:27.02 0
ローマスペインポルトガル中南米は男系なので女子の地位低い女子差別強め
見たいですね。男女平等なのってーイギリス系アメリカカナダオーストラリアぐらい

100 :世界@名無史さん:2013/09/27(金) 10:26:46.60 0
>>98
世界最強の軍隊ではあるが世界帝国の軍事力としては足りないってことじゃないすかね

101 :世界@名無史さん:2013/09/27(金) 21:20:07.93 0
エマニュエルトッドはアメリカを帝国とよびたがらないけど
私的にはアメリカオーストラリアカナダって十分帝国って感じの領土あると思います
多民族である事にこだわりますよね

102 :世界@名無史さん:2013/09/27(金) 21:23:10.02 0
非平等主義の国は異民族から大抵抗運動がおきるということですかね?

103 :世界@名無史さん:2013/09/27(金) 21:25:25.48 0
社会学者が日本人ドイツ人アテネ人を人類の歴史過去現在未来永久において最強の
知能を持つといわれてるらしいです

104 :世界@名無史さん:2013/09/27(金) 21:55:10.19 P
異民族をどんどん飲み込んでいく
外婚制共同体家族のロシアや中国のほうが「帝国」って感じがする。

105 :世界@名無史さん:2013/09/27(金) 21:58:44.86 0
まあ特に中華は女子の地位低い女子差別強い変態の国ですけどね

106 :世界@名無史さん:2013/09/27(金) 22:01:25.42 0
エマニュエルトッドの理論って学校マスコミ一般社会での認知凄く低いですよね

107 :世界@名無史さん:2013/09/28(土) 00:11:08.55 0
>>101
領土が基準にはなってないだろ
トッドからしたら「帝国というには同化する力と工業力、軍事力が足りないが無理して帝国のように振る舞ってる国」ってとこだろう
>>103
んなことまで言ってない

なんか変な新参が来てるな

108 :世界@名無史さん:2013/09/28(土) 00:24:19.12 0
103はエマニュエルトッドが言ってるって意味じゃないです
トッドはアテネドイツ日本の文明文化学問経済技術が教育熱心だからだと言うけど
ユークリッド、ピタゴラス、アルキメデスが一般人が熱心な教育受けただけで
なると言っている

109 :世界@名無史さん:2013/09/28(土) 00:28:05.97 0
最近日本のパナソニックソニーなどが朝鮮の会社に負けてますけど
朝鮮も不平等主義だから知能高そう
世界一平均収入高いルクセンブルクも不平等主義だし

110 :世界@名無史さん:2013/09/28(土) 00:30:17.33 0
エマニュエルトッドの理論はすごいけど、文明の衝突論も正しい部分多いと思う
トッドは凄く敵視してるけど

111 :世界@名無史さん:2013/09/28(土) 20:18:17.36 0
>>101
アメリカはローマ型の帝国だよね

112 :世界@名無史さん:2013/09/28(土) 21:36:17.37 0
ローマとは違うかな、自由主義は一緒だけど
似ているのはオーストラリアカナダイギリスあたりとオランダデンマークかな

113 :世界@名無史さん:2013/09/28(土) 22:01:14.04 0
アメリカはアテネ型だったと言ってたかな
各国への防衛と引き換えに貢納物を得る

114 :世界@名無史さん:2013/09/28(土) 22:13:26.57 0
>>110
というよりも、そこから派生したイスラム脅威論の蔓延に辟易しているというわけ
まあトッドからすれば宗教によって文明を分けること自体が誤りなんだろうが
もちろん宗教が社会に及ぼす影響を否定しているわけではない
もう一つ言うとsageて

115 :世界@名無史さん:2013/09/28(土) 22:39:33.89 0
女子の地位が高いアメリカ系からすると、イスラムの女子のスカーフに嫌悪感を
持つと思う。イランが良くなってるって言ってもスカーフしてますよね

116 :世界@名無史さん:2013/09/28(土) 22:43:21.40 0
アテネは一つの意見として領土は凄く小さいですけどね

117 :世界@名無史さん:2013/09/28(土) 22:47:04.34 0
イギリスとフランスの没落すごいですよね
アフリカインド東南アジアの領土失って。

118 :世界@名無史さん:2013/09/28(土) 22:48:14.12 0
それほどでもない

119 :世界@名無史さん:2013/09/28(土) 22:50:54.67 0
ドゴールの政治は失敗だった。

120 :世界@名無史さん:2013/09/28(土) 22:52:37.27 0
ユダヤ人が虐殺されたけど日本人がドイツ朝鮮に住んでても虐殺されるんでしょうね

121 :世界@名無史さん:2013/09/28(土) 23:00:24.26 0
日本は第二次世界大戦後すぐに朝鮮台湾満州東南アジアインド中南米中東
アフリカを領土にした方が良かった。

122 :世界@名無史さん:2013/09/29(日) 00:18:05.24 0
オバマは凄く弱腰、いまだに戦争したがらない。笑える。

123 :世界@名無史さん:2013/09/29(日) 00:31:47.01 0
マケドニアって核家族なんですかね?

124 :世界@名無史さん:2013/09/29(日) 01:40:35.41 0
日本人は原発事故以来核家族ですよ♪

125 :世界@名無史さん:2013/09/29(日) 01:53:25.66 0
最近は自由だからいろいろ

126 :世界@名無史さん:2013/10/01(火) 16:34:22.95 0
イギリスはインドを完全支配する軍事力はなかったんでしょうか?

127 :世界@名無史さん:2013/10/01(火) 19:07:29.58 0
シリアもイランもキモいから善意死ねと思ったりする

128 :世界@名無史さん:2013/10/12(土) 19:16:21.45 0
これは直系家族が資本主義に適応した結果、一時的に核家族化してると言えるのか?
http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?file_id=15056

129 :世界@名無史さん:2013/11/09(土) 18:30:52.52 0
日本の直系家族って明治以来?

130 :世界@名無史さん:2013/11/10(日) 02:05:09.46 0
武士の時代からじゃないの
結構例外あるけど

131 :世界@名無史さん:2013/11/20(水) 23:51:38.98 0
12月に日本に来る。

グローバリゼーションの危機
http://www.mfj.gr.jp/agenda/2013/12/05/index_ja.php
グローバル資本主義を超えて ? 京都大学
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2013/131202_1.htm

132 :世界@名無史さん:2013/11/21(木) 06:11:18.38 0
平日じゃ行けないなぁ、、、、

133 :世界@名無史さん:2013/11/22(金) 23:57:37.90 0
>>129
階層による。いやその前に直系の定義によるなw

134 :世界@名無史さん:2013/11/23(土) 19:28:31.05 0
トッドは中国をどう説明してるの?
急速な識字化と工業化、女性の低い地位(女児殺しは中国と北インドだけ)
を両立してるけど。
それとも、外婚性共同家族の限界が今の中国を表しているの?
現在の所、世界の先進国はヨーロッパと直系家族地域(日本、韓国、イスラエル)だけだけど。

135 :世界@名無史さん:2013/11/27(水) 00:29:08.39 0
識字化の速度は言うほどでもないと思うが
華南には直系家族的な成分が残っているとも書いてるな
経済については一応キャッチアップという説明変数も考慮してる

136 :134:2013/11/27(水) 18:59:48.34 0
>>135
中国は十分急速だと思うが。
おなじ外婚制共同体家族のインドはひどいもんじゃん。

華南の直系は見たかも。
華僑の成功は華南の直系家族?

137 :世界@名無史さん:2013/11/27(水) 23:43:58.62 0
文明の接近では1940年に男性50%の識字化、ということになっているけど
むしろ北インドの識字化のスローさがおかしい
同じ共同体家族でも東ヨーロッパや中東はそこまで識字化がスローない

というか、「女性の地位と権威」は親の教育力を説明するものではあるけどその国の教育力の全てだとまでは言ってないだろ
世界の幼少期では
「親の教育力だけで説明するなら家族構造で国の識字化の順番も決まるはずだが
バスク地方、東南アジアやケララなど当てはまらないケースも存在している
識字化の中心からの距離という変数も考慮しなければならない」という旨のことを書いているし

138 :134:2013/11/30(土) 07:45:30.11 0
そもそも中国の女性の地位ってどうなんだろう。
女児殺しこそあるけど、成人後は男女平等な雰囲気を感じる。
北インドよりかは女性の地位が高いのかも。
一人っ子政策で教育力が高まったという可能性も。擬似直系家族みたいな感じに。

139 :世界@名無史さん:2013/12/01(日) 00:55:24.00 0
また文明の接近ソースだが女性の自殺率が男性の自殺率を上回る唯一の国でもあったりする
まあパンジャーブは女性の過剰死亡率が中国より高いそうだけどね

140 :世界@名無史さん:2013/12/01(日) 22:50:40.13 0
>>139
へーそうなんだ。中国女性は男選び放題だし、社会進出してるし、北インドとは違うな。
北インドの野蛮さは異常。トッドも言ってるけど、母系制のアフリカに抜かれるだろ。

141 :世界@名無史さん:2013/12/02(月) 10:10:01.59 0
藤井聡や中野剛志やエマニュエル・トッドらが参加し講演する明日10時からの「グローバル資本主義を超えて」はこちらで中継されるもよう⇒http://www.ustream.tv/channel/iwj-kyoto1
プログラム⇒http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/bgc/program.html

142 :世界@名無史さん:2013/12/02(月) 10:11:55.91 0
明日じゃなく今日やな

143 :世界@名無史さん:2013/12/02(月) 15:32:21.06 0
>>141
見た人いる?

144 :世界@名無史さん:2013/12/02(月) 23:02:03.86 0
会場行ってきた

145 :世界@名無史さん:2013/12/03(火) 20:17:49.57 0
録画だから今でも見れるよ

146 :世界@名無史さん:2013/12/19(木) 09:59:50.54 0
おお、ドットのスレあったんだね。

147 :世界@名無史さん:2013/12/19(木) 10:11:58.61 0
エマニュエル・トッド氏講演 1
http://www.youtube.com/watch?v=Y3oxrzmdAa4

148 :世界@名無史さん:2013/12/19(木) 10:15:03.61 0
「帝国以後」は2002年で、イラク戦争真っ最中のときでしょ。
今ではちょっと古い感じもする。
それから、EUがまだうまくいってるときで、西欧中心主義、
やフランスが核持って大はしゃぎって感じがしないでもないね。

149 :世界@名無史さん:2013/12/19(木) 10:17:06.77 0
この人ユダヤ系だけどキリスト教に改宗した人。
だからなのか、反イスラエルだね。

150 :世界@名無史さん:2013/12/19(木) 10:31:44.64 0
台湾と韓国の経済成長は、日本支配の時の教育の普及のおかげだってことがはっきりしたね。

151 :世界@名無史さん:2013/12/19(木) 10:33:29.54 0
こっちのほうが、同時通訳の声がいい
http://www.youtube.com/watch?v=RlNVArHevaw

152 :世界@名無史さん:2013/12/19(木) 11:14:12.38 0
>>117
そんなこと言ったら、スペイン、ポルトガル、オランダもね

153 :世界@名無史さん:2013/12/19(木) 11:17:12.90 0
トッドが予言してから15年後にソ連が崩壊したそうです。
とすると2002年にアメリカ崩壊を予言してるから、2017年にはアメリカも?

154 :世界@名無史さん:2013/12/19(木) 11:21:06.67 0
>>10
実に合理的な考え方だよね。
でも日本人は現実逃避癖で、そんなこと思いもよらない。

155 :世界@名無史さん:2013/12/19(木) 14:37:19.53 0
核武装のハードルが高すぎる
現状では妄想と言われても仕方がないレベル

156 :世界@名無史さん:2013/12/19(木) 16:06:58.70 0
>>153
だんだんモンロー主義的になって帝国から大国のひとつになっていくかもしれない

157 :世界@名無史さん:2013/12/19(木) 20:09:03.42 0
モンロー主義って保護主義のことでしょ?
却ってそうなってくれたほうがいいわい。

158 :世界@名無史さん:2013/12/19(木) 20:51:46.24 0
孤立主義で他国への介入やめて手を引くってことだろ勿論日本からも
いきなしそんなことやられたら東アジアの均衡が崩れかねないからもしそうなるとしても緩やかに進んでほしいものだ

159 :世界@名無史さん:2013/12/19(木) 21:32:09.29 0
>>148
あのごめん、イラク戦争が始まった時から調べ直してくれない…?
>>149
改宗したのは親で、本人はユダヤ人としての教育は受けてないそうだからな

京都でのシンポジウム行ったけど同時通訳の声が聞き取り辛い

160 :世界@名無史さん:2013/12/19(木) 22:46:34.49 0
>>158
だって、「俺たちは米大陸に引きこもるよ、日本も自分のことは自分でやりな」ってことだから。
俺らは「わかった。アメリカは引きこもってな」と着々と核武装。

161 :世界@名無史さん:2013/12/19(木) 22:51:38.80 0
核は一発でも持つと、相手は絶対に核を打てない。
ってことらしいからね。あれは心理的な脅しのための武器だよね。
少ない核でも、とりあえず複数の敵国の中枢部を狙って装備しておけば
いいよ。現にシナは日本に向けて核を装備してる。

162 :世界@名無史さん:2013/12/19(木) 23:43:08.86 0
米国が離れた後の権威はどうやって抑えるのだろう?
差異は普遍主義のロシアに接近すれば抑えられるけど
自由を持った国が日本周辺にない

163 :世界@名無史さん:2013/12/19(木) 23:49:49.59 0
シーレーンも周辺国と軍事同盟組んで協力して防衛しなければならない
どこもアメリカ抜きで広い海に目を凝らさなければならない

164 :世界@名無史さん:2013/12/21(土) 13:30:23.95 0
日本は文化的にも歴史の長さから言ってもヨーロッパと類似してるよね。
いつかネットを流していた時に、「日本をEUに入れてもいいかどうか」を議論してる
海外のサイトがあって、笑ったけど、でもアメリカがあまり横暴だとあっちのほうとの
絆に力を入れたほうがいいんじゃないかと思えてきた。

165 :世界@名無史さん:2013/12/22(日) 09:55:43.60 0
この人はイデオロギー的にはどうなんだろう
不偏不党の学者なのかね

166 :世界@名無史さん:2013/12/22(日) 10:02:09.16 0
EUはソ連やロシア相手にはまとまってるけど
結構バラバラだからなあ
EUよりはアメリカのほうがマシだよ

167 :世界@名無史さん:2013/12/23(月) 00:50:52.04 0
アメリカから離れることになったら恐らくロシアなりインドなりオーストラリアなりと組まないといけなくなるだろうから
それが上手くまとまるかどうかでその後の話になるな

168 :世界@名無史さん:2013/12/23(月) 00:55:28.21 0
英仏独あたりの中国へのスタンス見る限り
極東の緊張なんか完全に他人事であり対岸の火事であり儲け話の種だし
EUなんか頼ったところでカモられて終わりじゃん

169 :世界@名無史さん:2013/12/23(月) 01:32:29.04 0
>>165
とりあえずサルコジをケチョンケチョンにこき下ろしてたな

170 :世界@名無史さん:2013/12/23(月) 08:51:06.02 0
>>168極東の緊張なんか完全に他人事であり

これほんとにそうだね。
中国にあんなにすり寄れるのはひとえに他人事だから。
アメリカだってある意味そう。
アメリカのバカ黒人バスケ選手が「ジョンウンとは友達だ」とか言って
何度も訪朝して、それをCNNとかが面白おかしく取り上げてるし。
まあ我々だって、アイルランドとイギリスの確執は他人事だったし、
ドイツやフランスやイギリスが何度も戦争したりしてきたことも知らない。

でも、まだ数年前はイギリスやフランスもチベットのことで中国批判してたよね。
最近、とみに批判が少なくなってきた。やっぱり経済大国の地位が定まってきた
からなのか。

171 :世界@名無史さん:2013/12/23(月) 08:52:13.70 0
日本が東南アジアと連帯組むために安倍さんが歴訪しだしてから、中国は
フランスからエアバス200台買ったり、イギリスの原発に出資したり、もう必死だね。

172 :世界@名無史さん:2013/12/23(月) 09:23:07.57 0
ユダヤ系移民フランス人で、キリスト教に改宗っていう複雑な立場で、
どちらかといえば反イスラエル、親アラブ?そして親ロシアだよね。
そして日本に何度も来て、反米を訴える、ってかんじかな。
でも言ってることは正論。

173 :世界@名無史さん:2013/12/23(月) 10:12:34.52 0
排除すべきでないオプションとしての核武装---E.トッド 「”帝国以後”と日本の選択」より

ヨーロッパから見た場合もっとも重大な問題は、アメリカが今重要な位置を失いつつあ
るということです。ヨーロッパには二つに核保有国があり、ロシアとの関係も良好です。
ロシアも核を持っているけど、関係もよくなっている。ヨーロッパが一つの塊とした登場
しています。ですからアメリカが経済、軍事、政治的に不安定要因になっていくとすれば、
世界の安定と成長のために、日本が今一番重要なキーファクターになりつつあるという
ことです。フランス人が日本的なコンテクストの中で問題を考えるとすれば、この核保有
のオプションを無視できません。

最初の日本旅行の時、私は国際交流基金の招待で二週間来たんです。
私がお願いしたのは、ぜひ広島に行かせてくださいということでした。大量破壊兵器は
今イラクで問題になっているけれどもむしろアメリカが最初にこの核というものを大量破
壊兵器として、非武装の一般市民に対して使ったわけです。これは人類に対する犯罪なわ
けです。ですからまず私は広島に行きたいとお願いしたんです。そして日本人のセンシビ
リティに立ってこの核の問題を考えようとしてきたつもりです。

しかしフランス人としてのロジックに立った場合、この核というのは軍国主義の表現では
ありません。これはゴーリズム、ド・ゴールの考え方ですが、第四共和政の最後に、やは
り独自核を持つべきだった。フランスはもはや大国ではなく、中規模の国になり、19世紀
後半から20世紀にかけて、ドイツという脅威によってたびたび侵略をうけた。この独仏関
係はその後修復されましたけれども。フランスは決して軍事大国を目指したわけではあり
ません。まず、ド。ゴールがやったことは、植民地の独立を困難なプロセスを通して達
成したということで、これがド・ゴールの第一のメリットです。そしてフランスを安全の
中核に置く。そのためには小規模の独自核を持つということです。ヨーロッパの平和のた
めには独仏の若いと核による安全保障が必要不可欠であるとド。ゴールは考えたわけです。

174 :173つづき:2013/12/23(月) 10:13:10.33 0
もちろん日本はコンテクストが違います。もちろん私は戦争に大反対です。私は兵役義務
も拒否しました、フランスは平和の勢力であろうとして来た。私はその方向でフランスの
戦略を支持してきたのであり、イラク戦争でのフランスの態度は正しかったと思っていま
す。倫理的にも道徳的にも、そういえるのです。最終的にはもちろん核の廃絶が目標で
あるべきです。現実の短期中期的な展望のもとでは、冷戦構造の終わりの後、普遍的な
平和が初めて可能になったと思いました。しかし結局はアメリカの一極システムによって
ミサイル防衛システムをさらに開発し再武装をはじめたわけで、むしろ不安定要因が増え
たとわれわれは見る。ですから多極的な、あるいはマルチラテラルな協調関係を作ってい
く必要がある。そのためには、日本の役割が重要だとういうことです。

色々なシナリオがあって、アメリカのシステムの崩壊という悲観的な状況になった場合、
日本がこの核保有というオプションをまったく真剣に考えないで外交的な自立を考えてい
くことができるとは思えません。ドイツと日本は第二次大戦の敗戦国で同じような状況に
ありました。ドイツの核武装もあり得ないことではないですがまだ問題にはなっていません。
アジアでの安定のために相互の破壊を避けるためには、日本に小規模の核抑止力を持って
くれと国際世論が要求するかもしれません。そういうオプションもありうるということを
申し上げたいわけです。

175 :世界@名無史さん:2013/12/23(月) 19:55:35.29 0
>>172
移民って言っても先祖のユダヤ人はフランス革命の頃にパリに来たって言ってるぞ
つうかこの人の著作を読んでいたら>>165みたいな印象は抱かないはずなんだけどね…
左の側だと本人は言ってる、右も左も自由貿易だから批判してるだけで

そして別に反米でもない、日本には安全保障をアメリカに依存するなと言ってるだけで
最後の転落ではNATOとの和解を歓迎していたし
京都でのシンポジウムでもオバマの再選と若い世代に政府の役割を認める人間が多いことを挙げて
アメリカが変わる可能性について言及してた

176 :世界@名無史さん:2013/12/24(火) 00:18:32.39 0
トッドが、アメリカはもはや民主主義の砦なんかじゃなく、不合理で
身勝手な振る舞いが多くなってきた、と言ってたけど、TPPなんて
まさにそうでしょ。
やってることメチャクチャ。アメリカ人でさえ、この協定の異常さを
youtubeで訴えてたよ。

177 :世界@名無史さん:2013/12/24(火) 00:19:57.03 0
日米とも共依存って感じだな
米は日本がなくなればインド洋〜西太平洋をカバーする第七艦隊を運用できなくなる
日本はアメリカ抜きで軍事考える事態に陥ればそこから先はもう綱渡りってレベルではなくなるだろう

178 :世界@名無史さん:2013/12/24(火) 00:54:26.80 0
エマニュエル・トッド氏を囲む会 2011.9.6
http://www.youtube.com/watch?v=BKxzcYlgiY8


講演のあとの質問コーナーで発言したおばさん、
トッドに「日本は震災を体験して核恐怖なのにそれでも
核武装勧めるんですか!」みたいな言い方してたけど、
この人、いかにもプロ市民っぽい。 

179 :世界@名無史さん:2013/12/25(水) 12:23:32.22 0
>>178
質問者側の素人がいかにも予備知識もなく、本も読んでいなそうなのを
見て、トッド氏が話す気をなくしてるのがよくわかる質疑だね。

180 :世界@名無史さん:2014/01/03(金) 08:42:03.25 0
>>176
それ見たいのだが、どこにある?

181 :世界@名無史さん:2014/01/03(金) 08:53:42.36 0
>>180

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは
http://www.youtube.com/watch?v=HLVKAalmD48

182 :世界@名無史さん:2014/01/06(月) 13:53:52.20 0
2014年、世界秩序の行方を占う 歴史人口学者 エマニュエル・トッド氏に聞く
ttp://www.nikkei.com/article/DGXZZO64608980W3A221C1000000/

米は生まれ変わる過程
――世界で最も注目している動きは何ですか。

 「米国とイランの関係変化に注目している。イラン核開発問題を巡る協議の合意=キーワード参照=は大きな転換点だといえる。イランではすでに新たな市民社会が出現しており、劇的な変化はむしろ米国の方だ。
金融資本に立脚した米国型の民主主義を押しつけたブッシュ前政権と違い、オバマ政権は理性的で寛容的な外交姿勢をとる。戦争や暴発的な紛争のリスクはゼロ近くにまで低下した」

――オバマ大統領の支持率は低迷しています。

 「オバマ氏の1期目の大統領選出は米国が金融崩壊を忘れるためのトリックだとみており、感銘はなかった。だが2期目は違う。医療保険制度改革法(オバマケア)のような社会保障の議論の変化は重要だ。
(大統領に反発する)草の根保守運動『ティーパーティー(茶会)』の存在もあるが、主な支持層は高齢者だ。たぶん米国は生まれ変わる過程にある。歴史の転換点を見逃してはならない」

ソフトパワー上昇

――世界の「無極化」は心配ではないですか。

 「第2次世界大戦後の1980年ごろまで、ソ連の脅威もあって米国の支配は自由主義の世界に必要だった。冷戦終結後に米は産業基盤の喪失を軍事の拡張で埋め合わせるようになり、それがブッシュ前政権時代のイラク戦争での失敗につながった」

 「世界は米国の強すぎる軍事力に嫌悪感を抱いていたが、米国という帝国が自ら世界の支配者でないと認めると、米軍のいない世界を心配し、米国が必要だと気づく。
これは大いなる逆説だ。ハード面の軍事や経済力の低下を受け入れることで、米国のソフトパワーは高まる」

 「最近の日本とロシアとの接近は非常に好ましい。内政でのプーチン政権の体制は非常に強硬だが、外交は国際社会の中で穏当で有益な役割を果たしている。
バランスを取り、特定の国を敵視することもない。ロシアが主導したシリアの化学兵器廃棄を巡る米ロなどの国際合意が端的な例だ」

183 :世界@名無史さん:2014/01/06(月) 13:54:55.29 0
――代わりに中国の影響力が増すと思いますか。

「そうは思わない。人口学者で中国の輝かしい未来を信じる人はいない。人口構造の転換や出生率=キーワード参照=の低下があまりにも早い。
一人っ子政策の転換も手遅れだ。小国なら人口構成の不均衡を移民で調整できる。だが13億や14億人を抱える大国がこのような事態を迎えたことはまったく経験がない」

「ロシアと同様に中国は兄弟内での平等を重んじ、その家族観が共産主義革命を可能にした。内陸部と沿岸部の間ですさまじい不平等が広がっており、経済発展は輸出と外国からの資本流入に支えられている。
中国は世界のワークショップ(工場)で、国の行方を決めるのは国内の特権階級と西側の資本家だ。中国共産党はロデオで荒馬に食らいつくカウボーイに見える」

中国は1900年の欧州

――中国の海洋への進出で日米との安全保障面の緊張も強まっています。

「近隣の日本としては不快だろう。13年12月に京都での討論会でも話したが、中国は国内の不満を鎮めるために外との摩擦を使っている。中国は精神面では1900年の欧州に近い。
急速な経済成長と並行して伝統的な宗教、ここでは共産主義の崩壊も進んでいる。相手を過度に刺激し非常に国家主義的な態度をとる傾向がある。日本と米国が緊密に協力すれば問題はない。中国の軍事力を恐れるのはばかげている」

――アラブ諸国やイスラム圏の民主化で混乱も目立ちます。

 「アラブでは国家の存在が弱く、家族の中でも特に兄弟の結びつきを重視する。出生率の低下で男女の役割や関係が変われば、過渡期の混乱は避けられない」

「チュニジアやエジプトの混乱、シリア内戦などの事態は起きているが、劇的な事態はフランスやロシアの革命、ファシズムなど欧州の歴史にもあった。
イデオロギーを巡る欧州の殺し合いは今の中東やアフリカの混乱よりもずっとひどかった。もっともシリアの現状はかつての欧州に匹敵するほどひどいものだ」

184 :世界@名無史さん:2014/01/06(月) 13:56:58.34 0
強いドイツ、欧州に影

――欧州の債務危機は収まったといえますか。

「中国と並び、欧州は世界が抱える重大な問題だ。世界的な自由貿易の浸透で賃金が上がらず、格差拡大と不況が進んでいる。ユーロ圏では為替安で自国経済の保護策をとるのが難しい。
欧州は貿易や社会の保護を好む経済だったが、いまや自由貿易戦争とデフレの影響が最も強く及ぶ地域となってしまった」

「ドイツの産業がフランスや南欧の産業を壊している。ドイツ人は魅力的だが、彼らの問題は能率が良すぎることだ。カフカの小説『変身』の物語のように、欧州は自由で平等な連合体を求めて眠りについたが、目覚めると毒虫のようになっていた。
フランスの指導層はドイツの支配を受け入れ、イタリアやスペイン、ギリシャやポルトガルに対する非常に厳しい政策が正当化された。欧州はもはや民主主義の大陸ではない」

ユーロから逃れよ

――フランスの影響力の低下も指摘されます。

「私は『帝国以後』という著書で欧州の米国からの独り立ちを予言し、それは正しかった。当時はドイツとフランスが国連安全保障理事会の常任理事国を分け合い、共同で指導力を発揮する体制を想定した。
ところが単一通貨を最初に発明した仏エリートはドイツへの劣等感にさいなまれている。西側世界の指導者で最も強い権限を持つ仏大統領は金融政策で手も足も出ない。オランド大統領はまるでドイツの副首相だ」

「南欧の状況は悪化の一途だ。社会システムや民主主義が崩壊を始め、暴力も起きている。まるで神への犠牲を強いられたように、経済が通貨を守るために回っているようだ」

185 :世界@名無史さん:2014/01/06(月) 13:57:28.85 0
――ユーロは崩壊間近だとの主張をされています。

「十中八九、正しさが証明される時が来る。それが数年後なのか、もっと先なのかはわからない。エリート層はユーロが崩壊すると非常な災厄が来るというが、それはありえない」

――自由貿易批判を展開されていますが、国際分業が徹底した世界で、保護主義が通用するでしょうか。

「大陸欧州で保護主義を敷けば、賃金の上昇を促し、世界の需要を喚起できると考えた。だが独仏の態度からみて、それは不可能だ。欧州各国がユーロ体制から逃れ、為替を動かせるようにして部分的な保護を敷くというのが今の私の考えだ。
自由貿易は一種のイデオロギーにすぎない。米国は軍事、フランスは映画産業を保護している」

アベノミクスを支持

――日本の経済政策「アベノミクス」への評価は。

「私は欧州の中道左派に属する人間だが、右派の自民党政権が進めるアベノミクスは支持する。一般国民の幸福を目指す態度が潜在的に込められているからだ。欧州にもこのような政策が出ないかと望んでいる」

「日本とドイツは男性優位の家族体系、産業の伝統、技術の重視といった多くの共通点を持つが、最近の両者の違いに深い興味を持つ。
輸出に依存するドイツは自由貿易派に転じ、東欧の労働力と西欧の消費市場を使って欧州大陸の中心で力の政治を展開する」

「(周辺のアジアで)支配も拡張もできない日本は機動的な金融政策を試す。より柔軟になった日本の文化と、ますます融通が利かないドイツは正反対だ」

――環太平洋経済連携協定(TPP)も支持するということですか。

「直観的にいえばTPPには否定的な考えだ。TPPは政治的な性格が強い。自由貿易というよりも地域貿易の枠組みで、中国を蚊帳の外に置く。イデオロギー目的の交渉だと思う。
TPPよりはるかに大事なのは出生率の低下と高齢化が進む人口構造にどう対処するかだ。フランスやスウェーデンと違い、日本では女性が働く際に子育てとの両立が難しく、問題の解決を一段と難しくする」

186 :世界@名無史さん:2014/01/06(月) 17:52:42.03 0
会員登録してなかったからありがたい

187 :世界@名無史さん:2014/01/06(月) 18:46:23.67 0
彼の「家族制度論」だとインディオと東アジアのオマンコ人種の
ダメさ加減が一層鮮明にされるね。インディオと東アジア人は
「女系」だけが「融合」し、男系は白人の大航海時代と共に消滅してるw
これはスペインらの家族制度というより単に「勝者の制度」でしかない。
この視点を彼は持たないのはなぜなんだろう?

188 :世界@名無史さん:2014/01/06(月) 18:50:59.44 0
ふつうに勝者は「男根」であり、敗者は東アジア人やインディオみたいに
「オマンコ」である。
だが彼はその歴史を無視し、「家族制度」を提唱する。
だけど考えてみてほしい。
征服者と被征服者との間で平等なんてありえるのだろうか?
彼が「イングランド人は絶対各家族で自由を求める」なんていうのもなんか変。
「自由」ってなんだよ。意味がわからん。しかも「自由と平等を
求める家族制度」とか。これ、意味の取れる人って西側白人以外います?
彼は結局、白人からみた世界観しか持てないんじゃないかな。
白人史観に囚われてるというかさ。

189 :世界@名無史さん:2014/01/06(月) 20:01:53.34 0
それはお前がwikipediaの記事だけ読んで実際に本を読んでないからじゃねーの
勝者は男根ってなんだそりゃ

190 :世界@名無史さん:2014/01/06(月) 21:12:56.25 0
>>188
でも彼の理論からの予測がけっこう当たってるんだよね。
この人を一躍有名にしたのはソ連の崩壊をドンぴしゃ当てたことだし。

191 :世界@名無史さん:2014/01/08(水) 07:13:06.76 0
>>190
本を読みもしない愚か者にそんなことを言っても
電波理論で反論してくる

192 :世界@名無史さん:2014/01/08(水) 11:52:48.34 0
Eトッドの後援会でトッドに食って書かている左翼反核おばさんが
すごいね。こういう人たちは、どういう神経回路をしているんだろう。
防衛についての真剣な議論がなぜできないんだろうか。
1+1=2みたいな簡単な計算さえ理解できないように見える。
日本人って暗示にかかりやすいのかほんとに知能程度が低いのかなあ。

193 :世界@名無史さん:2014/01/08(水) 11:53:32.67 0
×後援会
〇講演会

194 :世界@名無史さん:2014/01/08(水) 22:36:46.06 0
>>192
その昔、右は2+2=80だった

権威主義家族は兄弟を一人だけ残して追いだすので
残った者はより権威的になる
そこから追い出された者は少しは自由になるが
結局は権威によって国か組織が救い上げてもらおうとする
独立してもその者をトップとした権威的な構造を創りだしてしまう

日本で起こってる反核も在特会も同じ構造をしてる
皆平等な組織でなく上意下達な組織
上が間違っていても遂行するのは独と同じ

しかも外婚制共同体家族と違い権威が及ぶ範囲を少なくできるので
親からの教えが先鋭化する上に、兄弟の反乱も少なくなり延命を測れる
欠点は排斥されていくので組織が小さくなっていくこと

195 :世界@名無史さん:2014/01/08(水) 23:06:31.29 0
権威に逆らえる自由が育ちにくいと、間違いと思っていても言い難い
勉強だけではどうしようもない
ましてやその勉強が権威による強制だとしたら
そこから離れるのは至難の業

例えば日本の大学で権威に逆らってまで研究できる所が
どれだけあるだろうか?

196 :世界@名無史さん:2014/01/09(木) 00:16:47.70 0
中間的勢力の衰退が直系家族だとそこまで急速ではない、と指摘していることも忘れずにね

197 :世界@名無史さん:2014/01/09(木) 04:39:20.49 0
日本もスイスぐらいに小さくならんかな
若しくは世界が平等核家族だけだったら
言葉を遮る自然国境で分裂しても
まったりしたぬるま湯生活が出来る

198 :世界@名無史さん:2014/01/09(木) 08:52:23.35 0
>>195間違いと思っていても言い難い

これいつも思うんだけど、科学の発達には決定的な障害だよね。
平等に研究成果と自分の理論が言える環境でないと心理の追求
なんてできない。

199 :世界@名無史さん:2014/01/09(木) 08:53:07.22 0
心理 →真理

200 :世界@名無史さん:2014/01/09(木) 08:57:45.98 0
日本人は死にもの狂いで英語をやらないと国が亡ぶ、って
書き込むと右翼系の人たちは必ず反対するんだけど、今の
日本の孤立状況って、やっぱりコミュニケーション障害に
拠るところが大きいよね。
実際、もう何年も前から基地外のように英語やってた隣国は、それで
日本をジワジワ追いつめてきたじゃない。
国防には情報が一番重要なのに。

201 :世界@名無史さん:2014/01/09(木) 08:59:07.67 0
活動家団体とかだと上の統制が効かなければメンバーが抜けてくか対立して新しい組織が出来て分裂していくとかで分散縮小していくだけなんじゃないだろうか

202 :世界@名無史さん:2014/01/09(木) 09:32:44.32 0
親分の権威があっても懐が大きければましなんだけど
欧米の大学なんかそうじゃないだろうか
それでもあまりにも反抗の度合いが大きければ最悪個人でやるしかないけど
権威の裏付けが無いと論文も無視されやすい

203 :世界@名無史さん:2014/01/09(木) 17:32:36.06 0
>>200
隣国が追い付いてきたのは日本の後追いになる人口動態があったから
しかも日本より強力な権威主義家族なので早い段階で人生が決まってしまう
それを書き換えることは出来ないから非正規が大量に増えている
独の場合は小中高で三段階評価され一生付き纏う
こんな国のやり方が長続きするとは思えない

専門家の英語は否定しないが
デモクラシー以後のインド人を見ても分かるように言葉での参入障壁がなくなる
明治に英語を広く教えなかったのは
義務教育を受けた者と受けない者とで国民の分断を招くことを危惧したから

更に言うと士官学校はネイティブによる英、独、仏、露、中国語を死に物狂いで学ばされる
そして本当に死んでしまった
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=P1REHbRlsaQ

おおむたぐち! しんでしまわないとは なさけない…。
そなたに もういちど きかいを あたえよう。
ふたたび このようなことが ないようにな。 では ゆけ! むたぐちよ!

204 :世界@名無史さん:2014/01/09(木) 17:54:03.16 0
http://images.uncyc.org/ja/c/c1/Adhd.jpg

205 :世界@名無史さん:2014/01/10(金) 06:01:23.56 P
>>203
日本でも普通の人は大学ブランドと新卒の就職によって、ほぼ決まってしまう。
転職による流動性は低いから、有為の人材が最初に場所に埋もれてしまう。
こんな硬直性は日本の経済に百害あって一理なしだと思う。
英語に関しては、これによって流動性が上がるなら、大いに普及させるべき。
明治時代に英語力によって一番成功したのは伊藤博文だな。
彼も殺されてしまったが。

206 :世界@名無史さん:2014/01/10(金) 08:33:11.49 0
っていうか、明治期も英語に必死に力を入れたから、外からの情報が
ちゃんと取れてうまくいったような気がする。
とにかく今は情報鎖国状態だから、自分たちが色々な面で、
世界から後れを取り始めたっていうことにさえ気づいてない。
IT革命が起こって、初めてパソコンを買ってネットを散策したときには
日本の企業や組織はまだほとんどHPをもってなくて、見るべきサイトが
なく、閑散としてた。そこで海外のサイトを見て回ったらもう今の個人
ブログみたいなものがあって、サイトのデザインもあか抜けてた。
アジアの国々でさえ日本より先を行ってた。
でも国内じゃそのことに気づかず、相変わらず日本は技術大国
だとか自画自賛してる。どうしてこんなふうになっちゃったかね。

207 :世界@名無史さん:2014/01/10(金) 09:20:44.20 P
>>206
ITに関して言えば、特殊な言語だからソフトの囲い込みがしやすいんだろう。
海外の動向に影響されにくいので最初にローカライズに成功したところが勝つ傾向。
Softbankとかはそれで成功しているような感じだ。
ポータルと検索はYahooJapanで、
スマホはiPhoneと日本メーカーの一部しか売れないとか、
タブレットはiPadが鉄板とか。
日本にいるとスマホはSamsungやLG、Nokia、中国メーカーのユーザーが大半とか、
ChromeBookやWindows8タブが急速に普及してるのが、よく分からない。

208 :世界@名無史さん:2014/01/10(金) 10:56:37.17 0
英語が通じないというのは一種の防壁でしょう
日本中で準公用語のようになってしまえば世界中から労働者が押し寄せてくることに

209 :世界@名無史さん:2014/01/10(金) 11:41:55.47 0
>>207
ローカライズに成功したところが勝つ傾向もなにも、最初にITの概念を取り入れることが
できなければ、それさえ不可能。そしてそれにはやっぱり英語力が必要だった。
ITはもともとアメリカの軍事技術の払い下げだから、特にアメリカ移民が多い国とかアメリカ
と絆が深い国、地域ほどITをいち早く取り込んで発展した。インドしかり、台湾しかり。中国
韓国もそれに気づいて「とにかく英語英語」で国を挙げて必死にやってたのがもう20年前。
孫もアメリカとのつながりで、今の立場があるし、ひろゆきが2chを始めたのだってアメリカ留学
体験と深いかかわりがある。
1980年代半ばのプラザ合意以来、日本はアメリカと距離を置き始めて内向きになったような
気がする。さらに高齢化社会になって新奇なものへの健全な好奇心をなくしていたこと、若者
たちも元気をなくして国内に引きこもるようになったことなどが、、アメリカを中心とした画期的
な技術革新に気づくのが遅れた理由だと思う。

ネットやってると、日本が独自に開発したメジャーなウイルスソフトもないし、英語の辞書ソフト
なんかもいいのはみんな海外ものしかないということに気づく。
日本語をタイプするときの日本語から英語への変換の不便さ。英文を打ちこんでいて、変換
なしにそのまま文章が作れることの便利さ速さを思い知ったときに、日本語がもっと簡単に
打ち込める技術が開発できなかったのかなあと。

210 :世界@名無史さん:2014/01/10(金) 12:04:33.45 0
>>208
それ、右翼特有の考え方だよね。もう必死で日本国内で固まって外からくるものを排除しようとする。
でも情報に国境がなくなった今、それを固守することは難しいよ。CNNやBBCなんかを見てると、黒人、
東南アジア人、中韓人など、途上国の女性たちが堂々と国際的に活動し自分の意見を述べる中、
たまに日本人へのインタビューなんかを見ると、もともとが井の中の蛙だから、国際的な知識も問題意識も
何もない。普段から世界と認識を共有してないから、頓珍漢で幼稚でしかも、自信なさげでつまらないイン
タビューにしかならない。右翼の人たちが望む日本の姿の慣れのはてが、これれですよ。
とにかく日本が一人で閉じこもっているわけにはいかない時代。閉じれば閉じるほど技術も科学も古臭く
時代遅れになって、世界から取り残される。

211 :世界@名無史さん:2014/01/10(金) 12:06:02.05 0
日本人は、自分の得てきた利益を手放すまいと、外国人を排斥することに汲々とするけど、、日本だって
西欧から文化をもらってここまで来た、ということを忘れちゃいけない。
やみくもなグローバル化には反対だが、ある程度途上国の人たちを寛容に受け入れることは、今の時代
相手のためだけじゃなく、労働力不足に悩む日本にとっても必要。
ただし、日本に敵意を持つ国の人間たちの受け入れには慎重なる必要があるけどね。
逆に、日本政府が普段からアジアの国の人たちを寛容に受け入れていれば、海外が日本に対して抱い
ている「外国人嫌い」のイメージを払拭することになって、中韓人への入国禁止措置とか取りやすくなる
と思う。

212 :世界@名無史さん:2014/01/10(金) 12:19:15.66 0
http://honz.jp/articles/-/18233
国で出来ることなんか大してなさそう
習得したい人が個人でやればいい

213 :世界@名無史さん:2014/01/10(金) 12:38:50.22 0
英語は何々じゃないといけないからと無理にやる必要はないだろう
移民については在日がいつの間にか社会にいたように忘却型モデルの移民受け入れというのはもう始まっていたともいえる

214 :世界@名無史さん:2014/01/10(金) 14:59:11.27 0
無理やりにやる必要ない・・
なんて言ってると、英語理解して世界の普遍的な考え方や物の言い方、論理の進め方を
身に着けた中国人韓国人が、国際世論を味方につけて、どんどん日本にを効果的に攻め
込んでてくるよ。
グランデールその他で慰安婦像を建てまくっている韓国系は、あっちの人間たちの心をひ
きつける論理の組み方や発信法を知っている。
日本のメディア内部に入り込んだ彼らも、その欧米式考え方で何も知らない、外国式に弱い
日本人社員たちを支配していくんだよ。
日本は、しっかりとした歴史教育と並行して効果的な実践英語教育のカリキュラムを作り
会話だけじゃなく、説得力のある英文をかけるような人間を量産すべき。
今やるかやらないかでこの先の日本の在り方が大きく変わってくる。瀬戸際だね。

215 :世界@名無史さん:2014/01/10(金) 15:05:04.62 0
そう・・・(無関心)

216 :世界@名無史さん:2014/01/10(金) 17:20:24.59 0
日本は擬制血縁社会だと山本七平は書いている。

217 :世界@名無史さん:2014/01/10(金) 18:16:06.85 P
>>214
そんなまどろっこしいことをすることに意味があるのかね?
中国人や韓国人に直接働きかけた方が早いね。
中国語や韓国語を習得して彼らの文化や歴史、モノの考え方を理解した方がいい。
自分は普通話しか使えんから、中国人しかしらんけど、
すくなくとも中国人は欧米とは全くメンタリティが違う。

218 :世界@名無史さん:2014/01/10(金) 20:23:30.45 0
トッドは逆に特許の三割日本がとってること挙げて今ほど世界が日本に依存している時代はないということを書いていたが
(2011年の毎日インタビュー、「環」誌に詳細あり)
京都のシンポジウムでもそれ挙げてたし

あとあれだ、明治期の英語教育って今と同じ問題に直面して挫折したっぽいぞ

219 :世界@名無史さん:2014/01/10(金) 23:27:48.51 0
なんか反応がヘンだと思ったらここ世界史板だったのか。。

220 :世界@名無史さん:2014/01/11(土) 04:11:57.97 0
>>210
本音は変わらんよ、リベラルの歴史

建前                     本音
奴隷を開放しよう           → 私を雇ってください
移民の権利を向上させよう      → 教育費込だと私を雇った方が得です  
外国人の権利を向上させよう    → 人件費を不当に安くしないで下さい
発展途上国の権利を向上させよう → 国内回帰して下さい
囚人の権利を向上させよう     → 人権無視した賃金では競争に勝てません

肥大化する米国の「獄産複合体」受刑者は安価で計算通りに働く労働力
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20140106/257826/?n_cid=nbpnbo_bv_ru&rt=nocnt

221 :世界@名無史さん:2014/01/28(火) 11:10:23.54 0
次期大統領「マルコ・ルビオ」は、ヒスパニック(亡命キューバ人の子供)初の大統領になる
ラテンアメリカとの和解が看板で、南北アメリカ中心の新モンロー主義だろう

222 :世界@名無史さん:2014/02/23(日) 17:24:04.02 0
2011に出版された
L'origine des systèmes familiaux. Tome I. L'Eurasie (家族システムの起源, 第1巻, ユーラシア), Gallimard, 2011, ISBN 9782070758425.

はいつ翻訳されるの?めっちゃ待ってるんだけど。

223 :世界@名無史さん:2014/03/02(日) 19:12:54.68 0
ユーラシアということは外婚制共同体家族か?
トッドでも権威主義家族や絶対核家族の起源までは発見できなかったか

224 :世界@名無史さん:2014/03/03(月) 20:28:19.31 0
>>223
「自由貿易は民主主義」を滅ぼすの翻訳者らとの対談では権威主義家族の起源にちょっと触れてたような
つうか「家族システムの起源」より先にフランスの謎の翻訳版が出るっぽい
タイトルは「不均衡という病」になってるけど

225 :世界@名無史さん:2014/03/08(土) 04:58:36.60 O
最近になってトッドのことを知って、帝国以後を図書館で借りたんだけれども、次は何を読めばいい?この人の意見に反対する立場の人の本も併せて教えてもらえると非常に嬉しい。この人って家族類型自体が変化する可能性についてどういう意見を持っているの?

226 :225:2014/03/08(土) 05:01:42.52 O
すいません家族類型ではなく、家族型ですね

227 :世界@名無史さん:2014/03/08(土) 09:48:27.22 0
出生率が下がって父系制社会が崩壊するとか内混率が下がっていってアラブ革命が起こったり
家族は社会を形作ってるものの一つだけど社会の他の要素も家族に家族に影響を与える

228 :世界@名無史さん:2014/03/08(土) 21:18:54.31 0
>>225
変化する可能性はあるって書いてるけどな、「デモクラシー以後」でも「自由貿易は民主主義を滅ぼす」でも
意見に反対する立場って言われても意見のどの部分に反対してるのかで全然意味合いが違う
脚注の本でもあたればいいんじゃないかな

229 :世界@名無史さん:2014/03/21(金) 21:30:31.92 0
自動車産業と直系家族システムの相関関係ってあるのかな?

(例)
全国的に直系家族システム : ドイツ(VW,BMW,etc...) 日本(トヨタ,日産,ホンダetc...), 韓国 (現代)
一部が直系家族システム : フランス(ルノー,PSA) イタリア(フィアット)
需要がカバー? アメリカ(ビッグ3) , 中国等

世界的な自動車メーカは直系家族システムが存在する国とアメリカにしかない。

230 :229:2014/03/21(金) 21:45:32.58 0
あとはスウェーデンにもあるか。ってスウェーデンも直系家族システムだけど。

直系家族システムってジレンマあるよなー。
製造業を強化し、国際競争力を高める(国民が奴隷化されてるから、企業が儲かる?)けど、
その分、出生率が低下し、中長期的には没落する。
移民の同化力も低いから、どうしようもないよな。

国内に直系家族システムを持ちながら、国家単位では平等主義核家族システムを持つ
フランスが最強なんじゃ...
今はドイツがEUの主導権を経済面から担っているけど、2050年には
英独仏の人口がほぼ同じになる。
その頃にはドイツは少子高齢化でオワコン。
イギリスは格差社会と産業の空洞化でオワコン。
そこそこの製造業が残り、移民同化と高出生率のフランスがEUの主導権を取り戻す。

で、2050年の世界はアメリカ・インド・中国・EUの4極構造になってると思うから、EUを牛耳るフランスの重要性が200年ぶりに復活するんじゃないかな。

231 :世界@名無史さん:2014/03/21(金) 22:40:30.97 0
スウェーデンのヴァレンベリ家ってのはすごいらしいね
スカンジナビスカ・エンスクリダ・バンク(国内3位の銀行)
エリクソン(通信機器大手)
エレクトロラックス(家電・厨房機器大手)
サーブ(航空機と自動車大手)
アストラゼネカ(世界3位の製薬会社)
アトラス・コプコ(産業機材大手)
・・・などなどスウェーデンのGDPの3分の1がこの一族の支配下にあるとか

232 :229:2014/03/21(金) 22:49:14.33 0
>>231
スウェーデンの世界的企業の多さは何なんだ?
人口1000万人しかいないのに
ボルボ、H&M、イケア、サンドビック

直系家族システムと製造業の親和性は何なんだ。
人口6000万人のイギリス企業なんて
金融関係しかねーぞ。
ダイソンとかロールスロイスくらいか?

233 :世界@名無史さん:2014/03/22(土) 13:30:18.86 0
国内の市場が狭いから、海外で売るからじゃない。

234 :世界@名無史さん:2014/03/22(土) 18:49:10.87 0
「不均衡という病」読んだ奴はまだいないか

235 :世界@名無史さん:2014/03/26(水) 23:29:04.82 0
>>229
人命を優先される製造物である自動車は安全性を考慮しないといけないから
過去の技術の蓄積が必要になる
だから未来への投資が行われる権威主義家族に向いてる
権威主義家族は低賃金で長時間働くので製造業にはありがたい
簡単に言うと将来が保障されてる終身雇用の企業と相性が良い

しかし権威主義家族に新自由主義を無理矢理させても終身雇用がなくなり
正規と非正規が永遠に続く身分制度として固定される変な新自由主義になる
転職なんて脱藩と同じくらいの覚悟がいる
権威主義家族の北朝鮮に共産主義をやらせても世襲による共産主義が行われたのと一緒

一方、安全性より早い革新が必要なITは柔軟性のある絶対核家族に向いてる
(乗り物に組み込まれてるプログラムは製造業に入る)
移動性の高い絶対核家族は平等核家族よりも技術の継承が行われる暇が無く失伝しやすい
その分雇用の流動性は高く新しいことが出来る
新しいことが革新的な成功になるのか、大馬鹿者の失敗のどちらか一方になっても
両方自由な行為の結果なので浮き沈みが激しいから大抵の人は権威主義家族に負ける
受け入れ社会の万能が起こる

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php/0302-0000-0485.pdf?file_id=15056
当然だが家族構造だけで製造業全てが決まるわけじゃない
寧ろ上の論文からは土地が家族構造を作っていることが分かる
だって水が貴重な砂漠で自動車製造しろと言われても今の技術じゃコストが高くて勝てない

236 :世界@名無史さん:2014/03/26(水) 23:35:43.49 0
>>234
図書館で借りられるまで待ってくれ

237 :世界@名無史さん:2014/04/17(木) 20:10:39.36 0
日経ビジネスオンラインにまたインタビューが載ってるけど見れる人詳細頼む

238 :世界@名無史さん:2014/04/18(金) 09:29:51.95 0
ttp://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20140408/262573/?P=1&ST=smart

239 :世界@名無史さん:2014/04/18(金) 20:09:47.76 0
ありがとう

240 :世界@名無史さん:2014/04/18(金) 20:20:29.52 0
トッドはやっぱ比較的ロシアに好意的だな

241 :世界@名無史さん:2014/04/19(土) 01:05:01.42 0
「帝国以後と日本の選択」に収録されてるインタビューでは流石にチェチェン問題では距離置いてる

242 :世界@名無史さん:2014/04/19(土) 09:31:33.54 0
トッドはなんでロシアが好きなの?

243 :世界@名無史さん:2014/04/22(火) 22:17:23.05 0
最新のインタビューでアメリカに復帰の兆しがあるから、
日本にアメリカに追従するように言ってるね

244 :世界@名無史さん:2014/04/23(水) 20:19:15.22 0
「ヨーロッパの道ではなく、アメリカの後をついていくべきだ」は、経済政策のことではあると思うけど

245 :世界@名無史さん:2014/04/25(金) 20:15:42.81 0
あっそうなの?

246 :世界@名無史さん:2014/04/26(土) 01:39:27.01 0
歴史の形は先進国で決まるという部分の後に来てるから文脈的にそう

247 :世界@名無史さん:2014/04/27(日) 19:49:18.49 0
指摘してくれてありがとう

248 :世界@名無史さん:2014/04/28(月) 17:24:45.77 0
>>242
冷戦時のパワーを失って自然と行動が制限されてること
国民に普遍的な平等主義が根付いてること
から信頼できると言ってる

249 :世界@名無史さん:2014/04/28(月) 19:24:28.03 0
帝国以後でロシアについて書いてた「弱さが武器になる」が今のアメリカにも当てはまる、とも言えるかもな
日経ビジネスオンラインでトッドにインタビューしてた人のtwitterからロバート・スキデルスキーの記事も見に行ける、英文だけど

250 :世界@名無史さん:2014/05/01(木) 00:40:49.66 0
全文読めない人がいたら一応
ttp://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20140408/262573/?P=1&ST=smart

251 :世界@名無史さん:2014/05/01(木) 16:10:33.90 0
>>250
その続き(下)が出た
ttp://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20140408/262574/

252 :世界@名無史さん:2014/05/04(日) 18:43:48.74 0
差異主義の絶対核家族と権威主義家族が多い国のGNPは相変わらず高いな
普遍主義が支配的な国は仏とフィンランドくらいしか高くない
http://tatsuki-lab.doshisha.ac.jp/~statsuki/CourseOutline/FamilySocioloyg2004/8)WhatIsSociologyOfFamily.pdf

しかし残念なのは2004年という古さだからか
日本に大量の家族構造が存在して
米国と同じく受け入れ社会の万能が起こってる点を指摘できてない

253 :世界@名無史さん:2014/05/08(木) 00:19:21.83 0
>>252
>日本に大量の家族構造が存在して米国と同じく受け入れ社会の万能が起こってる

そうなると、つまり、どうなるってこと?

254 :世界@名無史さん:2014/05/10(土) 16:59:05.84 0
>>253
直系家族が核家族の多い地域に引っ越すと起こること

直系家族は親との同居期間が長く
過去から継承され未来への投資するという価値観から
勤勉で低賃金でも長時間働くので出世しやすく急激に中上層に食い込む

引っ越した子孫は核家族の消費過剰な構造に変っていくから
未来への投資で生産過剰な直系家族地域を支えてくれる

つまり持ちつ持たれつの関係が国内の直系家族と核家族間で行われている

しかし直系家族が少子化になるとドーピングは期間は終了する
核家族は独立するので親から継承する期間が短く、継続的な教育は行えないから
他の家族構造に対して不利になる
しかも社会の結束が弱くなるのでナルシズムに陥りやすくなる
利点としては核家族が増えると自民族中心主義が減ること

以上のことは>>128参照

だが>>204は世界の多様性を丸写ししてるので、日本に直系家族しかいない印象を与える
きっとおおまかな内容の紹介として公開してるのだろうが、もう少し突っ込んだ内容を書いて欲しかった

255 :世界@名無史さん:2014/05/12(月) 18:36:27.20 0
文化の違いは栽培する穀物が影響?研究
ttp://www.afpbb.com/articles/-/3014493

256 :世界@名無史さん:2014/05/16(金) 21:55:23.25 0
>>255
大昔に書かれたマクニールの世界史に載ってる内容だな

257 :世界@名無史さん:2014/05/23(金) 20:12:38.97 0
日本の直系家族は縄文起源で、核家族は弥生起源って理解は正しいでしょうか?

258 :世界@名無史さん:2014/05/24(土) 22:03:28.19 0
縄文系と弥生系って対比にそれなりの意味はあるだろうが、家族構造の起源まではわからん

259 :世界@名無史さん:2014/05/29(木) 19:50:02.88 0
核家族、権威主義家族、共同体家族と
先進的な家族構造が古き構造を壊して新しくなっていったのだから
端に追いやられてる縄文系が直系家族の起源ってことはないのでは?
その前に権威主義家族構造は大陸から伝えられたものであって
遺伝するものじゃないと思う

260 :世界@名無史さん:2014/06/03(火) 14:14:01.83 0
直系家族システムを取っていると、適当人間には生きにくすぎるんだけど。

日本の良い所で皆が挙げる
・電車が遅れない
・キッチリとした製造業
・礼儀正しく清潔な人・街
・勤労を美徳とする真面目な国民性


上の全てが息苦しくてつらい。もっと肩の力抜いて行きられないのかな?
何もかもキッチリしすぎていて、ストレスが溜まってしょうがない。
ドイツ人とか韓国人も同じ感覚で生きているのだろうか。

261 :世界@名無史さん:2014/06/05(木) 13:31:29.45 0
平等核家族ってどういう状況で生まれるんだろ?
絶対核家族、直径家族、共同体家族はなんとなく形成される理屈がわかるんだけど

絶対核家族・・・ 自由精神の高さで冒険が強い 未開の地へ進める
直系家族・・・ 寒冷化などの食料不足で絶滅しにくい
共同体家族・・・ 軍事的な争いに強い

平等核家族って、生存競争的な意味でのメリットがあんまり見えないような気がするんだけど どうなんだろう

262 :世界@名無史さん:2014/06/05(木) 21:29:06.17 0
帝政ローマ末期に生まれた…らしい

263 :世界@名無史さん:2014/06/05(木) 21:48:53.70 0
そうなのけ? てっきり平等核家族のみなさんがローマ帝国作ったのだと思ってた

そこで気になるのは、帝国が滅びそうになったから平等核家族が現れたのか、
それともそいつらが現れたから滅んだのか・・・

264 :世界@名無史さん:2014/06/06(金) 15:50:09.31 0
平等核家族はフランスよろしく強い同化作用があるからそれがメリットなんじゃないかな?
ルーマニア・ポーランド・エチオピアみたいに共同体に接近されても同化されてないんだし
そうやって生き残ってきたんじゃない?

265 :世界@名無史さん:2014/06/06(金) 22:44:33.69 0
平等核家族について知りたくて、フランスやイタリアについて調べてたら ・・・こいつらすごいな

まずWW2でフランスはドイツにあっさり負けた・・・はずなのにいつの間にか戦勝国の席に着いている
ドイツと日本は世界を敵に回して負け、国がボロボロになったが、イタリアはそれほどでもなく、
またフランスも、ナポレオン失脚の時似たようなことになったはずなのに、
やはり敗戦国のような扱いされずに国際会議の席について・・・ あれー?

技術力や兵の強さだけ見ると、直系家族にまったく及ばないように見えるけど、なにか不思議な力あるわ
「平等核家族」のシステムと関係あるのかはわからんけど。

266 :世界@名無史さん:2014/06/07(土) 17:41:31.05 0
民族主義がないから費用対効果の低い領土にもそこまで拘ってないから
柔軟な外交が出来るのでは?
明日から異民族と暮らしたりするけどいいかな?いいともー!ってノリだから
異民族も安心して統治を受け入れる
このように大きくなったり小さくなったり柔軟に対応できる

267 :世界@名無史さん:2014/06/08(日) 00:09:54.24 0
トッドの解釈は逆で植民地の人間をフランス人にしようとして植民地を手放すことにかなり抵抗した、としているけどな
イタリアの被害が少なめっていうのも初耳だし、ナポレオン失脚後は革命の動きを抑えられれば良かったからなあ

268 :世界@名無史さん:2014/06/08(日) 14:19:31.90 0
直系家族から平等核家族が派生したって考えると自然なんだけどなー
てか核家族の次に直系家族が出来たと言われているけど、実際は互いに変容しうる存在だと思うんだが

直系家族の次男坊三男坊が、新たな棲家を探して分化したのが核家族という集団なのではないか
個人主義・自由・高い移動性が特長だし

そして核家族派の中で割と優秀な人達は絶対核家族(実力主義・平等何それおいしいの?)
そうでない人は平等核家族(競争とか格差とかいりません)
という感じで3種類に分かれたのではないかと

【長男?】 →YES →[直系家族]
 ↓NO          ↑
【格下でもいい?】 →YES
 ↓NO
【実力ある?】 →YES→ [絶対核家族]
 ↓NO
[平等核家族]

もちろん核家族の集団にも直系派が少しずつ生まれるし、
寒冷化で一気に直系が多数派に変わったりするって感じだと思う

269 :世界@名無史さん:2014/06/09(月) 02:56:15.92 0
位相が異なる各文明を、相克という同一位相の関係で読み取るハンチントンに以前から懐疑的だったが
トッドみたいな本物の馬鹿に比べたら、ハンチントンのほうがまだマシ

270 :世界@名無史さん:2014/06/09(月) 19:40:36.94 0
せめてどこが馬鹿か指摘してくれ

271 :世界@名無史さん:2014/06/09(月) 21:36:37.88 0
ハンチントンのことも全然知らないだろ>>269
それ以前にハンチントン論文は文明の定義が曖昧だという批判があるから
ハンチントンは文明と国家をごっちゃにして西欧世界に対抗するためにイスラムと中国が組むと主張してるから
文明の関係を相克という同一位相で読みとってるってのは間違い

272 :話題を変えてみる:2014/06/09(月) 21:46:17.90 0
中国って元は直系家族型多数で、時代と共に共同体家族に変わっていったと思うけど
どういう風に移り変わっていったんだろうか

秦が共同体家族国家の始まりっぽくて、漢のころは直系家族が多数派で・・・って思うけど
地域や国ごとに分かれてたのか、混じりながら置き換わっていったのか

273 :世界@名無史さん:2014/06/10(火) 21:14:11.31 0
ざっくり調べた限りでは、
北の遊牧民族=共同体 大陸の農耕民族=直系 という感じで
漢の時代に北の方から少しずつ両民族が融和して、
五胡十六国時代に漢化した遊牧民が多数入り込んで、
そこからは中国人はだいたい共同体って感じかな?
異民族でも登用したり、長男相続にこだわらないとか共同体型の性質が強くなっていってる

ただ気になるのは南の方、楚(秦漢帝国の間)や呉(三国時代)も
共同体っぽい性質があるような気がするが
遊牧民が南にもいたのか、遊牧民と別系統で共同体化したのか、
それともただの気のせいか

274 :世界@名無史さん:2014/06/11(水) 13:15:00.44 0
楚越は知らんが呉は核家族って聞いたことある
それと関係あるか分からんけど、
起源としては古いらしい中国南方に住む客家は共産党に対し強い支持を持ったそうな(共同体?)

275 :世界@名無史さん:2014/06/11(水) 22:36:55.76 0
再びざっと調べた限りでは

・春秋左氏伝によると、呉は平等核家族らしい(紀元前522くらいだけど)

・楚(紀元前200くらい)
項羽 敵には残虐だが部下には優しい(共同体っぽい性質?)

・後漢と三国の呉
精鋭の産地と名高い丹陽  勇敢で強いがよく反乱を起こす(共同体っぽい?)
呉は中央の戦乱から南に逃れた知識人が多かった(平等核家族が多いかも?)
孫家の相続争いは、長子相続のイメージを感じない
呉は豪族が多い(直系家族の封建状態?)

丹陽は昔、楚の首都でもあった。項羽軍の強さとも無関係ではない気がする
しかし中華の歴史って、どこで創作と史実が混ぜてるかわからんからむつかしいのう

276 :世界@名無史さん:2014/06/23(月) 19:37:02.02 0
エマニュエル・トッドを大学で勉強したいんだけど、
どこの大学良いの?

277 :世界@名無史さん:2014/06/23(月) 20:35:43.19 0
ケンブリッジ大学
パリ政治学院
ミシガン大学
東京学芸大学
青山学院大学

278 :276:2014/06/24(火) 19:09:46.84 0
>>277
サンクス。
海外の大学は無理。

東京学芸大学
→荻野文隆さんがいると思うけど、60越えてて、引退間近では?

青山学院大学
→青木保さんも石崎さんも70前後のおじいちゃんでは?

もっと若い先生がいる所はないですか? これから7,8年は現役だろうところ。

もう一つ、話題が変わるけど、トッドって
家族システム(平等主義核家族とか直系家族とか)の定義付けってどんなデータでしてたっけ?
3世代同居率とかだっけ?

279 :世界@名無史さん:2014/06/24(火) 19:42:47.95 0
何をしたいの?
・エマニュエル・トッドの個人分析?
・エマニュエル・トッドの研究の研究。つまりメタ研究。
・エマニュエル・トッドの研究成果をよく知りたい。
・エマニュエル・トッドのようなことがしたい
・エマニュエル・トッドの本を読みたい。

280 :世界@名無史さん:2014/06/25(水) 00:47:29.26 0
トッドとアインシュタインどっちがスゴイと思いますか?

281 :世界@名無史さん:2014/06/25(水) 01:16:41.86 0
トッド

282 :世界@名無史さん:2014/06/25(水) 07:03:20.54 0
>>260
船の事故見てもわかるけど、韓国人はいい加減で、町はちょっと横道に入るとすごく汚いらしいよ。


それに、最近は日本もそんなにきっちりしてなくなった。
人にぶつかっても謝りもしないし、怠け者になったし。。

283 :世界@名無史さん:2014/06/25(水) 07:05:35.20 0
トッドの予測は当たるからすごいよね。

284 :世界@名無史さん:2014/06/25(水) 18:12:32.40 0
相対性理論は人類の95%にとっては観賞用でしか無い学問だ
トッドの話を聞いてるほうがいろいろ為になる

285 :世界@名無史さん:2014/06/25(水) 18:39:40.05 0
トッドマンセー厨乙

286 :世界@名無史さん:2014/06/25(水) 18:45:08.69 0
>>278
そこの方法論が難しいから「読者はいても後継者はいない」って言ってるんじゃないかと
それは置いといて、「法律の」でなく、「実際の」遺産相続規則とか、どのくらいで子供が家を離れるかとか
父方居住が何%で母方居住が何%かあたりを参照してるっぽくはある

287 :276:2014/06/25(水) 21:09:09.44 0
>>277
>>278

>>279
まだ高校生で、トッドの著作すげーって段階なので、正直考えていないかも..
トッド的な分析ができたら一番良いかなと思います。

>>286
トッドがやった事はもう二番煎じになっちゃいますもんね。
日本史の範疇で人口統計学やるしかないのか....

イマイチこうこうこうだから、こういう家族システム、という説明が足りないと思うんですよねぇ。
相対的なものなのか。

288 :世界@名無史さん:2014/06/25(水) 22:22:24.47 0
学部生なら、歴史人口学の初歩を勉強して、
日本史で江戸時代のどこかの庄屋日記の刊行資料を
データベースに放り込んで、文書にまとめてお仕舞い。
村のレベルの分析、従来は東北は貧しいとされてきたが
豊かな村も会った。低年齢で晩婚化がないとされてきたが
例外もあったようだが結論。
これでじゅうぶん合格点。

従来の歴史人口学に家族型を一つの因子、それも大きな主因子
としたところに独創的な部分があるが、相関関係は因果関係を
証明しないから、歴史学としてはいまいち扱いされることが多い。
説明は、強引な解釈と見なされる危険性が高い。

289 :世界@名無史さん:2014/06/25(水) 23:16:57.99 0
というか、最後の転落の1990年版付属部分に「歴史学が科学だと証明されたわけではない」とトッド自身が書いてるんだから
因果関係の証明の難しさは歴史学もしくは社会科学全般に言えることであってトッド自身もわかってるだろうと
あと庄屋日記で村レベルの人口学的分析って難しいような…
庄屋日記が村の人口動態を把握できるくらい発見されてなきゃいけないんじゃないの

290 :世界@名無史さん:2014/06/25(水) 23:32:35.74 0
トッド自身とはうらはらに勝手に証明されたと思い込むやつが流布するだろ。
DNA決定論者みたいな。

291 :世界@名無史さん:2014/06/25(水) 23:43:18.15 0
大学生なら逆の発想でもいいかもね。相関関係があれば、
因果関係を証明しているに違いないという思い込みで考える。
一般人の考察ならこのレベル十分。

292 :世界@名無史さん:2014/06/26(木) 15:18:36.02 0
昔の人間が、計算機を叩いて計算した研究内容を、デジタル化して
データーベースで解析しなおすとか。データも公表すれば、みんなの役にもたつ。

293 :世界@名無史さん:2014/06/26(木) 19:23:24.09 0
トッドの後継者がいないってそんなに難しい方法で研究してるのか?
手法公開すれば世界中で誰かがやってくれるのじゃないか?

294 :世界@名無史さん:2014/06/26(木) 20:01:02.96 0
>>238のインタビューとは別にある日経ビジネスオンラインインタビューで言ってる
もちろんトッドの影響を受けたと言ってる人はいる、同インタビューでも挙がってる速水融とか

295 :世界@名無史さん:2014/06/26(木) 20:12:43.86 0
もう一度読んだら「説明するのは難しい」だった
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20140408/262574/?P=1&ST=smart

296 :世界@名無史さん:2014/06/26(木) 23:18:08.86 0
>>293
コストが掛かる。

297 :世界@名無史さん:2014/06/27(金) 20:26:42.49 0
>>296
宮廷大だったらどうとでもなりそうだが、そんなに掛かるのか?
>>295が言ってるように説明するのが難しいのは
教育でなく研究に重きを置き過ぎて年を取っていってるだけと思う

298 :世界@名無史さん:2014/06/28(土) 04:38:19.13 0
>>293
ただ人気がないっていうだけでは?
人口人類学なんてトッドが出てくるまで聞いたことなかったし。

299 :世界@名無史さん:2014/06/28(土) 22:02:31.48 0
今までの歴史の中でもトッドは特に凄いから今後も中々出て来ないってことでしょ

300 :世界@名無史さん:2014/06/28(土) 22:04:51.04 0
図書館にトッドの本あってラッキー!

301 :塩村:2014/06/28(土) 22:16:11.78 0
これは酷すぎる。

塩村都議の発言

「いつも3人ぐらいと同時に付き合ってる」
「全員と肉体関係がある」
「何股もしてる人は世間にいっぱいいる」
「バレなければなかったのと同じですもん」

https://www.youtube.com/watch?v=O1U1ulLinPw

こういう人が女性の代表のような顔をして議員やってるってすごいね。

302 :世界@名無史さん:2014/06/28(土) 23:23:15.58 0
>>301
でもそのことと都議会での野次問題は別。

303 :世界@名無史さん:2014/06/29(日) 12:37:16.65 0
塩村の過去の言動は塩村自身から発せられたものでなので
塩村が落選させればいい
結局は塩村を選んだ民衆の問題

鈴木の野次は少子化で困る都民の女性問題を塩村が代弁したのに
塩村そのものへの個人攻撃をして遮ってる
つまり都民の声を遮ったので責任は遥かに重く
これを追及しないことは政治が腐敗してるし民主政治の根幹が崩れる

304 :世界@名無史さん:2014/06/29(日) 20:13:23.69 0
質問内容も、都内の女性は昔と違い孤立してるからサポートしようね
って内容だったのに良く分からん野次が飛んできた

識字率が上昇して共同体が崩壊し、子育てはし難くなり
擬似家族だった企業からも終身雇用が消えつつある今
結婚すらも出来ない人が増えてきてしまった
これに対応するのは代議士として当然だろう

>>287
トッドを引用してる東京農工大の矢口克也(矢口芳生)の周辺を当たったらどうかな?
分析方法は違うかもしれんが、土地から家族や経済構造がどう変わるかを
農業経済学で説明してる
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_3499399_po_073701.pdf?contentNo=1
本も矢口芳生の名でamazonに大量にある

この手のモノを見掛けたら引用されている人の名前を調べる
大抵年を食って辞めてるから本人には学べなくてがっかりするが
その人の学歴は真似ることは出来る

305 :世界@名無史さん:2014/07/01(火) 22:45:22.32 0
週末をアメリカで過ごす男が警察に拘束されたようだ

306 :世界@名無史さん:2014/07/03(木) 23:24:51.31 0
だれそれ あすか

307 :世界@名無史さん:2014/07/04(金) 21:18:07.22 0
トッドが、直系家族は出生率が低い、と書いてある本はどれだっけ?

308 :世界@名無史さん:2014/07/04(金) 22:36:46.65 0
将来学校の教科書にトッドの研究内容が出てくるのかな
トッドって凄いのに全然評価されてないよね

309 :世界@名無史さん:2014/07/18(金) 20:50:19.30 0
>>306
トッドが大嫌いなサルコジのこと

310 :世界@名無史さん:2014/07/22(火) 06:33:01.31 0
トッドってオランドの事も嫌っているじゃん。
オランド副首相 (首相はメルケルね)
って揶揄している

311 :世界@名無史さん:2014/07/24(木) 19:57:55.83 0
>>305
週末じゃなくて大統領に入っての最初の休暇な

>>307
そうは書いてないけど…デモクラシー以後でフランスとスカンジナビアを挙げて出生率が高い社会は母性と育児を両立させた社会とは書いてる
多分「ゆりかごの戦争」効果でセルビアとアルバニアを除外してだが

312 :307:2014/07/25(金) 16:23:11.86 0
>>311
経済幻想に書いてあったわ。
直系家族は子育てをしっかりするから、高い教育力と低い出生率になるって。
その唯一の例外がスウェーデンとの事。

世界には
・高い教育力×低い出生力 → 直系家族 (ドイツとか日本。今では韓国もか)
このタイプは知的レベルが上がるけれど、人口が減っていくから、知的総量は横這い

・低い教育力×高い出生力 →絶対核家族/平等主義核家族の一部 (英米,フランス)
このタイプは知的レベルは上がらないが、人口が増えていくから、知的総量は横這い

・低い教育力×低い出生力 →平等主義核家族の一部の国 (スペイン、イタリア等)
女性の地位の急変が低い出所力となったっぽい。オワコン国家?

・高い教育力×高い出生力 →例外としてのスウェーデン (直系家族)
経済幻想の中ではスウェーデンの出生率が高い理由は書いてなかった気がする。
知的レベルは高く、人口も増えていく。理想的ですね。

でも世界の主要国で知的レベルを保ちつつ、出生率を上げるのって難しいんだな。
英米仏みたいに国民をバカにして出生率上げるか、日独韓みたいに国民を鍛えて出生率下げるか
どっちが良いのか分からんね。

313 :世界@名無史さん:2014/07/27(日) 17:38:58.77 0
最近はスウェーデンもドイツも世界で目立たないけどね。
文明の中心はアメリカ韓国日本になってる
日本の電気はダメになってるけど

314 :世界@名無史さん:2014/07/27(日) 17:40:56.53 0
ドイツといえば高級車だけ韓国電気、日本車アニメゲーム
アメリカictアニメ音楽ドラマ映画金融カジノ

315 :世界@名無史さん:2014/07/28(月) 19:42:33.96 0
>>313
スウェーデンは小国だからしょうがない。
(でも、上でもあるけど、小国の割に異常なほど世界企業があるけど)
ドイツは目立っているでしょ。EUを事実上、自国の経済植民地にしたんだから。
VW筆頭にモノづくり最強じゃん。

アメリカに関しては同意。
でもあの国はチート国だから、他国の参考にはならんよ。
経済危機があったのにシェールオイルで復活だもんね。

316 :世界@名無史さん:2014/07/28(月) 23:56:01.02 0
中国市場はドイツが頑張っている。
日本は愛国者が進出しないように防御している。

317 :世界@名無史さん:2014/07/29(火) 19:05:37.67 0
伝統的に中国とドイツは仲いいからな
改革開放で最初に中国で工場操業したのがVWだし
戦間期もドイツは兵器を中国に大量に供給して再軍備の足がかりにしたし
大規模な将校団も送り込んでるしな

318 :世界@名無史さん:2014/07/29(火) 20:21:02.38 0
ドイツと日本が手を組んだのが不思議なくらいだな

319 :世界@名無史さん:2014/07/31(木) 04:20:57.67 0
>>313
文明の中心とかセンスない

320 :世界@名無史さん:2014/07/31(木) 06:52:17.22 0
>>318
ドイツと日本が組む戦略的メリットって皆無だもんね。

>>319
トッドも文明の中心って概念はあるんじゃない?
スウェーデン=ドイツ=スイスという南北のラインで

321 :世界@名無史さん:2014/07/31(木) 08:10:16.75 0
>>318
何を言ってるのかわからない。
文明の中心って。。
しかも半島って。。

322 :世界@名無史さん:2014/08/01(金) 19:02:22.25 0
>>318
両国とも権威主義家族が多くイデオロギーも似てるからな
日本は絶対核家族と平等主義核家族も多く住んでるから
権威主義家族を抑えることもあるけど
ドイツと韓国はないので早めに人生が決まってしまう

323 :世界@名無史さん:2014/08/02(土) 04:43:27.66 0
核家族なんて世界中にいるだろドイツ、韓国も含め

324 :世界@名無史さん:2014/08/02(土) 06:07:15.32 0
ドイツ、韓国の共通点
ニートが物凄く多い

325 :世界@名無史さん:2014/08/02(土) 06:11:23.26 0
>>323
直系家族規範は核家族化後も残る。

それに、直系家族システムはシステム内の多数派はむしろ核家族だぞ?
3人の子どもがいたとしたら、2人は家の外に出て結婚しなきゃいけないんだから。

>>324
ニートが多い理由は社会がいわば軍隊的だからじゃない?
厳しい労働規範があるから、それについていけない人はニートになるしかない。
フランスとかイタリアならゆる〜く働ける人でもドイツや日本、韓国では
社会的に受け入れられない。

アノミー家族の東南アジアのコンビニ見てみれば分かるだろ?
店員が座ってスマホいじってお喋りしているぞ。日本のコンビニならありえない光景だ。

326 :世界@名無史さん:2014/08/02(土) 23:35:58.51 0
日独韓で多くなる原因は障害や病気を持った人間が親と同居してることと
会社(親)に社会保障をしてもらおうとするから雇うのに金が掛かり過ぎる
会社(親)は正社員(長男)と非正規(次男以降)に分け
早めに選抜を行って長期計画を立て後継者を育てていくシステム
よって中途採用者(養子)から大きな権威に救い上げられることは余り無い
つまり雇用の流動性が少ない

英国ではニートを追い出した結果、生活保護受給者だらけになり
街に屯するようになったから、家に帰して、
NPOが行う職業訓練と就職斡旋を受けさせ社会に戻してる
(日本ではサポステがやってるけど就職斡旋は出来ない)
ただし、家族構造別のデータがないので直系家族から追い出されたものか、
絶対核家族から追い出されたものかは分からない

327 :世界@名無史さん:2014/08/03(日) 06:19:58.24 0
>>326
ドイツの職業訓練は充実しているイメージ。

アングロサクソン系 絶対核家族システム
→全員の根無し草化による早期の工業化達成

日独系 直系家族システム
→長男以外の根無し草化による工業化達成

ラテン系 平等核家族システム
→工業化の遅れ

上記の理由だっけ?
ニート化しやすいのは上記2つのシステムだよねー

328 :世界@名無史さん:2014/08/03(日) 11:58:42.37 0
英国の生活保護は、生活補助を多く含んでいるから日本人がイメージする
生活保護じゃない。

329 :世界@名無史さん:2014/08/03(日) 15:48:40.51 0
日本の生活保護が生活補助を含んでないとでも?

330 :世界@名無史さん:2014/08/03(日) 18:23:34.99 0
生活保護と家族システムを絡めて論文書けばいけるんでない?

ところで、トッド的な分析を行っている学者って他にいる?

331 :世界@名無史さん:2014/08/03(日) 18:27:36.17 0
日本の生活保護は、家電を配ったりする、補助金的な部分もあって、
賃金の安い人への底上げのような構造をしている。低収入のフリーターに
補助金を出すような感じ。日本と英国の生活保護はほとんど同じだよねw

332 :世界@名無史さん:2014/08/03(日) 19:36:27.76 0
似てるのでなく英国の救貧法を真似て作られてる

1874 恤救規則
1929 救護法
1946 旧生活保護法
1950 現生活保護法

会社や血縁が再分配の機能を果たしていたから、先進国の中では圧倒的に遅れてる

333 :世界@名無史さん:2014/08/03(日) 19:39:51.57 0
戦後はGHQの命令で丁稚もなくなってる
丁稚は商売を教えてもらえる住み込みの弟子なので給料は出ない
アカを増やさない為にも存在させてはならなかった

334 :世界@名無史さん:2014/08/03(日) 20:21:10.33 0
英国の救貧法も日本の生活保護法と同じく甘えと見られ
マルサスが貧者を助けても貧乏になるだけだと批判したのを鏑矢に
新救貧法で悲惨なことになった

日本もまた同じ間違い、いや、今度はエリートのナルシシズム化で
己の層への正解を選ぶのだろうか?
http://www.dir.co.jp/souken/research/report/overseas/europe/12101901europe.pdf

335 :世界@名無史さん:2014/08/04(月) 17:50:07.59 0
今の日本みたいに、
非正規雇用は自己責任
ホームレスは自己責任
シングルマザーは自己責任
子育ては自己責任
イラクで捕まるのは自己責任
生活保護は身体を壊して働けない人だけが貰うのが理想

という考え方では日本という国民国家が壊れてしまう。
昔は経済状況も良く、「家」というセーフティーネットがあったから、うまくいっていた。
が、経済状況が崩壊した今、自己責任論は無理がある。
自民党の政策は「家」を再強化して、国家の負担を減らす方向にあるけれど、
日本の国民意識や出生率に多大なダメージを与えると思う。

336 :世界@名無史さん:2014/08/11(月) 21:15:39.81 0
自由貿易に反対する理由は経済学から見ても単純明快だが
池田信夫は分かってない
http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20070215/1171504603

337 :世界@名無史さん:2014/08/13(水) 06:47:18.74 0
>>336
トッドの人類学的経済学は経済学者にどういう評価なのかな?
傾聴すべきと思われているのか、一笑に付されているのか。

でもトッドも帝国以降ではEUの崩壊は見抜けていないもんなぁ。
ユーロ安&ドイツ構造改革→EUのドイツ帝国化
という流れを批判しているのは後出しジャンケンにすぎない。

338 :世界@名無史さん:2014/08/14(木) 01:22:56.48 0
スティグリッツとか社会資本の存在にも光を当ててるからそれなりに親和性は高そう
底辺への競争が起きているって認識でも一致してるし
でも帝国以後でトッドが書いたようにエスタブリッシュメントの一因であるがゆえに突っ込んだ事は言えないのか
保護主義に対しては否定的(場合によっては関税措置を認めているようでもあるけど)

339 :世界@名無史さん:2014/08/14(木) 22:56:35.21 0
>>338
ステイグリッツは嘆くばかりで何もしてない
問題を告発さえすればそれでいいと思っているのだろうと手厳しい

340 :世界@名無史さん:2014/08/15(金) 06:02:51.66 0
直系家族システムの社会規範は脱農業化以降もかなり残るみたいだけど、
外婚制共同体システムは脱農業化以降はどういう流れになるんだろう?
3世代同居が減った結果、親子関係の権威主義関係が薄れて
平等主義核家族システムに移行するのかな?

直系家族システム→永続化?
絶対/平等主義 核家族システム→工業化社会に適応
外婚制共同体システム→平等主義核家族システム化?

341 :世界@名無史さん:2014/08/18(月) 00:56:45.99 0
本の中でイギリスは間接統治、一時的であれ大帝国を作ったのは凄い事だって
書いてる部分ありましたよね?

342 :世界@名無史さん:2014/08/18(月) 04:22:11.73 0
>>341
アングロサクソンの普遍主義は自明のものではなく、努力が必要だ〜
とかそういう感じでしたっけ?

でも所詮、外婚制共同体のロシア・中国式の大帝国とは本質的に違うよね

343 :世界@名無史さん:2014/08/19(火) 13:49:30.53 0
トッドは、世帯税から人頭税移行による世帯と家族の小規模化について
どう分析しているの?

344 :世界@名無史さん:2014/08/19(火) 23:43:48.00 0
でも基本的に差異主義が帝国を作るのは難しいまたは不可能なのに大帝国を作ったのは凄い
って感じの事を書いてたはず

345 :世界@名無史さん:2014/08/20(水) 06:09:04.56 0
誰か>>340へのレスきぼんぬ。

>>341
>>342
>>344

逆にフランスは何で帝国を作れなかったの?
西欧で普遍主義の唯一の大国でしょ?

346 :世界@名無史さん:2014/08/20(水) 06:14:49.92 0
イギリスがナポレオン邪魔したから

347 :世界@名無史さん:2014/08/20(水) 18:56:57.80 0
普遍主義は帝国を創るのに適している=必ず帝国を作れる、じゃないだろ
フランスそのものがパリ盆地の人口的優位によって軍事的につくられたものだとは世界像革命のインタビューで言ってたけど

348 :世界@名無史さん:2014/08/21(木) 00:15:22.49 0
フランス植民地帝国も相当なデカさじゃね?

349 :世界@名無史さん:2014/08/23(土) 14:29:42.98 0
移民をたくさん作って間接統治から直接統治に移行しなかったから
インド東南アジアアフリカ中央アジアなどと一緒。

350 :世界@名無史さん:2014/08/23(土) 14:30:36.65 0
ヨーロッパで領土を増やすのには失敗

351 :世界@名無史さん:2014/08/23(土) 20:23:55.92 0
直系家族は差異主義だから東方にドイツ人が入植してもドイツ圏の拡大には繋がらなかったのはわかるけど、
フランスは普遍主義だから東方のドイツ人を同化していくことはできんかったのかの

352 :世界@名無史さん:2014/08/23(土) 20:29:24.18 0
直系家族を受け入れすぎたら普遍主義じゃなくなるだろ

353 :世界@名無史さん:2014/08/23(土) 20:49:23.75 0
ここには学生さんが多そうなので聞きたい
今の学生さんはエリートの責任を放棄して自己実現ばかりに走ってる?
統計じゃなくとも実感でいいから教えて欲しい
http://university.chase-dream.com/edu_univ/elite.html

354 :世界@名無史さん:2014/08/24(日) 00:39:42.93 0
・自分をエリートと思っていない
・エリートには責任があると思っていない
・エリートの責任なる存在自体を知らない。

355 :世界@名無史さん:2014/08/24(日) 06:46:00.58 0
>>351
アルザスの住民はドイツ語を話しても国民意識はフランス人だろ?
これはフランス流の同化力とドイツ流の継続力の賜物だろ?

てか、トッドも指摘してるが、ブルターニュやらオック語地域やら、
フランスはパリ盆地周辺の文化にめっちゃ同化させまくってるやん。

>>353
数年前まで学生だったというだけで答えてみる。

エリートの責任って考えている人はごくごく少数。
殆どの人はカネが第一。
ただし、カネが得られる環境を比較して優先するのはエリートの責任。
就職先だったら....

@社会的貢献ができて高給な総合商社
Aカネは儲かるが、社会的貢献はできないコンサル

@とAで、僕ら世代以下は@の総合商社を選ぶ人間が多い気がする。
カネは前提条件だけど、社会に貢献したいという気持ちは持っているよ。

356 :世界@名無史さん:2014/08/24(日) 21:25:33.13 0
>>355
重労働で金は殆ど得られれないが
社会貢献出来ることを選ぶ人はいなくなっていってるのだな

357 :世界@名無史さん:2014/08/26(火) 12:09:48.10 0
階級はなくて責任だけある、責任はなくて階級だけある
http://saikyo-shukatsu.com/2011/01/uragawa-megabank.html

358 :世界@名無史さん:2014/08/30(土) 19:57:37.62 0
トドちゃん最近よく日本の雑誌に寄稿してるよね、
その辺の事情知ってる人いない?

359 :世界@名無史さん:2014/08/31(日) 06:16:44.26 0
>>358
寄稿してる事自体知らないや。
具体的にどこかしら?

360 :世界@名無史さん:2014/08/31(日) 20:58:37.17 0
文芸春秋とか中央公論とか、中道くらいの総合誌、月刊誌なんかに、
新潮だったかな?まあそんな感じのところ

361 :世界@名無史さん:2014/09/01(月) 08:35:37.32 0
>>360
勝手な予想だけれど...

・日本のTPP参加への警鐘(トッドは保護主義者)
・暇になった。(もう60過ぎだよね?INEDとかフランスって定年あるの?)

362 :世界@名無史さん:2014/09/02(火) 23:23:02.59 0
>>361
http://www.ined.fr/en/current_research/researchers/

まだエンジニアに名前があるようだ

363 :世界@名無史さん:2014/09/03(水) 14:27:45.05 0
トッドってエンジニアなのか、、、
人口工学かなんかなのか?
実は数学力も高いのかな?

364 :世界@名無史さん:2014/09/03(水) 19:43:23.72 0
>>363
統計できないと駄目だろ
昔はともかく今はRだってやるだろうし

365 :世界@名無史さん:2014/09/06(土) 12:11:13.38 0
トッドは
歴史学者?
文化人類学者?
統計学者?
家族社会学者?
経済学者?

なんなんだ?

366 :世界@名無史さん:2014/09/07(日) 00:47:45.13 0
「哲学者」という肩書き以外は何でもいいというのが本人談
>>360
今年2月号(1月号だったかも)の文芸春秋に対談が載っててと今年6月号の中央公論にインタビューが載ってるけど
後者はパリで取材したものだから、そこまで手間は取らせない
よく国内のメディアにも出てるみたいだし、France cultureで番組も持ってるそうだから
この間ドイツのメディアでこういう話をしたということを語ることもあるから、多分外国のメディアからのインタビューも結構ありそう
あと暇には多分なってない、「不均衡という病」に収録されたインタビューだと
同書と同じような手法で日本について本を書く計画があるらしいがエルヴェ・ル・ブラーズによると「当面はやるべきことがある」そうだから
この計画についてINEDに資金提供依頼をしているらしいから、多分INEDも辞めてない
INEDに定年があるかどうかは知らない

あとトッドと数学についてならフランス語wikipediaによると数学でバカロレアとったっぽい

367 :世界@名無史さん:2014/09/07(日) 20:40:04.20 0
佐藤優もトッドを引用してるな
http://www.youtube.com/watch?v=FvehrCBzFPg

368 :世界@名無史さん:2014/09/08(月) 01:08:38.78 0
佐藤優はトッドを文化レイシストって批判してもいるな

369 :世界@名無史さん:2014/09/08(月) 01:12:44.94 0
あと、今話題のスコットランド独立について。
トッド流の解釈だと、スコットランドは直径家族、イングランドは絶対核家族。
スコットランドの自民族中心的思考が今回の独立投票の背景だよね。

370 :世界@名無史さん:2014/09/08(月) 01:37:49.68 0
窓ぎわのトッドちゃん

371 :世界@名無史さん:2014/09/08(月) 23:01:54.56 0
人類学的システムにいいとか悪いとか点数をつけてはならないのだと帝国以後で示唆していたのにねえ
佐藤優とは藤原書店主催で討論をもったこともあったけど教育についての議論も噛み合ってない感じだし
佐藤はどっちかっていうとハンチントンとの方が親和性高そう

372 :世界@名無史さん:2014/09/09(火) 20:52:54.49 0
>>365
歴史人口学者にして家族人類学者

>>368
それは知らんかった、雑誌?それともネットで?

373 :世界@名無史さん:2014/09/09(火) 22:20:02.93 0
>>368
トッドをレイシストって言ってる人がいたんだけど、
佐藤優が元ネタだったのか

374 :世界@名無史さん:2014/09/10(水) 14:01:42.27 0
>>372
どっちだっけなー、雑誌かなんかで見た記憶がうっすらと、、、、
>>373
佐藤優が言ってるのは"文化"レイシスト。
トッドは人種じゃなくて家族システムで人を決めつけている、という意味だろう。

375 :世界@名無史さん:2014/09/10(水) 14:02:36.04 0
白人だから優秀だ、というのがレイシスト
直系家族システムだから優秀だ、というのが文化レイシストかな?

376 :世界@名無史さん:2014/09/10(水) 14:45:54.27 0
ファミリアリストか?
ファミリアリズムという言葉はあるが、その人称用語はなさそうなんだよな・・・

377 :世界@名無史さん:2014/09/10(水) 20:15:14.14 0
>>369
それと、不均衡という病の最後で書かれていたことだが
「新自由主義的な適応は移民や若者など役に立たないとされた国の一部分を切り捨てることになりがちであり
現にカタルニアや北イタリアは自分だけが有利な条件を確保しようとしている」ということだろう
>>375
「決定論」だという批判とだいぶ重なるが、世界の多様性の序文でエミリア地方での共産党得票率が最大でも47%だったことを挙げて
それで全てが決まるわけでもないとし
速水融との対談でも「因果関係を説明するのは科学の宿命であり」
「ある値の平均とある値の平均を比較してその関係を指摘しているに過ぎない」(要約)と語ってはいるのだが

378 :世界@名無史さん:2014/09/13(土) 19:17:24.04 0
>>376
ファミリアリストって新しい言葉ですねぇ。
イイね!

>>377
人種主義者は◯◯は優秀だ! だから、◯◯は優遇されるべき!
って主張ですもんね。
トッドとは全然違う

379 :世界@名無史さん:2014/09/30(火) 01:21:23.39 i
>>17
二階にあったからだよ

380 :世界@名無史さん:2014/09/30(火) 01:29:29.77 i
>>134
文化大革命以後、中国では女の子>男の子だよ。

理由は簡単。男の方が学歴が必要で、
教育費が掛かるから。トッドの予言通り。

家系図もすっかり廃れたし。

109 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)